« 小金井一里塚を訪れた2017。 | トップページ | 山形新幹線つばさ131号に乗って新庄駅まで乗車した2017。 »

2017年5月13日 (土曜日)

駅からハイキング「八重桜と日本三大桜の競演と天平文化の風薫る歴史探訪」に参加してきた(2017.04.23)。

天平の丘公園花広場の八重桜は見事満開でした。cherryblossom

20170507_utsunomiya_line

さて、JR宇都宮線に乗ってやってきたところは、小金井駅です。駅ハイ参加の為に訪れたよ。今回は、2017年4月11日(火)~4月30日(日)開催、駅からハイキング「八重桜と日本三大桜の競演と天平文化の風薫る歴史探訪」です。train

20170507_annaijyo

改札口を出て、西口駅前に、オアシスポッポ館があります。下野市観光案内所である。ここが、受付場所となります。clock

20170513_panf

受付を済ませ、コースマップやパンフレット等を取得した。memo

20170513_kan_batch

恒例の缶バッチは、E6系新幹線でした。bullettrain

20170507_pepper

オアシスポッポ館には、「下野市シティプロモーション特命課長」のPepperがいます。ペッパーと遊んであげてね。shadow

20170507_dourin

小金井駅西口ロータリーには、C57蒸気機関車の動輪が静態展示されています。小金井駅は、明治26年(1893年)3月25日開業。昭和41年(1966年)には小山電車区も開設され、小金井駅がある旧国分寺町は鉄道開通と共に発展した町でもある。鉄道と深い関りがあるので、このモニュメントが設置されています。subway

20170507_koganei_st

小金井駅駅舎の上は、東北新幹線の高架となっています。高速で通過する新幹線の音・振動が響くよ。bullettrain

ちなみに、ここでの詳細レポは、「JR宇都宮線小金井駅にて。C57蒸気機関車の動輪2017。」へどうぞ。paper

20170513_cource_point

今回の駅ハイコースルートです。karaoke

「天平の丘公園」では八重桜や日本三大桜の淡墨桜・滝桜・山高神代桜などの桜が咲き競い来訪者の目を楽しませてくれます。また、国指定史跡の「下野国分寺跡」や「下野国分尼寺」があります。cherryblossom

小金井駅の駅ハイは初めての参加だ。今回は約12kmのウォーキングコース。青空快晴の中、頑張って歩こう!。rock

20170513_ekimae_syoutenkai

小金井駅からまっすぐ続く道路を歩いていく。このあたりは、小金井駅前通り商店会。aries

20170513_dagashiya

ちいさな駄菓子屋さん「いずみや」がありました。こういうお店が多くあるといいけどな。gemini

20170508_park_1

コースポイントone箇所目は、「日酸公園」です。小金井駅から6分。日本酸素工業の工場跡地だった事が講演名の由来だ。fastfood

20170508_syaryou_04

日酸公園には、国鉄時代の古い電車があります。clover

20170508_syaryou_03

この車両は、国鉄クモエ21形電車だ。この車利用の正式名称は、「救援制御電動自動車クモエ21001号」です。train

この車両の主な仕事は、他の電車が踏切事故や故障などで動けなくなくなった時、いろいろな道具をのせて現場に行き助けます。hospital

20170508_syaryou_06

長さ17mあるので、結構大きな電車だ。車両の中には入る事はできません。danger

20170508_syaryou_02

ケガした電車を助けた電車という珍しい車両が静態保存されているのです。subway

昭和2年(1927年)に運行開始し、昭和61年(1986年)に引退しました。直流電車で最高時速95kmである。karaoke

20170508_sansakuro

日酸公園の東側には、散策路が整備されている。shoe

20170508_azumaya_1

散策路には東屋がある。小さな水路もあり、趣きがあるのだ。house

20170508_yaezakura_1

散策路には、八重桜が満開、見事に咲いています。cherryblossom

20170508_yaezakura_2

八重桜、花の咲き具合がいいね。cherryblossom

ちなみに、ここでの詳細レポは、「クモエ21001号が静態保存されている、日酸公園を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170513_yaezakura_01

先へ進んでいくが、下野市は八重桜の町なのだろうか。各所に、綺麗な八重桜が咲いています。cherryblossom

20170507_park_3

コースポイントtwo箇所目は、「久保公園」です。日酸公園から9分。平成13年度(2001年)に整備された公園です。市民の憩いの場として利用されています。club

20170507_park_4

平成6年(1994年)、区画整理事業に伴う発掘調査を行ったところ北台遺跡が発見されました。北台遺跡は、栃木県の一番南で確認されている推定東山道跡です。下野市指定史跡。wrench

20170507_tousandou

公園中央部に横切るこの道が、東山道だったのではないかと推定されています。東山道は、京から近江国(滋賀県)、美濃国・飛騨国(岐阜県)、信濃国(長野県)、武蔵国(東京都・埼玉県)、上野国(群馬県)の諸国を経て下野国に入り、陸奥国の多賀城(宮城県)に向かっていました。shoe

中央から東国や陸奥に赴任する役人や東国から北九州の警備のために防人として派遣された人たちや多くの物資もこの道を通って行きました。bicycle

これまで栃木県内では、10数か所の古代の道路標が確認されていますが、史跡として保存整備されているのはここだけです。karaoke

ちなみに、ここでの詳細レポは、「東山道跡がある久保公園を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170507_yaezakura_1

久保公園近くの川沿いは遊歩道に整備されていて、こちらも、八重桜が満開見事に咲いています。cherryblossom

20170507_yaezakura_2

八重桜の花びら、これまた、綺麗ですね。cherryblossom

20170513_road_01

いゃあ~、暑いね。田畑だけ広がる、のんびり空間。黙々と歩いていきます。sweat01

20170513_nagame_1

緑が広がる。すごすぎる...。club

20170510_oshisyabashi

コースポイントthree箇所目は、「御使者橋・姿亭」です。久保公園から14分。この橋が、お使者橋です。江戸の昔、徳川幕府や壬生藩主鳥居公の使者が往来したので、この橋を御使者橋と呼ばれたそうです。leo

20170510_oshisyabashi_2

今は、姿川にかかる車道橋となっている。rvcar

20170510_parking

お使者橋を渡る手前には、姿亭ポケットパークがあります。まぁ、駐車場・休憩所ですな。car

20170510_sugatatei

近くに御用宿(ごようやど)なる屋号の家あり。平成3年(1991年)誇れるまちづくりの名所として姿亭を建て百日紅(さるすべり)を飾る。house

姿亭は、駐車場の東屋として利用できます。chair

20170510_waka_e

和歌の絵が飾られている。この裏には、和歌が書かれている。art

20170510_nagame

周囲は、のんびりした田畑が広がる。club

20170510_sugatagawa

姿川には、釣りをしている人が多かったな。fish

20170510_kurenaihashi

お使者橋に並行して、自転車・歩道橋がある。この橋は、紅橋となっている。こちらを渡っていきます。shoe

ちなみに、ここでの詳細レポは、「お使者橋と姿亭と姿川2017。」へどうぞ。paper

20170513_road_02

イベント会場へ向かって歩いているが、車道は駐車場に車を停める為の行列渋滞が続いています。歩きで、どんどん車を抜かしていきます。run

20170513_yaezakura_02

八重桜トンネルをくぐり歩いていく。cherryblossom

20170513_ushigoya

牛小屋があるな...。taurus

20170424_sakura_05

コースポイントfour箇所目は、「天平の丘公園花広場」です。御使者橋から16分。ここで、第38回天平の花まつりが開催されていました。会場内多くの人が訪れますね。gemini

20170424_sakura_06

八重桜、満開を迎えています。ピンク色の花びらがいいね。cherryblossom

20170424_sakura_01

快晴、春の青空の下、八重桜はさらに映えます。今年は、ソメイヨシノが見頃を迎えた週末は、生憎の天気だったので、遅れてピークを迎える八重桜を青空で見る事ができて良かったよ。happy02

20170424_sakura_02

やっぱり、これだけ八重桜が咲くと、多くの人が訪れるもんだ。会場内、かなり混雑しています。cancer

20170424_sakura_03

会場内ぐるりと、美味しそうな露店が立ち並びます。riceball

20170424_sakura_04

結構、行列が出来ているお店が多かったな。delicious

20170424_stage

特設ステージでは、演歌ステージなどが行われているようです。karaoke

20170424_suisya

こちらは、からくり水車。aquarius

20170424_katakagotei

かたかご亭では、銭石まんじゅうが出来たてで販売されます。駅ハイ参加特典で、1個貰えます。行列に並んだけど、ちょっと時間がかかりそうだったのであきらめた...。ring

20170424_shbafu_hiroba

尼寺公園側、芝生広場は空いているスペースが多いので、こちらに、ピクニックシートを敷いて、桜まつりを楽しんでもいいかも。bottle

20170424_amaderaato

もう少し早い時期だと、日本三大桜の淡墨桜・滝桜・山高神代桜などの桜が咲き競います。史跡「下野国分尼寺跡」付近である。pen

ちなみに、ここでの詳細レポは、「第38回天平の花まつり、満開の八重桜を見に行ってきた2017。」へどうぞ。paper

20170424_shiryoukan

コースポイントfive箇所目は、「しもつけ風土記の丘資料館」です。天平の丘公園花広場に隣接。入館無料なので入ってみよう。いろいろな史跡など貴重な展示物が多くありました。school

20170427_kokubunji_ato_2

コースポイントsix箇所目は、「下野国分寺跡」です。しもつけ風土記の丘資料館から5分。天平13年(741年)、聖武天皇は当時60余りの国ごとに国分寺と国分尼寺を造ることを命じました(国分寺建立の詔)。下野国分寺はその中の1つである。drama

現在は整備され、史跡公園となっている。とはいえ、広々として何もない空間が広がっている。国の史跡に指定。libra

20170427_nanmon_ato

まっすぐ進んで行くと、南門があります。door

20170427_kokubunji_ato_3

南大門を通り、中門、金堂へ続く。建物の復元は無く、敷地のみだ。ski

20170427_shitijyuutou

この先に七重塔があったようです。building

20170427_kabutozuka_kofun

下野国分寺跡の西側に、甲塚古墳(かぶとづかこふん)があります。帆立貝形古墳です。carouselpony

20170427_shinnrin

北東側には、新緑の森林があり、散策路になっている。club

20170427_kokubunji_ato_4

下野国分寺跡の碑があり。movie

ちなみに、ここでの詳細レポは、「下野国分寺跡を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170427_sakura_01

天平の丘公園に戻ってきました。園内ぐるりと散策してみましょう。bicycle

20170427_sakura_02

八重桜の下、シートを敷いて花見ですな。riceball

20170424_mini_shinkansen

天平の丘公園では、ミニ新幹線の乗車あり。有料。八重桜を見ながら、のんびり走る。bullettrain

20170427_sakura_11

青い空、ピンク色の桜、緑色の芝生。3色のハーモニーが鮮やかだ。そんな中、グリーンのE5系新幹線がカタトコ周回する。bullettrain

20170427_sakura_03

八重桜のピンク色と新緑の木々の色とのハーモニーがいいね。club

20170424_bochan_ressya

こちらは、坊ちゃん列車。有料。天平の丘公園の園内をぐるりと走ります。subway

20170427_sakura_04

八重桜の花びらアップ撮影。綺麗だね。tulip

20170427_sakura_12

今だけの演出。天気も良く、散歩日和だ。art

20170427_komotibashi

天平の丘公園には森林ゾーンがある。新緑の木々の中、明日香川に子宝橋がかかる。xmas

20170427_manyou

万葉植物園に入る修学の門をくぐろう。door

20170427_murasakishikibu

コースポイントseven箇所目は、「オトカ塚古墳・伝紫式部の墓」です。shadow

こちらは、紫式部の墓。この付近は「紫」という地名であることから、源氏物語の作者である紫式部の墓と、言われるようになったとの事。pencil

20170427_shinrin

森林の中の散策路もある。歩きながら気分が良い。shoe

20170427_kofun

こちらは、オトカ塚古墳。古墳時代後期に築造された総長58m(墳丘長約45m)、高さ1.2mの帆立貝形前方後円墳です。fullmoon

20170427_shinrin_2

これからは、この新緑の色が映えてくる季節になるんだなぁ。confident

ちなみに、ここでの詳細レポは、「天平の丘公園、園内散策してきた2017。」へどうぞ。paper

20170513_murasakibashi

天平の丘公園を出て、再び、歩き始めます。紫橋を渡ります。mobilephone

20170513_murasakibashi_2

紫橋、橋上から姿川を眺める。ここからは、姿川の土手上を歩いていきます。bicycle

20170513_road_03

土手上もくもく歩いて行こう。shoe

20170513_nanohana_road_1

姿川の土手上は、菜の花ロードになっていた。chick

20170510_nanohana

姿川の土手には、菜の花がぎっしりと咲き誇っていました。すごすぎる...。tulip

20170513_nanohana_road_2

案の定、歩く場所がわからないくらい菜の花だらけになった。下に降りることもできず、このまま強行突破。ちょっと、しんどい...。coldsweats02

20170513_road_04

お使者橋に戻ってきた。そのまま、真っ直ぐ進んでいきます。scorpius

20170513_road_05

ここからは、歩行者・自転車道があるので、気楽に歩いていけます。key

20170513_road_06

姿川沿いに歩いていく。先には、宮前橋が見えます。その橋を渡り、左奥に見える森の方へ向かう。fish

20170509_furusatonomori_1

コースポイントeight箇所目は、「蔓巻公園」です。天平の丘公園から31分。「つるまきこうえん」と読む。こちらは、ふるさとの森です。森の中は散策路が整備されています。xmas

20170509_furusatonomori_2

森の中の静けさが心地良いですな。のんびり歩いてみよう。shoe

20170509_tsurumaki_park_1

緑の広場に出てきました。こちらは、公園中央部にある築山広場です。緑の広場が広がるね。蔓巻公園は、姿川沿いに沿った長方形のような横長な敷地である。club

20170509_yaezakura_1

公園内には、八重桜が満開、見事に咲き誇っています。cherryblossom

20170509_yaezakura_2

八重桜の花びら、綺麗な感じだね。tulip

20170509_tenbou_1

小高い丘を登ってみた。360度ぐるりと見渡せる展望が望めます。eye

20170509_suberidai

小高い丘から、すべり台があります。子供達に人気だ。snowboard

その先には、バーベキューができるキャンプ場があります。さらに、その先には、花広場や下川原広場があります。bud

20170509_hiroba

築山広場の先には森が広がります。clover

ちなみに、ここでの詳細レポは、「緑の広場が広がる、蔓巻公園を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170513_tanbo

のどかな田園風景。clover

20170513_yuuyuukan

コースポイントnine箇所目は、「ゆうゆう館・天平の湯」です。蔓巻公園から15分。日帰り入浴施設です。駅ハイ参加特典で、入浴料が300円→200円に割引サービスが受けられます。spa

20170513_okazunoikeda

手作りコロッケとお惣菜の店「おかずのイケダ」です。ギョーザも売っているのかぁ...。ちょっと気になったが...。riceball

20170513_park_1

緑の芝生が広がる公園。すべり台があるね。ここも、八重桜の木がある。spade

20170512_torii

コースポイントonezero箇所目は、「慈眼寺・金井神社」です。天平の湯から14分。bar

こちらは、金井神社です。では、鳥居をくぐりましょう。door

20170512_sandou

参道をまっすぐ進みます。snail

20170512_hondou

拝殿です。参拝します。confident

御祭神は、磐裂命・根裂命。shadow

20170512_honden

金井神社の本殿、建造物が市指定文化財に指定されています。本殿の建築様式は一間社三方入母屋造といい、壁面には透彫りなどの立派な彫刻が施されています。art

この彫刻は江戸末期(1800年代)の製作と考えられ、作者は磯部氏系統の彫刻師であろうと推定されています。本殿の素材にはけやきが用いられており、素木造で彩色はありません。屋根は栩葺きで壁面には当時の人々の名前が刻まれており、両側には彫刻の施された脇障子が付いています。book

ちなみに、ここでの詳細レポは、「一間社三方入母屋造の本殿、金井神社を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170511_sanmon

こちらは、慈眼寺です。1196年、新田義兼によって開基され、新田一族の祈願所として建立されたと言われています。cancer

では、山門をくぐりましょう。door

20170511_tokugawa

慈眼寺は、徳川将軍家日光社参小休所・御昼食所だったようです。なので、葵紋ですね。leo

20170511_sandou

参道を歩きます。左手には、観音堂がある。bell

20170511_hondou

参道をまつすぐ進んだ先に、本堂があります。house

20170511_yaezakura

ちょうど、八重桜が満開を迎えていました。cherryblossom

20170511_yaezakura_2

ピンク色の綺麗な花びらが、また、良いですね。cherryblossom

ちなみに、ここでの詳細レポは、「徳川家の休憩所、慈眼寺(下野市)を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170512_touri

コースポイントoneone箇所目は、「小金井一里塚」です。慈眼寺から7分。ring

20170512_itirizuka

この、小金井一里塚は、日光街道で唯一国指定史跡である一里塚なのだ。crown

江戸(東京)日本橋から22里(約88km)の地点にある。二つの塚がほぼ完存している事などから、日光道中で唯一国指定史跡に指定されています。crown

20170512_itirizuka_2

下野市名木30選、エノキ・クヌギがあります。xmas

ちなみに、ここでの詳細レポは、「小金井一里塚を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170513_road_07

駅前通りに戻ってきました。penguin

20170513_koganei_st_1

小金井駅に戻ってきました。ゴール受付はありません。小金井駅をスタートして、ゴール戻ってくるまで、4時間59分かかりました。motorsports

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:25051歩 消費カロリー:1256.8kcal 消費脂肪量:179.5g 歩行距離:19.03km 歩行時間:3時間34分 平均時速:5.33km/h エクササイズ量:13.0Exinfo02

20170513_utsunomiya_line_2

帰りもJR宇都宮線で。あまり食べずに歩いてきたので、お腹空いた~。なので、これから、宇都宮駅へ向かいます。もちろん、餃子食べにね。delicious

小金井駅からの駅ハイは初めての参加でした。本当は、渋川駅の駅ハイ、白井宿の八重桜を見に行こうかと思っていたが、満開が少し遅れていたようなので、急遽、下野市・小金井の駅ハイに決めました。快晴天気も良く、そして、八重桜が満開でとても良い駅ハイ日和でした。sun

という事で、駅からハイキング「八重桜と日本三大桜の競演と天平文化の風薫る歴史探訪」に参加してきたレポでした~。happy01

ちなみに、訪問箇所詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170513_map

今回のウォーキングコースマップです。foot

JR東日本・駅からハイキング 「八重桜と日本三大桜の競演と天平文化の風薫る歴史探訪」 開催期間:2017年4月11日(火)~4月30日(日) 所要時間:約5時間30分(見学時間等を含む) 歩行距離:約12kminfo02

小金井駅→スタート:オアシスポッポ館→①日酸公園→②久保公園→③御使者橋・姿亭→④天平の丘公園花広場→⑤しもつけ風土記の丘資料館→⑥下野国分寺跡→⑦オトカ塚古墳・伝紫式部の墓→⑧蔓巻公園→⑨ゆうゆう館・天平の湯→⑩慈眼寺・金井神社→⑪小金井一里塚→ゴール:オアシスポッポ館→小金井駅info02

|

« 小金井一里塚を訪れた2017。 | トップページ | 山形新幹線つばさ131号に乗って新庄駅まで乗車した2017。 »

コメント

両毛探訪、次は下野・結城・古河をたずねようと思っていたので大いに参考になります。この地が天平文化と繋がっていたのですね~!貴重な情報を頂き嬉しいです。

投稿: RW | 2017年5月13日 (土曜日) 07時42分

RWさん、こんばんわ。

栃木県下野市は、昔、東山道が通る街道だったので、いろいろ重要な施設が多いようです。特に、下野国分寺と下野薬師寺という国指定史跡があり、復元されているので歴史観光には良いところだと思います。

投稿: さかきんぐ(管理人) | 2017年5月13日 (土曜日) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102007/65268608

この記事へのトラックバック一覧です: 駅からハイキング「八重桜と日本三大桜の競演と天平文化の風薫る歴史探訪」に参加してきた(2017.04.23)。:

« 小金井一里塚を訪れた2017。 | トップページ | 山形新幹線つばさ131号に乗って新庄駅まで乗車した2017。 »