2018年10月18日 (木曜日)

横浜の海上バス「シーバス」に乗って、ピア赤レンガから横浜駅東口へ乗船してきた2018。

横浜港のプチ・クルージング。

20181018_sea_bass_2

さて、やってきたところは、神奈川県横浜市中区にあるシーバス・ピア赤レンガ乗り場です。これから、船に乗って移動しよう。

シーバスとは横浜駅東口から山下公園へとベイエリアの名所を海から眺めながら横浜の主要観光地を移動できる港町ヨコハマならではの海上バスです。

シーバスは、海上のバスを表す「SEA BUS」ではなく、横浜駅東口(帷子川)河口の淡水と海水域を行き来していることから、魚のスズキの意味である「SEA BASS」と表記しています。

20181018_ship

近くに大型客船が停泊中。1度は乗って航海してみたいなぁ。

20181018_noriba

横浜赤レンガ倉庫から海側へ歩いて行くと、停船所の1つ、ピア赤レンガ乗り場があります。

20181018_tsuuro

桟橋を進んで行くと、チケット売り場窓口があります。ピア赤レンガからの運賃は、山下公園まで350円、みなとみらい21まで350円、横浜駅東口まで600円です。

20181018_time_table

ピア赤レンガ発のシーバス時刻表です。基本的に毎時2本、30分おきの運行ですね。

20181018_matiaijyo

船が来るまで待合室で待ちましょう。

20181018_akarenga

乗り場から赤レンガ倉庫を眺める。

20181018_sea_bass_1

山下公園から来たシーバスが到着しました。

20181018_jyousyaguti

船の中央部が乗船口となります。さぁ、乗り込みましょう。

20181018_map

シーバスクルージングマップです。シーバスは、横浜駅東口~みなとみらい21(ぷかり桟橋)~ピア赤レンガ~山下公園の4カ所を結ぶ航路です。

20181018_zenmen

シーバスの前面・運転席です。

20181018_nagame

後部デッキからの眺め。

20181018_bridge

先に見えるベイブリッジを眺める。

20181018_sennai

船内前方の客室部です。左右側面は透明ガラスになっているので眺め良しだ。

20181018_nagame_2

キラキラした陽の光が海面に反射します。

20181018_nagame_3

まもなく、みなとみらい21(ぷらり桟橋)に到着します。

20181018_nagame_4

まもなく、終点となる横浜駅東口に到着します。山下公園へ向かうシーバスとすれ違いました。

20181018_bayquauter_1

横浜駅東口に到着しました。ベイクウォーター前が乗り場となります。

20181018_sennai_2

乗客が降りていなくなった客室部。

20181018_dekki

シーバス後方のデッキ部。

20181018_enter

シーバス・横浜駅東口の乗り場です。

20181018_nagame_5

先程乗船してきたシーバス。折り返し、山下公園へ向けて出発していきました。

20181018_panf

まさしく海上のクルージング。海風を浴びつつ、海からベイエリアを眺めるのも観光的にGoodですね。

という事で、横浜の海上バス「シーバス」に乗って、ピア赤レンガから横浜駅東口へ乗船してきたレポでした~。

「シーバス」(SEA BASS・海上バス) 運転区間:横浜駅東口~みなとみらい21(ぷらり桟橋)~ピア赤レンガ~山下公園

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年12月15日 (金曜日)

内宿駅からニューシャトルに乗ってみた2017。

伊奈町にあるニューシャトルの終着駅。

20171215_utijyuku_st_1

さて、やってきたところは、埼玉県伊奈町にあるニューシャトル内宿駅です。埼玉新都市交通伊奈線の終着駅である。

20171215_kouka

ニューシャトルは、上越新幹線の高架を走行します。

20171215_kaisatsuguti

改札口を通る。Suica等交通系ICカード用の簡易改札機が設置されている。

20171215_utijyuku_st_2

内宿駅は、1面2線のホーム。転落防止用の柵が設置されている。

20171215_new_shuttle

この車両は2000系6両編成です。新型の2020系に乗ってみたかったがなぁ..。

20171215_syanai

車内です。ちょっとコンパクトな感じですね。

20171215_untenseki

運転席です。終着駅なので、この先は車止め。ニューシャトルは、ゴムタイヤ式AGT(新交通システム)です。だから、線路は無いのだ。

20171215_new_shuttle_2

内宿駅から大宮駅へ向かいます。さぁ、乗り込もう。

という事で、内宿駅からニューシャトルに乗ったレポでした~。

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「秋の田園、バラとコスモスを楽しむ」に参加してきた(2017.10.28)。」へどうぞ。

「内宿駅」 〒362-0812 埼玉県北足立郡伊奈町内宿台三丁目

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 3日 (土曜日)

加越能バス「わくライナー」に乗って、氷見から和倉温泉へ乗車2016。

高岡から氷見経由で和倉温泉へ向かう直行バスです。

20160903_waku_liner_2

さて、富山県氷見市にある「ひみ番屋街」にいます。これから、路線バスに乗車するよ。そのバスは、加越能バス「わくライナー」です。高岡駅から新高岡駅・氷見を経由し和倉温泉へ直行する特急バス。予約不要。1日4往復運行されています。

20160902_waku_liner

氷見の観光スポット「ひみ番屋街」(道の駅氷見)に乗り入れされるので、途中下車して立ち寄るのも良いかも。そんな時は、2日間有効の高岡~和倉温泉間乗り降り自由の「わくライナーフリーきっぷ」を利用しよう。

20160903_himi_banyagai_1

ひみ番屋街バス停、14時45分発和倉温泉行きに乗車しました。氷見~和倉温泉間は800円です。乗車時に運賃を支払います。

20160903_keshiki

ひみ阿尾の浦温泉、岩井戸温泉を経由し、能越自動車道を走行します。のんびり山々風景。

20160903_nanao_st

石川県に入りました。七尾駅前バス停に到着。ここで、他の乗客全員降車された。ここからは、貸切状態。

20160903_waku_liner_3

15時40分、終点和倉温泉バス停に到着。ひみ番屋街から和倉温泉までは約55分の乗車です。

20160903_wakura_onsen

潮の香りと湯けむりの街「和倉温泉」にやってきました。和倉温泉のキャラクター「わくたまくん」がお出迎えだ。

という事で、加越能バス「わくライナー」に乗って、氷見から和倉温泉へ乗車したレポでした~。

20160903_waku_liner_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月31日 (水曜日)

氷見沖クルージング、カモメと一緒に遊覧してきた2016。

カモメへの餌やりができる遊覧船で、富山湾を周遊。

20160831_yuuransen

さて、やってきたところは、富山県氷見市にある魚々座(ととざ)前の遊覧船乗り場です。これから、氷見沖クルージングに乗船するよ。楽しみだぁ~。

20160831_fune_noriba_3

ひみ漁業交流館「魚々座」前に、船のりばがあります。乗船時間までに、ここに集合しましょう。

20160831_norikomi

料金は、乗船時、船員に直接払います。大人1000円・小学生500円です。

事前に、ひみ番屋街(道の駅氷見)総合案内所やJR氷見駅内観光案内所でも乗船券を購入する事が可能らしい。

20160831_cource

周遊コースは、魚々座前を出ると、唐島・阿尾城址跡・定置網をぐるりまわる。富山湾を満喫できるコースだ。乗船時間は、約25分。

20160831_kamome_1

出航すると、いきなりカモメたちがお出迎えだ。

20160831_kamome_2

鴎の群れが、遊覧船と並走している。気持ち良さそうに飛んでいるなぁ。

20160831_kamome_3

船内ではカモメのえさを販売しています。このカモメたちは、そのエサが目当てなのだ。乗客がエサを投げると、一斉にエサの争奪戦になる。

20160831_kamome_4

間近に接近するカモメも現れる。直接エサを貰う気マンマンだ。

20160831_esayari

エサを差し出したら、速攻でエサを加え飛び出していく。このカモメの餌やりが出来るのが、氷見沖クルージングのPRポイントでしょう。

20160831_kamome_5

このクルージングの船、小さめな船ながらも、結構なスピードを出します。ワクワク・ドキドキものだ。

20160831_karashima

あの小さな島が、唐島です。

20160831_sennai

海上での風を受けながら過ごせるのが、遊覧船のいいところ。風が気持ちいい。

20160831_umi_1

富山湾の海は青々しい。水平線を眺める景観はいいね。

もし、運が良ければ、富山湾越しに立山連峰が見られる事も...。

20160831_teitiami

定置網がある地点です。お魚さん、いっぱいいるかな?。

20160831_umi_2

船が通る後方の白い水しぶきも眺めてていいねぇ。

20160831_totoza

1周約25分の乗船、まもなく魚々座前に到着、戻ってきました。

20160831_yuuransen_2

いゃあ~、とても楽しかったぞ。乗客の皆さん下船します。

20160826_totoza_3

ひみ漁業交流館「魚々座」では、漁業に関わる展示があり、乗船時間までここで予習しておくのも良いかも。

20160831_info

氷見沖クルージングの出航時間は、9時0分・9時30分・10時0分・10時30分・11時0分・11時30分・13時0分・13時30分・14時0分・14時30分・15時0分・15時30分の12回運航しています。

天候により運航中止になる事もあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。公式twitterでは運行有無をお知らせしています。私が訪れた日は、午前便のみの運航となっていたので、確認は必要と思います。

50名乗りのやや小さな遊覧船だが、スピードもあり、かもめに餌やりができ、何より、富山湾氷見沖の海の眺望が良い、なかなか楽しいクルージングの25分でした。

という事で、氷見沖クルージングにて遊覧してきたレポでした~。

20160831_info2

案内掲示です。

「氷見沖クルージング 遊覧船」 〒935-0011 富山県氷見市中央町7-1 TEL:0766-74-7100 大人1000円・小学生500円 乗船場所:ひみ漁業交流館 魚々座前 出航時間:9時~15時30分 30分おき(昼除く) 定員:50人 JR氷見線氷見駅から徒歩約18分

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月23日 (土曜日)

ガイド付き電気バス(土合口駅~一ノ倉沢)に乗ってみた2016。

環境にやさしい電気バスに乗って、日本三大岩壁の1つ、一ノ倉沢からの岩壁を鑑賞しに行ってみよう。

20160723_bus_1

さて、やってきたところは、群馬県みなかみ町にある谷川岳ベースプラザ(谷川岳ロープウェイ土合口駅)です。ここから、国道291号線を歩いて一ノ倉沢へハイキングする方も多い事でしょう。

国道291号線、谷川岳登山指導センター下~一ノ倉沢間は年間を通して車輌は通行できません。なので、徒歩のみ(自転車はOKである)で一ノ倉沢へ向かう事になる。谷川岳ベースプラザ~一ノ倉沢間は約3.5km、徒歩片道約45分の道のりである。そこで、一ノ倉沢道路を楽しんでいただくため、電気ガイドバスを運行しています。

20160723_bus_stop_1

ガイド付き電気バスは、谷川岳ベースプラザ~一ノ倉沢間で運行。1日7往復運行しています。運賃は無料ですが、ガイド料金1人につき500円支払う事になります。(※ガイド不在時は無料で乗車できます)。

20160722_bus

で、これが電気バス。かわいらしい車体ですね。定員は10名です。そのうち、運転手とガイドの2名を引いた8名まで乗車ができます。(※ガイド不在時は9名まで乗車可能)。予約は無く、先着順となる。なので、行楽時は満員で乗車できない事があるかも?。

2016年度の運行期間は、2016年5月21日(土)~11月13日(日)の毎日です。

『電気ガイドバス時刻表』 (2016年版)

【谷川岳ベースプラザ発 → 一ノ倉沢行き】

谷川岳ベースプラザ 発一ノ倉沢 着
09:30 09:55
10:30 10:55
11:25 11:50
12:05 12:30
13:05 13:30
14:00 14:25
15:00 15:25

【一ノ倉沢発 → 谷川岳ベースプラザ行き】

一ノ倉沢 発谷川岳ベースプラザ 着
10:00 10:25
11:00 11:25
11:55 12:20
12:35 13:00
13:30 13:55
14:30 14:55
15:30 15:55
  • 予約不可
  • 運賃無料だがガイド料500円かかる。(中学生以下無料)
  • バス定員は8名 or 9名。先着順。

20160723_base_plaza

谷川岳ベースプラザ前から電気バスは出ます。ここは、谷川岳ロープウェイ乗り場である。

20160723_siryoukan

谷川岳ベースプラザから少し先へ進むと、谷川岳山岳資料館がある。この建物前にも、色違いの電気バスがいるな。オレンジ色だ。

20160723_road_1

国道291号の車道を通るのだが、一般車輌通行止めの為、安全に通行できる。緑の木々のトンネルを通るような感じで、自然な感じが気持ち良い。

20140919_matigasawa_02

途中のスポット、マチガ沢出合です。ここの眺めも良しだ。

20160723_road_2

車内では、谷川岳エコツーリズム推進協議会のインタープリタがガイド案内してくれます。

電気バスは、時速約20km程度とのんびり走行。

20160723_reiki

このあたりから、不思議な冷気をを感じる事ができる。冷やされた空気が通り、クーラーのような涼風を感じる事ができるかも。

20140920_itinokurasawa_03

一ノ倉沢に到着しました。おぉ~、いい眺めだ♪。

日本三大岩壁の1つ、一ノ倉沢からの谷川岳岩壁を鑑賞しよう。いゃあ、壮大だ。これを見るためだけでも、一ノ倉沢に訪れる価値あり。冷たい沢風を浴びながら、お弁当を頂くとGoodだ。

20160723_bus_stop_2

谷川岳ベースプラザから一ノ倉沢まで、行きは徒歩で、帰りはガイド付き電気バスを利用しました。片道、徒歩だと約45分、電気バスだと約20分かかります。

という事で、ガイド付き電気バス(土合口駅~一ノ倉沢間)に乗ってみたレポでした~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月22日 (水曜日)

那須ロープウェイに乗って、山麓駅から山頂駅へ2016。

ロープウェイに乗って上からの壮大なパノラマを眺めよう。

20160621_sanrokueki

さて、やってきたところは、栃木県那須町にある那須ロープウェイ山麓駅です。ここから、ロープウェイ乗りますよ。

20160622_madoguti

まずは乗車券を購入します。大人片道750円・往復1300円です。自動販売機か窓口にて購入。尚、那須高原フリーパス券を提示すると大人往復券が10%割引になります。つまり、1300円が1170円になる。

20160622_ticket

路線バス、那須高原フリーパス券を利用してここに訪れたので、窓口で提示して割引料金で購入できました。これが、乗車往復券。

20160622_rokkar

少しですが、山麓駅・山頂駅共にコインロッカーがあります。

20160622_baiten

売店があります。

20160622_cable_car

訪れた日は、20分おきの運行でした。さぁ、ロープウェイに乗り込もう。111名乗車可能な大型ロープウェイなので、乗り物の中はかなり広々です。

20160622_nagame_3

山頂駅へ向けて出発。那須山麓駅~那須山頂駅間は812m、約3分40秒で登ります。高低差293m、最大勾配39度。

20160622_nagame_2

いゃあ、いい眺めだ。あまり揺れがなくて、いいロープウェイだ。

20160622_nagame_1

山々のてっぺんも見えてきたぞ。

20160622_kuma

山頂駅に到着。4分弱なのであっという間です。クマのプーさんのぬいぐるみだ。くまに注意だって。

20160622_shoose

山登り用に靴のレンタルがあります。

さぁ、外に出てみよう!。

20160622_nagame_5

山頂駅からの眺め。おぉ、青く澄んだ視界良好。いいね。

20160605_nasudake_1

天気がとても良く眺めがいいねぇ。

ロープウェイ山頂駅は茶臼岳9合目に位置する。那須岳の東側を一望できるよ。

20160622_nagame_6

この眺めに癒されます。のんびり深呼吸。

20160605_nasudake_2

スケールの大きな眺めに、リフレッシュできましたなぁ。

20160622_tozan_1

山頂駅からは茶臼岳山頂方面へ向かう登山道があります。ちょいと頑張って、歩き登ってみる事にしました。そのレポは、後日のお楽しみに。

20160622_sancyou_st

山登りからロープウェイ山頂駅に戻ってきました。

20160622_nagame_4

那須ロープウェイで降りていきます。

20160621_bus_2

ロープウェイ山麓駅に戻ってきました。

那須ロープウェイ山麓駅へは、那須塩原駅・黒磯駅から路線バス(東野バス)が運行されています。黒磯駅からは約60分、那須塩原駅からは約75分かかります。

紅葉時期など混雑時は渋滞するので、時間に余裕持って訪れましょう。

という事で、那須ロープウェイに乗って、山麓駅から山頂駅へ行ったレポでした~。

「那須ロープウェイ」 栃木県那須郡那須町大字湯本字那須岳215 TEL:0287-76-2449

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月21日 (火曜日)

東野バス黒磯駅から那須ロープウェイ(山麓駅)へ乗車した2016。

那須塩原駅・黒磯駅から路線バスで那須へ向かいます。

20160621_noriba

さて、やってきたところは、JR宇都宮線黒磯駅前バス停留所です。1番乗り場からは、那須湯本温泉・大丸温泉・那須ロープウェイ方面へ向かいます。黒磯駅は那須方面へ向かう玄関駅だ。

20160621_time_table_2

運行は東野バスが担当。本数少ないので予め発車時刻は確認しておきましょう。

20160621_hanbaijyo

整理券方式でバス下車時に運賃を支払う形なのだが、駅前の黒磯営業所窓口で予め切符を購入する事もできます。黒磯駅~那須ロープウェイ間は運賃1350円。(那須塩原駅~那須ロープウェイ間は1400円)。

20160621_free_kippu

那須ロープウェイを往復する場合は、那須高原フリーパス券を購入しましょう。那須塩原駅・黒磯駅~那須ロープウェイ間乗り降り自由で、2日間有効。大人2600円です。黒磯駅~那須ロープウェイ間往復で2700円だから、往復するだけで100円お得となる。那須塩原駅~那須ロープウェイ間は200円お得。

那須高原フリーパス券は、黒磯営業所窓口(黒磯駅前)か那須塩原駅停車中のバス車内で購入できます。

20160621_bus

那須塩原駅から来た路線バスがやってきた。この、那須ロープウェイ行きバスに乗っていきます。

20160621_time_table_2_2

黒磯駅1番乗り場の時刻表。那須ロープウェイ行きは全便、平日・土日祝共に時刻共通です。以下に、那須塩原駅~黒磯駅~那須ロープウェイ間のバス時刻表をまとめました。

那須ロープウェイ行き バス時刻表
平日・土日祝 共通 2016年版改定
那須塩原駅黒磯駅那須ロープウェイ
    07:25 08:25
07:45 08:55
08:05 08:20 09:20
08:35 08:50 09:50
09:10 09:25 10:25
09:55 10:10 11:10
10:40 10:55 11:55
11:40 11:55 12:55
12:40 12:55 13:55
13:40 13:55 14:55
14:45 15:00 16:00
那須塩原駅→那須ロープウェイ 1400円
黒磯駅  →那須ロープウェイ 1350円
那須高原フリーパス券     2600円 (往復乗降自由)

 

黒磯駅・那須塩原駅行き バス時刻表
平日・土日祝 共通 2016年版改定
那須ロープウェイ黒磯駅那須塩原駅
08:35 09:35 09:50
09:10 10:35
09:35 10:35 10:50
10:15 11:15 11:30
10:45 12:00 12:15
11:30 12:30 12:45
12:10 13:10 13:25
13:10 14:25 14:40
14:10 15:25 15:40
15:30 16:30 16:45
16:35 17:50    
那須ロープウェイ→那須塩原駅 1400円
那須ロープウェイ→黒磯駅   1350円
那須高原フリーパス券     2600円 (往復乗降自由)

 

上記掲載時刻表は自分で調べたものです。責任は負いませんのであしからず。乗車前に予め確認しておく事をお勧めします。

今回は、黒磯駅10時55分発那須ロープウェイ行きに乗車しました。那須へ向かうハイカーを乗せ、車内満席状態です。混雑していて、黒磯駅は11時01分発でした。

20160621_naka_river

ここからは、バス車窓より。那珂川を渡ります。11時06分通過。こういう景観はウキウキ。

20160621_beer_en

11時13分頃通過、那須森のビール園です。お洒落な建物だね。

20160621_mitinoeki

11時24分、道の駅「那須高原友愛の森」を通過。

20160621_nasu_jinjya

11時40分、那須神社を通過。

20160621_nagame_1

11時43分、那須湯本を通過。那須温泉郷の見どころ、殺生石です。

20160621_koibitonoseiti

標高が高くなってきたね。11時45分、恋人の聖地を通過。展望スポットとなっています。

20160621_nagame_2

山登り、緑の斜面が見えてきた。

20160621_sanrokueki

11時57分、終点那須ロープウェイに到着しました。黒磯駅から約1時間の乗車だ。

20160621_bus_2

那須ロープウェイバス停。ここから、黒磯駅・那須塩原駅へ向かいます。予め、帰りのバス発車時刻を確認しておきましょう。

20160621_time_table_3

那須ロープウェイバス停の発車時刻表です。

ロープウェイの最終発車時刻も確認しておきましょう。

20160621_nagame_3

このあとは、那須ロープウェイに乗って山頂駅にやってきた。天気も良くていい眺めだよ。尚、山麓駅の窓口にて那須高原フリーパス券を提示すると、那須ロープウェイ大人往復運賃が1割引になるサービスを受けられます。

という事で、黒磯駅から東野バスで那須ロープウェイへ乗車したレポでした~。

ちなみに、過去乗車時レポは、以下のリンク先へどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 3日 (水曜日)

ONE PIECE サウザンド・サニー号クルーズinハウステンボスで夢の航海へ出発!2014。

成長した麦わらの一味に会える サウザンド・サニー号に乗って、夢の航海へ出発!!。

20140903_sunny_01

さて、ここは、長崎県佐世保市にあるハウステンボスです。ハーバータウンでは、ONE PIECE サウザンド・サニー号クルーズに乗船できるよ。早速、乗ってみよう。

ショップ内発券所にて乗船時刻指定のチケットを購入します。大人1100円、小人600円。

20140903_sunny_02

甲板に出て、いろいろまわってみよう。

しかし、土砂降りの雨なんだよね...。

20140903_sunny_03

大村湾周辺をぐるり、約20分程の航海です。ルフィと一緒に冒険だ。

20140903_sunny_12

リアス式海岸沿いに、小さな島々が点在しています。雨で肌寒いながらも、潮風はGood。

20140903_sunny_13

どんよりした雲で景観はちょっと残念。

20140903_sunny_04

港に戻ってきました。多くのヨット・船が停船しているな。

20140903_sunny_05

先はアムステルダムシティ。洋風建物が建ち並ぶ景観は、世界に来たって感じだな。

20140903_sunny_06

ダイニングルームで記念撮影。

20140903_sunny_07

雨という事で、ほとんどの客は船内にいました...。

20140903_sunny_08

サウザンド・サニー号、正面からパチリ撮影。

20140903_sunny_09

記念撮影用のボードがあるが、この雨風の中では...。

この、ONE PIECE サウザンド・サニー号クルーズは、乗船人数100万人突破したそうです。

20140903_sunny_11

出発時は土砂降りに近かったが、到着時は雨降りが弱くなった。まぁ、旅行で訪れているので天候関係なく強行突破です。

20140903_sunny_10

ハーバータウンの街並みもいい感じだね。このエリアは、無料エリア。入場料無しで、散策できますよ。

20140903_ride

ハウステンボス園内には、ONE PIECE ライドクルーズというアトラクション施設があります。約40分待ちだったけど、行列並んで体験してきたよ。

マリンフォード頂上決戦のエースの死から、新世界に至るまでのストーリーを体験できるライドアトラクションです。

20140903_funsui_01

ライドクルーズ施設前には、噴水広場があります。

20140903_funsui_02

陽が暮れて、ライトアップされたよ。おぉ、いいね。

という事で、ONE PIECE サウザンド・サニー号クルーズに乗船、ONE PIECE ライドクルーズにてアトラクション体験したレポでした~。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

ちなみに、ハウステンボス旅行関連レポは、以下のリンク先へどうぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月18日 (土曜日)

鳥羽湾に浮かぶ動く竜宮城は遊覧船2013。

竜宮城が海に浮かんでいる?。しかも、動く??。

20140118_tobawan1

さて、やってきたところは、三重県鳥羽市にある佐田浜東公園です。鳥羽駅の近くにある海岸沿いの公園だ。帰りの電車の出発時間まで少しあったので、駅周辺をぶらり。それで立ち寄ったのがココ。海だねぇ~。入り組んだ地形の先は太平洋だ。

20140118_ryuugujyou3

ぎょぎょっ。海上にお城が出現!。しかも、移動している...。何だ?!。

20140118_ryuugujyou2

これは、竜宮城をモチーフにした遊覧船だ。鳥羽湾の周辺を約50分でまわる遊覧船なのだ。おぉ、何か面白そう。

船体各所には竜宮伝説に登場する「浦島太郎」・「乙姫様」・「亀」・「鯛」・「ヒラメ」・「エビ」や海底をイメージした昆布などの立体装飾を施しているそうです。

20140118_ryuugujyou

遊覧船に乗って帰ってきたら、おじいちゃんになっていたり...。そんな訳ないか。

20140118_road

佐田浜東公園は、海岸沿いに遊歩道が整備されていて、ちょっとした散歩にも良い。海風に吹かれるのもいいかもね。

20140118_funsui

公園入口には、イルカが噴水の演出で飛び跳ねてお出迎え。

20140118_park

鳥羽駅と佐田浜東公園の間には、お土産センター「鳥羽一番街」もあるので、時間つぶしにはいいかも。

という事で、竜宮城をイメージした外観の遊覧船を目撃したレポでした~。

「鳥羽湾めぐり遊覧船」(鳥羽湾めぐりとイルカ島) 真珠島・鳥羽水族館前→鳥羽マリンターミナル→イルカ島→真珠島・鳥羽水族館前→鳥羽マリンターミナル コース所要時間約50分 運賃1700円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 5日 (木曜日)

黒磯駅から那須ロープウェイ(山麓駅前)まで路線バスに乗車2013。

路線バスに乗って、那須へ向かおう。

20130905_bus

黒磯駅1番バス乗り場に路線バスがやってきた。これから、東野バス那須ロープウェイ行きに乗車します。

20130905_timetable

那須ロープウェイへは、1時間おきに発車するので、時刻をあらかじめ調べておくと良いですよ。今回は、11時10分発に乗車します。

2014年4月の時刻改定で、11時00分発に変更されています。

20130905_madoguchi

運賃は整理券方式でバス下車時に支払う形なのだが、駅前の黒磯営業所窓口で予め切符を購入する事もできます。黒磯駅~那須ロープウェイ間は運賃1300円。(那須塩原駅~那須ロープウェイ間は1350円)。

2014年4月より消費税8%変更に伴い運賃が改定しています。黒磯駅~那須ロープウェイ間は1350円、那須塩原駅~那須ロープウェイ間は1400円に変更となりました。

20130905_ticket_info

お得なフリーパス券がありますよ。その名も「那須高原フリーパス券」。2日間有効で2500円。那須・黒磯地区が乗り降り自由のフリー切符。黒磯駅~那須ロープウェイ間往復だと2600円なので、往復するだけでも100円お得なのだ。(那須塩原駅からだと200円お得になる)。なので、窓口にて那須高原フリーパス券を購入した。

2014年4月より消費税が8%に変更された為、那須高原フリーパス券は2600円となっています。

さらに、那須ロープウェイの往復運賃1100円が、当フリーパス券を山麓駅販売窓口に提示すると10%割引の990円で購入できお得ですよ。

2014年4月より消費税が8%に変更された為、那須ロープウェイの往復運賃は1130円となり、提示の10%割引で1020円になります。

20130927_nasu_ticket

ちなみに、これが東野バスが発売している那須高原フリーパス券。那須ロープウェイや那須湯本はもちろん、りんどう湖や南ヶ丘牧場、那須ハイランドパーク、板室温泉などにも行けます。結構、乗降自由エリアが広いのでうまく使うとかなりお得だ。

20130905_nagame1

5分遅れ、11時15分黒磯駅を発車。

11時19分、県道17号那須高原線に入り林の中を通っていく。こういう景色はそそるねぇ。ウキウキ。

20130905_beeren

11時30分、那須森のビール園を通過。お洒落な建物だね。ここは、帰りに立ち寄ってみよう。

20130905_yuainomori

11時43分、道の駅「那須高原友愛の森」を通過。

20130905_nasuyumoto

12時07分、那須湯本を通過。那須温泉郷の見どころ、殺生石です。

20130905_road

12時10分、登り坂ずんずんと登っていきます。周辺は緑だらけだ。

20130905_seiti

標高が高くなってきたね。12時13分、恋人の聖地を通過。展望スポットとなっています。

20130905_tutuji

ちなみに、復路はつつじの名所を通ります。遊歩道もあり散策によさそうだ。

20130905_roupeway

12時22分、終点那須ロープウェイ(山麓駅前)に到着。定刻より12分遅れ。67分の乗車でした。

ここは、那須ロープウェイの乗り場「那須山麓駅」です。標高は1390m。那須高原フリーパス券を提示して、ロープウェイ往復券を10%引きで購入した。

以下に東野バス時刻表をまとめました。2013年4月1日~11月30日有効。2014年4月1日改定版に時刻修正しました。冬季は大丸温泉~那須ロープウェイ間は通行止めの為運休します。その為、那須塩原駅・黒磯駅~那須湯本・大丸温泉間は冬ダイヤとなります。時刻も変わる。ご注意を。

那須ロープウェイ行き バス時刻表
平日・土日祝 共通 2014年版改定
那須塩原駅黒磯駅那須ロープウェイ
    07:30 08:30
08:05 08:20 09:20
08:30 08:45 09:45
09:10 10:15
    09:20 10:20
09:55 10:10 11:10
10:45 11:00 12:00
11:35 11:50 12:50
12:35 12:50 13:50
13:35 13:50 14:50
14:35 14:50 15:50
那須塩原駅→那須ロープウェイ 1400円
黒磯駅  →那須ロープウェイ 1350円
那須高原フリーパス券     2600円 (往復乗降自由)

 

黒磯駅・那須塩原駅行き バス時刻表
平日・土日祝 共通 2014年版改定
那須ロープウェイ黒磯駅那須塩原駅
08:50 09:50 10:05
09:35 10:35 10:50
10:15 11:15 11:30
10:45 11:50
11:00 12:00    
11:30 12:30 12:45
12:15 13:15 13:30
13:30 14:30 14:45
14:25 15:25 15:40
15:30 16:30 16:45
16:35 17:35    
那須ロープウェイ→那須塩原駅 1400円
那須ロープウェイ→黒磯駅   1350円
那須高原フリーパス券     2600円 (往復乗降自由)

 

上記掲載時刻表は自分で調べたものです。責任は負いませんのであしからず。乗車前に予め確認しておく事をお勧めします。

 

では、ここからロープウェイに乗って、那須山頂駅へ行くぞ。そして、那須岳・茶臼岳登山?するぞ。で、その記事は、以下のリンク先へどうぞ。

20130906_kesiki1

山からの眺め。いい景色でしょ♪。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

おまけねた。 かつしかバルねた。 つくばエクスプレスねた。 におどり公園ねた。 みさと公園ねた。 よしかわ街バルねた。 らーめん巡りねた。 イルミネーション鑑賞ねた。 ウイスキー飲みねた。 ウェブログ・ココログ関連 グルメイベントねた。 グルメ・クッキング コンビニねた。 サッカーねた。 ジャズ演奏観覧ねた。 スイーツグルメねた。 スポーツ ニュース ビール飲みねた。 プロ野球ねた。 ワイン飲みねた。 三郷七福神めぐりねた。 三郷市寺社めぐりねた。 三郷市消防出初式ねた。 三郷市路線バスねた。 三郷料金所スマートインターチェンジねた。 乗り物その他ねた。 北越谷駅まちバルねた。 地元(三郷市)ねた。 地酒日本酒呑みねた。 埼玉西武ライオンズねた。 懸賞ねた。 新松戸星空バルねた。 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 早稲田公園ねた。 映画・テレビ 東武健康ハイキングねた。 花火大会観賞ねた。 西武鉄道ウォーキング&ハイキングねた。 足湯ねた。 車・ドライブねた。 道の駅ねた。 道路ねた。 鉄道ねた。 音楽 飛行機・空港ねた。 飲み・食べ処ねた。 飲み物ねた。 ETCねた。 JR三郷駅ねた。 JR武蔵野線ねた。 JR駅からハイキングねた。 misato styleねた。 PASMOねた。 Suicaねた。 TVドラマねた。 TX三郷中央駅ねた。