2017年3月15日 (水曜日)

特急こうざき酒蔵まつり号に乗車しました2017。

特急で発酵の里へ!新酒を味わおう!。bullettrain

20170314_express_1

さて、ここは、JR総武線両国駅3番線ホームです。これから、臨時列車「特急こうざき酒蔵まつり号」に乗車します。2017年3月12日(日)に千葉県神崎町で開催されるこうざき酒蔵まつりへのアクセス列車として毎年1回運転される。房総観光キャンペーンスペシャルトレインとして、素敵な銘酒の旅を提供してくれるよ。bullettrain

20170314_garally_1

両国駅3番線ホームは、両国ステーションギャラリーを通って行きます。通路には、いろんな展示パネルが掲示されています。art

20170314_ekimeihyou

両国駅3番線ホームの駅名標には、次の駅が「房総」となっている。(実際は錦糸町ですが...)。golf

20170314_yane

雰囲気ある屋根が設置された3番線ホーム。これからの旅に気持ちワクワクしてきます。rain

20170314_yukisakihyou

列車の行先標は「特急 佐原」になっている。karaoke

20170314_express_2

特急こうざき酒蔵まつり号は、両国~佐原間の運転。車両は、E257系500番台・NB-02編成です。5両編成・全車指定席だ。pocketbell

こうざき酒蔵まつり号、昨年までは新宿発着だったが、今年は時間を早めて両国発着になった。

まもなく、電車が出発するので乗り込もう。両国駅7時21分発車です。watch

20170314_syanai

両国駅発車時の車内。この後、錦糸町・船橋・津田沼・千葉と停車した段階で、ほぼ満席状態となった。chair

20170314_kippu

特急券切符です。列車名「こうざき酒蔵まつり」と印字されている。5両編成全車指定席なので、乗車には特急指定席券が必須です。ticket

20170314_express_2

こうざき酒蔵まつり会場の最寄り駅である下総神崎駅に8時40分到着。直通で楽々アクセスだ。train

20170314_hodoukyou

ほぼ満員だった車内も、下総神崎駅でぞろぞろと降車した。改札口を出る為に、混雑しています。hairsalon

20170314_youkoso_1

改札口前には、ようこそ「発酵の里こうざき酒蔵まつり2017」と掲示幕があり。motorsports

20170314_shimousa_kouzaki_st

いつもは静かな駅だろうが、この日だけは、人が多い賑やかな下総神崎駅です。event

20170314_touri_2

こうざき酒蔵まつり2017、5万人の人出という大賑わいだ。移動するのもちょっと大変。快晴天気に恵まれて、日本酒日和でした。sun

ちなみに、このイベントレポートは、「発酵の里こうざき酒蔵まつり2017に行ってきた。」へどうぞ。paper

という事で、特急こうざき酒蔵まつり号に乗車してきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去乗車レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、酒蔵祭りでの関連詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170315_info2

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

『運転情報』 2017年

【列車名】  特急 こうざき酒蔵まつり

【運転区間】 両国 ~ 佐原

【運転日】  2017年3月12日(日)

【使用車両】 E257系500番台 (NB-02編成)

【車両情報】 5両編成 「全車指定席」

【往路】 (9407M) 両国07:21-錦糸町07:25-船橋07:36-津田沼07:39-千葉07:48-佐倉08:05-成田08:17-08:40下総神崎08:47-08:55佐原

【復路】 (9408M) 佐原14:12-下総神崎14:22-成田14:41-佐倉14:53-千葉15:07-津田沼15:17-船橋15:21-錦糸町15:33-15:36両国

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月20日 (月曜日)

秩父鉄道急行秩父路3号(急行秩父ウイスキー祭号)に乗車してきた2017。

リクライニングシートの急行列車で行こう♪。chair

20170221_chichibu_line_exp

さて、やってきたところは、秩父鉄道羽生駅です。これから、5番線ホームに停車中の急行秩父路3号三峰口行きに乗車します。車両は6000系3両編成。この日は、急行秩父ウイスキー祭号、特別ヘッドマークを掲出して運転しました。bullettrain

羽生駅9時32分発、急行秩父路3号三峰口行きに乗って、秩父へ向かうよ。急行列車に乗車する際、予め急行券(大人200円)が必要です。ticket

20170221_headmark

記念ヘッドマークいいね。車体色とマッチしていて良い感じ。渋いねぇ。bar

20170221_syanai

車内の座席はクロスシート。chair

20170221_sheet

座席は少しリクライニングができます。ただし、座席を回転させる事はできません。chair

20170221_exp_4

まもなく出発なので、電車に乗り込んだ。run

始発の羽生駅からは座席まぁ空いていたが、熊谷駅でどっと乗客が車内に入ってきた。満席になり、立つ客も発生。長瀞駅で乗客少し降りたが、ほとんど秩父駅で乗客降りた。libra

20170221_kippu

乗車券は、秩父路遊々フリーきっぷを購入した。1440円。往復だけでも十分元が取れます。特定の施設では、切符提示でサービスが受けられますよ。ticket

そして、急行券。200円。嬉しい硬券です。ticket

20170221_arakawa_kyouryou

上長瀞駅を通過すると、荒川橋梁(親鼻鉄橋)を渡ります。いい眺めだ。wave

20170221_chichibu_line_exp_2

急行秩父路3号は、10時42分秩父駅に到着。motorsports

ここで、降車しました。バイバイ~。camera

20170221_kaijyou_2

ちなみに、秩父ウイスキー祭訪問レポは、「第4回秩父ウイスキー祭に行ってきた2017。」へどうぞ。paper

という事で、秩父鉄道急行秩父路3号(急行秩父ウイスキー祭号)に乗車してきたレポでした~。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 5日 (日曜日)

快速氏家雛めぐり号に乗車してきた2017。

房総特急の車両に乗って、栃木県さくら市氏家へ行こう!。bullettrain

20170205_e257_6

さて、やってきたところは、JR宇都宮線氏家駅です。2017年2月4日(土)、臨時列車「快速氏家雛めぐり号」が、海浜幕張~氏家間で運転されました。第14回氏家雛めぐりの開催にあわせ、毎年この時期に運転される臨時列車だ。千葉県・房総方面を結ぶ特急車両・E257系が使用され、宇都宮線にやってくるのは、昨年に引き続きの運転で珍しい光景だ。spade

20170205_e257_1

快速氏家雛めぐり号は、海浜幕張から京葉線・武蔵野線を経由して氏家へ向かう。武蔵野線ユーザーとしては、とても便利な直通列車だ。door

20170205_e257_2

電車には、武蔵野線南流山駅から乗車しました。南流山駅8時33分発。clock

20170205_syanai

車内はまずまずの乗車率。mist

20170205_sheet

普段は特急車両で使用されている。リクライニングの座席は快適です。chair

20170205_kippu

2017年の快速雛めぐり号は5両編成で、指定席2両+自由席3両となっている。確実に着席する為、指定席券を購入しておきました。快速の指定席料金は、乗車距離に関わらず520円です。ticket

diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond

←氏家 海浜幕張→
下り・往路(氏家行き)
1号車
自由席
2号車
自由席
3号車
自由席
4号車
指定席
5号車
指定席
上り・復路(海浜幕張行き)
1号車
指定席
2号車
指定席
3号車
自由席
4号車
自由席
5号車
自由席

diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond diamond

氏家側が1号車、海浜幕張側が5号車です。往路氏家行きの場合、進行方向左側がA席、右側がD席。signaler

自由席車両・指定席車両は、行き(氏家行き)と帰り(海浜幕張行き)では異なります。先頭3両が自由席、後方2両が指定席。よって、指定席車両は行きが4・5号車、帰りが1・2号車となる。chair

指定席は座席数が少ない為、早目の購入をお勧めします。ほぼ完売状態です。ticket

20170205_kinugawa

鬼怒川の鉄橋を越えると、氏家に到着する。fish

20170205_e257_3

10時35分、終点・氏家駅に到着しました。watch

20170205_ujiie_st_1

氏家駅の駅名標と共に。氏家駅は栃木県さくら市に位置します。ship

氏家駅ホームには、さくら清修高校の生徒や市民らがお出迎え。virgo

20170205_e257_4

まずは、写真撮影タイム!。いろんな角度からパチリ。camera

20170205_e257_5

前面横から。今回使用された車両は、E257系500番台NB-18編成。train

20170205_kangei

改札口前では、駅長・駅員、さくらメイツ、栃木県マスコットキャラクター「とちまるくん」、さくら市観光PR大使に昇格した「コンタ君」がお出迎え。「ようこそ 氏家雛めぐりへ!」の歓迎幕もあり。bell

20170205_kangei_2

改札口を出て駅の外でも、歓迎の列ができている。cat

20170205_hayashi

氏家こどもおはやし会による太鼓披露での歓迎もあり。notes

20170205_fukufukunabe

氏家福々鍋(けんちん汁)のふるまいもありました。温まります~。japanesetea

20170205_hinameguri_1

この後は、氏家地区で開催された、「第14回氏家雛めぐり」、いろんな雛飾りを見てきたよ。virgo

この雛飾り訪問レポは、「第14回氏家雛めぐり・eプラザ壱番館の雛飾りを観てきた2017。」へどうぞ。paper

20170205_tsurushihina

吊るし雛も、かわいらしいね。gemini

この雛飾り訪問レポは、「ギャラリー匣(さら)、雛飾りと吊るし雛見学2017。」へどうぞ。paper

20170205_totiotome

これまた大きい。とちおくんとおとめちゃんだ。苺のとちおとめだ。cherry

ちなみに、展示場所でのレポは、「雛の駅(旧烏山信用金庫)に展示された、巨大なとちおとめ雛を見に行ってみた2017。」へどうぞ。paper

20170205_e257_7

氏家駅に戻ってきました。帰りも、快速氏家雛めぐり号に乗車します。subway

20170205_miokuri_1

帰りのホームにも、見送りに来てくれています。motorsports

20170205_miokuri_2

楽しさいっぱい!。とちぎにまたきてね。paper

14時30分、海浜幕張へ向け、氏家駅2番線ホームを出発しました。rouge

20170205_e257_8

帰りは、JR武蔵野線東松戸駅まで乗車しました。16時46分着。gasstation

氏家雛めぐり開催に合わせ、毎年1回運転される快速氏家雛めぐり号。武蔵野線沿線から氏家へ直通してくれる便利な臨時電車だね。dog

という事で、快速氏家雛めぐり号に乗車してきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去乗車時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、氏家へ訪れたのは、ウォーキングイベントの参加の為でもある。その参加レポは、「駅からハイキング「氏家雛めぐり~早春の古雛・つるし飾りを巡る~」に参加してきた(2017.02.04)。」へどうぞ。paper

20170205_poster

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

『運転情報』 2017年冬

【列車名】  快速 氏家雛めぐり

【運転区間】 海浜幕張 ~ 氏家

【運転日】  2017年2月4日(土)

【使用車両】 E257系500番台 (NB-18編成)

【車両情報】 5両編成 「普通車指定席(2両)+普通車自由席(3両)」

【往路】 (9722M-9623M) 海浜幕張08:00-南船橋08:07-西船橋08:15-東松戸08:23-新八柱08:26-新松戸08:31-南流山08:33-南越谷08:46-東川口08:51-南浦和08:59-大宮09:11-蓮田09:20-久喜09:30-古河09:45-小山09:59-宇都宮10:20-氏家10:35

【復路】 (9626M-9727M) 氏家14:30-宇都宮14:46-小山15:08-古河15:21-久喜15:37-蓮田15:47-大宮15:59-南浦和16:10-東川口16:17-南越谷16:21-南流山16:35-新松戸16:39-新八柱16:44-東松戸16:47-西船橋16:57-南船橋17:05-海浜幕張17:12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月31日 (火曜日)

快速おさんぽ川越号に乗車してきた2017。

房総特急の車両ゆったり座席指定で、小江戸川越へGo!。bullettrain

20170131_osanpo_kawagoe_1

2017年1月28日(土)・29日(日)運転、快速おさんぽ川越号に乗ってきたよ。JR外房線茂原駅とJR川越線川越駅を結び、毎年季節ごとに臨時運転される。車両はE257系500番台NB-15編成。5両編成全車指定席だ。自由席は無し。train

20170131_kawagoe_st

JR外房線から京葉線・武蔵野線・川越線を経由し、川越駅へ直通する。乗り換え無しで行けるのが良いね。川越駅に特急型車両が停車するのも珍しい。ship

20170131_osanpo_kawagoe_2

ヘッドマークは、「臨時」表示でした。search

20170131_hassyahyou_1

川越駅の発車標。電光掲示板には、列車名が表示されているね。flair

「快速おさんぽ川越号 16:00」と表示。karaoke

20170131_hassyahyou_2

表示が切り替わり、「全車指定武蔵野線経由茂原」と表示。karaoke

20170131_jyousyaiti

駅ホームには、各号車の乗車位置があった。flag

20170131_yukisakihyou

行先表は「臨時」と表示。two

20170131_syanai

車内はどの車両も結構な乗車率だ。全車指定席なので、乗車券の他に指定席券が必要です。chair

20170131_onrei

川越駅6番線ホーム16時00分発、臨時快速おさんぽ川越号茂原行きに乗車します。bell

駅ホームには、駅員の方々が御礼幕を持ち、お見送りしてくれました。またのお越しをお待ちしております。denim

20170131_ticket

快速おさんぽ川越号の指定席券の料金は、乗車距離に係らず一律520円です。「えきねっと」座席ピンポイント指定で購入しておいた。ticket

茂原方向が5号車、川越方向が1号車で、5両全て指定席車両です。pocketbell

20170131_arakawa

JR川越線、南古谷~指扇間、荒川を渡る。mist

20170131_coedo_beer

車内では、川越の地ビール、コエドビールを味わおう。beer

20170131_hassyahyou_3

17時16分、JR武蔵野線東松戸駅に到着。ここで、下車しました。楽々快適だったね。japanesetea

20170131_osanpo_kawagoe_3

今年も快速おさんぽ川越号乗車満喫しました。2013年から5年連続で乗車しています。motorsports

20170129_burari_kawagoe_3

ちなみに、川越までの往路は、快速ぶらり川越号でやってきた。車両は、白いタキシードボディの651系7両編成でした。この車両には、グリーン車も付いているよ。その乗車レポは、「快速ぶらり川越号に乗車してきた2017。」へどうぞ。paper

20170129_kuranomati

小江戸川越、ぶらり観光してきたよ。蔵のまちを、おさんぽ川越です。青空快晴の暖かさ。観光日和でした。sun

次回の快速おさんぽ川越号運転日は、ゴールデンウィーク、2017年4月29日(土)・30日(日)です。車両は同じE257系5両全車指定席。clock

という事で、快速おさんぽ川越号に乗車してきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去乗車時のレポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170131_panf

パンフレットでの案内です。memo

20170131_poster

clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover

『運転情報』 2017年冬

【列車名】  快速 おさんぽ川越

【運転区間】 茂原 ~ 川越

【運転日】  2017年1月28日(土)・29日(日)

【使用車両】 E257系500番台 (NB-15編成)

【車両情報】 5両編成・全車普通車指定席

【往路】 (9220M-9221M) 茂原08:20-大網08:30-土気08:34-鎌取08:41-蘇我08:46-稲毛海岸08:55-海浜幕張09:00-南船橋09:05-西船橋09:13-東松戸09:21-新八柱09:25-新松戸09:29-南流山09:32-南越谷09:46-東川口09:50-南浦和09:58-大宮10:09-10:29川越

【復路】 (9224M-9225M) 川越16:00-大宮16:22-南浦和16:38-東川口16:45-南越谷16:50-南流山17:04-新松戸17:08-新八柱17:13-東松戸17:17-西船橋17:29-南船橋17:37-海浜幕張17:44-稲毛海岸17:48-蘇我17:59-鎌取18:05-土気18:13-大網18:17-18:27茂原

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月29日 (日曜日)

快速ぶらり川越号に乗車してきた2017。

冬もぶらぶら川越さんぽを楽しもう♪。bicycle

20170129_burari_kawagoe_1

川越へ直通する臨時電車を乗って来たよ。2017年1月28日(土)・29日(日)運転、快速ぶらり川越号です。白いタキシードボディ、651系7両編成の車両が使用されました。K105編成。bullettrain

20170129_burari_kawagoe_2

快速ぶらり川越号は、JR常磐線日立駅とJR川越線川越駅を結び、途中JR武蔵野線を走行する。武蔵野線ユーザーにとっては、乗り換えなしで小江戸川越へ直通するのは、楽々便利だ。しかも、特急型車両なので快適移動である。最近は、季節ごとに運行されるようになり、川越アクセスの定番になってきた。chair

武蔵野線内の遅延の影響で、数分遅れで南流山駅に到着。では、早速、乗り込みましょう。chick

20170129_syanai

4号車グリーン車車内。2+1の3列シートです。chair

20170129_sheet

グリーン席のシートはゆったりいい感じ。chair

20150202_burari_kawagoe_hensei

快速ぶらり川越号は7両編成。先頭車両は1号車(川越・大宮方面)、後方車両は7号車(勝田・日立方面)です。全車指定席で、4号車はグリーン指定席となっています。自由席はありません。music

川越方向、左側はA席、右側はD席です。chair

20170129_kippu

ぶらり川越号はグリーン車があるので、グリーン指定席券を購入しました。南流山~川越間のグリーン券は770円です。ticket

快速の指定席料金は、乗車距離に関係なく520円です。4号車のグリーン席を利用する場合は、快速のグリーン券が必要です。こちらは、乗車距離に対して料金が変わります。快速ぶらり川越号は全車指定席なので、指定席券かグリーン席券どちらかが必要です。ticket

【快速ぶらり川越号 指定席・グリーン席料金 川越発着】
川越まで 大宮~南流山から 柏~土浦から 石岡~水戸から 勝田~日立から
指定席券料金 520円
グリーン券料金 770円 980円 1670円 1950円

南流山~川越間は49.1kmなので、指定席だと520円、グリーン席だと770円となる。差額はわずか250円なので、グリーン席でゆったり乗車もいいかもね。crown

20170129_arakawa

JR川越線、指扇~南古谷間の荒川を渡る。mist

20170129_youkoso_1

終点川越駅6番線ホームに到着しました。ホーム上には、駅長・駅員を始め、さいたま観光大使・さいたま小町が、歓迎お出迎えありました。bell

20170129_burari_kawagoe_4

川越駅ホームに停車中の651系。このあと、回送されました。flag

20170129_burari_kawagoe_3

元は、特急スーパーひたち号で活躍した651系、現在は臨時列車として活躍しています。good

20170129_youkoso_2

川越駅コンコースでは、冬のぶらぶら歩き「川越・さいたま」キャンペーンが実施中。ゆるきゃらも登場して記念撮影だ。camera

川越市のマスコットキャラクター「ときも」やさいたま市のPRキャラクター「つなが竜ヌゥ」がお出迎えだ。「浦和うなこちゃん」もね。cat

20170129_kuranomati

さぁ、この後は、小江戸川越、ぶらり観光だ。蔵のまちを、おさんぽ川越です。青空快晴の暖かさ。観光日和でした。sun

20170131_osanpo_kawagoe_1

ちなみに、帰り復路は、E257系を使用した快速おさんぽ川越号を利用しました。こちらも、川越からJR武蔵野線方面へ直通するので便利な列車だ。その乗車レポは、「快速おさんぽ川越号に乗車してきた2017。」へどうぞ。paper

次回の快速ぶらり川越号の運転日は、ゴールデンウィーク、2017年5月5日(祝金)・6日(土)の運転です。clock

という事で、快速ぶらり川越号を乗車したレポでした~。happy01

ちなみに、過去乗車レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170129_unkou

パンフレットでの案内。memo

20170129_poster

『運転情報』 2017年冬

【列車名】  快速 ぶらり川越

【運転区間】 日立 ~ 川越

【運転日】  2017年1月28日(土)~29日(日)

【使用車両】 651系 (K105編成)

【車両情報】 7両編成  グリーン車指定席(1両)+普通車全車指定席(6両)

【往路】 (9426M-9527M) 日立06:47-常陸多賀06:52-大甕06:57-東海07:02-勝田07:10-水戸07:17-赤塚07:23-友部07:31-石岡07:43-土浦08:02-牛久08:13-佐貫08:18-取手08:26-柏08:37-南流山08:51-南越谷09:06-大宮09:29-川越09:49

【復路】 (9526M-9427M) 川越15:20-大宮15:48-南越谷16:12-南流山16:27-柏16:35-取手16:45-佐貫16:51-牛久16:56-土浦17:15-石岡17:25-友部17:36-赤塚17:45-水戸17:51-勝田17:58-東海18:04-大甕18:10-常陸多賀18:14-日立18:20

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月14日 (金曜日)

JR中央本線塩山駅を下車した2016。

甲府盆地に位置する甲州市の中心駅。apple

20160926_enzan_st

さて、やってきたところは、山梨県甲州市にあるJR中央本線塩山駅です。「えんざん」と読む。臨時特急電車に乗って訪れた。中央線では珍しい253系1000番台の車両で、紅葉にピッタリのカラーデザイン。塩山駅には初めて下車してみたよ。bullettrain

20161014_ekimeihyou

塩山駅の駅名標。勝沼ぶどう郷駅と東山梨駅の間に位置します。faxto

20161014_home_1

かいじ号など、特急電車が停車する為、ホームの長さは長いです。ski

20161014_futsuu

2番線ホームに停車中の普通電車だ。長野色の211系3000番台。train

20161014_keikan_1

塩山駅は昭和61年(1986年)に橋上化された。線路の先には、緑の山々がそびえたつ。fuji

20161014_rinji_timetable

改札口前には、臨時列車の案内があり。特急むさしのかいじ号・特急はまかいじ号・ホリデー快速ビューやまなし号・特急かいじ号と移動手段に便利な電車が臨時運転されている。clock

20161014_ekisya

塩山駅南口駅前ロータリーです。特急停車駅だが、静かな感じだな。pisces

20161014_shop

駅前には観光地らしく、お土産屋やほうとうを食べることが出来る食事処がある。noodle

20161014_road

駅前の通り。整備された広めの道だ。塩山駅は、甲府盆地に広がるフルーツ園、及び、大菩薩嶺や大弛峠、西沢渓谷などの登山の玄関口にもなっている。run

という事で、JR中央本線塩山駅を下車したレポでした~。happy01

「JR中央本線 塩山駅」 〒404-0042 山梨県甲州市塩山上於曽1720info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 1日 (土曜日)

特急花嫁のれん2号、七尾線豪華観光列車に乗ってきた2016。

女性の幸せを願う思いが込められた、七尾線の豪華観光列車に乗ってみました。virgo

20161001_hanayome_noren_1

さて、ここはJR七尾線の和倉温泉駅です。これから、七尾線の豪華観光列車「特急花嫁のれん2号」金沢行きに乗ります。train

それにしても、金沢らしく派手な列車ですな。北陸の伝統工芸である輪島塗や、加賀友禅をイメージした観光列車なのだ。crown

20161001_hanayome_noren_4

和倉温泉駅1番線ホームに停車中。特急花嫁のれん号は、全車指定席の2両編成。車両はキハ48形気動車だ。金沢と和倉温泉間を主に金土日祝年間150日程度1日2往復の運転している。平成27年(2015年)10月3日から運行開始された。watch

20161001_hanayome_noren_5

連絡橋から写真パチリ。車体上部も赤色で塗られているんだな。apple

20161001_hanayome_noren_6

「花嫁のれん」とは、花嫁の幸せを願い婚礼の日にのれんを贈る伝統文化です。ご乗車のお客様の幸せを願う思いから、この列車を「花嫁のれん」と名付けました。telephone

そういう列車ですが、もちろん男性も乗車できます。乗車には性別問わず..。coldsweats01

20161001_wakuraonsen_st_1

和倉温泉駅の駅舎です。人気温泉地・和倉温泉の最寄駅です。spa

20161001_syarin

大きな車輪ですね。これは、青柏祭に奉納される「でか山」の車輪です。江戸時代に作られ約200年、平成10年(1998年)まで実際に使われていた。総欅造で、直径は2m、重さは2トン、日本一の大きさです。でか山は、毎年5月GWに昼夜七尾市内を曳行されるそうだ。carouselpony

20161001_wakutamakun

和倉温泉のキャラクター「わくたまくん」がお出迎えだ。chick

20161001_noren_1

和倉温泉駅改札口前(待合所前)には、花嫁のれんが設置されている。自由にくぐる事ができるよ。プチ婚礼儀式体験?。snail

20161001_hanayome_noren_2

11時42分、特急花嫁のれん1号が到着。お客さんたちが降りてきた。このあと、車内清掃等の為、まだ乗車はできません。cancer

20161001_frooke

改札口には、ふろ桶に入ったミニわくたまくんがいるよ。かわいらしい。gemini

20161001_hanayome_noren_3

こちらが、特急花嫁のれん号のロゴマーク。加賀水引をモチーフに、花嫁のれんをくぐる神聖で幸せな気持ちを表現し、「女性の幸せを願う列車」であることを表します。水引の淡路結びには、簡単には解けないことから末永いお付き合いという意味があり、互いの輪が結び合い全体に和をなす形に、北陸への旅が和やかで楽しいものとなるよう願いを込めています。libra

すべての文字が切れずにつながる「花嫁のれん」の文字は、人と人、心と心を結ぶ列車であることを表現しています。gemini

20161001_ekimeihyou

和倉温泉駅の駅名標です。これまた豪華なデザインだこと..。coldsweats02

20161001_nakaisan

この列車には、加賀屋の客室係も乗車し車内サービスを提供する。極上のおもてなしだ。hotel

20161001_jyousyaiti

駅ホームにある乗車位置案内。sagittarius

車内清掃も終わり、列車内に入れるよ。いざ、車内へ!。door

20161001_kinpaku

おぉ、いきなり凄い!。内装が金箔だよ。dollar

20161001_2gousya

こちらは、2号車車内。4人掛けボックス席や窓側を向く1人席がある。denim

20161001_1gousya_1

こちらは、1号車車内。この車両には、個性豊かな8つの半個室があります。ゆったりとくつろぎの旅を楽しめる空間。通路は日本庭園の飛び石をイメージした絨毯を敷き、各部屋はそれぞれ友禅のオールドコレクションをあしらった空間としています。sprinkle

20161001_1gousya_2

2人用が3部屋、3人用が2部屋、4人用が3部屋、合計8部屋の半個室。これが、列車車内なのかと思うぐらいだ。各部屋には、旅館のようにそれぞれ名前が付いています。house

20161001_zaseki_1

旅館の部屋みたいな感じで、車窓が楽しめる。eye

20161001_wakuraonsen_st_2

和倉温泉駅12時7分発、特急花嫁のれん2号金沢行きが発車します。bullettrain

20161001_nanao_st

次の駅、七尾駅に停車。12時13分着。先に見える青い色の列車は、のと鉄道NT300形気動車「のと里山里海号」だ。その列車も観光列車です。七尾駅12時16分発車。mist

20161001_syasou_1

能登半島を走行するJR七尾線。内陸部を走るので、海は見えず、普通の田園風景。club

20161001_wakeisyoku_ticket

特急花嫁のれん号では、お食事が用意されています。利用する際には、利用日の4日前までに別途食事券の購入が必要です。ribbon

乗車後、アテンダントが来たらこの食事券を渡します。cafe

20161001_bentou_1

和軽食+お茶のセットが運ばれて来ました。加賀屋総料理長による能登特産の食材や郷土料理など、加賀屋の味を織り交ぜたメニューだ。加賀棒茶が付いてきます。dog

20161001_menu

こちらが、お品書き。加賀屋監修の能登彩菜。clip

20161001_bentou_2

じゃん!。小さく小分けにされたお料理。手ごろな量なので、いろいろ食べ比べができるよ。やっぱり、美味しいね。delicious

20161001_syanai_hanbai_2

1号車には物販スペースがあります。ビールや地酒、コーヒー、グッズ等が販売されている。aries

20161001_syanai_hanbai_1

車内金箔で覆われていて、すごい内装だね。wine

20161001_kougeihin

こちらは、伝統工芸品展示スペース。japanesetea

「加賀水引」や「輪島塗」、「加賀手まり」など加賀百万石の伝統文化が生み出した豊富な石川の伝統工芸品の数々の中から厳選した逸品をご覧いただけます。movie

20161001_beer

金沢の地ビール、金沢百万石ビール(ペールエール)を購入しました。すると、アテンダントの方が、紙コップ付きで座席まで直接運んでもらえた。すごい、サービスだな。beer

20161001_ucyuujin

羽咋駅に12時43分着。羽咋は「はくい」と読む。羽咋市はUFOの町のようで、UFOや宇宙人の絵が描かれているよ。羽咋駅12時43分発車。capricornus

20161001_bord

乗車記念撮影ボードを持ってきてくれました。camera

20161001_syasou_2

緑の木々と田園。まぁ、車窓はこんな感じ。wheelchair

20161001_strap

車内イベントとして、石川県かほく市によるクイズ大会がありました。マスコットキャラクター「にゃんたろうストラップ」が貰えたよ。present

20161001_kinen_jyousyasyou

花嫁のれん記念乗車証が貰えたので、スタンプ押してきた。secret

20161001_hanayome_noren_7

13時21分、終点金沢駅に到着しました。4番線ホーム。乗車時間1時間14分の観光列車の旅。良かったです~。good

20161001_kaidan

金沢駅4番線ホームへ向かうエスカレーター乗り場から、花嫁のれん仕様になっている。snowboard

20161001_ticket

特急花嫁のれん号の乗車には、乗車券の他に特急券が必要です。全車指定席なので、特急指定席券の購入となる。金沢~和倉温泉間の特急料金は1370円です。但し、繁忙期は200円増し(1570円)、閑散期は200円引き(1170円)となる。ticket

尚、特急花嫁のれん号の定員は52名。半個室がある1号車は速攻で売り切れます。今回、JRびゅうプラザで予約受付して無事購入できた。ラッキーでした。保険の意味合いで、えきねっとの予約受付もしていたが、こちらは敢え無く購入できず。多客期は座席争奪戦、発売と同時に完売するので、購入はお早めに。penguin

【特急花嫁のれん 時刻表】

[金沢 → 和倉温泉 方面]
列車名 金沢 羽咋 七尾 和倉温泉
花嫁のれん1号 10:15発 10:59着・11:08発 11:34着・11:36発 11:42着
花嫁のれん3号 14:15発 15:00着・15:02発 15:25着・15:26発 15:32着
[和倉温泉 → 金沢 方面]
列車名 和倉温泉 七尾 羽咋 金沢
花嫁のれん2号 12:07発 12:13着・12:16発 12:43着・12:43発 13:21着
花嫁のれん4号 16:30発 16:36着・16:36発 17:00着・17:01発 17:54着

時刻は2016年8月現在。clock

【列車編成・座席表】

20161001_ressyahensei

特急花嫁のれん号の座席表です。画像をClickすると約4倍拡大表示します。chair

【1号車 半個室一覧】

20161001_hankoshitsu

それぞれ特徴のある半個室。それぞれ間の名前があります。fastfood

今回は、1号車の「青の間」の座席を利用できました。のんびりできたよ。subway

20160820_berumonta_2

北陸新幹線開業に伴い、北陸の観光列車が次々に誕生。今回乗車したJR七尾線の「特急花嫁のれん」の他に、のと鉄道の「のと里山里海号」、JR氷見線・城端線の「快速ベル・モンターニュ・エ・メール」(愛称:べるもんた)があります。ribbon

その中で、快速べるもんたにも乗車してきたよ。雨晴海岸の眺めは良かったね。この列車の乗車レポは、「快速ベル・モンターニュ・エ・メール(べるもんた)氷見1号に乗車した2016。」へどうぞ。paper

20161001_kinen_satsuei

金沢駅改札口前には、花嫁のれん号の記念撮影ボードがあり。cafe

それにしても、加賀金沢百万石豪華な列車だこと。観光列車として座席を手配するのが難しい列車なので、貴重な乗車体験でした。pig

という事で、特急花嫁のれん2号に乗ってきたレポでした~。happy01

20161001_hanayome_noren_8

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

『運転情報』 2016年

【列車名】  特急花嫁のれん2号

【運転区間】 和倉温泉 → 金沢

【運転日】  主に金・土・日。祝日や多客期にも運転。(年間約150日)

【使用車両】 キハ48形気動車

【車両情報】 2両編成(全車指定席)

【花嫁のれん2号 (8012D) 和倉温泉12:07-12:13七尾12:16-羽咋12:43-13:21金沢

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月26日 (月曜日)

特急むさしのかいじ号に乗って、山梨甲州へ2016。

今年も大宮から武蔵野線を経由して甲府へ向かう臨時特急を運転。train

20160926_musashino_kaiji_2

JR大宮駅7番線ホームに停車中の列車は、特急むさしのかいじ号甲府行きです。2016年は、9月3日(土)・4日(日)・25日(日)に運転。2014年に初運行されて今年で3年目。9月の定番臨時列車になりそうです。taurus

20160926_musashino_kaiji_1

使用車両は、秋・紅葉に合う253系1000番台(OM-N01編成)。特急日光・きぬがわ号で使用されている車両だ。全車指定席の6両編成です。武蔵野線経由で、大宮~甲府間を運行。ski

20160926_party

ヘッドマーク、最初は「団体 PARTY」表示だったんだよね。birthday

20160926_hassyahyou_1

大宮駅の行先標です。「特急 むさしのかいじ 8:17 甲府」、列車名が表示されています。sports

20160926_hassyahyou_2

表示が切り替わり、「特急 全車指定席 6両 8:17 甲府」。t-shirt

20160926_jyousya_position

臨時列車だが、ホームには乗車位置が表示されています。rouge

20160926_untendai

253系の運転台だ。game

20160926_syanai_1

車内はところどころ乗客はいるが、基本的に空席で空いています。chair

20160926_zaseki

座席はこんな感じ。シートピッチが1100mmと少し座席間隔が広く快適だよ。shoe

座席間隔を広げた関係で、座席位置と窓枠の位置が一部の席で一致していません。車窓を快適に見たい場合は、座席位置の指定を行いましょう。pc

大宮駅7番線ホームから、8時17分甲府へ向けて出発しました。bell

20160926_shinakitsu_st

新秋津駅に停車中の特急むさしのかいじ号。武蔵野線には北朝霞と新秋津に停車するが、特急電車が停車するのは珍しい。bullettrain

20160926_kippu

切符は「B特急券」となる。全車指定席なので、指定席特急券だ。乗車距離により特急料金は変わります。snowboard

大宮からの特急料金は、50kmまで(北朝霞~立川間)が1030円、100kmまで(八王子~大月間)が1450円、150kmまで(勝沼ぶどう郷~甲府間)が1860円となる。dollar

6両編成で、進行方向(甲府方向)先頭は6号車、後方(大宮方向)は1号車。進行方向(甲府方向)右側窓席がA席、左側窓席がD席となる。flair

20160926_syasou_1

緑の山々、そして、大きな川。車窓、自然な風景が見えると旅している気分だな。fuji

20160926_koufu_bonti

車窓から見る甲府盆地。晴れてくれて良かった~。sun

20160926_enzan_st

今回は、塩山駅まで乗車しました。10時6分着。特急むさしのかいじ号、バイバイ~。paper

この後は、お楽しみワイナリー巡りです。snail

20160926_siin

各ワイナリーに行って工場見学&試飲をします。(ここは、マンズワイン勝沼ワイナリー)。wine

20160926_garasu

蒲萄工房ワイングラス館で、綺麗なグラスを見て回ったり..。wine

20160926_tabinikki

ハーブ庭園旅日記で、コスモスやバラ等の花畑鑑賞にハーブ足湯で湯ったりし..。tulip

20160926_tasting

山々をバックにワインをテイスティング。(ここは、シャトーメルシャン勝沼ワイナリー)。fuji

20160926_curve

勝沼に来たらやっぱり外せない、ぶどうの丘のワインカーヴで試飲し放題。happy02

20160926_koufu_bonti_2

ぶどうの丘から眺める甲府盆地。いゃあ~晴れて良かったよ。そして、ワインいっぱい飲んだよ~。勝沼ワイン三昧、素晴らしい。eye

20160926_rinji_time

帰りは、勝沼ぶどう郷駅から乗車します。週末は特急列車が臨時停車してくれます。faxto

20160926_musashino_kaiji_3

特急むさしのかいじ号が勝沼ぶどう郷駅に入線してきました。先行する特急電車が遅れた為、数分遅れで到着。carouselpony

20160926_musashino_kaiji_4

勝沼ぶどう郷駅16時20分発特急むさしのかいじ号に乗りこみました。pisces

20160926_syanai_2

行きはブルー色の座席だったが、帰りはオレンジ色の座席です。まずまず乗客がいるとはいえ空いています。この9分後には特急かいじ118号新宿行きが運転されているので、そちらに客は流れそう..。punch

20160926_syasou_2

帰りの車窓もいいですね。もう少し滞在したかったなと心残り。aquarius

20160926_kippu_2

乗車券は、休日おでかけパスと乗車券を併用しました。休日おでかけパスの有効区間は大月までなので、大月→塩山・勝沼ぶどう郷→大月は乗車券を別途購入です。club

去年まではあったのだが、今年は車内販売が無かった。乗車前に何等か購入しておかないと、乗車中は暇になってしまいます...。riceball

20160926_kaisou

18時05分、大宮駅11番線ホームに到着しました。中央本線から乗り換えなしで大宮に着けるので楽だねぇ~。この後、列車は回送していきました。バイバイ。motorsports

武蔵野線を運行する特急列車という事で今年も乗車して勝沼へ行ってきた。ワイン飲みには最高の列車だね。bar

という事で、特急むさしのかいじ号に乗って、山梨甲州へ日帰り旅行してきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去乗車時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

『運転情報』 2016年

【列車名】  特急むさしのかいじ号

【運転区間】 大宮 ~ 甲府

【運転日】  2016年9月3日(土)・4日(日)・25日(日)

【使用車両】 253系1000番台 (大宮車・OM-N01編成)

【車両情報】 6両編成(全車指定席)

【往路・甲府行き (8048M-9165M) 大宮08:17-北朝霞08:29-新秋津08:41-立川09:01-八王子09:09-大月09:43-勝沼ぶどう郷10:02-塩山10:06-山梨市10:11-石和温泉10:16-甲府10:21

【復路・大宮行き (9166M-8049M) 甲府16:00-石和温泉16:06-山梨市16:11-塩山16:16-勝沼ぶどう郷16:20-大月16:38-八王子17:11-立川17:19-新秋津17:39-北朝霞17:49-大宮18:05

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月22日 (木曜日)

亀有駅はこち亀ジャックだ2016!。

こち亀が亀有駅をジャック!。penguin

20160922_kotikame_1

さて、やってきたところは、東京都葛飾区にあるJR常磐線亀有駅構内です。駅は多くの訪問客で大混雑だ。なぜなら、こち亀が亀有駅をジャックだ!。前人未到のコミックス200巻&連載40周年を記念して、亀有駅構内は「こち亀」づくし。200巻分のすべての表紙&背表紙がフロア、階段、壁面、果てはエスカレーターまで埋め尽くし、まさにこち亀一色に!。art

20160922_kaidan_4

階段1段ごとに、1巻ごとに背表紙が描かれている。本棚を登るような感じだ。snowboard

20160922_kaidan_1

背表紙がずらり並ぶと、本当に本棚だな。event

20160922_tiyoda_line

さて、亀有駅駅へはJR常磐緩行線の乗ってやってきた。東京メトロ16000系唐木田行きです。train

20160922_odakyu_line

反対側ホームには、小田急線4000形の車両だ。今年春(2016年3月)のダイヤ改正から、小田急線車両がJR線に乗り入れるようになりました。水色ラインの電車が常磐線に見かけるようになったんだなぁ。subway

20160922_ekimeihyu

亀有駅の駅名標には、駅ナンバリング表示されているね。亀有駅は「JL20」です。clip

20160922_kaidan_2

駅構内随所に、背表紙がずらりと。ここはに、1巻~32巻だが、合計全200巻描かれているから、探してみよう。sign05

20160922_escarator

エスカレータにも、こち亀ジャック。cat

20160922_tesuri

エスカレーターの手摺りには、両さんのいろんな顔がぎっしり描かれている。leo

20160922_kaidan_3

連続した背表紙のデザインだと、こういう階段で見るのも面白い。carouselpony

20160922_manga_1

こち亀200巻買ってと猛アピール。各々のキャラクター達、濃いなぁ~。drama

20160922_200kan

こち亀200巻、既に売り切れ・品切れした店もあるようで...。24hours

20160922_hyousi_1

改札口前には、コミックスの表紙が1巻~200巻全て描かれている。basketball

20160922_hyousi_2

順番に見ていくと、キャラクターデザインの移り変わりが分かるね。そりゃあ~40年の歴史があるからなぁ。clock

20160922_douzou_1

駅北口に設置されている両津勘吉像です。花束も置かれているね。tulip

20160922_mikoshi

御神輿が出ているね。両さんが喜びそうだ。9月16日(金)~18日(日)は、亀有香取神社例大祭が開催され、駅周辺はお祭りモード。leo

20160922_kitaguti

駅ホーム付近の壁にも、200巻のお祝いが。fastfood

20160922_koncorce

それにしても、週末の亀有駅はこち亀ジャックを見に、多くの人でごった返しです。じっくりと観たい場合は、人の少ない早朝や深夜が良いかも。wink

20160922_irasuto_1

今回のこち亀ジャックは、2016年9月17日(土)~30日(金)までです。見に行く方は、お早めに。watch

20160922_ryoutuzou

駅南口には、両津・中川・麗子がお出迎え!像が設置されています。scorpius

20160922_omedetou

リリオ商店会も、連載40周年をお祝いしています。sports

20160922_minamiguti

連載40周年&コミックス発売200巻と前人未到の記録を持つ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」。2016年9月17日(土)の発売をもって、連載終了となりました。息の長い類を見ないマンガでしたな。秋本治先生、連載40年間お疲れ様でした!。crown

という事で、こち亀ジャックで大賑わいの亀有駅を訪れたレポでした~。happy01

「史上初!亀有駅を「こち亀」がジャック!!」 開催日:2016年9月17日(土)~30日(金) 会場:JR常磐線亀有駅構内(〒125-0061 東京都葛飾区亀有3=25-1) コミックス200巻&連載40周年記念企画info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月20日 (土曜日)

快速ベル・モンターニュ・エ・メール(べるもんた)氷見1号に乗車した2016。

走るアートギャラリー。富山県の観光列車に乗ってきたよ。train

20160820_berumonta_2

さて、やってきたところは、富山県高岡市にあるJR氷見線高岡駅です。これから、快速ベル・モンターニュ・エ・メール氷見1号に乗車するぞ。愛称は「べるもんた」。緑色の車体カッコいいね。club

運転区間は新高岡駅~氷見駅間で、毎週土曜日2往復運転される臨時快速列車。キハ40形1両編成で、全車指定席だ。定員39名なので、完売売切必至の人気列車だ。bell

20160820_hassyahyou

高岡駅の発車標です。「快速べるもんた1号 10:25 氷見 7番のりば」karaoke

列車名が長いので、愛称の「べるもんた」で表示。pencil

20160820_berumonta_1

快速ベル・モンターニュ・エ・メール氷見1号は、北陸新幹線の乗換駅、JR城端線新高岡駅から高岡駅を経由して、JR氷見線氷見駅まで運転される。新高岡駅10時01分発で氷見駅10時55分着。music

新高岡駅を出たべるもんた号は城端線の高岡駅ホームに10時04分着。先のホームに停車しているね。このあと、構内をスイッチバックして、氷見線7番線ホームに入線してきます。game

できれば、始発の新高岡駅から乗車して高岡駅構内のスイッチバック移動も体験してみたかったけど...。weep

20160820_hattorikun_1

べるもんたが7番線ホームに入線してくるまでは、まだ時間があるので別の列車の写真を。camera

JR氷見線普通列車で使用される「忍者ハットリくん列車」だ。忍者ハットリくんの作者、藤子不二雄Aさんは氷見市出身なのだ。fish

20160820_romendensya

高岡停留所に停車中の、万葉線高岡軌道線。MLRV1000形電車、愛称「アイトラム」だ。rvcar

20160820_syanai_2

構内スイッチバックして、7番線ホームに10時23分入線してきた。早速、乗り込もう。高岡駅10時25分発車!。door

既に指定席完売だったので、車内は満席だ。左側がボックス席、右側が窓側に向いた座席だ。chair

20160820_zasekihyou

座席表です。海側の座席は7番から13番になります。chair

20160820_menu_1

この列車の楽しみは、車内販売「車内サービス」があるのだ。プチ富山湾鮨セット・ほろ酔いセット・地酒3種飲み比べセット等がある。数量限定で、当日注文は可能だが、プチ富山湾鮨セット・ほろ酔いセットは事前にVISIT富山県ホームページにて予約購入が可能だ。memo

20160820_menu_2

ほろ酔いセット・地酒3種飲み比べセットは、「若駒」・「成政」・「三笑楽」・「曙」・「苗加屋」・「太刀山」から地酒を選ぶ事ができます。bottle

単品で、城端の地ビール「麦やエール」・「はかまエール」がありますよ。beer

20160820_syanai_1

車両先頭には、なんと鮨職人が乗車しています。ここで、直接握って提供してくれるよ。scorpius

20160820_susi

こちらは、プチ富山湾鮨セット。富山湾のネタのにぎり5貫と氷見はと麦茶つきです。riceball

おぉ、いいねぇ。富山湾で水揚げされる新鮮な魚介類目利きし厳選した旬のお魚を毎日日替わりで提供しています。では、パック。うむ、美味しい~。delicious

20160820_jizake

こちらは、ほろ酔いセット。富山の地酒1杯選べます。bottle

20160820_otumami

おつまみはこの4種類。沿線4市の名産品、特産品を盛り合わせたおつまみだ。snail

20160820_nomikurabe

こちらは、地酒3種飲み比べセット。6種類の地酒から3つ選ぶ事ができます。今回は、「太刀山」・「曙」・「若駒」をチョイス。bottle

ぷはぁ~、酔うねぇ。delicious

20160820_hattorikun_2

伏木駅停車時、反対ホームにはまたも「忍者ハットリくん列車」が入線。libra

20160820_cyoukoku

車内には、井波彫刻が施されています。sprinkle

世界遺産にも登録された合掌造りや花などを題材に、高度な技術で創作された富山県南砺市の伝統工芸品「井波彫刻」が8作品展示されています。cat

20160820_nihonkai_5

越中国分駅を過ぎると、富山湾(有磯海)海岸線を走行します。おぉ、海だぁ~♪。mist

20160820_nihonkai_1

海岸線のカーブがいいね。車窓がとても良いよ。sun

「ベル・モンターニュ・エ・メール」(Bells montagnes et mer)という名は、フランス語で美しい山と海を意味する。virgo

20160820_nihonkai_2

雨晴海岸、景観の良い所で一時停車してくれます。spa

20160820_nihonkai_3

穏やかな海。水平線が広がるよ。pisces

20160820_nihonkai_6

雨晴海岸に訪れている人たちから、手をふってくれました。paper

20160820_nihonkai_7

雨晴海岸の砂浜。event

20160820_nihonkai_4

海の水が透明なようだな。aquarius

20160820_amaharashi_st

雨晴駅に停車。できれば、ここで、15分くらい停車して途中下車、海岸線砂浜に行けるといいけどな。bicycle

20160820_stamp

乗車記念スタンプです。secret

20160820_toyama_susi

地酒を呑んで、まったりです。happy02

20160820_syasou

車窓が見える窓は大きくなっているので、眺めがいいのだ。最大幅は2m52cm。gemini

20160820_kougeihin

車内中央部には、砺波市の伝統工芸品が展示されている。「庄川挽物木地」の茶碗や「越中三助焼」の湯飲みなど、技術が光る逸品を展示。japanesetea

20160820_zaseki

観光列車という事で、ボックス席のテーブルは良い感じ。golf

20160820_zaseki_2

2人席のボックス席。chair

20160820_berumonta_3

あっという間に、終点氷見駅に到着。10時55分着。高岡駅からは30分の乗車だ。present

20160820_berumonta_4

べるもんた前面をアップ。行先標が「べるもんた」と表示され愛らしい。pig

20160820_hanbai

氷見駅ホームでは、特産品やお土産品の販売がありました。24hours

20160820_miyage

べるもんたパッケージのしろえび小判を購入しました。present

20160820_ekimeihyou_himi

氷見駅の駅名標。港町らしいデザインだね。ship

20160820_kippu

改札口にて、切符に使用済と押印してもらい頂きました。列車名は、愛称の「べるもんた氷見1号」と印字されています。ticket

「べるもんた」は、全車座席指定車です。乗車券の他、指定席券520円が必要です。gasstation

20160820_kinen_satsuei

氷見駅改札口前には、べるもんたの記念撮影用ボードがありました。camera

20160820_bord

車内では、乗車記念用のパネルもありますよ。思い出にいかが。camera

快速ベル・モンターニュ・エ・メールは、土曜は氷見線・新高岡~氷見間、日曜は城端線・高岡~城端間を運行します。人気列車だけに1か月前の発売開始日には購入しておく事をお勧めします。すぐ、指定席は完売してしまいます。pc

20161001_hanayome_noren_1

北陸新幹線開業に伴い、北陸の観光列車が次々に誕生。今回乗車したJR氷見線の「快速ベル・モンターニュ・エ・メール」(愛称:べるもんた)」の他に、のと鉄道の「のと里山里海号」、JR七尾線の「特急花嫁のれん」があります。train

その中で、特急花嫁のれん号にも乗車してきたよ。金沢百万石らしい豪華な列車だね。この列車の乗車レポは、「特急花嫁のれん2号、七尾線豪華観光列車に乗ってきた2016。」へどうぞ。paper

20160820_amaharashi_kaigan

景観の良い海岸線を走るJR氷見線。観光列車「べるもんた」に乗って楽しんでみるのはいかがですか?。dog

という事で、快速ベル・モンターニュ・エ・メール(べるもんた)氷見1号に乗車したレポでした~。happy01

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

『運転情報』 2016年

【列車名】  快速ベル・モンターニュ・エ・メール1号(べるもんた)

【運転区間】 新高岡 → 氷見

【運転日】  毎週土曜日

【使用車両】 キハ40形

【車両情報】 1両編成(全車指定席)

【1号】 (8362D) 新高岡10:01-10:04高岡10:25-伏木10:39-雨晴10:48-10:55氷見

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

20160820_poster

告知ポスターです。memo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧