« 関東鉄道常総線大宝駅を利用してみた2017。 | トップページ | 高城寺の庚申塔を見に訪れてみた2017。 »

2017年6月28日 (水曜日)

本土寺(あじさい寺)にて、紫陽花鑑賞してきた2017。

あじさい寺と親しまれる、松戸にある寺院を訪れた。tulip

20170628_ajisai_01

さて、やってきたところは、千葉県松戸市にある本土寺です。あじさい寺として親しまれる日蓮宗の名刹だ。五重塔をバックに紫陽花が咲き広がっているね。cancer

20170628_ajisai_02

本堂への階段。青い色のアジサイがお出迎え。spade

本土寺は、もと源氏の名門・平賀家の屋敷跡と伝えられる地に、建治3年(1277)、領主の曽谷教信が領内の地蔵堂を移して法華堂として開堂。日蓮上人により長谷山本土寺の寺号を授かったのが始まりととれる。池上の長栄山本門寺、鎌倉の長興山妙本寺と並び朗門の山容を誇った。event

20170628_ajisai_03

天気も良く、快晴の中の紫陽花。sun

20170628_ajisai_04

少し紫色のアジサイもいい感じ。wink

20170628_hanasyoubu

ピークは過ぎていたが、花菖蒲も咲いていました。capricornus

20170628_tanjyousui

こちらは、日像菩薩誕生水。日像聖人は文永6年(1269年)8月10日この地平賀家に生誕されました。その時庭前に湧き出た泉がこの井で往古より乳出のご霊水と崇められてあまたの人々がご利益を頂いております。aquarius

20170628_ajisai_06

水色の紫陽花は、太陽の光が当たり、白っぽく見える。shine

20170628_ajisai_05

紫陽花たちも、キラキラ光る演出。快晴でこの日は暑かったな。sun

20170628_enter

有料エリアへ入る入口です。窓口で入場券を購入。大人500円。ticket

20170628_nioumon

本土寺へ入る最初の門、仁王門です。door

20170628_mise

本土寺への通りには、お漬物屋などがあり、飲食・お土産で賑やかに。24hours

20170628_jyouban_line

本土寺への最寄駅は、JR常磐線(緩行線)北小金駅です。train

20170628_map

最寄駅の北小金駅に掲示されている本土寺への案内図です。北小金駅北口に出て、まっすぐ進むのみです。徒歩約11分程で到着します。shoe

という事で、紫陽花が見事に咲き誇るあじさい寺、本土寺を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

「長谷山 本土寺」 〒270-0002 千葉県松戸市平賀63 TEL:047-341-0405 開門時間:8時~16時30分 参拝料:500円 年中無休 JR常磐線北小金駅北口下車徒歩約11分info02

|

« 関東鉄道常総線大宝駅を利用してみた2017。 | トップページ | 高城寺の庚申塔を見に訪れてみた2017。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102007/65465175

この記事へのトラックバック一覧です: 本土寺(あじさい寺)にて、紫陽花鑑賞してきた2017。:

« 関東鉄道常総線大宝駅を利用してみた2017。 | トップページ | 高城寺の庚申塔を見に訪れてみた2017。 »