« 「白みりんと切り絵行灯の夕べ」、流山駅前通りのライトアップを見に行ってきた2017。 | トップページ | CoCo壱番屋グランド・マザー・カレーを食べて、オリジナルスプーンが当たった2017。 »

2017年2月27日 (月曜日)

第14回帝松酒蔵まつりに行ってきた2017。

年に1回の酒蔵開放。帝松、最大のイベントです。bell

20170227_kaijyou_2

さて、やってきたところは、埼玉県小川町にある松岡醸造です。ここで、2017年2月26日(日)、第14回帝松酒蔵まつりが開催されました。毎年6000人もの人々が集まる帝松最大イベントだ。毎年2月最終日曜に開催され、今回で14回目を数えます。carouselpony

20170227_kaijyou_1

それにしても、会場内は人で大混雑。普段は静かな小川町だが、この日は日本酒の熱気にあふれている。大きく成長したイベントになりました。快晴青空で祭り日和だ。sun

20170227_taruzake

まずは、樽酒を頂こう!。1杯100円と大サービスだ。ship

20170227_taruzake_2

地酒と共に、ハラス焼きと玉子焼き。これがまた、美味しい。delicious

20170227_ikageso

今回のベスト1品は、いかゲソ焼き。ウマイ!。chick

うなぎ飯、珍しくて購入した。riceball

20170227_siin_2

無料試飲コーナーにやってきた。長い行列待ちをして、味わう事ができます。大吟醸も飲めるとあって、試飲出来てありがたい。cat

20170227_hanbai

お気に入りのお酒は、販売購入できますよ。当日限定価格もあり、お買い得だ。dollar

20170227_kengaku_time

酒蔵に来たら、酒蔵見学もしたいですね。事前にチケット配布なのだが、速攻で無くなります。見学希望の場合は、開場する10時には順番チケットを入手しておきましょう。ticket

20170227_sugidama

蔵見学、参加してきました。杉玉ですね。newmoon

20170227_tank

貯蔵タンクです。1万リットルも入るよ。bag

20170227_siin_1

蔵見学参加特典、しぼりたての新酒を試飲できるよ。アルコール19度もあるという事で、結構きますよ。bottle

20170227_kikizake_info

こちらもお楽しみコーナーですね。きき酒大会が行われます。eye

20170227_kikizake_youshi

5種類のお酒を飲み当てする。pencil

20170227_kikizake_1

まずは、辛口・純米・社長の酒・生原酒純米吟醸・大吟醸を試飲し味を確認します。golf

20170227_kikizake_2

そして、A~Eと書かれたお酒を試飲し、それがどれかを当てます。5つ全て当てると、帝松のお酒がプレゼントされます。present

今年もTryしてみたが、当たらないねぇ...。難しいよ。weep

20170227_wadaiko

特設ステージでは、武蔵越生高校和太鼓部「青龍」の演舞が行われました。帝松のお祭りでは、定番だね。力強い太鼓の響きがいいんだな。それにしても、高校生、若いな...。school

20170227_toubu_toujyou_line

さて、会場へのアクセスです。最寄駅は、JR八高線・東武東上線小川町駅です。東武線の快速急行に乗って訪れました。train

20170227_bus_noriba

小川町駅前から、酒蔵まつり会場へのシャトルバス乗り場があります。flag

20170227_shuttle_bus

駅と会場間のシャトルバスは3台のピストン輸送を行うが、今年は、3台のうち2台は川越観光バスの車両を使用されました。定員アップし、多くの来場者を早く輸送できるようになりました。bus

20170227_tikasui

仕込み水として使用している地下130mから汲み上げたミネラルを多く含んだ良質な地下水です。自由に頂けますよ。aquarius

20170227_tanuki_fuufu

タヌキ夫婦も美味しそうにお酒味わっていますな。heart04

20170227_cyokotabi_saitama

昨年に引き続き、今年も開催だ。「第4回ちょこたび埼玉酒蔵めぐりin小川町」が、2017年4月8日(土)に開催。小川町には3つの酒蔵があり、ここ松岡醸造と晴雲酒造、武蔵鶴酒造が同時に開催。3つの酒蔵を無料シャトルバスで移動でき、はしご酒できるよ。ちなみに、前回参加時のレポは、「第3回ちょこたび埼玉酒蔵めぐりin小川町に行ってきた2016秋。」へどうぞ。bus

20170227_kanban

のんびりした、のどかな風景の中、美味しい地酒を作っているんですな。毎年訪れているが、今年も楽しみました。それにしても、来場者多いなぁ。gemini

という事で、第14回帝松酒蔵まつりに行ってきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170227_tirashi

DMで届いたチラシです。入場整理券と甘酒無料券付き。memo

「第14回帝松酒蔵まつり」 開催日:2017年2月26日(日) 開催時間:10時~15時 松岡醸造株式会社 埼玉県比企郡小川町下古寺7-2 TEL:0493-72-1234 入場無料 JR八高線・東武東上線小川町駅より随時無料シャトルバス運行info02

|

« 「白みりんと切り絵行灯の夕べ」、流山駅前通りのライトアップを見に行ってきた2017。 | トップページ | CoCo壱番屋グランド・マザー・カレーを食べて、オリジナルスプーンが当たった2017。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102007/64945073

この記事へのトラックバック一覧です: 第14回帝松酒蔵まつりに行ってきた2017。:

« 「白みりんと切り絵行灯の夕べ」、流山駅前通りのライトアップを見に行ってきた2017。 | トップページ | CoCo壱番屋グランド・マザー・カレーを食べて、オリジナルスプーンが当たった2017。 »