« 将軍家光が休憩地にしたと伝えられる、慈眼寺を訪れた2017。 | トップページ | 三郷市立彦成小学校講堂記念館を訪れた2017。 »

2017年1月15日 (日曜日)

阿弥陀如来像と地蔵菩薩像を安置する、玉蔵院を訪れた2017。

市の有形文化財に指定されている阿弥陀如来立像と地蔵菩薩立像は、平安時代末期の作と言われる。pen

20170115_gyokuzouin

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にある玉蔵院です。「ぎょくぞういん」と読む。玉蔵院は、山号を北野山玉蔵院と称し、真言宗豊山派に属する。江戸高田(現在の東京都湯島)の根生院の隠居寺として、慶長11年(1606)建立されたものといわれ、開祖は祐堅和尚である。fullmoon

20170115_hondou

本堂です。まずは、参拝。本堂の左手には、薬師堂があります。event

玉蔵院は、江戸時代には寺子屋として利用され、教育の中心となっていた。また、元禄時代(1688-1704)の書家であり大学者の細井広澤がたびたび訪ねてきており、その記念として六曲一双の屏風に書き残された書が寺宝として保存されている。school

明治6年には、浩養学校として初等教育にあてられた。gemini

浩養学校に使われた本堂は、その当時の建築材料や彫刻等を使用して改築され、現在は護摩堂として保存されている。impact

20170115_tree

玉蔵院のシンボルとなる大木。xmas

20170115_bunkazai_setsumei

本尊の阿弥陀如来は、平安末期の作で一木造の仏像である。この他、弘法大師作と伝えられる地蔵菩薩像と新羅伝来といわれる不動明王、さらに如意輪観音像が安置されている。ship

木造阿弥陀如来立像と木造地蔵菩薩立像は、三郷市指定有形文化財となっている。crown

20170115_tenjindou

天神堂です。cloud

20170115_stamp_okiba

玉蔵院は、三郷七福神めぐり・彦成めぐりで、弁財天を祀っています。七福神めぐりのスタンプは、本堂前に設置されています。r-mark

20170115_stamp

三郷七福神めぐりの色紙(スタンプ台紙)に押印。pass

20170115_benzaiten_1

玉蔵院の弁財天は、正面本堂から見て東南東、池の中島です。赤い旗が掲げられています。eye

20170115_benzaiten_2

門を開けて、中島に入る事ができます。door

20170112_shitifukujin

三郷七福神めぐりは、毎年1月1日元旦から1月7日七草の7日間、9時から16時まで行われています。台紙は各寺にて販売(500円)。memo

ちなみに、七福神めぐりのレポートは、「三郷七福神めぐり(彦成めぐり)をしてきた2017。」へどうぞ。paper

20170115_setsumei

という事で、阿弥陀如来像と地蔵菩薩像を安置する、玉蔵院を訪れたレポでした~。happy01

「玉蔵院」(ぎょくぞういん) 〒341-0051 埼玉県三郷市天神1-59 TEL:048-952-1427 JR武蔵野線新三郷駅から徒歩約39分 グローバル交通バス天神一丁目バス停から徒歩約1分info02

|

« 将軍家光が休憩地にしたと伝えられる、慈眼寺を訪れた2017。 | トップページ | 三郷市立彦成小学校講堂記念館を訪れた2017。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102007/64755791

この記事へのトラックバック一覧です: 阿弥陀如来像と地蔵菩薩像を安置する、玉蔵院を訪れた2017。:

« 将軍家光が休憩地にしたと伝えられる、慈眼寺を訪れた2017。 | トップページ | 三郷市立彦成小学校講堂記念館を訪れた2017。 »