2018年7月24日 (火曜日)

駅からハイキング「花しょうぶ園鑑賞と荒川沿いの牧場へのウォーキング」に参加してきた(2018.06.02)。

上尾の古刹巡りと荒川沿いの草原風景を歩く。shoe

20180724_takasaki_line

さて、JR高崎線に乗ってやってきたところは、上尾駅です。駅ハイ参加の為にやってきたよ。今回参加コースは、2018年6月2日(土)開催、駅からハイキング花しょうぶ園鑑賞と荒川沿いの牧場へのウォーキング」です。train

20180724_uketsuke

まずは、参加受付を済ませる。受付場所は上尾駅自由通路(西口側)です。pass

20180724_kan_batch

恒例の缶バッチは、E655系でした。present

20180724_cours_map

今回のコースマップです。memo

20180724_stamp_rally

コースマップの裏面は、スタンプラリーとなっている。2か所のチェックポイント(小塚浅間塚・諏訪神社)でスタンプを押印し、抽選会場の上尾丸山公園でガラポン抽選により豪華商品が当たるという企画。full

20180724_bord

初夏の花しょうぶ田鑑賞と富士山、秩父連峰、浅間連峰の見える荒川堤に沿って歩く自然散策コースです。karaoke

上尾の駅からハイキングは、今年で11回目の開催。今回は、市制施行60周年記念だそうです。歩行距離は約15km、約5時間30分の平坦コースです。foot

20180724_ageo_st

気温の高い暑い日ですが、頑張って歩きましょう。上尾駅西口を出発です。ここから、上尾市平方へただひたすら歩いていきます。rock

20180609_yajimaen_1

上尾駅から4.1km、休憩ポイント、「茶の矢島園」に到着。暑い、ここで、一休みしよう。sweat01

20180609_green_tea

水出し煎茶の試飲がありました。ありがたく、頂きます。冷たくて、美味しい~。茶の渋みが、いい味わいだ。japanesetea

20180609_softcream_2

ここでのお楽しみはコレ。抹茶ソフトクリームを購入しました。では、ぺろり。うむ、お茶屋さんの味わいだ。美味しい♪。delicious

ちなみに、ここでの詳細レポは、「茶の矢島園埼玉工場で、抹茶ソフトクリームを味わう2018。」へどうぞ。paper

20180724_himawari

道路上に、1本のひまわりが咲いていた。tulip

20180613_ajisai_1

途中、三塚公園を立ち寄る。あじさいが良い感じに咲き誇っているよ。spade

ちなみに、ここでの詳細レポは、「紫陽花咲く、三塚公園を立ち寄った2018。」へどうぞ。paper

20180614_spicetown

途中コースを離れ、寄り道したところがココ。「井上スパイス工業・スパイスタウン」です。駅ハイ参加者は当日に限り食事10%引きのサービスが受けられるので、やってきた。dollar

20180614_curry_1

まんぷくカレーセットをオーダーしました。2種類のカレーは、ホッとチキンカレーとキーマカレーを選択。サラダ・ドリンク付きです。ドリンクは、100円追加してジンジャーソーダにした。いゃあ~絶妙なスパイス具合。いい辛さに汗がじわり。とても、美味しい♪。riceball

ちなみに、ここでの詳細レポは、「井上スパイス工業・スパイスタウンにて、まんぷくカレーセットを味わう2018。」へどうぞ。paper

20180615_hondou

コースポイントoneか所目は、「馬蹄寺」です。やっとの1か所目です。浄土宗の名刹で、県指定天然記念物「モクコク」のある寺として知られる。sports

こちらは、本堂です。開山は、川越の名刹連馨寺と同じ感誉上人といわれ、天文年中(1532~55年)に再興されたと寺伝に記されている。event

20180615_mokukoku_2

これが、モクコクの木です。このモクコクの幹回りは約2.6m、樹高12.5mあり、県内でもこれだけの巨木はめずらしいと言われている。xmas

つばき科の常緑高木で日本の南西部の山地に自生するほか、朝鮮半島南部・台湾・中国大陸・インドに分布し、大木ともなるが庭木としても用いられる。club

ちなみに、ここでの詳細レポは、「馬蹄寺を訪れた。樹齢650年のモクコクの木がある2018。」へどうぞ。paper

20180616_haiden

橘神社」に立ち寄った。拝殿にて参拝。祭神は素戔嗚尊。confident

元禄7年(1694年)の「平方村寺社地御改之覚」によれば、当社には文明3年(1471年)銘の額がある旨が記されていることから、それ以前の創立であることがわかる。また、口碑に創建当初は現在の平方小学校の東の「氷川山」と呼ばれると所にあったとも、平方新田の字在家にあったとも伝えられる。当所に移った時期については不明。pencil

20180616_honden

拝殿の裏手にまわると本殿があります。本殿の隣には、大きなけやきがあります。xmas

大けやきは、ニレ科の単木で、古くから地域の人々に「御神木」として親しまれている。昭和54年(1979年)の強風により、地面から7mほどのところの、二股に分かれたところで同切りにされている。主幹の直径は1.8mあり、樹齢は800年と推定されている。xmas

ちなみに、ここでの詳細レポは、「橘神社を訪れた。樹齢800年の大けやき2018。」へどうぞ。paper

20180617_haiden

コースポイントtwoか所目は、「八枝神社」です。「やえだじんじゃ」と読む。八枝神社は「平方の御獅子様」として近隣でも知られ、それは同社の特大の御獅子が、悪疫退散に霊験あらたかであったためである。leo

上尾市の平方は、荒川の舟運における主要な河岸の1つである平方河岸があった所として知られている。当社は、この河岸の近くに鎮座している。祭神は、「素戔嗚尊」並びに「狛狗大神」です。event

20180617_keyaki_2

社殿の北側に4本、南側に1本、社殿と神楽殿の中ほどに2本あり、いずれも大木である。高さは一部を除き20mを超え、四方に枝を伸ばして境内の空を覆っている。幹回りは平均して3.5mに及び、森巌さを引き立たてている。樹齢は推定400年から500年と見られ、これだけの群生は、市内でも珍しいものと言えよう。coldsweats02

ちなみに、ここでの詳細レポは、「八枝神社を訪れた。境内のケヤキ・エノキ群2018。」へどうぞ。paper

20180619_road_1

荒川を北上していきます。ゴルフ場付近で、緑が広がり一転別風景になる。club

20180618_torii_1

コースポイントthreeか所目は、「小塚浅間塚」です。浅間塚は、富士塚ともいわれ、江戸時代、文化・文政年間から江戸を中心とした地域で造られた塚です。scorpius

ここ小塚浅間塚は、大字平方に所在し、「おおつか」とも呼ばれています。高さ約4.6m、一辺が約26mの方形の塚で、塚の東と南の裾部は基盤まで削られていますが、他は良く残っています。club

20180618_jitikai

ここで、自治会によるおもてなしがありました。暑い日だったので、冷たい麦茶は助かるよ。美味しい食べ物の販売もあったよ。japanesetea

ちなみに、ここでの詳細レポは、「小塚浅間塚を訪れた。ここの富士塚を登ってみた2018。」へどうぞ。paper

20180619_road_3

この堤上を歩いて行くと、その先には東屋があります。event

20180619_appy

コースポイントfourか所目は、「アッピーお休み処」です。休憩所です。house

20180619_nagame_2

アッピーお休み処からの眺めは良し。建物もなく、水平に緑が広がる眺めもまたいいものだ。空気が澄んだ時には富士山、秩父の山並み浅間連邦までが望める荒川堤なのだ。fuji

ちなみに、ここでの詳細レポは、「アッピーのお休み処からの眺め。荒川河川敷は緑が広がる2018。」へどうぞ。paper

20180620_road_3

それにしても、のんびり、雄大に草原が広がる風景だなぁ。荒川河川敷とは思えぬ景観だ。なので、テレビや映画などの撮影風景シーンにも使用されているそうです。そんなサイクリングロードを延々と歩いていきます。sweat01

ちなみに、ここでの詳細レポは、「荒川沿いの広大な草原風景を歩く2018。」へどうぞ。paper

20180620_watashibanoato

コースポイントfiveか所目は、「畔吉河岸跡」です。ここは、舟運が始まった江戸時代から大正末期まで続いた河岸です。舟運が盛んな頃は、下流にあった平方河岸とともに重要な役割を果たしていましたが、鉄道の開通(明治16年)により衰退していきました。今でも武蔵野の面影を残しています。yacht

20180621_enomoto_farm_2

コースポイントsixか所目は、「榎本牧場」です。上尾市には牧場があるんですよ。taurus

20180621_usi

牛さん食事中。餌やり体験もできますよ。restaurant

20180621_soft_cream

牧場に来たならやっぱりコレだね。じゃん、ジェラートです。では、頂こう。パクッ。ミルクの味わいがいいね。牧場で味わえるのがGood!。駅ハイ参加特典で割引で購入できました。happy02

ちなみに、ここでの詳細レポは、「榎本牧場を訪れた。牛さんに会いジェラートを味わう2018。」へどうぞ。paper

20180622_hondou

コースポイントsevenか所目は、「徳星寺」です。寺伝によると、弘法大師(空海)創建の寺と伝えられ、カヤの大樹はその時に植えたもので、月影池(今は堀井戸となっている)は、大師がアカ井として用いたものとも伝えられている。shadow

大師伝説は、そのまま信じ難いものであるが、山号から高野山(和歌山県)とつながりのある古刹であることは想像される。drama

20180622_ookaya

徳星寺本堂東側にある大カヤは、イチイ科の常緑高木で幹回り5.3m、高さ約21mの大木である。樹齢は、弘法大師の時代という寺の伝えによれば、1000年を超す事になるが、おそらく700~800年は経ているものと推測される。xmas

このカヤは、根の一部が露出して一枚の板状をしており非常に珍しいものである。周りにはカシ、シイ、アオキなどの暖帯系の林叢をなしていて、この一帯を大カヤ及び暖帯林として埼玉県指定天然記念物に指定されている。crown

木のそばに立ち、手を触れると、なんか神秘的パワーを感じるなぁ。confident

ちなみに、ここでの詳細レポは、「徳星寺を訪れた。見事な大カヤおよび暖帯林2018。」へどうぞ。paper

20180629_haiden

コースポイントeightか所目は、「諏訪神社」です。諏訪神社は上尾市畔吉地区の鎮守である。明治15年に再建。畔吉は、古くは畔牛・阿世吉とも称した。康暦2年(1380年)の「鎌倉公方足利氏満御教書」(円覚寺文書)に「足立郡畔牛郷内」とあり、当地の開発が中世までさかのぼることをうかがわせる。spade

創建年代は明らかではないが、口碑によれば、当社は元々、江戸期に名主を務めた井原家の氏神であったという。当村が属した石戸領の惣鎮守は川田谷村(桶川市川田谷)の諏訪神社であることから、その分霊を勧請したものとも考えられる。karaoke

20180629_setsumei_matsuri

畔吉ささら獅子舞

畔吉ささら獅子舞は1人が1頭の獅子に扮し3人で舞う、三匹獅子と呼ばれる系統の風流系民俗芸能である。戦国時代に岩付(現在のさいたま市岩槻区)の殿様が見に来た獅子だったと伝わっている。leo

畔吉の万作踊り

万作とは、万作踊りと呼ばれる舞踊と、段物・芝居などといった演劇のことで、埼玉県の稲作地帯の代表的民俗芸能である。gemini

毎年4月の上旬には「畔吉の源太万作踊り」が、10月中旬の日曜日には「ささら獅子舞」が、奉納されます。畔吉ささら獅子舞と万作踊りは、共に、市指定無形民俗文化財となっている。ship

ちなみに、ここでの詳細レポは、「諏訪神社を訪れた。ささら獅子舞と万作踊りが奉納される神社2018。」へどうぞ。paper

20180603_hana_syoubu_02

コースポイントnineか所目は、「上尾丸山公園」です。ここの菖蒲田では、あげお花しょうぶ祭りが開催中でした。例年よりも早く開花を迎えているよ。見事な咲き具合だ。tulip

20180603_hana_syoubu_04

濃い色・淡い色、藍色・白色、いろいろ多様な種類があります。art

20180603_ajisai_2

花菖蒲とアジサイの競演もいいよね。gemini

ちなみに、ここでの詳細レポは、「あげお花しょうぶ祭り2018を訪れた。」へどうぞ。paper

20180724_athretics

上尾丸山公園はとても広い公園です。アスレチックがあるね。bicycle

20180724_keshiki

自然な景観がのんびり癒されます。club

20180724_gate

もう時は夕方。しかも暑い。ここからゴールの上尾駅までは、まだ5kmある。さらに、1時間半歩く気力はなくなったので、ここでリタイア、ウォーキング終了にしました。疲れた~。sweat02

上尾丸山公園からは、東武バス大宮駅西口行きが出ているので、それに乗って帰りました。冷房効いていて、生き返った~。pisces

3年ぶりの上尾の駅ハイ参加。荒川堤の草原風景や北海道にいるような牧場と、自然景観楽しめました。しかし、暑いウォーキングでした。dog

という事で、駅からハイキング「花しょうぶ園鑑賞と荒川沿いの牧場へのウォーキング」に参加してきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問地詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、上尾での過去の駅ハイ参加レポートは、以下のリンク先へどうぞ。paper

JR東日本・駅からハイキング No.0518013  「花しょうぶ園鑑賞と荒川沿いの牧場へのウォーキング」 開催日:2018年6月2日(土)実施 所要時間:約4時間(施設での見学時間含む) 歩行距離:約15kminfo02

スタート:上尾駅→①馬蹄寺→②八枝神社→③小塚浅間塚→④アッピーお休み処→⑤畔吉河岸跡→⑥榎本牧場→⑦徳星寺→⑧諏訪神社→⑨上尾丸山公園→⑩小林寺→⑪十連寺→⑫川の大じめ→ゴール:上尾駅info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月30日 (水曜日)

駅からハイキング「春を待つサクラソウ自生地をめぐる~桜区自然・歴史探訪~」に参加してきた(2018.03.17)。

さいたま市桜区をめぐるウォーキングをしてきたよ。shoe

20180530_musashino_line

さて、やってきたところは、JR武蔵野線西浦和駅です。駅ハイ参加の為訪れたよ。今回は、2018年3月15日(木)~17日(土)開催、駅からハイキング「春を待つサクラソウ自生地をめぐる~桜区自然・歴史探訪~」に参加してきました。(参加日は3月17日(土))。train

20180530_poster

さいたま市桜区の駅からハイキング開催は初めてである。birthday

20180530_insyokuten

西浦和駅改札口を出ると、高架下は飲食店が続く。restaurant

20180530_nishi_urawa_st

西浦和駅前にて駅ハイの受付を済ませる。県警のバイクがあり記念撮影ができました。leo

20180530_kan_batch

恒例の缶バッチは、E259系成田エクスプレスでした。present

20180530_map

コースマップです。(画像をClickすると4倍拡大表示します)foot

20180530_courcejyun

荒川沿いの豊かな自然と桜区の歴史をめぐるコースです。国指定特別天然記念物の「田島ヶ原サクラソウ自生地」や桜区の文化財を堪能できます。一足早い春を感じてみませんか。karaoke

今回は、約8.5kmのウォーキングコースです。では、頑張って歩きましょう。rock

20180323_hondou

コースポイントoneか所目は、「薬王院」です。西浦和駅から4分。真言宗豊山派の寺院で、神童山と号す。本尊は不動明王です。event

20180323_setsumei

薬王院の文化財の説明板です。school

「木造薬師如来坐像及び日光・月光菩薩立像」 市指定有形文化財(彫刻)

薬師堂に祀られている薬師如来は12年に1度、寅年に御開帳されており非公開だが、室町時代(文明3年・1471年)の墨書銘があり大変貴重です。pencil

「薬王院の鰐口」 市指定有形文化財(工芸品)

延宝2年(1674年)に寄進された鰐口も保存上非公開だが、この地の繁栄を示しています。newmoon

20180323_hotoke

十三仏を祀る。shadow

20180323_yakushidou

本堂の右手には、薬師堂があります。event

ちなみに、ここでの詳細レポは、「薬王院を訪れた。木造薬師如来坐像を祀る2018。」へどうぞ。paper

20180530_tajima_danti

大規模な住宅団地、田島団地を通り過ぎる。house

20180322_yakyuujyou

荒川土手に上がりました。ここは、荒川彩湖公園です。野球場が見えますね。baseball

20180322_dote_road

荒川土手上からの眺め。河川敷には緑地が広がっている。bicycle

20180322_mokuren_1

土手を降りて河川敷を散策してみよう。sign05

緑色の芝生と彩湖と空の水色をバックにハクモクレンが咲いていました。cloud

20180322_mokuren_2

白色の花をつけるモクレン。大きな花びらが綺麗ですね。bud

20180322_park_3

荒川彩湖公園は、荒川第一調節池周辺の広大な水辺空間の有効活用を図るため計画された公園です。南区と桜区の境界地付近に位置します。公園の広さは約15haを誇る。club

20180322_batta

この遊具はバッタなのかな?。なんか、面白そう。snail

20180322_saiko_3

荒川第一調節池は「彩湖」と呼ばれています。先には、幸魂大橋が見えるね。mist

20180322_saiko_1

土手上から彩湖を眺める。結構大きな池なんだな。aquarius

ちなみに、ここでの詳細レポは、「荒川彩湖公園を訪れた。ハクモクレンが咲き、彩湖の眺め良し2018。」へどうぞ。paper

20180530_syouwa_suimon

昭和水門を通り過ぎる。荒川からの逆流を防止し、周辺地域の洪水の被害から守る役割を持つ。mist

20180324_tajimagahara_1

コースポイントtwoか所目は、「田島ヶ原サクラソウ自生地」です。薬王院から43分。桜草公園内に位置します。荒川河川敷に広がる田島ヶ原に推定約100万株のサクラソウが自生し、昭和27年に国の特別天然記念物に指定されています。crown

20180324_setsumei

サクラソウは、サクラソウ科サクラソウ属の多年草で、中国東北部から東シベリア、朝鮮半島をへて日本に分布し、北海道・本州・九州に野生しています。サクラソウには、花の大小・形・色、花茎や葉の長短などさまざまな変化が見られます。田島ヶ原では4月中旬頃がサクラソウの開花最盛期となり、さまざまな変化を観賞するのに適しています。karaoke

20180324_sakurasou

サクラソウの写真です。特徴的な花びらだね。tulip

サクラソウは、大正9年(1920年)、日本で最初に指定された天然記念物の一つで、サクラソウ自生地として唯一の国指定です。現在、サクラソウは、環境省レッドリストでは準絶滅危惧種とされています。だから、毎年鑑賞できるのも貴重な事である。ring

尚、サクラソウは、さいたま市の市の花でもあり、桜区の区の花にも指定されている。building

20180324_gomennasai

訪れた時は、サクラソウはまだ咲いていませんでした。う~ん、残念。weep

ソクラソウの見頃は、4月上旬から中旬です。今は、ノウルシとアマナの花がよく見られます。eye

20180324_nourushi_1

今、サクラソウ自生地には、黄緑色の植物が広がっています。club

20180324_nourushi_3

この植物は、ノウルシです。トウダイグサ科。実は、このノウルシも、国指定の準絶滅危惧種に指定されている。緑色からの花びら?の部分が黄色(黄緑色)になっているね。tulip

20180324_amana

こちらは、アマナです。ユリ科。もう少したったら、花びらが開いた状態になるのかな。アマナは、県指定の準絶滅危惧種となっている。bud

20180324_sakura

桜草公園には、早咲き桜かな。桜をバックにサクラソウが見られるといいだろうなぁ。cherryblossom

4月14日(土)・15日(日)は、さくら草まつり’18が開催されます。貴重な花を観賞愉しむ事ができるでしょう。ribbon

ちなみに、ここでの詳細レポは、「田島ヶ原サクラソウ自生地を訪れた2018。」へどうぞ。paper

20180331_gate

コースポイントthreeか所目は、「桜環境センター」です。田島ヶ原サクラソウ自生地から14分。building

20180331_center

平成27年(2015年)4月1日にオープンした清掃工場であるが、余熱体験施設として露天風呂やサウナが設置され、レストランも併設されています。building

駅ハイ参加者向けにちょっぴりプレゼントがあったようだが、到着が遅くプレゼント配布分が全て無くなったとの事。う~む。weep

20180331_keihatsu

建物の1階・2階は環境啓発施設として、エコアイデアや環境について学べるコーナー等がある。school

20180331_beer_set2

気になったのは、ココ、3階のレストラン彩土です。ちょいと、ここで食事タイムにしました。restaurant

まずは、生中おつまみセット。600円。中生ジョッキと冷奴、下足(イカ)が付いています。では、生ビールをグビッと。ぷはぁ~、美味しい。カウンター席だと、外の眺めもいいですよ。happy02 beer

20180331_hirou_kaifuku

食事は、管理栄養士健康メニューにしました。600円。ヘルシー(485kcal)・健康(576kcal)・疲労回復(590kcal)の3種類あったので、「疲労回復」を選択。沢山運動した方へエネルギー補給にはこのメニューを!。restaurant

レストランは、入浴施設内に併設されています。受付で鍵を受け取り、食事後、受付で代金を支払う形になります。レストランのみ利用の場合は、入館料1時間以内なら無料です。ticket

20180331_tettou

外を眺めると、長細い塔があります。これは、電波塔で、NHKのFM放送用として建設された送信所で、「新開タワー」とも呼ばれています。高さ173mのロケット型のタワーで区内のいたるところからその姿を目にすることができます。現在はデジタル放送の送信も行われています。tv

ちなみに、ここでの詳細レポは、「さいたま市桜環境センターを訪れた。レストラン彩土で管理栄養士健康メニューを味わう2018。」へどうぞ。paper

20180530_sakura_namiki_1

桜並木を歩いていきます。3月なのでまだ桜が咲いていないな。cherryblossom

20180530_sakura_namiki_2

一部の木には、既に桜の花びらが開花していました。今年は暖かい日が続いたから早まったのでしょう。cherryblossom

20180330_ichigoya_1

コースポイントfourか所目は、「しびらきファームいちご屋」です。桜環境センターから6分。秋ヶ瀬公園の近く、鴨川堤桜通り沿いにいちご農場があります。シーズンはいちご狩りが楽しめるよ。apple

しびらきファームいちご屋は、2017年1月15日にオープンしました。しびらきファームは、障害を持った人たちが、地域で暮らすみなさまと出会い触れ合いながら、栽培・加工・販売などのしごとに取り組むということを支援しています。cancer

では、ビニールハウス内に入ってみましょう。chick

20180330_ichigo_1

既に本日分のいちごの販売は終了してしまったとの事。う~ん、残念。ハウス内には、赤いイチゴがいい感じに実っているね。bud

20180330_ichigo_2

ありがたい事に、サービスで販売しない少し質的に外れた苺1個試食頂けました。おぉ、嬉しい~。happy02

では、パクッ。おぉ、苺の酸味が良く美味しいね。delicious

20180330_house

栽培しているいちごは、「さがほのか」と「紅ほっぺ」の2種類。高設ベンチ式栽培なので、座らず少し腰を低くしただけで、いちごを取る事ができる。子供たちにちょうど良いかも。event

20180330_ichigo_3

小さないちごも時間をかけると赤く大きくなるんだね。clock

ここの地名は漢字で「新開」と書くが、読み名は「しびらき」である。なるほど、ひらがなにして誰もが読めるようにしたんだね。知るまで「しんかい」だと思ったよ。school

ちなみに、ここでの詳細レポは、「しびらきファームいちご屋を訪れた。苺美味しい2018。」へどうぞ。paper

20180530_river

大槌川沿いの遊歩道を歩いていく。ここも、桜並木になっています。fish

20180530_route17

国道17号線バイパス、横断歩道橋で渡ります。wheelchair

20180530_kouminkan

コースポイントfiveか所目は、「土合公民館」です。しびらきファームいちご屋から18分。駅ハイ参加者向けに甘酒のふるまいがあったようだが、既に終わっていた。building

20180530_hina_ningyou

館内にはお雛様が飾られていました。このお内裏さまは古今雛といい、明治時代、約140年前のものです。virgo

20180427_utiki_syuzou

コースポイントsixか所目は、「内木酒造」です。土合公民館から4分。安永4年(1775年)創業で、清酒旭正宗醸造元となっている。浦和では唯一の酒蔵です。event

20180427_sansyuyu

門前には、山茱萸(サンシュユ)の木がありました。黄色い花を咲かせているね。xmas

20180427_ie

敷地中央に建てられた店舗兼主屋及び離れは、質の高さと歴史的な価値を有していることから平成29年(2017年)に国登録有形文化財に登録されました。重厚な構えを持つ、明治初期の商家です。house

この建物の中が売店となっているので、入ってみましょう。door

20180427_setumei

製造に関しては、埼玉県産の酒米(さけ武蔵)を主に使用しています。riceball

20180427_tejyunn

清酒のできるまでの説明板がありました。karaoke

20180427_sakadaru

酒樽ですね。club

20180427_hina

浦和レッズ仕様のレッズ雛が飾られていました。virgo

20180427_reds

内木酒造はいろいろ受賞されています。そして、浦和レッドダイヤモンズ後援会の法人会員もされているようですね。soccer

20180427_hiyazake

売店で、旭正宗まったくの生・吟醸生を購入しました。店前のお庭で味わいました。この日は、快晴暖かな日。そんな中冷えたお酒は美味しいね。bottle

20180427_inu

2代目看板犬「れい」です。2017年8月生まれ。dogriceball

ちなみに、ここでの詳細レポは、「内木酒造を訪れた。旭正宗まったくの生を味わう2018。」へどうぞ。paper

20180428_iouji

コースポイントsevenか所目は、「医王寺」です。内木酒造から9分。真言宗智山派の寺院で、上宮山と号す。創建年代等は不明。event

20180428_nyoraizazou

大日堂にて、通常非公開の文化財・木造大日如来坐像が特別に拝観できました。shadow

この大日如来坐像は、像高約1mのほぼ等身の仏像です。ヒノキ材の寄木造りで、彫眼、漆箔が施されています。頭部には角形の宝冠を戴き、仏の法徳を手指で表す印相は、膝上で両手先を重ね合わせる法界定印です。なお、宝冠・台座・光背などは後補のものです。karaoke

20180428_nyoraizazou_2

大日如来は密教における中心仏で、内在する理徳を示す胎蔵界大日如来と、智徳を示す金剛界大日如来とがあります。法界定印を結ぶこの像は、胎蔵界大日如来を表しています。leo

細身で均整のとれた体躯、浅い衣紋、円満な面相などから、平安時代末期、十二世紀後半頃の在地仏師の作と考えられ、遺存例の少ない胎蔵界大日如来像としても貴重なものです。ring

木造大日如来坐像は、埼玉県指定有形文化財(彫刻)に指定されています。国指定重要美術品にも指定されている。crown

20180428_dousyou_2

こちらは、銅鐘です。さいたま市指定有形文化財(工芸品)に指定されている。sagittarius

江戸時代中期、宝暦14年(1764年)に造られたものです。その銘文から、かつて西堀にあった宝性寺の慈観が願主となり、西堀村中が施主となって江戸神田の鋳物師長谷川国重に鋳造させたものであることがわかります。spade

20180428_dousyou_1

鐘を1回撞いても良いですよと言われたので、ゴ~ンと撞きました。音が響くね。bell

20180428_dousyou_4

江戸時代中期ころ、梵鐘が盛んに造られましたが、この銅鍾は撞座が4カ所あること、百個ある乳の上に梵字を陽刻していることなどの特色があり、見るべきところの多い貴重なものです。music

医王寺の銅鍾は、市内にある梵鐘としては、戦時供出をまぬがれた唯一の例です。dollar

20180428_mon

ちなみに、ここでの詳細レポは、「医王寺を訪れた。木造大日如来座像を拝観してきた2018。」へどうぞ。paper

20180530_denpatou

ビュースポットからの眺め。先には電波塔、新開タワーが見えます。airplane

20180518_torii

コースポイントeightか所目は、「西堀氷川神社」です。医王寺から5分。住宅街の中にあります。大宮の武蔵一宮、氷川神社を勧請したと伝えられ、室町時代の創建といいます。event

では、鳥居をくぐりましょう。door

20180518_haiden

森に覆われた境内、参道を真っ直ぐ歩くと拝殿になります。まずは、参拝。confident

西堀氷川神社は、素戔嗚命と櫛稲田姫命を祀っています。shadow

本殿は、市指定有形文化財(建造物)に指定されている。二間社流造で建てられ、建立は江戸時代の中期から後期頃と考えられています。house

20180518_kusunoki

西堀氷川神社のシンボル、御神木のクスノキです。パワースポットですよ。xmas

20180518_setsumei

関流算額が奉納されています。算額は、和算という日本独自の数学を学んだ人々が、難問を解けたことに感謝するとともに、和算の普及を図ることを目的に奉納したものです。市指定有形文化財(歴史資料)に指定されている。mobilephone

ちなみに、ここでの詳細レポは、「西堀氷川神社を訪れた2018。」へどうぞ。paper

20180530_kokeshibasi

こけし橋を渡ります。chick

20180530_nakaurawa_st

ゴールとなる中浦和駅に到着しました。西浦和駅をスタートしてから中浦和駅にゴールするまで4時間36分かかりました。ふぅ~。ゴール受付はありません。motorsports

20180530_saikyou_line

さいたま市桜区の駅からハイキングは初めてのコース参加。荒川など風景の良いスポットがあり、いちご狩りや酒造訪問ができ、なかなか良いコースだと思います。scissors

JR埼京線に乗って帰ります。subway

という事で、駅からハイキング「春を待つサクラソウ自生地をめぐる~桜区自然・歴史探訪~」に参加してきたレポでした~。happy01

ちなみに、各訪問地詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20180530_panf_1

配布パンフレット表面です。memo

20180530_panf_2

配布パンフレット裏面です。コースルート付き。memo

JR東日本・駅からハイキング「春を待つサクラソウ自生地をめぐる~桜区自然・歴史探訪~」 開催期間:2018年3月15日(木)~17日(土) 所要時間:約3時間30分(見学時間等を含む) 歩行距離:約8.5kminfo02

スタート:西浦和駅→①薬王院→②田島ヶ原サクラソウ自生地→③桜環境センター→④しびらきファームいちご屋→⑤土合公民館→⑥内木酒造→⑦医王寺→⑧西堀氷川神社→ゴール:中浦和駅info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月21日 (水曜日)

駅からハイキング「初企画!4市共催 中山道上尾宿~鴻巣宿をめぐる」に参加してきた(2018.03.03)。

上尾宿・桶川宿・北本間の宿・鴻巣宿、中山道4つの宿場町をめぐってきた。penguin

20180321_takasaki_line

さて、やってきたところは、JR高崎線上尾駅です。駅ハイ参加の為に訪れた。今回は、2018年3月2日(金)~4日(日)開催、駅からハイキング「初企画!4市共催 中山道上尾宿~鴻巣宿をめぐる」に参加です。train

20180321_uketsuke

改札口を出たところで受付です。pass

20180321_panf

受付時に配布されたパンフレット類。今回は、4市合同なので、上尾市・桶川市・北本市・鴻巣市、各自治体の観光パンフレットがどっさりだ。近隣の伊奈町も含まれていた。memo

20180321_kan_batch

恒例の缶バッチは、115系懐かしの新潟色でした。present

20180321_syukuba_info

今回めぐる4つの宿場町の紹介。spade

20180321_ageo_st

今回は、上尾駅をスタートし、上尾宿・桶川宿・北本間の宿・鴻巣宿と中山道を北上し、ゴールが鴻巣駅となるコース。歩く距離は約15kmとロングコース。いにしえの足跡に思いを馳せながら頑張って歩きましょう!。rock

20180310_ume

コースポイントone個所目は、「氷川鍬神社」です。上尾駅から3分。上尾宿の総鎮守で、地元では「お鍬さま」と呼ばれて親しまれているようです。境内では梅が綺麗に咲いていますね。cherryblossom

20180310_haiden

祭神は、稲田姫命と豊鍬入姫命です。氷川鍬神社は、江戸時代には鍬大神宮や太神宮と呼ばれた。神社の創始は、童子が警護する御神体の入った櫃を、中山道の街道筋の人々が「鍬踊り」を踊りながら宿場から宿場へ送り継ぎ、最終的に上尾宿に鎮座したので祀ったという伝承がある。house

ちなみに、ここでの詳細レポは、「上尾宿の総鎮守、氷川鍬神社を訪れた2018。」へどうぞ。paper

20180313_araiya

コースポイントtwo個所目は、「屋根の鐘馗様」です。氷川鍬神社から1分。以前は屋根の上にあって裏鬼門(南西)の方をにらんでいたそうです。道を隔てて向側の井上家の鬼瓦に対峙して向かい合わせに設置されています。このような対峙は上尾特有なものだそうです。leo

ちなみに、ここでの詳細レポは、「中山道上尾宿脇本陣の鐘馗様を見てみた2018。」へどうぞ。paper

20180321_ageo_syuku

上尾駅・上尾宿界隈。中山道を北上していきます。chick

20180314_henjyouin

コースポイントthree個所目は、「遍照院」です。「へんじょういん」と読む。屋根の鐘馗様から9分。motorsports

遍照院は室町時代の応永元年(1394年)に開山された。日乗山秀善寺遍照院と号す。真言宗智山派の寺院である。house

御本尊は大聖不動明王です。罪業が深く教化しがたい衆生のため怒りの姿に化身して救道するとされ、諸願を成就し、災害を除き、財宝をえしめる仏として厚く信仰されています。confident

20180314_koujyo

孝女お玉の墓です。お玉は越後の国の貧しい家に生まれ、親の生活を楽にしようと11歳のときに武蔵国上尾宿の大村楼に身を売りました。生まれつきの美貌と賢さでたいへん評判になりましたが、病に侵され20歳という若さでこの世を去りました。大村楼の主人が、お玉の孝行心に心を打たれ、手厚く葬ったとされています。virgo

上尾のボランティアスタッフの方に詳しくお話してもらえました。karaoke

ちなみに、ここでの詳細レポは、「上尾の古刹、遍照院を訪れた2018。」へどうぞ。paper

20180321_bunraku

明治27年創業の上尾の酒蔵「文楽」がありました。bottle

20180321_okegawasyuku

桶川市・中山道桶川宿界隈に入った。music

20180315_shimamurake_jyuutaku_dozo

コースポイントfour個所目は、「島村家住宅土蔵」です。遍照院から44分。桁行六間、梁間三間の木造三階建ての土蔵で、江戸時代後期の天保7年(1836年)の建築と伝えられています。島村家は中山道桶川宿の本陣近くに店を構えた穀物問屋木嶋屋の総本家である。bank

20180315_kura

入館料100円支払い館内を見学してきました。桶川の豪商だけに、いろいろな歴史物が多く収集されているよ。dog

20180315_yanegawara

土蔵の屋根の両端にある鬼板には当時の屋号の一字をとった「木」の字が刻まれています。leo

館内の見学には、ボランティアスタッフの方がつきっきりでガイド案内して貰えました。最後に階段を上り、この鬼板も見させてもらえました。karaoke

ちなみに、ここでの詳細レポは、「島村家住宅土蔵を見学してきた2018。」へどうぞ。paper

20180321_yabeke_jyuutaku

コースポイントfive個所目は、「矢部家住宅」です。島村家住宅土蔵から2分。桶川宿で唯一現存する土蔵造りの店蔵。house

20180321_toriodoshi

文庫蔵は、鬼瓦の上から棘状の棟飾りがあります。「烏」または「烏おどし」とも呼ばれ鳥よけと言われています。chick

20180321_honjinikou

桶川宿本陣遺構です。県指定文化財。event

20180316_nakasendou_syukubakan

コースポイントsix個所目は、「中山道宿場館」です。矢部家住宅から2分。中山道宿場館は、桶川市の宿場情報や市内の史跡・観光情報の案内を行う。さらに、中山道の色々な情報も扱っている桶川の案内所だ。postoffice

20180316_hinakazari_3

館内では、雛飾りの展示がありました。お雛様とお内裏様をはじめ、雛飾り一式揃っています。virgo

ちなみに、ここでの詳細レポは、「中山道宿場館のおひなさま2018。」へどうぞ。paper

20180321_kitamotosyuku

北本市・中山道北本宿界隈に入りました。cute

20180317_osyamojisama

コースポイントseven個所目は、「おしゃもじ様」です。中山道宿場館から30分。子供が病気(百日咳や、はやり風邪)になると、ここへお参りして帰りにおしゃもじを一本お借りして、帰ります。そのおしゃもじを使ってご飯を盛り、病気(百日咳や、はやり風邪)が治ると、お借りしたおしゃもじに、さらに新しいものを一本付けて、お返ししました。restaurant

そのおしゃもじさまは高崎線のそばにありましたが、高崎線が複線になる時、山林の中に移設されました。お参りするには非常に不便になりましたので、戦後(太平洋戦争)、現在の地に移しました。train

ちなみに、ここでの詳細レポは、「二ツ家稲荷神社を訪れた。おしゃもじ様を祀る2018。」へどうぞ。paper

20180318_mukuroji_2

コースポイントeight個所目は、「ムクロジ」です。おしゃもじ様から31分。多聞寺の境内にムクロジ科の落葉喬木であるムクロジがある。ムクロジを漢字で書くと「無患子」である。xmas

ムクロジは、樹高17m、目通り4.2m、根回り7.8m、枝張り15.76mの巨木だ。樹齢約200年で埼玉県指定の天然記念物です。crown

いゃあ、とにかく太い幹だなという印象。今3月は枝だけだが、6月下旬には淡い緑色の花が咲きます。clover

ちなみに、ここでの詳細レポは、「多聞寺を訪れた。天然記念物のムクロジを眺める2018。」へどうぞ。paper

20180319_torii_2

コースポイントnine個所目は、「東間・浅間神社」です。ムクロジ(多聞寺)から10分。car

20180319_kaidan

鳥居をくぐり真っ直ぐ参道を進む。階段を登った山上に拝殿がある。snowboard

江戸中期、富士山信仰の広まりにより富士塚として築かれた山の上に社殿を建てた。赤ちゃんの成長を祈願する初山参りが行われます。fuji

ちなみに、ここでの詳細レポは、「東間浅間神社を訪れた2018。」へどうぞ。paper

20180321_hirotaya

鴻巣市・中山道鴻巣宿界隈に入りました。鴻巣市は人形の町。広田屋など人形店がいくつかあります。virgo

20180309_hinanosato

コースポイントonezero個所目は、「鴻巣市産業観光館「ひなの里」」です。東間浅間神社から27分。event

20180309_hinakazari_2

施設内では、ひな蔵特別展が開催されていました。鴻巣びっくりひな祭りのサテライト会場の1つである。pisces

20180309_gotenkazari

こちらは、御殿飾りです。leo

20180309_hinakazari_4

こちらは、祭り山車人形雛・五人飾りです。bar

20180309_hinakazari_1

竹に入った雛飾り。moon3

20180309_tsurushihina

蔵の中の吊るし雛。libra

20180309_hinakazari_3

花に囲まれた雛飾り。見事な雛飾りである。tulip

ちなみに、ここでの詳細レポは、「鴻巣市産業観光館「ひなの里」にて、ひな蔵特別展・雛飾りを鑑賞する2018。」へどうぞ。paper

20180320_hondou

コースポイントoneone個所目は、「勝願寺」です。ひなの里から6分。「しょうがんじ」と読む。関東十八檀林(僧の学問所)の一つに数えられる。徳川家康が鷹狩りで鴻巣を訪れた際、ここ勝願寺を立ち寄っていたようです。円誉不残上人に感銘を受け、徳川家康より将軍家の「葵紋」の使用を許可されました。leo

20180320_haka

こちらには、真田小松姫の墓・真田信重の墓・伸重の宝の墓・仙石秀久の墓があります。club

小松姫は本田忠勝の娘で、家康の養女となり、真田信之の嫁となる。平成28年(2016年)のNHK大河ドラマ「真田丸」では、真田幸村(堺雅人さん)の兄・真田信之(大泉洋さん)の嫁・稲(吉田羊さん)が小松姫である。tv

20180320_nioumon

こちらは、仁王門です。立派な威厳ある門ですね。door

仁王門の両端には、仁王像が安置されている。実はこの仁王像、高さ的に入りきらず、少し足の部分を切っているとの事。ちょっと短足な仁王像となっている。denim

ちなみに、ここでの詳細レポは、「勝願寺を訪れた2018。」へどうぞ。paper

20180304_hinakazari_04

コースポイントonetwo個所目は、「エルミこうのす」です。勝願寺から10分。ここでは、鴻巣びっくりひな祭り2018が開催中でした。2階建ての高さまであるピラミッドひな壇は、いつ見てもすごいね。coldsweats01

20180304_hinakazari_01

鴻巣びっくりひな祭り、メインのひな壇は、31段あり高さは7mもある。ピラミッド型のひな壇としては日本一だ。fuji

ひな人形は何体飾られているかというと、ピラミッドひな壇には1831体、ステージ上の飾り492体あります。サテライト会場を含め全体合計で約1万体のひな人形が飾られています。snowboard

20180304_hinakazari_03

今度は下から眺めてみた。見上げないとてっぺんが見えないよ。hairsalon

20180304_hinakazari_05

ひな人形は市民から集めてきたもので、それらをボランティアの方々がひな壇に設置されているそうだ。gemini

20180304_hinakazari_06

お内裏様とお雛様~♪。toilet

20180304_ensou

ひな壇の前で、ステージ演奏がありました。notes

ちなみに、ここでの詳細レポは、「鴻巣びっくりひな祭り2018、ひな人形で飾る日本一高いピラミッドひな壇を見てきた。」へどうぞ。paper

20180321_kounosu_st

ゴールとなる鴻巣駅に到着しました。ふぅ~、今回は歩き疲れたなぁ。sweat01

上尾駅をスタートしてから、鴻巣駅にゴールするまで、6時間9分かかりました。motorsports

20180304_maku

鴻巣駅コンコースには、鴻巣びっくりひな祭りの幕が掲げられている。ship

20180321_hinakazari

駅構内には、ひな人形花飾りが展示されていた。さすが、鴻巣は人形の町・花の町である。tulip

20180321_takasaki_line_2

帰りも高崎線で。train

今回は、上尾駅から鴻巣駅までと4市合同開催は初との事。宿場町、昔からの繁栄が分かったウォーキングでした。久しぶりロング距離で足が疲れたな。coldsweats01

という事で、駅からハイキング「初企画!4市共催 中山道上尾宿~鴻巣宿をめぐる」に参加してきたレポでした~。happy01

ちなみに、訪問個所詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20180321_panf_2

パンフレット表面です。memo

20180321_map

コースマップです。ガイド付き。(画像をClickすると4倍拡大表示します。)search

JR東日本・駅からハイキング「初企画!4市共催 中山道上尾宿~鴻巣宿をめぐる」 開催期間:2018年3月2日(金)~4日(日) 所要時間:約5時間(見学時間等を含む) 歩行距離:約15kminfo02

スタート:上尾駅→①氷川鍬神社→②屋根の鐘馗様→③遍照院→④島村家住宅土蔵→⑤矢部家住宅→⑥中山道宿場館→⑦おしゃもじ様→⑧ムクロジ→⑨東間・浅間神社→⑩鴻巣市産業観光館「ひなの里」→⑪勝願寺→⑫エルミこうのす→ゴール:鴻巣駅info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月21日 (木曜日)

駅からハイキング「秋の田園、バラとコスモスを楽しむ」に参加してきた(2017.10.28)。

蓮田から伊奈へ10kmウォーキング。shoe

20171201_utsunomiya_line

さて、JR宇都宮線に乗ってやってきたところは、蓮田駅です。駅ハイ参加の為に訪れたよ。今回は、2017年10月27日(金)~29日(日)開催、駅からハイキング「秋の田園、バラとコスモスを楽しむ」に参加です。train

20171221_uketsuke

蓮田駅西口にて受付を済ませる。pass

20171221_senbei_batch

受付時に、はすびぃおせんべいが貰えた。あと、恒例の缶バッチは、新幹線E7系でした。present

20171201_syarin

蓮田駅西口ロータリーには、動輪のモニュメントが設置されています。左がD51 484号機、右が115系電車の動輪です。eye

ちなみに、ここでの詳細レポは、「JR蓮田駅西口に設置されたD51 484号の車輪と115系電車の車輪モニュメント2017。」へどうぞ。paper

20171221_cource_route

今回の駅ハイコースルートです。蓮田駅を出発し、ゴールの内宿駅まで約10kmのウォーキングコース。頑張って歩きましょう。scissors

20171123_park_1

コースポイントone個所目は、「堂山公園」です。蓮田駅から7分。市立図書館の近くに位置します。club

20171123_park_2

散歩しやすく道幅が広い道だ。木々で覆われた感じです。flag

20171123_zou

飯野喜四郎氏の銅像。昭和初期に埼玉大学や春日部高校を設置し、県内教育の向上に尽力された方です。その生家がここで、この跡地に公園が整備されました。school

20171123_park_5

木々が紅葉し始めましたね。maple

20171123_park_6

木造のターザンロープなど、アスレチック遊具がいくつか設置されていました。tennis

ちなみに、ここでの詳細レポは、「堂山公園を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20171202_park_2

コースをちょっと外れて立ち寄ったところが、元荒川河川敷公園です。周囲は住宅街なのだが、元荒川沿いに続く緑地公園になっている。川沿いの木は、桜の木で、春になると、桜が咲き誇り、花見客で賑わうそうだ。cherryblossom

20171202_park_3

ベンチが設置されているのて、元荒川を眺めながら、のんびりってのもいいかもね。japanesetea

ちなみに、ここでの詳細レポは、「元荒川河川敷公園を立ち寄った2017。」へどうぞ。paper

20171208_nishijyounuma_1

コースポイントtwo個所目は、「西城沼公園」です。堂山公園から22分。「にしじょうぬまこうえん」と読む。平成4年(1992年)に開園した市営公園。西城沼を囲むように敷地が広がり、約4.5haの広さを誇る。club

いい感じの大きさである沼で、魚釣りを楽しむ人もいます。ちょいと、園内をぐるり歩いてみよう。fish

20171208_yuuhodou_1

公園は長方形のような長細い形をしていて、周囲は1周ぐるりと散策路になっている。1周約800mあり、ジョギングにも良さそう。shoe

20171208_suberidai

公園の中央部には、子供遊具広場があります。こちらは、カラフルなすべり台だ。snowboard

20171208_athretic

アスレチックもあります。t-shirt

20171208_dokan

土管があるのも懐かしい。subway

なんと、立体迷路まであります。子供たちには、しっかりと楽しめる遊具広場だな。golf

20171208_hiroba_1

公園の北側には、多目的芝生広場があります。club

ちなみに、ここでの詳細レポは、「西城沼公園を訪れて、園内散策してきた2017。」へどうぞ。paper

20171213_torii

天満神社に立ち寄ってみました。御祭神は、菅原道真公・西足令・訶志古祀命です。shadow

20171213_icyou_1

境内、拝殿の左手に、大きなイチョウの木があります。葉も黄色がかってきました。晩秋になると、黄葉いい感じになる事でしょう。保存樹木に指定されています。maple

ちなみに、ここでの詳細レポは、「天満神社(蓮田市西城)を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20171209_motoarakawa

元荒川沿いを北上していきます。対岸に見える工場が、次のコースポイントです。fish

20171209_seiryuu_syuzou

コースポイントthree個所目は、「清龍酒造」です。西城沼公園から18分。清酒「清龍」をはじめ、米焼酎・リキュール等を主力商品として生産・販売している酒蔵です。創業は150年を超える。event

20171209_osake_1

店頭で日本酒の試飲ができました。これ、楽しみにしていましたよ。各種あるので、順に頂こう。eye

20171209_shiin_2

では、くぴっ。ぷふぉ~、いい味わいだ。いゃあ~、純米大吟醸「伝」はいいね。bottle

20171209_itiran

今シーズンのお酒のラインアップ。baseball

清龍酒造は蔵元(本社工場)にて、お客へ直接販売している。直売という販売スタイルをとっているのだ。24hours

20171209_syouhin

お気に入りのお酒があったら、購入しましょう。dollar

20171209_pudding_1

酒粕から生まれた絶品スイーツも販売していました。cake

20171209_pudding_2

酒粕プリン「健康美人」です。購入して、食べてみた。ぱくっ。酒粕の風味はあるが、美味しい濃厚なプリンだ。chick

20171209_syuzouba

酒蔵工場もあり、お酒が造られています。cute

20171209_kuramoto_kengaku

清龍酒造の蔵元見学ツアー、行ってみたいんだよね。とにかく、すごいみたいで...。テレビでも結構話題に取り上げられています。bell

しっかり、試飲を味わったところで、ここを、あとにしました。denim

ちなみに、ここでの詳細レポは、「清龍酒造を訪れた2017。地酒を試飲してきたよ。」へどうぞ。paper

20171214_road_1

コースポイントfour個所目は、「見沼代用水」です。清龍酒造から4分。用水路沿いに続く道は、緑のヘルシーロードです。この道は、埼玉県にある見沼代用水に沿って設けられた自転車歩行者農耕車専用道路だ。利根大堰(行田市)から川口グリーンセンター(川口市)まで、延長56.5kmある。ロングロードなんだね。snail

20171214_cat

この道を歩くと、いつも野良猫が集団でいるんだよね。エサが貰えるのかなぁ。cat

20171214_road_3

蓮田市の区間を北方向へ歩いている。起点となる利根大堰までは、28kmだ。libra

20171214_tsutsumisoto

こちらは、堤下公園です。アスレチックや東屋がある。bicycle

20171214_yuu

珈琲自家焙煎「悠」があります。気になるコーヒー屋さんだな。cafe

ちなみに、ここでの詳細レポは、「緑のヘルシーロード(蓮田市区間)を歩く2017。」へどうぞ。paper

20171101_kosumosu_1

コースポイントfive個所目は、「駒崎コスモス畑」です。蓮田市駒崎地区にあるコスモス畑で、見沼代用水沿いに位置する。休耕田を利用して、コスモスの栽培を行われています。tulip

20171101_kosumosu_3

ここのコスモス畑。かなり広域にコスモスが広がるのだ。約6ha程の敷地に咲き誇る。平成10年度から栽培がおこなわれ、蓮田市内最大のコスモス畑になりました。club

20171101_kosumosu_2

コスモスの花が満開になる10月から11月にかけて、現地で地元農産物の直売やコスモスの摘み取りなどのイベントを実施しています。yacht

ちなみに、ここでの詳細レポは、「駒崎コスモス畑を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20171221_uniqus_ina

コースポイントsix個所目は、「ウニクス伊奈」です。駒崎コスモス畑から25分。複合ショッピングセンターです。24hours

20171221_bussankan

ウニクス伊奈にある、「いな物産館」では、駅ハイ参加特典で割引販売のサービスがありました。dollar

20171030_bara_3

コースポイントseven個所目は、「伊奈町制施行記念公園バラ園」です。ウニクス伊奈から10分。秋のバラ園は入園無料なので、気軽に訪れ観賞する事ができます。(※春のバラ園は有料)。chick

このバラ園は、約1.2haの敷地に、木バラ、つるバラなど、300種4800株を超えるバラが植えられている。denim

バラを観賞しながら散歩できる通路やバラのアーチもあり、間近でバラを楽しめるようになっています。eye

20171030_bara_2

淡いピンク色のバラの花がかわいらしい。tulip

20171030_bara_1

黄色いバラの花もいいものだ。fullmoon

20171030_bara_4

台風21号の影響があったようだが、蕾は残っていて、今年の秋のバラは、10月下旬から11月中旬頃にかけて見頃を迎えていくようです。bell

訪れた日は雨で鑑賞客は少なかった。バラのピークも、あともう数日先だね。まだ蕾が多い。rain

20171221_goods

ここで、駅ハイ参加プレゼントで、ローズちゃんグッズが貰えました。present

20171030_gate

西側の入口ゲート。葉の色も黄色になりかけていて、秋なのかなぁ。maple

ちなみに、ここでの詳細レポは、「伊奈町制施行記念公園、秋のバラ園を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20171215_utijyuku_st_1

ゴールとなる埼玉新都市交通内宿駅に着きました。伊奈町制施行記念公園バラ園から8分。motorsports

蓮田駅をスタートしてからゴールの内宿駅到着まで3時間51分かかりました。clock

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:19949歩 消費カロリー:886.3kcal 消費脂肪量:126.6g 歩行距離:12.96km 歩行時間:2時間43分 平均時速:4.74km/h エクササイズ量:9.2Exinfo02

20171215_utijyuku_st_2

内宿駅は、1面2線のホーム。転落防止用の柵が設置されている。door

20171215_untenseki

運転席です。終着駅なので、この先は車止め。ニューシャトルは、ゴムタイヤ式AGT(新交通システム)です。だから、線路は無いのだ。game

20171215_new_shuttle_2

内宿駅から大宮駅へ向かいます。さぁ、乗り込もう。run

ちなみに、ここでの詳細レポは、「内宿駅からニューシャトルに乗ってみた2017。」へどうぞ。paper

20171209_omiyage

今回のお土産は、清龍酒造の清龍・大吟醸です。試飲していて1番飲みやすかった。とても、すっきり飲みやすい味わい。早速、宅飲みで~す。bottleheart01

蓮田市から伊奈町への駅ハイは5年ぶりの参加でした。後半からは雨が降る悪天候。ただ、清龍酒造の試飲が1番の楽しみだったので良しのコースでした。bottle

という事で、駅からハイキング「秋の田園、バラとコスモスを楽しむ」に参加してきたレポでした~。happy01

ちなみに、訪問個所詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、過去開催時、蓮田駅→内宿駅の駅ハイ参加レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20171221_cource_map

コースマップです。(写真画像Clickすると4倍拡大表示します。)memo

JR東日本・駅からハイキング「秋の田園、バラとコスモスを楽しむ」 開催期間:2017年10月27日(金)~29日(日) 所要時間:約4時間(見学時間等を含む) 歩行距離:約10kminfo02

スタート:蓮田駅西口→①堂山公園→②西城沼公園→③清龍酒造→④見沼代用水→⑤駒崎コスモス畑→⑥ウニクス伊奈→⑦伊奈町制施行記念公園バラ園→ゴール:埼玉新都市交通内宿駅info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月22日 (水曜日)

駅からハイキング「白岡市制施行5周年記念 白岡市の旧道と寺社を巡る」に参加してきた(2017.09.30)。

埼玉県白岡市の寺社巡りウォーキング。shoe

20171122_utsunomiya_line_1

さて、JR宇都宮線に乗ってやってきたところは、新白岡駅です。駅ハイ参加の為に訪れました。今回は、2017年9月28日(木)~30日(土)開催、駅からハイキング「白岡市制施行5周年記念 白岡市の旧道と寺社を巡る」に参加です。train

20171122_uketsuke

新白岡駅東口にて、受付を済ませました。コースマップ等を取得。pass

20171122_kan_batch

恒例の缶バッチは、E5系 新幹線でした。bullettrain

20171122_cource_route

今回の駅ハイコースルートです。karaoke

美しい街並みのニュータウンを出発し、旧道の途中に散在する歴史ある社寺を見学していきます。carouselpony

20171122_shin_shiraoka_st

今回は、約8.5kmのウォーキングコース。どんより曇り空だが、頑張って歩きましょう。rock

20171122_road_01

新白岡駅から続く通りは、ニュータウン閑静な住宅街だ。house

20171023_torii

コースポイントone箇所目は、「高岩天満神社」です。新白岡駅から11分。天満神社は、応永31年(1424年)、付近にあった泉蔵院(明治初年に廃寺)の住職寂元が、菅原道真公の画像を京都から持ってきて、同32年に高岩村の鎮守として祀ったのが始まりと伝わっています。子年と午年に御開帳が行われ、祭神が菅原道真公であることから学問の神様として信仰されています。pencil

20171023_sengengu

こちらは、浅間宮です。music

20171023_mizuya

こちらは、水舎(みずや)です。御参拝の前に手を洗い口を清めるところです。aquarius

20171023_sekihi

石碑があり。山岡鉄太郎墨跡・高岩天満神社奉納絵馬群が市の指定文化財になっている。ribbon

20171023_tikaraishi

力石があります。fullmoon

20171023_haiden

鳥居をくぐり、参道を真っ直ぐ歩くと、拝殿があります。ここで、参拝。confident

20171023_honden

拝殿の裏手にまわり、本殿を眺める。house

20171023_oosugi_jinjya

参道の東側に、大杉神社があります。sports

高岩では、「あんば様」と呼ばれる大杉神社。これは江戸末期に伝染病が流行した時に病気を鎮めるために勧請した社で「ふせぎ」として行われ、祭りには神輿が地内を廻る。bicycle

ちなみに、ここでの詳細レポは、「高岩天満神社を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20171024_sanmon

コースポイントtwo箇所目は、「忠恩寺」です。高岩天満神社から10分。浄土宗に属し、鴻巣市勝願寺の末寺で高岩山覚了院と号する。event

入り口にある赤い門は、山門(仁王門)です。門は、朱塗りの八脚門で、かつては、萱葺きながら二層構造を持つ堂々たるものであったものと思われるが、数度の修理を経て縮小され、現在の入母屋造りの瓦葺となったという。市指定文化財となっている。door

20171024_cyuonji_1

先に本堂があります。本尊は阿弥陀如来である。shadow

当寺は天喜2年(1054年)、渋江兼重が開基と伝えられ、始めは天台宗であった。浄土宗へ改めたのは応永19年(1412年)に示寂(死去)した僧大誉岌意の代という。pocketbell

20171024_cyuonji_2

当寺の中興開基(再興すること)は太田道灌ともいわれ、とりわけ戦国武将の岩付(岩槻)太田氏から厚く信仰された。道灌の曾孫で岩付城主の太田資正は、忠恩寺の門前百姓の課役を免除する文書を与えている。その後、慶安2年(1649年)の三代将軍徳川家光以来、歴代将軍が寺領30石を寄進する朱印状を与えている。leo

当寺はたびたび火災にあい、山門(仁王門)以外の伽藍を焼失してしまっている。山門は境内の九品仏、十三仏や朱印状などとともに市指定文化財となっている。flag

20171024_shimomabashiato

山門前の道路を少し北のところに、「下馬橋跡」(げばばしあと)があります。下馬橋と言われる石橋は、参詣者はそこで馬から降りたと伝えられています。horse

ちなみに、ここでの詳細レポは、「忠恩寺を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20171122_inekari

稲刈り稼働中。riceball

20171025_itirizuka_1

コースポイントthree箇所目は、「一里塚」です。忠恩寺から18分。この一里塚は日光御成道に設けられたもので日本橋から11番目にあたる。日光御成道は将軍が日光東照宮に参詣するための専用の道で、鎌倉街道と称される古道を整備して利用したものと思われる。leo

一里塚は中国で榎樹を植え銅表を立てて里数を記した堠塊の制に起源をもつ。日本では一般に徳川氏が制度化したといわれている。club

20171025_itirizuka_3

慶長9年(1604年)徳川家康は秀忠に命じて、江戸日本橋を起点にして榎を植えた一里塚を築かせ、全国に普及させた。一里塚の造築は、大久保長安が総督として司どり、幕領は代官に、私領は領主に命じて行わせた。moon3

榎を一里塚に採用したのは、榎の根が広く張って塚を固め、塚が崩れにくするためであった。しかし、榎の代りに松などを植えた地方もあった。xmas

20171025_itirizuka_2

下野田一里塚は道の東西に一理塚が現存する。こちらは、西側の塚。道を挟んだ反対側にある東側の塚は、榎は枯死し、現在はムクノキが植えられている。bud

東西両側に塚の残る一里塚としては埼玉県内唯一で、県指定史跡に指定されている。道路拡張工事等で塚を壊される事が多く、ここのように道の両側に塚が残るのは珍しいとの事。building

ちなみに、ここでの詳細レポは、「日光御成道・下野田一里塚を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20171122_himekawa

姫宮落川のちょい秋風景。maple

20171122_soba

そばの白い花が広がる風景。capricornus

20171026_hondou

コースポイントfour箇所目は、「正伝寺」です。一里塚から13分。曹洞宗の寺院で、大徳寺の末寺です。正伝寺の開山時期は明らかではないが、一説には戦国時代末期(500年前)の岩槻城主、太田氏房が開いたという。本尊は釈迦如来だが、開山当初は聖徳太子を本尊とし、また尼寺だったともいう。event

20171026_taishidou

本堂の手前には聖徳太子像を祀る「太子堂」があり、毎年4月22日に開帳される。shadow

20171026_ishibotoke

境内の開山堂には「開山様」が祀られている。開山様とは、婦人の下の病をよく治したという当寺4代住職の大長益善和尚のことで、和尚は亡くなるとき、後の人々が困らないよう、石碑をたて、「これを信仰すれば病は必ず治る」と言い残したという。その後、御利益を求める多くの参詣者が、白岡だけでなく遠方からも訪れるようになった。rouge

かつては小絵馬を奉納する大勢の参拝客で賑った。train

ちなみに、ここでの詳細レポは、「正伝寺を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20171027_torii

コースポイントfive箇所目は、「下野田鷲宮神社」です。正伝寺から7分。鷲宮神社は大字下野田字宿赤砂利に位置し、祭神は天穂日命を祀ります。door

石鳥居をくぐります。chick

20171027_torii_2

参道を歩き、赤い鳥居をくぐります。右手には、下野田集会所がある。snail

20171027_haiden

参道を進むと、拝殿があります。chair

当社の由緒について詳細は不詳ですが、江戸時代に編さんされた『新編武蔵国風土記稿』には、「鷲明神社 大光院の持、下野田村の鎮守なり」と記されています。なお、大光院は、明治年間に廃寺になっています。karaoke

鷲明神社とは鷲宮町鷲宮神社を分社したもので、町内には上野田、岡泉、寺塚地区でも祀られています。movie

20171027_kinenhi

拝殿前の記念碑。この神社、結構、記念碑が多く建てられている。slate

20171027_honden

拝殿の裏には、本殿があります。雨除けに車庫屋根が設置されている。house

20171027_inari_jinjya

また、明治10年の創建とされる稲荷神社(祭神は倉稲魂命)を境内社として祀っています。cat

20171027_park

境内には、児童遊園があります。すべり台やブランコがあるよ。carouselpony

20171027_ishitou

境内には多くの記念碑や石塔が奉納されています。なかでも鳥居の側に建立されている天保2年(1831年)9月銘の不二道(富士講)の人々によって奉納された「女孝心」の石塔は、当時の民間信仰を知るうえで貴重な資料です。memo

石塔の右側面には、

    「あしき事 見る事いらす

        聞事も いわぬこえか

            すくに孝心      三志」

と記されています。pencil

なお、三志とは不二道(富士講)の創始者で現鳩ヶ谷市生まれの小谷三志のことです。sagittarius

ちなみに、ここでの詳細レポは、「下野田鷲宮神社を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20171028_hondou

コースポイントsix箇所目は、「大徳寺」です。下野田鷲宮神社から4分。大徳寺の開闢の僧は徳祐といい、真言宗の寺院であったという。その後廃寺になったが、永正九年(1512年)に当地の吉田将監という人物が再建し、能山和尚を招いて開山したという。またその際には曹洞宗へ改宗された。本尊には釈迦如来を祀る。house

20171028_dainitidou

こちらは、大日堂です。大日堂には、埼玉県内最大を誇る丈六の大日如来坐像(市指定文化財)を祀っている。horse

20171028_tokumi_kannon

こちらは、徳見観音です。leo

20171028_hakusandou

赤い建物は、白山堂です。書道の神様、また、歯痛の神様といわれて、厚く信仰されています。pencil

20171028_jizouson

こちらは、地蔵堂です。event

20171028_syourou

こちらは、鐘楼です。bell

20171028_sandou

山門からの参道です。snail

20171028_sanmon

こちらは、山門です。大徳寺は金界山と号す。door

20171028_sanmon_2

山門の長押の上には、虚空蔵菩薩さまと四天王がいます。shadow

ちなみに、ここでの詳細レポは、「大徳寺を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20171122_daitokujibashi

隼人堀川にかかる大徳寺橋。立派な橋ができましたな。(平成28年2月完成)snail

この周辺は、現在、岡泉調節池護岸工事が行われている。danger

20171122_fureai_road_1

コースポイントseven箇所目は、「ふれあいロード」です。大徳寺から8分。水と緑のふれあいロードという名称で、歩道が整備されています。shoe

20171122_kosumosu

道沿いには、コスモスが咲いていました。cherry

20171122_fureai_road_2

延々と続くふれあいロード。途中、ベンチも設置されています。chair

20171102_center

コースポイントeight箇所目は、「味彩センター」です。ふれあいロードから6分。しらおか味彩センターは、白岡の農家と市民の相互交流をはかり、白岡市の地域農業の振興を目指すための施設です。event

20171102_kanban

しらおか味彩センターには、農産物の直売所である「おおばん市場」と白岡産蕎麦が味わえる「いっとこ茶屋」があります。karaoke

20171102_nashi

白岡の特産と言えば、「梨」です。ジューシーな梨の試食がありました。apple

20171102_irori

食事処である「いっとこ茶屋」に入りました。囲炉裏があって、雰囲気があります。tv

ちなみに、「いっとこ」とは、白岡市に伝わる民話「いっとこ団子」からとったものです。里の親孝行息子のユーモラスな寓話は、純朴で一途な地域の「こころ」をあらわしています。scorpius

20171102_soba

本日の日替Cセットとなる、小江戸黒豚肉汁つけそば大盛を注文しました。pig

川越大野農場から直送された黒豚を使用した肉汁が絶品ですが、白岡産地粉を使用したお蕎麦はいい味わいです。美味しいね。delicious

20171102_soft

お口直しにソフトクリーム(バニラ)を頂きました。taurus

ちなみに、ここでの詳細レポは、「しらおか味彩センター・いっとこ茶屋で、小江戸黒豚肉汁つけそばを食す2017。」へどうぞ。paper

20171103_genkan

コースポイントnine箇所目は、「獅子博物館」です。味彩センターから22分。この玄関が入口となります。door

20171103_ticket

獅子博物館の入館料は、一般540円、大学・高校生320円、中学生以下無料です。今回は、駅ハイ参加特典で、団体料金400円で入館できました。ticket

20171103_shishimai_2

獅子博物館は、館長の高橋裕一さんが私財を投じて設立した日本で初めての獅子舞の専門博物館です。house

館長自ら日本や世界各地の獅子頭を集められました。また、各地の祭礼の写真や資料が館内に集められています。camera

20171103_shishimai_1

館内は所狭しと、獅子頭だらけ。こんなに集められると、ただただすごいと感嘆する。それぞれ雰囲気があり、その違いを感じてみるのもいいかも。gemini

20171103_shishimai_3

世界レベルになると文化の違いもあり、見てみると面白いね。delicious

20171103_keisatsu

これ、面白い。押売・しし舞・暴力などはすぐ警察へ。何故か、しし舞が含まれている。drama

ちなみに、ここでの詳細レポは、「獅子博物館を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20171122_seseragi_park

白岡駅前線路沿いにある、せせらぎ公園です。club

20171122_shiraoka_st

ゴールとなる白岡駅に到着しました。ゴール受付はありません。新白岡駅をスタートし、白岡駅にゴールするまで、3時間26分かかりました。motorsports

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:13926歩 消費カロリー:609.4kcal 消費脂肪量:87.0g 歩行距離:9.05km 歩行時間:1時間56分 平均時速:4.67km/h エクササイズ量:6.3Exinfo02

20171122_utsunomiya_line_2

白岡の駅ハイは、5年ぶり5回目の参加だ。馴染みのコースではあるが、今回は残暑の時期からは少し遅めなので、ウォーキング気温的には歩きやすかった。cloud

帰りもJR宇都宮線で帰ります。train

という事で、駅からハイキング「白岡市制施行5周年記念 白岡市の旧道と寺社を巡る」に参加してきたレポでした~。happy01

ちなみに、訪問箇所詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、過去開催、白岡市の駅ハイ参加レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20171122_cource_map

コースマップです。memo

JR東日本・駅からハイキング「白岡市制施行5周年記念 白岡市の旧道と寺社を巡る」 開催期間:2017年9月28日(木)~30日(土) 所要時間:約2時間30分(見学時間等を含む) 歩行距離:約8.5kminfo02

スタート:新白岡駅→①高岩天満神社→②忠恩寺→③一里塚→④正伝寺→⑤下野田鷲宮神社→⑥大徳寺→⑦ふれあいロード→⑧味彩センター→⑨獅子博物館→ゴール:白岡駅info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金曜日)

駅からハイキング「のどかな荒川堤とアジサイまつり満喫ハイキング」に参加してきた(2017.06.18)。

さいたま市西区の指扇周辺を歩くコースです。run

20170623_kawagoe_line

さて、JR川越線に乗ってやってきたところは、指扇駅です。駅ハイ参加の為訪れたよ。今回は、2017年6月16日(金)~18日(日)開催、駅からハイキング「のどかな荒川堤とアジサイまつり満喫ハイキング」です。train

20170623_ekimeihyou

指扇は「さしおうぎ」と読む。西大宮駅と南古谷駅の間に位置する。karaoke

20170623_kaisatsuguti

指扇駅は橋上駅です。2階が改札口となる。door

20170623_terasu_1

指扇駅でびっくりしたのがココ。なんと、建物2階にはテラスデッキがあるのだ。snail

平成26年(2014年)に新駅舎供用開始された。駅舎が新しく生まれ変わっています。wrench

20170623_rotally

デッキからの眺め。指扇駅北口の駅前ロータリー、そして、北方向の眺めが良し。good

20170707_uketsuke

指扇駅北口駅前広場にて、駅ハイの受付を済ませました。コースマップ等を取得。ok

20170707_kan_batch

恒例の缶バッチは、E233系埼京線・川越線でした。present

20170623_ekisya_2

指扇駅駅舎外観は、指扇周辺に多くの社寺があることから日本建築の特徴である日本瓦をイメージした配色としています。また、古くから土に親しんできた地域性があることから、一部に土をイメージしたレンガタイルを使用しています。school

ちなみに、ここでの詳細レポは、「JR川越線指扇駅を下車してみた2017。」へどうぞ。paper

20170707_cource_route

今回の駅ハイコースルートです。shoe

「指扇駅」をスタートして、遠くに山々を望むのどかに田園地帯の風景と、文化財に触れながら「西大宮駅」を目指すコースです。karaoke

さいたま市西区の駅ハイは、今回で3回目の参加。指扇界隈がメインなので、半分は初めて訪れる。楽しみに、約9kmのウォーキングコース。頑張って歩きましょう。rock

20170707_road_01

指扇駅ホーム西端付近にある南北を結ぶ通路を通ります。頭上注意、少し背を屈めながら、歩いていきます。subway

20170707_road_02

県道2号さいたま春日部線、歩道橋で渡ります。snowboard

20170707_road_03

荒川土手にやってきました。土手上を歩いていきます。bicycle

20170707_kawagoe_line

土手から眺めるJR川越線。10両編成の電車が見えますね。train

20170624_tougetsuen

荒川土手を降り森のような場所に、馬と芸術の森「桃月園」があります。中へ入っていきます。scorpius

ここには、古民家カフェである「VIA」(ヴァイア)、馬と遊ぶ「遊馬苑」、盆栽園がある「成勝園」があり、素敵な隠れ家的スポットである。bar

20170624_uma_1

馬のオブジェがお出迎えだ。carouselpony

20170624_bonsai_1

コースポイントone箇所目は、「成勝園」です。指扇駅から18分。2016年にオープンした盆栽園だ。club

20170624_bonsai_2

見事な盆栽が展示されています。flag

20170624_bonsai_3

盆栽の手入れは大変だろうな。hairsalon

20170624_uma_2

こちらは、馬と遊ぶ「遊馬苑」です。お馬さんがいますね。horse

20170624_bus_stop

馬車のりばのバス停がありました。bus

20170624_jyouba

乗馬ができますよ。horse

20170624_cafe_2

古民家カフェ「VIA」(ヴァイア)です。築80年程の古民家を改造したそうだ。2015年1月にオープン。house

20170624_cake_1

店内に入ってみました。今日のシフォンはりんごだって。apple

20170624_boad

飲み物リスト。いちごスムージーが気になるなぁ。cherry

20170624_cake_2

カフェタイム。頂きましたよ。うみたて卵のシフォンケーキとアイスコーヒーです。cake

20170624_byke

荒川サイクリングロード沿いにあるので、ロードバイクで訪れる人多い。サイクルラックも完備しているよ。bicycle

20170624_tawashi_2

なんか面白い。亀の形した亀の子束子。snail

20170624_room_1

古民家、家内のインテリア。落ち着いた雰囲気。chair

ちなみに、ここでの詳細レポは、「「馬と芸術の森~桃月園」にて、遊馬苑(乗馬)と成勝園(盆栽)とcafe VIA(古民家カフェ ヴァイア)2017。」へどうぞ。paper

20170707_denen

荒川土手から離れ、田園風景を歩く。緑色の田んぼが広がるよ。riceball

20170629_asuma_kannon

コースポイントtwo箇所目は、「高城寺」です。成勝園から23分。曹洞宗寺院で遊馬山と号す。spade

この観音様は、遊馬観音です。chick

20170629_hondou

本堂です。本堂は昭和53年(1978年)に新築された。house

天文12年(1543年)の開創と伝える古い寺で、御本尊は室町時代の様式をもつ薬師如来坐像です。shadow

西遊馬の旧家のほとんどが当寺に墓地を持っており、地域に密着した寺院です。leo

江戸時代後期には寺小屋か開かれており、明治6年(1873年)には遊馬学校が開校し、隣接してある馬宮東小学校に発展。校章は同じ「五七の桐」になっている。school

20170629_roumon

楼門をくぐります。歴史感ある建造物だ。大晦日には除夜の鐘を撞く大勢の参拝者で賑わいます。bell

20170629_koushintou

写真右側が庚申塔です。さいたま市指定有形民俗文化財。faxto

この庚申塔は、江戸時代前期の寛文3年(1663年)の年号が刻まれています。石塔の中央に青面金剛像を浮き彫りとし、童子・邪鬼・鶏・猿などを表現する典型的な形をとっています。building

市内ではごく初期に建てられた庚申塔の一つで、「遊馬村 是衆拾四人」と刻まれているところから、村の有力層によって建立されたものと考えられます。高さは204cmです。japanesetea

20170629_sanmon

山門をくぐります。東日本大震災の影響で、山門の屋根瓦が落ち、柱がずれ、袖塀も傾きました。修復もままならず、現在は塀を取り壊しています。door

ちなみに、ここでの詳細レポは、「高城寺の庚申塔を見に訪れてみた2017。」へどうぞ。paper

20170630_torii

コースポイントthree箇所目は、「西遊馬氷川神社」です。高城寺から2分。かつての遊馬村の鎮守で、「宿の氷川様」と呼び親しまれています。当地は大宮と川越のほぼ中間に位置し、「宿」の名が示すように、遊馬では神社前の道の両側に集落が営まれていました。鳥居前の道は、江戸時代から大宮と川越を結ぶ重要な道です。penguin

20170630_komainu

神社の狛犬です。dog

20170630_jinjya_1

創建年代等は不詳ながら、戦国時代以前には創建していたのではないかといいます。birthday

境内は木々に覆われていて、静けさな感じがありますね。xmas

20170630_oshiruko

駅からハイキング参加者限定、おしるこの無料配布がありました。japanesetea

20170630_hayashi_4

拝殿にて、木下流宿東間囃子連によるお囃子披露がありました。chick

20170630_hayashi_1

日本の伝統芸能、いいものです。鑑賞しました。chair

20170630_hayashi_2

お祭り等では建物中見る事が出来るが、普段の拝殿は戸で閉められています。signaler

20170630_hayashi_3

獅子舞が登場しましたよ。leo

20170630_honden_1

境内をぶらり。こちらは、本殿横です。house

7月中旬に、天王様の祭礼が催され、神社入口に大きな幟を立て、子供神輿や山車が出て大変賑わい、地区内を巡行します。bicycle

ちなみに、ここでの詳細レポは、「西遊馬氷川神社にて、お囃子鑑賞した2017。」へどうぞ。paper

20170701_nagayamon

コースポイントfour箇所目は、「永田家長屋門」です。西遊馬氷川神社から4分。江戸時代、関東郡代伊奈氏によって黒川の河川改修や新田開発が行われた時の土屋陣屋跡と言われています。したがって一般の長屋門とは異なり格式が高く、簓子塀や構え堀が設けられ、市内では最大級の長屋門です。door

桁行き21.1m、梁間4.75m、棟高6.18m、面積100.51平方メートル建築規模を誇る武家造りの長屋門。event

20170701_sasaragobei

さらに長屋門の天井に駕籠が吊るされているのも珍しいと言えます。present

20170701_nagayamon2

松の木と長屋門。日本庭園のような感じだね。club

20170701_takeyabu

建物の裏手は竹林になっている。土屋陣屋跡があるようだが...。building

ちなみに、ここでの詳細レポは、「永田家長屋門及び簓子塀を見学してみた2017。」へどうぞ。paper

20170702_road

コースポイントfive箇所目は、「錦せんべい本舗」です。永田家長屋門から2分。お店は、埼玉県道57号さいたま鴻巣線沿いにあります。car

20170702_nisiki_senbei_honpo

有機農法を取り入れた専業農家のお米を使い、生地作りからすべて自店で行っている、さいたま市唯一のおせんべい屋です。製造直売店だ。riceball

ちょいと立ち寄ってみました。お店に入ってみましょう。door

20170702_senbei

いろんな種類の煎餅が販売されています。単品では、しょうゆ・ごま・のりまる・ひび・ざらめ・ぎょうざの6種類ありました。バラ1枚は70円。5枚入りや10枚入りのセット販売、及び、詰め合わせ販売もあり。penguin

原材料においては、お子様からお年寄りまで安心していただける食材を使用しています。hospital

駅ハイ参加者特典で割引サービスがあったので、いくつか購入していきました。snail

ちなみに、ここでの詳細レポは、「錦せんべい本舗で煎餅を購入してみた2017。」へどうぞ。paper

20170706_torii

こちらは、土屋氷川神社です。創建は明らかではないが、当地は荒川の氾濫によって、しばしば被害を受けたことから、治水の神として、当社を荒川に最も近い村の西脇に祀ったのであろう。eyeglass

20170706_haiden

拝殿です。御祭神は、素戔嗚尊。御神徳は、武運長久・厄除け・商売繁盛である。dollar

ちなみに、ここでの詳細レポは、「旧土屋村の鎮守、土屋氷川神社を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170707_road_04

閑静な住宅街を歩いていく。chick

20170707_agapansasu

通りには、淡い紫色のアガパンサスが咲いていました。tulip

20170707_arasawa_fudouson

こちらは、荒沢不動尊です。”盗難よけ”に霊験あらたかな「お不動様」です。ここの不動明王像は、「滝にうたれるコケティシュな顔」に特徴があります。盗難よけの縄が奉納されている。shadow

20170707_ajisai_1

坂道には、白い色のアジサイが道沿いに連なって咲いている。cloud

20170619_torii

コースポイントsix箇所目は、「指扇氷川神社」です。錦せんべい本舗から23分。鳥居をくぐるところから、紫陽花が咲いていて、出迎えてくれます。door

20170619_sandou

木々に覆われた参道を進んでいきます。xmas

20170619_hayashi

拝殿にてお囃子披露がありました。木下流下郷囃子連による囃子です。cancer

20170619_ajisai_01

指扇氷川神社の境内には、鎮守アジサイ園があり、「指扇アジサイまつり」が開催中でした。約5000平方メートルの敷地に350品種を超える2000株以上が咲き誇る。eye

白い色のアメリカアジサイだ。capricornus

20170619_ajisai_06

花びらの形が良い青い色の紫陽花。mist

20170619_ajisai_05

ガクアジサイは宝石のような感じで良い。ring

20170619_ajisai_02

青の色合いが良く、花びらの形がかわいらしい。virgo

20170619_ajisai_08

こちらは、白い色の花びらだ。snow

20170619_ajisai_04

これは、小さな花びらだね。sweat01

20170619_ajisai_10

ピンク色の紫陽花、ピンクアナベルだ。cherryblossom

20170619_ajisai_11

色柄が良い紫陽花だね。spade

20170619_ajisai_07

境内紫陽花が広がる。のんびりベンチに座って鑑賞も良いだろう。chair

20170619_ajisai_03

拝殿をバックにアジサイを撮る。bud

20170619_omise

アジサイ祭りという事で、隣接する赤羽根児童遊園では、グルメの販売もあったよ。restaurant

20170619_amacya

駅からハイキング参加者限定で、甘茶(あまちゃ)の無料配布がありました。砂糖を全く入れていないのに、とても甘味がある。糖分が無くカフェインも無し。なのに、甘味度は砂糖の200~1000倍ある。japanesetea

20170619_curry

牛すじカレーと水出しアイスコーヒーを頂きました。うむ、美味しい。delicious

20170619_touhyou_a

好きな品種に投票する「アジサイ人気投票」も行われた。こちらは、A:星花火。annoy

20170619_ajisai_09

こちらは、C:ピンクアナベル。heart01

20170619_touhyou

好きな花にシールを貼ります。今年はどのアジサイが1番になったかな?。crown

ちなみに、ここでの詳細レポは、「指扇氷川神社 鎮守アジサイ園「指扇アジサイまつり」に行ってきた2017。」へどうぞ。paper

20170705_gate

コースポイントseven箇所目は、「小山本家酒造」です。指扇氷川神社から10分。創業文化5年(1808年)、今年で209周年の老舗酒造。東日本では最大手の清酒メーカーである。ちょいと工場施設内に入ってみよう。cancer

20170705_shikomimizu

工場構内に試飲コーナーが設置されました。まずは、酒造りに使用している仕込み水を頂こう。aquarius

地下180mから汲み上げた仕込水だ。ちなみに、小山本家酒造の井戸はさいたま市の災害時における給水用井戸として指定されている。hospital

20170705_shiin_1

さぁ、お楽しみの試飲コーナー。今回は、「金紋世界鷹吟醸50」・「小山本家 界(かい)」・「おおきな温情(おもいやり)」の3種類。プラカップによる提供です。万全に氷で冷やされていて、飲み頃ですよ。cat

20170705_shiin_2

では、くぴっ。ぷはぁ~。いい味わいだね。中井も試飲させてもらったが、やっぱり、「金紋世界鷹吟醸50」が旨かったねぇ。deliciousbottle

20170705_hanbai

お土産販売もありました。「金紋世界鷹吟醸50」を買いたかったが、残念ながら売切れ。なので、呑み歩きできる「おおきな温情(おもいやり)」にしました。dollar

20170705_photo_spot

事務所前には、写真撮影コーナーがあり。camera

20170705_sekaitaka

金紋世界高の酒樽だ。basketball

20170705_yuruchara

さいたま市のPRキャラクター「つなが竜ヌゥ」のぬいぐるみが。埼玉県のキャラクター「コバトン」もいたね。pig

20170705_happi

金紋世界鷹の法被着て、記念撮影はいかが?。t-shirt

20170705_koujyou_1

工場構内を突っ切って歩いて行きます。仕込蔵や瓶工場、パック工場、倉庫等があります。bicycle

20170705_yashiki

代表取締役会長・小山景市宅の家門です。この門は約100年前から現存しているそうだ。door

20170705_setsumei_3

醸造のしくみ、ペーパーで頂けた。これは、ありがたいね。勉強になるよ。pencil

20170705_setsumei_4

「日本酒初心者のための入門知識」や「目指せ日本酒マスター!3択クイズ」があり。帰宅後復習しよう。music

20170705_omiyage

貯蔵用の大型タンクが約170本あり、様々な酒種を濾過・熱処理・調合して商品の味を決めています。golf

そのタンクをバックに、購入した日本酒パックをパチリ。西大宮駅へ向かいながら呑み歩きだ。shoe

20170705_koujyou_2

東門入口入って左手は精米所で、自社精米を行っており、年間で約10万俵(約10万人の年間消費量相当)を精米しています。riceball

ちなみに、ここでの詳細レポは、「小山本家酒造にて、金紋世界鷹を試飲する2017。」へどうぞ。paper

20170707_nishi_oomiya_st_1

西大宮駅へ向かい歩いて行きます。駅前だというのに、畑が広がる。pen

20170707_nishi_oomiya_st_2

ゴールの西大宮駅に到着しました。小山本家酒造から8分。平成21年(2009年)開業の新しい駅である。近代的な橋上駅舎だ。building

指扇駅をスタートして、西大宮駅にゴールするまで、3時間53分かかりました。ゴール受付はありません。motorsports

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:15940歩 消費カロリー:720.9kcal 消費脂肪量:102.9g 歩行距離:10.36km 歩行時間:2時間17分 平均時速:4.53km/h エクササイズ量:7.5Exinfo02

20170707_nishi_oomiya_st_3

西大宮駅改札口です。近隣には学校があり、駅構内電車利用する学生さんたちが多かったです。door

20170707_kawagoe_line_2

帰りも川越線で。帰りの電車はJRのE233系だ。train

20170707_kawagoe_line_3

JR川越線快速新木場行きに乗って、ここをあとにしました。paper

今回は、指扇界隈の寺社散策になった。お囃子を観れたし、指扇のアジサイ園は見事だったね。やっぱり、小山本家酒造での試飲が楽しみ~でした。happy02

20170702_senbei_2

お土産は、錦せんべい本舗の新米せんべい、バラ3枚です。dollar

【しょうゆ】..当店自慢のおせんべい。しつこくない味付けが好評です。

【ざらめ】..最高級のザラメをたっぷりまぶしました。女性やお子様に大好評。

【ぎょうざ】..当店人気のおせんべい。厳選した青森県産にんにくと唐辛子がきいた味付けです。

どれも美味しかったが、「ぎょうざ」の辛さがいい感じでした。delicious

という事で、駅からハイキング「のどかな荒川堤とアジサイまつり満喫ハイキング」に参加してきたレポでした~。happy01

ちなみに、訪問箇所詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、過去開催、さいたま市西区の駅ハイ参加レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170707_cource_map

今回のウォーキングコースマップです。memo

JR東日本・駅からハイキング 「のどかな荒川堤とアジサイまつり満喫ハイキング」 開催期間:2017年6月16日(金)~6月18日(日) 所要時間:約3時間(見学時間等を含む) 歩行距離:約9kminfo02

スタート:指扇駅→①成勝園→②高城寺→③西遊馬氷川神社→④永田家長屋門→⑤錦せんべい本舗→⑥指扇氷川神社→⑦小山本家酒造→ゴール:西大宮駅info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土曜日)

駅からハイキング「八重桜と日本三大桜の競演と天平文化の風薫る歴史探訪」に参加してきた(2017.04.23)。

天平の丘公園花広場の八重桜は見事満開でした。cherryblossom

20170507_utsunomiya_line

さて、JR宇都宮線に乗ってやってきたところは、小金井駅です。駅ハイ参加の為に訪れたよ。今回は、2017年4月11日(火)~4月30日(日)開催、駅からハイキング「八重桜と日本三大桜の競演と天平文化の風薫る歴史探訪」です。train

20170507_annaijyo

改札口を出て、西口駅前に、オアシスポッポ館があります。下野市観光案内所である。ここが、受付場所となります。clock

20170513_panf

受付を済ませ、コースマップやパンフレット等を取得した。memo

20170513_kan_batch

恒例の缶バッチは、E6系新幹線でした。bullettrain

20170507_pepper

オアシスポッポ館には、「下野市シティプロモーション特命課長」のPepperがいます。ペッパーと遊んであげてね。shadow

20170507_dourin

小金井駅西口ロータリーには、C57蒸気機関車の動輪が静態展示されています。小金井駅は、明治26年(1893年)3月25日開業。昭和41年(1966年)には小山電車区も開設され、小金井駅がある旧国分寺町は鉄道開通と共に発展した町でもある。鉄道と深い関りがあるので、このモニュメントが設置されています。subway

20170507_koganei_st

小金井駅駅舎の上は、東北新幹線の高架となっています。高速で通過する新幹線の音・振動が響くよ。bullettrain

ちなみに、ここでの詳細レポは、「JR宇都宮線小金井駅にて。C57蒸気機関車の動輪2017。」へどうぞ。paper

20170513_cource_point

今回の駅ハイコースルートです。karaoke

「天平の丘公園」では八重桜や日本三大桜の淡墨桜・滝桜・山高神代桜などの桜が咲き競い来訪者の目を楽しませてくれます。また、国指定史跡の「下野国分寺跡」や「下野国分尼寺」があります。cherryblossom

小金井駅の駅ハイは初めての参加だ。今回は約12kmのウォーキングコース。青空快晴の中、頑張って歩こう!。rock

20170513_ekimae_syoutenkai

小金井駅からまっすぐ続く道路を歩いていく。このあたりは、小金井駅前通り商店会。aries

20170513_dagashiya

ちいさな駄菓子屋さん「いずみや」がありました。こういうお店が多くあるといいけどな。gemini

20170508_park_1

コースポイントone箇所目は、「日酸公園」です。小金井駅から6分。日本酸素工業の工場跡地だった事が講演名の由来だ。fastfood

20170508_syaryou_04

日酸公園には、国鉄時代の古い電車があります。clover

20170508_syaryou_03

この車両は、国鉄クモエ21形電車だ。この車利用の正式名称は、「救援制御電動自動車クモエ21001号」です。train

この車両の主な仕事は、他の電車が踏切事故や故障などで動けなくなくなった時、いろいろな道具をのせて現場に行き助けます。hospital

20170508_syaryou_06

長さ17mあるので、結構大きな電車だ。車両の中には入る事はできません。danger

20170508_syaryou_02

ケガした電車を助けた電車という珍しい車両が静態保存されているのです。subway

昭和2年(1927年)に運行開始し、昭和61年(1986年)に引退しました。直流電車で最高時速95kmである。karaoke

20170508_sansakuro

日酸公園の東側には、散策路が整備されている。shoe

20170508_azumaya_1

散策路には東屋がある。小さな水路もあり、趣きがあるのだ。house

20170508_yaezakura_1

散策路には、八重桜が満開、見事に咲いています。cherryblossom

20170508_yaezakura_2

八重桜、花の咲き具合がいいね。cherryblossom

ちなみに、ここでの詳細レポは、「クモエ21001号が静態保存されている、日酸公園を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170513_yaezakura_01

先へ進んでいくが、下野市は八重桜の町なのだろうか。各所に、綺麗な八重桜が咲いています。cherryblossom

20170507_park_3

コースポイントtwo箇所目は、「久保公園」です。日酸公園から9分。平成13年度(2001年)に整備された公園です。市民の憩いの場として利用されています。club

20170507_park_4

平成6年(1994年)、区画整理事業に伴う発掘調査を行ったところ北台遺跡が発見されました。北台遺跡は、栃木県の一番南で確認されている推定東山道跡です。下野市指定史跡。wrench

20170507_tousandou

公園中央部に横切るこの道が、東山道だったのではないかと推定されています。東山道は、京から近江国(滋賀県)、美濃国・飛騨国(岐阜県)、信濃国(長野県)、武蔵国(東京都・埼玉県)、上野国(群馬県)の諸国を経て下野国に入り、陸奥国の多賀城(宮城県)に向かっていました。shoe

中央から東国や陸奥に赴任する役人や東国から北九州の警備のために防人として派遣された人たちや多くの物資もこの道を通って行きました。bicycle

これまで栃木県内では、10数か所の古代の道路標が確認されていますが、史跡として保存整備されているのはここだけです。karaoke

ちなみに、ここでの詳細レポは、「東山道跡がある久保公園を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170507_yaezakura_1

久保公園近くの川沿いは遊歩道に整備されていて、こちらも、八重桜が満開見事に咲いています。cherryblossom

20170507_yaezakura_2

八重桜の花びら、これまた、綺麗ですね。cherryblossom

20170513_road_01

いゃあ~、暑いね。田畑だけ広がる、のんびり空間。黙々と歩いていきます。sweat01

20170513_nagame_1

緑が広がる。すごすぎる...。club

20170510_oshisyabashi

コースポイントthree箇所目は、「御使者橋・姿亭」です。久保公園から14分。この橋が、お使者橋です。江戸の昔、徳川幕府や壬生藩主鳥居公の使者が往来したので、この橋を御使者橋と呼ばれたそうです。leo

20170510_oshisyabashi_2

今は、姿川にかかる車道橋となっている。rvcar

20170510_parking

お使者橋を渡る手前には、姿亭ポケットパークがあります。まぁ、駐車場・休憩所ですな。car

20170510_sugatatei

近くに御用宿(ごようやど)なる屋号の家あり。平成3年(1991年)誇れるまちづくりの名所として姿亭を建て百日紅(さるすべり)を飾る。house

姿亭は、駐車場の東屋として利用できます。chair

20170510_waka_e

和歌の絵が飾られている。この裏には、和歌が書かれている。art

20170510_nagame

周囲は、のんびりした田畑が広がる。club

20170510_sugatagawa

姿川には、釣りをしている人が多かったな。fish

20170510_kurenaihashi

お使者橋に並行して、自転車・歩道橋がある。この橋は、紅橋となっている。こちらを渡っていきます。shoe

ちなみに、ここでの詳細レポは、「お使者橋と姿亭と姿川2017。」へどうぞ。paper

20170513_road_02

イベント会場へ向かって歩いているが、車道は駐車場に車を停める為の行列渋滞が続いています。歩きで、どんどん車を抜かしていきます。run

20170513_yaezakura_02

八重桜トンネルをくぐり歩いていく。cherryblossom

20170513_ushigoya

牛小屋があるな...。taurus

20170424_sakura_05

コースポイントfour箇所目は、「天平の丘公園花広場」です。御使者橋から16分。ここで、第38回天平の花まつりが開催されていました。会場内多くの人が訪れますね。gemini

20170424_sakura_06

八重桜、満開を迎えています。ピンク色の花びらがいいね。cherryblossom

20170424_sakura_01

快晴、春の青空の下、八重桜はさらに映えます。今年は、ソメイヨシノが見頃を迎えた週末は、生憎の天気だったので、遅れてピークを迎える八重桜を青空で見る事ができて良かったよ。happy02

20170424_sakura_02

やっぱり、これだけ八重桜が咲くと、多くの人が訪れるもんだ。会場内、かなり混雑しています。cancer

20170424_sakura_03

会場内ぐるりと、美味しそうな露店が立ち並びます。riceball

20170424_sakura_04

結構、行列が出来ているお店が多かったな。delicious

20170424_stage

特設ステージでは、演歌ステージなどが行われているようです。karaoke

20170424_suisya

こちらは、からくり水車。aquarius

20170424_katakagotei

かたかご亭では、銭石まんじゅうが出来たてで販売されます。駅ハイ参加特典で、1個貰えます。行列に並んだけど、ちょっと時間がかかりそうだったのであきらめた...。ring

20170424_shbafu_hiroba

尼寺公園側、芝生広場は空いているスペースが多いので、こちらに、ピクニックシートを敷いて、桜まつりを楽しんでもいいかも。bottle

20170424_amaderaato

もう少し早い時期だと、日本三大桜の淡墨桜・滝桜・山高神代桜などの桜が咲き競います。史跡「下野国分尼寺跡」付近である。pen

ちなみに、ここでの詳細レポは、「第38回天平の花まつり、満開の八重桜を見に行ってきた2017。」へどうぞ。paper

20170424_shiryoukan

コースポイントfive箇所目は、「しもつけ風土記の丘資料館」です。天平の丘公園花広場に隣接。入館無料なので入ってみよう。いろいろな史跡など貴重な展示物が多くありました。school

20170427_kokubunji_ato_2

コースポイントsix箇所目は、「下野国分寺跡」です。しもつけ風土記の丘資料館から5分。天平13年(741年)、聖武天皇は当時60余りの国ごとに国分寺と国分尼寺を造ることを命じました(国分寺建立の詔)。下野国分寺はその中の1つである。drama

現在は整備され、史跡公園となっている。とはいえ、広々として何もない空間が広がっている。国の史跡に指定。libra

20170427_nanmon_ato

まっすぐ進んで行くと、南門があります。door

20170427_kokubunji_ato_3

南大門を通り、中門、金堂へ続く。建物の復元は無く、敷地のみだ。ski

20170427_shitijyuutou

この先に七重塔があったようです。building

20170427_kabutozuka_kofun

下野国分寺跡の西側に、甲塚古墳(かぶとづかこふん)があります。帆立貝形古墳です。carouselpony

20170427_shinnrin

北東側には、新緑の森林があり、散策路になっている。club

20170427_kokubunji_ato_4

下野国分寺跡の碑があり。movie

ちなみに、ここでの詳細レポは、「下野国分寺跡を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170427_sakura_01

天平の丘公園に戻ってきました。園内ぐるりと散策してみましょう。bicycle

20170427_sakura_02

八重桜の下、シートを敷いて花見ですな。riceball

20170424_mini_shinkansen

天平の丘公園では、ミニ新幹線の乗車あり。有料。八重桜を見ながら、のんびり走る。bullettrain

20170427_sakura_11

青い空、ピンク色の桜、緑色の芝生。3色のハーモニーが鮮やかだ。そんな中、グリーンのE5系新幹線がカタトコ周回する。bullettrain

20170427_sakura_03

八重桜のピンク色と新緑の木々の色とのハーモニーがいいね。club

20170424_bochan_ressya

こちらは、坊ちゃん列車。有料。天平の丘公園の園内をぐるりと走ります。subway

20170427_sakura_04

八重桜の花びらアップ撮影。綺麗だね。tulip

20170427_sakura_12

今だけの演出。天気も良く、散歩日和だ。art

20170427_komotibashi

天平の丘公園には森林ゾーンがある。新緑の木々の中、明日香川に子宝橋がかかる。xmas

20170427_manyou

万葉植物園に入る修学の門をくぐろう。door

20170427_murasakishikibu

コースポイントseven箇所目は、「オトカ塚古墳・伝紫式部の墓」です。shadow

こちらは、紫式部の墓。この付近は「紫」という地名であることから、源氏物語の作者である紫式部の墓と、言われるようになったとの事。pencil

20170427_shinrin

森林の中の散策路もある。歩きながら気分が良い。shoe

20170427_kofun

こちらは、オトカ塚古墳。古墳時代後期に築造された総長58m(墳丘長約45m)、高さ1.2mの帆立貝形前方後円墳です。fullmoon

20170427_shinrin_2

これからは、この新緑の色が映えてくる季節になるんだなぁ。confident

ちなみに、ここでの詳細レポは、「天平の丘公園、園内散策してきた2017。」へどうぞ。paper

20170513_murasakibashi

天平の丘公園を出て、再び、歩き始めます。紫橋を渡ります。mobilephone

20170513_murasakibashi_2

紫橋、橋上から姿川を眺める。ここからは、姿川の土手上を歩いていきます。bicycle

20170513_road_03

土手上もくもく歩いて行こう。shoe

20170513_nanohana_road_1

姿川の土手上は、菜の花ロードになっていた。chick

20170510_nanohana

姿川の土手には、菜の花がぎっしりと咲き誇っていました。すごすぎる...。tulip

20170513_nanohana_road_2

案の定、歩く場所がわからないくらい菜の花だらけになった。下に降りることもできず、このまま強行突破。ちょっと、しんどい...。coldsweats02

20170513_road_04

お使者橋に戻ってきた。そのまま、真っ直ぐ進んでいきます。scorpius

20170513_road_05

ここからは、歩行者・自転車道があるので、気楽に歩いていけます。key

20170513_road_06

姿川沿いに歩いていく。先には、宮前橋が見えます。その橋を渡り、左奥に見える森の方へ向かう。fish

20170509_furusatonomori_1

コースポイントeight箇所目は、「蔓巻公園」です。天平の丘公園から31分。「つるまきこうえん」と読む。こちらは、ふるさとの森です。森の中は散策路が整備されています。xmas

20170509_furusatonomori_2

森の中の静けさが心地良いですな。のんびり歩いてみよう。shoe

20170509_tsurumaki_park_1

緑の広場に出てきました。こちらは、公園中央部にある築山広場です。緑の広場が広がるね。蔓巻公園は、姿川沿いに沿った長方形のような横長な敷地である。club

20170509_yaezakura_1

公園内には、八重桜が満開、見事に咲き誇っています。cherryblossom

20170509_yaezakura_2

八重桜の花びら、綺麗な感じだね。tulip

20170509_tenbou_1

小高い丘を登ってみた。360度ぐるりと見渡せる展望が望めます。eye

20170509_suberidai

小高い丘から、すべり台があります。子供達に人気だ。snowboard

その先には、バーベキューができるキャンプ場があります。さらに、その先には、花広場や下川原広場があります。bud

20170509_hiroba

築山広場の先には森が広がります。clover

ちなみに、ここでの詳細レポは、「緑の広場が広がる、蔓巻公園を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170513_tanbo

のどかな田園風景。clover

20170513_yuuyuukan

コースポイントnine箇所目は、「ゆうゆう館・天平の湯」です。蔓巻公園から15分。日帰り入浴施設です。駅ハイ参加特典で、入浴料が300円→200円に割引サービスが受けられます。spa

20170513_okazunoikeda

手作りコロッケとお惣菜の店「おかずのイケダ」です。ギョーザも売っているのかぁ...。ちょっと気になったが...。riceball

20170513_park_1

緑の芝生が広がる公園。すべり台があるね。ここも、八重桜の木がある。spade

20170512_torii

コースポイントonezero箇所目は、「慈眼寺・金井神社」です。天平の湯から14分。bar

こちらは、金井神社です。では、鳥居をくぐりましょう。door

20170512_sandou

参道をまっすぐ進みます。snail

20170512_hondou

拝殿です。参拝します。confident

御祭神は、磐裂命・根裂命。shadow

20170512_honden

金井神社の本殿、建造物が市指定文化財に指定されています。本殿の建築様式は一間社三方入母屋造といい、壁面には透彫りなどの立派な彫刻が施されています。art

この彫刻は江戸末期(1800年代)の製作と考えられ、作者は磯部氏系統の彫刻師であろうと推定されています。本殿の素材にはけやきが用いられており、素木造で彩色はありません。屋根は栩葺きで壁面には当時の人々の名前が刻まれており、両側には彫刻の施された脇障子が付いています。book

ちなみに、ここでの詳細レポは、「一間社三方入母屋造の本殿、金井神社を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170511_sanmon

こちらは、慈眼寺です。1196年、新田義兼によって開基され、新田一族の祈願所として建立されたと言われています。cancer

では、山門をくぐりましょう。door

20170511_tokugawa

慈眼寺は、徳川将軍家日光社参小休所・御昼食所だったようです。なので、葵紋ですね。leo

20170511_sandou

参道を歩きます。左手には、観音堂がある。bell

20170511_hondou

参道をまつすぐ進んだ先に、本堂があります。house

20170511_yaezakura

ちょうど、八重桜が満開を迎えていました。cherryblossom

20170511_yaezakura_2

ピンク色の綺麗な花びらが、また、良いですね。cherryblossom

ちなみに、ここでの詳細レポは、「徳川家の休憩所、慈眼寺(下野市)を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170512_touri

コースポイントoneone箇所目は、「小金井一里塚」です。慈眼寺から7分。ring

20170512_itirizuka

この、小金井一里塚は、日光街道で唯一国指定史跡である一里塚なのだ。crown

江戸(東京)日本橋から22里(約88km)の地点にある。二つの塚がほぼ完存している事などから、日光道中で唯一国指定史跡に指定されています。crown

20170512_itirizuka_2

下野市名木30選、エノキ・クヌギがあります。xmas

ちなみに、ここでの詳細レポは、「小金井一里塚を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170513_road_07

駅前通りに戻ってきました。penguin

20170513_koganei_st_1

小金井駅に戻ってきました。ゴール受付はありません。小金井駅をスタートして、ゴール戻ってくるまで、4時間59分かかりました。motorsports

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:25051歩 消費カロリー:1256.8kcal 消費脂肪量:179.5g 歩行距離:19.03km 歩行時間:3時間34分 平均時速:5.33km/h エクササイズ量:13.0Exinfo02

20170513_utsunomiya_line_2

帰りもJR宇都宮線で。あまり食べずに歩いてきたので、お腹空いた~。なので、これから、宇都宮駅へ向かいます。もちろん、餃子食べにね。delicious

小金井駅からの駅ハイは初めての参加でした。本当は、渋川駅の駅ハイ、白井宿の八重桜を見に行こうかと思っていたが、満開が少し遅れていたようなので、急遽、下野市・小金井の駅ハイに決めました。快晴天気も良く、そして、八重桜が満開でとても良い駅ハイ日和でした。sun

という事で、駅からハイキング「八重桜と日本三大桜の競演と天平文化の風薫る歴史探訪」に参加してきたレポでした~。happy01

ちなみに、訪問箇所詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170513_map

今回のウォーキングコースマップです。foot

JR東日本・駅からハイキング 「八重桜と日本三大桜の競演と天平文化の風薫る歴史探訪」 開催期間:2017年4月11日(火)~4月30日(日) 所要時間:約5時間30分(見学時間等を含む) 歩行距離:約12kminfo02

小金井駅→スタート:オアシスポッポ館→①日酸公園→②久保公園→③御使者橋・姿亭→④天平の丘公園花広場→⑤しもつけ風土記の丘資料館→⑥下野国分寺跡→⑦オトカ塚古墳・伝紫式部の墓→⑧蔓巻公園→⑨ゆうゆう館・天平の湯→⑩慈眼寺・金井神社→⑪小金井一里塚→ゴール:オアシスポッポ館→小金井駅info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土曜日)

駅からハイキング「氏家雛めぐり~早春の古雛・つるし飾りを巡る~」に参加してきた(2017.02.04)。

奥州街道を歩きながら、氏家雛めぐりを通して地元の人達とのふれあいで心癒せるハイキングコースです。shoe

20170205_e257_4

さて、JR宇都宮線に乗ってやってきたところは、氏家駅です。駅ハイ参加の為に訪れたよ。今回は、2017年2月4日(土)~3月5日(日)開催、駅からハイキング「氏家雛めぐり~早春の古雛・つるし飾りを巡る~」です。train

20170205_ujiie_st_1

駅ハイイベント開催にあわせ、臨時直通電車が運行されました。その名も、快速氏家雛めぐり号です。海浜幕張と氏家間を走行し、武蔵野線を経由するので、乗り換え無しで向かえて便利な列車だ。使用された車両はE257系500番台。房総方面の特急で使用されている車両だ。リクライニングの座席で快適。bullettrain

氏家駅10時35分到着。さくら清修高校の女子高生らがホーム上でお出迎えです。school

ちなみに、この臨時列車の乗車レポは、「快速氏家雛めぐり号に乗車してきた2017。」へどうぞ。paper

20170205_kangei

改札口前では、駅長・駅員、さくらメイツ、栃木県マスコットキャラクター「とちまるくん」、さくら市観光PR大使「コンタ君」がお出迎え。「ようこそ 氏家雛めぐりへ!」の歓迎幕もあり。bell

20170205_kangei_2

改札口を出て駅の外でも、歓迎の列ができている。cat

20170205_hayashi

氏家こどもおはやし会による太鼓披露での歓迎があり。notes

20170311_ekimae_hiroba

駅前広場では、特産物の販売やグルメの提供があり。restaurant

20170205_fukufukunabe

氏家福々鍋(けんちん汁)のふるまいもありました。温まります~。japanesetea

20170214_e_plaza

受付場所は、eプラザ壱番館の2階です。氏家駅前にある。event

20170311_kan_batch

受付にて、コースマップやパンフレット類を取得しました。恒例の缶バッチは、143系湘南色です。意外に珍しい車両の缶バッチだな。present

20170205_hinameguri_1

氏家駅周辺では、第14回氏家雛めぐりが開催中でした。ここ、eプラザ壱番館でも、いろいろな雛飾りがされています。ぶらり、見学してみよう。virgo

20170214_tsurushi_hina

吊るし雛、見事ですね。とても、かわいらしい。taurus

20170214_hinakazari_2

内裏雛。吊るし雛の下で。rain

20170214_kitsune

狐雛の結婚式でしょうかね。heart04

20170214_kimono

着物も展示されていました。t-shirt

ちなみに、ここでの詳細レポは、「第14回氏家雛めぐり・eプラザ壱番館の雛飾りを観てきた2017。」へどうぞ。paper

20170311_cource_route

今回のコースルートです。3年連続で氏家の駅ハイに参加。馴染みのルートだ。karaoke

20170311_ujiie_st

今回は約10kmのウォーキングコースです。では、頑張って歩きましょう。氏家駅を出発です。motorsports

20170311_ujiie_st_2

連絡橋を渡り、氏家駅西口へ抜ける。libra

20170311_kusagawa_1

草川沿いに歩いていきます。mist

20170311_mizudori

川の水が綺麗なので、水鳥さんたち気持ち良さそうに泳いでいる。chick

20170215_yuyu_park_1

コースポイントone箇所目は、「ゆうゆうパーク」です。氏家駅から28分。氏家ゆうゆうパークは愛称で、正式には鬼怒川河川公園です。旧氏家町制100周年記念事業として、鬼怒川の河川敷を利用して整備された水と触れあえる公園である。tennis

20170215_yuyu_park_2

南方向を眺める。先には、勝山公園がある。勝山城本丸跡や勝山パークブリッジがあり、河川敷側には、大池や花畑がある。sagittarius

20170215_road_3

鬼怒川沿いに土手が整備され、遊歩道として続いています。春になると桜満開で花見に良さそうな桜つづみ沿いを歩いて行こう♪。cherryblossom

芝生が広がり、ゴルフ場みたいな景観だな。golf

20170215_kinugawa_1

鬼怒川の河川敷は広く、本流の他、蛇行する川もあり。fish

先に見える雪化粧した山々が雄大な景色だね。fuji

20170215_kinugawa_2

自然な風景が、心地良い気分に浸れる。いい眺めじゃ~。confident

栃木県景勝百選の地にも選定されている。crown

20170215_road_1

訪れた日は、ちょっと風が冷たいけれど、快晴で気持ちUp!。澄んだ青空がGoodだ。sun

20170215_road_2

約1.2km程土手上の歩道を歩いて行った。ウォーキング・ランニングには気持ちいいロードだ。run

ちなみに、ここでの詳細レポは、「鬼怒川河川公園(氏家ゆうゆうパーク)、土手を歩く2017。」へどうぞ。paper

20170311_ukishima_jizouson_1

コースポイントtwo箇所目は、「浮島地蔵尊」です。ゆうゆうパークから6分。昔、洪水の時にお地蔵様が泥水の中に浮いて水の浸入を防ぎました。助かった村人はこのお地蔵様を「浮島地蔵」とか「いかり地蔵」と呼んで感謝したそうです。wave

20170311_kusagawa_yuuhodou

コースポイントthree箇所目は、「草川遊歩道」です。浮島地蔵尊から6分。草川沿いに遊歩道が整備されている。春には、ソメイヨシノ・しだれ桜と、桜の名所となっている。cherryblossom

20170301_garally_saya

コース途中にある「ギャラリー匣(さら)」です。ここも、氏家雛めぐりの展示場所の1つ。見学、中へ入ってみましょう。clover

20170301_tsurushi_hina

かわいらしい、吊るし雛が飾られていますね。chick

20170301_usagi_hina2

おっ、この雛飾りいいな。うさぎ雛の結婚式ですね。heart02

20170301_hinakazari

お内裏様・お雛様。libra

20170301_hinakazari_2

こちらのひな飾り。雛人形問屋「人形の長月」のひな飾りでしょうか。cherry

20170301_hagoita

羽子板も飾られていました。tennis

20170301_tsurushi_hina_2

吊るし雛の展示が多いですね。手作りなのでしょうか。pisces

ちなみに、ここでの詳細レポは、「ギャラリー匣(さら)、雛飾りと吊るし雛見学2017。」へどうぞ。paper

20170311_train

国道4号線を歩く。JR宇都宮線を越える陸橋を渡る。ship

20170311_nasu

陸橋からの眺め。先に見える那須の山々が良い。fuji

20170309_imamiya_jinjya_1

コースポイントfour箇所目は、「今宮神社」です。草川遊歩道から30分。創建より955年の歴史を持つ氏家の総鎮守だ。event

20170309_sandou

真っ直ぐ続く、参道を歩いて行きます。夜、灯りが点くと雰囲気が出て良いかも。flair

20170309_roumon

楼門をくぐります。神門よりも山門風の外観だ。文化8年(1811年)、近郷や東北南部の人々により現在の楼門が建立された。入母屋造りで銅板葺。この周辺地域においては、江戸期の楼門は唯一であるとの事。door

20170309_haiden

拝殿にて参拝。confident

今宮神社は、康平3年(1060年)、勝山城主氏家公頼公により、素戔嗚尊を祭神として創建された。正安2年(1300年)にこの地に移されてきた。house

20170309_hondou

拝殿裏、本殿をのぞいてみましょう。eye

寛永3年(1663年)に本殿が造営された。本殿は流造り。屋根は柿葺が銅板葺となり、千木・勝男木を付けた。school

20170309_sousyokuga

妻(建物の側面)は二重虹梁蟇股の装飾を付け、左右の妻上部には激浪を越え進む鯉群を彫り廻らし、その上段には飛龍から大龍となる登龍門の彩色彫刻。pencil

今宮神社を訪れたら、海の荒々しさを表現したこの彫刻絵を眺めてみると良いでしょう。wave

20170309_torii

鳥居笠木保存。昭和27年(1952年)から平成13年(2001年)まで48年間に亘り多くの人々が様々な思いをもってくぐりぬけてきた鳥居の笠木です。(右側の鳥居)。door

20170309_eto

こちらは、願いが叶うと言われる「願かけ割符」。ticket

  1. 自分の干支の像をなでながら「祓え給え清め給い」と、3度唱えます。
  2. 願い事を込めながら、お守りを中心で割ります。
  3. 2礼2拍手1礼で、神様にお参りした後、割り符の片方をここに掛ける。

12の干支がそろっているとは、面白い。cat

20170309_ooicyou

境内の大イチョウは樹齢700年の古木であり、栃木県銘木百選に指定されている。xmas

見事なイチョウの大木ですな。秋の紅葉の時は見事に映える事でしょう。毎年11月上旬~中旬、大公孫樹祭が行われる。ライトアップも行われるそうですよ。maple

ちなみに、ここでの詳細レポは、「氏家の総鎮守、今宮神社を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170311_noudou

のんびりした農道を歩いていく。taurus

20170302_bara

コース途中にある「創彩縫・薔薇」に立ち寄った。ここも、氏家雛めぐりの1つの展示場所となっています。早速、見学してみよう。snail

20170302_senbazuru

ここの展示場所では、十周年記念十美の大多福飾り「千羽鶴の舞」が展示されていました。これは、すごいね。皆さんで作られたんでしょうか。見事です。good

20170302_hina_kazari_2

雛飾りと吊るし雛。basketball

20170302_hanasakajiisan

花咲か爺さん、花を咲かせましょう。cherryblossom

20170302_hina_kazari

お内裏様・お雛様。お顔が、手作り感あるね。catface

20170302_tsurushihina

吊るし雛です。いろんな雛がいるな。carouselpony

20170302_suzumehina

すずめ雛の結婚式かな。chick

20170302_kanrekihina

うさぎの還暦雛です。snail

ちなみに、ここでの詳細レポは、「創彩縫・薔薇にて、氏家雛飾り・千羽鶴の舞を鑑賞2017。」へどうぞ。paper

20170216_nagayamon_1

コースポイントfive箇所目は、「鐵竹堂(瀧澤家住宅)」です。今宮神社から24分。「鐵竹堂瀧澤記念館特別公開」~つるし飾り 大正時代の着物の展示~が開催されていて、特別に入る事ができます。さぁ、入ってみよう。chick

長屋門は、入母屋造、浅瓦葺で左右を小部屋とし、中央部を門とする典型的な長屋門形式である。door

20170216_genkan

鐵竹堂(てっちくどう)は、明治天皇の休息所として使用された建物で、瀧澤喜平治の雅号「鐵竹」にちなんで名付けられた。pencil

靴を脱ぎ、中へ入ってみましょう。shoe

20170216_hinakazari

鐵竹堂の中では、雛飾りがされています。氏家雛めぐりで、ここ、瀧澤家住宅も展示場所の1つとなっている。virgo

20170216_gotenhina

大正時代の御殿雛。瀧澤家が、大床に合わせて京都の宮大工に特注で製作させた。crown

20170216_tsurushi_kazari

吊るし飾りもありました。pisces

20170216_kimono

明治~大正時代頃の花嫁振袖が展示されています。t-shirt

20170216_ima

こちらは、居間です。japanesetea

瀧澤家は、明治になって紡績等の事業で財をなした旧家であり、明治期の当主であった瀧澤喜平治は貴族院議員などを歴任し、第四十一銀行の設立や那須野が原の開拓にも尽力した人物として知られる。building

明治25年(1892)10月23日に氏家町で陸軍大演習が行われた時、喜平治宅が明治天皇の休息所に充てられた際、新築あるいは増築されたものと考えられている。shadow

20170216_engawa

外に出て、お庭に行ってみよう。run

縁側がいいよね。のんびりしたい。japanesetea

20170216_niwa

お庭から眺める鐵竹堂の建物。平屋建ての入母屋造りで北側の庭園に対して4室をL字形に並べ、東側正面に車寄せを張り出している。house

20170216_zashikikura

左奥の建物が蔵座敷です。蔵座敷は、総2階建、切妻瓦葺の伝統的な土蔵の屋根のほぼ中央に洋風の望楼を乗せた特徴のある建物です。yacht

ちなみに、ここでの詳細レポは、「鐵竹堂瀧澤記念館特別公開~つるし飾り 大正時代の着物の展示~を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170311_omiyagekan

コースポイントsix箇所目は、「おみやげ館」です。鐵竹堂から9分。写真、建物左側が「まちかど館」で、右側が「おみやげ館」。house

20170310_koumyouji

コースポイントseven箇所目は、「光明寺」です。おみやげ館から2分。真言宗智山派のお寺で、北関東三十六不動尊 二十二番札所となっている。山号は霊水山、院号は普門院。event

20170310_fudou_myouou2

先に見えるは、青銅不動明王坐像です。大日如来が一切の邪悪を調伏するために、内に慈悲の誓願を秘めつつ、外に慈悲の姿を現し、右手に煩悩を断つ宝剣、左手に魔を縛す羂索を持ち、衆生を守るという不動明王は、氏家でも古くから信仰を集めてきました。ship

20170310_fudou_myouou

不動明王坐像は、高さ293.9cm、肩幅142.4cmとまれにみる巨大な木像は、町のシンボルとして見守られています。迫力ある不動明王だね。leo

ちなみに、ここでの詳細レポは、「氏家地区を不動明王が見守る、光明寺を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170311_heiwa_kinen_kouen

コースポイントeight箇所目は、「寛方・タゴール平和記念公園」です。光明寺から8分。荒井寛方(あらいかんぽう・1878~1945)はここに生まれ、日本画家をめざして巣立った。仏画を志した寛方は原三渓やアジアで初めてノーベル文学賞を受賞した詩聖タゴールの知遇を受け、日本画の教授として渡印した。その間、アジャンタ壁画模写の難事業を成し遂げ、多くの人々と交わり、日印文化交流の架け橋となった。art

20170303_hinanoeki

コースポイントnine箇所目は、「雛の駅(旧烏山信用金庫)」です。平和記念公園から1分。元々は、烏山信用金庫氏家中央支店であったが、平成25年に閉店し、現在、雛の駅として使用されています。ここでは、氏家雛めぐりの展示場所の1つとなっている。building

20170303_totiotomehina

じゃん、「とちおとめ雛」です。人形師福田東久氏が栃木県産とちおとめをモチーフに1年がかりで「氏家雛めぐり」の為に製作されました。高さ1.8mもある巨大なとちおとめ雛だ。愛称は、左が「とちおくん」、右が「おとめちゃん」と対になっています。cherry

20170303_hinakazari

雛の駅では、ひな飾りも展示されています。libra

20170303_hinakazari_2

館内は、おみやげ品販売やお休み処があります。24hours

20170303_sarubobo

氏家雛めぐりでは、開運「七福さるぼぼ探し」が行われています。雛めぐりに参加しているお飾り処のうち7か所に幸運を呼ぶ七色の大きな「さるぼぼ」が展示しています。雛の駅には、緑色のさるぼぼがいたね。スタンプゲット!。bomb

ちなみに、「さるぼぼ」とは「猿の赤ちゃん」という意味で大変縁起物だそうです。pig

ちなみに、ここでの詳細レポは、「雛の駅(旧烏山信用金庫)に展示された、巨大なとちおとめ雛を見に行ってみた2017。」へどうぞ。paper

20170311_saidouji

コースポイントonezero箇所目は、「西導寺」です。雛の駅から1分。西導寺は建久2年(1191年)に氏家氏の始祖で勝山城を築いた宇都宮公頼が開いたとされる古寺。現在は浄土宗に属する。event

本堂は天明4年(1784年)に宮大工の永野万右衛門が手掛け建てられたもので桁行き8間、梁間7間、入母屋、銅瓦棒葺、唐破風の2間向拝が付いています。house

20170214_stamp

eプラザ壱番館に戻ってきた。ゴール受付はありません。motorsports

ポイントラリーで街めぐり。10ポイント毎に景品が貰えるのだが、今年はハードルが上がったな。いろいろ巡ったが、6ポイントしか集まらなかった。なので、景品ゲットできず。full

あわせて、開運七福さるぼぼ探しも行ったが、3つしかゲットできず。抽選でのプレゼントもゲットできず..。despair

20170311_keihin

ちなみに、氏家雛めぐりスタンプラリーで10点集めると、この景品が貰える。10種類の絵柄から1個貰えるようだ。present

20170311_ujiie_st_3

氏家駅に戻ってきました。ゴールです。氏家駅を出発して戻ってくるのに3時間5分かかりました。motorsports

帰りの電車に間に合うようにした為、終盤は大急ぎで歩きました。帰りも臨時列車に乗る為、氏家をゆっくりまわれなかったな。run

20170205_miokuri_1

もう既に、帰りの電車はホームにいました。subway

帰りのホームにも、氏家の皆さんたちが、見送りに来てくれています。motorsports

20170205_miokuri_2

楽しさいっぱい!。とちぎにまたきてね。paper

14時30分、海浜幕張へ向け、氏家駅2番線ホームを出発しました。rouge

今年も訪れた氏家の駅ハイ。武蔵野線沿線から直通して氏家へ行けるという事で来ています。もう少し、氏家発着の間が伸びれば、氏家滞在時間が伸びて、氏家うどんなどグルメも楽しめるのになぁ..。10km歩くだけで滞在終了は、ちょっともったいない。cancer

天気も良く、鬼怒川や那須連峰の山々の眺めがGoodな氏家駅ハイ参加でした。sun

という事で、駅からハイキング「氏家雛めぐり~早春の古雛・つるし飾りを巡る~」に参加してきたレポでした~。paper

ちなみに、訪問箇所詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、過去開催氏家の駅ハイ参加レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170311_route_map

JR東日本・駅からハイキング 「氏家雛めぐり~早春の古雛・つるし飾りを巡る~」 開催期間:2017年2月4日(土)~3月5日(日) 所要時間:約4時間(見学時間等を含む) 歩行距離:約10kminfo02

氏家駅→スタート:eプラザ壱番館→①ゆうゆうパーク→②浮島地蔵尊→③草川遊歩道→④今宮神社→⑤鐵竹堂(瀧澤家住宅)→⑥おみやげ館→⑦光明寺→⑧寛方・タゴール平和記念公園→⑨雛の駅(旧烏山信用金庫)→⑩西導寺→ゴール:eプラザ壱番館→氏家駅info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月 8日 (日曜日)

駅からハイキング「【常磐線開業120周年】古き良き松戸の歴史と、知られざる戸定邸を訪ねて」に参加してきた(2016.12.10)。

開業120年を迎えたJR松戸駅から、神楽殿の天井絵の特別公開や国指定名勝をめぐるコースです。karaoke

20170108_jyouban_line

さて、JR常磐線に乗ってやってきたところは、松戸駅です。駅ハイ参加の為に訪れたよ。今回は、2016年12月2日(金)~12月11日(日)開催、駅からハイキング「【常磐線開業120周年】古き良き松戸の歴史と、知られざる戸定邸を訪ねて」です。train

20170108_uketsuke

まずは、受付を済ませます。駅ビル(アトレ松戸)直結する改札口を出てすぐの場所が受付場所となった。コースマップ等を取得。good

20170108_kan_batch

恒例の缶バッチは、「E3系とれいゆ つばさ」でした。present

20170108_nishiguchi

松戸駅西口ペデストリアンデッキにて、出発準備整えましょう。夜になるとイルミネーション点灯があるようですね。(※12月25日で終了済み)shine

20170108_matsudo_st_west

常磐線120周年を迎える松戸駅から、松戸の歴史と自然を訪ねながら、国指定名勝「旧徳川昭武庭園(戸定邸庭園)」を訪れるコースです。普段は見る事のできない松戸神社「神楽殿」の「天井絵」の一部が特別公開されます。movie

今回のコースは、約6kmのウォーキングコース。松戸駅西口からスタート。頑張って歩きましょう。rock

20170108_uranai

松戸駅西口前の通りには、各星座の占いが掲示されていた。冷静な判断力を持ち、人との和を上手に取り持つ才能があります。てんびん座ならではの才能のようで..。この掲示見て、ニンマリ。delicious

20161226_hondou

コースポイントone箇所目は、「来迎寺」です。松戸駅から9分。慶長14年(1609年)に創建された旧松戸宿で最も古い寺院(浄土宗)。東日本大震災で被災し平成26年(2014年)に再建された本堂は、平成の木造寺院建築として多方面より評価され「日本建築家協会2014年優秀建築選100」にも選定されている。ring

20161226_rokujizou

寺の正面塚には珍しい六角灯籠型六地蔵(六角地蔵)が祀られている。上写真画像の左側にちょこんと見えるものが六角地蔵。ちゃんと写真撮っておくべきでした...。six

六地蔵は、命は六道を転生するという「六道輪廻」の思想から、(地獄、餓鬼がき、畜生ちくしょう、修羅しゅら、人、天)の六道全てにおいて救済してくれる存在として信仰された地蔵です。leo

ちなみに、ここでの詳細レポは、「旧松戸宿で最古の寺院、来迎寺を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20161227_torii

コースポイントtwo箇所目は、「平潟神社」です。来迎寺に隣接。祭神は水神様の水波之女命。旧地名は平潟(ひらかた)で、このあたり一帯は、江戸川水運の要所として栄えました。地図には、「水神宮」と記されている。ship

20161227_haiden

拝殿にて参拝。平潟神社に隣接して、来迎寺があります。神社と寺社が隣同士の配置は珍しい。現在の地名は「松戸市松戸」だが、旧地名は「平潟」(ひらかた)である。昔は、平潟遊郭がありました。spade

ちなみに、ここでの詳細レポは、「水運に関わる水神宮、平潟神社を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20161228_yuuhodou_1

コースポイントthree箇所目は、「水辺の健康エコロード」です。平潟神社から2分。松戸市では、水辺の健康エコロードを整備しています。市民の健康づくりの活動を支援するため、自然環境に配慮し整備された。江戸川の水辺を楽しみながら、安心して気楽に運動ができる。ウォーキング等の目安として距離標や、ロードマップや誘導サインが設置され、開放的で見晴らしのよい遊歩道となっている。pisces

20161228_yuuhodou_3

江戸川土手沿いは、遊歩道・自転車道が整備されている。広々とした空間だ。冬の季節、空気は冷たいが、晴れた青空は澄んでいるな。sagittarius

20161228_edogawa_2

先は、、葛飾橋・葛飾大橋が見える。現在工事中の外環道の高架も見えるね。さらに先には、東京スカイツリーが見えるよ。building

20161228_yuuhodou_2

風が強かったらもろに受けるが、眺めも良く歩きやすいロードだ。snowboard

20161228_yukisakihyou

健康エコロードの誘導サインが設置されている。ポイント地点までの距離がわかるよ。ここで、江戸川土手はお別れ。karaoke

ちなみに、ここでの詳細レポは、「水辺の健康エコロード、江戸川土手(松戸市松戸付近)を歩く2016。」へどうぞ。paper

20170103_syouryuji

コースポイントfour箇所目は、「松龍寺」です。江戸川土手から5分。慶長18年(1613)、高木九兵衛正次公が建立。松戸宿代々の名主の墓がある浄土宗の寺。当時、広大な土地で景観が良かったことから、徳川家歴代の将軍家の鷹狩りの際に休憩所として使われた。毎年2月中旬ごろ坂川沿道で、早咲きの河津桜が咲き、夏には、参道で江戸時代から続く「献灯まつり」「とうもろこし市」や「四萬六千日」が行われ多くの人で賑わう。building

20170103_tokugawa_kamon

門には、徳川家の家紋がありますね。leo

20170103_odou

本堂にて参拝。天明4年(1784)籾穀塚稲荷(旧松戸2丁目)の境内の籾殻から聖観世音菩薩が現れ当寺に祀られる。fuji

毎年八月十日の四万炉六千日の縁日には、籾穀塚聖観世音菩薩、子育て観音参りの善男・善女が参詣され、種子が大井実をもつとうもろこしは雷除けになると伝われ、門前参道では「とうもろこと市」が伝承されている。tennis

ちなみに、ここでの詳細レポは、「松龍寺を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20161211_matsudo_jinjya

コースポイントfive箇所目は、「松戸神社「神楽殿」」です。寛永3年(1626年)に創建された松戸の総鎮守。日本武命(やまとたけるのみこと)がこの地で臣下と待ち合わせたことから「待つさと」=「待つ土(松戸)」が、地名の由来となっている。penguin

20161211_kaguraden_2

平成27年(2015年)、神楽殿新築工事に合わせ、襖絵、天井絵の保存修復が完了。12月2日(金)~11日(日)の間、明治の画壇を代表する佐竹永湖らが描いた「天井絵」が特別公開された。公開時間は10時~16時。drama

20161211_tenjyoue_1

早速、天井を眺めてみました。各々の絵が描かれています。明治21年(1888年)の旧神楽殿建立時に描かれたものです。その1枚1枚には、「永湖」と「錦谿」というふたりの画家の落款と58名もの奉納者銘が記されています。永湖とは、幕末から明治にかけて活躍した日本画家の佐竹永湖(1835-1909)である。art

20161211_sugitoe_1

こちらは襖絵。「獅子に牡丹」(杉戸絵)である。pencil

20161211_akiba_jinjya

こちらは、松戸神社境内の中にある秋葉神社。隣には、絵馬が多く飾られているね。horse

20161211_matsu

松の木が植えられています。松戸だけに?...。club

20161211_mikoshi_kura

こちらは、神輿蔵。各町会の御神輿が保管されている。昭和63年の改修工事で神輿庫の奥深くから「四神像」が発見され、途絶えていた「神幸祭」が60年ぶりに復活した。flair

20161211_omikuji_1

恒例のおみくじタイム。おみくじの結果は?...。sweat02

なんと、大吉でした。ラッキー!。happy02

20161211_torii_2

第二鳥居。この先、坂川にかかる潜龍橋を渡り拝殿に至るよ。yacht

ちなみに、ここでの詳細レポは、「松戸神社神楽殿の「天井絵」・「杉戸絵」特別公開2016。」へどうぞ。paper

20170108_sakagawa

坂川沿いの道路を歩いて行く。整備されていて、綺麗な感じだね。maple

20170108_sakagawa_2

坂川の水が透明で綺麗だ。水鳥さんも、居心地良いかもね。fish

20170108_rensabashi

煉瓦橋である「めがね橋」。music

20170108_jyouban_line_2

歩道橋を渡る。ちょいと、鉄道写真撮影タイム!。常磐緩行線。subway

20170108_jyouban_line_3

常磐快速線、E531系だ。bullettrain

20170108_benzaitenguu

弁財天宮を立ち寄る。virgo

20170105_torii_2

コースポイントsix箇所目は、「浅間神社」です。正保4年(1647)創建。大正4年、近くにあった白旗神社を合祀。写真右手に見える小さな社殿は、下浅間神社。drama

浅間神社拝殿へは、鳥居をくぐり階段を登っていきます。snowboard

20170105_kaidan_1

もともと境内地に山があり、その山を富士山に見立てて標高約28mの山頂に神社を建てた。信仰の山として長年保護されてきたため、丘陵上の森林は自然の植物相が保たれた極相林を形成しており、ちば遺産100選に選ばれている。県指定天然記念物。xmas

標高28mの階段を、えいこらしょっと登っていきます。sweat01

20170105_sengen_jinjya

拝殿にて、参拝します。confident

20170105_kaidan_2

拝殿がある上から、下を眺める。結構登るな。snowboard

20170105_saru

何故か、お猿さんも祀っています。pig

20170105_lake

和風庭園のような池があります。mist

ちなみに、ここでの詳細レポは、「天然記念物「極相林」を形成する、浅間神社を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20170108_syaryou_center

JR東日本・松戸車両センターです。常磐線の車両車庫だ。hotel

20170107_rekishikan

コースポイントseven箇所目は、「旧徳川昭武庭園(戸定邸庭園)」です。浅間神社から10分。戸定が丘歴史公園には、戸定邸や戸定歴史館があり、徳川家ゆかりある、明治浪漫感じる公園です。club

まずは、「戸定歴史館」に入ってみよう。松戸徳川家の伝来品の展示を中心とした博物館です。知識を得て、学習だ。school

20170107_tojyoutei_1

こちらは、国指定重要文化財「戸定邸」です。最後の将軍、徳川慶喜の弟・徳川昭武の住まいであった。house

「戸定歴史館」と「戸定邸」のセット、共通入館券は240円です。ticket

20170107_nagamoti

葵紋付長持です。高松宮喜久子妃殿下が徳川慶喜家から高松宮家に嫁ぐ際にととのえた婚礼調度の一つです。virgo

長持は、衣服や日常使う道具、家具を入れておく蓋付きの箱のこと。ship

20170107_hiroma_1

やっぱり、広さのある表座敷でしょう。畳に座り、のんびりしよう。japanesetea

20170107_hiroma_2

戸定邸表座敷から、名勝・旧徳川昭武庭園を眺める。sun

20170107_teien_1

戸定邸の庭は、国指定名勝「旧徳川昭武庭園」です。戸定の日(5と0が付く日)は、庭を散策できていたが、現在、庭園公開休止になっています。(公開休止期間は、平成28年11月29日~平成29年夏頃)。clover

20170107_teien_2

天気が良いと、富士山を眺める事ができるよ。「関東の富士見百景」にも選ばれている。fuji

ここから、葛飾橋や外環道の高架が見えるね。rvcar

20170107_furoba

こちらは、湯殿棟です。お風呂場ですな。spa

20170107_hanare_zashiki

こちらは、離座敷棟。こちらも、いい部屋ですね。capricornus

20170107_rouka

こういう廊下は懐かしいな。chick

20170107_kougousama

皇后さま、松戸市へ行啓されました。virgo

20170107_susuki

ススキとの景観に趣きがあるなぁ。spade

20170107_hiroba

戸定が丘歴史公園には、芝生広場があります。散策に良いですよ。club

20170107_chiba_univ

戸定が丘歴史公園に隣接して、千葉大学園芸学部があります。school

20170107_kadan

花壇があります。春・秋には、バラ園が咲き誇るかも。ツツジ園もあるらしい。tulip

20170107_mon

戸定が丘歴史公園の入口門です。door

20170107_parking

駐車場には、グッズや特産物販売があり。園内にある「松雲亭」で、将軍コーヒーを飲んでみると良いかも。car

ちなみに、ここでの詳細レポは、「戸定が丘歴史公園、国の重要文化財「戸定邸」を見学してきた2016。」へどうぞ。paper

20170106_mon

コースポイントeight箇所目は、「松戸中央公園」です。戸定が丘歴史公園から13分。入口には、旧陸軍工兵学校時代の正門が残されています。レンガ門で、現在は、門柱だけが建つ。大正9年に造られたもので、市内に残る数少ない煉瓦建造物です。市指定有形文化財。door

20170106_mon_mukashi

当時の写真です。大正8年~昭和20年まで、この地に、陸軍工兵学校がありました。跡地は現在、松戸中央公園、聖徳大学、市立第一中学校等になっている。camera

20170106_syoukaisya

歩哨哨舎も残されています。警備の為に建てられたもので、竣工当時木造でしたが、昭和初期頃にコンクリート造にしたものです。市指定有形文化財。fastfood

20170106_kadan

公園内は、花壇があり、四季折々の景観がよく、アートイベントなども開催され、地域の人々の憩いの場になっている。tulip

20170106_tennis

テニスコートがあります。最近、テニスしていないなぁ...。tennis

20170106_hiroba

広場では子供たちがサッカーボールで遊んでいますな。soccer

ちなみに、ここでの詳細レポは、「旧陸軍工兵学校正門が残る、松戸中央公園を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20170108_matsudo_st_east

ゴールとなる松戸駅東口に戻ってきました。松戸駅をスタートしてゴール戻ってくるまで、3時間1分かかりました。ゴール受付は無し。motorsports

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:11615歩 消費カロリー:614.5kcal 消費脂肪量:87.7g 歩行距離:8.82km 歩行時間:1時間50分 平均時速:4.79km/h エクササイズ量:6.4Exinfo02

20170108_prarail

松戸駅コンコースでは、プラレール運転体験&こども駅長制服撮影会が行われていました。game

20170108_sushi

駅ハイ参加特典で、松戸駅の駅ビル「アトレ松戸」のレストラン街で特典クーポンがもらえたので、遅めの昼食をとろう。すし三崎丸でランチメニューを生ビールと共に頂いた。riceball

20170108_hagaki

駅ハイ受付時に、常磐線開業120周年のポストカードが貰えました。mailto

今回のコースは、松戸駅周辺の定番観光スポットをまわるルートになった。近場のコースだったので、さくさくと歩いた。今年度は、駅ハイ参加ペースがかなり落ちているので、もう少し参加しないとなぁ。食べる飲むイベントばっかり週末を占めているのでね..。coldsweats01

という事で、駅からハイキング「【常磐線開業120周年】古き良き松戸の歴史と、知られざる戸定邸を訪ねて」に参加してきたレポでした~。happy01

ちなみに、各訪問地詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、松戸駅からの駅ハイ過去参加レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170108_cource_map

JR東日本・駅からハイキング 「【常磐線開業120周年】古き良き松戸の歴史と、知られざる戸定邸を訪ねて」 2016年12月2日(金)~12月11日(日)開催 所要時間:約2時間30分(見学時間等を含む) 歩行距離:約6kminfo02

スタート:松戸駅→①来迎寺→②平潟神社→③水辺の健康エコロード→④松龍寺→⑤松戸神社「神楽殿」→⑥浅間神社→⑦旧徳川昭武庭園(戸定邸庭園)→⑧松戸中央公園→ゴール:松戸駅info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月29日 (木曜日)

駅からハイキング「谷川岳一ノ倉沢岩壁鑑賞ハイキング」に参加してきた(2016.07.09)。

7月初夏に訪れた駅ハイウォーキングレポ。(遅くなりましたが..)coldsweats01

20160714_doai_st

さて、JR上越線に乗ってやってきたところは、土合駅です。「どあい」と読む。駅ハイ参加の為に訪れました。今回は、2016年7月1日(金)~9月30日(金)開催、駅からハイキング「谷川岳一ノ倉沢岩壁鑑賞ハイキング」です。参加日は、7月9日(土)です。subway

土合駅は、谷川岳トレッキングへの最寄駅で、群馬県内最北端の駅でもある。下り線(越後湯沢・長岡方面)ホームは、地下70mに位置するもぐら駅だ。ただ、地下にあるのに標高は583.41mなのだ。subway

20160715_home

駅下り線ホームは、湿気が高く冷んやりしている。penguin

20160715_kaidan_1

そして、コレだ!!。そう、土合駅名物、長い階段だ。下り線ホームから地上にある改札口まで、合計486段ある階段を登って行かなければならないのだ。coldsweats02

ようこそ「日本一のモグラ駅」へ。この階段は338m、462段あります。改札口まで約10分かかるぞ。clock

20160715_kaidan_2

上を見上げても、どこまでも続く階段。さぁ、頑張って登って行こう。rock

20160715_kaidan_3

休憩を挟んで約9分程で462段を登り切った。疲れた~。sweat01

20160715_kaidan_4

後ろを振り返ると、真っ直ぐ下へ続くが!。頑張って登ってきたんだなぁと実感。wink

20160715_tuuro

改札口まであと143m。階段2カ所で24段さらに登ります。door

最後の階段を登り、合計486段登り切りました!。bell

20160715_tuuro_2

下り線ホームから改札口まで、14分かかりました。駅を出るのに一苦労だ。watch

20160715_ekisya

土合駅駅舎です。谷川岳、山の玄関口ってイメージな建物だね。house

しかし、残念ながら、生憎の雨。奇跡かなわず、天気予報通りでした。rain

ちなみに、ここでの詳細レポは、「日本一のもぐら駅「土合駅」の486段ある名物階段を登る2016。」へどうぞ。paper

20160715_bus

雨なので、土合駅前バス停から路線バスに乗って、谷川岳ロープウェイ駅へ向かいました。bus

20160726_tekkyou

JR上越線(上り線)の鉄橋前踏切を渡る。bicycle

20160723_siryoukan

ここは、「谷川岳山岳資料館」です。バスの終点、谷川岳ベースプラザから少し先へ進むこと1分の場所ある。ここが、駅ハイスタート地点・受付ポイントです。bus

受付を済ませ、コースマップ等を取得した。memo

20161229_kan_batch

恒例の缶バッチは、「HB-E300系リゾートビューふるさと」でした。present

20161229_road_01

ここから先の国道291号線は車両通行止めとなる。なので、舗装道路を安全に歩いていくことができます。shoe

20161229_kyorihyou

ここ、谷川岳登山指導センターから、目的地となる一ノ倉沢までは片道3.3km。今回の駅ハイはこの道を往復するコースです。boutique

20160723_road_1

緑の木々のトンネルを通るような感じで、自然な感じが気持ち良い。cat

20161229_road_02

新緑、緑色がいい感じ。もくもくと歩いていきます。club

20160721_matigasawa_1

ここは、「国道291号マチガ沢(旧道)」です。谷川岳登山指導センターから21分。谷川岳からの多くの沢があるうちの1つ。山々をバックに見る眺めはいいよね...の筈だった。weep

20160721_matigasawa_3

生憎の雨で、眺めは霧で真っ白け。fuji

20160721_matigasawa_4

いわゆる谷川岳からの谷間であり、水が通る沢になっている。ごつごつ石も溜まっているな。newmoon

20160721_matigasawa_5

その昔、マチガ沢の出合には三軒程宿があったらしく、畑や墓跡が残っています。清水峠をこえて越後から山道を夕暮れ時に疲れて下ってきた人が、このあたりで灯火を目にして「ああ、町が見える」と喜んで発した言葉がマチガ沢の由来といわれています。japanesetea

20160721_ajisai

山だけにガクアジサイは映えますな。かわいらしい。tulip

20140919_matigasawa_02

上の写真は、2年前秋に訪れた時のマチガ沢からの山の眺め。晴れていて絶景でした。谷川岳、山から沢をたどり通る冷たい風が気持ち良いのだ。penguin

ちなみに、ここでの詳細レポは、「雨の中のマチガ沢2016。」へどうぞ。paper

20160723_road_2

国道291号線は、森林浴ウォーキングには最適だ。雨ではあるものの、いい空気だ。pisces

20160723_reiki

このあたりから、不思議な冷気をを感じる事ができる。冷やされた空気が通り、クーラーのような涼風を感じる事ができるかも。penguin

20160722_itinokurasawa_4

ここは、「国道291号一ノ倉沢(旧道)」です。マチガ沢から20分。一ノ倉沢からの谷川岳岩壁鑑賞を楽しむ筈だが、案の定、霧で全く見えずでした...。残念。weep

20160722_itinokurasawa_1

霧との境目あたり、少しだけ岩壁が見える。白い部分、雪が溜まっているね。snow

20160722_itinokurasawa_2

当地方の方言で岩や岩壁のことを「クラ」と呼んでいるが、この岩場は、世界でも最も登攀の困難な岩壁の一つに数えられ(グレード6級)、日本アルプスの剱岳、穂高岳とともに日本三大岩場として知られており、谷川連邦随一の岩場であることから「一ノ倉」と名づけられています。birthday

20160722_itinokurasawa_5

一ノ倉沢と言う事で、谷から流れてきた沢水が流れます。晴れていれば、山頂から吹く冷たい風を浴びる事ができ、とても気持ち良いのだ。penguin

雨でなければ、石場でハイカーたちがお弁当を楽しめます。riceball

20160722_itinokurasawa_6

清らかな水が流れます。自然だねぇ。fish

20160722_setumei2

一ノ倉沢からの先は、幽ノ沢、芝倉沢へ行けるが、舗装道路ではなくなる。ブナのしずくという冷たい幽泉を目指すのも良いですよ。aquarius

20160722_setumei

一ノ倉沢の概念図。晴れていれば、山の尾根までくっきりと岩壁を眺める事ができます。camera

20140920_itinokurasawa_03

2年前訪れた時の、一ノ倉沢出合(旧道)からの谷川岳岸壁の眺め。いゃあ~、素晴らしいね。fuji

谷川連峰をバックにそびえ立つ谷川岳の岩場は、剣岳、穂高岳とともに日本三大岩場の1つに数えられている。building

ちなみに、ここでの詳細レポは、「一ノ倉沢からの岩壁鑑賞は霧で見えず2016。」へどうぞ。paper

20160723_bus_1

コースルートはそのまま戻るだけなのだが、雨も降っているし、ここは、電気バスで戻る事にしよう!。谷川岳ベースプラザ~一ノ倉沢間を結ぶ電気ガイトバスに乗車しました。ガイド付きなので、添乗員の方とお話ししながら戻りました。bus

ちなみに、この乗車詳細レポは、「ガイド付き電気バス(土合口駅~一ノ倉沢)に乗ってみた2016。」へどうぞ。paper

20160728_base_plaza

谷川岳ベースプラザに戻ってきました。基本的には駅ハイのコースはゴールで終了です。せっかく、ここに来たので、雨でも谷川岳山頂へ行ってみよう。rain

谷川岳登山のベース拠点地になっていて、谷川岳ロープウェイ土合口駅乗り場となっている。building

20160728_jyoukyou

さぁ、谷川岳ロープウェイに乗って天神平へ向かおう!。まずは、正面入口(6階)を入って右側、きっぷ売り場窓口にて乗車券を購入します。ticket

20160728_noriba

7階のロープウェイ乗場まで歩いていき乗車します。訪れた日は約3分間隔で発車します。clock

20160728_nagame_1

土合口駅を出発しました。土合口駅の標高は746m。あいにくの雨の為、乗客あまりいない。このゴンドラ貸し切り状態だ。ski

このロープウェイは、「フニテル」と言う。正式には、複式単線自動循環式ゴンドラ。フランス語のFunicullaire(鋼索鉄道)とteleferique(架空索道)の造語で、2本のロープ幅がゴンドラより広いロープウェイの愛称です。cat

約2400mの道のりを約10分程で結びます。霧でもやって、景色は真っ白けだ...。cloud

20160728_taki

途中、滝が見えたぞ。aquarius

20160728_nagame_3

ロープ2本で支えているので、ほとんど揺れが無い。しかし、霧で真っ白視界悪し...。sports

20160728_tenjindaira_1

標高1319m、天神平駅に到着。案の定というか、当然の事として視界悪し。霧で真っ白けだ。雨が降っていなければちょっとだけ散策も...。いや、止めておこう。danger

20160728_lift

本当は、天神平からさらにペアリフトに乗って天神峠へ向かいたかったが...。この天候じゃぁ...断念。weep

この天候でも、ペアリフトは営業していました。乗る人ほとんどいないだろうなぁ。天神峠では、ニッコウキスゲなど綺麗な花が咲いている事でしょう。天神峠の標高は、1502m。tulip

20140925_tenjindaira_1

2年前訪れた時は快晴でした。その時の写真です。本当は、写真のように緑の山々が見える天神平からの絶景が眺められる筈だったんだけどなぁ。eye

20160729_curry

雨で外に出ず、ビューテラスてんじんへ行って、レストラン食事してきました。注文したのは、やっぱり、生ビールとカツカレーだ!!。スキー場のレストランでは、必ずカツカレーなんだよね。何故だろう?。delicious

まずは、生ビールでグビッ。ぷはぁ~。うまい。happy02 beer

20160729_naka

中は広々としています。インテリアなど欧風な感じなのだ。flair

ちなみに、ここでの詳細レポは、「ビューテラスてんじんレストランにて、カツカレーを食べる2016。」へどうぞ。paper

20160728_kaisatuguti

ロープウェイ降りましょう。こちらは、天神平駅改札口。乗客ほとんどいなく、帰りも貸し切り状態。週末の土日は、待ち行列混雑で乗車に時間がかかる場合もあるので、余裕持って乗車するようにしましょう。door

20160728_nagame_5

7月という事で、山々は緑色です。晩秋の紅葉時期は、またいいんでしょうね。maple

20160728_nagame_6

まもなく、土合口駅に到着します。chick

ちなみに、ここでの詳細レポは、「谷川岳ロープウェイに乗って、霧の中の天神平へ2016。」へどうぞ。paper

20160726_bus_1

このあとは、土合駅へ戻らず、路線バスで水上駅へ向かいました。始発となる谷川岳ロープウェイバス停から水上駅へ向かうが、既に車内はほぼ満席。天気が悪いけど、週末は混みあいますな。chair

ちなみに、乗車詳細レポは、「関越交通バス・水上駅~谷川岳ロープウェイ間乗車した2016。」へどうぞ。paper

20160811_labiere

水上駅に着いた後、帰りの電車には時間があったので、水上温泉街にある良さげな食事処へ。やってきたところは、窯焼きピザの店「ラ・ビエール」です。水上温泉街にある人気のビザ屋さんだそうだ。訪れた時は、数組待ちだったが待ちましたよ。riceball

20160811_pizza_a

さぁ、ピザがやってきたぞ。2種類のピザが楽しめるハーフ&ハーフにしてもらえました。gemini

確か、左側が「ナスとベーコンのガーリック風味」、右側が「マルゲリータ」です。restaurant

「ラ・ビエール」は、ピザ専用の窯を使って本場ナポリのピザを目指している。水上の美味しい水で作った生地を楽しめるよ。cat

ちなみに、ここでの詳細レポは、「窯焼きピザの店「ラ・ビエール」でナポリピッツアを味わう2016。」へどうぞ。paper

20160816_minakami_st

水上駅に戻ってきました。水上温泉や宝川温泉の玄関駅で、路線バスで谷川岳へ向かう乗換駅でもある。spa

20160816_omiyagegai

駅前は温泉まんじゅうなど、お土産屋が建ち並ぶね。house

ちなみに、ここでの詳細レポは、「JR上越線水上駅にて2016。」へどうぞ。paper

20160712_sl_04

帰りの列車はもちろん、SLに乗ろう!。威厳を放つ黒い蒸気機関車、いつ見てもカッコいいね。leo

20160712_oidecyan_01

水上温泉のイメージキャラクター「おいでちゃん」が見送りに来てくれたよ。virgo

青い12系客車に乗り込み、水上駅をあとにしました。subway

ちなみに、乗車詳細レポは、「快速SLみなかみ号乗車してきました(水上→高崎)2016。」へどうぞ。paper

今回の駅ハイ・谷川岳、一ノ倉沢の参加は4回目。山だけに天気は難しいね。列車の手配などをしていたので、雨でも強行参加となりました。気軽な山歩きコースなので、定期的に訪れてみたい場所ですな。wink

という事で、土合駅からの駅ハイ「谷川岳・一ノ倉沢」ウォーキングレポでした~。happy01

ちなみに、各訪問詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、過去開催、谷川岳一ノ倉沢の駅ハイ参加レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20161229_map

JR東日本・駅からハイキング 「谷川岳一ノ倉沢岩壁鑑賞ハイキング」 2016年7月1日(金)~9月30日(金)開催 所要時間:約3時間30分(見学時間等を含む) 歩行距離:約9kminfo02

土合駅→スタート:谷川岳登山指導センター→①国道291マチガ沢→②国道291一ノ倉沢→③岩壁鑑賞ポイント(折り返し)→④国道291一ノ倉沢→⑤国道291マチガ沢→ゴール:谷川岳登山指導センター→土合駅info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧