« 見沼通船掘公園を訪れた。竹林の静けさに心安らぐ2018。 | トップページ | 東武アーバンパークライン清水公園駅を降り立った2018。 »

2018年12月27日 (木曜日)

駅からハイキング「さいたま市南区をのんびり歩こう!」に参加してきた(2018.11.10)。

南浦和から東浦和へのんびりウォーキング。

20181227_musashino_line_1

さて、JR武蔵野線に乗ってやってきたところは、南浦和駅です。駅ハイ参加の為にやってきたよ。今回の参加コースは、2018年11月8日(木)~10日(土)開催、駅からハイキングさいたま市南区をのんびり歩こう!」です。

20181227_kaisatsuguti

南浦和駅改札口を出ます。左へ曲がり東口にでます。

20181227_minamiurawa_st

南浦和駅東口ロータリーです。まず、駅ハイ受付場所である浦和弁天公園へ向かいましょう。

20181227_benten_park_1

受付場所となる浦和弁天公園に到着。南浦和駅東口から3分。

20181227_uketsuke

駅ハイ参加受付を済ませました。

20181227_sankahin

参加記念品等のプレゼントを頂きました。南区駅ハイオリジナルミニタオルの他、ミネラルウォーター500mlPETやコープのスポーツドリンク(粉末)が貰えた。

20181227_kan_batch

恒例の駅ハイ缶バッチは、E3系 つばさ (新塗色車両)でした。

20181227_cource_map

コースマップです。(画像をClickすると4倍拡大表示します)

20181227_cource_route

今回のコースルートです。歩行時間は約3時間、歩行距離は約7.5kmのほとんど平坦なコースです。南浦和駅から東浦和駅へ向かうコースだ。

天気の良い日になりました。では、頑張って歩きましょう!。

20181227_kousinzaka

ゆるやかな上り坂、庚申坂を進んでいく。

20181122_keibajyou_3

コースポイント1か所目【浦和競馬場】(浦和弁天公園から14分)

訪れた日は、場外発売の日だったので、入場無料で館内へ入れます。時間があったら、馬券1枚買ってみようかと思ったが、時間遅めのウォーキングスタートだったので断念。

20181122_gate_1

競馬開催されていない日は、場内を突っ切る事ができます。このゲートを通った先が競馬場コースレース内なのだ。ここを突っ切って、反対側に出るという生活道路の役割を持つ形だ。

20181122_course_race_01

レースコースを横断します。広々としたコースだね。ここを競走馬が滑走してくるのだ。

20181122_course_race_02

競馬が開催されていない日は、内馬場が開放され、市民の憩いの場として利用されている。浦和競馬場の内馬場が、浦和記念公園と呼ばれている。

コースレースの内側は周回できるようになっているので、ぐるり1周歩いてみよう。

20181122_monitor

大型モニタには、別の競馬場の中継していました。

20181122_course_race_03

ゴール近く、実際馬が走ってきたら迫力あるだろうな。

20181122_course_race_04

それにしても、直線のコース、全速力の馬さん、すごいな。

20181122_kigu

競馬場の内馬場だが、公園の役割もある為、健康遊具が設置されているよ。

20181122_road_02

浦和競馬場のレースコース1周1200mあります。1周ぐるり結構歩きます。ゴムシートを通り、浦和競馬場をあとにしました。

ちなみに、ここでの詳細レポは、「浦和記念公園(浦和競馬場)を訪れた。レースコース内側を周回歩いてきた2018。」へどうぞ。

20181123_kikkaten_1

浦和競馬場から1分ほど歩いたところに、太田窪熊野神社があります。ここで、菊花展が行われていたので立ち寄りました。

ちなみに、ここでの詳細レポは、「太田窪熊野神社を立ち寄った。熊野神社菊花展が開催されていた2018。」へどうぞ。

20181129_mon

コースポイント2か所目【守光院】(浦和競馬場から9分)

守光院は「しゅこういん」と読む。山号は護国山。1180年に佐々木三郎守綱が建立したといわれる由緒ある曹洞宗の寺院だ。

20181129_hondou

本尊阿弥陀如来像(市有形文化財)をはじめ、境内には鐘楼、宝篋印塔など歴史的建造物が数多くあります。

現在の本堂は慶応元年に建立され、当時は八間半四面であったが、その後七間半四面に改築されました。

ちなみに、ここでの詳細レポは、「守光院を訪れた2018。」へどうぞ。

20181227_musashino_line_2

武蔵野線通過時に写真をパチリ。

20181130_gyoukouji_3

コースポイント3か所目【行弘寺】(守光院から11分)

行弘寺は「ぎょうこうじ」と読む。山号は龍燈山。宝亀元年(770年)に開かれたと伝えられている天台寺門宗の寺院です。さいたま市内で最も古い寺院との事。本尊は不動明王で、通称「善前のお不動様」と呼ばれ親しまれています。

20181130_tsubaki

行弘寺のツバキは、市指定天然記念物に指定されています。

この木は、樹高9m、胸高直径48cmで、ツバキとしては、かなりの大木に属する。花は、晩春に咲き、中輪の八重咲き、紅赤色であり、ヤブツバキ系の園芸種の一品種である。

20181130_adati_kuyoutou

足立百不動尊供養塔です。市指定有形文化財となっている。

埼玉県南部から東京都にかけて100寺院に建立されている足立百不動尊供養塔の100番目である。

ちなみに、ここでの詳細レポは、「行弘寺を訪れた2018。」へどうぞ。

20181227_numanouesaka

少し下り坂が続く。ここは、沼の上坂です。

20181227_fuminoyu

富美の湯と言う公衆浴場・銭湯があるんだね。

20181201_road_1

コースポイント4か所目【フラワーロード】(行弘寺から13分)

20181201_yousui_1

フラワーロードは、見沼代用水西緑沿いにある緑道で、季節を彩る様々な植物が植えられています。

20181201_road_3

春にはソメイヨシノ、見事に桜が咲き誇ります。ベンチで花見なんてのもいいかも。

ちなみに、ここでの詳細レポは、「フラワーロード、見沼代用水西緑沿いの緑道を散策する2018。」へどうぞ。

20181206_park_1

コースポイント5か所目【明花公園】(フラワーロードからすぐ)

明花公園は「みょうばなこうえん」と読む。昭和63年(1988年)4月に開園。県道1号さいたま川口線(第二産業道路)沿いに位置する。

20181227_mini_bussanten

ミニ物産展が開かれていました。

20181227_reds

浦和レッズ関連のパンフレット配布や埼玉スポーツのシール配布プレゼントがあった。

20181227_redia

浦和レッドダイアモンズのマスコットキャラクター「レディア」も来ていました。

20181227_sanzokuyaki

ミニ物産展でグルメ休憩。川場の地ビールが飲みたかったが、残念ながら売切れ。川場のヨーグルトと山賊焼きを頂いた。旨し。

20181206_suberidai

園内の北東側は林に覆われています。子供向け遊具やすべり台等が設置されています。その奥は、小高い丘となっている。

20181206_oka_2

丘の上から芝生広場を眺めてみたよ。

ちなみに、ここでの詳細レポは、「明花公園を訪れた2018。」へどうぞ。

20181221_park_5

コースポイント6か所目【井沼方公園】(明花公園から14分)

20181227_okashi

ここでは、駅ハイ参加特典、ロッテのお菓子プレゼントがありました。

20181221_park_1

井沼方公園は、大きな調整池を中心に、雑木林、川などが整備された自然豊かな公園です。

ちなみに、ここでの詳細レポは、「井沼方公園を訪れた。調整池を兼ね備えた都市公園です2018。」へどうぞ。

20181226_tikurin_02

コースポイント7か所目【見沼通船堀公園】(井沼方公園から8分)

20181226_tikurin_09

見沼通船掘公園は、見沼通船掘脇の竹林に囲まれた趣のある公園です。

これだけの竹が育つのに、何年の時が過ぎたのでしょうか。

20181226_tikurin_07

ふと足を止める。気持ち落ち着き、心安らぐ。

ちなみに、ここでの詳細レポは、「見沼通船掘公園を訪れた。竹林の静けさに心安らぐ2018。」へどうぞ。

20181225_koumon_04

ウォーキングコースから外れるが、せっかくなので訪れた。ここが、見沼通船掘です。見沼通船掘東緑の東緑一の関です。

享保16年(1731年)東西の代用水路と芝川を結んでつくられ、東西2カ所ずつの関を設けました。3mの水位差を調節して船を通すという、我が国有数の古さの閘門式運河です。

ちなみに、ここでの詳細レポは、「見沼通船掘を訪れた。日本最古の木造閘門式運河です2018。」へどうぞ。

20181223_tatemono_1

こちらは、鈴木家住宅です。見沼通船の船割り業務を担っていました。その住宅内建物が見学できました。

ちなみに、ここでの詳細レポは、「鈴木家住宅附属建物を見学してきた。見沼通船の差配されていた2018。」へどうぞ。

20181227_higashi_urawa_st

ゴールとなる東浦和駅に到着しました。ふぅ~。南浦和駅をスタートしてから東浦和駅にゴールするまで4時間2分かかりました。

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:18203歩 消費カロリー:855.9kcal 消費脂肪量:122.2g 歩行距離:11.83km 歩行時間:2時間28分 平均時速:4.78km/h エクササイズ量:8.4Ex

20181227_tentousiki

訪れた日は、東浦和駅前で、第16回東浦和駅前クリスマスツリー点灯式が行われたようです。

20181227_musashino_line_3

東浦和駅からは帰りも武蔵野線で。車両はメルヘン顔の205系ですね。

天気が良く快晴暖かなウォーキングでした。のんびり歴史散策ができたコースでした。

という事で、駅からハイキング「さいたま市南区をのんびり歩こう!」に参加してきたレポでした~。

ちなみに、各訪問地詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。

さらに、過去さいたま市南区で開催の駅ハイ参加レポは、以下のリンク先へどうぞ。

さらに、さらに、過去さいたま市緑区で開催の駅ハイ参加レポは、以下のリンク先へどうぞ。

20181227_minamiku_panf_1

南区仕様の駅ハイパンフレット表面です。

20181227_minamiku_panf_2

パンフレット裏面です。

20181227_minamiku_panf_3

パンフレット中面です。(画像をClickすると4倍拡大表示します)

JR東日本・駅からハイキング No.0418030  「さいたま市南区をのんびり歩こう!」 開催日:2018年11月8日(木)~10日(土) 所要時間:約3時間(施設での見学時間含む) 歩行距離:約7.5km

南浦和駅→スタート:浦和弁天公園→①浦和競馬場→②守光院→③行弘寺→④フラワーロード→⑤明花公園→⑥井沼方公園→⑦見沼通船堀公園→ゴール:東浦和駅

|

« 見沼通船掘公園を訪れた。竹林の静けさに心安らぐ2018。 | トップページ | 東武アーバンパークライン清水公園駅を降り立った2018。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 駅からハイキング「さいたま市南区をのんびり歩こう!」に参加してきた(2018.11.10)。:

« 見沼通船掘公園を訪れた。竹林の静けさに心安らぐ2018。 | トップページ | 東武アーバンパークライン清水公園駅を降り立った2018。 »