« 理化学研究所和光地区一般公開2017に行ってきた。 | トップページ | あけぼの山公園内日本庭園を訪れた2017。 »

2017年4月24日 (月曜日)

第38回天平の花まつり、満開の八重桜を見に行ってきた2017。

八重桜が咲き誇り、春の陽気に天平の香り。tulip

20170424_sakura_05

さて、やってきたところは、栃木県下野市にある天平の丘公園花広場です。ここで、第38回天平の花まつりが開催されました。開催期間は、2017年3月20日(月)~5月5日(祝金)だが、4月下旬は八重桜が咲き誇り、会場内多くの人が訪れます。gemini

20170424_sakura_06

八重桜、満開を迎えています。ピンク色の花びらがいいね。cherryblossom

20170424_sakura_01

快晴、春の青空の下、八重桜はさらに映えます。今年は、ソメイヨシノが見頃を迎えた週末は、生憎の天気だったので、遅れてピークを迎える八重桜を青空で見る事ができて良かったよ。happy02

20170424_sakura_02

やっぱり、これだけ八重桜が咲くと、多くの人が訪れるもんだ。会場内、かなり混雑しています。cancer

20170424_sakura_03

会場内ぐるりと、美味しそうな露店が立ち並びます。riceball

20170424_sakura_04

結構、行列が出来ているお店が多かったな。delicious

20170424_stage

特設ステージでは、演歌ステージなどが行われているようです。karaoke

20170424_shiryoukan

会場に隣接して、市立しもつけ風土記の丘資料館があります。入館無料なので入ってみよう。いろいろな史跡など貴重な展示物が多くありました。school

20170424_suisya

こちらは、からくり水車。aquarius

20170424_katakagotei

かたかご亭では、銭石まんじゅうが出来たてで販売されます。行列に並んだけど、ちょっと時間がかかりそうだったのであきらめた...。ring

20170424_mini_shinkansen

天平の丘公園では、ミニ新幹線の乗車あり。有料。八重桜を見ながら、のんびり走る。bullettrain

20170424_bochan_ressya

こちらは、坊ちゃん列車。有料。天平の丘公園の園内をぐるりと走ります。subway

20170424_jyuutai

会場は車の来場がほとんど。最寄駅であるJR宇都宮線小金井駅からは約4kmあるからね。駐車場に入れる為に、長い行列、車の渋滞が続きます。car

ちなみに、小金井駅西口からタクシー1000円均一で送迎してくれます。rvcar

20170424_shbafu_hiroba

尼寺公園側、芝生広場は空いているスペースが多いので、こちらに、ピクニックシートを敷いて、桜まつりを楽しんでもいいかも。bottle

20170424_amaderaato

という事で、第38回天平の花まつり、満開の八重桜を見に行ってきたレポでした~。happy01

ちなみに、天平の丘公園周辺訪問レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「八重桜と日本三大桜の競演と天平文化の風薫る歴史探訪」に参加してきた(2017.04.23)。」へどうぞ。paper

20170424_poster

告知ポスターです。memo

「第38回天平の花まつり」 開催期間:2017年3月20日(月)~5月5日(祝金) 会場:天平の丘公園花広場(栃木県下野市国分寺993-1) 駐車場400円 JR宇都宮線小金井駅西口からタクシーで約10分1000円info02

|

« 理化学研究所和光地区一般公開2017に行ってきた。 | トップページ | あけぼの山公園内日本庭園を訪れた2017。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102007/65189130

この記事へのトラックバック一覧です: 第38回天平の花まつり、満開の八重桜を見に行ってきた2017。:

« 理化学研究所和光地区一般公開2017に行ってきた。 | トップページ | あけぼの山公園内日本庭園を訪れた2017。 »