2017年9月22日 (金曜日)

taverna 高砂店で、おつまみセットを味わう。~かつしかバル2017~

高砂にあるワインも飲める居酒屋さんです。wine

20170922_taverna

さて、やってきたところは、東京都葛飾区にあるtaverna 高砂店です。tavernaは「タヴェルナ」と読む。お洒落なイタリアンのような店構えだが、気軽に入れる居酒屋さんです。京成高砂駅から徒歩約3分と駅に近い。初めての訪問。では、入ってみましょう。chick

20170922_wine

お店は、手前がカウンター席、奥にテーブル席がある。chair

まず、始めに樽生スパークリングワインを頂こう。コクッ、シュワ~。うむ、いい泡だぁ。bar

20170922_otsumami

おつまみは、お肉・サーモン・ポテサラと3種用意。上品な感じだな。ワインと共に味わいました。pig

20170922_menu

メニューで、ラムチョップが気になったのだが...。ラムチョップは、臭みがなくやわらかい肉を使用。美味しそうだな。追加で注文すれば良かったが、...。aries

20170907_katsushika_bar2

お店を訪れたのは、かつしかバル2017の参加店だったから。葛飾区の商店街200店が参加し、バルを開催。バルチケットでお得なメニューが味わえるというイベントだ。event

20170922_bar_menu

TAVERNAのバルメニューは、おつまみ&ドリンクセットです。通常カウンター席限定のおつまみ&ドリンクセット1000円をバルチケット1枚750円分で頂けます。ticket

という事で、taverna 高砂店で、おつまみセットを味わったレポでした~。happy01

「taverna 高砂店」(タヴェルナ) 〒125-0054 東京都葛飾区高砂3-9-12 TEL:070-3975-9940 営業時間:18時~24時 定休日:日曜・祝日 北総線・京成線京成高砂駅南口から徒歩約3分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月16日 (土曜日)

青砥にある「お好み焼 ざいご」で、お好み焼きともんじゃ焼きWで味わう。~かつしかバル2017~

葛飾下町のお好み焼き屋さんです。art

20170916_zaigo_1

さて、やってきたところは、東京都葛飾区にあるお好み焼 ざいごです。京成線青砥駅から徒歩約3分程のところに位置し、下町の小さなお店だ。初めての訪問です。では、入ってみましょう。house

20170916_teppan

店内はテーブル席が5つくらい、カウンター席が4席くらい。家族連れが来ているなど、満席でした。snail

少し大きめの鉄板がお出迎えだ。女将さん1人で切り盛りしているようだ。いろいろ注文が入り、大変そうだな。run

20170916_beer

まずは、生ビールで喉を潤そう。ゴクッ、ぷはぁ~。いいね!。beer

20170916_egg

生卵がサービスで提供されました。目玉焼きを作っていて、待っていてねとの事。これは、嬉しいね。鉄板だから、すぐに目玉焼きが出来上がりだ。chick

20170916_monjyayaki

まずは、もんじゃ焼き。明太子もんじゃで頂いた。ふぅ~ふぅ~アツアツです。cat

20170916_okonomiyaki

次にお好み焼き。豚玉で注文。pig

20170916_okonomiyaki2

お好み焼き、こりゃまた美味しいね。パクッといけてしまいます。delicious

20170907_katsushika_bar2

お店を訪れたのは、かつしかバル2017の参加店だったから。葛飾区の商店街200店が参加し、バルを開催。バルチケットでお得なメニューが味わえるというイベントだ。event

20170916_bar_menu

ざいごのバルメニューは、お好み焼きハーフ+もんじゃ焼きハーフ+ドリンク1杯です。お好み焼きともんじゃ焼き、両方食べられるセットは、ありがたいね。バルチケット1枚750円分で味わえます。ticket

20170916_zaigo_2

京成線高架沿い、信号がある交差点角地にお店を構える。小さなお店で、女将さん1人で切り盛りしている。そんな下町家庭的なお店で味わう鉄板焼き。いいものですな。virgo

という事で、お好み焼き ざいごで、お好み焼きともんじゃ焼きWで味わったレポでした~。happy01

「お好み焼 ざいご」 〒125-0062 東京都葛飾区青戸3-25-16 TEL:03-3603-7507 営業時間:12時~14時・18時~22時 定休日:不定休 京成本線・押上線青砥駅から徒歩約3分info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水曜日)

青砥にある「希ぶん」で、お好み焼きとサワーを味わう。~かつしかバル2017~

駅近路地裏のお好み焼き屋さんに入ってみた。snail

20170913_kibun

さて、やってきたところは、東京都葛飾区にある希ぶんです。京成線青砥駅から徒歩約2分、路地裏のお好み焼き屋さんだ。青戸サンロード商店会に加盟されている。初めての訪問です。ちょいと入ってみよう。penguin

20170913_table

テーブルには、鉄板の焼台が設置。このお店は、たこやきも作れるみたいだ。pig

20170913_menu

メインのメニューは、お好み焼きともんじゃ焼きですね。いろんな種類がありますよ。この他、鍋物や居酒屋サイドメニューもいろいろあります。pencil

20170913_drink

まずは、レモンサワーで喉を潤そう。お通しには、豆腐・里芋煮・カツがありました。bar

20170913_okonomiyaki

お好み焼き・豚玉を注文しました。熱した鉄板に焼いていきます。ありがたい事に、全て女将さんが作ってくれました。ワクワクしながら、じっと待ちましょう。spa

20170913_okonomiyaki_2

焼き上がりました。ソースにマヨネーズに青のり、鰹節をのせて出来上がり。綺麗に仕上げられました。(ありがたい!)good

20170913_okonomiyaki_3

では、パクッ。おぉ、美味しい。ふっくら、味わいました。御馳走様です。delicious

20170907_katsushika_bar2

お店を訪れたのは、かつしかバル2017の参加店だったから。葛飾区の商店街200店が参加し、バルを開催。バルチケットでお得なメニューが味わえるというイベントだ。event

20170913_bar_menu

希ぶんのバルメニューは、お好み焼き(550円まで)とお通しとサワーです。バルチケット1枚750円で、1200円分の料理が味わえます。とても、お得だよ。ticket

という事で、「希ぶん」で、お好み焼き豚玉とレモンサワーを味わったレポでした~。happy01

「希ぶん」 〒125-0062 東京都葛飾区青戸3-33-6 TEL:03-3604-3739 営業時間:17時~23時 定休日:月曜 京成本線・押上線青砥駅から徒歩約2分info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月 9日 (土曜日)

新小岩にある居酒屋「和利勘」で、刺身盛り合わせときんめ握りすしを味わう。~かつしかバル2017~

銚子直送の鮮魚が味わえます。fish

20170909_warikan

さて、やってきたところは、東京都葛飾区にある「和利勘」(わりかん)です。銚子つりきんめを売りとする日本料理居酒屋だ。JR新小岩駅から徒歩約4分、蔵前橋通り沿いに位置します。初めての訪問。では、入ってみましょう。door

20170909_sashimimori

まずは、生ビールで喉を潤す。ぷふぉ~。beer

20170909_sashimimori2

そして、刺身盛合せを頂きます。銚子から直送された新鮮なお魚、いいねぇ。fish

20170909_osake

日本酒や焼酎など、いろいろな銘柄がありますよ。ship

20170909_jizake

地酒を頂こう。和歌山県の車坂・紀州黒潮 魚に合う吟醸酒です。料理の邪魔をしない綺麗な飲み口だ。bottle

20170909_nigiri

おまかせ寿司8貫を注文。追加で、お店の推しているお魚「きんめ」を炙りで頂いた。1口でパクッと美味しいね。delicious

20170907_katsushika_bar2

お店を訪れたのは、かつしかバル2017の参加店だったから。葛飾区の商店街200店が参加し、バルを開催。バルチケットでお得なメニューが味わえるというイベントだ。event

20170909_bar_menu

和利勘のバルメニューは、刺身盛合せとドリンク(ビール又はサワー各種)です。バルチケット750円で、この美味しいセットが味わえるよ。ticket

店内は、座敷席もあるなど、家族連れでも良さげなお店ですよ。taurus

という事で、「和利勘」で、刺身盛り合わせときんめ握りすしを味わったレポでした~。happy01

「和利勘」 〒124-0023 東京都葛飾区東新小岩1-5-5 1階 TEL:03-3696-3003 11時30分~14時30分・17時~24時 定休日なし JR総武線新小岩駅北口から徒歩約4分info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月 8日 (金曜日)

からあげバル ハイカラ新小岩店で、ハイカラセットを味わう。~かつしかバル2017~

ハイボールと唐揚げの組み合わせ、「ハイカラ」を頂こう。bar

20170908_haikara_bar

さて、やってきたところは、東京都葛飾区にあるからあげバル ハイカラ 新小岩店です。JR総武本線新小岩駅北口近くにある、名物の半羽揚げや様々なからあげ、鶏料理と80種以上のお酒を楽しめるお店だ。からあげグランプリ4年連続金賞を誇る。初めての訪問ですでは、入ってみましょう。chick

20170908_haikara

からあげのお店ならば、やっぱり、ハイボール&唐揚げ、つまり、「ハイカラ」でしょ。ハイカラの定番、秘伝塩味ももからと超炭酸ハイボールとおつまみがついているよ。cancer

では、ゴクッ。ぷはぁ~。そして、パクッ。おぉ~、ジューシィー。delicious

20170908_karaage

からあげは、注文してから、しっかりと揚げます。塩味とあっさりの中、少し大きめの鶏肉が、食べ応えありだ。こりゃ、ハイボールも進むよ。旨し。wink

20170907_katsushika_bar2

お店を訪れたのは、かつしかバル2017の参加店だったから。葛飾区の商店街200店が参加し、バルを開催。バルチケットでお得なメニューが味わえるというイベントだ。event

20170908_bar_menu

からあげバル ハイカラのバルメニューは、ハイボールとからあげの「ハイカラ」セット!。750円相当のバルチケットで、通常1110円相当の料理が味わえました。お得ですよ。ticket

という事で、からあげバル ハイカラ新小岩店で、ハイカラセットを味わったレポでした~。happy01

「からあげバル ハイカラ 新小岩店」 〒124-0023 東京都葛飾区東新小岩1-2-13 TEL:03-5875-7039 開店時間:17時~26時 定休日:月曜 JR総武本線新小岩駅北口から徒歩約1分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 7日 (木曜日)

四つ木にある菊水で、お好み焼き・鉄板焼肉を味わう。~かつしかバル2017~

下町・四つ木で鉄板焼きを味わおう。impact

20170907_kikusui

さて、やってきたところは、東京都葛飾区四つ木にある菊水です。下町の住宅街の中にある、鉄板焼きのお店だ。焼肉にお好み焼き、もんじゃ焼き等が味わえるよ。初めての訪問です。では、入ってみよう。door

20170907_beer

訪れた週末の18時台は満席になったので来店時間に注意。混雑時は待ちになる程の人気店である。clock

では、まずは、生ビールで喉を潤そう。ぐびっ。ぷはぁ~。beer

20170907_tanshio

まずは、タン塩です。taurus

20170907_teppan

鉄板焼きなので、一気に焼き上がるよ。では、パクッ。うまいね~。delicious

20170907_karubi

瓶ビールに切り替えて、カルビ焼でテンションアップ。pig

20170907_okonomiyaki

鉄板焼きなので、お好み焼きも食べよう!。restaurant

20170907_okonomiyaki_2

サクっと焼いて、では、頂きます。パクッ。うむ、美味しい!、いいねぇ♪。happy02

20170907_card

菊水は、まいろーど四つ木商店街に加盟しているので、キャプテン翼カードを発行してもらった。ポイントカードのようである。ticket

20170907_keisei_line

最寄駅は、京成押上線四つ木駅です。菊水へは、住宅街の中を通り、徒歩約8分ほどだ。train

20170907_bus

路線バスだと、京成タウンバス四つ木二丁目バス停が最寄り。徒歩約1分です。shoe

20170907_katsushika_bar2

お店を訪れたのは、かつしかバル2017の参加店だったから。葛飾区の商店街200店が参加し、バルを開催。バルチケットでお得なメニューが味わえるというイベントだ。event

20170907_bar_menu

菊水のバルメニューは、タン塩1人前+生ビール(小)orウーロンハイorウーロン茶(大)。750円相当のバルチケットで、通常1050円相当の料理が味わえました。お得です。ticket

20170907_kikusui_2

下町住宅街の中、細い路地に位置するお店。地元住民には人気の鉄板焼き屋さんです。dog

という事で、四つ木にある菊水で、タン塩・カルビ・お好み焼きと鉄板焼きを味わったレポでした~。happy01

「菊水」 〒124-0011 東京都葛飾区四つ木2-8-3 TEL:03-3697-7097 営業時間:17時~23時 定休日:火曜 京成押上線四つ木駅から徒歩約8分 京成タウンバス四つ木二丁目バス停から徒歩約1分info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月31日 (木曜日)

酒のフタバ いつもと違うセンベロ『センベロフェス』に行ってきた2017年8月。

酒屋が主催するセンベロイベント開催。24hours

20170831_futaba_2

さて、やってきたところは、東京都台東区にある酒のフタバです。ここで、2017年8月27日(日)、いつもと違うセンベロ「センベロフェス」が開催されました。同時試飲会開催。この酒屋の中に、立呑みができる角打ちフタバがあります。そこで、全100種類以上の日本酒・焼酎・梅酒・ワインが飲み放題できるというイベントなのだ。とても気になり、初めて訪れてみました。run

20170831_ticket

予め、前売りチケットを購入しておきました。前売券だと、1時間が1080円、2時間が1580円です。1時間で千円飲み放題とセンベロが存分に楽しめるのだ。前売りチケットは、前日までにお店に来店して購入となります。ticket

ちなみに、当日券は、1時間が1580円、2時間が2080円です。(全て税込料金です)dollar

おいしいお酒を多くの人に飲んでもらいたい。そんな気持ちから生まれたイベント!!。季節限定品や試飲会、角打ちで使用した商品など商品切り替えだから出来るこの価格!!なんだそうだ。bag

店内のレジにて受付をし、会場内に陣取った。さぁ、呑むぞぅ♪。catface

20170831_beer_1

やっぱり、冷えたビールでスタートだ。名古屋の地ビール、盛田金しゃちビールのミツボシビールです。ピルスナー。ぷはぁ~、ウマイ!。happy02 beer

暑い夏には、たまらんなぁ~。sweat01

試飲用のグラスはガラスのコップなので、とても、ありがたいね。beer

20170831_beer_11

角打ちフタバ、会場内はテーブルやカウンター等で約25人程入れるスペース。やっぱり、こういうイベントなので満席大盛況です。chair

角打ちスタイルなので、全員立ち飲みです。denim

20170831_menu

酒のおつまみに、フード系は別会計で提供されます。イベント向け特別おすすめメニューで3種類あります。sports

20170831_tori

お酒のおともに、国産鶏肉のパーコー風を注文。レジで先払いし、あとで店員が席まで持ってきてくれます。chick

本当は喉が乾いているし、もっとビールを飲みたかったが、試供レベルの提供なので飲み放題対象ではない。とは言え、数種類のビールを味わえます。taurus

20170831_sake_1

今回は、第4回センベロフェス。このイベントも4回目なんだね。イズミック(盛田エンタプライズ(株))による関連会社『シャンモリワイナリー』・『金鯱ビール』・『顎城酒造』の商品が、飲み放題のラインアップです。gasstation

テーブルの上にいろんな種類のお酒があり、希望のお酒をスタッフが試飲グラスに注いでくれます。時間ごとに冷蔵庫から順次商品が入れ替わるので、かなりの種類のお酒が味わえます。libra

20170831_sake_2

じゃあ、何を飲もうかな。迷ったら、スタッフが選んでくれますよ。drama

地酒や焼酎、梅酒など日本各地のお酒が用意されている。yacht

20170831_sake_3

数種類の形した試飲グラスが用意されているが、満タンに並々注いでくれます。純米酒でGo!。bottle

20170831_marbo

四川風マーボー豆腐を注文。pig

20170831_wine

山梨県のシャンモリワインを飲む。赤ワインと共に、ファルファッレ揚を注文。国産ワインは、美味しいな。このあと、外国産ワインも頂いた。wine

20170831_tokyo_water

酔いすぎ防止のため、お水も提供されます。美味しい東京水です。aquarius

今回は、1時間の利用で楽しんだ。あっという間に終了です。時間が来たら、退店となります。こりゃ、2時間行けたなぁ...。地酒はもちろん、焼酎や泡盛も攻めたかったな。motorsports

20170831_cyuui_jikou

受付のレジにて、センベロフェス利用に対して説明を受けました。karaoke

20170831_timetable

受付時に色がついたカラーバンドを手首に付けます。色で終了時間が分かるようになっている。実際の終了時刻はカラーバンドに手書きされます。clock

20170831_wisky

角打ち開店時は、冷蔵庫や棚にあるいろいろなお酒が1グラス料金で味わえます。bar

20170831_food_menu

角打ち通常時のフードメニュー。結構いろんな種類があるんだね。book

20170831_okashi

もちろん、酒屋さんなので、販売購入できます。bank

20170831_tukuba_ex

さて、会場へのアクセス。酒のフタバへは、蔵前駅か新御徒町駅が最寄り駅となる。今回は、つくばエクスプレスに乗って新御徒町駅で下車した。train

20170831_shin_okatimati_st

新御徒町駅はA4出口に出ましょう。春日通りを東方向へ進みます。shoe

20170831_futaba_1

新御徒町駅A4出口から酒のフタバまで、徒歩約5分で到着します。センベロフェスのノボリが立てられているね。key

20170831_info

角打ちフタバは、月~土営業(日曜・祝日は定休日)で、17時~22時。センベロセットや日本酒利き当てもあるようで、ぶらりセンベロを堪能できます。aries

20170831_megurin

ちなみに、台東区循環バス南めぐりんだと、三筋老人福祉館東バス停で下車したら、道を挟んだ反対側目の前がお店である。bus

お店は、ビルなどが建ち並ぶところの一角だが、浅草にも近いし、ぶらりお店で立ち呑みなんてのも粋だろうね。次、センベロフェスに行く機会があったら、2時間楽しみたいところだ。ただ、開催時間は12時~18時だが、会場店内は混雑し、特に14時台・15時台は満員状態。まったり飲みたい場合は、その時間帯を外した方が良いかも..。dog

という事で、酒のフタバで、いつもと違うセンベロ『センベロフェス』に行ってきたレポでした~。happy01

20170831_panf

案内パンフレットです。memo

いつもと違うセンベロ「センベロフェス」 開催日:2017年8月27日(日) 開催時間:12時~18時 会場:酒のフタバ・角打ちフタバ(〒111-0051 東京都台東区蔵前4-37-4) TEL:03-3861-1138 当日券1時間1580円・当日券2時間2080円・前売券1時間1080円・前売券2時間1580円 都営大江戸線・つくばエクスプレス新御徒町駅A4出口から徒歩約5分 都営浅草線蔵前駅A4出口から徒歩約6分 都営大江戸線蔵前駅A5出口から徒歩約6分 台東区循環バス南めぐりん三筋老人福祉館東バス停下車すぐinfo02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月30日 (水曜日)

浅草にあるレストラン リスボンで、カツカレーを食べる2017。

浅草にある洋食屋さんに入ってみた。door

20170830_lisbor

さて、やってきたところは、東京都台東区にあるレストラン リスボンです。浅草にある老舗洋食屋さんで、昭和7年(1932年)創業だ。浅草ROXの近くに位置する。house

ちょっと気になったので、入ってみよう。run

20170830_katsu_curry

手書きでおすすめメニューとなっていたので、カツカレーを注文した。さぁ、やってきました。うむ、シンプルな装い。では、頂きましょう。パクッ。delicious

洋食屋らしい味わい。ビルが建ち並ぶ浅草で、洋食のカツレツ、洋食のカレーとまったりとした時間で味わえるのがいいね。good

20170830_menu

メニューです。カツレツが名物だそうです。次機会があったら、ロース特上カツセットを食べてみたいな。チャプスイ(ヤサイスープ)を選択してね。libra

という事で、レストラン リスボンで、カツカレーを食べたレポでした~。happy01

「レストラン リスボン」 〒111-0032 東京都台東区浅草1-25-18 TEL:03-3841-3663 12時~15時・17時~20時 定休日火曜 つくばエクスプレス浅草駅A3出口から徒歩約1分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月20日 (日曜日)

蔵のカフェ+ギャラリー「灯環」(とわ)で、チーズトーストとアイスコーヒーを味わう2017。

土蔵の建物である流山本町の喫茶店。cafe

20170820_towa

さて、やってきたところは、千葉県流山市にある蔵のカフェ+ギャラリー「灯環」です。「灯環」は「とわ」と読む。店の建物である土蔵は、流山本町において現存する最古の土蔵の1つです。「笹屋の土蔵」として、国登録有形文化財に指定されている。house

今回、初めて入ってみる事にした。door

20170820_coffee_pan

アイスコーヒーとチーズトーストを注文しました。おっ、いいですね。wink

20170820_pan

チーズトーストには、オリーブオイルとヒマラヤンスモーキー・ハーブソルト・自家製ピクルスが付きます。味の変化にも楽しめるよ。libra

トーストは、サクッふわっと美味しいですね。bread

20170820_coffee

アイスコーヒー、おかわりしました。おかわりは、100円引きになります。flag

陶器の器は、毎回変わります。その点も楽しめるよ。cafe

20170820_towa2

【国指定登録有形文化財 笹屋の土蔵】

笹屋は江戸末期の万延元年(1860年)の創業である。初代田上岩吉は日本橋「越後屋」(後の三越)の仕立屋「笹屋」の暖簾分けで、当時流山で隆盛を誇った大棚の呉服屋「三河屋」の仕立てを請ける。

この蔵は明治31年(1898年)三河屋から移築したものである。流山本町において現存する最古の土蔵の1つである。

現在「笹屋」は五代目が寝具店を営み創業150有余年となる。

20170820_buta

ほんのひととき日常から離れて…
やさしい木のぬくもりと柔かな灯りに心和む空間で
ちょっぴり贅沢な時間を過ごしませんか…?

という事で、蔵のカフェ+ギャラリー「灯環」(とわ)で、チーズトーストとアイスコーヒーを味わったレポでした~。happy01

蔵のカフェ+ギャラリー「灯環」」(とわ) 〒270-0164 千葉県流山市流山1-155 TEL:04-7158-0221 10時30分~17時30分(L.O.17:00) 定休日:火曜・水曜 流鉄流山線流山駅から徒歩約4分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火曜日)

とんかつ甲子屋(きのえねや)、カツは肉厚だ2017。

流山駅近くにお店を構える老舗とんかつ屋さん。pig

20170815_kinoeneya_1

さて、やってきたところは、千葉県流山市にあるとんかつ甲子屋です。「きのえねや」と読む。流山駅近く、流山街道沿いにお店を構える。ちょうど、お昼時、初めて入店してみました。run

20170815_beer

まずは、瓶ビールで1杯。キリン一番搾りで喉を潤します。お通しの小鉢が絶品の味だ。beer

甲子屋は、創業明治23年(1890年)、127年の歴史ある老舗とんかつ屋。現在は四代目の主人が明治50年から名物のとんかつを揚げている。shadow

20170815_katsu_1

今回、注文したのは、特選ロースカツ定食です。1400円。ご飯・豚汁・お新香が付く。カツに付ける用として、ソース・練りからし・塩があります。snail

20170815_katsu_2

さぁ、とんかつを頂こう。切り口を見てみると、すごい肉厚!。これは、食欲そそります。では、パクッ。おぉ、旨い!!。happy02

豚肉は千葉県産で、高タンパク、低コレステロール、ヘルシーが特徴。精製ラード100%の油で高温で揚げ、サッと油切れを良くする。揚げたてのとんかつは衣がカラッと、中の肉はサクサクフワっとした食感。restaurant

食べ方はいろいろで、最初は何も付けずに口にすると、豚肉の風味がダイレクトに伝わってくる。あとは好みでソース、カラシ、レモンで味の変化を楽しむ。塩もGoodだ。art

ご飯は茨城産こしひかり、キャベツは嬬恋産。こだわりの食材を提供してくれます。riceball

20170815_desart

フルーツ付きで、今回は、メロンとさくらんぼ。コーヒーはランチセルフサービスとなっています。cherry

20170815_syouyu

テーブルに醤油が3種類も置いてある。流山だけにキッコーマンの醤油だ。coldsweats02

20170815_menu

メニュー表です。おすすめは、特選ヒレカツ定食。脂身が好きな人は、特選ロースカツ定食が良いでしょう。book

20170815_lunch_menu

ランチタイムには、ミックスフライ定食があります。串カツ・コロッケ・海老フライ入り。コーヒー無料。お昼に店内に入ったが、ほとんどの客がミックスフライ定食だったような...。eye

20170815_news

メニュー冊子の中に、味なはなしという新聞記事があり。甲子屋さんの紹介記事です。とんかつが来るまで、一読してみると良いですよ。memo

20170815_kinoeneya_2

いゃあ~、美味しかったですね。delicious

という事で、とんかつ甲子屋で、特選ロースカツ定食を頂いたレポでした~。happy01

20170815_meishi_1

名刺・表 ticket

20170815_meishi_2

名刺・裏 ticket

「とんかつ甲子屋」(きのえねや) 〒270-0164 千葉県流山市流山2-298 TEL:04-7158-0135 11時30分~14時30分・17時00分~20時00分 定休日:毎週月曜・第2火曜・第4火曜 流鉄流山線流山駅から徒歩約1分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧