« 栗橋関所跡を訪れた2015。 | トップページ | 第2回ご当地鍋フェスティバル@日比谷公園に行ってきた2015。 »

2015年12月 6日 (日曜日)

駅からハイキング「【栗橋駅開業130周年記念】栗橋関所・静御前を偲ぶ、利根川散歩」に参加してきた(2015.10.17)。

日光街道7番目の宿場町「栗橋宿」周辺を歩きます。pisces

20151206_utunomiya_line

さて、JR宇都宮線に乗って栗橋駅を訪れた。週末恒例の駅ハイ参加の為にやってきた。今回のコースは、2015年10月17日(土)開催、駅からハイキング「【栗橋駅開業130周年記念】栗橋関所・静御前を偲ぶ、利根川散歩」です。乗車してきた車両はE231系でした。train

左を見ると、東武特急スペーシアが通過していった。栗橋駅はJR宇都宮線と東武日光線が乗り入れているのだ。bullettrain

20151206_jyoumuin_norikae

平成18年(2006年)にJR東日本と東武鉄道との間に連絡線が設置され、直通特急「(スペーシア)日光・きぬがわ」が運行開始されました。栗橋駅の連絡線には、乗務員乗り換え用のホームが設置されている。music

20151206_130th_anniversary

2015年7月は、宇都宮線開業130周年である。明治18年(1885年)に日本鉄道大宮~宇都宮間が開業され、開業と同時に栗橋駅も誕生しました。なので栗橋駅も130周年である。birthday

20151206_kaisatuguti

栗橋駅の改札口上部には、歓迎幕が掲げられていました。受付場所は東口で案内されていたが、西口ロータリーに変更されました。ticket

20151206_tetudou_musume

改札口を出ると鉄道むすめがお出迎え。栗橋みなみ(左)と栗橋あかな(右)です。virgo

20151206_uketuke

受付を済ませ、コースマップ等を取得した。memo

20151206_kan_batch

恒例の缶バッチは、E233系(中央線)でした。present

20151017_kurihasi

今回のウォーキングコースルート。foot

義経と静御前の悲恋のなごりを残す「静御前の墓」、江戸幕府が治安維持に目を光らせた日光街道の要衝・栗橋宿をめぐり、利根川堤防から赤城山・日光連山、筑波山の山並み遠望が楽しめるコースです。karaoke

20151206_kurihasi_st_west

今回は、埼玉県久喜市栗橋地区を歩く、約8kmのウォーキング。頑張って歩きましょう。栗橋駅西口からスタートです。rock

20151206_tobu_kaisoku

東武線沿いに歩いていく。6050系快速東武日光・新藤原行きが通過していった。train

20151206_tunnel

おぉ、制限高2.1mのトンネル。いいね。ここは通らず、ひたすら線路沿いを歩いていく。subway

20151206_tobu_10050

栗橋駅へ向かう普通新栃木行き。10030系50番台。ここで、東武線沿いを一旦離れる。train

20151206_fumikiri_1

島中領用水路沿いを歩く。JR宇都宮線鹿取踏切を渡ります。chick

20151119_bunka_hall

コースポイントone箇所目は、「吉田家水塚 総合文化会館」です。栗橋駅から14分。こちらは、栗橋文化会館(イリス)です。event

20151119_yoshidake_mituka_1

栗橋文化会館イリスの敷地内に吉田家水塚があります。「よしだけみつか」と読む。平成16年度からの利根川堤防強化対策事業に伴い、平成24年3月に現在地へ移設・復元されました。毎週木・土・日曜に一般公開され見学する事ができます。では、早速中を伺ってみよう。penguin

20151119_kura_1

水塚(みつか)は「みづか」とも言います。洪水に備えて屋敷内に盛り土をして築いた高台、又はその上に築いた建物をあわせていうこともあります。水害の多かった関東地方の低地部に多く見られます。house

高さ約2m大谷石を積んだ塚の上には、江戸時代末期の建築と推定される「大蔵」、明治37年の梁墨書を有する「向う蔵」の2つの蔵が建ち並んでいます。商家の水塚としては市内で唯一現存する水塚と考えられています。key

20151119_tatemononai

蔵の中にも入る事ができます。水塚の蔵内1階部分では栗橋地区の歴史や民俗に関する展示を行っています。book

20151119_kabe_danmen

これは、大蔵の壁の断面です。aquarius

20151119_kura_2kai

階段を仮設されていて、2階にも登れるようになっているが立ち入り禁止となっている。ban

20151119_mukasi_photo

吉田家水塚は日光道中栗橋宿内の商家吉田家の敷地内に築かれていました。subway

20151119_yoshidake_mituka_3

駐車場と隣接しているので、建物を写真を収めるには駐車している車が入り込んでしまうのが残念...。weep

ちなみに、ここでの詳細レポは、「吉田家水塚を訪れた2015。」へどうぞ。paper

20151206_route_125

国道125号線と立体交差する。cancer

20151206_omotenasi_1

おもてなしポイント、駅からハイキング麦茶サービス所に到着。parking

20151206_omotenasi_2

熱い麦茶と冷たい麦茶、両方が用意されていた。japanesetea

20151206_kurihasi_sisyo

コースポイントtwo箇所目は、「栗橋総合庁舎」です。吉田家水塚から5分。ここの駐車場がおもてなし給水ポイントです。麦茶頂き、ちょいと休憩。japanesetea

20151120_akahanasoba_1

コースポイントthree箇所目は、「赤花そば畑」です。栗橋総合庁舎から4分。平成9年(1997年)から、農業振興とまちおこしを目的に、赤花そばづくり実行委員会によって栽培がおこなわれており、畑一面に、目もあざやかな赤い花畑となります。tulip

20151120_akahanasoba_3

赤花そばは、タデ科ソバ属の一年草です。高さが40~50cm程の矮性の晩生種で、ふつう9月から10月ごろ、ピンク色から赤色の花を咲かせます。apple

20151120_akahanasoba_2

この畑で栽培されている赤花そばはヒマラヤ山脈のふもと、ネパールが原産地です。信州大学で10年あまりの歳月をかけて開発され、「高嶺ルビー」と名付けられました。ring

20151120_akahanasoba_5

ピンク色のちょこんとした花びらが、なんともかわいらしいね。virgo

20151120_akahanasoba_4

今年は台風や連日の雨で、全体的に生育のよくない状況だそうです。大雨の影響で、種まきが9月中旬になってしまい、10月中旬頃見頃を迎えました。birthday

ちなみに、ここでの詳細レポは、「赤花そば畑を訪れた2015。」へどうぞ。paper

20151206_syaryoukanku

東武日光線第85号踏切道を渡る。先を見ると、東武鉄道の車両基地があるね。南栗橋車両管区だ。subway

20151206_hatake

畑が広がるのんびり風景。てくてく歩いていく。club

20151206_sukezaemon_1

なんか古そうな橋を歩き渡ります。snail

20151206_sukezaemon_2

この橋、助左ヱ門橋と言う。まっすぐ、水路が続く。aquarius

20151121_miokuriinari_1

コースポイントfour箇所目は、「会津見送り稲荷」です。赤花そば畑から20分。民家の中にあるお稲荷様。ちょいと、お邪魔してみましょう。penguin

20151121_miokuriinari_3

江戸時代、徳川幕府が参勤交代制をとっていたころ、会津藩の武士が藩主江戸参向に先立ち、先遣隊として江戸へ書面を届けるためこの街道を栗橋宿下河原まで来たところ、地水のため通行できず、街道がどこかわからずたいへん困っていると、突然白髪の老人が現われて道案内してくれた。お陰で武士は無事に江戸へ着き、大事な役目をはせた、という。crown

また、一説には、この地で道が通行できずに大いにあせり、そのうえ大事な物を忘れたことに気がつき、困りはてたすえ、死を決意した時、この老人が現われ藩士に死を思い止まらせた、ともいわれている。eyeglass

20151121_miokuriinari_2

のちになって、この老人は狐の化身とわかり稲荷様として祭ったものである。shadow

会津見送り稲荷の内殿及び御神体は、市指定史跡となっている。building

20151121_kousintou

庚申塔があります。bag

ちなみに、ここでの詳細レポは、「会津見送り稲荷を訪れた2015。」へどうぞ。paper

20151206_beisia

国道4号線栗橋東交差点を渡ると、スーパーセンター「ベイシア」がある。24hours

20151125_tonegawa_1

コースポイントfive箇所目は、「利根川堤防」です。会津見送り稲荷より10分。利根川の土手を少し歩きます。shoe

20151125_tonegawa_2

利根川の流域は1都5県(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京)にまたがり、全国一の広さ(16,845平方km)となっています。利根川は、古くから日本一の大河川という意味を込めて「坂東太郎」と呼ばれ人々に親しまれてきました。japanesetea

20151125_sinkansen

後ろを振り返ると、東北新幹線新利根川橋梁が見えます。新幹線が通る音は聞こえるけど、暴風壁で車両が見えずらいんだよなぁ。bullettrain

20151125_sakura_2

土手を北の方向へ歩いていきます。先に見える木は、桜の木ですね。cherryblossom

20151125_sakura

春になると、緑の草が生える土手に、桜のピンクの花びらが綺麗なコントラストになる事でしょう。花見にも良さそうだ。cherryblossom

20151125_tonegawa_3

先に見える国道4号線の新利根川橋。その手前で土手歩きは終え、階段で降ります。club

20151125_kaidan

土手の階段を降りていきます。snowboard

20151125_dote

昔は洪水の被害も多かったこの地域。昭和22年カスリーン台風による被害は甚大だったようです。その為、利根川堤防ができました。現在も、利根川堤防強化事業が行われているみたいだ。wrench

ちなみに、ここでの詳細レポは、「坂東太郎、利根川土手(栗橋地区)を歩く2015。」へどうぞ。paper

20151206_tunnel_2

国道4号線の下、狭いトンネルを通り抜けます。bomb

20151206_kurihasisyuku_1

旧日光街道栗橋宿付近を歩いていきます。drama

20151206_kensyouji

こちらは、顕正寺。(けんしょうじ)。浄土真宗で本尊は阿弥陀如来。池田鴨之介の墓地。くりはし八福神の毘沙門天。clover

20151206_jyousinji

こちらは、浄信寺です。浄土宗で本尊は阿弥陀如来。梅澤太郎右衛門の墓地。くりはし八福神の寿老人。clover

20151126_jinkouji_1

コースポイントsix箇所目は、「深廣寺(六角名号塔)」です。利根川堤防から10分。「じんこうじ」と読む。diamond

20151126_jinkouji_2

無涯山単信院と称し、400年もの歴史がある寺だ。event

20151126_hondou

本堂にて参拝。think

二代目住職の像と言われる、木造単信上人椅像が安置されている。彩色寄木造で江戸期の作、像高75.8cm、円頂、玉眼、胸前で合掌し、椅子に座した姿で厨子に納められています。本像は、毎年12月2日「単信様」の祭礼時に御開帳されます。shadow

20151126_tou_2

深廣寺境内にて、すぐ目に付くのはコレでしょう。市指定有形文化財(歴史史料)である六角名号塔です。「ろっかくみょうごうとう」と読む。clover

20151126_tou_1

この塔は、深廣寺二代住職単信上人が伊豆より大石を船で持ち帰り、供養塔を二十基建立、その後、九代住職法信上人が一基建立したものである。ship

20151126_tou_3

六角名号塔は、総高約360cm、一面の幅約50cm、六面からなる石塔で、「南無阿弥陀仏」の名号が刻まれている。pencil

20151126_tou_setumei

基礎部右側面の地名の表記が、「武蔵野国新栗橋」、「武州栗橋」となっている。sandclock

20151126_ebisusama

深廣寺の境内入口には、くりはし八福神の恵比須様が祀られている。七福神の中で唯一の日本の神様で、釣竿に鯛を抱える姿でお馴染み。商売繁盛・産業隆盛に御利益ありだ。それにしても、鯛がどデカイなぁ。fish

ちなみに、ここでの詳細レポは、「六角名号塔がある深廣寺を訪れた2015。」へどうぞ。paper

20151127_kurihasijyuku

旧日光街道栗橋宿提灯ライトアップ2015、夜になるとこの通りは提灯明かりを灯すようだ。(2015年は10月4日~10月18日・18時~20時)。flair

20151127_houraiya_2

コースポイントseven箇所目は、「お休み処 宝来屋」です。深廣寺から8分。和菓子屋さんですね。お休み処、ちょいと店内に入ってみよう。penguin

20151127_dango

店内にはイートインスペースがあります。なので、店内で頂きました。お団子はお皿で提供され、温かいお茶も頂けた。では、ぱくっ。みつだんごは、定番のみたらし団子ですね。お茶と共に落ち着く~。delicious

宝来屋は和菓子の製造・販売している。自慢の逸品は「八坂の栗っ子」。八坂神社の名にちなんで名づけた焼饅頭で、丹波栗をまるごと一粒入れたバター風味の上品な味わいなんだそうだ。cake

ちなみに、ここでの詳細レポは、「宝来屋で、みたらし団子を食べる2015。」へどうぞ。paper

20151205_kurihasi_sekisyo_ato_1

コースポイントeight箇所目は、「栗橋関所跡」です。宝来屋から3分。江戸幕府は交通統制と治安維持の為に、主要な街道が国境の山地や大河川を越す用地に関所を設け、特に「入り鉄砲と出女」を取り締まった。libra

20151205_kurihasi_sekisyo_ato_2

栗橋関所は、日光街道が利根川を越す要地に「利根川通り乗船場」から発展した関所の一つで「房川渡中田・関所」と呼ばれた。東海道の箱根、中仙道の碓氷と並んで重要な関所であったという。leo

20151205_kurihasi_sekisyo_ato_3

関所の位置は、現在の堤防の内側で利根川のほとりにあり、寛永年中に関東代官頭の伊奈備前守が番士四人を置いた。以後、番士は明治二年関所廃止まで約250年間、代々世襲で勤めた。cancer

現在、栗橋関所跡として残されているのは、ここの記念碑のみです。ring

ちなみに、ここでの詳細レポは、「栗橋関所跡を訪れた2015。」へどうぞ。paper

20151205_route_4

栗橋関所跡碑先の土手を登ってみると、国道4号線利根川橋南詰交差点が見える。ここから、利根川橋で利根川を渡り、茨城県古河市に入る。昔は、渡しで川を行き来していたんだな。yacht

20151205_isseki_hakkutu_1

土手上から関所跡を眺める。その先、囲いで覆われています。そこでは、....。danger

20151205_isseki_hakkutu_2

遺跡の発掘調査が行われています。歴史的な遺跡が発掘されるだろうか?。school

20151203_torii

コースポイントnine箇所目は、「八坂神社」です。栗橋関所跡から0分。栗橋町のシンボル的神社である。石造の鳥居をくぐり、参道を歩いて行きましょう。snail

20151203_torii_2

この神社の神様は、慶長年間に利根川の洪水のとき渺々たる水波の中を鯉と亀とが運んできたものと伝えられています。この由緒ある神社に御参詣して招福・除災の霊験あらたかな鯉を撫で身体をさすってくださいとの事。fish

20151203_haiden

拝殿にて参拝。confident

20151203_koi

拝殿前には2対の鯉が鎮座している。下に亀もいるよ。snail

20151203_gosinboku

こちらは、ご神木。立派な大きな木ですな。xmas

20151203_honden

拝殿の奥にある本殿。drama

20151203_keidai

境内は緑の木々に覆われている。八坂神社社叢ふるさとの森に指定されている。樹齢約300年のケヤキをはじめ、50年以上の木が生育しています。xmas

20151203_suijyunten

境内には、水準点があります。wheelchair

20151203_mikosi

この神輿は、八坂神社の夏祭り(神幸祭)の神輿である。明治天皇が行幸の祈り、河中で奉舁渡御し、勇壮な神輿振りが、天覧に供されたと言い伝えられている。bag

利根川土手下に位置する八坂神社。栗橋地区堤防強化工事の為、八坂神社は移築される予定との事。森の中のいい雰囲気なんだけどね。cat

ちなみに、ここでの詳細レポは、「栗橋のシンボル、八坂神社を訪れた2015。」へどうぞ。paper

20151204_houjidoike_1

コースポイントonezero箇所目は、「宝治戸池」です。八坂神社から6分。住宅街の中に池が出現したぞ。mist

20151204_houjidoike_2

宝治戸池は「ほうじどいけ」と読む。栗橋地区に位置し、川の氾濫でできあがった池だ。pisces

20151204_houjidoike_3

寛保2年(1742年)に発生した浅間川(利根川旧流路の一つ)の氾濫により形成された池である。かつては現在よりも広い池であったが、埋め立てなどにより今日では周囲が約350m程となっている。birthday

別名として大池(おおいけ)とも称されている。pencil

20151204_bard

結構、水鳥さんが飛来してきています。水上を泳いだり、空を飛びまわったり..。chick

20151204_kame

おぉ、亀さんも気持ち良さそうに泳いでいるよ。snail

20151204_houjidoike_4

池にまつわる伝承として、「金の延べ棒が池底に沈んでいる。」というものがあるそうだ。しかし、潜水夫が池を調査したが発見はできなかったようである。dollar

ちなみに、ここでの詳細レポは、「宝治戸池を訪れた2015。」へどうぞ。paper

20151206_mayoi

宝治戸池を出て、地図上では左折するのだが、左折ポイントがあいまいな表示になっている。曲がるのか、もう1本まっすぐ進むのか、参加ウォーカーも迷い立ち止まる人が多かった。いつもの、あの矢張りが無いんだよね。勘でもう1本真っ直ぐを選択したら、案の定、住宅街袋小路。う~ん、選択失敗。泣く泣く戻る...。crying

20151206_komiti

コースポイントoneone箇所目は、「鎌倉古道のなごり」です。宝治戸池から5分。この通りが、地図上では鎌倉古道のなごりとなっているが、何だか不明。danger

20151206_touri

駅前の通りを歩いていきます。flag

20151020_manrai

手打ちラーメン萬来では、正油ラーメンやみそラーメンが割引で提供のようで、行列が出来ているね。noodle

20151020_maku

この日は、今回で23回目を迎える静御前まつりが開催されました。foot

20151020_sizukagozennohaka_2

コースポイントonetwo箇所目は、「静御前墓所」です。鎌倉古道のなごりから4分。干ばつが続いた為、静御前が雨乞いの舞をしたら激しく雨が降り出したいう伝えがある。源義経の寵愛を受けていた。virgo

静御前はここ栗橋で亡くなられたとの事。静御前のお墓の前で、手を合わせてきました。bud

20151020_photo_bord

記念撮影用ボードが設置されていた。なかなか凛々しいこと。camera

20151206_cyuusenjyo

ここでは、駅からハイキング抽選所があります。ガラガラを回して景品を当てよう!。エイッ!.....。残念、ポケットティッシュでした。cd

20151020_shop

クラッセくりはしでは、グルメの販売があり、飲食用のテントも設置されている。yacht

20151020_gurumet

商店街ならではの楽しみ。惣菜食べ歩きだ。できたての焼き鳥とハムカツを味わった。pig

20151020_parade_1

ゴールとなる栗橋駅に到着。静御前まつりのメインイベントである静御前絵巻パレードが行われました。golf

20151020_yoshitune

先頭には、馬に乗った源義経が。leo

20151020_sizukagozen_1

そして、静御前がやってきた。virgo

その後には、袙姿や童子、白拍子が続く。chick

20151020_parade_3

すぐ折り返して、戻ってきました。パレードの最中、特設ステージでは、さくまひできさんのライブがあり。いい歌声です。notes

20151020_parade_2

最後は、千年の宴の前で記念撮影。camera

20151020_wadaiko

特設ステージでは、阪東太鼓の披露がありました。slate

ちなみに、ここでの詳細レポは、「第23回静御前まつりを訪れた2015。」へどうぞ。paper

栗橋駅をスタートしてからゴールの栗橋駅に戻って来るのに、3時間2分かかりました。motorsports

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:14629歩 消費カロリー:750.3kcal 消費脂肪量:107.1g 歩行距離:11.11km 歩行時間:2時間6分 平均時速:5.27km/h エクササイズ量:7.8Exinfo02

20151206_beer

お腹空いたので、駅前の居酒屋さんで燃料補給。歩いた後は、美味しい~。beer

20151206_toubu_line

帰りは、東武日光線を利用しました。栗橋駅をあとにしました。train

今回の駅ハイ参加で、今シーズン(2015年度)参加回数は9回目、駅ハイポイントは2ポイント加算して、合計24ポイントになりました。dollar

今回は、埼玉県久喜市栗橋の駅ハイ。栗橋駅の駅ハイは初めての参加でした。ちょっとしたポイントが点在しているので、意外と興味引くウォーキングになったな。dog

さて、次回の駅ハイ参加レポは、埼玉県吉川市。JR武蔵野線吉川駅からぐるり歩く毎年訪れる馴染みのコースです。お楽しみに。happy01 scissors

ちなみに、立ち寄り詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20151206_map

JR東日本・駅からハイキング No.04511  「【栗橋駅開業130周年記念】栗橋関所・静御前を偲ぶ、利根川散歩」 2015年10月17日(土)実施 所要時間:約3時間(施設での見学時間含む) 歩行距離:約8kminfo02

スタート:栗橋駅→①吉田家水塚 総合文化会館→②栗橋総合庁舎→③赤花そば畑→④会津見送り稲荷→⑤利根川堤防→⑥深廣寺(六角名号塔)→⑦お休み処 宝来屋→⑧栗橋関所跡→⑨八坂神社→⑩宝治戸池→⑪鎌倉古道のなごり→⑫静御前墓所→ゴール:栗橋駅info02

(各写真画像をClickすると4倍拡大表示します)search

|

« 栗橋関所跡を訪れた2015。 | トップページ | 第2回ご当地鍋フェスティバル@日比谷公園に行ってきた2015。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102007/62811002

この記事へのトラックバック一覧です: 駅からハイキング「【栗橋駅開業130周年記念】栗橋関所・静御前を偲ぶ、利根川散歩」に参加してきた(2015.10.17)。:

« 栗橋関所跡を訪れた2015。 | トップページ | 第2回ご当地鍋フェスティバル@日比谷公園に行ってきた2015。 »