2017年6月23日 (金曜日)

JR川越線指扇駅を下車してみた2017。

指扇駅、初めて下車してみました。denim

20170623_kawagoe_line

さて、やってきたところは、埼玉県さいたま市西区にあるJR川越線指扇駅です。昭和15年(1940年)7月22日開業で、結構歴史のある駅なのだ。今年(2017年)で77周年を迎える。川越へ出かける為、よく川越線を利用するが指扇駅はいつも通り過ぎる。そんな指扇駅、初めて下車してみました。train

20170623_ekimeihyou

指扇は「さしおうぎ」と読む。西大宮駅と南古谷駅の間に位置する。karaoke

指扇駅を走る川越線、多くの列車が埼京線やりんかい線に乗り入れるので、池袋・新宿・渋谷・新木場と都心スポットへ乗り換え無しで向かう事ができます。bullettrain

20170623_senro

単線区間なので、駅前で線路が分岐して上り・下りホームへ分かれます。hairsalon

1番線ホームは下り線・川越方面、2番線ホームは上り線・大宮方面で、2面2線相対式ホームです。gemini

20170623_ekisya_1

指扇駅は橋上駅舎です。近代的な建物になってしまったなぁ。指扇駅の橋上化は、平成26年(2014年)3月9日に新駅舎供用開始となりました。event

20170623_kaisatsuguti

2階部が改札口となります。door

20170623_senro_2

橋上駅舎からの川越方面の眺め。この先は、荒川橋梁となる。camera

20170623_terasu_1

指扇駅でびっくりしたのがココ。なんと、建物2階にはテラスデッキがあるのだ。snail

20170623_rotally

デッキからの眺め。指扇駅北口の駅前ロータリー、そして、北方向の眺めが良し。good

指扇駅北口駅前広場は、平成27年(2015年)5月15日に供用開始されました。北口からは、上尾・平方方面への路線バスも運行開始された。bus

20170623_rotally_2

指扇駅北口広場には、綺麗な花を咲かせた花壇があり。アジサイもあったな。tulip

20170623_ekisya_2

指扇駅駅舎外観は、指扇周辺に多くの社寺があることから日本建築の特徴である日本瓦をイメージした配色としています。また、古くから土に親しんできた地域性があることから、一部に土をイメージしたレンガタイルを使用しています。school

という事で、JR川越線指扇駅を初めて下車してみたレポでした~。happy01

「指扇駅」 〒331-0074 埼玉県さいたま市西区大字宝来1716info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火曜日)

武蔵野線よくするプロジェクト~武蔵野線のあゆみ~・三郷駅編2017。

昔懐かしい写真がノスタルジックを感じる。camera

20170620_musashino_line_ayumi

お客様満足向上の為、JR東日本では武蔵野線よくするプロジェクトが実行中です。強風や大雨など自然災害による列車の遅れを減らすため、防風柵設置などの防災強化などを務めたりと、利用しやすい乗り物として実践中です。駅のホームに待合室を設置するなど便利になってきました。chair

そんな中、JR武蔵野線三郷駅1番線ホームへのエレベーター連絡通路入口付近にポスターが掲示されました。memo

20170620_musashino_line_ayumi_2

武蔵野線は昭和48年(1973年)に府中本町~新松戸間で開業。その5年後、昭和53年(1978年)に新松戸~西船橋間が開業し、現在の武蔵野線が形成されました。今年で武蔵野線開業44年を迎えます。golf

武蔵野線のあゆみとして、昭和・平成時代の年表が記載されている。gasstation

20170620_musashino_sousyajyou

昭和59年頃の、武蔵野操車場付近の様子写真。現在の新三郷駅付近です。event

20170620_musashino_photo_1

武蔵野線のカラーはオレンジ色だが、昭和60年頃は、オレンジ色の他に、黄色や水色、はたまた、いろんな色混在の列車編成で運転されていました。art

20170620_musashino_photo_2

ちょっとした懐かしい写真。電車のお古を使ったりする武蔵野線だが、毎日の通勤で使用する武蔵野線ユーザーです。今後のよくなる武蔵野線にちょいと期待しつつ...。confident

とりあえず、始発の繰り上げ・終電の繰り下げになると良いかな。E233系の新しい車両が来ないのは、しょうがないとしても、しもうさ号の増便はないのなかなぁ。土休日は大宮から先、川越など延長運転はないかなぁ。なんだかんだ言いつつ、毎日武蔵野線を利用しています。confident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日曜日)

特急小江戸26号、プラチナ・エクスプレス(川越 Ver.)に乗車してきた2017。

ユネスコ登録記念ラッピング列車です。art

20170604_express_1

さて、やってきたところは、西武新宿線本川越駅です。これから、特急小江戸26号に乗車します。2番線ホームには、特急レッドアロー10000系電車が停車中。bullettrain

20170604_hassyahyou

発車標です。特急小江戸号は、本川越を出ると、狭山市・所沢・東村山・高田馬場に停車し、終点西武新宿へ向かう。karaoke

特急小江戸26号は、本川越駅14時34分発です。7両編成。clock

20170604_express_2

今回乗車する列車は、プラチナ・エクスプレス(川越 Ver.)のラッピング車両でした。art

20170604_kawagoe_matsuri

ユネスコ無形文化遺産登録を記念して、川越まつり(川越氷川祭の山車行事)をラッピング。leo

20170604_yukisakihyou

行先標です。flag

さぁ、乗り込もう。run

20170604_syanai

列車車内です。gasstation

20170604_sheet

2列+2列のリクライニングシートです。chair

20170604_ticket

特急券切符です。本川越~西武新宿間の特急料金は500円です。ticket

20170604_express_3

乗車時間は45分。あっという間、西武新宿駅に15時19分到着しました。motorsports

という事で、特急小江戸26号、プラチナ・エクスプレス(川越 Ver.)に乗車してきたレポでした~。happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月31日 (水曜日)

鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア(車両センター会場)に行ってきた2017。

大宮は鉄道の町。今年も大宮駅周辺で鉄道イベント開催。train

20170531_dd51

さて、やってきたところは、埼玉県さいたま市大宮区にある大宮総合車両センターです。ここで、2017年5月27日(土)、鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェアが開催されました。さいたま市とJR東日本が主催する鉄道イベント。大宮駅周辺の各会場にて催し物があるよ。cancer

ここ、車両センター会場は、JR東日本の鉄道工場である。イベントにあわせ、いろんな車両が展示されています。こちらでは、DD51-842・EF65・EF65-501が展示されている。機関車かっこいいね。leo

20170531_gate

車両センター会場の入口ゲート。今年はJR発足30周年を迎えた。door

20170531_kaijyou_1

大宮総合車両センターには、鉄道ファンや家族連れが多く訪れています。capricornus

20170531_clear_file

大宮総合車両センター入口受付にて、毎年恒例のクリアファイルが貰えます。今年のデザインは、253系とEV-E301系の車両でしたね。present

20170531_map

会場内マップ。ぐるり回るのに、敷地広さありますよ。carouselpony

20170531_mokei

資料館1階では、鉄道模型ジオラマがあり。subway

20170531_sl

SL走行の写真。白い煙をあげ、かっこいいね。dash

20170531_de10

こちらは、ディーゼル機関車DE10-1557です。apple

20170531_ev_e301

こちらは、EV-E301系です。蓄電池電車で、非電化区間も走行できます。愛称は「ACCUM」(アキュム)で、現在、烏山線で運転されています。thunder

20170531_kyuukeihiroba

こちらは、休憩広場。芝生が敷かれているので、座ってのんびりできます。敷地広いので休憩場所はありがたいですね。club

20170531_253

今年の試乗会は、253系を使用。特急日光号・きぬがわ号で運行されている。maple

20170531_hayabusa

遊覧列車はやぶさ号が施設内をぐるり走る。clip

20170531_odakyuu

工場内には、あらっ、小田急の車両がいたな。train

20170531_211

211系です。日光線と表示していた。train

20170531_syokudou

食堂に行ってみた。チキンカリーが気になったが、売り切れだった...。horse

20170531_higashiguti

車両センター会場を出て、東口まちなか会場にやってきた。銀座通りは車両通行止めにしてイベント開催。foot

20170531_mini_hayabusa

ミニ新幹線の試乗がありました。chair

20170531_tetsudou_mokei

次は、大宮駅構内会場へ。こちらは、TOMIXの鉄道模型ジオラマがあった。ribbon

20170531_tetsudou_mokei_2

新幹線勢揃い。ドクターイエローやエヴァ新幹線も。bullettrain

20170531_yoroizuka_park

そして、西口まちなか会場へ。鎧塚公園では、新幹線沿線地域物産展や観光PRがあり。gasstation

20170531_stage

スギテツ ライブ&トークショーがありました。notes

大宮駅周辺は、鉄道イベント一色、鉄道の日でしたな。run

という事で、鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェアに行ってきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170531_poster

告知ポスターです。memo

「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」 開催日:2017年5月27日(土) 開催時間(車両センター会場)9時30分~15時30分(入場は15時まで) 会場:車両センター会場(大宮総合車両センター:埼玉県さいたま市大宮区錦町1017)・西口まちなか会場(鎧塚公園ほか)・東口まちなか・大宮駅構内会場(銀座通り、大宮駅コンコースほか) 入場無料info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金曜日)

JR羽越本線酒田駅を訪れた2017。

山形県北西部の中心駅の1つ、初めて訪れたよ。sagittarius

20170526_sakata_st_2

さて、やってきたところは、山形県酒田市にあるJR羽越本線酒田駅です。山形県北西部、庄内地方の中心駅の1つである。地方都市らしい往年の駅舎だね。event

20170526_youkoso

粋な文化に出会う街「ようこそ湊・酒田へ」と歓迎幕が掲げられている。酒田市は、日本海沿いに位置する港町だ。wave

20170526_inaho

羽越本線を走行する代表列車、特急いなほ号です。E653系。bullettrain

20170520_rikuu_saisen_4

新庄へ直通する陸羽西線(奥の細道・最上川ライン)。キハ110形。subway

20170526_uetsu_line

酒田~秋田間を運行する普通電車。701系。subway

20170526_sakata_st_3

駅ホームから先に雪化粧した山々が眺められるよ。snow

20170526_renrakukyou

2・3番線ホームへは、階段を登り、連絡通路を通る。通路から余目・鶴岡方面を眺める。snowboard

20170526_sl

1番線ホームに、蒸気機関車9600形式・SL96-32の模型や動輪が展示されています。bomb

20170526_minatomati_sakata

酒田は米どころ。山居倉庫に木造六角灯台、酒田獅子の絵だね。art

20170526_jyoumon

日本最大の土偶「縄文の女神」です。西ノ前遺跡(集落跡)で出土され、国宝に指定されています。shadow

20170526_kirakira_uetsu

新潟~酒田間で運行されているジョイフルトレイン「きらきらうえつ」。きらきらスポットが設置されています。cat

20170526_kaisatsuguti

ようこそ粋なまち酒田へ。酒田は映画「おくりびと」のロケ地なんですね。movie

改札は自動改札機だ。さぁ、改札を出よう。ticket

20170526_tsuuro

駅を出て、左へ曲がり進むと、トイレや交番がある。その場所に、コインロッカーがあります。key

20170526_coin_rocker_1

【酒田駅のコインロッカー情報】

コインロッカー、ロッカーの数は26。(小11・中9・大6)。JR東日本管内らしく、Suica等の交通系ICカードが鍵となるコインロッカー。緑色ランプが点灯していると空きである。料金は、小が300円、中が500円、大が600円です。pouch

20170526_coin_rocker_2

荷物を入れたら、タッチパネルで操作。最後に、Suica等交通系ICカードでタッチして清算します。現金支払い時は、QRコードが印字されたチケットが鍵になります。dollar

戻ってきて、荷物を取り出すときも、ICカードタッチして開きます。yacht

20170526_cycle

酒田駅には、無料レンタサイクルが用意されています。あらかじめ、駅構内観光案内所にて受付をします。貸出時間は9時~17時です。bicycle

20170526_cycle_2

レンタサイクル無料で利用できるのはありがたいが、良さげな自転車はすぐ借りられてしまうとの事。予約はできず、先着順です。市内ぐるり観光するには、とても便利です。bicycle

20170526_youkoso_2

酒田と言えば港町。レンタサイクルを借りて、観光ぐるりと行って来ます。日本海・酒田港を訪れて魚グルメを味わおう♪。delicious

という事で、JR羽越本線酒田駅を訪れたレポでした~。happy01

「酒田駅」 JR羽越本線 〒998-0023 山形県酒田市幸町1-1-1 みどりの窓口 びゅうプラザ コンビニ お土産店info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木曜日)

快速リゾート那須野満喫号に乗車してきた2017。

武蔵野線沿線から那須へ直通する臨時電車に乗ってきたよ。train

20170525_yamadori_12

さて、週末は臨時列車に乗って黒磯へ。2017年5月20日(土)・21日(日)運転、快速リゾート那須野満喫号に乗車してきました。運転区間は、新習志野~黒磯。武蔵野線沿線から那須方面へ直通する便利な行楽列車で、使用された車両は、485系リゾートやまどり。快適な移動空間を満喫できるのだ♪。bullettrain

リゾートやまどり、普段は、大宮~高崎~長野原草津口間吾妻線(群馬県)へのジョイフルトレインとして運行されている。宇都宮線への乗り入れは年数回なので、まぁ貴重な光景である。camera

20170522_hassyahyou_3

武蔵野線沿線から乗車できるのは、ありがたい。今回は、南越谷駅から乗車します。発車標には、「全車指定 8:08 黒磯」と表示。karaoke

20170522_hassyahyou_2

ローマ字切替時は、列車名である「快速リゾート那須野満喫号」と表示。flair

20170524_nasunomankitugou_01

武蔵野線南越谷駅1番線ホームに、快速リゾート那須野満喫号が入線してきました。さぁ、乗り込みましょう。南越谷駅8時8分発。shoe

20170525_sheet

リゾートやまどりは6両編成。座席配列は1列+2列の合計3列。大きな窓で、ゆったりと車窓が楽しめます。chair

先頭黒磯方向が6号車、後方新習志野方向が1号車で、先頭方向(黒磯方向)左側が2列席(AとB)、右側が1列(C)席となる。eyeglass

20170525_sheet_2

可動式のフットレストも備えている。2号車だけはシートピッチが1550mmとさらに広く、席と席の間、足が届かないくらい離れている。boutique

20170524_ticket

快速リゾート那須野満喫号は全車指定席です。乗車には、乗車券のほか指定席券が必要です。快速の指定席券は、乗車区間関係なく一律520円です。この料金で、このゆったりシートに座れるのだから、とてもお得な感じがする。ticket

20170524_zenmen_tenbou

車両両端は展望室となり、前方の眺めも楽しめるよ。eye

20170524_syaryou_setsubi

車両設備のご紹介。座席位置も各号車ごと表示されています。telephone

20170525_kids_room

こちらは、フリースペース(キッズルーム)。4号車にある。小さな子供向けの部屋です。gemini

20170525_meeting_room

こちらは、フリーススペース(ミーティング室)。2号車にある。畳の座面ですよ。japanesetea

20170524_kuroiso_kangei

終点となる黒磯駅に到着しました。3番線ホーム、10時30分着。motorsports

駅ホームでは、駅長さん・駅員さんたちが「ようこそ黒磯駅へ」と歓迎幕をかかえ、お出迎えです。leo

途中、宇都宮駅・那須塩原駅でも歓迎お出迎えがありましたよ。bar

20170525_yamadori_1

使用された車両「リゾートやまどり」は、群馬DC開催にあわせて、2011に運航開始された車両。名称は、群馬県の県鳥「ヤマドリ」に由来する。chick

20170525_yamadori_11

リゾート列車にふさわしい車両である。yacht

20170525_ekimeihyou

リゾートやまどりの車両が、黒磯駅に停車しているのも年に数回だけである。ring

20170525_yamadori_14

連絡橋上からの眺め。山あいに合うデザイン色だよね。art

20170525_kuroiso_st_1

黒磯駅を下車しました。列車名の通り、ちょいと、那須野を満喫してきましょう!。run

20170525_cyausudake

那須ロープウェイに乗って山頂駅へ。茶臼岳の9合目に位置します。そこから、少しだけ登ってみました。急坂な山道をえいこらしょっ、ハーハーゼーゼーしながら登り後ろを振り返ると...。眼下には那須山麓が広がる雄大な景色。いいですなぁ。快晴で風もあまりない絶好な天気。いいね!。fuji

20170525_cyausudake_2

山の尾根が眺められるのも、また良し。snail

今回は滞在時間が短いので、すぐ戻りロープウェイで下山しました。snowboard

20170525_tutuji_gunraku

八幡ツツジ群落の中の森林。遊歩道が整備されている。foot

20170525_tutuji_gunraku_2

八幡のツツジ群落、中央展望台からの眺め。ツツジの見頃はあともう少し先かな?。maple

20170525_sessyouseki

こちらは、殺生石。那須湯本温泉付近の溶岩。火山ガスが絶えず噴出する。松尾芭蕉の「おくのほそ道」にも登場する。spa

20170525_minamigaoka_bokujyou_1

次に、南ヶ丘牧場にやってきた。餌やり..。taurus

20170525_milk

牧場を訪れたら、やっぱり牛乳だな。taurus

まだ、他にもいろいろとまわってみたかったが、帰りの電車の時間が近づいたので、残念ながらも、戻る事にした。weep

20170525_hassyahyou_21

黒磯駅に戻ってきました。帰りも、リゾート那須野満喫号に乗るよ。黒磯駅の発車標には珍しい「新習志野」の文字が。bicycle

20170525_yamadori_15

白地の駅名標は、今では、懐かしく思える。riceball

20170525_yukisakihyou

行先標は「臨時 Extra」と表示。ribbon

20170525_yamadori_16

まもなく発車なので、列車に乗り込もう。黒磯駅3番線ホーム16時35分発です。watch

昨年運行時は、17時26分発だったのだが、今年は約1時間早められました。那須の滞在が1時間短くなって残念...。weep

20170525_kippu_2

帰りの指定席券。ticket

20170525_tonegawa

利根川を渡ります。夕陽が見える。sun

20170525_yamadori_13

帰りは新松戸駅まで乗車しました。19時25分着。乗り換えなしで来られるので、楽な電車だ。motorsports

武蔵野線を通る臨時列車という事で、初夏の行楽、この電車を利用して、那須を楽しんできました。おでかけのきっかけになるので、こういう行楽列車、いろんな所で運行して欲しいものですね。good

5月27日(土)・28日(日)は、快速リゾートやまどり那須号として高崎~黒磯の運転、6月3日(土)・4日(日)は、快速リゾート那須野満喫号として八王子~黒磯の運転があります。さらに、5月27日(土)・28日(日)は、快速那須野満喫号として新習志野~黒磯の運転があり、車両はE257系5両編成が使用されます。subway

という事で、快速リゾート那須野満喫号に乗車して、那須野を満喫してきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去運転時の乗車レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

『運転情報』 2017年

【列車名】  快速 リゾート那須野満喫号

【運転区間】 新習志野 ~ 黒磯

【運転日】  2017年5月20日(土)・21日(日)

【使用車両】 485系 リゾートやまどり (YD01編成)

【車両情報】 6両編成(全車指定席)

【往路】 (9722M-9523M) 新習志野07:20-南船橋07:24-西船橋07:34-新松戸07:51-南越谷08:08-南浦和08:19-大宮08:32-蓮田08:41-久喜08:50-古河09:05-小山09:18-09:42宇都宮09:47-西那須野10:17-那須塩原10:23-10:30黒磯

【復路】 (9526M-9727M) 黒磯16:35-那須塩原16:41-西那須野16:46-17:20宇都宮17:25-小山17:47-古河18:01-久喜18:16-蓮田18:27-18:35大宮18:38-南浦和18:57-南越谷19:09-新松戸19:26-西船橋19:42-南船橋19:49-19:52新習志野

◇ 5/27(土)・28(日)は、高崎~黒磯にて快速リゾートやまどり那須号を運転。

◇ 6/3(土)・4(日)は、八王子~黒磯にて快速リゾート那須野満喫号を運転。

◇ 5/27(土)・28(日)は、新習志野~黒磯にて快速那須野満喫号を運転。車両はE257系。

20170524_panf_info

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土曜日)

JR陸羽西線(奥の細道最上川ライン)に乗って、新庄駅から酒田駅へ2017。

山形県北部最上川沿いに走る列車に乗りました。train

20170517_rikuusaisen

さて、やってきたところは、JR新庄駅です。これから、JR陸羽西線に乗車しますよ。陸羽西線は、新庄駅(山形県新庄市)から余目駅(山形県庄内町)までを結ぶ路線で、「奥の細道最上川ライン」の愛称がつけられている。路線距離は43.0km。subway

20170520_hassyahyou

新庄駅の発車標。flair

陸羽西線の運転本数は1日10本。(内6本は酒田まで運転)。本数が少ないので、発車時刻の確認は必要です。clock

20170520_rikuu_saisen_2

これから乗車する陸羽西線は、3番線ホームから出発。車両はキハ110形気動車2両編成です。signaler

新庄駅では、各路線へ階段無し平面移動できます。snail

20170517_syako

新庄駅3番線ホームの先端からの眺め。レンガ造りの車庫が見えますよ。event

20170520_rikuu_saisen_3

まもなく発車時刻なので、列車に乗り込んだ。run

新庄駅11時15分発陸羽西線酒田行き出発しました。bell

20170520_ticket

乗車券です。新庄から酒田までは、運賃970円です。(55.2km)ticket

ワンマン運転だが、乗車した日がGWという事もあってか、車掌も乗務していました。車内改札もあった。leo

20170520_syasou_1

新庄駅を出ると、広大な畑が広がります。bud

20170520_syasou_2

先に見える鳥海山の山々が雄大だな。山はまだ雪化粧だ。fuji

20170520_sakegawa

最上川の支流である、鮭川を渡る。(羽前前波~津谷間)。mist

20170520_syasou_3

津谷~狩川間は、路線愛称名の通り、最上川沿いを走行します。大きな川ですね。くねくねカーブしながら走行していきます。fish

20170520_shiraitonotaki

高屋駅を超えたあたりに、白糸の滝が見えます。日本の滝百選の1つ。草薙温泉の対岸に位置する。aquarius

20170520_yaezakura

狩川駅に停車。駅前に咲く八重桜。見事ですね。cherryblossom

20170520_syasou_4

狩川駅から先は最上川から離れ、庄内平野を走行していきます。おぉ、真っ直ぐの線路だ。airplane

20170520_untinhyou

陸羽西線はワンマン運転なので、切符を持っていない乗客は、整理券を取得し、運賃表を見て降車時に運賃箱にお金を入れます。dollar

陸羽西線は新庄~余目間である。乗車している列車は酒田行き。余目~酒田間は羽越本線に乗り入れて運行します。cancer

20170520_rikuu_saisen_4

12時18分、終点酒田駅0番線ホームに到着しました。1時間3分の乗車でした。キハ110形お疲れ様。陸羽西線、いい車窓でした♪。motorsports

という事で、JR陸羽西線(奥の細道最上川ライン)に乗って、新庄駅~酒田駅間を乗車してきたレポでした~。happy01

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

『運転情報』

【列車種別】  普通

【運転区間】 新庄 → 酒田

【運転日】  毎日

【使用車両】 キハ110形

【車両情報】 2両編成

(157D) 新庄11:15→羽前前波11:25→津谷11:29→古口11:34→高屋11:42→清川11:48→狩川11:53→南野11:57→余目12:02→北余目12:06→砂越12:10→東酒田12:14→12:18酒田

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水曜日)

山形県北東部最上地方の中心駅、新庄駅を訪れた2017。

山形新幹線の終着駅を訪れた。bullettrain

20170517_shinjyou_st_1

さて、やってきたところは、山形県新庄市にあるJR新庄駅です。山形県の北部・内陸部の中心地「新庄市」の代表駅です。山形新幹線の終着駅にもなっている。motorsports

こちらは、西口(正面口)です。近代的な建物ですね。建物左側は、物産館等がある「ゆめりあ」です。お土産はこちらが便利。present

20170517_shinjyou_matsuri

駅舎建物に入ると、新庄まつりのディスプレイがありました。国重要無形民俗文化財・ユネスコ無形文化遺産登録となっていて、毎年8月24日~26日に祭りが開催されています。leo

20170517_hassyhyou

新庄駅改札口上にある発車標。新庄駅から4方向に行く事が出来ます。libra

南方向には、山形新幹線・山形線。北方向には、奥羽本線。東方向には、陸羽東線(奥の細道・湯けむりライン)。西方向は、陸羽西線(奥の細道・最上川ライン)。東西南北に線路が伸びます。golf

20170514_shinkansen_4

新庄駅は階段無しで、4方向全てのホームへ行き来する事ができます。こちらは、山形新幹線・山形線の線路。当駅で終端となる。snail

20170514_shinkansen_3

1・2番線には、山形新幹線E3系が停車中。東京から新庄まで直通します。bullettrain

20170514_shinjyou_st_1

新幹線が停車中のホーム。駅名標と共に。snail

20170514_shinkansen_2

現在、山形新幹線は白地に紫色のラインが入った塗装となっている。art

新庄駅へは山形新幹線に乗ってやってきました。その乗車レポは、「山形新幹線つばさ131号に乗って新庄駅まで乗車した2017。」へどうぞ。paper

20170517_ouuhonsen

3番線には、奥羽本線秋田行き701系電車が停車中。train

20170517_rikuusaisen

3番線ホームに停車中の陸羽西線(奥の細道・最上川ライン)酒田行き。車両はキハ110形気動車。subway

20170517_syako

3番線ホームの先端からの眺め。レンガ造りの車庫が見えますよ。event

20170517_basyoumaru

芭蕉丸という舟の手前には、新庄市公式イメージキャラクター「かむてん」の顔出しパネルが設置されています。かむてんという名前は、新庄市の北東にそびえる神室山は、古来より天狗が住んでいるという伝説がある事から由来する。leo

20170517_exit

新庄さ よぐきて けったにゃー

ようこそ新庄駅へ。快速リゾートみのりで訪れるのも良さそうだな。t-shirt

という事で、JR新庄駅を訪れたレポでした~。happy01

「JR新庄駅」 〒996-0024 山形県新庄市多門町1-1info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日曜日)

山形新幹線つばさ131号に乗って新庄駅まで乗車した2017。

山形新幹線に乗って新庄へ。bullettrain

20170514_shinkansen_2

さて、今回、山形新幹線を乗車しました。山形新幹線は、東京と新庄を結ぶ新幹線で、車両はE3系7両編成だ。bullettrain

車体の色は、蔵王の雪をモチーフとした白色をベースに、山形の県鳥である「おしどり」の深い紫色、車体帯は県花の「紅花」をモチーフに赤色から黄色へのグラデーションしている。現在全ての車両がこの新塗装になっている。art

20170514_hassyahyou

JR大宮駅から乗車します。改札口前の東北・山形・秋田・北海道新幹線(下り)の発車標です。17番線ホームから発車します。faxto

20170514_henseihyou

編成案内ディスプレイ。各号車の自由席・指定席・グリーン車・グランクラスの区別が分かるようになっている。golf

今回乗車する編成は、やまびこ131号(1~10号車)とつばさ131号(11~17号車)の併結運転です。長い17両編成だ。drama

20170514_hassyahyou2

17番線ホームの発車標です。つばさ131号は新庄行きだが「山形・新庄」と山形も付け加えられている。sports

つばさ号は、11号車がグリーン車、12~15号車が指定席、16~17号車が自由席です。chair

20170514_shinkansen_1

今回乗車するつばさ131号が17番線ホームに入線してきました。snowboard

20170514_yukisakihyou

行先標です。こちらも、行き先は「山形・新庄」になっているね。さぁ、乗り込もう。run

20170514_syanai_1

座席に座りました。車内の様子。乗車率は75%くらい。窓側の席はほぼ全て埋まっていた。chair

大宮駅9時48分発、つばさ131号は新庄へ向け出発しました。watch

20170514_kippu

切符です。今回は、えきねっとで予約。トクだ値10で購入できので、1割引でした。ticket

20170514_syanaihanbai

新幹線に乗車したら、楽しみは車内販売。レモンケーキ・ホットコーヒー・とちおとめアイスクリームを購入。うむ、美味しい~。cafe

時速270kmで福島駅まで快走。宇都宮・郡山には停まらず、福島駅までノンストップであっという間、10時46分着。ここで、つばさ号は新庄へ、やまびこ号は仙台へ切り離し、別々に運行されます。wrench

20170514_syasou_1

福島からは、奥羽本線、在来線を走行します。急勾配にカーブが多く、スピードは控えめで走行していく。車窓での山の眺めはいいね。秋紅葉時期だと風情ありそう。5月に入ったけど、ところどころ雪が残っていたね。maple

20170514_yonezawa_st

11時20分米沢駅に到着。carouselpony

20170514_uesugi_matsuri

米沢上杉まつりが気になるね。GW期間中開催。cat

米沢駅からは、再びスピードアップで走行始めた。music

20170514_zaseki_1

山形駅に到着。混雑していた車内も、米沢駅・山形駅でほとんどの乗客が降りた。snail

20170514_zaseki_2

普通車の座席シートです。chair

20170514_concent

窓側の各座席下には、コンセント1つ設置されています。乗車中は、ありがたくスマホの充電にあてました。thunder

20170514_syasou_2

米沢~新庄間は平野が続きます。先に見える東北の山々がいい眺めですね。fuji

20170514_shinjyou_st_1

大宮駅から乗車して2時間47分。新庄駅2番線ホームに12時35分到着しました。山形新幹線の終点です。motorsports

20170514_sakura

車体には、桜がデザインされている。cherryblossom

20170514_touhoku_japan

そして、Treasureland TOHOKU JAPAN 日本東北のロゴデザインもあり。fuji

20170514_shinkansen_3

新庄駅1番線・2番線ホーム両方に山形新幹線が停車。bullettrain

20170514_shinkansen_4

山形新幹線は新庄駅が終着なので、線路もここで終端です。motorsports

山形新幹線の利用は、平成5年(1993年)3月に初めて利用した以来、24年ぶり2度目となった。とても、久しぶりの乗車になりました。birthday

という事で、山形新幹線つばさ131号に乗って新庄駅まで乗車したレポでした~。happy01

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

『運転情報』

【列車名】  山形新幹線 つばさ131号

【運転区間】 東京 → 新庄

【運転日】  毎日

【使用車両】 E3系2000番台

【車両情報】 7両編成 「グリーン(1両)+指定席(4両)+自由席(2両)」

(131M) 東京09:24→大宮09:48→10:46福島10:48→米沢11:21→11:50山形11:52→天童12:02→さくらんぼ東根12:07→村山12:12→大石田12:21→12:35新庄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日曜日)

JR宇都宮線小金井駅にて。C57蒸気機関車の動輪2017。

開業124年の宇都宮線の駅で、下野国分寺跡の最寄駅。subway

20170507_utsunomiya_line

さて、やってきところは、栃木県下野市にあるJR宇都宮線小金井駅です。2面4線の地上駅だ。小山車両センター(車両基地)がある為、小金井駅を発着する電車もあります。train

20170507_touri

ホームからは階段を登り、橋上駅舎となっている。通路は桜のディスプレイでお出迎え。house

20170507_kangei

小金井駅は、花とロマンの郷「下野国分寺」の最寄り駅。春になると、天平の花まつりが開催され、訪問の為に当駅を利用する観光客も多い事でしょう。tulip

20170507_poster

実際に、天平の花まつりや訪下野国分寺跡を訪れてきました。その訪問レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170507_annaijyo

小金井駅西口に出ると、下野市観光案内所「オアシスポッポ館」があります。事前に観光マップ等、情報をここでゲットしよう。carouselpony

20170507_pepper

観光案内所「オアシスポッポ館」には、「下野市シティプロモーション特命課長」のPepperがいます。ペッパーと遊んであげてね。shadow

20170507_rotarry

小金井駅西口ロータリーです。新緑の大きな木がある。xmas

20170507_dourin

大きな木の下には、C57蒸気機関車の動輪が静態展示されています。小金井駅は、明治26年(1893年)3月25日開業。昭和41年(1966年)には小山電車区も開設され、小金井駅がある旧国分寺町は鉄道開通と共に発展した町でもある。鉄道と深い関りがあるので、このモニュメントが設置されています。subway

20170507_koganei_st

小金井駅駅舎の上は、東北新幹線の高架となっています。高速で通過する新幹線の音・振動が響くよ。bullettrain

という事で、JR宇都宮線小金井駅を訪れたレポでした~。happy01

「小金井駅」 〒329-0414 栃木県下野市小金井3009 JR宇都宮線(東北本線)info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧