2017年3月21日 (火曜日)

さわら雛舟春祭り、水郷佐原で水上雛まつり2017。

小江戸佐原で春祭り。雛舟が水上パレード。ship

20170321_hinabune_2

さて、やってきたところは、千葉県香取市佐原にある小野川沿いです。ここで、2017年3月18日(土)、さわら雛舟春祭りが開催されました。小野川両岸沿いには、観光客がずらりいます。sports

20170321_hinabune_3

煌びやかな雛衣装に身を包んだお内裏様とお雛様一行がスタンバイ。key

20170321_hinabune_4

雅楽の美しい音色とともに小野川を水上パレードする「さわら雛舟」を運航し、水郷のまちならではの雛まつりイベントを楽しめます。cat

20170321_hinabune_5

さわら雛舟の運行は年に1回、この時期だけみたいです。とても天気が良く暖かで、春祭り日和でした。sun

20170321_hinabune_7

千葉県のマスコットキャラクター「チーバくん」や伊能忠敬イメージキャラクター「ちゅうけいSUN」も雛舟に乗船していた。dog

20170321_onogawa

小野川沿いは、小江戸の風景を残し情緒あるね。clover

20170321_hinabune_1

さわら雛舟春祭り、運航は1日3回、11時・13時30分・15時です。伊能忠敬記念館付近を出発し、小野川沿いを往復して戻ってきます。yacht

小野川沿いは観覧する人が多く、なかなか写真を撮るには難しい。隙間から、何とか写真が獲れれば良しというところか。camera

20170321_poster2

さわら周辺では、第12回さわら雛めぐりが開催中。各所で雛飾りがされています。ぶらり佐原の町並みを歩いてみましょう。shoe

という事で、さわら雛舟春祭り、雛舟を見てきたレポでした~。happy01

20170321_poster

告知ポスターです。memo

「さわら雛舟春祭り」 開催日:2017年3月18日(土) 運行時間:11時・13時30分・15時(3回運行) 場所:小野川(千葉県香取市佐原)info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月 8日 (水曜日)

川越のランドマーク、時の鐘と蔵のまちを訪れた2017。

小江戸の雰囲気が漂う町並みです。leo

20170203_kuranomati

さて、やってきたところは、埼玉県川越市にある蔵のまちです。江戸時代を思わせる蔵造りの町並みです。タイムスリップしてきたよう感じだね。川越観光では1番人気のスポットでしょう。penguin

20170129_kuranomati

黒漆喰の壁に、重厚で豪華な蔵造り商家が軒をつらねる。いろんなお店が軒並ぶので、ぶらり川越を満喫できますよ。bicycle

20170208_tokinokane_1

時薫るまち川越。川越のシンボルと言えばココだね。時の鐘です。鐘つき通りでは、多くの観光客が写真撮影していますよ。camera

20170208_tokinokane_2

耐震化工事が完了し、綺麗な時の鐘がお披露目されています。bell

鐘撞堂とも呼ばれる時の鐘は、3層構造の塔で高さは16m。約400年前の寛永年間に川越藩藩主・酒井忠勝によって建設された鐘楼です。sagittarius

現在は、1日4回(6時・12時・15時・18時)に機械式で自動で鐘を鳴らしている。情緒ある鐘の音が、なんとも懐かしく感じる。日本の音風景100選にも選ばれているよ。bell

20170208_kuranomati_3

時間が経つにしたがって、蔵のまち通りは観光客で混雑してきました。それにしても、川越は人気ある観光地ですな。rvcar

という事で、小江戸川越の蔵のまちと時の鐘を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

「時の鐘」 〒350-0063 埼玉県川越市幸町15-7 西武新宿線本川越駅から徒歩約13分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月31日 (火曜日)

快速おさんぽ川越号に乗車してきた2017。

房総特急の車両ゆったり座席指定で、小江戸川越へGo!。bullettrain

20170131_osanpo_kawagoe_1

2017年1月28日(土)・29日(日)運転、快速おさんぽ川越号に乗ってきたよ。JR外房線茂原駅とJR川越線川越駅を結び、毎年季節ごとに臨時運転される。車両はE257系500番台NB-15編成。5両編成全車指定席だ。自由席は無し。train

20170131_kawagoe_st

JR外房線から京葉線・武蔵野線・川越線を経由し、川越駅へ直通する。乗り換え無しで行けるのが良いね。川越駅に特急型車両が停車するのも珍しい。ship

20170131_osanpo_kawagoe_2

ヘッドマークは、「臨時」表示でした。search

20170131_hassyahyou_1

川越駅の発車標。電光掲示板には、列車名が表示されているね。flair

「快速おさんぽ川越号 16:00」と表示。karaoke

20170131_hassyahyou_2

表示が切り替わり、「全車指定武蔵野線経由茂原」と表示。karaoke

20170131_jyousyaiti

駅ホームには、各号車の乗車位置があった。flag

20170131_yukisakihyou

行先表は「臨時」と表示。two

20170131_syanai

車内はどの車両も結構な乗車率だ。全車指定席なので、乗車券の他に指定席券が必要です。chair

20170131_onrei

川越駅6番線ホーム16時00分発、臨時快速おさんぽ川越号茂原行きに乗車します。bell

駅ホームには、駅員の方々が御礼幕を持ち、お見送りしてくれました。またのお越しをお待ちしております。denim

20170131_ticket

快速おさんぽ川越号の指定席券の料金は、乗車距離に係らず一律520円です。「えきねっと」座席ピンポイント指定で購入しておいた。ticket

茂原方向が5号車、川越方向が1号車で、5両全て指定席車両です。pocketbell

20170131_arakawa

JR川越線、南古谷~指扇間、荒川を渡る。mist

20170131_coedo_beer

車内では、川越の地ビール、コエドビールを味わおう。beer

20170131_hassyahyou_3

17時16分、JR武蔵野線東松戸駅に到着。ここで、下車しました。楽々快適だったね。japanesetea

20170131_osanpo_kawagoe_3

今年も快速おさんぽ川越号乗車満喫しました。2013年から5年連続で乗車しています。motorsports

20170129_burari_kawagoe_3

ちなみに、川越までの往路は、快速ぶらり川越号でやってきた。車両は、白いタキシードボディの651系7両編成でした。この車両には、グリーン車も付いているよ。その乗車レポは、「快速ぶらり川越号に乗車してきた2017。」へどうぞ。paper

20170129_kuranomati

小江戸川越、ぶらり観光してきたよ。蔵のまちを、おさんぽ川越です。青空快晴の暖かさ。観光日和でした。sun

次回の快速おさんぽ川越号運転日は、ゴールデンウィーク、2017年4月29日(土)・30日(日)です。車両は同じE257系5両全車指定席。clock

という事で、快速おさんぽ川越号に乗車してきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去乗車時のレポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170131_panf

パンフレットでの案内です。memo

20170131_poster

clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover

『運転情報』 2017年冬

【列車名】  快速 おさんぽ川越

【運転区間】 茂原 ~ 川越

【運転日】  2017年1月28日(土)・29日(日)

【使用車両】 E257系500番台 (NB-15編成)

【車両情報】 5両編成・全車普通車指定席

【往路】 (9220M-9221M) 茂原08:20-大網08:30-土気08:34-鎌取08:41-蘇我08:46-稲毛海岸08:55-海浜幕張09:00-南船橋09:05-西船橋09:13-東松戸09:21-新八柱09:25-新松戸09:29-南流山09:32-南越谷09:46-東川口09:50-南浦和09:58-大宮10:09-10:29川越

【復路】 (9224M-9225M) 川越16:00-大宮16:22-南浦和16:38-東川口16:45-南越谷16:50-南流山17:04-新松戸17:08-新八柱17:13-東松戸17:17-西船橋17:29-南船橋17:37-海浜幕張17:44-稲毛海岸17:48-蘇我17:59-鎌取18:05-土気18:13-大網18:17-18:27茂原

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月29日 (日曜日)

快速ぶらり川越号に乗車してきた2017。

冬もぶらぶら川越さんぽを楽しもう♪。bicycle

20170129_burari_kawagoe_1

川越へ直通する臨時電車を乗って来たよ。2017年1月28日(土)・29日(日)運転、快速ぶらり川越号です。白いタキシードボディ、651系7両編成の車両が使用されました。K105編成。bullettrain

20170129_burari_kawagoe_2

快速ぶらり川越号は、JR常磐線日立駅とJR川越線川越駅を結び、途中JR武蔵野線を走行する。武蔵野線ユーザーにとっては、乗り換えなしで小江戸川越へ直通するのは、楽々便利だ。しかも、特急型車両なので快適移動である。最近は、季節ごとに運行されるようになり、川越アクセスの定番になってきた。chair

武蔵野線内の遅延の影響で、数分遅れで南流山駅に到着。では、早速、乗り込みましょう。chick

20170129_syanai

4号車グリーン車車内。2+1の3列シートです。chair

20170129_sheet

グリーン席のシートはゆったりいい感じ。chair

20150202_burari_kawagoe_hensei

快速ぶらり川越号は7両編成。先頭車両は1号車(川越・大宮方面)、後方車両は7号車(勝田・日立方面)です。全車指定席で、4号車はグリーン指定席となっています。自由席はありません。music

川越方向、左側はA席、右側はD席です。chair

20170129_kippu

ぶらり川越号はグリーン車があるので、グリーン指定席券を購入しました。南流山~川越間のグリーン券は770円です。ticket

快速の指定席料金は、乗車距離に関係なく520円です。4号車のグリーン席を利用する場合は、快速のグリーン券が必要です。こちらは、乗車距離に対して料金が変わります。快速ぶらり川越号は全車指定席なので、指定席券かグリーン席券どちらかが必要です。ticket

【快速ぶらり川越号 指定席・グリーン席料金 川越発着】
川越まで 大宮~南流山から 柏~土浦から 石岡~水戸から 勝田~日立から
指定席券料金 520円
グリーン券料金 770円 980円 1670円 1950円

南流山~川越間は49.1kmなので、指定席だと520円、グリーン席だと770円となる。差額はわずか250円なので、グリーン席でゆったり乗車もいいかもね。crown

20170129_arakawa

JR川越線、指扇~南古谷間の荒川を渡る。mist

20170129_youkoso_1

終点川越駅6番線ホームに到着しました。ホーム上には、駅長・駅員を始め、さいたま観光大使・さいたま小町が、歓迎お出迎えありました。bell

20170129_burari_kawagoe_4

川越駅ホームに停車中の651系。このあと、回送されました。flag

20170129_burari_kawagoe_3

元は、特急スーパーひたち号で活躍した651系、現在は臨時列車として活躍しています。good

20170129_youkoso_2

川越駅コンコースでは、冬のぶらぶら歩き「川越・さいたま」キャンペーンが実施中。ゆるきゃらも登場して記念撮影だ。camera

川越市のマスコットキャラクター「ときも」やさいたま市のPRキャラクター「つなが竜ヌゥ」がお出迎えだ。「浦和うなこちゃん」もね。cat

20170129_kuranomati

さぁ、この後は、小江戸川越、ぶらり観光だ。蔵のまちを、おさんぽ川越です。青空快晴の暖かさ。観光日和でした。sun

20170131_osanpo_kawagoe_1

ちなみに、帰り復路は、E257系を使用した快速おさんぽ川越号を利用しました。こちらも、川越からJR武蔵野線方面へ直通するので便利な列車だ。その乗車レポは、「快速おさんぽ川越号に乗車してきた2017。」へどうぞ。paper

次回の快速ぶらり川越号の運転日は、ゴールデンウィーク、2017年5月5日(祝金)・6日(土)の運転です。clock

という事で、快速ぶらり川越号を乗車したレポでした~。happy01

ちなみに、過去乗車レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170129_unkou

パンフレットでの案内。memo

20170129_poster

『運転情報』 2017年冬

【列車名】  快速 ぶらり川越

【運転区間】 日立 ~ 川越

【運転日】  2017年1月28日(土)~29日(日)

【使用車両】 651系 (K105編成)

【車両情報】 7両編成  グリーン車指定席(1両)+普通車全車指定席(6両)

【往路】 (9426M-9527M) 日立06:47-常陸多賀06:52-大甕06:57-東海07:02-勝田07:10-水戸07:17-赤塚07:23-友部07:31-石岡07:43-土浦08:02-牛久08:13-佐貫08:18-取手08:26-柏08:37-南流山08:51-南越谷09:06-大宮09:29-川越09:49

【復路】 (9526M-9427M) 川越15:20-大宮15:48-南越谷16:12-南流山16:27-柏16:35-取手16:45-佐貫16:51-牛久16:56-土浦17:15-石岡17:25-友部17:36-赤塚17:45-水戸17:51-勝田17:58-東海18:04-大甕18:10-常陸多賀18:14-日立18:20

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月12日 (土曜日)

風情あふれる茶屋町、金沢東山ひがし茶屋街を訪れた2016。

城下町「金沢」、昔の面影をとどめています。clock

20161112_cyagai_3

さて、やってきたところは、石川県金沢市にある「ひがし茶屋街」です。東山ひがしは、重要伝統的建造物群保存地区であり、ひがし茶屋街の名称で知られます。libra

北陸新幹線開業が追い風になっていて、金沢市街地はどこに行っても混雑しているよ。ここ、東山ひがし茶屋街も観光客で大にぎわいだ。gemini

20161112_cyagai_4

和風のお店が多く建ち並び、いろいろ物色してみよう。eye

20161112_cyagai_2

保存地区内の建築物140のうち約3分の2が伝統的建造物であり、茶屋町創設時から明治初期に建築された茶屋様式の町家が多く残る。confident

20161112_cyagai_1

暮れてくると、軒灯がともる茶屋から三味線や太鼓の音が聴こえるらしい。体験できるお店もあるようだ。flair

20161112_roji_1

狭い路地。いい感じ。snail

20161112_sugawara_jinjya

こちらは、菅原神社。ひがし茶屋街の鎮守社である。leo

20161112_morihati

こちらは、加賀藩御用菓子司「森八」。寛永2年の創業の老舗和菓子屋だ。aries

どこかのお店に入って、抹茶と和菓子を頂こうと思っていたが、どの店も待ち行列。時間が無く、残念ながら入店あきらめた..。danger

20161112_jiyuuken

モダンな建物があるね。これは、老舗洋食屋「自由軒」です。ここも、待ち行列できているな。オムライスがお勧めらしい。chick

落ち着いた和の時間を味わえるひがし茶屋街。金沢の人気観光スポットの1つの為、観光客で大混雑。どこかお店に入るならば時間に余裕持って訪れましょう。carouselpony

という事で、金沢にある東山ひがし茶屋街を訪れたレポでした~。happy01

「東山ひがし」(ひがし茶屋街) 〒920-0831 石川県金沢市東山1丁目 TEL:076-220-2194info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月11日 (金曜日)

金沢駅兼六園口(東口)の鼓門とYOSAKOIソーラン踊り2016。やかん体、転倒する。

北陸新幹線が開業し、さらに賑わう北陸の代表駅。bullettrain

20161111_keyakimon

さて、やってきたところは、石川県金沢市にある金沢駅兼六園口(東口)前です。鼓門(つづみもん)の前ではよさこい踊りを演じているよ。cancer

金沢市内では、「金沢ゆめ街道2016」が開催されていて、会場の1つである金沢駅鼓門前では、YOSAKOIソーラン踊りの演舞が披露されていた。お祭りモードだな。carouselpony

金沢駅に初めて訪れたのだが、この日は30度超えの暑さで思考力低下中。金沢駅のシンボル「鼓門」を少し遠めから写真撮れば良かったのに...と帰宅してから気づく。coldsweats01

20161111_yakan

大きなやかんのオブジェがあるぞ。この巨大なやかんは、金沢・まちなか彫刻作品・国際コンベンション2006の最優秀作品だそうです。作品名は、「やかん体、転倒する。」。知っていれば、正面から撮っていたのになぁ。通りすがりの写真です。japanesetea

20161111_dome2

東口正面にある、巨大な総ガラス製ドーム「もてなしドーム」もすごいものだね..。search

20161111_dome

夏のお盆に訪れたのだが、金沢とは言え30度超えの夏日です。暑いですなぁ。penguin

という事で、金沢駅兼六園口(東口)を訪れたレポでした~。happy01

「金沢駅兼六園口(東口)」 〒920-0858 石川県金沢市木ノ新保町1-1info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月28日 (金曜日)

甲州市勝沼「ぶどうの丘」を訪れた。地下ワインカーヴで約200種類のワイン試飲し放題2016。

山梨・勝沼を訪れたなら、是非訪れよう。甲州ワインを飲み比べできるよ。run

20161028_curv_2

さて、やってきたところは、山梨県甲州市にある甲州市勝沼「ぶどうの丘」です。甲州勝沼のワインを取り揃えた売店をはじめ、地下ワインカーヴでの試飲、展望レストラン、バーベキュー、宿泊施設、日帰り温泉、美術館等がある複合施設だ。勝沼を訪れたなら、外せない観光スポットです。airplane

20161028_enter

ぶどうの丘の一番の目玉は、地下ワインカーヴ。ワイン好きにはたまらない地下空間ですよ。入る前に、売店にて試飲用タートヴァンを購入します。1100円。dollar

20160926_curve

階段を下りて地下にやってくると、ワインがずらり。ここは、甲州市推奨の約200銘柄・約2万本のワインを一堂に揃えたワインカーヴ(地下ワイン貯蔵庫)なのです。gemini

20161028_tartoban

売店で購入したタートヴァン(きき酒杯)とは、ワインのきき酒に用いる容器です。フランスで古くから使われ、内側の凹凸は、光の反射を利用してワインの色調をよくみるために工夫されたものです。wine

20161028_shiin_1

各自自由にワインを選んで、タートヴァンにワインを注ぎます。色を見たら、いざ頂こう。では、くいっ。ぷふぉ~、いい味わいだ。happy02

20161028_curv_1

白ワインエリア・赤ワインエリア・ロゼワインエリアに分かれていて、かつ、甘口・辛口で分けられています。いろんなワイナリーのワインを頂けるので、味わいの違いを感じながら試飲していこう。penguin

お気に入りのワインが見つかったら、棚にあるワインを購入する事もできます。horse

20161028_shiin_2

いろんな味わいが楽しめる地下ワインカーヴ。たくさんの種類のワインが置いてあるので、飲みすぎにはご注意を。なお、タートヴァン購入当日有効の為、一旦時間をおいて、改めてワインカーヴで試飲再開する事も可能です。winewink

20161028_buttol_1

ちょっとしたワイン資料室も併設しています。二人の青年がフランスから帰国後、醸造したというワイン(レプリカ/ボトルは当時のもの)。drama

20161028_koutaishihi

平成8年(1996年)皇太子御夫妻が来館されました。使用されたタートヴァンが展示されています。camera

20161028_geinoujin

有名人の方も訪れているようです。spade

20161028_nagame_1

外に出てみました。丘の上から見下ろす甲府盆地。cat

20160926_koufu_bonti_2

寒暖差のある甲府盆地は、ぶどう畑が広がります。ここで作られたぶどうを使用して、甲州ワインが作られるのだ。bag

さて、ぶどうの丘へのアクセスですが..。JR中央本線勝沼ぶどう郷駅から徒歩約15分です。丘の上にある施設なので、歩きはちょっと...という場合は、タクシーを利用するか、路線バスの利用となります。cancer

以下に、勝沼ぶどう郷駅~ぶどうの丘間の路線バス時刻表を記載します。(※2016年9月~11月現在)watch

勝沼ぶどう郷駅→ぶどうの丘 平日
コース名 便No. 勝沼ぶどう郷駅 ぶどうの丘
ぶどうコース1 第3便 10:25 10:34
ワインコース1 第3便 12:31 12:35
 
ぶどうの丘→勝沼ぶどう郷駅 平日
コース名 便No. ぶどうの丘 勝沼ぶどう郷駅
ワインコース2 第2便 08:40 08:44
ぶどうコース2 第4便 13:19 13:29
ワインコース4 第4便 15:00 15:04
 
勝沼ぶどう郷駅→ぶどうの丘 土日祝
コース名 便No. 勝沼ぶどう郷駅 ぶどうの丘
ワインコース1 第1便 09:42 09:46
ぶどうコース1 第1便 09:56 10:05
勝沼周遊バス 第1便 10:05 10:09
ぶどうコース2 第2便 10:45 10:50
ワインコース2 第2便 11:04 11:09
勝沼周遊バス 第2便 11:10 11:14
勝沼周遊バス 第3便 12:00 12:04
勝沼周遊バス 第4便 12:52 12:56
ワインコース1 第3便 13:02 13:06
ぶどうコース1 第3便 13:16 13:25
ぶどうコース2 第4便 13:55 14:00
ワインコース2 第4便 14:14 14:19
勝沼周遊バス 第5便 14:20 14:24
勝沼周遊バス 第6便 15:22 15:26
ワインコース1 第5便 15:52 15:56
ぶどうコース1 第5便 15:56 16:05
勝沼周遊バス 第7便 16:15 16:19
ぶどうコース2 第6便 17:05 17:10
ワインコース2 第6便 17:14 17:19
※勝沼周遊バスは2016年9月17日~11月27日運行
 
ぶどうの丘→勝沼ぶどう郷駅 土日祝
コース名 便No. ぶどうの丘 勝沼ぶどう郷駅
ぶどうコース2 第2便 10:35 10:45
ぶどうコース2 第2便 10:50 10:55
ワインコース2 第2便 11:00 11:04
ワインコース2 第2便 11:09 11:14
勝沼周遊バス 第2便 11:14 11:18
勝沼周遊バス 第2便 11:52 11:56
勝沼周遊バス 第4便 12:56 13:00
勝沼周遊バス 第4便 13:34 13:38
ぶどうコース2 第4便 13:45 13:55
ぶどうコース2 第4便 14:00 14:05
ワインコース2 第4便 14:10 14:14
ワインコース2 第4便 14:19 14:24
勝沼周遊バス 第6便 15:26 15:30
勝沼周遊バス 第6便 16:04 16:08
ぶどうコース2 第6便 16:55 17:05
ワインコース2 第6便 17:10 17:14
ぶどうコース2 第6便 17:10 17:15
ワインコース2 第6便 17:19 17:24
勝沼周遊バス 第8便 17:34 17:38
※勝沼周遊バスは2016年9月17日~11月27日運行

ぶどうコース・ワインコースは、甲州市民バスです。乗車1回につき300円。bus

勝沼周遊バスは、富士急山梨バスです。乗車1回につき300円。1日乗車券は1000円。季節限定運転なので、運転日は予めご確認下さい。上記時刻は、2016年9月17日~2016年11月27日有効のダイヤです。bus

20161028_ainoizumi

この噴水は、愛の泉・ヴィーナスです。ぶどうとワインをイメージしたようだ。virgo

20161028_nagame_2

ぶどうの丘から勝沼ぶどう郷駅方向への眺め。緑の坂が広がっているな。fuji

20161028_budounooka

逆に、勝沼ぶどう郷駅からぶどうの丘への眺め。駅からは坂を下り丘へ登り上がったところにぶどうの丘があります。いい景色のところにあるんだね。house

11月3日(祝木)に第30回かつぬま新酒ワイン祭りがここぶどうの丘で開催される。気になるなぁ..。think

という事で、甲州市勝沼ぶどうの丘を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは以下のリンク先へどうぞ。paper

「甲州市勝沼 ぶどうの丘」 〒409-1302 山梨県甲州市勝沼町菱山5093 TEL:0553-44-2111 売店:8時~20時 ワインカーヴ:9時~17時30分 レストラン:11時30分~20時 JR中央本線勝沼ぶどう郷駅から徒歩約15分 甲州市民バスぶどうの丘バス停下車すぐinfo02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月18日 (火曜日)

ハーブ庭園旅日記を訪れた。ハーブティーやハーブ足湯に癒される2016。

花と香り、風と緑の大庭園。clover

20161018_teien_01

さて、やってきたところは、山梨県甲州市にあるハーブ庭園旅日記です。ハーブを愛し、ハーブに親しんでいる英国では、ハーブは「人の役に立つ花(美・健康・色彩・香)」と言われています。観賞用としてのハーブをはじめ、食用・薬用・美容なとその用途は幅広く、ハーブはたくさんの魅力を持った花と言えます。

「ハーブ庭園旅日記」は、一万坪の広大な敷地を約200種類ものハーブたちが咲き誇る美しい大庭園なのだ。tulip

20160926_tabinikki

コスモス育成中。それでも多くの花びらを開かせています。maple

20161018_baraen

こちらは、ローズガーデン。tulip

20161018_bara

Mia愛子という名のバラです。cherry

20161018_kesyousui

ハーブ庭園オリジナル自然派化粧品「ナチュラル化粧品」がお試しで園内各所に置いてあります。つるつる感とサラサラ感が実感できるそうだ。aquarius

20161018_osibori

ショップ、建物の中に入ってみよう。まず、香りが付いたおしぼりがあり。手をふこう。paper

20161018_tea

ハーブティーの試飲ができます。本日のハーブティーは、ピーチティーです。ふむふむ、いい味わい。cafe

20161018_baiten

売店に来た。ここでは、世界で2番目においしいソフトクリームを販売しています。1番のソフトクリームは?とツッコミを入れたくなるが...。crown

20161018_softcream_02

ソフトクリームは、バニラ・ラベンダー・ミックスの3種類あり。今回は、ミックスを購入しました。うむ、美味しい。taurus

20161018_asiyu_3

ハーブ庭園旅日記には、旅日記温泉足湯があります。利用するためには、売店レジにて、利用申し込みが必要です。足湯自体は無料だが、貸しマットを使用する場合は、1枚につき100円を支払います。(※貸しマット代は返却時に返金されます)。cute

20161018_asiyu_2

泉質は、PH9.6高アルカリ性単純硫黄温泉。spa

甲府盆地、山々をバックに屋外足湯が設置。露天風呂みたいだね。良い景観の中、温まろう。music

20161018_asiyu_1

では、ちゃぽん。おぉ、熱めな足湯だ。ハーブの香りの中で、ゆったりのんびり。ハーブ・ローズゼラニウムの香りがうれしいね。香りはもちろん、スベスベお肌を実感できる?!。foot

20161018_jyosefu

おやおや、酔っ払って寝てしまっているね。この方、ワインを片手にいつも花を見に来ているハーブ庭園の名物おじさん。名はジョセフおじさん。ワインはやっぱり甲州ワインだね。wine

20161018_happy_stone

こちらは、Happy Stone。両手でふれて3秒間!。願い事をしてください。heart02

20161018_kinensatsuei

記念撮影はこちらで。ハイポーズ!。ちなみに、このキャラクターは、香りの妖精「ミンティー」です。camera

20161018_gate

勝沼の庭園スポット。入場無料なので、ちょいと立ち寄って、ハーブに癒されてみてはいかがかな?。pisces

20161018_gate2

四季を通して、花々との出会いは現代の人たちにとってかけがえのない心のオアシスになる事でしょう。sun

という事で、ハーブ庭園旅日記を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

「ハーブ庭園旅日記」 〒409-1315 山梨県甲州市勝沼町等々力1736 TEL:0553-44-3715 9時~17時30分 年中無休 入場無料 駐車場無料(100台) 中央自動車道勝沼ICより約15分 甲州市民バス子安橋北バス停より徒歩約3分 JR中央本線勝沼ぶどう郷駅より徒歩約33分info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月 1日 (土曜日)

特急花嫁のれん2号、七尾線豪華観光列車に乗ってきた2016。

女性の幸せを願う思いが込められた、七尾線の豪華観光列車に乗ってみました。virgo

20161001_hanayome_noren_1

さて、ここはJR七尾線の和倉温泉駅です。これから、七尾線の豪華観光列車「特急花嫁のれん2号」金沢行きに乗ります。train

それにしても、金沢らしく派手な列車ですな。北陸の伝統工芸である輪島塗や、加賀友禅をイメージした観光列車なのだ。crown

20161001_hanayome_noren_4

和倉温泉駅1番線ホームに停車中。特急花嫁のれん号は、全車指定席の2両編成。車両はキハ48形気動車だ。金沢と和倉温泉間を主に金土日祝年間150日程度1日2往復の運転している。平成27年(2015年)10月3日から運行開始された。watch

20161001_hanayome_noren_5

連絡橋から写真パチリ。車体上部も赤色で塗られているんだな。apple

20161001_hanayome_noren_6

「花嫁のれん」とは、花嫁の幸せを願い婚礼の日にのれんを贈る伝統文化です。ご乗車のお客様の幸せを願う思いから、この列車を「花嫁のれん」と名付けました。telephone

そういう列車ですが、もちろん男性も乗車できます。乗車には性別問わず..。coldsweats01

20161001_wakuraonsen_st_1

和倉温泉駅の駅舎です。人気温泉地・和倉温泉の最寄駅です。spa

20161001_syarin

大きな車輪ですね。これは、青柏祭に奉納される「でか山」の車輪です。江戸時代に作られ約200年、平成10年(1998年)まで実際に使われていた。総欅造で、直径は2m、重さは2トン、日本一の大きさです。でか山は、毎年5月GWに昼夜七尾市内を曳行されるそうだ。carouselpony

20161001_wakutamakun

和倉温泉のキャラクター「わくたまくん」がお出迎えだ。chick

20161001_noren_1

和倉温泉駅改札口前(待合所前)には、花嫁のれんが設置されている。自由にくぐる事ができるよ。プチ婚礼儀式体験?。snail

20161001_hanayome_noren_2

11時42分、特急花嫁のれん1号が到着。お客さんたちが降りてきた。このあと、車内清掃等の為、まだ乗車はできません。cancer

20161001_frooke

改札口には、ふろ桶に入ったミニわくたまくんがいるよ。かわいらしい。gemini

20161001_hanayome_noren_3

こちらが、特急花嫁のれん号のロゴマーク。加賀水引をモチーフに、花嫁のれんをくぐる神聖で幸せな気持ちを表現し、「女性の幸せを願う列車」であることを表します。水引の淡路結びには、簡単には解けないことから末永いお付き合いという意味があり、互いの輪が結び合い全体に和をなす形に、北陸への旅が和やかで楽しいものとなるよう願いを込めています。libra

すべての文字が切れずにつながる「花嫁のれん」の文字は、人と人、心と心を結ぶ列車であることを表現しています。gemini

20161001_ekimeihyou

和倉温泉駅の駅名標です。これまた豪華なデザインだこと..。coldsweats02

20161001_nakaisan

この列車には、加賀屋の客室係も乗車し車内サービスを提供する。極上のおもてなしだ。hotel

20161001_jyousyaiti

駅ホームにある乗車位置案内。sagittarius

車内清掃も終わり、列車内に入れるよ。いざ、車内へ!。door

20161001_kinpaku

おぉ、いきなり凄い!。内装が金箔だよ。dollar

20161001_2gousya

こちらは、2号車車内。4人掛けボックス席や窓側を向く1人席がある。denim

20161001_1gousya_1

こちらは、1号車車内。この車両には、個性豊かな8つの半個室があります。ゆったりとくつろぎの旅を楽しめる空間。通路は日本庭園の飛び石をイメージした絨毯を敷き、各部屋はそれぞれ友禅のオールドコレクションをあしらった空間としています。sprinkle

20161001_1gousya_2

2人用が3部屋、3人用が2部屋、4人用が3部屋、合計8部屋の半個室。これが、列車車内なのかと思うぐらいだ。各部屋には、旅館のようにそれぞれ名前が付いています。house

20161001_zaseki_1

旅館の部屋みたいな感じで、車窓が楽しめる。eye

20161001_wakuraonsen_st_2

和倉温泉駅12時7分発、特急花嫁のれん2号金沢行きが発車します。bullettrain

20161001_nanao_st

次の駅、七尾駅に停車。12時13分着。先に見える青い色の列車は、のと鉄道NT300形気動車「のと里山里海号」だ。その列車も観光列車です。七尾駅12時16分発車。mist

20161001_syasou_1

能登半島を走行するJR七尾線。内陸部を走るので、海は見えず、普通の田園風景。club

20161001_wakeisyoku_ticket

特急花嫁のれん号では、お食事が用意されています。利用する際には、利用日の4日前までに別途食事券の購入が必要です。ribbon

乗車後、アテンダントが来たらこの食事券を渡します。cafe

20161001_bentou_1

和軽食+お茶のセットが運ばれて来ました。加賀屋総料理長による能登特産の食材や郷土料理など、加賀屋の味を織り交ぜたメニューだ。加賀棒茶が付いてきます。dog

20161001_menu

こちらが、お品書き。加賀屋監修の能登彩菜。clip

20161001_bentou_2

じゃん!。小さく小分けにされたお料理。手ごろな量なので、いろいろ食べ比べができるよ。やっぱり、美味しいね。delicious

20161001_syanai_hanbai_2

1号車には物販スペースがあります。ビールや地酒、コーヒー、グッズ等が販売されている。aries

20161001_syanai_hanbai_1

車内金箔で覆われていて、すごい内装だね。wine

20161001_kougeihin

こちらは、伝統工芸品展示スペース。japanesetea

「加賀水引」や「輪島塗」、「加賀手まり」など加賀百万石の伝統文化が生み出した豊富な石川の伝統工芸品の数々の中から厳選した逸品をご覧いただけます。movie

20161001_beer

金沢の地ビール、金沢百万石ビール(ペールエール)を購入しました。すると、アテンダントの方が、紙コップ付きで座席まで直接運んでもらえた。すごい、サービスだな。beer

20161001_ucyuujin

羽咋駅に12時43分着。羽咋は「はくい」と読む。羽咋市はUFOの町のようで、UFOや宇宙人の絵が描かれているよ。羽咋駅12時43分発車。capricornus

20161001_bord

乗車記念撮影ボードを持ってきてくれました。camera

20161001_syasou_2

緑の木々と田園。まぁ、車窓はこんな感じ。wheelchair

20161001_strap

車内イベントとして、石川県かほく市によるクイズ大会がありました。マスコットキャラクター「にゃんたろうストラップ」が貰えたよ。present

20161001_kinen_jyousyasyou

花嫁のれん記念乗車証が貰えたので、スタンプ押してきた。secret

20161001_hanayome_noren_7

13時21分、終点金沢駅に到着しました。4番線ホーム。乗車時間1時間14分の観光列車の旅。良かったです~。good

20161001_kaidan

金沢駅4番線ホームへ向かうエスカレーター乗り場から、花嫁のれん仕様になっている。snowboard

20161001_ticket

特急花嫁のれん号の乗車には、乗車券の他に特急券が必要です。全車指定席なので、特急指定席券の購入となる。金沢~和倉温泉間の特急料金は1370円です。但し、繁忙期は200円増し(1570円)、閑散期は200円引き(1170円)となる。ticket

尚、特急花嫁のれん号の定員は52名。半個室がある1号車は速攻で売り切れます。今回、JRびゅうプラザで予約受付して無事購入できた。ラッキーでした。保険の意味合いで、えきねっとの予約受付もしていたが、こちらは敢え無く購入できず。多客期は座席争奪戦、発売と同時に完売するので、購入はお早めに。penguin

【特急花嫁のれん 時刻表】

[金沢 → 和倉温泉 方面]
列車名 金沢 羽咋 七尾 和倉温泉
花嫁のれん1号 10:15発 10:59着・11:08発 11:34着・11:36発 11:42着
花嫁のれん3号 14:15発 15:00着・15:02発 15:25着・15:26発 15:32着
[和倉温泉 → 金沢 方面]
列車名 和倉温泉 七尾 羽咋 金沢
花嫁のれん2号 12:07発 12:13着・12:16発 12:43着・12:43発 13:21着
花嫁のれん4号 16:30発 16:36着・16:36発 17:00着・17:01発 17:54着

時刻は2016年8月現在。clock

【列車編成・座席表】

20161001_ressyahensei

特急花嫁のれん号の座席表です。画像をClickすると約4倍拡大表示します。chair

【1号車 半個室一覧】

20161001_hankoshitsu

それぞれ特徴のある半個室。それぞれ間の名前があります。fastfood

今回は、1号車の「青の間」の座席を利用できました。のんびりできたよ。subway

20160820_berumonta_2

北陸新幹線開業に伴い、北陸の観光列車が次々に誕生。今回乗車したJR七尾線の「特急花嫁のれん」の他に、のと鉄道の「のと里山里海号」、JR氷見線・城端線の「快速ベル・モンターニュ・エ・メール」(愛称:べるもんた)があります。ribbon

その中で、快速べるもんたにも乗車してきたよ。雨晴海岸の眺めは良かったね。この列車の乗車レポは、「快速ベル・モンターニュ・エ・メール(べるもんた)氷見1号に乗車した2016。」へどうぞ。paper

20161001_kinen_satsuei

金沢駅改札口前には、花嫁のれん号の記念撮影ボードがあり。cafe

それにしても、加賀金沢百万石豪華な列車だこと。観光列車として座席を手配するのが難しい列車なので、貴重な乗車体験でした。pig

という事で、特急花嫁のれん2号に乗ってきたレポでした~。happy01

20161001_hanayome_noren_8

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

『運転情報』 2016年

【列車名】  特急花嫁のれん2号

【運転区間】 和倉温泉 → 金沢

【運転日】  主に金・土・日。祝日や多客期にも運転。(年間約150日)

【使用車両】 キハ48形気動車

【車両情報】 2両編成(全車指定席)

【花嫁のれん2号 (8012D) 和倉温泉12:07-12:13七尾12:16-羽咋12:43-13:21金沢

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月29日 (木曜日)

和倉温泉スイーツめぐり、500円でスイーツ3つ楽しめるよ2016。

温泉地でスイーツ巡りは、いかがかな?。penguin

20160929_ticket

さて、能登半島、石川県七尾市にある人気温泉地・和倉温泉では、「和倉温泉スイーツめぐり」というイベントが開催されています。和倉温泉街にある所定の8つの場所の中から、スイーツを引換できるというもの。500円で販売していて、引換券3枚付いてくる。つまり、8か所中3か所のスイーツを味わえるというものだ。cake

温泉街ぶらり散歩しながら、好みのスイーツを味わってみましょう♪。scissors

20160929_h1

スイーツ1か所目は、「LE MUSEE DE H」(ル ミュゼ ドゥ アッシュ)です。人気パティシエ・辻口博啓さんのお店です。出身地がここ石川県七尾市という事で、生まれ育った町での出店なんですね。one

20160929_h2

人気パティシエのお店なので、店内での召し上がりの場合は行列待ちです。購入持ち帰りの場合は、すぐ買えますよ。ここは、角偉三郎美術館も併設されている。snail

20160929_donuts

引き換えスイーツは、「N-ドーナツ&YUKIZURI」です。Noto、Natural、Newの3つのNにこだわり、地元の食材と自家製おからを使い油で揚げずヘルシーに仕上げたほんのり優しい味のドーナツです。cd

ドーナツは6つの味から選べます。さすが、スイーツに品がありますな。cake

20160929_jibankan

スイーツ2か所目は、「和倉じばん館」です。お休み処みたいなところでしょうか。two

20160929_pudding

引き換えスイーツは、「3つ子の塩プリン」です。わくたまくんがバッグに持っている3つの温泉たまごをコンセプトに石川県の七尾産コシヒカリ米粉と珠洲産奥能登揚げ浜塩を使ったプリンです。オレンジのゼリー・青りんごのゼリー・いちごのゼリーと、3つの味わいから1つ選べます。bell

まぁ、お子様向けの味わいでしたな。gemini

20160929_noto_milk

スイーツ3か所目は、「(株)能登ミルク」です。牛乳販売店ですね。いい感じ。three

20160929_milk

引き換えスイーツは、「能登ミルク小瓶」「のむヨーグルト」です。やっぱり、牛乳を頂きましょう。冷えた能登ミルク、ぐびっと飲み干しました。美味しい~。happy02

20160929_mitone

スイーツ4か所目は、「能登海鮮丼みとね」です。この店の先には、加賀屋が見えますな。four

20160929_soft_cream

引き換えスイーツは、「ソフトクリーム」です。健康にいい「ごま」を使った黒ごま味の他、ミルク味、ミックス味の3種類から選べます。今回は、王道ミルク味をチョイス。いゃあ、冷んやりできてGood!。8月の和倉温泉は気温30度を超しています。夏はこの選択必須でしょう。taurus

チケットは2つ購入していて、あと2枚分残っていたのだが、滞在時間切れでこれで終了。もうちょっと余裕持って、スイーツめぐりしないとね..。denim

20160929_cyder

なので、売店で面白そうな商品を購入してみた。写真の左側が「奥能登 地サイダー しおサイダー」、右側が「能登の里山サイダー 青のしずく」です。※これらは、和倉温泉スイーツめぐりとは関係ありません。danger

塩サイダーは、確かに塩味のサイダーだな。夏の塩分補給に最適?。青のしずくは、ブルーベリーのサイダーでした。aquarius

和倉温泉スイーツめぐり購入時に、マップも頂いておきましょう。各店営業日・営業時間が異なるので、どこをゲットするか攻め方を確認してからスイーツめぐりすると良いでしょう。school

いわゆる、スイーツはしご・スイーツバルみたいな企画。観光地のイベントとしては、なかなか良い企画なのではと思いました。500円ならお手軽だしね。catface

という事で、和倉温泉スイーツめぐりを楽しんだレポでした~。happy01

20160929_map

チラシ裏面です。対象店舗・スイーツ・マップが表示されている。(画像をClickすると4倍拡大表示します)search

20160929_tirasi

チラシ表面です。memo

「和倉温泉スイーツめぐり」 開催期間:2016年4月1日(金)~2017年3月31日(金) 開催場所:和倉温泉街(石川県七尾市和倉町) 参加店舗数:8店 販売金額:500円(スイーツ3店舗分) 有効期間:販売日より2日間 販売箇所:各旅館フロント・和倉温泉観光会館・和倉じばん館info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧