2017年7月 7日 (金曜日)

駅からハイキング「のどかな荒川堤とアジサイまつり満喫ハイキング」に参加してきた(2017.06.18)。

さいたま市西区の指扇周辺を歩くコースです。run

20170623_kawagoe_line

さて、JR川越線に乗ってやってきたところは、指扇駅です。駅ハイ参加の為訪れたよ。今回は、2017年6月16日(金)~18日(日)開催、駅からハイキング「のどかな荒川堤とアジサイまつり満喫ハイキング」です。train

20170623_ekimeihyou

指扇は「さしおうぎ」と読む。西大宮駅と南古谷駅の間に位置する。karaoke

20170623_kaisatsuguti

指扇駅は橋上駅です。2階が改札口となる。door

20170623_terasu_1

指扇駅でびっくりしたのがココ。なんと、建物2階にはテラスデッキがあるのだ。snail

平成26年(2014年)に新駅舎供用開始された。駅舎が新しく生まれ変わっています。wrench

20170623_rotally

デッキからの眺め。指扇駅北口の駅前ロータリー、そして、北方向の眺めが良し。good

20170707_uketsuke

指扇駅北口駅前広場にて、駅ハイの受付を済ませました。コースマップ等を取得。ok

20170707_kan_batch

恒例の缶バッチは、E233系埼京線・川越線でした。present

20170623_ekisya_2

指扇駅駅舎外観は、指扇周辺に多くの社寺があることから日本建築の特徴である日本瓦をイメージした配色としています。また、古くから土に親しんできた地域性があることから、一部に土をイメージしたレンガタイルを使用しています。school

ちなみに、ここでの詳細レポは、「JR川越線指扇駅を下車してみた2017。」へどうぞ。paper

20170707_cource_route

今回の駅ハイコースルートです。shoe

「指扇駅」をスタートして、遠くに山々を望むのどかに田園地帯の風景と、文化財に触れながら「西大宮駅」を目指すコースです。karaoke

さいたま市西区の駅ハイは、今回で3回目の参加。指扇界隈がメインなので、半分は初めて訪れる。楽しみに、約9kmのウォーキングコース。頑張って歩きましょう。rock

20170707_road_01

指扇駅ホーム西端付近にある南北を結ぶ通路を通ります。頭上注意、少し背を屈めながら、歩いていきます。subway

20170707_road_02

県道2号さいたま春日部線、歩道橋で渡ります。snowboard

20170707_road_03

荒川土手にやってきました。土手上を歩いていきます。bicycle

20170707_kawagoe_line

土手から眺めるJR川越線。10両編成の電車が見えますね。train

20170624_tougetsuen

荒川土手を降り森のような場所に、馬と芸術の森「桃月園」があります。中へ入っていきます。scorpius

ここには、古民家カフェである「VIA」(ヴァイア)、馬と遊ぶ「遊馬苑」、盆栽園がある「成勝園」があり、素敵な隠れ家的スポットである。bar

20170624_uma_1

馬のオブジェがお出迎えだ。carouselpony

20170624_bonsai_1

コースポイントone箇所目は、「成勝園」です。指扇駅から18分。2016年にオープンした盆栽園だ。club

20170624_bonsai_2

見事な盆栽が展示されています。flag

20170624_bonsai_3

盆栽の手入れは大変だろうな。hairsalon

20170624_uma_2

こちらは、馬と遊ぶ「遊馬苑」です。お馬さんがいますね。horse

20170624_bus_stop

馬車のりばのバス停がありました。bus

20170624_jyouba

乗馬ができますよ。horse

20170624_cafe_2

古民家カフェ「VIA」(ヴァイア)です。築80年程の古民家を改造したそうだ。2015年1月にオープン。house

20170624_cake_1

店内に入ってみました。今日のシフォンはりんごだって。apple

20170624_boad

飲み物リスト。いちごスムージーが気になるなぁ。cherry

20170624_cake_2

カフェタイム。頂きましたよ。うみたて卵のシフォンケーキとアイスコーヒーです。cake

20170624_byke

荒川サイクリングロード沿いにあるので、ロードバイクで訪れる人多い。サイクルラックも完備しているよ。bicycle

20170624_tawashi_2

なんか面白い。亀の形した亀の子束子。snail

20170624_room_1

古民家、家内のインテリア。落ち着いた雰囲気。chair

ちなみに、ここでの詳細レポは、「「馬と芸術の森~桃月園」にて、遊馬苑(乗馬)と成勝園(盆栽)とcafe VIA(古民家カフェ ヴァイア)2017。」へどうぞ。paper

20170707_denen

荒川土手から離れ、田園風景を歩く。緑色の田んぼが広がるよ。riceball

20170629_asuma_kannon

コースポイントtwo箇所目は、「高城寺」です。成勝園から23分。曹洞宗寺院で遊馬山と号す。spade

この観音様は、遊馬観音です。chick

20170629_hondou

本堂です。本堂は昭和53年(1978年)に新築された。house

天文12年(1543年)の開創と伝える古い寺で、御本尊は室町時代の様式をもつ薬師如来坐像です。shadow

西遊馬の旧家のほとんどが当寺に墓地を持っており、地域に密着した寺院です。leo

江戸時代後期には寺小屋か開かれており、明治6年(1873年)には遊馬学校が開校し、隣接してある馬宮東小学校に発展。校章は同じ「五七の桐」になっている。school

20170629_roumon

楼門をくぐります。歴史感ある建造物だ。大晦日には除夜の鐘を撞く大勢の参拝者で賑わいます。bell

20170629_koushintou

写真右側が庚申塔です。さいたま市指定有形民俗文化財。faxto

この庚申塔は、江戸時代前期の寛文3年(1663年)の年号が刻まれています。石塔の中央に青面金剛像を浮き彫りとし、童子・邪鬼・鶏・猿などを表現する典型的な形をとっています。building

市内ではごく初期に建てられた庚申塔の一つで、「遊馬村 是衆拾四人」と刻まれているところから、村の有力層によって建立されたものと考えられます。高さは204cmです。japanesetea

20170629_sanmon

山門をくぐります。東日本大震災の影響で、山門の屋根瓦が落ち、柱がずれ、袖塀も傾きました。修復もままならず、現在は塀を取り壊しています。door

ちなみに、ここでの詳細レポは、「高城寺の庚申塔を見に訪れてみた2017。」へどうぞ。paper

20170630_torii

コースポイントthree箇所目は、「西遊馬氷川神社」です。高城寺から2分。かつての遊馬村の鎮守で、「宿の氷川様」と呼び親しまれています。当地は大宮と川越のほぼ中間に位置し、「宿」の名が示すように、遊馬では神社前の道の両側に集落が営まれていました。鳥居前の道は、江戸時代から大宮と川越を結ぶ重要な道です。penguin

20170630_komainu

神社の狛犬です。dog

20170630_jinjya_1

創建年代等は不詳ながら、戦国時代以前には創建していたのではないかといいます。birthday

境内は木々に覆われていて、静けさな感じがありますね。xmas

20170630_oshiruko

駅からハイキング参加者限定、おしるこの無料配布がありました。japanesetea

20170630_hayashi_4

拝殿にて、木下流宿東間囃子連によるお囃子披露がありました。chick

20170630_hayashi_1

日本の伝統芸能、いいものです。鑑賞しました。chair

20170630_hayashi_2

お祭り等では建物中見る事が出来るが、普段の拝殿は戸で閉められています。signaler

20170630_hayashi_3

獅子舞が登場しましたよ。leo

20170630_honden_1

境内をぶらり。こちらは、本殿横です。house

7月中旬に、天王様の祭礼が催され、神社入口に大きな幟を立て、子供神輿や山車が出て大変賑わい、地区内を巡行します。bicycle

ちなみに、ここでの詳細レポは、「西遊馬氷川神社にて、お囃子鑑賞した2017。」へどうぞ。paper

20170701_nagayamon

コースポイントfour箇所目は、「永田家長屋門」です。西遊馬氷川神社から4分。江戸時代、関東郡代伊奈氏によって黒川の河川改修や新田開発が行われた時の土屋陣屋跡と言われています。したがって一般の長屋門とは異なり格式が高く、簓子塀や構え堀が設けられ、市内では最大級の長屋門です。door

桁行き21.1m、梁間4.75m、棟高6.18m、面積100.51平方メートル建築規模を誇る武家造りの長屋門。event

20170701_sasaragobei

さらに長屋門の天井に駕籠が吊るされているのも珍しいと言えます。present

20170701_nagayamon2

松の木と長屋門。日本庭園のような感じだね。club

20170701_takeyabu

建物の裏手は竹林になっている。土屋陣屋跡があるようだが...。building

ちなみに、ここでの詳細レポは、「永田家長屋門及び簓子塀を見学してみた2017。」へどうぞ。paper

20170702_road

コースポイントfive箇所目は、「錦せんべい本舗」です。永田家長屋門から2分。お店は、埼玉県道57号さいたま鴻巣線沿いにあります。car

20170702_nisiki_senbei_honpo

有機農法を取り入れた専業農家のお米を使い、生地作りからすべて自店で行っている、さいたま市唯一のおせんべい屋です。製造直売店だ。riceball

ちょいと立ち寄ってみました。お店に入ってみましょう。door

20170702_senbei

いろんな種類の煎餅が販売されています。単品では、しょうゆ・ごま・のりまる・ひび・ざらめ・ぎょうざの6種類ありました。バラ1枚は70円。5枚入りや10枚入りのセット販売、及び、詰め合わせ販売もあり。penguin

原材料においては、お子様からお年寄りまで安心していただける食材を使用しています。hospital

駅ハイ参加者特典で割引サービスがあったので、いくつか購入していきました。snail

ちなみに、ここでの詳細レポは、「錦せんべい本舗で煎餅を購入してみた2017。」へどうぞ。paper

20170706_torii

こちらは、土屋氷川神社です。創建は明らかではないが、当地は荒川の氾濫によって、しばしば被害を受けたことから、治水の神として、当社を荒川に最も近い村の西脇に祀ったのであろう。eyeglass

20170706_haiden

拝殿です。御祭神は、素戔嗚尊。御神徳は、武運長久・厄除け・商売繁盛である。dollar

ちなみに、ここでの詳細レポは、「旧土屋村の鎮守、土屋氷川神社を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170707_road_04

閑静な住宅街を歩いていく。chick

20170707_agapansasu

通りには、淡い紫色のアガパンサスが咲いていました。tulip

20170707_arasawa_fudouson

こちらは、荒沢不動尊です。”盗難よけ”に霊験あらたかな「お不動様」です。ここの不動明王像は、「滝にうたれるコケティシュな顔」に特徴があります。盗難よけの縄が奉納されている。shadow

20170707_ajisai_1

坂道には、白い色のアジサイが道沿いに連なって咲いている。cloud

20170619_torii

コースポイントsix箇所目は、「指扇氷川神社」です。錦せんべい本舗から23分。鳥居をくぐるところから、紫陽花が咲いていて、出迎えてくれます。door

20170619_sandou

木々に覆われた参道を進んでいきます。xmas

20170619_hayashi

拝殿にてお囃子披露がありました。木下流下郷囃子連による囃子です。cancer

20170619_ajisai_01

指扇氷川神社の境内には、鎮守アジサイ園があり、「指扇アジサイまつり」が開催中でした。約5000平方メートルの敷地に350品種を超える2000株以上が咲き誇る。eye

白い色のアメリカアジサイだ。capricornus

20170619_ajisai_06

花びらの形が良い青い色の紫陽花。mist

20170619_ajisai_05

ガクアジサイは宝石のような感じで良い。ring

20170619_ajisai_02

青の色合いが良く、花びらの形がかわいらしい。virgo

20170619_ajisai_08

こちらは、白い色の花びらだ。snow

20170619_ajisai_04

これは、小さな花びらだね。sweat01

20170619_ajisai_10

ピンク色の紫陽花、ピンクアナベルだ。cherryblossom

20170619_ajisai_11

色柄が良い紫陽花だね。spade

20170619_ajisai_07

境内紫陽花が広がる。のんびりベンチに座って鑑賞も良いだろう。chair

20170619_ajisai_03

拝殿をバックにアジサイを撮る。bud

20170619_omise

アジサイ祭りという事で、隣接する赤羽根児童遊園では、グルメの販売もあったよ。restaurant

20170619_amacya

駅からハイキング参加者限定で、甘茶(あまちゃ)の無料配布がありました。砂糖を全く入れていないのに、とても甘味がある。糖分が無くカフェインも無し。なのに、甘味度は砂糖の200~1000倍ある。japanesetea

20170619_curry

牛すじカレーと水出しアイスコーヒーを頂きました。うむ、美味しい。delicious

20170619_touhyou_a

好きな品種に投票する「アジサイ人気投票」も行われた。こちらは、A:星花火。annoy

20170619_ajisai_09

こちらは、C:ピンクアナベル。heart01

20170619_touhyou

好きな花にシールを貼ります。今年はどのアジサイが1番になったかな?。crown

ちなみに、ここでの詳細レポは、「指扇氷川神社 鎮守アジサイ園「指扇アジサイまつり」に行ってきた2017。」へどうぞ。paper

20170705_gate

コースポイントseven箇所目は、「小山本家酒造」です。指扇氷川神社から10分。創業文化5年(1808年)、今年で209周年の老舗酒造。東日本では最大手の清酒メーカーである。ちょいと工場施設内に入ってみよう。cancer

20170705_shikomimizu

工場構内に試飲コーナーが設置されました。まずは、酒造りに使用している仕込み水を頂こう。aquarius

地下180mから汲み上げた仕込水だ。ちなみに、小山本家酒造の井戸はさいたま市の災害時における給水用井戸として指定されている。hospital

20170705_shiin_1

さぁ、お楽しみの試飲コーナー。今回は、「金紋世界鷹吟醸50」・「小山本家 界(かい)」・「おおきな温情(おもいやり)」の3種類。プラカップによる提供です。万全に氷で冷やされていて、飲み頃ですよ。cat

20170705_shiin_2

では、くぴっ。ぷはぁ~。いい味わいだね。中井も試飲させてもらったが、やっぱり、「金紋世界鷹吟醸50」が旨かったねぇ。deliciousbottle

20170705_hanbai

お土産販売もありました。「金紋世界鷹吟醸50」を買いたかったが、残念ながら売切れ。なので、呑み歩きできる「おおきな温情(おもいやり)」にしました。dollar

20170705_photo_spot

事務所前には、写真撮影コーナーがあり。camera

20170705_sekaitaka

金紋世界高の酒樽だ。basketball

20170705_yuruchara

さいたま市のPRキャラクター「つなが竜ヌゥ」のぬいぐるみが。埼玉県のキャラクター「コバトン」もいたね。pig

20170705_happi

金紋世界鷹の法被着て、記念撮影はいかが?。t-shirt

20170705_koujyou_1

工場構内を突っ切って歩いて行きます。仕込蔵や瓶工場、パック工場、倉庫等があります。bicycle

20170705_yashiki

代表取締役会長・小山景市宅の家門です。この門は約100年前から現存しているそうだ。door

20170705_setsumei_3

醸造のしくみ、ペーパーで頂けた。これは、ありがたいね。勉強になるよ。pencil

20170705_setsumei_4

「日本酒初心者のための入門知識」や「目指せ日本酒マスター!3択クイズ」があり。帰宅後復習しよう。music

20170705_omiyage

貯蔵用の大型タンクが約170本あり、様々な酒種を濾過・熱処理・調合して商品の味を決めています。golf

そのタンクをバックに、購入した日本酒パックをパチリ。西大宮駅へ向かいながら呑み歩きだ。shoe

20170705_koujyou_2

東門入口入って左手は精米所で、自社精米を行っており、年間で約10万俵(約10万人の年間消費量相当)を精米しています。riceball

ちなみに、ここでの詳細レポは、「小山本家酒造にて、金紋世界鷹を試飲する2017。」へどうぞ。paper

20170707_nishi_oomiya_st_1

西大宮駅へ向かい歩いて行きます。駅前だというのに、畑が広がる。pen

20170707_nishi_oomiya_st_2

ゴールの西大宮駅に到着しました。小山本家酒造から8分。平成21年(2009年)開業の新しい駅である。近代的な橋上駅舎だ。building

指扇駅をスタートして、西大宮駅にゴールするまで、3時間53分かかりました。ゴール受付はありません。motorsports

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:15940歩 消費カロリー:720.9kcal 消費脂肪量:102.9g 歩行距離:10.36km 歩行時間:2時間17分 平均時速:4.53km/h エクササイズ量:7.5Exinfo02

20170707_nishi_oomiya_st_3

西大宮駅改札口です。近隣には学校があり、駅構内電車利用する学生さんたちが多かったです。door

20170707_kawagoe_line_2

帰りも川越線で。帰りの電車はJRのE233系だ。train

20170707_kawagoe_line_3

JR川越線快速新木場行きに乗って、ここをあとにしました。paper

今回は、指扇界隈の寺社散策になった。お囃子を観れたし、指扇のアジサイ園は見事だったね。やっぱり、小山本家酒造での試飲が楽しみ~でした。happy02

20170702_senbei_2

お土産は、錦せんべい本舗の新米せんべい、バラ3枚です。dollar

【しょうゆ】..当店自慢のおせんべい。しつこくない味付けが好評です。

【ざらめ】..最高級のザラメをたっぷりまぶしました。女性やお子様に大好評。

【ぎょうざ】..当店人気のおせんべい。厳選した青森県産にんにくと唐辛子がきいた味付けです。

どれも美味しかったが、「ぎょうざ」の辛さがいい感じでした。delicious

という事で、駅からハイキング「のどかな荒川堤とアジサイまつり満喫ハイキング」に参加してきたレポでした~。happy01

ちなみに、訪問箇所詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、過去開催、さいたま市西区の駅ハイ参加レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170707_cource_map

今回のウォーキングコースマップです。memo

JR東日本・駅からハイキング 「のどかな荒川堤とアジサイまつり満喫ハイキング」 開催期間:2017年6月16日(金)~6月18日(日) 所要時間:約3時間(見学時間等を含む) 歩行距離:約9kminfo02

スタート:指扇駅→①成勝園→②高城寺→③西遊馬氷川神社→④永田家長屋門→⑤錦せんべい本舗→⑥指扇氷川神社→⑦小山本家酒造→ゴール:西大宮駅info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土曜日)

駅からハイキング「八重桜と日本三大桜の競演と天平文化の風薫る歴史探訪」に参加してきた(2017.04.23)。

天平の丘公園花広場の八重桜は見事満開でした。cherryblossom

20170507_utsunomiya_line

さて、JR宇都宮線に乗ってやってきたところは、小金井駅です。駅ハイ参加の為に訪れたよ。今回は、2017年4月11日(火)~4月30日(日)開催、駅からハイキング「八重桜と日本三大桜の競演と天平文化の風薫る歴史探訪」です。train

20170507_annaijyo

改札口を出て、西口駅前に、オアシスポッポ館があります。下野市観光案内所である。ここが、受付場所となります。clock

20170513_panf

受付を済ませ、コースマップやパンフレット等を取得した。memo

20170513_kan_batch

恒例の缶バッチは、E6系新幹線でした。bullettrain

20170507_pepper

オアシスポッポ館には、「下野市シティプロモーション特命課長」のPepperがいます。ペッパーと遊んであげてね。shadow

20170507_dourin

小金井駅西口ロータリーには、C57蒸気機関車の動輪が静態展示されています。小金井駅は、明治26年(1893年)3月25日開業。昭和41年(1966年)には小山電車区も開設され、小金井駅がある旧国分寺町は鉄道開通と共に発展した町でもある。鉄道と深い関りがあるので、このモニュメントが設置されています。subway

20170507_koganei_st

小金井駅駅舎の上は、東北新幹線の高架となっています。高速で通過する新幹線の音・振動が響くよ。bullettrain

ちなみに、ここでの詳細レポは、「JR宇都宮線小金井駅にて。C57蒸気機関車の動輪2017。」へどうぞ。paper

20170513_cource_point

今回の駅ハイコースルートです。karaoke

「天平の丘公園」では八重桜や日本三大桜の淡墨桜・滝桜・山高神代桜などの桜が咲き競い来訪者の目を楽しませてくれます。また、国指定史跡の「下野国分寺跡」や「下野国分尼寺」があります。cherryblossom

小金井駅の駅ハイは初めての参加だ。今回は約12kmのウォーキングコース。青空快晴の中、頑張って歩こう!。rock

20170513_ekimae_syoutenkai

小金井駅からまっすぐ続く道路を歩いていく。このあたりは、小金井駅前通り商店会。aries

20170513_dagashiya

ちいさな駄菓子屋さん「いずみや」がありました。こういうお店が多くあるといいけどな。gemini

20170508_park_1

コースポイントone箇所目は、「日酸公園」です。小金井駅から6分。日本酸素工業の工場跡地だった事が講演名の由来だ。fastfood

20170508_syaryou_04

日酸公園には、国鉄時代の古い電車があります。clover

20170508_syaryou_03

この車両は、国鉄クモエ21形電車だ。この車利用の正式名称は、「救援制御電動自動車クモエ21001号」です。train

この車両の主な仕事は、他の電車が踏切事故や故障などで動けなくなくなった時、いろいろな道具をのせて現場に行き助けます。hospital

20170508_syaryou_06

長さ17mあるので、結構大きな電車だ。車両の中には入る事はできません。danger

20170508_syaryou_02

ケガした電車を助けた電車という珍しい車両が静態保存されているのです。subway

昭和2年(1927年)に運行開始し、昭和61年(1986年)に引退しました。直流電車で最高時速95kmである。karaoke

20170508_sansakuro

日酸公園の東側には、散策路が整備されている。shoe

20170508_azumaya_1

散策路には東屋がある。小さな水路もあり、趣きがあるのだ。house

20170508_yaezakura_1

散策路には、八重桜が満開、見事に咲いています。cherryblossom

20170508_yaezakura_2

八重桜、花の咲き具合がいいね。cherryblossom

ちなみに、ここでの詳細レポは、「クモエ21001号が静態保存されている、日酸公園を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170513_yaezakura_01

先へ進んでいくが、下野市は八重桜の町なのだろうか。各所に、綺麗な八重桜が咲いています。cherryblossom

20170507_park_3

コースポイントtwo箇所目は、「久保公園」です。日酸公園から9分。平成13年度(2001年)に整備された公園です。市民の憩いの場として利用されています。club

20170507_park_4

平成6年(1994年)、区画整理事業に伴う発掘調査を行ったところ北台遺跡が発見されました。北台遺跡は、栃木県の一番南で確認されている推定東山道跡です。下野市指定史跡。wrench

20170507_tousandou

公園中央部に横切るこの道が、東山道だったのではないかと推定されています。東山道は、京から近江国(滋賀県)、美濃国・飛騨国(岐阜県)、信濃国(長野県)、武蔵国(東京都・埼玉県)、上野国(群馬県)の諸国を経て下野国に入り、陸奥国の多賀城(宮城県)に向かっていました。shoe

中央から東国や陸奥に赴任する役人や東国から北九州の警備のために防人として派遣された人たちや多くの物資もこの道を通って行きました。bicycle

これまで栃木県内では、10数か所の古代の道路標が確認されていますが、史跡として保存整備されているのはここだけです。karaoke

ちなみに、ここでの詳細レポは、「東山道跡がある久保公園を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170507_yaezakura_1

久保公園近くの川沿いは遊歩道に整備されていて、こちらも、八重桜が満開見事に咲いています。cherryblossom

20170507_yaezakura_2

八重桜の花びら、これまた、綺麗ですね。cherryblossom

20170513_road_01

いゃあ~、暑いね。田畑だけ広がる、のんびり空間。黙々と歩いていきます。sweat01

20170513_nagame_1

緑が広がる。すごすぎる...。club

20170510_oshisyabashi

コースポイントthree箇所目は、「御使者橋・姿亭」です。久保公園から14分。この橋が、お使者橋です。江戸の昔、徳川幕府や壬生藩主鳥居公の使者が往来したので、この橋を御使者橋と呼ばれたそうです。leo

20170510_oshisyabashi_2

今は、姿川にかかる車道橋となっている。rvcar

20170510_parking

お使者橋を渡る手前には、姿亭ポケットパークがあります。まぁ、駐車場・休憩所ですな。car

20170510_sugatatei

近くに御用宿(ごようやど)なる屋号の家あり。平成3年(1991年)誇れるまちづくりの名所として姿亭を建て百日紅(さるすべり)を飾る。house

姿亭は、駐車場の東屋として利用できます。chair

20170510_waka_e

和歌の絵が飾られている。この裏には、和歌が書かれている。art

20170510_nagame

周囲は、のんびりした田畑が広がる。club

20170510_sugatagawa

姿川には、釣りをしている人が多かったな。fish

20170510_kurenaihashi

お使者橋に並行して、自転車・歩道橋がある。この橋は、紅橋となっている。こちらを渡っていきます。shoe

ちなみに、ここでの詳細レポは、「お使者橋と姿亭と姿川2017。」へどうぞ。paper

20170513_road_02

イベント会場へ向かって歩いているが、車道は駐車場に車を停める為の行列渋滞が続いています。歩きで、どんどん車を抜かしていきます。run

20170513_yaezakura_02

八重桜トンネルをくぐり歩いていく。cherryblossom

20170513_ushigoya

牛小屋があるな...。taurus

20170424_sakura_05

コースポイントfour箇所目は、「天平の丘公園花広場」です。御使者橋から16分。ここで、第38回天平の花まつりが開催されていました。会場内多くの人が訪れますね。gemini

20170424_sakura_06

八重桜、満開を迎えています。ピンク色の花びらがいいね。cherryblossom

20170424_sakura_01

快晴、春の青空の下、八重桜はさらに映えます。今年は、ソメイヨシノが見頃を迎えた週末は、生憎の天気だったので、遅れてピークを迎える八重桜を青空で見る事ができて良かったよ。happy02

20170424_sakura_02

やっぱり、これだけ八重桜が咲くと、多くの人が訪れるもんだ。会場内、かなり混雑しています。cancer

20170424_sakura_03

会場内ぐるりと、美味しそうな露店が立ち並びます。riceball

20170424_sakura_04

結構、行列が出来ているお店が多かったな。delicious

20170424_stage

特設ステージでは、演歌ステージなどが行われているようです。karaoke

20170424_suisya

こちらは、からくり水車。aquarius

20170424_katakagotei

かたかご亭では、銭石まんじゅうが出来たてで販売されます。駅ハイ参加特典で、1個貰えます。行列に並んだけど、ちょっと時間がかかりそうだったのであきらめた...。ring

20170424_shbafu_hiroba

尼寺公園側、芝生広場は空いているスペースが多いので、こちらに、ピクニックシートを敷いて、桜まつりを楽しんでもいいかも。bottle

20170424_amaderaato

もう少し早い時期だと、日本三大桜の淡墨桜・滝桜・山高神代桜などの桜が咲き競います。史跡「下野国分尼寺跡」付近である。pen

ちなみに、ここでの詳細レポは、「第38回天平の花まつり、満開の八重桜を見に行ってきた2017。」へどうぞ。paper

20170424_shiryoukan

コースポイントfive箇所目は、「しもつけ風土記の丘資料館」です。天平の丘公園花広場に隣接。入館無料なので入ってみよう。いろいろな史跡など貴重な展示物が多くありました。school

20170427_kokubunji_ato_2

コースポイントsix箇所目は、「下野国分寺跡」です。しもつけ風土記の丘資料館から5分。天平13年(741年)、聖武天皇は当時60余りの国ごとに国分寺と国分尼寺を造ることを命じました(国分寺建立の詔)。下野国分寺はその中の1つである。drama

現在は整備され、史跡公園となっている。とはいえ、広々として何もない空間が広がっている。国の史跡に指定。libra

20170427_nanmon_ato

まっすぐ進んで行くと、南門があります。door

20170427_kokubunji_ato_3

南大門を通り、中門、金堂へ続く。建物の復元は無く、敷地のみだ。ski

20170427_shitijyuutou

この先に七重塔があったようです。building

20170427_kabutozuka_kofun

下野国分寺跡の西側に、甲塚古墳(かぶとづかこふん)があります。帆立貝形古墳です。carouselpony

20170427_shinnrin

北東側には、新緑の森林があり、散策路になっている。club

20170427_kokubunji_ato_4

下野国分寺跡の碑があり。movie

ちなみに、ここでの詳細レポは、「下野国分寺跡を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170427_sakura_01

天平の丘公園に戻ってきました。園内ぐるりと散策してみましょう。bicycle

20170427_sakura_02

八重桜の下、シートを敷いて花見ですな。riceball

20170424_mini_shinkansen

天平の丘公園では、ミニ新幹線の乗車あり。有料。八重桜を見ながら、のんびり走る。bullettrain

20170427_sakura_11

青い空、ピンク色の桜、緑色の芝生。3色のハーモニーが鮮やかだ。そんな中、グリーンのE5系新幹線がカタトコ周回する。bullettrain

20170427_sakura_03

八重桜のピンク色と新緑の木々の色とのハーモニーがいいね。club

20170424_bochan_ressya

こちらは、坊ちゃん列車。有料。天平の丘公園の園内をぐるりと走ります。subway

20170427_sakura_04

八重桜の花びらアップ撮影。綺麗だね。tulip

20170427_sakura_12

今だけの演出。天気も良く、散歩日和だ。art

20170427_komotibashi

天平の丘公園には森林ゾーンがある。新緑の木々の中、明日香川に子宝橋がかかる。xmas

20170427_manyou

万葉植物園に入る修学の門をくぐろう。door

20170427_murasakishikibu

コースポイントseven箇所目は、「オトカ塚古墳・伝紫式部の墓」です。shadow

こちらは、紫式部の墓。この付近は「紫」という地名であることから、源氏物語の作者である紫式部の墓と、言われるようになったとの事。pencil

20170427_shinrin

森林の中の散策路もある。歩きながら気分が良い。shoe

20170427_kofun

こちらは、オトカ塚古墳。古墳時代後期に築造された総長58m(墳丘長約45m)、高さ1.2mの帆立貝形前方後円墳です。fullmoon

20170427_shinrin_2

これからは、この新緑の色が映えてくる季節になるんだなぁ。confident

ちなみに、ここでの詳細レポは、「天平の丘公園、園内散策してきた2017。」へどうぞ。paper

20170513_murasakibashi

天平の丘公園を出て、再び、歩き始めます。紫橋を渡ります。mobilephone

20170513_murasakibashi_2

紫橋、橋上から姿川を眺める。ここからは、姿川の土手上を歩いていきます。bicycle

20170513_road_03

土手上もくもく歩いて行こう。shoe

20170513_nanohana_road_1

姿川の土手上は、菜の花ロードになっていた。chick

20170510_nanohana

姿川の土手には、菜の花がぎっしりと咲き誇っていました。すごすぎる...。tulip

20170513_nanohana_road_2

案の定、歩く場所がわからないくらい菜の花だらけになった。下に降りることもできず、このまま強行突破。ちょっと、しんどい...。coldsweats02

20170513_road_04

お使者橋に戻ってきた。そのまま、真っ直ぐ進んでいきます。scorpius

20170513_road_05

ここからは、歩行者・自転車道があるので、気楽に歩いていけます。key

20170513_road_06

姿川沿いに歩いていく。先には、宮前橋が見えます。その橋を渡り、左奥に見える森の方へ向かう。fish

20170509_furusatonomori_1

コースポイントeight箇所目は、「蔓巻公園」です。天平の丘公園から31分。「つるまきこうえん」と読む。こちらは、ふるさとの森です。森の中は散策路が整備されています。xmas

20170509_furusatonomori_2

森の中の静けさが心地良いですな。のんびり歩いてみよう。shoe

20170509_tsurumaki_park_1

緑の広場に出てきました。こちらは、公園中央部にある築山広場です。緑の広場が広がるね。蔓巻公園は、姿川沿いに沿った長方形のような横長な敷地である。club

20170509_yaezakura_1

公園内には、八重桜が満開、見事に咲き誇っています。cherryblossom

20170509_yaezakura_2

八重桜の花びら、綺麗な感じだね。tulip

20170509_tenbou_1

小高い丘を登ってみた。360度ぐるりと見渡せる展望が望めます。eye

20170509_suberidai

小高い丘から、すべり台があります。子供達に人気だ。snowboard

その先には、バーベキューができるキャンプ場があります。さらに、その先には、花広場や下川原広場があります。bud

20170509_hiroba

築山広場の先には森が広がります。clover

ちなみに、ここでの詳細レポは、「緑の広場が広がる、蔓巻公園を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170513_tanbo

のどかな田園風景。clover

20170513_yuuyuukan

コースポイントnine箇所目は、「ゆうゆう館・天平の湯」です。蔓巻公園から15分。日帰り入浴施設です。駅ハイ参加特典で、入浴料が300円→200円に割引サービスが受けられます。spa

20170513_okazunoikeda

手作りコロッケとお惣菜の店「おかずのイケダ」です。ギョーザも売っているのかぁ...。ちょっと気になったが...。riceball

20170513_park_1

緑の芝生が広がる公園。すべり台があるね。ここも、八重桜の木がある。spade

20170512_torii

コースポイントonezero箇所目は、「慈眼寺・金井神社」です。天平の湯から14分。bar

こちらは、金井神社です。では、鳥居をくぐりましょう。door

20170512_sandou

参道をまっすぐ進みます。snail

20170512_hondou

拝殿です。参拝します。confident

御祭神は、磐裂命・根裂命。shadow

20170512_honden

金井神社の本殿、建造物が市指定文化財に指定されています。本殿の建築様式は一間社三方入母屋造といい、壁面には透彫りなどの立派な彫刻が施されています。art

この彫刻は江戸末期(1800年代)の製作と考えられ、作者は磯部氏系統の彫刻師であろうと推定されています。本殿の素材にはけやきが用いられており、素木造で彩色はありません。屋根は栩葺きで壁面には当時の人々の名前が刻まれており、両側には彫刻の施された脇障子が付いています。book

ちなみに、ここでの詳細レポは、「一間社三方入母屋造の本殿、金井神社を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170511_sanmon

こちらは、慈眼寺です。1196年、新田義兼によって開基され、新田一族の祈願所として建立されたと言われています。cancer

では、山門をくぐりましょう。door

20170511_tokugawa

慈眼寺は、徳川将軍家日光社参小休所・御昼食所だったようです。なので、葵紋ですね。leo

20170511_sandou

参道を歩きます。左手には、観音堂がある。bell

20170511_hondou

参道をまつすぐ進んだ先に、本堂があります。house

20170511_yaezakura

ちょうど、八重桜が満開を迎えていました。cherryblossom

20170511_yaezakura_2

ピンク色の綺麗な花びらが、また、良いですね。cherryblossom

ちなみに、ここでの詳細レポは、「徳川家の休憩所、慈眼寺(下野市)を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170512_touri

コースポイントoneone箇所目は、「小金井一里塚」です。慈眼寺から7分。ring

20170512_itirizuka

この、小金井一里塚は、日光街道で唯一国指定史跡である一里塚なのだ。crown

江戸(東京)日本橋から22里(約88km)の地点にある。二つの塚がほぼ完存している事などから、日光道中で唯一国指定史跡に指定されています。crown

20170512_itirizuka_2

下野市名木30選、エノキ・クヌギがあります。xmas

ちなみに、ここでの詳細レポは、「小金井一里塚を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170513_road_07

駅前通りに戻ってきました。penguin

20170513_koganei_st_1

小金井駅に戻ってきました。ゴール受付はありません。小金井駅をスタートして、ゴール戻ってくるまで、4時間59分かかりました。motorsports

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:25051歩 消費カロリー:1256.8kcal 消費脂肪量:179.5g 歩行距離:19.03km 歩行時間:3時間34分 平均時速:5.33km/h エクササイズ量:13.0Exinfo02

20170513_utsunomiya_line_2

帰りもJR宇都宮線で。あまり食べずに歩いてきたので、お腹空いた~。なので、これから、宇都宮駅へ向かいます。もちろん、餃子食べにね。delicious

小金井駅からの駅ハイは初めての参加でした。本当は、渋川駅の駅ハイ、白井宿の八重桜を見に行こうかと思っていたが、満開が少し遅れていたようなので、急遽、下野市・小金井の駅ハイに決めました。快晴天気も良く、そして、八重桜が満開でとても良い駅ハイ日和でした。sun

という事で、駅からハイキング「八重桜と日本三大桜の競演と天平文化の風薫る歴史探訪」に参加してきたレポでした~。happy01

ちなみに、訪問箇所詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170513_map

今回のウォーキングコースマップです。foot

JR東日本・駅からハイキング 「八重桜と日本三大桜の競演と天平文化の風薫る歴史探訪」 開催期間:2017年4月11日(火)~4月30日(日) 所要時間:約5時間30分(見学時間等を含む) 歩行距離:約12kminfo02

小金井駅→スタート:オアシスポッポ館→①日酸公園→②久保公園→③御使者橋・姿亭→④天平の丘公園花広場→⑤しもつけ風土記の丘資料館→⑥下野国分寺跡→⑦オトカ塚古墳・伝紫式部の墓→⑧蔓巻公園→⑨ゆうゆう館・天平の湯→⑩慈眼寺・金井神社→⑪小金井一里塚→ゴール:オアシスポッポ館→小金井駅info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土曜日)

駅からハイキング「氏家雛めぐり~早春の古雛・つるし飾りを巡る~」に参加してきた(2017.02.04)。

奥州街道を歩きながら、氏家雛めぐりを通して地元の人達とのふれあいで心癒せるハイキングコースです。shoe

20170205_e257_4

さて、JR宇都宮線に乗ってやってきたところは、氏家駅です。駅ハイ参加の為に訪れたよ。今回は、2017年2月4日(土)~3月5日(日)開催、駅からハイキング「氏家雛めぐり~早春の古雛・つるし飾りを巡る~」です。train

20170205_ujiie_st_1

駅ハイイベント開催にあわせ、臨時直通電車が運行されました。その名も、快速氏家雛めぐり号です。海浜幕張と氏家間を走行し、武蔵野線を経由するので、乗り換え無しで向かえて便利な列車だ。使用された車両はE257系500番台。房総方面の特急で使用されている車両だ。リクライニングの座席で快適。bullettrain

氏家駅10時35分到着。さくら清修高校の女子高生らがホーム上でお出迎えです。school

ちなみに、この臨時列車の乗車レポは、「快速氏家雛めぐり号に乗車してきた2017。」へどうぞ。paper

20170205_kangei

改札口前では、駅長・駅員、さくらメイツ、栃木県マスコットキャラクター「とちまるくん」、さくら市観光PR大使「コンタ君」がお出迎え。「ようこそ 氏家雛めぐりへ!」の歓迎幕もあり。bell

20170205_kangei_2

改札口を出て駅の外でも、歓迎の列ができている。cat

20170205_hayashi

氏家こどもおはやし会による太鼓披露での歓迎があり。notes

20170311_ekimae_hiroba

駅前広場では、特産物の販売やグルメの提供があり。restaurant

20170205_fukufukunabe

氏家福々鍋(けんちん汁)のふるまいもありました。温まります~。japanesetea

20170214_e_plaza

受付場所は、eプラザ壱番館の2階です。氏家駅前にある。event

20170311_kan_batch

受付にて、コースマップやパンフレット類を取得しました。恒例の缶バッチは、143系湘南色です。意外に珍しい車両の缶バッチだな。present

20170205_hinameguri_1

氏家駅周辺では、第14回氏家雛めぐりが開催中でした。ここ、eプラザ壱番館でも、いろいろな雛飾りがされています。ぶらり、見学してみよう。virgo

20170214_tsurushi_hina

吊るし雛、見事ですね。とても、かわいらしい。taurus

20170214_hinakazari_2

内裏雛。吊るし雛の下で。rain

20170214_kitsune

狐雛の結婚式でしょうかね。heart04

20170214_kimono

着物も展示されていました。t-shirt

ちなみに、ここでの詳細レポは、「第14回氏家雛めぐり・eプラザ壱番館の雛飾りを観てきた2017。」へどうぞ。paper

20170311_cource_route

今回のコースルートです。3年連続で氏家の駅ハイに参加。馴染みのルートだ。karaoke

20170311_ujiie_st

今回は約10kmのウォーキングコースです。では、頑張って歩きましょう。氏家駅を出発です。motorsports

20170311_ujiie_st_2

連絡橋を渡り、氏家駅西口へ抜ける。libra

20170311_kusagawa_1

草川沿いに歩いていきます。mist

20170311_mizudori

川の水が綺麗なので、水鳥さんたち気持ち良さそうに泳いでいる。chick

20170215_yuyu_park_1

コースポイントone箇所目は、「ゆうゆうパーク」です。氏家駅から28分。氏家ゆうゆうパークは愛称で、正式には鬼怒川河川公園です。旧氏家町制100周年記念事業として、鬼怒川の河川敷を利用して整備された水と触れあえる公園である。tennis

20170215_yuyu_park_2

南方向を眺める。先には、勝山公園がある。勝山城本丸跡や勝山パークブリッジがあり、河川敷側には、大池や花畑がある。sagittarius

20170215_road_3

鬼怒川沿いに土手が整備され、遊歩道として続いています。春になると桜満開で花見に良さそうな桜つづみ沿いを歩いて行こう♪。cherryblossom

芝生が広がり、ゴルフ場みたいな景観だな。golf

20170215_kinugawa_1

鬼怒川の河川敷は広く、本流の他、蛇行する川もあり。fish

先に見える雪化粧した山々が雄大な景色だね。fuji

20170215_kinugawa_2

自然な風景が、心地良い気分に浸れる。いい眺めじゃ~。confident

栃木県景勝百選の地にも選定されている。crown

20170215_road_1

訪れた日は、ちょっと風が冷たいけれど、快晴で気持ちUp!。澄んだ青空がGoodだ。sun

20170215_road_2

約1.2km程土手上の歩道を歩いて行った。ウォーキング・ランニングには気持ちいいロードだ。run

ちなみに、ここでの詳細レポは、「鬼怒川河川公園(氏家ゆうゆうパーク)、土手を歩く2017。」へどうぞ。paper

20170311_ukishima_jizouson_1

コースポイントtwo箇所目は、「浮島地蔵尊」です。ゆうゆうパークから6分。昔、洪水の時にお地蔵様が泥水の中に浮いて水の浸入を防ぎました。助かった村人はこのお地蔵様を「浮島地蔵」とか「いかり地蔵」と呼んで感謝したそうです。wave

20170311_kusagawa_yuuhodou

コースポイントthree箇所目は、「草川遊歩道」です。浮島地蔵尊から6分。草川沿いに遊歩道が整備されている。春には、ソメイヨシノ・しだれ桜と、桜の名所となっている。cherryblossom

20170301_garally_saya

コース途中にある「ギャラリー匣(さら)」です。ここも、氏家雛めぐりの展示場所の1つ。見学、中へ入ってみましょう。clover

20170301_tsurushi_hina

かわいらしい、吊るし雛が飾られていますね。chick

20170301_usagi_hina2

おっ、この雛飾りいいな。うさぎ雛の結婚式ですね。heart02

20170301_hinakazari

お内裏様・お雛様。libra

20170301_hinakazari_2

こちらのひな飾り。雛人形問屋「人形の長月」のひな飾りでしょうか。cherry

20170301_hagoita

羽子板も飾られていました。tennis

20170301_tsurushi_hina_2

吊るし雛の展示が多いですね。手作りなのでしょうか。pisces

ちなみに、ここでの詳細レポは、「ギャラリー匣(さら)、雛飾りと吊るし雛見学2017。」へどうぞ。paper

20170311_train

国道4号線を歩く。JR宇都宮線を越える陸橋を渡る。ship

20170311_nasu

陸橋からの眺め。先に見える那須の山々が良い。fuji

20170309_imamiya_jinjya_1

コースポイントfour箇所目は、「今宮神社」です。草川遊歩道から30分。創建より955年の歴史を持つ氏家の総鎮守だ。event

20170309_sandou

真っ直ぐ続く、参道を歩いて行きます。夜、灯りが点くと雰囲気が出て良いかも。flair

20170309_roumon

楼門をくぐります。神門よりも山門風の外観だ。文化8年(1811年)、近郷や東北南部の人々により現在の楼門が建立された。入母屋造りで銅板葺。この周辺地域においては、江戸期の楼門は唯一であるとの事。door

20170309_haiden

拝殿にて参拝。confident

今宮神社は、康平3年(1060年)、勝山城主氏家公頼公により、素戔嗚尊を祭神として創建された。正安2年(1300年)にこの地に移されてきた。house

20170309_hondou

拝殿裏、本殿をのぞいてみましょう。eye

寛永3年(1663年)に本殿が造営された。本殿は流造り。屋根は柿葺が銅板葺となり、千木・勝男木を付けた。school

20170309_sousyokuga

妻(建物の側面)は二重虹梁蟇股の装飾を付け、左右の妻上部には激浪を越え進む鯉群を彫り廻らし、その上段には飛龍から大龍となる登龍門の彩色彫刻。pencil

今宮神社を訪れたら、海の荒々しさを表現したこの彫刻絵を眺めてみると良いでしょう。wave

20170309_torii

鳥居笠木保存。昭和27年(1952年)から平成13年(2001年)まで48年間に亘り多くの人々が様々な思いをもってくぐりぬけてきた鳥居の笠木です。(右側の鳥居)。door

20170309_eto

こちらは、願いが叶うと言われる「願かけ割符」。ticket

  1. 自分の干支の像をなでながら「祓え給え清め給い」と、3度唱えます。
  2. 願い事を込めながら、お守りを中心で割ります。
  3. 2礼2拍手1礼で、神様にお参りした後、割り符の片方をここに掛ける。

12の干支がそろっているとは、面白い。cat

20170309_ooicyou

境内の大イチョウは樹齢700年の古木であり、栃木県銘木百選に指定されている。xmas

見事なイチョウの大木ですな。秋の紅葉の時は見事に映える事でしょう。毎年11月上旬~中旬、大公孫樹祭が行われる。ライトアップも行われるそうですよ。maple

ちなみに、ここでの詳細レポは、「氏家の総鎮守、今宮神社を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170311_noudou

のんびりした農道を歩いていく。taurus

20170302_bara

コース途中にある「創彩縫・薔薇」に立ち寄った。ここも、氏家雛めぐりの1つの展示場所となっています。早速、見学してみよう。snail

20170302_senbazuru

ここの展示場所では、十周年記念十美の大多福飾り「千羽鶴の舞」が展示されていました。これは、すごいね。皆さんで作られたんでしょうか。見事です。good

20170302_hina_kazari_2

雛飾りと吊るし雛。basketball

20170302_hanasakajiisan

花咲か爺さん、花を咲かせましょう。cherryblossom

20170302_hina_kazari

お内裏様・お雛様。お顔が、手作り感あるね。catface

20170302_tsurushihina

吊るし雛です。いろんな雛がいるな。carouselpony

20170302_suzumehina

すずめ雛の結婚式かな。chick

20170302_kanrekihina

うさぎの還暦雛です。snail

ちなみに、ここでの詳細レポは、「創彩縫・薔薇にて、氏家雛飾り・千羽鶴の舞を鑑賞2017。」へどうぞ。paper

20170216_nagayamon_1

コースポイントfive箇所目は、「鐵竹堂(瀧澤家住宅)」です。今宮神社から24分。「鐵竹堂瀧澤記念館特別公開」~つるし飾り 大正時代の着物の展示~が開催されていて、特別に入る事ができます。さぁ、入ってみよう。chick

長屋門は、入母屋造、浅瓦葺で左右を小部屋とし、中央部を門とする典型的な長屋門形式である。door

20170216_genkan

鐵竹堂(てっちくどう)は、明治天皇の休息所として使用された建物で、瀧澤喜平治の雅号「鐵竹」にちなんで名付けられた。pencil

靴を脱ぎ、中へ入ってみましょう。shoe

20170216_hinakazari

鐵竹堂の中では、雛飾りがされています。氏家雛めぐりで、ここ、瀧澤家住宅も展示場所の1つとなっている。virgo

20170216_gotenhina

大正時代の御殿雛。瀧澤家が、大床に合わせて京都の宮大工に特注で製作させた。crown

20170216_tsurushi_kazari

吊るし飾りもありました。pisces

20170216_kimono

明治~大正時代頃の花嫁振袖が展示されています。t-shirt

20170216_ima

こちらは、居間です。japanesetea

瀧澤家は、明治になって紡績等の事業で財をなした旧家であり、明治期の当主であった瀧澤喜平治は貴族院議員などを歴任し、第四十一銀行の設立や那須野が原の開拓にも尽力した人物として知られる。building

明治25年(1892)10月23日に氏家町で陸軍大演習が行われた時、喜平治宅が明治天皇の休息所に充てられた際、新築あるいは増築されたものと考えられている。shadow

20170216_engawa

外に出て、お庭に行ってみよう。run

縁側がいいよね。のんびりしたい。japanesetea

20170216_niwa

お庭から眺める鐵竹堂の建物。平屋建ての入母屋造りで北側の庭園に対して4室をL字形に並べ、東側正面に車寄せを張り出している。house

20170216_zashikikura

左奥の建物が蔵座敷です。蔵座敷は、総2階建、切妻瓦葺の伝統的な土蔵の屋根のほぼ中央に洋風の望楼を乗せた特徴のある建物です。yacht

ちなみに、ここでの詳細レポは、「鐵竹堂瀧澤記念館特別公開~つるし飾り 大正時代の着物の展示~を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170311_omiyagekan

コースポイントsix箇所目は、「おみやげ館」です。鐵竹堂から9分。写真、建物左側が「まちかど館」で、右側が「おみやげ館」。house

20170310_koumyouji

コースポイントseven箇所目は、「光明寺」です。おみやげ館から2分。真言宗智山派のお寺で、北関東三十六不動尊 二十二番札所となっている。山号は霊水山、院号は普門院。event

20170310_fudou_myouou2

先に見えるは、青銅不動明王坐像です。大日如来が一切の邪悪を調伏するために、内に慈悲の誓願を秘めつつ、外に慈悲の姿を現し、右手に煩悩を断つ宝剣、左手に魔を縛す羂索を持ち、衆生を守るという不動明王は、氏家でも古くから信仰を集めてきました。ship

20170310_fudou_myouou

不動明王坐像は、高さ293.9cm、肩幅142.4cmとまれにみる巨大な木像は、町のシンボルとして見守られています。迫力ある不動明王だね。leo

ちなみに、ここでの詳細レポは、「氏家地区を不動明王が見守る、光明寺を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170311_heiwa_kinen_kouen

コースポイントeight箇所目は、「寛方・タゴール平和記念公園」です。光明寺から8分。荒井寛方(あらいかんぽう・1878~1945)はここに生まれ、日本画家をめざして巣立った。仏画を志した寛方は原三渓やアジアで初めてノーベル文学賞を受賞した詩聖タゴールの知遇を受け、日本画の教授として渡印した。その間、アジャンタ壁画模写の難事業を成し遂げ、多くの人々と交わり、日印文化交流の架け橋となった。art

20170303_hinanoeki

コースポイントnine箇所目は、「雛の駅(旧烏山信用金庫)」です。平和記念公園から1分。元々は、烏山信用金庫氏家中央支店であったが、平成25年に閉店し、現在、雛の駅として使用されています。ここでは、氏家雛めぐりの展示場所の1つとなっている。building

20170303_totiotomehina

じゃん、「とちおとめ雛」です。人形師福田東久氏が栃木県産とちおとめをモチーフに1年がかりで「氏家雛めぐり」の為に製作されました。高さ1.8mもある巨大なとちおとめ雛だ。愛称は、左が「とちおくん」、右が「おとめちゃん」と対になっています。cherry

20170303_hinakazari

雛の駅では、ひな飾りも展示されています。libra

20170303_hinakazari_2

館内は、おみやげ品販売やお休み処があります。24hours

20170303_sarubobo

氏家雛めぐりでは、開運「七福さるぼぼ探し」が行われています。雛めぐりに参加しているお飾り処のうち7か所に幸運を呼ぶ七色の大きな「さるぼぼ」が展示しています。雛の駅には、緑色のさるぼぼがいたね。スタンプゲット!。bomb

ちなみに、「さるぼぼ」とは「猿の赤ちゃん」という意味で大変縁起物だそうです。pig

ちなみに、ここでの詳細レポは、「雛の駅(旧烏山信用金庫)に展示された、巨大なとちおとめ雛を見に行ってみた2017。」へどうぞ。paper

20170311_saidouji

コースポイントonezero箇所目は、「西導寺」です。雛の駅から1分。西導寺は建久2年(1191年)に氏家氏の始祖で勝山城を築いた宇都宮公頼が開いたとされる古寺。現在は浄土宗に属する。event

本堂は天明4年(1784年)に宮大工の永野万右衛門が手掛け建てられたもので桁行き8間、梁間7間、入母屋、銅瓦棒葺、唐破風の2間向拝が付いています。house

20170214_stamp

eプラザ壱番館に戻ってきた。ゴール受付はありません。motorsports

ポイントラリーで街めぐり。10ポイント毎に景品が貰えるのだが、今年はハードルが上がったな。いろいろ巡ったが、6ポイントしか集まらなかった。なので、景品ゲットできず。full

あわせて、開運七福さるぼぼ探しも行ったが、3つしかゲットできず。抽選でのプレゼントもゲットできず..。despair

20170311_keihin

ちなみに、氏家雛めぐりスタンプラリーで10点集めると、この景品が貰える。10種類の絵柄から1個貰えるようだ。present

20170311_ujiie_st_3

氏家駅に戻ってきました。ゴールです。氏家駅を出発して戻ってくるのに3時間5分かかりました。motorsports

帰りの電車に間に合うようにした為、終盤は大急ぎで歩きました。帰りも臨時列車に乗る為、氏家をゆっくりまわれなかったな。run

20170205_miokuri_1

もう既に、帰りの電車はホームにいました。subway

帰りのホームにも、氏家の皆さんたちが、見送りに来てくれています。motorsports

20170205_miokuri_2

楽しさいっぱい!。とちぎにまたきてね。paper

14時30分、海浜幕張へ向け、氏家駅2番線ホームを出発しました。rouge

今年も訪れた氏家の駅ハイ。武蔵野線沿線から直通して氏家へ行けるという事で来ています。もう少し、氏家発着の間が伸びれば、氏家滞在時間が伸びて、氏家うどんなどグルメも楽しめるのになぁ..。10km歩くだけで滞在終了は、ちょっともったいない。cancer

天気も良く、鬼怒川や那須連峰の山々の眺めがGoodな氏家駅ハイ参加でした。sun

という事で、駅からハイキング「氏家雛めぐり~早春の古雛・つるし飾りを巡る~」に参加してきたレポでした~。paper

ちなみに、訪問箇所詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、過去開催氏家の駅ハイ参加レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170311_route_map

JR東日本・駅からハイキング 「氏家雛めぐり~早春の古雛・つるし飾りを巡る~」 開催期間:2017年2月4日(土)~3月5日(日) 所要時間:約4時間(見学時間等を含む) 歩行距離:約10kminfo02

氏家駅→スタート:eプラザ壱番館→①ゆうゆうパーク→②浮島地蔵尊→③草川遊歩道→④今宮神社→⑤鐵竹堂(瀧澤家住宅)→⑥おみやげ館→⑦光明寺→⑧寛方・タゴール平和記念公園→⑨雛の駅(旧烏山信用金庫)→⑩西導寺→ゴール:eプラザ壱番館→氏家駅info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月 8日 (日曜日)

駅からハイキング「【常磐線開業120周年】古き良き松戸の歴史と、知られざる戸定邸を訪ねて」に参加してきた(2016.12.10)。

開業120年を迎えたJR松戸駅から、神楽殿の天井絵の特別公開や国指定名勝をめぐるコースです。karaoke

20170108_jyouban_line

さて、JR常磐線に乗ってやってきたところは、松戸駅です。駅ハイ参加の為に訪れたよ。今回は、2016年12月2日(金)~12月11日(日)開催、駅からハイキング「【常磐線開業120周年】古き良き松戸の歴史と、知られざる戸定邸を訪ねて」です。train

20170108_uketsuke

まずは、受付を済ませます。駅ビル(アトレ松戸)直結する改札口を出てすぐの場所が受付場所となった。コースマップ等を取得。good

20170108_kan_batch

恒例の缶バッチは、「E3系とれいゆ つばさ」でした。present

20170108_nishiguchi

松戸駅西口ペデストリアンデッキにて、出発準備整えましょう。夜になるとイルミネーション点灯があるようですね。(※12月25日で終了済み)shine

20170108_matsudo_st_west

常磐線120周年を迎える松戸駅から、松戸の歴史と自然を訪ねながら、国指定名勝「旧徳川昭武庭園(戸定邸庭園)」を訪れるコースです。普段は見る事のできない松戸神社「神楽殿」の「天井絵」の一部が特別公開されます。movie

今回のコースは、約6kmのウォーキングコース。松戸駅西口からスタート。頑張って歩きましょう。rock

20170108_uranai

松戸駅西口前の通りには、各星座の占いが掲示されていた。冷静な判断力を持ち、人との和を上手に取り持つ才能があります。てんびん座ならではの才能のようで..。この掲示見て、ニンマリ。delicious

20161226_hondou

コースポイントone箇所目は、「来迎寺」です。松戸駅から9分。慶長14年(1609年)に創建された旧松戸宿で最も古い寺院(浄土宗)。東日本大震災で被災し平成26年(2014年)に再建された本堂は、平成の木造寺院建築として多方面より評価され「日本建築家協会2014年優秀建築選100」にも選定されている。ring

20161226_rokujizou

寺の正面塚には珍しい六角灯籠型六地蔵(六角地蔵)が祀られている。上写真画像の左側にちょこんと見えるものが六角地蔵。ちゃんと写真撮っておくべきでした...。six

六地蔵は、命は六道を転生するという「六道輪廻」の思想から、(地獄、餓鬼がき、畜生ちくしょう、修羅しゅら、人、天)の六道全てにおいて救済してくれる存在として信仰された地蔵です。leo

ちなみに、ここでの詳細レポは、「旧松戸宿で最古の寺院、来迎寺を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20161227_torii

コースポイントtwo箇所目は、「平潟神社」です。来迎寺に隣接。祭神は水神様の水波之女命。旧地名は平潟(ひらかた)で、このあたり一帯は、江戸川水運の要所として栄えました。地図には、「水神宮」と記されている。ship

20161227_haiden

拝殿にて参拝。平潟神社に隣接して、来迎寺があります。神社と寺社が隣同士の配置は珍しい。現在の地名は「松戸市松戸」だが、旧地名は「平潟」(ひらかた)である。昔は、平潟遊郭がありました。spade

ちなみに、ここでの詳細レポは、「水運に関わる水神宮、平潟神社を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20161228_yuuhodou_1

コースポイントthree箇所目は、「水辺の健康エコロード」です。平潟神社から2分。松戸市では、水辺の健康エコロードを整備しています。市民の健康づくりの活動を支援するため、自然環境に配慮し整備された。江戸川の水辺を楽しみながら、安心して気楽に運動ができる。ウォーキング等の目安として距離標や、ロードマップや誘導サインが設置され、開放的で見晴らしのよい遊歩道となっている。pisces

20161228_yuuhodou_3

江戸川土手沿いは、遊歩道・自転車道が整備されている。広々とした空間だ。冬の季節、空気は冷たいが、晴れた青空は澄んでいるな。sagittarius

20161228_edogawa_2

先は、、葛飾橋・葛飾大橋が見える。現在工事中の外環道の高架も見えるね。さらに先には、東京スカイツリーが見えるよ。building

20161228_yuuhodou_2

風が強かったらもろに受けるが、眺めも良く歩きやすいロードだ。snowboard

20161228_yukisakihyou

健康エコロードの誘導サインが設置されている。ポイント地点までの距離がわかるよ。ここで、江戸川土手はお別れ。karaoke

ちなみに、ここでの詳細レポは、「水辺の健康エコロード、江戸川土手(松戸市松戸付近)を歩く2016。」へどうぞ。paper

20170103_syouryuji

コースポイントfour箇所目は、「松龍寺」です。江戸川土手から5分。慶長18年(1613)、高木九兵衛正次公が建立。松戸宿代々の名主の墓がある浄土宗の寺。当時、広大な土地で景観が良かったことから、徳川家歴代の将軍家の鷹狩りの際に休憩所として使われた。毎年2月中旬ごろ坂川沿道で、早咲きの河津桜が咲き、夏には、参道で江戸時代から続く「献灯まつり」「とうもろこし市」や「四萬六千日」が行われ多くの人で賑わう。building

20170103_tokugawa_kamon

門には、徳川家の家紋がありますね。leo

20170103_odou

本堂にて参拝。天明4年(1784)籾穀塚稲荷(旧松戸2丁目)の境内の籾殻から聖観世音菩薩が現れ当寺に祀られる。fuji

毎年八月十日の四万炉六千日の縁日には、籾穀塚聖観世音菩薩、子育て観音参りの善男・善女が参詣され、種子が大井実をもつとうもろこしは雷除けになると伝われ、門前参道では「とうもろこと市」が伝承されている。tennis

ちなみに、ここでの詳細レポは、「松龍寺を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20161211_matsudo_jinjya

コースポイントfive箇所目は、「松戸神社「神楽殿」」です。寛永3年(1626年)に創建された松戸の総鎮守。日本武命(やまとたけるのみこと)がこの地で臣下と待ち合わせたことから「待つさと」=「待つ土(松戸)」が、地名の由来となっている。penguin

20161211_kaguraden_2

平成27年(2015年)、神楽殿新築工事に合わせ、襖絵、天井絵の保存修復が完了。12月2日(金)~11日(日)の間、明治の画壇を代表する佐竹永湖らが描いた「天井絵」が特別公開された。公開時間は10時~16時。drama

20161211_tenjyoue_1

早速、天井を眺めてみました。各々の絵が描かれています。明治21年(1888年)の旧神楽殿建立時に描かれたものです。その1枚1枚には、「永湖」と「錦谿」というふたりの画家の落款と58名もの奉納者銘が記されています。永湖とは、幕末から明治にかけて活躍した日本画家の佐竹永湖(1835-1909)である。art

20161211_sugitoe_1

こちらは襖絵。「獅子に牡丹」(杉戸絵)である。pencil

20161211_akiba_jinjya

こちらは、松戸神社境内の中にある秋葉神社。隣には、絵馬が多く飾られているね。horse

20161211_matsu

松の木が植えられています。松戸だけに?...。club

20161211_mikoshi_kura

こちらは、神輿蔵。各町会の御神輿が保管されている。昭和63年の改修工事で神輿庫の奥深くから「四神像」が発見され、途絶えていた「神幸祭」が60年ぶりに復活した。flair

20161211_omikuji_1

恒例のおみくじタイム。おみくじの結果は?...。sweat02

なんと、大吉でした。ラッキー!。happy02

20161211_torii_2

第二鳥居。この先、坂川にかかる潜龍橋を渡り拝殿に至るよ。yacht

ちなみに、ここでの詳細レポは、「松戸神社神楽殿の「天井絵」・「杉戸絵」特別公開2016。」へどうぞ。paper

20170108_sakagawa

坂川沿いの道路を歩いて行く。整備されていて、綺麗な感じだね。maple

20170108_sakagawa_2

坂川の水が透明で綺麗だ。水鳥さんも、居心地良いかもね。fish

20170108_rensabashi

煉瓦橋である「めがね橋」。music

20170108_jyouban_line_2

歩道橋を渡る。ちょいと、鉄道写真撮影タイム!。常磐緩行線。subway

20170108_jyouban_line_3

常磐快速線、E531系だ。bullettrain

20170108_benzaitenguu

弁財天宮を立ち寄る。virgo

20170105_torii_2

コースポイントsix箇所目は、「浅間神社」です。正保4年(1647)創建。大正4年、近くにあった白旗神社を合祀。写真右手に見える小さな社殿は、下浅間神社。drama

浅間神社拝殿へは、鳥居をくぐり階段を登っていきます。snowboard

20170105_kaidan_1

もともと境内地に山があり、その山を富士山に見立てて標高約28mの山頂に神社を建てた。信仰の山として長年保護されてきたため、丘陵上の森林は自然の植物相が保たれた極相林を形成しており、ちば遺産100選に選ばれている。県指定天然記念物。xmas

標高28mの階段を、えいこらしょっと登っていきます。sweat01

20170105_sengen_jinjya

拝殿にて、参拝します。confident

20170105_kaidan_2

拝殿がある上から、下を眺める。結構登るな。snowboard

20170105_saru

何故か、お猿さんも祀っています。pig

20170105_lake

和風庭園のような池があります。mist

ちなみに、ここでの詳細レポは、「天然記念物「極相林」を形成する、浅間神社を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20170108_syaryou_center

JR東日本・松戸車両センターです。常磐線の車両車庫だ。hotel

20170107_rekishikan

コースポイントseven箇所目は、「旧徳川昭武庭園(戸定邸庭園)」です。浅間神社から10分。戸定が丘歴史公園には、戸定邸や戸定歴史館があり、徳川家ゆかりある、明治浪漫感じる公園です。club

まずは、「戸定歴史館」に入ってみよう。松戸徳川家の伝来品の展示を中心とした博物館です。知識を得て、学習だ。school

20170107_tojyoutei_1

こちらは、国指定重要文化財「戸定邸」です。最後の将軍、徳川慶喜の弟・徳川昭武の住まいであった。house

「戸定歴史館」と「戸定邸」のセット、共通入館券は240円です。ticket

20170107_nagamoti

葵紋付長持です。高松宮喜久子妃殿下が徳川慶喜家から高松宮家に嫁ぐ際にととのえた婚礼調度の一つです。virgo

長持は、衣服や日常使う道具、家具を入れておく蓋付きの箱のこと。ship

20170107_hiroma_1

やっぱり、広さのある表座敷でしょう。畳に座り、のんびりしよう。japanesetea

20170107_hiroma_2

戸定邸表座敷から、名勝・旧徳川昭武庭園を眺める。sun

20170107_teien_1

戸定邸の庭は、国指定名勝「旧徳川昭武庭園」です。戸定の日(5と0が付く日)は、庭を散策できていたが、現在、庭園公開休止になっています。(公開休止期間は、平成28年11月29日~平成29年夏頃)。clover

20170107_teien_2

天気が良いと、富士山を眺める事ができるよ。「関東の富士見百景」にも選ばれている。fuji

ここから、葛飾橋や外環道の高架が見えるね。rvcar

20170107_furoba

こちらは、湯殿棟です。お風呂場ですな。spa

20170107_hanare_zashiki

こちらは、離座敷棟。こちらも、いい部屋ですね。capricornus

20170107_rouka

こういう廊下は懐かしいな。chick

20170107_kougousama

皇后さま、松戸市へ行啓されました。virgo

20170107_susuki

ススキとの景観に趣きがあるなぁ。spade

20170107_hiroba

戸定が丘歴史公園には、芝生広場があります。散策に良いですよ。club

20170107_chiba_univ

戸定が丘歴史公園に隣接して、千葉大学園芸学部があります。school

20170107_kadan

花壇があります。春・秋には、バラ園が咲き誇るかも。ツツジ園もあるらしい。tulip

20170107_mon

戸定が丘歴史公園の入口門です。door

20170107_parking

駐車場には、グッズや特産物販売があり。園内にある「松雲亭」で、将軍コーヒーを飲んでみると良いかも。car

ちなみに、ここでの詳細レポは、「戸定が丘歴史公園、国の重要文化財「戸定邸」を見学してきた2016。」へどうぞ。paper

20170106_mon

コースポイントeight箇所目は、「松戸中央公園」です。戸定が丘歴史公園から13分。入口には、旧陸軍工兵学校時代の正門が残されています。レンガ門で、現在は、門柱だけが建つ。大正9年に造られたもので、市内に残る数少ない煉瓦建造物です。市指定有形文化財。door

20170106_mon_mukashi

当時の写真です。大正8年~昭和20年まで、この地に、陸軍工兵学校がありました。跡地は現在、松戸中央公園、聖徳大学、市立第一中学校等になっている。camera

20170106_syoukaisya

歩哨哨舎も残されています。警備の為に建てられたもので、竣工当時木造でしたが、昭和初期頃にコンクリート造にしたものです。市指定有形文化財。fastfood

20170106_kadan

公園内は、花壇があり、四季折々の景観がよく、アートイベントなども開催され、地域の人々の憩いの場になっている。tulip

20170106_tennis

テニスコートがあります。最近、テニスしていないなぁ...。tennis

20170106_hiroba

広場では子供たちがサッカーボールで遊んでいますな。soccer

ちなみに、ここでの詳細レポは、「旧陸軍工兵学校正門が残る、松戸中央公園を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20170108_matsudo_st_east

ゴールとなる松戸駅東口に戻ってきました。松戸駅をスタートしてゴール戻ってくるまで、3時間1分かかりました。ゴール受付は無し。motorsports

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:11615歩 消費カロリー:614.5kcal 消費脂肪量:87.7g 歩行距離:8.82km 歩行時間:1時間50分 平均時速:4.79km/h エクササイズ量:6.4Exinfo02

20170108_prarail

松戸駅コンコースでは、プラレール運転体験&こども駅長制服撮影会が行われていました。game

20170108_sushi

駅ハイ参加特典で、松戸駅の駅ビル「アトレ松戸」のレストラン街で特典クーポンがもらえたので、遅めの昼食をとろう。すし三崎丸でランチメニューを生ビールと共に頂いた。riceball

20170108_hagaki

駅ハイ受付時に、常磐線開業120周年のポストカードが貰えました。mailto

今回のコースは、松戸駅周辺の定番観光スポットをまわるルートになった。近場のコースだったので、さくさくと歩いた。今年度は、駅ハイ参加ペースがかなり落ちているので、もう少し参加しないとなぁ。食べる飲むイベントばっかり週末を占めているのでね..。coldsweats01

という事で、駅からハイキング「【常磐線開業120周年】古き良き松戸の歴史と、知られざる戸定邸を訪ねて」に参加してきたレポでした~。happy01

ちなみに、各訪問地詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、松戸駅からの駅ハイ過去参加レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170108_cource_map

JR東日本・駅からハイキング 「【常磐線開業120周年】古き良き松戸の歴史と、知られざる戸定邸を訪ねて」 2016年12月2日(金)~12月11日(日)開催 所要時間:約2時間30分(見学時間等を含む) 歩行距離:約6kminfo02

スタート:松戸駅→①来迎寺→②平潟神社→③水辺の健康エコロード→④松龍寺→⑤松戸神社「神楽殿」→⑥浅間神社→⑦旧徳川昭武庭園(戸定邸庭園)→⑧松戸中央公園→ゴール:松戸駅info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月29日 (木曜日)

駅からハイキング「谷川岳一ノ倉沢岩壁鑑賞ハイキング」に参加してきた(2016.07.09)。

7月初夏に訪れた駅ハイウォーキングレポ。(遅くなりましたが..)coldsweats01

20160714_doai_st

さて、JR上越線に乗ってやってきたところは、土合駅です。「どあい」と読む。駅ハイ参加の為に訪れました。今回は、2016年7月1日(金)~9月30日(金)開催、駅からハイキング「谷川岳一ノ倉沢岩壁鑑賞ハイキング」です。参加日は、7月9日(土)です。subway

土合駅は、谷川岳トレッキングへの最寄駅で、群馬県内最北端の駅でもある。下り線(越後湯沢・長岡方面)ホームは、地下70mに位置するもぐら駅だ。ただ、地下にあるのに標高は583.41mなのだ。subway

20160715_home

駅下り線ホームは、湿気が高く冷んやりしている。penguin

20160715_kaidan_1

そして、コレだ!!。そう、土合駅名物、長い階段だ。下り線ホームから地上にある改札口まで、合計486段ある階段を登って行かなければならないのだ。coldsweats02

ようこそ「日本一のモグラ駅」へ。この階段は338m、462段あります。改札口まで約10分かかるぞ。clock

20160715_kaidan_2

上を見上げても、どこまでも続く階段。さぁ、頑張って登って行こう。rock

20160715_kaidan_3

休憩を挟んで約9分程で462段を登り切った。疲れた~。sweat01

20160715_kaidan_4

後ろを振り返ると、真っ直ぐ下へ続くが!。頑張って登ってきたんだなぁと実感。wink

20160715_tuuro

改札口まであと143m。階段2カ所で24段さらに登ります。door

最後の階段を登り、合計486段登り切りました!。bell

20160715_tuuro_2

下り線ホームから改札口まで、14分かかりました。駅を出るのに一苦労だ。watch

20160715_ekisya

土合駅駅舎です。谷川岳、山の玄関口ってイメージな建物だね。house

しかし、残念ながら、生憎の雨。奇跡かなわず、天気予報通りでした。rain

ちなみに、ここでの詳細レポは、「日本一のもぐら駅「土合駅」の486段ある名物階段を登る2016。」へどうぞ。paper

20160715_bus

雨なので、土合駅前バス停から路線バスに乗って、谷川岳ロープウェイ駅へ向かいました。bus

20160726_tekkyou

JR上越線(上り線)の鉄橋前踏切を渡る。bicycle

20160723_siryoukan

ここは、「谷川岳山岳資料館」です。バスの終点、谷川岳ベースプラザから少し先へ進むこと1分の場所ある。ここが、駅ハイスタート地点・受付ポイントです。bus

受付を済ませ、コースマップ等を取得した。memo

20161229_kan_batch

恒例の缶バッチは、「HB-E300系リゾートビューふるさと」でした。present

20161229_road_01

ここから先の国道291号線は車両通行止めとなる。なので、舗装道路を安全に歩いていくことができます。shoe

20161229_kyorihyou

ここ、谷川岳登山指導センターから、目的地となる一ノ倉沢までは片道3.3km。今回の駅ハイはこの道を往復するコースです。boutique

20160723_road_1

緑の木々のトンネルを通るような感じで、自然な感じが気持ち良い。cat

20161229_road_02

新緑、緑色がいい感じ。もくもくと歩いていきます。club

20160721_matigasawa_1

ここは、「国道291号マチガ沢(旧道)」です。谷川岳登山指導センターから21分。谷川岳からの多くの沢があるうちの1つ。山々をバックに見る眺めはいいよね...の筈だった。weep

20160721_matigasawa_3

生憎の雨で、眺めは霧で真っ白け。fuji

20160721_matigasawa_4

いわゆる谷川岳からの谷間であり、水が通る沢になっている。ごつごつ石も溜まっているな。newmoon

20160721_matigasawa_5

その昔、マチガ沢の出合には三軒程宿があったらしく、畑や墓跡が残っています。清水峠をこえて越後から山道を夕暮れ時に疲れて下ってきた人が、このあたりで灯火を目にして「ああ、町が見える」と喜んで発した言葉がマチガ沢の由来といわれています。japanesetea

20160721_ajisai

山だけにガクアジサイは映えますな。かわいらしい。tulip

20140919_matigasawa_02

上の写真は、2年前秋に訪れた時のマチガ沢からの山の眺め。晴れていて絶景でした。谷川岳、山から沢をたどり通る冷たい風が気持ち良いのだ。penguin

ちなみに、ここでの詳細レポは、「雨の中のマチガ沢2016。」へどうぞ。paper

20160723_road_2

国道291号線は、森林浴ウォーキングには最適だ。雨ではあるものの、いい空気だ。pisces

20160723_reiki

このあたりから、不思議な冷気をを感じる事ができる。冷やされた空気が通り、クーラーのような涼風を感じる事ができるかも。penguin

20160722_itinokurasawa_4

ここは、「国道291号一ノ倉沢(旧道)」です。マチガ沢から20分。一ノ倉沢からの谷川岳岩壁鑑賞を楽しむ筈だが、案の定、霧で全く見えずでした...。残念。weep

20160722_itinokurasawa_1

霧との境目あたり、少しだけ岩壁が見える。白い部分、雪が溜まっているね。snow

20160722_itinokurasawa_2

当地方の方言で岩や岩壁のことを「クラ」と呼んでいるが、この岩場は、世界でも最も登攀の困難な岩壁の一つに数えられ(グレード6級)、日本アルプスの剱岳、穂高岳とともに日本三大岩場として知られており、谷川連邦随一の岩場であることから「一ノ倉」と名づけられています。birthday

20160722_itinokurasawa_5

一ノ倉沢と言う事で、谷から流れてきた沢水が流れます。晴れていれば、山頂から吹く冷たい風を浴びる事ができ、とても気持ち良いのだ。penguin

雨でなければ、石場でハイカーたちがお弁当を楽しめます。riceball

20160722_itinokurasawa_6

清らかな水が流れます。自然だねぇ。fish

20160722_setumei2

一ノ倉沢からの先は、幽ノ沢、芝倉沢へ行けるが、舗装道路ではなくなる。ブナのしずくという冷たい幽泉を目指すのも良いですよ。aquarius

20160722_setumei

一ノ倉沢の概念図。晴れていれば、山の尾根までくっきりと岩壁を眺める事ができます。camera

20140920_itinokurasawa_03

2年前訪れた時の、一ノ倉沢出合(旧道)からの谷川岳岸壁の眺め。いゃあ~、素晴らしいね。fuji

谷川連峰をバックにそびえ立つ谷川岳の岩場は、剣岳、穂高岳とともに日本三大岩場の1つに数えられている。building

ちなみに、ここでの詳細レポは、「一ノ倉沢からの岩壁鑑賞は霧で見えず2016。」へどうぞ。paper

20160723_bus_1

コースルートはそのまま戻るだけなのだが、雨も降っているし、ここは、電気バスで戻る事にしよう!。谷川岳ベースプラザ~一ノ倉沢間を結ぶ電気ガイトバスに乗車しました。ガイド付きなので、添乗員の方とお話ししながら戻りました。bus

ちなみに、この乗車詳細レポは、「ガイド付き電気バス(土合口駅~一ノ倉沢)に乗ってみた2016。」へどうぞ。paper

20160728_base_plaza

谷川岳ベースプラザに戻ってきました。基本的には駅ハイのコースはゴールで終了です。せっかく、ここに来たので、雨でも谷川岳山頂へ行ってみよう。rain

谷川岳登山のベース拠点地になっていて、谷川岳ロープウェイ土合口駅乗り場となっている。building

20160728_jyoukyou

さぁ、谷川岳ロープウェイに乗って天神平へ向かおう!。まずは、正面入口(6階)を入って右側、きっぷ売り場窓口にて乗車券を購入します。ticket

20160728_noriba

7階のロープウェイ乗場まで歩いていき乗車します。訪れた日は約3分間隔で発車します。clock

20160728_nagame_1

土合口駅を出発しました。土合口駅の標高は746m。あいにくの雨の為、乗客あまりいない。このゴンドラ貸し切り状態だ。ski

このロープウェイは、「フニテル」と言う。正式には、複式単線自動循環式ゴンドラ。フランス語のFunicullaire(鋼索鉄道)とteleferique(架空索道)の造語で、2本のロープ幅がゴンドラより広いロープウェイの愛称です。cat

約2400mの道のりを約10分程で結びます。霧でもやって、景色は真っ白けだ...。cloud

20160728_taki

途中、滝が見えたぞ。aquarius

20160728_nagame_3

ロープ2本で支えているので、ほとんど揺れが無い。しかし、霧で真っ白視界悪し...。sports

20160728_tenjindaira_1

標高1319m、天神平駅に到着。案の定というか、当然の事として視界悪し。霧で真っ白けだ。雨が降っていなければちょっとだけ散策も...。いや、止めておこう。danger

20160728_lift

本当は、天神平からさらにペアリフトに乗って天神峠へ向かいたかったが...。この天候じゃぁ...断念。weep

この天候でも、ペアリフトは営業していました。乗る人ほとんどいないだろうなぁ。天神峠では、ニッコウキスゲなど綺麗な花が咲いている事でしょう。天神峠の標高は、1502m。tulip

20140925_tenjindaira_1

2年前訪れた時は快晴でした。その時の写真です。本当は、写真のように緑の山々が見える天神平からの絶景が眺められる筈だったんだけどなぁ。eye

20160729_curry

雨で外に出ず、ビューテラスてんじんへ行って、レストラン食事してきました。注文したのは、やっぱり、生ビールとカツカレーだ!!。スキー場のレストランでは、必ずカツカレーなんだよね。何故だろう?。delicious

まずは、生ビールでグビッ。ぷはぁ~。うまい。happy02 beer

20160729_naka

中は広々としています。インテリアなど欧風な感じなのだ。flair

ちなみに、ここでの詳細レポは、「ビューテラスてんじんレストランにて、カツカレーを食べる2016。」へどうぞ。paper

20160728_kaisatuguti

ロープウェイ降りましょう。こちらは、天神平駅改札口。乗客ほとんどいなく、帰りも貸し切り状態。週末の土日は、待ち行列混雑で乗車に時間がかかる場合もあるので、余裕持って乗車するようにしましょう。door

20160728_nagame_5

7月という事で、山々は緑色です。晩秋の紅葉時期は、またいいんでしょうね。maple

20160728_nagame_6

まもなく、土合口駅に到着します。chick

ちなみに、ここでの詳細レポは、「谷川岳ロープウェイに乗って、霧の中の天神平へ2016。」へどうぞ。paper

20160726_bus_1

このあとは、土合駅へ戻らず、路線バスで水上駅へ向かいました。始発となる谷川岳ロープウェイバス停から水上駅へ向かうが、既に車内はほぼ満席。天気が悪いけど、週末は混みあいますな。chair

ちなみに、乗車詳細レポは、「関越交通バス・水上駅~谷川岳ロープウェイ間乗車した2016。」へどうぞ。paper

20160811_labiere

水上駅に着いた後、帰りの電車には時間があったので、水上温泉街にある良さげな食事処へ。やってきたところは、窯焼きピザの店「ラ・ビエール」です。水上温泉街にある人気のビザ屋さんだそうだ。訪れた時は、数組待ちだったが待ちましたよ。riceball

20160811_pizza_a

さぁ、ピザがやってきたぞ。2種類のピザが楽しめるハーフ&ハーフにしてもらえました。gemini

確か、左側が「ナスとベーコンのガーリック風味」、右側が「マルゲリータ」です。restaurant

「ラ・ビエール」は、ピザ専用の窯を使って本場ナポリのピザを目指している。水上の美味しい水で作った生地を楽しめるよ。cat

ちなみに、ここでの詳細レポは、「窯焼きピザの店「ラ・ビエール」でナポリピッツアを味わう2016。」へどうぞ。paper

20160816_minakami_st

水上駅に戻ってきました。水上温泉や宝川温泉の玄関駅で、路線バスで谷川岳へ向かう乗換駅でもある。spa

20160816_omiyagegai

駅前は温泉まんじゅうなど、お土産屋が建ち並ぶね。house

ちなみに、ここでの詳細レポは、「JR上越線水上駅にて2016。」へどうぞ。paper

20160712_sl_04

帰りの列車はもちろん、SLに乗ろう!。威厳を放つ黒い蒸気機関車、いつ見てもカッコいいね。leo

20160712_oidecyan_01

水上温泉のイメージキャラクター「おいでちゃん」が見送りに来てくれたよ。virgo

青い12系客車に乗り込み、水上駅をあとにしました。subway

ちなみに、乗車詳細レポは、「快速SLみなかみ号乗車してきました(水上→高崎)2016。」へどうぞ。paper

今回の駅ハイ・谷川岳、一ノ倉沢の参加は4回目。山だけに天気は難しいね。列車の手配などをしていたので、雨でも強行参加となりました。気軽な山歩きコースなので、定期的に訪れてみたい場所ですな。wink

という事で、土合駅からの駅ハイ「谷川岳・一ノ倉沢」ウォーキングレポでした~。happy01

ちなみに、各訪問詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、過去開催、谷川岳一ノ倉沢の駅ハイ参加レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20161229_map

JR東日本・駅からハイキング 「谷川岳一ノ倉沢岩壁鑑賞ハイキング」 2016年7月1日(金)~9月30日(金)開催 所要時間:約3時間30分(見学時間等を含む) 歩行距離:約9kminfo02

土合駅→スタート:谷川岳登山指導センター→①国道291マチガ沢→②国道291一ノ倉沢→③岩壁鑑賞ポイント(折り返し)→④国道291一ノ倉沢→⑤国道291マチガ沢→ゴール:谷川岳登山指導センター→土合駅info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月19日 (日曜日)

駅からハイキング「鋳物で栄えたまち川口~歴史とモダンたてものをめぐる~」に参加してきた(2016.05.15)。

キューポラのまち「川口」をぶらりウォーキング。shoe

20160619_keihin_touhoku_line

さて、JR京浜東北線に乗ってやってきたところは川口駅です。週末恒例の駅ハイ参加の為に訪れたよ。今回は、2016年5月14日(土)~23日(月)開催、駅からハイキング「鋳物で栄えたまち川口 ~歴史とモダンたてものをめぐる~」です。train

20160619_kaisatuguti

川口駅は1日平均乗車人員が8万人を超える大きな駅だ。埼玉県内のJR線では大宮駅、浦和駅に次いで第3位。自動改札口も多くずらりだなぁ。snail

20160619_uketuke

改札口を出て正面券売機横で駅ハイ受付を済ませます。secret

20160619_card_reader

今年度から駅からハイキングはリニューアル。会員カードも一新したよ。基本的には予約無しで参加可能になった。(一部コースは除く)。carouselpony

20160619_quporan

川口市のマスコットキャラクター「きゅぽらん」が駅帽かぶってお出迎えだ。drama

20160619_kan_batch

受付でコースマップやパンフレット等を取得。恒例の缶バッチはE5系新幹線でした。present

20160619_panf

川口市のPRパンフがずらり頂けた。きゅぽらんのカット絆も。ribbon

20160618_cource

今回のコースルートです。cancer

高層ビルが立ち並ぶ川口駅。一歩路地に入ると、かつて鋳物で財を成した明治時代の鋳物“旧鋳物問屋鍋平別邸”があり、ステンドグラスやタイルにこだわった装飾が随所に見られます。また、大正時代に建てられた“旧田中家住宅”の洋館も一見の価値ありです。karaoke

20160619_kawaguti_st_1

さぁ、今年度最初の駅ハイ参加、川口駅からスタートだ。約6kmのコースなので楽に歩けるかな。天気も良いしね。では、頑張って歩こう。rock

20160518_cupora

コースポイントoneカ所目は、「キュポ・ラ広場」です。正式名は、川口駅東口公共広場。通称「キュポ・ラ広場」だ。先には川口キュポラがあり、公共施設(行政センター・市立中央図書館)やショッピングセンターが入る。building

キュポ・ラは、キューポラに由来する。キューポラとは、鋳物の溶湯を得るためのシャフト型溶鉱炉に分類される溶鉱炉の事を指す。川口はキューポラの町だからね。aquarius

20160518_hiroba_1

キュポ・ラ広場は、約3000平方メートルの広さがあります。このイベントスペースで、いろいろな催しが開かれています。drama

20160613_qupola

キュポラのモニュメントがあり。広くキューポラと呼ばれている。キュポラ(Cupola furnace)とは、コークスの燃焼熱を利用して鉄を溶かす炉のことです。karaoke

鋳物工場では、屋根の上にキュポラの巨大な煙突部が見られます。dash

20160518_hataraku_yorokobi

「働く歓び」 川口を代表する「鋳物」と働く事の素晴らしさを表現したものです。昭和49年(1974年)作。art

鋳物を造る職人が、キューポラと呼ばれる溶鉱炉で銑鉄を溶かし、「湯汲(ゆくみ)」と呼ばれる柄杓(ひしゃく)で受け、一気に鋳型に注ぎ込む注湯(ちゅうとう)作業を表しています。leo

ちなみに、ここでの詳細レポは、「川口駅前のキュポ・ラ広場(川口駅東口公共広場)2016。」へどうぞ。paper

20160518_hodou

川口キュポラ前、東側の歩道。緑があって、気分良い通りですね。club

20160519_park_2

なんか公園ぽいところがあるぞ。ここは、リビオタワー川口ミドリノの公開空地です。マンションの敷地ではあるが、住民以外立入不可の掲示が無かったので、ちょいと立ち寄ってみた。penguin

20160519_kosiki_1

川口は古くから鋳物の街として栄えてきたが、時代の背景と共に新しい街に生まれ変わろうとしています。gemini

ここリビオタワー川口ミドリノにおいても、五味鋳工所、朝倉鋳工所の跡地であり、庭の各所に当初使用した鋳物<こしき(小型の炉)だるまストーブ・灯篭・鋳物製作部品>など手を加えないで再利用しており、鋳物の街の記憶を大切にしつつ新たな都市型の自然環境を創造させる空間とした。sports

20160519_kosiki_2

これが、甑(こしき)だ。川口はキューポラの町として知られ、キューポラとはコークスの燃焼熱を利用して鉄を溶かし鋳物の溶湯を得るためのシャフト型溶解炉に分類される溶解炉である。そして、古来からある小型のものを「甑」(こしき)と呼ばれる。dash

20160519_park_4

公開空地は憩いのスペースとなっていて、緑地化が癒されるな。ベンチも設置されている。club

20160519_train_1

先には電車が近くを走っているぞ。train

20160519_train_2

鉄ポイントとして、いい場所じゃない?。京浜東北線や宇都宮線・高崎線が行きかうので、眺めていても楽しめそう。bullettrain

20160519_park_3

緑地化され、新緑の色合いがGood。晩秋の紅葉色も良さそうだ。maple

ちなみに、ここでの詳細レポは、「公開空地に鋳物「甑(こしき)」が残る風景2016。」へどうぞ。paper

20160519_gurumet

リビオタワー川口ミドリノ1階には、川口オーブンテーブルがあります。川口鋳物のオーブン料理店だ。丸ごと1羽ローストチキン、美味しそうだな。restaurant

20160619_road_01

近代的な街並みから一転、下町の雰囲気に変わったぞ。club

20160520_keidai

コースポイントtwoカ所目は、「川口神社」です。キュポ・ラ広場から11分。川口神社の境内は結構広めの敷地です。全体が緑の木々で覆われていて、静けさのある空間が広がります。xmas

20160520_kyukomainu

旧狛犬一対です。江戸時代末期の文久元年(1861年)11月に奉献。以来135年守護してきたが、その任を終えこの場所に移設された。dog

20160520_umenokiten_jinjya

学問の神「梅ノ木天神社」です。御祭神は菅原道真公。school

20160520_usi

撫で牛が安置されている。菅原道真の乗り物と考えられることも多い。taurus

20160520_flower

草が生い茂る中に、かわいらしい花びらが..。初夏だね。tulip

20160520_sitifukujin

七福神ですな。恵比寿様と大黒様かな?。dollar

20160520_gokoku_jinjya

川口護国神社です。日露戦争の第二回旅順港閉塞作戦で福井丸に乗り組み広瀬武夫らとともに戦死した、川口出身の海軍一等機関兵小池幸三郎の胸像がある。shadow

20160520_houcyouzuka

包丁塚の碑があります。hairsalon

20160520_haiden

川口神社は、もとは氷川社と称し、川口市の総鎮守として市内全ての土地を守護する神社だ。参拝。confident

20160520_haiden_2

川口神社は、社伝によると平安時代の天慶年間、武蔵国足立郡司武芝によって、武蔵一の宮大宮の氷川神社より分祀勧請したものと伝えられています。当社はもと、氷川大明神と称し、昔から領主や民の崇敬をあつめてきました。penguin

20160520_honden

拝殿奥にある本殿です。sports

20160520_ema

絵馬を飾る場所には、干支により飾る場所が決められています。music

20160520_fujizuka

富士塚があります。富士信仰に基づき、富士山に模して造営された人工の山や塚である。fuji

20160520_asama_jinjya_2

ごつごつの山を登って行くと、浅間神社がある。snowboard

20160520_kawaguti_jinjya_2

金山社です。soccer

20160520_kawaguti_jinjya_1

毎年12月15日は、大歳祭があり、おかめ市として市民に親しまれた市内最大のお祭りだ。駅から神社までの道に露店などが多数立ち並びます。大賑わいのようだ。pig

ちなみに、ここでの詳細レポは、「川口市の総鎮守神、川口神社を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20160524_bettei

コースポイントthreeカ所目は、「川口市母子・父子福祉センター(旧鋳物問屋鍋平別邸)」です。川口神社から4分。かつて鋳物問屋として隆盛をきわめた嶋崎家(「鍋平」)の別邸として建設され、昭和57年(1982年)に川口市に寄付された。では、中に入ってみよう。入館無料。leo

20160524_ima_1

居間です。japanesetea

20160524_ima_2

和室です。立派なお屋敷ですな。ring

20160524_ima_3

お庭を見てみよう。chick

20160524_teien_1

日本庭園の眺め。いいね。ribbon

20160524_nabehira

4代目嶋崎平五郎氏が西洋文化の風情を取り入れて建築されました。ship

20160524_cuporan

おぉ、川口市のマスコット「きゅぽらん」だ。eyeglass

20160524_kaidan_1

お庭へ行ってみよう。階段をくぐり建物の下を通り抜けます。slate

20160524_kaidan_2

おぉ、なんかいい感じ。wink

20160524_kaoku

別邸をバックにお庭の眺め。camera

20160524_azumaya_2

東屋もありますな。japanesetea

20160524_syodou

書道教室での習字でしょうか。いくつかの習い事がこの施設で開催されています。school

20160524_kura

昭和2年頃に建てられた蔵です。外壁は、モルタルに目地を切り石造風に見せており、ていねいな造りとなっています。gasstation

建物は明治末期から昭和にかけて建設されたもので、各時代の建築の特色をよくあらわしており、「再現することが容易でないもの」として、平成13年(2001年)10月12日、国の登録有形文化財に登録されました。secret

ちなみに、ここでの詳細レポは、「旧鋳物問屋鍋平別邸を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20160619_kougyoutiiki

当地域は「準工業地域」でありなおかつ「特別工業地域」に指定されております。多少の塵埃、騒音等は、まぬがれませんので、御承知下さい。周辺工場一同。wrench

すごい説明板だな...。coldsweats02

20160525_taihou_1

コースポイントfourカ所目は、「幸産業(大砲)」です。母子・父子福祉センターから5分。tennis

この大砲は幕末の嘉永5年(1852年)に津軽藩より依頼を受けた増田安次郎が、後に砲術奉行を務めた高島秋帆と協力して作り上げた18ポンドカノン砲の復元品です。当時は製作不可能とされていた大型砲で、1857年までの5年間に213門の大砲と41323発の砲弾が製造され、全国各地に配備されてきた。motorsports

20160525_taihou_2

幕末の日本近海にはロシア、イギリス、フランス、アメリカ等の異国船(黒船)が来航し、鎖国していた日本に対し強く開国を迫りました。脅威を感じた幕府は文政8年(1825年)に「異国船打払い令」を発布。その後江戸の台場をはじめ各地に砲台を作り警戒するようになりましたが、当時はまだ大砲もろくにない状態で打払いできる力はありませんでした。impact

20160525_taihou_3

その頃、攘夷思想盛んな水戸、薩摩、長州、土佐の各藩では、海防のための大砲作りを必死に行っていましたが、高性能な大砲を作るには至らず、そのため当時大砲作りで名のあった川口の鋳物師 増田安次郎が作ったものが多く用いられました。その性能は群を抜いており「増田安次郎」の銘は高性能砲の証、ブランドだったのです。crown

20160525_taihou_4

後に高島秋帆より「増田氏は国家の干城なり」という褒状を授与されました。ring

20160525_setumei

ちなみに、増田安次郎はここの工場当社代表の増田家初代である。sports

20160525_masukou_sangyou

大砲が設置されている増幸産業株式会社は、摩砕・粉砕等を手掛けている。ダイヤモンド以外のすべての物質の粉砕を可能にするがモットーとしている。restaurant

ちなみに、ここでの詳細レポは、「大砲・18ポンドカノン砲を見学してきた2016。」へどうぞ。paper

20160619_mon

地図に場所は書いてあったのだが、多分、旧川口宿本陣表門の場所のようだ?。door

20160526_bunkazai_center_1

コースポイントfiveカ所目は、「川口市立文化財センター」です。増幸産業(大砲)から8分。文化財センターは、これらの文化遺産を収集・保管するとともに、展示や体験学習などを通して、川口の歴史とそこに育まれた文化への理解を深めていただく施設として誕生しました。birthday

20160526_bunkazai_center_2

川口市内には、発掘調査の出土品や鋳物業に関する資料、獅子舞などの民俗芸能や歴史的建造物など、先人の残した数多くの文化財が存在しています。scorpius

では、館内へ入ってみよう。館内に入ったら、階段で2階へ上がります。snowboard

20160526_ticket

2階受付にて、展示室入場券を購入します。入館料は大人100円です。小学生~中学生は50円。ticket

20160526_panf_1

館内の写真撮影はご遠慮くださいとの事なので、パンフレットにて。memo

2階に展示室が2つあります。展示室1では、土器や板碑等、原始・古代から近世までの市内の文化財を中心に展示しています。体験コーナーもあります。aries

展示室2では、鋳物ストーブやベーコーマをはじめ、近代・現代の市内の文化財について展示しています。ship

20160526_panf_2

3階には、図書室や実習室があります。school

ちなみに、ここでの詳細レポは、「川口市立文化財センターを見学してきた2016。」へどうぞ。paper

20160527_syakujyouji_1

コースポイントsixカ所目は、「錫杖寺」です。文化財センターから4分です。「しゃくじょうじ」と読む。真言宗智山派寺院で宝珠山光照院と号します。event

錫杖寺は。元和8年(1622年)には江戸幕府2代将軍徳川秀忠の日光参社の際の休息所となり、以降歴代将軍により利用されました。また、3代将軍家光からは金子、材木を拝領し、御成門を建立するとともに、御朱印20石を賜るなど、「川口宿」の中核寺院として繁栄しました。scorpius

20160527_sanmon

錫杖寺は、養老元年(717年)に行基が本堂を建立、自ら地蔵菩薩を刻み本尊とし開基したと伝えられます。golf

20160527_uta

山門入口には、錫杖寺御詠歌の碑があります。note

20160527_hondou

参道を通り、階段を登ると本堂があります。参拝。confident

鎌倉長楽寺を開創した願行上人が再興、寛正元年(1460年)には、室町幕府八代将軍足利義政により七堂伽藍が整備され、宥鎮和尚が中興となったといいます。karaoke

20160527_nagame

参拝後、後ろを振り返った眺め。eye

20160527_syourou

この銅鐘は、池の間(鐘の中央部分)に刻まれている銘文から、寛永18年(1641年)9月、川口宿名主である宇田川氏が先祖供養の施主として川口鋳物師長瀬治兵衛守久が鋳造し、菩提寺である錫杖寺に奉納したものです。bell

川口を代表する地場産業である鋳物業の歴史をたどる上でも大変貴重な資料です。book

20160527_jizoubosatu

江戸時代には、徳川家光より寺領20石の御朱印状を拝領、醍醐三宝院直末関東七ヶ寺の一つ、十一談林所の一つとして末寺53ヶ寺を擁していたといい、江戸城大奥最後の御年寄であった瀧山が葬られていることでも知られています。leo

関東八十八ヶ所霊場76番、関東百八地蔵6番、北足立八十八ヵ所霊場73番、武蔵国八十八ヶ所霊場73番となっています。music

20160527_fukurokujyu

武州川口七福神の福禄寿を祀っています。dog

20160527_kawaguti_jizou

かわぐち地蔵がいます。頭をなでて健康と学業を祈りましょう。合掌。confident

20160527_kitty

キティちゃんもいました。cat

ちなみに、ここでの詳細レポは、「武州川口の旧刹、錫杖寺を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20160619_mieru

ショッピングセンター「ミエルかわぐち」前を通り過ぎる。bank

20160609_siba_river_1

幅広になった歩道を歩き進んでいきます。snail

20160609_siba_river_2

桜橋からの眺め。芝川沿いは既存護岸を覆土した親水護岸の整備をされていて、良い景観になっている。川の再生に向け『水辺再生100プラン』を推進されてきました。fish

川沿いには高層マンションが建ち並び、近代的の中自然空間を演出している。art

20160609_siba_river_4

橋上には、色とりどりな花が飾られていて、和みます。tulip

20160609_sibagawa_park

桜橋を渡ると、芝川公園があります。遊具があって、小さなお子さん連れが多く遊んでいる。gemini

20160609_kawaguchi_motogou_st

芝川公園付近、国道122号線沿いには、埼玉高速鉄道川口元郷駅があります。subway

20160528_kyuutabakakejyuutaku_2

コースポイントsevenカ所目は、「旧田中家住宅」です。錫杖寺から16分。国道122号岩槻街道沿いにある。旧田中家住宅は大正時代に建設された県下有数の本格的洋風住宅です。川口市立文化財センターの分館という位置付けです。movie

デザイン性に優れた優美な外観は、イギリス式に煉瓦を積んだ壁に化粧用煉瓦を貼って仕上げられています。art

20160528_kyuutabakakejyuutaku_3

旧田中家住宅の入口です。洒落た感じだな。では、入ってみよう。door

20160528_ticket

自動券売機にて入場券を購入。入場料は大人200円です。ticket

20160528_setumei

建物内は写真ご遠慮下さいとの事なので、資料で。memo

農家であった初代の跡を継いだ2代目徳兵衛は、当時、大麦と豊かな地下水を利用した麦味噌の醸造業と材木商を始め、その後の田中家発展の基礎を築きました。wrench

現在の残る邸宅は、4代目徳兵衛が築きました。5代目徳兵衛は第9代川口市長として、地域の発展に尽力しました。building

20160528_teien_1

住居内をぐるり見学したあとは、庭に出てみましょう。chick

素晴らしい池泉回遊式庭園です。mist

20160528_ike

和館や茶室から眺められるよう配慮されており、池、枯山水、洲浜、灯篭、手水鉢などを配し、建物の重厚さをさらに際立たせています。clover

20160528_ike_2

鯉がいっぱい泳いでいるよ。お屋敷のステータス。fish

20160528_wakan

和館は昭和9年に増築されました。house

20160528_cyasitu

こちらは、茶室です。昭和48年に、京都から職人を呼び寄せ、一部味噌蔵の建築材を用いて造られたといわれています。japanesetea

20160528_kyuutabakakejyuutaku_1

旧田中家住宅は、国指定登録有形文化財に指定されています。crown

ちなみに、ここでの詳細レポは、「旧田中家住宅の池泉回遊式庭園2016。」へどうぞ。paper

20160619_hamono

コースポイントeightカ所目は、「昌國利器工匠具博物館(刃物)」です。旧田中家住宅から4分。刃物等を展示する博物館で見学してみたかったが、訪れた日曜日は休館という事でスキップします。次の機会にしましょう。cafe

20160603_yakurinji_5

薬林寺に立ち寄ってみました。真言宗智山派寺院で瑠璃山と号す。rouge

20160603_yakurinji_1

薬林寺は、錫杖寺を中興した宥鎮法印が開山となり当初芝川付近に創建、天正年間岩槻城が落城した際兵火に罹災、当地へ移転したといいます。house

20160603_yakurinji_4

本堂にて参拝。confident

20160603_kouboudaisi

真言宗の開祖は空海です。弘法大師ですな。school

20160603_yakurinji_3

客殿です。event

20160603_yakurinji_2

薬師堂に祀られている薬師如来は、岡の薬師といい、領家光音寺・慈林村宝厳院の薬師とともに川口の三薬師と呼ばれていたといいます。libra

ちなみに、ここでの詳細レポは、「岡の薬師を祀る、薬林寺を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20160619_asahi_cyuou_park

ちょっとコースから外れて訪れたところは、朝日中央公園です。club

20160619_kenkou_yuugu

健康遊具が設置されているよ。t-shirt

20160604_torii

朝日中央公園に隣接する朝日氷川神社を訪れた。旧樋爪村の鎮守、川口市朝日の守護神となる。創建年代は不詳(500年前?)であるが、明治40年には村社稲荷社と無格社稲荷社を合祀したといいます。club

20160604_haiden

祭神はスサノヲノミコトで厄除け・除災招福に御神徳があるとされます。さらに、夫婦神であるクシナダヒメも祀り、縁結びにも御利益あるようだ。ペットのお祓いもありますよ。event

20160604_honden

本殿は一間社流造りで、鋼板葺きの屋根は千鳥破風付、向拝唐破風である。house

20160604_setumei

社殿裏に御神木があり、朝日の「大銀杏」として親しまれているようだ。行ってみよう。run

20160604_ema

絵馬掛けのトンネルをくぐる。school

20160604_jinjya_1

須賀神社(除災招福、厄除の神様)、大國神社(医療、安産、薬の神様)、出世稲荷神社(商売繁盛、五穀豊穣の神様)、3つの末社があります。denim

20160604_ooicyou

これが、朝日の大銀杏。霊験あらたかな御神木として永い間、神社を守り続けたオオイチョウです。大きな木だねぇ。catface

木に抱きつくと「大いなる力をいただける」と伝えられています。spade

20160604_setumei_2

日常の悩み・ストレスなどで気が枯れた状態、これを「気枯れ=」といい、力を頂くことにより「元の木=元気」になるのです。また、木の幹にはたくさんのコブがある事から「乳銀杏」ともいわれ、子授け安産お乳の出が良くなるといわれています。gemini

20160604_houi

今年、2016年の厄除・方位除の早見表があります。clock

20160604_omikuji2

運試し、おみくじがあるよ。gasstation

20160604_omikuji

おみくじ開運表がありました。1番良いのは「大吉」だが、2番目は「吉」なんだよね。3番目が「中吉」である。catface

ちなみに、ここでの詳細レポは、「朝日の大銀杏がある朝日氷川神社を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20160609_siba_river_5

再び、芝川沿いを歩きます。朝日橋の橋上からの眺め。sun

20160609_siba_river_6

この付近も親水的空間が広がります。fish

20160609_taisetu

昔は水質汚れていたそうだが、『芝川・新芝川清流ルネッサンス2』による取組活動により、徐々に改善されてきたようです。run

20160609_siba_river_7

階段を降りて、川が流れる位置と同じレベルでお散歩も良し。dog

20160609_siba_river_8

休憩ポイントもあり、のんびりできそう。chair

ちなみに、ここでの詳細レポは、「川口市を流れる芝川の景観2016。」へどうぞ。paper

20160619_takano_coffee

駅ハイ参加のおもてなしがある店舗の1つ、タカノ珈琲です。しかし、...。定休日だったぁ..。残念。cafe

20160610_art

市内小中学生優秀作品展が展示されていました。art

20160610_cyouseiike

現在、並木元町雨水調整池を工事をしているようですね。rain

20160610_atrie

コースポイントnineカ所目は、「川口市立アートギャラリー・アトリア」です。しかし、ここも、休館日だった..。weep

20160610_park_1

こちらは、並木元町公園です。以前あったサッポロビール埼玉工場の跡地に開設。憩いの空間が広がり、かつ、アリオ川口の前に位置するのでショッピングと合わせて楽しめるよ。アートギャラリー・アトリアも隣接する。cat

20160610_park_2

芝生広場や浸水噴水があり、イベントスペースもあります。pig

20160610_ario

商業施設「アリオ川口」にも行ってみよう。building

20160610_karin

アリオ川口内にある「果汁工房 果琳」にて、フルーツドリンクタイム。フレッシュジュースが味わえるお店だ。駅ハイ参加特典のお店であるが、無条件で割引サービスをしていた。冷たく美味しいね。banana

20160610_park_3

こういう緑の空間があるとほっとするね。bud

ちなみに、ここでの詳細レポは、「芝生広がる並木元町公園(アートパーク)を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20160611_kousaten

ふじのいち商店街に入る角ビルの1階にあるお店に行ってみよう。駅ハイ参加特典があるからるね。scissors

20160611_enter

お目当てのお店は、川口ブルワリーです。店内でクラフトビールを自家醸造しています。クラフトビール好きには気になるお店だ。2015年11月21日にオープンした新しいお店です。では、入ってみよう。chick

20160611_beer

お通しと共に、琥珀色のビールがやってきました。ほぅ、丸みのあるグラスだな。aquarius

このお店の代名詞、まずはこれでウェルカムビールだ。その名も、「川口御成道エール ver.1」です。御成道エールは、川口の歴史を想い馳せながら造られました。長い道のりを一歩一歩進んでいくように、一口一口じっくり味わって頂きたいビールとの事。karaoke

20160611_beer_3

では、ぐぴっ。ごくっ。ぷふぉ~、美味しいね。happy02 beer

川口御成道エールは、麦芽の甘みと香りを引きたたせつつ、フルーティで飲みやすい味わい。エールタイプのやさしい飲み口です。penguin

20160611_potato

ジャーマンポテトだ。マスタード風味のホクホクポテト!。leo

20160611_beer_2

クラフトビールの4種飲み比べセットを注文。①ベアードブルーイング「スルガベイ インペリアルIPA」・②常陸野ネストビール「アンバーエール」・③スワンレイク「ヴァイツェン」・④COEDO「毬花」の4種類。味の違いを堪能しよう。libra

20160611_kama

ピザを焼く窯がありますね。hairsalon

ピザは、埼玉県産の小麦を使用したこだわりの生地。丁寧に焼き上げた出来立てピザを味わえるぞ。bar

20160611_pizza

注文しました。これは、マハラジャ。麦みそを使用したブルワリーカレーがベース。ようこそ、マハラジャワールドへ。ribbon

では、パクッ。モグモグ。おぉ、もっちりした生地が美味しいね。カレーのスパイシーさが、ビール進みます。delicious

20160611_showcase

ショーケースの中には、いろんなビールやワイン等を揃えている。sports

20160611_bord

お洒落な感じのお店で、二次会等のパーティ会場としても使えそうだな。駅ハイ参加特典で、次回10%割引券をゲットしました。また、行かないと!。bell

ちなみに、ここでの詳細レポは、「川口ブルワリーでクラフトビールを味わう2016。」へどうぞ。paper

20160619_syoutengai

商店街通りを歩いて行く。music

20160619_obje

街ナカには、こういうオブジェが設置されているんだよね。carouselpony

20160518_event

川口駅に戻ってきました。キュポ・ラ広場では、熊本地震復興支援チャリティーイベントが開催されていました。libra

20160619_kawaguti_st_2

川口駅をスタートし川口駅にゴール戻ってくるまで4時間13分かかりました。motorsports

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:17713歩 消費カロリー:899.9kcal 消費脂肪量:128.5g 歩行距離:13.46km 歩行時間:2時間36分 平均時速:5.14km/h エクササイズ量:9.3Exinfo02

このあと、せっかくなので、川口駅西口をちらっと見に行こう。chick

20160614_park_01

駅西口を出るとすぐ公園があります。川口西公園(リリアパーク)だ。大きな駅前なのにこういう緑の広場があるのはいいね。clover

20160614_park_02

公園内を散策してみよう。公園の北側は緑の木々に覆われた空間です。いい散歩道だ。shoe

20160614_obje_1

アートな街なんでしょうか。こういう彫刻オブジェが街中で良く見られます。airplane

20160614_park_03

子供達が遊べるアスレチックもあります。leo

20160614_lake

池みたいのもあります。mist

20160614_park_04

円形の芝生広場の周りには木々を植えられている。xmas

20160614_obje_3

公園内の数々のオブジェ。ベンチにも。chair

20160614_obje_2

じゃんけんして、チョコレート?。パイナップル?。scissors

20160614_cyoukoku_annaizu

川口西公園内「彫刻」案内図。各所に彫刻を見かけるので好きな彫刻に出会えるかな?。pencil

20160614_park_05

公園はこの先、川口総合文化センターリリアの方まで続くが、今回はこれで駅に戻ろう。building

ちなみに、ここでの詳細レポは、「川口西公園(リリアパーク)を散策してみた2016。」へどうぞ。paper

20160614_sogo

川口駅の西口側は閑静な感じがするが、反対の東側は商業的な賑やかさがある。cancer

20160614_rotally

駅前西口ロータリーは緑の木々も目立つなぁ。bud

20160614_train

ペデストリアンデッキからの眺め。JR京浜東北線を始め、上野東京ラインや湘南新宿ラインが通るので列車好きにはたまらない眺め。train

20160614_nisiguti_ekimeihyou

鋳物の街「川口」という事で、駅名標もなかなか格好いいぞ。music

20160619_keihin_touhoku_line_3

帰りも京浜東北線に乗ります。この後は、浅草の三社祭を見に行ってきま~す。leo

今回、川口の駅ハイは初めて。キューポラの町をぶらり歩き回ってみて良かったね。good

今シーズンから、駅ハイチャレンジが始まった。とりあえず、6km分Get。1年間でどれだけ行けるのかなぁ...。pc

次回はどこを歩こうかなぁ?。模索中です。しかし、梅雨時なのに猛暑日とはとうなっているのでしょう...?。coldsweats01

という事で、川口駅の駅からハイキングに参加してきたレポでした~。happy01

ちなみに、各ポイント詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20160619_omotenasi

マップ裏面には、おもてなし店舗一覧となっている。この地図を提示すると特典が受けられるよ。24hours

20160619_map

JR東日本・駅からハイキング 「鋳物で栄えたまち川口 ~歴史とモダンたてものをめぐる~」 2016年5月14日(土)~5月23日(月)開催 所要時間:約3時間(見学時間等を含む) 歩行距離:約6kminfo02

スタート:川口駅→①キュポ・ラ広場→②川口神社→③川口市母子・父子福祉センター(旧鋳物問屋鍋平別邸)→④増幸産業(大砲)→⑤川口市立文化財センター→⑥錫杖寺→⑦旧田中家住宅→⑧昌國利器工匠具博物館(刃物)→⑨川口市立アートギャラリー・アトリア→ゴール:川口駅info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月14日 (土曜日)

駅からハイキング「氏家雛めぐり~古雛・つるし飾りを巡る早春の旅~」に参加してきた(2016.02.06)。

奥州街道を辿って氏家宿のいにしえに想いを馳せながら楽しく歩けるコースです。shoe

20160207_lapid_2

さて、JR宇都宮線に乗って氏家駅にやってきました。週末恒例の駅ハイ参加の為に訪れたよ。今回は、2016年2月6日(土)~3月6日(日)開催、駅からハイキング「氏家雛めぐり~古雛・つるし飾りを巡る早春の旅~」です。foot

開催日初日、2月6日(土)に訪れました。何故なら、氏家駅へ直通する臨時列車が運行されるからだ。その列車は、快速氏家雛めぐり号。京葉線海浜幕張駅から武蔵野線経由で氏家駅へ向かう便利な列車です。房総方面で運行されているE257系500番台の車両が使用され、快適楽々で乗車してきたよ。train

ちなみに、乗車詳細レポは、「快速氏家雛めぐり号に乗車してきた2016。」へどうぞ。paper

20160207_sakura_mates

到着した氏家駅では、多くの市民や学生たちによるお出迎えがありました。連絡階段前には、さくら市喜連川温泉PR大使「さくらメイツ」の方がお出迎え。virgo

20160207_kangeimaku

改札口前では、駅長さん、栃木県マスコットキャラクター「とちまるくん」、さくら市観光PR大使に昇格した「コンタ君」がお出迎え。「ようこそ 氏家雛めぐり」の歓迎幕もあり。leo

20160206_matiaisitu

改札口を出ると、市民の方々が赤い旗を持ってお出迎え。flag

20160206_maku

駅ハイの幕が掲げられている。ear

20160207_kangei

改札口を出ても、両脇に市民の方々が列をなしていて熱烈歓迎を受ける。いゃあ~、氏家すごいね。cat

20160207_ohayasi

駅前広場では、氏家子どもお囃子会の演奏がありました。notes

20160206_ekimae_hiroba

駅前広場では、特産物の販売やグルメの提供があるよ。music

20160207_fukufukunabe

氏家福々鍋(けんちん汁)の無料配布がありました。美味しく頂いたよ。riceball

20160206_udon

風味ある小麦で打ったうどん「氏家うどん」を購入。これも、美味しいね。noodle

20160513_eplaza1

まずは、受付をしよう。氏家駅前にある「eプラザ壱番館」へ向かう。eプラザは、さくら市の商業集積活性化施設です。2002年(平成14年)4月21日にオープン。観光案内や貸しスペース、飲食店など様々な用途で使用することができます。building

2階で受付です。コースマップやパンフレット等を取得した。memo

20160206_kan_batch

恒例の缶バッチは、E7系新幹線でした。そろそろ、北陸新幹線に乗ってみたいものだ。present

栃木きつれがわ温泉の缶バッチも貰えたよ。cat

20160513_hinakazari_3

eプラザ壱番館2階には、大きな雛飾りがありますね。ここは、氏家雛めぐりの会場の1つである。leo

奥州街道が通る氏家地区は昔、氏家宿として栄え、商家が多く、代々伝わる雛人形も数多く残っています。それを活用し、たくさんの来場者に雛人形を見て回りながら市民との交流、市街地の活性化を目的として始まった「氏家雛めぐり」である。kissmark

20160513_hinakazari_1

1回目は30数店の参加が年々参加者が増え、13回目の今年は、JR氏家駅前及び、さくら市役所周辺の商店、施設、個人宅などお飾り処、約70箇所に様々な雛人形が展示されます。house

20160513_hinakazari_2

これは、昔の雛飾りでしょうか。御殿雛ですね。event

20160513_tangonosekku

五月人形も展示されていました。gemini

20160513_hinakazari_5

つるし雛に着物も展示。商店街の女将や地元の主婦が一年がかりで作成した吊るし雛も一堂に飾られ、大変見ごたえあります。sagittarius

20160513_hinakazari_6

1階に来ました。こちらも、見事な雛飾りですね。ski

ちなみに、ここでの詳細レポは、「第13回氏家雛めぐり・eプラザ壱番館の雛飾りを観てきた2016。」へどうぞ。paper

20160206_ujiie

今回のウォーキングコースルートです。shoe

20160514_ujiie_st

熱烈歓迎を受けた氏家駅前、いつもの静かな光景に戻ったでしょうか。先日降った雪も残っているね。約10kmのウォーキングコース。頑張って、歩きましょう。rock

20160514_renrakukyou

橋上連絡通路を渡り、線路の反対側へ出ます。airplane

20160514_ujiie_st_2

氏家駅西口に出ました。こちらの方が見た目都市っぽい。aries

20160422_river_1

草川遊歩道沿いを歩いていく。春になると桜並木になる川沿いの散策路。fish

20160422_river_2

川面には水鳥さんたちが、気持ち良さそうに泳いでいますね。chick

20160422_river_4

この草川は、この先の鬼怒川方面へ流れていきます。mist

20160401_dote_2

コースポイントone箇所目は、「ゆうゆうパーク」です。氏家駅から24分。鬼怒川河川公園で、愛称が氏家ゆうゆうパークとなっている。旧氏家町制100周年記念事業として、鬼怒川の河川敷を利用して整備された水と触れあえる公園だ。clover

20160401_kasenjiki_1

広い河川敷に芝生を敷き詰め、ゴルフ場の様な感じだよな。golf

20160401_dote_3

4月になると、桜並木は花見で賑やかになる事でしょう。氏家ゆうゆうパークは桜の名所です。cherryblossom

時間があったら、南側の勝山公園にも立ち寄ってみたいところである。tennis

20160401_dote_4

土手上の歩道を北へ歩いて行こう。まっすぐ道が続くね。chick

20160401_azumaya

途中、東屋があるよ。休憩ポイントで、のんびりしてみよう。house

20160401_dote_1

この日は、どんより曇り空。晴れていれば、青空がいい景色ですよ。特に見える山もくっきり見えるよ。fuji

ちなみに、ここでの詳細レポは、「鬼怒川河川公園(氏家ゆうゆうパーク)、土手を歩く2016。」へどうぞ。paper

20160514_kinenhi

合併記念碑が建てられていました。pocketbell

20160326_jizouson_1

コースポイントtwo箇所目は、「浮島地蔵尊」です。ゆうゆうパークから7分。鬼怒川に近い、氏家の大中地区にあります。house

20160326_jizouson_2

享保8年(1723年)に起きた五十里洪水の時のことです。大中嶋(現大中)にも洪水の濁流が押し寄せて来たが、古くから大中嶋に立っていたお地蔵様が泥水の中に浮いて水の侵入を防ぎました。typhoon

助かった村人はこのお地蔵様を「浮島地蔵」とか「いかり地蔵」と呼んで感謝したそうです。大中の浮島地蔵の背中には「享保八年みずのとう四月十一日」と彫られています。clover

20160326_jizouson_4

鬼怒川に近い大中地域では、浮島地蔵がある所が微高地であるため、近年まで「洪水の時には浮島地蔵の所に逃げなさい」と言われていたそうです。地域の防災の知恵が浮島地蔵の伝説になったのかもしれませんとの事。ほぅ。dog

20160326_jizouson_3

氏家には浮島地蔵尊が2か所あります。ここ大中地区の浮島地蔵尊とは別に、上阿久津地区にある浮島地蔵尊もあります。gemini

ちなみに、上阿久津の浮島地蔵尊は、鬼怒川を石の重いお地蔵さんが流れてきているのを漁師が拾い上げ、安置したとの伝説を持っています。安産や子育てに御利益があるとして、女性に手厚く信仰されました。virgo

ちなみに、ここでの詳細レポは、「浮島地蔵尊を立ち寄った2016。」へどうぞ。paper

20160422_river_5

コースポイントthree箇所目は、「草川遊歩道」です。浮島地蔵尊から4分。ほぼ真っ直ぐ流れる川ですな。yacht

20160422_river_6

おぉ、堰が設置されているね。水が流れる落ちる音が、良い感じ。aquarius

20160422_river_7

草川遊歩道沿いは、桜並木になっています。ソメイヨシノ・しだれ桜と、4月になると見事に咲き誇るそうです。cherryblossom

20160422_river_8

市民の散歩道・憩いの場として、整備されている。ベンチに座って、のんびりするのも良いかな。japanesetea

ちなみに、ここでの詳細レポは、「草川遊歩道を散策する2016。」へどうぞ。paper

20160514_utumiya_line

宇都宮線の列車が快走。train

20160514_fuukei

陸橋から眺める田園風景。広々しているな。fuji

20160417_torii

コースポイントfour箇所目は、「今宮神社」です。草川遊歩道から27分。創建より955年の歴史を持つ氏家の総鎮守だ。scorpius

20160417_sandou

おぉ、雰囲気ある参道だ。夜にあかりが灯るといい感じかも。flair

20160417_roumon

楼門をくぐります。神門よりも山門風の外観だ。文化8年(1811年)、近郷や東北南部の人々により現在の楼門が建立された。入母屋造りで銅板葺。この周辺地域においては、江戸期の楼門は唯一であるとの事。door

20160417_haiden

拝殿にて参拝。confident

今宮神社は、康平3年(1060年)、勝山城主氏家公頼公により、素戔嗚尊を祭神として創建された。正安2年(1300年)にこの地に移されてきた。pisces

20160417_honden

拝殿裏、本殿をのぞいてみましょう。snail

寛永3年(1663年)に本殿が造営された。本殿は流造り。屋根は柿葺が銅板葺となり、千木・勝男木を付けた。moneybag

20160417_cyoukoku

妻(建物の側面)は二重虹梁蟇股の装飾を付け、左右の妻上部には激浪を越え進む鯉群を彫り廻らし、その上段には飛龍から大龍となる登龍門の彩色彫刻。wave

今宮神社を訪れたら、海の荒々しさを表現したこの彫刻絵を眺めてみると良いでしょう。eye

20160417_torii_2

鳥居笠木保存。昭和27年(1952年)から平成13年(2001年)まで48年間に亘り多くの人々が様々な思いをもってくぐりぬけてきた鳥居の笠木です。maple

20160417_jyuunieto

こちらは、願いが叶うと言われる「願かけ割符」。ticket

  1. 自分の干支の像をなでながら「祓え給え清め給い」と、3度唱えます。
  2. 願い事を込めながら、お守りを中心で割ります。
  3. 2礼2拍手1礼で、神様にお参りした後、割り符の片方をここに掛ける。

12の干支がそろっているとは、面白い。cat

20160417_ooicyou_1

境内の大イチョウは樹齢700年の古木であり、栃木県銘木百選に指定されている。xmas

20160417_ooicyou_2

見事なイチョウの大木ですな。秋の紅葉の時は見事に映える事でしょう。maple

毎年11月上旬~中旬、大公孫樹祭が行われる。ライトアップも行われるそうです。flair

20160417_hoteisama

あら、こんなところに布袋様が。ご利益あるかなぁ。dollar

ちなみに、ここでの詳細レポは、「見事な大イチョウがある、今宮神社を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20160402_hinakazari_6

「創彩縫・薔薇」に立ち寄ってみた。ここも、氏家雛めぐりの展示場所の1つです。chick

20160402_hinakazari_2

見事な雛飾りですね。cancer

20160402_hinakazari_3

この雛飾り、うさぎさん?。長い耳がついているぞ。ear

20160402_hinakazari_1

こちらは、つるし雛。これまた見事だね。moneybag

20160402_hinakazari_4

いろんな、かわいらしい雛飾りが吊るされています。cat

20160402_hinakazari_5

竹の中の飾り雛。なかなか、良い作品ですね。clover

ちなみに、ここでの詳細レポは、「創彩縫・薔薇にて、氏家雛飾りを鑑賞2016。」へどうぞ。paper

20160426_hatimanguu_1

「八幡神社」に立ち寄りました。櫻野八幡宮とも言うようだ。古い歴史を持つといわれる八幡宮であるが、現在の姿になるのは江戸時代に入ってからである。cancer

20160426_sandou

参道両脇には、狛犬が鎮座する。雰囲気あるな。dog

20160426_haiden

参道をつき進むと拝殿があります。では、参拝。confident

拝殿の裏にある、本殿は間口6尺(180cm)奥行き10尺(300cm)総欅白木造りで、鳳凰や当時珍しい大象そして鯉が滝を登り、竜となる登竜門を三方に彫り廻らした彫刻などで飾られている。art

20160426_dohyou

境内には大きな土俵があります。ブルーシートで覆われているようだが...。この地で行司が出たという事で、その方の功績を讃えて奉納相撲を行うようになったそうです。mist

八幡宮には、本殿の他に多くの奉納絵馬があるが、そのうち上記絵馬の他に、「大相撲図」、小宅文藻筆「鶏図」、菊池愛山筆「暖燗紅葉図」の4図が市指定文化財である。pencil

20160426_torii

八幡宮の最初の鳥居。ここから次の鳥居までは、ふつうに住居地域となっている。door

ちなみに、ここでの詳細レポは、「八幡神社(櫻野八幡宮)を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20160423_mon2

コースポイントfive箇所目は、「瀧澤家住宅」です。鐵竹堂 瀧澤記念館 特別公開~つるし飾り 大正時代の着物の展示~の開催で、見学が出来ました。chick

瀧澤記念館は、通常は公開されていなく、年に2回程不定期に特別公開されるようです。入口となる長屋門をくぐりましょう。長屋門は入母屋造、桟瓦葺。door

20160423_kinenkan

明治25年、陸軍大演習の際に天皇の休憩所に充てられた、明治の雰囲気漂う建物。栃木県指定文化財。shadow

靴を脱いで、中へ入ってみましょう。入館無料。foot

20160423_tettikudou

この家の中にあった、いろいろな物が展示されています。cat

栃木を代表する実業家であり政治家・民政家でもある瀧澤喜平治の家なのである。event

20160423_kazari

かわいらしい飾りつけですね。virgo

20160423_goten

大正時代の御殿雛。瀧澤家が、大床に合わせて京都の宮大工に特注で製作させた。game

20160423_uraniwa

庭園に来てみた。和風庭園、お見事ですな。cancer

20160423_uraniwa2

お屋敷も見事な造りだ。camera

さすが、天皇の御座所にふさわしい造りです。pisces

20160423_uraniwa3

縁側でのんびりお茶を頂きつつ、のんびりお庭を眺めていたいものだなぁ。japanesetea

ちなみに、ここでの詳細レポは、「鐵竹堂瀧澤記念館特別公開を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20160514_yakuoudou

こちらは、「薬王寺」です。真言宗智山派に属し、本尊は、金剛界大日如来を安置しています。pen

20160428_hinakazari_3

お休み処である「まちかど館」を立ち寄った。gemini

氏家雛めぐりのイベントの1つ、七福さるぼぼ探しがあり、幸運を呼ぶ7色の七福さるぼぼが、ここまちかど館にいるね。ちなみに、「さるぼぼ」とは、「猿の赤ちゃん」という意味で、大変縁起物だそうです。pig

20160428_hinakazari_2

こういう雛飾りも、バラエティに富んで良いかも。にっこりした飾り雛、いい顔しているね。happy02

20160428_hinakazari_1

これまた、かわいらしい猿さん・うさぎさん。羽子板もね。penguin

ちなみに、ここでの詳細レポは、「氏家まちかど館の雛飾り2016。」へどうぞ。paper

20160514_omiyagekan

コースポイントsix箇所目は、「おみやげ館」です。瀧澤家住宅から7分。駅ハイのチェックポイントなので、ここで必ずスタンプを押しておきましょう。secret

20160429_hondou

コースポイントseven箇所目は、「光明寺」です。おみやげ館から3分。真言宗智山派のお寺で、北関東三十六不動尊 二十二番札所となっている。山号は霊水山、院号は普門院。house

20160429_fudoumyou_1

先に見えるは、青銅不動明王坐像です。大日如来が一切の邪悪を調伏するために、内に慈悲の誓願を秘めつつ、外に慈悲の姿を現し、右手に煩悩を断つ宝剣、左手に魔を縛す羂索を持ち、衆生を守るという不動明王は、氏家でも古くから信仰を集めてきました。confident

20160429_fudoumyou_2

不動明王坐像は、高さ293.9cm、肩幅142.4cmとまれにみる巨大な木像は、町のシンボルとして見守られています。leo

20160429_fudoumyou_3

横下から見上げてみた。ごつごつした岩上に、迫力ある~。coldsweats01

20160429_kanmanisi

こちらは、感満石。この石は、古来よりお不動様の御前に置かれていたものであり、「感(思いが)満(満たされる)石」の名の通り、この石に手を触れて、心をこめて願い事をすると、その願いが満たされると伝えられています。fullmoon

20160429_syourou

先に鐘楼。手前は藤棚かな?。bell

ちなみに、ここでの詳細レポは、「不動明王坐像が鎮座する光明寺を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20160430_masasi_1

ちょいとルートを外れて、お楽しみポイントへ。ぎょうざ専門店正嗣氏家店です。「正嗣」は「まさし」と読む。餃子にこだわり続けて50年。宇都宮餃子の人気店だ。国道293号線氏家バイパス沿いにお店があるので、車で立ち寄る客も多い事だろう。お昼時、やはり行列待ちができています。では、並びましょう。snail

20160430_gyouza_1

餃子専門店だけに、店内の回転率が速い。約8分待ちで店内に入れた。注文して数分で、お楽しみの餃子が登場。chick

焼餃子は1人前6個です。なので、焼餃子3人前を注文。18個だ。食欲そそる~♪。delicious

20160430_gyouza_2

では、いただきます。パクッ。おぉ、焼き加減ちょうど良い。そして、少し小さめの餃子なので、いくらでも行ける勢いだ。薄皮餃子の中に、たっぷりの野菜に美味。run

ちなみに、ここでの詳細レポは、「ぎょうざ専門店「正嗣」氏家店で餃子を食す2016。」へどうぞ。paper

20160510_park_1

コースポイントeight箇所目は、「寛方・タゴール平和記念公園」です。荒井寛方(あらいかんぽう・1878~1945)はここに生まれ、日本画家をめざして巣立った。仏画を志した寛方は原三渓やアジアで初めてノーベル文学賞を受賞した詩聖タゴールの知遇を受け、日本画の教授として渡印した。その間、アジャンタ壁画模写の難事業を成し遂げ、多くの人々と交わり、日印文化交流の架け橋となった。art

20160510_park_2

タゴールとはその後も親交が続き、現在インドにおいて寛方とタゴールへの畏敬の念はますます深まっている。「仏画の寛方」と称された寛方は、晩年には法隆寺金堂壁画の模写にも従事した。crown

20160510_park_3

公園内は長細い敷地となっていて、1周ぐらりとまわれる散策路になっている。shoe

20160510_park_4

茶室やせせらぎ配した庭園などが設けられています。japanesetea

20160510_park_5

園内にはタゴールが寛方に贈った惜別の詩を刻んだモニュメントや、寛方の代表作を陶板画にして飾ったギャラリーがあります。camera

ここに集い憩う人々が、寛方芸術と二人が追及した世界平和の理想をより深く理解されることを願うものである。confident

ちなみに、ここでの詳細レポは、「寛方・タゴール平和公園を立ち寄った2016。」へどうぞ。paper

20160511_hinanoeki

コースポイントnine箇所目は、「雛の駅」です。寛方・タゴール平和記念公園から1分。この建物内では、氏家雛めぐりの会場の1つとして、いろいろな雛飾りが展示されています。では、入ってみよう。door

20160511_totiotome

この会場での目玉はコレ!。ど~ん!!。左が「とちおくん」、右が「おとめちゃん」です。大きな雛飾り、いや、大きなイチゴだぁ!。apple

栃木県のブランド苺「とちおとめ」から誕生。いゃあ、でかいね。coldsweats01

20160511_turusihina_2

バラエティな雛飾りですね。virgo

ちなみに、ここでの詳細レポは、「雛の駅(旧烏山信用金庫)のビッグな雛飾り2016。」へどうぞ。paper

20160512_hondou

コースポイントonezero箇所目は、「西導寺」です。雛の駅から2分。西導寺は建久2年(1191年)に氏家氏の始祖で勝山城を築いた宇都宮公頼が開いたとされる古寺。現在は浄土宗に属する。event

本堂は天明4年(1784年)に宮大工の永野万右衛門が手掛け建てられたもので桁行き8間、梁間7間、入母屋、銅瓦棒葺、唐破風の2間向拝が付いています。house

20160512_mirokudou

こちらは、弥勒堂。建物全体が極彩色で彩られ、龍や獅子、像の彫刻が施され、市の有形文化財に指定されている。cancer

20160512_tutajizou_2

西導寺の西側に石造地蔵菩薩坐像(つた地蔵)が安置されています。安産・子育てにご利益あるようです。gemini

父親定家の七周忌に定家を模したとされる石仏を造ったとされています。以来、蔦の絡まる場所を好んだという伝説があり、「つた地蔵」と呼ばれ信仰の対象とされています。shadow

ちなみに、ここでの詳細レポは、「つた地蔵がある西導寺を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20160514_eplaza_2

ゴールとなる「eプラザ壱番館」に戻ってきました。再び2階でゴール受付となります。motorsports

20160513_point_rally

氏家雛めぐりポイントラリーも少し参加したよ。景品がゲットできました。pass

20160514_ujiie_st_3

氏家駅に戻ってきました。ふぅ~。スタートしてからゴールまで3時間27分かかりました。delicious

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:18812歩 消費カロリー:928.4kcal 消費脂肪量:132.6g 歩行距離:14.29km 歩行時間:2時間35分 平均時速:5.51km/h エクササイズ量:9.6Exinfo02

20160207_hassyahyou_3

氏家駅の発車標には、「快速氏家雛めぐり号」が表示。そう、帰りもこの列車で帰るよ。karaoke

20160207_hassyahyou_4

14:30海浜幕張行一部指定と表示。氏家駅に海浜幕張という言葉が出てきたとは。coldsweats02

20160207_lapid_5

帰りの電車が既に2番線ホームに停車中。key

20160207_jyosikousei_2

ホームでは、市民や高校生の方々総出でお見送りしてくれます。ribbon

20160207_miokuri_2

ヘッドマークは「臨時」表示。bag

20160207_miokuri

「またのお越しを お待ちしています」。皆さん総出でお見送りだ。denim

快速氏家雛めぐり号海浜幕張行き、氏家駅14時30分出発しました。武蔵野線へ直通なので、楽だぁ~。ring

20160207_present

駅ハイ参加やスタンプラリーで頂いたよ。present

20160514_sakurasi

昨年に引き続き、今年も氏家の駅ハイに参加してきた。乗車する列車の関係で、滞在時間が短かったが、機会があったらのんびり氏家を散策したいものである。spa

今回の駅ハイ参加で、今シーズン(2015年度)参加回数は12回目、駅ハイポイントは2ポイント加算して、合計32ポイントになりました。dollar

今シーズン最後の駅ハイ。早速、ポイントを使用し駅ハイ事務局へ商品券500円分申請しておいた。しかし、まだ到着しないなぁ..。mailto

20160516_syouhinken

と思っていたら、5月14日にプレゼントが届きました。駅ハイ最後のびゅう商品券ですな。present

さて、今シーズン、2016年度からは駅ハイもリニューアル。参加しやすいのかどうなのか微妙なところだが、時間があったらぼちぼちと参加していこうと思っています。最初は、どこへ行こうかな?。confident

で、2016年度最初の駅ハイは、JR京浜東北線川口駅からの駅からハイキングに参加します。(埼玉県川口市)。レポお楽しみに。pencil

という事で、氏家駅の駅からハイキングに参加してきたレポでした~。happy01

ちなみに、関連詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、氏家の駅ハイ過去参加レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20160206_map

JR東日本・駅からハイキング 「氏家雛めぐり~古雛・つるし飾りを巡る早春の旅~」 2016年2月6日(土)~3月5日(日)開催 所要時間:約3時間30分(見学時間等を含む) 歩行距離:約10kminfo02

氏家駅東口→スタート:eプラザ壱番館→①ゆうゆうパーク→②浮島地蔵尊→③草川遊歩道→④今宮神社→⑤瀧澤家住宅→⑥おみやげ館→⑦光明寺→⑧寛方・タゴール平和記念公園→⑨雛の駅→⑩西導寺→ゴール:eプラザ壱番館→氏家駅東口info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 5日 (土曜日)

駅からハイキング「時薫るまち川越 小江戸川越 七福神めぐり」に参加してきた(2016.01.23)。

1月下旬は毎年恒例参加になっている小江戸川越七福神めぐり。leo

20160124_osanpo_kawagoe_05

さて、JR川越線に乗って川越駅にやってきた。駅ハイ参加の為に訪れたよ。今回は、2016年1月23日(土)開催、駅からハイキング「時薫るまち川越 小江戸川越 七福神めぐり」です。西武鉄道・東武鉄道との共同開催。foot

川越へは臨時快速列車、快速おさんぽ川越号に乗ってきたよ。使用された車両は、E257系500番台5両編成。リクライニング快適座席で、武蔵野線沿線から直通なので楽々でした。chair

20160124_kangei

9時49分、終点川越駅6番線ホームに到着しました。ホームには駅員による歓迎のおもてなしがあり。「歓迎 ようこそ小江戸川越へ」。さいたま観光大使の方もいました。cancer

20160124_home

房総特急の車両が川越駅ホームにいる事自体珍しい光景だよね。drama

20160124_ticket_1

快速おさんぽ川越号は全車指定席。よって、座席指定席券が必要です。快速列車なので、指定席料金は乗車距離に関わらず一律520円。ticket

ちなみに、乗車詳細レポは、「快速おさんぽ川越号に乗車してきた2016。」へどうぞ。paper

20160124_kangei_3

改札口前にも、歓迎があり。ようこそ小江戸川越へ。pocketbell

20160124_nuu

さいたま市のPRキャラクター「つなが竜ヌゥ」がいました。aries

20160124_tokimo

川越市のマスコットキャラクター「ときも」もお出迎えだ。clock

受付を済ませ、コースマップやパンフレット等を取得した。hairsalon

20160305_kan_batch

恒例の缶バッチは、253系日光・きぬがわでした。present

20160123_kawagoe

今回のウォーキングコースルート。sagittarius

20160305_kawagoe_st

古き良き時代の町並みが残る小江戸川越で、七福神めぐりを楽しもう。music

川越七福神めぐり、約9kmのコースです。では、頑張って歩きましょう。rock

20160125_myouzenji_2

コースポイントone箇所目は、「妙善寺」です。川越駅から5分。小江戸川越七福神第一番毘沙門天を祀る。leo

天台宗中院の末寺で、寛永3年(1624年)、中院の尊能法師によって、尊能法師の父母の菩提寺として建立された。aries

20160125_bisyamonten

階段を登り本堂内に毘沙門天を祀っています。crown

20160125_satumaimo_jizou_1

妙善寺の境内には、川越さつまいも地蔵尊が祀られています。川越と言えば、サツマイモと言われるほどイモの町として有名です。その歴史は約250年以上あります。寛政の頃(1789~1801)江戸の町に焼き芋屋が現れ、その焼き芋用のイモとして、「川越いも」は発展し、有名になりました。pig

20160125_satumaimo_jizou_3

この、川越さつまいも地蔵尊、さつまいもを抱いているんですよ。riceball

右手には、黄色い花をつけた蝋梅が咲いているね。banana

この、川越さつまいも地蔵尊は2005年に「サツマイモを食べて健康になろう」の祈りを込め、現代版の芋地蔵の建立をしたとの事。karaoke

20160125_setumei

毘沙門天は仏教の守護神で、多聞天ともよばれています。鎧、兜に身を包み、左手に持つ宝塔から宝物を授け、右手の鉾で邪を払うという、物心共々の福を施す神であります。horse

ちなみに、ここでの詳細レポは、「川越さつまいも地蔵尊を祀る、妙善寺を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20160305_pocket_park

ここは、千波小学校付近にある富士見町ポケットパーク。この付近のけやき並木は、かわごえ景観100選になっている。これは、そのモニュメントです。school

20160126_tennenji

コースポイントtwo箇所目は、「天然寺」です。妙善寺から15分。自然山大日院と号す。ここ、天然寺は、「小江戸川越七福神 第二番 寿老人」、「武蔵国十三仏霊場 第一番 不動明王」の札所である。eyeglass

天然寺は、室町時代の天文23年(1554年)に開山栄海上人によって創建されました。house

20160126_hondou

天然寺の本尊である木造大日如来坐像(川越市指定文化財)は、平安時代末期(11~12世紀)頃の造立と考えられ、市内に現存する仏像としては最も古い作例の一つといわれます。shadow

20160126_setumei

天然寺は、小江戸川越七福神2番目訪問のお寺。寿老人を祀る。flag

20160126_jyuroujin

寿老人は中国の神様で、富財、子宝、諸病平癒とご利益は多岐にわたっており、特に長寿の神として信仰されています。aries

20160126_koi

立派な和風庭園があります。大きな池には、多くの鯉が泳いでいるよ。fish

20160126_roubai

黄色い花びらをした蝋梅が咲いていますね。banana

20160126_jibokannon

本堂の奥には、慈母観音が祀られている。aries

20160126_suikinkutu

こちらは、水琴窟「癒し」です。竹筒に耳をあて、雫の奏でる癒しの音色を楽しめます。早速、聴き入ってみよう。ear

ティ~ン、ティ~ン....。目をつぶって聴いてみるといいかも。不思議な空間からの音のように聞こえてくるよ。aquarius

ちなみに、ここでの詳細レポは、「寿老人を祀る、天然寺を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20160127_sanmon

立ち寄りポイント、ここは、「中院」です。山号は星野山、天台宗の寺院である。星野山無量寿寺のなかに北院・中院・南院の三院があり、その中の1つだ。house

山門をくぐり、中へ入りましょう。door

20160127_sandou

参道の両脇は雪が残る。ちょっと珍しい光景だな。eye

20160127_teien

和風庭園には、春になると桜が咲き誇ります。寒緋桜、枝垂れ桜、エドヒカン桜、ソメイヨシノと時の流れに桜が移り変わる。花見に訪れる人が多いようだ。cherryblossom

今は雪景色だな。snow

20160127_hondou

参道を進むと、本堂があります。中院創立の縁起は喜多院と全く同じで、天長7年(830年)慈覚大師によって創立された。当初の中院は、現在の東照宮の地にあったが、寛永10年(1633年)東照宮建造の折りに現在地に移された。house

喜多院に天海僧正が来往する以前は、むしろ中院の方が勢力を持っていたそうです。leo

20160127_syakadou

本堂の左側に、釈迦堂があります。libra

20160127_hassyounohi

中院は、河越茶、狭山茶発祥の地としても知られています。円仁が京都より茶を伝え境内で茶の栽培したのが始まり。釈迦堂の右側に狭山茶発祥之地と書かれた碑がある。japanesetea

ちなみに、ここでの詳細レポは、「狭山茶発祥の地の碑がある、中院を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20160128_naniniseki_1

立ち寄りポイント、ここは、「南院遺跡」です。cute

20160128_naniniseki_2

天台宗星野山無量寿寺は、中院・北院・南院の3院がありました。そのうちの1つ南院は、多聞院という名刹でしたが、現在は遺跡のみとなっています。club

20160128_naniniseki_4

当時、南院はここの北側に立派な寺院があったのだが、明治2年(1869年)神仏分離勅令と廃仏毀釈に遭遇し、この地に石碑などが集められ遺跡のみとなった。shoe

ちなみに、ここでの詳細レポは、「住宅街の中にある、南院遺跡を立ち寄る2016。」へどうぞ。paper

20160130_zuisinnmon

立ち寄りポイント、ここは、「仙波東照宮」です。日光・久能山と並ぶ日本三大東照宮の1つとも言われている。horse

まずは、赤い門、東照宮随身門をくぐります。朱塗八脚門・切妻造でとち葺形銅板葺である。国指定重要文化財。cancer

20160130_torii

次に石鳥居をくぐる。寛永15年(1638年)9月に、造営奉行の堀田正盛が奉納した。様式は明神鳥居である。さぁ、階段を登っていくぞ。penguin

20160130_honden

拝殿は桁行三間(5.36m)、梁間(3.64m)で、単層入母屋造、正面は向拝一間(1.82m)あって銅板本葺である。event

20160130_tourou

本殿には近くに立ち入る事ができない。遠くから外観を眺めるのみ。eye

石燈籠が二十六基ある。少し雪が積もっているね。drama

20160130_honden2

先は本殿。leo

徳川家康公が亡きあと、静岡から日光へ遺骸を埋葬する途中、喜多院で法要が行われた事からここに建立されたそうです。shadow

20160130_aoi

徳川家という事で、お馴染みの三つ葉葵だ。shine

20160130_dangojpeg

階段下では、ちょっとした茶屋があり、開運だんごを販売しているよ。riceball

ちなみに、ここでの詳細レポは、「家康公を祀る仙波東照宮を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20160124_kitain

コースポイントthree箇所目は、「喜多院」です。天台宗の寺院で、山号は星野山。川越大師とも呼ばれる。参拝客で賑わってますな。gemini

20160203_fukumame

毎年2月3日は、喜多院節分会が開催されます。12時から13時30分頃まで行われ、豆まき式は13時20分頃だ。baseball

喜多院では、「福は~内」は言うけど、「鬼は~外」は言わないんだって。鬼は仏の一部だからと考えとの事のようだ。book

喜多院の福豆を購入してきましたよ。spade

20160203_sanmon

こちらは、山門。後奈良天皇の「星野山」の勅額が掲げられていたと言われ、寛永9年(1632)に天海僧正により建立された喜多院では現存する最古の建物です。door

20160203_syouroumon

こちらは、鐘楼門附銅鐘です。国指定重要文化財。上層にある銅鐘を撞いて時を報せ、僧達の日々の勤行を導いたと考えられます。bell

20160203_jiganin

こちらは、慈眼堂。徳川家光の命によって御影堂が建てられ、厨子に入った天海僧正の木像が安置された。ribbon

20160203_tahoutou

こちらは、多宝塔。本瓦葺の三間多宝塔で下層は方形、上層は円形でその上に宝形造の屋根を置き、屋根の上に相輪をのせている。県指定・建造物で見事な建物だ。building

20160203_sitifukujin

喜多院は、小江戸川越七福神第三番である。sports

20160203_daikokuten

大黒天を祀ります。大黒天は古代インドの神様で、密教では大自在天の化身、生産の神様です。くろ(黒)くなってまめ(魔滅)に働いて大黒天を拝むと、財宝糧食の大福利益が得られます。pig

20160203_haikan

建物内を拝観してみよう。拝観料は400円。ticket

20160203_haikan_annai

客殿「三代将軍家光公誕生の間」や書院「春日局の化粧の間」など、見所ありだ。school

20160203_genkan

喜多院は徳川ゆかりの地でもある。taurus

20160203_teien

館内は写真撮影不可。なので、雪が積もる庭園をパチリ。snow

20160203_gohyakurakan

こちらは、五百羅漢です。日本三大羅漢の1つ。いろんな表情をした羅漢様がお出迎えだ。shadow

20160203_yakuyoke_dango

川越大師名物と言えば、厄除けだんご。riceball

20160203_dango

お団子ブレイク。1本100円です。桜の時期は、一層美味しいかも。それとも、花より団子?。riceball

ちなみに、ここでの詳細レポは、「川越大師喜多院を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20160202_mon

コースポイントfour箇所目は、「成田山川越別院」です。喜多院から2分。いつの頃からか「久保町のお不動様」とも呼ばれるようになった。本山は千葉県成田市にある成田山新勝寺で、成田山川越別院は新勝寺の初めての別院である。aquarius

20160202_sandou

参道をまっすぐ歩いて行くと、先に本堂がある。本尊は不動明王で、内外の諸難や汚れを焼き払い、人々を守るといわれています。search

20160202_inari_jinjya

こちらは、出世稲荷。run

20160202_ebisu

成田山川越別院は、小江戸川越七福神第四番「ゑびす天」を祀る。恵比寿様は「福の神」の代表で、農村では、田の神、街では市神、福利を招く神として、鯛を抱いた福々しい相好でなじみ深く、人々から深い信仰が寄せられています。pig

20160202_kaizandou

こちらは、開山堂。成田山川越別院の開祖「石川照温上人」が祀られているお堂で、その石川照温がお不動様を信仰することで失明から回復された。eye

その事から、この開山堂で眼病平癒・視力回復の祈願し、「め」絵馬が多く掛けられています。「めめ」って書かれているね。music

20160202_kigan

境内には車が多く駐車されているが、ここでは、交通安全祈願で賑わっています。car

20160202_enmusubi

水掛不動尊と縁結七福弁財天を祀る。縁結びのスポットのようで...。heart04

亀の池のほとりにこっそり隠れた「しあわせ不動」がある。見つけてそっとお願いをすれば、日常に隠れて普段は気が付かないような小さな幸せを見つけてくれるかも。motorsports

20160202_reijyou_meguri

川越別院では、四国八十八カ所の霊場巡りができますよ。game

20160202_chaya

境内には、甘酒茶屋がある。開運うどんがあるようだ。noodle

ちなみに、ここでの詳細レポは、「川越のお不動様、成田山川越別院を訪れた2016。」へどうぞ。paper

ここからコースルートは、蔵のまち方面へ向かうのだが、例年のコース歩いていく事にしよう。fish

20160205_ukisima_inari_jinjya

立ち寄りポイント、ここは、「浮島稲荷神社」です。かつては末広稲荷とも呼ばれ、安産の神として麻を奉納する風習が伝えられている。virgo

言い伝えによれば、大昔、星野山(今の喜多院)にあったのを慈覚大師が喜多院を開いた時ここに移したとか、また一説には、太田道灌の父太田道真が川越城を築城した際に、城の守護神としてこの地に祀ったものとも伝えられている。現在ある社殿は、大正四年(1915)に改築したものである。event

ちなみに、ここでの詳細レポは、「安産の神「うきしま様」と親しまれる、浮島稲荷神社を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20160204_fujimiyaguraato_1

立ち寄りポイント、ここは、「富士見櫓跡」です。この高台の上に川越城一の高さを誇った櫓がありました。元々、川越城には天守閣が無かったので、ここ富士見櫓が天守閣の代わりとして、合戦の際に物見として、あるいは防戦の足場としての役割を担っていました。restaurant

20160204_kaidan

明治維新後に川越城は取り壊されほとんどが残されていない中、ここ富士見櫓跡は貴重な遺構である。scorpius

左手から階段で、高台へ登る事ができます。では、登ってみよう♪。snowboard

20160204_takadai

富士見櫓となる高台には何もありません。ちょっとしたスペースがあるだけ。libra

20160204_nagame

高台からは木々の隙間から広がる住宅街を眺める事ができます。eye

富士見櫓という名なので、ここから富士山を眺める事ができたのでしょう。fuji

20160204_jinjya

高台に隣接して、神社があります。左に御嶽神社、右に浅間神社が祀られている。golf

20160204_inari_jinjya

さらに、先を進むと、冨士見稲荷があります。snail

20160204_komakitune

鳥居前には、狛狐が祀られている。巻物をくわえているね。leo

20160204_inari_jinjya2

左直角に曲がり赤い鳥居をくぐる。apple

20160204_inari_jinjya3

冨士見稲荷社改修されたようです。(2015年4月吉日)。倒木による破損の為、復元・整備されたとの事。house

20160204_koukou

冨士見稲荷からは、県立川越高校の校舎が見えますよ。school

ちなみに、ここでの詳細レポは、「川越城富士見櫓跡(御嶽神社・浅間神社・冨士見稲荷)を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20160206_sandou

立ち寄りポイント、ここは、「三芳野神社」です。三芳野神社は、平安時代の初期に成立したと伝えられ、川越城内の天神曲輪に建てられている。この為、「お城の天神さま」として親しまれている。penguin

20160206_yuugu

参道沿いには、公園がある。汽車ぽっぽの遊具等があるよ。subway

20160206_torii

必勝合格祈願。学問の神様を祀る神社なのだ。school

20160206_haiden

平安時代のはじめ大同年間(806~810年)の創建と伝え、三芳野十八郷の惣社として崇敬をあつめました。太田道灌は川越城築城にあたって当社を鎮守とし、江戸時代以降は徳川幕府直営の社として庇護を受けました。leo

現在、社殿は工事中でした。danger

20160206_ema

受験生たち合格祈願の絵馬がたくさん掛けられていた。pencil

「お城の天神さま」と親しまれた三芳野神社、その天神様とは菅原道真公の事。学問の神様として、合格・必勝祈願、学業成就の御利益があります。game

20160206_warabe

三芳野神社には、わらべ唄発祥の地碑が設置されています。signaler

この天神さまにお参りするには、川越城の南大手門より入り、田郭門をとおり、富士見櫓を左手に見、さらに天神門をくぐり、東に向かう小道を進み、三芳野神社に直進する道をとおってお参りしていた。snail

この細い参道が、童歌「通りゃんせ」の歌詞の発生の地であるといわれている。川越城内にある神社なので、なかなか庶民には訪れる機会がなく、しかも、城内を遠回りしながら参拝に辿り着くので、帰りが迷いそうでこわかったかもね。note

ちなみに、神奈川県小田原市にある菅原神社が通りゃんせ発祥の地という説もある。このほか、関所を舞台とする説もあるので、本当は通りゃんせの舞台がどこなのかは不明なのである...。coldsweats02

川越城の七不思議の説明もありました。①霧吹の井戸、②初雁の杉、③片葉の葦、④天神洗足の井水、⑤人身御供、⑥遊女川の小石供養、⑦城中蹄の音と7つの不思議話しが伝えられている。clover

20160206_azumaya

ちょっとした高台に四阿があるよ。house

ちなみに、ここでの詳細レポは、「童歌「通りゃんせ」発祥の地とも言われる、三芳野神社を立ち寄った2016。」へどうぞ。paper

20160124_kawagoejyou

立ち寄りポイント、ここは、「川越城本丸御殿」です。本丸御殿とは、城主の住居であり、城主の仕事や家臣が常駐する城の中心的役割を持つ。現在、本丸御殿が現存するのは高知城と川越城のみ。東日本では唯一現存する本丸御殿なのだ。wink

20160208_rouka

入館料は100円。では、見学していこう。川越城本丸御殿は、江戸時代の嘉永元年(1848年)に入母屋造りで建てられた。この東廊下は幅3mと幅広だぁ。TBSドラマ「JIN」の撮影ロケにも使用された。snail

20160208_niwa_1

庭には、数日前に降った雪が少し積もっているままだね。snow

20160208_ima

こちらは、家老詰所。畳の上に座り、ここからお庭を眺めてみよう。japanesetea

20160208_hansei

ここで、家老たちは藩政を行っていました。江戸湾警備のため、いろいろと打ち合わせ中...。libra

20160208_niwa_3

雪が積もる庭の景観はまた趣きを感じる。cute

20160208_niwa_2

中庭の和風庭園もいいね。pisces

20160208_heya

こちらは大広間。36畳の広さがあり、来客の際に城主が来るまでの待機部屋として使われていたようです。sandclock

20160208_fusuma

襖に描かれた杉戸絵は見事な感じである。scissors

20160208_monato

本丸御殿の少し北側には、川越城本丸門跡があります。door

ちなみに、ここでの詳細レポは、「川越城本丸御殿を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20160305_hakubutukan

こちらは、川越市立博物館。企画展として、「川越線開業75周年・電化30周年」が行われていた。時間があったら、入って見学してみたかったが...。今回は断念。weep

20160209_doukan_1

立ち寄りポイント、ここは、「川越菓舗「道灌」」です。市立博物館・美術館の隣りにあるお店。創業は大正10年(1921年)と川越菓子元祖のお店です。店名の「道灌」(どうかん)は、室町時代後期の武将「太田道灌」から名付けられているようだ。leo

20160209_show_case

当店自慢の道灌まんじゅう。北関東産の小豆(つぶ餡)を、玄米粉の生地で包みました。当店二代目の考案で、屋号の語源にも成ります「名物まんしゅう」です。movie

駅ハイの協賛品の品もあるよ。割引対象です。dollar

20160209_obon

個人的に気になるのはコレ。川越いもムース餅です。ふんわりやわらかな餅生地でお芋のムースを包んだ新しい食感お菓子です。pencil

お店で食べると伝えたら、お盆もついてきた。もちろん、おさつバイといもムース餅を購入。scissors

ちなみに、ここでの詳細レポは、「川越菓舗「道灌」で、おさつパイといもムース餅を食べてみた2016。」へどうぞ。paper

20160210_ootorii

立ち寄りポイント、ここは、「川越氷川神社」です。太田道灌以来、川越の総鎮守とされ歴代川越藩主の篤い崇敬を受けました。sports

氷川神社大鳥居は、平成の御代替わりを奉祝し同二年に建立された高さ15mで、木製のものとしては国内随一の規模を誇る(笠木の幅20m・柱周3.45m)中央扁額の社号文字は幕末の幕臣、勝海舟の直筆によるものである。building

20160124_hikawa_jinjya

拝殿にて参拝。主祭神は、素戔嗚尊・奇稲田姫命・大己貴命・脚摩乳命・手摩乳命。これらの神々は家族である事、そして、2組の夫婦神含まれている事から、夫婦円満・縁結びの神様として信仰されています。gemini

20160213_aitaimikuji

氷川神社のお目当てはコレ。ここのおみくじは、一年安鯛みくじだ。めでタイねぇ~。早速、釣ってみよう!。初穂料は300円。fish

20160213_mikuji

釣竿を使って、紐にひっかけて釣ります。えいっ!。結構簡単に釣れます。penguin

尾っぽにおみくじが入っている。う~ん、吉でした...。釣った鯛みくじは、持ち帰りできますよ。cancer

20160213_aitaimikuji2

良縁祈願という事で、あい鯛みくじもありますよ。こちらの鯛はピンク色だ。heart04

20160213_hitogata2

境内をぐるり散策してみよう。こちらは、人形流し。古来、水には心身の穢れを袚い去る力があるとされています。氷川神社の主祭神は水を司る神、素戔嗚尊です。aquarius

人形(ひとがた)に、①三度息を吹きかける、②体に撫でつける(厄・穢れが人形に移ります)、③「袚えたまえ 清めたまえ」と唱えながら水に浮かべる。airplane

人形が水に溶けながら、〆縄の下をくぐらせます。見ていると清らかな感じになるなぁ。confident

20160213_inuiwa

こちらは、戌岩。(いぬいわ)。その姿が鼻先を神前に向けた戌(いぬ)に似ていることから戌岩(いぬいわ)と呼ばれている(片耳が垂れた戌の顔です)。妊婦さんが撫でると、安産になるといわれています。virgo

20160213_ema

こちらは、絵馬トンネル。トンネル状の参道になっていて、横にも上にも願い事を書いた絵馬が掛けられています。cd

20160213_shingashi_river

氷川神社の北側には新河岸川が流れます。春になると桜並木が見事だろうな。cherryblossom

20160213_shingashi_river2

日陰なので、先日降った雪がまだあるね。ちょっとした銀世界。snow

20160213_gosinboku

本殿裏手にあるこちらの御神木は樹齢600年を超えるほどです。この御神木は周りを巡れるように、石段が組んであります。8の字を描くように廻られるとよいでしょう。chick

20160213_cyoukoku

本殿、裏手をぐるり。ご本殿には木の良さを生かした江戸彫りと呼はれる関東特有の精緻な彫刻が全面に施されています。江戸時代の化政年間の名彫師・嶋村源蔵の手により、7年の歳月をかけて施されたものです。見事だねぇ。art

20160213_hitimaro

こちらは、柿本人麻呂神社。学問・歌道の神様、安産・火防の神様として古くから信仰を集めています。school

川越のパワースポットである川越氷川神社。ご利益授かるといいな。delicious

ちなみに、ここでの詳細レポは、「川越氷川神社にて一年安鯛みくじをひいてみた(釣ってみた)2016。」へどうぞ。paper

20160210_nakanomon_1

立ち寄りポイント、ここは、「川越城中ノ門堀跡」です。旧城内に残る唯一の堀跡で、過去の記録を元に復元整備し、2010年4月から公開開始されました。movie

復元された中ノ門の扉には、江戸時代の和釘を再現し使用しています。door

20160210_hori

中ノ門を通り抜けると、中ノ門堀を眺める事できるスペースが整備されています。eye

敵は右から30度の斜面を下り、左側60度の上りに塀を設置し、塀の小さな隙間から矢を放ち進入を防ぐようにしたのだ。sagittarius

ちなみに、ここでの詳細レポは、「川越城中ノ門堀跡に立ち寄ってみた2016。」へどうぞ。paper

20160211_ootemon

川越市役所入口付近には、川越城大手門跡や川越城を築城した太田道灌像が設置されています。shadow

20160211_ootemae

立ち寄りポイント、ここは、「大手前」です。手作りコロッケ、各種サンドイッチのお店です。ついつい、行列に並んでしまいます...。chick

20160211_tea

注文してからコロッケを揚げていきます。待っている間、熱めのお茶が頂けます。ホッとするなぁ。japanesetea

20160211_korokke

じゃん!コロッケです。注文したのは、数量限定の川越いも使用「さつま芋コロッケ」リンゴ入りだ。120円。地元の特産「川越いも」で、しかも、リンゴ入りと甘めになっている。bread

揚げたては美味しい♪。ホクホクと頂きました。甘いコロッケ旨し。cat

ちなみに、ここでの詳細レポは、「「大手前」にて、川越いもを使用した「さつま芋コロッケ」を食べた2016。」へどうぞ。paper

20160305_matsuri_kaikan

コースポイントfive箇所目は、「川越まつり会館」です。毎年10月第3土日に開催される川越まつりの資料等を展示する博物館。祭りに使用される大きな山車も展示されているよ。basketball

20160305_kuranomati

コースポイントsix箇所目は、「蔵づくりの町並み」です。event

20160212_tokinokane_1

立ち寄りポイント、ここは、「時の鐘」です。小江戸川越、蔵造りの町並みに建てられている時計台です。川越市指定文化財だ。diamond

川越の観光スポットの1つで、鐘つき通りには多くの人が記念撮影しているな。camera

20160212_tokinokane_2

鐘撞堂とも呼ばれる時の鐘は、3層構造の塔で高さは16m。約400年前の寛永年間に川越藩藩主・酒井忠勝によって建設された鐘楼です。火災によりたびたび焼失しており、現在は4代目である。(改築1894年)。annoy

20160212_tokinokane_3

下から見上げると、こんな感じ。eye

現在は、1日4回(6時・12時・15時・18時)に機械式で自動で鐘を鳴らしている。情緒ある鐘の音が、なんとも懐かしく感じる。日本の音風景100選にも選ばれているよ。notes

現在、時の鐘は耐震化工事中です。danger

ちなみに、ここでの詳細レポは、「川越のシンボル「時の鐘」を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20160213_onigiri_1

立ち寄りポイント、ここは、「中市本店」です。小江戸蔵のまちの通り沿いにある鰹節や昆布などを販売する慶応3年創業の乾物店だ。gasstation

行列が出来る人気商品は、毎日正午から数量限定で販売される焼きおにぎり。炭で焼いたおにぎりに、鰹昆布ダシが効いた醤油をたっぷり塗る。仕上げに本枯れ節の削り節をこぼれるほどかける。焦げた醤油の風味と鰹節の旨味がたまらない一品だ。catface

20160213_onigiri_3

じゃん、ねこまんま焼きおにぎりです~。トッピングの鰹節がたっぷりかかった1品。では、頂きます。パクッ..、おいしいにゃ~。cat

ちなみに、ここでの詳細レポは、「ねこまんま焼おにぎりは旨いにゃあ~@かつおぶし中市本店2016。」へどうぞ。paper

20160217_niwa

立ち寄りポイント、ここは、「風凛」(furin)です。外観は本当に一軒家だ。2階席でランチをとりました。penguin

20160217_zensai2

小江戸コースをオーダーしました。まずは、先付・前菜・蒸物です。お洒落な感じですな。いい味わい。art

20160217_anogodon

ミニ穴子丼を頂きました。music

ちなみに、ここでの詳細レポは、「和創菜と四季のすし 「風凛」 furin にて、小江戸コースのランチを食す2016。」へどうぞ。paper

20160215_ohana

立ち寄りポイント、ここは、「小江戸オハナ」です。もういっちょ、食べ処を。2006年にオープンした玉子料理専門店だ。相変わらず、行列が出来ています。sign05

20160215_oyakodon_1

さぁ~、来ました。親子丼です。卵は契約養鶏場にエサまで指定したオリジナル品。2種類の卵を使い分けているよ。bicycle

ちなみに、ここでの詳細レポは、「小江戸 オハナで、極上親子丼を頂く2016。」へどうぞ。paper

20160305_taisyou_romandouri

大正夢浪漫通りを歩く。「いせや」や「大正館」があるね。cafe

20160216_torii

コースポイントseven箇所目は、「熊野神社」です。川越 熊野神社は、室町時代に紀州熊野本宮大社から分祀された開運・ 縁結びの神社です。snail

20160216_asitubo

参道横には、足踏み健康ロードがあります。ごつごつの石の上を歩くと健康状態が分かる?。hospital

20160216_haiden

天正18年(1590)に、この川越熊野神社の道を挟んで反対側にある蓮馨寺の二世然誉文応僧正が紀州熊野より勧請したことに始まったそうです。birthday

20160216_wanage

運試し輪投げがあるよ。加祐稲荷神社にお参りしてから輪を3つを投げます。1つでも入れば運気は良好のようだ。sagittarius

20160216_benten

こちらは、宝池です。銭洗弁財天様を祀る。dollar

20160216_nadehebi

こちらは、撫で蛇様。願いを込めて白蛇様を撫でると御利益が得られるとの事。snail

ちなみに、ここでの詳細レポは、「撫で蛇様を祀る、川越熊野神社を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20160218_renkeiji_1

コースポイントeight箇所目は、「蓮馨寺」です。「れんけいじ」と読む。golf

20160218_sandou

蓮馨寺は、天文18年(1549年)、時の川越城主大導寺駿河守政繁が母の蓮馨尼に追福するために、感誉上人を招いて開山した浄土宗の寺で、本尊は阿弥陀如来である。event

20160218_obinzuru

呑龍堂の外には釈迦の高弟・おびんずる様が鎮座し、さわると病気が治るとされ人気があります。hospital

おびんずる様の体に触ってその手で自分の体をなでれば、病気が治り、頭もよくなれば節々も軽くなると云うおびんずる様の霊験(不思議なご利益)が、今も尚深く信仰されています。shadow

いろいろとさわってきました。ご利益ありますように。confident

20160218_fukurokujyu

蓮馨寺は、小江戸川越七福神第五番「福禄寿神」を祀ります。福禄寿神とは幸福、高禄長寿の三徳を具えて人に与える方で、右手に霊芝、左手に神亀を持ち、癌や脳卒中を治しなさい。そうすれば福禄寿が得られますと教えています。leo

20160218_jizouson

こちらは、将監地蔵尊です。静かな境内も、毎月8日の縁日には多くの人で賑わい、フリーマケットや芸能が披露されます。pig

お地蔵様を拝む人は、十福といって、十の御利益があります。shine

20160218_makotoya

蓮馨寺境内には、川越のご当地B級グルメ太麺焼きそば「まことや」があります。屋台のような店構えで販売しているよ。参拝の後、立ち寄って食してみてはいかがかな?。noodle

20160218_yakidango

名代焼だんご「松山」もあります。riceball

20160218_syouwa

川越昭和の街。イモナインCって、...。coldsweats01

ちなみに、ここでの詳細レポは、「おびんずる様が鎮座する、蓮馨寺を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20160219_matsumoto_syouyu

立ち寄りポイント、ここは、「松本醤油商店」です。二年仕込みのはつかり醤油や小江戸鏡山酒造の地酒等の販売しています。gasstation

20160219_info

松本醤油商店には、昔から受け継ぐ醤油蔵があり、週末(土日祝)は、1日3回蔵見学会が開催されています。(13時~・14時~・15時~)。参加無料で約20分程の見学。予約不要なので、気軽に参加できるよ。という事で、蔵見学へGo!。run

20160219_kouji_room2

蔵見学はスタッフが各所説明してくれます。karaoke

こちらでは、麹づくりが行われる。大豆と小麦が醤油の原材料で、それらに麹菌をまき麹を作ります。aquarius

20160219_kura

江戸・天保の時代から受け継ぐ蔵と醤油造りの伝統を守る川越の醤油蔵です。文政13年(1830年)建造で約185年の歴史がある蔵だ。eyeglass

杉桶の中で天然醸造による醤油づくりがおこなわれる。蔵の中で菌が生きているので、蔵の拭き掃き掃除は行えない。じっくり手間暇かけて、素晴らしい醤油ができるのだ。cancer

20160219_moromi

時間をかけてつくられた諸味。なんと、貴重な諸味の試食する事ができます。この旨みが素晴らしい~。moneybag

20160219_kosi

こちらでは、醤油搾りが行われます。下から圧力をかける事により、搾られた醤油がにじみできます。搾りたての醤油が頂けたが、しっかりした味だな。golf

20160219_sisyoku

松本醤油商店が販売している醤油の試食ができました。pen

20160219_matuko

2014年11月25日放映、TBS系「マツコの知らない世界」で、「はつかり胡麻ドレッシング」が紹介され、即品切れ状態に。マツコ・デラックスさんの影響力すごいね。tv

20160219_kagamiyama3

松本醤油商店は、小江戸鏡山酒造と併設されています。川越唯一の酒蔵があり、地酒を作っています。aquarius

20160219_menu

銘柄「鏡山」の利き酒ができますよ。1杯、200円・300円・350円と試飲価格。art

20160219_siin

もちろん、頂く~♪。お洒落なガラスグラスに注がれます。では、くぴっ。ぷはぁ~、美味しい。heart04

ちなみに、ここでの詳細レポは、「松本醤油商店にて、醤油蔵見学と鏡山利き酒した2016。」へどうぞ。paper

20160220_rakuraku_1

立ち寄りポイント、ここは、「川越ベーカリー「楽楽」」です。国産小麦・天然酵母・無添加で手作りのパンを提供するお店で、度々メディアに登場し行列できる人気店だ。川越を訪れたら、いつも立ち寄るパン屋さんです。house

20160220_showcase_1

店内に入り、ショーケースの中には美味しそうなパンたちが勢揃い。今回は何を食べようかなぁ。eye

20160220_omisonopan

お店横にあるお庭で、購入したパンを食べよう。delicious

このお店の人気No.1、お味噌のパンだ。国内特別栽培の大豆と玄米をつかった埼玉秩父産味噌を使っていて、懐かしく優しい甘さでほっこりと温かみのあるパンです。懐かしき、美味しさだ。good

ちなみに、ここでの詳細レポは、「川越ベーカリー楽楽で、お味噌のパンを食べる2016。」へどうぞ。paper

20160221_kasiya_yokocho_1

コースポイントnine箇所目は、「菓子屋横丁」です。菓子屋横丁は、江戸時代の末期から明治時代の初め頃に、江戸っ子好みの気取らない菓子を製造したのが始まりと言われています。関東大震災で大きな被害を受けた東京に代わって全国への製造・供給を賄い、昭和初期には、約70軒が軒を連ねていました。drama

20160221_kasiya_yokocho_2

元々は飴職人が集まっていた一角で、「飴屋横丁」と呼ばれていた。今では、小江戸川越の人気観光スポットの1つとして、とても賑わっています。dog

20160221_kasiya_yokocho_3

駄菓子、飴菓子、麩菓子など、懐かしい品が多く出そろう。煎餅や漬物などもあり、昔にタイムスリップした感じだな。sagittarius

ちなみに、ここでの詳細レポは、「菓子屋横丁、昔ながらの風情を散策2016。」へどうぞ。paper

20160223_kenryuuji

コースポイントonezero箇所目は、「見立寺」です。「けんりゅうじ」と読む。浄土宗のお寺。建立は室町時代後期の永禄元年(1558年)で、後北条氏の重臣で、川越城の城将「大道寺政繁」が建てたお寺。event

20160223_hotei

見立寺は、小江戸川越七福神の第六番「布袋尊」を祀る。布袋尊は唐の禅僧で名は契此といいました。小柄で太鼓腹。大きな袋を背負って放浪し福徳を施したといい、世人は弥勒菩薩の化身ともいって尊びました。dollar

ちなみに、ここでの詳細レポは、「布袋様祀る、見立寺を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20160223_singasigawa

近くは、新河岸川が流れる。両岸は整備されていて、親水的な感じだな。aquarius

20160224_myousyouji

コースポイントoneone箇所目は、「妙昌寺」です。小江戸川越七福神第七番弁財天を祀る。cat

妙昌寺は、日蓮宗大本山池上本門寺の末寺として法眞山と号し、室町時代永和元年(1375年)現在の幸町に開創。諸堂は旧多賀町及び旧本町にあり総門は旧江戸町にあったが、江戸時代寛保元年松平伊豆守信綱公が川越城を改修するため、当寺を現三光町の旧浅場孫兵衛侍屋跡地に移築したものです。door

20160224_bentendou

少し坂を降りたところに、辨天堂があります。cancer

弁財天を祀ります。弁天様は七福神唯一の女神で、弁舌、芸術、財福、延寿を授ける神として、古くから巾広く信仰を集めており、運を開き、福を招く女神です。virgo

経ヶ嶋辨財天は、室町時代、時の地頭が小石に法華経を書写し、塚を築いて辨財天をまつって守護神としたのが始まりです。clover

20160224_teien

和風庭園に、少し雪が積もり良い感じ。当地はその昔、蛍の名所としても知られていました。flair

ちなみに、ここでの詳細レポは、「弁財天を祀る、妙昌寺を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20160301_koedo_kurari

コースポイントonetwo箇所目は、「小江戸蔵里」です。川越のお土産購入は、ここ小江戸蔵里が便利だ。snowboard

20160301_kawagoe_drink

おみやげ処「明治蔵」でお土産選び。恒例ながら、ついつい買ってしまうのがコレ。dollar

「かわいイモん」かキャッチコピーの「サイモー」だ。お芋風味のサイダーです。飲んてみると、口の中が芋の香りでもわ~とするよ。話のネタにいかが?。kissmark

他に、お茶風味の「妖怪炭酸チャッパー」や、王道の味「蔵の街さいだぁ」、ウォーター「川越の水」が勢揃い。gemini

ちなみに、ここでの詳細レポは、「川越のご当地飲み物「サイモー」は芋風味2016。」へどうぞ。paper

20160225_hassuutei

施設内にあるまかない処大正蔵「八州亭」、和食と地酒のレストランだ。restaurant

建物となる大正蔵は、大正時代に建てられた木造2階建の建物です。登録有形文化財(建造物)。当時は、多数の貯蔵タンクが設置され、出荷前の酒が貯蔵されていた典型的酒蔵でした。店内とても雰囲気あるよ。event

20160225_kakuni

まずは、コエドビールで1杯。今回は、伽羅 -Kyara- を選択。川越の地ビールで行くよ。ゴクッ、ぷはぁ~。beer

おつまみには、三元豚角煮をチョイス。とろっとした肉感がたまりません。川越で丁寧に育てられた新ブランド豚を使った料理だ。この、角煮は旨し!。pig

ちなみに、ここでの詳細レポは、「小江戸蔵里・まかない処(大正蔵)、レストラン八州亭でランチ(地ビール・角煮・地酒・定食)を食す2016。」へどうぞ。paper

20160305_honkawagoe_st

ゴールとなる西武新宿線本川越駅(時の鐘と蔵のまち)に到着。motorsports

20160305_goal

ゴール受付を行いました。西武鉄道も共催なので、西武沿線ポイントもゲット。bell

20160305_moal

川越駅へ向かいましょう。丸広百貨店など、お店がずらりと並ぶ商店街を突き進んでいく。pig

20160305_kawagoe_st2

川越駅に到着しました。川越駅をスタートして川越駅に戻るまで、5時間23分かかりました。motorsports

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:22999歩 消費カロリー:1172.7kcal 消費脂肪量:167.5g 歩行距離:17.47km 歩行時間:3時間23分 平均時速:5.15km/h エクササイズ量:12.2Exinfo02

20160124_osanpo_kawagoe_06

帰りも快速おさんぽ川越号に乗車するよ。diamond

20160124_ikisakihyou_2

6番線ホームから発車。「快速 おさんぽ川越号16:00」と表示。pencil

20160124_ikisakihyou_3

表示が切り替わり、「全車指定武蔵野線経由茂原」と表示された。boutique

20160124_jyousya_iti

写真付き乗車口がホームに設置されていた。faxto

20160124_onrei

帰りは、男性駅員による御礼の幕を掲示。またのお越しをお待ちしております。libra

川越駅を16時00分、茂原へ向け出発しました。motorsports

20160124_syanai_2

帰りの車内は、ゆっくり過ごそう。flag

20160131_burari_kawagoe_3

実は翌週も川越に遊びに来ました。その時は、白いタキシードボディの651系を使用した快速ぶらり川越号に乗ってきました。こちらも、快適~。moneybag

ちなみに、この列車の乗車レポは、「快速ぶらり川越号に乗車してきた2016。」へどうぞ。paper

今回の駅ハイ参加で、今シーズン(2015年度)参加回数は11回目、駅ハイポイントは2ポイント加算して、合計30ポイントになりました。dollar

1月24日(日)~31日(日)は期間設定で開催。しかし、30日と31日は雪の予報により事前に中止が決定されました。danger

今回は毎年恒例の川越の駅ハイである。武蔵野線沿線から川越へ向かう直通電車は楽ですな。蔵の町並みなど、景観が良くてグルメも多くある。川越は楽しい街です。happy02

20160305_fuusyo

さて、先日、駅からハイキング事務局から封書が届きました。loveletter

20160305_osirase

2016年4月から駅からハイキングは、リニューアルされます。その案内でした。karaoke

20160305_kaiin_card

一般会員に先駆けて、ゴールド会員に向けて、新会員カードが送付されました。これが、4月から使用される会員カードだ。会員番号7桁と照会番号7桁が記載されたカードです。今後はこのカードを使用して受付となります。※今まで使用してきた現会員カード(ゴールド・一般共に)は3月末までの使用となります。ご注意を。ticket

ほとんどのコースが複数日開催&予約不要と参加しやすい形になります。が、...。予約有りの単一日開催のコースを好んで参加していた私としては、何だかなぁという感じです。ただ歩くだけになりそうな...。とはいえ、今後も楽しいコースが設定される事を期待します。confident

さて、次回の駅ハイ参加レポは、JR宇都宮線氏家駅(栃木県さくら市)の雛めぐりです。お楽しみにね。happy01 scissors

ちなみに、各訪問先詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、過去川越のウォーキング参加した時の記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

20160227_map2

コースマップ裏面です。このコースマップを提示すると、いくつかの施設で割引等のサービスを受ける事ができます。memo

20160227_map

JR東日本・駅からハイキング No.04516 「【西武鉄道・東武鉄道共同開催】 時薫るまち川越 小江戸川越 七福神めぐり」 2016年1月23日(土)実施 (期間限定は1月24日(日)~1月31日(日)) 所要時間:約3時間30分(見学時間等を含む) 歩行距離:約9kminfo02

スタート:JR・東武川越駅→①妙善寺→②天然寺→③喜多院→④成田山川越別院→⑤川越まつり会館→⑥蔵づくりの町並み→⑦熊野神社→⑧蓮馨寺→⑨菓子屋横丁→⑩見立寺→⑪妙昌寺→⑫小江戸蔵里→ゴール:西武・本川越駅(時の鐘と蔵のまち)info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月29日 (金曜日)

駅からハイキング、2016年4月よりリニューアル。駅ハイチャレンジがスタートします。

週末の日帰りウォーキングイベント「駅ハイ」が、今春から装い新たにリニューアル!。shoe

20160129_top_logo

さて、週末ちょっとした運動がてらにウォーキングイベント参加している、JR東日本が主催する「駅からハイキング」。2016年4月から仕組みが新しくなります。flair

【リニューアルするポイント】

  • one ホームページ上で参加履歴と連動した「駅ハイチャレンジ」を実施
  • two ホームページを見やすく、検索しやすく統一
  • three 会員カード・受付方法・コースの種類を統一
  • four その他

平成12年(2000年)から始まった駅からハイキング。17年目の平成28年(2016年)に一新、現状や問題点に対応した形にしたという事か..。pig

20160129_ekihai_challenge

one 『ホームページ上で参加履歴と連動した「駅ハイチャレンジ」を実施』

ホームページには、新幹線路線図が表示される。「東北新幹線・北海道新幹線を歩いたつもり!チャレンジ」と題して、駅ハイで歩いた距離分?を、もし新幹線上を歩いたらどの位置になるか表されるらしい。参加すると距離ポイントのようなものが加算されていくのだろう。距離ポイント2倍・3倍コースが出現する事でしょうね。golf

獲得した距離数に応じて、賞品を応募できるとの事。2016年度の賞品は以下の通り。karaoke

  • A賞 地・温泉ペア宿泊プレゼント [900km] 10組20名
  • B賞 青森県産 お米 青天の霹靂 [500km] 100名
  • C賞 ワンタッチスリムボトル [100km] 1000名

まぁ、当たったらラッキーというレベルだな...。coldsweats02

20160129_kensaku_page

two 『ホームページを見やすく、検索しやすく統一』

地図から問い合わせできるのがポイント。スマホ版のホームページも開設されるそうだ。ring

20160129_kawasakijyou

three 『会員カード・受付方法・コースの種類を統一』

ゴールド会員や一般会員という区分の廃止。今後受付分から統一された新カードの配布となるでしょう。ticket

受付にある機器がスマホを使用したシンプルな受付端末になるそうだ。mobilephone

基本的に予約不要で参加可能になる。現行のように、事前予約が必要なコースや単日開催のコースも一部存続します。signaler

four 『その他』

駅ハイポイントの付与廃止。dollar

ゴールド会員特典である、びゅう商品券のプレゼント廃止。crying

「駅から歩くウォークラリー えきぽ」の廃止。game

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

基本的に予約がいらないようなので、当日の状況で参加したりできるようだな。しかし、びゅう商品券をゲットする為に、頑張ってポイントを集めていたからなぁ。廃止は残念だよ。weep

個人的には、期間指定のコースよりは、予約必要の単一日開催の駅ハイが好きだったんだけどな...。コース上の行く先々に地元の人たちのおもてなしがあったりと歩きがいがあったのだが..。これからは、歩くだけのイベントになりそうで、なんかつまんなくなりそうだなぁ。crying

まっ、興味出そうなコースが開催されるといいですな。penguin

20160305_kaiin_card

で、一般会員に先駆けて、ゴールド会員に向けて、新会員カードが自宅に届きました。これが、4月から使用される会員カードだ。会員番号7桁と照会番号7桁が記載されたカードです。今後はこのカードを使用して受付となります。※今まで使用してきた現会員カード(ゴールド・一般共に)は3月末までの使用となります。ご注意を。ticket

尚、新ホームページは、2016年3月16日(水)オープン予定です。pc

という事で、駅ハイがリニューアルされるというレポでした~。happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年1月 7日 (木曜日)

駅からハイキング「【久喜駅開業130周年記念】久喜の秋 ~自然と歴史散策~」に参加してきた(2015.11.21)。

久喜駅周辺の歴史散策ウォーキング。shoe

20160107_utunomiya_line

さて、JR宇都宮線に乗って東鷲宮駅にやってきた。駅ハイ参加の為に訪れたよ。今回は、2015年11月21日(土)開催、駅からハイキング「【久喜駅開業130周年記念】久喜の秋 ~自然と歴史散策~」です。foot

乗車してきた車両はE231系。東鷲宮駅は下り1番線ホームは地上に、上り2番線ホームは高架にあり、特殊な構造となっている。libra

20160107_higasiwasinomiya_st_kaisa

下り線ホームと改札口は直結しています。階段の昇り降りは無いよ。この日は、自動改札機取替工事中でした。danger

宇都宮線開業130周年の幕があり。明治18年(1885年)7月16日、日本鉄道大宮~宇都宮間が開業してから130年が経つんだね。birthday

20160107_kangei_maku

ようこそ!東鷲宮駅へ。駅ハイ歓迎幕が掲げられている。bar

20160107_uketuke

改札口を出て、受付を済ませます。鷲宮太鼓保存会によるお出迎え演奏があると案内にあったが、遅い時間だったのか太鼓演奏が無かったな。残念..。ng

20160107_panf

受付でコースマップやパンフレット等を取得した。ribbon

20160107_kan_batch

恒例の缶バッチは、253系日光・きぬがわでした。present

20151121_higasiwasinomiya_kuki

今回のウォーキングコースルート。sagittarius

関東最古といわれる鷲宮神社や樹齢500年の大銀杏がある清福寺など歴史的な神社仏閣の散策に加え、大学の学園祭及び造り酒屋の日本酒をお楽しみください。karaoke

20160107_higasiwasinomiya_st

今回は、東鷲宮駅をスタートしゴールの久喜駅へ向かう約13kmのコース。久喜の駅ハイは3年ぶり5度目の参加だ。では、頑張って歩きましょう。東鷲宮駅を出発!。rock

20160107_hyakkannon_onsen

東鷲宮駅から徒歩4分、百観音温泉があります。100%源泉掛け流しの日帰り入浴施設だ。spa

20160107_nishioowa_kousaten

県道3号さいたま栗橋線西大輪交差点を横断する。car

20160107_fureai_road_1

コースポイントone箇所目は、「コスモスふれあいロード」です。東鷲宮駅から15分。上古川橋から上流へ歩いてみよう。spade

20160107_fureai_road_2

葛西用水路沿いに歩道が整備されている。rouge

20160107_fureai_road_3

休憩用にベンチもあるよ。少しのんびりできる?。chair

20160107_fureai_road_4

大きな銀杏の木だね。xmas

20160107_fureai_road_5

ひたすら、コスモスふれあいロードを歩いていく。しかし、コスモスは全く咲いていません。この1か月前が見頃だったでしょう。maple

20160107_kyoudo_siryoukan

コースポイントtwo箇所目は、「久喜市立郷土資料館」です。コスモスふれあいロード(古川橋)から1分。市の歴史や文化財等の地域学習の拠点です。入館無料。中に入り見学してきました。第6回特別展「懐かしい道具たち」-祭り・暮らし・米作りの道具-が開催していました。school

この建物の2階が郷土資料館。1階には市立鷲宮図書館が併設されています。book

20160107_nonkiya

手打ちうどん・おそばの「のんき屋」がある。呑気だなぁ。朝日バス、路線バスが通り過ぎる。noodle

20151227_rakisuta

漫画・アニメ「らき☆すた」は鷲宮が舞台の1つとなっている。その為、ファンが聖地巡礼として多くの人が訪れるようになった。そこで鷲宮では町おこしイベントとして地域を盛り上げている。taurus

20151227_torii

コースポイントthree箇所目は、「鷲宮神社」です。市立郷土資料館から10分。鷲宮神社は出雲族の草創に係る関東最古の大社である。埼玉県の初詣参拝客数ランキングでは、なんと第2位!。(1位は大宮氷川神社)。埼玉県が誇る人気神社なのだ。crown

周辺地域には、同一名称である鷲宮神社が数多くある為、「武蔵国鷲宮神社」と呼称することがある。chick

20151227_sandou

参道を歩いて行く。いい雰囲気だ。狛犬を祀る。dog

20151227_haiden

拝殿にて参拝。源頼朝も武運長久を祈ったそうだ。その他、東国の武家の崇敬を受けた。carouselpony

この日は、七五三での家族連れが多かったですね。gemini

20151227_honden

こちらは、本殿。立派な建造物ですな。event

鷲宮という地名の由来。昔、この地には土師族が住んでいたが、そこに出雲族がここにやってきた。その頃は、土師の宮(はじのみや)と呼ばれていたが、いつからかハジがワシに転訛して、鷲宮と呼ばれるようになったとの事。dog

20151227_mihikarinoike

こちらは、みひかりの池。古来よりこの池には、龍神様がお住まいになられていていると言い伝えられてきました。crown

あと、おみくじひいてみた。なんと、大吉でした~。ラッキー♪。happy02

20151227_ema

絵馬がいっぱい掲げられています。らき☆すたのキャラクターの絵が多いね。pencil

20151227_oonisichaya

鳥居前には、古民家レストラン「大西茶屋」がある。restaurant

20151227_cat

鳥居前のベンチで子猫ちゃんが、日向ぼっこしていました。かわいいにゃ~。cat

ちなみに、ここでの詳細レポは、「関東最古の大社、鷲宮神社をれた2015。」へどうぞ。paper

20160107_miyamaebashi

青毛堀川にかかる赤い橋「宮前橋」です。ここは渡らず、少し青毛堀川沿いを歩いていく。apple

20160107_wasimiya_st

鷲宮神社から7分で、東武伊勢崎線鷲宮駅東口に到着。駅舎内を通り、反対側へ抜けます。postoffice

20160107_isesaki_line_1

館林行き電車が出発して行きました。train

20160107_wasimiya_st_2

鷲宮駅西口です。bank

20160107_tikatu_jinjya

千勝神社がありました。久喜には、千勝神社という同一名の神社が多いんですよ。taurus

20160107_fureai_road_6

水と緑のふれあいロードを歩いていく。おっ、コバトンだ。chick

20160107_azemiti

ここもコースルート。こういう畦道を歩くのも楽しい。snail

20151228_renbuiseki

コースポイントfour箇所目は、「神道無念流戸賀崎氏練武遺跡」です。鷲宮神社から50分。神道無念流は、流祖福井兵右衛門嘉平により編み出され、戸賀崎熊太郎暉芳によって、江戸市中はもとより関東一円にその名声を博するようになった。leo

明和元年(1764年)に、初代暉芳がこの地に開設した道場は、埼玉県内の道場の最初であるとともに、戸賀崎家五代、百五十年余続いたことでも有名である。tennis

20151228_iseki_1

この道場では、練武と共に常に人間教育を行っており、それは「演武場壁書」の道場訓によく現れている。gasstation

暉芳は、十六才で江戸に出て、福井兵右衛門について神道無念流を学び、二十一才で免許皆伝を受け、郷里(現在地)に帰り、屋敷内に道場を開き子弟の指導にあたった。三十五才の時再び江戸に出て道場を開き、十七年間にわたり門弟三千人といわれた。その中で、岡田十松、秋山要助、斉藤弥九郎などは有名である。riceball

  • 初代 知道軒 戸賀崎熊太郎暉芳(1744-1809)
  • 二代 有道軒 戸賀崎熊太郎胤芳(1774-1818)
  • 三代 喜道軒 戸賀崎熊太郎芳栄(1809-1865)
  • 四代 尚道軒 戸賀崎熊太郎芳武(1839-1907)
  • 五代 好道軒 戸賀崎熊太郎清常(1865-1921)

20151228_iseki_2

特に三代喜道軒は、水戸藩徳川斉昭の要請をうけ、弘道館の剣道師範となり、上士に列せられ、五十人扶持をもって遇され、剣技教授に補せられた。なお、四代尚道軒も同様である。school

しかし明治維新後、同九年に廃刀令が施行されるとともに、武道は徐々に衰退し、百五十年余続いた神道無念流戸賀崎道場は、大正の中頃廃止された。なお、神道無念流は引き続き六代守惠を経て、七代惠太郎、八代正道の各氏やその一門に継承されていった。japanesetea

20151228_bus

遺跡の東側には、道場「惠文館」が平成15年(2003年)に復興新築開館しました。現在、子供から大人まで剣道の練武に励んでいる。戸賀崎家には、これらに関する資料が百五十点余保存されている。tennis

ちなみに、ここでの詳細レポは、「神道無念流戸賀崎氏練武遺跡を訪れた2015。」へどうぞ。paper

20151123_ridai_2

コースポイントfive箇所目は、「東京理科大学」です。戸賀崎氏練武遺跡から4分。理科大久喜キャンパスで、経営学部の学生さんたちが学ぶ場です。school

20151123_ridai_5

この日は、第21回久喜地区理大祭が開催されました。ちょいと立ち寄ってみたよ。baseball

20151123_ridai_4

久喜最後の理大祭となっているぞ。そう、理科大久喜キャンパスは、2016年3月をもって閉鎖する事が決まっている。だから、今回が最後の理大祭になるんだなぁ。think

20151123_mogiten_1

模擬店の案内がありました。へぇ~、部活・サークルやゼミなどが出店しているんだね。spade

20151123_mogiten_2

会場となる中庭に出てみました。chick

20151123_mogiten_3

ぐるりと模擬店が連なります。中庭は、芝生になっていて、座ってのんびりも良さげだ。大学のキャンパスという事もあって、年齢層若いなぁ...。ハタチ前後かぁ。denim

20151123_kebabu

学園祭の模擬店なので、とてもリーズナブル。そんな中チョイスしたのは、ケバブです。野菜多めにとれて、いいのだぁ。snail

20151123_live

この後、ギター部ライブが行われるようだったが、時間の都合でここをあとにしました。note

ちなみに、この日の夕方には、あばれる君・ゴー☆ジャスのゲストライブ(16:30-17:50)がある。今や人気ひっぱりだこのあばれる君が来るとはすごいな。catface

20151123_shuttle_bus

久喜駅と理大久喜キャンパスを結ぶスクールバスです。理大祭開催日は、一般客も乗車できます。1時間毎3本の運転。乗車無料だ。bus

20151123_ridai_6

グラウンドも広々していますな。club

20151123_benti_1

ちょいとベンチに座ってのんびりと。chair

20151123_ridai_1

2016年3月で東京理科大学久喜キャンパスは閉鎖となります。経営学部は神楽坂キャンパスに移されるようです。のんびりした、いい空間の施設なんだけどね。その後、ここはどうなるのだろうか?。school

ちなみに、ここでの詳細レポは、「第21回久喜地区理大祭を訪れた2015。」へどうぞ。paper

20160107_seifukuji

コースポイントsix箇所目は、「清福寺」です。東京理科大学から8分。真言宗豊山派瑠璃山薬王院清福寺と号す。目の前には大きな木がある。市指定天然記念物の大イチョウだ。高さ28.1m、周り6.1m。樹齢は約500年と推定されるようだ。xmas

20160107_totoro

清福寺バス停には、トトロが待っているよ。pig

20160107_ridai

理大の南側を通り過ぎる。ここから、理大祭の会場が見えるね。moon2

20160107_ario

コースポイントseven箇所目は、「アリオ鷲宮」です。清福寺から13分。イトーヨーカドーをはじめ、多くのテナントが入るショッピングセンターだ。24hours

20160107_qupon

駅ハイ参加特典として、アリオ鷲宮専門店街企画グルメクーポン200円券が貰えた。お腹空いた事だし、早速食べよう!。run

20160107_dontei

しゃぶしゃぶ「どん亭」で、しゃぶしゃぶランチだぁ~。頂きま~す。割引でお得~。delicious

この後、リミット時間が差し迫ったので、ここから路線バスで途中スキップした。地酒試飲タイム終了に近づいていたので...。bus

スキップしたポイントは、後日改めて訪れて、ウォーキング再開しました。fastfood

20160104_hokuyou_koukou

アリオ鷲宮の南側には、県立久喜北陽高校があります。お笑いコンビ「北陽」の2人が通った高校だ。コンビ名の由来になっている。happy02

20160104_biotoup_2

コースポイントeight箇所目は、「香取公園」です。「かんどりこうえん」と読む。アリオ鷲宮に隣接している。この公園は、中落堀川の調整池としてのはたらきをそのままに、集まって来る野鳥の観察や、ジョギングなど軽い運動のできる公園として整備したものです。面積は約21000平方メートルで、大部分が池や低湿地となっていて水鳥を中心とした野鳥の楽園です。penguin

20160104_watching

バードウォッチングができるようになっています。camera

周囲の園路とは柵や緑でしきられ、野鳥が安心して羽を休めたり巣を作ったりできるようにしてあります。japanesetea

20160104_watching2

訪れるいろんな鳥の説明があり、その情報を踏まえて、野鳥を探してみるのもいいかもね。cat

20160104_biotoup

冬に入り木々の枝は寂しげ。多少水鳥が泳いでいるくらいかな。xmas

20160104_biotoup_3

柵の内側は大雨の時に増水した水を蓄えて、調整池として役立つようになっています。aquarius

20160104_road_1

周囲は歩道が整備されているので、ウォーキングにも良しだ。ジョギングコース1周約650mある。shoe

20160104_asretic_hiroba

こちらは、アスレチック広場。ベンチで休む合間に、腹筋運動や伸びをしたりする事が出来ます。wheelchair

緑の空気をたっぷり吸いながら、気軽に体を動かして、心地よくリフレッシュして下さい。confident

ちなみに、ここでの詳細レポは、「野鳥が集う、香取公園を訪れた2015。」へどうぞ。paper

20160105_jinjya_3

コースポイントnine箇所目は、「千勝神社」です。元々は久喜市本町1-1200に鎮座していたが、都市計画道路停車場線の新設に伴い神社境内地の大部分が県道新設用地の対象となり1999年5月、現在の地に移転となった。game

20160105_sandou

参道には灯籠が並ぶ。flair

室町時代を開いた足利尊氏は関東を治めるため、鎌倉に関東公方を設置した。しかし、六代目関東公方足利公方成氏は、幕府と争いとなり鎌倉の関東管領と関東の支配を二分した。成氏は康正元年(1455)に下総古河を御座所としたことから古河公方と呼ばれた。drama

20160105_haiden

拝殿にて参拝。御祭神は天手力男命。think

成氏の子政氏は、明応6年(1497)に公方を継いだが、子の高基との確執から争いとなり、ついに実権を失った。そこで政氏は永正14年(1517)に領地であった当地に館を築き隠棲した。当社は館の正面に延びる当時の馬場と思われる約200mのまっすぐな道の先に祀られた。また、館の裏鬼門の位置には、八幡神社が祀られた。clip

20160105_honden

拝殿裏をまわり本殿へ。house

ちなみに当社は、「近津(ちかつ)」と書く社名の社と同じく、福島県東白川郡に鎮座する奥州一宮の都都古別神社(旧称近津宮)を本宮とする。この社は南奥州から北関東にかけて中世に太田庄と呼ばれた地域(南埼玉郡の北部一帯、北埼玉郡の大部分と大里郡の一部)だけに散見する。aries

社名の「千勝」とは、中世「近津」の読みに、当時の戦国の世を反映して、武士達にとって縁起の良い文字を当てたものとされています。leo

20160105_atago

愛宕大神があります。spade

江戸期は館(後の臨済宗永安山甘棠院)に隣接する真言宗薬王院光明寺が別当を務めていた。cute

20160105_isesanguu

伊勢参宮記念碑がありますね。snail

明治42年、字道合の愛宕神社と境内社の天神社、宇馬場の八幡神社と境内社の稲荷社と熊野神社、当社境内社の三島神社を合祀した。bell

20160105_komainu

狛犬を祀る。dog

ちなみに、ここでの詳細レポは、「千勝神社(久喜市本町)を訪れた2015。」へどうぞ。paper

20160107_chuuou_kouminkan

コースポイントonezero箇所目は、「久喜市中央公民館」です。アリオ鷲宮から路線バスでここまでスキップしてきました。再び、歩きスタート。bag

20160107_matinoeki

コースポイントoneone箇所目は、「銀座商店会」です。久喜まちの駅にて、駅ハイ特典でドリンク(爽健美茶)を頂けた。aquarius

20160107_itibangai_syoutenkai

コースポイントonetwo箇所目は、「一番街商店会」です。激安市が開催されていたようだが、時間が遅かったか何も無し..。やっていたのかしら?。駅ハイ参加特典で、特定品が半額以下での提供をされていたようだ。bell

20160106_kanbai_syuzou

コースポイントonethree箇所目は、「寒梅酒造」です。創業文政四年(1821年)品質一筋190余年、清酒「寒梅」の醸造元だ。コース上で一番楽しみにしていたポイントだ。shoe

20160106_siin_courner

お目当てはコレ!。地酒の試飲コーナーですよ。penguin

20160106_siin_1

久喜の地酒「寒梅」を冷やしてお待ちしています。早速、頂こう。run

20160106_siin_2

試飲カップに注いでもらい、では、ゴクッ。ぷふぉ~、いい味わい。美味しいね。そして、飲みやすい。bottle

ついつい、数回おかわり!。cancer

20160106_requle

梅酒・柚子酒・杏酒とリキュールも試飲できすよ。これまた、美味しい。wink

お気に入りのお酒があったら、購入もできます。dollar

ちなみに、ここでの詳細レポは、「寒梅酒造で地酒試飲してきた2015。」へどうぞ。paper

20160107_kuki_st

ゴールとなる久喜駅に到着しました。ふぅ~。bell

20160107_otukaresama

おつかれさまでした。東鷲宮駅をスタートし、久喜駅にゴールするまで4時間21分かかりました。motorsports

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:14629歩 消費カロリー:750.3kcal 消費脂肪量:107.1g 歩行距離:11.11km 歩行時間:2時間6分 平均時速:5.27km/h エクササイズ量:7.8Exinfo02

20160107_kaisatuguti

JR久喜駅改札口。だけど、帰りはJR線は利用せず。danger

20160107_tobu_line

帰りは東武伊勢崎線で帰ります。東急8000系急行中央林間行きに乗車。bullettrain

20160106_omiyage

お土産購入してきました。寒梅酒造の寒梅本醸造無濾過生原酒720ml。小蓋を使った昔ながらの麹造りと丁寧な仕込みにより醸造され、お酒本来の濃厚でフレッシュな味わいをお楽しみ頂くため、濾過・割水・火入れを行わず、しぼったそのままをビン詰めしています。aquarius

早速、頂きましたよ。くぅ~、美味しいね。冷やした状態で呑むと良いよ。happy02

今回の駅ハイ参加で、今シーズン(2015年度)参加回数は11回目、駅ハイポイントは2ポイント加算して、合計28ポイントになりました。dollar

今回は、久しぶり久喜の駅ハイに参加。最後のポイント、寒梅酒造での試飲がお目当てでした。ややロングコースで、ちょっと疲れたなぁ。coldsweats01

さて、次回の駅ハイ参加レポは、2016年になり年初め最初のコースは、いつものあのコースの予定。という事で、お楽しみに。happy01 scissors

ちなみに、各所詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、過去開催、久喜の駅ハイ参加レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20160107_map

JR東日本・駅からハイキング No.04515  「【久喜駅開業130周年記念】久喜の秋 ~自然と歴史散策~」 2015年11月21日(土)実施 所要時間:約4時間30分(施設での見学時間含む) 歩行距離:約13kminfo02

スタート:東鷲宮駅→①コスモスふれあいロード→②久喜市立郷土資料館→③鷲宮神社→④神道無念流戸賀崎氏練武遺跡→⑤東京理科大学→⑥清福寺→⑦アリオ鷲宮→⑧香取公園→⑨千勝神社→⑩久喜市中央公民館→⑪銀座商店会→⑫一番街商店会→⑬寒梅酒造→ゴール:久喜駅info02

(一部の写真画像をClickすると4倍拡大表示します)search

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧