2017年6月18日 (日曜日)

ケヤキ並木の景観が良い、山居倉庫を訪れた2017。

米どころ庄内のシンボル、米保管倉庫です。riceball

20170618_keyaki_namiki_1

さて、やってきたところは、山形県酒田市にある山居倉庫です。「さんきょそうこ」と読む。山居倉庫は、明治26年(1893年)、旧藩主酒井家によって建てられた米保管倉庫です。event

20170618_sankyo_souko_1

現在、白壁、土蔵造りの建物が12棟あります。そのうち、2棟は酒田市観光物産館「酒田夢の倶楽」、1棟は庄内米歴史資料館として一般公開されています。building

20170618_nijyuu_yane

倉庫内部の湿気防止の為、二重屋根になっている。pocketbell

20170618_sankyo_souko_3

12棟のうち9棟は、現在も倉庫として運用されている。今でも現役だ。clock

20170618_fune

これは、小鵜飼船です。最上川舟運において物資の輸送をするために造られた船です。50俵程の米を積めるようだ。ship

20170618_keyaki_namiki_2

酒田の観光スポット、山居倉庫の景観で良く登場するのがココ。ケヤキ並木と倉庫の景観。良いフォトスポットだね。camera

20170618_keyaki_namiki_3

風防止や夏の高温防止のために背後に欅並木を配しているのだ。自然を利用した先人の知恵が生かされた低温倉庫なのです。penguin

山居倉庫は、NHK朝の連続テレビ小説「おしん」のロケーション舞台にもなりました。tv

20170618_shiryoukan

こちらは、庄内米歴史資料館です。入館有料。稲作の歴史、稲のルーツ、品種改良、生産・保管・流通の過程などを、精緻な模型や展示パネルなどで分かりやすく紹介しています。school

20170618_sankyo_souko_2

こちらは、酒田市観光物産館「酒田夢の倶楽」です。お土産品は、ここで賄えるよ。present

20170618_jizake

施設内には軽食コーナーがあります。地酒のショット販売がありますよ。酒田にも酒蔵あるからね。bottle

20170618_jizake_2

もちろん購入、地酒頂きました。うむ、いい味わいだね。delicious

20170618_terasu

倉庫内のテラス席。ケヤキの下、気持ち良さそう。clover

20170618_sankyobashi

新井田川にかかる山居橋。snail

20170618_sankyobashi_2

山居倉庫は大きな川沿いに位置しているので、米などを運ぶ水運に適しています。yacht

20170618_dewasanzan

港町酒田ですが、出羽三山の眺めもあり、いいところですな。fuji

という事で、山居倉庫を訪れたレポでした~。happy01

「山居倉庫」(さんきょそうこ) 〒998-0838 山形県酒田市山居町1-1-8 TEL:0234-24-2233 JR羽越本線酒田駅から徒歩約22分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金曜日)

那須高原南ヶ丘牧場で美味しい牛乳とジンギスカンを味わう2017。

牧場に来たら、牛乳とジンギスカンだよね。taurus

20170609_minamigaoka_bokujyou_1

さて、やってきたところは、栃木県那須町にある南ヶ丘牧場です。那須高原に位置する。那須連山のふもとにある自然豊かな牧場だ。event

20170609_milk

牧場訪れたら、やっぱり、搾り立ての牛乳でしょう。ウェルカムドリンク、頂きました。濃厚で美味しい♪。delicious

20170609_jyouba

園内ちょいとぐるり散策。乗馬場、馬に乗ってのんびり。horse

20170609_uma

馬に餌やり。餌を求め、じっと待っています。restaurant

20170609_hitsuji

動物ふれあい広場では、ヒツジやヤギなどと戯れる。penguin

20170609_sanga

今回は、ちょっと滞在時間があったので、ここで昼食。お目当ては、もちろん、ジンギスカンだ!。ジンギスカンハウス「サンガ」に入ろう。door

20170609_syokkenki

まずは、券売機で食券を購入。ラム肉や那須豚肉があり、ライスや野菜等が付いたセットもあり。ticket

20170609_yakikata

ジンギスカンの焼き方が写真で説明されていて、ありがたいね。game

20170609_ramu

さぁ、ラム肉がど~ん。aries

20170609_rice_set

屋内テーブル席の他、外のテラス席もある。好きなシチュエーションで食べよう。flag

ライス・タレ・味噌汁・野菜・肉をスタンバイし、さぁ焼いて行こう。sports

20170609_jingisukan

おぉ、食欲そそる~。美味しく、ペロッと頂きました。happy02

20170609_cyouzamenoike

こちらは、チョウザメの池。エサを投げ入れて、呼び寄せてみよう。fish

20170609_map

入場無料の牧場。のんびりできて、居心地良い観光スポットです。camera

という事で、那須高原南ヶ丘牧場で美味しい牛乳とジンギスカンを味わったレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

「南ヶ丘牧場」 〒325-0301 栃木県那須郡那須町湯本579 TEL:0287-76-2150 8時~17時30分 年中無休 入場無料 駐車場無料約400台info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火曜日)

那須ロープウェイ山頂駅から少しだけ登ってみた。眺めいいね2017。

那須山頂から見下ろす眺めは壮大だ。fuji

20170606_nagame_2

さて、やってきたところは、栃木県那須町にある茶臼岳(那須岳)の登山道です。ここから見下ろす眺めは壮大絶景だ!。この日は、雲無く快晴、絶好な日和だ。風もあまり無く、珍しい。そして、暑いなぁ。sun

20170606_sanroku_st

ここは、那須ロープウェイ山麓駅。ここから、ロープウェイに乗っていきます。house

ロープウェイの往復運賃は1800円です。訪れた日は、20分間隔の運行でした。clock

20170606_gondora

111人乗りの大きなゴンドラで登っていきます。airplane

20170606_yamahada

ゴンドラ中からの眺め。山肌が見える。右手下には、峠の茶屋駐車場が見える。snowboard

山麓駅は茶臼岳の7合目、山頂駅は9合目に位置する。山頂駅に付くと、結構茶臼岳山頂に近づけるのだ。scissors

20170606_kuma

那須ロープウェイ山頂駅に到着した。プーさんがいるよ。山だけに熊には注意です。pig

20170606_kashigutsu

登山道はかなり滑ります。登山用の靴の貸出もしています。300円。売店で受付します。shoe

20170606_nagame_1

ロープウェイ山頂駅からの眺め。山麓が見渡せるね。eye

20170606_sancyou_st

さぁ、那須ロープウェイ山頂駅から、ちょっとだけ登って行ってみましょう。cat

20170606_tozandou_1

茶臼岳周回遊歩道として整備されています。bicycle

20170606_tozandou_2

山の登山道だけに急な斜面を登っていきます。既に息があがる...。sweat01

20170606_tozandou_3

山頂まではまだまだ先だが、ここの撮影スポットが引き返しの目安でしょうか。camera

20170606_ushigakubi

ここから、牛ヶ首方面へ抜けるハイカーもいる。pen

20170606_tozandou_4

あと、もう少しだけ登ってみよう。急坂で1歩1歩ずつ歩いて行く。music

20170606_tozandou_5

ゴツゴツした岩をも登っていく。sagittarius

茶臼岳山頂へは、まだまだ先だ。しかし、時間的都合もあり、ここで引き返そう。penguin

20170606_nagame_3

さぁ、後ろを振り返ろう。そしたら、おぉ~...。山麓が広がるこの眺め。晴れすぎて霞んでしまっているが、ちょっと山を登った甲斐があるね。happy02

20170606_snow

山肌には、ところどころに雪がまだ残っています。snow

20170606_yamahada_2

牛ヶ首方面。山の尾根が眺められるのもいいね。ski

20170606_tozandou_7

山道は急坂なので、なかなか休憩ポイントはないが、ベンチか石の上に座って、のんびり眺めていたいものです。japanesetea

20170606_tozandou_6

ロープウェイ山頂駅に戻ってきました。motorsports

20170606_gondora_2

ロープウェイで降ります。denim

20170606_panel

那須岳ロープウェイの看板です。記念撮影用?。cute

20170606_bus

那須ロープウェイへは、東野バスが便利。那須塩原駅・黒磯駅から運行されています。bus

20170606_parking

那須ロープウェイ山麓駅周辺に無料駐車場があります。が、満車状態で駐車するにもなかなか苦労します。rvcar

絶好の日和、天気が良くていい眺めでした。機会があったら、茶臼岳山頂まで行ってみたいのだが...。もしくは、牛ヶ首に向かうのもアリだろうか..。やっぱり、山からの眺めは壮大でしたな。wink good

という事で、那須ロープウェイ山頂駅から少しだけ登ってみたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170606_poster

那須ロープウェイのポスターです。memo

「那須ロープウェイ山麓駅」 栃木県那須郡那須町大字湯本字那須岳215 TEL:0287-76-2449 駐車場あり 東野交通バス那須ロープウェイバス停下車すぐinfo02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木曜日)

快速リゾート那須野満喫号に乗車してきた2017。

武蔵野線沿線から那須へ直通する臨時電車に乗ってきたよ。train

20170525_yamadori_12

さて、週末は臨時列車に乗って黒磯へ。2017年5月20日(土)・21日(日)運転、快速リゾート那須野満喫号に乗車してきました。運転区間は、新習志野~黒磯。武蔵野線沿線から那須方面へ直通する便利な行楽列車で、使用された車両は、485系リゾートやまどり。快適な移動空間を満喫できるのだ♪。bullettrain

リゾートやまどり、普段は、大宮~高崎~長野原草津口間吾妻線(群馬県)へのジョイフルトレインとして運行されている。宇都宮線への乗り入れは年数回なので、まぁ貴重な光景である。camera

20170522_hassyahyou_3

武蔵野線沿線から乗車できるのは、ありがたい。今回は、南越谷駅から乗車します。発車標には、「全車指定 8:08 黒磯」と表示。karaoke

20170522_hassyahyou_2

ローマ字切替時は、列車名である「快速リゾート那須野満喫号」と表示。flair

20170524_nasunomankitugou_01

武蔵野線南越谷駅1番線ホームに、快速リゾート那須野満喫号が入線してきました。さぁ、乗り込みましょう。南越谷駅8時8分発。shoe

20170525_sheet

リゾートやまどりは6両編成。座席配列は1列+2列の合計3列。大きな窓で、ゆったりと車窓が楽しめます。chair

先頭黒磯方向が6号車、後方新習志野方向が1号車で、先頭方向(黒磯方向)左側が2列席(AとB)、右側が1列(C)席となる。eyeglass

20170525_sheet_2

可動式のフットレストも備えている。2号車だけはシートピッチが1550mmとさらに広く、席と席の間、足が届かないくらい離れている。boutique

20170524_ticket

快速リゾート那須野満喫号は全車指定席です。乗車には、乗車券のほか指定席券が必要です。快速の指定席券は、乗車区間関係なく一律520円です。この料金で、このゆったりシートに座れるのだから、とてもお得な感じがする。ticket

20170524_zenmen_tenbou

車両両端は展望室となり、前方の眺めも楽しめるよ。eye

20170524_syaryou_setsubi

車両設備のご紹介。座席位置も各号車ごと表示されています。telephone

20170525_kids_room

こちらは、フリースペース(キッズルーム)。4号車にある。小さな子供向けの部屋です。gemini

20170525_meeting_room

こちらは、フリーススペース(ミーティング室)。2号車にある。畳の座面ですよ。japanesetea

20170524_kuroiso_kangei

終点となる黒磯駅に到着しました。3番線ホーム、10時30分着。motorsports

駅ホームでは、駅長さん・駅員さんたちが「ようこそ黒磯駅へ」と歓迎幕をかかえ、お出迎えです。leo

途中、宇都宮駅・那須塩原駅でも歓迎お出迎えがありましたよ。bar

20170525_yamadori_1

使用された車両「リゾートやまどり」は、群馬DC開催にあわせて、2011に運航開始された車両。名称は、群馬県の県鳥「ヤマドリ」に由来する。chick

20170525_yamadori_11

リゾート列車にふさわしい車両である。yacht

20170525_ekimeihyou

リゾートやまどりの車両が、黒磯駅に停車しているのも年に数回だけである。ring

20170525_yamadori_14

連絡橋上からの眺め。山あいに合うデザイン色だよね。art

20170525_kuroiso_st_1

黒磯駅を下車しました。列車名の通り、ちょいと、那須野を満喫してきましょう!。run

20170525_cyausudake

那須ロープウェイに乗って山頂駅へ。茶臼岳の9合目に位置します。そこから、少しだけ登ってみました。急坂な山道をえいこらしょっ、ハーハーゼーゼーしながら登り後ろを振り返ると...。眼下には那須山麓が広がる雄大な景色。いいですなぁ。快晴で風もあまりない絶好な天気。いいね!。fuji

20170525_cyausudake_2

山の尾根が眺められるのも、また良し。snail

今回は滞在時間が短いので、すぐ戻りロープウェイで下山しました。snowboard

20170525_tutuji_gunraku

八幡ツツジ群落の中の森林。遊歩道が整備されている。foot

20170525_tutuji_gunraku_2

八幡のツツジ群落、中央展望台からの眺め。ツツジの見頃はあともう少し先かな?。maple

20170525_sessyouseki

こちらは、殺生石。那須湯本温泉付近の溶岩。火山ガスが絶えず噴出する。松尾芭蕉の「おくのほそ道」にも登場する。spa

20170525_minamigaoka_bokujyou_1

次に、南ヶ丘牧場にやってきた。餌やり..。taurus

20170525_milk

牧場を訪れたら、やっぱり牛乳だな。taurus

まだ、他にもいろいろとまわってみたかったが、帰りの電車の時間が近づいたので、残念ながらも、戻る事にした。weep

20170525_hassyahyou_21

黒磯駅に戻ってきました。帰りも、リゾート那須野満喫号に乗るよ。黒磯駅の発車標には珍しい「新習志野」の文字が。bicycle

20170525_yamadori_15

白地の駅名標は、今では、懐かしく思える。riceball

20170525_yukisakihyou

行先標は「臨時 Extra」と表示。ribbon

20170525_yamadori_16

まもなく発車なので、列車に乗り込もう。黒磯駅3番線ホーム16時35分発です。watch

昨年運行時は、17時26分発だったのだが、今年は約1時間早められました。那須の滞在が1時間短くなって残念...。weep

20170525_kippu_2

帰りの指定席券。ticket

20170525_tonegawa

利根川を渡ります。夕陽が見える。sun

20170525_yamadori_13

帰りは新松戸駅まで乗車しました。19時25分着。乗り換えなしで来られるので、楽な電車だ。motorsports

武蔵野線を通る臨時列車という事で、初夏の行楽、この電車を利用して、那須を楽しんできました。おでかけのきっかけになるので、こういう行楽列車、いろんな所で運行して欲しいものですね。good

5月27日(土)・28日(日)は、快速リゾートやまどり那須号として高崎~黒磯の運転、6月3日(土)・4日(日)は、快速リゾート那須野満喫号として八王子~黒磯の運転があります。さらに、5月27日(土)・28日(日)は、快速那須野満喫号として新習志野~黒磯の運転があり、車両はE257系5両編成が使用されます。subway

という事で、快速リゾート那須野満喫号に乗車して、那須野を満喫してきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去運転時の乗車レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

『運転情報』 2017年

【列車名】  快速 リゾート那須野満喫号

【運転区間】 新習志野 ~ 黒磯

【運転日】  2017年5月20日(土)・21日(日)

【使用車両】 485系 リゾートやまどり (YD01編成)

【車両情報】 6両編成(全車指定席)

【往路】 (9722M-9523M) 新習志野07:20-南船橋07:24-西船橋07:34-新松戸07:51-南越谷08:08-南浦和08:19-大宮08:32-蓮田08:41-久喜08:50-古河09:05-小山09:18-09:42宇都宮09:47-西那須野10:17-那須塩原10:23-10:30黒磯

【復路】 (9526M-9727M) 黒磯16:35-那須塩原16:41-西那須野16:46-17:20宇都宮17:25-小山17:47-古河18:01-久喜18:16-蓮田18:27-18:35大宮18:38-南浦和18:57-南越谷19:09-新松戸19:26-西船橋19:42-南船橋19:49-19:52新習志野

◇ 5/27(土)・28(日)は、高崎~黒磯にて快速リゾートやまどり那須号を運転。

◇ 6/3(土)・4(日)は、八王子~黒磯にて快速リゾート那須野満喫号を運転。

◇ 5/27(土)・28(日)は、新習志野~黒磯にて快速那須野満喫号を運転。車両はE257系。

20170524_panf_info

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土曜日)

JR陸羽西線(奥の細道最上川ライン)に乗って、新庄駅から酒田駅へ2017。

山形県北部最上川沿いに走る列車に乗りました。train

20170517_rikuusaisen

さて、やってきたところは、JR新庄駅です。これから、JR陸羽西線に乗車しますよ。陸羽西線は、新庄駅(山形県新庄市)から余目駅(山形県庄内町)までを結ぶ路線で、「奥の細道最上川ライン」の愛称がつけられている。路線距離は43.0km。subway

20170520_hassyahyou

新庄駅の発車標。flair

陸羽西線の運転本数は1日10本。(内6本は酒田まで運転)。本数が少ないので、発車時刻の確認は必要です。clock

20170520_rikuu_saisen_2

これから乗車する陸羽西線は、3番線ホームから出発。車両はキハ110形気動車2両編成です。signaler

新庄駅では、各路線へ階段無し平面移動できます。snail

20170517_syako

新庄駅3番線ホームの先端からの眺め。レンガ造りの車庫が見えますよ。event

20170520_rikuu_saisen_3

まもなく発車時刻なので、列車に乗り込んだ。run

新庄駅11時15分発陸羽西線酒田行き出発しました。bell

20170520_ticket

乗車券です。新庄から酒田までは、運賃970円です。(55.2km)ticket

ワンマン運転だが、乗車した日がGWという事もあってか、車掌も乗務していました。車内改札もあった。leo

20170520_syasou_1

新庄駅を出ると、広大な畑が広がります。bud

20170520_syasou_2

先に見える鳥海山の山々が雄大だな。山はまだ雪化粧だ。fuji

20170520_sakegawa

最上川の支流である、鮭川を渡る。(羽前前波~津谷間)。mist

20170520_syasou_3

津谷~狩川間は、路線愛称名の通り、最上川沿いを走行します。大きな川ですね。くねくねカーブしながら走行していきます。fish

20170520_shiraitonotaki

高屋駅を超えたあたりに、白糸の滝が見えます。日本の滝百選の1つ。草薙温泉の対岸に位置する。aquarius

20170520_yaezakura

狩川駅に停車。駅前に咲く八重桜。見事ですね。cherryblossom

20170520_syasou_4

狩川駅から先は最上川から離れ、庄内平野を走行していきます。おぉ、真っ直ぐの線路だ。airplane

20170520_untinhyou

陸羽西線はワンマン運転なので、切符を持っていない乗客は、整理券を取得し、運賃表を見て降車時に運賃箱にお金を入れます。dollar

陸羽西線は新庄~余目間である。乗車している列車は酒田行き。余目~酒田間は羽越本線に乗り入れて運行します。cancer

20170520_rikuu_saisen_4

12時18分、終点酒田駅0番線ホームに到着しました。1時間3分の乗車でした。キハ110形お疲れ様。陸羽西線、いい車窓でした♪。motorsports

という事で、JR陸羽西線(奥の細道最上川ライン)に乗って、新庄駅~酒田駅間を乗車してきたレポでした~。happy01

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

『運転情報』

【列車種別】  普通

【運転区間】 新庄 → 酒田

【運転日】  毎日

【使用車両】 キハ110形

【車両情報】 2両編成

(157D) 新庄11:15→羽前前波11:25→津谷11:29→古口11:34→高屋11:42→清川11:48→狩川11:53→南野11:57→余目12:02→北余目12:06→砂越12:10→東酒田12:14→12:18酒田

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火曜日)

さわら雛舟春祭り、水郷佐原で水上雛まつり2017。

小江戸佐原で春祭り。雛舟が水上パレード。ship

20170321_hinabune_2

さて、やってきたところは、千葉県香取市佐原にある小野川沿いです。ここで、2017年3月18日(土)、さわら雛舟春祭りが開催されました。小野川両岸沿いには、観光客がずらりいます。sports

20170321_hinabune_3

煌びやかな雛衣装に身を包んだお内裏様とお雛様一行がスタンバイ。key

20170321_hinabune_4

雅楽の美しい音色とともに小野川を水上パレードする「さわら雛舟」を運航し、水郷のまちならではの雛まつりイベントを楽しめます。cat

20170321_hinabune_5

さわら雛舟の運行は年に1回、この時期だけみたいです。とても天気が良く暖かで、春祭り日和でした。sun

20170321_hinabune_7

千葉県のマスコットキャラクター「チーバくん」や伊能忠敬イメージキャラクター「ちゅうけいSUN」も雛舟に乗船していた。dog

20170321_onogawa

小野川沿いは、小江戸の風景を残し情緒あるね。clover

20170321_hinabune_1

さわら雛舟春祭り、運航は1日3回、11時・13時30分・15時です。伊能忠敬記念館付近を出発し、小野川沿いを往復して戻ってきます。yacht

小野川沿いは観覧する人が多く、なかなか写真を撮るには難しい。隙間から、何とか写真が獲れれば良しというところか。camera

20170321_poster2

さわら周辺では、第12回さわら雛めぐりが開催中。各所で雛飾りがされています。ぶらり佐原の町並みを歩いてみましょう。shoe

という事で、さわら雛舟春祭り、雛舟を見てきたレポでした~。happy01

20170321_poster

告知ポスターです。memo

「さわら雛舟春祭り」 開催日:2017年3月18日(土) 運行時間:11時・13時30分・15時(3回運行) 場所:小野川(千葉県香取市佐原)info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月 8日 (水曜日)

川越のランドマーク、時の鐘と蔵のまちを訪れた2017。

小江戸の雰囲気が漂う町並みです。leo

20170203_kuranomati

さて、やってきたところは、埼玉県川越市にある蔵のまちです。江戸時代を思わせる蔵造りの町並みです。タイムスリップしてきたよう感じだね。川越観光では1番人気のスポットでしょう。penguin

20170129_kuranomati

黒漆喰の壁に、重厚で豪華な蔵造り商家が軒をつらねる。いろんなお店が軒並ぶので、ぶらり川越を満喫できますよ。bicycle

20170208_tokinokane_1

時薫るまち川越。川越のシンボルと言えばココだね。時の鐘です。鐘つき通りでは、多くの観光客が写真撮影していますよ。camera

20170208_tokinokane_2

耐震化工事が完了し、綺麗な時の鐘がお披露目されています。bell

鐘撞堂とも呼ばれる時の鐘は、3層構造の塔で高さは16m。約400年前の寛永年間に川越藩藩主・酒井忠勝によって建設された鐘楼です。sagittarius

現在は、1日4回(6時・12時・15時・18時)に機械式で自動で鐘を鳴らしている。情緒ある鐘の音が、なんとも懐かしく感じる。日本の音風景100選にも選ばれているよ。bell

20170208_kuranomati_3

時間が経つにしたがって、蔵のまち通りは観光客で混雑してきました。それにしても、川越は人気ある観光地ですな。rvcar

という事で、小江戸川越の蔵のまちと時の鐘を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

「時の鐘」 〒350-0063 埼玉県川越市幸町15-7 西武新宿線本川越駅から徒歩約13分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月31日 (火曜日)

快速おさんぽ川越号に乗車してきた2017。

房総特急の車両ゆったり座席指定で、小江戸川越へGo!。bullettrain

20170131_osanpo_kawagoe_1

2017年1月28日(土)・29日(日)運転、快速おさんぽ川越号に乗ってきたよ。JR外房線茂原駅とJR川越線川越駅を結び、毎年季節ごとに臨時運転される。車両はE257系500番台NB-15編成。5両編成全車指定席だ。自由席は無し。train

20170131_kawagoe_st

JR外房線から京葉線・武蔵野線・川越線を経由し、川越駅へ直通する。乗り換え無しで行けるのが良いね。川越駅に特急型車両が停車するのも珍しい。ship

20170131_osanpo_kawagoe_2

ヘッドマークは、「臨時」表示でした。search

20170131_hassyahyou_1

川越駅の発車標。電光掲示板には、列車名が表示されているね。flair

「快速おさんぽ川越号 16:00」と表示。karaoke

20170131_hassyahyou_2

表示が切り替わり、「全車指定武蔵野線経由茂原」と表示。karaoke

20170131_jyousyaiti

駅ホームには、各号車の乗車位置があった。flag

20170131_yukisakihyou

行先表は「臨時」と表示。two

20170131_syanai

車内はどの車両も結構な乗車率だ。全車指定席なので、乗車券の他に指定席券が必要です。chair

20170131_onrei

川越駅6番線ホーム16時00分発、臨時快速おさんぽ川越号茂原行きに乗車します。bell

駅ホームには、駅員の方々が御礼幕を持ち、お見送りしてくれました。またのお越しをお待ちしております。denim

20170131_ticket

快速おさんぽ川越号の指定席券の料金は、乗車距離に係らず一律520円です。「えきねっと」座席ピンポイント指定で購入しておいた。ticket

茂原方向が5号車、川越方向が1号車で、5両全て指定席車両です。pocketbell

20170131_arakawa

JR川越線、南古谷~指扇間、荒川を渡る。mist

20170131_coedo_beer

車内では、川越の地ビール、コエドビールを味わおう。beer

20170131_hassyahyou_3

17時16分、JR武蔵野線東松戸駅に到着。ここで、下車しました。楽々快適だったね。japanesetea

20170131_osanpo_kawagoe_3

今年も快速おさんぽ川越号乗車満喫しました。2013年から5年連続で乗車しています。motorsports

20170129_burari_kawagoe_3

ちなみに、川越までの往路は、快速ぶらり川越号でやってきた。車両は、白いタキシードボディの651系7両編成でした。この車両には、グリーン車も付いているよ。その乗車レポは、「快速ぶらり川越号に乗車してきた2017。」へどうぞ。paper

20170129_kuranomati

小江戸川越、ぶらり観光してきたよ。蔵のまちを、おさんぽ川越です。青空快晴の暖かさ。観光日和でした。sun

次回の快速おさんぽ川越号運転日は、ゴールデンウィーク、2017年4月29日(土)・30日(日)です。車両は同じE257系5両全車指定席。clock

という事で、快速おさんぽ川越号に乗車してきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去乗車時のレポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170131_panf

パンフレットでの案内です。memo

20170131_poster

clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover

『運転情報』 2017年冬

【列車名】  快速 おさんぽ川越

【運転区間】 茂原 ~ 川越

【運転日】  2017年1月28日(土)・29日(日)

【使用車両】 E257系500番台 (NB-15編成)

【車両情報】 5両編成・全車普通車指定席

【往路】 (9220M-9221M) 茂原08:20-大網08:30-土気08:34-鎌取08:41-蘇我08:46-稲毛海岸08:55-海浜幕張09:00-南船橋09:05-西船橋09:13-東松戸09:21-新八柱09:25-新松戸09:29-南流山09:32-南越谷09:46-東川口09:50-南浦和09:58-大宮10:09-10:29川越

【復路】 (9224M-9225M) 川越16:00-大宮16:22-南浦和16:38-東川口16:45-南越谷16:50-南流山17:04-新松戸17:08-新八柱17:13-東松戸17:17-西船橋17:29-南船橋17:37-海浜幕張17:44-稲毛海岸17:48-蘇我17:59-鎌取18:05-土気18:13-大網18:17-18:27茂原

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月29日 (日曜日)

快速ぶらり川越号に乗車してきた2017。

冬もぶらぶら川越さんぽを楽しもう♪。bicycle

20170129_burari_kawagoe_1

川越へ直通する臨時電車を乗って来たよ。2017年1月28日(土)・29日(日)運転、快速ぶらり川越号です。白いタキシードボディ、651系7両編成の車両が使用されました。K105編成。bullettrain

20170129_burari_kawagoe_2

快速ぶらり川越号は、JR常磐線日立駅とJR川越線川越駅を結び、途中JR武蔵野線を走行する。武蔵野線ユーザーにとっては、乗り換えなしで小江戸川越へ直通するのは、楽々便利だ。しかも、特急型車両なので快適移動である。最近は、季節ごとに運行されるようになり、川越アクセスの定番になってきた。chair

武蔵野線内の遅延の影響で、数分遅れで南流山駅に到着。では、早速、乗り込みましょう。chick

20170129_syanai

4号車グリーン車車内。2+1の3列シートです。chair

20170129_sheet

グリーン席のシートはゆったりいい感じ。chair

20150202_burari_kawagoe_hensei

快速ぶらり川越号は7両編成。先頭車両は1号車(川越・大宮方面)、後方車両は7号車(勝田・日立方面)です。全車指定席で、4号車はグリーン指定席となっています。自由席はありません。music

川越方向、左側はA席、右側はD席です。chair

20170129_kippu

ぶらり川越号はグリーン車があるので、グリーン指定席券を購入しました。南流山~川越間のグリーン券は770円です。ticket

快速の指定席料金は、乗車距離に関係なく520円です。4号車のグリーン席を利用する場合は、快速のグリーン券が必要です。こちらは、乗車距離に対して料金が変わります。快速ぶらり川越号は全車指定席なので、指定席券かグリーン席券どちらかが必要です。ticket

【快速ぶらり川越号 指定席・グリーン席料金 川越発着】
川越まで 大宮~南流山から 柏~土浦から 石岡~水戸から 勝田~日立から
指定席券料金 520円
グリーン券料金 770円 980円 1670円 1950円

南流山~川越間は49.1kmなので、指定席だと520円、グリーン席だと770円となる。差額はわずか250円なので、グリーン席でゆったり乗車もいいかもね。crown

20170129_arakawa

JR川越線、指扇~南古谷間の荒川を渡る。mist

20170129_youkoso_1

終点川越駅6番線ホームに到着しました。ホーム上には、駅長・駅員を始め、さいたま観光大使・さいたま小町が、歓迎お出迎えありました。bell

20170129_burari_kawagoe_4

川越駅ホームに停車中の651系。このあと、回送されました。flag

20170129_burari_kawagoe_3

元は、特急スーパーひたち号で活躍した651系、現在は臨時列車として活躍しています。good

20170129_youkoso_2

川越駅コンコースでは、冬のぶらぶら歩き「川越・さいたま」キャンペーンが実施中。ゆるきゃらも登場して記念撮影だ。camera

川越市のマスコットキャラクター「ときも」やさいたま市のPRキャラクター「つなが竜ヌゥ」がお出迎えだ。「浦和うなこちゃん」もね。cat

20170129_kuranomati

さぁ、この後は、小江戸川越、ぶらり観光だ。蔵のまちを、おさんぽ川越です。青空快晴の暖かさ。観光日和でした。sun

20170131_osanpo_kawagoe_1

ちなみに、帰り復路は、E257系を使用した快速おさんぽ川越号を利用しました。こちらも、川越からJR武蔵野線方面へ直通するので便利な列車だ。その乗車レポは、「快速おさんぽ川越号に乗車してきた2017。」へどうぞ。paper

次回の快速ぶらり川越号の運転日は、ゴールデンウィーク、2017年5月5日(祝金)・6日(土)の運転です。clock

という事で、快速ぶらり川越号を乗車したレポでした~。happy01

ちなみに、過去乗車レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170129_unkou

パンフレットでの案内。memo

20170129_poster

『運転情報』 2017年冬

【列車名】  快速 ぶらり川越

【運転区間】 日立 ~ 川越

【運転日】  2017年1月28日(土)~29日(日)

【使用車両】 651系 (K105編成)

【車両情報】 7両編成  グリーン車指定席(1両)+普通車全車指定席(6両)

【往路】 (9426M-9527M) 日立06:47-常陸多賀06:52-大甕06:57-東海07:02-勝田07:10-水戸07:17-赤塚07:23-友部07:31-石岡07:43-土浦08:02-牛久08:13-佐貫08:18-取手08:26-柏08:37-南流山08:51-南越谷09:06-大宮09:29-川越09:49

【復路】 (9526M-9427M) 川越15:20-大宮15:48-南越谷16:12-南流山16:27-柏16:35-取手16:45-佐貫16:51-牛久16:56-土浦17:15-石岡17:25-友部17:36-赤塚17:45-水戸17:51-勝田17:58-東海18:04-大甕18:10-常陸多賀18:14-日立18:20

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月12日 (土曜日)

風情あふれる茶屋町、金沢東山ひがし茶屋街を訪れた2016。

城下町「金沢」、昔の面影をとどめています。clock

20161112_cyagai_3

さて、やってきたところは、石川県金沢市にある「ひがし茶屋街」です。東山ひがしは、重要伝統的建造物群保存地区であり、ひがし茶屋街の名称で知られます。libra

北陸新幹線開業が追い風になっていて、金沢市街地はどこに行っても混雑しているよ。ここ、東山ひがし茶屋街も観光客で大にぎわいだ。gemini

20161112_cyagai_4

和風のお店が多く建ち並び、いろいろ物色してみよう。eye

20161112_cyagai_2

保存地区内の建築物140のうち約3分の2が伝統的建造物であり、茶屋町創設時から明治初期に建築された茶屋様式の町家が多く残る。confident

20161112_cyagai_1

暮れてくると、軒灯がともる茶屋から三味線や太鼓の音が聴こえるらしい。体験できるお店もあるようだ。flair

20161112_roji_1

狭い路地。いい感じ。snail

20161112_sugawara_jinjya

こちらは、菅原神社。ひがし茶屋街の鎮守社である。leo

20161112_morihati

こちらは、加賀藩御用菓子司「森八」。寛永2年の創業の老舗和菓子屋だ。aries

どこかのお店に入って、抹茶と和菓子を頂こうと思っていたが、どの店も待ち行列。時間が無く、残念ながら入店あきらめた..。danger

20161112_jiyuuken

モダンな建物があるね。これは、老舗洋食屋「自由軒」です。ここも、待ち行列できているな。オムライスがお勧めらしい。chick

落ち着いた和の時間を味わえるひがし茶屋街。金沢の人気観光スポットの1つの為、観光客で大混雑。どこかお店に入るならば時間に余裕持って訪れましょう。carouselpony

という事で、金沢にある東山ひがし茶屋街を訪れたレポでした~。happy01

「東山ひがし」(ひがし茶屋街) 〒920-0831 石川県金沢市東山1丁目 TEL:076-220-2194info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧