« 氏家地区を不動明王が見守る、光明寺を訪れた2017。 | トップページ | 釜屋 力士蔵祭り2017に行ってきた。 »

2017年3月11日 (土曜日)

駅からハイキング「氏家雛めぐり~早春の古雛・つるし飾りを巡る~」に参加してきた(2017.02.04)。

奥州街道を歩きながら、氏家雛めぐりを通して地元の人達とのふれあいで心癒せるハイキングコースです。shoe

20170205_e257_4

さて、JR宇都宮線に乗ってやってきたところは、氏家駅です。駅ハイ参加の為に訪れたよ。今回は、2017年2月4日(土)~3月5日(日)開催、駅からハイキング「氏家雛めぐり~早春の古雛・つるし飾りを巡る~」です。train

20170205_ujiie_st_1

駅ハイイベント開催にあわせ、臨時直通電車が運行されました。その名も、快速氏家雛めぐり号です。海浜幕張と氏家間を走行し、武蔵野線を経由するので、乗り換え無しで向かえて便利な列車だ。使用された車両はE257系500番台。房総方面の特急で使用されている車両だ。リクライニングの座席で快適。bullettrain

氏家駅10時35分到着。さくら清修高校の女子高生らがホーム上でお出迎えです。school

ちなみに、この臨時列車の乗車レポは、「快速氏家雛めぐり号に乗車してきた2017。」へどうぞ。paper

20170205_kangei

改札口前では、駅長・駅員、さくらメイツ、栃木県マスコットキャラクター「とちまるくん」、さくら市観光PR大使「コンタ君」がお出迎え。「ようこそ 氏家雛めぐりへ!」の歓迎幕もあり。bell

20170205_kangei_2

改札口を出て駅の外でも、歓迎の列ができている。cat

20170205_hayashi

氏家こどもおはやし会による太鼓披露での歓迎があり。notes

20170311_ekimae_hiroba

駅前広場では、特産物の販売やグルメの提供があり。restaurant

20170205_fukufukunabe

氏家福々鍋(けんちん汁)のふるまいもありました。温まります~。japanesetea

20170214_e_plaza

受付場所は、eプラザ壱番館の2階です。氏家駅前にある。event

20170311_kan_batch

受付にて、コースマップやパンフレット類を取得しました。恒例の缶バッチは、143系湘南色です。意外に珍しい車両の缶バッチだな。present

20170205_hinameguri_1

氏家駅周辺では、第14回氏家雛めぐりが開催中でした。ここ、eプラザ壱番館でも、いろいろな雛飾りがされています。ぶらり、見学してみよう。virgo

20170214_tsurushi_hina

吊るし雛、見事ですね。とても、かわいらしい。taurus

20170214_hinakazari_2

内裏雛。吊るし雛の下で。rain

20170214_kitsune

狐雛の結婚式でしょうかね。heart04

20170214_kimono

着物も展示されていました。t-shirt

ちなみに、ここでの詳細レポは、「第14回氏家雛めぐり・eプラザ壱番館の雛飾りを観てきた2017。」へどうぞ。paper

20170311_cource_route

今回のコースルートです。3年連続で氏家の駅ハイに参加。馴染みのルートだ。karaoke

20170311_ujiie_st

今回は約10kmのウォーキングコースです。では、頑張って歩きましょう。氏家駅を出発です。motorsports

20170311_ujiie_st_2

連絡橋を渡り、氏家駅西口へ抜ける。libra

20170311_kusagawa_1

草川沿いに歩いていきます。mist

20170311_mizudori

川の水が綺麗なので、水鳥さんたち気持ち良さそうに泳いでいる。chick

20170215_yuyu_park_1

コースポイントone箇所目は、「ゆうゆうパーク」です。氏家駅から28分。氏家ゆうゆうパークは愛称で、正式には鬼怒川河川公園です。旧氏家町制100周年記念事業として、鬼怒川の河川敷を利用して整備された水と触れあえる公園である。tennis

20170215_yuyu_park_2

南方向を眺める。先には、勝山公園がある。勝山城本丸跡や勝山パークブリッジがあり、河川敷側には、大池や花畑がある。sagittarius

20170215_road_3

鬼怒川沿いに土手が整備され、遊歩道として続いています。春になると桜満開で花見に良さそうな桜つづみ沿いを歩いて行こう♪。cherryblossom

芝生が広がり、ゴルフ場みたいな景観だな。golf

20170215_kinugawa_1

鬼怒川の河川敷は広く、本流の他、蛇行する川もあり。fish

先に見える雪化粧した山々が雄大な景色だね。fuji

20170215_kinugawa_2

自然な風景が、心地良い気分に浸れる。いい眺めじゃ~。confident

栃木県景勝百選の地にも選定されている。crown

20170215_road_1

訪れた日は、ちょっと風が冷たいけれど、快晴で気持ちUp!。澄んだ青空がGoodだ。sun

20170215_road_2

約1.2km程土手上の歩道を歩いて行った。ウォーキング・ランニングには気持ちいいロードだ。run

ちなみに、ここでの詳細レポは、「鬼怒川河川公園(氏家ゆうゆうパーク)、土手を歩く2017。」へどうぞ。paper

20170311_ukishima_jizouson_1

コースポイントtwo箇所目は、「浮島地蔵尊」です。ゆうゆうパークから6分。昔、洪水の時にお地蔵様が泥水の中に浮いて水の浸入を防ぎました。助かった村人はこのお地蔵様を「浮島地蔵」とか「いかり地蔵」と呼んで感謝したそうです。wave

20170311_kusagawa_yuuhodou

コースポイントthree箇所目は、「草川遊歩道」です。浮島地蔵尊から6分。草川沿いに遊歩道が整備されている。春には、ソメイヨシノ・しだれ桜と、桜の名所となっている。cherryblossom

20170301_garally_saya

コース途中にある「ギャラリー匣(さら)」です。ここも、氏家雛めぐりの展示場所の1つ。見学、中へ入ってみましょう。clover

20170301_tsurushi_hina

かわいらしい、吊るし雛が飾られていますね。chick

20170301_usagi_hina2

おっ、この雛飾りいいな。うさぎ雛の結婚式ですね。heart02

20170301_hinakazari

お内裏様・お雛様。libra

20170301_hinakazari_2

こちらのひな飾り。雛人形問屋「人形の長月」のひな飾りでしょうか。cherry

20170301_hagoita

羽子板も飾られていました。tennis

20170301_tsurushi_hina_2

吊るし雛の展示が多いですね。手作りなのでしょうか。pisces

ちなみに、ここでの詳細レポは、「ギャラリー匣(さら)、雛飾りと吊るし雛見学2017。」へどうぞ。paper

20170311_train

国道4号線を歩く。JR宇都宮線を越える陸橋を渡る。ship

20170311_nasu

陸橋からの眺め。先に見える那須の山々が良い。fuji

20170309_imamiya_jinjya_1

コースポイントfour箇所目は、「今宮神社」です。草川遊歩道から30分。創建より955年の歴史を持つ氏家の総鎮守だ。event

20170309_sandou

真っ直ぐ続く、参道を歩いて行きます。夜、灯りが点くと雰囲気が出て良いかも。flair

20170309_roumon

楼門をくぐります。神門よりも山門風の外観だ。文化8年(1811年)、近郷や東北南部の人々により現在の楼門が建立された。入母屋造りで銅板葺。この周辺地域においては、江戸期の楼門は唯一であるとの事。door

20170309_haiden

拝殿にて参拝。confident

今宮神社は、康平3年(1060年)、勝山城主氏家公頼公により、素戔嗚尊を祭神として創建された。正安2年(1300年)にこの地に移されてきた。house

20170309_hondou

拝殿裏、本殿をのぞいてみましょう。eye

寛永3年(1663年)に本殿が造営された。本殿は流造り。屋根は柿葺が銅板葺となり、千木・勝男木を付けた。school

20170309_sousyokuga

妻(建物の側面)は二重虹梁蟇股の装飾を付け、左右の妻上部には激浪を越え進む鯉群を彫り廻らし、その上段には飛龍から大龍となる登龍門の彩色彫刻。pencil

今宮神社を訪れたら、海の荒々しさを表現したこの彫刻絵を眺めてみると良いでしょう。wave

20170309_torii

鳥居笠木保存。昭和27年(1952年)から平成13年(2001年)まで48年間に亘り多くの人々が様々な思いをもってくぐりぬけてきた鳥居の笠木です。(右側の鳥居)。door

20170309_eto

こちらは、願いが叶うと言われる「願かけ割符」。ticket

  1. 自分の干支の像をなでながら「祓え給え清め給い」と、3度唱えます。
  2. 願い事を込めながら、お守りを中心で割ります。
  3. 2礼2拍手1礼で、神様にお参りした後、割り符の片方をここに掛ける。

12の干支がそろっているとは、面白い。cat

20170309_ooicyou

境内の大イチョウは樹齢700年の古木であり、栃木県銘木百選に指定されている。xmas

見事なイチョウの大木ですな。秋の紅葉の時は見事に映える事でしょう。毎年11月上旬~中旬、大公孫樹祭が行われる。ライトアップも行われるそうですよ。maple

ちなみに、ここでの詳細レポは、「氏家の総鎮守、今宮神社を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170311_noudou

のんびりした農道を歩いていく。taurus

20170302_bara

コース途中にある「創彩縫・薔薇」に立ち寄った。ここも、氏家雛めぐりの1つの展示場所となっています。早速、見学してみよう。snail

20170302_senbazuru

ここの展示場所では、十周年記念十美の大多福飾り「千羽鶴の舞」が展示されていました。これは、すごいね。皆さんで作られたんでしょうか。見事です。good

20170302_hina_kazari_2

雛飾りと吊るし雛。basketball

20170302_hanasakajiisan

花咲か爺さん、花を咲かせましょう。cherryblossom

20170302_hina_kazari

お内裏様・お雛様。お顔が、手作り感あるね。catface

20170302_tsurushihina

吊るし雛です。いろんな雛がいるな。carouselpony

20170302_suzumehina

すずめ雛の結婚式かな。chick

20170302_kanrekihina

うさぎの還暦雛です。snail

ちなみに、ここでの詳細レポは、「創彩縫・薔薇にて、氏家雛飾り・千羽鶴の舞を鑑賞2017。」へどうぞ。paper

20170216_nagayamon_1

コースポイントfive箇所目は、「鐵竹堂(瀧澤家住宅)」です。今宮神社から24分。「鐵竹堂瀧澤記念館特別公開」~つるし飾り 大正時代の着物の展示~が開催されていて、特別に入る事ができます。さぁ、入ってみよう。chick

長屋門は、入母屋造、浅瓦葺で左右を小部屋とし、中央部を門とする典型的な長屋門形式である。door

20170216_genkan

鐵竹堂(てっちくどう)は、明治天皇の休息所として使用された建物で、瀧澤喜平治の雅号「鐵竹」にちなんで名付けられた。pencil

靴を脱ぎ、中へ入ってみましょう。shoe

20170216_hinakazari

鐵竹堂の中では、雛飾りがされています。氏家雛めぐりで、ここ、瀧澤家住宅も展示場所の1つとなっている。virgo

20170216_gotenhina

大正時代の御殿雛。瀧澤家が、大床に合わせて京都の宮大工に特注で製作させた。crown

20170216_tsurushi_kazari

吊るし飾りもありました。pisces

20170216_kimono

明治~大正時代頃の花嫁振袖が展示されています。t-shirt

20170216_ima

こちらは、居間です。japanesetea

瀧澤家は、明治になって紡績等の事業で財をなした旧家であり、明治期の当主であった瀧澤喜平治は貴族院議員などを歴任し、第四十一銀行の設立や那須野が原の開拓にも尽力した人物として知られる。building

明治25年(1892)10月23日に氏家町で陸軍大演習が行われた時、喜平治宅が明治天皇の休息所に充てられた際、新築あるいは増築されたものと考えられている。shadow

20170216_engawa

外に出て、お庭に行ってみよう。run

縁側がいいよね。のんびりしたい。japanesetea

20170216_niwa

お庭から眺める鐵竹堂の建物。平屋建ての入母屋造りで北側の庭園に対して4室をL字形に並べ、東側正面に車寄せを張り出している。house

20170216_zashikikura

左奥の建物が蔵座敷です。蔵座敷は、総2階建、切妻瓦葺の伝統的な土蔵の屋根のほぼ中央に洋風の望楼を乗せた特徴のある建物です。yacht

ちなみに、ここでの詳細レポは、「鐵竹堂瀧澤記念館特別公開~つるし飾り 大正時代の着物の展示~を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170311_omiyagekan

コースポイントsix箇所目は、「おみやげ館」です。鐵竹堂から9分。写真、建物左側が「まちかど館」で、右側が「おみやげ館」。house

20170310_koumyouji

コースポイントseven箇所目は、「光明寺」です。おみやげ館から2分。真言宗智山派のお寺で、北関東三十六不動尊 二十二番札所となっている。山号は霊水山、院号は普門院。event

20170310_fudou_myouou2

先に見えるは、青銅不動明王坐像です。大日如来が一切の邪悪を調伏するために、内に慈悲の誓願を秘めつつ、外に慈悲の姿を現し、右手に煩悩を断つ宝剣、左手に魔を縛す羂索を持ち、衆生を守るという不動明王は、氏家でも古くから信仰を集めてきました。ship

20170310_fudou_myouou

不動明王坐像は、高さ293.9cm、肩幅142.4cmとまれにみる巨大な木像は、町のシンボルとして見守られています。迫力ある不動明王だね。leo

ちなみに、ここでの詳細レポは、「氏家地区を不動明王が見守る、光明寺を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170311_heiwa_kinen_kouen

コースポイントeight箇所目は、「寛方・タゴール平和記念公園」です。光明寺から8分。荒井寛方(あらいかんぽう・1878~1945)はここに生まれ、日本画家をめざして巣立った。仏画を志した寛方は原三渓やアジアで初めてノーベル文学賞を受賞した詩聖タゴールの知遇を受け、日本画の教授として渡印した。その間、アジャンタ壁画模写の難事業を成し遂げ、多くの人々と交わり、日印文化交流の架け橋となった。art

20170303_hinanoeki

コースポイントnine箇所目は、「雛の駅(旧烏山信用金庫)」です。平和記念公園から1分。元々は、烏山信用金庫氏家中央支店であったが、平成25年に閉店し、現在、雛の駅として使用されています。ここでは、氏家雛めぐりの展示場所の1つとなっている。building

20170303_totiotomehina

じゃん、「とちおとめ雛」です。人形師福田東久氏が栃木県産とちおとめをモチーフに1年がかりで「氏家雛めぐり」の為に製作されました。高さ1.8mもある巨大なとちおとめ雛だ。愛称は、左が「とちおくん」、右が「おとめちゃん」と対になっています。cherry

20170303_hinakazari

雛の駅では、ひな飾りも展示されています。libra

20170303_hinakazari_2

館内は、おみやげ品販売やお休み処があります。24hours

20170303_sarubobo

氏家雛めぐりでは、開運「七福さるぼぼ探し」が行われています。雛めぐりに参加しているお飾り処のうち7か所に幸運を呼ぶ七色の大きな「さるぼぼ」が展示しています。雛の駅には、緑色のさるぼぼがいたね。スタンプゲット!。bomb

ちなみに、「さるぼぼ」とは「猿の赤ちゃん」という意味で大変縁起物だそうです。pig

ちなみに、ここでの詳細レポは、「雛の駅(旧烏山信用金庫)に展示された、巨大なとちおとめ雛を見に行ってみた2017。」へどうぞ。paper

20170311_saidouji

コースポイントonezero箇所目は、「西導寺」です。雛の駅から1分。西導寺は建久2年(1191年)に氏家氏の始祖で勝山城を築いた宇都宮公頼が開いたとされる古寺。現在は浄土宗に属する。event

本堂は天明4年(1784年)に宮大工の永野万右衛門が手掛け建てられたもので桁行き8間、梁間7間、入母屋、銅瓦棒葺、唐破風の2間向拝が付いています。house

20170214_stamp

eプラザ壱番館に戻ってきた。ゴール受付はありません。motorsports

ポイントラリーで街めぐり。10ポイント毎に景品が貰えるのだが、今年はハードルが上がったな。いろいろ巡ったが、6ポイントしか集まらなかった。なので、景品ゲットできず。full

あわせて、開運七福さるぼぼ探しも行ったが、3つしかゲットできず。抽選でのプレゼントもゲットできず..。despair

20170311_keihin

ちなみに、氏家雛めぐりスタンプラリーで10点集めると、この景品が貰える。10種類の絵柄から1個貰えるようだ。present

20170311_ujiie_st_3

氏家駅に戻ってきました。ゴールです。氏家駅を出発して戻ってくるのに3時間5分かかりました。motorsports

帰りの電車に間に合うようにした為、終盤は大急ぎで歩きました。帰りも臨時列車に乗る為、氏家をゆっくりまわれなかったな。run

20170205_miokuri_1

もう既に、帰りの電車はホームにいました。subway

帰りのホームにも、氏家の皆さんたちが、見送りに来てくれています。motorsports

20170205_miokuri_2

楽しさいっぱい!。とちぎにまたきてね。paper

14時30分、海浜幕張へ向け、氏家駅2番線ホームを出発しました。rouge

今年も訪れた氏家の駅ハイ。武蔵野線沿線から直通して氏家へ行けるという事で来ています。もう少し、氏家発着の間が伸びれば、氏家滞在時間が伸びて、氏家うどんなどグルメも楽しめるのになぁ..。10km歩くだけで滞在終了は、ちょっともったいない。cancer

天気も良く、鬼怒川や那須連峰の山々の眺めがGoodな氏家駅ハイ参加でした。sun

という事で、駅からハイキング「氏家雛めぐり~早春の古雛・つるし飾りを巡る~」に参加してきたレポでした~。paper

ちなみに、訪問箇所詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、過去開催氏家の駅ハイ参加レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170311_route_map

JR東日本・駅からハイキング 「氏家雛めぐり~早春の古雛・つるし飾りを巡る~」 開催期間:2017年2月4日(土)~3月5日(日) 所要時間:約4時間(見学時間等を含む) 歩行距離:約10kminfo02

氏家駅→スタート:eプラザ壱番館→①ゆうゆうパーク→②浮島地蔵尊→③草川遊歩道→④今宮神社→⑤鐵竹堂(瀧澤家住宅)→⑥おみやげ館→⑦光明寺→⑧寛方・タゴール平和記念公園→⑨雛の駅(旧烏山信用金庫)→⑩西導寺→ゴール:eプラザ壱番館→氏家駅info02

|

« 氏家地区を不動明王が見守る、光明寺を訪れた2017。 | トップページ | 釜屋 力士蔵祭り2017に行ってきた。 »

コメント

那須連山の眺めが素晴しい!30年前にカミサンと那須縦走して三斗小屋温泉 煙草屋に泊まったことが懐かしいです。このあたりは歴史も深いですね~!雛も満載、春も近し!

投稿: ローリングウエスト | 2017年3月11日 (土曜日) 10時14分

ローリングウエストさん、こんばんわ。

栃木県中部にある奥州街道19番目の宿場町「氏家」。今では、雛の町としてPRしています。

今週末も、少しずつ暖かになりましたね。

投稿: さかきんぐ(管理人) | 2017年3月11日 (土曜日) 18時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102007/64994746

この記事へのトラックバック一覧です: 駅からハイキング「氏家雛めぐり~早春の古雛・つるし飾りを巡る~」に参加してきた(2017.02.04)。:

« 氏家地区を不動明王が見守る、光明寺を訪れた2017。 | トップページ | 釜屋 力士蔵祭り2017に行ってきた。 »