« 九州新幹線「つばめ」に乗りました | トップページ | ラーメン専門こむらさき@鹿児島天文館 »

2005年10月 1日 (土曜日)

薩摩金山蔵へ行ってきました2005。

20051001_Kinzankura1 2005年4月23日にOPENした「薩摩 金山蔵」(さつまきんざんぐら)。この周辺は金が採掘できたようで、その跡地に焼酎海童で知られる「浜田酒造」が開設した焼酎テーマパークだ。入館無料。但し、一部施設は有料。

JR鹿児島本線串木野駅から国道3号線で4km程北上した所に左手に入口の門があり坂を上っていくとある。駐車場は800台あり(無料)。

20051001_Kinzankura3 庭や外の景観はとても綺麗だ。のんびりと落ち着く空間のおもてなし。

庭園を見ながらゆっくり焼酎の試飲を味わうのさ。

20051001_Kinzankura4 その昔多くの焼酎蔵が、焼酎を蒸留する際に発生したお湯を利用していたようだ。

串木野金山の坑道内から湧き出る鉱泉水を利用。焼酎500年、金山350年の歴史に想いをはせる。 

20051001_KinzankuraTrokko1 ここに来たからにはトロッコ列車で地下坑道へ行く事をおすすめ。但し、大人700円・小人300円かかります。ちよっと高めかな。約22~23分おきに地下蔵へ発車しています(休祝日通常ダイヤ時)。チケット購入時に乗車時間が記載されたカードをもらう。つまり乗車予約制だ。

13時11分発のトロッコ列車でいざ地下の坑道貯蔵庫へGo!。ゆっくりのスピードへトンネルへ入る。約800mを約10分かけて進む。乗車中は鹿児島弁で案内。坑道内は常時20度前後に保たれているそうだ。外は30度超える暑さだからとても涼しい。 

20051001_KinzankuraTrokko2 地下坑道に到着したら、担当者が丁寧に地下坑道内の施設を1つずつ案内。金山の歴史に触れることができる。さらに、世界初らしい地下での焼酎醸造所がある。気温が一定し紫外線を防ぎ空気がきれいで金鉱から出る遠赤外線がまろやかな熟成された焼酎ができるそうだ。

地下でも焼酎の試飲がある。至りつくせり。ここではマイ焼酎を最長5年坑道内の棚で熟成させる事ができる。またトロッコ列車で戻り13時53分到着。約40分の地下坑道探検だ。

なかなか面白いテーマパーク。また来てみたいですね。次回はマイ焼酎熟成してもらおっと。

「薩摩金山蔵」 鹿児島県いちき串木野市下名13665  10:00~22:00

« 九州新幹線「つばめ」に乗りました | トップページ | ラーメン専門こむらさき@鹿児島天文館 »

旅行・地域」カテゴリの記事

テーマパークねた。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薩摩金山蔵へ行ってきました2005。:

« 九州新幹線「つばめ」に乗りました | トップページ | ラーメン専門こむらさき@鹿児島天文館 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ