« 本土寺(あじさい寺)にて、紫陽花鑑賞してきた2017。 | トップページ | 西遊馬氷川神社にて、お囃子鑑賞した2017。 »

2017年6月29日 (木曜日)

高城寺の庚申塔を見に訪れてみた2017。

市指定有形民俗文化財に指定された庚申塔があります。sports

20170629_sanmon

さて、やってきたところは、埼玉県さいたま市西区にある高城寺です。「こうじょうじ」と読む。曹洞宗寺院で遊馬山と号す。event

山門をくぐります。東日本大震災の影響で、山門の屋根瓦が落ち、柱がずれ、袖塀も傾きました。修復もままならず、現在は塀を取り壊しています。door

20170629_roumon

楼門をくぐります。歴史感ある建造物だ。大晦日には除夜の鐘を撞く大勢の参拝者で賑わいます。bell

20170629_hondou

本堂です。本堂は昭和53年(1978年)に新築された。house

天文12年(1543年)の開創と伝える古い寺で、御本尊は室町時代の様式をもつ薬師如来坐像です。shadow

西遊馬の旧家のほとんどが当寺に墓地を持っており、地域に密着した寺院です。leo

20170629_koushintou

写真右側が庚申塔です。さいたま市指定有形民俗文化財。faxto

この庚申塔は、江戸時代前期の寛文3年(1663年)の年号が刻まれています。石塔の中央に青面金剛像を浮き彫りとし、童子・邪鬼・鶏・猿などを表現する典型的な形をとっています。building

20170629_setsumei3

市内ではごく初期に建てられた庚申塔の一つで、「遊馬村 是衆拾四人」と刻まれているところから、村の有力層によって建立されたものと考えられます。高さは204cmです。japanesetea

20170629_odou

観音堂はかつては堤外にあったものと伝えられ、荒川の改修にともない移転したものです。event

江戸時代後期には寺小屋か開かれており、明治6年(1873年)には遊馬学校が開校し、隣接してある馬宮東小学校に発展。校章は同じ「五七の桐」になっている。school

20170629_asuma_kannon

遊馬観音です。chick

20170629_komiti

瑞巌の小径です。晩年、先代住職が散歩していた小径です。bicycle

20170629_kadan_1

紫陽花が咲いていたね。bud

20170629_kadan_2

花壇には、色とりどりの花が綺麗に咲いています。tulip

20170629_kaeru

おっ、カエルがいるよ。penguin

20170629_koushintou_2

山門の外、駐車場に、荒川土手の庚申塔があります。荒川の堤防拡幅工事のため、ここに移されました。wrench

20170629_setsumei

ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「のどかな荒川堤とアジサイまつり満喫ハイキング」に参加してきた(2017.06.18)。」へどうぞ。shoe

という事で、有形民俗文化財・庚申塔がある高城寺を訪れたレポでした~。happy01

20170629_setsumei2

説明板です。karaoke

「高城寺」(こうじょうじ) 〒331-0061 埼玉県さいたま市西区大字西遊馬229 JR川越線指扇駅南口から徒歩約20分info02

|

« 本土寺(あじさい寺)にて、紫陽花鑑賞してきた2017。 | トップページ | 西遊馬氷川神社にて、お囃子鑑賞した2017。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102007/65469848

この記事へのトラックバック一覧です: 高城寺の庚申塔を見に訪れてみた2017。:

« 本土寺(あじさい寺)にて、紫陽花鑑賞してきた2017。 | トップページ | 西遊馬氷川神社にて、お囃子鑑賞した2017。 »