« 八枝神社を訪れた。境内のケヤキ・エノキ群2018。 | トップページ | アッピーのお休み処からの眺め。荒川河川敷は緑が広がる2018。 »

2018年6月18日 (月曜日)

小塚浅間塚を訪れた。ここの富士塚を登ってみた2018。

毎年7月1日は「初山」が行われます。

20180618_torii_1

さて、やってきたところは、埼玉県上尾市にある小塚浅間塚です。浅間塚は、富士塚ともいわれ、江戸時代、文化・文政年間から江戸を中心とした地域で造られた塚です。

浅間塚は、当時流行した富士浅間信仰によるもので、富士参拝が難しいことから、富士山を模した塚を祀るという主旨で造られたもので、市内では、平成10年度の調査により市内6箇所に築造当初の塚が確認されています。

20180618_sengenzuka

よいこらしょっと、階段を登り山頂(頂上)に到着。

ここ小塚浅間塚は、大字平方に所在し、「おおつか」とも呼ばれています。高さ約4.6m、一辺が約26mの方形の塚で、塚の東と南の裾部は基盤まで削られていますが、他は良く残っています。

頂上中央に文化13年(1816年)銘の石祠と、明治26年(1893年)銘の「登山大願成就」碑があります。

20180618_nagame

頂上からの眺め。ちょっとした見晴らしができるよ。

20180618_jitikai

訪れた日は自治会によるおもてなしがありました。暑い日だったので、冷たい麦茶は助かりました。美味しい食べ物の販売もあったよ。

20180618_enter_1

小塚浅間塚へは、この民家の家をぐるりとまわって行きます。

20180618_enter_2

小さな矢張りで「浅間様 入口→」と書かれています。

20180618_torii_2

奥へ進んでいくと、鳥居があります。その鳥居をくぐり、階段を登って行くと小塚浅間塚があります。

小塚地区では、浅間講を組織して毎年7月1日に「初山」と呼ばれる行事を行っています。これは、生まれて初めてこの日を迎える赤ちゃんと一緒に家族がお参りして、子どもの健やかな成長を祈願する行事です。

参拝に来た子どもの額に赤いはんこを押されるそうだよ。

小塚浅間塚は、上尾市とその周辺地域の民俗信仰である、富士信仰としての富士講や浅間信仰を考える上で貴重な塚です。

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「花しょうぶ園鑑賞と荒川沿いの牧場へのウォーキング」に参加してきた(2018.06.02)。」へどうぞ。

という事で、小塚浅間塚を訪れたレポでした~。

ちなみに、過去訪問レポは、以下のリンク先へどうぞ。

「小塚浅間塚」(おづかせんげんづか) 〒362-0059 埼玉県上尾市平方3070-3 JR高崎線上尾駅西口から徒歩約59分 東武バス丸山公園入口バス停から徒歩約4分

|

« 八枝神社を訪れた。境内のケヤキ・エノキ群2018。 | トップページ | アッピーのお休み処からの眺め。荒川河川敷は緑が広がる2018。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小塚浅間塚を訪れた。ここの富士塚を登ってみた2018。:

« 八枝神社を訪れた。境内のケヤキ・エノキ群2018。 | トップページ | アッピーのお休み処からの眺め。荒川河川敷は緑が広がる2018。 »