« 快速氏家雛めぐり号に乗車してきた2016。 | トップページ | 川越菓舗「道灌」で、おさつパイといもムース餅を食べてみた2016。 »

2016年2月 8日 (月曜日)

川越城本丸御殿を訪れた2016。

本丸御殿が現存する数少ない貴重な遺構です。ship

20160124_kawagoejyou

さて、やってきたところは、埼玉県川越市にある川越城本丸御殿です。本丸御殿とは、城主の住居であり、城主の仕事や家臣が常駐する城の中心的役割を持つ。現在、本丸御殿が現存するのは高知城と川越城のみ。東日本では唯一現存する本丸御殿なのだ。wink

20160208_rouka

入館料は100円。では、見学していこう。川越城本丸御殿は、江戸時代の嘉永元年(1848年)に入母屋造りで建てられた。この東廊下は幅3mと幅広だぁ。TBSドラマ「JIN」の撮影ロケにも使用された。snail

20160208_niwa_1

庭には、数日前に降った雪が少し積もっているままだね。snow

20160208_ima

こちらは、家老詰所。畳の上に座り、ここからお庭を眺めてみよう。japanesetea

20160208_hansei

ここで、家老たちは藩政を行っていました。江戸湾警備のため、いろいろと打ち合わせ中...。libra

20160208_niwa_3

雪が積もる庭の景観はまた趣きを感じる。cute

20160208_niwa_2

中庭の和風庭園もいいね。pisces

20160208_heya

こちらは大広間。36畳の広さがあり、来客の際に城主が来るまでの待機部屋として使われていたようです。sandclock

20160208_fusuma

襖に描かれた杉戸絵は見事な感じである。scissors

20160208_monato

本丸御殿の少し北側には、川越城本丸門跡があります。door

という事で、川越城本丸御殿を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

「川越城本丸御殿」 〒350-0053 埼玉県川越市郭町2-13-1 TEL:049-222-5399(川越市立博物館) 9時~17時 休館日:月曜・年末年始 入館料100円 西武新宿線本川越駅より徒歩約23分

|

« 快速氏家雛めぐり号に乗車してきた2016。 | トップページ | 川越菓舗「道灌」で、おさつパイといもムース餅を食べてみた2016。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102007/63180155

この記事へのトラックバック一覧です: 川越城本丸御殿を訪れた2016。:

« 快速氏家雛めぐり号に乗車してきた2016。 | トップページ | 川越菓舗「道灌」で、おさつパイといもムース餅を食べてみた2016。 »