2017年5月20日 (土曜日)

JR陸羽西線(奥の細道最上川ライン)に乗って、新庄駅から酒田駅へ2017。

山形県北部最上川沿いに走る列車に乗りました。train

20170517_rikuusaisen

さて、やってきたところは、JR新庄駅です。これから、JR陸羽西線に乗車しますよ。陸羽西線は、新庄駅(山形県新庄市)から余目駅(山形県庄内町)までを結ぶ路線で、「奥の細道最上川ライン」の愛称がつけられている。路線距離は43.0km。subway

20170520_hassyahyou

新庄駅の発車標。flair

陸羽西線の運転本数は1日10本。(内6本は酒田まで運転)。本数が少ないので、発車時刻の確認は必要です。clock

20170520_rikuu_saisen_2

これから乗車する陸羽西線は、3番線ホームから出発。車両はキハ110形気動車2両編成です。signaler

新庄駅では、各路線へ階段無し平面移動できます。snail

20170517_syako

新庄駅3番線ホームの先端からの眺め。レンガ造りの車庫が見えますよ。event

20170520_rikuu_saisen_3

まもなく発車時刻なので、列車に乗り込んだ。run

新庄駅11時15分発陸羽西線酒田行き出発しました。bell

20170520_ticket

乗車券です。新庄から酒田までは、運賃970円です。(55.2km)ticket

ワンマン運転だが、乗車した日がGWという事もあってか、車掌も乗務していました。車内改札もあった。leo

20170520_syasou_1

新庄駅を出ると、広大な畑が広がります。bud

20170520_syasou_2

先に見える鳥海山の山々が雄大だな。山はまだ雪化粧だ。fuji

20170520_sakegawa

最上川の支流である、鮭川を渡る。(羽前前波~津谷間)。mist

20170520_syasou_3

津谷~狩川間は、路線愛称名の通り、最上川沿いを走行します。大きな川ですね。くねくねカーブしながら走行していきます。fish

20170520_shiraitonotaki

高屋駅を超えたあたりに、白糸の滝が見えます。日本の滝百選の1つ。草薙温泉の対岸に位置する。aquarius

20170520_yaezakura

狩川駅に停車。駅前に咲く八重桜。見事ですね。cherryblossom

20170520_syasou_4

狩川駅から先は最上川から離れ、庄内平野を走行していきます。おぉ、真っ直ぐの線路だ。airplane

20170520_untinhyou

陸羽西線はワンマン運転なので、切符を持っていない乗客は、整理券を取得し、運賃表を見て降車時に運賃箱にお金を入れます。dollar

陸羽西線は新庄~余目間である。乗車している列車は酒田行き。余目~酒田間は羽越本線に乗り入れて運行します。cancer

20170520_rikuu_saisen_4

12時18分、終点酒田駅0番線ホームに到着しました。1時間3分の乗車でした。キハ110形お疲れ様。陸羽西線、いい車窓でした♪。motorsports

という事で、JR陸羽西線(奥の細道最上川ライン)に乗って、新庄駅~酒田駅間を乗車してきたレポでした~。happy01

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

『運転情報』

【列車種別】  普通

【運転区間】 新庄 → 酒田

【運転日】  毎日

【使用車両】 キハ110形

【車両情報】 2両編成

(157D) 新庄11:15→羽前前波11:25→津谷11:29→古口11:34→高屋11:42→清川11:48→狩川11:53→南野11:57→余目12:02→北余目12:06→砂越12:10→東酒田12:14→12:18酒田

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水曜日)

山形県北東部最上地方の中心駅、新庄駅を訪れた2017。

山形新幹線の終着駅を訪れた。bullettrain

20170517_shinjyou_st_1

さて、やってきたところは、山形県新庄市にあるJR新庄駅です。山形県の北部・内陸部の中心地「新庄市」の代表駅です。山形新幹線の終着駅にもなっている。motorsports

こちらは、西口(正面口)です。近代的な建物ですね。建物左側は、物産館等がある「ゆめりあ」です。お土産はこちらが便利。present

20170517_shinjyou_matsuri

駅舎建物に入ると、新庄まつりのディスプレイがありました。国重要無形民俗文化財・ユネスコ無形文化遺産登録となっていて、毎年8月24日~26日に祭りが開催されています。leo

20170517_hassyhyou

新庄駅改札口上にある発車標。新庄駅から4方向に行く事が出来ます。libra

南方向には、山形新幹線・山形線。北方向には、奥羽本線。東方向には、陸羽東線(奥の細道・湯けむりライン)。西方向は、陸羽西線(奥の細道・最上川ライン)。東西南北に線路が伸びます。golf

20170514_shinkansen_4

新庄駅は階段無しで、4方向全てのホームへ行き来する事ができます。こちらは、山形新幹線・山形線の線路。当駅で終端となる。snail

20170514_shinkansen_3

1・2番線には、山形新幹線E3系が停車中。東京から新庄まで直通します。bullettrain

20170514_shinjyou_st_1

新幹線が停車中のホーム。駅名標と共に。snail

20170514_shinkansen_2

現在、山形新幹線は白地に紫色のラインが入った塗装となっている。art

新庄駅へは山形新幹線に乗ってやってきました。その乗車レポは、「山形新幹線つばさ131号に乗って新庄駅まで乗車した2017。」へどうぞ。paper

20170517_ouuhonsen

3番線には、奥羽本線秋田行き701系電車が停車中。train

20170517_rikuusaisen

3番線ホームに停車中の陸羽西線(奥の細道・最上川ライン)酒田行き。車両はキハ110形気動車。subway

20170517_syako

3番線ホームの先端からの眺め。レンガ造りの車庫が見えますよ。event

20170517_basyoumaru

芭蕉丸という舟の手前には、新庄市公式イメージキャラクター「かむてん」の顔出しパネルが設置されています。かむてんという名前は、新庄市の北東にそびえる神室山は、古来より天狗が住んでいるという伝説がある事から由来する。leo

20170517_exit

新庄さ よぐきて けったにゃー

ようこそ新庄駅へ。快速リゾートみのりで訪れるのも良さそうだな。t-shirt

という事で、JR新庄駅を訪れたレポでした~。happy01

「JR新庄駅」 〒996-0024 山形県新庄市多門町1-1info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日曜日)

山形新幹線つばさ131号に乗って新庄駅まで乗車した2017。

山形新幹線に乗って新庄へ。bullettrain

20170514_shinkansen_2

さて、今回、山形新幹線を乗車しました。山形新幹線は、東京と新庄を結ぶ新幹線で、車両はE3系7両編成だ。bullettrain

車体の色は、蔵王の雪をモチーフとした白色をベースに、山形の県鳥である「おしどり」の深い紫色、車体帯は県花の「紅花」をモチーフに赤色から黄色へのグラデーションしている。現在全ての車両がこの新塗装になっている。art

20170514_hassyahyou

JR大宮駅から乗車します。改札口前の東北・山形・秋田・北海道新幹線(下り)の発車標です。17番線ホームから発車します。faxto

20170514_henseihyou

編成案内ディスプレイ。各号車の自由席・指定席・グリーン車・グランクラスの区別が分かるようになっている。golf

今回乗車する編成は、やまびこ131号(1~10号車)とつばさ131号(11~17号車)の併結運転です。長い17両編成だ。drama

20170514_hassyahyou2

17番線ホームの発車標です。つばさ131号は新庄行きだが「山形・新庄」と山形も付け加えられている。sports

つばさ号は、11号車がグリーン車、12~15号車が指定席、16~17号車が自由席です。chair

20170514_shinkansen_1

今回乗車するつばさ131号が17番線ホームに入線してきました。snowboard

20170514_yukisakihyou

行先標です。こちらも、行き先は「山形・新庄」になっているね。さぁ、乗り込もう。run

20170514_syanai_1

座席に座りました。車内の様子。乗車率は75%くらい。窓側の席はほぼ全て埋まっていた。chair

大宮駅9時48分発、つばさ131号は新庄へ向け出発しました。watch

20170514_kippu

切符です。今回は、えきねっとで予約。トクだ値10で購入できので、1割引でした。ticket

20170514_syanaihanbai

新幹線に乗車したら、楽しみは車内販売。レモンケーキ・ホットコーヒー・とちおとめアイスクリームを購入。うむ、美味しい~。cafe

時速270kmで福島駅まで快走。宇都宮・郡山には停まらず、福島駅までノンストップであっという間、10時46分着。ここで、つばさ号は新庄へ、やまびこ号は仙台へ切り離し、別々に運行されます。wrench

20170514_syasou_1

福島からは、奥羽本線、在来線を走行します。急勾配にカーブが多く、スピードは控えめで走行していく。車窓での山の眺めはいいね。秋紅葉時期だと風情ありそう。5月に入ったけど、ところどころ雪が残っていたね。maple

20170514_yonezawa_st

11時20分米沢駅に到着。carouselpony

20170514_uesugi_matsuri

米沢上杉まつりが気になるね。GW期間中開催。cat

米沢駅からは、再びスピードアップで走行始めた。music

20170514_zaseki_1

山形駅に到着。混雑していた車内も、米沢駅・山形駅でほとんどの乗客が降りた。snail

20170514_zaseki_2

普通車の座席シートです。chair

20170514_concent

窓側の各座席下には、コンセント1つ設置されています。乗車中は、ありがたくスマホの充電にあてました。thunder

20170514_syasou_2

米沢~新庄間は平野が続きます。先に見える東北の山々がいい眺めですね。fuji

20170514_shinjyou_st_1

大宮駅から乗車して2時間47分。新庄駅2番線ホームに12時35分到着しました。山形新幹線の終点です。motorsports

20170514_sakura

車体には、桜がデザインされている。cherryblossom

20170514_touhoku_japan

そして、Treasureland TOHOKU JAPAN 日本東北のロゴデザインもあり。fuji

20170514_shinkansen_3

新庄駅1番線・2番線ホーム両方に山形新幹線が停車。bullettrain

20170514_shinkansen_4

山形新幹線は新庄駅が終着なので、線路もここで終端です。motorsports

山形新幹線の利用は、平成5年(1993年)3月に初めて利用した以来、24年ぶり2度目となった。とても、久しぶりの乗車になりました。birthday

という事で、山形新幹線つばさ131号に乗って新庄駅まで乗車したレポでした~。happy01

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

『運転情報』

【列車名】  山形新幹線 つばさ131号

【運転区間】 東京 → 新庄

【運転日】  毎日

【使用車両】 E3系2000番台

【車両情報】 7両編成 「グリーン(1両)+指定席(4両)+自由席(2両)」

(131M) 東京09:24→大宮09:48→10:46福島10:48→米沢11:21→11:50山形11:52→天童12:02→さくらんぼ東根12:07→村山12:12→大石田12:21→12:35新庄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日曜日)

JR宇都宮線小金井駅にて。C57蒸気機関車の動輪2017。

開業124年の宇都宮線の駅で、下野国分寺跡の最寄駅。subway

20170507_utsunomiya_line

さて、やってきところは、栃木県下野市にあるJR宇都宮線小金井駅です。2面4線の地上駅だ。小山車両センター(車両基地)がある為、小金井駅を発着する電車もあります。train

20170507_touri

ホームからは階段を登り、橋上駅舎となっている。通路は桜のディスプレイでお出迎え。house

20170507_kangei

小金井駅は、花とロマンの郷「下野国分寺」の最寄り駅。春になると、天平の花まつりが開催され、訪問の為に当駅を利用する観光客も多い事でしょう。tulip

20170507_poster

実際に、天平の花まつりや訪下野国分寺跡を訪れてきました。その訪問レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170507_annaijyo

小金井駅西口に出ると、下野市観光案内所「オアシスポッポ館」があります。事前に観光マップ等、情報をここでゲットしよう。carouselpony

20170507_pepper

観光案内所「オアシスポッポ館」には、「下野市シティプロモーション特命課長」のPepperがいます。ペッパーと遊んであげてね。shadow

20170507_rotarry

小金井駅西口ロータリーです。新緑の大きな木がある。xmas

20170507_dourin

大きな木の下には、C57蒸気機関車の動輪が静態展示されています。小金井駅は、明治26年(1893年)3月25日開業。昭和41年(1966年)には小山電車区も開設され、小金井駅がある旧国分寺町は鉄道開通と共に発展した町でもある。鉄道と深い関りがあるので、このモニュメントが設置されています。subway

20170507_koganei_st

小金井駅駅舎の上は、東北新幹線の高架となっています。高速で通過する新幹線の音・振動が響くよ。bullettrain

という事で、JR宇都宮線小金井駅を訪れたレポでした~。happy01

「小金井駅」 〒329-0414 栃木県下野市小金井3009 JR宇都宮線(東北本線)info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日曜日)

快速おさんぽ成田・佐原号に乗車してきた2017。

特急型車両で成田・佐原へアクセス。airplane

20170409_osanpo_narita_sawara_go

さて、ここは、JR成田線佐原駅3番線ホームです。これから、臨時列車「快速おさんぽ成田・佐原号」に乗車します。2017年3月・4月の主な週末に、新宿~佐原間を運行されました。bullettrain

20170409_sawara_st

水郷の町にあるJR成田線佐原駅です。小江戸な雰囲気の駅舎ですね。house

20170409_hassyhyou

佐原駅に表示の発車標。列車名が長いので、小さい字に収められている。karaoke

20170409_annai

佐原駅には、おさんぽ成田・佐原号の案内が掲示されていました。本日の指定席は完売とあった。前もって、購入しておいて良かったよ。boutique

20170409_osanpo_narita_sawara_go_2

快速おさんぽ成田・佐原号は、使用される車両が、E257系500番台5両編成です。乗車した日は、NB-13編成でした。bullettrain

佐原駅を15時47分に発車しました。run

20170409_syanai

車内です。佐原駅発車時は空いていたが、次の停車駅、下総神崎駅でどっと乗客が来てほぼ満席になりました。酒蔵イベントがあった為です。bottle

20170409_sheet

特急型車両なので、リクライニングシートです。chair

20170409_kippu

快速おさんぽ成田・佐原号は、全車指定席です。自由席はありませんので、乗車券のほか、指定席券が必要です。指定席料金は、快速列車なので、乗車距離関係なく、一律520円です。先頭(新宿側)が1号車、後方(佐原側)が5号車です。ticket

20170409_osanpo_narita_sawara_go_3

船橋駅で降車しました。17時07分着。ヘッドマークは「臨時」表示でしたね。cat

という事で、快速おさんぽ成田・佐原号に乗車してきたレポでした~。happy01

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

『運転情報』 2017年

【列車名】  快速 おさんぽ成田・佐原

【運転区間】 新宿 ~ 佐原

【運転日】  2017年3月4・5・11・12・18・19・20・25・26日、4月15・16日

【使用車両】 E257系500番台 (NB-13編成[03/12運転時])

【車両情報】 5両編成 「全車指定席」

【往路】 (9423M) 新宿08:05-秋葉原08:16-錦糸町08:23-新小岩08:28-市川08:33-船橋08:40-津田沼08:44-稲毛08:51-千葉09:03-佐倉09:26-酒々井09:32-成田09:50-滑河10:04-10:21佐原

【復路】 (9424M) 佐原15:47-滑河16:04-成田16:18-酒々井16:25-佐倉16:33-千葉16:523-稲毛16:57-津田沼17:04-船橋17:07-市川17:13-新小岩17:17-錦糸町17:22-秋葉原17:26-17:38新宿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水曜日)

特急こうざき酒蔵まつり号に乗車しました2017。

特急で発酵の里へ!新酒を味わおう!。bullettrain

20170314_express_1

さて、ここは、JR総武線両国駅3番線ホームです。これから、臨時列車「特急こうざき酒蔵まつり号」に乗車します。2017年3月12日(日)に千葉県神崎町で開催されるこうざき酒蔵まつりへのアクセス列車として毎年1回運転される。房総観光キャンペーンスペシャルトレインとして、素敵な銘酒の旅を提供してくれるよ。bullettrain

20170314_garally_1

両国駅3番線ホームは、両国ステーションギャラリーを通って行きます。通路には、いろんな展示パネルが掲示されています。art

20170314_ekimeihyou

両国駅3番線ホームの駅名標には、次の駅が「房総」となっている。(実際は錦糸町ですが...)。golf

20170314_yane

雰囲気ある屋根が設置された3番線ホーム。これからの旅に気持ちワクワクしてきます。rain

20170314_yukisakihyou

列車の行先標は「特急 佐原」になっている。karaoke

20170314_express_2

特急こうざき酒蔵まつり号は、両国~佐原間の運転。車両は、E257系500番台・NB-02編成です。5両編成・全車指定席だ。pocketbell

こうざき酒蔵まつり号、昨年までは新宿発着だったが、今年は時間を早めて両国発着になった。

まもなく、電車が出発するので乗り込もう。両国駅7時21分発車です。watch

20170314_syanai

両国駅発車時の車内。この後、錦糸町・船橋・津田沼・千葉と停車した段階で、ほぼ満席状態となった。chair

20170314_kippu

特急券切符です。列車名「こうざき酒蔵まつり」と印字されている。5両編成全車指定席なので、乗車には特急指定席券が必須です。ticket

20170314_express_2

こうざき酒蔵まつり会場の最寄り駅である下総神崎駅に8時40分到着。直通で楽々アクセスだ。train

20170314_hodoukyou

ほぼ満員だった車内も、下総神崎駅でぞろぞろと降車した。改札口を出る為に、混雑しています。hairsalon

20170314_youkoso_1

改札口前には、ようこそ「発酵の里こうざき酒蔵まつり2017」と掲示幕があり。motorsports

20170314_shimousa_kouzaki_st

いつもは静かな駅だろうが、この日だけは、人が多い賑やかな下総神崎駅です。event

20170314_touri_2

こうざき酒蔵まつり2017、5万人の人出という大賑わいだ。移動するのもちょっと大変。快晴天気に恵まれて、日本酒日和でした。sun

ちなみに、このイベントレポートは、「発酵の里こうざき酒蔵まつり2017に行ってきた。」へどうぞ。paper

という事で、特急こうざき酒蔵まつり号に乗車してきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去乗車レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、酒蔵祭りでの関連詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170315_info2

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

『運転情報』 2017年

【列車名】  特急 こうざき酒蔵まつり

【運転区間】 両国 ~ 佐原

【運転日】  2017年3月12日(日)

【使用車両】 E257系500番台 (NB-02編成)

【車両情報】 5両編成 「全車指定席」

【往路】 (9407M) 両国07:21-錦糸町07:25-船橋07:36-津田沼07:39-千葉07:48-佐倉08:05-成田08:17-08:40下総神崎08:47-08:55佐原

【復路】 (9408M) 佐原14:12-下総神崎14:22-成田14:41-佐倉14:53-千葉15:07-津田沼15:17-船橋15:21-錦糸町15:33-15:36両国

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月20日 (月曜日)

秩父鉄道急行秩父路3号(急行秩父ウイスキー祭号)に乗車してきた2017。

リクライニングシートの急行列車で行こう♪。chair

20170221_chichibu_line_exp

さて、やってきたところは、秩父鉄道羽生駅です。これから、5番線ホームに停車中の急行秩父路3号三峰口行きに乗車します。車両は6000系3両編成。この日は、急行秩父ウイスキー祭号、特別ヘッドマークを掲出して運転しました。bullettrain

羽生駅9時32分発、急行秩父路3号三峰口行きに乗って、秩父へ向かうよ。急行列車に乗車する際、予め急行券(大人200円)が必要です。ticket

20170221_headmark

記念ヘッドマークいいね。車体色とマッチしていて良い感じ。渋いねぇ。bar

20170221_syanai

車内の座席はクロスシート。chair

20170221_sheet

座席は少しリクライニングができます。ただし、座席を回転させる事はできません。chair

20170221_exp_4

まもなく出発なので、電車に乗り込んだ。run

始発の羽生駅からは座席まぁ空いていたが、熊谷駅でどっと乗客が車内に入ってきた。満席になり、立つ客も発生。長瀞駅で乗客少し降りたが、ほとんど秩父駅で乗客降りた。libra

20170221_kippu

乗車券は、秩父路遊々フリーきっぷを購入した。1440円。往復だけでも十分元が取れます。特定の施設では、切符提示でサービスが受けられますよ。ticket

そして、急行券。200円。嬉しい硬券です。ticket

20170221_arakawa_kyouryou

上長瀞駅を通過すると、荒川橋梁(親鼻鉄橋)を渡ります。いい眺めだ。wave

20170221_chichibu_line_exp_2

急行秩父路3号は、10時42分秩父駅に到着。motorsports

ここで、降車しました。バイバイ~。camera

20170221_kaijyou_2

ちなみに、秩父ウイスキー祭訪問レポは、「第4回秩父ウイスキー祭に行ってきた2017。」へどうぞ。paper

という事で、秩父鉄道急行秩父路3号(急行秩父ウイスキー祭号)に乗車してきたレポでした~。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 5日 (日曜日)

快速氏家雛めぐり号に乗車してきた2017。

房総特急の車両に乗って、栃木県さくら市氏家へ行こう!。bullettrain

20170205_e257_6

さて、やってきたところは、JR宇都宮線氏家駅です。2017年2月4日(土)、臨時列車「快速氏家雛めぐり号」が、海浜幕張~氏家間で運転されました。第14回氏家雛めぐりの開催にあわせ、毎年この時期に運転される臨時列車だ。千葉県・房総方面を結ぶ特急車両・E257系が使用され、宇都宮線にやってくるのは、昨年に引き続きの運転で珍しい光景だ。spade

20170205_e257_1

快速氏家雛めぐり号は、海浜幕張から京葉線・武蔵野線を経由して氏家へ向かう。武蔵野線ユーザーとしては、とても便利な直通列車だ。door

20170205_e257_2

電車には、武蔵野線南流山駅から乗車しました。南流山駅8時33分発。clock

20170205_syanai

車内はまずまずの乗車率。mist

20170205_sheet

普段は特急車両で使用されている。リクライニングの座席は快適です。chair

20170205_kippu

2017年の快速雛めぐり号は5両編成で、指定席2両+自由席3両となっている。確実に着席する為、指定席券を購入しておきました。快速の指定席料金は、乗車距離に関わらず520円です。ticket

diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond

←氏家 海浜幕張→
下り・往路(氏家行き)
1号車
自由席
2号車
自由席
3号車
自由席
4号車
指定席
5号車
指定席
上り・復路(海浜幕張行き)
1号車
指定席
2号車
指定席
3号車
自由席
4号車
自由席
5号車
自由席

diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond

氏家側が1号車、海浜幕張側が5号車です。往路氏家行きの場合、進行方向左側がA席、右側がD席。signaler

自由席車両・指定席車両は、行き(氏家行き)と帰り(海浜幕張行き)では異なります。先頭3両が自由席、後方2両が指定席。よって、指定席車両は行きが4・5号車、帰りが1・2号車となる。chair

指定席は座席数が少ない為、早目の購入をお勧めします。ほぼ完売状態です。ticket

20170205_kinugawa

鬼怒川の鉄橋を越えると、氏家に到着する。fish

20170205_e257_3

10時35分、終点・氏家駅に到着しました。watch

20170205_ujiie_st_1

氏家駅の駅名標と共に。氏家駅は栃木県さくら市に位置します。ship

氏家駅ホームには、さくら清修高校の生徒や市民らがお出迎え。virgo

20170205_e257_4

まずは、写真撮影タイム!。いろんな角度からパチリ。camera

20170205_e257_5

前面横から。今回使用された車両は、E257系500番台NB-18編成。train

20170205_kangei

改札口前では、駅長・駅員、さくらメイツ、栃木県マスコットキャラクター「とちまるくん」、さくら市観光PR大使に昇格した「コンタ君」がお出迎え。「ようこそ 氏家雛めぐりへ!」の歓迎幕もあり。bell

20170205_kangei_2

改札口を出て駅の外でも、歓迎の列ができている。cat

20170205_hayashi

氏家こどもおはやし会による太鼓披露での歓迎もあり。notes

20170205_fukufukunabe

氏家福々鍋(けんちん汁)のふるまいもありました。温まります~。japanesetea

20170205_hinameguri_1

この後は、氏家地区で開催された、「第14回氏家雛めぐり」、いろんな雛飾りを見てきたよ。virgo

この雛飾り訪問レポは、「第14回氏家雛めぐり・eプラザ壱番館の雛飾りを観てきた2017。」へどうぞ。paper

20170205_tsurushihina

吊るし雛も、かわいらしいね。gemini

この雛飾り訪問レポは、「ギャラリー匣(さら)、雛飾りと吊るし雛見学2017。」へどうぞ。paper

20170205_totiotome

これまた大きい。とちおくんとおとめちゃんだ。苺のとちおとめだ。cherry

ちなみに、展示場所でのレポは、「雛の駅(旧烏山信用金庫)に展示された、巨大なとちおとめ雛を見に行ってみた2017。」へどうぞ。paper

20170205_e257_7

氏家駅に戻ってきました。帰りも、快速氏家雛めぐり号に乗車します。subway

20170205_miokuri_1

帰りのホームにも、見送りに来てくれています。motorsports

20170205_miokuri_2

楽しさいっぱい!。とちぎにまたきてね。paper

14時30分、海浜幕張へ向け、氏家駅2番線ホームを出発しました。rouge

20170205_e257_8

帰りは、JR武蔵野線東松戸駅まで乗車しました。16時46分着。gasstation

氏家雛めぐり開催に合わせ、毎年1回運転される快速氏家雛めぐり号。武蔵野線沿線から氏家へ直通してくれる便利な臨時電車だね。dog

という事で、快速氏家雛めぐり号に乗車してきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去乗車時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、氏家へ訪れたのは、ウォーキングイベントの参加の為でもある。その参加レポは、「駅からハイキング「氏家雛めぐり~早春の古雛・つるし飾りを巡る~」に参加してきた(2017.02.04)。」へどうぞ。paper

20170205_poster

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

『運転情報』 2017年冬

【列車名】  快速 氏家雛めぐり

【運転区間】 海浜幕張 ~ 氏家

【運転日】  2017年2月4日(土)

【使用車両】 E257系500番台 (NB-18編成)

【車両情報】 5両編成 「普通車指定席(2両)+普通車自由席(3両)」

【往路】 (9722M-9623M) 海浜幕張08:00-南船橋08:07-西船橋08:15-東松戸08:23-新八柱08:26-新松戸08:31-南流山08:33-南越谷08:46-東川口08:51-南浦和08:59-大宮09:11-蓮田09:20-久喜09:30-古河09:45-小山09:59-宇都宮10:20-氏家10:35

【復路】 (9626M-9727M) 氏家14:30-宇都宮14:46-小山15:08-古河15:21-久喜15:37-蓮田15:47-大宮15:59-南浦和16:10-東川口16:17-南越谷16:21-南流山16:35-新松戸16:39-新八柱16:44-東松戸16:47-西船橋16:57-南船橋17:05-海浜幕張17:12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月31日 (火曜日)

快速おさんぽ川越号に乗車してきた2017。

房総特急の車両ゆったり座席指定で、小江戸川越へGo!。bullettrain

20170131_osanpo_kawagoe_1

2017年1月28日(土)・29日(日)運転、快速おさんぽ川越号に乗ってきたよ。JR外房線茂原駅とJR川越線川越駅を結び、毎年季節ごとに臨時運転される。車両はE257系500番台NB-15編成。5両編成全車指定席だ。自由席は無し。train

20170131_kawagoe_st

JR外房線から京葉線・武蔵野線・川越線を経由し、川越駅へ直通する。乗り換え無しで行けるのが良いね。川越駅に特急型車両が停車するのも珍しい。ship

20170131_osanpo_kawagoe_2

ヘッドマークは、「臨時」表示でした。search

20170131_hassyahyou_1

川越駅の発車標。電光掲示板には、列車名が表示されているね。flair

「快速おさんぽ川越号 16:00」と表示。karaoke

20170131_hassyahyou_2

表示が切り替わり、「全車指定武蔵野線経由茂原」と表示。karaoke

20170131_jyousyaiti

駅ホームには、各号車の乗車位置があった。flag

20170131_yukisakihyou

行先表は「臨時」と表示。two

20170131_syanai

車内はどの車両も結構な乗車率だ。全車指定席なので、乗車券の他に指定席券が必要です。chair

20170131_onrei

川越駅6番線ホーム16時00分発、臨時快速おさんぽ川越号茂原行きに乗車します。bell

駅ホームには、駅員の方々が御礼幕を持ち、お見送りしてくれました。またのお越しをお待ちしております。denim

20170131_ticket

快速おさんぽ川越号の指定席券の料金は、乗車距離に係らず一律520円です。「えきねっと」座席ピンポイント指定で購入しておいた。ticket

茂原方向が5号車、川越方向が1号車で、5両全て指定席車両です。pocketbell

20170131_arakawa

JR川越線、南古谷~指扇間、荒川を渡る。mist

20170131_coedo_beer

車内では、川越の地ビール、コエドビールを味わおう。beer

20170131_hassyahyou_3

17時16分、JR武蔵野線東松戸駅に到着。ここで、下車しました。楽々快適だったね。japanesetea

20170131_osanpo_kawagoe_3

今年も快速おさんぽ川越号乗車満喫しました。2013年から5年連続で乗車しています。motorsports

20170129_burari_kawagoe_3

ちなみに、川越までの往路は、快速ぶらり川越号でやってきた。車両は、白いタキシードボディの651系7両編成でした。この車両には、グリーン車も付いているよ。その乗車レポは、「快速ぶらり川越号に乗車してきた2017。」へどうぞ。paper

20170129_kuranomati

小江戸川越、ぶらり観光してきたよ。蔵のまちを、おさんぽ川越です。青空快晴の暖かさ。観光日和でした。sun

次回の快速おさんぽ川越号運転日は、ゴールデンウィーク、2017年4月29日(土)・30日(日)です。車両は同じE257系5両全車指定席。clock

という事で、快速おさんぽ川越号に乗車してきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去乗車時のレポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170131_panf

パンフレットでの案内です。memo

20170131_poster

clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover

『運転情報』 2017年冬

【列車名】  快速 おさんぽ川越

【運転区間】 茂原 ~ 川越

【運転日】  2017年1月28日(土)・29日(日)

【使用車両】 E257系500番台 (NB-15編成)

【車両情報】 5両編成・全車普通車指定席

【往路】 (9220M-9221M) 茂原08:20-大網08:30-土気08:34-鎌取08:41-蘇我08:46-稲毛海岸08:55-海浜幕張09:00-南船橋09:05-西船橋09:13-東松戸09:21-新八柱09:25-新松戸09:29-南流山09:32-南越谷09:46-東川口09:50-南浦和09:58-大宮10:09-10:29川越

【復路】 (9224M-9225M) 川越16:00-大宮16:22-南浦和16:38-東川口16:45-南越谷16:50-南流山17:04-新松戸17:08-新八柱17:13-東松戸17:17-西船橋17:29-南船橋17:37-海浜幕張17:44-稲毛海岸17:48-蘇我17:59-鎌取18:05-土気18:13-大網18:17-18:27茂原

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月29日 (日曜日)

快速ぶらり川越号に乗車してきた2017。

冬もぶらぶら川越さんぽを楽しもう♪。bicycle

20170129_burari_kawagoe_1

川越へ直通する臨時電車を乗って来たよ。2017年1月28日(土)・29日(日)運転、快速ぶらり川越号です。白いタキシードボディ、651系7両編成の車両が使用されました。K105編成。bullettrain

20170129_burari_kawagoe_2

快速ぶらり川越号は、JR常磐線日立駅とJR川越線川越駅を結び、途中JR武蔵野線を走行する。武蔵野線ユーザーにとっては、乗り換えなしで小江戸川越へ直通するのは、楽々便利だ。しかも、特急型車両なので快適移動である。最近は、季節ごとに運行されるようになり、川越アクセスの定番になってきた。chair

武蔵野線内の遅延の影響で、数分遅れで南流山駅に到着。では、早速、乗り込みましょう。chick

20170129_syanai

4号車グリーン車車内。2+1の3列シートです。chair

20170129_sheet

グリーン席のシートはゆったりいい感じ。chair

20150202_burari_kawagoe_hensei

快速ぶらり川越号は7両編成。先頭車両は1号車(川越・大宮方面)、後方車両は7号車(勝田・日立方面)です。全車指定席で、4号車はグリーン指定席となっています。自由席はありません。music

川越方向、左側はA席、右側はD席です。chair

20170129_kippu

ぶらり川越号はグリーン車があるので、グリーン指定席券を購入しました。南流山~川越間のグリーン券は770円です。ticket

快速の指定席料金は、乗車距離に関係なく520円です。4号車のグリーン席を利用する場合は、快速のグリーン券が必要です。こちらは、乗車距離に対して料金が変わります。快速ぶらり川越号は全車指定席なので、指定席券かグリーン席券どちらかが必要です。ticket

【快速ぶらり川越号 指定席・グリーン席料金 川越発着】
川越まで 大宮~南流山から 柏~土浦から 石岡~水戸から 勝田~日立から
指定席券料金 520円
グリーン券料金 770円 980円 1670円 1950円

南流山~川越間は49.1kmなので、指定席だと520円、グリーン席だと770円となる。差額はわずか250円なので、グリーン席でゆったり乗車もいいかもね。crown

20170129_arakawa

JR川越線、指扇~南古谷間の荒川を渡る。mist

20170129_youkoso_1

終点川越駅6番線ホームに到着しました。ホーム上には、駅長・駅員を始め、さいたま観光大使・さいたま小町が、歓迎お出迎えありました。bell

20170129_burari_kawagoe_4

川越駅ホームに停車中の651系。このあと、回送されました。flag

20170129_burari_kawagoe_3

元は、特急スーパーひたち号で活躍した651系、現在は臨時列車として活躍しています。good

20170129_youkoso_2

川越駅コンコースでは、冬のぶらぶら歩き「川越・さいたま」キャンペーンが実施中。ゆるきゃらも登場して記念撮影だ。camera

川越市のマスコットキャラクター「ときも」やさいたま市のPRキャラクター「つなが竜ヌゥ」がお出迎えだ。「浦和うなこちゃん」もね。cat

20170129_kuranomati

さぁ、この後は、小江戸川越、ぶらり観光だ。蔵のまちを、おさんぽ川越です。青空快晴の暖かさ。観光日和でした。sun

20170131_osanpo_kawagoe_1

ちなみに、帰り復路は、E257系を使用した快速おさんぽ川越号を利用しました。こちらも、川越からJR武蔵野線方面へ直通するので便利な列車だ。その乗車レポは、「快速おさんぽ川越号に乗車してきた2017。」へどうぞ。paper

次回の快速ぶらり川越号の運転日は、ゴールデンウィーク、2017年5月5日(祝金)・6日(土)の運転です。clock

という事で、快速ぶらり川越号を乗車したレポでした~。happy01

ちなみに、過去乗車レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170129_unkou

パンフレットでの案内。memo

20170129_poster

『運転情報』 2017年冬

【列車名】  快速 ぶらり川越

【運転区間】 日立 ~ 川越

【運転日】  2017年1月28日(土)~29日(日)

【使用車両】 651系 (K105編成)

【車両情報】 7両編成  グリーン車指定席(1両)+普通車全車指定席(6両)

【往路】 (9426M-9527M) 日立06:47-常陸多賀06:52-大甕06:57-東海07:02-勝田07:10-水戸07:17-赤塚07:23-友部07:31-石岡07:43-土浦08:02-牛久08:13-佐貫08:18-取手08:26-柏08:37-南流山08:51-南越谷09:06-大宮09:29-川越09:49

【復路】 (9526M-9427M) 川越15:20-大宮15:48-南越谷16:12-南流山16:27-柏16:35-取手16:45-佐貫16:51-牛久16:56-土浦17:15-石岡17:25-友部17:36-赤塚17:45-水戸17:51-勝田17:58-東海18:04-大甕18:10-常陸多賀18:14-日立18:20

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧