« 快速おさんぽ川越号に乗車してきた2017。 | トップページ | 小江戸オハナで、貴婦人の卵サンドと極上親子丼を味わう2017。 »

2017年2月 1日 (水曜日)

川越ベーカリー楽楽で、お味噌のパンを食べる2017。

小江戸川越・蔵のまちにある行列できるパン屋さん。bread

20170201_rakuraku_1

さて、やってきたところは、埼玉県川越市にある「川越ベーカリー楽楽」です。国産小麦・天然酵母・無添加で手作りのパンを提供するお店で、度々メディアに登場し行列できる人気店だ。川越を訪れたら、いつも立ち寄るパン屋さんです。chick

20160220_showcase_1

店内に入り、ショーケースの中には美味しそうなパンたちが勢揃い。今回は何を食べようかなぁ。(上の写真画像は昨年(2016年)撮影です)eye

20170201_reji

なんと、清算用の支払機が導入されていた。びっくり。coldsweats02

20170201_coffee

パン購入の客には、無料ドリンクサービスがあり。ホットコーヒーか麦茶が用意されています。cafe

20170201_rakuraku_2

お店の南側には、屋外ベンチが設置されています。ここで、購入したパンを食べよう。restaurant

20170201_pan_1

今回の購入したパンはこちら。プレミアム食パン、クリームパン、お味噌のパンです。食パンはお土産持ち帰り。riceball

20170201_pan_2

お店の定番、「お味噌のパン」です。国内特別栽培の大豆と玄米をつかった埼玉秩父産味噌を使っていて、懐かしく優しい甘さでほっこりと温かみのあるパンです。懐かしき、美味しさだ。delicious

「楽楽」は、2016年1月16日(土)放送、テレビ東京の出没!アド街ック天国「美味しい川越」で第16位にランクインされました。tv

20170201_bench

ベンチが多く設置されています。chair

20170201_kama

昔、釜として使用していたのかな?。impact

20170201_touri

楽楽を訪れた時、なんか景観が違うぞと思った。そう、楽楽の真向かい(写真左側)に建物が建てられているぞ。building

20170201_rakuraku_3

この建物は、「サンドイッチパーラー楽楽」です。ベーカリー楽楽の姉妹店でしょうか。2016年8月オープンのサンドイッチ屋さん。penguin

20170201_menu

こちらがメニュー。気になるねぇ。次回訪れた時は、このサンドイッチ屋さんを訪れてみよう。scissors

という事で、川越ベーカリー楽楽を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時記事は、以下のリンク先へどうぞ。paper

「川越ベーカリー 楽楽」(らくらく) 〒350-0062 埼玉県川越市元町2-10-13 TEL:049-257-7200 7時30分~17時 定休日:月曜+a(月曜祝日は営業) 東武バス札の辻バス停より徒歩約2分 西武新宿線本川越駅より徒歩約16分info02

|

« 快速おさんぽ川越号に乗車してきた2017。 | トップページ | 小江戸オハナで、貴婦人の卵サンドと極上親子丼を味わう2017。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102007/64833829

この記事へのトラックバック一覧です: 川越ベーカリー楽楽で、お味噌のパンを食べる2017。:

« 快速おさんぽ川越号に乗車してきた2017。 | トップページ | 小江戸オハナで、貴婦人の卵サンドと極上親子丼を味わう2017。 »