« 足が丈夫になるという信仰がある、行者堂を訪れた2015。 | トップページ | 日光乗馬クラブにいる馬さん2015。 »

2015年5月15日 (金曜日)

日光の御利益スポット、滝尾神社を訪れた2015。

知る人ぞ知る、日光のパワースポット。shine

20150512_takinoo_jinjya_01

さて、やってきたところは、栃木県日光市にある滝尾神社です。「たきのおじんじゃ」と読む。日光二荒山神社の別宮。本宮、新宮(現在の二荒山神社)とともに日光三社権現の1つである。house

まずは、少し急な階段を登って行きます。snowboard

20150515_torii

こちらは、「運試しの鳥居」です。元禄9年(1696年)に、三代将軍家光の忠臣、梶定良が奉納したもので、鳥居の額束(中央の縦の部分)の丸い穴に小石を3つ投げ、穴を通った数で運を試したという。御影石、明神造り。door

ご利益スポットの1つ。鳥居上にある小さな丸い穴に石を通すのだが、なかなか難しそうだ。baseball

20150515_roumon

こちらは、「楼門」です。立派な朱色の門ですな。重層入女屋造総塗り。元禄10年に移転新築された。door

明治4年の神仏分離までは楼門に大師の筆といわれる「女体中宮」の額が掲げられ、仁王像が安置されていたという。mobilephone

20150515_haiden

こちらは、「拝殿」です。弘仁11年(820年)弘法大師が創建したと伝えられる。正保3年(1646年)の建立。4月の弥生祭の時には、二荒山神社から滝尾の神輿が渡御する。aquarius

20150515_enmusubinosasa

こちらは、「縁結びの笹」です。笹に願いを込めると縁が結ばれるという、こちらもご利益スポットです。heart04

20150515_honden_karamon

こちらは、「唐門」です。二脚平唐門総漆塗り極彩色。重要文化財。moon3

20150515_honden_ura

こちらは、「本殿」です。三間社流れ造り。女峰山の女神、田心姫命を祀る。ご神体山の女峯山を遥かに拝むように本殿の裏側には扉が付けられた造りになっていて全国でもたいへん珍しい。fuji

20150515_munenbasi

こちらは、「無念橋」です。俗称、願い橋と言われている。ship

20150515_sanbonsugijpeg

こちらは、「三本杉」です。(神木)。ここ、滝尾神社の最大のパワースポット。境内の中で最も神聖な場所であると言われています。leo

初代の杉は1699年、1747年、1749年と相次いで倒れ、現在の木は二代目である。倒れた親木は、そのままにしておく習わしで、今も横たわっている。cute

この神木の霊験を示す話があり、寛文7年(1667年)鶏頭院山舜の下僕が、この神木を小さいと馬鹿にして、神罰を被ったという。thunder

20150515_inari_jinjya

こちらは、「滝尾稲荷神社」です。弘法大師が滝尾神社とともに、稲荷神社も創建。祭神は倉稲魂神(稲荷大明神)。cat

昔、滝尾上人が朝のお供えを忘れると、稲荷の神が化けて出ては、催促したという伝説が残っている。riceball

20150515_sakenoizumi

こちらは、「酒の泉」です。本宮の清水(昭和24年の今市地震で消失)、薬師の霊水とともに日光の三霊水の1つ。弘法大師が、この泉の水を汲んで神に捧げたといわれている。aquarius

この御供水には、酒の味があるといわれ、持ち帰って元水として酒を造ると、良酒ができるという。醸造家の崇敬が厚く、古くから栃木県内の酒造家たちで酒泉講が結成され、秋に祈醸祭、春に報醸祭が行われる。現在は、西神苑の「二荒霊泉」で行われる。bottle

20150515_kodaneisi_1

こちらは、「子種石」です。古くは、子種権現といわれた。鳥居をくぐって、子種石を見てみよう。clover

20150515_kodaneisi_2

子種石は、子供が授かるように、また、安産でありますようにと、この霊石に祈れば霊験があるというので、今日でも参拝者が多い。ここも、御利益スポットです。gemini

20150515_road_1_2

境内はここまでになるが、ちょっとだけ先に進めます。sweat01

20150515_taki

人工的な滝?が出来ている。水の音に癒される。pisces

20150515_road_2_2

では、戻りましょう。滝尾神社境内は、林の中にあります。静けさの空間が心地よいです。confident

20150515_road_3

東照宮が遷座する以前は、日光参詣の中心はこの滝尾周辺でした。japanesetea

弘法大師(空海)が弘仁11年(820年)この地に来て、奥の大岩のあたりで神霊の降下を祈願したところ、美しい女神が現れたと伝えられている。virgo

20150515_road_4

石畳の階段を1歩ずつ降りていきます。denim

20150515_road_5

滝尾神社入口付近は、ちょっとしたスペースがあります。休息ポイントとしても良いかも。japanesetea

20150509_taki_02

滝尾神社入口には、白糸の滝が流れます。天狗沢にかかる名瀑で、高さ約10m、弘法大師修行の場と伝えられる。癒しのスポットだ。aquarius

ちなみに、ここでのレポは、「天狗沢にかかる名瀑、白糸の滝を訪れた2015。」へどうぞ。paper

20150515_setumei_2

東照宮や二荒山神社より、北にある神社。足をのばして、訪れてみると良いですよ。二荒山神社から滝尾神社までは徒歩約20分くらい。行きは登り、帰りは下りです。石畳の道が続く森林ハイキング気分でTryしてみてはいかがかな。shoe

という事で、日光のパワースポット、滝尾神社を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「日光パワースポットを訪ねてハイキング」に参加してきた(2015.04.25)。」へどうぞ。(JR東日本と東武鉄道との共同開催・東武健康ハイキング「第331回新緑の日光街道とパワースポットめぐりハイキング」)paper

「滝尾神社」(たきのおじんじゃ) 〒321-1431 栃木県日光市山内 東武日光線東武日光駅から徒歩約47分info02

|

« 足が丈夫になるという信仰がある、行者堂を訪れた2015。 | トップページ | 日光乗馬クラブにいる馬さん2015。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102007/61575046

この記事へのトラックバック一覧です: 日光の御利益スポット、滝尾神社を訪れた2015。:

« 足が丈夫になるという信仰がある、行者堂を訪れた2015。 | トップページ | 日光乗馬クラブにいる馬さん2015。 »