« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月31日 (火曜日)

快速おさんぽ川越号に乗車してきた2017。

房総特急の車両ゆったり座席指定で、小江戸川越へGo!。bullettrain

20170131_osanpo_kawagoe_1

2017年1月28日(土)・29日(日)運転、快速おさんぽ川越号に乗ってきたよ。JR外房線茂原駅とJR川越線川越駅を結び、毎年季節ごとに臨時運転される。車両はE257系500番台NB-15編成。5両編成全車指定席だ。自由席は無し。train

20170131_kawagoe_st

JR外房線から京葉線・武蔵野線・川越線を経由し、川越駅へ直通する。乗り換え無しで行けるのが良いね。川越駅に特急型車両が停車するのも珍しい。ship

20170131_osanpo_kawagoe_2

ヘッドマークは、「臨時」表示でした。search

20170131_hassyahyou_1

川越駅の発車標。電光掲示板には、列車名が表示されているね。flair

「快速おさんぽ川越号 16:00」と表示。karaoke

20170131_hassyahyou_2

表示が切り替わり、「全車指定武蔵野線経由茂原」と表示。karaoke

20170131_jyousyaiti

駅ホームには、各号車の乗車位置があった。flag

20170131_yukisakihyou

行先表は「臨時」と表示。two

20170131_syanai

車内はどの車両も結構な乗車率だ。全車指定席なので、乗車券の他に指定席券が必要です。chair

20170131_onrei

川越駅6番線ホーム16時00分発、臨時快速おさんぽ川越号茂原行きに乗車します。bell

駅ホームには、駅員の方々が御礼幕を持ち、お見送りしてくれました。またのお越しをお待ちしております。denim

20170131_ticket

快速おさんぽ川越号の指定席券の料金は、乗車距離に係らず一律520円です。「えきねっと」座席ピンポイント指定で購入しておいた。ticket

茂原方向が5号車、川越方向が1号車で、5両全て指定席車両です。pocketbell

20170131_arakawa

JR川越線、南古谷~指扇間、荒川を渡る。mist

20170131_coedo_beer

車内では、川越の地ビール、コエドビールを味わおう。beer

20170131_hassyahyou_3

17時16分、JR武蔵野線東松戸駅に到着。ここで、下車しました。楽々快適だったね。japanesetea

20170131_osanpo_kawagoe_3

今年も快速おさんぽ川越号乗車満喫しました。2013年から5年連続で乗車しています。motorsports

20170129_burari_kawagoe_3

ちなみに、川越までの往路は、快速ぶらり川越号でやってきた。車両は、白いタキシードボディの651系7両編成でした。この車両には、グリーン車も付いているよ。その乗車レポは、「快速ぶらり川越号に乗車してきた2017。」へどうぞ。paper

20170129_kuranomati

小江戸川越、ぶらり観光してきたよ。蔵のまちを、おさんぽ川越です。青空快晴の暖かさ。観光日和でした。sun

次回の快速おさんぽ川越号運転日は、ゴールデンウィーク、2017年4月29日(土)・30日(日)です。車両は同じE257系5両全車指定席。clock

という事で、快速おさんぽ川越号に乗車してきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去乗車時のレポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170131_panf

パンフレットでの案内です。memo

20170131_poster

clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover clover

『運転情報』 2017年冬

【列車名】  快速 おさんぽ川越

【運転区間】 茂原 ~ 川越

【運転日】  2017年1月28日(土)・29日(日)

【使用車両】 E257系500番台 (NB-15編成)

【車両情報】 5両編成・全車普通車指定席

【往路】 (9220M-9221M) 茂原08:20-大網08:30-土気08:34-鎌取08:41-蘇我08:46-稲毛海岸08:55-海浜幕張09:00-南船橋09:05-西船橋09:13-東松戸09:21-新八柱09:25-新松戸09:29-南流山09:32-南越谷09:46-東川口09:50-南浦和09:58-大宮10:09-10:29川越

【復路】 (9224M-9225M) 川越16:00-大宮16:22-南浦和16:38-東川口16:45-南越谷16:50-南流山17:04-新松戸17:08-新八柱17:13-東松戸17:17-西船橋17:29-南船橋17:37-海浜幕張17:44-稲毛海岸17:48-蘇我17:59-鎌取18:05-土気18:13-大網18:17-18:27茂原

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月30日 (月曜日)

ニッポン全国鍋グランプリ2017に行ってきた。

日本全国の鍋料理が和光市に集結。ご当地鍋日本一決定戦だ。bottle

20170130_stage

さて、やってきたところは、埼玉県和光市にある和光市役所特設会場です。ここで、2017年1月28日(土)・29日(日)、「ニッポン全国鍋グランプリ2017」が開催されました。ご当地鍋日本一決定戦!。全国の鍋自慢60チームが和光に大集合。event

20170130_kaijyou_2

会場内、いろんな鍋料理が出店されています。さぁて、どれを食べていこうかな..。snail

20170130_kuramcyaudar

1品目 「戦慄の酒粕チャウダー」(福島県矢吹町)

2017.1月某日!今年は手作りベーコンと大豆も入った戦慄の旨さ!酒粕チャウダー!。spade

酒粕・しいたけ・ジャガイモ・コマツナ・トマト・鶏肉・牛乳といろんな食材が入った。農家の人たちが作る鍋で、人を楽しませるコスチュームでお出迎えでしたな。sports

20170130_tonjiru

2品目 「もちぶた炙りチャーシューバージョンとん汁」(千葉県八千代市)

源右衛門鍋で作ったとん汁に大きなチャーシューをのせた心まで温まる鍋です。pig

毎回人気の高い1品。具たくさんの豚汁の上に、ぶ厚く、どでかいチャーシューが覆いかぶさるようにトッピングされている。食べ応えありだ。riceball

20170130_negiyakinabe

3品目 「鉄板ネギ焼鍋」(埼玉県鴻巣市)

ネギを鉄板で焼き目を入れ、焼きたてネギを鍋に入れ提供。taurus

深谷ねぎをはじめ、もやしなとがたっぷり入った落ち着いた味わい。葱の甘さがたまらない。yacht

20170130_curry_soup_nabe

4品目 「野菜たっぷり牛たんスープカレー鍋」(宮城県村田町)

仙台名物の牛たんを、地元野菜と一緒に煮込んでスープカレーに仕上げました。taurus

牛たんがたっぷり入って仙台感たっぷり。カレースープで体温かくなる。japanesetea

20170130_kaijyou

15時で販売が終了しました。その後、15時08分頃から表彰式が始まりました。flag

20170130_gingami

優勝グルメが発表された瞬間、銀紙が発射された。ribbon

20170130_yuusyou

ニッポン鍋グランプリ2017、栄えある金の鍋賞グランプリは、千葉県八千代市の「もちぶた炙りチャーシューバージョンとん汁」でした。おめでとう~。そして、このメニューは殿堂入りが発表されました。crown

各賞や順位発表は以下の通り。memo

順位 参戦鍋名 チーム名 参戦地域
第1位
金の鍋賞
もちぶた炙りチャーシューバージョンとん汁 街づくり市民の会 千葉県八千代市
第2位
銀の鍋賞
牛すじシチュー カフェラベル/カウカウハウス 埼玉県和光市
第3位
銅の鍋賞
家康鷹狩り鍋 東金黒豆みそ鍋の会 千葉県東金市
第4位 海のフォアグラあんこう肝鍋 マルショウ食品 宮城県加美町
第5位 深谷ねぎと国産牛のすきしゃぶ鍋 チーム錦ヶ原 埼玉県さいたま市
第6位 牛すじぷるぷるこんにゃく鍋 群馬県 昭和村商工会 群馬県昭和村
第7位 つがるにんにく塩こうじ鍋 つがる市商工会特産品委員会 青森県つがる市
第8位 武州深谷煮ぼうとう 武州煮ぼうとう研究会 埼玉県深谷市
第9位 日本海濃厚カニみそ鍋 新潟鍋隊 新潟県新潟市
第10位 山形和牛ホルモン鍋 山形 故郷愛好会 山形県山形市

spade spade spade spade spade spade spade spade spade spade

審査員特別賞
鳥海なめこのキノコ汁(秋田かやき) 秋田かやき協議会 秋田県秋田市
戦慄の酒粕チャウダー 矢吹ぐるぐるnowker's 福島県矢吹町
地域活動賞
いわいずみ炭鉱ホルモン鍋 いわいずみ炭鉱ホルモン鍋発掘隊 岩手県岩泉町
和光市長賞
親子カレー(チキン爆弾入り)鍋 白子睦会 埼玉県和光市
キリン一番搾り賞
いわいずみ炭鉱ホルモン鍋 いわいずみ炭鉱ホルモン鍋発掘隊 岩手県岩泉町
ヤマキ賞
日本海 真鯛味噌鍋 とりい 新潟県三条市

spade spade spade spade spade spade spade spade spade spade

来場者数は過去最高の2日間で約14万7千人との事。週末は天気も良くて、グルメイベント日和だったと思います。

という事で、ニッポン全国鍋グランプリ2017に行ってきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170130_poster

告知ポスターです。memo

「ニッポン全国鍋グランプリ2017」 開催日:2017年1月28日(土)・29日(日) 開催時間:10時~15時 会場:埼玉県和光市役所「特設会場」 東武東上線・東京メトロ有楽町線・副都心線和光市駅南口下車徒歩約15分 東武バス和光市役所入口バス停下車徒歩約2分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月29日 (日曜日)

快速ぶらり川越号に乗車してきた2017。

冬もぶらぶら川越さんぽを楽しもう♪。bicycle

20170129_burari_kawagoe_1

川越へ直通する臨時電車を乗って来たよ。2017年1月28日(土)・29日(日)運転、快速ぶらり川越号です。白いタキシードボディ、651系7両編成の車両が使用されました。K105編成。bullettrain

20170129_burari_kawagoe_2

快速ぶらり川越号は、JR常磐線日立駅とJR川越線川越駅を結び、途中JR武蔵野線を走行する。武蔵野線ユーザーにとっては、乗り換えなしで小江戸川越へ直通するのは、楽々便利だ。しかも、特急型車両なので快適移動である。最近は、季節ごとに運行されるようになり、川越アクセスの定番になってきた。chair

武蔵野線内の遅延の影響で、数分遅れで南流山駅に到着。では、早速、乗り込みましょう。chick

20170129_syanai

4号車グリーン車車内。2+1の3列シートです。chair

20170129_sheet

グリーン席のシートはゆったりいい感じ。chair

20150202_burari_kawagoe_hensei

快速ぶらり川越号は7両編成。先頭車両は1号車(川越・大宮方面)、後方車両は7号車(勝田・日立方面)です。全車指定席で、4号車はグリーン指定席となっています。自由席はありません。music

川越方向、左側はA席、右側はD席です。chair

20170129_kippu

ぶらり川越号はグリーン車があるので、グリーン指定席券を購入しました。南流山~川越間のグリーン券は770円です。ticket

快速の指定席料金は、乗車距離に関係なく520円です。4号車のグリーン席を利用する場合は、快速のグリーン券が必要です。こちらは、乗車距離に対して料金が変わります。快速ぶらり川越号は全車指定席なので、指定席券かグリーン席券どちらかが必要です。ticket

【快速ぶらり川越号 指定席・グリーン席料金 川越発着】
川越まで 大宮~南流山から 柏~土浦から 石岡~水戸から 勝田~日立から
指定席券料金 520円
グリーン券料金 770円 980円 1670円 1950円

南流山~川越間は49.1kmなので、指定席だと520円、グリーン席だと770円となる。差額はわずか250円なので、グリーン席でゆったり乗車もいいかもね。crown

20170129_arakawa

JR川越線、指扇~南古谷間の荒川を渡る。mist

20170129_youkoso_1

終点川越駅6番線ホームに到着しました。ホーム上には、駅長・駅員を始め、さいたま観光大使・さいたま小町が、歓迎お出迎えありました。bell

20170129_burari_kawagoe_4

川越駅ホームに停車中の651系。このあと、回送されました。flag

20170129_burari_kawagoe_3

元は、特急スーパーひたち号で活躍した651系、現在は臨時列車として活躍しています。good

20170129_youkoso_2

川越駅コンコースでは、冬のぶらぶら歩き「川越・さいたま」キャンペーンが実施中。ゆるきゃらも登場して記念撮影だ。camera

川越市のマスコットキャラクター「ときも」やさいたま市のPRキャラクター「つなが竜ヌゥ」がお出迎えだ。「浦和うなこちゃん」もね。cat

20170129_kuranomati

さぁ、この後は、小江戸川越、ぶらり観光だ。蔵のまちを、おさんぽ川越です。青空快晴の暖かさ。観光日和でした。sun

20170131_osanpo_kawagoe_1

ちなみに、帰り復路は、E257系を使用した快速おさんぽ川越号を利用しました。こちらも、川越からJR武蔵野線方面へ直通するので便利な列車だ。その乗車レポは、「快速おさんぽ川越号に乗車してきた2017。」へどうぞ。paper

次回の快速ぶらり川越号の運転日は、ゴールデンウィーク、2017年5月5日(祝金)・6日(土)の運転です。clock

という事で、快速ぶらり川越号を乗車したレポでした~。happy01

ちなみに、過去乗車レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170129_unkou

パンフレットでの案内。memo

20170129_poster

『運転情報』 2017年冬

【列車名】  快速 ぶらり川越

【運転区間】 日立 ~ 川越

【運転日】  2017年1月28日(土)~29日(日)

【使用車両】 651系 (K105編成)

【車両情報】 7両編成  グリーン車指定席(1両)+普通車全車指定席(6両)

【往路】 (9426M-9527M) 日立06:47-常陸多賀06:52-大甕06:57-東海07:02-勝田07:10-水戸07:17-赤塚07:23-友部07:31-石岡07:43-土浦08:02-牛久08:13-佐貫08:18-取手08:26-柏08:37-南流山08:51-南越谷09:06-大宮09:29-川越09:49

【復路】 (9526M-9427M) 川越15:20-大宮15:48-南越谷16:12-南流山16:27-柏16:35-取手16:45-佐貫16:51-牛久16:56-土浦17:15-石岡17:25-友部17:36-赤塚17:45-水戸17:51-勝田17:58-東海18:04-大甕18:10-常陸多賀18:14-日立18:20

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月28日 (土曜日)

三郷七福神めぐり(彦成めぐり)をしてきた2017。

今年も地元三郷市の七福神巡りしてきたよ。bicycle

20170112_shitifukujin

さて、平成29年(2017年)年始、三郷七福神めぐりをしてきました。地元・埼玉県三郷市には、七福神めぐりが3コースもある。昨年は「早稲田めぐり」をしたので、今年は「彦成めぐり」を巡ってきたよ。そのレポートです。penguin

七福神巡りは室町時代に京都で始められました。七難即滅七福即生の福徳の守護神は、インドの三天、中国の三神、日本の恵比寿様で、仏教がインド→中国→我が国へと渡来した道を象徴しています。carouselpony

20170128_map

三郷七福神巡りは町の繁栄と家運の隆盛、心身の健康、文化財との繋がりを願って、三郷市内24ヶ寺参加の3コースで生まれました。毎年1月1日元旦から1月7日七草の7日間、9時から16時まで行われています。watch

『三郷七福神めぐり』 (3コース・全24ヶ寺)

  • 「八木郷・戸ヶ崎めぐり」 (全7ヶ寺)
  • 「彦成めぐり」 (全11ヶ寺)
  • 「早稲田めぐり」 (全6ヶ寺)

今回は、「彦成めぐり」のコースで七福神めぐりです。このコースは、11か所の寺院をめぐる。大黒天は2か所、弁財天はなんと4か所もあるのだ。中川沿い付近に続けて点在するので、巡りやすいです。fish

冬空で寒いが、青空の快晴。七福神めぐり日和ですな。では、巡っていきましょう。scissors

①【安養院】(あんよういん) 弁財天 三郷市彦糸1-10

20170112_hondou

安養院は、山号を甘露山安養院と称し、円明院(三郷市彦成)の末寺として、慶長15年(1610)阿闍梨頼珍によって開山され、明和9年(1772)法印観道によって中興された。現在は、宗教法人真言宗の寺である。本尊は「古利根阿弥陀如来」。event

安養院の場所は、三郷市と吉川市の市境、メートー観光バス彦糸一丁目北バス停付近です。pc

20170112_ooicyou

安養院と言えば、大銀杏でしょう。境内には、樹高28m、根回り約6.5m、幹周約4.6m、樹齢約600年といわれるイチョウの大木がある。この樹の実は厄除けの実として、正月元旦から三が日の間に、近郷近在の老若男女が境内に集まり、家族の数だけ持ち帰り、これを食べてその年の無事を祈願したといわれている。gemini

20170112_yakuyoke

本堂参拝時に、住職さんから厄除銀杏を頂きました。present

七福神めぐり、スタート1カ所目の寺院です。安養院にて、三郷七福神めぐりのスタンプ押す為の台紙を購入しました。500円。memo

で、安養院の七福神・弁財天は、安養院の境内にはありません。安養院から南へ275m程離れた彦糸公園にあります。aquarius

「安養院の弁財天」@彦糸公園 (三郷市彦糸1)

20170111_benzaiten_2

安養院から弁財天を祀る彦糸公園までは徒歩約3分。shoe

安養院の南東方向に、弁財天を祀る彦糸公園があります。(上図の地図で参照の事)。七福神めぐりで初めて安養院を訪れる時は、予め場所を確認しておきましょう。eye

20170128_tatekanban

七福神めぐり開催期間中は、各所に「安養院別当弁財天」と書かれた赤い立て看板が設置されているので、それを目印に進んでいくと彦糸公園に着きます。karaoke

20170112_benten

こちらが、安養院の弁財天様。手前に七福神めぐりのスタンプが置かれています。pass

20170112_stamp

三郷七福神めぐりの色紙(スタンプ台紙)に押印。secret

ちなみに、当寺院の詳細レポは、「樹齢600年の厄除大銀杏がある、安養院を訪れた2017。」へどうぞ。彦糸公園での詳細レポは、「遊具と小さな池がある、彦糸公園を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170128_hikone_katori_jinjya

七福神めぐり、移動途中にある寺社もちょいと立ち寄ってみよう。こちらは、彦音香取神社です。sprinkle

20170111_hikonari_inari_jinjya

こちらは、彦成香取神社です。1月11日、御鎮座400年を記念して、奉納神楽「蘭陵王」が行われたようだ。leo

ちなみに、ここでの詳細レポは、「旧彦成村の鎮守、彦成香取神社を立ち寄った2017。」へどうぞ。paper

②【圓明院】(えんみょういん) 弁財天 三郷市彦成1-179-1

20170113_hondou

圓明院は、山号を長江山聖伝寺円明院と称し、下総国葛飾郡鰭ヶ崎村(現千葉県流山市鰭ヶ崎)東福寺の末寺として、永正年間(1504~1521)祐円によって開山された。真言宗豊山派。moneybag

圓明院の場所は、メートー観光バス円明院入口バス停の近くです。bus

20170113_benzaiten

圓明院は、弁財天を祀る。山門手前にある池の中心に祀られる。virgo

20170113_stamp

三郷七福神めぐりのスタンプは、本堂前に設置されています。secret

ちなみに、当寺院の詳細レポは、「木造不動明王立像がある、圓明院を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170128_hikonasekiato

ここは、史跡「彦名関跡」。中川を利用する船から通行料を徴収し、通行量は香取神宮(千葉県香取市)の運営費用にあてられました。ここ彦名地区は、室町時代において交通・流通拠点として賑わったことと言われます。door

③【慈眼寺】(じげんじ) 大黒天 三郷市彦川戸1-138

20170114_hondou

慈眼寺は、曹洞宗のお寺で、山号は普門山。三代将軍徳川家光が、当時狩場の休憩地にしたと伝えられている。下総国中金杉村の領主、高城下野守一族の菩提寺であった。airplane

慈眼寺の場所は、グローバル交通バス彦川戸一丁目東バス停から徒歩約1分(約120m)のところにあり。bus

20170114_daikokuten

慈眼寺は、大黒天を祀る。dollar

本堂前に大黒天を含め、ずらり七福神が勢揃いなのだ。gemini

20170114_stamp

三郷七福神めぐりの色紙(スタンプ台紙)に押印。secret

スタンプは、本堂右手、事務所内にあります。house

ちなみに、当寺院の詳細レポは、「将軍家光が休憩地にしたと伝えられる、慈眼寺を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170128_kousaten_1

高架である外環道・国道298号線をくぐる。(天神一丁目交差点) car

20170128_road_1

せっかくなので、中川にかかる橋「潮郷橋」に来てみた。三郷市と八潮市の市境は、中川で区切られる。歩道・自転車道に、国道298号線・外環自動車道と幅広の大きい橋だ。mist

20170128_shiogoubashi

潮郷橋から中川下流側の眺め。fish

④【玉蔵院】(ぎょくぞういん) 弁財天 三郷市天神1-59

20170115_hondou

玉蔵院は、山号を北野山玉蔵院と称し、真言宗豊山派に属する。江戸高田(現在の東京都湯島)の根生院の隠居寺として、慶長11年(1606)建立されたものといわれ、開祖は祐堅和尚である。event

玉蔵院の場所は、グローバル交通バス天神一丁目バス停の近くです。bus

20170115_benzaiten_1

玉蔵院は弁財天を祀る。正面本堂から見て東南東、池の中島にあります。門を開けて、中島に入る事ができます。eye

20170115_stamp

三郷七福神めぐりの色紙(スタンプ台紙)に押印。pass

スタンプは、本堂前に設置されています。wheelchair

ちなみに、当寺院の詳細レポは、「阿弥陀如来像と地蔵菩薩像を安置する、玉蔵院を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170128_hikono_nyotai_jinjya

こちらは、彦野女體神社です。virgo

20170128_mitsuzouin

こちらは、蜜蔵院です。壽量山大聖寺と号す。真言宗豊山派。fastfood

20170128_hikono_haisuikijyou

こちらは、彦野排水機場。中川へ排水します。aquarius

20170116_koudou_kinenkan

こちらは、三郷市立彦成小学校講堂記念館です。木造平屋建て講堂の天井には、蝶や花の透かし彫りがほどこされた大正建築物です。入館無料だったので、ちょいと入ってみた。school

20170116_kannai

以前は郷土資料館として利用されていたので、いろいろと展示物があります。key

ちなみに、ここでの詳細レポは、「三郷市立彦成小学校講堂記念館を訪れた2017。」へどうぞ。paper

⑤【延命院】(えんめいいん) 寿老人 三郷市彦倉1-83-1

20170117_sandou

延命院は、明星山如意寺延命院と号し、真言宗豊山派の寺で、元亀年間(1570-1573)に俊秀和尚が開山したと伝えられている。本尊は不動明王。shadow

延命院の場所は、彦成小学校の南側、グローバル交通バス彦倉一丁目バス停近くです。bus

20170117_unagi_kuyoutou

池の前には、うなぎ供養塔があります。平成17年(2005)5月建立。直径50cmの球体は宇宙を表し、内部には成魚と子うなぎの像が2匹づつ彫ってある。fish

虚空蔵菩薩とうなぎは深い関わりがあります。book

20170117_jyuroujin

延命院は寿老人を祀る。虚空蔵堂の左手前に祀っています。leo

20170117_stamp

三郷七福神めぐりの色紙(スタンプ台紙)に押印。pass

スタンプは、虚空蔵堂前に設置されている。bar

ちなみに、当寺院の詳細レポは、「うなぎのお寺、彦倉虚空蔵尊・延命院を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170128_jinjya_1

こちらは、子之神社です。tulip

20170118_kamiguti_katori_jinjya_1

こちらは、上口香取神社です。香取神宮を勧請、上口村の鎮守社である。創建は不明。祭神は経津主之命。昔ながらの祭礼、「二郷半囃子・里神楽」が行われる神社です。市指定無形民俗文化財となっている。carouselpony

ちなみに、ここでの詳細レポは、「「二郷半囃子・里神楽」のお祭りが伝承される、上口香取神社を訪れた2017。」へどうぞ。paper

⑥【東光院】(とうこういん) 毘沙門天 三郷市上口1-108-2

20170119_hondou

東光院は、荒神山薬師寺と号す。創建は不明で、真言宗豊山派の寺院である。近くにある上口香取神社の別当を勤めていたといいます。house

本尊不動は立像にて弘法大師の作と言われ、また、荒神を客殿に安置する。shadow

東光院の場所は、彦成郵便局前から約150m程。上口香取神社の南東側に位置する。bus

20170119_bisyamonten

東光院は、毘沙門天を祀る。七福神めぐりのスタンプは、本堂前に設置されています。copyright

20170119_stamp

三郷七福神めぐりの色紙(スタンプ台紙)に押印。pass

ちなみに、当寺院の詳細レポは、「十三仏青石塔婆がある、東光院を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170128_kura

彦成通りには、こういう石蔵が残されている。市内に残る貴重な建造物だね。house

⑦【善照寺】(ぜんしょうじ) 布袋尊 三郷市上口1-37

20170120_zensyouji

善照寺は、神霊山と号し、真言宗豊山派の寺院。house

善照寺の場所は、上口公園の北東に位置します。upwardright

20170120_hoteison

善照寺は、布袋尊を祀る。本堂手前にあり、七福神めぐりのスタンプは、布袋尊の左手に設置されています。clip

20170120_stamp

三郷七福神めぐりの色紙(スタンプ台紙)に押印。pass

ちなみに、当寺院の詳細レポは、「布袋尊を祀る、善照寺を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170128_cafe_time

住宅が立ち並ぶ彦成通りに、お洒落な感じの喫茶店を発見。「CAFE TIME」(カフェタイム)だそうだ。ケーキなど、美味しいようで..。delicious

⑧【迎攝院】(こうしょういん) 弁財天 三郷市番匠免1-127-1

20170121_hondou

迎摂院は、真言宗豊山派に属し、山号を彦峯山観音寺といい、本尊は不動明王である。shadow

慶長年間(1596~1615)に祐慶法印によって、浄土宗の寺として開山されたという。その後、正徳年間(1711~1716)に祐貞によって中興されたといい、このとき現在の真言宗豊山派に改宗したという。cute

迎攝院の場所は、グローバル交通バス番匠免一丁目北バス停から徒歩約1分(100m)に位置する。bus

20170121_kannondou

この寺の観音堂は室町時代の創建と推定され、三郷市最古の建造物といわれる。観音堂は高さ約10m、間口6.5m、奥行7.5mで、用材はマツ、ケヤキ、ヒノキ、スギ等で、すべてこの土地に育った樹木であるという。堂内の肘木は、法隆寺金堂と同じ様式であるという。event

20170121_bentendou

迎攝院は、弁財天を祀る。山門を入り右手にある。virgo

20170121_stamp

三郷七福神めぐりの色紙(スタンプ台紙)に押印。pass

七福神めぐりのスタンプ設置場所は、山門を入り左手にテーブルが設置されていました。carouselpony

ちなみに、当寺院の詳細レポは、「室町時代に建てられたといわれる観音堂がある、迎攝院を訪れた2017。」へどうぞ。paper

⑨【円能寺】(えんのうじ) 福禄寿 三郷市彦沢1-71-1

20170122_hondou

円能寺は、真言宗豊山派に属するお寺で、悲願山正連院円能寺と称している。本尊は不動明王である。house

ここのお堂は、明治6年に初めて学校制度が設けられたときに、培植学校という名称で、初代校舎として使用された。当時の生徒数は男子96、女子16人、教師は3人であった。school

円能寺の場所は、グローバル交通バス彦沢一丁目北バス停から徒歩約1分(100m)に位置する。bus

20170122_stamp

円能寺は、福禄寿を祀る。三郷七福神めぐりの色紙(スタンプ台紙)に押印。スタンプは、本堂前に設置しています。rouge

ちなみに、当寺院の詳細レポは、「「人助けの松」が言い伝えられる、円能寺を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170128_hikosawa_katori_jinjya

こちらは、彦沢香取神社です。club

20170128_mitsujyouin

こちらは、蜜乗院です。diamond

20170125_patisserie_hayano

洋菓子屋さん、「パティスリーハヤノ1no1店」に立ち寄った。甘いもの休憩だ。cake

20170125_shu_cream

個人的にこのお店の1番好きなスイーツはコレ。シュークリームです。カリッとしたシュー生地の中には、カスタードクリームがぎっしり詰まっているのだ。食べごたえ、あるぞ!!。happy02

20170125_nakagawa

中川沿い土手でスイーツ休憩です。japanesetea

ちなみに、このお店の詳細レポは、「パティスリーハヤノ1no1店、クリームたっぷりのシュークリームを味わう2017。」へどうぞ。paper

⑩【西善院】(さいぜんいん) 大黒天 三郷市花和田189

20170126_hondou

西善院は、真言宗豊山派に属するお寺で、華隆山大聖寺と号す。慶長年間、村民名倉五郎左衛門の開基。開山は法印祐壽による。昭和38年に現在の本堂が建築された。event

20170126_daikokuten_3

西善院は大黒天を祀る。大黒堂は山門を入り右手にあります。shadow

20170126_stamp

三郷七福神めぐりの色紙(スタンプ台紙)に押印。スタンプは、本堂前に設置しています。pass

ちなみに、当寺院の詳細レポは、「阿弥陀如来像を祀る、西善院を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170128_yaguti_inari_jinjya

こちらは、谷口稲荷神社です。cat

⑪【成就院】(じょうじゅいん) 恵比寿 三郷市谷口1251-1

20170127_hondou

成就院は、神谷山谷口不動尊成就院と号し、本尊は不動明王である。真言宗醍醐派の寺院。明治初年第一世神谷秀観翁の修験道帰入に始まり、以来、不動尊祈祷の霊場として、現在に至る。shadow

20170127_ebisusama

成就院は、恵比寿を祀る。本堂右手に祀っていました。fish

20170127_stamp

三郷七福神めぐりの色紙(スタンプ台紙)に押印。スタンプは、本堂前に恵比寿様前に設置しています。pass

ちなみに、当寺院の詳細レポは、「不動尊祈祷の霊場、谷口不動尊・成就院を訪れた2017。」へどうぞ。paper

これで、三郷七福神めぐり・彦成めぐり、全11ヶ寺を巡りました。motorsports

20170128_jyunnro

三郷七福神彦成めぐりは、行程約7.1km。中川沿い・彦成通り沿いに順に位置するので、巡りやすいと思う。正月、お酒にお節なので、年初めの身体を動かすには、ちょうど良いかもね。coldsweats01

七福神めぐりで、2017年も良い年でありますように。頑張りましょう!。sagittarius

昨年(2016年)は「早稲田めぐり」をしました。そのレポは、「三郷七福神めぐり(早稲田めぐり)をしてきた2016。」へどうぞ。今年(2017年)は「彦成めぐり」。なので、来年(2018年)は「八木郷・戸ヶ崎めぐり」だな。good

という事で、2017年新春、三郷七福神めぐり・彦成めぐりをしてきたレポでした~。happy01

ちなみに、三郷七福神めぐり(彦成めぐり)、各寺院等訪問詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月27日 (金曜日)

不動尊祈祷の霊場、谷口不動尊・成就院を訪れた2017。

護摩祈祷を行う、お不動様。impact

20170127_yaguchi_fudouson

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にある谷口不動尊成就院です。真言宗醍醐派の寺院。明治初年第一世神谷秀観翁の修験道帰入に始まり、以来、不動尊祈祷の霊場として、現在に至る。door

20170127_syourou

「袴」付きの鐘楼堂です。bell

20170127_hondou

成就院は、神谷山谷口不動尊成就院と号し、本尊は不動明王である。shadow

20170127_cyoukoku

本堂建物に施された彫刻。art

20170127_itahi

境内には、秀観翁をたたえる、勝海舟の碑文が建立されている。これらの板碑の事かな?(不明)memo

境内にあるイチョウの木は市内最大級の大きさらしい。雄なので銀杏は落ちません。maple

20170127_ebisusama

成就院は、三郷七福神めぐり・彦成めぐりで、恵比寿を祀る。fish

20170127_stamp

三郷七福神めぐりの色紙(スタンプ台紙)に押印。スタンプは、本堂前に恵比寿様前に設置しています。pass

20170112_shitifukujin

三郷七福神めぐりは、毎年1月1日元旦から1月7日七草の7日間、9時から16時まで行われています。台紙は各寺にて販売(500円)。memo

ちなみに、七福神めぐりのレポートは、「三郷七福神めぐり(彦成めぐり)をしてきた2017。」へどうぞ。paper

という事で、谷口不動尊・成就院を訪れたレポでした~。happy01

「谷口不動尊・成就院」(やぐちふどうそん・じょうじゅいん) 〒341-0042 埼玉県三郷市谷口1251-1 つくばエクスプレス三郷中央駅から徒歩約15分 グローバル交通バス谷口不動尊バス停下車すぐinfo02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月26日 (木曜日)

阿弥陀如来像を祀る、西善院を訪れた2017。

市指定有形文化財「阿弥陀如来像」を祀る寺院。confident

20170126_saizenji

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にある西善院です。「さいぜんいん」と読む。西善院は、真言宗豊山派に属するお寺で、華隆山大聖寺と号す。leo

20170126_hondou

慶長年間、村民名倉五郎左衛門の開基。開山は法印祐壽による。昭和38年に現在の本堂が建築された。house

20170126_amidanyoraizou

阿弥陀如来立像は、像高90cm、かや材寄木造、制作年代は鎌倉時代で西善院の本尊として伝わるものです。像の特徴は、彫眼であることで、藤原朝時代の伝統的な様式で制作されています。西善院木造阿弥陀如来立像は、三郷市指定有形文化財となっている。shadow

20170126_yasumidokoro

お寺に参拝したあとは、休憩所で一服。japanesetea

20170126_okashi

茶菓子も用意されていたよ。japanesetea

20170126_mini_shitifukujin

ミニ七福神が売っていました。おぉ、かわいらしい。chick

20170126_daikokuten_1

西善院は、三郷七福神めぐり・彦成めぐりで、大黒天を祀る。event

20170126_daikokuten_2

大黒天は印度の神様で有福を示し、有徳、財宝、闘戦の神様で、二俵の米俵に立ち糧食を司る神様です。dollar

20170126_daikokuten_3

大黒堂は、山門を入り右手にあります。shadow

20170126_stamp

三郷七福神めぐりの色紙(スタンプ台紙)に押印。スタンプは、本堂前に設置しています。pass

20170112_shitifukujin

三郷七福神めぐりは、毎年1月1日元旦から1月7日七草の7日間、9時から16時まで行われています。台紙は各寺にて販売(500円)。memo

ちなみに、七福神めぐりのレポートは、「三郷七福神めぐり(彦成めぐり)をしてきた2017。」へどうぞ。paper

という事で、大黒天を祀る、西善院を訪れたレポでした~。happy01

「西善院」(さいぜんいん) 〒341-0041 埼玉県三郷市花和田189 TEL:048-953-2938 つくばエクスプレス三郷中央駅から徒歩約25分 グローバル交通バス花和田バス停から徒歩約1分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月25日 (水曜日)

パティスリーハヤノ1no1店、クリームたっぷりのシュークリームを味わう2017。

このお店では、シュークリームと窯焼きチーズがおすすめ。scissors

20170125_patisserie_hayano

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にある「パティスリーハヤノ1no1店」です。「1no1」は「いちのいち」と読む。県道67号葛飾吉川松伏線沿いにある洋菓子屋さんです。cake

吉川市にあるきよみ野店には何度か訪れているのだが、三郷市にある1no1店は初めての訪問。三郷市のグルメイベントにも結構出店されているので、馴染みはあるね。wink

20170125_stamp_card

店内に入り、ちょいといろいろスイーツ購入してみました。そうしたら、スタンプカードが貰えたぞ。500円購入毎にスタンプ1個押印され、スタンプ20個貯まると500円分の買物券として利用できます。ticket

20170125_sweets

購入したスイーツオープン♪。毎度定番のチョイスです。シュークリームにプリンににおどりドーナツだ!。cake

20170125_shu_cream

個人的にこのお店の1番好きなスイーツはコレ。シュークリームです。カリッとしたシュー生地の中には、カスタードクリームがぎっしり詰まっているのだ。食べごたえ、あるぞ!!。happy02

20170125_cheese_cake

こちらは、窯焼きチーズ。当店人気No.1ふわとろチーズスフレだ。あわせて、とろけるチョコも購入。どちらも、濃厚な味わいが良い。chick

20170125_nakagawa

お店は、中川沿いにあります。暖かであれば、購入したスイーツを土手上で食べるのもいいね。ジョギングやサイクリングの立ち寄りスポットで利用できそうだ。run

20170125_shop

中川土手上から、お店を眺める。お店は、ファミリーマート三郷花和田西店の左隣に位置する。コンビニと併設しているから、車の駐車には不便なさそう。ファミリーマートのところは、以前、ココストアであった。24hours

という事で、パティスリーハヤノ1no1店のスイーツを味わったレポでした~。happy01

ちなみに、吉川にあるきよみ野店の過去訪問レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

「パティスリーハヤノ1no1店」(PATISSERIE HAYANO いちのいち店) 〒341-0041 埼玉県三郷市花和田1-1 TEL:048-952-0136 10時~19時 定休日:水曜(祝日時は翌日休み) つくばエクスプレス三郷中央駅から徒歩約27分 グローバル交通バス花和田児童公園バス停から徒歩約2分info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月24日 (火曜日)

Koshigaya葱Fes’2017(越谷ねぎフェス)に行ってきた。

特産品「越谷ねぎ」をPRするイベント・ねぎフェスだ。gasstation

20170124_stage_2

さて、やってきたところは、埼玉県越谷市にある越谷市役所東側葛西用水ウッドデッキです。ここで、2017年1月22日(日)、Koshigaya葱Fes’2017が開催された。昨年は5月に開催されたが、今年は葱の美味しい時期・1月の開催となった。restaurant

内山美穂さんと越谷葱☆非公認カメライバー葱のライブが始まったぞ。note

20170124_roten

特産品「越谷ねぎ」を使った美味しいグルメが勢揃い。いろんなお店が工夫を凝らした1品があり、どれを食べてみようか物色してみよう。penguin

1本まるごと焼いたねぎが美味しそうだな。delicious

20170124_stage

越谷葱☆非公認カメライバー葱とガーヤちゃんの2ショット。camera

20170124_taiko

琉球國祭り太鼓です。notes

20170124_mikoshi

おぉ、葱神輿だ。願い事が貼られているぞ。pencil

20170124_takoyaki

越谷ねぎを使ったグルメを食べよう。越谷ねぎをたっぷりふりかけたたこ焼きです。pig

20170124_tobu_line

さて、会場へのアクセスについて。最寄駅は、東武スカイツリーライン越谷駅です。train

20170124_koshigaya_st

越谷駅東口からバス通りを歩いて7分程、越谷市役所東側が会場となります。boutique

20170124_kasaiyousui

越谷ねぎグルメは、ウッドデッキで食べても良し、対岸の土手で食べるも良し。葛西用水を眺めながら、のんびり過ごしましょう。japanesetea

という事で、Koshigaya葱Fes’2017に行ってきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去イベント開催時訪問レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170124_poster

告知ポスターです。memo

「Koshigaya葱Fes’2017」 開催日:2017年1月22日(日) 開催時間:9時~16時 会場:越谷市役所東側 葛西用水ウッドデッキ(埼玉県越谷市4丁目) 東武スカイツリーライン越谷駅東口から徒歩約7分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月23日 (月曜日)

圏央道を歩こう!圏央道坂東IC開通記念プレイベントに行ってきた2017。

通常歩くことが出来ない高速道路を開通前に歩いてみよう。chick

20170123_stage

さて、やってきたところは、茨城県坂東市にある圏央道坂東インターチェンジです。ここで、2017年1月22日(日)、「圏央道を歩こう!圏央道坂東IC開通記念プレイベント」が開催されました。2月22日(日)に境古河IC~つくば中央IC間が開通し、これで茨城県内の圏央道は全線開通となる。その開通に合わせ、坂東ICが開設されます。その開通記念プレイベントとして、高速道路を歩けるという企画。行って来ましたよ。run

10時から料金所前でオープニングスタート。太鼓の演奏がありました。note

20170123_yuruchara

ご当地ゆるきゃら達も登場。gemini

20170123_gate

高速道路ウォーキングは11時からであったが、会場内既に大混雑だったので、10時10分頃には、ウォーキング開始されました。ぞろぞろと料金所をくぐっていきます。door

20170123_gate2

プレイベントのケートをくぐります。flag

記念品のペンや飲料水の配布がありました。present

20170123_bunki

坂東ICを中心に、境古河IC方向、常総IC方向、それぞれ約1kmが開放されました。まずは、境古河IC方向へ歩いて行こう。game

20170123_road_1

高速道路本線上に入りました。車運転目線で、1歩ずつ歩いて行きます。貴重な体験だ。shoe

20170123_road_2

坂東IC付近は片側2車線であるが、坂東ICから約1kmで片側1車線対面通行となる。restaurant

20170123_road_3

坂東IC出口まで1km付近で折り返しとなります。music

20170123_tsunahiki

坂東ICの本線上では、綱引き大会が行われていた。scorpius

20170123_road_4

常総IC方面へも歩いて行きました。この先もあと、1か月程で開通するんですね。danger

20170123_road_5

坂東IC出口まであと500m。bag

20170123_road_6

坂東IC出口へ分岐です。club

20170123_maku

ハイウェイ ウォーキングの幕です。drama

20170123_ryoukinjyo

料金所は、まだ、IC名の表示はないね。pencil

20170123_stage2

特設ステージでは、ダンス披露があった。virgo

20170123_hashigosya

はしご車体験がありました。building

20170123_syoubousya

消防車の乗車記念撮影もあり。camera

20170123_bussanten

お楽しみ、物産展にやってきた。ご当地グルメを味わうぞ!。しかし、大混雑である..。coldsweats02

20170123_stappe

スタッペ丼を購入しました。まぁ、スタミナ丼です。ウォーキングでお腹空いたので、食べ応えありでした。あと、からあげも頂いた。pig

20170123_umakabou

常総市限定のうまか棒の配布がありました。常総市にある工場で作られた非売品です。sports

20170123_kutukake_syougakkou

さて、会場へのアクセスですが..。一般車は会場へ乗り入れできないので、周辺の臨時駐車場と会場間の無料シャトルバスが運行されます。※鉄道最寄駅からの運行はありません。car

臨時駐車場の1つ、沓掛小学校まで車で来ました。校庭に車を置き、ここから会場へシャトルバスに乗って向かった。bus

20170123_parking

臨時駐車場は6カ所設定。そのうち5カ所から無料シャトルバスが運行される。snail

20170123_bus

行きは待ち時間無しですんなり会場入りできたが、帰りは各方面行きのバス待ち行列がずらり..。aries

20170123_kenoudou

2017年2月26日(日)、圏央道境古河IC~つくば中央IC間が開通し、成田空港~湘南までつながります。これで、茨城県内の圏央道が全線開通となる。eyeglass

放射線状の高速道路の整備はされてきたが、環状線の役割を持つ高速道路はまだまだ少ない。今回の開通で、環状的連携アクセスがしやすくなる事でしょう。pisces

という事で、圏央道を歩こう!圏央道坂東IC開通記念プレイベントに行ってきたレポでした~。happy01

ちなみに、開通前の圏央道のウォーキングレポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170123_panf_2

パンフレット裏面。memo

20170123_panf

パンフレット表面。memo

「圏央道を歩こう!圏央道坂東IC開通記念プレイベント」 開催日:2017年1月22日(日) 開催時間:10時~14時 会場:圏央道坂東IC(茨城県坂東市冨田) 入場無料info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月22日 (日曜日)

「人助けの松」が言い伝えられる、円能寺を訪れた2017。

市指定文化財・木造不動明王立像を本尊とするお寺。crown

20170122_ennouji

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にある円能寺です。円能寺は、真言宗豊山派に属するお寺で、悲願山正連院円能寺と称している。本尊は不動明王である。shadow

当院は、武田信玄の家臣の田中修理という人が、天正10年(1582)の武田氏の滅亡後まもなくこの地に来たときに、携帯してきた不動明王立像を本尊として建立したと伝えられている。event

20170122_hondou

ここのお堂は、明治6年に初めて学校制度が設けられたときに、培植学校という名称で、初代校舎として使用された。当時の生徒数は男子96、女子16人、教師は3人であった。school

20170122_setumei_2

本尊の不動明王立像は、室町時代の作と思われる寄木造りであり昭和52年2月に市指定文化財に指定されている。flag

20170122_kirikabu

境内には、かつて松の大木があって、明治維新のときの上野の戦いに破れた兵士が追われてきたとき、この松の木に登って身を隠したことにより、助かったという言い伝えがある。それからこの松を「忍者の松」とか「人助けの松」と称して、信仰の対象になっていたという。xmas

これが、その松の切り株なのだろうか?。hairsalon

20170122_stamp

円能寺は、三郷七福神めぐり・彦成めぐりで、福禄寿を祀る。snail

三郷七福神めぐりの色紙(スタンプ台紙)に押印。スタンプは、本堂前に設置しています。rouge

20170112_shitifukujin

三郷七福神めぐりは、毎年1月1日元旦から1月7日七草の7日間、9時から16時まで行われています。台紙は各寺にて販売(500円)。memo

ちなみに、七福神めぐりのレポートは、「三郷七福神めぐり(彦成めぐり)をしてきた2017。」へどうぞ。paper

20170122_irasuto

福禄寿をデッサンした絵が掲示されていた。art

20170122_setumei

という事で、円能寺を訪れたレポでした~。happy01

「円能寺」(えんのうじ) 〒341-0057 埼玉県三郷市彦沢1-71-1 TEL:048-952-1851 つくばエクスプレス三郷中央駅から徒歩約35分 グローバル交通バス彦沢一丁目北バス停から徒歩約1分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月21日 (土曜日)

室町時代に建てられたといわれる観音堂がある、迎攝院を訪れた2017。

三郷市最古の建造物と言われる観音堂があります。building

20170121_syoukouin

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にある迎攝院です。「こうしょういん」と読み、漢字は「迎摂院」でも良いかも。迎摂院は、真言宗豊山派に属し、山号を彦峯山観音寺といい、本尊は不動明王である。cancer

20170121_hondou

こちらは、本堂です。慶長年間(1596~1615)に祐慶法印によって、浄土宗の寺として開山されたという。その後、正徳年間(1711~1716)に祐貞によって中興されたといい、このとき現在の真言宗豊山派に改宗したという。libra

20170121_kannondou

この寺の観音堂は室町時代の創建と推定され、三郷市最古の建造物といわれる。観音堂は高さ約10m、間口6.5m、奥行7.5mで、用材はマツ、ケヤキ、ヒノキ、スギ等で、すべてこの土地に育った樹木であるという。堂内の肘木は、法隆寺金堂と同じ様式であるという。event

20170121_setumei_kannondou

また、この堂に安置してある准胝観世音菩薩像は、秘仏(午歳開帳)であり、行基の作と伝えられる。なお、観音堂は三郷市指定文化財となっている。building

20170121_syourou

こちらは、鐘楼。鐘楼堂は平成元年に建立されたようだ。bell

20170121_manoguruma

こちらは、摩尼車(マニぐるま)。チベット仏教の仏具で、一回まわすとお経を一回読んだ功徳があります。soccer

20170121_itahi

供養塔など、板碑があり。faxto

20170121_bentendou

迎攝院は、三郷七福神めぐり・彦成めぐりで、弁財天を祀る。virgo

20170121_sanmon

七福神めぐりのスタンプ設置場所は、山門を入り左手にテーブルが設置されています。clip

20170121_stamp

三郷七福神めぐりの色紙(スタンプ台紙)に押印。pass

20170112_shitifukujin

三郷七福神めぐりは、毎年1月1日元旦から1月7日七草の7日間、9時から16時まで行われています。台紙は各寺にて販売(500円)。memo

ちなみに、七福神めぐりのレポートは、「三郷七福神めぐり(彦成めぐり)をしてきた2017。」へどうぞ。paper

20170121_setumei

という事で、迎摂院を訪れたレポでした~。happy01

「迎攝院」(こうしょういん) 〒341-0056 埼玉県三郷市番匠免1-127-1 TEL:048-952-6450 つくばエクスプレス三郷中央駅から徒歩約39分 グローバル交通バス番匠免一丁目北バス停から徒歩約1分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月20日 (金曜日)

布袋尊を祀る、善照寺を訪れた2017。

七福神・布袋尊を祀る寺院。pig

20170120_zensyouji

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にある善照寺です。善照寺(ぜんしょうじ)は、神霊山と号し、真言宗豊山派の寺院。三郷七福神めぐり(彦成めぐり)の布袋尊を祀る。house

20170120_zensyouji_2

善照寺は、永禄年間(1558-1570)の創建といいます。本尊は地蔵菩薩坐像。shadow

20170120_daishidou

この木の裏に、大師堂がある。event

20170120_hoteison

善照寺は、三郷七福神めぐり・彦成めぐりで、布袋尊を祀る。七福神めぐりのスタンプは、布袋尊の左手に設置されていました。clip

20170120_stamp

三郷七福神めぐりの色紙(スタンプ台紙)に押印。pass

20170112_shitifukujin

三郷七福神めぐりは、毎年1月1日元旦から1月7日七草の7日間、9時から16時まで行われています。台紙は各寺にて販売(500円)。memo

ちなみに、七福神めぐりのレポートは、「三郷七福神めぐり(彦成めぐり)をしてきた2017。」へどうぞ。paper

20170120_kamiguti_park

こちらは、上口公園。この公園の北東に善照寺があります。初めて訪れる場合は、この上口公園を目印に向かうと良いでしょう。bicycle

という事で、善照寺を訪れたレポでした~。happy01

「善照寺」(ぜんしょうじ) 〒341-0055 埼玉県三郷市上口1-37 つくばエクスプレス三郷中央駅から徒歩約41分 グローバル交通バス上口公園バス停から徒歩約1分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月19日 (木曜日)

十三仏青石塔婆がある、東光院を訪れた2017。

市指定有形文化財、「十三仏青石塔婆」がある寺院。rouge

20170119_hondou

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にある東光院です。荒神山薬師寺と号す。創建は不明で、真言宗豊山派の寺院である。近くにある上口香取神社の別当を勤めていたといいます。house

本尊不動は立像にて弘法大師の作と言われ、また、荒神を客殿に安置する。shadow

20170119_bisyamonten

東光院は、三郷七福神めぐり・彦成めぐりで、毘沙門天を祀る。七福神めぐりのスタンプは、本堂前に設置されています。copyright

20170119_stamp

三郷七福神めぐりの色紙(スタンプ台紙)に押印。pass

20170112_shitifukujin

三郷七福神めぐりは、毎年1月1日元旦から1月7日七草の7日間、9時から16時まで行われています。台紙は各寺にて販売(500円)。memo

ちなみに、七福神めぐりのレポートは、「三郷七福神めぐり(彦成めぐり)をしてきた2017。」へどうぞ。paper

20170119_yakushidou

こちらは、薬師堂です。hospital

20170119_sanmon

こちらは、山門。山門を通り、右手に本堂がある。door

尚、本堂から約100m離れたところにある墓地には、三郷市指定有形文化財である「十三仏青石塔婆」があります。eyeglass

という事で、東光院を訪れたレポでした~。happy01

「東光院」(とうこういん) 〒341-0055 埼玉県三郷市上口1-108-2 つくばエクスプレス三郷中央駅から徒歩約43分 グローバル交通バス彦成郵便局前バス停から徒歩約2分info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月18日 (水曜日)

「二郷半囃子・里神楽」のお祭りが伝承される、上口香取神社を訪れた2017。

昔ながらの祭礼、「二郷半囃子・里神楽」が行われる神社です。cancer

20170118_kamiguti_katori_jinjya_1

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にある上口香取神社です。香取神宮を勧請、上口村の鎮守社である。創建は不明。祭神は経津主之命。shadow

狛犬を祀る。参道をまっすぐ歩いていきます。dog

20170118_kamiguti_katori_jinjya_2

社殿にて参拝。confident

20170118_goudensya

社殿の右手には、境内合殿社がある。(八坂神社・稲荷社・八幡社)gemini

20170118_honden

社殿の奥にある本殿。aries

20170118_setumei

市指定無形民俗文化財 『二郷半囃子・里神楽』

上口香取神社に合祀されている八坂神社の祭礼として、毎年7月15日に行われるものであり、これは氏子の安全、厄病退散、五穀豊穣を祈願して行われるものである。このとき祭りを盛り上げるために行われるのが囃子と神楽である。notes

この囃子は二郷半囃子といわれ、俗にいう五人囃子で、笛・太鼓・鉦などの楽器を使用し演奏される。流派は葛西囃子系であり、始まりは明治時代であるという。曲目はアゲ・囃子・聖天・鎌倉・四丁目・タマがある。note

また、上口地区で伝承されてきた神楽は俗に言う里神楽(民間で伝承されてきた神楽の総称)と言われ、祭りの余興として囃子とともに、舞われているものであり、その起源は江戸時代末期であると伝えられている。演目はサンバ・大蛇退治・恵比寿の鯛釣り・狐釣りなどがある。いつでもどこでも簡単に演出され、軽妙・洒脱・素朴で広く市民に親しまれている。pig

上の動画は、三郷市観光協会による「二郷半囃子・里神楽」の「みどころ紹介ビデオ」(You Tube)である。movie

現在、二郷半囃子・里神楽のお祭りは、毎年7月第2土曜日に行われています。clock

20170118_syuukaijyo

社殿の左手には、上口集会所がある。house

20170118_kamiguti_katori_jinjya_3

上口香取神社の参道は、真っ直ぐ長く続きます。denim

という事で、上口香取神社を訪れたレポでした~。happy01

「上口香取神社」(かみぐちかとりじんじゃ) 〒341-0055 埼玉県三郷市上口1-74 つくばエクスプレス三郷中央駅から徒歩約43分 グローバル交通バス彦成郵便局前バス停から徒歩約1分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月17日 (火曜日)

うなぎのお寺、彦倉虚空蔵尊・延命院を訪れた2017。

関東三大虚空蔵尊。丑・寅年生まれの守り本尊。leo

20170117_sanmon

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にある彦倉虚空蔵尊延命院です。延命院は、明星山如意寺延命院と号し、真言宗豊山派の寺で、元亀年間(1570-1573)に俊秀和尚が開山したと伝えられている。本尊は不動明王。leo

では、山門(仁王門)をくぐります。昭和12年(1937)再建。chick

20170117_niouzou

仁王門左右には、仁王像が安置されている。typhoon

20170117_sandou

参道の先には、虚空蔵堂があります。延享2年(1745)再建。house

境内にある虚空蔵堂は、縁起によると、文明18年(1486)に古刀禰川(現在の中川)より虚空蔵菩薩が出現したので、村民が一堂を造ってこれを安置したのが始まりと伝えられ、その後の延享2年(1745)に堂を再建し、現在に至っている。wrench

虚空蔵菩薩は伽藍でできた立像で、像高二尺(約60cm)あり、弘法大師の作であると伝えられている。また、仏前にある守護は、大和武尊の妃である妃弟橘姫が愛用したもので、一時織田信長に献上されたが、その後、当寺に奉献されたものと伝えられている。shadow

20170117_tikaraishi

山門をくぐると、左手に力石があります。ここにある13個の石は、昔、若者達が力くらべに使った石です。fullmoon

20170117_syourou

こちらは、鐘楼堂。建立年不詳。bell

20170117_ike

池があります。fish

20170117_setsumei_2

虚空蔵堂が再建されて以来、丑寅の人々の守り本尊として礼拝され、毎年4月13日には護摩会や植木市等が催され、参詣客で賑わっている。更に、2年毎の丑年の4月中旬には、虚空蔵菩薩の御開帳が行われる。cat

木造虚空蔵菩薩立像と延命院虚空蔵堂は、三郷市指定有形文化財である。pass

20170117_unagi_kuyoutou

池の前には、うなぎ供養塔があります。平成17年(2005)5月建立。直径50cmの球体は宇宙を表し、内部には成魚と子うなぎの像が2匹づつ彫ってある。fish

20170117_setsumei_3

昔、古利根川(中川)の洪水で、うなぎの大群が棒のように集まって、多くの人が流されそうになるのを防いだ事から、その恩返しの為に、うなぎを一切口にしないと誓ったそうで、ここ彦倉地区では、うなぎを食べない人がいるらしい。fish

毎年10月の最終日曜・月曜に「うなぎ供養会」を行っています。confident

20170117_omikuji

おみくじを引いてみました。えいっ、...。「吉」でした。coldsweats01

20170117_enmeiin

こちらは、延命院本堂。文政3年(1820)再建。event

20170117_hondou

延命院は、三郷七福神めぐり・彦成めぐりで、寿老人を祀る。七福神めぐりのスタンプは、虚空蔵堂前に設置されています。copyright

20170117_jyuroujin

虚空蔵堂の左手に、寿老人を祀っていました。leo

20170117_stamp

三郷七福神めぐりの色紙(スタンプ台紙)に押印。pass

20170112_shitifukujin

三郷七福神めぐりは、毎年1月1日元旦から1月7日七草の7日間、9時から16時まで行われています。台紙は各寺にて販売(500円)。memo

ちなみに、七福神めぐりのレポートは、「三郷七福神めぐり(彦成めぐり)をしてきた2017。」へどうぞ。paper

20170117_setsumei

という事で、彦倉虚空蔵尊・延命院を訪れたレポでした~。happy01

「彦倉虚空蔵尊・延命院」 〒341-0053 埼玉県三郷市彦倉1-83-1 TEL:048-952-7381 JR武蔵野線新三郷駅から徒歩約45分 グローバル交通バス彦倉一丁目バス停から徒歩約0分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月16日 (月曜日)

三郷市立彦成小学校講堂記念館を訪れた2017。

大正15年に建設された講堂で、市指定有形文化財となっている。house

20170116_koudou_kinenkan

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にある三郷市立彦成小学校講堂記念館です。この建物は、大正15年3月に当時の彦成村立尋常高等小学校講堂として建築されました。house

木造平屋建て講堂の天井には、蝶や花の透かし彫りがほどこされた大正建築物です。art

20170116_tatemono_2

この講堂では、各種式典や学校行事などが行われ、学校教育活動のほかに、村の行事にも使用されました。cherryblossom

「村に不学の戸なく、家に不学の人なからしめんと教育熱意あつく、子弟の教育のためには、なにごとも惜しまない」(昭和48年発行「彦成小学校百年誌」より)と唱われた学校関係者の熱意と、少年期・青年期の思い出が残る建物です。drama

20170116_tatemono_3

この貴重な建築物の保存・活用を目的に内部改装を行い、平成4年5月に市立郷土資料館として開館しました。平成26年4月には市立郷土資料館の新築・移転に伴い、三郷市立彦成小学校講堂記念館と名称を改めました。cat

20170116_kannai

では、早速入ってみました。初めての訪問です。chick

館内に入り、靴を脱ぎ、スリッパに履き替えて、受付で入館票を書きました。pencil

20170116_terakoya

江戸時代の寺小屋の感じだ。三郷もお寺が多いから、寺に子供たちを集め勉強していたのかな。pen

20170116_kouki

三郷村立第一中学校の校旗だ。これは、すごいな。

20170116_kannai_2

三郷は江戸川や中川、大きな川に挟まれた場所なので、水運に関わる道具が多くある。ship

20170116_yuukei_bunkazai

彦成小学校講堂記念館が平成28年3月10日に市の有形文化財として指定されました。birthday

20170116_kaikan_nichiji

講堂記念館の開館日は、火・木・土・日の変則オープンです。土日が開いているのが良いね。開館時間は10時~16時です。入館無料なのも良し。clock

20140602_wakuwaku1

ちなみに、市の新しい郷土資料館は、2014年、三郷市谷口に開設しました。図書館と郷土資料館が併設された施設です。その訪問レポは、「三郷市わくわくライブラリー(新市立図書館・郷土資料館)に行ってみた2014。」へどうぞ。paper

20170116_setsumei

という事で、三郷市立彦成小学校講堂記念館を訪れたレポでした~。happy01

「三郷市立彦成小学校講堂記念館」 〒341-0053 埼玉県三郷市彦倉1-133 開館日:火曜・木曜・土曜・日曜(年末年始・祝日は休館) 開館時間:10時~16時 入館料:無料 JR武蔵野線新三郷駅から徒歩約45分 グローバル交通バス彦野排水機場バス停もしくは彦倉一丁目バス停から徒歩約1分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月15日 (日曜日)

阿弥陀如来像と地蔵菩薩像を安置する、玉蔵院を訪れた2017。

市の有形文化財に指定されている阿弥陀如来立像と地蔵菩薩立像は、平安時代末期の作と言われる。pen

20170115_gyokuzouin

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にある玉蔵院です。「ぎょくぞういん」と読む。玉蔵院は、山号を北野山玉蔵院と称し、真言宗豊山派に属する。江戸高田(現在の東京都湯島)の根生院の隠居寺として、慶長11年(1606)建立されたものといわれ、開祖は祐堅和尚である。fullmoon

20170115_hondou

本堂です。まずは、参拝。本堂の左手には、薬師堂があります。event

玉蔵院は、江戸時代には寺子屋として利用され、教育の中心となっていた。また、元禄時代(1688-1704)の書家であり大学者の細井広澤がたびたび訪ねてきており、その記念として六曲一双の屏風に書き残された書が寺宝として保存されている。school

明治6年には、浩養学校として初等教育にあてられた。gemini

浩養学校に使われた本堂は、その当時の建築材料や彫刻等を使用して改築され、現在は護摩堂として保存されている。impact

20170115_tree

玉蔵院のシンボルとなる大木。xmas

20170115_bunkazai_setsumei

本尊の阿弥陀如来は、平安末期の作で一木造の仏像である。この他、弘法大師作と伝えられる地蔵菩薩像と新羅伝来といわれる不動明王、さらに如意輪観音像が安置されている。ship

木造阿弥陀如来立像と木造地蔵菩薩立像は、三郷市指定有形文化財となっている。crown

20170115_tenjindou

天神堂です。cloud

20170115_stamp_okiba

玉蔵院は、三郷七福神めぐり・彦成めぐりで、弁財天を祀っています。七福神めぐりのスタンプは、本堂前に設置されています。r-mark

20170115_stamp

三郷七福神めぐりの色紙(スタンプ台紙)に押印。pass

20170115_benzaiten_1

玉蔵院の弁財天は、正面本堂から見て東南東、池の中島です。赤い旗が掲げられています。eye

20170115_benzaiten_2

門を開けて、中島に入る事ができます。door

20170112_shitifukujin

三郷七福神めぐりは、毎年1月1日元旦から1月7日七草の7日間、9時から16時まで行われています。台紙は各寺にて販売(500円)。memo

ちなみに、七福神めぐりのレポートは、「三郷七福神めぐり(彦成めぐり)をしてきた2017。」へどうぞ。paper

20170115_setsumei

という事で、阿弥陀如来像と地蔵菩薩像を安置する、玉蔵院を訪れたレポでした~。happy01

「玉蔵院」(ぎょくぞういん) 〒341-0051 埼玉県三郷市天神1-59 TEL:048-952-1427 JR武蔵野線新三郷駅から徒歩約39分 グローバル交通バス天神一丁目バス停から徒歩約1分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月14日 (土曜日)

将軍家光が休憩地にしたと伝えられる、慈眼寺を訪れた2017。

将軍徳川家光が三郷のお寺で休憩されたかも?!。spa

20170114_hondou

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にある慈眼寺です。「じげんじ」と読む。曹洞宗のお寺で、山号は普門山。event

三代将軍徳川家光が、当時狩場の休憩地にしたと伝えられている。下総国中金杉村の領主、高城下野守一族の菩提寺であった。leo

20170114_oinarisama

拝殿の左手前には、豊川稲荷があります。cat

20170114_sitifukujin

本堂手前には、七福神7体が勢ぞろいしているよ。ここで、七福神めぐり完了してしまう?。seven

20170114_daikokuten

慈眼寺は、三郷七福神めぐり・彦成めぐりで、大黒天を祀る。dollar

20170114_stamp

三郷七福神めぐりの色紙(スタンプ台紙)に押印。secret

スタンプは、本堂右手、事務所内にあります。house

20170112_shitifukujin

三郷七福神めぐりは、毎年1月1日元旦から1月7日七草の7日間、9時から16時まで行われています。台紙は各寺にて販売(500円)。memo

ちなみに、七福神めぐりのレポートは、「三郷七福神めぐり(彦成めぐり)をしてきた2017。」へどうぞ。paper

20170114_mon

という事で、将軍家光が休憩地にしたと伝えられる、慈眼寺を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

「慈眼寺」(じげんじ) [曹洞宗 普門山 慈眼禅寺] 〒341-0005 埼玉県三郷市彦川戸1-138 TEL:048-952-6688 JR武蔵野線新三郷駅から徒歩約34分 グローバル交通彦川戸1丁目東バス停下車約2分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月13日 (金曜日)

木造不動明王立像がある、圓明院を訪れた2017。

鎌倉時代の作と考えられる木造不動明王立像を祀る。wrench

20170113_enmyouin_1

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にある圓明院です。表示上の漢字は「円明院」でも良く「えんみょういん」と読む。円明院は、山号を長江山聖伝寺円明院と称し、下総国葛飾郡鰭ヶ崎村(現千葉県流山市鰭ヶ崎)東福寺の末寺として、永正年間(1504~1521)祐円によって開山された。真言宗豊山派。event

その後、山城国(現京都府)醍醐三宝院の末寺となったが、再び元に復した。bud

20170113_sanmon

また、この寺は、末寺二十三か寺を支配し、慶安元年(1648)江戸幕府より寺領十石の御朱印を賜り、この地方随一の名刹として聞こえが高かった。bell

なお、この寺所蔵の古文書には、慶長6年(1601)関東郡代伊奈備前守忠次より、一町歩(約1ha)の寺領を賜ったことも記されている。book

20170113_hondou

青空の下、本堂がいい感じ。まずは、参拝。confident

この寺の本尊は、薬師如来であるが、内陣にある木造不動明王立像がよく知られている。shadow

20170113_setsumei2

この立像は、興教大師の作といわれ、鎌倉時代のものと考えられる。一木造玉眼で、材質は檜材、像高は87.5cmで昭和55年、三郷市の指定文化財となっている。eyeglass

20170113_syourou

この他、寺には弘法大師画像があるが、大師の自画像とも、また兆殿司の画とも伝えられています。art

20170113_benzaiten

円明院は、三郷七福神めぐり・彦成めぐりで、弁財天を祀っています。山門手前にある池の中心に祀られる。virgo

20170113_stamp

三郷七福神めぐりの色紙(スタンプ台紙)に押印。secret

スタンプは本堂前に設置しています。cat

20170112_shitifukujin

三郷七福神めぐりは、毎年1月1日元旦から1月7日七草の7日間、9時から16時まで行われています。台紙は各寺にて販売(500円)。memo

ちなみに、七福神めぐりのレポートは、「三郷七福神めぐり(彦成めぐり)をしてきた2017。」へどうぞ。paper

20170113_setsumei

という事で、木造不動明王立像がある、円明院を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

「圓明院」(円明院・えんみょういん) 〒341-0003 埼玉県三郷市彦成1-179-1 JR武蔵野線新三郷駅から徒歩約31分 メートー観光バス円明院入口バス停下車徒歩約2分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月12日 (木曜日)

樹齢600年の厄除大銀杏がある、安養院を訪れた2017。

天然記念物、樹齢600年の見事な厄除大銀杏があります。xmas

20170112_anyouin_1

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にある安養院です。安養院(あんよういん)は、山号を甘露山安養院と称し、円明院(三郷市彦成)の末寺として、慶長15年(1610)阿闍梨頼珍によって開山され、明和9年(1772)法印観道によって中興された。現在は、宗教法人真言宗の寺である。本尊は「古利根阿弥陀如来」。shadow

20170112_hondou

この寺は、明治6年(1873)に小学校の校舎にあてられ、文晴学校と称して初等教育の場としても使用された。本堂にて参拝。school

20170112_ooicyou

安養院と言えば、大銀杏でしょう。境内には、樹高28m、根回り約6.5m、幹周約4.6m、樹齢約600年といわれるイチョウの大木がある。この樹の実は厄除けの実として、正月元旦から三が日の間に、近郷近在の老若男女が境内に集まり、家族の数だけ持ち帰り、これを食べてその年の無事を祈願したといわれている。gemini

20170112_setsumei2

昭和57年に台風の打撃を受け、それまで盛んに生育していたものが根の損傷の為生育不良となり、枝の剪定により現在は樹高約10mまで切り詰められています。hairsalon

この大銀杏は、昭和53年2月20日、市指定文化財天然記念物となっている。secret

20120925_ooicyou_2

ちなみに、上の写真は、2012年9月に訪れた時の大銀杏。濃緑の葉が生い茂っているね。晩秋になると、紅葉がすすんだ銀杏の葉が見事な事でしょう。maple

20170112_yakuyoke

本堂で参拝していたら、住職さんから厄除銀杏を授かりました。あぁ、ありがたや。厄除けの実、今年も無事に過ごせますように。confident

20170111_benzaiten_2

安養院は、三郷七福神めぐり・彦成めぐりで、弁財天を祀っています。しかし、肝心の弁財天は安養院の境内にはありません。安養院から275m程離れた彦糸公園内にあります。徒歩で約3分。house

安養院の南東方向に、弁財天を祀る彦糸公園があります。(上図の地図で参照の事)。初めて、七福神めぐりで安養院を訪れる時は、予め場所を確認しておきましょう。七福神めぐり開催期間中は、各所に立て看板が設置されています。karaoke

20170112_benten

こちらが、安養院の弁財天様。手前に七福神めぐりのスタンプが置かれています。pass

20170112_stamp

三郷七福神めぐりの色紙(スタンプ台紙)に押印。secret

ちなみに、安養院の弁財天を祀る彦糸公園のレポは、「遊具と小さな池がある、彦糸公園を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170112_shitifukujin

三郷七福神めぐりは、毎年1月1日元旦から1月7日七草の7日間、9時から16時まで行われています。台紙は各寺にて販売(500円)。memo

三郷七福神めぐり・彦成めぐりのスタートである安養院で、台紙を購入しました。dollar

ちなみに、七福神めぐりのレポートは、「三郷七福神めぐり(彦成めぐり)をしてきた2017。」へどうぞ。paper

20170112_setsumei

という事で、甘露山安養院を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

「安養院」(あんよういん) 〒341-0002 埼玉県三郷市彦糸1-10 TEL:048-957-4501 JR武蔵野線吉川駅から徒歩約24分 メートー観光バス彦糸一丁目北バス停下車すぐinfo02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月11日 (水曜日)

遊具と小さな池がある、彦糸公園を訪れた2017。

池がある小さな親水公園。aquarius

20170111_hikoito_park_2

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にある彦糸公園です。遊具や池がある街区公園です。公園の定番、ブランコがあるよ。そして、先には池?沼?があります。carouselpony

20170111_water_1

ここから水が出て、池へ流れていきます。暑い日は、小さな子供が水遊びしているかもね?。gemini

20170111_hikoito_park_3

池のまわり、周遊散歩できるので、親水的な感じがある公園だ。shoe

20170111_benzaiten_2

池に面して、小さな建物があります。ここには、安養院別当弁財天を祀っています。安養院から約275m、徒歩約3分程離れた、ここに、弁財天を祀る。dollar

20170111_benzaiten_1

彦糸公園に弁財天が祀っているという不思議な感じだが、参拝。安養院は三郷七福神スタンプラリーの1つであるが、弁財天様はここ彦糸公園に祀っている(スタンプ配置)ので場所、ご注意を。danger

ちなみに、安養院訪問レポは、「樹齢600年の厄除大銀杏がある、安養院を訪れた2017。」へどうぞ。paper

20170111_hikoito_park_1

という事で、彦糸公園を訪れたレポでした~。happy01

「彦糸公園」 〒341-0002 埼玉県三郷市彦糸1 JR武蔵野線吉川駅から徒歩約27分 メートー観光バス彦糸1丁目南バス停から徒歩約2分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧彦成村の鎮守、彦成香取神社を立ち寄った2017。

旧彦成村の鎮守。club

20170111_hikonari_inari_jinjya

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にある彦成香取神社です。旧家である谷古宇正男家の先祖が谷古宇郷(現在の草加市の辺り)からこの地に移り住んだ際に、下総国一の宮香取神宮の分霊を奉斎したことに始まり、その後、新田開発に伴い村の鎮守として崇敬されるようになったと伝えている。祭神は、経津主之命。shadow

20170111_ranryouou

拝殿にて参拝すると、掲示物があった。見てみると、...。eye

cloverclovercloverclovercloverclovercloverclovercloverclovercloverclovercloverclovercloverclovercloverclovercloverclover

彦成 香取神社 御鎮座400年記念

奉納神楽 『蘭陵王』 (らんりょうおう)

日時:2017年1月11日(水) 午前11時45分頃より奉納神楽予定

場所:彦成香取神社 境内 拝殿前

午前11時より例大祭神時、11時45分より奉納神楽、12時頃より御備射神事

cloverclovercloverclovercloverclovercloverclovercloverclovercloverclovercloverclovercloverclovercloverclovercloverclover

香取神社御鎮座400周年を記念して執り行われる。観覧自由。氏子崇敬者の方々をはじめ、彦成地域に住む方々も参拝くださるようとの事。japanesetea

せっかく、見つけた情報なのだが、平日なんだよね...。weep

という事で、彦成香取神社を立ち寄ってみたレポでした~。happy01

「彦成香取神社」 〒341-0003 埼玉県三郷市彦成1-115 メートー観光バス円明院北バス停から徒歩約2分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月10日 (火曜日)

平成29年三郷市消防出初式を観に行ってきた2017。

消防関係の仕事始め。地元の出初式、見に行ってきたよ。bicycle

20170109_shikiten_1

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にある三郷市文化会館南側広場です。ここで、2017年1月8日(日)、市制施行45周年平成29年三郷市消防出初式が開催されました。寒気が入って冷たく、どんより曇り空です。cloud

20170109_tangosyou

出初式は、9時45分スタート。空から轟音響かせ、防災航空隊上空広報訓練が行われました。そのあと、丹後小学校金管楽器バンド演奏が行われました。airplane

20170109_taiki

市長観閲に向け、消防関係車両が待機中。parking

20170109_sicyou_kanetsu

10時から市長観閲が始まりました。敬礼しつつ、消防各車両が通り過ぎていきます。leo

20170109_tangosyou2

丹後小金管バンドも演奏で出迎えます。notes

20170109_tobi

10時16分、木遣り、三郷鳶組合がやってきました。sagittarius

20170109_butai_nyuujyou

10時24分、部隊入場が始まりました。消防関係職員らが、整列した状態で走って入場します。run

20170109_shikiten_2

10時25分、式典が始まりました。movie

20170109_shikiten_3

三郷市長告辞。敬礼。drama

このあと、三郷市消防長訓辞や来賓祝辞が続く。sandclock

20170109_shikiten_4

式典は約40分間続きます。寒い中、隊員たちは整列したままなので大変だなぁ。自分は寒いので、文化会館建物内で寒さをしのいでいた。coldsweats02

20170109_butai_taijyou

11時07分、式典が終わり、部隊走って退場していきます。door

20170109_hashigonori_1

11時11分、三郷鳶組合による木遣り・はしご乗りが始まりました。bomb

20170109_hashigonori_3

1つ1つの技がすごいね。aries

20170109_hashigonori_2

シメは仰向けになってしまうとは。もう、拍手ものです。coldsweats02

20170109_sinpaisosei

11時30分、小中学生による心肺蘇生、実演が行われました。命のリレー、迅速な対応・連携が命を救います。hospital

20170109_ponpu_1

11時40分、消防団ポンプ車操法が行われた。迅速に点呼しながら、ホースを繋ぎ合わせ、火の元に向け放水・鎮火!。dash

20170109_club_1

11時50分、少年消防クラブによる披露です。gemini

20170109_engi_3

早稲田公園駐車場に設置された演習場。2つの建物を、ロープを使用して移動するロープブリッジだ。yacht

20170109_club_2

少年消防クラブ2名が、建物間をロープをつたっての移動を披露した。music

20170109_engi_1

12時00分から、消防特別演技が行われました。ここでも、放水による消火を実演。impact

20170109_engi_2

隊員2名によるロープブリッジ。ものすごく早く移動してしまいます。見事だ。bicycle

第45回全国消防救助技術大会において、ロープブリッジ救出の部、見事6位入賞されたそうだ。crown

20170109_hikoito

彦糸中学校和太鼓演奏が始まりました。notes

20170109_isseihousui_1

12時22分、一斉放水が始まりました。上にめがけて放水です。aquarius

和太鼓演奏をバックに、豪快に放水。昨年のように青空だったら、すごく綺麗に映えるんだけどね。shine

20170109_kinga_shinnen

約1分放水が終えたら、はしご車から、祝謹賀新年の幕が開かれた。bell

これで、三郷市消防出初式は終了となった。motorsports

20170109_shidai

会場各所に、出初式次第、タイムスケジュール表が掲示されていました。時刻も記載されているので、とても参考になるね。clock

【市制施行45周年 平成29年 三郷市消防出初式 次第】

09:45-09:46 ◎ 防災航空隊上空広報訓練
09:46-10:00 ◎ 丹後小学校金管楽器バンド演奏
10:00-10:15 1 市長観閲
10:16-10:25 2 木遣り(三郷鳶組合)
10:25-10:30 3 部隊入場
10:30-11:10 4 式典
           (1) 開式のことば(並木副市長)
           (2) 国旗掲揚
           (3) 部隊報告(三郷市消防署長、三郷市消防団副団長、少年消防クラブ)
           (4) 三郷市長告辞
           (5) 三郷市消防庁訓辞
           (6) 来賓祝辞
              ・三郷市議会議長
              ・国会議員
              ・埼玉県議会議員
              ・吉川警察署長
           (7) 閉会のことば(並木副市長)
11:07-11:25 5 木遣り・はしご乗り
11:30-11:40 6 小中学生による心肺蘇生
11:40-11:50 7 消防団ポンプ車操法
11:50-12:00 8 少年消防クラブ
12:00-12:20 9 消防特別演技
12:20-12:30 10 彦糸中学校和太鼓演奏
12:29-12:30 11 一斉放水(和太鼓演奏とともに実施)
12:30     12 終了

20170109_tenji

住宅用火災警報器展示コーナーがあり。carouselpony

20170109_taikensya

地震・免震体験車が出ていました。car

20170109_mezon_ikkoku_1

たばこ火災防止キャンペーンという事で、パンフレットやかいちゃん&つぶちゃんが描かれた救急車クラフトペーパー等が貰えました。snail

パンフレットには、高橋留美子さんの「めぞん一刻」漫画でPR。管理人さん、泣きながら怒っている!。weep

20170109_mezon_ikkoku_2

裏面には、響子さんのあんしんチェックがあり。管理人さん、笑ってて良かった。2番目の五代くん、懐かしい手のポーズ。tv

20170109_waseda_park

出初式の翌日は再び文化会館にて成人式が行われます。隣接する早稲田公園の園内風景。冬な感じだが、これから少しずつ春に向けて行くんだな。4月には桜で賑わいますよ。cherryblossom

糸魚川の火災等、大きな火災が頻発しています。空気もかなり乾燥しているので、火の元には十分の注意が必要ですね。hospital

という事で、三郷市消防出初式を観に行ってきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去開催時の訪問レポは以下のリンク先へどうぞ。paper

20170109_poster

告知ポスターです。memo

「平成29年三郷市消防出初式」 日時:2017年1月8日(日) 9時45分~12時30分頃 会場:三郷市文化会館南側広場・早稲田公園駐車場(埼玉県三郷市早稲田5丁目・4丁目)info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 9日 (月曜日)

相棒展2017~特命係の新人研修「右京の相棒」~に行ってきた。

特命係の新人に緊急指令!右京と共に事件の謎を解け!tv

20170109_aibouten_1

さて、やってきたところは、東京都豊島区にある東武百貨店池袋店です。8階催事場において、「相棒展2017~特命係の新人研修「右京の相棒」~」が開催されました。テレビ朝日のドラマ『相棒』の世界を体感する展示会「相棒展」の第4弾は、展示、音声ガイド、ストーリー、謎解き...あらゆる内容を一新。相棒ファンには、楽しみなイベントである。movie

20170109_kokuti_toubu

会場は東武百貨店池袋店。大人気ドラマ「相棒」の世界が池袋東武にやってきたのだ!。東武百貨店池袋店開店55周年開催記念となっている。期間は、2016年12月27日(火)~2017年1月10日(火)。歴代相棒やシーズン1から最新シーズン15までの名シーンや小物展示など、見てニンマリの内容です。delicious

昼あたりから夕方にかけては、ものすごい大行列入場待ちなので時間をずらす事をお勧め。snail

入場料は1000円。音声ガイドの貸し出しがあります。会場内は写真撮影禁止なので、実際に訪れて楽しんでみましょう。スタンプラリー形式で問題8問を解いていきます。ticket

20170109_photo_1

無事謎解きをして、出口を出ると、写真撮影許可エリアがあります。各歴代相棒との記念撮影ができるよ。camera

1代目相棒の亀山薫(寺脇康文)。復活はないのかなぁ...。cancer

20170109_photo_2

2代目相棒の神戸尊(及川光博)。ミッチーは次回最新劇場版でも登場。tulip

20170109_photo_3

3代目相棒の甲斐享(成宮寛貴)。いろいろ事情はあるのだが、復帰はないのかな。pouch

20170109_char

特命係の部屋、杉下右京さんイスがあり。座れるよ。chair

20170109_omiyage

帰りは相棒グッズを買っていこう。今回は、キーホルダーと特命係木札クッキー。present

20170109_key_holder

キーホルダーには、名前刻印無料サービスがありますよ。訪問日の日付も入ります。pencil

20170109_gekijyouban

4代目相棒の冠城亘(反町隆史)。今回、4回目となる相棒展だが、このあと、2017年2月11日公開される「相棒 劇場版Ⅳ」のPRも兼ねている。第4弾となる映画も気になるところだ。movie

20170109_aibouten_2

入場受付時に、相棒ステッカーと新人研修捜査資料がもらえる。捜査資料の裏面に回答に従いスタンプを押していく。出口受付では、木札を模した紙がもらえる。出口での記念撮影ができるよ。art

今回開催された東京(東武百貨店池袋店)のあとは、福岡(イオンモール筑紫野)、名古屋(名古屋PARCO)、京都(イオンモールKYOTO)と日本各地で開催されます。付近に住まいの方は心待ちしている事でしょう。taurus

という事で、相棒展2017~特命係の新人研修「右京の相棒」~に行ってきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去開催時の訪問レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

「相棒展2017~特命係の新人研修「右京の相棒」~」(東京会場) 開催期間:2016年12月27日(火)~2017年1月10日(火) 開催時間:10時~20時(12/31と1/10は18時まで・最終入場は閉場30分前) 会場:東武百貨店池袋店(東京都豊島区西池袋1-1-25) 入場料:1000円(音声ガイド付き)info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 8日 (日曜日)

駅からハイキング「【常磐線開業120周年】古き良き松戸の歴史と、知られざる戸定邸を訪ねて」に参加してきた(2016.12.10)。

開業120年を迎えたJR松戸駅から、神楽殿の天井絵の特別公開や国指定名勝をめぐるコースです。karaoke

20170108_jyouban_line

さて、JR常磐線に乗ってやってきたところは、松戸駅です。駅ハイ参加の為に訪れたよ。今回は、2016年12月2日(金)~12月11日(日)開催、駅からハイキング「【常磐線開業120周年】古き良き松戸の歴史と、知られざる戸定邸を訪ねて」です。train

20170108_uketsuke

まずは、受付を済ませます。駅ビル(アトレ松戸)直結する改札口を出てすぐの場所が受付場所となった。コースマップ等を取得。good

20170108_kan_batch

恒例の缶バッチは、「E3系とれいゆ つばさ」でした。present

20170108_nishiguchi

松戸駅西口ペデストリアンデッキにて、出発準備整えましょう。夜になるとイルミネーション点灯があるようですね。(※12月25日で終了済み)shine

20170108_matsudo_st_west

常磐線120周年を迎える松戸駅から、松戸の歴史と自然を訪ねながら、国指定名勝「旧徳川昭武庭園(戸定邸庭園)」を訪れるコースです。普段は見る事のできない松戸神社「神楽殿」の「天井絵」の一部が特別公開されます。movie

今回のコースは、約6kmのウォーキングコース。松戸駅西口からスタート。頑張って歩きましょう。rock

20170108_uranai

松戸駅西口前の通りには、各星座の占いが掲示されていた。冷静な判断力を持ち、人との和を上手に取り持つ才能があります。てんびん座ならではの才能のようで..。この掲示見て、ニンマリ。delicious

20161226_hondou

コースポイントone箇所目は、「来迎寺」です。松戸駅から9分。慶長14年(1609年)に創建された旧松戸宿で最も古い寺院(浄土宗)。東日本大震災で被災し平成26年(2014年)に再建された本堂は、平成の木造寺院建築として多方面より評価され「日本建築家協会2014年優秀建築選100」にも選定されている。ring

20161226_rokujizou

寺の正面塚には珍しい六角灯籠型六地蔵(六角地蔵)が祀られている。上写真画像の左側にちょこんと見えるものが六角地蔵。ちゃんと写真撮っておくべきでした...。six

六地蔵は、命は六道を転生するという「六道輪廻」の思想から、(地獄、餓鬼がき、畜生ちくしょう、修羅しゅら、人、天)の六道全てにおいて救済してくれる存在として信仰された地蔵です。leo

ちなみに、ここでの詳細レポは、「旧松戸宿で最古の寺院、来迎寺を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20161227_torii

コースポイントtwo箇所目は、「平潟神社」です。来迎寺に隣接。祭神は水神様の水波之女命。旧地名は平潟(ひらかた)で、このあたり一帯は、江戸川水運の要所として栄えました。地図には、「水神宮」と記されている。ship

20161227_haiden

拝殿にて参拝。平潟神社に隣接して、来迎寺があります。神社と寺社が隣同士の配置は珍しい。現在の地名は「松戸市松戸」だが、旧地名は「平潟」(ひらかた)である。昔は、平潟遊郭がありました。spade

ちなみに、ここでの詳細レポは、「水運に関わる水神宮、平潟神社を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20161228_yuuhodou_1

コースポイントthree箇所目は、「水辺の健康エコロード」です。平潟神社から2分。松戸市では、水辺の健康エコロードを整備しています。市民の健康づくりの活動を支援するため、自然環境に配慮し整備された。江戸川の水辺を楽しみながら、安心して気楽に運動ができる。ウォーキング等の目安として距離標や、ロードマップや誘導サインが設置され、開放的で見晴らしのよい遊歩道となっている。pisces

20161228_yuuhodou_3

江戸川土手沿いは、遊歩道・自転車道が整備されている。広々とした空間だ。冬の季節、空気は冷たいが、晴れた青空は澄んでいるな。sagittarius

20161228_edogawa_2

先は、、葛飾橋・葛飾大橋が見える。現在工事中の外環道の高架も見えるね。さらに先には、東京スカイツリーが見えるよ。building

20161228_yuuhodou_2

風が強かったらもろに受けるが、眺めも良く歩きやすいロードだ。snowboard

20161228_yukisakihyou

健康エコロードの誘導サインが設置されている。ポイント地点までの距離がわかるよ。ここで、江戸川土手はお別れ。karaoke

ちなみに、ここでの詳細レポは、「水辺の健康エコロード、江戸川土手(松戸市松戸付近)を歩く2016。」へどうぞ。paper

20170103_syouryuji

コースポイントfour箇所目は、「松龍寺」です。江戸川土手から5分。慶長18年(1613)、高木九兵衛正次公が建立。松戸宿代々の名主の墓がある浄土宗の寺。当時、広大な土地で景観が良かったことから、徳川家歴代の将軍家の鷹狩りの際に休憩所として使われた。毎年2月中旬ごろ坂川沿道で、早咲きの河津桜が咲き、夏には、参道で江戸時代から続く「献灯まつり」「とうもろこし市」や「四萬六千日」が行われ多くの人で賑わう。building

20170103_tokugawa_kamon

門には、徳川家の家紋がありますね。leo

20170103_odou

本堂にて参拝。天明4年(1784)籾穀塚稲荷(旧松戸2丁目)の境内の籾殻から聖観世音菩薩が現れ当寺に祀られる。fuji

毎年八月十日の四万炉六千日の縁日には、籾穀塚聖観世音菩薩、子育て観音参りの善男・善女が参詣され、種子が大井実をもつとうもろこしは雷除けになると伝われ、門前参道では「とうもろこと市」が伝承されている。tennis

ちなみに、ここでの詳細レポは、「松龍寺を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20161211_matsudo_jinjya

コースポイントfive箇所目は、「松戸神社「神楽殿」」です。寛永3年(1626年)に創建された松戸の総鎮守。日本武命(やまとたけるのみこと)がこの地で臣下と待ち合わせたことから「待つさと」=「待つ土(松戸)」が、地名の由来となっている。penguin

20161211_kaguraden_2

平成27年(2015年)、神楽殿新築工事に合わせ、襖絵、天井絵の保存修復が完了。12月2日(金)~11日(日)の間、明治の画壇を代表する佐竹永湖らが描いた「天井絵」が特別公開された。公開時間は10時~16時。drama

20161211_tenjyoue_1

早速、天井を眺めてみました。各々の絵が描かれています。明治21年(1888年)の旧神楽殿建立時に描かれたものです。その1枚1枚には、「永湖」と「錦谿」というふたりの画家の落款と58名もの奉納者銘が記されています。永湖とは、幕末から明治にかけて活躍した日本画家の佐竹永湖(1835-1909)である。art

20161211_sugitoe_1

こちらは襖絵。「獅子に牡丹」(杉戸絵)である。pencil

20161211_akiba_jinjya

こちらは、松戸神社境内の中にある秋葉神社。隣には、絵馬が多く飾られているね。horse

20161211_matsu

松の木が植えられています。松戸だけに?...。club

20161211_mikoshi_kura

こちらは、神輿蔵。各町会の御神輿が保管されている。昭和63年の改修工事で神輿庫の奥深くから「四神像」が発見され、途絶えていた「神幸祭」が60年ぶりに復活した。flair

20161211_omikuji_1

恒例のおみくじタイム。おみくじの結果は?...。sweat02

なんと、大吉でした。ラッキー!。happy02

20161211_torii_2

第二鳥居。この先、坂川にかかる潜龍橋を渡り拝殿に至るよ。yacht

ちなみに、ここでの詳細レポは、「松戸神社神楽殿の「天井絵」・「杉戸絵」特別公開2016。」へどうぞ。paper

20170108_sakagawa

坂川沿いの道路を歩いて行く。整備されていて、綺麗な感じだね。maple

20170108_sakagawa_2

坂川の水が透明で綺麗だ。水鳥さんも、居心地良いかもね。fish

20170108_rensabashi

煉瓦橋である「めがね橋」。music

20170108_jyouban_line_2

歩道橋を渡る。ちょいと、鉄道写真撮影タイム!。常磐緩行線。subway

20170108_jyouban_line_3

常磐快速線、E531系だ。bullettrain

20170108_benzaitenguu

弁財天宮を立ち寄る。virgo

20170105_torii_2

コースポイントsix箇所目は、「浅間神社」です。正保4年(1647)創建。大正4年、近くにあった白旗神社を合祀。写真右手に見える小さな社殿は、下浅間神社。drama

浅間神社拝殿へは、鳥居をくぐり階段を登っていきます。snowboard

20170105_kaidan_1

もともと境内地に山があり、その山を富士山に見立てて標高約28mの山頂に神社を建てた。信仰の山として長年保護されてきたため、丘陵上の森林は自然の植物相が保たれた極相林を形成しており、ちば遺産100選に選ばれている。県指定天然記念物。xmas

標高28mの階段を、えいこらしょっと登っていきます。sweat01

20170105_sengen_jinjya

拝殿にて、参拝します。confident

20170105_kaidan_2

拝殿がある上から、下を眺める。結構登るな。snowboard

20170105_saru

何故か、お猿さんも祀っています。pig

20170105_lake

和風庭園のような池があります。mist

ちなみに、ここでの詳細レポは、「天然記念物「極相林」を形成する、浅間神社を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20170108_syaryou_center

JR東日本・松戸車両センターです。常磐線の車両車庫だ。hotel

20170107_rekishikan

コースポイントseven箇所目は、「旧徳川昭武庭園(戸定邸庭園)」です。浅間神社から10分。戸定が丘歴史公園には、戸定邸や戸定歴史館があり、徳川家ゆかりある、明治浪漫感じる公園です。club

まずは、「戸定歴史館」に入ってみよう。松戸徳川家の伝来品の展示を中心とした博物館です。知識を得て、学習だ。school

20170107_tojyoutei_1

こちらは、国指定重要文化財「戸定邸」です。最後の将軍、徳川慶喜の弟・徳川昭武の住まいであった。house

「戸定歴史館」と「戸定邸」のセット、共通入館券は240円です。ticket

20170107_nagamoti

葵紋付長持です。高松宮喜久子妃殿下が徳川慶喜家から高松宮家に嫁ぐ際にととのえた婚礼調度の一つです。virgo

長持は、衣服や日常使う道具、家具を入れておく蓋付きの箱のこと。ship

20170107_hiroma_1

やっぱり、広さのある表座敷でしょう。畳に座り、のんびりしよう。japanesetea

20170107_hiroma_2

戸定邸表座敷から、名勝・旧徳川昭武庭園を眺める。sun

20170107_teien_1

戸定邸の庭は、国指定名勝「旧徳川昭武庭園」です。戸定の日(5と0が付く日)は、庭を散策できていたが、現在、庭園公開休止になっています。(公開休止期間は、平成28年11月29日~平成29年夏頃)。clover

20170107_teien_2

天気が良いと、富士山を眺める事ができるよ。「関東の富士見百景」にも選ばれている。fuji

ここから、葛飾橋や外環道の高架が見えるね。rvcar

20170107_furoba

こちらは、湯殿棟です。お風呂場ですな。spa

20170107_hanare_zashiki

こちらは、離座敷棟。こちらも、いい部屋ですね。capricornus

20170107_rouka

こういう廊下は懐かしいな。chick

20170107_kougousama

皇后さま、松戸市へ行啓されました。virgo

20170107_susuki

ススキとの景観に趣きがあるなぁ。spade

20170107_hiroba

戸定が丘歴史公園には、芝生広場があります。散策に良いですよ。club

20170107_chiba_univ

戸定が丘歴史公園に隣接して、千葉大学園芸学部があります。school

20170107_kadan

花壇があります。春・秋には、バラ園が咲き誇るかも。ツツジ園もあるらしい。tulip

20170107_mon

戸定が丘歴史公園の入口門です。door

20170107_parking

駐車場には、グッズや特産物販売があり。園内にある「松雲亭」で、将軍コーヒーを飲んでみると良いかも。car

ちなみに、ここでの詳細レポは、「戸定が丘歴史公園、国の重要文化財「戸定邸」を見学してきた2016。」へどうぞ。paper

20170106_mon

コースポイントeight箇所目は、「松戸中央公園」です。戸定が丘歴史公園から13分。入口には、旧陸軍工兵学校時代の正門が残されています。レンガ門で、現在は、門柱だけが建つ。大正9年に造られたもので、市内に残る数少ない煉瓦建造物です。市指定有形文化財。door

20170106_mon_mukashi

当時の写真です。大正8年~昭和20年まで、この地に、陸軍工兵学校がありました。跡地は現在、松戸中央公園、聖徳大学、市立第一中学校等になっている。camera

20170106_syoukaisya

歩哨哨舎も残されています。警備の為に建てられたもので、竣工当時木造でしたが、昭和初期頃にコンクリート造にしたものです。市指定有形文化財。fastfood

20170106_kadan

公園内は、花壇があり、四季折々の景観がよく、アートイベントなども開催され、地域の人々の憩いの場になっている。tulip

20170106_tennis

テニスコートがあります。最近、テニスしていないなぁ...。tennis

20170106_hiroba

広場では子供たちがサッカーボールで遊んでいますな。soccer

ちなみに、ここでの詳細レポは、「旧陸軍工兵学校正門が残る、松戸中央公園を訪れた2016。」へどうぞ。paper

20170108_matsudo_st_east

ゴールとなる松戸駅東口に戻ってきました。松戸駅をスタートしてゴール戻ってくるまで、3時間1分かかりました。ゴール受付は無し。motorsports

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:11615歩 消費カロリー:614.5kcal 消費脂肪量:87.7g 歩行距離:8.82km 歩行時間:1時間50分 平均時速:4.79km/h エクササイズ量:6.4Exinfo02

20170108_prarail

松戸駅コンコースでは、プラレール運転体験&こども駅長制服撮影会が行われていました。game

20170108_sushi

駅ハイ参加特典で、松戸駅の駅ビル「アトレ松戸」のレストラン街で特典クーポンがもらえたので、遅めの昼食をとろう。すし三崎丸でランチメニューを生ビールと共に頂いた。riceball

20170108_hagaki

駅ハイ受付時に、常磐線開業120周年のポストカードが貰えました。mailto

今回のコースは、松戸駅周辺の定番観光スポットをまわるルートになった。近場のコースだったので、さくさくと歩いた。今年度は、駅ハイ参加ペースがかなり落ちているので、もう少し参加しないとなぁ。食べる飲むイベントばっかり週末を占めているのでね..。coldsweats01

という事で、駅からハイキング「【常磐線開業120周年】古き良き松戸の歴史と、知られざる戸定邸を訪ねて」に参加してきたレポでした~。happy01

ちなみに、各訪問地詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、松戸駅からの駅ハイ過去参加レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20170108_cource_map

JR東日本・駅からハイキング 「【常磐線開業120周年】古き良き松戸の歴史と、知られざる戸定邸を訪ねて」 2016年12月2日(金)~12月11日(日)開催 所要時間:約2時間30分(見学時間等を含む) 歩行距離:約6kminfo02

スタート:松戸駅→①来迎寺→②平潟神社→③水辺の健康エコロード→④松龍寺→⑤松戸神社「神楽殿」→⑥浅間神社→⑦旧徳川昭武庭園(戸定邸庭園)→⑧松戸中央公園→ゴール:松戸駅info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月 7日 (土曜日)

戸定が丘歴史公園、国の重要文化財「戸定邸」を見学してきた2016。

国の重要文化財に指定された旧徳川家住宅を見学。house

20170107_hiroma_2

さて、やってきたところは、千葉県松戸市にある戸定が丘歴史公園です。敷地内には、戸定邸や戸定歴史館があり、徳川家ゆかりある、明治浪漫感じる公園です。club

この写真は、国の重要文化財「戸定邸」の広間から、国の名勝「旧徳川昭武庭園」を眺めています。うむ、いいねぇ。eye

20170107_rekishikan

まずは、「戸定歴史館」に入ってみよう。松戸徳川家の伝来品の展示を中心とした博物館です。知識を得て、学習だ。school

20170107_tojyoutei_1

戸定が丘歴史公園を訪れたなら、必ず見学したい。こちらは、国指定重要文化財「戸定邸」です。最後の将軍、徳川慶喜の弟・徳川昭武の住まいであった。house

入館料は150円です。「戸定歴史館」と「戸定邸」のセット、共通入館券は240円です。ticket

20170107_nagamoti

葵紋付長持です。高松宮喜久子妃殿下が徳川慶喜家から高松宮家に嫁ぐ際にととのえた婚礼調度の一つです。virgo

長持は、衣服や日常使う道具、家具を入れておく蓋付きの箱のこと。ship

20170107_hiroma_1

やっぱり、広さのある表座敷でしょう。畳に座り、のんびりしよう。japanesetea

20170107_hiroma_3

全面ガラスで、光がたくさん入ってくるね。sun

20170107_teien_1

戸定邸の庭は、国指定名勝「旧徳川昭武庭園」です。戸定の日(5と0が付く日)は、庭を散策できていたが、現在、庭園公開休止になっています。(公開休止期間は、平成28年11月29日~平成29年夏頃)。clover

20170107_teien_2

天気が良いと、富士山を眺める事ができるよ。「関東の富士見百景」にも選ばれている。fuji

ここから、葛飾橋や外環道の高架が見えるね。rvcar

20170107_furoba

こちらは、湯殿棟です。お風呂場ですな。spa

20170107_hanare_zashiki

こちらは、離座敷棟。こちらも、いい部屋ですね。capricornus

20170107_rouka

こういう廊下は懐かしいな。chick

20170107_kougousama

皇后さま、松戸市へ行啓されました。virgo

20170107_susuki

ススキとの景観に趣きがあるなぁ。spade

20170107_hiroba

戸定が丘歴史公園には、芝生広場があります。散策に良いですよ。club

20170107_chiba_univ

戸定が丘歴史公園に隣接して、千葉大学園芸学部があります。school

20170107_kadan

花壇があります。春・秋には、バラ園が咲き誇るかも。ツツジ園もあるらしい。tulip

20170107_mon

戸定が丘歴史公園の入口門です。door

20170107_map

戸定が丘歴史公園の園内図です。memo

20170107_parking

駐車場には、グッズや特産物販売があり。園内にある「松雲亭」で、将軍コーヒーを飲んでみると良いかも。car

20170107_misonosaka

戸定みその坂です。この坂を登って行くと、戸定が丘歴史公園入口に着きます。snowboard

という事で、戸定が丘歴史公園(戸定歴史館・戸定邸)を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「【常磐線開業120周年】古き良き松戸の歴史と、知られざる戸定邸を訪ねて」に参加してきた(2016.12.10)。」へどうぞ。paper

「戸定が丘歴史公園」 9時~17時 入園無料 JR常磐線・新京成線松戸駅東口から徒歩約9分info02

「戸定歴史館」 〒271-0092 千葉県松戸市松戸714-1 TEL:047-362-2050 9時30分~17時(入館は16時30分まで) 休館日:月曜(祝日の時はその翌日)・年末年始・展示替え期間 入館料:150円 2館共通入館料:240円info02

「戸定邸」 〒271-0092 千葉県松戸市松戸642-1 TEL:047-362-2050 9時30分~17時(入館は16時30分まで) 休館日:月曜(祝日の時はその翌日)・年末年始 入館料:150円 2館共通入館料:240円info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月 6日 (金曜日)

旧陸軍工兵学校正門が残る、松戸中央公園を訪れた2016。

昔、ここには、陸軍工兵学校がありました。school

20170106_mon

さて、やってきたところは、千葉県松戸市にある松戸中央公園です。入口には、旧陸軍工兵学校時代の正門が残されています。レンガ門で、現在は、門柱だけが建つ。大正9年に造られたもので、市内に残る数少ない煉瓦建造物です。市指定有形文化財。door

20170106_mon_mukashi

当時の写真です。大正8年~昭和20年まで、この地に、陸軍工兵学校がありました。跡地は現在、松戸中央公園、聖徳大学、市立第一中学校等になっている。camera

20170106_syoukaisya

歩哨哨舎も残されています。警備の為に建てられたもので、竣工当時木造でしたが、昭和初期頃にコンクリート造にしたものです。市指定有形文化財。fastfood

20170106_kadan

公園内は、花壇があり、四季折々の景観がよく、アートイベントなども開催され、地域の人々の憩いの場になっている。tulip

20170106_tennis

テニスコートがあります。最近、テニスしていないなぁ...。tennis

20170106_hiroba

広場では子供たちがサッカーボールで遊んでいますな。soccer

という事で、陸軍工兵学校正門が残る、松戸中央公園を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「【常磐線開業120周年】古き良き松戸の歴史と、知られざる戸定邸を訪ねて」に参加してきた(2016.12.10)。」へどうぞ。paper

「松戸中央公園」 〒271-0076 千葉県松戸市岩瀬487-1 JR常磐線・新京成線松戸駅東口から徒歩約5分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 5日 (木曜日)

天然記念物「極相林」を形成する、浅間神社を訪れた2016。

天然記念物の林が生い茂る中、28mの高さの位置に神社があります。house

20170105_torii_2

さて、やってきたところは、千葉県松戸市にある「浅間神社」(せんげんじんじゃ)です。正保4年(1647)創建。大正4年、近くにあった白旗神社を合祀。写真右手に見える小さな社殿は、下浅間神社。drama

浅間神社へは、鳥居をくぐり階段を登っていきます。snowboard

20170105_kaidan_1

もともと境内地に山があり、その山を富士山に見立てて標高約28mの山頂に神社を建てた。信仰の山として長年保護されてきたため、丘陵上の森林は自然の植物相が保たれた極相林を形成しており、ちば遺産100選に選ばれている。県指定天然記念物。xmas

標高28mの階段を、えいこらしょっと登っていきます。sweat01

20170105_torii

上まで登り切り、最後の鳥居をくぐります。door

20170105_sengen_jinjya

拝殿があります。参拝します。confident

20170105_kaidan_2

拝殿がある上から、下を眺める。結構登るな。snowboard

20170105_saru

何故か、お猿さんも祀っています。pig

20170105_kaguraden

神楽殿があります。notes

20170105_lake

和風庭園のような池があります。mist

という事で、天然記念物「極相林」を形成する、浅間神社を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「【常磐線開業120周年】古き良き松戸の歴史と、知られざる戸定邸を訪ねて」に参加してきた(2016.12.10)。」へどうぞ。paper

「浅間神社」(せんげんじんじゃ) 〒271-0093 千葉県松戸市小山664 TEL:047-360-2261 JR常磐線・新京成線松戸駅から徒歩約18分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 4日 (水曜日)

初詣、久伊豆神社へ参拝してきた2017。

越谷市にある総鎮守。shadow

20170104_hisaizu_jinjya

さて、やってきたところは、埼玉県越谷市にある「越ヶ谷久伊豆神社」です。「久伊豆」は「ひさいず」と読む。正月三が日、参拝に行ってきたよ。chick

読み方を変えると「くいず神社」とも読めるので、クイズ大会に出場する人や入試の合格祈願に訪れる参拝者が多いようです。school

20170104_sandou2

午後訪れたのだが、車を臨時駐車場である越ケ谷高校に入れるのに約40分程。やっぱり、多くの人が訪れるね。gemini

20170104_sandou

参道の露店は、グルメ食欲そそるね。持ち帰りでいくつか購入しました。restaurant

という事で、初詣、久伊豆神社へ参拝してきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

「久伊豆神社」(ひさいずじんじゃ) 〒343-0024 埼玉県越谷市越ヶ谷1700 TEL:048-962-7136 東武スカイツリーライン北越谷駅より徒歩約15分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 3日 (火曜日)

松龍寺を訪れた2016。

徳川家将軍の鷹狩り休憩地。down

20170103_syouryuji

さて、やってきたところは、千葉県松戸市にある松龍寺です。慶長18年(1613)、高木九兵衛正次公が建立。松戸宿代々の名主の墓がある浄土宗の寺。当時、広大な土地で景観が良かったことから、徳川家歴代の将軍家の鷹狩りの際に休憩所として使われた。毎年2月中旬ごろ坂川沿道で、早咲きの河津桜が咲き、夏には、参道で江戸時代から続く「献灯まつり」「とうもろこし市」や「四萬六千日」が行われ多くの人で賑わう。building

20170103_tokugawa_kamon

門には、徳川家の家紋がありますね。leo

20170103_odou

本堂にて参拝。confident

20170103_asama_jinjya

天明4年(1784)籾穀塚稲荷(旧松戸2丁目)の境内の籾殻から聖観世音菩薩が現れ当寺に祀られる。fuji

毎年八月十日の四万炉六千日の縁日には、籾穀塚聖観世音菩薩、子育て観音参りの善男・善女が参詣され、種子が大井実をもつとうもろこしは雷除けになると伝われ、門前参道では「とうもろこと市」が伝承されている。tennis

20170103_kane

境内には鐘があります。bell

という事で、松龍寺を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「【常磐線開業120周年】古き良き松戸の歴史と、知られざる戸定邸を訪ねて」に参加してきた(2016.12.10)。」へどうぞ。paper

「松龍寺」(しょうりゅうじ) 〒271-0092 千葉県松戸市松戸1505 TEL:047-362-6213 JR常磐線・新京成線松戸駅西口から徒歩約11分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 2日 (月曜日)

江戸川土手から眺める初日の出2017。

平成29年酉年、初日の出を見に行ってきたよ。fuji

20170102_hinode_1

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市、江戸川土手です。2017年初日の出を拝みに、朝寒い中訪れた。土手上には、初日の出を拝もうとたくさんのギャラリーがいますな。sun

2017年元旦の三郷市の日の出時刻は、6時51分。それまでには、土手に着いておきましょう。今年は天気良く晴れ。日の出観覧日和ですな。scissors

そして、6時57分、待ちに待った最初の太陽が顔出してきました。gemini

20170102_hinode_2

6時58分、じりじりと太陽が出てきてまばゆい光を放つようになってきた。sagittarius

20170102_hinode_3

みるみる太陽が登ってきました。snowboard

今年も良い年でありますように~。パチパチ♪。ご利益あるかなぁ...。confident

20170102_hinode_4

江戸川土手からの眺めでも、ところどころ建物等、日の出がみづらい地点もあるのでご注意を。やっぱり、人が固まっている付近が見所ポイントだね。eye

20170102_garally

日の出前の土手上の写真。初日の出を見ようと、横ずらりとギャラリーが集まっています。gemini

20170102_road

日の出を見たら、皆さんぞろぞろと帰りだしました。7時10分には、ほとんどいなくなったな。外の気温は3度くらいで冷えたが、風が無く、日の出鑑賞には良かったです。2017年酉年も良い年になますように。cat

という事で、江戸川土手から初日の出を眺めたレポでした~。happy01

ちなみに、過去初日の出レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日曜日)

あけましておめでとうございます2017。

2017年酉年スタートです。chick

20170101_sandou

あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。chick

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にある丹後稲荷神社です。紅白を見終えた後、初詣参拝に来ました。cancer

20170101_haiden

狛狐の先には、朱色に塗られた拝殿があります。drama

参拝客が参道に列をなす。待つ間は、温かい甘酒配布がありますよ。bottle

20170101_tango_jinjya

参拝を終え帰宅の途へ。shoe

2017年、平成29年酉年はどんな年になるでしょうか。良い年になりますように。頑張りましょう!。scissors

「丹後稲荷神社」 〒341-0018 埼玉県三郷市早稲田8-17-8 JR武蔵野線三郷駅から徒歩約22分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »