« 馬蹄寺を訪れた。樹齢650年のモクコクの木がある2018。 | トップページ | 八枝神社を訪れた。境内のケヤキ・エノキ群2018。 »

2018年6月16日 (土曜日)

橘神社を訪れた。樹齢800年の大けやき2018。

樹齢800年と推定される大きなケヤキがあります。

20180616_torii

さて、やってきたところは、埼玉県上尾市にある橘神社です。平方地区全体の鎮守様である。植物名を冠した神社の名前は珍しい。さぁ、鳥居をくぐりましょう。

20180616_sandou

真っすぐ参道を歩いていきます。

20180616_haiden

拝殿にて参拝。祭神は素戔嗚尊。

元禄7年(1694年)の「平方村寺社地御改之覚」によれば、当社には文明3年(1471年)銘の額がある旨が記されていることから、それ以前の創立であることがわかる。また、口碑に創建当初は現在の平方小学校の東の「氷川山」と呼ばれると所にあったとも、平方新田の字在家にあったとも伝えられる。当所に移った時期については不明。

20180616_honden

拝殿の裏手にまわると本殿があります。

20180616_setsumei_2

本殿の隣には、大きなけやきがあります。

大けやきは、ニレ科の単木で、古くから地域の人々に「御神木」として親しまれている。昭和54年(1979年)の強風により、地面から7mほどのところの、二股に分かれたところで同切りにされている。主幹の直径は1.8mあり、樹齢は800年と推定されている。

ケヤキは日本の代表的な広葉樹の1つで、寿命が長い。山野に自生するほか、庭木・公園樹・街路樹として植えられている。特に関東地方に多く「埼玉県の木」として指定されている。

20180616_keyaki

見上げると、大けやきは太い幹ですね。御神木、パワーを感じるよ。

橘神社の大けやきは、市指定天然記念物となっています。

20180616_setsumei

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「花しょうぶ園鑑賞と荒川沿いの牧場へのウォーキング」に参加してきた(2018.06.02)。」へどうぞ。

という事で、樹齢800年の大けやきがある橘神社を訪れたレポでした~。

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。

「橘神社」 〒362-0059 埼玉県上尾市平方2124 JR高崎線上尾駅西口から徒歩約65分 東武バス平方バス停から徒歩約1分

|

« 馬蹄寺を訪れた。樹齢650年のモクコクの木がある2018。 | トップページ | 八枝神社を訪れた。境内のケヤキ・エノキ群2018。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 橘神社を訪れた。樹齢800年の大けやき2018。:

« 馬蹄寺を訪れた。樹齢650年のモクコクの木がある2018。 | トップページ | 八枝神社を訪れた。境内のケヤキ・エノキ群2018。 »