« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月31日 (金曜日)

農園リゾート THE FARM、ザファームカフェで野菜たっぷりのヘルシーランチを味わう2017。

新鮮な野菜をふんだんに使った料理が召し上がれます。clover

20170331_the_farm_cafe_1

さて、やってきたところは、千葉県香取市にある農園リゾート THE FARM(ザ ファーム)です。THE FARMは、5つの施設(会員制貸農園・天然温泉・カフェ・宿泊施設・バーベキュー)からなる複合施設です。その中の1つ、THE FARM CAFFEE(ザ ファーム カフェ)で昼食をとりましょう。penguin

20170331_yasai_lanch_1

野菜たっぷりのヘルシーランチを頂きます。シチュー・サラダ・パンとどれも美味しそう♪。restaurant

20170331_yasai_lanch_2

当農園で育った野菜をはじめ、千葉県産の新鮮な野菜がたっぷりだ。アンチョビソースで頂こう。art

グラスに入った、甘くて果汁たっぷりのフルティカトマト。糖度8度以上のフルティカトマトを、甘蕃茄(あまばんか)と言います。これは、もう、フルーツだ。美味しい!。cherry

20170331_sityuu

野菜の旨みがたっぷりつまったシチューです。大きくカットしたニンジンやサツマイモが、いい食感を出す。delicious

20170331_coffee

口直しにホットコーヒーでブレイク。cafe

20170331_tennai_1

ガラス張りの店内は明るく開放的です。美味しい野菜と楽しい時間を過ごせます。confident

20170331_tennai_2

都会を離れ、緑広がる風景の中で癒されましょう。cat

20170331_bar

木の温もりを活かしつつ、モダンな内装の空間は、非日常の時間を演出してくれます。wine

20170331_the_farm_cafe_2

ザファームカフェの建物外観です。外の明るさが入りやすい、お洒落な感じですね。event

20170331_ennai_1

ちょいと、ザファーム園内をぶらり散策してみよう。snail

20170331_gramping

宿泊施設の1つ、ザファーム・キャンプ「リバーサイド」。話題のグランピング宿泊です。周囲にはジップスライダーなどアスレチックもあるよ。event

20170331_bbq

こちらは、バーベキュー施設。屋外で食べるのも美味しそう。pig

20170331_farm

こちらは、家庭農園です。いろんな野菜を栽培しているよ。ここで採れた野菜を使って、バーベキュー場やコテージ等で料理して食べる事もできる。bud

20170331_cotage

こちらは、宿泊施設コテージ。hotel

20170331_animal

こちらは、ミニ牧場。エサ欲しいのかな?。taurus

20170331_karinnoyu

こちらは、日帰り天然温泉入浴施設「かりんの湯」です。spa

20170331_map

広大な敷地を誇る「THE FARM」。都心から約1時間半のところに位置する農園。都会の喧騒から離れ、のんびり自然の中で過ごすのも良さそうだね。good

という事で、農園リゾート THE FARM、ザファームカフェで野菜たっぷりのヘルシーランチを味わったレポでした~。happy01

「農園リゾート THE FARM ザファームカフェ」 〒287-0103 千葉県香取市西田部1309−29 TEL:0478-79-6909 平日11時~16時 土日祝11時~21時 定休日火曜info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月30日 (木曜日)

観光いちご園「いちごの杜」で、いちご狩りしてきた2017。

立ったままいちご狩りができるいちご園です。apple

20170330_ichigo_house

さて、やってきたところは、千葉県香取市にある観光いちご園 いちごの杜です。東総有料道路沿いにあるいちご農園で、いちご狩りシーズン美味しい苺が味わえるよ。restaurant

20170330_ichigo_2

訪れたのが午後なので、見た目良さげなイチゴは少なかったとはいえ、赤いイチゴたくさんあるね。いちご狩り・いちご食べ放題。パクパク行こう♪。cherry

20170330_ichigo

いゃあ~、いい色しているね。うむ、ジューシー!。delicious

20170330_rennyuu

練乳もかけ放題なので、随時補充しよう。taurus

この農園のイチゴは、「紅ほっぺ」と「章姫」(あきひめ)の2種類味わう事が出来ます。cherry

20170330_rennyuu_2

時間内の中、いっぱいイチゴを食べ味わいました。美味しかったです。happy02

20170330_ichigo_house_2

高設ベンチでの養液栽培、立ったままでいちご狩りができます。バリアフリー、車いすの方でもいちご狩りが楽しめるようになっている。bicycle

20170330_baiten

イチゴ狩りを行う前に、売店内の自動券売機でチケットを購入します。それから、ビニールハウスへ入りましょう。ticket

20170330_tomato

売店内では、いちごの販売があります。さらに、ミニトマトの詰め放題もあるよ。いろんな種類のトマトがあるね。apple

20170330_yakiimo

イチゴ狩りしたら、焼き芋が頂けました。banana

20170330_yuuhodou

駐車場前に、遊歩道入口と書かれていたので、ちょっと散歩行ってみよう。shoe

20170330_yuuhodou_2

特に何かがある訳ではなく...。のんびりした景観ですな。club

20170330_ichigonomori

自分でイチゴを狩って、イチゴを食す。味わい楽しめました。scissors

という事で、観光いちご園 いちごの杜でいちご狩りしてきたレポでした~。happy01

20170330_poster

ポスターです。memo

「観光いちご園 いちごの杜」(㈱山田みどり菜園) 〒289-0425 千葉県香取市大角1730-1 TEL:0478-70-8221(期間中) 今シーズン開園期間:2016年12月23日(金)~2017年5月下旬 入園時間:9時~16時 休園日:無休 東総有料道路沿いinfo02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月28日 (火曜日)

春のイースト発酵大感謝祭in川越に行ってきた2017。

地酒・地ビールとご当地うまいものを堪能しよう。restaurant

20170328_kaijyou_2

さて、やってきたところは、埼玉県川越市にある松本醤油商店敷地です。ここで、2017年3月25日(土)、春のイースト発酵大感謝祭in川越が開催されました。川越地酒や地ビールと御当地うまいもの大集合!。会場周辺は車両通行止めにしてオープンカフェ化されました。event

20170326_matsumoto_syouyu_1

川越市内では、第28回小江戸川越春まつりの初日でオープニングイベントが開催。それにあわせて、ここ松本醤油でもイベント開催となった。多くの人で賑わっているね。bell

20170328_kagamiyama_syuzou

この日は、鏡山仕込み蔵が一般開放されました。入ってみよう。door

20170328_tank

貯蔵タンクがあるね。蔵内では、記念限定酒、直汲み純米吟醸・純米大吟醸の販売がありました。drama

20170328_drink

まずは、ドリンクを味わおう。地ビールのコエドビールと、地酒の鏡山がカップ売りしています。drama

20170328_beer

コエドビール瑠璃で、まずは1杯♪。ゴクッ、ぷはぁ~。美味しい。ホップの苦みと香味のバランス、麦の旨味をスッキリと。beer

20170328_tamagokake

こちらは、アツアツご飯にコクのあるたまごかけごはん。これに、はつかり醤油かけ放題で頂けます。さらに、鶏節のトッピングサービスがありました。美味しいね。riceball

20170328_sake

川越の地酒・鏡山をお猪口頂いた。ぷふぉ~、いい味わいだ。bottle

20170328_yudegyouza

茹でぎょうざを頂いて、...。pig

20170328_coffee

水温熟成珈琲で口直し。cafe

20170328_matsumoto_syouyu

松本醤油売店では、醤油をはじめ、日本酒、ビールも販売しています。24hours

という事で、春のイースト発酵大感謝祭in川越に行ってきたレポでした~。happy01

20170328_tirashi

配布されていたチラシ表面です。memo

「春のイースト発酵大感謝祭in川越」 開催日:2017年3月25日(土) 開催時間:10時~16時 場所:松本醤油敷地(埼玉県川越市仲町10-13)、および周辺道路をオープンカフェ化 西武新宿線本川越駅から徒歩約10分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月曜日)

三郷春まつり~桜とご当地うまいもの祭2017~に行ってきた。

におどり公園での春のイベントです。tulip

20170327_stage

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にあるにおどり公園です。ここで、2017年3月26日(日)、三郷春まつり~桜とご当地うまいもの祭2017~が開催されました。ステージとグルメゾーンで構成される春祭りイベントだ。cherryblossom

ステージでは、「ちーむナノ」によるよさこいソーランを披露。denim

20170327_shidarezakura

記念植樹された「べにしだれさくら」。三春滝桜の子孫樹は、現在、蕾状態。cherryblossom

20170327_someiyoshino

第二大場川沿いのソメイヨシノはまだまだですね。イベント名に「桜」が入っているものの桜花見には程遠い。bud

20170327_kaijyou_1

春まつり初めての開催になったが、あいにくの雨模様。1日中しとしと雨でした。しかも、冷えて寒かった。屋外イベントとしては、悪天候で残念でしたな。rain

20170327_kitchin_car

グルメゾーンでは、14のキッチンカーが出店されました。日本全国からのご当地グルメを含む飲食物が提供されます。restaurant

20170327_horumon

温まるグルメを頂こう。朝日堂のコラーゲンたっぷり塩ホルモン鍋を頂きました。食欲そそる味わいでした。pig

せっかくいろんなグルメがあるものの、雨で食べるところが無かった。屋根があるのが、東屋1カ所だけだったんだよね...。しかも、冷えて寒かったので、これで退散しました。weep

20170327_tx

会場への最寄り駅は、つくばエクスプレス三郷中央駅です。TXに乗ってやってきたよ。train

20170327_nagame

ぼやけた写真だが、ホームからの会場の眺め。まぁ、雨だしねぇ...。building

20170327_nagame_2

におどり公園、結構な広さがあるので、キッチンカーだけでは、ちょっと物足りない感じがするかもなぁ。雨で人が少なく余計に感じた。club

三郷中央におどり公園でいろんなイベントが行われてきたが、今回は、いつもと違う雰囲気の感じで、あんまり三郷感が無かったな。今回イベントの名前がハードルを上げてしまったか。春らしい演出も無かったし..。例えば、キッチンカー選手権とした方がテーマが分かりやすかったかも。三郷の春祭りは初めての開催だったので、今後、回数を重ねてきたら良くなっていくかもね。chick

という事で、三郷春まつり~桜とご当地うまいもの祭2017~に行ってきたレポでした~。happy01

20170327_haifubutsu

告知物です。駅に配布していました。memo

「三郷 春まつり ~桜とご当地うまいもの祭2017~」 開催日:2017年3月26日(日) 開催時間:10時~18時 会場:におどり公園(埼玉県三郷市中央1丁目) 入場料無料 つくばエクスプレス三郷中央駅から徒歩約1分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月26日 (日曜日)

第28回小江戸川越春まつりオープニングイベントに行ってきた2017。

小江戸川越で春のイベントがスタート!。cherryblossom

20170326_harumatsuri

さて、やってきたところは、埼玉県川越市にある蔵のまち一番街商店街です。川越市内では、2017年3月25日(土)~5月5日(祝金)の期間、第28回小江戸川越春まつりが開催されました。開催初日、3月25日(土)はオープニングイベントという事で、連雀町交差点から札の辻交差点まで車両通行止めにして、川越藩火縄銃鉄砲隊、川越鳶組合によるはしご乗り、民踊流し、マーチングバンド、大道芸、消防音楽隊ミニコンサート、和太鼓の演奏、ラジオぽてとの配信などが行われました。歩行者天国、観光客で大混雑だ。cat

20170326_edonohi_2

川越一番街商店街では、二升五合市「小江戸川越 江戸の日」が開催された。商店街の店主や街行く人が江戸商人や町人に扮して客さまを出迎えてくれます。drama

20170326_wadaiko

城西川越高校の和太鼓、なかなかいいね。leo

20170326_edonohi_1

各所で江戸時代を思わす雰囲気に、タイムスリップしたような感じだ。virgo

20170326_matsumoto_syouyu_1

松本醤油敷地では、春のイースト発酵大感謝祭が行われていた。コエドビールに鏡山地酒を味わえた。酒蔵見学もできたよ。bell

20170326_roman_road

川越大正浪漫夢通りでは、こいのぼりが飾られていたね。fish

20170326_harumatsuri_2

この建物は、旧武州銀行川越支店。国指定有形文化財に指定。現在は、川越商工会議所になっていて、小江戸川越春まつりの幕が掲出されている。オープニングイベントの春まつり、川越は大いに賑わっていたな。dog

という事で、第28回小江戸川越春まつりオープニングイベントに行ってきたレポでした~。happy01

20170326_edonohi

「江戸の日」の告知ポスターです。memo

20170326_poster

告知ポスターです。memo

「第28回小江戸川越春まつり」 開催期間:2017年3月25日(土)~5月5日(祝金) 会場:川越市内各所info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月25日 (土曜日)

道の駅発酵の里こうざき、地酒3種飲み比べを味わう2017。

日本の発酵文化を世界に発信する道の駅です。parking

20170325_kouzaki

さて、やってきたところは、千葉県香取郡神崎町にある道の駅発酵の里こうざきです。国道356号線利根水郷ライン沿いにある道の駅で、2015年4月29日にオープンしました。building

「新鮮市場」・「発酵市場」・「Cafe&Restaurantオリゼ」の3つの施設から構成される。そして、コンビニ・ファミリーマートがある。event

20170325_oryzae

で、楽しみにしていたのが、ここ、「Cafe&Restaurantオリゼ」です。新鮮な野菜と発酵食品を使った料理が味わえる、のんびりとしたカフェ&レストランだ。restaurant

20170325_restlant

店内はカフェショップのような感じ。木材を使った店内は、落ち着く感じだね。cafe

20170325_nomikurabe

発酵の里こうざきと言えば、酒蔵。神崎町にある酒蔵、「鍋店」・「寺田本家」の日本酒ですよね。drama

その地酒を3種飲み比べで味わう事ができます。これが、楽しみだったのです。5種類から3種類選べますよ。1コイン500円がいいですね。dollar

各酒専用のお猪口・グラスに注がれています。では、くぴっ。ぷはぁ~、美味しいね。道の駅で提供されるのは珍しい。ただし、ドライバーの飲酒はダメですからね。delicious

※この商品は、ツアーバス客専用のメニューです。bus

20170325_chair

通常のテーブル席の他、チェアー席、外テラスもあり。chair

20170325_nomikurabe_2

一般客向けにも飲み比べセットがあります。3種700円です。bottle

20170325_otsumami_set

飲み比べセットおつまみ付き1000円もあります。scorpius

20170325_butaman

食事では、人気No.1メニュー「豚の味噌麹焼き」等があります。発酵メニューが取り揃えているよ。軽食では、「とうふ豚まん」(\350)がおすすめです。pig

20170325_hanbai

「発酵市場」では、厳選発酵食品の販売をしています。地酒や醤油、味噌等を販売しています。24hours

20170325_kioke

醤油造りにはかかせない、木桶が展示されているよ。art

20170325_miso

神崎町のお味噌試食がありました。cat

20170325_kankou

神崎町の観光スポット、神崎神社をはじめ、いろいろなスポットがあり。book

20170325_nanjyamon

神崎町のPRマスコットキャラクター「なんじゃもん」です。leo

20170325_kensetsucyuu

1つ新しい施設を建設中のようである。何ができるのかな?。danger

20170325_kenoudou

道の駅発酵の里こうざきの近くには、圏央道が開通しており、神崎インターチェンジが新設されました。高速からのアクセスにも便利だ。rvcar

という事で、道の駅発酵の里こうざきで、地酒3種飲み比べを味わったレポでした~。happy01

「道の駅発酵の里こうざき」 〒289-0224 千葉県香取郡神崎町松崎855 TEL:0478-70-1711 駐車場計75台 トイレ計29 JR成田線下総神崎駅から徒歩約45分・滑河駅から徒歩約50分 圏央道神崎ICから車ですぐinfo02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月24日 (金曜日)

神崎神社にある、天然記念物なんじゃもんじゃの木2017。

光圀公も驚かれた大木があります。leo

20170324_kouzaki_jinjya

さて、やってきたところは、千葉県香取郡神崎町にある神崎神社です。「こうざきじんじゃ」と読む。白鳳時代に大浦沼二つ塚より現在の地に遷座し、明治6年に郷社、大正10年県社に昇格しました。高台にある神崎神社は、町の守護神として鎮座しています。shadow

20170314_kouzaki_jinjya

拝殿の右手には、町のシンボル、なんじゃもんじゃの木があります。xmas

20170324_nanjyamonjyanoki

この、大クスノキは国指定天然記念物「神崎の大クス」です。通称、「なんじゃもんじゃの木」。主幹は明治40年に火災で焼け、高さ7mほどで切断されているが、そのひこばえがよく育ち、樹高20m以上に達している。building

延宝2年(1674年)4月、黄門様である水戸光圀公がここを訪れた際、「この木は何というもんじゃろうか」と自問し、感嘆されたという。それ以来、この御神木は、「ナンジャモンジャ」の名をもって広く知れ渡っている。penguin

20170324_nanjyamonjyanoki_2

大きな幹ですね。神崎神社の御神木です。crown

20170324_furumaizake

訪れた日は、寺田本家によるふるまい酒が頂けました。美味しい味わいだ。bottle

この日は、寺田本家で酒蔵祭りが行われていました。その訪問レポは、「寺田本家第11回お蔵フェスタに行ってきた2017。」へどうぞ。paper

20170324_onnazaka

神崎神社へ向かう女坂。virgo

20170324_sandou

神崎神社周辺は、緑の木々で覆われています。ちょっとした山上に神崎神社はあります。snowboard

20170324_torii

国道356号線沿いに鳥居があります。ここから、階段を登って、てっぺんにある神崎神社へ向かいます。door

という事で、なんじゃもんじゃの木がある神崎神社を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、訪れた日は神崎町の最大イベントがここの周辺で開催。そのレポは、「発酵の里こうざき酒蔵まつり2017に行ってきた。」へどうぞ。paper

「神崎神社」(こうざきじんじゃ) 〒289-0221 千葉県香取郡神崎町神崎本宿1994 JR成田線下総神崎駅から徒歩約20分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月23日 (木曜日)

江戸川土手の三郷市菜の花ロード2017。

毎年3月中旬になると、江戸川土手の両サイドには、黄色い絨毯が広がります。banana

20170323_nanohana_12

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にある江戸川土手です。毎年3月中旬頃から4月中旬頃にかけ、江戸川土手斜面には、菜の花が見事に咲き誇ります。江戸川土手上の三郷幸手自転車道は、両サイドに黄色の絨毯が敷かれているかのように、黄色い菜の花が延々と続いている。もう、すごいね。moon3

20170323_nanohana_1

鮮やかな黄色が、春の訪れを感じるね。virgo

20170323_nanohana_11

北方向を眺める。この先、吉川市や松伏町も菜の花で土手斜面は黄色に彩られている。moon1

20170323_zenmanowatashiato

ここは、前間の渡し跡。江戸時代から、前間村・田中新田と加村(現流山市)の間を渡していた渡船場である。もとは、地元の人が利用する渡船場であったが、明治11年(1878年)に加村の古坂喜左衛門らが新規渡船として、公の許可を得て営業を始めた。矢河原の渡し、加村の渡しとも呼ばれていた。yacht

20170323_nanohana_13

菜の花を見に、ウォーキング・ジョギング・サイクリングされている方多し。もちろん、写真撮っている方も多いね。run

20170323_nanohana_14

のんびり前へ進んでいく。菜の花の匂いがすごいですよ。catface

20170323_tangonowatashiato

ここは、丹後の渡し跡。江戸時代から丹後村と対岸の流山村を結ぶ渡船場として、丹後村で運営していた。新選組が流山に向かうのに利用したとも言われる。流山橋が昭和10年(1935年)に架橋されるに伴い、廃止された。yacht

20170323_nanohana_15

もう、江戸川土手斜面が菜の花畑だ。carouselpony

20170331_nanohana_1

逆方向からも広々菜の花~。bar

20170331_nanohana_2

土手斜面を降りていき、三郷駅南側の江戸川土手へ移動しよう。bicycle

20170323_edogawa_kyouryou

江戸川橋梁の下から、JR武蔵野線と菜の花の2ショット。train

20170323_edogawa_kyouryou_2

江戸川橋梁を渡る武蔵野線車内から、眺めてみても、ただ今菜の花絶賛中です。subway

20170323_musashino_line_1

江戸川橋梁を渡り三郷駅に入線する武蔵野線。bullettrain

20170323_misatonokazahiroba_2

三郷駅南側にある、みさとの風ひろばのオブジェと菜の花。event

20170323_misatonokazahiroba_1

みさとの風ひろばから、南方向を眺める。こちらも、菜の花が広がります。fastfood

20170323_nanohana_4

こちらも斜面も見事。土手下を走る車からも、菜の花鑑賞できる。よそ見運転、ご注意を。game

20170323_nanohana_2

南方向の眺めも菜の花ロード。bicycle

20170401_nanohana_6

ちなみに、江戸川対岸、千葉県流山市側の菜の花。こちらも、一面に広がるよ。詳細レポは、「江戸川土手の流山市菜の花ロード2017。」へどうぞ。paper

20170323_nanohana_3

東京では桜の開花宣言も出て、いよいよ春が本格始動というところでしょうか。暖かくなっていく事でしょう。鮮やかな色を見ると、気持ちが高ぶるなぁ。good

という事で、江戸川土手(三郷市側)の菜の花ロードを散策したレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

【撮影場所】 埼玉県三郷市早稲田~三郷 江戸川土手・三郷幸手自転車道・みさとの風ひろばinfo02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水曜日)

第19回春の江戸川カッパ市@松戸市江戸川河川敷に行ってきた2017。

江戸川ファースト!。江戸川にみんな集まれ!。clover

20170322_kasenjiki

さて、やってきたところは、千葉県松戸市にある江戸川河川敷です。ここで、2017年3月19日(日)、第19回春の江戸川カッパ市が開催されました。樋野口水門・川の一里塚周辺を会場にした川のイベントだ。mist

20170322_free_market

水門の南側はフリーマーケットです。t-shirt

20170322_kitchin_car2

河川敷に降りてみました。カッパ村(グルメコート)があります。矢切コロッケ食べたかったけど、もう売切れだった。delicious

20170322_kitchin_car

キッチンカーも出店されているよ。rvcar

20170322_e_bort

Eボート乗船体験がありました。水面から松戸を眺めてみよう。yacht

20170322_hinokuti_suimon

ここは、樋野口水門。door

20170322_edogawa

いつもは対岸の埼玉県三郷市側から江戸川を眺めるが、今回は千葉県松戸市側から江戸川を眺める。snail

20170322_usagi

子供の広場として「ふれあいどうぶつむら」を開設。うさぎ・モルモット・チャボ・あひる・ヒヨコ等と触れあえます。chick

20170322_sarumawashi

猿まわしの披露あり。芸達者だ。leo

20170322_kawano1rizuka

川の一里塚前では、大江戸ヤッサン一座の紙芝居がありました。art

20170322_jyouban_line

会場へのアクセス。最寄駅は、JR常磐線・新京成線松戸駅です。常磐緩行線に乗ってやってきた。train

20170322_road_1

松戸駅西口から正面バス通りを真っ直ぐ江戸川土手へ向かいます。松戸駅西口から会場となる江戸川河川敷へは徒歩約10分です。shoe

20170322_kousaten

駅からまっすぐ進み、江戸川堤防交差点を渡り、土手上に登ります。wave

20170322_nanohana

江戸川土手上から会場となる河川敷を眺める。土手斜面には、黄色い菜の花が咲いていて、春の装いだね。tulip

という事で、第19回春の江戸川カッパ市に行ってきたレポでした~。happy01

20170322_poster2

イベント内容です。memo

20170322_poster

告知ポスターです。memo

「第19回春の江戸川カッパ市」 開催日:2017年3月19日(日) 開催時間:10時~15時 会場:江戸川河川敷(樋野口水門・川の一里塚周辺) JR常磐線・新京成線松戸駅西口から徒歩約10分info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火曜日)

さわら雛舟春祭り、水郷佐原で水上雛まつり2017。

小江戸佐原で春祭り。雛舟が水上パレード。ship

20170321_hinabune_2

さて、やってきたところは、千葉県香取市佐原にある小野川沿いです。ここで、2017年3月18日(土)、さわら雛舟春祭りが開催されました。小野川両岸沿いには、観光客がずらりいます。sports

20170321_hinabune_3

煌びやかな雛衣装に身を包んだお内裏様とお雛様一行がスタンバイ。key

20170321_hinabune_4

雅楽の美しい音色とともに小野川を水上パレードする「さわら雛舟」を運航し、水郷のまちならではの雛まつりイベントを楽しめます。cat

20170321_hinabune_5

さわら雛舟の運行は年に1回、この時期だけみたいです。とても天気が良く暖かで、春祭り日和でした。sun

20170321_hinabune_7

千葉県のマスコットキャラクター「チーバくん」や伊能忠敬イメージキャラクター「ちゅうけいSUN」も雛舟に乗船していた。dog

20170321_onogawa

小野川沿いは、小江戸の風景を残し情緒あるね。clover

20170321_hinabune_1

さわら雛舟春祭り、運航は1日3回、11時・13時30分・15時です。伊能忠敬記念館付近を出発し、小野川沿いを往復して戻ってきます。yacht

小野川沿いは観覧する人が多く、なかなか写真を撮るには難しい。隙間から、何とか写真が獲れれば良しというところか。camera

20170321_poster2

さわら周辺では、第12回さわら雛めぐりが開催中。各所で雛飾りがされています。ぶらり佐原の町並みを歩いてみましょう。shoe

という事で、さわら雛舟春祭り、雛舟を見てきたレポでした~。happy01

20170321_poster

告知ポスターです。memo

「さわら雛舟春祭り」 開催日:2017年3月18日(土) 運行時間:11時・13時30分・15時(3回運行) 場所:小野川(千葉県香取市佐原)info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月曜日)

餃子フェス TOKYO 2017に行って、餃子味わってきた@駒沢公園。

春です、ギョーザ。delicious

20170320_gate

さて、やってきたところは、東京都世田谷区にある駒沢オリンピック公園中央広場です。ここで、2017年3月17日(金)~20日(祝月)、餃子フェス TOKYO 2017が開催されました。昨年は、中野で開催され5日間で8万人を集客した餃子フェス。今年は、駒沢公園で第2回餃子フェスを開催だ。sports

20170320_gyouretsu

いろんな餃子が出店されている。各ブースに行列待ちが出来ている。いゃあ、すごいな。1時間以上待つブースもあれば、数分でゲットできるブースもある。なので、早目にありつけそうな餃子をターゲットにしてみよう。penguin

20170320_tomato_suigyouza

1品目は、鉄板餃子酒場ちびすけバルの「トマトチーズソースの水餃子」です。待ち行列2分。イタリアンと融合したメディアも注目の進化形!。水餃子に絡むトマトチーズソースがやみつきに。one

20170320_agegyouza

2品目は、一口餃子酒場 Beer Loves Gyouza (BLG)の「BLGサクサク揚餃子~特製チリマヨソースがけ~」です。待ち行列2分。チリマヨソース付きの一口餃子、ビールとの相性抜群!。two

20170320_namaribushi_gyouza

3品目は、WASH1N TOKYOの「気仙沼産カツオ!なまり節餃子」です。待ち行列5分。かつおの燻製でできたなまり節餃子は、上品な香りが漂うヘルシーな一品。three

ちょっとスパイシーな感はあるものの、魚を使ったこの餃子が、今回この餃子フェスで食べた中で、1番の評価です。美味しい♪。fish

20170320_gomadare_suigyouza

4品目は、中国菜館 志苑の「甘辛濃厚ゴマだれ水餃子」です。待ち行列6分。もちもち食感とラー油ベースの甘辛く濃厚な胡麻ダレがたまらない中国四川発の水餃子。アクセントのクレソンも◎。four

20170320_yakigyouza

5品目は、金獅子のヤキニク 札幌の「焼肉屋の牛カルビぎょうざ」です。待ち行列29分。北海道産牛カルビ&唐辛子入りのピリ辛餃子を焼き肉専門店のタレで。five

20170320_menu

会場で配布しているパンフレットには、出店されている各餃子の写真と説明が載っているので、食べてみたい餃子と行列の長さを見比べて、ゲットする餃子の戦略をたてましょう。music

昼から夕方前までは行列混雑している。3連休快晴で暖か餃子日和。夕方からは気温が下がってきて、客足もかなり減ってきます。夜は寒いだろうな。night

餃子に合うビールも販売。ライスやわかめスープもあり。東京の開催だからしょうがないが、餃子1皿600円はちょっと高いかもなぁ。coldsweats01

20170320_ticket_uriba

各ブースでの餃子購入には、通常は電子マネーで購入となります。SuicaやPASMO等の交通系電子マネーの他、nanaco、楽天Edy、WAONなどの流通系電子マネーが利用可能です。dollar

ICカード持ってない場合や残高不足の場合は、食券販売所にてチケットを購入します。電子マネーのチャージは行っていないので、会場へ来る前に予めチャージしておきましょう。24hours

20170320_tokyu_line

さて、会場へのアクセス。最寄駅は、東急田園都市線駒沢大学駅です。5000系準急中央林間行きに乗ってやってきた。駒沢大学駅は地下駅で、急行は通過します。駒沢大学駅から駒沢公園中央広場まで徒歩約15分です。subway

20170320_komazawa_park

広大な敷地を誇る駒沢公園。ジョギング・ウォーキングにも良いですよ。shoe

という事で、餃子フェス TOKYO 2017に行って、餃子味わったレポでした~。happy01

ちなみに、過去開催時訪問レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170320_poster

告知ポスターです。memo

「餃子フェス TOKYO 2017」 開催日:2017年3月17日(金)~20日(祝月) 開催時間:(17日)12時~21時・(18-19日)11時~21時・(20日)11時~20時 会場:駒沢オリンピック公園 中央広場(〒154-0013 東京都世田谷区駒沢公園1-1) 入場無料 東急田園都市線駒沢大学駅から徒歩約15分info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土曜日)

フジハン醤油にて、醤油蔵見学とジャズ演奏を聴く2017。

発酵の里こうざきに、創業140年の老舗醤油蔵があります。eyeglass

20170318_fujihan_syouyu

さて、やってきたところは、千葉県香取郡神崎町にあるフジハン醤油です。発酵の里こうざきにて明治10年(1877年)創業の老舗醤油蔵だ。こだわりぬいた醤油醸造関連業務を行っています。house

20170314_fujihan_syouyu

訪れた日は、神崎町の大イベント「発酵の里こうざき酒蔵まつり」が開催され、ここフジハン醤油も蔵内一般公開されました。bag

20170318_oke

この諸味桶、立派な風格ですな。leo

100年以上前に作られた桶で、現在は使われていないそうだ。歴史を感じるねぇ。cat

20170318_koujimuro

こちらは、麹室の内部。riceball

20170318_boiler

こちらは、火入ボイラーと釜。煉瓦造りなんだね。現在も使用されているようです。impact

20170318_koutei

醤油ができるまでの工程です。長い時間と手間をかけて、作られているんだね。karaoke

20170318_kura

裏庭から蔵を眺める。event

20170318_hanbai

フジハン醤油の醤油販売がありました。いろんな種類の醤油があるよ。dollar

その他、発酵グルメや小物販売がありました。24hours

20170318_jazz_1

外のお庭では、『大人のジャズ研』 ストリート・ライブ in フジハン醤油がありました。まったりと聴き入りました。karaoke

20170318_jazz_2

大人のジャズ研は、茨城県ひたちなか市文化会館内のレストランSwingで開催される飛び入り参加自由なジャズセッションの企画名であり、ユニット名です。school

参加費はお気持ちで..。投げ銭箱へ...。dollar

その他、フジハン醤油では、しょうゆ作り体験も行われました。art

という事で、フジハン醤油にて、醤油蔵見学とジャズ演奏を聴いたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、周辺で行われた、こうざき酒蔵まつり関連レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

「フジハン醤油株式会社」 〒289-0226 千葉県香取郡神崎町神崎神宿676 TEL:0478-72-3011 JR成田線下総神崎駅から徒歩約19分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金曜日)

第19回仁勇蔵祭りに行ってきた2017。

~心温心和 心が温かみ、心が和む 燗酒のすすめ~ bottle

20170314_nabenada_1

さて、やってきたところは、千葉県香取郡神崎町にある鍋店神崎酒造蔵です。ここで、2017年3月12日(日)、第19回仁勇蔵祭りが開催されました。神崎町の大イベント発酵の里こうざき酒蔵まつりのメイン酒蔵の1つ、鍋店酒造の酒蔵祭りだ。ちなみに、「鍋店」は「なべなだ」と読む。event

20170317_kaijyou

晴天青空の下、会場内は大混雑だ。暖か地酒日和です。sun

20170317_nyuujyou_uketsuke

酒蔵まつりに来たら1番のお目当ては、地酒試飲コーナーでしょう。無料なのだが、入場規制による行列待ちはすごい事になっている。1~2時間待ちは覚悟しましょう。coldsweats02

今回は、この行列に8時56分頃に並んだ。で、試飲できたのは9時34分頃。行列待ち38分でした。辛抱の一言です。10時台・11時台から並び始めた人は、どれくらいの待ちだったろうか?。bearing

20170317_shiin

やっとこ、試飲コーナーにたどり着きました。試飲カップを片手に、順に試飲していこう!。ポンプを押して、セルフ注ぎ。scissors

大吟醸や純米吟醸など、美味しいお酒も味わえる。う~ん、いいねぇ。delicious

20170314_siin_kaijyou

試飲会場、順々に一方通行で試飲するスタイル。行列待ちしたご褒美でいっそう美味しさを感じるよ。spa

20170314_atukan_taiken

今回の仁勇蔵祭りは、燗酒をスポットにあてる。燗酒体験コーナーが設置されました。3種類の燗酒を試飲できるよ。300円です。bell

20170317_kanzake

「不動吊るし純米大吟醸生原酒」・「不動山廃純米生原酒」・「純米原酒」の3種。くぅ~っと、旨いね。好きな燗酒を投票する企画もありました。bottle

20170317_wadaiko

ステージでは、和太鼓演奏があった。notes

「富里ひがめ太鼓」 サンフランシスコ桜祭りで多くの方々を魅了した勇壮な和太鼓を響かせます。leo

20170317_shisyoku_courner

蔵見学に行ってみよう。こちらは、行列待ちが無く順次見学できます。school

酒造りに使用されるお米を蒸したもの。試食できます。山田錦(兵庫県)・美山錦(秋田県)・こしひかり(千葉県)、味比べできます。riceball

20170314_kurakengaku

蔵見学は、消毒の上、白衣・帽子着用で見学します。皆さん、白づくめだ。t-shirt

20170314_syubo

こちらは、酒母造り。お酒のもとになるのだ。ぶくぶく発酵しているね。仕込後6日たつと大きな泡が出てきているな。wave

20170317_kengaku

こちらは、醪造り。容量9000リットルのタンクに入れられる。一升瓶約5000本分だ。aquarius

20170317_shikomi

仕込んでますな。泡がぷくっ。約20~30日くらいで糖化・発酵が終了して日本酒となるのです。bud

20170317_natsuko

タンクには、尾瀬あきらさんの漫画「夏子の酒」の主人公・佐伯夏子が描かれていました。virgo

20170317_shiin2

見学の最後には、試飲ができます。機械式搾りと吊るし搾りの2種類を用意。お酒の違い呑み比べができるよ。libra

20170317_fudou_bar

試飲コーナーは混雑しているので、こちらで味わった方がいいかも。不動Barでは、1杯100円で各銘柄ショット売りしています。bar

20170317_buyou

盛り上がる会場をまったりと演舞あり。「湯浅みつ子民謡ショー」です。aries

20170317_odori

地酒片手に、楽しみましょう。「成田エイサー美ら海会」(沖縄伝統芸能エイサー)による演武。cancer

20170314_jinyuu

下総神崎駅前には、鍋店の仁勇蔵祭りの酒樽・仁勇が置かれていた。bottle

ここ「鍋店」ともう1つの酒蔵「寺田本家」2つの酒蔵をメインとする町あげての大イベント「発酵の里こうざき酒蔵まつり」は、約5万人が訪れる。この1日は町がおおいに賑やかになる日だね。penguin

という事で、第19回仁勇蔵祭りに行ってきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、こうざき酒蔵まつり関連詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170317_annaizu

第19回仁勇蔵祭り会場案内図です。memo

20170317_hyoushi

配布パンフレット表紙です。book

「第19回仁勇蔵祭り」 開催日:2017年3月12日(日) 開催時間:9時~16時(最終入場15時30分) 場所:鍋店神崎酒造蔵 (〒289-0221 千葉県香取郡神崎町神崎本宿1916) 入場無料 JR成田線下総神崎駅から徒歩約16分 当日は下総神崎駅からこうざき酒蔵まつり会場まで無料シャトルバス運行info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木曜日)

寺田本家第11回お蔵フェスタに行ってきた2017。

嬉しき・楽しき・有難き 合言葉は“うふふで発酵”。wink

20170314_okura_festa

さて、やってきたところは、千葉県神崎町にある寺田本家です。ここで、2017年3月12日(日)、第11回お蔵フェスタが開催されました。神崎町の最大イベント「こうざき酒蔵まつり」において、2つの酒蔵のうちの1つである。ものすごい人数が訪れているよ。gemini

20170316_kaijyou_2

施設内では、寺田本家の銘酒「香取」と「五人娘」を味わっています。昨年まではスタッフが無料で試飲提供していたが、今年は、有料試飲になりました。その為、今までよりも若干空いているような...。dollar

20170316_ticket

お蔵フェスタ試飲チケットおちょこ付き500円で提供。チケットは5枚ついています。1枚につき1杯試飲できます。ただし、「五人娘大吟醸」・「木桶仕込」・「懐古酒」はチケット2枚必要。お猪口は持ち帰りできます。ticket

20170314_siin_2

いきなり、「懐古酒」を頂きました。この琥珀色がたまらないね。10年以上寝かせているとの事。では、クピッ。これ、うま~い。bottle

20170316_sake

アルコール20%のなんじゃもんじゃを味わった。これまた良し。delicious

20170316_kengaku

無料の酒蔵見学ツアーがありますよ。蔵人たちが30分のお蔵見学へ案内します。karaoke

微生物たちに心地良く働いてもらうには・・・。目には見えない小さな声に耳をすまして。ear

20170316_tank

蔵人さんが丁寧に説明してくれます。日本酒の作り方を学べるよ。school

20170316_kaijyou_3

好きなお酒が見つかったら、購入できますよ。drama

20170316_mygult

ノンアルコール乳酸発酵甘酒「マイグルト」を購入。これ、美味しいですよ。お米で作ったヨーグルト。子供にもおすすめだ。riceball

20170314_ura

裏お蔵フェスタ会場に来た。こちらも、賑やかだな。sun

20170316_stage

ステージ演奏があったり、...。notes

20170316_syot_hanbai

地酒、ショット売りもありますよ。これは、ありがたいね。music

20170316_glass

「花啓く」を頂いた。甘口純米酒を寝かせさらにまろやかに。この器で味わえるのが良いね。japanesetea

20170316_asiyu

女性に人気の発酵足湯。湯では無く、おがくずの中に足を入れる。微生物の発酵熱を利用し、自然発熱の熱により身体が芯から温まります。便秘・血行不良・肩こり・腰痛・冷え性などのお悩みの方にオススメだそうです。美容やダイエットにも最適なんだって。spa

20170324_furumaizake

町の守り神、神崎神社の境内では、寺田本家のふるまい酒が頂けました。なんじゃもんじゃの木を眺めながら味わえました。bottle

ちなみに、ここでの詳細レポは、「神崎神社にある、天然記念物なんじゃもんじゃの木2017。」へどうぞ。paper

20170314_katori

下総神崎駅前には、寺田本家の清酒・香取の酒樽が置かれていました。aquarius

とても天気の良い1日で、まったりと地酒味わえる人気の酒祭りイベントだよ。cat

という事で、寺田本家・第11回お蔵フェスタに行ってきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去開催時の訪問レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、こうざき酒蔵まつり関連レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170316_kaijyou_map

会場内マップです。手書きイラストがいいね。art

20170316_poster

告知ポスターです。memo

「寺田本家 第11回お蔵フェスタ」 開催日:2017年3月12日(日) 開催時間:9時~15時30分 会場:寺田本家 〒289-0221 千葉県香取郡神崎町神崎本宿1964 TEL:0478-72-2221 入場無料 雨天決行 JR成田線下総神崎駅から徒歩約20分 当日は下総神崎駅からこうざき酒蔵まつり会場まで無料シャトルバス運行info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水曜日)

特急こうざき酒蔵まつり号に乗車しました2017。

特急で発酵の里へ!新酒を味わおう!。bullettrain

20170314_express_1

さて、ここは、JR総武線両国駅3番線ホームです。これから、臨時列車「特急こうざき酒蔵まつり号」に乗車します。2017年3月12日(日)に千葉県神崎町で開催されるこうざき酒蔵まつりへのアクセス列車として毎年1回運転される。房総観光キャンペーンスペシャルトレインとして、素敵な銘酒の旅を提供してくれるよ。bullettrain

20170314_garally_1

両国駅3番線ホームは、両国ステーションギャラリーを通って行きます。通路には、いろんな展示パネルが掲示されています。art

20170314_ekimeihyou

両国駅3番線ホームの駅名標には、次の駅が「房総」となっている。(実際は錦糸町ですが...)。golf

20170314_yane

雰囲気ある屋根が設置された3番線ホーム。これからの旅に気持ちワクワクしてきます。rain

20170314_yukisakihyou

列車の行先標は「特急 佐原」になっている。karaoke

20170314_express_2

特急こうざき酒蔵まつり号は、両国~佐原間の運転。車両は、E257系500番台・NB-02編成です。5両編成・全車指定席だ。pocketbell

こうざき酒蔵まつり号、昨年までは新宿発着だったが、今年は時間を早めて両国発着になった。

まもなく、電車が出発するので乗り込もう。両国駅7時21分発車です。watch

20170314_syanai

両国駅発車時の車内。この後、錦糸町・船橋・津田沼・千葉と停車した段階で、ほぼ満席状態となった。chair

20170314_kippu

特急券切符です。列車名「こうざき酒蔵まつり」と印字されている。5両編成全車指定席なので、乗車には特急指定席券が必須です。ticket

20170314_express_2

こうざき酒蔵まつり会場の最寄り駅である下総神崎駅に8時40分到着。直通で楽々アクセスだ。train

20170314_hodoukyou

ほぼ満員だった車内も、下総神崎駅でぞろぞろと降車した。改札口を出る為に、混雑しています。hairsalon

20170314_youkoso_1

改札口前には、ようこそ「発酵の里こうざき酒蔵まつり2017」と掲示幕があり。motorsports

20170314_shimousa_kouzaki_st

いつもは静かな駅だろうが、この日だけは、人が多い賑やかな下総神崎駅です。event

20170314_touri_2

こうざき酒蔵まつり2017、5万人の人出という大賑わいだ。移動するのもちょっと大変。快晴天気に恵まれて、日本酒日和でした。sun

ちなみに、このイベントレポートは、「発酵の里こうざき酒蔵まつり2017に行ってきた。」へどうぞ。paper

という事で、特急こうざき酒蔵まつり号に乗車してきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去乗車レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、酒蔵祭りでの関連詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170315_info2

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

『運転情報』 2017年

【列車名】  特急 こうざき酒蔵まつり

【運転区間】 両国 ~ 佐原

【運転日】  2017年3月12日(日)

【使用車両】 E257系500番台 (NB-02編成)

【車両情報】 5両編成 「全車指定席」

【往路】 (9407M) 両国07:21-錦糸町07:25-船橋07:36-津田沼07:39-千葉07:48-佐倉08:05-成田08:17-08:40下総神崎08:47-08:55佐原

【復路】 (9408M) 佐原14:12-下総神崎14:22-成田14:41-佐倉14:53-千葉15:07-津田沼15:17-船橋15:21-錦糸町15:33-15:36両国

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火曜日)

発酵の里こうざき酒蔵まつり2017に行ってきた。

発酵の里こうざきで、町をあげてのビッグイベント。cancer

20170314_touri_1

さて、やってきたところは、千葉県神崎町です。ここで、2017年3月12日(日)、発酵の里こうざき酒蔵まつり2017が開催されました。国道356号線(利根水郷ライン)約1kmを車両通行止めにして、多くの露店が並ぶ。それにしても、多くの人が訪れているよ。人口6000人の町に、約5万人の人出、もうすごいです。coldsweats02

300年以上の伝統を持つ2軒の酒蔵、「鍋店」と「寺田本家」を中心に、両蔵の沿道を歩行者天国にして、周辺全体を会場として「酒蔵祭り」が開催されます。bell

20170314_okura_festa

この酒蔵は、寺田本家です。ここでは、第11回お蔵フェスタが開催。sports

20170314_siin_2

寺田本家では、今年は、試飲がチケット制(有料)になった。これは、10年以上寝かした懐古酒。金色に熟成しているね。うまい!。bottle

20170314_ura

裏お蔵フェスタの会場もいい感じ。個性的なお店が多いよ。ear

ちなみに、ここでの詳細レポは、「寺田本家第11回お蔵フェスタに行ってきた2017。」へどうぞ。paper

20170314_nabenada_1

もう1つの酒蔵、鍋店(なべなだ)です。こちらは、第19回仁勇蔵祭りが開催。music

20170314_siin_kaijyou

大人気の試飲コーナー。いろんなお酒が無料で試飲飲み比べができる。ただし、かなりの行列待ち覚悟です。bar

20170314_kurakengaku

酒蔵見学ができました。酒つくりの工程を知ることができます。school

20170314_syubo

ぷくぷくと酒母造りをしています。元気よく発酵中だ。chick

20170314_atukan_taiken

今回、燗酒体験コーナーがありました。熱燗呑み比べ、いいね。good

ちなみに、ここでの詳細レポは、「第19回仁勇蔵祭りに行ってきた2017。」へどうぞ。paper

20170314_kouzaki_jinjya

町のシンボル、神崎神社の境内にあるなんじゃもんじゃの木。境内では、寺田本家のふるまい酒が頂けました。xmas

ちなみに、ここでの詳細レポは、「神崎神社にある、天然記念物なんじゃもんじゃの木2017。」へどうぞ。paper

20170314_fujihan_syouyu

フジハン醤油にやってきた。諸味桶、立派だねぇ。bag

ちなみに、ここでの詳細レポは、「フジハン醤油にて、醤油蔵見学とジャズ演奏を聴く2017。」へどうぞ。paper

20170314_stage

特設ステージでは、唄や演奏披露があり。karaoke

20170314_cyuusenkai

景品が当たる抽選会をやっていた。present

20170314_tonegawa

利根川にきてみた。土手から、のんびり風景。パラグライダー、気持ち良さそうだね。高さ怖そうだけど。airplane

20170314_express_1

さて、会場への交通アクセスについて。イベント名と同じ特急電車が臨時運転されました。その名も、特急こうざき酒蔵まつり号。房総観光キャンペーンスペシャルトレインとして、素敵な銘酒の旅を提供されます。昨年までは新宿発着だったが、今年は運転時刻を早め、両国駅始発となった。bullettrain

20170314_kippu

特急券切符です。列車名「こうざき酒蔵まつり」と印字されている。5両編成全車指定席なので、乗車には特急指定席券が必須です。ticket

20170314_express_2

会場の最寄り駅である下総神崎駅に8時40分到着。直通で楽々アクセスだ。train

20170314_hodoukyou

ほぼ満員だった車内も、下総神崎駅でぞろぞろと降車した。改札口を出る為に、混雑しています。hairsalon

20170314_youkoso_1

改札口前には、ようこそ「発酵の里こうざき酒蔵まつり2017」と掲示幕があり。motorsports

ちなみに、臨時特急乗車レポは、「特急こうざき酒蔵まつり号に乗車しました2017。」へどうぞ。paper

20170314_shimousa_kouzaki_st

いつもは静かな駅だろうが、この日だけは、人が多い賑やかな下総神崎駅です。event

20170314_shuttle_bus

下総神崎駅から会場までは、無料シャトルバスが運行されています。バス乗車約5分。千葉交通の路線バス3台でピストン輸送されます。ちなみに、下総神崎駅から会場まで徒歩だと約15分です。bus

20170314_jinyuu

鍋店の仁勇蔵祭りの酒樽。bottle

20170314_katori

寺田本家のお蔵フェスタの酒樽。bottle

20170314_touri_2

それにしても、会場内はものすごい人ですな。移動するのもちょっと大変。快晴天気に恵まれて、日本酒日和でした。sun

20170314_matanookoshio

またのお越しをお待ちしています。町をあげてのビッグイベント。とても酔い1日になりましたな。wink

という事で、発酵の里こうざき酒蔵まつり2017に行ってきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去開催時訪問レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、こうざき酒蔵まつり関連詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170314_map

配布されていた会場マップ。memo

20170314_poster

告知ポスターです。memo

「発酵の里こうざき酒蔵まつり2017」 開催日:2017年3月12日(日) 開催時間:9時~15時30分 会場:千葉県香取郡神崎町神崎本宿 河岸通りから鍋店神崎酒造蔵 JR成田線下総神崎駅から無料シャトルバス運行 下総神崎駅から徒歩約15分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月曜日)

釜屋 力士蔵祭り2017に行ってきた。

清酒力士の醸造元で酒蔵祭り。tennis

20170312_kaijyou_2

さて、やってきたところは、埼玉県加須市騎西にある釜屋です。ここで、2017年3月11日(土)、力士蔵祭り2017が開催されました。会場内にはテーブルを設置され、来場者は美味しい地酒に楽しんでいました。smile

20170312_rikishi

清酒力士を醸造する釜屋。オープニングで鏡開き、振る舞い酒されたようです。bottle

20170312_shiin_couner

酒蔵まつりの楽しみと言えば、地酒試飲コーナーでしょう。event

20170312_shiin2

いろんな日本酒が味わえます。味の違いを堪能しよう。delicious

20170312_hanbai

お気に入りのお酒があったら、購入できますよ。dollar

20170312_yawaragimizu

会場内に設置している「和らぎ水」。お酒の仕込み・加水に使用ているお水です。合間に水を飲んで、深酔いしないように。aquarius

20170312_kura_map

受付で配布している会場マップ。イラスト付きになっていて、案内順に蔵内を見学してみよう。art

20170312_tank

【①貯蔵酒蔵】 江戸から明治にかけて建てられた土蔵造りの蔵です。貯蔵タンクが並びます。pisces

20170312_kaodashi_panel

顔出しパネルが設置されていました。camera

20170312_fukujyu_jinjya

【②福寿神社】 お酒の神様(松尾大社)が祀られています。おいしいお酒ができますように。confident

20170312_toujishitsu

【③資料館】 釜屋の歴史の資料を集めています。渋沢栄一からの手紙も展示。杜氏室がある。mailto

20170312_jin

テレビドラマ「JIN-仁-」のロケ地になっています。出演者の写真を展示。karaoke

甘酒の販売(配布)があったけど、昼には売り切れ完売になった。「麹甘酒」と「大吟黒甘酒」の2種類あり。taurus

20170312_funakuti

【④仕込み蔵】 ここでは、搾りたてのお酒「ふなくち」が楽しめます。アルコール度数は約19度。ピリっとした舌ざわりとフレッシュな味を賞味ください。試飲できます。bottle

20170312_jin2

【⑤穀蔵】 中に柱がなく、周りの柱と横板(貫き板)と土壁で屋根を支えるという高度な技術で建造。「JIN-仁-」の出演者のサインしたラベルが置かれています。present

20170312_kikizake_kaijyou

殼蔵の中は、きき酒大会の会場です。music

20170312_kikizake_youshi

特別純米酒加須の舞・釜屋新八かめ口・金選本醸造・吟醸酒・雫滴冷やおろしの5種類をきき酒します。5つ全て当たると賞品がもらえる。present

20170312_wadaiko

太鼓演奏で会場内を盛り上げます。notes

20170312_pan

グルメを食べよう。加須カレーパン、そして、チーズ大福です。うむ、美味だ。cake

20170312_shidarezakura

大きな枝垂桜。あともう少ししたら、桜の花を咲くのでしょうか。地酒と花見も良さそうだね。cherryblossom

20170312_anquate

蔵祭りのアンケートです。pencil

20170312_monozukuri_douri

釜屋から少し歩いて、騎西商店街をぶらり。「ものづくり通りVol.9」というイベントが開催されていた。penguin

20170312_monozukuri_douri2

いろんなものづくりの展示があった。いろいろと見てまわった。eye

20170312_monozukuri_douri3

こちらは、酒屋さん。時代を感じる建物が通りに建ち並びます。house

20170312_tobu_line

さて、会場へのアクセス。最寄駅は、東武伊勢崎線加須駅です。train

20170312_shuttle_bus

加須駅南口バスロータリーから、会場へ直通する無料シャトルバスが運行されています。定員20名程の乗車が可能。つばさ観光が担当。加須駅から釜屋会場まで約10分。bus

20170312_time_table

シャトルバス運行時刻は、予め確認しておくこと。加須駅からは9時台~12時台、毎時3本運行。clock

20170312_asahi_bus

もしくは、路線バスの利用もありです。朝日バスの路線「加須車庫~加須駅~鴻巣駅~免許センター」を利用。加須駅南口からは、鴻巣駅・免許センター行きに乗車。鴻巣駅からは、加須駅南口・加須車庫行きに乗車。どちらも、騎西二丁目バス停下車すぐです。bus

20170312_kaijyou_1

加須市騎西にある酒蔵。この日は、天気も良く、まったり賑やかな地酒イベントでした。という事で、釜屋 力士蔵祭り2017に行ってきたレポでした~。happy01

20170312_poster

告知案内です。memo

「力士蔵祭り2017」 開催日:2017年3月11日(土) 開催時間:10時~15時 会場:釜屋(〒347-0105 埼玉県加須市騎西1162) 入場無料 東武伊勢崎線加須駅南口から無料シャトルバス運行info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土曜日)

駅からハイキング「氏家雛めぐり~早春の古雛・つるし飾りを巡る~」に参加してきた(2017.02.04)。

奥州街道を歩きながら、氏家雛めぐりを通して地元の人達とのふれあいで心癒せるハイキングコースです。shoe

20170205_e257_4

さて、JR宇都宮線に乗ってやってきたところは、氏家駅です。駅ハイ参加の為に訪れたよ。今回は、2017年2月4日(土)~3月5日(日)開催、駅からハイキング「氏家雛めぐり~早春の古雛・つるし飾りを巡る~」です。train

20170205_ujiie_st_1

駅ハイイベント開催にあわせ、臨時直通電車が運行されました。その名も、快速氏家雛めぐり号です。海浜幕張と氏家間を走行し、武蔵野線を経由するので、乗り換え無しで向かえて便利な列車だ。使用された車両はE257系500番台。房総方面の特急で使用されている車両だ。リクライニングの座席で快適。bullettrain

氏家駅10時35分到着。さくら清修高校の女子高生らがホーム上でお出迎えです。school

ちなみに、この臨時列車の乗車レポは、「快速氏家雛めぐり号に乗車してきた2017。」へどうぞ。paper

20170205_kangei

改札口前では、駅長・駅員、さくらメイツ、栃木県マスコットキャラクター「とちまるくん」、さくら市観光PR大使「コンタ君」がお出迎え。「ようこそ 氏家雛めぐりへ!」の歓迎幕もあり。bell

20170205_kangei_2

改札口を出て駅の外でも、歓迎の列ができている。cat

20170205_hayashi

氏家こどもおはやし会による太鼓披露での歓迎があり。notes

20170311_ekimae_hiroba

駅前広場では、特産物の販売やグルメの提供があり。restaurant

20170205_fukufukunabe

氏家福々鍋(けんちん汁)のふるまいもありました。温まります~。japanesetea

20170214_e_plaza

受付場所は、eプラザ壱番館の2階です。氏家駅前にある。event

20170311_kan_batch

受付にて、コースマップやパンフレット類を取得しました。恒例の缶バッチは、143系湘南色です。意外に珍しい車両の缶バッチだな。present

20170205_hinameguri_1

氏家駅周辺では、第14回氏家雛めぐりが開催中でした。ここ、eプラザ壱番館でも、いろいろな雛飾りがされています。ぶらり、見学してみよう。virgo

20170214_tsurushi_hina

吊るし雛、見事ですね。とても、かわいらしい。taurus

20170214_hinakazari_2

内裏雛。吊るし雛の下で。rain

20170214_kitsune

狐雛の結婚式でしょうかね。heart04

20170214_kimono

着物も展示されていました。t-shirt

ちなみに、ここでの詳細レポは、「第14回氏家雛めぐり・eプラザ壱番館の雛飾りを観てきた2017。」へどうぞ。paper

20170311_cource_route

今回のコースルートです。3年連続で氏家の駅ハイに参加。馴染みのルートだ。karaoke

20170311_ujiie_st

今回は約10kmのウォーキングコースです。では、頑張って歩きましょう。氏家駅を出発です。motorsports

20170311_ujiie_st_2

連絡橋を渡り、氏家駅西口へ抜ける。libra

20170311_kusagawa_1

草川沿いに歩いていきます。mist

20170311_mizudori

川の水が綺麗なので、水鳥さんたち気持ち良さそうに泳いでいる。chick

20170215_yuyu_park_1

コースポイントone箇所目は、「ゆうゆうパーク」です。氏家駅から28分。氏家ゆうゆうパークは愛称で、正式には鬼怒川河川公園です。旧氏家町制100周年記念事業として、鬼怒川の河川敷を利用して整備された水と触れあえる公園である。tennis

20170215_yuyu_park_2

南方向を眺める。先には、勝山公園がある。勝山城本丸跡や勝山パークブリッジがあり、河川敷側には、大池や花畑がある。sagittarius

20170215_road_3

鬼怒川沿いに土手が整備され、遊歩道として続いています。春になると桜満開で花見に良さそうな桜つづみ沿いを歩いて行こう♪。cherryblossom

芝生が広がり、ゴルフ場みたいな景観だな。golf

20170215_kinugawa_1

鬼怒川の河川敷は広く、本流の他、蛇行する川もあり。fish

先に見える雪化粧した山々が雄大な景色だね。fuji

20170215_kinugawa_2

自然な風景が、心地良い気分に浸れる。いい眺めじゃ~。confident

栃木県景勝百選の地にも選定されている。crown

20170215_road_1

訪れた日は、ちょっと風が冷たいけれど、快晴で気持ちUp!。澄んだ青空がGoodだ。sun

20170215_road_2

約1.2km程土手上の歩道を歩いて行った。ウォーキング・ランニングには気持ちいいロードだ。run

ちなみに、ここでの詳細レポは、「鬼怒川河川公園(氏家ゆうゆうパーク)、土手を歩く2017。」へどうぞ。paper

20170311_ukishima_jizouson_1

コースポイントtwo箇所目は、「浮島地蔵尊」です。ゆうゆうパークから6分。昔、洪水の時にお地蔵様が泥水の中に浮いて水の浸入を防ぎました。助かった村人はこのお地蔵様を「浮島地蔵」とか「いかり地蔵」と呼んで感謝したそうです。wave

20170311_kusagawa_yuuhodou

コースポイントthree箇所目は、「草川遊歩道」です。浮島地蔵尊から6分。草川沿いに遊歩道が整備されている。春には、ソメイヨシノ・しだれ桜と、桜の名所となっている。cherryblossom

20170301_garally_saya

コース途中にある「ギャラリー匣(さら)」です。ここも、氏家雛めぐりの展示場所の1つ。見学、中へ入ってみましょう。clover

20170301_tsurushi_hina

かわいらしい、吊るし雛が飾られていますね。chick

20170301_usagi_hina2

おっ、この雛飾りいいな。うさぎ雛の結婚式ですね。heart02

20170301_hinakazari

お内裏様・お雛様。libra

20170301_hinakazari_2

こちらのひな飾り。雛人形問屋「人形の長月」のひな飾りでしょうか。cherry

20170301_hagoita

羽子板も飾られていました。tennis

20170301_tsurushi_hina_2

吊るし雛の展示が多いですね。手作りなのでしょうか。pisces

ちなみに、ここでの詳細レポは、「ギャラリー匣(さら)、雛飾りと吊るし雛見学2017。」へどうぞ。paper

20170311_train

国道4号線を歩く。JR宇都宮線を越える陸橋を渡る。ship

20170311_nasu

陸橋からの眺め。先に見える那須の山々が良い。fuji

20170309_imamiya_jinjya_1

コースポイントfour箇所目は、「今宮神社」です。草川遊歩道から30分。創建より955年の歴史を持つ氏家の総鎮守だ。event

20170309_sandou

真っ直ぐ続く、参道を歩いて行きます。夜、灯りが点くと雰囲気が出て良いかも。flair

20170309_roumon

楼門をくぐります。神門よりも山門風の外観だ。文化8年(1811年)、近郷や東北南部の人々により現在の楼門が建立された。入母屋造りで銅板葺。この周辺地域においては、江戸期の楼門は唯一であるとの事。door

20170309_haiden

拝殿にて参拝。confident

今宮神社は、康平3年(1060年)、勝山城主氏家公頼公により、素戔嗚尊を祭神として創建された。正安2年(1300年)にこの地に移されてきた。house

20170309_hondou

拝殿裏、本殿をのぞいてみましょう。eye

寛永3年(1663年)に本殿が造営された。本殿は流造り。屋根は柿葺が銅板葺となり、千木・勝男木を付けた。school

20170309_sousyokuga

妻(建物の側面)は二重虹梁蟇股の装飾を付け、左右の妻上部には激浪を越え進む鯉群を彫り廻らし、その上段には飛龍から大龍となる登龍門の彩色彫刻。pencil

今宮神社を訪れたら、海の荒々しさを表現したこの彫刻絵を眺めてみると良いでしょう。wave

20170309_torii

鳥居笠木保存。昭和27年(1952年)から平成13年(2001年)まで48年間に亘り多くの人々が様々な思いをもってくぐりぬけてきた鳥居の笠木です。(右側の鳥居)。door

20170309_eto

こちらは、願いが叶うと言われる「願かけ割符」。ticket

  1. 自分の干支の像をなでながら「祓え給え清め給い」と、3度唱えます。
  2. 願い事を込めながら、お守りを中心で割ります。
  3. 2礼2拍手1礼で、神様にお参りした後、割り符の片方をここに掛ける。

12の干支がそろっているとは、面白い。cat

20170309_ooicyou

境内の大イチョウは樹齢700年の古木であり、栃木県銘木百選に指定されている。xmas

見事なイチョウの大木ですな。秋の紅葉の時は見事に映える事でしょう。毎年11月上旬~中旬、大公孫樹祭が行われる。ライトアップも行われるそうですよ。maple

ちなみに、ここでの詳細レポは、「氏家の総鎮守、今宮神社を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170311_noudou

のんびりした農道を歩いていく。taurus

20170302_bara

コース途中にある「創彩縫・薔薇」に立ち寄った。ここも、氏家雛めぐりの1つの展示場所となっています。早速、見学してみよう。snail

20170302_senbazuru

ここの展示場所では、十周年記念十美の大多福飾り「千羽鶴の舞」が展示されていました。これは、すごいね。皆さんで作られたんでしょうか。見事です。good

20170302_hina_kazari_2

雛飾りと吊るし雛。basketball

20170302_hanasakajiisan

花咲か爺さん、花を咲かせましょう。cherryblossom

20170302_hina_kazari

お内裏様・お雛様。お顔が、手作り感あるね。catface

20170302_tsurushihina

吊るし雛です。いろんな雛がいるな。carouselpony

20170302_suzumehina

すずめ雛の結婚式かな。chick

20170302_kanrekihina

うさぎの還暦雛です。snail

ちなみに、ここでの詳細レポは、「創彩縫・薔薇にて、氏家雛飾り・千羽鶴の舞を鑑賞2017。」へどうぞ。paper

20170216_nagayamon_1

コースポイントfive箇所目は、「鐵竹堂(瀧澤家住宅)」です。今宮神社から24分。「鐵竹堂瀧澤記念館特別公開」~つるし飾り 大正時代の着物の展示~が開催されていて、特別に入る事ができます。さぁ、入ってみよう。chick

長屋門は、入母屋造、浅瓦葺で左右を小部屋とし、中央部を門とする典型的な長屋門形式である。door

20170216_genkan

鐵竹堂(てっちくどう)は、明治天皇の休息所として使用された建物で、瀧澤喜平治の雅号「鐵竹」にちなんで名付けられた。pencil

靴を脱ぎ、中へ入ってみましょう。shoe

20170216_hinakazari

鐵竹堂の中では、雛飾りがされています。氏家雛めぐりで、ここ、瀧澤家住宅も展示場所の1つとなっている。virgo

20170216_gotenhina

大正時代の御殿雛。瀧澤家が、大床に合わせて京都の宮大工に特注で製作させた。crown

20170216_tsurushi_kazari

吊るし飾りもありました。pisces

20170216_kimono

明治~大正時代頃の花嫁振袖が展示されています。t-shirt

20170216_ima

こちらは、居間です。japanesetea

瀧澤家は、明治になって紡績等の事業で財をなした旧家であり、明治期の当主であった瀧澤喜平治は貴族院議員などを歴任し、第四十一銀行の設立や那須野が原の開拓にも尽力した人物として知られる。building

明治25年(1892)10月23日に氏家町で陸軍大演習が行われた時、喜平治宅が明治天皇の休息所に充てられた際、新築あるいは増築されたものと考えられている。shadow

20170216_engawa

外に出て、お庭に行ってみよう。run

縁側がいいよね。のんびりしたい。japanesetea

20170216_niwa

お庭から眺める鐵竹堂の建物。平屋建ての入母屋造りで北側の庭園に対して4室をL字形に並べ、東側正面に車寄せを張り出している。house

20170216_zashikikura

左奥の建物が蔵座敷です。蔵座敷は、総2階建、切妻瓦葺の伝統的な土蔵の屋根のほぼ中央に洋風の望楼を乗せた特徴のある建物です。yacht

ちなみに、ここでの詳細レポは、「鐵竹堂瀧澤記念館特別公開~つるし飾り 大正時代の着物の展示~を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170311_omiyagekan

コースポイントsix箇所目は、「おみやげ館」です。鐵竹堂から9分。写真、建物左側が「まちかど館」で、右側が「おみやげ館」。house

20170310_koumyouji

コースポイントseven箇所目は、「光明寺」です。おみやげ館から2分。真言宗智山派のお寺で、北関東三十六不動尊 二十二番札所となっている。山号は霊水山、院号は普門院。event

20170310_fudou_myouou2

先に見えるは、青銅不動明王坐像です。大日如来が一切の邪悪を調伏するために、内に慈悲の誓願を秘めつつ、外に慈悲の姿を現し、右手に煩悩を断つ宝剣、左手に魔を縛す羂索を持ち、衆生を守るという不動明王は、氏家でも古くから信仰を集めてきました。ship

20170310_fudou_myouou

不動明王坐像は、高さ293.9cm、肩幅142.4cmとまれにみる巨大な木像は、町のシンボルとして見守られています。迫力ある不動明王だね。leo

ちなみに、ここでの詳細レポは、「氏家地区を不動明王が見守る、光明寺を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170311_heiwa_kinen_kouen

コースポイントeight箇所目は、「寛方・タゴール平和記念公園」です。光明寺から8分。荒井寛方(あらいかんぽう・1878~1945)はここに生まれ、日本画家をめざして巣立った。仏画を志した寛方は原三渓やアジアで初めてノーベル文学賞を受賞した詩聖タゴールの知遇を受け、日本画の教授として渡印した。その間、アジャンタ壁画模写の難事業を成し遂げ、多くの人々と交わり、日印文化交流の架け橋となった。art

20170303_hinanoeki

コースポイントnine箇所目は、「雛の駅(旧烏山信用金庫)」です。平和記念公園から1分。元々は、烏山信用金庫氏家中央支店であったが、平成25年に閉店し、現在、雛の駅として使用されています。ここでは、氏家雛めぐりの展示場所の1つとなっている。building

20170303_totiotomehina

じゃん、「とちおとめ雛」です。人形師福田東久氏が栃木県産とちおとめをモチーフに1年がかりで「氏家雛めぐり」の為に製作されました。高さ1.8mもある巨大なとちおとめ雛だ。愛称は、左が「とちおくん」、右が「おとめちゃん」と対になっています。cherry

20170303_hinakazari

雛の駅では、ひな飾りも展示されています。libra

20170303_hinakazari_2

館内は、おみやげ品販売やお休み処があります。24hours

20170303_sarubobo

氏家雛めぐりでは、開運「七福さるぼぼ探し」が行われています。雛めぐりに参加しているお飾り処のうち7か所に幸運を呼ぶ七色の大きな「さるぼぼ」が展示しています。雛の駅には、緑色のさるぼぼがいたね。スタンプゲット!。bomb

ちなみに、「さるぼぼ」とは「猿の赤ちゃん」という意味で大変縁起物だそうです。pig

ちなみに、ここでの詳細レポは、「雛の駅(旧烏山信用金庫)に展示された、巨大なとちおとめ雛を見に行ってみた2017。」へどうぞ。paper

20170311_saidouji

コースポイントonezero箇所目は、「西導寺」です。雛の駅から1分。西導寺は建久2年(1191年)に氏家氏の始祖で勝山城を築いた宇都宮公頼が開いたとされる古寺。現在は浄土宗に属する。event

本堂は天明4年(1784年)に宮大工の永野万右衛門が手掛け建てられたもので桁行き8間、梁間7間、入母屋、銅瓦棒葺、唐破風の2間向拝が付いています。house

20170214_stamp

eプラザ壱番館に戻ってきた。ゴール受付はありません。motorsports

ポイントラリーで街めぐり。10ポイント毎に景品が貰えるのだが、今年はハードルが上がったな。いろいろ巡ったが、6ポイントしか集まらなかった。なので、景品ゲットできず。full

あわせて、開運七福さるぼぼ探しも行ったが、3つしかゲットできず。抽選でのプレゼントもゲットできず..。despair

20170311_keihin

ちなみに、氏家雛めぐりスタンプラリーで10点集めると、この景品が貰える。10種類の絵柄から1個貰えるようだ。present

20170311_ujiie_st_3

氏家駅に戻ってきました。ゴールです。氏家駅を出発して戻ってくるのに3時間5分かかりました。motorsports

帰りの電車に間に合うようにした為、終盤は大急ぎで歩きました。帰りも臨時列車に乗る為、氏家をゆっくりまわれなかったな。run

20170205_miokuri_1

もう既に、帰りの電車はホームにいました。subway

帰りのホームにも、氏家の皆さんたちが、見送りに来てくれています。motorsports

20170205_miokuri_2

楽しさいっぱい!。とちぎにまたきてね。paper

14時30分、海浜幕張へ向け、氏家駅2番線ホームを出発しました。rouge

今年も訪れた氏家の駅ハイ。武蔵野線沿線から直通して氏家へ行けるという事で来ています。もう少し、氏家発着の間が伸びれば、氏家滞在時間が伸びて、氏家うどんなどグルメも楽しめるのになぁ..。10km歩くだけで滞在終了は、ちょっともったいない。cancer

天気も良く、鬼怒川や那須連峰の山々の眺めがGoodな氏家駅ハイ参加でした。sun

という事で、駅からハイキング「氏家雛めぐり~早春の古雛・つるし飾りを巡る~」に参加してきたレポでした~。paper

ちなみに、訪問箇所詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、過去開催氏家の駅ハイ参加レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170311_route_map

JR東日本・駅からハイキング 「氏家雛めぐり~早春の古雛・つるし飾りを巡る~」 開催期間:2017年2月4日(土)~3月5日(日) 所要時間:約4時間(見学時間等を含む) 歩行距離:約10kminfo02

氏家駅→スタート:eプラザ壱番館→①ゆうゆうパーク→②浮島地蔵尊→③草川遊歩道→④今宮神社→⑤鐵竹堂(瀧澤家住宅)→⑥おみやげ館→⑦光明寺→⑧寛方・タゴール平和記念公園→⑨雛の駅(旧烏山信用金庫)→⑩西導寺→ゴール:eプラザ壱番館→氏家駅info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月10日 (金曜日)

氏家地区を不動明王が見守る、光明寺を訪れた2017。

迫力ある不動明王坐像が鎮座しています。shadow

20170310_koumyouji

さて、やってきたところは、栃木県さくら市氏家にある光明寺です。真言宗智山派のお寺で、北関東三十六不動尊 二十二番札所となっている。山号は霊水山、院号は普門院。event

20170310_fudou_myouou2

先に見えるは、青銅不動明王坐像です。大日如来が一切の邪悪を調伏するために、内に慈悲の誓願を秘めつつ、外に慈悲の姿を現し、右手に煩悩を断つ宝剣、左手に魔を縛す羂索を持ち、衆生を守るという不動明王は、氏家でも古くから信仰を集めてきました。ship

20170310_fudou_myouou

不動明王坐像は、高さ293.9cm、肩幅142.4cmとまれにみる巨大な木像は、町のシンボルとして見守られています。迫力ある不動明王だね。leo

20170310_daikokuten

光明寺の七福神は、大黒天を祀る。sagittarius

20170310_goma

【感満不動尊大護摩供勤修】 2017年度 「元朝特別大護摩供」は1月1日午前0時、「春御縁日大護摩供」は2月28日午前11時からです。karaoke

20170310_mon

という事で、氏家地区を不動明王が見守る、光明寺を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「氏家雛めぐり~早春の古雛・つるし飾りを巡る~」に参加してきた(2017.02.04)。」へどうぞ。paper

「霊水山 普門院 光明寺」 〒329-1311 栃木県さくら市氏家2696 TEL:028-682-8743 JR宇都宮線氏家駅から徒歩約6分info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月 9日 (木曜日)

氏家の総鎮守、今宮神社を訪れた2017。

さくら市(旧氏家町)の歴史を伝える、町の守り神様。shadow

20170309_imamiya_jinjya_1

さて、やってきたところは、栃木県さくら市にある今宮神社です。創建より955年の歴史を持つ氏家の総鎮守だ。event

20170309_sandou

真っ直ぐ続く、参道を歩いて行きます。夜、灯りが点くと雰囲気が出て良いかも。flair

20170309_roumon

楼門をくぐります。神門よりも山門風の外観だ。文化8年(1811年)、近郷や東北南部の人々により現在の楼門が建立された。入母屋造りで銅板葺。この周辺地域においては、江戸期の楼門は唯一であるとの事。door

20170309_haiden

拝殿にて参拝。confident

今宮神社は、康平3年(1060年)、勝山城主氏家公頼公により、素戔嗚尊を祭神として創建された。正安2年(1300年)にこの地に移されてきた。house

20170309_hondou

拝殿裏、本殿をのぞいてみましょう。eye

寛永3年(1663年)に本殿が造営された。本殿は流造り。屋根は柿葺が銅板葺となり、千木・勝男木を付けた。school

20170309_sousyokuga

妻(建物の側面)は二重虹梁蟇股の装飾を付け、左右の妻上部には激浪を越え進む鯉群を彫り廻らし、その上段には飛龍から大龍となる登龍門の彩色彫刻。pencil

今宮神社を訪れたら、海の荒々しさを表現したこの彫刻絵を眺めてみると良いでしょう。wave

20170309_torii

鳥居笠木保存。昭和27年(1952年)から平成13年(2001年)まで48年間に亘り多くの人々が様々な思いをもってくぐりぬけてきた鳥居の笠木です。(右側の鳥居)。door

20170309_eto

こちらは、願いが叶うと言われる「願かけ割符」。ticket

  1. 自分の干支の像をなでながら「祓え給え清め給い」と、3度唱えます。
  2. 願い事を込めながら、お守りを中心で割ります。
  3. 2礼2拍手1礼で、神様にお参りした後、割り符の片方をここに掛ける。

12の干支がそろっているとは、面白い。cat

20170309_ooicyou

境内の大イチョウは樹齢700年の古木であり、栃木県銘木百選に指定されている。xmas

見事なイチョウの大木ですな。秋の紅葉の時は見事に映える事でしょう。毎年11月上旬~中旬、大公孫樹祭が行われる。ライトアップも行われるそうですよ。maple

という事で、さくら市氏家にある、今宮神社を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「氏家雛めぐり~早春の古雛・つるし飾りを巡る~」に参加してきた(2017.02.04)。」へどうぞ。paper

「今宮神社」 〒329-1321 栃木県さくら市馬場43 TEL:028-682-2685 JR宇都宮線氏家駅から徒歩約13分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 8日 (水曜日)

さいたまスイーツスタンプラリー、さいたま市内のスイーツはしご巡りまとめレポ2017。

さいたま市内の美味しいスイーツを味わえるイベントが今年も開催されました。cake

20170209_poster

2017年2月1日(水)~3月5日(日)、さいたまスイーツスタンプラリーが開催されました。昨年まではスイーツバルで行われたが、今年はデジタルとリアルが融合した電子スタンプを使ったスタンプラリーで開催。さいたま市内のお店92店舗が参加されているよbell

で、さいたまスイーツとは...?。sign02

  • さいたま市内で購入できる&食べられる
  • さいたま市内に本店、本社、メイン工場がある
  • どんな種類のお菓子でもOK

スイーツの消費拡大・まちの活性化を目的にスイーツ店を買いまわりするイベント。今年は、計33日間・約5週間の開催となり、毎週末はさいたま市へおでかけし、スイーツ三昧してきたよ。shoe

では、今回訪問してきた、さいたまスイーツ9店舗まとめ紹介です。どうぞ。virgo

20170209_cafe_uwaito_1

【Cafe uwaito】 (カフェ ウワイト) 浦和区岸町4-2-18

浦和駅西口から徒歩約3分、隠れ家的建物です。house

20170209_talt

おすすめメニュー 『いちごのタルト』 (680円)

旬なイチゴを使用したデザートだ。苺がたっぷり乗った上品な味わいです。cherry

20170205_late_sweets

苺のタルトのお供に、カフェラテ(HOT)を頂きました。ラテアート、かわいらしいね。art

ちなみに、ここの詳細レポは、「Cafe uwaito (カフェ ウワイト)で、ラテアートされたカフェラテ&苺のタルトを味わう2017。」へどうぞ。paper

20170224_ebisuya_2

【エビスヤ喫茶店】 浦和区高砂1-6-10

浦和駅西口駅前ロータリーに面した喫茶店。cafe

20170224_hot_cake_2

おすすめメニュー 『ホットケーキ』 (単品500円・セット780円)

創業以来変わらぬ、きめが細かく、しっとり、やさしい味わいのホットケーキが人気で、注文が入るたびに粉から混ぜ合わせ、銅板で焼き上げています。restaurant

20170224_hot_cake

セットで注文。ホットコーヒーを頂きました。ribbon

ちなみに、ここの詳細レポは、「エビスヤ喫茶店、看板メニューのホットケーキを味わう2017。」へどうぞ。paper

20170305_goodys_cafe

【グッディーズカフェ】 浦和区仲町2-6-10

浦和駅西口から徒歩約8分、うらわ美術館の近くにある。pencil

20170305_cake_2

おすすめメニュー 『パティシエのきまぐれケーキ』 (648円)

6種類のケーキから2種類選択できます。今回は、「ティラミス」と「シフォンケーキ」を選択。ティラミスは、コーヒーの苦みとラム酒の効いた大人の味わいだね。bar

20170305_cake_1

ケーキセットで注文し、ホットコーヒーを頂きました。scorpius

ちなみに、ここの詳細レポは、「グッディーズカフェ、ホームメイドケーキを味わう2017。」へどうぞ。paper

20170211_kobaton_cafe

【コバトンカフェ】 浦和区高砂3-13-3

浦和駅西口から徒歩約10分、埼玉県庁隣、衛生会館建物内に店を構える。building

20170211_cake

おすすめメニュー 『しっとり濃厚ガトーショコラ』 (500円)

自家製のガトーショコラ、このしっとり感が上品ですね。ホイップとアイスを添えて頂く。プレートにかわいいコバトンの絵がチョコパウダーで描かれていますよ。chick

20170211_dolche

ドルチェセットで注文。カフェラテにコバトンのラテアートをしてもらいました。dog

ちなみに、ここの詳細レポは、「ワールドピッツェリア コバトン*カフェ、しっとり濃厚ガトーショコラとラテアートされたカフェラテを味わう2017。」へどうぞ。paper

20170217_cafe_kinoka

【カフェきのか】 浦和区領家7-4-21

北浦和駅東口から徒歩約15分、木崎小学校近くの住宅街にある古民家カフェ。house

20170217_siphon

おすすめメニュー 『シフォンケーキ』 (350円)

放し飼いタマゴ(埼玉県のエコッコさん)を使った、身体がよろこぶシフォンケーキです。きび砂糖の味わいが絶妙な大人の1品。snail

20170217_cake_set

ケーキセットで頂きました。紅茶・アッサムを頂く。ポットで提供だ。aquarius

ちなみに、ここの詳細レポは、「カフェきのか、古民家カフェで紅茶とシフォンケーキを味わう2017。」へどうぞ。paper

20170304_retan

【パティスリー・レタン 東口駅前店】 浦和区上木崎1-2-7

与野駅東口駅前にある洋菓子店。24hours

20170304_tensinooyatsu

おすすめメニュー 『天使のおやつ』 (180円)

スフレ生地に、ホワイトチョコレートやクリームチーズなどを混ぜている、ミルキーなクリームをサンドしている。安室奈美恵さんのツアーでの差し入れの1品になったらしいです。cake

20170304_swwts

エクレアやスフレなど、ちょいとスイーツ購入してみたよ。どれも、美味しい。delicious

ちなみに、ここの詳細レポは、「パティスリー・レタン与野駅東口駅前店、天使のおやつを味わう2017。」へどうぞ。paper

20170225_oomiya_coffee_roastars

【オオミヤコーヒーロースターズ】 大宮区桜木町1-160

大宮駅西口から徒歩約2分、そごう隣にあるビル1階に店を構える。cafe

20170225_cream_brulee_2

おすすめメニュー 『クリームブリュレ』 (520円)

パリッとした中はトロッとしています。上にはアイスがトッピングされ爽やか。penguin

20170225_cream_brulee

セットで注文しました。880円。ホットコーヒーを頂きました。cafe

ちなみに、ここの詳細レポは、「オオミヤコーヒーロースターズで、クリームブリュレを味わう2017。」へどうぞ。paper

20170218_bunmeidou

【文明堂東京 浦和工場売店】 桜区在家182

さいたま市民医療センターから徒歩約2分にある、カステラ1番電話は2番の老舗菓子メーカー。telephone

20170218_oyatsu_kasutera_3

おすすめメニュー 『おやつカステラ』 (270円)

オレンジはちみつを入れ、しっとり焼き上げ、おやつにぴったり2切れ入。3時のおやつにいいね。cake

20170218_oyatsu

おやつカステラの他、いろいろ購入してみたよ。カステラ巻いちごや、ブッセグレープフルーツ、バームクーヘン。present

ちなみに、ここの詳細レポは、「文明堂東京 浦和工場売店にて、おやつカステラ等を購入して味わった2017。」へどうぞ。paper

20170210_patisserie_moa

【パティスリーMoa】 南区南浦和3-3-17

南浦和駅東口から徒歩約4分のところにある洋菓子店。moon1

20170210_gotugotu_shu

おすすめメニュー 『ごつごつシュークリーム』 (160円)

しっかりとしたサクッとシュー皮の中には作りたての濃厚カスタードクリームがたっぷり!。あますぎないクリームとごつごつした生地の食感がたまりません。シェフ自慢の一品だ。sports

20170210_kounyuu

シュークリームと共に、もえちゃんプリンも購入してみた。ちょい固めの食感、濃厚な味わいが美味しいね。chick

ちなみに、ここの詳細レポは、「パティスリーMoa、ごつごつシュークリームともえちゃんプリンを味わう2017。」へどうぞ。paper

20170308_present2

今回のイベントは、1店舗ごとにスタンプが貰えます。自分のスマホに電子スタンプを押していく。そして、スタンプ3個集めるごとに、プレゼント応募ができます。抽選で50名に、豪華さいたまスイーツ詰め合わせが当たるよ。present

20170308_stamp_1

各店舗のスイーツがデザインされたスタンプが、スマホに押されていきます。secret

20170308_stamp_2

9店舗訪れたので、合計9個スタンプが押されています。なので、3回プレゼント応募しました。当たるかな~。flag

今年も美味しいスイーツ頂きました。さいたま市以外の地域でも、こういうイベントやらないかなぁ...。confident

20170322_tsumeawase

【追記】 2017.03.18に「さいたまスイーツ詰め合わせプレゼント」が届きました。なんと、さいたまスイーツスタンプラリー当選でした~。嬉しい~。presentheart04

という事で、さいたまスイーツスタンプラリー、さいたま市内のスイーツはしご巡りまとめレポでした~。happy01

ちなみに、各店舗訪問詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、過去開催、さいたまスイーツバルの参加レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170308_sweets_map

参加店92店舗のスイーツマップ。店名・住所・位置が記載しています。memo

「さいたまスイーツスタンプラリー」 開催期間:2017年2月1日(水)~3月5日(日) 参加店舗数:92店舗info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月 7日 (火曜日)

長澤酒造・春の高麗王酒蔵祭に行ってきた2017。

日高・高麗川の老舗酒蔵で蔵祭り。tulip

20170307_nagasawa_syuzou_2

さて、やってきたところは、埼玉県日高市にある長澤酒造です。ここで、2017年3月4日(土)・5日(日)、春の高麗王酒蔵祭が開催されました。地酒を味わいに訪れてきたよ。penguin

長澤酒造は、弘化元年(1844年)に創業。奥武蔵の山々から流れでる高麗川のたもとにて、良質の水、厳しい冬の寒さ、吟味された米、170年余りの伝統の技から造られる清酒は、豊かな味わい、まろやかな口あたり、そして芳醇な香りが自慢の日高・高麗川の地酒です。gasstation

20170307_kaijyou

場内では、テーブル座席を設置し、お酒とご当地グルメが味わえます。まったりした雰囲気ですな。japanesetea

20170307_saisyono1pai

まずは、最初の一杯を頂こう。500円を支払い、高麗王ききちょこ付きで地酒が頂けます。お猪口は持ち帰りできます。dollar

20170307_sake_1

では、くぴっ。ぷふぉ~、いい味わいだ。happy02

20170307_okawari

2杯目からは、おかわり価格で試飲できます。atm

  • 100円...春いちばん・初しぼり・純米吟醸生原酒・純米酒・熱燗
  • 200円...大吟醸
  • 300円...大吟醸しぼりたて生原酒

20170307_yakitori

やっぱり2杯目は、大吟醸しぼりたて生原酒を頂いた。これまた、美味しいね。焼き鳥と共に味わった。bottle

20170307_komanabe

日高のご当地B級グルメ、高麗鍋を頂いた。地場産野菜・キムチ・高麗人参が使用された美味しい鍋です。riceball

口直しに、高麗王甘酒あいすを頂いた。cake

20170307_shikomimizu

仕込み水もありました。高麗神社エールもあったよ。aquarius

20170307_cyozou

蔵の中をちょいと覗いてみよう。貯蔵タンクがある。aquarius

20170307_muro

こちらは、麹室。bud

20170307_hinakazari_1

長澤屋(酒蔵ギャラリー)には、長澤家四代にわたるお雛さま展示中です。virgo

20170307_hinakazari_2

大正・昭和・平成のお雛様をご覧になれます。こちらは、昭和・戦後のお雛様。cafe

20170307_kura

2階に上がる階段があったので、ちょっと登ってみた。食事処になるのか?。restaurant

20170307_kawagoe_line

さて、会場へのアクセスです。最寄駅は、高麗川駅です。JR川越線に乗ってやってきた。train

20170307_komagawa_st

高麗川駅は、JR川越線と八高線が乗り入れます。subway

20170307_bus_stop

高麗川駅駅前ロータリーから、会場となる長澤酒造へ無料シャトルバスが運行されています。※5日(日)のみ運行。signaler

20170307_shuttle_bus

雅観光バス1台で、ピストン輸送します。約30分おきに運行。高麗川駅からは毎時00分・30分発です。ただ、13時30分発のバスは来なかったなぁ..。高麗川駅~長澤酒造間はバス約6分です。bus

バスが来ない時は、タクシーか路線バス(国際興業バス)埼玉医大行きを利用しましょう。car

20170307_nagasawa_syuzou

帰りのバス、長澤酒造からは毎時15分・45分発でシャトルバスが運行されます。※5日(日)のみclock

混雑している訳でなく、まったりと地酒が味わえる蔵祭りだな。good

という事で、長澤酒造・春の高麗王酒蔵祭に行ってきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170307_kokuti

開催告知です。memo

「春の高麗王酒蔵祭」 開催日:2017年3月4日(土)・5日(日) 開催時間:10時~16時 会場:長澤酒造(〒350-1242 埼玉県日高市北平沢335) 5日(日)のみ高麗川駅~長澤酒造間無料シャトルバス30分おきに運行 JR川越線・八高線高麗川駅から徒歩約27分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月曜日)

第23回越谷梅林公園梅まつりに行ってきた2017。

3月に入ると、梅の花が見事に咲き誇りますね。cherryblossom

20170306_ume_1

さて、やってきたところは、埼玉県越谷市にある越谷梅林公園です。ここで、2017年3月4日(土)・5日(日)、第23回越谷梅林公園梅まつりが開催されました。bell

20170306_ume_5

越谷梅林公園には、一重寒紅(ひとえかんこう)、八重寒紅(やえかんこう)、紅冬至(こうとうじ)などをはじめ、梅郷(ばいごう)や白加賀(しらかが)など、約40種類、300本あまりの梅が約2万2000平方メートルの園内に植えられている。golf

20170306_ume_2

白い花びらが綺麗に咲き誇る。いいですね。梅の香りが漂うよ。wink

20170306_ume_6

まだ蕾が多いものの、満開に近い状態です。あと数日後がピークになるかな。cherryblossom

20170306_ume_7

枝垂れ梅もいい感じ。rain

20170306_amazake

甘酒の無料配布がありました。japanesetea

20170306_soba

グルメ販売露店もでていました。鴨汁そばを頂きました。200円とリーズナブル。noodle

20170306_stage

イベントステージでは、越谷福来龍隊のよさこいソーランの演舞がありました。

20170306_kaodashi

顔出し用記念撮影スポットがあり。camera

20170306_hiroba

天気に恵まれました。晴天ぽっかぽかの陽気。芝生で梅の花を見ながらピクニックだ。sun

20170306_ume_4

元荒川土手上からの眺めだ。yacht

20170306_tobu_line

さて、会場へのアクセスです。最寄駅は、東武スカイツリーライン北越谷駅です。train

20170306_shutlle_bus

北越谷駅西口ロータリーから、会場へ直通する無料シャトルバスが運行しています。2台のバスでピストン輸送する。北越谷駅~会場間はバスで約5分。bus

他、イオン千間台と会場間のシャトルバスも運行されています。car

20170306_route_map

ちなみに、徒歩だと元荒川沿いを歩いて約20分です。shoe

20170306_map

梅まつり園内マップ。露店も多くでていますよ。ear

20170306_time_scadule_2

イベント情報。よさこいやアカペラ、ダンスなどが披露されるよ。notes

20170306_seimon

越谷梅林公園の正門です。door

20170306_setsumei

このあたりは、くだものの木に適した水はけの良い土地で、桃や梅の栽培が盛んでした。apple

20170306_ume_3

埼玉県道325号大野島越谷線沿いの梅の景観も良し。rvcar

20170306_map_park

越谷梅林公園の園内マップです。clover

20170306_maku

という事で、第23回越谷梅林公園梅まつりに行ってきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170306_poster_2

告知ポスターです。memo

「第23回越谷梅林公園梅まつり」 開催日:2017年3月4日(土)・5日(日) 開催時間:10時~15時 会場:越谷梅林公園(埼玉県越谷市大林203-1) 入園無料 北越谷駅から無料シャトルバス運行 東武スカイツリーライン北越谷駅西口から徒歩約20分info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月 5日 (日曜日)

グッディーズカフェ、ホームメイドケーキを味わう2017。

街なかにある喫茶店です。boutique

20170305_goodys_cafe

さて。やってきたところは、埼玉県さいたま市浦和区にあるグッディーズカフェです。JR浦和駅西口から徒歩約8分、さいたま市役所方面へ向かう途中にあります。building

初めて訪れました。では、入ってみましょう。door

20170305_cake_1

ケーキセットを注文しました。気まぐれのケーキは、ケーキのメニュー、6つから2つ選択します。セットの飲み物は、コーヒー・紅茶、それぞれホット・コールドを選択可です。carouselpony

20170305_cake_2

今回は、ティラミスとシフォンケーキを選択しました。美味しそうですね。restaurant

では、頂きます。パクッ。おぉ、いいね。delicious

ティラミスは、コーヒーの苦みとラム酒の効いた大人の味わいだ。シフォンケーキは、フワフワのスポンジケーキで、ブルーベリーソースとホイップクリームで味わいます。karaoke

20170305_menu

ケーキのメニューです。パティシエ気まぐれのメニューは、店内のボードに記載されています。memo

20170305_tennai

店内は、1階と中2階があり。落ち着いた雰囲気ですな。japanesetea

20170209_poster

このお店を訪れたのは、スイーツイベントがあった為。その名も、「さいたまスイーツスタンプラリー」。スイーツの消費拡大・まちの活性化を目的にスイーツ店を買いまわりするイベント。開催期間は、2017年2月1日(水)~3月5日(日)。さいたま市内92店舗が参加。スタンプを集めてプレゼントに応募する。今回訪問のお店は参加店の1つです。penguin

という事で、グッディーズカフェ、ホームメイドケーキを味わったレポでした~。happy01

ちなみに、訪問のきっかけとなったイベント参加レポは、「さいたまスイーツスタンプラリー、さいたま市内のスイーツはしご巡りまとめレポ2017。」へどうぞ。paper

「グッディーズカフェ」 〒330-0062 埼玉県さいたま市浦和区仲町2-6-10 TEL:048-823-4649 11時30分~22時 定休日:月曜 JR宇都宮線・高崎線・京浜東北線浦和駅西口より徒歩約8分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 4日 (土曜日)

パティスリー・レタン与野駅東口駅前店、天使のおやつを味わう2017。

ふわふわスフレ、天使のような味わい♪。chick

20170304_retan

さて、やってきたところは、埼玉県さいたま市浦和区にあるパティスリー・レタン 東口駅前店です。JR京浜東北線与野駅東口を出ると、すぐ目の前に構える小さな洋菓子店だ。house

このお店のおすすめは、「かやの木ロール」です。くるみとラムレーズンをたっぷり使い、コクのあるバタークリームをサンドしたココアシューロールだそうです。市民が選ぶさいたま推奨土産品の金賞を7回連続受賞していて、評価を受けています。birthday

20170304_swwts

店内に入り、小さめのスイーツも多くあったので、いくつか購入してみました。present

20170304_tensinooyatsu

お目当てのスイーツは、コレです!。これは、「天使のおやつ」です。180円。3口程で食べきれる小さなスイーツだ。では、頂いてみよう。パクッ。おぉ、ふわゆる。delicious

スフレ生地に、ホワイトチョコレートやクリームチーズなどを混ぜている、ミルキーなクリームをサンドしている。taurus

クリームがゆるゆるなので、手で持つには力加減が必要。しかし、このクリームは旨いな。口当たりが天使のような気分だな。sagittarius

ちなみに、この「天使のおやつ」は、安室奈美恵さんのスタッフのブログ?で、ツアーの差し入れ?で紹介されたようです。pc

20170209_poster

このお店を訪れたのは、スイーツイベントがあった為。その名も、「さいたまスイーツスタンプラリー」。スイーツの消費拡大・まちの活性化を目的にスイーツ店を買いまわりするイベント。開催期間は、2017年2月1日(水)~3月5日(日)。さいたま市内92店舗が参加。スタンプを集めてプレゼントに応募する。今回訪問のお店は参加店の1つです。penguin

20170304_retan_stamp

当イベントは、自分のスマホに電子スタンプを押してもらいスタンプを集めていく企画だ。イベントもハイテク化だなぁ。今回味わったスイーツが、スマホにスタンプ表示されます。mobilephone

元は、「イケダベーカリー」として昭和38年(1963年)にオープン。その後、平成7年(1995年)に洋菓子専門店「パティスリー・レタン」として再スタートされた。駅前にあるお店なので、帰宅前に立ち寄ってお土産購入されていくのでしょう。penguin

という事で、パティスリー・レタン東口駅前店で、天使のおやつを購入し味わったレポでした~。happy01

ちなみに、訪問のきっかけとなったイベント参加レポは、「さいたまスイーツスタンプラリー、さいたま市内のスイーツはしご巡りまとめレポ2017。」へどうぞ。paper

「パティスリー・レタン 東口駅前店」((有)イケダベーカリー) 〒330-0071 埼玉県さいたま市浦和区上木崎1-2-7 TEL:048-832-7635 営業時間:(平日)10時~20時・(土曜)10時~19時30分・(日曜祝日)10時~19時 JR京浜東北線与野駅東口よりすぐ目の前info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 3日 (金曜日)

雛の駅(旧烏山信用金庫)に展示された、巨大なとちおとめ雛を見に行ってみた2017。

とても大きな苺の雛がお出迎え。leo

20170303_hinanoeki

さて、やってきたところは、栃木県さくら市にある雛の駅です。元々は、烏山信用金庫氏家中央支店であったが、平成25年に閉店し、現在、雛の駅として使用されています。ここで、氏家雛めぐりの展示場所の1つとなっています。お目当ての雛を見に行ってみよう。building

20170303_totiotomehina

じゃん、「とちおとめ雛」です。人形師福田東久氏が栃木県産とちおとめをモチーフに1年がかりで「氏家雛めぐり」の為に製作されました。高さ1.8mもある巨大なとちおとめ雛だ。愛称は、左が「とちおくん」、右が「おとめちゃん」と対になっています。cherry

20170303_hinakazari

雛の駅では、ひな飾りも展示されています。libra

20170303_hinakazari_2

館内は、おみやげ品販売やお休み処があります。24hours

20170303_sarubobo

氏家雛めぐりでは、開運「七福さるぼぼ探し」が行われています。雛めぐりに参加しているお飾り処のうち7か所に幸運を呼ぶ七色の大きな「さるぼぼ」が展示しています。雛の駅には、緑色のさるぼぼがいたね。スタンプゲット!。bomb

ちなみに、「さるぼぼ」とは「猿の赤ちゃん」という意味で大変縁起物だそうです。pig

20170214_poster

氏家駅周辺では、第14回氏家雛めぐりが開催中。開催期間は、2017年2月4日(土)~3月5日(日)。70カ所で雛飾り展示されています。virgo

20170303_info

という事で、雛の駅(旧烏山信用金庫)に展示された、巨大なとちおとめ雛を見に行ってみたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、氏家雛めぐり、他の見学レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

「雛の駅」(旧烏山信用金庫) 〒329-1311 栃木県さくら市氏家2560-2 9時~17時 無休 JR宇都宮線氏家駅東口より徒歩約5分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 2日 (木曜日)

創彩縫・薔薇にて、氏家雛飾り・千羽鶴の舞を鑑賞2017。

千羽の鶴が羽ばたく雛飾りは見事。airplane

20170302_bara

さて、やってきたところは、栃木県さくら市にある創彩縫・薔薇です。氏家駅周辺では、氏家雛めぐりが開催中。ここも、1つの展示場所となっています。早速、見学してみよう。snail

20170302_senbazuru

ここの展示場所では、十周年記念十美の大多福飾り「千羽鶴の舞」が展示されていました。これは、すごいね。皆さんで作られたんでしょうか。見事です。good

20170302_hina_kazari_2

雛飾りと吊るし雛。basketball

20170302_hanasakajiisan

花咲か爺さん、花を咲かせましょう。cherryblossom

20170302_hina_kazari

お内裏様・お雛様。お顔が、手作り感あるね。catface

20170302_tsurushihina

吊るし雛です。いろんな雛がいるな。carouselpony

20170302_suzumehina

すずめ雛の結婚式かな。chick

20170302_kanrekihina

うさぎの還暦雛です。snail

20170214_poster

氏家駅周辺では、第14回氏家雛めぐりが開催中。開催期間は、2017年2月4日(土)~3月5日(日)。70カ所で雛飾り展示されています。virgo

20170302_bara_2

向かいにある、この建物でも雛飾り展示されています。house

氏家雛めぐり期間中は、お茶のサービスもあるので、立ち寄ってみてはいかがかな。cat

という事で、創彩縫・薔薇にて、氏家雛飾り・千羽鶴の舞を鑑賞してきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、氏家雛めぐり、他の見学レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

「創彩縫・薔薇」 〒329-1311 栃木県さくら市氏家3295-3 休館日:火曜 10時~16時 JR宇都宮線氏家駅から徒歩約19分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 1日 (水曜日)

ギャラリー匣(さら)、雛飾りと吊るし雛見学2017。

町なか雛めぐり。ギャラリーに展示されている雛飾りを見に行こう。dog

20170301_garally_saya

さて、やってきたところは、栃木県さくら市にあるギャラリー匣(さら)です。氏家周辺では、氏家雛めぐりが開催中。ここ、ギャラリー匣も雛飾り展示の1つである。見学、中へ入ってみましょう。clover

20170301_tsurushi_hina

かわいらしい、吊るし雛が飾られていますね。chick

20170301_usagi_hina2

おっ、この雛飾りいいな。うさぎ雛の結婚式ですね。heart02

20170301_hinakazari

お内裏様・お雛様。libra

20170301_hinakazari_2

こちらのひな飾り。雛人形問屋「人形の長月」のひな飾りでしょうか。cherry

20170301_hagoita

羽子板も飾られていました。tennis

20170301_tsurushi_hina_2

吊るし雛の展示が多いですね。手作りなのでしょうか。pisces

20170214_poster

氏家駅周辺では、第14回氏家雛めぐりが開催中。開催期間は、2017年2月4日(土)~3月5日(日)。70カ所で雛飾り展示されています。virgo

20170301_plate

という事で、ギャラリー匣(さら)にて、雛飾りと吊るし雛見学してきたレポでした~。happy01

ちなみに、氏家雛めぐり、他の見学レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

「ギャラリー匣(さら)」 〒329-1321 栃木県さくら市馬場400-2 TEL:028-682-8745 10時~18時 定休日:月曜 JR宇都宮線氏家駅から徒歩約21分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »