« 三郷料金所スマートIC道路改良工事中です。中型~特大車対応の為かな2018。 | トップページ | 見沼通船掘公園を訪れた。竹林の静けさに心安らぐ2018。 »

2018年12月25日 (火曜日)

見沼通船掘を訪れた。日本最古の木造閘門式運河です2018。

国指定史跡でもある日本最古の木造閘門式運河。

20181225_koumon_01

さて、やってきたところは、埼玉県さいたま市緑区にある見沼通船堀です。享保16年(1731年)東西の代用水路と芝川を結んでつくられ、東西2カ所ずつの関を設けました。3mの水位差を調節して船を通すという、我が国有数の古さの閘門式運河です。

江戸時代中期の土木技術や、流通経済を知る上で貴重な史跡として、昭和57年7月3日に国指定史跡になりました。また、平成14年12月19日には、通船に携った船頭たちの信仰を集めた水神社と木曽呂の富士塚も史跡に追加指定されました。

20181225_road_01

見沼代用水路東緑から西へ見沼通船堀沿いを歩いて行きましょう。

20181225_suiro_01

現在、見沼通船堀東緑では、見沼通船堀再整備事業が行われています。第一次整備工事から約20年が経過し、閘門の腐朽、園路舗装のはがれ等、史跡の随所で劣化が進んだ。また、近年頻発する集中豪雨や大型台風によって、法面の崩落も頻発していました。史跡の価値を保つため再整備が行われています。

20181225_fujizuka

反対側先には、木曽呂の富士塚があります。国指定重要民俗文化財に指定された。

20181225_karisimekiri

見沼通船堀東緑の仮締め切りです。

20181225_kyuukeisisetsu

休憩施設が改修されました(平成27年度)。お手洗いや見沼通船堀の説明板があります。

20181225_cycle

隣接して、サイクルステーションがあります。サイクルポートがあります。

20181225_setsumei_1

見沼通船と通船堀の説明。幕府から通船の許可が出されると新田開発に功績のあった高田・鈴木両家が通船堀差配役に任じられ、通船権を与えられました。

20181225_setsumei_2

見沼干拓と見沼代用水路の説明。恒常的な水不足とたび重なる溢水などでいろいろと問題があった。その為、見沼干拓を行い、新たな用水として、利根川から水を引き、延べ60kmにわたる用水路を完成させました。

20181225_tsuusenbori_01

東緑二の関です。

20181225_koumon_02

再び整備・復元され、現在は綺麗な閘門になりました。

20181225_koumon_03

二の関、反対側から眺める。

20181225_koumon_04

こちらが、東緑一の関です。

20181225_koumon_05

水位が違う水路を、ここで、両端堰止めし、水位を調整して、反対側へ出る仕組みだ。

毎年恒例となった「見沼通船堀閘門開閉実演」は、現在工事整備中の為中断しているが、完成後、実演復活の見込みです。水かさの増減で水位が変わるところ見てみたいよね。

20181225_annaizu

見沼通船堀の案内図です。

20181225_suiro_02

見沼通船堀東緑、先に、一の関、その先に、二の関が見える。

20181225_jinjya

見沼通船堀、東緑と西緑の分岐近くに、水神社がある。

20181225_shiba_river

芝川です。この西側が見沼通船堀西緑、東側が見沼通船堀東緑となる。

20181225_koumon_06

こちらは、見沼通船堀西緑の一の関です。見沼通船堀西緑も平成32年度から再整備が行われる予定です。

20181225_koumon_07

見沼通船堀は、見沼代用水路東緑~芝川~見沼代用水路西緑と東西に結ぶ水路である。再整備・復元完了したら、一気に通船実演できるといいですね。(芝川越えは難しいだろうけど)。

という事で、見沼通船掘を訪れたレポでした~。

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。

「見沼通船掘」(みぬまつうせんぼり) 埼玉県さいたま市緑区大字大間木・下山口新田

|

« 三郷料金所スマートIC道路改良工事中です。中型~特大車対応の為かな2018。 | トップページ | 見沼通船掘公園を訪れた。竹林の静けさに心安らぐ2018。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見沼通船掘を訪れた。日本最古の木造閘門式運河です2018。:

« 三郷料金所スマートIC道路改良工事中です。中型~特大車対応の為かな2018。 | トップページ | 見沼通船掘公園を訪れた。竹林の静けさに心安らぐ2018。 »