« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月31日 (水曜日)

鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア(車両センター会場)に行ってきた2017。

大宮は鉄道の町。今年も大宮駅周辺で鉄道イベント開催。train

20170531_dd51

さて、やってきたところは、埼玉県さいたま市大宮区にある大宮総合車両センターです。ここで、2017年5月27日(土)、鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェアが開催されました。さいたま市とJR東日本が主催する鉄道イベント。大宮駅周辺の各会場にて催し物があるよ。cancer

ここ、車両センター会場は、JR東日本の鉄道工場である。イベントにあわせ、いろんな車両が展示されています。こちらでは、DD51-842・EF65・EF65-501が展示されている。機関車かっこいいね。leo

20170531_gate

車両センター会場の入口ゲート。今年はJR発足30周年を迎えた。door

20170531_kaijyou_1

大宮総合車両センターには、鉄道ファンや家族連れが多く訪れています。capricornus

20170531_clear_file

大宮総合車両センター入口受付にて、毎年恒例のクリアファイルが貰えます。今年のデザインは、253系とEV-E301系の車両でしたね。present

20170531_map

会場内マップ。ぐるり回るのに、敷地広さありますよ。carouselpony

20170531_mokei

資料館1階では、鉄道模型ジオラマがあり。subway

20170531_sl

SL走行の写真。白い煙をあげ、かっこいいね。dash

20170531_de10

こちらは、ディーゼル機関車DE10-1557です。apple

20170531_ev_e301

こちらは、EV-E301系です。蓄電池電車で、非電化区間も走行できます。愛称は「ACCUM」(アキュム)で、現在、烏山線で運転されています。thunder

20170531_kyuukeihiroba

こちらは、休憩広場。芝生が敷かれているので、座ってのんびりできます。敷地広いので休憩場所はありがたいですね。club

20170531_253

今年の試乗会は、253系を使用。特急日光号・きぬがわ号で運行されている。maple

20170531_hayabusa

遊覧列車はやぶさ号が施設内をぐるり走る。clip

20170531_odakyuu

工場内には、あらっ、小田急の車両がいたな。train

20170531_211

211系です。日光線と表示していた。train

20170531_syokudou

食堂に行ってみた。チキンカリーが気になったが、売り切れだった...。horse

20170531_higashiguti

車両センター会場を出て、東口まちなか会場にやってきた。銀座通りは車両通行止めにしてイベント開催。foot

20170531_mini_hayabusa

ミニ新幹線の試乗がありました。chair

20170531_tetsudou_mokei

次は、大宮駅構内会場へ。こちらは、TOMIXの鉄道模型ジオラマがあった。ribbon

20170531_tetsudou_mokei_2

新幹線勢揃い。ドクターイエローやエヴァ新幹線も。bullettrain

20170531_yoroizuka_park

そして、西口まちなか会場へ。鎧塚公園では、新幹線沿線地域物産展や観光PRがあり。gasstation

20170531_stage

スギテツ ライブ&トークショーがありました。notes

大宮駅周辺は、鉄道イベント一色、鉄道の日でしたな。run

という事で、鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェアに行ってきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170531_poster

告知ポスターです。memo

「鉄道のまち大宮 鉄道ふれあいフェア」 開催日:2017年5月27日(土) 開催時間(車両センター会場)9時30分~15時30分(入場は15時まで) 会場:車両センター会場(大宮総合車両センター:埼玉県さいたま市大宮区錦町1017)・西口まちなか会場(鎧塚公園ほか)・東口まちなか・大宮駅構内会場(銀座通り、大宮駅コンコースほか) 入場無料info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月30日 (火曜日)

第16回さいたま市浦和うなぎまつりに行ってきた2017。

たのしい おいしい おもしろい。毎年恒例浦和鰻祭り。fish

20170530_unakocyan_2

さて、やってきたところは、埼玉県さいたま市浦和区にある埼玉県庁駐車場です。ここで、2017年5月27日(土)、第16回さいたま市浦和うなぎまつりが開催されました。鰻の町「浦和」で、毎年5月第4土曜日に開催される鰻イベントだ。penguin

浦和うなこちゃんも会場に登場。記念撮影に応じていました。camera

20170530_yaki

鰻を捌いたり、焼いたり実演見る事が出来ます。見ているだけで、香ばしさも漂い美味しそう...。delicious

20170530_gyouretsu

鰻祭りの1番のお目当ては、うなぎ弁当の購入だ。ゲットする為、朝早くやってきました。8時45分会場に到着したが、既に大行列。早く並ぼう!。run

20170530_seiriken

まず、行列に並んでいる人たちに、順に整理券が配布されていきます。私もなんとかゲット。この整理券配布は8時56分で終了した。ギリギリだった...。coldsweats02

チケット販売開始は9時からなのだが、それを待たずに整理券配布終了。う~ん、凄まじい。昨年も9時すぎで受付終了になったので、うなぎ弁当を購入したい場合は、8時台後半までには並ぶべしです。clock

20170530_hanbaijyo

行列に8時45分に並び、うなぎ弁当の販売購入場所にたどり着いたのが10時05分。1時間20分並びました...。snail

うなぎ弁当は1個1500円です。おひとり様3個まで。ticket

20170530_ticket

購入場所で、うなぎ弁当チケットと引き換えます。ticket

20170530_gyouretsu2

次は、うなぎ弁当引き換えの為に、また行列に並びます。会場の最奥が引き換え場所。しょうがない、並ぶかぁ...。despair

20170530_ukewatashi

ようやく、うなぎ弁当がゲットできました。この行列には17分待ち。present

20170530_bar

うなぎ弁当にお供にはコレだ。焼酎Barときわでは、各種焼酎が取り揃えていて、ショット1杯300円で頂ける。今回は、芋焼酎「風憚」にしました。bottle

20170530_unagi_bentou_1

じゃん。頑張って並んでゲットした、うなぎ弁当です。マスコット、浦和うなこちゃんが描かれたパッケージ。ちなみに、このキャラクターデザインは、アンパンマンの作者・やなせたかしさんが担当しています。art

20170530_unagi_bentou_2

フタをパカッ。おぉ、いいねぇ。cat

20170530_unagi_bentou_3

さらに、ドン!。この食欲そそる鰻。ここ数年はなかなか鰻の数が減っているので、貴重である。では、頂きます。パクッ、旨い!。美味しく味わいました~♪。good

20170530_song

やなせたかしさん作詞のウナギヌラヌラソングの歌詞があるよ。notes

20170530_kaijyou_11

浦和のうなぎ弁当は早々と売り切れになるが、他に茨城県古河市のブースでもうなぎ弁当が販売されます。2000円ではあるが、こちらで買う手もあります。dollar

鰻の他にも、いろんなグルメ販売があり楽しめます。restaurant

20170530_cyokubai

会場内では、さいたま市産の農産物直売所もあった。apple

20170530_oden

追加でおでんを購入。具材を選べるのが良いね。riceball

20170530_nagamaki2

11時から浜松うなぎ長巻寿司が作られました。完成後、1口サイズにカットされます。それらは、来場者に無料で配布されます。riceball

20170530_nagamaki

11時20分頃配布開始。1個ゲットしました。これまた美味しいね。riceball

20170530_ieyasukun

浜松のゆるきゃらも登場したよ。こちらは、出世大名家康くん。leo

20170530_naotoracyan

そして、今年ブームの、出世法師直虎ちゃんです。virgo

20170530_nuu

さいたま市のPRキャラクター・つなが竜ヌゥも登場。子供たちに人気だね。gemini

20170529_cafe

埼玉県庁の北側にあるコバトンカフェに移動した。ここでもイベントがあり、コバトンお誕生日会が開催されました。コバトンが17歳になられるとの事で、さいたまっちやファンらと共にお祝いされました。じゃんけん大会やジェスチャークイズ大会等が行われたそうです。karaoke

20170529_satsuei

イベント後、誕生日ケーキの無料配布や写真撮影タイムがありました。ケーキ美味しかったよ。その訪問レポは、「コバトンお誕生日会に立ち寄ってみた2017。」へどうぞ。paper

20170530_keihin_touhoku_line

さて、会場へのアクセス。最寄駅は、JR宇都宮線・高崎線・京浜東北線浦和駅です。train

今年に限り?、会場は埼玉県庁駐車場になっています。浦和駅西口から徒歩約10分程です。もしくは、国際興業バスで県庁前バス停下車すぐです。浦和駅~県庁前バス停間は運賃100円です。bus

20170530_kouji

現在、浦和駅西口地下通路は工事中です。東西連絡通路と西口パスターミナルを、バリアフリーで接続する為。それにより、駅前に設置されていた「浦和うなこちゃん石像」は仮移設されています。ship

20170530_unakocyanzou

仮移設先は、浦和コルソ前です。浦和うなこちゃん、うなぎまつりのうちわ持っているよ。cancer

20170530_kaijyou_12

天気よく快晴の中、多くの来場者でしたね。例年は、さいたま市役所が会場なのだが、さいたま市庁舎耐震補強工事の影響で、今年は埼玉県庁に変更しての開催となった。今回も、うなぎ弁当ゲットでき、美味しかったですな。本当は、もうちょっと気軽にうなぎが食べる事が出来ると良いけどね。dog

という事で、第16回さいたま市浦和うなぎまつりに行ってきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去開催時訪問レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170530_poster

告知ポスターです。memo

「第16回さいたま市浦和うなぎまつり」 開催日:2017年5月27日(土) 開催時間:10時~15時 場所:埼玉県庁南側駐車場 JR浦和駅西口から徒歩約10分・国際興業バス県庁前バス停下車すぐ JR中浦和駅西口から徒歩約13分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月29日 (月曜日)

コバトンお誕生日会に立ち寄ってみた2017。

コバトン17歳になります!。birthday

20170529_kobaton

さて、やってきたところは、埼玉県さいたま市浦和区にあるコバトンカフェです。ここで、2017年5月27日(土)、コバトンお誕生日会が開催されました。埼玉県庁で開催されたうなぎ祭りの帰りに、コバトンカフェに行ってみたらこのイベントが開催されているのを知った。shoe

埼玉県のマスコットキャラクター「コバトン」が、さいたまっちと一緒に来場者と記念撮影されました。camera

20170529_cafe

コバトンカフェでは、ピザやカフェが頂ける。コバトンやさいたまっちなどのキャラクターグッズも販売しているよ。cafe

20170529_omedetou

コバトンの誕生日は、平成12年(2000年)5月31日です。なので、今年で17歳の誕生日を迎えます。おめでとう!!。birthday

20170529_cake

コバトンカフェに立ち寄った時は、既にお誕生日会は終了していた。で、コバトンへの誕生日ケーキが、来場者に無料ふるまいされました。cake

20170529_cake_2

フルーツたっぷりのケーキ、美味しそうだね。cake

20170529_cake_3

では、パクッ。うむ、美味しい~。delicious

20170529_satsuei

ちなみに、写真左側がコバトン、右側がさいたまっちです。karaoke

20170529_info

たまたま、この案内板があって、お誕生日会が開催されたのを知って、コバトンカフェに行ってみました。お誕生日会には、約300人ほどのファンがお祝いに駈け付けた。じゃんけん大会やジェスチャークイズ大会などがあったようです。art

という事で、終わった後だったが、コバトンお誕生日会を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、埼玉県庁駐車場で開催されたうなぎまつり訪問レポは、「第16回さいたま市浦和うなぎまつりに行ってきた2017。」へどうぞ。paper

「コバトンお誕生日会」 開催日:2017年5月27日(土) 開催時間:9時30分~11時15分 会場:コバトンカフェ(埼玉県さいたま市浦和区高砂3丁目13−3 衛生会館1階) JR浦和駅から徒歩約10分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月28日 (日曜日)

ザ・プレミアム・モルツ フェスティバルinさいたま新都心コクーンシティ2017。

プレモルの試飲はいかが?。beer

20170528_cocoon

さて、やってきたところは、埼玉県さいたま市大宮区にあるコクーンシティです。コクーン2 コクーンひろばにて、2017年5月26日(金)・27日(土)、ザ・ブレミアム・モルツ フェスティバルが開催されました。bell

新しくなったザ・プレミアム・モルツを、工場直送で楽しめるビアガーデンスタイルの期間限定イベントを開催。notes

20170528_beer_1

ビールは、「ザ・プレミアム・モルツ」・「ザ・プレミアム・モルツ <香る>エール」・「ザ・プレミアム・モルツ <黒>」・「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム」の4種類。libra

1杯200円とリーズナブルだ。マスターズドリームだけ350円。dollar

20170528_beer_2

で、1杯目は、ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリームだ。他重奏で、濃密。では、頂こう。グビッ、ぷはぁ~。美味しいね。beer

20170528_beer_3

2杯目は、ザ・プレミアム・モルツ <香る>エールです。フルーティで豊かな味わい。では、ぐびっ。これまた旨い。4種類の中では、これが1蕃好きだなぁ。happy02

20170528_kaijyou

蒸し暑い日には、冷たいビールが喉を潤して美味しいですな。good

という事で、コクーンシティで開催されたザ・プレミアム・モルツ フェスティバルに行ってきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170528_panf

全国17都市で開催しています。atm

  • [札幌] JR札幌駅南口広場
  • [仙台] AER アエル広場
  • [千葉] 千葉市中央公園(食楽ICHIBA内)
  • [埼玉] コクーンシティ コクーン2 コクーンひろば
  • [東京] 六本木ヒルズ 大屋根プラザ
  • [東京] JRA東京競馬場内(内馬場エリア)
  • [横浜] 横浜ベイクォーター
  • [新潟] 万代シティ(万代アースフェスタ内)
  • [金沢] 香林坊アトリオ広場
  • [静岡] 新静岡セノバ(けやき通り口)
  • [名古屋] 久屋大通庭園フラリエ
  • [京都] 元離宮二条城「緑の園」
  • [大阪] 西梅田スクエア
  • [神戸] 神戸ハーバーランド スペースシアター
  • [広島] 紙屋町 シャレオ中央広場
  • [高松] 高松丸亀町壱番街前ドーム広場
  • [福岡] JR博多駅前広場(博多口)
  • [沖縄] タイムスビル

最寄りの会場で味わってみてはいかがかな?。sun

「ザ・プレミアム・モルツ フェスティバル」 開催日:2017年5月26日(金)~27日(土) 開催時間:11時~20時(26日は15時から) 会場:コクーンシティ コクーン2 コクーンひろば (埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4丁目263-1) JRさいたま新都心駅から徒歩約3分 入場無料info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月27日 (土曜日)

酒田駅近くにある居酒屋「海彦」で、美味しい地魚と旨い地酒を味わう2017。

酒田駅近くにある隠れ家的居酒屋さんです。house

20170527_umihiko

さて、やってきたところは、山形県酒田市にある居酒屋「海彦」です。JR羽越本線坂田駅から徒歩約4分程にある佳宵径ビル2階にお店を構えます。初めて訪れたが、地図を片手にでないとたどり着くのが難しいかもしれない。memo

酒田駅構内観光案内所で取得した「さかた食さんぽ」のパンフレットに紹介されていたお店。酒田駅周辺にある居酒屋で今回チョイスしてみたのが、このお店だ。では、入ってみましょう。door

20170527_otoushi

店内は6名程のカウンター席のみ。主人が1人切り盛りしていました。aries

まずは、生ビール1杯。ぷはぁ~と頂く。そして、お通しの小鉢は、「さかた食さんぽ」のパンフレット持参特典で、[初回限定]小鉢1つサービス。なので、小鉢2品頂けた。家庭的な品が、ほっとします。japanesetea

20170527_jizakana

港町酒田を訪れたので、刺身を頂こう。fish

お供には、山形県庄内町の鯉川酒造 恋の川 純米吟醸を頂く。ぷふぉ~、この地酒おいしいね。bottle

20170527_jizakana_2

地魚刺身2種盛りを頂く。ぷりっとした新鮮な白身魚が、またたまらない。happy02

ちょっと、おまけも頂いて、ありがたや。cat

常連のお客さんがいて、お酒などお裾分けも頂けました。おぉ、酒田の人はいい人だぁ~。heart01

20170527_wakame

最後に、ワカメも頂く。このしっかりとしたワカメ、なかなかなものです。crown

なんか、まったりと夜の酒田、美味しく味わえました。restaurant

Google Mapより。さて、お店は、佳宵径ビルにあります。「かよいみち」ビルと読む。酒田駅からまっすぐ歩き、八雲神社がある御成町交差点を左折。40m程進むと、右手に黄土色の建物があります。夜だと、気付かず通り過ぎてしまうかも。t-shirt

左手の細い通路を、まず、真っ直ぐ進みます。club

20170527_tsuuro

夜はこんな感じ。真っ暗で、本当にお店があるのか半信半疑になる。先へ進むと、右手に階段があります。2階へ上がりましょう。2階の通路を進むとお店があります。denim

初めて訪れるには、勇気がいるかも知れないが、駅の観光案内所でマップ「さかた食さんぽ」を持ち、お店に入ってみるとよいでしょう。掘り出し物のお店になるかも知れませんよ。地魚と地酒を酒田駅周辺で味わうなら、このお店のチョイスもありです。dog

という事で、語楽居茶屋「海彦」で美味しいお魚・地酒を味わったレポでした~。happy01

20170527_panf

「さかた食さんぽ」パンフレットにて紹介。book

「語楽居茶屋 海彦」 〒998-0032 山形県酒田市相生町2-1-4 佳宵径ビル2階 TEL:0234-23-4890 17時30分~23時 定休日:日曜 JR羽越本線酒田駅から徒歩約4分info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金曜日)

JR羽越本線酒田駅を訪れた2017。

山形県北西部の中心駅の1つ、初めて訪れたよ。sagittarius

20170526_sakata_st_2

さて、やってきたところは、山形県酒田市にあるJR羽越本線酒田駅です。山形県北西部、庄内地方の中心駅の1つである。地方都市らしい往年の駅舎だね。event

20170526_youkoso

粋な文化に出会う街「ようこそ湊・酒田へ」と歓迎幕が掲げられている。酒田市は、日本海沿いに位置する港町だ。wave

20170526_inaho

羽越本線を走行する代表列車、特急いなほ号です。E653系。bullettrain

20170520_rikuu_saisen_4

新庄へ直通する陸羽西線(奥の細道・最上川ライン)。キハ110形。subway

20170526_uetsu_line

酒田~秋田間を運行する普通電車。701系。subway

20170526_sakata_st_3

駅ホームから先に雪化粧した山々が眺められるよ。snow

20170526_renrakukyou

2・3番線ホームへは、階段を登り、連絡通路を通る。通路から余目・鶴岡方面を眺める。snowboard

20170526_sl

1番線ホームに、蒸気機関車9600形式・SL96-32の模型や動輪が展示されています。bomb

20170526_minatomati_sakata

酒田は米どころ。山居倉庫に木造六角灯台、酒田獅子の絵だね。art

20170526_jyoumon

日本最大の土偶「縄文の女神」です。西ノ前遺跡(集落跡)で出土され、国宝に指定されています。shadow

20170526_kirakira_uetsu

新潟~酒田間で運行されているジョイフルトレイン「きらきらうえつ」。きらきらスポットが設置されています。cat

20170526_kaisatsuguti

ようこそ粋なまち酒田へ。酒田は映画「おくりびと」のロケ地なんですね。movie

改札は自動改札機だ。さぁ、改札を出よう。ticket

20170526_tsuuro

駅を出て、左へ曲がり進むと、トイレや交番がある。その場所に、コインロッカーがあります。key

20170526_coin_rocker_1

【酒田駅のコインロッカー情報】

コインロッカー、ロッカーの数は26。(小11・中9・大6)。JR東日本管内らしく、Suica等の交通系ICカードが鍵となるコインロッカー。緑色ランプが点灯していると空きである。料金は、小が300円、中が500円、大が600円です。pouch

20170526_coin_rocker_2

荷物を入れたら、タッチパネルで操作。最後に、Suica等交通系ICカードでタッチして清算します。現金支払い時は、QRコードが印字されたチケットが鍵になります。dollar

戻ってきて、荷物を取り出すときも、ICカードタッチして開きます。yacht

20170526_cycle

酒田駅には、無料レンタサイクルが用意されています。あらかじめ、駅構内観光案内所にて受付をします。貸出時間は9時~17時です。bicycle

20170526_cycle_2

レンタサイクル無料で利用できるのはありがたいが、良さげな自転車はすぐ借りられてしまうとの事。予約はできず、先着順です。市内ぐるり観光するには、とても便利です。bicycle

20170526_youkoso_2

酒田と言えば港町。レンタサイクルを借りて、観光ぐるりと行って来ます。日本海・酒田港を訪れて魚グルメを味わおう♪。delicious

という事で、JR羽越本線酒田駅を訪れたレポでした~。happy01

「酒田駅」 JR羽越本線 〒998-0023 山形県酒田市幸町1-1-1 みどりの窓口 びゅうプラザ コンビニ お土産店info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木曜日)

快速リゾート那須野満喫号に乗車してきた2017。

武蔵野線沿線から那須へ直通する臨時電車に乗ってきたよ。train

20170525_yamadori_12

さて、週末は臨時列車に乗って黒磯へ。2017年5月20日(土)・21日(日)運転、快速リゾート那須野満喫号に乗車してきました。運転区間は、新習志野~黒磯。武蔵野線沿線から那須方面へ直通する便利な行楽列車で、使用された車両は、485系リゾートやまどり。快適な移動空間を満喫できるのだ♪。bullettrain

リゾートやまどり、普段は、大宮~高崎~長野原草津口間吾妻線(群馬県)へのジョイフルトレインとして運行されている。宇都宮線への乗り入れは年数回なので、まぁ貴重な光景である。camera

20170522_hassyahyou_3

武蔵野線沿線から乗車できるのは、ありがたい。今回は、南越谷駅から乗車します。発車標には、「全車指定 8:08 黒磯」と表示。karaoke

20170522_hassyahyou_2

ローマ字切替時は、列車名である「快速リゾート那須野満喫号」と表示。flair

20170524_nasunomankitugou_01

武蔵野線南越谷駅1番線ホームに、快速リゾート那須野満喫号が入線してきました。さぁ、乗り込みましょう。南越谷駅8時8分発。shoe

20170525_sheet

リゾートやまどりは6両編成。座席配列は1列+2列の合計3列。大きな窓で、ゆったりと車窓が楽しめます。chair

先頭黒磯方向が6号車、後方新習志野方向が1号車で、先頭方向(黒磯方向)左側が2列席(AとB)、右側が1列(C)席となる。eyeglass

20170525_sheet_2

可動式のフットレストも備えている。2号車だけはシートピッチが1550mmとさらに広く、席と席の間、足が届かないくらい離れている。boutique

20170524_ticket

快速リゾート那須野満喫号は全車指定席です。乗車には、乗車券のほか指定席券が必要です。快速の指定席券は、乗車区間関係なく一律520円です。この料金で、このゆったりシートに座れるのだから、とてもお得な感じがする。ticket

20170524_zenmen_tenbou

車両両端は展望室となり、前方の眺めも楽しめるよ。eye

20170524_syaryou_setsubi

車両設備のご紹介。座席位置も各号車ごと表示されています。telephone

20170525_kids_room

こちらは、フリースペース(キッズルーム)。4号車にある。小さな子供向けの部屋です。gemini

20170525_meeting_room

こちらは、フリーススペース(ミーティング室)。2号車にある。畳の座面ですよ。japanesetea

20170524_kuroiso_kangei

終点となる黒磯駅に到着しました。3番線ホーム、10時30分着。motorsports

駅ホームでは、駅長さん・駅員さんたちが「ようこそ黒磯駅へ」と歓迎幕をかかえ、お出迎えです。leo

途中、宇都宮駅・那須塩原駅でも歓迎お出迎えがありましたよ。bar

20170525_yamadori_1

使用された車両「リゾートやまどり」は、群馬DC開催にあわせて、2011に運航開始された車両。名称は、群馬県の県鳥「ヤマドリ」に由来する。chick

20170525_yamadori_11

リゾート列車にふさわしい車両である。yacht

20170525_ekimeihyou

リゾートやまどりの車両が、黒磯駅に停車しているのも年に数回だけである。ring

20170525_yamadori_14

連絡橋上からの眺め。山あいに合うデザイン色だよね。art

20170525_kuroiso_st_1

黒磯駅を下車しました。列車名の通り、ちょいと、那須野を満喫してきましょう!。run

20170525_cyausudake

那須ロープウェイに乗って山頂駅へ。茶臼岳の9合目に位置します。そこから、少しだけ登ってみました。急坂な山道をえいこらしょっ、ハーハーゼーゼーしながら登り後ろを振り返ると...。眼下には那須山麓が広がる雄大な景色。いいですなぁ。快晴で風もあまりない絶好な天気。いいね!。fuji

20170525_cyausudake_2

山の尾根が眺められるのも、また良し。snail

今回は滞在時間が短いので、すぐ戻りロープウェイで下山しました。snowboard

20170525_tutuji_gunraku

八幡ツツジ群落の中の森林。遊歩道が整備されている。foot

20170525_tutuji_gunraku_2

八幡のツツジ群落、中央展望台からの眺め。ツツジの見頃はあともう少し先かな?。maple

20170525_sessyouseki

こちらは、殺生石。那須湯本温泉付近の溶岩。火山ガスが絶えず噴出する。松尾芭蕉の「おくのほそ道」にも登場する。spa

20170525_minamigaoka_bokujyou_1

次に、南ヶ丘牧場にやってきた。餌やり..。taurus

20170525_milk

牧場を訪れたら、やっぱり牛乳だな。taurus

まだ、他にもいろいろとまわってみたかったが、帰りの電車の時間が近づいたので、残念ながらも、戻る事にした。weep

20170525_hassyahyou_21

黒磯駅に戻ってきました。帰りも、リゾート那須野満喫号に乗るよ。黒磯駅の発車標には珍しい「新習志野」の文字が。bicycle

20170525_yamadori_15

白地の駅名標は、今では、懐かしく思える。riceball

20170525_yukisakihyou

行先標は「臨時 Extra」と表示。ribbon

20170525_yamadori_16

まもなく発車なので、列車に乗り込もう。黒磯駅3番線ホーム16時35分発です。watch

昨年運行時は、17時26分発だったのだが、今年は約1時間早められました。那須の滞在が1時間短くなって残念...。weep

20170525_kippu_2

帰りの指定席券。ticket

20170525_tonegawa

利根川を渡ります。夕陽が見える。sun

20170525_yamadori_13

帰りは新松戸駅まで乗車しました。19時25分着。乗り換えなしで来られるので、楽な電車だ。motorsports

武蔵野線を通る臨時列車という事で、初夏の行楽、この電車を利用して、那須を楽しんできました。おでかけのきっかけになるので、こういう行楽列車、いろんな所で運行して欲しいものですね。good

5月27日(土)・28日(日)は、快速リゾートやまどり那須号として高崎~黒磯の運転、6月3日(土)・4日(日)は、快速リゾート那須野満喫号として八王子~黒磯の運転があります。さらに、5月27日(土)・28日(日)は、快速那須野満喫号として新習志野~黒磯の運転があり、車両はE257系5両編成が使用されます。subway

という事で、快速リゾート那須野満喫号に乗車して、那須野を満喫してきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去運転時の乗車レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

『運転情報』 2017年

【列車名】  快速 リゾート那須野満喫号

【運転区間】 新習志野 ~ 黒磯

【運転日】  2017年5月20日(土)・21日(日)

【使用車両】 485系 リゾートやまどり (YD01編成)

【車両情報】 6両編成(全車指定席)

【往路】 (9722M-9523M) 新習志野07:20-南船橋07:24-西船橋07:34-新松戸07:51-南越谷08:08-南浦和08:19-大宮08:32-蓮田08:41-久喜08:50-古河09:05-小山09:18-09:42宇都宮09:47-西那須野10:17-那須塩原10:23-10:30黒磯

【復路】 (9526M-9727M) 黒磯16:35-那須塩原16:41-西那須野16:46-17:20宇都宮17:25-小山17:47-古河18:01-久喜18:16-蓮田18:27-18:35大宮18:38-南浦和18:57-南越谷19:09-新松戸19:26-西船橋19:42-南船橋19:49-19:52新習志野

◇ 5/27(土)・28(日)は、高崎~黒磯にて快速リゾートやまどり那須号を運転。

◇ 6/3(土)・4(日)は、八王子~黒磯にて快速リゾート那須野満喫号を運転。

◇ 5/27(土)・28(日)は、新習志野~黒磯にて快速那須野満喫号を運転。車両はE257系。

20170524_panf_info

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水曜日)

笹塚・兎屋(うさぎや)で、朝獲れ鮮魚と地酒を味わう2017。

羽田市場の超速鮮魚、新鮮なお魚と地酒を味わえます。fish

20170524_usagiya

さて、やってきたところは、東京都渋谷区にある兎屋(うさぎや)です。笹塚駅から線路沿いに歩いて徒歩約3分、新鮮なお魚料理や地酒などが味わえる居酒屋ダイニングだ。house

初めての訪問。では、入ってみましょう。door

20170524_otoushi

まずは、笹塚ビールで1杯。ぷはぁ~。お通し、これがまた美味しい。メニューとして出しても良いくらいだ。beer

20170524_sashimi

天然朝獲れ鮮魚と熟成魚 刺身盛り合わせです。鹿児島・奄美のハチジョウアカムツ、秋田・牧之原のメジマグロ、北海道・根室のマツカワカレイ、熟成・小田原の石鯛です。うむ、美味しい。fish

羽田市場の超速鮮魚、日本各地から空輸された新鮮なお魚が届くそうだ。テレビ東京のガイアの夜明けで、このお店と共に紹介されました。tv

20170524_kaki

北海道・厚岸カキ、三重県・浦村カキ、大分県・くにさきオイスターの生カキ食べ比べセット。それぞれ違いが味わえるのが良いね。snail

20170524_basashi

熊本県産の馬刺し盛り合わせ(霜降り・赤身)です。ウマ~い!。horse

20170524_gyuhire

牛ヒレ肉のタタキ風ステーキ。柔らかい牛の赤身肉を鉄板焼きしました。美味しい~♪。pig

20170524_jizake_2

兎屋だけに、うさぎのとっくり。お店には、日本酒マイスターがおられるので、おすすめの1杯を選んでくれるよ。bottle

20170524_todays_menu

本日のおすすめメニューです。clock

20170524_jizake

日本酒地酒が各種おいてあります。味の違いを愉しんでみよう。bottle

20170524_menu

お魚料理がメインではあるが、兎屋の4大名物もあり、どれも美味しそうで食べてみたいです。book

20170524_keio_line

さて、お店への最寄り駅は、京王線笹塚駅です。train

20170524_usagiya_2

笹塚駅から幡ヶ谷方面へ高架沿いに3分程歩くとお店に到着します。結構満席になりそうなので、座席予約しておくと良いかもです。美味しいお店、御馳走様でした。good

という事で、兎屋でお食事したレポでした~。happy01

「兎屋」(うさぎや) 〒151-0073 東京都渋谷区笹塚1-10-6 1階 TEL:03-5454-9003 平日:16時~22時・土祝:15時~22時 定休日:日曜 京王線笹塚駅から徒歩約3分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火曜日)

ガーヤちゃんの蔵屋敷に行ってみた2017。

越谷駅前に越谷の魅力を発信する施設がオープン!。birthday

20170523_kurayashiki_2

さて、やってきたところは、埼玉県越谷市にある新たな越谷の魅力発信施設「ガーヤちゃんの蔵屋敷」です。日光街道の宿場町「越ヶ谷宿」の玄関口でもある越谷駅東口に、2017年5月21日(日)オープンしました。外観は江戸時代の蔵をイメージされたようです。house

20170523_taiken

こしがやを「持ち帰る」「食する」「案内する」「体験する」などをコンセプトに、越谷市の魅力を発信します。karaoke

体験ブースでは、オープニング記念で、せんべいの手焼き体験がありました。そのあと、山菜天ぷらの販売もあり。fullmoon

20170523_jiorama_1

驚きのブースは、ココ!。鉄道模型ジオラマがあるのです。越谷市をモチーフにしたレイアウトだ。game

20170523_ziorama_2

鉄道ジオラマ体験ができます。JR武蔵野線・東武スカイツリーライン・東武りょうもう・東武スペーシアの4種を運転できる。自分で持込による運転も可能だ。fuji

20170523_ryoukinhyou

鉄道ジオラマ体験の運転料金は、土日祝だと15分500円です。持込は35分1000円です。rouge

20170523_kura_cafe

建物内のメインは、越谷ご当地物産の販売でしょう。中に入ってみよう。event

20170523_bussan

越谷の特産品等の他、吉川など近隣のご当地物産も販売しているよ。flag

20170523_sider

日本各地のご当地飲み物も数多く揃えていたな。bar

20170523_senbei

越谷特別市民であるガーヤちゃんをデザインした煎餅を購入した。ear

20170523_pan

軽食の販売もあり。パン等があった。bread

20170523_coffee

30度超す夏の暑さだったので、アイスコーヒーといちご雪を購入した。cafe

20170523_itigoyuki

越谷イチゴを使用したスイーツ「いちご雪」。ここに来れば、常時いちご雪を味わう事ができるよ。cherry

20170523_tobu_line

アクセス交通手段。最寄駅は、東武スカイツリーライン越谷駅です。train

20170523_koshigaya_st_east

越谷駅東口下車です。駅前ロータリーには、赤いツツジが咲く。tulip

20170523_kurayashiki_1

越谷駅東口を出て、高架沿い北側(春日部方向)にちょっと歩いてすぐです。越谷駅を利用する際に、ぶらり立ち寄れますね。オープン初日の他、次の週末、5月27日(土)・28日(日)もオープニングイベント開催されますよ。airplane

という事で、オープンしたての、ガーヤちゃんの蔵屋敷を訪れたレポでした~。happy01

「ガーヤちゃんの蔵屋敷」 〒343-0816 埼玉県越谷市弥生町505-2 TEL:048-940-5550 9時~20時 定休日:月2回・年末年始 東武スカイツリーライン越谷駅東口出てすぐinfo02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月曜日)

浅草三社祭に行ってきた2017。

東京初夏の風物詩、神輿が浅草を練り歩く。leo

20170522_mikoshi_2

さて、やってきたところは、東京都台東区の浅草雷門前です。2017年5月19日(金)~21日(日)は、平成29年度浅草三社祭が開催されました。最終日の5月21日(日)は、本社神輿各町渡御が行われ、浅草界隈は活気にあふれています。「エイサ!」drama

20170522_mikoshi_1

朝から陽が暮れるまで、練り歩くみたいなので、相当タフな祭りだ。fastfood

20170522_taikohayashi

太鼓囃子も通りますよ。snail

20170522_kaminarimon

雷門も神輿が通るので、祭りの日は提灯が畳まれているんですよ。bell

30度を超すとても暑い日でした。浅草は威勢でさらに熱気あふれていました。sun

という事で、浅草三社祭に行ってきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170522_poster

告知ポスターです。memo

「浅草神社例大祭 三社祭」 開催日:2017年5月19日(金)~21日(日) 会場:浅草寺周辺一帯info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日曜日)

第17回けやきひろば春のビール祭り2017に行ってきた。

さいたま新都心で恒例のクラフトビール祭典開催。beer

20170521_kaijyou

さて、やってきたところは、埼玉県さいたま市中央区にあるさいたま新都心けやきひろばです。ここで、2017年5月17日(水)~21日(日)、けやきひろば春のビール祭りが開催されました。年2回春と秋に開催する恒例イベント。今回で17回目の開催。多くのビールファンで大賑わいである。beer

20170521_beer

新緑のけやきの木々の中で飲むビールは美味しい。気温30度超えの暑さだったので、もう、どっと飲み干す感じだ。飲んだのは、木曽路ビールのナイアガラペールエール。信州産白ぶどうをふんだんに使ったビール。beer

20170521_hanbai

けやきひろばプラザ1階では、お土産ビール販売コーナーがあります。気に入ったビールは、ここで購入できますよ。24hours

20170521_jr_line

会場へのアクセス。最寄駅は、JR宇都宮線・高崎線・京浜東北線さいたま新都心駅です。(湘南新宿ラインは通過)。徒歩約2分。他に、JR埼京線北与野駅から徒歩約5分の手段もあり。train

20170521_beer2

今回は、会場がものすごく混雑していた事。そして、30度超えの暑すぎた事。なので、早めに切り上げて、けやきひろばプラザ1階にある銀座ライオンで、涼しみながらビアホールの味わいを楽しみました。beer

今回、テントエリアを増設した事で、余計に会場内が混雑してしまったな。そもそも、飲むスペースが無さすぎた...。それだけ巨体なイベントに成長しました。昔のまったりビールが味わえた頃が良かったなぁ..。think

という事で、けやきひろば春のビール祭りに行ってきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去イベント開催時の訪問記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

20170521_panf

配布されていた会場案内図。memo

「けやきひろば春のビール祭り」 開催日:2017年5月17日(水)~21日(日) 開催時間:11時~21時(17日は16時から・21日は20時まで) 会場:さいたま新都心けやきひろば 入場無料 JRさいたま新都心駅から徒歩約2分・JR北与野駅から徒歩約5分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土曜日)

JR陸羽西線(奥の細道最上川ライン)に乗って、新庄駅から酒田駅へ2017。

山形県北部最上川沿いに走る列車に乗りました。train

20170517_rikuusaisen

さて、やってきたところは、JR新庄駅です。これから、JR陸羽西線に乗車しますよ。陸羽西線は、新庄駅(山形県新庄市)から余目駅(山形県庄内町)までを結ぶ路線で、「奥の細道最上川ライン」の愛称がつけられている。路線距離は43.0km。subway

20170520_hassyahyou

新庄駅の発車標。flair

陸羽西線の運転本数は1日10本。(内6本は酒田まで運転)。本数が少ないので、発車時刻の確認は必要です。clock

20170520_rikuu_saisen_2

これから乗車する陸羽西線は、3番線ホームから出発。車両はキハ110形気動車2両編成です。signaler

新庄駅では、各路線へ階段無し平面移動できます。snail

20170517_syako

新庄駅3番線ホームの先端からの眺め。レンガ造りの車庫が見えますよ。event

20170520_rikuu_saisen_3

まもなく発車時刻なので、列車に乗り込んだ。run

新庄駅11時15分発陸羽西線酒田行き出発しました。bell

20170520_ticket

乗車券です。新庄から酒田までは、運賃970円です。(55.2km)ticket

ワンマン運転だが、乗車した日がGWという事もあってか、車掌も乗務していました。車内改札もあった。leo

20170520_syasou_1

新庄駅を出ると、広大な畑が広がります。bud

20170520_syasou_2

先に見える鳥海山の山々が雄大だな。山はまだ雪化粧だ。fuji

20170520_sakegawa

最上川の支流である、鮭川を渡る。(羽前前波~津谷間)。mist

20170520_syasou_3

津谷~狩川間は、路線愛称名の通り、最上川沿いを走行します。大きな川ですね。くねくねカーブしながら走行していきます。fish

20170520_shiraitonotaki

高屋駅を超えたあたりに、白糸の滝が見えます。日本の滝百選の1つ。草薙温泉の対岸に位置する。aquarius

20170520_yaezakura

狩川駅に停車。駅前に咲く八重桜。見事ですね。cherryblossom

20170520_syasou_4

狩川駅から先は最上川から離れ、庄内平野を走行していきます。おぉ、真っ直ぐの線路だ。airplane

20170520_untinhyou

陸羽西線はワンマン運転なので、切符を持っていない乗客は、整理券を取得し、運賃表を見て降車時に運賃箱にお金を入れます。dollar

陸羽西線は新庄~余目間である。乗車している列車は酒田行き。余目~酒田間は羽越本線に乗り入れて運行します。cancer

20170520_rikuu_saisen_4

12時18分、終点酒田駅0番線ホームに到着しました。1時間3分の乗車でした。キハ110形お疲れ様。陸羽西線、いい車窓でした♪。motorsports

という事で、JR陸羽西線(奥の細道最上川ライン)に乗って、新庄駅~酒田駅間を乗車してきたレポでした~。happy01

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

『運転情報』

【列車種別】  普通

【運転区間】 新庄 → 酒田

【運転日】  毎日

【使用車両】 キハ110形

【車両情報】 2両編成

(157D) 新庄11:15→羽前前波11:25→津谷11:29→古口11:34→高屋11:42→清川11:48→狩川11:53→南野11:57→余目12:02→北余目12:06→砂越12:10→東酒田12:14→12:18酒田

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金曜日)

魚料理「山葵屋」(わさびや)で、新鮮なお刺身と地酒を味わう2017。

新庄駅前をぶらり居酒屋探索。そんな中、入ってみたお店です。penguin

20170519_otoushi

さて、やってきたところは、山形県新庄市にある魚料理「山葵屋」(わさびや)です。新庄駅から徒歩約3分と駅の近くにある居酒屋さんです。魚料理と店に書かれていたので、ちょいと入ってみました。snail

まずは、瓶ビール。そして、お通しがきました。おぉ、なかなかいい感じ。restaurant

20170519_sashimi

本日のおすすめ品から注文。本日の白刺身と庄内産ヤリイカ刺しです。新鮮なお魚は、宮城仙台や山形庄内などから届くそうだ。fish

20170519_shiromi

「本日の白身刺」。ぷりっといいですね。fish

20170519_ika

「庄内産ヤリイカ刺し」。山形県庄内産、県内で獲れたイカを食す。これまた良し。pisces

20170519_himegoto

地酒を頂こう。松山酒造の「秘めごと」です。山形県酒田市の酒蔵で造るお酒。鳥海山系の伏流水を使用されていて、すっきりの中にも芳醇さを出す旨さだ。bottle

20170519_kouji

ちょいと焼き物で。「鳥こうじ焼き」です。皮はパリッと焼いて香ばしく。お酒につまみに食が進みます。happy02

20170519_today_menu

本日のおすすめ品です。刺し身・焼き物など、いろいろあるよ。memo

20170519_menu

メニューです。memo

20170519_wasabiya

山葵屋に隣接して、「魚のやまよ」があります。魚屋さんなので、いろんな新鮮なお魚が、山葵屋で頂けるのですね。24hours

落ち着いた和食居酒屋なので、海のものを食べたい時は、この店でいかがかな。cat

という事で、山葵屋で新鮮なお刺身と地酒を味わったレポでした~。happy01

魚料理「山葵屋」(わさびや) 〒996-0023 山形県新庄市沖の町3-23 TEL:0233-23-4820 11時30分~13時30分・18時~22時 定休日:日曜 駐車場あり JR新庄駅西口から徒歩約3分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木曜日)

新旬屋 麺 新庄本店にて、金の鶏中華を味わう2017。

新庄を訪れたら、鳥もつラーメンですね。noodle

20170518_shinsyunnya

さて、やってきたところは、山形県新庄市にある新旬屋 麺 新庄本店です。新庄では、「とりもつラーメン」が名物である。市内各所にて食べる事ができます。そんな中、1番人気はこのお店でしょう。chick

JR新庄駅から徒歩約4分の位置します。では、入ってみましょう。door

20170518_toricyuuka_set

金の鶏中華(やまがた地鶏使用)をランチセット・Aセット(ミニ豚飯)で注文しました。restaurant

20170518_toricyuuka

お店の看板メニュー、あっさり醤油味「金の鶏中華」です。やまがた地鶏使用にアップグレード。noodle

至極の一杯。では、頂きます。おぉ、スープが鶏の味わいが澄んでいいね。金色のスプ。これは、美味しい。麺はちぢれ麺だ。名物の鳥モツが入って、さらに、きんかん(卵巣)が1個入っています。delicious

20170518_menu_2

メニューです。つけ麺も鶏中華であるよ。chick

20170518_menu_3

海老・煮干し・酸辣バージョンもあり。fish

20170518_menu_4

味噌もあります。いろんなバリエーションがあるが、初めての訪問の場合は、まず、金の鶏中華をおすすめします。virgo

20170518_menu_5

ランチセット(サイドメニュープラス)もあり。10:30~14:30まで。clock

20170518_1pai_nyuukon

いゃあ~、鶏スープがとても美味しい。最後まで飲み干してしまいました。器の底には「一杯入魂」と書かれています。ふぅ~、ごちそう様でした。happy02

20170518_menu_1

という事で、新旬屋 麺 新庄本店にて、金の鶏中華を味わったレポでした~。happy01

「新旬屋 麺 新庄本店」 〒996-0025 山形県新庄市若葉町9−33 TEL:0233-23-4634 10時30分~14時30分・16時30分~21時(L.O.20時30分) 定休日:火曜 駐車場あり JR新庄駅西口から徒歩約4分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水曜日)

山形県北東部最上地方の中心駅、新庄駅を訪れた2017。

山形新幹線の終着駅を訪れた。bullettrain

20170517_shinjyou_st_1

さて、やってきたところは、山形県新庄市にあるJR新庄駅です。山形県の北部・内陸部の中心地「新庄市」の代表駅です。山形新幹線の終着駅にもなっている。motorsports

こちらは、西口(正面口)です。近代的な建物ですね。建物左側は、物産館等がある「ゆめりあ」です。お土産はこちらが便利。present

20170517_shinjyou_matsuri

駅舎建物に入ると、新庄まつりのディスプレイがありました。国重要無形民俗文化財・ユネスコ無形文化遺産登録となっていて、毎年8月24日~26日に祭りが開催されています。leo

20170517_hassyhyou

新庄駅改札口上にある発車標。新庄駅から4方向に行く事が出来ます。libra

南方向には、山形新幹線・山形線。北方向には、奥羽本線。東方向には、陸羽東線(奥の細道・湯けむりライン)。西方向は、陸羽西線(奥の細道・最上川ライン)。東西南北に線路が伸びます。golf

20170514_shinkansen_4

新庄駅は階段無しで、4方向全てのホームへ行き来する事ができます。こちらは、山形新幹線・山形線の線路。当駅で終端となる。snail

20170514_shinkansen_3

1・2番線には、山形新幹線E3系が停車中。東京から新庄まで直通します。bullettrain

20170514_shinjyou_st_1

新幹線が停車中のホーム。駅名標と共に。snail

20170514_shinkansen_2

現在、山形新幹線は白地に紫色のラインが入った塗装となっている。art

新庄駅へは山形新幹線に乗ってやってきました。その乗車レポは、「山形新幹線つばさ131号に乗って新庄駅まで乗車した2017。」へどうぞ。paper

20170517_ouuhonsen

3番線には、奥羽本線秋田行き701系電車が停車中。train

20170517_rikuusaisen

3番線ホームに停車中の陸羽西線(奥の細道・最上川ライン)酒田行き。車両はキハ110形気動車。subway

20170517_syako

3番線ホームの先端からの眺め。レンガ造りの車庫が見えますよ。event

20170517_basyoumaru

芭蕉丸という舟の手前には、新庄市公式イメージキャラクター「かむてん」の顔出しパネルが設置されています。かむてんという名前は、新庄市の北東にそびえる神室山は、古来より天狗が住んでいるという伝説がある事から由来する。leo

20170517_exit

新庄さ よぐきて けったにゃー

ようこそ新庄駅へ。快速リゾートみのりで訪れるのも良さそうだな。t-shirt

という事で、JR新庄駅を訪れたレポでした~。happy01

「JR新庄駅」 〒996-0024 山形県新庄市多門町1-1info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火曜日)

第1回TXながれやまオープンガーデン&江戸回廊スタンプラリー(第13回ながれやまオープンガーデン)に参加してきた2017。

流山オープンガーデンをスタンプラリーでまわってみよう。tulip

20170516_opengarden_34

さて、やってきたところは、千葉県流山市です。「第1回TXながれやまオープンガーデン&江戸回廊スタンプラリー」が、2017年5月14日(日)~16日(火)開催という事で、参加してきました。流山市内で開催される「第13回ながれやまオープンガーデン」にあわせて、つくばエクスプレスと初めての合同企画となりました。shoe

20170516_tx

つくばエクスプレスに乗って、流山セントラルパーク駅にやってきた。当駅は普通のみ停車。(快速や区間快速は通過)。train

20170516_uketsuke

流山セントラルパーク駅改札口外にて、スタート受付があります。ここで、コースマップが記載されたパンフレットが貰えます。memo

20170516_panflet_1

流山セントラルパーク駅をスタート・ゴール地点とし、流山セントラルパーク駅(1か所)、市内のオープンガーデン(3か所)、流山本町江戸回廊の立ち寄り処(2か所)、計6か所を巡りスタンプを集める事で、先着で参加者プレゼントが貰えます。present

20170516_corce_map

今回のスタンプラリーのモデルコースマップです。スタンプ設置場所等、地図があるので確認しながら巡って行きましょう。pisces

20170516_nagareyama_central_park_s

流山界隈をぶらり歩き。では、流山セントラルパーク駅を出発します。頑張って歩こう!。shoe

20170516_home_1

元々この付近は畑が広がっていたが、今では、閑静な住宅街となっている。house

20170516_minaminkaze

【ながれやまオープンガーデン】『ビストロ ミナミンカゼ』

コースルートからちょっと離れるが訪れてみた。snail

20170516_opengarden_11

お店玄関前に綺麗な花がディスプレイされています。bud

お店からローストチキンの匂いがしてものすごく食欲がそそるのだが...。まだ、スタートしたばっかりなので、ここは我慢。weep

20170516_opengarden_12

花びらがかわいらしい。ring

20170516_road_01

歩きを再開。バス通り歩道を歩くが、玄関前お花で飾られている家が多いね。bus

20170516_kadai2park

ここは、加2号公園。なんか竹林が見えるよ。ちょっと行ってみよう。xmas

20170516_tikurin

この竹林、静けさの空間。気持ちが研ぎ澄ませられる感じだな。catface

20170516_doel_center_cort

【ながれやまオープンガーデン】『東急ドエルセンターコート』

マンションの住人たちで管理しているお庭のようです。building

20170516_opengarden_21

いろんな花が植えられています。club

20170516_opengarden_22

散策しやすいように石で小路を作られている。moon3

20170516_matsuya_tei

【ながれやまオープンガーデン】『松谷邸』

スタンプラリー設置ポイントです。ribbon

20170516_opengarden_31

お家のお庭。小物だけでも庭の雰囲気がいい。cherry

20170516_opengarden_32

いろんな花を植えられるのが楽しみですね。clover

20170516_opengarden_33

ガーデンですな。japanesetea

20170516_opengarden_41

【ながれやまオープンガーデン】『黒川邸』

バラなどが咲く庭。apple

20170516_oosugi_jinjya

流山本町に入り、ながれやま江戸回廊を散策していきます。boutique

こちらは、大杉神社です。江戸時代の石造物がある神社です。spade

20170516_nagareyama_akarikan

【ながれやま江戸回廊】『流山あかり館 彩』

スタンプラリー設置ポイントです。「流山あかり館 彩(いろどり)」は、照明器具・和紙小物のお店。和紙を通した淡い灯りが雰囲気を味わえる。癒されるスローライフだ。flair

20170516_nagareyama_honcyou

流山本町の地図。昔の建物の雰囲気があり、ちょっとしたタイムスリップだ。clock

20170516_shinkawaya

こちらは、呉服新川屋店舗。恵比寿、大黒が表された屋根の鬼瓦は見事です。国の有形文化財(建造物)に登録。t-shirt

20170516_sengen_jinjya

こちらは、浅間神社。参拝のあと、拝殿の裏手へ行きましょう。house

20170516_fujitsuka

浅間神社の裏手には、富士塚があります。流山のパワースポットの1つと言われる。頂上まで登ってみました。fuji

20170516_cyoujiya

浅間神社の真向かいには、丁字屋があります。古民家レストラン、この時は満席状態でした。ピザやパスタが美味しい。delicious

20170516_towa

【ながれやま江戸回廊】『灯環』

スタンプラリー設置ポイントです。蔵のカフェ+ギャラリー「灯環(とわ)」。コーヒーは1人ずつ違うカップで提供されるそうだ。cafe

20170516_opengarden_51

入口前には色鮮やかなかわいらしい花がお出迎えしているね。tulip

20170516_nagareyama_st

流鉄流山線流山駅を眺める。関東の駅百選に選定された。eye

20170516_tonkatsu

ちょいと昼食をとろう。流山駅近くにあるとんかつ「甲子屋」(きのえねや)に入りました。特選ロースカツ定食を注文。見よ!この肉厚!。食べごたえありだ。pig

20170516_jinyaato

ちょっとコースを離れて、こちらへ。流山本町に来たならば、ここに来ないと!。danger

ここは、近藤勇陣屋跡です。新撰組近藤勇が自首した地である。土方歳三との最後の別れとなった地でもある。ボランティアガイドの方から、いろいろお話を頂きました。leo

もっと、新撰組と流山をPRしていっても良いのになぁと思う。karaoke

20170516_ryuutetsu_line

コースに戻りました。踏切を通過する流鉄流山線。流星号だ。train

20170516_nakamiti_tei

【ながれやまオープンガーデン】『中道邸』

スタンプラリー設置ポイントです。この建物は、「Antiques たちばな」です。アンティーク雑貨がありました。お庭は、手前になります。aquarius

20170516_opengarden_62

好き好きにディスプレイできるのがガーデニングの楽しいところ。smile

20170516_opengarden_61

色とりどり楽しませます。diamond

20170516_kawai_tei

【ながれやまオープンガーデン】『河合邸』

スタンプラリー設置ポイントです。ring

20170516_opengarden_72

バラですね。clover

20170516_opengarden_71

淡い色から濃い色へ。移り変わりも面白い。snowboard

20170516_opengarden_73

お庭でのんびりティータイムでも。cafe

20170516_stamp_desk

各チェックポイントでは、スタンプ押印台が設置されています。ここで、5個集めたので、あとは、ゴールの流山セントラルパーク駅へ向かうだけだ。secret

20170516_nagareyama_central_park_2

ゴールとなる流山セントラルパーク駅へ戻ってきました。ふぅ~。motorsports

流山セントラルパーク駅をスタートしてゴール戻ってくるまで、3時間42分かかりました。watch

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:10958歩 消費カロリー:546.4kcal 消費脂肪量:78.0g 歩行距離:8.32km 歩行時間:1時間33分 平均時速:5.34km/h エクササイズ量:5.6Exinfo02

20170516_sankasyou

ゴール受付にて、スタンプ押印、参加アンケートを記入後、各日先着300名の参加賞「TXオリジナルECOポットミニ種子セット」が貰えました。pencil

20170516_stamps

スタンプ6個集まりました。スタンプのデザインは、切り絵作家である飯田信義氏が制作されたそうです。hairsalon

参加賞の「ECOポットミニ 種子セット」は、魔法の土・タネ・鉢が一体となったガーデニング初心者でも簡単に栽培できるセットです。育てると、刺型種子ハーブが生えるそうだ。clover

20170516_tx_2

帰りも、つくばエクスプレスに乗車です。subway

今回、つくばエクスプレスと流山オープンガーデンが初めて合同で行われたイベント。ちょっとオープンガーデンに入りずらそうな雰囲気も、スタンプラリーにする事で気軽にお庭を拝見できる良い企画だと思う。あわせて、流山本町歴史散策もでき、楽しめる日帰りウォーキングでしたね。good

という事で、第1回TXながれやまオープンガーデン&江戸回廊スタンプラリーに参加してきたレポでした~。happy01

20170516_poster_2

「第13回ながれやまオープンガーデン」 開催日:2017年5月14日(日)~16日(火) 開催時間:9時~17時30分 会場:流山市内31か所info02

花とみどりの緑に惹かれて笑顔ほころぶ癒しの庭へ。31のお庭が皆様のお越しをお待ちしております。virgo

20170516_poster

「第1回TXながれやまオープンガーデン&江戸回廊スタンプラリー」 開催日:2017年5月14日(日)~16日(火) 開催時間:8時30分~18時 スタート・ゴール:つくばエクスプレス流山セントラルパーク駅改札口外 予約不要・参加無料info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月曜日)

ナポリタンスタジアム2017に行ってきた。

全国の隠れた絶品ナポリタンNO.1を決定する実食イベント。noodle

20170515_kaijyou_2

さて、やってきたところは、東京都墨田区にある東京スカイツリータウンです。東京ソラマチ4階スカイアリーナを会場に、2017年5月13日(土)・14日(日)、カゴメ ナポリタンスタジアム2017が開催されました。全国9エリアの地方大会を勝ちあがった、様々なナポリタンを提供する店舗が集結しました。自慢の美味しいナポリタンが食べられるよ。penguin

20170515_naporitan_1

1品目は、九州大会代表『レッフェル 流通団地店』出品、「熊本の希望 あか牛ととろとろチーズのフォンデュ DE ナポリタン」です。シチュー用牛肉をトッピングし、フォンデュチーズをかけたナポリタン。食べ応えある1品だ。one

20170515_naporitan_2

2品目は、関東甲信越①大会代表『食事処 美里』出品、「安曇野林檎ナポリタン」です。ナポリタンの上に、なんと、旬の生リンゴ千切りがのせられています。ケチャップとリンゴの甘さが合わさった1品。シャッキッとして面白い。two

20170515_tobu_line

会場へのアクセスですが..。東武スカイツリーラインとうきょうスカイツリー駅、もしくは、東京メトロ半蔵門線・都営地下鉄浅草線・東武スカイツリーライン押上駅が最寄り駅です。train

東武スカイツリーラインに乗って、とうきょうスカイツリー駅へやってきたよ。subway

20170515_ekimeihyou

駅名標です。「東京」はひらがななんですよ。pencil

20170515_kaidan

駅名の通り、東京スカイツリータウンへ直通します。おっ、スコブルブルだ。dog

20170515_skytree

東京スカイツリーを真下から眺める。やっぱり、大きな建物だよな。まだ、展望台へ登った事はないんだよなぁ...。building

20170515_kenbaiki

ナポリタンスタジアムは、食券制です。あらかじめ、券売機にて1枚500円を購入しておきます。ナポリタンは全店1品500円均一です。dollar

20170515_sample

今回出品された9品がこれらです。どれも個性的だなぁ。slate

20170515_menu_1_2

今回出品されたナポリタンのレシピの配布がありました。memo

20170515_menu_2

カゴメが主催のイベントなので、カゴメトマトケチャップの使用が基本となっているようだ。snail

20170515_granplex

2日目の14日(日)17時から投票や審査によるグランプリ発表がありました。栄えある優勝ナポリタンは?!。virgo

グランプリは、九州大会代表『レッフェル 流通団地店』出品、「熊本の希望 あか牛ととろとろチーズのフォンデュ DE ナポリタン」でした。おめでとう♪。準グランプリは、東海大会代表『洋食のことこと屋』出品、「トロトロ玉子のナポリタン ハンバーグON」でした。crown

20170515_kaijyou

ナポリタン食べて、口のまわりはケチャップで赤くなったけどね..。美味しかったです。delicious

夕方に訪れたが、待ち行列も無くすぐに味わえました。昼は混雑していたみたいですけどね。多くの人たちが、ご当地ナポリタンを味わっていました。good

という事で、カゴメ ナポリタンスタジアム2017を訪れたレポでした~。happy01

「カゴメ ナポリタンスタジアム2017」 開催日:2017年5月13日(土)・14日(日) 開催時間:10時~19時 会場:東京スカイツリータウン 東京ソラマチ 4階 スカイアリーナ(〒131-0045 東京都墨田区押上1-1−2) 入場無料 ナポリタン1食500円info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日曜日)

山形新幹線つばさ131号に乗って新庄駅まで乗車した2017。

山形新幹線に乗って新庄へ。bullettrain

20170514_shinkansen_2

さて、今回、山形新幹線を乗車しました。山形新幹線は、東京と新庄を結ぶ新幹線で、車両はE3系7両編成だ。bullettrain

車体の色は、蔵王の雪をモチーフとした白色をベースに、山形の県鳥である「おしどり」の深い紫色、車体帯は県花の「紅花」をモチーフに赤色から黄色へのグラデーションしている。現在全ての車両がこの新塗装になっている。art

20170514_hassyahyou

JR大宮駅から乗車します。改札口前の東北・山形・秋田・北海道新幹線(下り)の発車標です。17番線ホームから発車します。faxto

20170514_henseihyou

編成案内ディスプレイ。各号車の自由席・指定席・グリーン車・グランクラスの区別が分かるようになっている。golf

今回乗車する編成は、やまびこ131号(1~10号車)とつばさ131号(11~17号車)の併結運転です。長い17両編成だ。drama

20170514_hassyahyou2

17番線ホームの発車標です。つばさ131号は新庄行きだが「山形・新庄」と山形も付け加えられている。sports

つばさ号は、11号車がグリーン車、12~15号車が指定席、16~17号車が自由席です。chair

20170514_shinkansen_1

今回乗車するつばさ131号が17番線ホームに入線してきました。snowboard

20170514_yukisakihyou

行先標です。こちらも、行き先は「山形・新庄」になっているね。さぁ、乗り込もう。run

20170514_syanai_1

座席に座りました。車内の様子。乗車率は75%くらい。窓側の席はほぼ全て埋まっていた。chair

大宮駅9時48分発、つばさ131号は新庄へ向け出発しました。watch

20170514_kippu

切符です。今回は、えきねっとで予約。トクだ値10で購入できので、1割引でした。ticket

20170514_syanaihanbai

新幹線に乗車したら、楽しみは車内販売。レモンケーキ・ホットコーヒー・とちおとめアイスクリームを購入。うむ、美味しい~。cafe

時速270kmで福島駅まで快走。宇都宮・郡山には停まらず、福島駅までノンストップであっという間、10時46分着。ここで、つばさ号は新庄へ、やまびこ号は仙台へ切り離し、別々に運行されます。wrench

20170514_syasou_1

福島からは、奥羽本線、在来線を走行します。急勾配にカーブが多く、スピードは控えめで走行していく。車窓での山の眺めはいいね。秋紅葉時期だと風情ありそう。5月に入ったけど、ところどころ雪が残っていたね。maple

20170514_yonezawa_st

11時20分米沢駅に到着。carouselpony

20170514_uesugi_matsuri

米沢上杉まつりが気になるね。GW期間中開催。cat

米沢駅からは、再びスピードアップで走行始めた。music

20170514_zaseki_1

山形駅に到着。混雑していた車内も、米沢駅・山形駅でほとんどの乗客が降りた。snail

20170514_zaseki_2

普通車の座席シートです。chair

20170514_concent

窓側の各座席下には、コンセント1つ設置されています。乗車中は、ありがたくスマホの充電にあてました。thunder

20170514_syasou_2

米沢~新庄間は平野が続きます。先に見える東北の山々がいい眺めですね。fuji

20170514_shinjyou_st_1

大宮駅から乗車して2時間47分。新庄駅2番線ホームに12時35分到着しました。山形新幹線の終点です。motorsports

20170514_sakura

車体には、桜がデザインされている。cherryblossom

20170514_touhoku_japan

そして、Treasureland TOHOKU JAPAN 日本東北のロゴデザインもあり。fuji

20170514_shinkansen_3

新庄駅1番線・2番線ホーム両方に山形新幹線が停車。bullettrain

20170514_shinkansen_4

山形新幹線は新庄駅が終着なので、線路もここで終端です。motorsports

山形新幹線の利用は、平成5年(1993年)3月に初めて利用した以来、24年ぶり2度目となった。とても、久しぶりの乗車になりました。birthday

という事で、山形新幹線つばさ131号に乗って新庄駅まで乗車したレポでした~。happy01

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

『運転情報』

【列車名】  山形新幹線 つばさ131号

【運転区間】 東京 → 新庄

【運転日】  毎日

【使用車両】 E3系2000番台

【車両情報】 7両編成 「グリーン(1両)+指定席(4両)+自由席(2両)」

(131M) 東京09:24→大宮09:48→10:46福島10:48→米沢11:21→11:50山形11:52→天童12:02→さくらんぼ東根12:07→村山12:12→大石田12:21→12:35新庄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土曜日)

駅からハイキング「八重桜と日本三大桜の競演と天平文化の風薫る歴史探訪」に参加してきた(2017.04.23)。

天平の丘公園花広場の八重桜は見事満開でした。cherryblossom

20170507_utsunomiya_line

さて、JR宇都宮線に乗ってやってきたところは、小金井駅です。駅ハイ参加の為に訪れたよ。今回は、2017年4月11日(火)~4月30日(日)開催、駅からハイキング「八重桜と日本三大桜の競演と天平文化の風薫る歴史探訪」です。train

20170507_annaijyo

改札口を出て、西口駅前に、オアシスポッポ館があります。下野市観光案内所である。ここが、受付場所となります。clock

20170513_panf

受付を済ませ、コースマップやパンフレット等を取得した。memo

20170513_kan_batch

恒例の缶バッチは、E6系新幹線でした。bullettrain

20170507_pepper

オアシスポッポ館には、「下野市シティプロモーション特命課長」のPepperがいます。ペッパーと遊んであげてね。shadow

20170507_dourin

小金井駅西口ロータリーには、C57蒸気機関車の動輪が静態展示されています。小金井駅は、明治26年(1893年)3月25日開業。昭和41年(1966年)には小山電車区も開設され、小金井駅がある旧国分寺町は鉄道開通と共に発展した町でもある。鉄道と深い関りがあるので、このモニュメントが設置されています。subway

20170507_koganei_st

小金井駅駅舎の上は、東北新幹線の高架となっています。高速で通過する新幹線の音・振動が響くよ。bullettrain

ちなみに、ここでの詳細レポは、「JR宇都宮線小金井駅にて。C57蒸気機関車の動輪2017。」へどうぞ。paper

20170513_cource_point

今回の駅ハイコースルートです。karaoke

「天平の丘公園」では八重桜や日本三大桜の淡墨桜・滝桜・山高神代桜などの桜が咲き競い来訪者の目を楽しませてくれます。また、国指定史跡の「下野国分寺跡」や「下野国分尼寺」があります。cherryblossom

小金井駅の駅ハイは初めての参加だ。今回は約12kmのウォーキングコース。青空快晴の中、頑張って歩こう!。rock

20170513_ekimae_syoutenkai

小金井駅からまっすぐ続く道路を歩いていく。このあたりは、小金井駅前通り商店会。aries

20170513_dagashiya

ちいさな駄菓子屋さん「いずみや」がありました。こういうお店が多くあるといいけどな。gemini

20170508_park_1

コースポイントone箇所目は、「日酸公園」です。小金井駅から6分。日本酸素工業の工場跡地だった事が講演名の由来だ。fastfood

20170508_syaryou_04

日酸公園には、国鉄時代の古い電車があります。clover

20170508_syaryou_03

この車両は、国鉄クモエ21形電車だ。この車利用の正式名称は、「救援制御電動自動車クモエ21001号」です。train

この車両の主な仕事は、他の電車が踏切事故や故障などで動けなくなくなった時、いろいろな道具をのせて現場に行き助けます。hospital

20170508_syaryou_06

長さ17mあるので、結構大きな電車だ。車両の中には入る事はできません。danger

20170508_syaryou_02

ケガした電車を助けた電車という珍しい車両が静態保存されているのです。subway

昭和2年(1927年)に運行開始し、昭和61年(1986年)に引退しました。直流電車で最高時速95kmである。karaoke

20170508_sansakuro

日酸公園の東側には、散策路が整備されている。shoe

20170508_azumaya_1

散策路には東屋がある。小さな水路もあり、趣きがあるのだ。house

20170508_yaezakura_1

散策路には、八重桜が満開、見事に咲いています。cherryblossom

20170508_yaezakura_2

八重桜、花の咲き具合がいいね。cherryblossom

ちなみに、ここでの詳細レポは、「クモエ21001号が静態保存されている、日酸公園を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170513_yaezakura_01

先へ進んでいくが、下野市は八重桜の町なのだろうか。各所に、綺麗な八重桜が咲いています。cherryblossom

20170507_park_3

コースポイントtwo箇所目は、「久保公園」です。日酸公園から9分。平成13年度(2001年)に整備された公園です。市民の憩いの場として利用されています。club

20170507_park_4

平成6年(1994年)、区画整理事業に伴う発掘調査を行ったところ北台遺跡が発見されました。北台遺跡は、栃木県の一番南で確認されている推定東山道跡です。下野市指定史跡。wrench

20170507_tousandou

公園中央部に横切るこの道が、東山道だったのではないかと推定されています。東山道は、京から近江国(滋賀県)、美濃国・飛騨国(岐阜県)、信濃国(長野県)、武蔵国(東京都・埼玉県)、上野国(群馬県)の諸国を経て下野国に入り、陸奥国の多賀城(宮城県)に向かっていました。shoe

中央から東国や陸奥に赴任する役人や東国から北九州の警備のために防人として派遣された人たちや多くの物資もこの道を通って行きました。bicycle

これまで栃木県内では、10数か所の古代の道路標が確認されていますが、史跡として保存整備されているのはここだけです。karaoke

ちなみに、ここでの詳細レポは、「東山道跡がある久保公園を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170507_yaezakura_1

久保公園近くの川沿いは遊歩道に整備されていて、こちらも、八重桜が満開見事に咲いています。cherryblossom

20170507_yaezakura_2

八重桜の花びら、これまた、綺麗ですね。cherryblossom

20170513_road_01

いゃあ~、暑いね。田畑だけ広がる、のんびり空間。黙々と歩いていきます。sweat01

20170513_nagame_1

緑が広がる。すごすぎる...。club

20170510_oshisyabashi

コースポイントthree箇所目は、「御使者橋・姿亭」です。久保公園から14分。この橋が、お使者橋です。江戸の昔、徳川幕府や壬生藩主鳥居公の使者が往来したので、この橋を御使者橋と呼ばれたそうです。leo

20170510_oshisyabashi_2

今は、姿川にかかる車道橋となっている。rvcar

20170510_parking

お使者橋を渡る手前には、姿亭ポケットパークがあります。まぁ、駐車場・休憩所ですな。car

20170510_sugatatei

近くに御用宿(ごようやど)なる屋号の家あり。平成3年(1991年)誇れるまちづくりの名所として姿亭を建て百日紅(さるすべり)を飾る。house

姿亭は、駐車場の東屋として利用できます。chair

20170510_waka_e

和歌の絵が飾られている。この裏には、和歌が書かれている。art

20170510_nagame

周囲は、のんびりした田畑が広がる。club

20170510_sugatagawa

姿川には、釣りをしている人が多かったな。fish

20170510_kurenaihashi

お使者橋に並行して、自転車・歩道橋がある。この橋は、紅橋となっている。こちらを渡っていきます。shoe

ちなみに、ここでの詳細レポは、「お使者橋と姿亭と姿川2017。」へどうぞ。paper

20170513_road_02

イベント会場へ向かって歩いているが、車道は駐車場に車を停める為の行列渋滞が続いています。歩きで、どんどん車を抜かしていきます。run

20170513_yaezakura_02

八重桜トンネルをくぐり歩いていく。cherryblossom

20170513_ushigoya

牛小屋があるな...。taurus

20170424_sakura_05

コースポイントfour箇所目は、「天平の丘公園花広場」です。御使者橋から16分。ここで、第38回天平の花まつりが開催されていました。会場内多くの人が訪れますね。gemini

20170424_sakura_06

八重桜、満開を迎えています。ピンク色の花びらがいいね。cherryblossom

20170424_sakura_01

快晴、春の青空の下、八重桜はさらに映えます。今年は、ソメイヨシノが見頃を迎えた週末は、生憎の天気だったので、遅れてピークを迎える八重桜を青空で見る事ができて良かったよ。happy02

20170424_sakura_02

やっぱり、これだけ八重桜が咲くと、多くの人が訪れるもんだ。会場内、かなり混雑しています。cancer

20170424_sakura_03

会場内ぐるりと、美味しそうな露店が立ち並びます。riceball

20170424_sakura_04

結構、行列が出来ているお店が多かったな。delicious

20170424_stage

特設ステージでは、演歌ステージなどが行われているようです。karaoke

20170424_suisya

こちらは、からくり水車。aquarius

20170424_katakagotei

かたかご亭では、銭石まんじゅうが出来たてで販売されます。駅ハイ参加特典で、1個貰えます。行列に並んだけど、ちょっと時間がかかりそうだったのであきらめた...。ring

20170424_shbafu_hiroba

尼寺公園側、芝生広場は空いているスペースが多いので、こちらに、ピクニックシートを敷いて、桜まつりを楽しんでもいいかも。bottle

20170424_amaderaato

もう少し早い時期だと、日本三大桜の淡墨桜・滝桜・山高神代桜などの桜が咲き競います。史跡「下野国分尼寺跡」付近である。pen

ちなみに、ここでの詳細レポは、「第38回天平の花まつり、満開の八重桜を見に行ってきた2017。」へどうぞ。paper

20170424_shiryoukan

コースポイントfive箇所目は、「しもつけ風土記の丘資料館」です。天平の丘公園花広場に隣接。入館無料なので入ってみよう。いろいろな史跡など貴重な展示物が多くありました。school

20170427_kokubunji_ato_2

コースポイントsix箇所目は、「下野国分寺跡」です。しもつけ風土記の丘資料館から5分。天平13年(741年)、聖武天皇は当時60余りの国ごとに国分寺と国分尼寺を造ることを命じました(国分寺建立の詔)。下野国分寺はその中の1つである。drama

現在は整備され、史跡公園となっている。とはいえ、広々として何もない空間が広がっている。国の史跡に指定。libra

20170427_nanmon_ato

まっすぐ進んで行くと、南門があります。door

20170427_kokubunji_ato_3

南大門を通り、中門、金堂へ続く。建物の復元は無く、敷地のみだ。ski

20170427_shitijyuutou

この先に七重塔があったようです。building

20170427_kabutozuka_kofun

下野国分寺跡の西側に、甲塚古墳(かぶとづかこふん)があります。帆立貝形古墳です。carouselpony

20170427_shinnrin

北東側には、新緑の森林があり、散策路になっている。club

20170427_kokubunji_ato_4

下野国分寺跡の碑があり。movie

ちなみに、ここでの詳細レポは、「下野国分寺跡を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170427_sakura_01

天平の丘公園に戻ってきました。園内ぐるりと散策してみましょう。bicycle

20170427_sakura_02

八重桜の下、シートを敷いて花見ですな。riceball

20170424_mini_shinkansen

天平の丘公園では、ミニ新幹線の乗車あり。有料。八重桜を見ながら、のんびり走る。bullettrain

20170427_sakura_11

青い空、ピンク色の桜、緑色の芝生。3色のハーモニーが鮮やかだ。そんな中、グリーンのE5系新幹線がカタトコ周回する。bullettrain

20170427_sakura_03

八重桜のピンク色と新緑の木々の色とのハーモニーがいいね。club

20170424_bochan_ressya

こちらは、坊ちゃん列車。有料。天平の丘公園の園内をぐるりと走ります。subway

20170427_sakura_04

八重桜の花びらアップ撮影。綺麗だね。tulip

20170427_sakura_12

今だけの演出。天気も良く、散歩日和だ。art

20170427_komotibashi

天平の丘公園には森林ゾーンがある。新緑の木々の中、明日香川に子宝橋がかかる。xmas

20170427_manyou

万葉植物園に入る修学の門をくぐろう。door

20170427_murasakishikibu

コースポイントseven箇所目は、「オトカ塚古墳・伝紫式部の墓」です。shadow

こちらは、紫式部の墓。この付近は「紫」という地名であることから、源氏物語の作者である紫式部の墓と、言われるようになったとの事。pencil

20170427_shinrin

森林の中の散策路もある。歩きながら気分が良い。shoe

20170427_kofun

こちらは、オトカ塚古墳。古墳時代後期に築造された総長58m(墳丘長約45m)、高さ1.2mの帆立貝形前方後円墳です。fullmoon

20170427_shinrin_2

これからは、この新緑の色が映えてくる季節になるんだなぁ。confident

ちなみに、ここでの詳細レポは、「天平の丘公園、園内散策してきた2017。」へどうぞ。paper

20170513_murasakibashi

天平の丘公園を出て、再び、歩き始めます。紫橋を渡ります。mobilephone

20170513_murasakibashi_2

紫橋、橋上から姿川を眺める。ここからは、姿川の土手上を歩いていきます。bicycle

20170513_road_03

土手上もくもく歩いて行こう。shoe

20170513_nanohana_road_1

姿川の土手上は、菜の花ロードになっていた。chick

20170510_nanohana

姿川の土手には、菜の花がぎっしりと咲き誇っていました。すごすぎる...。tulip

20170513_nanohana_road_2

案の定、歩く場所がわからないくらい菜の花だらけになった。下に降りることもできず、このまま強行突破。ちょっと、しんどい...。coldsweats02

20170513_road_04

お使者橋に戻ってきた。そのまま、真っ直ぐ進んでいきます。scorpius

20170513_road_05

ここからは、歩行者・自転車道があるので、気楽に歩いていけます。key

20170513_road_06

姿川沿いに歩いていく。先には、宮前橋が見えます。その橋を渡り、左奥に見える森の方へ向かう。fish

20170509_furusatonomori_1

コースポイントeight箇所目は、「蔓巻公園」です。天平の丘公園から31分。「つるまきこうえん」と読む。こちらは、ふるさとの森です。森の中は散策路が整備されています。xmas

20170509_furusatonomori_2

森の中の静けさが心地良いですな。のんびり歩いてみよう。shoe

20170509_tsurumaki_park_1

緑の広場に出てきました。こちらは、公園中央部にある築山広場です。緑の広場が広がるね。蔓巻公園は、姿川沿いに沿った長方形のような横長な敷地である。club

20170509_yaezakura_1

公園内には、八重桜が満開、見事に咲き誇っています。cherryblossom

20170509_yaezakura_2

八重桜の花びら、綺麗な感じだね。tulip

20170509_tenbou_1

小高い丘を登ってみた。360度ぐるりと見渡せる展望が望めます。eye

20170509_suberidai

小高い丘から、すべり台があります。子供達に人気だ。snowboard

その先には、バーベキューができるキャンプ場があります。さらに、その先には、花広場や下川原広場があります。bud

20170509_hiroba

築山広場の先には森が広がります。clover

ちなみに、ここでの詳細レポは、「緑の広場が広がる、蔓巻公園を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170513_tanbo

のどかな田園風景。clover

20170513_yuuyuukan

コースポイントnine箇所目は、「ゆうゆう館・天平の湯」です。蔓巻公園から15分。日帰り入浴施設です。駅ハイ参加特典で、入浴料が300円→200円に割引サービスが受けられます。spa

20170513_okazunoikeda

手作りコロッケとお惣菜の店「おかずのイケダ」です。ギョーザも売っているのかぁ...。ちょっと気になったが...。riceball

20170513_park_1

緑の芝生が広がる公園。すべり台があるね。ここも、八重桜の木がある。spade

20170512_torii

コースポイントonezero箇所目は、「慈眼寺・金井神社」です。天平の湯から14分。bar

こちらは、金井神社です。では、鳥居をくぐりましょう。door

20170512_sandou

参道をまっすぐ進みます。snail

20170512_hondou

拝殿です。参拝します。confident

御祭神は、磐裂命・根裂命。shadow

20170512_honden

金井神社の本殿、建造物が市指定文化財に指定されています。本殿の建築様式は一間社三方入母屋造といい、壁面には透彫りなどの立派な彫刻が施されています。art

この彫刻は江戸末期(1800年代)の製作と考えられ、作者は磯部氏系統の彫刻師であろうと推定されています。本殿の素材にはけやきが用いられており、素木造で彩色はありません。屋根は栩葺きで壁面には当時の人々の名前が刻まれており、両側には彫刻の施された脇障子が付いています。book

ちなみに、ここでの詳細レポは、「一間社三方入母屋造の本殿、金井神社を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170511_sanmon

こちらは、慈眼寺です。1196年、新田義兼によって開基され、新田一族の祈願所として建立されたと言われています。cancer

では、山門をくぐりましょう。door

20170511_tokugawa

慈眼寺は、徳川将軍家日光社参小休所・御昼食所だったようです。なので、葵紋ですね。leo

20170511_sandou

参道を歩きます。左手には、観音堂がある。bell

20170511_hondou

参道をまつすぐ進んだ先に、本堂があります。house

20170511_yaezakura

ちょうど、八重桜が満開を迎えていました。cherryblossom

20170511_yaezakura_2

ピンク色の綺麗な花びらが、また、良いですね。cherryblossom

ちなみに、ここでの詳細レポは、「徳川家の休憩所、慈眼寺(下野市)を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170512_touri

コースポイントoneone箇所目は、「小金井一里塚」です。慈眼寺から7分。ring

20170512_itirizuka

この、小金井一里塚は、日光街道で唯一国指定史跡である一里塚なのだ。crown

江戸(東京)日本橋から22里(約88km)の地点にある。二つの塚がほぼ完存している事などから、日光道中で唯一国指定史跡に指定されています。crown

20170512_itirizuka_2

下野市名木30選、エノキ・クヌギがあります。xmas

ちなみに、ここでの詳細レポは、「小金井一里塚を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170513_road_07

駅前通りに戻ってきました。penguin

20170513_koganei_st_1

小金井駅に戻ってきました。ゴール受付はありません。小金井駅をスタートして、ゴール戻ってくるまで、4時間59分かかりました。motorsports

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:25051歩 消費カロリー:1256.8kcal 消費脂肪量:179.5g 歩行距離:19.03km 歩行時間:3時間34分 平均時速:5.33km/h エクササイズ量:13.0Exinfo02

20170513_utsunomiya_line_2

帰りもJR宇都宮線で。あまり食べずに歩いてきたので、お腹空いた~。なので、これから、宇都宮駅へ向かいます。もちろん、餃子食べにね。delicious

小金井駅からの駅ハイは初めての参加でした。本当は、渋川駅の駅ハイ、白井宿の八重桜を見に行こうかと思っていたが、満開が少し遅れていたようなので、急遽、下野市・小金井の駅ハイに決めました。快晴天気も良く、そして、八重桜が満開でとても良い駅ハイ日和でした。sun

という事で、駅からハイキング「八重桜と日本三大桜の競演と天平文化の風薫る歴史探訪」に参加してきたレポでした~。happy01

ちなみに、訪問箇所詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170513_map

今回のウォーキングコースマップです。foot

JR東日本・駅からハイキング 「八重桜と日本三大桜の競演と天平文化の風薫る歴史探訪」 開催期間:2017年4月11日(火)~4月30日(日) 所要時間:約5時間30分(見学時間等を含む) 歩行距離:約12kminfo02

小金井駅→スタート:オアシスポッポ館→①日酸公園→②久保公園→③御使者橋・姿亭→④天平の丘公園花広場→⑤しもつけ風土記の丘資料館→⑥下野国分寺跡→⑦オトカ塚古墳・伝紫式部の墓→⑧蔓巻公園→⑨ゆうゆう館・天平の湯→⑩慈眼寺・金井神社→⑪小金井一里塚→ゴール:オアシスポッポ館→小金井駅info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金曜日)

小金井一里塚を訪れた2017。

日光街道で唯一国指定史跡である一里塚です。bell

20170512_itirizuka

さて、やってきたところは、栃木県下野市にある小金井一里塚です。JR小金井駅から徒歩5分程、国道4号線沿いに位置します。この、小金井一里塚は、日光街道で唯一国指定史跡である一里塚なのだ。crown

20170512_itirizuka_2

下野市名木30選、エノキ・クヌギがあります。xmas

20170512_setumei_2

江戸(東京)日本橋から22里(約88km)の地点にある。二つの塚がほぼ完存している事などから、日光道中で唯一国指定史跡に指定されています。drama

20170512_touri

という事で、小金井一里塚を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「八重桜と日本三大桜の競演と天平文化の風薫る歴史探訪」に参加してきた(2017.04.23)。」へどうぞ。paper

「小金井一里塚」 〒329-0414 栃木県下野市小金井4-23-9 JR宇都宮線小金井駅西口から徒歩約5分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一間社三方入母屋造の本殿、金井神社を訪れた2017。

立派な彫刻が施された本殿です。art

20170512_torii

さて、やってきたところは、栃木県下野市にある金井神社です。JR小金井駅から約1km程、国道4号線沿いに位置します。run

では、鳥居をくぐりましょう。door

20170512_sandou

参道をまっすぐ進みます。snail

20170512_hondou

拝殿です。参拝します。confident

御祭神は、磐裂命・根裂命。shadow

20170512_komainu

こちらは、狛犬です。dog

20170512_honden

拝殿の裏にある本殿です。house

20170512_setumei

金井神社の本殿、建造物が市指定文化財に指定されています。building

本殿の建築様式は一間社三方入母屋造といい、壁面には透彫りなどの立派な彫刻が施されています。art

この彫刻は江戸末期(1800年代)の製作と考えられ、作者は磯部氏系統の彫刻師であろうと推定されています。本殿の素材にはけやきが用いられており、素木造で彩色はありません。屋根は栩葺きで壁面には当時の人々の名前が刻まれており、両側には彫刻の施された脇障子が付いています。book

20170512_matsuri

例祭が多く行われます。leo

20170512_enter

という事で、金井神社を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「八重桜と日本三大桜の競演と天平文化の風薫る歴史探訪」に参加してきた(2017.04.23)。」へどうぞ。paper

「金井神社」 〒329-0414 栃木県下野市小金井1-26-16 JR宇都宮線小金井駅西口から徒歩約11分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木曜日)

徳川家の休憩所、慈眼寺(下野市)を訪れた2017。

小金井宿にある徳川家の休憩所。hotel

20170511_sanmon

さて、やってきたところは、栃木県下野市にある慈眼寺です。1196年、新田義兼によって開基され、新田一族の祈願所として建立されたと言われています。cancer

では、山門をくぐりましょう。door

20170511_tokugawa

慈眼寺は、徳川将軍家日光社参小休所・御昼食所だったようです。なので、葵紋ですね。leo

20170511_sandou

参道を歩きます。左手には、観音堂がある。bell

20170511_hondou

参道をまつすぐ進んだ先に、本堂があります。house

20170511_syourou

こちらは、鐘楼です。bell

20170511_yaezakura

ちょうど、八重桜が満開を迎えていました。cherryblossom

20170511_yaezakura_2

ピンク色の綺麗な花びらが、また、良いですね。cherryblossom

という事で、八重桜咲く、慈眼寺を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「八重桜と日本三大桜の競演と天平文化の風薫る歴史探訪」に参加してきた(2017.04.23)。」へどうぞ。paper

「慈眼寺」 〒329-0414 栃木県下野市小金井1-26-2 TEL:0285-44-3216 JR宇都宮線小金井駅西口から徒歩約10分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水曜日)

お使者橋と姿亭と姿川2017。

この付近は東山道が通り、昔の交通の要所だった事でしょう。run

20170510_oshisyabashi

さて、やってきたところは、栃木県下野市にあるお使者橋です。江戸の昔、徳川幕府や壬生藩主鳥居公の使者が往来したので、この橋を御使者橋と呼ばれたそうです。leo

20170510_oshisyabashi_2

今は、姿川にかかる車道橋となっている。rvcar

20170510_kurenaihashi

お使者橋に並行して、自転車・歩道橋がある。この橋は、紅橋となっている。shoe

20170510_parking

お使者橋を渡る手前には、姿亭ポケットパークがあります。まぁ、駐車場・休憩所ですな。car

20170510_sugatatei

近くに御用宿(ごようやど)なる屋号の家あり。平成3年(1991年)誇れるまちづくりの名所として姿亭を建て百日紅(さるすべり)を飾る。house

姿亭は、駐車場の東屋として利用できます。chair

20170510_waka_e

和歌の絵が飾られている。この裏には、和歌が書かれている。art

20170510_nagame

周囲は、のんびりした田畑が広がる。club

20170510_sugatagawa

姿川には、釣りをしている人が多かったな。fish

20170510_nanohana

姿川の土手には、菜の花がぎっしりと咲き誇っていました。すごすぎる...。tulip

という事で、お使者橋と姿亭と姿川を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「八重桜と日本三大桜の競演と天平文化の風薫る歴史探訪」に参加してきた(2017.04.23)。」へどうぞ。paper

「お使者橋・姿亭」 〒329-0415 栃木県下野市川中子 JR宇都宮線小金井駅西口から徒歩約23分info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火曜日)

緑の広場が広がる、蔓巻公園を訪れた2017。

キャンプ場やBBQがある緑の広場公園。club

20170509_tsurumaki_park_1

さて、やってきたところは、栃木県下野市にある蔓巻公園です。「つるまきこうえん」と読む。姿川沿いに沿った長方形のような横長な敷地である。こちらは、公園中央部にある築山広場です。緑の広場が広がるね。club

20170509_yaezakura_1

公園内には、八重桜が満開、見事に咲き誇っています。cherryblossom

20170509_yaezakura_2

八重桜の花びら、綺麗な感じだね。tulip

20170509_tenbou_1

小高い丘を登ってみた。360度ぐるりと見渡せる展望が望めます。eye

20170509_suberidai

小高い丘から、すべり台があります。子供達に人気だ。snowboard

その先には、バーベキューができるキャンプ場があります。さらに、その先には、花広場や下川原広場があります。bud

20170509_hiroba

築山広場の先には森が広がります。clover

20170509_furusatonomori_1

こちらは、ふるさとの森です。森の中は散策路が整備されています。xmas

20170509_furusatonomori_2

森の中の静けさが心地良いですな。のんびり歩いてみよう。shoe

20170509_map

蔓巻公園は、横長な公園です。今回は、築山広場とふるさとの森を散策したが、まだこの倍の広さがあるんですね。また、次の機会にでも...。motorsports

という事で、蔓巻公園を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「八重桜と日本三大桜の競演と天平文化の風薫る歴史探訪」に参加してきた(2017.04.23)。」へどうぞ。paper

「蔓巻公園」(つるまきこうえん) 〒329-0401 栃木県下野市箕輪420-2 TEL:0285-40-8428 駐車場あり JR宇都宮線小金井駅から徒歩約36分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月曜日)

クモエ21001号が静態保存されている、日酸公園を訪れた2017。

ケガをした電車を助けた電車が公園に保存されています。subway

20170508_syaryou_04

さて、やってきたところは、栃木県下野市にある日酸公園です。JR宇都宮線小金井駅西口からまっすぐの道を歩いていくと約6分程で着きます。着いてすぐ目に付くのが、昔の古い車両がある事だ。clover

20170508_syaryou_03

この車両は、国鉄クモエ21形電車だ。この車利用の正式名称は、「救援制御電動自動車クモエ21001号」です。train

この車両の主な仕事は、他の電車が踏切事故や故障などで動けなくなくなった時、いろいろな道具をのせて現場に行き助けます。hospital

20170508_syaryou_05

ステップがあり、車両間近に見る事ができます。eye

20170508_syaryou_06

長さ17mあるので、結構大きな電車だ。車両の中には入る事はできません。danger

20170508_syaryou_02

ケガした電車を助けた電車という珍しい車両が静態保存されているのだ。subway

20170508_setsumei

昭和2年(1927年)に運行開始し、昭和61年(1986年)に引退しました。直流電車で最高時速95kmである。karaoke

20170508_park_1

日酸公園、公園なので広場もあります。club

日酸公園という名前だが、日本酸素工業の工場跡地だった事が由来のようだ。school

20170508_park_2

遊具やベンチ等も設置されています。aries

20170508_suberidai

面白い滑り台もあるね。snowboard

20170508_sansakuro

日酸公園の東側には、散策路が整備されている。shoe

20170508_azumaya_1

散策路には東屋がある。小さな水路もあり、趣きがあるのだ。house

20170508_yaezakura_1

散策路には、八重桜が満開、見事に咲いています。cherryblossom

20170508_yaezakura_2

八重桜、花の咲き具合がいいね。cherryblossom

20170508_syaryou_01

という事で、クモエ21001号が静態保存されている、日酸公園を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「八重桜と日本三大桜の競演と天平文化の風薫る歴史探訪」に参加してきた(2017.04.23)。」へどうぞ。paper

「日酸公園」 〒329-0414 栃木県下野市小金井5-22-1 JR宇都宮線小金井駅西口から徒歩約6分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日曜日)

東山道跡がある久保公園を訪れた2017。

昔はこの付近を主要道路が通っていたと推定されています。carouselpony

20170507_park_3

さて、やってきたところは、栃木県下野市にある久保公園です。平成13年度(2001年)に整備された公園です。市民の憩いの場として利用されています。club

20170507_park_1

公園の北西側は芝生が広がる。青空の下、緑の大きな木が映えますね。xmas

20170507_yuugu

子供向け遊具が設置されています。carouselpony

20170507_park_4

平成6年(1994年)、区画整理事業に伴う発掘調査を行ったところ北台遺跡が発見されました。北台遺跡は、栃木県の一番南で確認されている推定東山道跡です。下野市指定史跡。wrench

20170507_tousandou

公園中央部に横切るこの道が、東山道だったのではないかと推定されています。東山道は、京から近江国(滋賀県)、美濃国・飛騨国(岐阜県)、信濃国(長野県)、武蔵国(東京都・埼玉県)、上野国(群馬県)の諸国を経て下野国に入り、陸奥国の多賀城(宮城県)に向かっていました。shoe

20170507_setsumei

中央から東国や陸奥に赴任する役人や東国から北九州の警備のために防人として派遣された人たちや多くの物資もこの道を通って行きました。bicycle

これまで栃木県内では、10数か所の古代の道路標が確認されていますが、史跡として保存整備されているのはここだけです。karaoke

20170507_houkou

久保公園から西へ2.2km先には下野国分寺、北東4.3km先には下野薬師寺があります。libra

20170507_yaezakura_1

公園近くの川沿いは遊歩道に整備されていて、さらに、八重桜が満開見事に咲いています。cherryblossom

20170507_yaezakura_2

八重桜の花びら、綺麗ですね。cherryblossom

20170507_park_2

という事で、久保公園を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「八重桜と日本三大桜の競演と天平文化の風薫る歴史探訪」に参加してきた(2017.04.23)。」へどうぞ。paper

「久保公園」 〒329-0414 栃木県下野市小金井3-12-9 JR宇都宮線小金井駅から徒歩約12分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JR宇都宮線小金井駅にて。C57蒸気機関車の動輪2017。

開業124年の宇都宮線の駅で、下野国分寺跡の最寄駅。subway

20170507_utsunomiya_line

さて、やってきところは、栃木県下野市にあるJR宇都宮線小金井駅です。2面4線の地上駅だ。小山車両センター(車両基地)がある為、小金井駅を発着する電車もあります。train

20170507_touri

ホームからは階段を登り、橋上駅舎となっている。通路は桜のディスプレイでお出迎え。house

20170507_kangei

小金井駅は、花とロマンの郷「下野国分寺」の最寄り駅。春になると、天平の花まつりが開催され、訪問の為に当駅を利用する観光客も多い事でしょう。tulip

20170507_poster

実際に、天平の花まつりや訪下野国分寺跡を訪れてきました。その訪問レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170507_annaijyo

小金井駅西口に出ると、下野市観光案内所「オアシスポッポ館」があります。事前に観光マップ等、情報をここでゲットしよう。carouselpony

20170507_pepper

観光案内所「オアシスポッポ館」には、「下野市シティプロモーション特命課長」のPepperがいます。ペッパーと遊んであげてね。shadow

20170507_rotarry

小金井駅西口ロータリーです。新緑の大きな木がある。xmas

20170507_dourin

大きな木の下には、C57蒸気機関車の動輪が静態展示されています。小金井駅は、明治26年(1893年)3月25日開業。昭和41年(1966年)には小山電車区も開設され、小金井駅がある旧国分寺町は鉄道開通と共に発展した町でもある。鉄道と深い関りがあるので、このモニュメントが設置されています。subway

20170507_koganei_st

小金井駅駅舎の上は、東北新幹線の高架となっています。高速で通過する新幹線の音・振動が響くよ。bullettrain

という事で、JR宇都宮線小金井駅を訪れたレポでした~。happy01

「小金井駅」 〒329-0414 栃木県下野市小金井3009 JR宇都宮線(東北本線)info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土曜日)

春日部大凧あげ祭りに行ってきた2017。

今年は大凧あがるかな?!。airplane

20170506_ootako_2

さて、やってきたところは、埼玉県春日部市にある江戸川河川敷です。ここで、2017年5月3日(祝水)・5日(祝金)、春日部大凧あげ祭りが開催されました。最高気温27度に達する暑さで、雲が無い青空快晴だ。sun

20170506_kaijyou_2

初節句を迎える子どもたちの健康と幸福な成長を願う儀式が行われ、その後、上若と下若それぞれの大凧をあげます。gemini

縦15m、横11m、重さ800kgの大きな凧が青空に浮かぶのだ。pig

20170506_ootako_3

さて、肝心の大凧あげだが...。大凧をあげるには、風速6m以上の風が必要です。この日は、雲1つない快晴。河川敷なのに、風があまりに弱すぎる。それだけ、天気が良い事なのだが、凧揚げにはコンディションが悪い。key

なかなか良い風が来ず、凧あげるタイミング待ちとなって、なかなか凧が上がりません。mist

20170506_ootako_4

思い切って凧揚げトライしたけど、すぐに斜面に落ちた。難しいものだね。さて、今年は、大凧はあがったのかなぁ?。sagittarius

20170506_roten_2

美味しいグルメありますよ。地元のお店が集まっています。delicious

20170506_oodakoyaki

定番の大凧焼き。トロトロな食感なので、スプーンで食べます。pig

20170506_pudding

蓮田とろ生ぷりんと東京あんにんをデザートに頂きました。cake

20170506_ootako_1

大凧あげの準備も大がかりなものです。wrench

20170506_tako_1

いろんな凧が飾られていた。music

20170506_roten_1

土手沿いにはお祭りの定番、露店がずらり並ぶ。restaurant

20170506_kaijyou_1

とても天気の良い行楽日和。GW多くの人が訪れていたが、大凧が青空に舞うのを期待していたけどね...。次回の期待としておきましょう..。pisces

という事で、春日部大凧あげ祭りを訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170506_annaizu

大凧あげ祭り会場案内図です。memo

「春日部大凧あげ祭り」 開催日:2017年5月3日(祝水)・5日(祝金) 会場:江戸川河川敷(宝珠花橋下流) 東武アーバンパークライン南桜井駅より直通シャトルバス運行info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

升形川沿いに泳ぐ鯉のぼり2017。

屋根より高い こいのぼり~♪。fish

20170506_koinobori_1

さて、やってきたところは、山形県新庄市にある升形川沿いです。金沢公園付近に、鯉のぼりが気持ち良さそうに泳いでいるよ。5月5日は、こどもの日。端午の節句という事で、各所で鯉のぼりが掲げられていますよね。fish

20170506_koinobori_2

青空快晴の中、山々をバックに鯉泳ぐ。男の子の出世を願うというところだな。gemini

20170506_koinobori_3

山には白い雪が残っていて、こりゃまた壮大な眺め。桜は散り終わりでしたね。fuji

という事で、升形川沿いに泳ぐ鯉のぼりの写真を撮ってみたレポでした~。happy01

「升形川」(ますがたがわ) 〒996-0025 山形県新庄市若葉町 (金沢公園付近) JR新庄駅から徒歩約8分info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金曜日)

2017流山グリーンフェスティバルに行ってきた。

今年は市制施行50周年。building

20170505_kaijyou_1

さて、やってきたところは、千葉県流山市にある流山おおたかの森駅南口都市広場です。ここで、2017年5月4日(祝木)、2017流山グリーンフェスティバルが開催されました。ゴールデンウイークの真っただ中、多くの人が訪れているね。gemini

20170505_flower_1

グリーンフェスティバルでは、4000個の花と野菜の苗が1つの大花絵に結集して、流山市をお祝いします。今年のテーマは、「50のhope」流山がこれから歩む新しい50年も、緑豊かで人々の希望があふれる街、明るくワクワクする未来を描ける街であるよう願いを込めました。tulip

大花絵の展示が終わり、花絵を作っている花と野菜の苗をひとつ50円で販売されました。bud

20170505_flower_2

いろんな花や色した苗があり、どれにしようか迷うかも。coldsweats01

20170505_house

お家でガーデニング。いいねぇ。house

20170505_flower_3

いろとりどりの色した花壇は色鮮やか。tulip

20170505_sl_pranter

SLプランターの販売があった。subway

20170505_cafe

グリーンカフェ。いろんなグルメ販売があり、こちらも楽しめるよ。restaurant

20170505_kaijyou_2

流山おおたかの森駅南口都市広場での、これからのイベント開催予定。pencil

  • 「森のナイトカフェ」...2017年8月23日(水)~26日(土)開催
  • 「森のDIYマルシェ」...2017年11月11日(土)開催
  • 「森のマルシェ・ド・ノエル」...2017年12月16日(土)開催

流山おおたかの森SCも開業10周年を迎える。活気ある賑わいの街並みになってきましたな。cat

という事で、2017流山グリーンフェスティバルに行ってきたレポでした~。happy01

ちなみに、流山おおたかの森駅前で開催されたイベント訪問レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170505_poster

告知ポスターです。memo

「2017流山グリーンフェスティバル」 開催日:2017年5月4日(祝木) 開催時間:10時~16時 会場:流山おおたかの森駅南口都市広場 (東武アーバンパークライン・つくばエクスプレス流山おおたかの森駅南口からすぐ)info02 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木曜日)

第3回五十嵐酒造蔵開き酒蔵まつりに行ってきた2017。

飯能にある酒蔵で、年に1度の酒蔵祭り開催です。cat

20170504_kaijyou_1

さて、やってきたところは、埼玉県飯能市にある五十嵐酒造です。ここで、2017年4月29日(土)、第3回五十嵐酒造蔵開き酒蔵まつりが開催されました。清酒「天覧山」の醸造元で、日頃の感謝祭と銘打った蔵開きだ。bell

会場内、多くの人が訪れているな。horse

20170504_amazake

手始めに、甘酒無料配布で1杯。taurus

20170504_shiin_1

酒蔵祭りと言えば、試飲コーナーだ。五十嵐酒造、いろんなお酒が無料で試飲できます。順に味わおう。note

20170504_shiin_2

会場沿いに流れる入間川を見ながら、地酒を味わおう。くぴっ、ぷはぁ~。美味しいね。山と川が見える眺めで、のんびりした景観だ。この日は、天気も良く地酒日和である。fuji

20170504_tank2

蔵開放されています。貯蔵タンクだね。この先に進んでいくと、なんと、本日搾りたてのお酒が試飲できます。bottle

20170504_kikizake_youshi

利き酒大会に参加してみよう。名前を記入し、6種目類のお酒を試飲します。大吟醸・純米吟醸・生酛 純米吟醸・純米大辛口・本生・樽酒を試飲します。pencil

20170504_kikizake_taikai_1

各お酒、スポイトで吸い取って、試飲します。sagittarius

20170504_kikizake_taikai_2

A~F、6種類を試飲。当てるの、なかなか、難しいのぉ..。coldsweats01

20170504_sakekasu

酒粕詰め放題もありました。1回300円です。dollar

20170504_tank

試飲コーナーは混雑しているので、有料量り売りもあるよ。タンクから直接注がれる、純米大辛口生原酒は200円です。bottle

20170504_bar

Bar IGARASHIのブースでも、いろんなお酒の量り売りをしています。bottle

20170504_kaijyou_2

グルメコーナーへ行ってみよう。お酒に合う美味しいグルメが多く販売されている。restaurant

20170504_curry

こちらは、蔵祭り限定酒蔵カレーです。これ、会場内にあるグルメの中で1番美味しかったです。ジャガイモ・ニンジン・タマネギがごつごつ大きくカットした大きめな具で食べ応えありだ。riceball

20170504_yaki_onigiri

焼きおにぎりも、いい味わいだ。riceball

20170504_cyazuke

シメには、漬け茶漬けで。まさしく、米づくし...。coldsweats01

20170504_shikomimizu

仕込み水も用意されていました。aquarius

20170504_wanage

子供向け縁日コーナーがあります。こちらは、酒瓶を使用した輪投げだ。baseball

20170504_hanbai

お気に入りのお酒があったら、販売所にて購入しよう。24hours

2000円ごとにお楽しみ抽選会ができます。dollar

20170504_seibu_line

さて、会場へのアクセスです。最寄駅は、西武池袋線飯能駅です。GW初日という事もあって、観光客が多いね。西武秩父駅方面の特急レッドアローは、満席完売状態である。train

20170504_shatlle_bus

飯能駅南口ロータリーから、無料シャトルバスが運行されています。2台のバスでピストン輸送される。bus

20170504_touri

飯能駅からシャトルバス乗車して約6分程。会場となる五十嵐酒造に到着。細い道を入った先に、酒蔵まつり会場があります。bicycle

20170504_uketsuke

受付にて名前等を記入します。pencil

20170504_annaizu

会場内マップです。club

20170504_genteisyu

開催当日しか買えない蔵祭り限定酒リストです。book

20170504_kumamon

がんばるけん!。くまもんだ。pig

20170504_syunin

詰場主任の植木さんのようだが、両さんだな。leo

20170504_igarashi_syuzou_1

飯能の地酒で酒蔵祭り。快晴、いい天気の中、楽しめた1日でした。good

という事で、第3回五十嵐酒造蔵開き酒蔵まつりに行ってきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170504_poster

告知ポスターです。memo

「第3回五十嵐酒造 蔵開き 酒蔵まつり」 開催日:2017年4月29日(土) 開催時間:10時~15時 会場:五十嵐酒造(〒357-0044 埼玉県飯能市川寺667-1)  TEL:042-973-7703 入場無料・雨天決行・予約不要 西武池袋線飯能駅南口より無料シャトルバス運行info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月曜日)

第2回武蔵ワイナリー小川のワイン祭に行ってきた2017。

和紙の里「小川町」でワイン祭り開催!。memo

20170501_wine_03

さて、やってきたところは、埼玉県小川町にある埼玉伝統工芸会館です。ここで、2017年4月29日(土)、第2回武蔵ワイナリー小川のワイン祭が開催されました。こだわりフードとこだわり日本ワインのこだわり祭典だ。いゃあ~、日本のワインは美味しいね。happy02

20170501_kaijyou_3

小川町と言えば、日本酒を醸造する酒蔵の町というイメージだが、ご当地ワイン、つまり、ワイナリーもあるのだ。今回、2回目の開催だが、多くの人が訪れているね。gemini

20170501_kaijyou_4

小川町にある武蔵ワイナリーをはじめ、こだわりのある日本のワイナリーのご当地ワインが味わえます。bar

今回出店されているワイナリーは以下の通り。memo

  • 武蔵ワイナリー」 (埼玉県小川町)
  • Cfaバックヤードワイナリー」 (栃木県足利市)
  • くらむぼんワイン」 (山梨県甲州市)
  • 三養醸造」 (山梨県山梨市)
  • 奥野田葡萄醸造」 (山梨県山梨市)
  • 五味葡萄酒」 (山梨県山梨市)
  • やまふじぶどう園」 (富山県富山市)
  • ドメーヌ・ジョオ」 (新潟県新潟市)
  • タケダワイナリー」 (山形県上山市)

まず、グラス販売所に行きましょう。ここで、ワインをテイスティングする為のグラスを購入します。500円。もしくは、プラカップを購入します。10円。dollar

グラスに関しては、洗って返却すると、400円返されます。つまり、実質100円となる。もちろん、購入としてそのまま持ち帰りも可。bar

20170501_wine_list_1

こちらは、味わえるワインリストです。白ワイン・ロゼワイン・シードル・日本酒だ。memo

20170501_wine_list_2

ワインリスト、赤ワインです。memo

それぞれ説明があるので、それを参考に飲みたいワインを決めてみるのも良いでしょう。libra

20170501_wine_02

ワイン1杯目は、武蔵ワイナリー 「小川 小公子 2016」です。350円。one

JAS有機で使用が認められているボルドー液(農薬)も不使用の完全無農薬栽培。酵母、亜流塩酸、おり引き剤など、ブドウ以外なにも添加せずに造ったワインです。sports

20170501_wine_10

ワイン2杯目は、くらむぼんワイン 「ウトアニマ カベルネ 七俵地畑収穫 2014」です。300円。two

自社垣根農園で自然栽培されたカベルネ・ソーヴィニョン(+プティヴェルドとタナ 15%程)を用い、皮付き酵母にて櫂入れ・液循環を行いながら長期間の醸し醗酵。その後フレンチオークで樽熟成を1年余り行った後、無ろ過、非加熱で瓶詰めしました。music

20170501_wine_04

ワイン3杯目は、タケダワイナリー 「サン・スフル シードル(発泡・ドライ) 山形県産りんご100%」です。200円。three

果樹王国山形の厳選したりんご(ふじ45%:王林25%:ジョナゴールド15%:紅玉15%)で、スパークリングワイン(シールド)に仕上げました。亜硫酸(酸化防止剤)を使用しない「サン・スフル」で醸造を行い、アンセストラル法(瓶内一次醗酵)によりスパークリングワインに仕上げました。天然のきめ細やかな泡が、ふじと王林の華やかな香りをますます引き立てています。アルコール度数も7%と低く軽やかな飲み口です。apple

20170501_wine_05

ワイン4杯目は、五味葡萄酒 「プレミアムセレクション ペントピア甲州桜花 2016」です。250円。four

辛口、醸し仕込みした甲州種のフルーティーな香りと深みある桜色のワインです。cherryblossom

20170501_wine_06

ワイン5杯目は、三養醸造 「牧丘ワイナリー 新猫メルロ」です。300円。five

1年間樽熟成、冷涼な気候の果実から出来上がったワインには酸がはっきりと残り飲みごたえがあります。cat

20170501_wine_07

ワイン6杯目は、奥野田葡萄醸造 「2015 奥野田フリザンテ」です。200円。six

夏の太陽をたっぷりと浴びた自社管理畑の完熟デラウェアを100%用い、フルーティーな味わいと醗酵中の酵母をボトルに閉じ込めたにごりスパークリングワインです。cloud

20170501_wine_08

テイスティンググラスでワインが味わえるのがいいね。wine

20170501_wine_09

ワイン7杯目は、奥野田葡萄醸造 「2014 ワインヴィーナスメルロ&カベルネソーヴィニヨン」です。350円。seven

自社農園で収穫したメルロ、カベルネ・ソーヴィニヨンを用い、12か月のオーク樽熟成させました。しなやかなタンニンと酸味が、長い余韻とエレガントさを感じさせる仕上がりです。今後の瓶熟成により、香り・味わい供、さらに深みを増してゆくポテンシャルを秘めている、奥野田ワイナリーのフラッグシップワインです。motorsports

20170501_unquate

アンケートがあったので、記入しました。pencil

20170501_100yen

アンケートを記入し提出すると、当日会場内で使用できる100円通貨が貰えます。ちょっと不気味な...。(汗;) 鼻の穴で0を表している..。dollar

20170501_roten

グルメのお店もずらり。小川町や地元近隣のお店を中心に、食材にこだわった店舗が多数出店。ワインにあうパンやチーズ、料理などがそろいます。restaurant

20170501_nikuman

チーズ肉まんです。これ、美味しいね。チーズにワイン、合います。golf

20170501_tamagoyaki

だしまき卵です。小川町の有機農家の平飼い卵でふわふわ甘くない卵焼きです。これまた、美味しい。chick

20170501_stage_2

世間知らず三重奏(from 我ヲ捨ツル)のステージです。note

20170501_stage_1

mireiさんのライブステージです。notes

20170501_ayumi

武蔵ワイナリーの歩み、写真や説明がありました。camera

20170501_yama

会場裏手には、緑の山が見えます。のどかな風景だ。手前には、菜の花畑があります。fuji

20170501_wine_01

という事で、菜の花畑に乾杯~♪。tulip

20170501_hanbai

お気に入りのワインがあったら、購入できますよ。24hours

20170430_hachikou_line

さて、会場へのアクセスですが..。最寄駅は、東武東上線・JR八高線小川町駅です。今回は、JR八高線キハ110形ワンマンに乗ってやってきた。(今回は、飯能での地酒イベントからのハシゴである)。train

20170430_bus

小川町駅からは川越観光バス小川パークヒル行きに乗車。開催当日は臨時バスを増便して運行されます。bus

20170430_bus_2

伝統工芸会館前バス停で下車。運賃190円。下車後、横断歩道を渡りすぐ会場です。bus

20170501_kaijyou_2

会場は、家族連れも結構多かったですね。山も見えるのんびりした景観はいいですね。fuji

20170501_hanamizuki

駐車場には、ピンク色のハナミズキが咲いていて、綺麗だね。cherryblossom

20170501_kaijyou_1

のどかな場所でのワイン祭り。昨年よりも多くの人が訪れたような感じがする。来年も開催予定らしいので、GW最初のイベント、楽しみにしていたいと思います。それにしても、ワインにグルメに美味しかったです。いろいろなワインを味わえて満足だ。good

という事で、第2回武蔵ワイナリー小川のワイン祭に行ってきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170501_poster

告知ポスターです。memo

「第2回武蔵ワイナリー 小川のワイン祭」 開催日:2017年4月29日(土) 開催時間:10時~16時 会場:埼玉伝統工芸会館(埼玉県比企郡小川町小川1220・道の駅おがわまち併設) 入場無料 JR八高線・東武東上線小川町駅から路線バスで伝統工芸会館前バス停より徒歩約1分info02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »