2019年5月17日 (金曜日)

東薫酒造を訪れた。売店がリニューアルオープンしていました2019。

小江戸佐原にある老舗酒蔵。

20190517_toukun_syuzou

さて、やってきたところは、千葉県香取市にある東薫酒造です。小江戸佐原にて、江戸時代の華やいだ文政8年(1825年)に創業しました。創業して194年の歴史を誇る老舗酒蔵だ。

入口左手の建物、2019年3月、売店がリニューアルオープンされていました。⛽

20190517_kengaku_time

酒蔵無料見学が行っています。毎日10時~15時30分の間(12時台を除く)毎時00分と30分にスタートします。時間がある時は、見学してみると良いですよ。見学時間は約20分です。今回は時間か無かったので、見学は断念。💿

20190517_kyuukeijyo

酒蔵見学のかわりに、休憩所に入ってみました。🚥

20190517_kyuukei_room

休憩所が新しく新設されたのかな?。✨

20190517_hinadan

佐原では、第14回さわら雛めぐりが開催されていた。ここ、東薫酒造も会場の1つ。雛飾りがされていました。立派な雛壇ですね。🎀

20190517_hinafune

雛舟ですね。🚢

20190517_hanafuda

なんと、花札を楽しんでらっしゃる。🎮

20190517_baiten

いろいろな酒蔵グッズの販売・展示があり。🎧

20190517_case

売店では、東薫酒造の地酒販売していますよ。🍸

20190517_shiin_3

酒蔵を訪れたなら、やっぱり試飲コーナーですよね。🐱

「大吟醸 夢とまぼろしの物語」と「吟醸 二人静」の2つ、無料試飲ができました。夢とまぼろしの物語は、山田錦100%使用したお酒。二人静は、若い方々、そして女性が飲みやすいワインタイプのすっきりとした吟醸酒。どちらも、美味しい味わいだ。

20190517_umesyu

梅酒や柚子酒の試飲もありました。🍸

20190517_kanou

でも、やっぱり、これを飲まずにはいられない。「大吟醸 叶」です。山田錦を35%以下の精米で酒袋しぼりでゆっくりと時間と手間をかけた及川杜氏の自信作。全国新酒鑑評会を金賞受賞が16回。🍸

こちらは、有料試飲1杯300円です。⚾

20190517_shiin

では、くぴっ。ふぉ~。すっ~と入っていく澄んだ味わい。旨い。

20190517_shiin_room

試飲ルームでは、甘酒や漬物も用意。酒蔵見学のあと、ここに立ち寄り、試飲が味わえるようになっている。🎥

20190517_setsumei

日本酒ができるまで。🎧

20190517_sake_taru

小江戸の町並み「佐原」を見学したら、是非訪れたい立ち寄りスポットです。忠敬橋から徒歩約3分で着きますよ。👠

という事で、東薫酒造を訪れて地酒を試飲してきたレポでした~。

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。

「東薫酒造」 〒287-0003 千葉県香取市佐原イ627 TEL:0478-55-1122 JR成田線佐原駅から徒歩約9分

| | コメント (4)

2019年5月15日 (水曜日)

第3回酒と祭@柏の葉T-SITEにて、日本酒地酒を味わう2019。

テーマは「日本のお酒を味わう」。🍸

20190515_kaijyou_2

さて、やってきたところは、千葉県柏市にある柏の葉T-SITEです。ここのメインテラスにて、2019年5月11日(土)・12日(日)、第3回酒と祭が開催されました。多くの人で賑わっていますね。🎪

20190515_kaijyou_1

柏の葉T-SITE(蔦屋書店)の入口前のスペースが会場となっていて、各ブースに人が集まっているね。🎪

20190515_poster_2

このイベントでは、チケット制となっています。5枚つづり:900円、10枚つづり:1800円で販売。このチケットで、お酒やフードを購入できます。チケットは後で追加購入が可能です。🎫

20190515_ticket

チケット10枚購入しました。購入代金分、TカードでTポイントが貯まります。2日間共通でチケット使用可。🎫

お酒試飲は1~5枚、銘柄によって使用する枚数が変わります。フードもこのチケットを指定枚数分使用します。👜

20190515_map

酒と祭、会場マップです。出店リストもあるので、どのお店で購入しようか作戦タイム。📖

では、日本酒味わってみましょう。💨

20190515_atagonomatsu

1杯目は、鮮烈辛口「あたごのまつ」です。🍸

20190515_sake_1

隣接するアクアテラスで、お酒を頂こう。では、くぴっ。ぷはぁ~。これは、飲みやすい味わい。🐶

20190515_kokuryuu

2杯目は、「黒龍」です。くぴっ。🍸

20190515_mitoizumi

3杯目は、木戸泉の「純米 瓶囲い」です。米の旨み、さわやかな酒だ。ちょっと色がついている。🍸

20190515_beer

この日は暑くてねぇ..。喉が渇いてねぇ...。なので、ビールにシフトしてしまった。👓

所沢ビールの「スカ」を頂いた。Alc:5.5%。夏みかんのようにスカっとした香りと飲み口。しっかり苦い中にも柑橘系フルーツの美味しさあふれる限定IPAだ。ぷはぁ~、美味しい。ビールのお供には、絹江餃子です。🍴

20190515_seminar

特別ワークショップとして、SSi認定日本酒ナビゲーター資格取得講習会が開催されたようです。受講すると資格がとれるそうだ。🏨

第3回酒と祭、本来は、2019年2月9日(土)・10日(日)に開催予定だったが、その時は天候不良の予報の為中止となり、5月に順延しての開催となりました。初夏の日本酒も、いいものですね。☀

20190515_tsutaya

ツタヤ、本屋に入り、ちょいと日本酒の知識を得てみるのも良いでしょう。🏨

20190515_terrass

アクアテラスでのんびり風景を眺めるのも良し。高架上を通過するつくばエクスプレスを眺めるのも良し。天気の良い青空の下、お酒が味わえるのは至福ですなぁ。🐱

20190515_kaijyou_3

という事で、柏の葉T-SITEで開催された第3回酒と祭を訪れたレポでした~。

ちなみに、柏の葉T-SITEでの各イベント訪問レポは、以下のリンク先へどうぞ。

20190515_poster

告知ポスターです。📖

「第3回酒と祭」 開催日:2019年5月11日(土)・12日(日) 開催時間:10時~16時 会場:柏の葉T-SITE メインテラス(千葉県柏市若柴227-1) 入場無料 チケット:5枚つづり900円・10枚つづり1800円 つくばエクスプレス柏の葉キャンパス駅から徒歩約7分 

| | コメント (0)

2019年4月28日 (日曜日)

松岡醸造で帝松試飲する2019。~小川町3蔵酒蔵めぐり・その3~

清酒帝松を醸造する酒蔵を訪れた。

20190419_matsuoka

さて、やってきたところは、埼玉県小川町にある松岡醸造です。イベント開催という事で、多くの人が訪れていて、とても賑わっています。

全国新酒鑑評会において県内最多記録となる8年連続金賞受賞酒蔵「帝松」。厳選に源泉を重ねた山田錦等の優良米と、非常に良質な地下130m天然深層仕込み水、そして江戸末期より続く伝統と経験豊富な杜氏の技で醸しております。

20190419_shiin_2

まずは、試飲コーナーにやってきた。こちらでは、ミス日本酒の方が注いでくれました。

20190428_shiin_1

試飲は、純米大吟醸「鳳翔」をはじめ、大吟醸原酒「令和」などがありました。

20190428_ocyoko_1

酒蔵めぐり限定お猪口で試飲を味わいます。

20190428_ocyoko_2

小川の地酒をくぴっと。ぷはぁ~、いい味わいだね。

20190419_taruzake

樽酒を頂こう。200円。樽の香りがいいね。

20190428_hanbai

お気に入りのお酒があったら、購入してみましょう。祭り限定のお酒も販売しているよ。🏧

20190428_syuugoubasyo

酒蔵見学も行われます。参加には、時間指定の順番チケットをゲットしましょう。先着順です。📩

20190428_ticket

酒蔵見学14時30分をゲット!。💿

20190419_kengaku

酒蔵見学してきました。🎤

20190428_wadaiko

和太鼓の演奏がありました。🎵

20190428_shikomimizu

帝松の仕込み水です。お酒の飲み過ぎには注意。こまめな水分補給忘れずに。💦

20190428_sakedaru

酒樽のピラミッド。💥

20190419_syoufuuan

酒蔵レストラン「松風庵」がオープンしました。機会があったら食事してみたいね。🍴

20190419_sakura

庭園の桜は見事満開の咲き誇りでした。

20190428_next

もう、来年の予定が掲示されていた。来年の帝松酒蔵まつりは、2020年2月23日(日)開催です。🎀

20190418_panf

今回訪れたのは、酒蔵めぐりのイベントに参加してきた為。その、参加まとめレポは、「第6回小川町3蔵酒蔵めぐりに行ってきた2019。」へどうぞ。帝松 松岡醸造の他、武蔵鶴酒造・晴雲酒造にも行ってきたよ。🎥

20190428_kanban

という事で、松岡醸造にて地酒を試飲してきたレポでした~。

ちなみに、松岡醸造、過去訪問レポは、以下のリンク先へどうぞ。

「松岡醸造」 〒355-0326 埼玉県比企郡小川町下古寺7−2 TEL:0493-72-1234 東武東上線・JR八高線小川町駅から徒歩約分 

| | コメント (2)

2019年4月27日 (土曜日)

晴雲酒造で地酒試飲する2019。~小川町3蔵酒蔵めぐり・その2~

小川町に3つある酒蔵の中の1つ。

20190419_seiun

さて、やってきたところは、埼玉県小川町にある晴雲酒造です。イベント開催という事もあって、多くの人が訪れているよ。

晴雲酒造の創業は明治35年。使用する米の7~8割は地元米を使用し、自社精米・高精白にこだわった原料米と、昔ながらの少量手造りの寒仕込みで、米の旨みを最大限に引き出しながらも、キレの良い辛口の酒を醸造しております。

20190427_list

早速、試飲会場へ。酒蔵祭り向け晴雲の試飲リストです。この日は、6種類用意。🎩

20190427_sake_1

桜の花酵母を使用した爽やかな甘口「晴雲 特別純米 SAKURA 生酒」を頂こう。🎂

20190419_miss_sake_3

ここでは、ミス日本酒の方がお酒を注いでくれました。

20190419_shiin_1

晴雲酒造の試飲コーナーは、まぁ空いているので、いろいろなお酒の試飲ができました。プレミアムお猪口で頂きますよ。

20190427_sake_2

純米吟醸「晴雲 古酒」も試飲できました。ウイスキーのような色合い。古酒も試飲できましたよ。平成9年醸造の酒なので、熟成期間は21年!。

20190427_tank

蔵の中をちょこっと見学。貯蔵タンクですね。💧

20190427_kengaku

酒蔵見学も開催されました。いろいろと丁寧に説明してくれます。🎤

20190427_yurai

~晴雲の名の由来~

初代 中山徳太郎が富士山登拝の祈り、山頂に立った途端に雲が切れ一変した景色と、己の晴れ晴れとした心境を『仰ぎ見れば 心も空か すみわたる ああ晴雲』と詠んだ。これが晴雲の名の由来と言われています。🐶

20190427_shiin_2

外の駐車場では、有料試飲もありました。樽酒「無為」や大吟醸「大晴雲」などが味わえるよ。

20190419_demise_1

桜の木の下、地元グルメ出店しています。

20190427_stage

特設ステージ、お酒と共に楽しめました。🎵

20190419_shikomimizu

売店内にある玉の井戸、仕込み水が頂けます。

20190418_panf

今回訪れたのは、酒蔵めぐりのイベントに参加してきた為。その、参加まとめレポは、「第6回小川町3蔵酒蔵めぐりに行ってきた2019。」へどうぞ。晴雲酒造の他、武蔵鶴酒造・帝松 松岡醸造にも行ってきたよ。🎥

という事で、晴雲酒造にて地酒を試飲してきたレポでした~。

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。

「晴雲酒造」 〒355-0328 埼玉県比企郡小川町大塚178−2 TEL:0493-72-0055 東武東上線・JR八高線小川町駅から徒歩約10分

| | コメント (0)

2019年4月26日 (金曜日)

武蔵鶴酒造で地酒試飲する2019。~小川町3蔵酒蔵めぐり・その1~

銘酒武蔵鶴を造る小川町の老舗酒蔵。

20190426_musashitsuru_syuzou_1

さて、やってきたところは、埼玉県小川町にある武蔵鶴酒造です。文政2年創業の老舗酒蔵だ。

武蔵鶴酒造では、比企盆地特有の冬の底冷えと清らかな水に支えられ、柔らか味のあるおいしい酒を生みだしています。関東信越国税局の清酒鑑評会でも第一位の成績をおさめた事もあり、昭和50年以降の受賞歴では多くの好成績を残しています。

20190426_kura_1

ちょいと、酒蔵を覗いてみよう。👀

20190426_kura_2

大きな貯蔵タンクがありますね。💧

20190426_seizoukoutei

日本酒製造工程です。🎤

20190418_musashitsuru

訪れた4月13日(土)は、小川町3蔵酒蔵めぐりが開催されました。ここ、武蔵鶴酒造も会場の1つ。多くの人が訪れているよ。

20190419_musashitsuru_2

いゃあ~試飲の行列が長すぎる!。う~む、試飲はあきらめだな。樽酒の有料試飲にしよう。

20190426_taruzake_1

数量限定純米吟醸樽酒が1杯200円で味わえます。

20190426_taruzake_2

では、くぴっ。ぷはぁ~。樽の香りして、美味しいね。

20190419_miss_sake_2

試飲コーナーでは、ミス日本酒の方が注いでくれていました。

20190419_wine

武蔵ワイナリーのワインも試飲(有料)できました。地元グルメと共に味わったよ。🍸

4月27日(土)・28日(日)は武蔵ワイナリーによる小川のワイン祭りが開催される。こりゃまた、小川町に来ないとな。🍸

20190426_stage

特設ステージで、音楽バンド演奏披露がありました。🎵

20190419_hanbai_2

販売コーナー。好みのお酒があれば購入しよう。🏦

20190426_teien_1

庭園を立ち寄ってみた。

20190418_panf

今回訪れたのは、酒蔵めぐりのイベントに参加してきた為。その、参加まとめレポは、「第6回小川町3蔵酒蔵めぐりに行ってきた2019。」へどうぞ。武蔵鶴酒造の他、晴雲酒造・帝松 松岡醸造にも行ってきたよ。🎥

20190419_musashitsuru_1

という事で、武蔵鶴酒造を訪れたレポでした~。

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。✋

「武蔵鶴酒造」 〒355-0328 埼玉県比企郡小川町大塚243 TEL:0493-72-1634 東武東上線・JR八高線小川町駅から徒歩約3分

| | コメント (0)

2019年4月19日 (金曜日)

第6回小川町3蔵酒蔵めぐりに行ってきた2019。

小川町“3蔵を巡る一日”。

20190418_musashitsuru

さて、やってきたところは、埼玉県小川町です。小川町にある3つ酒蔵を会場に、2019年4月13日(土)、第6回小川町3蔵酒蔵めぐりが開催されました。小川町は多くの日本酒ファンで大にぎわいだ。

20190418_train_1

イベント開催に合わせ、「小川町酒蔵めぐり号」が臨時運転されました。東武東上線池袋駅から小川町行きの快速急行です。車両はTJライナー等で使用される50090系。車内の座席はクロスシートです。🚃

20190418_head_mark_1

電車先頭には、専用ヘッドマークが付いているよ。池袋駅10時23分発で出発だ!。🚄

20190418_miss_sake_1

車内では、ミス日本酒の方が、酒蔵めぐりのパンフレットと記念品を乗客1人1人に手渡しされました。乗車記念品は小川和紙のしおりです。🎁

20190418_kangei

11時32分終点小川町駅に到着。ホームでは、駅員やスタッフなどの歓迎がありました。ようこそ小川町駅へ。💕

20190418_miss_sake_2

小川町駅ホームでは、ミス日本酒の方3名撮影タイム。🐱

ちなみに、この臨時電車に乗車詳細レポは、「東武東上線臨時電車「小川町酒蔵めぐり号」、池袋から小川町まで乗ってきた2019。」へどうぞ。✋

20190418_sakedaru

駅構内には、晴雲・帝松・武蔵鶴、3つ酒樽があり。🎪

20190419_bus_1

小川町駅前から松岡醸造へ向かう無料シャトルバスが運行。9時30分~14時まで。🚌

20190419_hanbai

各酒蔵で試飲をする為には、試飲用おちょこを購入する必要があります。小川町駅前案内所、もしくは、各酒蔵にて販売。料金は1000円です。前売りe+で購入は900円です。

20190418_ocyoko

酒蔵めぐり試飲専用お猪口を持って、いろいろな銘柄・種類を味わえるよ。お猪口は青色字で書かれたものだが、前売りでの購入者は、金色文字のプレミアムお猪口となっています。🎨

20190419_info_sankura

小川町3蔵酒蔵めぐりの酒蔵は、

  • 「晴雲酒造」.....小川町大塚178-2
  • 「帝松松岡醸造」...小川町下古寺7-2
  • 「武蔵鶴酒造」....小川町大塚243

この3蔵です。まとめて巡れるなんてお得なイベントだ。巡る順番は自由です。

スタートは、小川町駅からシャトルバスで松岡醸造へ向かうか、小川町駅から徒歩5分の武蔵鶴酒造へ徒歩で行くかの選択になります。今回は、武蔵鶴酒造から晴雲酒造→松岡醸造の順で回って行こうと思います。

20190419_musashitsuru_2

①【武蔵鶴酒造】

1カ所目は、武蔵鶴酒造にやってきた。いゃあ~試飲の行列が長すぎる!。う~む、試飲はあきらめだな。樽酒の有料試飲にしよう。

20190419_miss_sake_2

試飲コーナーでは、ミス日本酒の方が注いでくれるよ。

20190419_wine

武蔵ワイナリーのワインも試飲(有料)できました。地元グルメと共に味わった。🍸

4月27日(土)・28日(日)は武蔵ワイナリーのワイン祭りが開催される。こりゃまた、小川町に来ないとな。🍸

20190419_hanbai_2

販売コーナー。好みのお酒があれば購入しよう。🏦

20190419_musashitsuru_1

武蔵鶴酒造では、比企盆地特有の冬の底冷えと清らかな水に支えられ、柔らか味のあるおいしい酒を生みだしています。関東信越国税局の清酒鑑評会でも第一位の成績をおさめた事もあり、昭和50年以降の受賞歴では多くの好成績を残しています。

ちなみに、訪問詳細レポは、「武蔵鶴酒造で地酒試飲する2019。~小川町3蔵酒蔵めぐり・その1~」へどうぞ。✋

20190419_seiun

②【晴雲酒造】

2か所目は、晴雲酒造にやってきた。まずは、有料試飲で大吟醸を頂いた。

20190419_miss_sake_3

ここでも、ミス日本酒の方がお酒を注いでくれます。

20190419_shiin_1

晴雲酒造の試飲コーナーは、まぁ空いているので、いろいろなお酒の試飲ができました。プレミアムお猪口で頂きます。

20190419_demise_1

桜の木の下、地元グルメ出店しています。

20190419_shikomimizu

玉の井戸、仕込み水が頂けます。

晴雲酒造の創業は明治35年。使用する米の7~8割は地元米を使用し、自社精米・高精白にこだわった原料米と、昔ながらの少量手造りの寒仕込みで、米の旨みを最大限に引き出しながらも、キレの良い辛口の酒を醸造しております。

ちなみに、訪問詳細レポは、「晴雲酒造で地酒試飲する2019。~小川町3蔵酒蔵めぐり・その2~」へどうぞ。✋

20190419_matsuoka

③【帝松 松岡醸造】

3カ所目は、帝松をつくる松岡醸造です。

全国新酒鑑評会において県内最多記録となる8年連続金賞受賞酒蔵「帝松」。厳選に源泉を重ねた山田錦等の優良米と、非常に良質な地下130m天然深層仕込み水、そして江戸末期より続く伝統と経験豊富な杜氏の技で醸しております。

20190419_shiin_2

遅い時間だったので、試飲コーナーは空いていました。こちらも、ミス日本酒の方が注いでくれました。

20190419_taruzake

樽酒を頂こう。有料。樽の香りがいいね。

20190419_kengaku

酒蔵見学してきました。見学には、予め時間指定の順番チケットを取得しておくこと。🎤

20190419_syoufuuan

酒蔵レストラン「松風庵」がオープンしました。機会があったら食事してみたいね。🍴

20190419_sakura

庭園の桜は見事満開の咲き誇りでした。

ちなみに、訪問詳細レポは、「松岡醸造で帝松試飲する2019。~小川町3蔵酒蔵めぐり・その3~」へどうぞ。✋

20190419_nobori

ちょこたび埼玉酒蔵めぐりin小川町。和紙のふるさと小川町、地酒で乾杯の町だ。3つの酒蔵を無料シャトルバスで巡る、とても楽しめました。🎠

松岡醸造からは、晴雲酒造行きと小川町駅行きの無料シャトルバスが出ています。🚌

20190419_beer_1

小川町駅に戻ってきました。小川町を訪れたなら、やっぱり訪れたいお店がある。そう、「麦雑穀工房マイクロブルワリー」です。小川町は日本酒の町だけど、クラフトビールも味わえるよ。

20190419_beer

お店の代名詞でもある「雑穀ヴァイツェン」。これは、美味いんだな~。2杯目は「CIA」を頂いた。

20190419_oota_horumon

はしご酒、この後は、「太田ホルモン」へ。通常は17時から営業なのだが、酒蔵めぐり開催日は特別に14時?からの営業。相変わらず満席の人気ぶりだ。地酒とやきとり・かしらをピリ辛の味噌たれで味わいます。これがまた旨い!。

20190419_gyouzaya

シメは、「餃子屋 一栄」へ。モチモチとした水餃子は旨い。にんにく餃子は辛いね。ニンニクたっぷりだ。🍴

20190419_ogawamati_st_1

この日の小川町は、とても賑やかでしたな。満足の1日でした。☀

という事で、第6回小川町3蔵酒蔵めぐりに行ってきたレポでした~。

ちなみに、過去酒蔵めぐり訪問レポは、以下のリンク先へどうぞ。

さらに、ちなみに、今回の酒蔵めぐり、各所詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。✋

20190419_panf_ura

配布パンフレット裏面です。📖

20190418_panf

「第6回小川町3蔵酒蔵めぐり」 開催日:2019年4月13日(土) 開催時間:10時~15時30分 会場:武蔵鶴酒造・晴雲酒造・松岡醸造 参加費無料(事前申し込み不要) 3蔵共通試飲代(オリジナルお猪口代含む)1000円 各蔵間無料シャトルバス運行

| | コメント (0)

2019年4月11日 (木曜日)

五十嵐酒造第5回蔵祭りに行ってきた2019。

清酒「天覧山」を醸造する飯能の酒蔵祭り。🎠

20190411_kaijyou_1

さて、やってきたところは、埼玉県飯能市にある五十嵐酒造です。ここで、2019年4月7日(日)、第5回蔵祭りが開催されました。多くの地酒ファンで大賑わいだ。⛳

20190411_seibu_line

会場への最寄駅は、西武池袋線飯能駅です。20000系電車に乗ってやってきた。🚃

20190411_bus

飯能駅南口ロータリーより、会場へ向かう無料シャトルバスが運行されています。飯能駅から会場までは、中型バスだと約6分程、大型バスだと約11分程かかります。ちなみに、徒歩だと約20分程かかります。🚌

20190411_kanban

バスは売店前に到着します。🚙

20190411_enter_2

今年は、売店の東側から会場へ入っていきます。👠

20190411_map

まず、受付にて配布される冊子をゲットしましょう。これには、会場MAPが書かれています。その他、有料試飲の銘柄リスト、蔵祭り販売リスト、そして、無料試飲するためのチェックがあります。📖

20190411_taruzake

先着800名に無料樽酒のふるまいがあったようです。✂

20190411_amazake

甘酒の無料配布が行われています。☕

20190411_shiin_1

早速、無料試飲コーナー①へ。無料試飲は2カ所あり、受付で取得した冊子にチェックしてもらい、1カ所につき1人1回利用できます。最初は、五十嵐ピンクラベルで。🍸

20190411_shiin_2

では、頂こう。くぴっ。ぷはぁ~。美味しいね。純米の無濾過生原酒直汲み!。シュワシュワとした発泡感と旨みののったお酒だ。🚩

20190411_shiin_5

無料試飲②へ。純米生原酒氷温貯蔵を頂いた。飲みやすいね。⚾

20190411_illast

只今発酵中!。このイラストいいね。👊

20190411_kikizake

蔵の中に入ってみた。こちらでは、利き酒大会が開催。午前の部と午後の部、2回行われ、6種のお酒を全て当てると賞品がもらえます。まぁ、なかなか当たらないけどね...。➰

20190411_sugidama

杉玉だね。是非、この蔵の奥へ行ってみて下さい。🌕

20190411_tank

貯蔵タンクの先を進んで行くと..。📟

20190411_kakushizake

本日の蔵の隠し酒、『貴醸酒』が無料試飲ができます。これは是非味わおう。💿

20190411_kijyousyu

では、くぴっ。搾りたて・出来たてなので、シュワっとした発泡感が残っている。この、貴醸酒は、仕込み水の代わりに日本酒で仕込んでいる。甘くて濃厚でとろりとしていて上品な味わいだ。🍸

20190411_origami

純米吟醸生原酒「おりがらみ」が有料試飲できる。タンクから注いでくれます。🌔

20190411_list

BAR IGARASHIという事で、コップ売りコーナー・有料試飲があります。🎂

20190411_shiin_3

いろいろ飲むなら有料コーナーが良し。さくら桃色にごり酒が甘めだが結構良かったぞ。🍸

20190411_shiin_4

会場から入間川・桜並木・山々が見える。それを眺めながら飲む日本酒は美味しいね。🎪

20190411_okosama

お子様コーナーがあり。わなげだね。🎠

20190411_brave_1

五十嵐酒造で「ぼくと、あくしゅ!」。次世代戦記ブレイブの握手会・写真撮影会があるよ。12時頃来場予定。⚡

20190411_brave_2

子供にも大人にも記念撮影に応じていました。📷

20190411_water

お酒の飲み過ぎに注意。会場には、飲料水・氷水が用意されている。💧

20190411_curry

グルメもいろいろあるよ。この祭りでは、コレを食べたいね。酒蔵カレーです。ごつっと大きめにカットされた野菜が入った家庭的カレー。美味しいよ。🍴

20190411_pizza

釜で焼きたてのピザも美味しかった。🌔

20190411_unquait

来場アンケート、書いておきました。📝

20190411_enter_3

今年もいろいろと楽しめましたな。🍸

20190411_sakura_namiki_1

五十嵐酒造の会場からすごい桜並木が見えました。なので、ちょいと、歩いて加治橋へ行ってみた。入間川沿いの土手に見事な桜並木が!。🎥

20190411_sakura_namiki_2

ここは、飯能ライオンズ桜並木です。桜が満開、見事な桜のトンネルだね。🏁

この後、無料シャトルバスで飯能駅へ戻りました。帰りの電車まで時間があるので、ちょいと桜スポットに行ってみた。🎩

20190411_cyuuou_park

飯能中央公園にやってきた。ここでは、飯能春まつり・天覧山桜まつりが開催されています。満開の桜の木の下で、多くの人が花見を楽しんでいるね。🎄

20190411_hannou_kawara

飯能河原にやってきた。入間川沿いの遊歩道は桜並木になっている。この後、飯能駅へ戻りました。🎄

20190411_laview

飯能からの帰りは、西武の新型特急「Laview」(ラビュー)に乗りました。乗車楽しみにしていたんだよね。快適な車内、特に大きな窓には驚いたよ。🚄

五十嵐酒造の酒蔵祭りには、これで4年連続で訪れた。年々混雑するイベントだが、まったりとした感じで楽しみやすい。埼玉の地酒、堪能してきましたよ。🚢

という事で、五十嵐酒造第5回蔵祭りに行ってきたレポでした~。

ちなみに、過去開催時訪問レポは、以下のリンク先へどうぞ。

20190411_tirashi_1

案内チラシです。📩

20190411_poster

告知ポスターです。📝

「第5回蔵祭り」 開催日:2019年4月7日(日) 開催時間:10時~15時 会場:五十嵐酒造(〒357-0044 埼玉県飯能市川寺667-1) TEL:042-973-7703 入場無料・雨天決行・予約不要 西武池袋線飯能駅南口より無料シャトルバス運行 📷

| | コメント (2)

2019年3月29日 (金曜日)

寺田本家第13回お蔵フェスタに行ってきた2019。

“うふふで発酵 何があっても笑っちゃお” 🐱

20190318_terada_honke

さて、やってきたところは、千葉県神崎町にある寺田本家です。ここで、2019年3月17日(日)、第13回お蔵フェスタが開催されました。多くの人で混雑、賑わっているよ。🎪

嬉しき・楽しき・有難き 合言葉は“うふふで発酵” 🍸

20190329_kaijyou_1

神崎町あげての大イベント、発酵の里こうざき酒蔵まつりが開催され、鍋店寺田本家、2つの老舗酒蔵がメインで、さらに、周辺道路を歩行者天国にして、地元グルメが味わえるお祭りなのだ。なので、ここ、寺田本家も大にぎわい。🎧

試飲会場は大混雑です。有料チケット制なので、試飲するには予め購入が必要です。🎫

20190329_panf

第13回お蔵フェスタの配布マップです。寺田本家では、こういうイラストが各所で描かれていて、手作り感アットホームな感じがして良いのだ。🎨

20190329_kengaku_1

お蔵見学ツアーに行ってみよう。行列待ちで20分程並びました。⛽

20190321_kengaku_1

蔵見学では、蔵人さんが丁寧に説明してくれます。🎤

20190329_setsumei

自然酒「五人娘・香取」のできるまで、資料です。📝

20190321_shiin_1

発酵BARで、まったり有料試飲した。しぼりたて うすにごり、美味しい~。🐶

試飲会場は混雑しているので、ここ、発酵BARで好きな地酒を楽しんだ方が気楽かも。🍸

20190329_stage

裏お蔵フェスタ会場にやってきた。青空ソーラーLIVE、太鼓演奏盛り上がているな。🎵

20190329_kouji

蘇るお蔵の内覧会。築100年以上の蔵を再生している現場をご覧いただけるよ。では、行ってみよう。💨

20190329_kura

東日本大震災で大きな被害を受けた蔵。この度、工事をして再生を図っています。完成が待ち遠しいね。💠

20190329_ashiyu

酵素風呂足湯がありますよ。土の中に足を入れるのだが、酵素発酵パワーでとても温か。気持ちいいよ。👠

20190329_furumaizake

神崎神社の境内にて9時から寺田本家のふるまい酒があります。早めになくなるので、最初に頂いておくのも良いかも。💋

20190319_sakedaru_katori

下総神崎駅前には、寺田本家・香取の酒樽がありました。🍺

発酵を大事にする寺田本家。とても楽しく賑やかなお蔵フェスタでしたな。👂

という事で、寺田本家の第13回お蔵フェスタに行ってきたレポでした~。🐶

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。✋

さらに、ちなみに、こうざき酒蔵まつり関連詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。✋

20190329_poster

告知ポスターです。📝

「寺田本家 第13回お蔵フェスタ」 開催日:2019年3月17日(日) 開催時間:9時~15時30分 会場:寺田本家 〒289-0221 千葉県香取郡神崎町神崎本宿1964 TEL:0478-72-2221 入場無料 雨天決行 JR成田線下総神崎駅から徒歩約20分 当日は下総神崎駅からこうざき酒蔵まつり会場まで無料シャトルバス運行 🎬

| | コメント (2)

2019年3月24日 (日曜日)

第21回仁勇蔵祭りに行ってきた2019。

~酒・人・心~ 創業330周年、平成最後の蔵祭り!。🎾

20190318_nabenada

さて、やってきたところは、千葉県香取郡神崎町にある鍋店神崎酒造蔵です。ここで、2019年3月17日(日)、第21回仁勇蔵祭りが開催されました。神崎町の大イベント発酵の里こうざき酒蔵まつりのメイン酒蔵の1つ、鍋店酒造の酒蔵祭りだ。ちなみに、「鍋店」は「なべなだ」と読む。「仁勇」と「不動」の銘柄を造っている。当イベントのサブタイトルは、「~平成最後の蔵祭り~今年もきっと混むでしょう・・・」。🎠

20190324_annaizu

第21回仁勇蔵祭り会場案内図です。📝

20190324_kaijyou_1

会場は多くの来場者で混雑しています。試飲BARやお酒に合うグルメの販売があるよ。👓

20190324_shinn

酒蔵祭りで1番人気は、無料試飲コーナーでしょう。当日限定酒を含む多くの銘柄の試飲ができます。ただ、入場するのに長い行列待ち状態なので、午後遅い時間だと良いかなと思う。🎠

20190321_shiin_2

試飲会場は行列混雑しているので、有料試飲でさくさくと味わった方が良いかもね。🔑

20190324_sake

不動直汲み純米大吟醸を頂いた。くぅ~。飲みやすくすーっと飲めちゃうよ。🍸

20190321_kengaku_2

酒蔵見学してきた。白い着衣を着ての見学です。♣

20190324_moromi

醪造り、ぷくぷくしているのが見られるよ。💦

20190324_shiboritate

見学の最後には、試飲ができます。機械式搾りと吊るし搾りの2種類を用意。お酒の違い呑み比べができるよ。搾りたてで美味しい。⛳

20190324_natsuko

タンクには、尾瀬あきらさんの漫画「夏子の酒」の主人公・佐伯夏子が描かれていました。🐱

20190319_sakedaru_nabenada

下総神崎駅前には、鍋店の不動・仁勇の樽があり。🍺

20190324_info

もう1つの酒蔵、「寺田本家」も酒蔵祭りが開催で、日本酒・地酒めぐりの1日でした。それにしても、大賑わいだね。⛽

という事で、第21回仁勇蔵祭りに行ってきたレポでした~。

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。

さらに、ちなみに、こうざき酒蔵まつり関連詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。✋

「第21回仁勇蔵祭り」 開催日:2019年3月17日(日) 開催時間:9時~16時(最終入場15時30分) 場所:鍋店神崎酒造蔵 (〒289-0221 千葉県香取郡神崎町神崎本宿1916) 入場無料 JR成田線下総神崎駅から徒歩約16分 当日は下総神崎駅からこうざき酒蔵まつり会場まで無料シャトルバス運行📖

| | コメント (0)

2019年3月21日 (木曜日)

発酵の里こうざき酒蔵まつり2019に行ってきた。

ぷくぷく わくわく 人も発酵する町。発酵の里こうざきで、大人気の地酒イベントが開催。🍸

20190321_roten_2

さて、やってきたところは、千葉県神崎町です。ここで、2019年3月17日(日)、発酵の里こうざき酒蔵まつり2019が開催されました。国道356号線(利根水郷ライン)約1kmを車両通行止めにして、多くの露店が並ぶ。それにしても、多くの人が訪れているよ。人口6400人の町に、約5万5000人の人出、もうすごいです。🎩

300年以上の伝統を持つ2軒の酒蔵、「鍋店」と「寺田本家」を中心に、両蔵の沿道を歩行者天国にして、周辺全体を会場として「酒蔵祭り」が開催されます。🎠

20190318_train_04

会場への最寄駅、JR成田線下総神崎駅にやってきた。このイベントの為に設定された臨時列車、特急こうざき酒蔵まつり号に乗車してきました。車両は、E257系500番台特急型車両で快適移動。一斉に乗客が降り、改札口は大混雑だ。🚃

ちなみに、乗車レポは、「特急こうざき酒蔵まつり号に乗車してきた2019。」へどうぞ。✋

20190318_youkoso

ようこそ「発酵の里こうざき酒蔵まつり2019」と歓迎幕が掲げられていた。👜

20190319_sakedaru_katori

下総神崎駅前には、寺田本家・香取の酒樽があり。🍺

20190319_sakedaru_nabenada

鍋店の不動・仁勇の樽があり。🍺

20190321_shuttle_bus

下総神崎駅からは、無料シャトルバスに乗って会場へ向かいます。乗車は約7分。🚌

20190321_roten_1

国道356号線(利根水郷ライン)約1kmを車両通行止めにして、多くの露店が並ぶよ。👜

こうざき酒蔵まつりは、2つの酒蔵がメインで、さらに、周辺では発酵食品などグルメ露店が出て、5万人以上が訪れる町あげてのイベントだ。とても、大混雑、大賑わいでした。🎽

20190321_map

会場マップです。本当に多くの出店があるよ。🎀

20190318_nabenada

こちらは、鍋店。第21回仁勇蔵祭りの会場です。🍺

20190321_kengaku_2

酒蔵見学してきた。白い着衣を着ての見学。醪造り、ぷくぷくしているのが見られるよ。♣

20190321_shiin_2

試飲会場は行列混雑しているので、有料試飲でさくさくと味わった方が良いかも。🔑

ちなみに、ここでの詳細レポは、「第21回仁勇蔵祭りに行ってきた2019。」へどうぞ。✋

20190318_terada_honke

こちらは、寺田本家。第13回お蔵フェスタの会場です。🍺

20190321_kengaku_1

酒蔵見学しました。杜氏さん丁寧に説明してくれます。🎤

20190321_shiin_1

発酵BARで、まったり有料試飲した。しぼりたて うすにごり、美味しい~。🐶

ちなみに、ここでの詳細レポは、「寺田本家第13回お蔵フェスタに行ってきた2019。」へどうぞ。✋

20190321_stage

特設ステージでは、ダンス披露がありました。🎧

20190321_curry

露店では、いろんなグルメが味わえるよ。多古米を使用したチキンカレー。美味しいよ。🍴

20190321_fujihan

フジハン醤油を訪れた。醤油蔵見学できます。⛽

20190321_kouzaki_jinjya

神崎神社を訪れた。なんじゃもんじゃの木があるよ。寺田本家のふるまい酒、既に終了していた..。🎄

20190321_kouzaki_st

イベント堪能し、下総神崎駅に戻ってきました。🏁

20190319_sougei

またのお越しをお待ちしておりますと掲示あり。🎁

20190321_kouzaki_st_2

下総神崎駅ホームには帰りの客で混雑しています。この後は、佐原駅へ向かった。小江戸の風景をちょいと味わってきたよ。🐱

普段は静かな町だと思うが、この日だけは各地から人が訪れ大にぎわい。毎年、すごいイベントですな。🚢

という事で、発酵の里こうざき酒蔵まつり2019に行ってきたレポでした~。👤

ちなみに、過去開催時訪問レポは、以下のリンク先へどうぞ。✋

さらに、ちなみに、今回こうざき酒蔵まつりの各所詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。✋

「発酵の里こうざき酒蔵まつり2019」 開催日:2019年3月17日(日) 開催時間:9時00分~15時30分 会場:千葉県香取郡神崎町神崎本宿 河岸通りから鍋店神崎酒造蔵 JR成田線下総神崎駅から無料シャトルバス運行 下総神崎駅から徒歩約15分📝

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

おまけねた。 かつしかバルねた。 つくばエクスプレスねた。 におどり公園ねた。 みさと公園ねた。 よしかわ街バルねた。 らーめん巡りねた。 イルミネーション鑑賞ねた。 ウイスキー飲みねた。 ウェブログ・ココログ関連 グルメイベントねた。 グルメ・クッキング コンビニねた。 サッカーねた。 ジャズ演奏観覧ねた。 スイーツグルメねた。 スポーツ ニュース ビール飲みねた。 プロ野球ねた。 ワイン飲みねた。 三郷七福神めぐりねた。 三郷市寺社めぐりねた。 三郷市消防出初式ねた。 三郷市路線バスねた。 三郷料金所スマートインターチェンジねた。 乗り物その他ねた。 北越谷駅まちバルねた。 地元(三郷市)ねた。 地酒日本酒呑みねた。 埼玉西武ライオンズねた。 懸賞ねた。 新松戸星空バルねた。 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 早稲田公園ねた。 映画・テレビ 東武健康ハイキングねた。 花火大会観賞ねた。 西武鉄道ウォーキング&ハイキングねた。 足湯ねた。 車・ドライブねた。 道の駅ねた。 道路ねた。 鉄道ねた。 音楽 飛行機・空港ねた。 飲み・食べ処ねた。 飲み物ねた。 ETCねた。 JR三郷駅ねた。 JR武蔵野線ねた。 JR駅からハイキングねた。 PASMOねた。 Suicaねた。 TVドラマねた。 TX三郷中央駅ねた。