2018年1月14日 (日曜日)

2018新春「東京地酒」新酒祭り 八丈島物産展in東綾瀬公園に行ってきた。

年始め、地酒イベントへGo!。run

20180114_kaijyou_3

さて、やってきたところは、東京都足立区にある東綾瀬公園です。ここ、お祭り広場にて、2018年1月5日(金)~14日(日)、2018新春「東京地酒」新酒祭り 八丈島物産展in東綾瀬公園が開催されました。bottle

つまみ細工の展示・販売コーナーや八丈島物産展・八丈観光PR、地酒茶屋(模擬店)、ちょっと一杯コーナー、ちびっ子ゲーム広場があります。event

20180114_jizaketen

もちろん、お目当ては、蔵元直送東京の地酒展です。東京に酒蔵を持つ地酒が味わえるのだ。6月の花菖蒲の時期に、水元公園で開催されているのと同じだね。cat

20180114_jizake

老舗酒蔵のいろんな銘柄がずらり。1ショット頂けます。bank

東京都の蔵元は、豊島屋酒造(東村山市)・小澤酒造(青梅市)・小山酒造(北区)・石川酒造(福生市)・野崎酒造(あきる野市)・小澤酒造場(八王子市)・田村酒造場(福生市)・中村酒造(あきる野市)・野口酒造店(府中市)がある。karaoke

20180114_syoutyuu

八丈島の焼酎も味わえますよ。bottle

20180114_jizake_2

では、1杯目は、豊島屋酒造(東村山市)の十右衛門を頂いた。純米無濾過生原酒です。では、くぴっ。ぷはぁ~。ちょいとフルーティーな味わいだ。bottle

そして、定番のたっふり入ったモツ煮です。うまいね。delicious

20180114_jizake_3

冬なので、2杯目は、熱燗で。塩辛をおつまみに。うむ、いいねぇ。happy02

20180114_ayase_st

さて、会場へのアクセス。最寄駅は、東京メトロ千代田線・JR常磐線綾瀬駅です。train

20180114_ayase_st_east

綾瀬駅東口を出ます。cancer

20180114_kaijyou_2

綾瀬駅からすぐ、会場となる東綾瀬公園お祭り広場に到着します。駅近なので、ふらっと立ち寄りできるよ。motorsports

20180114_kaijyou_1

年明けすぐの地酒祭り。気温は低いが、天気の良い晴天なので、くぅ~と1杯いかがですか。sun

という事で、東京地酒新酒祭りin東綾瀬公園に行ってきたレポでした~。happy01

20180114_tirashi

配布チラシです。memo

「2018新春「東京地酒」新酒祭り 八丈島物産展in東綾瀬公園」 開催期間:2018年1月5日(金)~14日(日) 開催時間:11時~20時(5日前夜祭は15時から) 会場:東綾瀬公園お祭り広場(東京都足立区綾瀬・東綾瀬) 東京メトロ千代田線・JR常磐線綾瀬駅東口から徒歩約1分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月12日 (火曜日)

長澤酒造新酒まつりに行ってきた2017。

今年も新酒ができました。birthday

20171212_kaijyou_1

さて、やってきたところは、埼玉県日高市にある長澤酒造です。ここで、2017年12月9日(土)・10日(日)、長澤酒造新酒まつりが開催されました。今年の新酒は、辛口で後口の良いお酒ができたようです。carouselpony

会場では、快晴の中、まったりと地酒を楽しんでいます。sun

20171212_shiin

地酒試飲コーナーは有料となっています。最初の一杯は500円。おちょこ付きです。以降、おかわりは、100円か200円となっている。初しぼり・しぼりたて生原酒・にごり酒・大吟醸・熱燗を用意。bottle

20171212_shiin_2

おちょこに注いでもらい、では、くぴっ。ぷはぁ~。美味しいね。bottle

20171212_komanabe

高麗に来たなら、やっぱり、日高市のご当地B級グルメ「高麗鍋」を食べよう。高麗人参・キムチ入り、三元豚でコラーゲンの旨み!。うどんが入った温か鍋だ。美味しい。noodle

20171212_atsukan

熱燗を頂いた。緑色の1合瓶で頂きます。くぅ~とくるねぇ。bottle happy02

20171212_kawagoe_line

さて、会場へのアクセス。最寄駅は、JR川越線・八高線高麗川駅です。川越線に乗って、やってきた。車両は205系4両編成電車だ。train

20171212_bus_1

12月のイベント時は、会場へのシャトルバスは運行されていません。なので、路線バスを利用します。高麗川駅前1番バス乗り場より、国際興業バス埼玉医大行きに乗車します。bus

20171212_time_table

毎時1~2本の運行なので、予め、発車時間を確認しておくと良いでしょう。あとは、タクシー利用か徒歩(約27分)となる。clock

20171212_kitahirasawa_busstop_1

高麗川駅バス停から乗車して、4つ目、北平沢バス停で下車です。運賃は180円(IC料金175円)です。bus

20171212_nagasawa_syuzou

バス停から約100m戻ったところに、長澤酒造があります。house

長澤酒造は、弘化元年(1844年)に創業。奥武蔵の山々から流れでる高麗川のたもとにて、良質の水、厳しい冬の寒さ、吟味された米、170年余りの伝統の技から造られる清酒は、豊かな味わい、まろやかな口あたり、そして芳醇な香りが自慢の日高・高麗川の地酒です。karaoke

20171212_nagasawaya

入口横には、長澤屋があります。酒蔵ギャラリーです。house

20171212_sugitama

お酒が出来たよ~と表す、杉玉が掲げられています。newmoon

20171212_tank

貯蔵タンクがありますな。aquarius

20171212_koujimuro

この奥には、麹室があります。cute

20171212_hanbai

販売もしています。お気に入りのお酒があったら購入しよう。dollar

20171212_bus_2

ほろ酔い気分の中、帰りも路線バスで。北平沢バス停は長澤酒造から約180m程離れています。飯能駅行きなので、西武線利用者に便利だね。bus

20171212_omiyage

お土産は、試飲でとても美味しかった、君が旗・大吟醸を購入しました。present

という事で、長澤酒造新酒まつりに行ってきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20171212_poster

告知ポスターです。memo

「長澤酒造新酒まつり」 開催日:2017年12月9日(土)・10日(日) 開催時間:10時~16時 会場:長澤酒造(〒350-1242 埼玉県日高市北平沢335 TEL:042-989-0007) JR高麗川駅から徒歩約27分 国際興業バス北平沢バス停から徒歩約1分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 9日 (土曜日)

清龍酒造を訪れた2017。地酒を試飲してきたよ。

創業150年を超える蓮田の老舗蔵元を訪れた。penguin

20171209_seiryuu_syuzou

さて、やってきたところは、埼玉県蓮田市にある清龍酒造です。清酒「清龍」をはじめ、米焼酎・リキュール等を主力商品として生産・販売している酒蔵です。event

20171209_osake_1

訪れた日は、店頭で日本酒の試飲ができました。各種あるので、順に頂こう。eye

20171209_shiin_1

試飲カップに注いでもらう。pisces

20171209_shiin_2

では、くぴっ。ぷふぉ~、いい味わいだ。いゃあ~、純米大吟醸「伝」はいいね。bottle

20171209_itiran

今シーズンのお酒のラインアップ。baseball

清龍酒造は蔵元(本社工場)にて、お客へ直接販売している。直売という販売スタイルをとっているのだ。24hours

20171209_syouhin

お気に入りのお酒があったら、購入しましょう。dollar

20171209_pudding_1

酒粕から生まれた絶品スイーツも販売していました。cake

20171209_pudding_2

酒粕プリン「健康美人」です。購入して、食べてみた。ぱくっ。酒粕の風味はあるが、美味しい濃厚なプリンだ。chick

20171209_syuzouba

酒蔵工場もあり、お酒が造られています。cute

20171209_tank

大きな貯蔵タンクがずらり。building

20171209_daikokuten

こちらは、立ち木大黒天です。leo

20171209_kuramoto_kengaku

清龍酒造の蔵元見学ツアー、行ってみたいんだよね。とにかく、すごいみたいで...。テレビでも結構話題に取り上げられています。bell

20171209_motoarakawa

元荒川対岸から、清龍酒造の工場を眺める。fish

20171209_mon

清龍酒造の入口です。door

しっかり、試飲を味わったところで、ここを、あとにしました。denim

20171209_omiyage

試飲してきた中で、1番美味しいと思ったのが、清龍・大吟醸です。とても、すっきり飲みやすい味わい。お土産に購入しました。早速、宅飲みで~す。bottleheart01

という事で、清龍酒造を訪れて地酒を試飲してきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「秋の田園、バラとコスモスを楽しむ」に参加してきた(2017.10.28)。」へどうぞ。paper

「清龍酒造」 〒349-0133 埼玉県蓮田市閏戸659-3 TEL:048-768-2025 無料駐車場あり 朝日バス下閏戸バス停下車徒歩約2分 JR宇都宮線蓮田駅西口から徒歩約28分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 4日 (水曜日)

南陽醸造を訪れた。花陽浴(はなあび)を味わった2017。

羽生にある老舗酒蔵を訪れた。penguin

20171004_nanyou_jyouzou

さて、やってきたところは、埼玉県羽生市にある南陽醸造です。創業は明治3年(1870年)。清酒花陽浴(はなあび)を造る酒蔵だ。初めて訪れてみた。chick

訪れたのは週末なので、工場は稼働していない。売店のみの営業だ。とりあえず、店内に入ってみよう。penguin

20171004_reizouko

訪れた日は、結構お酒が売れたようで、残り僅かの状態だった。sports

20171004_hanbai

もろ味や前かけなども販売しています。music

20171004_hanaabi_3

お土産に1本購入しました。present

20171004_ocyoko

南陽のラベルがついたお猪口があったので、合わせて購入しました。bottle

20171004_kajita

ノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章教授も、花陽浴を味わっているよ。school

20171004_hanaabi_1

古代蓮池の前で、早速味わおう。今回、購入したのは、瓶囲無濾過原酒・純米吟醸「花陽浴」雄町です。cancer

20171004_hanaabi_2

南陽のお猪口で頂きます。くぴっ。ぷはぁ~。味わいがいいね。happy02

これ、なかなか旨いぞ。good

銘柄となる花陽浴。太陽の陽ざしをたくさん浴びて大輪の花を咲かそう!。飲む人も造る人も、みんなの花が咲きますように!。という願いがあるようだ。dog

20171004_nanyou_jyouzou_2

という事で、南陽醸造を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「東武健康ハイキング 第357回「藍染めのまち羽生から城下町行田へ伝統工芸と歴史ロマンを訪ねるハイキング~名物!羽生いがまんじゅうと行田ゼリーフライに舌鼓~」に参加してきた(2017.09.16)。」へどうぞ。paper

「南陽醸造」 〒348-0041 埼玉県羽生市上新郷5951 TEL:048-561-0178 営業時間:9時~17時 定休日:土曜・日曜 秩父鉄道新郷駅から徒歩約8分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月21日 (木曜日)

第3回埼玉地酒街めぐりin川口に行ってきた2017。

呑もう、食べよう、楽しもう。川口市の商店街で地酒巡りだ。bottle

20170921_syoutengai_2

さて、やってきたところは、埼玉県川口市にあるふじの市商店街です。ここで、2017年9月17日(日)、第3回埼玉地酒街めぐりin川口が開催されました。台風18号接近の影響で開催が危ぶまれたが、開催されました。typhoon

20170921_train

会場への最寄り駅は、JR京浜東北線川口駅です。train

20170921_kawaguti_st

鋳物の町「川口」の代表駅。川口駅東口を出て、歩いて会場へ向かいます。shoe

20170921_syoutengai_1

会場となるふじの市商店街に到着。川口駅から徒歩約7分です。penguin

フジマルシェビル1Fで、受付をしました。secret

20170921_map

会場マップです。ふじの市商店街を会場舞台に、各所ブースにて地酒試飲ができます。game

20170921_kuramoto_itiran_2

総勢13蔵の蔵元がそろい踏み!!。今回参加された美味しいお酒の蔵元一覧です。説明書きもあるよ。sagittarius

商店街通りをぶらり歩きながら、埼玉の地酒を試飲味わっていくイベントなのです。carouselpony

20170921_kaijyou_1

雨の中の開催。商店街通り、生憎の天気で人通りはちょっと少なく..。music

20170921_shiin

いろんな種類の地酒が味わえます。気になるお酒、というか、順に攻めていきましょう。rock

20170921_cap

ワイングラスのようなプラスチックカップが試飲用グラスになります。では、グピッと。ぷはぁ~、いい味わいだ。bar

20170921_tsukemono

地酒のお供に、深谷のおつけもの「しゃくし菜漬け」がありました。自由に頂けます。club

20170921_souzai

商店街と言えば総菜屋さん。マルサヤさんでは、いろいろあるよ。sports

20170921_sasami

地酒だけだと大変なので、アスパラササミを味わおう。chick

20170921_hanbai

地酒販売所。気に入った地酒があったら、持ち帰りお土産になるよ。24hours

20170921_keihin

アンケート記入し、くじ引きしました。エイヤ!。なんと、手ぬぐいが当たりました。ラッキー♪。present

20170921_street_jazz

同時開催で、川口ストリートジャズフェスティバルが開催されました。ほとんどのステージ会場は雨で中止になったが、一部の屋内ステージだけは開催披露された。karaoke

20170921_brewery

この後は、川口ブルワリーで、川口御成道エール、クラフトビールを味わってきた。beer

今年で3回目を迎える地酒街めぐり。生憎の雨だったけど、いろいろと埼玉県の地酒試飲をしてきました。商店街のイベントって、なかなか良いですよ。sprinkle

という事で、第3回埼玉地酒街めぐりin川口に行ってきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去イベント開催時訪問レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170921_poster_2

告知ポスターです。memo

「第3回埼玉地酒街めぐりin川口」 開催日:2017年9月17日(日) 開催時間:13時~15時30分 会場:川口市 ふじの市商店街(埼玉県川口市幸町2丁目) 参加費:(前売)2300円・(当日)2500円 JR京浜東北線川口駅東口から徒歩約7分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月31日 (木曜日)

酒のフタバ いつもと違うセンベロ『センベロフェス』に行ってきた2017年8月。

酒屋が主催するセンベロイベント開催。24hours

20170831_futaba_2

さて、やってきたところは、東京都台東区にある酒のフタバです。ここで、2017年8月27日(日)、いつもと違うセンベロ「センベロフェス」が開催されました。同時試飲会開催。この酒屋の中に、立呑みができる角打ちフタバがあります。そこで、全100種類以上の日本酒・焼酎・梅酒・ワインが飲み放題できるというイベントなのだ。とても気になり、初めて訪れてみました。run

20170831_ticket

予め、前売りチケットを購入しておきました。前売券だと、1時間が1080円、2時間が1580円です。1時間で千円飲み放題とセンベロが存分に楽しめるのだ。前売りチケットは、前日までにお店に来店して購入となります。ticket

ちなみに、当日券は、1時間が1580円、2時間が2080円です。(全て税込料金です)dollar

おいしいお酒を多くの人に飲んでもらいたい。そんな気持ちから生まれたイベント!!。季節限定品や試飲会、角打ちで使用した商品など商品切り替えだから出来るこの価格!!なんだそうだ。bag

店内のレジにて受付をし、会場内に陣取った。さぁ、呑むぞぅ♪。catface

20170831_beer_1

やっぱり、冷えたビールでスタートだ。名古屋の地ビール、盛田金しゃちビールのミツボシビールです。ピルスナー。ぷはぁ~、ウマイ!。happy02 beer

暑い夏には、たまらんなぁ~。sweat01

試飲用のグラスはガラスのコップなので、とても、ありがたいね。beer

20170831_beer_11

角打ちフタバ、会場内はテーブルやカウンター等で約25人程入れるスペース。やっぱり、こういうイベントなので満席大盛況です。chair

角打ちスタイルなので、全員立ち飲みです。denim

20170831_menu

酒のおつまみに、フード系は別会計で提供されます。イベント向け特別おすすめメニューで3種類あります。sports

20170831_tori

お酒のおともに、国産鶏肉のパーコー風を注文。レジで先払いし、あとで店員が席まで持ってきてくれます。chick

本当は喉が乾いているし、もっとビールを飲みたかったが、試供レベルの提供なので飲み放題対象ではない。とは言え、数種類のビールを味わえます。taurus

20170831_sake_1

今回は、第4回センベロフェス。このイベントも4回目なんだね。イズミック(盛田エンタプライズ(株))による関連会社『シャンモリワイナリー』・『金鯱ビール』・『顎城酒造』の商品が、飲み放題のラインアップです。gasstation

テーブルの上にいろんな種類のお酒があり、希望のお酒をスタッフが試飲グラスに注いでくれます。時間ごとに冷蔵庫から順次商品が入れ替わるので、かなりの種類のお酒が味わえます。libra

20170831_sake_2

じゃあ、何を飲もうかな。迷ったら、スタッフが選んでくれますよ。drama

地酒や焼酎、梅酒など日本各地のお酒が用意されている。yacht

20170831_sake_3

数種類の形した試飲グラスが用意されているが、満タンに並々注いでくれます。純米酒でGo!。bottle

20170831_marbo

四川風マーボー豆腐を注文。pig

20170831_wine

山梨県のシャンモリワインを飲む。赤ワインと共に、ファルファッレ揚を注文。国産ワインは、美味しいな。このあと、外国産ワインも頂いた。wine

20170831_tokyo_water

酔いすぎ防止のため、お水も提供されます。美味しい東京水です。aquarius

今回は、1時間の利用で楽しんだ。あっという間に終了です。時間が来たら、退店となります。こりゃ、2時間行けたなぁ...。地酒はもちろん、焼酎や泡盛も攻めたかったな。motorsports

20170831_cyuui_jikou

受付のレジにて、センベロフェス利用に対して説明を受けました。karaoke

20170831_timetable

受付時に色がついたカラーバンドを手首に付けます。色で終了時間が分かるようになっている。実際の終了時刻はカラーバンドに手書きされます。clock

20170831_wisky

角打ち開店時は、冷蔵庫や棚にあるいろいろなお酒が1グラス料金で味わえます。bar

20170831_food_menu

角打ち通常時のフードメニュー。結構いろんな種類があるんだね。book

20170831_okashi

もちろん、酒屋さんなので、販売購入できます。bank

20170831_tukuba_ex

さて、会場へのアクセス。酒のフタバへは、蔵前駅か新御徒町駅が最寄り駅となる。今回は、つくばエクスプレスに乗って新御徒町駅で下車した。train

20170831_shin_okatimati_st

新御徒町駅はA4出口に出ましょう。春日通りを東方向へ進みます。shoe

20170831_futaba_1

新御徒町駅A4出口から酒のフタバまで、徒歩約5分で到着します。センベロフェスのノボリが立てられているね。key

20170831_info

角打ちフタバは、月~土営業(日曜・祝日は定休日)で、17時~22時。センベロセットや日本酒利き当てもあるようで、ぶらりセンベロを堪能できます。aries

20170831_megurin

ちなみに、台東区循環バス南めぐりんだと、三筋老人福祉館東バス停で下車したら、道を挟んだ反対側目の前がお店である。bus

お店は、ビルなどが建ち並ぶところの一角だが、浅草にも近いし、ぶらりお店で立ち呑みなんてのも粋だろうね。次、センベロフェスに行く機会があったら、2時間楽しみたいところだ。ただ、開催時間は12時~18時だが、会場店内は混雑し、特に14時台・15時台は満員状態。まったり飲みたい場合は、その時間帯を外した方が良いかも..。dog

という事で、酒のフタバで、いつもと違うセンベロ『センベロフェス』に行ってきたレポでした~。happy01

20170831_panf

案内パンフレットです。memo

いつもと違うセンベロ「センベロフェス」 開催日:2017年8月27日(日) 開催時間:12時~18時 会場:酒のフタバ・角打ちフタバ(〒111-0051 東京都台東区蔵前4-37-4) TEL:03-3861-1138 当日券1時間1580円・当日券2時間2080円・前売券1時間1080円・前売券2時間1580円 都営大江戸線・つくばエクスプレス新御徒町駅A4出口から徒歩約5分 都営浅草線蔵前駅A4出口から徒歩約6分 都営大江戸線蔵前駅A5出口から徒歩約6分 台東区循環バス南めぐりん三筋老人福祉館東バス停下車すぐinfo02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木曜日)

ぽんしゅ館新潟駅店の利き酒番所にて、越後の酒蔵93カ所の利き酒ができる場所です2017。

新潟駅を訪れたら、是非立ち寄って越後の地酒を味わおう。bullettrain

20170713_bansyo

さて、やってきたところは、新潟県新潟市中央区にあるぽんしゅ館 利き酒番所です。新潟駅南口に直結した駅ビル、CoCoLo西館3階にお店がある。ここ、利き酒番所には、新潟越後の酒蔵93蔵を全てここに集めてここで利き酒ができるのだ。楽しみにしていた観光スポット。早速、入ってみましょう。door

20170713_kaijyou

館内には多くの地酒ファンがいますね。gemini

20170713_coin

まずは、受付にて500円を支払います。すると、コイン5枚を受け取ります。1枚のコインで1杯試飲ができるので、計5杯地酒を試飲できます。dollar

20170713_annai

初めての利用だったので、受付で利用方法の説明を受けました。おちょこを置いてコインを入れてボタンを押したらお酒が出てくるという仕組み。karaoke

20170713_box

いろんな地酒が勢揃いなので、どれにしようか迷うよ。それぞれ、ラベルデザインと簡単な説明が書いてあります。pencil

20170713_etigozakura

阿賀野市にある越後桜酒造の「越後桜」を頂いた。旨辛口!。bottle

20170713_fukugao

三条市にある福顔酒造の「越後五十嵐川」を味わう。まろやかだね。bottle

20170713_bord

ボードには、利き酒月間ランキングや今月のおすすめ5選が掲示しているので、参考にしてみては。cat

20170713_tamagawa

魚沼市にある玉川酒造の「越乃雪蔵」。ひとクセある熟成の香り。bottle

20170713_kyuuri

コイン1枚、もしくは、100円で、きゅうり1本ゲットできます。banana

20170713_solt

お味噌や、いろいろな種類の塩があるので、きゅうりと共に味わってみてはいかが。cat

20170713_ishimoto

新潟市にある石本酒造の「越乃寒梅」。兵庫県山田錦を使用した純米大吟醸。旨い!。bottle

20170713_matsunoi

十日町にある松乃井酒造の「特別純米松乃井」。旨み・香りのバランス良し。bottle

20170713_exit

93の酒蔵の地酒が試飲できるぽんしゅ館。新潟駅を訪れたら、是非立ち寄りたいスポットですよ。wink

20170713_onigiri

ぽんしゅ館は、越後のお酒ミュージアム。お土産用の地酒販売もあるよ。present

新潟は米どころ。爆弾おにぎりもあるよ。どの具材で攻める?。riceball

20170713_ponsyukan

という事で、ぽんしゅ館の利き酒番所にて越後の地酒を試飲してきたレポでした~。happy01

「ぽんしゅ館新潟駅店 利き酒番所」 〒950-0086 新潟県新潟市中央区花園1-96-47 CoCoLo西館 3F TEL:025-240-7090 9時30分~20時30分 JR新潟駅南口駅直結info02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水曜日)

ぽんしゅ館魚沼釜蔵で、玉川酒造利き酒セットを味わう。越後武士のアルコール度数は驚愕の46度だ!2017。

利き酒と言えど、飲むには覚悟すべき!。coldsweats02

20170712_kikizake

さて、やってきたところは、新潟県新潟市中央区にあるぽんしゅ館 魚沼釜蔵です。新潟駅南口に直結した駅ビル、CoCoLo西館1階にお店がある。午後の喫茶タイム(14時~17時)に訪れたので、主にドリンクメニューの甘味タイム。お酒も頂けるという事で、玉川酒造利き酒セットを頂いた。1200円。bottle

玉川酒造の地酒4種類が味わえるのだが、さらに、氷とレモンが付いてきます。何故なら、...。sign02

20170712_menu

玉川酒造利き酒セットには、「魚沼 玉風味 本醸造」(50ml)・「越乃雪蔵 純米吟醸」(50ml)・「越後ゆきくら」(50ml)・「越後武士 リキュール」(30ml)の4種類が利き酒できる。bottle

どれも味わいがあり、美味しい♪。そんな中、1つだけ異色の日本酒が。それは、「越後武士」です。「えちごさむらい」と読む。越後さむらいのアルコール度数は、驚愕の46度!。日本一の高アルコール度清酒で、酒税法の上では、清酒の範囲を超え、リキュールの扱いになる。味わいはウォッカのよう。もちろん、そのままでは飲めないので、氷で割って飲むのだ。ちょいと飲んでみた。ブフォ~!。濃いねぇ、来るねぇ~。氷が完全に溶け切らないと、飲めないぐらい強烈なお酒だ。本当に、ちょびちょびと時間をかけながら味わいました。越後武士、話のネタに飲んでみてはいかがかな?!。bottle

20170712_uonuma_kamakura

駅ビル内にあるので、乗り換えに時間がある時は、新潟の地酒を味わいに立ち寄ってみてはいかが!。eyeglass

という事で、ぽんしゅ館魚沼釜蔵で、玉川酒造利き酒セットを味わったレポでした~。happy01

「ぽんしゅ館 魚沼釜蔵」 〒950-0086 新潟県新潟市中央区花園1-96-47 CoCoLo西館 1F TEL:025-240-7092 6時~10時・11時~23時 JR新潟駅南口駅直結info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 5日 (水曜日)

小山本家酒造にて、金紋世界鷹を試飲する2017。

酒造工場構内で日本酒試飲しました。penguin

20170705_gate

さて、やってきたところは、埼玉県さいたま市西区にある小山本家酒造です。創業文化5年(1808年)、今年で209周年の老舗酒造。東日本では最大手の清酒メーカーである。ちょいと工場施設内に入ってみよう。cancer

20170705_shikomimizu

ウォーキングイベントのコースポイントとして小山本家酒造が設定され、工場構内に試飲コーナーが設置されました。まずは、酒造りに使用している仕込み水を頂こう。aquarius

地下180mから汲み上げた仕込水だ。ちなみに、小山本家酒造の井戸はさいたま市の災害時における給水用井戸として指定されている。hospital

20170705_shiin_1

さぁ、お楽しみの試飲コーナー。今回は、「金紋世界鷹吟醸50」・「小山本家 界(かい)」・「おおきな温情(おもいやり)」の3種類。プラカップによる提供です。万全に氷で冷やされていて、飲み頃ですよ。cat

20170705_shiin_2

では、くぴっ。ぷはぁ~。いい味わいだね。中井も試飲させてもらったが、やっぱり、「金紋世界鷹吟醸50」が旨かったねぇ。deliciousbottle

20170705_hanbai

お土産販売もありました。「金紋世界鷹吟醸50」を買いたかったが、残念ながら売切れ。なので、呑み歩きできる「おおきな温情(おもいやり)」にしました。dollar

20170705_photo_spot

事務所前には、写真撮影コーナーがあり。camera

20170705_sekaitaka

金紋世界高の酒樽だ。basketball

20170705_yuruchara

さいたま市のPRキャラクター「つなが竜ヌゥ」のぬいぐるみが。埼玉県のキャラクター「コバトン」もいたね。pig

20170705_happi

金紋世界鷹の法被着て、記念撮影はいかが?。t-shirt

20170705_koujyou_1

工場構内を突っ切って歩いて行きます。仕込蔵や瓶工場、パック工場、倉庫等があります。bicycle

20170705_setsumei_1

工場内の見学は無かったので、説明板を見て酒造りの工程を知ろう。school

20170705_setsumei_2

写真付きの説明でためになります。boutique

20170705_yashiki

代表取締役会長・小山景市宅の家門です。この門は約100年前から現存しているそうだ。door

20170705_ajisai

彩り綺麗なアジサイが咲いていました。tulip

20170705_setsumei_3

実は、醸造のしくみ、ペーパーでも頂けました。これは、ありがたいね。pencil

20170705_setsumei_4

「日本酒初心者のための入門知識」や「目指せ日本酒マスター!3択クイズ」があり。帰宅後復習しよう。music

20170705_omiyage

貯蔵用の大型タンクが約170本あり、様々な酒種を濾過・熱処理・調合して商品の味を決めています。golf

そのタンクをバックに、購入した日本酒パックをパチリ。最寄駅の西大宮駅へ向かいながら呑み歩き。shoe

20170705_koujyou_2

東門入口入って左手は精米所で、自社精米を行っており、年間で約10万俵(約10万人の年間消費量相当)を精米しています。riceball

ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「のどかな荒川堤とアジサイまつり満喫ハイキング」に参加してきた(2017.06.18)。」へどうぞ。shoe

という事で、小山本家酒造にて、金紋世界鷹などを試飲してきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

「小山本家酒造」(こやまほんけしゅぞう) 〒331-0047 埼玉県さいたま市西区指扇1798 TEL:048-623-0013 JR川越線西大宮駅南口から徒歩約7分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木曜日)

第3回五十嵐酒造蔵開き酒蔵まつりに行ってきた2017。

飯能にある酒蔵で、年に1度の酒蔵祭り開催です。cat

20170504_kaijyou_1

さて、やってきたところは、埼玉県飯能市にある五十嵐酒造です。ここで、2017年4月29日(土)、第3回五十嵐酒造蔵開き酒蔵まつりが開催されました。清酒「天覧山」の醸造元で、日頃の感謝祭と銘打った蔵開きだ。bell

会場内、多くの人が訪れているな。horse

20170504_amazake

手始めに、甘酒無料配布で1杯。taurus

20170504_shiin_1

酒蔵祭りと言えば、試飲コーナーだ。五十嵐酒造、いろんなお酒が無料で試飲できます。順に味わおう。note

20170504_shiin_2

会場沿いに流れる入間川を見ながら、地酒を味わおう。くぴっ、ぷはぁ~。美味しいね。山と川が見える眺めで、のんびりした景観だ。この日は、天気も良く地酒日和である。fuji

20170504_tank2

蔵開放されています。貯蔵タンクだね。この先に進んでいくと、なんと、本日搾りたてのお酒が試飲できます。bottle

20170504_kikizake_youshi

利き酒大会に参加してみよう。名前を記入し、6種目類のお酒を試飲します。大吟醸・純米吟醸・生酛 純米吟醸・純米大辛口・本生・樽酒を試飲します。pencil

20170504_kikizake_taikai_1

各お酒、スポイトで吸い取って、試飲します。sagittarius

20170504_kikizake_taikai_2

A~F、6種類を試飲。当てるの、なかなか、難しいのぉ..。coldsweats01

20170504_sakekasu

酒粕詰め放題もありました。1回300円です。dollar

20170504_tank

試飲コーナーは混雑しているので、有料量り売りもあるよ。タンクから直接注がれる、純米大辛口生原酒は200円です。bottle

20170504_bar

Bar IGARASHIのブースでも、いろんなお酒の量り売りをしています。bottle

20170504_kaijyou_2

グルメコーナーへ行ってみよう。お酒に合う美味しいグルメが多く販売されている。restaurant

20170504_curry

こちらは、蔵祭り限定酒蔵カレーです。これ、会場内にあるグルメの中で1番美味しかったです。ジャガイモ・ニンジン・タマネギがごつごつ大きくカットした大きめな具で食べ応えありだ。riceball

20170504_yaki_onigiri

焼きおにぎりも、いい味わいだ。riceball

20170504_cyazuke

シメには、漬け茶漬けで。まさしく、米づくし...。coldsweats01

20170504_shikomimizu

仕込み水も用意されていました。aquarius

20170504_wanage

子供向け縁日コーナーがあります。こちらは、酒瓶を使用した輪投げだ。baseball

20170504_hanbai

お気に入りのお酒があったら、販売所にて購入しよう。24hours

2000円ごとにお楽しみ抽選会ができます。dollar

20170504_seibu_line

さて、会場へのアクセスです。最寄駅は、西武池袋線飯能駅です。GW初日という事もあって、観光客が多いね。西武秩父駅方面の特急レッドアローは、満席完売状態である。train

20170504_shatlle_bus

飯能駅南口ロータリーから、無料シャトルバスが運行されています。2台のバスでピストン輸送される。bus

20170504_touri

飯能駅からシャトルバス乗車して約6分程。会場となる五十嵐酒造に到着。細い道を入った先に、酒蔵まつり会場があります。bicycle

20170504_uketsuke

受付にて名前等を記入します。pencil

20170504_annaizu

会場内マップです。club

20170504_genteisyu

開催当日しか買えない蔵祭り限定酒リストです。book

20170504_kumamon

がんばるけん!。くまもんだ。pig

20170504_syunin

詰場主任の植木さんのようだが、両さんだな。leo

20170504_igarashi_syuzou_1

飯能の地酒で酒蔵祭り。快晴、いい天気の中、楽しめた1日でした。good

という事で、第3回五十嵐酒造蔵開き酒蔵まつりに行ってきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170504_poster

告知ポスターです。memo

「第3回五十嵐酒造 蔵開き 酒蔵まつり」 開催日:2017年4月29日(土) 開催時間:10時~15時 会場:五十嵐酒造(〒357-0044 埼玉県飯能市川寺667-1)  TEL:042-973-7703 入場無料・雨天決行・予約不要 西武池袋線飯能駅南口より無料シャトルバス運行info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧