« 矢島園のグリーンソフトを食べ歩き2015。 | トップページ | 天然記念物モクコクがある、馬蹄寺を訪れた2015。 »

2015年6月21日 (日曜日)

駅からハイキング「青べか物語の浦安 歴史文化ハイキング」に参加してきた(2015.05.30)。

青べか物語の舞台「浦安」を歩きます。fish

20150621_musasino_205

さて、JR京葉線に乗ってやってきたところは、新浦安駅です。週末恒例の駅ハイに参加してきたよ。今回参加のコースは、2015年5月30日(土)開催、駅からハイキング「青べか物語の浦安 歴史文化ハイキング」です。shoe

乗車してきた車両は、オレンジ色帯の武蔵野線直通205系です。train

20150621_kangei_maku

ようこそ!新浦安駅へ!。改札口付近には、駅ハイ歓迎幕が掲げられていた。sagittarius

20150621_photo_spot

JR東日本千葉支社マスコットキャラクター「駅長犬」がいたよ。駅ハイボードと一緒に記念撮影が出来ました。dog

20150621_ekimae

新浦安駅前は、近くに東京ディズニーランドがあるので、大きなホテルが連なるな。hotel

20150530_sinurayasu

今回のコースルートです。かつては、江戸前の海産物を水揚げする漁港として栄え、小説「青べか物語」の舞台で作家・山本周五郎が愛した町「浦安」を巡る旅。コース途中のイベント「カフェテラスin境川」では、グルメや嫁入り舟も楽しめます。boutique

20150621_shin_urayasu_st_1

今回は約7kmのコース。実質的には10kmあるが...。新浦安の駅ハイは5年ぶりに歩くよ。では、頑張って出発!。rock

20150602_wakasio_park_1

コースポイントone箇所目は、「若潮公園」です。新浦安駅から5分。ヤシの木があり、南の雰囲気があるな。晴天に合うね。club

20150602_wakasio_park_2

新浦安駅近くにあり、緑の広場がある市民の憩いの場だな。club

20150602_wakasio_park_3

緑の広場の中央には、小高い山があるよ。登ってみよう。澄んだ青空がいいね。fuji

20150602_wakasio_park_4

ベイエリア新浦安にあるので、公園周辺は高層マンションが建ち並ぶ。緑があるから癒しのスポットだろう。building

20150602_wakasio_park_5

館内施設もあり、体験学習も充実しています。school

20150602_yagi

若潮公園には、なんと動物広場があるよ。おっ、ヤギさんがくつろぎ中...。japanesetea

うさぎのふれれあいもできます。chick

20150602_kapibara_1

ぬくぬくしているカピバラさんたちもいるよ。pig

20150602_kapibara_2

カピバラさん、入浴タイム終了みたい。spa

20150602_pony

ポニーの乗馬もできるよ。もう、公園に小動物園がやってきた感じだ。horse

20150602_koutu_park_1_2

若潮公園にはさらに、交通公園も併設されています。自転車やカートなどがあり、信号機も付いているから、交通ルールの勉強にもなるよ。signaler

ちなみに、ここでの詳細レポは、「ヤギやカピバラがいる若潮公園を訪れた2015。」へどうぞ。paper

20150602_fish_2

おっ、この緑のオブジェは魚さんだ。ギョッ。fish

20150602_flower

色鮮やかな花壇もあり、和ませますな。tulip

20150621_road_01

境川沿いを歩いていきます。市役所方面へ向かうよ。boutique

20150621_sicyousya

こちらは、浦安市役所。現市庁舎の隣りでは、新市庁舎が建設中です。新市庁舎は2016年3月竣工予定だ。building

20150607_hakubutukan_2_2

コースポイントtwo箇所目は、「浦安市郷土博物館広場」です。若潮公園から15分。libra

20150621_uketuke

ここが、受付会場となります。受付を行い、コースマップやパンフレット等を取得した。cake

20150621_kan_batch_1

恒例の缶バッチがどさ~っと。どれか1つ選びましょう。aquarius

20150621_kan_batch_2

今回の缶バッチは、485系です。雪山をバックにいいね。snow

20150607_hakubutukan_1

浦安市郷土博物館に入ってみよう。入館無料。building

さまざまな昔の生活体験ができる市民参加の体験型博物館です。屋外展示場「浦安のまち」・船の展示室「海を駆ける」・テーマ展示室「海とともに」と3つのテーマがあります。run

20150607_tenji_1

浦安市郷土博物館のメイン施設はコレ!。屋外展示場「浦安のまち」です。浦安がかつて漁師町として最も活気に満ち溢れた昭和27年ころの町並みが再現されています。drama

20150607_tetemono_2

タイムスリップした感じだね。左に船宿、右にたばこ屋があります。hotel

20150607_turibune

浦安を代表する船「ベカ舟」。一人乗りの海苔採り用(ノリベカ)の木造船で、東京湾で使用される船の中では一番小さな船です。yacht

20150607_engin

こちらは、焼玉エンジン。flair

20150607_komiti_1

狭い路地の先にあるものは...。denim

20150607_sentou

おっ、銭湯があるね。spa

20150607_sentou_2

古き良き浦安の姿ですな。三丁目の夕日?のような...。japanesetea

20150607_komiti_2

おっ、茅葺の家も。江戸時代末期ごろの建築のようだ。house

20150607_movie

映画のポスター。時代を映すね。movie

20150607_toufu

堀江フラワー通りにある豆腐屋をモデルにして建築した「下総屋」だ。bread

このあと、館内施設も見学してきました。school

ちなみに、ここでの詳細レポは、「浦安市郷土博物館を訪れた2015。」へどうぞ。paper

20150606_stage_1

コースポイントthree箇所目は、「「カフェテラスin境川」会場」です。浦安市郷土博物館広場から3分。bar

水上特設ステージでは、「UMA」のステージが行われていた。浦安マリンエンジェルスネオと言う浦安を拠点とするアイドルグループでしょうか?。virgo

おっ、Eボートがステージ前を通過していく...。yacht

20150621_sakaigawa_1

境川沿いは、オープンテラスが特設され、グルメなどが楽しめるようになっています。また、ここに戻ってくるので、先へ行きましょう。music

20150621_sakaigawa_2

境川沿いを歩いていきます。境川は、江戸川の支流で、浦安市中央を西から東へ流れ、東京湾へ注いでいます。pisces

20150621_kai

あらっ、貝がどっさり..。中身は無いけど...。bomb

20150621_sakaigawa_3

境川、その先を見ると、東京スカイツリーがちょこんと見えるぞ。building

ここ境橋付近は、境川のなかで最も川幅が狭いところで、かつては「おっぱらみ」と呼ばれていました。sagittarius

20150621_tougakuji

こちらは、東学寺です。sports

20150621_syoufukuji

こちらは、正福寺です。t-shirt

20150621_flower_road

コースポイントfour箇所目は、「フラワー通り」です。このほっとする街、堀江フラワー通りには、いくつもの古い建築物が残されています。fastfood

20150610_iin_1

もみじ広場には、ちょっと珍しい感じの建物があるな。house

20150610_iin_7

この建物は、旧濱野医院です。浦安で最初の洋風建築物で、昭和4年(1929年)に建てられました。医院部分は洋風、住宅部分は和風になっていて、建築上の工夫がなされている。event

現在、この施設は、堀江つどいの広場・旧濱野医院として平成25年6月1日にオープンしました。中を見学ができるという事で、入ってみよう。door

20150610_iin_5

こちらは、診察室。町の中のお医者様がいる懐かしい雰囲気。hospital

20150610_iin_4

こちらは、待合室。chair

20150610_iin_6

奥へ進むと、住居部分となる。一転して、和室だね。趣きあるなぁ。japanesetea

ちなみに、ここでの詳細レポは、「浦安の古い建築物、旧濱野医院を見学してみた2015。」へどうぞ。paper

20150617_jyuutaku_2

フラワー通りを歩いていると、旧大塚家住宅への案内看板が設置されています。行ってみよう。chick

20150617_road

細い路地を進んで行って、境川沿いにあります。snail

20150617_jyuutaku_1_2

漁業を生業としていた旧大塚家は、江戸末期の建築とされる茅葺き屋根の木造平屋。大塚家は屋号を「兵左衛門」と称し、周囲からは「ショウゼムドン」と呼ばれていました。fish

20150617_room

漁業と農業を営み浦安では比較的大きな規模の住宅だ。間取りは中央に大きな居間があり。flag

20150617_room2

ボランティアの方が、丁寧に解説してくれました。karaoke

20150617_room3

この住宅の特徴は、屋根裏2階を設け度重なる洪水の際に家財道具などをしまう工夫がなされていたり、神棚と仏壇が一緒に設けられている。また、建物廻りの貝殻が舗装の役目をしている。ear

ちなみに、ここでの詳細レポは、「旧大塚家住宅を訪れた2015。」へどうぞ。paper

20150621_sentou

フラワー通りには、銭湯もあるんだね。さすが漁師町。見た目、閉店ぽいが...?。spa

20150603_udagawake_1

この建物は、旧宇田川家住宅です。明治2年(1869年)宇田川古蔵が建てた家で、現存する民家で建築年代がはっきりわかるものとしては、市内最古のものです。house

20150603_udagawake_5

入館無料です。では、中を見学してみよう。入口は低いので、頭ぶつからないように、ご注意を。danger

20150603_udagawake_2

宇田川家は江戸時代に名主の家から分家し、屋号を「藤村屋」といいました。来屋、油屋、雑貨屋、呉服屋と商家として使われてきましたが、大正三年(1914年)、店の一部を改造し、浦安郵便局を開局しました。hospital

20150603_e

良さげな屏風ですね。art

明治21年(1946年)には宇田川喜作が診療所を開き、48年(1973年)まで医院として使われてきました。school

20150603_tansu

なかなかな箪笥だこと...。search

20150603_niwa_2

家から眺めるお庭。風情があります。yacht

20150603_niwa

縁側でお茶を頂きたいね。のんびり~。japanesetea

20150603_kitchin

昔ながらの土間。この家は、道路に面した店舗部分と奥の住居部分から成っています。1階正面の揚戸、かぎの手の土間、二階軒の桁など、幕末から明治に至る江戸付近の町屋の形をよく伝えており、商家遣構の少ない関東では、非常に貴重な建物です。sagittarius

20150603_udagawake_3

狭い階段を登り、二階に上がってみました。denim

20150603_udagawake_4

2階からの眺めはどうかな?。eye

ちなみに、ここでの詳細レポは、「旧宇田川家住宅を訪れた2015。」へどうぞ。paper

20150604_seiryu_jinjya_1

コースポイントfive箇所目は、「清瀧神社」です。「せいりゅうじんじゃ」と読む。海路安全・漁業繁栄など、海事一切の守護と、各産業の繁栄・家内安全および豊作をもたらす神様を祀ります。taurus

20150604_haiden_1

祭神は海の神様の大綿津見神です。wave

20150604_fujituka_1

これまた、立派な富士塚がありますな。fuji

毎年6月30日には神前に神楽が奉納され、富士講の人達は境川で水行をとり、体を浄めたあと、真っ白な行衣に白の帯を締め、手甲、脚絆に身を固め、菅笠をかぶり、金剛杖とりんを持って、六根清浄と唱えながら神社に参拝し、翌7月1日富士山の山開きに出発する。penguin

20150604_fujituka_2

おっ、富士山を登る人(石像)がいるよ。cancer

20150604_seijinjya_1_2

こちらは、龍神社です。豊玉比古神を祀る。fullmoon

手前には、堀江水準標石があります。江戸川や利根川の水位の基準として設置されたものです。aquarius

20150604_honden_cyoukoku

市指定有形文化財の本殿。ケヤキの大木を上総国から買い求め、1本の木で建築したといわれます。house

建築様式は、木造三間社(正面の柱間が3つあるもの)、流造り(屋根の前面を長くしたつくり)で、精巧華麗な彫刻が施されている点が大きな特色です。pencil

なかでも、正面の龍の彫刻および浦島太郎や竜宮城などの浮き彫りは見事で、高欄の下には海の神社にふさわしく、波間に千鳥の彫刻があります。chick

20150604_yasaka_jinjya

こちらは、八坂神社・道祖神社。御祭神は建速須佐之男神・猿田彦神。厄除・災難除けの神、道開きの神だ。flair

20150604_tree

本殿裏手には、立派な御神木があります。大きな幹回りに、パワーがありそうな感じだなぁ。bomb

ちなみに、ここでの詳細レポは、「海の神様を祀る、清瀧神社を訪れた2015。」へどうぞ。paper

20150621_yakuba_ato

ここは、浦安町役場跡です。昭和49年(1974年)まで庁舎があったところです。隣接して、樹齢200年以上、高さ8m、幹の周囲2m、枝の広がりは10mにも及ぶ大きな松がありました。xmas

20150621_sakaigawa_4

再び、境川沿いを歩いていきます。上流へと向かう。carouselpony

20150605_suimon

ここが、境川のスタート地点。旧江戸川にある境川西水門から分岐して、境川となる。door

20150605_rindo_gisi

コースポイントsix箇所目は、「旧江戸川(リンド技師記念碑)」です。清瀧神社から6分。境川西水門付近に、リンド技師記念碑があります。明治時代日本に近代的な測量技術を伝えたオランダ人で、功績をたたえ記念碑が造られた。pisces

20150605_yosinoya

こちらは、釣り船・釣宿の吉野屋です。作家・山本周五郎の小説「青べか物語」は、ここ浦安が舞台になっている。その物語に登場する「船宿 千本」は、この「宿屋 吉野屋」がモデルになっている。movie

20150605_touzai_line

このあたりは、かつて蒸気船「通運丸」の発着所があったところで、「蒸気河岸」と呼ばれていました。昔は、「堀江の渡し」があり、旧江戸川の対岸を行き来していました。ship

東京メトロ東西線が鉄橋を渡って行きました。train

20150605_urayasu_basi

旧江戸川沿いを歩いて行こう。先は、浦安橋だ。cat

20150605_turibune

大きな川で栄えた町なので、屋形船や釣り船、船宿が多く見られるね。bar

ちなみに、ここでの詳細レポは、「青べか物語の浦安、旧江戸川沿いを歩く2015。」へどうぞ。paper

20150621_jizouson

こちらは、慈悲地蔵尊。大川端児童公園の隅にある。shadow

20150621_seimaru_suisan

右手には、政丸水産があります。ほたてやあさりのしぐれ煮の販売をしています。ここで、試食ができたよ。snail

20150621_yabari

コース方向を案内するいつもの矢張り。今回のコースは、県民の日葛南地域実行委員会が主催する「まち歩きスタンプラリー」の対象ウォーキングコースでもある。その為、チーバくんが方向案内をしてくれるよ。dog

20150621_ryokudou_1

コースポイントseven箇所目は、「船圦緑道」です。リンド技師記念碑から11分。車道の中央部に遊歩道が整備されています。denim

20150621_ryokudou_2

小川が流れベンチがある。憩いの散歩道だ。chair

元々、この通りには、船圦川が流れていました。mist

20150621_unagi_1

みずの中にウナギがおよいでいるよ!。ふまないように注意してね!!。fish

ナニ?!、ここに鰻がいるの??。よ~く、見てみると、...。eye

20150621_unagi_2

あっ、いた!!。でも、動かないなぁ...。実際はオブジェでした。coldsweats01

20150608_inari_jinjya2

船圦緑道を歩いている途中、鳥居があるね。ちょいと、行ってみよう。eyeglass

20150608_inari_jinjya_2

ここは、稲荷神社です。路地を進んだ先にある。house

20150608_komainu_2

稲荷神社の狛犬。目が特徴だね。dog

20150608_haiden

拝殿にて参拝。御祭神は豊受大神。商売繁昌、病気平癒、稲の精霊のご利益があります。confident

20150608_tairyou

こちらは、 大漁の御社。fish

20150608_fujituka

浦安の神社には富士塚が多いね。ここ、稲荷神社にも富士塚があります。fuji

20150608_haiden2

朱色に塗られた拝殿。art

20150608_mikuji

ここのお御籤には、扇子みくじ?があるようだ。typhoon

ちなみに、ここでの詳細レポは、「浦安稲荷神社を訪れた2015。」へどうぞ。paper

20150621_zenfukuji

こちらは、善福寺です。clock

20150609_urayasu_ichiba_1

コースポイントeight箇所目は、「浦安魚市場」です。漁師町「浦安」の台所を担う市場だ。fish

20150609_hekiga

ギャラリーうおいちば。大きなクジラが描かれているよ。では、入ってみよう。door

20150609_urayasu_ichiba_2

市場に集まったお魚さんが勢揃い。業者さんはもちろん、個人一般も購入できるよ。dollar

訪れたのが12時を過ぎていたので、ほとんどのお店で終了していたな。watch

20150609_syokudou

ここで、食事とろうと思ったけど、相変わらずの人気で行列待ちだ。市場内にある味館食堂です。fish

ちなみに、ここでの詳細レポは、「浦安魚市場を立ち寄ってみた2015。」へどうぞ。paper

20150609_magurozukusi

浦安魚市場の真向かいにある、まぐろや相馬水産でまぐろづくしと行きたかったが、こちらも混んでそうでパス...。gemini

20150609_urayasu_st

先に見えるのが、東京メトロ東西線浦安駅だ。24hours

20150621_kaibatu

浦安駅前の交差点の地盤は海抜0.2m。wave

20150616_kousaten

コースポイントnine箇所目は、「猫実の庚申塔」です。浦安魚市場より9分。shadow

20150616_kousintou_1

猫実の庚申塔は、正徳5年(1715年)1月、猫実村の庚申講の信者によって建てられました。浦安市内において、青面金剛菩薩を刻んだ庚申塔では最も古いものです。dog

20150616_kousintou_3_2

塔の正面には、邪鬼(たたりをする神)を踏みつけておさえている青面金剛菩薩、庚申の干支にちなんで「見ざる」「聞かざる」「言わざる」の三猿が刻まれています。leo

20150616_photo

庚申塔の説明付拡大図。camera

今日でも、先人たちの信仰心が脈々と受け継がれ、この塔は、「猫実の庚申様」として、地域の人々に大切にされています。cat

20150616_kousintou_2

庚申信仰は、もともと道教(中国の民間信仰から発達した宗教)の三戸説に始まったものです。birthday

この地域では、大正時代には毎月25日が祭礼日とされ、現在でもこの日に病気の回復などが祈願されています。かつては、祭礼の日には、お堂の前の道に露店が立ち並び、多くの参拝客でたいへん賑わったといわれています。pig

20150616_kousintou_5

お地蔵さまも祀られています。bud

ちなみに、ここでの詳細レポは、「猫実の庚申塔を訪れた2015。」へどうぞ。paper

20150621_hanazouin

こちらは、花蔵院です。bud

20150621_tou

こちらは、公訴貝猟願成の塔です。key

20150619_toyouke_jinjya_2

コースポイントonezero箇所目は、「豊受神社」です。猫実の庚申塔から6分。鳥居をくぐり参道を歩いてみましょう。chick

20150619_toyouke_jinjya_01_2

豊受神社のご祭神は、明海・入船・海楽・北栄・猫実・日の出美浜地域の氏神様である豊受姫大神です。 主に衣食住の神様として知られております。参拝。shadow

20150619_icyou

この大銀杏は、村の人が境川河口を流れていた小さな木を拾い上げ、豊受神社の境内に植えたものといわれています。その後、この木は順調に成長し、数百年を経た今日も枝葉が繁茂しています。xmas

20150619_sengen_jinjya

拝殿の左側には、小さな神社が見えるね。eye

津島神社の御祭神は、建速須須佐之魚命です。bus

20150619_fujikou

この富士塚の稲荷山には、ごづごつした岩がそびえ立つ。event

20150619_karasu_tengu_2

富士塚には、烏天狗がいましたよ。chick

20150619_mitumine_jinjya

こちらは、稲荷神社。両脇の金網の中、参拝。confident

20150619_mikosi

町内会のイベントで使用されるのでしょうか。訪れた日は、2基見学撮影ができました。camera

20150619_icyou_mikuji_1

恒例のお楽しみタイム。お御籤を引いてみよう。今回は、いちょうおみくじを引いてみよう。rock

20150619_icyou_mikuji_2

かわいらしいお御籤ですな。袋から取り出してみると、...。present

20150619_icyou_mikuji_3

運勢は、...。う~ん、「吉」でした~。仕掛けは面白いのだが、「吉」だけに、う~んな感じ...。coldsweats01

20150619_toyouke_jinjya_3

暑いので、日陰でちょいと休憩タイム。sweat01

ちなみに、ここでの詳細レポは、「豊受神社(浦安市)を訪れた2015。」へどうぞ。paper

20150606_sakai_river_1

コースポイントoneone箇所目は、「「カフェテラスin境川」会場」です。境川の江川橋~しおかぜ歩道橋付近の間、車両通行止めにして境川の両岸で行われるイベント「カフェテラスin境川」が開催。motorsports

両岸の堤防がレンガで作らていて、良い景観になっている。そんな中、多くの人が訪れているね。cat

20150606_space_1

境川、川岸沿いにはパラソル付きのテーブルも用意されていて、川を眺めながらグルメを楽しめます。eye

浦安市内の各ホテルからグルメ出店されているので、期待しちゃうぞ。hotel

20150606_yomeiribune_2

グルメを楽しむ前に、目玉イベントの1つ、13時前くらいから、嫁入り舟が行われました。浦安市長や花婿さんの挨拶が行われたよ。karaoke

20150606_yomeiribune_1

挨拶のあと、新郎新婦はサッパ舟に乗って境川を移動します。yacht

20150606_yomeiribune_3

古風な舟に花嫁さんと花婿さんが乗船し周りの人達に祝福されながら結婚をお披露目する風習を嫁入り舟と呼んでいます。cancer

使用される舟は、香取市の協力での「サッパ舟」。櫓を使って漕ぐ舟だ。水郷地帯においては日常生活で欠かせない自家用車のようなものである。car

20150606_yomeiribune_5

この後は、豊受神社にて挙式されるそうです。heart04

20150606_yomeiribune_4

お囃子でも、祝福です。notes

20150606_kodomoen

会場内に、市内の園児が作った人文字アートを飾り、祝福ムードを演出だ。camera

20150606_beer_1

では、グルメタイムにしよう。イクスピアリより、舞浜地ビール工房「HARVESTMOON」が出店されているではないか!。ならば、...。catface

20150606_beer_2

ビール4種飲み比べセットを購入しました。「ピルスナー」・「シュバルツ」・「インペリアル・ピルスナー」・「シトラスエール」の4つ。では、ゴクッ、ぷはぁ~。暑い日にビールは旨い!。限定醸造のシトラスエール、ゆず&レモンの味わいが飲みやすくていいね。beer

20150606_food_1

ビールのお供には、厚切りワイルドベーコンとチーズ入り肉巻おにぎり串。うむ、美味しい。delicious

20150606_pan_cake

最後のシメは..。Sean’s Kitchenのパンケーキです。おぉ、たまらんな。パクッと頂きました。cake

20150606_cha

野点もありました。japanesetea

20150606_yomeiribune_6

嫁入り舟も終わり、停留中のサッパ舟。sleepy

20150606_e_boat

Eボートの乗船体験があるよ。境川、川から眺める景色もいいものでしょう。carouselpony

20150606_stage_2

ステージでは、Bayside brass ensembleの皆さんでの演奏。屋外での音楽はいいね。karaoke

20150606_sakai_river_2

川と親しむイベントでのんびりするのも良さげだな。good

ちなみに、ここでの詳細レポは、「カフェテラスin境川2015を訪れた。~浦安嫁入り舟&グルメ~」へどうぞ。paper

20150621_goal

ゴール地点となる浦安市郷土博物館広場に戻ってきました。駅ハイの受付はないが、まちなかスタンプラリーの押印がありました。secret

20150621_stamp_rally

まち歩きスタンプラリーは、県民の日葛南地域実行委員会が主催、新京成電鉄・東葉高速鉄道・JR東日本千葉支社が協力での開催。telephone

20150621_stamp_rally_daisi

対象コースは、5月16日(土)開催新京成沿線健康ハイキング(新津田沼駅)、5月23日(土)東葉健康ウォーク(飯山満駅→船橋日大前駅)、5月30日(土)JR東日本駅からハイキングの3コースが設定されている。bag

スタンプ1個から応募できるので、当たるといいな。present

20150621_stamp_rally_jr

ちなみに、JRデザインのスタンプ。チーバくんと一緒だ。dog

20150621_road_02

あとは、新浦安駅へ戻るだけです。行きとは違うルートだ。punch

20150621_road_03

浦安ICの横断歩道橋で先に進みます。ski

20150621_road_04

下は、東関東自動車道や国道357号線が通っています。rvcar

20150621_road_05

高層マンション群が出没。駅まであともう少し。pocketbell

20150621_shin_urayasu_st_2

新浦安駅に到着しました。駅ビルatreの中を通って、改札口へ向かおう。ribbon

20150621_shin_urayasu_st_3

改札口には、お疲れさまでした!気をつけてお帰りください!と駅ハイの幕が掲げられていた。ふぅ~、着いた~。新浦安駅をスタートして、新浦安駅に戻ってくるまで、5時間27分かかりました。カフェテラスin境川で、かなりゆっくりしたからなぁ。motorsports

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:21813歩 消費カロリー:1119.1kcal 消費脂肪量:159.8g 歩行距離:16.57km 歩行時間:3時間11分 平均時速:5.18km/h エクササイズ量:11.6Exinfo02

20150621_musasino_205_2

帰りも武蔵野線直通電車に乗ります。train

今回の駅ハイ参加で、今シーズン(2015年度)参加回数は4回目、駅ハイポイントは2ポイント加算して、合計10ポイントになりました。dollar

今回は、5年ぶりに参加した新浦安のコース。ほぼ同じコースポイントだけに、懐かしみながら歩きました。古き建物や寺社が多く、そして、境川のグルメイベントはGoodでしたね。嫁入り舟も見られたし。happy02

さて、次回の駅ハイレポは、埼玉県上尾市、JR高崎線上尾駅からのコースです。荒川の自然風景で牧場アイスに花しょうぶ鑑賞があるよ。お楽しみに。happy01 scissors

ちなみに、関連詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、過去開催の新浦安の駅ハイ参加レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20150621_map_ura

参加者特典がずらり。いろいろサービスがありました。memo

20150621_map

JR東日本・駅からハイキング No.07505  「青べか物語の浦安 歴史文化ハイキング」 2015年5月30日(土)実施 所要時間:約3時間(施設での見学時間含む) 歩行距離:約7kminfo02

新浦安駅→①若潮公園→スタート:②浦安市郷土博物館広場→③「カフェテラスin境川」会場→④フラワー通り→⑤清瀧神社→⑥旧江戸川(リンド技師記念碑)→⑦船圦緑道→⑧浦安魚市場→⑨猫実の庚申塔→⑩豊受神社→⑪「カフェテラスin境川」会場→ゴール:浦安市郷土博物館広場→新浦安駅info02

(各写真画像をClickすると4倍拡大表示します)search

|

« 矢島園のグリーンソフトを食べ歩き2015。 | トップページ | 天然記念物モクコクがある、馬蹄寺を訪れた2015。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102007/61768851

この記事へのトラックバック一覧です: 駅からハイキング「青べか物語の浦安 歴史文化ハイキング」に参加してきた(2015.05.30)。:

« 矢島園のグリーンソフトを食べ歩き2015。 | トップページ | 天然記念物モクコクがある、馬蹄寺を訪れた2015。 »