« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月31日 (土曜日)

通勤時間、ちょっと雪景色2015。

今年初めての積雪となりました。snow

20150131_snow_1

昨日、2015年1月30日(金)は、午前中雪が降りましたね。ちょうど通勤時間帯、雪がうっすらと白く積もった。路面上はすぐ溶けちゃっているけどね。snow

20150131_bus_stop

やっぱり雪が降ると、寒いし冷たいね。通勤の移動は寒いよぉ。snow

20150131_snow_2

雪がうっすらするのも、1年に1~2回の事だから、雪景色は感動するなぁ。snow

20150131_kyouryou2

三郷駅ホームにやってきた。線路上も、うっすら雪が。snow

20150131_kyouryou

江戸川橋梁を眺める。雪の中、電車来ないかなぁ...。snow

20150131_dote

流山橋を眺めた。江戸川土手は少し白く。河川敷も、雪で一面が白くなった。snow

20150131_musasino_line

JR武蔵野線がやってきた。電車にちょっと雪が付着しているね。大きな遅れが無く、ほぼ通常運転だ。snow

という事で、今シーズン初めての積雪となった雪景色レポでした~。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

住宅街の中にある、南院遺跡を立ち寄る2015。

住宅街の中に不思議な光景だ。camera

20150131_minamiin_iseki_1

さて、やってきたところは、埼玉県川越市にある南院遺跡です。住宅街の中に、お地蔵様や石碑が集められているぞ。shadow

20150131_minamiin_iseki_2

天台宗星野山無量寿寺は、中院・北院・南院の3院がありました。そのうちの1つ南院は、多聞院という名刹でしたが、現在は遺跡のみとなっています。

20150131_minamiin_iseki_3

当時、南院はここの北側に立派な寺院があったのだが、明治2年(1869年)神仏分離勅令と廃仏毀釈に遭遇し、この地に石碑などが集められ遺跡のみとなった。

20150131_minamiin_iseki_4

南院跡地として表札のみ。かつての遺構や趣きは全く無い。ロープにより、立ち入りは禁止?となっている。danger

20150131_minamiin_iseki_5

住宅地の空き地に、1か所に集められた石造物。なんだか、ここを通る度に不思議な感じがする南院遺跡を立ち寄ったレポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「時薫るまち川越 小江戸川越 七福神めぐり」に参加してきた(2015.01.24)。」へどうぞ。paper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月30日 (金曜日)

狭山茶発祥の地の碑がある、中院を訪れた2015。

春になると、桜風景が和む寺院です。cherryblossom

20150130_nakain_1

さて、やってきたところは、埼玉県川越市にある中院です。山号は星野山、天台宗の寺院である。星野山無量寿寺のなかに北院・中院・南院の三院があり、その中の1つだ。shoe

正面入口・山門をくぐりましょう。door

20150130_hondou

参道を進むと、本堂があります。中院創立の縁起は喜多院と全く同じで、天長7年(830年)慈覚大師によって創立された。当初の中院は、現在の東照宮の地にあったが、寛永10年(1633年)東照宮建造の折りに現在地に移された。house

喜多院に天海僧正が来往する以前は、むしろ中院の方が勢力を持っていたそうです。leo

20150130_teien

和風庭園には、春になると桜が咲き誇ります。寒緋桜、枝垂れ桜、エドヒカン桜、ソメイヨシノと時の流れに桜が移り変わる。花見に訪れる人が多いようだ。cherryblossom

20150130_simazaki_touson

文豪・島崎藤村はこの地を頻繁に訪れたそうです。藤村書の「不染の碑」がある。pencil

中院の枝垂れ桜は特に見事で、たびたび中院に訪れていた島崎藤村も枝垂れ桜を称えたと言います。bottle

20150130_syakadou

本堂の左側に、釈迦堂があります。libra

20150130_sayamacya

中院は、河越茶、狭山茶発祥の地としても知られています。円仁が京都より茶を伝え境内で茶の栽培したのが始まり。釈迦堂の右側に狭山茶発祥之地と書かれた碑がある。japanesetea

20150130_nakain_2

鐘楼をくぐり参道を進むと釈迦堂となります。bell

という事で、中院を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「時薫るまち川越 小江戸川越 七福神めぐり」に参加してきた(2015.01.24)。」へどうぞ。paper

「天台宗別格本山 中院」 〒350-0036 埼玉県川越市小仙波町5-15-1 TEL:049-222-2170 西武新宿線本川越駅より徒歩約10分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月29日 (木曜日)

雫の奏でる音色を聴き入る、天然寺を訪れた2015。

小江戸川越七福神めぐり、2番目のお寺です。two

20150129_tennenji_1

さて、やってきたところは、埼玉県川越市にある天然寺です。自然山大日院と号す。ここ、天然寺は、「小江戸川越七福神 第二番 寿老人」、「武蔵国十三仏霊場 第一番 不動明王」の札所である。eyeglass

天然寺は、室町時代の天文23年(1554年)に開山栄海上人によって創建されました。house

20150129_haiden

天然寺の本尊である木造大日如来坐像(川越市指定文化財)は、平安時代末期(11~12世紀)頃の造立と考えられ、市内に現存する仏像としては最も古い作例の一つといわれます。shadow

20150129_suikinkutu

こちらは、水琴窟「癒し」です。竹筒に耳をあて、雫の奏でる癒しの音色を楽しめます。早速、聴き入ってみよう。ear

ティ~ン、ティ~ン....。目をつぶって聴いてみるといいかも。不思議な空間からの音のように聞こえてくるよ。aquarius

20150129_koi_2

立派な和風庭園があります。大きな池には、多くの鯉が泳いでいるよ。fish

20150129_koi_1

エサを求めているのかなぁ。鯉の大群が続々と近づいてきた。coldsweats01

20150129_omikuji

いろいろなおみくじがあるよ。100円で運試しはいかが?。dollar

20150129_jyuroujin

天然寺は、小江戸川越七福神 第二番 「寿老人」を祀る。寿老人は中国の神様で、富財、子宝、諸病平癒とご利益は多岐にわたっており、特に長寿の神として信仰されています。aries

20150129_sitifukujin_setumei

という事で、小江戸川越七福神第二番「寿老人」を祀る天然寺を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「時薫るまち川越 小江戸川越 七福神めぐり」に参加してきた(2015.01.24)。」へどうぞ。paper

「自然山大日院天然寺」 〒350-0034 埼玉県川越市仙波町4-10-10 TEL:049-222-6151 川越駅東口より徒歩約13分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月28日 (水曜日)

川越さつまいも地蔵尊を祀る妙善寺を立ち寄る2015。

ここのお地蔵様は、さつまいもを抱いているよ。chick

20150128_myouzenji_1

さて、やってきたところは、埼玉県川越市にある妙善寺です。天台宗中院の末寺で、寛永3年(1624年)、中院の尊能法師によって、尊能法師の父母の菩提寺として建立された。house

妙善寺は、川越駅から徒歩5分と駅から近い所に位置し、小江戸川越七福神の第一番「毘沙門天」を祀る。七福神参拝と朱印を押してもらう為、長い行列だ。snail

20150128_jizouson_1

妙善寺の境内には、川越さつまいも地蔵尊が祀られています。川越と言えば、サツマイモと言われるほどイモの町として有名です。その歴史は約250年以上あります。寛政の頃(1789~1801)江戸の町に焼き芋屋が現れ、その焼き芋用のイモとして、「川越いも」は発展し、有名になりました。banana

お地蔵様しっかりとさつまいもを抱いているよ。virgo

20150128_setumei_1

この、川越さつまいも地蔵尊は2005年に「サツマイモを食べて健康になろう」の祈りを込め、現代版の芋地蔵の建立をしたとの事。t-shirt

20150128_imomaturi_1

毎年10月13日はサツマイモの日なんだそうだ。ここ妙善寺でも、イモに感謝を表す「いも供養」(いもの日まつり)が催されます。birthday

20150128_roubai_1

地蔵尊の右側庭には、綺麗に黄色い花をつけた蝋梅が咲いていました。bell

20150128_sitifukujin_1

毘沙門天は仏教の守護神で、多聞天ともよばれています。鎧、兜に身を包み、左手に持つ宝塔から宝物を授け、右手の鉾で邪を払うという、物心共々の福を施す神であります。leo

小江戸川越七福神の第一番、最初の地点だ。ここから、川越の七福神を1つ1つ巡って行きます。川越の町並みでは、さつまいもの商品が多く取り揃えているよ。さつまいもグルメ散策にもGoodだ。good

という事で、川越さつまいも地蔵尊を祀る妙善寺を立ち寄ったレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「時薫るまち川越 小江戸川越 七福神めぐり」に参加してきた(2015.01.24)。」へどうぞ。paper

「天台宗道人山三心院妙善寺」 〒350-0046 埼玉県川越市菅原町9-6 TEL:049-222-7559 川越駅東口より徒歩約5分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月27日 (火曜日)

モンデ酒造で工場見学とワイン試飲してきた2014。

ワイン工場に立ち寄ったら、やっぱり試飲だね。wine

20150127_monde_wine_1

さて、やってきたところは、山梨県笛吹市にあるモンデ酒造山梨工場です。JR中央本線石和温泉駅から徒歩約10分と駅から近いところにあるワイン工場だ。event

20150127_kengaku_3

まずは、工場見学をしましょう。chick

20150127_kengaku_1

工場が稼働しているようだね。白い水蒸気がモクモクと...。cloud

20150127_kengaku_2

こちらは、仕込みタンクです。大きなタンクが並んでいるな。beer

20150127_wine_taru

こちらは、樽貯蔵庫。しっかりと寝かせていきます。sleepy

20150127_monde_wine_3

工場見学を終え、試飲ホールへ。山梨ヌーボー販売開始だって。wine

20150127_wine_siin_2

さぁ、お楽しみの試飲コーナーだ。試飲ホールの売店では、ワイン、リキュール、ジュース等10数種類の無料試飲ができます。入口にて、ウエルカムワイン(ロゼワイン)が頂けました。ぷふぉ~。delicious

20150127_wine_siin_1

小さな試飲カップに、ワインを自分で注ぎます。氷で冷やされたワインがいっそう美味しさを引き出す。白ワインもいいね。cancer

20150127_wine_ocha

お茶のお酒もありました。緑色が独特だ。身体に良い?。japanesetea

他にも、さくらんぼのお酒や梅酒、ぶどうジュースもありました。banana

20150127_wine_siin_3

カウンターには、良さげなワインが勢揃い。こちらも、試飲ができるよ。crown

20150127_monde_wine_2

山梨はワインの里。山梨を訪れたら、いろんなワイナリーでワインを楽しむといいですよ。wine

という事で、モンデ酒造で工場見学とワイン試飲してきたレポでした~。happy01

「モンデ酒造山梨工場」 〒406-0031 山梨県笛吹市石和町市部476番地 TEL:055-262-3161 8時30分~17時 年中無休 高速バス石和バス停より徒歩約6分 JR中央本線石和温泉駅から徒歩約10分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月26日 (月曜日)

ニッポン全国鍋グランプリ2015に行ってきた。

日本最大級の鍋料理コンテスト。ご当地鍋日本一決定戦!。japanesetea

20150126_nabe_gp_1

さて、やってきたところは、埼玉県和光市にある和光市役所市民広場です。ここで、2015年1月24日(土)・25日(日)に、ニッポン全国鍋グランプリ2015が開催されました。昨年までは、ニッポン全国鍋合戦と言う名だったが、今回から改称されました。冬空の中、あったかご当地鍋を食べようと多くの人が訪れていましたね。delicious

グランプリ発表前のステージには、和光市のゆるきゃら、「わこうっち」と「さつきちゃん」がいました。埼玉県のゆるきゃら、「コバトン」もいたよ。penguin

今回は50の鍋が参戦だ。さ~て、何を食べようかな。run

20150126_kamoneginabe

1杯目の鍋料理は、「こしがや鴨ネギ鍋」です。(越谷市商工会青年部・埼玉県越谷市)。300円。焼き目のついたネギに、鴨肉が入る。美味しいね。ガーチちゃんのキャラクターがプリントされた海苔のトッピングもまた嬉しい。第2回彩の国鍋合戦優勝という実績ありの1品。今回は、第12位でした。chick

20150126_tadotu

2杯目は、「多度津鍋ホルうどん」です。(多度津鍋ホルうどん普及委員会・香川県丸亀市)。400円。香川と言えばうどん。うどんが入った鍋だ。昭和27年当時、国鉄の駅員に出していたホルモン鍋を活用したホルモンうどんです。今回は、第25位でした。noodle

20150126_isinomaki

3杯目は、「牛タンつくね入り海鮮チゲ」です。(宮城県石巻市 希望の環プロジェクト・東京都台東区)。300円。つくねとムール貝、玉子が入った味噌味のチゲ鍋だ。いろんな味が出ていて旨し。今回は、第11位でした。fish

20150126_yamizo

4杯目は、「茶屋の名物八溝ししまる鍋」です。(いろり茶屋withましこのマルシェ・栃木県益子町)。イノシシの肉が入ったお鍋。あっさりした味わいで野菜具たくさんだ。今回は、第48位でした。pig

20150126_wako_nabe

5杯目は、「大和ホルモン×つみれ鍋」です。(大和鍋遊撃隊・埼玉県和光市)。ホルモンやつくねが入った濃厚鍋。大和芋をかけて食べるという面白い1品だ。今回は、第23位でした。banana

20150126_nabe_list

50の鍋料理が紹介されているリスト。どれも、美味しそうだなぁ。人気ある鍋は、遅い時間に訪れたので、売り切れ続出でした。memo

今回、ニッポン全国鍋グランプリ2015は、第11回目の開催と、歴史のある恒例のイベントとなっている。ニッポン全国鍋合戦から名を変え、今回からは、ご当地の食材を使う事と条件が加わった。tennis

20150126_kaijyoub

鍋ブース(B会場)側は、結構混雑している。club

20150126_kaijyoua

鍋ブース(A会場)側は、スペース広めにとっている。denim

20150126_table

こちら側は、多くの座席を用意されているが、ほぼ満席だ。chair

20150126_stage

ステージでは、ノリノリな音楽に踊りあり。楽しいステージだな。notes

20150126_yukidaruma

おっ、白川郷の雪だるま?。snow

20150126_antena_shop

アンテナショップ(C会場)には、鍋以外のご当地グルメなどが勢揃い。riceball

20150126_hyousyousiki

25日15時から、表彰式がありました。今回、金の鍋賞(グランプリ)を獲得した鍋は、「もちぶた炙りチャーシューバージョンとん汁」(街づくり市民の会・千葉県八千代市)でした。パチパチ、優勝おめでとう。crown

20150126_jyuni

順位・得票数は以下の通り。karaoke

順位参戦鍋名チーム名参戦地域得票数
第1位 もちぶた炙りチャーシューバージョンとん汁 街づくり市民の会 千葉県八千代市 3,145
第2位 白川郷平瀬温泉飛騨牛すったて鍋 白川郷鍋食い隊 岐阜県白川村 2,825
第3位 農家直伝 麓山高原豚のもちとろキノコ鍋 もったいないプロジェクト 福島県市町村 1,718
第4位 牛すじシチュー カフェ・ラ・ベル/キッチンカウカウハウス 埼玉県和光市 1,706
第5位 海のフォアグラ あんこう肝鍋 株式会社 マルショウ食品 宮城県加美町 1,673
第6位 山形牛すじ煮 山形尾花沢鍋愛好会 山形県尾花沢市 1,638
第7位 芋煮鍋 山形中山鍋愛好会 山形県中山町 1,253
第8位 武州深谷煮ぼうとう 武州煮ぼうとう研究会 埼玉県深谷市 1,211
第9位 津山牛そずり鍋 つやまNWP 岡山県津山市 1,206
第10位 超~旨っ!所沢野菜とトマトの絶品鍋 西武学園・所沢市ミラクル元気隊 埼玉県所沢市 1,193

spade spade spade spade spade spade spade spade spade spade

和光市長賞
海軍カレー鍋(チキン爆弾入り) 白子睦会 埼玉県和光市
審査員特別賞
山形秘伝「最上納豆汁」 最上の元氣研究所 山形県最上郡戸沢村
審査員特別賞
きつねみそっかす鍋 福島県白河市ひがし商工会 福島県白河市
審査員特別賞
里山のめぐみ ジビエ薬膳火鍋 鳥取里山のめぐみ隊 鳥取県鳥取市
食べてみたい鍋総選挙  ネット投票第1位
白川郷飛騨牛すったて鍋 白川郷鍋食い隊 岐阜県大野郡白川村

spade spade spade spade spade spade spade spade spade spade

20150126_hyousyousiki_2

表彰式後の記念撮影タイム。受賞した皆さん勢揃いでハイポーズ。camera

今年は2日間開催となったニッポン全国鍋グランプリ。主催者発表では2日間で合計13万5千人の人出だったそうです。(24日:5万人・25日8万5千人)。鍋と同様会場も熱気あふれました。各テレビ局の取材も来ていて、ニュース等で放映されました。gemini

20150126_kaijyou_map

会場マップです。event

20150126_jyurin_park

会場周辺は駐車場が無し。なので、会場へのアクセスは、和光市駅から徒歩かバスになるでしょうか。車の場合は、近くの和光樹林公園の駐車場に停める事になるでしょうかね...。まぁ、満車でしょうけど。rvcar

鍋料理でお腹いっぱいになったら、カロリー消費に樹林公園でお散歩はいかが?。shoe

20150126_panfu

それにしても、あったか鍋は美味しいですな。身体温まる鍋料理イベントだ。wine

という事で、ニッポン全国鍋グランプリ2015に行ってきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

「ニッポン全国鍋グランプリ2015」 開催日:2015年1月24日(土)・25日(日) 開催時間:10時~15時 会場:和光市役所市民広場「特設会場」(埼玉県和光市広沢1-5) 入場無料 鍋1杯300円~500円 駐車場無し 和光市駅南口より徒歩約15分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月25日 (日曜日)

快速おさんぽ川越号に乗車してきた2015。

武蔵野線沿線から小江戸な町並みの川越へ直通する電車が今年も運行されました。train

20150125_osanpo_kawagoe_1

さて、朝早起きしてやってきたところは、JR京葉線新習志野駅です。臨時快速電車を乗るために始発駅へ。そう、今年も運行された快速おさんぽ川越号に乗りに来ましたよ。新習志野駅から武蔵野線を経由し、川越線に乗り入れて川越駅へ向かうのだ。車両は、昨年に引き続きE231系5両編成です。運転日は2015年1月24日(土)と25日(日)の2日間。train

20150125_sinnarasino_st_1

東海道線や宇都宮線、高崎線でお馴染みの緑色とオレンジ色のカラーラインが京葉線ホームにいるのは珍しいね。sports

快速おさんぽ川越号は、2013年から七福神めぐりの時期(1月下旬)に、運転される臨時電車。今年で3年目となる。noodle

20150125_osanpo_kawagoe_2

おさんぽ川越号は、新習志野駅3番線ホームから出発します。使用車両は、E231系付属5両、小山車両センター所属の、24日(土)はU31編成、25日(日)はU67編成で運転でした。ship

南船橋方面からの回送で、8時5分頃に新習志野駅に入線してきます。baseball

20150125_jyousyaiti_1

新習志野駅ホームには、乗車位置が貼り付けてあるよ。tennis

20150125_syanai_1

おさんぽ川越号は付属5両なので、先頭車両、川越側が15号車、新習志野側が11号車となる。川越側前2両(14号車~15号車)はセミクロスシート、新習志野側後ろ3両(11~13号車)はロングシートです。全車自由席。chair

20150125_hassyahyou_1

新習志野駅の発車標。「臨時 8:16武蔵野線方面」と表示。24hours

20150125_yukisakihyou_1

行先標は「快速 Rapid」です。parking

20150125_osanpo_kawagoe_3

まもなく発車なので、車両に乗り込みましょう。basketball

8時16分発、快速おさんぽ川越号川越行き、新習志野駅を出発しました。subway

おさんぽ川越号は、新習志野駅を出発したら、西船橋駅・新松戸駅・南流山駅・南越谷駅・南浦和駅・大宮駅に停車し、終着駅・川越駅へ向かいます。快速運転なので、他の駅は通過します。faxto

20150125_futamata_sinmati_st

二俣新町駅手前で分岐し、この後は、武蔵野線を走行していきます。restaurant

20150125_edogawa_ekkyou

江戸川橋梁を渡り、千葉県流山市から埼玉県三郷市へ。埼玉県に入りました。music

20150125_hassyahyou_2

南越谷駅の発車標。こちらは、「快速 おさんぽ川越号」と表示されているね。yacht

20150125_hassyahyou_3

こちらは、南浦和駅の発車標。「おさんぼ川越号9:07 川越」と時刻・行先を含めたフル表示だ。event

20150125_renrakusen

武蔵浦和駅からは貨物線へ連絡し、大宮駅へ向かいます。bag

20150125_rail_1

おさんぽ川越号、乗車のメインイベントと言えば、大宮駅を出てからの、高崎線から川越線へ移るシーンでしょうか。大宮駅地上ホームから川越線へ乗り入れる事は、今ではなかなかない事だからね。鉄道博物館を過ぎたあたりで、分岐されます。book

20150125_arakawa_tekkyou

荒川橋梁を渡ります。川越市に入りました。撮り鉄さん達も多くいらっしゃいましたな。cafe

20150125_kangei_1

9時49分、終点川越駅に到着しました。駅ホームでは、駅員の方々の歓迎のおもてなしがありました。「歓迎 ようこそ小江戸川越へ JR川越駅 社員一同」。spade

20150125_kangei_2

時が人を呼ぶまち川越。さいたま観光大使の方もいらしていました。virgo

20150125_kawagoe_st_1

川越駅にE231系がいるのも貴重だ。rvcar

20150125_kawagoe_st_2

このあとは、川越車両センターへ回送していきました。boutique

20150125_kangei_3

川越駅のコンコースには、川越市のマスコットキャラクター「ときも」がお出迎え。「ときも」の名は、時の鐘(とき)とサツマイモ(いも)を組み合わせたもの。さいたま市・川越市合同観光キャンペーンという事で、さいたま市のPRキャラクター「つなが竜 ヌゥ」もいました。telephone

20150125_stamp

川越・さいたまぶらぶらスタンプラリーも実施中。川越駅のスタンプをゲットしましたよ。movie

20150125_kitain

快速おさんぽ川越号は、JR東日本主催のウォーキングイベント「駅からハイキング」のタイアップ列車だ。開催日に合わせて、運行されます。列車名の名の通り、川越をお散歩してきましょう。川越七福神めぐり、スタートだ。airplane

こちらは、川越大師「喜多院」です。carouselpony

20150125_kawagoe_jyou_1

こちらは、川越城本丸御殿。見学してきました。building

20150125_kueanomati_1

川越の街並みと言えば、コレだね。蔵のまち通りは、多くの観光客でにぎわっているよ。spade

20150125_tokinokane

川越のシンボル「時の鐘」です。watch

20150125_beer

ちょいと地ビールを味わおう。コエドビール、美味しい。beer

川越七福神めぐりで時間がいっぱい。もっと、ゆっくりしたかったが、もう、帰りの発車時刻が近づいてきた。しょうがない、川越駅へ戻ろう。pencil

川越七福神めぐりレポは、「駅からハイキング「時薫るまち川越 小江戸川越 七福神めぐり」に参加してきた(2015.01.24)。」へどうぞ。pc

20150125_osanpo_kawagoe_4

川越駅へ戻ってきました。もちろん、帰りも、おさんぽ川越号に乗りますよ。heart

復路、快速おさんぽ川越号新習志野行きは、14時28分頃川越駅ホームに入線してきました。wave

20150125_kawagoe_st_3

おさんぽ川越号は、川越駅6番線ホームに停車中。川越線でE231系が乗れるんだなぁ。wrench

20150125_hassyahyou_4

川越駅の発車標。「臨時14:40大宮方面」...。う~ん、残念な表示。昨年は、おさんぽ川越号て表示していたのに...。fastfood

20150125_jyousyaiti_2

川越駅ホームにも、乗車位置の表示あるよ。号車の表示もあり。eyeglass

20150125_miokuri

帰りも駅員の方々が、お見送りしてくれました。「御礼 またのお越しをお待ちしております」。rouge

20150125_minami_nagareyama_st

帰りは、途中の武蔵野線南流山駅で下車しました。昨年は通過扱いだったが、今年は2年ぶり停車復活となった。xmas

南流山駅の発車標は、「JR」のみ。う~ん...。bomb

20150125_minami_nagareyama_st_2

快速おさんぽ川越号は、南流山駅を出発していきました~。バイバイ。武蔵野線にもE231系が乗降できる珍しい光景でした。それにしても、週末は、しもうさ号の川越延長運転があっても良いのになぁ。birthday

来週もまた、武蔵野線経由の川越行き臨時電車が運行されるよ。その名も、快速ぶらり川越号。2015年1月31日(土)・2月1日(日)・7日(土)に日立~川越間で運転。使用車両は、なんと651系7両。グリーン車付全車指定席だ。グリーン席は数日で完売したけどね。あのタキシードボディが武蔵野線にも停車するよ。もちろん、来週もまた乗って川越へ遊びに行きま~す。(指定席販売好評につき2月7日(土)に追加運転が決定!)ring

20150202_minami_nagareyama_1

<追記> 翌週、快速ぶらり川越号にも乗車してきたよ。そのレポは、「快速ぶらり川越号に乗車してきた2015。」へどうぞ。paper

さらに、なんと、今春も快速おさんぽ川越号運転が決定しました。2015年3月28日・29日と5月5日・6日に運転されます。春の川越も良いだろうな。cherryblossom

という事で、快速おさんぽ川越号に乗車してきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去乗車時のレポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、タイアップされたウォーキングイベントの参加レポは、「駅からハイキング「時薫るまち川越 小江戸川越 七福神めぐり」に参加してきた(2015.01.24)。」へどうぞ。pc

20150125_poster_1

川越散策には、便利な直通電車ですよ。banana

20150125_poster_2

【快速おさんぽ川越号】 (2015年冬)ship

運転区間:新習志野~川越 運転日:2015年1月24日(土)・25日(日) 車両:E231系5両全車自由席train

往路(9620M-9621M) 新習志野08:16-西船橋08:25-新松戸08:39-南流山08:42-南越谷08:56-南浦和09:07-大宮09:20-川越09:49subway

復路(9624M-9625M) 川越14:40-大宮15:03-南浦和15:19-南越谷15:29-南流山15:45-新松戸15:48-西船橋16:04-新習志野16:13subway

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月24日 (土曜日)

ハーブ庭園旅日記を訪れた。ハーブティーやハーブ足湯に癒される2014。

ハーブの魅力がたっぷりつまったSWEET LAND。いろいろな花たちがお出迎えです。tulip

20150124_hanabatake_1

さて、やってきたところは、山梨県甲州市にあるハーブ庭園旅日記です。ハーブを愛し、ハーブに親しんでいる英国では、ハーブは「人の役に立つ花(美・健康・色彩・香)」と言われています。観賞用としてのハーブをはじめ、食用・薬用・美容なとその用途は幅広く、ハーブはたくさんの魅力を持った花と言えます。ribbon

綺麗な花たちだね。風車が見えて、オランダにいるみたいだ。sun

20150124_hanabatake_2

四季を通して、花々との出会いは現代の人たちにとってかけがえのない心のオアシスです。「ハーブ庭園旅日記」は、一万坪の広大な敷地を約200種類ものハーブたちが咲き誇る美しい大庭園なのだ。dog

20150124_hanabatake_3

今回は、秋に訪れたので、コスモス畑が広がるよ。clover

20140929_kosmosu

色とりどりのコスモスが一面に広がる。sagittarius

20150124_hanabatake_4

他にも、バラ園やセージの小径など、いろいろ花を楽しむことができるテーマパークだ。ring

20150124_kessyouhin

ハーブ庭園オリジナル自然派化粧品「ナチュラル化粧品」がお試しで置いてあります。つるつる感とサラサラ感が実感できるそうだ。virgo

20150124_annai

園内は他にもいろいろと施設があるよ。さぁ、ぐるりとまわってみよう。scissors

20150124_world_no2

控えめなのか?大胆なのか?。なんと、世界で2番目においしいソフトクリームを販売しています。taurus

20150124_soft_cream

ソフトクリームは、バニラ・ラベンダー・ミックスの3種類あり。今回は、ミックスを購入しました。まぁ、暖かな日はソフトクリームが美味しいな。bleah

ところで、世界で1番目においしいソフトクリームは何だ?!。pig

20150124_osibori

売店へ入ってみましょう。入口には、おしぼりが用意されています。ちょっと香り付きのおしぼりだ。aquarius

20150124_herb_tea

ここでは、ハーブティーの試飲があります。本日のハーブティーは、ピーチティーだ。ハーブの香りでリラックス。山梨はフルーツの県だからね。ピーチの甘さが良し。apple

20150124_asiyu_3

ハーブ庭園旅日記には、足湯があります。利用するためには、売店レジにて、利用申し込みが必要です。足湯自体は無料だが、貸しマットを使用する場合は、1枚につき100円を支払います。(※貸しマット代は返却時に返金されます)。pencil

20150124_asiyu_2

ハーブ庭園の足湯にやってきた。入湯無料、早速入ってみよう。dash

20150124_asiyu_5

甲府盆地、山々をバックに屋外足湯が設置されています。露天風呂みたいだね。良い景観の中、温まろう。rock

20150124_asiyu_4

ちゃぽん。う~ん、いいねぇ。ハーブのかおりの中で、ゆったりのんびり。ハーブ・ローズゼラニウムの香りがうれしいね。香りはもちろん、スベスベお肌を実感できる?!。foot

20150124_asiyu_1

わ~い、足バタバタ。あ~湯ったり。foot

源泉名は、旅日記温泉。泉質は、PH9.6高アルカリ性単純硫黄温泉だ。少し熱めの温泉です。spa

20150124_yuusuinotaki

園内をさらにぶらり。こちらは、遊水の滝。柱状節理(玄武岩)で、高さは15m40cm。cute

20150124_koi

和風庭園、池には鯉が気持ちよく泳いでいるよ。fish

20150124_jyosef

ワインを片手にいつも花を見に来ているハーブ庭園の名物おじさんです。名はジョセフおじさん。leo

おやおや、今日は酔っ払って寝てしまったようですね。勝沼はワインの里でもあるし...。wine

20150124_happy_stone

こちらは、Happy Stone。両手でふれて3秒間!。願い事をしてください。heart01

20150124_phote_place

ツアーバスも続々やってくる。団体客も訪れる人気スポットだ。ここで、記念撮影されるよ。camera

20150124_enter

綺麗な花が咲き誇る、ハーブ庭園旅日記。勝沼を訪れたら、是非立ち寄ってみてはいかがかな?。世界で2番目のソフトクリームがあるからね。pouch

という事で、ハーブ庭園旅日記を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

「ハーブ庭園旅日記」 〒409-1315 山梨県甲州市勝沼町等々力1736 TEL:0553-44-3715 9時~17時30分 年中無休 駐車場無料(100台) 中央自動車道勝沼ICより約15分 甲州市民バス子安橋北バス停より徒歩約3分 JR中央本線勝沼ぶどう郷駅より徒歩約33分info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月23日 (金曜日)

甲州市勝沼「ぶどうの丘」、約180種類のワインを試飲できる地下ワインカーヴを訪れた2014。

地下ワインカーヴにて、約180種の山梨甲州ワインを試飲できるよ。wink

20150123_budounooka_3

さて、やってきたところは、山梨県甲州市にある甲州市勝沼「ぶどうの丘」です。ぶどうの丘には、甲州勝沼のワインを取り揃えた売店をはじめ、地下ワインカーヴでの試飲、展望レストラン、バーベキュー、宿泊施設、日帰り温泉、美術館等がある複合施設だ。勝沼を訪れたなら、外せない観光スポットだ。catface

20150123_wine_curve_1

ぶどうの丘のお目当てと言えば、やっぱり、地下ワインカーヴです。まずは、売店レジにて、試飲用タートヴァンを購入します。1100円。dollar

購入したら、いざ、地下へ参ろう!。rock

20150123_wine_curve_2

ワイン貯蔵室・ワインカーヴには、山梨甲州ワインが勢揃いだ。ワイン樽に置かれている各ワインは、全て試飲用です。なんと、約180種のワインが味比べ試飲できるのだ。すごいよ。coldsweats02

20150123_tartvan_1

売店レジにて購入した試飲用タートヴァンにワインを注いで頂きます。sprinkle

20150123_tartvan_setumei

タートヴァン(きき酒杯)は、ワインのきき酒に用いる容器です。フランスで古くから使われ、内側の凹凸は、光の反射を利用してワインの色調をよくみるために工夫されたものです。flair

20140929_wine_3

では、頂きます。くいっ。う~ん、たまりませんのぉ。happy02 wine heart04

20150123_wine_curve_4

白ワイン・赤ワイン・ロゼワインとエリアに分かれていて、かつ、甘口・辛口と分かれている。各ワイナリーの数分だけあるので、どれを飲もうか迷っちゃうよ。snowboard

20150123_wine_curve_6

1つのワイン樽の上には、多くのワインがあり。どれ飲む?。全部飲んでみる?。bleah

20150123_tartvan_2

ロゼワイン、色あいがいいよね。wine

20150123_wine_curve_5

白ワインも味わい良し。capricornus

20140929_wine_2

お気に入りのワインが見つかった時は、棚にあるワインをレジへ持っていき、その場で購入できます。ここで、予め試飲できるのがいいよね。wine

とにかく、たくさんのワインが試飲できる。ただ、飲み過ぎには注意しましょう。penguin

試飲用タートヴァンは当日有効なので、酔いを覚まして、再び試飲トライもできるよ。cat

あと、試飲用タートヴァンは、そのまま持ち帰りできます。家でもワインを試飲してみよう。house

20150123_koutaisi_fusai

平成8年(1996年)には、ここのワインカーヴに皇太子御夫妻が来館されたとの事。crown

20150123_menu

試飲だけではなんなので...。お腹もすいた。展望レストランに行ってみよう。お昼時は、ランチメニューとなっている。memo

20150123_wine_list

もちろん、甲州勝沼ワインも取り揃えているよ。cherry

20150123_lunch_wine

で、飲み物は、甲州飲み比べ3種セットにしました。ワインメニューの中から、お好みのワインを3つ選択できるというもの。wine

白ワイン甲州種樽タイプ・赤ワインミディアムタイプ・赤ワインフルボディタイプを選んでみた。art

20150123_lunch

勝沼産ワインを使ったビーフカレーとスモールサラダを注文しました。restaurant

外の良い景色を眺めながら、まったりと頂こう。delicious

20150123_nageme_1

山に囲まれた甲府盆地。丘からの眺めは、のんびりできる~。fuji

20150123_nageme_2

この日は、多少霞んでいるが、眺めがいいですな。camera

ここ、ぶどうの丘は、一面に広がるぶどう畑の小高い丘のてっぺんにあり、ぶどうとワインのサンクチュアリー(聖域)として、季節ごとに彩りを変えるぶどう畑の風景にしっくりとなじみ「ぶどうとワインと花の町・甲州市」のシンボルとなっています。boutique

20150123_bench

ベンチに座ってのんびりしよう~。酔い覚ましにも良し?。chair

20150123_cyder

売店ぶらりしていたら、気になった商品。これは、勝沼発砲水サイダー。まっ、ネタ的にGood。japanesetea

20150123_budounooka_2

JR勝沼ぶどう郷駅からの眺め。この先の小高い丘のてっぺんに、ぶどうの丘があります。駅も丘の上にあるので、徒歩で向かう場合は、丘を降りて、隣の丘を登っていきます。アップダウンがある為、ちょっと覚悟がいるかも?。徒歩だと、勝沼ぶどう郷駅からぶどうの丘まで約1.3km、約15分です。交差点ごとに方向案内板があるので迷う事がないと思う。というか目標地点が丘の上だから、それを目指して歩きます。shoe

20130531_simin_bus

歩くのを躊躇する場合は、タクシーか路線バスになります。タクシーだと初乗り料金で着きます。また、路線バスは勝沼ぶどう郷駅から甲州市民バスが運行されています。運賃は1回300円。ただ、本数がかなり少ないので、予め発車時刻を確認しておくと良いでしょう。以下に市民バス時刻表を記載してみました。(2014年版・2015年1月現在)memo

勝沼ぶどう郷駅→ぶどうの丘 平日
コース名 便No. 勝沼ぶどう郷駅 ぶどうの丘
ぶどうコース1 第3便 10:25 10:34
ワインコース1 第3便 12:31 12:35
 
ぶどうの丘→勝沼ぶどう郷駅 平日
コース名 便No. ぶどうの丘 勝沼ぶどう郷駅
ワインコース2 第2便 08:40 08:44
ぶどうコース2 第4便 13:19 13:29
ワインコース4 第4便 15:00 15:04
 
勝沼ぶどう郷駅→ぶどうの丘 土日祝
コース名 便No. 勝沼ぶどう郷駅 ぶどうの丘
ワインコース1 第1便 09:42 09:46
ぶどうコース1 第1便 09:56 10:05
ぶどうコース2 第2便 10:45 10:50
ワインコース2 第2便 11:04 11:09
ワインコース1 第3便 13:02 13:06
ぶどうコース1 第3便 13:16 13:25
ぶどうコース2 第4便 13:55 14:00
ワインコース2 第4便 14:14 14:19
ワインコース1 第5便 15:52 15:56
ぶどうコース1 第5便 15:56 16:05
ぶどうコース2 第6便 17:05 17:10
ワインコース2 第6便 17:14 17:19
 
ぶどうの丘→勝沼ぶどう郷駅 土日祝
コース名 便No. ぶどうの丘 勝沼ぶどう郷駅
ぶどうコース2 第2便 10:35 10:45
ぶどうコース2 第2便 10:50 10:55
ワインコース2 第2便 11:00 11:04
ワインコース2 第2便 11:09 11:14
ぶどうコース2 第4便 13:45 13:55
ぶどうコース2 第4便 14:00 14:05
ワインコース2 第4便 14:10 14:14
ワインコース2 第4便 14:19 14:24
ぶどうコース2 第6便 16:55 17:05
ワインコース2 第6便 17:10 17:14
ぶどうコース2 第6便 17:10 17:15
ワインコース2 第6便 17:19 17:24

平日は1日2~3本と少ない。休日は1日12本あるが時刻に偏りがある。clock

20150123_ainoizumi

売店入口前の広場には噴水があり。この噴水は、愛の泉・ヴィーナスです。ぶどうとワインをイメージしたようだ。virgo

20150123_kibounokane

ぶどうの丘、北側にある丘高い所には、星降り岬・希望の鐘があります。bell

20150123_kibounokane2

勝沼を見下ろせる眺めだ。こういう地形が、ぶどう栽培に適しているのでしょう。apple

勝沼を訪れたならば、是非立ち寄るべし「ぶどうの丘」。ワイン貯蔵庫となるワインカーヴにて、甲州ワインをいろいろと味比べができる、とても良い(酔い?)施設ですなぁ。dog

という事で、甲州市勝沼ぶどうの丘を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは以下のリンク先へどうぞ。paper

「甲州市勝沼 ぶどうの丘」 〒409-1302 山梨県甲州市勝沼町菱山5093 TEL:0553-44-2111 売店:8時~20時 ワインカーヴ:9時~17時30分 レストラン:11時30分~20時 甲州市民バスぶどうの丘バス停下車すぐ JR中央本線勝沼ぶどう郷駅から徒歩約15分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月22日 (木曜日)

シャトー・メルシャン ワインギャラリーにて、甲州飲み比べセットをテイスティング2014。

山々が広がるパノラマをバックに、甲州ワインをテイスティングはいかが?。fuji

20140929_wine_1

さて、やってきたところは、山梨県甲州市にあるシャトー・メルシャンのワインギャラリーです。ワインミュージアムエリアにあるワインギャラリーは、テイスティングカウンターやカフェカウンター、ワインショップがある。メルシャンで作られた甲州ワインを頂けるよ。wine

さぁ、山が見える景色を眺めながら、ワインを愉しもう。catface

20150122_wine_2

多くの種類のワインを取り揃えているが、数種類のワインを味わいたいなら、テイスティングセットがおすすめです。で、今回は、「甲州飲み比べ4種セット」にしてみました。600円。wine

20150122_kesiki

いゃあ~、天気の良い日に屋外で飲むワインもいいですよ。大きな山々を眺めながら、優雅に頂こう。note

20150122_wine_1

今回のテイスティングは、「山梨勝沼甲州2013」・「甲州きいろ香2013」・「甲州グリ・ド・グリ2013」・「勝沼甲州セレクテッド・ヴィンヤーズ2013」の4種類です。並べてみるとわかるけど、少しずつ色が違うんだね。eye

では、くいっ。ふぉ~。美味しい~。happy02

それぞれワインの説明があるので、知識を得てから改めてテイストすると、通になった気分になるよ。memo

20150122_menu

他の種類の飲み比べセットもあるし、好きなワインのテイスティングやハイ・ザ・グラスもあるので、最高の1杯に巡り合えるかも?!。bell

20150122_siryoukan_1

ワインギャラリーに隣接して、ワイン資料館があります。1904年に建てられた、現存する日本最古の木造ワイン醸造所である旧宮崎第二醸造所です。その後、シャトー・メルシャン ワイン資料館(葡萄資料館)として開館しています。入館無料です。では、入ってみよう。run

20150122_wine_koutei

館内には、歴史紹介や、この場所で使われていた貴重な醸造器具の展示などがあります。school

20150122_cyozouko

地下貯蔵庫に入ってみた。暗室の中、ワイン樽が並んでいるよ。aquarius

20150122_wine_4

各年代のワインが展示されています。libra

20150122_wine_3

現存する日本最古のワインも展示されているよ。bottle

20150122_miyakouen_1

さらに、隣接して、宮光園があります。勝沼・日本ワイン産業を確立した宮崎光太郎の自宅であり、フドウ園や醸造施設を含まれている。bar

20150122_miyakouen_2

宮崎光太郎のブドウ園という事で、宮光園と呼ばれている。近代化産業遺産に指定。house

20150122_food_menu

ワインギャラリーでは、カフェメニューもあります。ワインにあった食事ができるよ。ランチメニューもあり。restaurant

20150122_tatemono

という事で、シャトー・メルシャンのワインギャラリーにて、ワインのテイスティングを味わったレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

「シャトーメルシャン ワインギャラリー」 〒409-1313 山梨県甲州市勝沼町下岩崎1106-1 TEL:0553-44-2218 甲州市民バス阿部医院前バス停より徒歩約1分 JR中央本線勝沼ぶどう郷駅より徒歩約35分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月21日 (水曜日)

くらむぼんワインにて、ワインセラー見学と試飲してきた2014。

ぶどうの里勝沼にある老舗ワイナリーを訪れた。pig

20150121_kuramubon_1

さて、やってきたところは、山梨県甲州市にある「くらむぼんワイン」です。大正2年(1913年)創業の老舗ワイナリーで、創業100周年を期に「株式会社山梨ワイン」から「株式会社くらむぼんワイン」に平成26年(2014年)社名を変更しました。house

昔ながらの立派なお家なのだが、売店はこの中にあります。では、入ってみよう。run

20150121_wasitu

中に入ったら、やっぱり家ですよ。懐かしい感じだな。売店はさらに奥に入ります。drama

20150121_siin_1

売店は狭い空間なのだが、いゃあ、いろいろなワインがずらりとお出迎えだ。これ、みんな試飲できますよ。happy02

20150121_siin_2

試飲用のワイングラスを手に、山梨甲州ワインを味わおう。wine

20150121_siin_3

では、頂きま~す。くいっ。ふぉ~、国産ぶどう100%の味わいは美味しいね。lovely

20150121_wine_room_1

お店の方に尋ねてみたら、少しだけ地下ワイナリーの見学させて頂けました。school

おっ、ワイン樽が並んでいるなぁ。cafe

20150121_wine_room_2

オーナーワインでしょうか。あなたも、ここでワインを寝かせてみてはいかがかな?。scissors

20150121_wine_room_3

ドラマにもでてきそうな空間だね。年代物のワインも飲んでみたいものである。aquarius

20150121_wine_taru

南原清隆さんや清水ミチコさん、林マヤさん、CHIHARUさんのネームプレートがありました。birthday

20150121_parking

お土産に、あじろんスパークリングワイン甘口を購入しました。食事、最初のワインにいいかも。present

「くらむぼん」という名前は、宮沢賢治の童話「やまなし」で蟹が話す言葉に由来するとの事。勝沼には多くのワイナリーがあるが、ここのワイナリーは好きなところの1つです。また、訪れてみたいですな。dog

という事で、くらむぼんワイナリーで試飲と地下ワイナリー見学してきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時のレポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

「株式会社くらむぼんワイン」 〒409-1313 山梨県甲州市勝沼町下岩崎835 TEL:0553-44-0111 営業時間:8時30分~17時30分 休日:正月3が日 甲州市市民バスぶどうの国文化館下車3分 JR中央本線勝沼ぶどう郷駅から徒歩約37分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月20日 (火曜日)

シャトー勝沼でワイン工場見学&試飲2014。

ツアーバス客も多く訪れる勝沼のワイナリーを訪問。bus

20150120_syato_katumuma_2

さて、やってきたところは、山梨県甲州市にあるシャトー勝沼です。ぶどうの産地である勝沼は、ワインも有名だ。シャトー勝沼は、明治10年(1877年)創業のワイナリーです。building

20150120_koujyou_1

まずは、工場見学してみましょう。自由に見学できますよ。見学無料。bicycle

20150120_koujyou_2

こちらは、仕上室。出来上がったワインを360ml及び720mlのびんへびん詰します。1時間に約3000本詰めることができます。taurus

20150120_koujyou_3

こちらは、仕込室。収穫されたブドウを搾汁し、果汁にします。sprinkle

20150120_koujyou_4

こちらは、発酵タンク。cloud

20150120_cyozousitu

樽の中に入ったワインは、暗室にてしっかりと熟成させていきます。night

20150120_syato_katumuma_3

工場見学の後は、売店・レストランの建物へ行こう!。event

20150120_siin_1

ワイナリーに来たら、やっぱり試飲だ♪。では、順に頂こう!。まずは、白・甘口から。試飲用コップに樽から自分で注いで味わいます。wine

20150120_siin_2

白・辛口や赤・辛口も頂こう。wine

20150120_siin_3

ぷはぁ~、酔い感じ~。味わいの違いが楽しめるのが試飲の良いところ。wine

20150120_siin_4

子供やドライバーなど、お酒が飲めない方は、ぶどうジュースの試飲もありますよ。apple

20150120_siin_5

葡萄の酢の試飲もありました。身体に良さそうだ。good

20150120_siin_6

やっぱり人気が高いのは、できたて新酒のワインだね。アジロンヌーボーや巨峰ヌーボーも何回か試飲してきました。wine

カウンターバーでは、特別なワインの試飲もできるので、お願いしてみるといいですよ。catface

20150120_budou

ワイナリー周辺は、ぶどう畑が広がります。ぶどうもいい感じに育っていますな。cat

20150120_syato_katumuma_1

という事で、シャトー勝沼でワイン工場見学&試飲をしてきたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

「シャトー勝沼」 〒409-1032 山梨県甲州市勝沼町菱山4729 TEL:0553-44-0073 平日:8:30~17:00 休日:9:00~17:00 JR中央本線勝沼ぶどう郷駅から徒歩約19分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月19日 (月曜日)

駅からハイキング「東村山街めぐりと武蔵野緑地ウォーキング」に参加してきた(2014.12.20)。

東村山市の街めぐりと、武蔵野緑地を散策する年末最後のウォーキング。shoe

20150119_musasino_line

さて、JR武蔵野線に乗ってやってきたところは、新秋津駅です。週末恒例の駅ハイに参加だ。今回は、2014年12月20日(土)開催、駅からハイキング「東村山街めぐりと武蔵野緑地ウォーキング」です。西武鉄道のウォーキング&ハイキングと多摩モノレールとの共同開催だ。train

20150119_shin_akitu_st

では、新秋津駅を出発し、まずは、受付会場へ向かいましょう。run

20150119_akitu_jinjya_1

新秋津駅から2分程歩くと、受付会場となる秋津神社に到着。ここで、受付をし、コースマップ等を取得した。memo

20150119_cource_route

今回のコースルート。なんと、国宝正福寺地蔵堂を訪れるオプションコースが用意されていた。danger

落ち葉舞い散る初冬の道を歩きながら、市制施行50周年を迎えた東村山市の自然・文化に触れてください。bud

東村山の駅ハイは、昨年に続きの参加で、トータル4回目の参加だ。年末最後の駅ハイ参加なので、いいシメのウォーキングにしよう。今回は約7kmのウォーキングコースです。では、頑張って歩きましょう。rock

20150119_akitu_jinjya_2

コースポイントone箇所目は、「秋津神社」です。秋津神社は、「秋津のお不動様」として古くから知られているそうです。basketball

20150119_akitu_jinjya_3

本殿は間口六尺(1.8m)、奥行五尺(1.5m)の流れ造りである。文化年間の頃から信仰が盛んになり、文政五年八月(1822年)には社殿の改築が行われた。本殿の正面と側壁三面には、司馬温公のかの割り、鶴に乗った仙人などの極めて美しく精巧な彫刻がなされている。wrench

本殿に安置してある石造りの不動明王像が元禄十二年(1699年)のものから建立はそれ以前であろうと思われるとの事。leo

20150119_road_01

武蔵野線の側道を歩いていきます。この日は、どんより曇り空。このあとは天気さらに悪くなり雨の予報だ。う~ん。cloud

20150119_seibu_bus

秋津東小学校バス停前には、西武バスの車庫スペースがあります。新秋津駅~西武園間の無料シャトルバスの待機でしょうか。bus

20150119_road_02

この交差点下には、JR東日本八王子支社総合訓練センターがある。以前参加した時は、ここが駅ハイ受付場所だったんだけどね...。game

20150119_yamazaki_pan

府中街道沿いには、山崎製パン埼玉第二工場がある。bread

20150119_sasamoto_dango_1

住宅街の中を通っていると、焼きだんご屋さんがあります。riceball

20150119_sasamoto_dango_2

そのお店は、「笹本だんご」です。東村山市生まれの志村けんさん御用達のお店のようです。riceball

20150114_tosimaya_syuzou_1

コースポイントtwo箇所目は、「豊島屋酒造」です。秋津神社から33分。東京の酒舗では最古となる老舗酒蔵だ。bottle

20150114_tosimaya_syuzou_2

清酒「金婚」をはじめとする日本酒やみりんを醸造している、慶長元年(1596年)創業の老舗酒蔵だ。bottle

昭和の初期、現在の地に醸造元として豊島屋酒造を設け、富士山からの伏流水を井戸から汲み上げ、仕込水として用いています。酒造りに好適な国産米を厳選して、ひとつひとつ丁寧に酒を醸し、全国新酒鑑評会でも幾多の金賞を受賞しています。aquarius

20150114_siin_1

ありがたい事に試飲ができます♪。4種類の地酒を味わえました。金婚の「本醸造上撰たる酒」・「純米東村山」・「本醸造超辛」・「本醸造しぼりたて生酒」。bottle

20150114_tanuki

たぬきさん、乾杯!。では、くぴっ。ぷふぉ~。いいねぇ。順番に地酒を頂きました。スタッフの方から並々と注いでくれて、気前の良い試飲にもうにんまりだ。happy02

20150114_hanbai

もちろん、これらのお酒は販売もしていますよ。dollar

20150114_kinkon

清酒金婚は、いろいろな種類のお酒を作られています。お好みの味はどれかな?。penguin

20150114_tosimaya_syuzou_3

酒造りのシンボル、煙突がありますよ。cloud

20150114_tank

お手洗いで、事務所の中を通って行く。仕込みタンクでしょうか。いいお酒ができますように。pouch

豊島屋酒造では、毎年11月中旬頃に酒蔵一般開放・蔵開きがあるようだ。う~ん、気になるなぁ。eyeglass

ちなみに、ここでの詳細記事は、「豊島屋酒造にて地酒試飲する2014。」へどうぞ。paper

このあと、国宝正福寺地蔵堂へ向かうオプションコースが用意されていたが、時間がなく今回はパスした。正福寺地蔵堂は、応永14年(1407年)に建立された都内でも非常に珍しい木造国宝建造物だそうです。flair

20150115_masuya_1

通るたびに気になっていたんだよね。純手打うどん「ますや」、武蔵野うどんを食べてみよう。という事で入ってみました。snail

20150115_nikujiru_udon_1

武蔵野うどんの定番「肉汁うどん」(\700)を注文しました。天ぷら付きですよ。noodle

20150115_udon

少し太めの麺が特徴の武蔵野うどん、コシが強めなので食べ応えありだ。では、頂きます。おっ、いいね。味わいは至ってシンプル。まぁ、それがいいのだ。good

20150115_counter

建物は狭めで、なんか田舎のおじいちゃん・おばあちゃんの家に帰ってきたような感じだ。懐かしい、そして、ほのぼのな時間が過ごせます。confident

20150115_yuzukosyou

ご主人から、これを入れてみてと勧められた。おっ、これは!。なんと、自家製柚子胡椒です。後半に入れみると、味わいが変わりこれまた美味しい。aquarius

20150115_irori

店内はカウンターとお座敷があり、中央には囲炉裏があるよ。japanesetea

20150115_syashin

店内、上を見渡すと、風景画や木々・植物などの写真が飾られていました。綺麗に写っているね。camera

20150115_satoimo

最後に、女将さん(おばあさん)から、里芋のおもてなしがありました。いゃあ~、ありがたいね。素朴な味わいが、なんだかほんのりしてしまいます。うむ、美味しく頂きました。delicious

ちなみに、ここでの詳細記事は、「ますや(東村山市)にて、武蔵野うどんを食す2014。」へどうぞ。paper

20150119_fumikiri

西武新宿線の踏切を渡ります。この先は、東村山駅がある。train

20150115_tokuzouji_1

コースポイントthree箇所目は、「徳蔵寺」です。豊島屋酒造から9分。徳蔵寺に隣接して、多くの貴重な資料を公開している板碑保存館があります。名前の通り、多くの板碑が保存されていて、展示公開されている珍しい資料館だ。book

20150115_itahi_hozonkan

板碑保存館は、徳蔵寺に保管されていた板碑・石器・土器を保存するため、昭和43年(1968年)9月に鉄筋、校倉造り、2階建ての保存館が完成しました。building

駅ハイ開催に合わせてなのか入館無料でした。なので、見学する事にしました。chick

20150115_kibounokata

通常は、拝観料(入館料)は200円です。靴を脱いで中に入ります。boutique

20150115_genkounoitahi_2

国の重要文化財に指定されている「元弘の板碑」は、小島法師が著したといわれる「太平記」の記述に裏付けるように、合戦の場所と新田の将士、斉藤氏3人の討死者名が刻まれていて、戦史を実証している板碑として有名である。scorpius

その板碑をじっくり見てきたよ。他にも多くの板碑がずらりと展示されていて、圧倒するよ。bag

元弘の板碑は、もと狭山丘陵東端の八国山中腹の永春庵にあったが、庵が徳蔵寺に移されたときに共に移された。材質は、緑泥片岩。高さ147cm、幅44cm。種子は不明、上部に梵字で光明真言が刻まれている。pencil

20150115_tokuzouji_2

徳蔵寺もぶらり参拝してきました。臨済宗大徳寺派で、元和2年(1616年)に壁英禅師による中興開山と伝えています。多数の板碑や多くの考古・民俗資料を収集し「ちらかし寺」と呼ばれました。karaoke

ちなみに、ここでの詳細記事は、「国の重要文化財「元弘の板碑」がある、徳蔵寺板碑保存館を訪れた2014。」へどうぞ。paper

20150116_madonna

徳蔵寺の真向かいにある、手作りのパン「マドンナ」という名のパン屋さん。ちょいと店内に入ってみよう。door

20150116_totoro_pan_1

これ、お目当てに来たのだ。そう、トトロパン。おぅ、いっぱい、いるね?!。125円が100円だって。お買い得~。dollar

ちなみに、ここでの詳細記事は、「手作りのパン「マドンナ」のトトロパンを食べる2014。」へどうぞ。paper

20150115_kumegawa_kosenjyouato

コースポイントfour箇所目は、「久米川古戦場跡」です。徳蔵寺から5分。新田義貞の鎌倉攻めや建武2年(1335年)北条高時の遺子、時行と足利尊氏の弟直義らの戦いや正平7年(1352年)の武蔵野合戦などの幾多の戦場となりました。sagittarius

20150117_hatikokuya_ryokuti_2

コースポイントfive箇所目は、「八国山緑地」です。久米川古戦場跡から2分。「はちこくやまりょくち」と読む。なだらかに広がる狭山丘陵の東端に位置している都立公園だ。園内全体がコナラ、クヌギ等の雑木林になっているよ。xmas

20150117_hatikokuya_ryokuti_1

東入口から西武園駅付近の西入口へ、東西1.9kmにつらなる尾根道を歩いていきましょう。snail

20150117_syougunzuka

こちらは、将軍塚です。新田義貞がこの地に逗留し、塚に旗を立てたことから将軍塚と呼ばれるようになったといわれています。gasstation

八国山緑地は標高89.4m。その頂きから上野・下野・常陸・安房・相模・駿河・信濃・甲斐の八国が見渡せることから、その名がついたとされています。新田義貞鎌倉討伐や武蔵野合戦などが戦われた場所です。sagittarius

20150117_hatikokuya_ryokuti_3

雑木林の中、散策路が整備されていて、歩いていて気分が良いよ。note

20150117_oozora_hiroba

こちらは、おおぞら広場。ベンチがあって休憩できます。今は落ち葉の絨毯の様だね。maple

20150117_hatikokuya_ryokuti_4

この尾根道は、自転車も通行できるようです。まぁ、ほとんどはウォーカーですが...。bicycle

20150117_hokkori_hiroba

ここを降りて行くと、ほっこり広場。その先のふたつ池とか行ってみたかったが、降りず尾根道をずんずんと歩いていく。foot

20150117_hatikokuya_ryokuti_5

12月という事で、木は葉が落ち枝だけの状態。地面は落ち葉が敷き詰められた状態だ。spade

映画「となりのトトロ」に「七国山病院」が登場するが、その七国山はここ八国山がモデルになっている?!ともいわれています。この道を歩いていると、ネコバスが通るかも?。bus

20150117_hatikokuya_ryokuti_6

尾根道は、東京都(東村山市)と埼玉県(所沢市)の都県境を通って、道が続いています。この尾根道の左側が東京都、右側が埼玉県。そういう意味では、興味湧く道なのだ。eyeglass

20150117_hatikokuya_ryokuti_7

まもなく、尾根道の終点だぁ。motorsports

20150117_hatikokuya_ryokuti_8

西入口付近に到着。東入口から西入口へ約2km、約30分で到着しました。斜面を降りて行った先は、西武園駅となる。train

20150116_totoro_pan_2

ちょいとここらで、先ほどパン屋で購入した、トトロパン。ここで、トトロを味わいましたとさ。bread

ちなみに、ここでの詳細レポは、「八国山緑地、尾根道を歩く2014。」へどうぞ。paper

20150119_seibuen_st

西武園駅構内を通って、反対側へ抜けていきます。ski

20150119_seibuen_keirin

今回は、西武園けいりんには行きませんでした。時間がなかったので..。bicycle

20150119_goal_maku

まもなく、ゴールだ。spade

20150118_gate

ゴールとなる西武園ゆうえんちに到着しました。motorsports

20150119_goal_uketuke

ゴール受付しました。新秋津駅をスタートしてから、西武園ゆうえんちにゴールするまで、2時間48分かかりました。motorsports

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:12327歩 消費カロリー:625.7kcal 消費脂肪量:89.3g 歩行距離:9.36km 歩行時間:1時間44分 平均時速:5.36km/h エクササイズ量:6.5Exinfo02

20150119_kan_batch

恒例の缶バッチは、キハ48系リゾートみのりでした。present

西武鉄道も共催なので、西武沿線ポイントもゲットしました。30ポイント。こちらは、有効期限が6か月なので、累積ポイントがクリアされ、また1から溜める事に...。bag

20150118_seibuen_yuuenti_1

駅ハイ参加特典で入園無料なので、入ってみました。(通常、入園料は1100円)。ticket

先には、大観覧車が見えるね。この日は、雨が降っており、園内ガラガラである。人がほとんどいないよ...。rain

20150118_seibuen_yuuenti_2

ハローキティメルヘンタウンは、週末家族連れでにぎわうのにね。人がいない..。golf

20150118_merry_goround

メリーゴーランドも貸し切り状態だよ。carouselpony

20150118_jyairo_tower_1

西武園ゆうえんちには、高さのあるアトラクションとして、大観覧車の他にジャイロタワーがある。白く細長い塔だ。building

20150118_tuuro_1

駅ハイ参加特典で、このジャイロタワーの料金が500円のところ無料となった。まぁ、タダなら乗ってみようという事でやってきた。signaler

円形状の乗り物で、周囲に座席シートが設置されている。数人客がいるだけのガラガラの状態で、出発です。impact

20150118_nagame_1

室内の乗り物が、エレベーターのように上にあがるだけと思っていたら、甘かった。すごく、こわいxxx。途中からは、ゆっくり回転しているし...。coldsweats02

大観覧車の高さは62mだが、このジャイロタワーは高さ80m!。観覧車よりも高さがあるのか!!。building

20150118_nagame_2

しかも、下が見えるとは...。おそらしや~~。内側の壁にくっついて、高さの恐怖にじっと耐えています。crying

20150118_nagame_3

左下には、レオライナー(西武山口線)が走る。cancer

20150118_tamako

多摩湖も見えますよ。aquarius

20150118_tuuro_2

ふ~、到着...。約6分程の空中遊泳でしょうか。地上についてホッとしたよ。フラフラになりながら、外に出ました。sad

20150118_merry_christmas

メリークリスマス。園内にはクリスマスの飾り付けがあって、...。snow

20150118_akemasite_omedetou

平成27年(2015年)の干支、ひつじさんとの記念撮影が出来たり...。camera

20150118_kanransya

やっぱり、大観覧車もでっかいなぁ。house

ちなみに、ここでの詳細記事は、「雨の中の西武園ゆうえんち。ジャイロタワーに乗る2014。」へどうぞ。paper

20150119_seibu_yuuenti_st

中央口から階段を下りていくと、西武遊園地駅に着きます。denim

20150119_leo_liner

帰りの電車は、西武多摩湖線ではなく、西武山口線(レオライナー)に乗ります。何故なら、...。door

20141223_seibu_kyuujyoumae_st_1

終点、西武球場前駅に到着。そう、あの青い色の電車に乗る為にやってきた。eye

20141223_999train_2

この日は、「さよなら銀河鉄道999デザイン電車イベント」が開催されました。2009年5月から運行開始された、銀河鉄道999デザイン電車(3000系車両3011編成)は、この日をもって運転終了となる。その為のさよならイベントだ。maple

20141223_999train_1

4番線ホーム前では、さよならセレモニーが行われました。bell

20141223_matel

最後の運転として、西武球場前駅から池袋駅へ向けて出発しました。もちろん、乗車しましたよ。ear

20141223_syasyou

終点の池袋駅に到着しました。車掌さんに敬礼し、回送列車として去っていきました。さようなら~。お疲れ様でした。paper

ちなみに、ここでの詳細記事は、「さよなら銀河鉄道999デザイン電車特別記念運行(西武球場前→池袋)に乗車してきた2014。」へどうぞ。paper

20150114_namazake

今回のお土産はコレ。豊島屋酒造で購入した出来立ての新酒、しぼりたて生酒本醸造を購入しました。蔵出し一号・無濾過直詰。美味しく頂きましたよ。scissors

今回の駅ハイ参加で、今シーズン(2014年度)参加回数は15回目、駅ハイポイントはWEB専用コース2倍の4ポイント加算して、合計36ポイントになりました。dollar

今回は年末お馴染みの東村山市と八国山緑地散策のコース。豊島屋酒造の試飲があるから、もう楽しみなコースだ。酔いの勢いで、尾根道を踏破。西武園ゆうえんちでは、初めてジャイロタワーを体験しましたよ。ship

さて、新年最初、次回の駅ハイレポは、川越駅→本川越駅です。小江戸な観光地・埼玉県川越市の七福神めぐりです。お楽しみにね。happy01

ちなみに、各地点詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20150119_map

JR東日本・駅からハイキング No.03406 「【西武鉄道・多摩モノレール共同開催】東村山街めぐりと武蔵野緑地ウォーキング」 2014年12月20日(土)実施 歩行時間:約2時間15分(見学時間等を除く) 歩行距離:約7kminfo02

西武池袋線秋津駅→JR新秋津駅→スタート:①秋津神社→②豊島屋酒造→③徳蔵寺→④久米川古戦場跡→⑤八国山緑地→西武園線西武園駅→ゴール:⑥西武園ゆうえんち→西武多摩湖線西武遊園地駅info02

(各写真画像をClickすると4倍拡大表示します)search

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月18日 (日曜日)

雨の中の西武園ゆうえんち。ジャイロタワーに乗る2014。

地上80mからの360度パノラマ。しかし、高さに怖いな...。weep

20150118_seibuen_yuuenti_1

さて、やってきたところは、埼玉県所沢市にある西武園ゆうえんちです。ウォーキングイベント参加の特典で入園無料だったので、入ってみました。(通常、入園料は1100円)。ticket

先には、大観覧車が見えるね。この日は、雨が降っており、園内ガラガラである。人がほとんどいないよ...。rain

20150118_seibuen_yuuenti_2

ハローキティメルヘンタウンは、週末家族連れでにぎわうのにね。人がいない..。golf

20150118_merry_goround

メリーゴーランドも貸し切り状態だよ。carouselpony

20150118_jyairo_tower_1

西武園ゆうえんちには、高さのあるアトラクションとして、大観覧車の他にジャイロタワーがある。白く細長い塔だ。building

20150118_tuuro_1

ウォーキングイベント参加特典で、このジャイロタワーの料金が500円のところ無料となった。まぁ、タダなら乗ってみようという事でやってきた。signaler

円形状の乗り物で、周囲に座席シートが設置されている。数人客がいるだけのガラガラの状態で、出発です。impact

20150118_nagame_1

室内の乗り物が、エレベーターのように上にあがるだけと思っていたら、甘かった。すごく、こわいxxx。途中からは、ゆっくり回転しているし...。coldsweats02

大観覧車の高さは62mだが、このジャイロタワーは高さ80m!。観覧車よりも高さがあるのか!!。building

20150118_nagame_2

しかも、下が見えるとは...。おそらしや~~。内側の壁にくっついて、高さの恐怖にじっと耐えています。crying

20150118_nagame_3

左下には、レオライナー(西武山口線)が走る。cancer

20150118_tamako

多摩湖も見えますよ。aquarius

20150118_tuuro_2

ふ~、到着...。約6分程の空中遊泳でしょうか。地上についてホッとしたよ。フラフラになりながら、外に出ました。sad

20150118_merry_christmas

メリークリスマス。園内にはクリスマスの飾り付けがあって、...。snow

20150118_akemasite_omedetou

平成27年(2015年)の干支、ひつじさんとの記念撮影が出来たり...。camera

20150118_tanuki

ボクは不思議な生きものではありません。...タヌキさんでは?。pig

20150118_kanransya

やっぱり、大観覧車もでっかいなぁ。house

20150118_gate

無料で入園できたので、西武園ゆうえんち、ぶらりぐるりと園内散策してきました。しかし、雨の中、中央口入園ゲートも週末なのにさびしい状態だな。typhoon

という事で、西武園ゆうえんちにてジャイロタワーに乗ってみたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

「西武園ゆうえんち」 〒359-1145 埼玉県所沢市山口2964 入場料:1100円 西武多摩湖線西武遊園地駅下車徒歩1分(中央口) 西武山口線遊園地西駅下車すぐ(西口)info02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年1月17日 (土曜日)

八国山緑地、尾根道を歩く2014。

トトロやネコバスに会えるかも?!しれない森の中の散策道。run

20150117_hatikokuya_ryokuti_2

さて、やってきたところは、東京都東村山市にある八国山緑地です。「はちこくやまりょくち」と読む。なだらかに広がる狭山丘陵の東端に位置している都立公園だ。園内全体がコナラ、クヌギ等の雑木林になっているよ。xmas

20150117_hatikokuya_ryokuti_1

久米川古戦場跡付近にある東入口から西武園駅付近の西入口へ、東西1.9kmにつらなる尾根道を歩いていきましょう。snail

20150117_syougunzuka

こちらは、将軍塚です。新田義貞がこの地に逗留し、塚に旗を立てたことから将軍塚と呼ばれるようになったといわれています。gasstation

八国山緑地は標高89.4m。その頂きから上野・下野・常陸・安房・相模・駿河・信濃・甲斐の八国が見渡せることから、その名がついたとされています。新田義貞鎌倉討伐や武蔵野合戦などが戦われた場所です。sagittarius

20150117_hatikokuya_ryokuti_3

雑木林の中、散策路が整備されていて、歩いていて気分が良いよ。note

20150117_oozora_hiroba

こちらは、おおぞら広場。ベンチがあって休憩できます。今は落ち葉の絨毯の様だね。maple

20150117_hatikokuya_ryokuti_4

この尾根道は、自転車も通行できるようです。まぁ、ほとんどはウォーカーですが...。bicycle

20150117_hokkori_hiroba

ここを降りて行くと、ほっこり広場。その先のふたつ池とか行ってみたかったが、降りず尾根道をずんずんと歩いていく。foot

20150117_hatikokuya_ryokuti_5

12月という事で、木は葉が落ち枝だけの状態。地面は落ち葉が敷き詰められた状態だ。spade

映画「となりのトトロ」に「七国山病院」が登場するが、その七国山はここ八国山がモデルになっている?!ともいわれています。この道を歩いていると、ネコバスが通るかも?。bus

20150117_hatikokuya_ryokuti_6

尾根道は、東京都(東村山市)と埼玉県(所沢市)の都県境を通って、道が続いています。この尾根道の左側が東京都、右側が埼玉県。そういう意味では、興味湧く道なのだ。eyeglass

20150117_hatikokuya_ryokuti_7

まもなく、尾根道の終点だぁ。motorsports

20150117_hatikokuya_ryokuti_8

西入口付近に到着。東入口から西入口へ約2km、約30分で到着しました。斜面を降りて行った先は、西武園駅となる。train

20150116_totoro_pan_2

徳蔵寺近くにあるパン屋で購入した、トトロパン。ここで、トトロを味わいましたとさ。bread

という事で、八国山緑地の尾根道を歩いたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問記事は、以下のリンク先へどうぞ。paper

「八国山緑地」(はちこくやまりょくち) 東京都東村山市諏訪町3丁目・多摩湖町4丁目info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月16日 (金曜日)

手作りのパン「マドンナ」のトトロパンを食べる2014。

八国山散策前にトトロのパンをゲットしておこう。cat

20150116_madonna

さて、やってきたところは、東京都東村山市にある手作りのパン「マドンナ」という名のパン屋さんです。徳蔵寺の真向かいにあります。ちょいと店内に入ってみよう。door

20150116_totoro_pan_1

これ、お目当てに来たのだ。そう、トトロパン。おぅ、いっぱい、いるね?!。125円が100円だって。お買い得~。dollar

20150116_doraemon_pan_1

このお店のキャラクターパンもいかが。ドラえもんパンです。cat

20150116_osusume2

おすすめ品として、自家製天然酵母使用くるみ入りどぐうパンや、...。flag

20150116_osusume

黒焼そばとキムチのパンもおすすめだ。黒焼きそばは、東村山のご当地グルメだしな。noodle

20150116_totoro_pan_2

このあと、八国山緑地散策してきました~。購入してきた、トトロパン参上!。pisces

20150116_totoro_pan_3

では、パクッと。クリームが入っているよ。taurus

20150116_doraemon_pan_2

もう1つ、ドラえもんパンも登場。こちらは、チョコパンでした。pig

という事で、手作りのパン「マドンナ」のトトロパンとドラえもんパンを八国山緑地で食べたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

「手作りのパン マドンナ」 〒189-0021 東京都東村山市諏訪町1-25-14 TEL:042-395-2981 西武新宿線東村山駅から徒歩約14分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国の重要文化財「元弘の板碑」がある、徳蔵寺板碑保存館を訪れた2014。

多数の板碑や多くの考古・民俗資料を収集し、「ちらかし寺」と呼ばれていました。carouselpony

20150115_tokuzouji_1

さて、やってきたところは、東京都東村山市にある徳蔵寺です。徳蔵寺に隣接して、多くの貴重な資料を公開している板碑保存館があります。名前の通り、多くの板碑が保存されていて、展示公開されている珍しい資料館だ。book

20150115_itahi_hozonkan

板碑保存館は、徳蔵寺に保管されていた板碑・石器・土器を保存するため、昭和43年(1968年)9月に鉄筋、校倉造り、2階建ての保存館が完成しました。building

機会があって、館内を見学する事になりました。chick

20150115_kibounokata

拝観料(入館料)は200円です。靴を脱いで中に入ります。boutique

20150115_genkounoitahi_2

国の重要文化財に指定されている「元弘の板碑」は、小島法師が著したといわれる「太平記」の記述に裏付けるように、合戦の場所と新田の将士、斉藤氏3人の討死者名が刻まれていて、戦史を実証している板碑として有名である。scorpius

その板碑をじっくり見てきたよ。他にも多くの板碑がずらりと展示されていて、圧倒するよ。bag

20150115_genkounoitahi_1

元弘の板碑は、もと狭山丘陵東端の八国山中腹の永春庵にあったが、庵が徳蔵寺に移されたときに共に移された。材質は、緑泥片岩。高さ147cm、幅44cm。種子は不明、上部に梵字で光明真言が刻まれている。pencil

20150115_tokuzouji_2

徳蔵寺もぶらり参拝してきました。臨済宗大徳寺派で、元和2年(1616年)に壁英禅師による中興開山と伝えています。多数の板碑や多くの考古・民俗資料を収集し「ちらかし寺」と呼ばれました。karaoke

20150115_kumegawa_kosenjyouato

徳蔵寺の近くには、久米川古戦場跡があります。新田義貞の鎌倉攻めや建武2年(1335年)北条高時の遺子、時行と足利尊氏の弟直義らの戦いや正平7年(1352年)の武蔵野合戦などの幾多の戦場となりました。sagittarius

という事で、「元弘の板碑」がある徳蔵寺板碑保存館を訪れたレポでした~。happy01

「徳蔵寺板碑保存館」 〒189-0021 東京都東村山市諏訪町1-26-3 TEL:042-391-1603 9時~17時 休館日:月曜 入館料:大人200円・子供100円 西武新宿線東村山駅から徒歩約14分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月15日 (木曜日)

ますや(東村山市)にて、武蔵野うどんを食す2014。

武蔵野うどん、素朴で家庭的な雰囲気が味わえます。house

20150115_masuya_1

さて、やってきたところは、東京都東村山市にある純手打うどん「ますや」です。都道16号立川所沢線(府中街道)久米川辻交差点を西に入ったところにある、武蔵野うどんを提供するお店です。何度か気になりながらも通り過ぎていたが、今回初めて訪れてみました。snail

20150115_nikujiru_udon_1

武蔵野うどんの定番「肉汁うどん」(\700)を注文しました。天ぷら付きですよ。noodle

20150115_udon

少し太めの麺が特徴の武蔵野うどん、コシが強めなので食べ応えありだ。では、頂きます。おっ、いいね。味わいは至ってシンプル。まぁ、それがいいのだ。good

20150115_counter

建物は狭めで、なんか田舎のおじいちゃん・おばあちゃんの家に帰ってきたような感じだ。懐かしい、そして、ほのぼのな時間が過ごせます。confident

20150115_yuzukosyou

ご主人から、これを入れてみてと勧められた。おっ、これは!。なんと、自家製柚子胡椒です。後半に入れみると、味わいが変わりこれまた美味しい。aquarius

20150115_irori

店内はカウンターとお座敷があり、中央には囲炉裏があるよ。japanesetea

20150115_syashin

店内、上を見渡すと、風景画や木々・植物などの写真が飾られていました。綺麗に写っているね。camera

20150115_satoimo

最後に、女将さん(おばあさん)から、里芋のおもてなしがありました。いゃあ~、ありがたいね。素朴な味わいが、なんだかほんのりしてしまいます。うむ、美味しく頂きました。delicious

20150115_masuya_2

帰り際、また来てくださいと言われたので、また立ち寄ってみたいと思います。dog

という事で、東村山にある武蔵野うどん「ますや」にて肉汁うどんを頂いたレポでした~。happy01

「純手打うどん ますや」 〒189-0003 東京都東村山市久米川町4-33-10 TEL:042-393-9481 11時~18時(売り切れ時終了) 定休日:月曜 西武新宿線東村山駅東口から徒歩約13分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月14日 (水曜日)

豊島屋酒造にて地酒試飲する2014。

東京の酒舗では最古となる老舗酒蔵に立ち寄りました。bottle

20150114_tosimaya_syuzou_2

さて、やってきたところは、東京都東村山市にある豊島屋酒造です。清酒「金婚」をはじめとする日本酒やみりんを醸造している、慶長元年(1596年)創業の老舗酒蔵だ。bottle

昭和の初期、現在の地に醸造元として豊島屋酒造を設け、富士山からの伏流水を井戸から汲み上げ、仕込水として用いています。酒造りに好適な国産米を厳選して、ひとつひとつ丁寧に酒を醸し、全国新酒鑑評会でも幾多の金賞を受賞しています。aquarius

20150114_siin_1

ありがたい事に試飲ができます♪。4種類の地酒を味わえました。金婚の「本醸造上撰たる酒」・「純米東村山」・「本醸造超辛」・「本醸造しぼりたて生酒」。bottle

20150114_tanuki

たぬきさん、乾杯!。では、くぴっ。ぷふぉ~。いいねぇ。順番に地酒を頂きました。スタッフの方から並々と注いでくれて、気前の良い試飲にもうにんまりだ。happy02

20150114_hanbai

もちろん、これらのお酒は販売もしていますよ。dollar

20150114_kinkon

清酒金婚は、いろいろな種類のお酒を作られています。お好みの味はどれかな?。penguin

20150114_tosimaya_syuzou_3

酒造りのシンボル、煙突がありますよ。cloud

20150114_tank

お手洗いで、事務所の中を通って行く。仕込みタンクでしょうか。いいお酒ができますように。pouch

20150114_tosimaya_syuzou_1

住宅街の中にあります。毎年11月中旬頃に酒蔵一般開放・蔵開きがあるようだ。う~ん、気になるなぁ。ear

20150114_namazake

お土産に出来立ての新酒、しぼりたて生酒本醸造を購入しました。蔵出し一号・無濾過直詰。美味しく頂きましたよ。scissors

という事で、豊島屋酒造にて地酒を試飲したレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

「豊島屋酒造」 〒189-0003 東京都東村山市久米川町3-14-10 TEL:042-391-0601 西武新宿線東村山駅東口から徒歩約15分 グリーンバス久米川町循環江戸道バス停下車すぐinfo02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月13日 (火曜日)

駅からハイキング「歴史探訪 旅人気分で歩く東海道戸塚宿」に参加してきた(2014.12.07)。

東海道五番目の宿場町として栄えた戸塚宿。当時の旅人に思いを馳せ、足跡を重ねながら東海道戸塚宿の名所をお楽しみください。shoe

20150113_toukaido_line

さて、JR東海道本線に乗ってやってきたところは、戸塚駅です。週末恒例の駅ハイに参加だ。今回は、2014年12月7日(日)開催、駅からハイキング「歴史探訪 旅人気分で歩く東海道戸塚宿」です。train

乗車してきたE233系快速アクティー熱海行きが発車していった。戸塚駅は同一ホーム上で横須賀線への乗り換えが可能となっているよ。snail

20150113_hamanodencyan

戸塚駅切符売り場前では、JR東日本横浜支社のマスコットキャラクター「ハマの電チャン」がいました。E7系新幹線のダイヤブロックと一緒に記念撮影ができるようだ。camera

20150113_kan_batch2

受付にてコースマップ等を取得した。恒例の缶バッチは、115系中央本線でした。present

20150113_cource_route

今回のコースルートです。神奈川県横浜市戸塚区をぐるり巡る約9kmのウォーキング。戸塚駅の駅ハイは初めての参加だ。東海道戸塚宿、主に寺社めぐりだが楽しみですな。cat

20150113_totuka_st_east

この日は、青空いい天気ウォーキング日和だね。では、戸塚駅東口からスタートです。rock

20150113_totuka_st_east2

戸塚駅東口ペデストリアンデッキには、通称:未来広場というスペースがあり。aquarius

20150113_totuka_st_east3

階段、下へ降ります。snowboard

20150113_kasiogawa_1

柏尾川沿いを歩いていきます。先に見える水色の橋、元吉倉橋を渡ります。mist

20150113_motoyosikurabasi

元吉倉橋から柏尾川を眺める。typhoon

20150113_hitachi

日立の工場前を通り過ぎる。bar

20150113_totukadai2kyouritubyouin

戸塚共立第2病院前を右折し、突き当りまで進むと、最初のポイントです。ribbon

20141227_myousyuuji_4

コースポイントone箇所目は、「妙秀寺」です。戸塚駅東口から12分。大銀杏は見事だなぁ。maple

妙秀寺は、鎌倉小町の妙厳山本覚寺の末寺である。日蓮宗の寺院で身立山と号す。延文元年(1356年)に創建されたとされる。leo

20141227_myousyuuji_1

まずは、本堂にて参拝。本尊は三宝祖師像。戸塚宿七福神の弁財天を祀る。think

境内の道標は、江戸時代、戸塚のシンボルとされた歌川広重の浮世絵、「大橋」にも描かれた道標「かまくらみち」だと言われています。pisces

20141227_myousyuuji_2

山門の周りには、大きな銀杏の木があります。周りは住宅街なので、こういう景観はとても貴重だな。moon1

ちなみに、ここでの詳細レポは、「大銀杏が見事な妙秀寺(戸塚区)を訪れた2014。」へどうぞ。paper

20141228_manholl

横浜市のマンホール。戸塚バージョンは、昔の戸塚宿風景をバックに駅伝の選手が走っているね。run

20141228_edo_mitike_1

コースポイントtwo箇所目は、「江戸見附」です。妙秀寺から5分。東海道五十三次の5番目の宿場である「戸塚宿」。宿場の入口に築かれたシンボルが「見附」で、江戸側の入口にあったものを「江戸見附」といいます。snail

20141228_edo_mitike_2

戸塚宿の江戸見附跡は、国道1号線(旧東海道)、フォルクス戸塚東店前に碑が設置されている。参勤交代の大名らを、宿役人がここで出迎えました。hotel

20141228_edo_mitike_3

ダイエー戸塚店やフォルクス付近にあって、交通量がある道路沿いにある。存在気付くかな?。pig

ちなみに、ここでの詳細レポは、「東海道戸塚宿の出入口、江戸見附跡と上方見附跡2014。」へどうぞ。paper

20150113_kasiogawa_2

再び、柏尾川沿いを歩く。川沿いは桜並木になっているようだ。cherryblossom

20150113_yosida_oohasi_1

コースポイントthree箇所目は、「吉田大橋」です。江戸見附から10分。国道1号線、柏尾川にかかる橋です。yacht

20150113_kinomainari

吉田大橋に隣接して、木之間稲荷がある。五穀豊穣を祈願する素朴な敬神の心を以て江戸時代中期に創建された。riceball

20150113_yosida_oohasi_3

吉田大橋から柏尾川を眺める。大きなマンションが建ち並ぶね。building

20150113_yosida_oohasi_2

吉田大橋は、歌川広重の「東海道五十三次之内戸塚」にも描かれている橋があった場所で、交通の要衝でもあった場所です。橋にもその絵が描かれているよ。art

20150113_kasiototukasen_tunnel

矢部団地入口交差点から清源院入口交差点まで、現在トンネル工事が行われています。「開かずの踏切」解消に向けた柏尾戸塚線トンネルを建設中で、平成26年度末完成予定だ。2015年春前には開通される事でしょう。戸塚駅前の大踏切をスキップできるので、移動時間短縮に大いに効果があると思われる。subway

20150113_ito_iin

伊東医院の建物は、横浜市認定歴史的建造物に認定されました。大正14年(1925年)の建物だそうだ。wrench

20150113_totukasyuku_oyasumidokoro

とつか宿お休み処がありました。旧東海道の散策等で訪れる方々に自由に立ち寄れる場を提供されている。(※2014年12月21日(日)をもって、閉所されました)。japanesetea

20150113_yabenoyu

銭湯「矢部の湯」がありました。昭和35年(1960年)にでき、現在では戸塚区内唯一の銭湯となっている。spa

20150113_totuka_oofumikiri

戸塚大踏切です。JR東海道本線や横須賀線が通る大きな踏切で、しかも、国道1号線が通っている事もあり、交通量の多い、まさしく「開かずの踏切」なのでしょう。danger

ちなみに、先程の柏尾戸塚線トンネルが開通したら、この戸塚大踏切は閉鎖され、踏切の撤去、及び、周辺の道路整備が行われるとの事。karaoke

20150113_oofumikiri_dekki

戸塚大踏切の上には、歩行者や自転車が利用できる戸塚大踏切デッキが2014年1月18日に開通しました。安全に東口と西口を行き来できるのはいいね。good

20150113_oofumikiri_dekki2

JR線を上から眺める事が出来るので、鉄好きにはたまらないでしょう。heart01

20150113_oofumikiri_dekki3

東海道本線や横須賀線の他、貨物線もある為、合計6本の線路が先へ続いている。boutique

20150113_oofumikiri_dekki4

車は踏切待ちに困惑だろうが、歩行者にとっては歩道橋で楽々渡れるな。coldsweats01

20141229_sanmon

コースポイントfour箇所目は、「清源院」です。吉田大橋から16分。徳川家康の側室であった於万の方が、家康の菩提を弔うため、元和6年(1620年)に廃絶していた寺を再興したものです。お万の方を火葬した寺でもある。shadow

では、山門を通り中へ入ってみましょう。chick

20141229_hondou

こちらが本堂です。南向山長林寺と号す。本尊は徳川家康から拝領したと言われる歯吹阿弥陀如来像です。crown

戸塚宿七福神めぐり、清源院では毘沙門天を祀る。cancer

20141229_basyoukuhi

境内には、松尾芭蕉句碑があり。おくのほそ道の一句 「世の人の見付ぬ花や軒の栗」。pencil

20141229_asahidou

「井にうかぶ番ひの果てや秋の蝶」

遊女マヤと若い町人清三郎が、許されぬ愛の証を立てるため、天神塚の井戸にそろって身を投げる事件が起き、その二人の句碑が建てられました。moon3

ちなみに、ここでの詳細レポは、「家康の寵愛を受けたお万の方ゆかりの寺、清源院を訪れた2014。」へどうぞ。paper

20141229_sinasobaya

山門入口付近には、支那そばや本店というラーメン屋さんがありました。行列が出来ている...。う~ん、気になった。後日調べてみると、あのラーメンの鬼こと、佐野実さんが創業したお店なんですね。noodle

20150113_totuka_st_west

戸塚駅西口側は、大きなバスターミナルがあるなど近代的に栄えているな。car

20141230_takamatudera_1

コースポイントfive箇所目は、「高松寺」です。清源院から8分。「こうしょうじ」と読む。ここから少し先に山門があります。bud

20141230_takamatudera_2

臨済宗円覚寺派で潤岳山と号す。山門が立派ですな。山門2階には、梵鐘が吊るされている。では、参りましょう。snail

20141230_takamatudera_3

こちらが本堂です。高松寺は、「仏涅槃(ぶつねはん)図」と「雲岫和尚(うんしゅうおしょう)像」があり、横浜市指定有形文化財に指定されている。art

20141230_nadebotoke

境内には撫でて供養する「なで仏」があります。賓頭盧尊佛。仏様の頭を撫でて願えば叶うというもの。ささやかに、お願いしてきました。shadow

20141230_jizouson

厄除け地蔵尊佛。箒を持ってお掃除だ。gemini

20141230_kofun

開祖の墓は高松塚で、寺の山頂にある雑木林の中に、現在も土墳墓として祀られています。という事で、ちょっと山上へ登ってみたが、どこにあるのでしょうか。全くわからなかった...。fuji

20141230_kouyou

紅く染まる紅葉の葉が風情を醸し出します。maple

20141230_enmadou

境内には、閻魔堂があります。中には閻魔大王が祀られている。閻魔堂の左手前には、戸塚宿七福神めぐりとして、高松寺では大黒天を祀る。本堂の裏手には庭園があるそうで、次の機会が会ったら立ち寄ってみたいですな。club

ちなみに、ここでの詳細レポは、「頭を撫でる仏を祀る、高松寺(戸塚区)を訪れた2014。」へどうぞ。paper

20150113_sakurasu_totuka

戸塚駅前にはいろいろな商業施設があるね。こちらは、サクラス戸塚だ。atm

20150113_road_01

旧東海道(国道1号線)を南下していきます。sports

20150104_sawanabe_honjinato_2

ここは、澤邊本陣跡です。東海道五十三次戸塚宿に2つあった本陣のうちの1つです。国道1号線(旧東海道)沿いに位置する。本陣創設時の当主、澤邊宗三は戸塚宿の開設にあたって幕府に強く働きかけた功労者です。leo

20150104_sawanabe_honjinato_1

明治天皇の東下の際には行在所になりました。shadow

20150104_sawanabe_honjinato_3

澤邊本陣の建物見取り図でしょうか。このような間取りだったようです。house

敷地の一角に戸塚宿の鎮守の1つ羽黒神社があります。弘治2年(1556年)に澤邊河内守信友が羽黒大権現を勧請したのが始まりと言われています。crown

この澤邊本陣跡の裏には、澤邊家のお宅があるそうです。代々子孫が住んでおられるのでしょうか?。gemini

ちなみに、ここでの詳細レポは、「澤邊本陣跡(東海道戸塚宿)を立ち寄った2014。」へどうぞ。paper

20150104_syoubousyo

澤邊本陣跡の隣りには、横浜市消防局戸塚消防署があります。cancer

20150105_kaizouin_1

コースポイントsix箇所目は、「海藏院」です。高松寺から11分。鎌倉円覚寺の末寺で、本尊は釈迦牟尼如来です。山門には左甚五郎作と言い伝えられている見事な竜の彫刻が施されています。event

海蔵院は、戸塚宿七福神めぐりで布袋尊を祀る。pig

20150105_kaizouin_2

拝殿にて参拝。3体が2列に並んだもちがあがり地蔵が安置されています。aries

20150105_bnsyou

梵鐘(昭和37年に再鋳)は、江戸時代から時の鐘として人々に親しまれ、宿場時代には「戸塚十勝」の1つに選ばれましたが、昭和40年代初め頃からは周囲への配慮でつかれることはなくなりました。bell

20150105_nendo_2

境内には、何故か粘土で作られた小さなお地蔵さまが何体もいるのだ。でも、見ているとかわいらしいね。chick

20150105_nendo_3

境内いろんなところに、粘土のミニ地蔵様があります。何故だろう...。でも、こんなかわいらしいお地蔵さん、しばし眺めてみるのもいいかも。何だか、微笑ましいお寺である。wink

ちなみに、ここでの詳細レポは、「粘土のミニ地蔵様がお出迎え?、海藏院を訪れた2014。」へどうぞ。paper

20150106_torii

コースポイントseven箇所目は、「八坂神社」です。海蔵院から3分。東海道と鎌倉道の辻に鎮座する八坂神社は、「お天王さま」として親しまれている戸塚宿の鎮守です。leo

鳥居をくぐり、少し階段を登りましょう。snowboard

20150106_haiden

八坂神社は、元亀3年(1572年)に牛頭天王社を勧請したのが始まりと言われています。祭神は、須佐之男命・奇稲田稲命。aquarius

20150106_kousintou

庚申塔や碑が建てられている。music

20150106_meiji_tennou

明治天皇東幸史蹟の碑もあり。この神社に立ち寄られたのでしょうか。snail

20150106_ofudamaki

「お札まき」は毎年夏祭りに行う踊りで、元禄再興とともに始まったと伝えられています。japanesetea

毎年7月14日に行われる「お札まき」は、無病息災を祈願して市の指定無形文化財になっています。男子十数人が姉さんかぶりに襷がけの女装をして裾をからげ、渋うちわを持ち、うち音頭取り一人はボテカズラをかぶります。踊りながら神札をまき散らしていくそうだ。それを人々はこれを争って拾い、持ち帰って神棚などに貼るとの事。carouselpony

20150106_suijyunten

神社脇の東海道と鎌倉道が交差するあたりに高札場がありました。鳥居の隣りには、水準点があるよ。wrench

ちなみに、ここでの詳細レポは、「お天王さまとして親しまれている、八坂神社(戸塚区)を訪れた2014。」へどうぞ。paper

20150107_torii

コースポイントeight箇所目は、「富塚八幡宮」です。八坂神社から3分。平安時代、前九年の役平定のため源頼義・義家が奥州に下る途中、この地にて応神天皇と富属彦命の御神託を授かり、その加護により戦功を立てる事が出来たのに感謝して、延久4年(1072年)社殿を造り両祭神をお祀りしました。carouselpony

20150107_kaidan

鳥居をくぐり、参道は階段を登って行きます。snowboard

20150107_haiden

登りきると、拝殿があります。では、参拝。御祭神は、誉田別命(応神天皇)と富属彦命(相模国造二世孫)。leo

20150107_honden

拝殿の裏手にまわってみた。本殿があります。house

20150107_inari_jinjya

境内には、玉守稲荷と富塚天神があります。玉守稲荷は豊作・商売繁盛の神様、富塚天神は学問成就・合格祈願の神様を祀ります。富塚天神(天神様)の御祭神は菅原道真公。school

富塚八幡宮のある丘の頂は古墳になっていて、これを富塚と呼んでいました。戸塚の地名はこの富塚にちなんだものだといわれています。(※諸説あり)。dog

20150107_mikosiko

階段をおり、鳥居付近に戻ってきました。こちらは、神輿庫。aries

20150107_matuo_bashou

松尾芭蕉の句碑があります。「鎌倉を 生きて出でけむ 初松魚(かつお)」 芭蕉翁 pencil

当時鎌倉で水揚げされた初鰹は戸塚を通り江戸に運ばれました。嘉永2年、当地の俳人達によって戸塚にちなんだこの句の碑が建てられました。karaoke

20150107_icyou

黄色く映える紅葉が見事ですなぁ。maple

20150107_tomizuka_hatimanguu_2

各時代に歴史がある神社なのですな。東海道沿い、多くの人々が立ち寄った事でしょう。japanesetea

ちなみに、ここでの詳細レポは、「戸塚の地名の由来とも言われる、富塚八幡宮を訪れた2014。」へどうぞ。paper

20141228_uekata_mituke_1

コースポイントnine箇所目は、「上方見附」です。富塚八幡宮から4分。宿場の入口に築かれたシンボルが「見附」で、京側の入口にあったものを「上方見附」といいます。ここでも、宿役人は見附まで出迎えていたんだな。上方見附の切石には、当時の姿が残されています。shadow

道の真向かいには、サイゼリヤ戸塚大坂下店がある。そこに碑があるのだが、写真撮り損ねた...。camera

20141228_uekata_mituke_2

上方見附跡は大坂下バス停付近。先程訪れた江戸見附とここ上方見附の間が、戸塚宿となる。cafe

ちなみに、ここでの詳細レポは、「東海道戸塚宿の出入口、江戸見附跡と上方見附跡2014。」へどうぞ。paper

20150108_sanmon

コースポイントonezero箇所目は、「親縁寺」です。上方見附から6分。「しんねんじ」と読む。戸塚区内では唯一の時宗の寺で、富塚山と号す。親緑寺は、呑海が開山し、元応元年(1319年)創建したといいます。sprinkle

山門石段下には庚申塔が4基建ちます。では、階段を登り、山門をくぐります。door

20150108_hondou

参道は、春になると枝垂れ桜?かな。綺麗だろうね。cherryblossom

本尊は阿弥陀三尊で、鎌倉の戦火を逃れ鎌倉材木座の来迎寺から避難、移されました。snail

20150108_kouyou_1

紅葉、黄色の葉が絨毯のように敷き詰められています。maple

20150108_jizoudou

境内には菩薩地蔵や熊野権現社、地蔵堂、鐘楼堂などがあります。shadow

20150108_kouyou_2

紅葉の時期もまた、いい景観なのですな。ちなみに、親緑寺は戸塚宿七福神めぐりで福禄寿を祀ります。maple

ちなみに、ここでの詳細レポは、「戸塚区内唯一の時宗の寺、親緑寺を訪れた2014。」へどうぞ。paper

20150113_hitachi2

このあたりは、日立の大きな工場があるね。戸塚は日立の町なのでしょうか。wrench

20150113_dousosin

道祖神がありました。diamond

20150113_kasiogawa_3

再び、柏尾川を渡ります。歩道橋です。bicycle

20150113_kasiogawa_4

太陽の光が川面に反射してキラキラ。shine

20150113_road_02

横浜市栄第二水再生センターの前、狭い道を通っていきます。aquarius

20150113_road_03

線路の下をくぐって行くよ。いいね、こういう道。ski

20150113_road_04

歩行者と自転車共に通行可能だ。生活道路として大事な道でしょう。bicycle

20150113_road_05

このトンネルな道、正式には、長沼架道橋と言う。libra

20150109_oowaraji_2

コースポイントoneone箇所目は、「南谷戸の大わらじ」です。親縁寺から22分。南谷戸は鎌倉道と東海道との分岐点にほど近く、昔から往来の多い所でした。ship

「南谷戸の大わらじ」は、大正初期に土地の青年達が農業に従事する傍ら、副業に藁加工を奨励したのがきっかけとなり、南谷戸の象徴としておおわらじを製作し、松の木に吊るしたのが初めだといいます。dog

20150109_oowaraji_1

昭和30年頃には、松の木が枯れてしまったため、傍らの白檀の古木に替え、さらに、現在は鉄の棒形に編み込んで吊るしています。tennis

20150109_oowaraji_3

その、おおわらじの規格は、全長3.5m、幅1.5m、重量200kgを測ります。近くから見ると、やっぱり大きいね。leo

20150109_shouwaraji

家内安全、五穀豊穣を願って作られたおおわらじも、戦時中は武運長久、戦後は交通安全を祈願するなど時代を反映しながら伝えられ、市内でも大変珍しい行事の1つです。pouch

なお、現在のおおわらじは、南谷戸和楽路会の手により3年毎に作り替えられ、大切に保存されています。bottle

20150109_itahi

大わらじの右側には、道祖神・庚申塔・堅牢地神・どんど焼き(歳徳神)・馬頭観音があり。gasstation

道祖神は、道路の悪魔を追い払い、道行く人を守護する「魔除けの神」として、道路の辻に石碑を建てて人々が信仰したと記されています。bicycle

20150109_syasin

昔の写真の掲示もありました。camera

20150109_panf_1

当時の戸数と屋号の地図も記載されていました。slate

ちなみに、ここでの詳細レポは、「旅人の道中安全祈願、南谷戸の大わらじを訪れた2014。」へどうぞ。paper

20150113_odoriko

再び、長沼架道橋をくぐってきた。おっ、特急踊り子号185系が走行していった。bullettrain

20150110_kasiogawa_01

またまた、柏尾川。柏尾川は、藤沢市川名で境川に流れ込んでいる河川で、横浜市内では2番目に流域面積の大きい川です。戸塚宿はこの川の河岸段丘の上に発達していきました。wave

20150110_kasiogawa_02

コースポイントonetwo箇所目は、「柏尾川」です。南谷戸の大わらじから8分。柏尾川沿いは遊歩道が整備されています。foot

この川は、昔は暴れ川と呼ばれていたように、たびたび洪水を繰り返していました。その治水対策として本格的な河川改修が行われました。wave

20150110_kasiogawa_03

柏尾川プロムナードを歩いて行きます。長い枝が伸びているね。そう、これは桜の木だ。春になったら桜のトンネルが、すごい見事だろうな。cherryblossom

20150110_point_guide_8

戸塚区の区の花は「桜」です。市民にとって、桜のイメージがある町なのでしょう。tulip

20150110_kasiogawa_04

柏尾川沿いには約700本の桜が植えられています。桜まつりの時は、大賑わいでしょう。bottle

20150110_point_guide_7

柏尾川には、真っ白な体のシラサギも見かけるようだ。chick

柏尾川プロムナード、約250mおきにこういったポイントガイドが設置されている。楽しみながら、歩けるぞ。school

20150110_yusouro

柏尾川沿いには、日立製作所など工場が続く。川を渡って物資の移動?。snail

20150110_kasiogawa_05

快晴な日なので、ウォーキングにとても良い。cat

20150110_kawagasuki

柏尾川には、ボラやコイがいるそうだ。fish

20150110_kasiogawa_08

川岸まで降りてみた。snowboard

20150110_bard_1

おっ、水鳥さんがいるね。chick

20150110_fish_1

川の水面、結構透明で綺麗だな。ボラかな?。fish

20150110_fish_2

ギョギョッ!。コイの大群が近づいてきた。fish

20150110_bard_2

ハトも集まってきた!。鳥も魚もエサが貰えると思っているのかな?。bread

20150110_kasiogawa_09

ビルが建ち並ぶ街並みだけど、こういう自然な川が残るのもいい事だ。building

20150110_kasiogawa_06

この先は、朝日橋。では、上にあがろう。yacht

ちなみに、ここでの詳細レポは、「柏尾川プロムナードをウォーキング2014。」へどうぞ。paper

20150110_kasiogawa_07

JR戸塚駅ホームが見えるよ。一気に都会感が。happy02

20150111_nisiguti_2

ペデストリアンデッキを通り戸塚駅西口へ。run

20150113_goal

ゴールとなるとつかお結び広場(西口駅前デッキ)に到着。ふぅ~。ゴール受付にて、駅スタンプ押してもらえました。戸塚駅をスタートしてからゴールに戻ってくるまで3時間17分かかりました。motorsports

20150113_stamp

戸塚駅の駅スタンプデザインは、富塚八幡宮です。secret

あと、E7系の新幹線オリジナルマグネット付ペーパークリップが貰えました。present

20150113_paper_craft

あと、ペーパークラフト(東北新幹線E5系・北陸新幹線用E7系)が貰えました。banana

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:17460歩 消費カロリー:930.6kcal 消費脂肪量:132.9g 歩行距離:13.44km 歩行時間:2時間37分 平均時速:5.12km/h エクササイズ量:9.6Exinfo02

20150111_nisiguti_3

西口駅前デッキでは、とつかお結び広場が開催されていて、駅利用者を含め、立ち止まってパフォーマンスを見ているね。aries

20150111_sing

ギター1本で渋く演奏されていました。note

20150111_nisiguti_1

誰でも気軽に参加し、交流することができる『とつかお結び広場』!。趣味に、生きがいに、「何かをやってみたい!」と思っている人たちに、様々な分野の活動団体等とつながってみたい方に、地域活動を始めるきっかけを提供してくれています。scissors

20150111_niphon_buyou

さて、メイン会場となる戸塚区総合庁舎3階に移動してきた。ここで、第5回とつかお結び広場が開催され、多くの人が訪れています。パネル展示や映像、パフォーマンス、作品展示、体験コーナーなどで、日頃の活動内容や魅力をわかりやすく紹介され市民と交流できるイベントです。日本舞踊の演舞もありました。virgo

20150111_booth

保健・福祉やまちづくり、文化・芸術、環境、子ども・青少年、国際交流、学校・企業、地域安全、情報と多様なテーマで紹介されています。school

20150111_mokuzaiku

かわいらしい木細工だね。club

20150111_ensou

しっかりと演奏されていますね。練習された事でしょう。notes

20150111_tetudou_mokei_1

個人的にはここがワクワク。おっ、新幹線E7系が快走!。bullettrain

20150111_tetudou_mokei_2

鉄道模型ジオラマで運転は楽しそうだな。game

20150111_brand

とつかブランドという事で、美味しいものが頂ける戸塚のグルメの紹介だ。cake

20150111_oyasumidokoro

戸塚宿お休み処では、お団子やおむすびの販売がありました。riceball

20150111_suisou

柏尾川に生息する魚たちでしょうか?。水槽の中にたくさんの魚が泳いでいます。fish

20150111_unasii_1

戸塚区のマスコットキャラクター「ウナシー」が登場。後ろ姿をパチリ。camera

ちなみに、ここでの詳細レポは、「第5回とつかお結び広場を訪れた2014。」へどうぞ。paper

20150113_beer

今回は何も食べずに、ノンストップでウォーキングを続けてきた。なので、腹減った~。戸塚のグルメは何があるだろう。とりあえず、戸塚駅西口にあるトツカーナの中で食事処をいろいろと探し続けてみた。すると、三崎港海鮮居酒屋のようなお店を発見。はるばる神奈川県に来たので、まぁ近隣のご当地ものを!。fish

という事で、トツカーナ1階にある七福戸塚店に入りました。まずは、生ビールで燃料補給!。ごくっ、ぷはぁ~。ウォーキングの後は美味しい♪。beer

20150113_sasimi

1人前用のお刺身盛り合わせというメニューがあって、とてもありがたい。それが、こんなに盛られて満足。海の幸、美味しく頂きました。delicious

20150113_yokusuka_line

戸塚駅からは、JR横須賀線に乗って帰りました。train

今回の駅ハイ参加で、今シーズン(2014年度)参加回数は14回目、駅ハイポイントは2ポイント加算して、合計32ポイントになりました。dollar

今回は、JR戸塚駅の駅ハイ。戸塚宿の寺社めぐりという事で、交通量の多い東海道である事、そして、鎌倉に近く源氏にもゆかりがある歴史感たっぷりのウォーキングになりました。勉強になりました。やっぱり戸塚の桜まつりが気になったなぁ。柏尾川の桜並木、結構距離があったしね。cherryblossom

さて、次回の駅ハイレポは、新秋津駅→西武遊園地駅です。東京都東村山市の散策だ。お楽しみにね。happy01

ちなみに、各地での詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20150113_kaisetu

駅ハイマップ裏面には、各コースポイントの説明書き(ひとくちメモ)がある。こういう説明はありがたいね。confident

20150113_map2

コースルート拡大です。search

20150113_map

JR東日本・駅からハイキング No.02407 「歴史探訪 旅人気分で歩く東海道戸塚宿」 2014年12月07日(日)実施 所要時間:約4時間(施設での見学時間含む) 歩行距離:約9kminfo02

スタート:戸塚駅→①妙秀寺→②江戸見附→③吉田大橋→④清源院→⑤高松寺→⑥海蔵院→⑦八坂神社→⑧富塚八幡宮→⑨上方見附→⑩親縁寺→⑪南谷戸の大わらじ→⑫柏尾川→ゴール:とつかお結び広場(戸塚区総合庁舎)→戸塚駅info02

(各写真画像をClickすると4倍拡大表示します。)search

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月12日 (月曜日)

平成27年三郷市消防出初式を観に行ってきた2015。

消防関係の仕事始め、地元で行われた出初式に見に行ってきました。dash

20150112_dezomesiki_1

さて、やってきたところは、埼玉県三郷市にある三郷市文化会館です。2015年1月11日(日)、南側広場にて、平成27年三郷市消防出初式が開催されました。この日は快晴で天候に恵まれました。sun

20150112_taiko_karate

出初式は9時45分からスタート。オープニングは、彦糸中学校による和太鼓演奏と三郷市空手道連盟による空手演武です。cancer

20150112_kanetu

10時から、消防署消防団車両市長観閲が始まりました。music

20150112_kanetu2

消防車両が続々とやってきます。snail

20150112_kanetu3

少年消防クラブも行進してきました。gemini

20150112_tobi

鳶組合の方々もやってきた。penguin

20150112_sikiten_11

10時20分から式典が始まりました。clock

20150112_kokki_keiyou

国旗掲揚です。airplane

20150112_sikiten_1

市長をはじめ、消防各関係者のお話が続きます...。karaoke

20150112_sikiten_2

消防職員ビシッと整列しています。pisces

20150112_kaicyan

ちょいと、文化会館西側駐車場に行ってみよう。火災予防・応急手当普及啓発ブース等があります。おっ、三郷市のマスコットキャラクター、かいちゃんとつぶちゃんがいました。chick

20150112_hijyousyoku

非常食試食コーナーがありました。5年間保存可能な豚汁をそのまま提供しています。pig

20150112_tonjiru

おぉ、あたたか~。具材もいっぱい入っていて美味しいぞ。少しだけ酸っぱめ?。japanesetea

20150112_syoubousya_4

駐車場には消防車や救急車が勢揃い。event

20150112_jisin

地震体験車もあるよ。震度6の揺れを体験する事ができます。見てても、かなりの揺れだよな。t-shirt

20150112_kusudama

早稲田公園駐車場には、はしご車に取り付けられたくす玉。最後に割りますよ。basketball

20150112_water

水が溜められているね。おそらく、放水に使う水でしょう。aquarius

20150112_taijyou

11時10分、式典が終わり、消防職員が退場です。door

20150112_hasigonori_1

11時15分、南側広場では、鳶組合によるはしご乗りが行われました。spade

20150112_hasigonori_2

はしごの上で逆立ち!。すごいなぁ~。sports

20150112_hasigonori_3

背中だけ支える仰向け状態。こわくないのかなぁ。すごいです。yacht

20150112_hasigonori_4

2人でのはしご乗りも披露されました。見事な演技に拍手。paper

20150112_sinpai_sosei

11時30分、小中学生による心肺蘇生が行われました。命のリレー、迅速な対応・連携が大事です。hospital

20150112_syouka_1

11時45分、少年消防クラブによる消火訓練が行われました。moneybag

20150112_syouka_2

11時55分、消防団特別演技が行われました。出火場所めがけて放水!。search

20150112_syouka_3

うむ、確実に鎮火させました。impact

20150112_syoubousya_1

事故発生!。消防車出動だ。rouge

20150112_syoubousya_2

消防車や救急車、現場に到着。parking

20150112_syoubousya_3

迅速な救護活動を行います。dog

20150112_jiko

12時15分、消防特別演技が始まりました。早稲田公園駐車場には、煙がモクモクと...。cloud

20150112_heri_1

なんと、ヘリコプターを使用した訓練だ。これはまた本格的な訓練だな!。coldsweats02

埼玉県防災航空隊による実演だ。埼玉県庁の組織で消防防災ヘリコプター3機を所有。そのうちの、あらかわ3号機が出動だ。airplane

20150112_heri_3

ものすごい音に、強風が観客たちを襲う。ものすごい砂埃で、視界ほぼ0。そんな中、救護者をヘリコプターへ引き上げていきます。(カメラが壊れないかヒヤヒヤでした...)。coldsweats01

20150112_heri_2

空中で引き上げるのは難しいだろうな。風もあるだろうし。それでも、確実に引き上げていきます。golf

20150112_heri_4

無事救助完了しました。パチパチ。それにしても、ヘリコプターによる訓練って初めてみたよ。eye

20150112_housui_1

早稲田公園駐車場では、最後の演目の準備だ。wrench

20150112_housui_2

12時37分、一斉放水が始まりました。sagittarius

20150112_housui_3

青空に向けて放水だ。rain

20150112_kingasinnen

パカ~ン。はしご車から、くす玉がわれて、「謹賀新年」と。bell

20150112_wadaiko_11

一斉放水に合わせ、和太鼓演奏もありました。notes

20150112_wadaiko_12

ハイッ、決まりましたね。これで、消防出初式は終了です。slate

20150112_oshimai

一斉放水の後の駐車場。水浸しです...。mist

20150112_toilet

早稲田公園のトイレ、リニューアル綺麗になりましたね。toilet

20150112_tree

冬空の木々もいい感じだね。これから少しずつ、暖かくなっていく事でしょう。それでも、冬は空気が乾燥しているので、火の元には十分注意しましょう。火の用心です。rock

という事で、三郷市消防出初式を観に訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、過去開催時の訪問レポは以下のリンク先へどうぞ。paper

【平成27年(2015年)の演目順】watch

  1. 09:45-09:52 オープニング(彦糸中学校による和太鼓演奏・三郷市空手道連盟による空手演武)
  2. 09:59-10:12 消防署消防団車両市長観閲
  3. 10:22-11:09 式典
  4. 11:14-11:25 木遣り、はしご乗り
  5. 11:29-11:37 小中学生による心肺蘇生
  6. 11:45-11:48 少年消防クラブ訓練
  7. 11:56-12:14 消防団特別演技
  8. 12:16-12:32 消防特別演技
  9. 12:37-12:38 一斉放水

20150112_poster

告知ポスター memo

「平成27年三郷市消防出初式」 日時:2015年1月11日(日) 9時45分~12時30分頃 会場:三郷市文化会館南側広場・早稲田公園駐車場info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月11日 (日曜日)

第5回とつかお結び広場を訪れた2014。

戸塚で活動する団体や個人が一堂に集まり交流・参加できるよ。gemini

20150111_niphon_buyou

さて、やってきたところは、神奈川県横浜市戸塚区にある戸塚区総合庁舎です。2014年12月7日(日)、ここで、第5回とつかお結び広場が開催されました。パネル展示や映像、パフォーマンス、作品展示、体験コーナーなどで、日頃の活動内容や魅力をわかりやすく紹介され市民と交流できるイベントです。ribbon

総合庁舎3階をメイン会場に、いろんな披露があり。日本舞踊の演舞もありました。virgo

20150111_booth

保健・福祉やまちづくり、文化・芸術、環境、子ども・青少年、国際交流、学校・企業、地域安全、情報と多様なテーマで紹介されています。school

20150111_mokuzaiku

かわいらしい木細工だね。club

20150111_ensou

しっかりと演奏されていますね。練習された事でしょう。notes

20150111_tetudou_mokei_1

個人的にはここがワクワク。おっ、新幹線E7系が快走!。bullettrain

20150111_tetudou_mokei_2

鉄道模型ジオラマで運転は楽しそうだな。game

20150111_brand

とつかブランドという事で、美味しいものが頂ける戸塚のグルメの紹介だ。cake

20150111_oyasumidokoro

戸塚宿お休み処では、お団子やおむすびの販売がありました。riceball

20150111_suisou

柏尾川に生息する魚たちでしょうか?。水槽の中にたくさんの魚が泳いでいます。fish

20150111_unasii_1

戸塚区のマスコットキャラクター「ウナシー」が登場。後ろ姿をパチリ。camera

20150111_nisiguti_2

戸塚駅の西口駅前デッキ会場へ移動しましょう。run

20150111_nisiguti_3

駅前デッキ会場では、駅利用者を含め、立ち止まってパフォーマンスを見ているね。aries

20150111_sing

ギター1本で渋く演奏されていました。note

20150111_nisiguti_1

誰でも気軽に参加し、交流することができる『とつかお結び広場』!。趣味に、生きがいに、「何かをやってみたい!」と思っている人たちに、様々な分野の活動団体等とつながってみたい方に、地域活動を始めるきっかけを提供してくれています。scissors

20150111_stamp_rally

スタンプラリーも行われていました。正解者には景品が用意されているようだ。present

20150111_unquato

来場者アンケートがあったので、記入しました。pencil

20150111_tissu

アンケート記入で、ヤマハ大人の音楽レッスンのポケットティッシュをゲットした。bar

20150111_map

会場レイアウト図。細かくブース分けされています。memo

20150111_scadule

各会場でのスケジュール表memo

20150111_poster

~広げよう みんなでつなぐ 未来の輪~。という事で、第5回とつかお結び広場を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「歴史探訪 旅人気分で歩く東海道戸塚宿」に参加してきた。」へどうぞ。paper

「第5回とつかお結び広場」 日時:2014年12月7日(日) 10時~16時 場所:戸塚区総合庁舎3階(区民広場・多目的スペース・さくらプラザギャラリー)・西口駅前デッキ 入場無料info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月10日 (土曜日)

柏尾川プロムナードをウォーキング2014。

春になると、柏尾川沿いは桜の花道でとてもきれいだそうだ。cherryblossom

20150110_kasiogawa_01

さて、やってきたところは、神奈川県横浜市戸塚区にある柏尾川プロムナードです。柏尾川は、藤沢市川名で境川に流れ込んでいる河川で、横浜市内では2番目に流域面積の大きい川です。戸塚宿はこの川の河岸段丘の上に発達していきました。wave

20150110_kasiogawa_02

柏尾川沿いは遊歩道が整備されています。foot

この川は、昔は暴れ川と呼ばれていたように、たびたび洪水を繰り返していました。その治水対策として本格的な河川改修が行われました。wave

20150110_kasiogawa_03

長い枝が伸びているね。そう、これは桜の木だ。春になったら桜のトンネルが、すごい見事だろうな。cherryblossom

20150110_point_guide_8

戸塚区の区の花は「桜」です。市民にとって、桜のイメージがある町なのでしょう。tulip

20150110_kasiogawa_04

柏尾川沿いには約700本の桜が植えられています。桜まつりの時は、大賑わいでしょう。bottle

20150110_point_guide_7

柏尾川には、真っ白な体のシラサギも見かけるようだ。chick

柏尾川プロムナード、約250mおきにこういったポイントガイドが設置されている。楽しみながら、歩けるぞ。school

20150110_yusouro

柏尾川沿いには、日立製作所など工場が続く。川を渡って物資の移動?。snail

20150110_kasiogawa_05

暖かな日は散歩してみましょう。cat

20150110_kawagasuki

柏尾川には、ボラやコイがいるそうだ。fish

20150110_kenkouzukuri

柏尾川健康づくりコースガイドが設置されている。ぐるり散策するだけでも、結構距離があるのでいい運動になるな。denim

20150110_kasiogawa_08

川岸まで降りてみた。snowboard

20150110_bard_1

おっ、水鳥さんがいるね。chick

20150110_fish_1

川の水面、結構透明で綺麗だな。ボラかな?。fish

20150110_fish_2

ギョギョッ!。コイの大群が近づいてきた。fish

20150110_bard_2

ハトも集まってきた!。鳥も魚もエサが貰えると思っているのかな?。bread

20150110_kasiogawa_09

ビルが建ち並ぶ街並みだけど、こういう自然な川が残るのもいい事だ。building

20150110_kasiogawa_06

この先は、朝日橋。では、上にあがろう。yacht

20150110_kasiogawa_07

JR戸塚駅ホームが見えるよ。一気に都会感が。まっすぐな道を歩いてきたが、春の桜並木、気になるなぁ...。happy02

という事で、柏尾川プロムナードをウォーキングしたレポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「歴史探訪 旅人気分で歩く東海道戸塚宿」に参加してきた。」へどうぞ。paper

「柏尾川」(かしおがわ) 神奈川県戸塚区柏尾町~藤沢市川名 延長約11km 流域面積約84平方km 二級河川info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 9日 (金曜日)

旅人の道中安全祈願、南谷戸の大わらじを訪れた2014。

巨大なおおわらじは、旅人の道中安全祈願のため大正初期から作られるようになり、今も数年に一度作り替えられています。shoe

20150109_oowaraji_2

さて、やってきたところは、神奈川県横浜市戸塚区にある南谷戸の大わらじです。南谷戸は鎌倉道と東海道との分岐点にほど近く、昔から往来の多い所でした。ship

「南谷戸の大わらじ」は、大正初期に土地の青年達が農業に従事する傍ら、副業に藁加工を奨励したのがきっかけとなり、南谷戸の象徴としておおわらじを製作し、松の木に吊るしたのが初めだといいます。dog

20150109_oowaraji_1

昭和30年頃には、松の木が枯れてしまったため、傍らの白檀の古木に替え、さらに、現在は鉄の棒形に編み込んで吊るしています。tennis

20150109_oowaraji_3

その、おおわらじの規格は、全長3.5m、幅1.5m、重量200kgを測ります。近くから見ると、やっぱり大きいね。leo

20150109_shouwaraji

家内安全、五穀豊穣を願って作られたおおわらじも、戦時中は武運長久、戦後は交通安全を祈願するなど時代を反映しながら伝えられ、市内でも大変珍しい行事の1つです。pouch

なお、現在のおおわらじは、南谷戸和楽路会の手により3年毎に作り替えられ、大切に保存されています。bottle

20150109_itahi

大わらじの右側には、道祖神・庚申塔・堅牢地神・どんど焼き(歳徳神)・馬頭観音があり。gasstation

道祖神は、道路の悪魔を追い払い、道行く人を守護する「魔除けの神」として、道路の辻に石碑を建てて人々が信仰したと記されています。bicycle

20150109_syasin

昔の写真の掲示もありました。camera

20150109_panf_2

パンフレットが貰えました。memo

20150109_panf_1

当時の戸数と屋号の地図も記載されていました。slate

20150109_setumei

という事で、南谷戸の大わらじを訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「歴史探訪 旅人気分で歩く東海道戸塚宿」に参加してきた。」へどうぞ。paper

「南谷戸の大わらじ」(みなみやとのおおわらじ) 〒244-0815 神奈川県横浜市戸塚区下倉田町711 下倉田交番前交差点付近 戸塚駅東口から徒歩約25分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 8日 (木曜日)

戸塚区内唯一の時宗の寺、親緑寺を訪れた2014。

四季を通じて花が美しく咲き乱れる花の寺としても有名です。cherryblossom

20150108_sanmon

さて、やってきたところは、神奈川県横浜市戸塚区にある親緑寺です。「しんねんじ」と読む。戸塚区内では唯一の時宗の寺で、富塚山と号す。親緑寺は、呑海が開山し、元応元年(1319年)創建したといいます。sprinkle

山門石段下には庚申塔が4基建ちます。では、階段を登り、山門をくぐります。door

20150108_hondou

参道は、春になると枝垂れ桜?かな。綺麗だろうね。cherryblossom

本尊は阿弥陀三尊で、鎌倉の戦火を逃れ鎌倉材木座の来迎寺から避難、移されました。snail

20150108_kouyou_1

紅葉、黄色の葉が絨毯のように敷き詰められています。maple

20150108_jizoudou

境内には菩薩地蔵や熊野権現社、地蔵堂、鐘楼堂などがあります。shadow

20150108_matikouba

境内からの眺め。近くに日立の大きな工場があるので、零細な町工場が多そうだ。wrench

20150108_kouyou_2

紅葉の時期もまた、いい景観なのですな。ちなみに、親緑寺は戸塚宿七福神めぐりで福禄寿を祀ります。maple

という事で、親緑寺を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「歴史探訪 旅人気分で歩く東海道戸塚宿」に参加してきた。」へどうぞ。paper

「親緑寺」(しんねんじ) 神奈川県横浜市戸塚区戸塚町464 戸塚駅西口より徒歩約17分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 7日 (水曜日)

戸塚の地名の由来とも言われる、富塚八幡宮を訪れた2014。

戸塚という地名は、この神社の富塚の名からが由来とも言われています。cancer

20150107_torii

さて、やってきたところは、神奈川県横浜市戸塚区にある富塚八幡宮です。平安時代、前九年の役平定のため源頼義・義家が奥州に下る途中、この地にて応神天皇と富属彦命の御神託を授かり、その加護により戦功を立てる事が出来たのに感謝して、延久4年(1072年)社殿を造り両祭神をお祀りしました。carouselpony

20150107_kaidan

鳥居をくぐり、参道は階段を登って行きます。snowboard

20150107_haiden

登りきると、拝殿があります。では、参拝。confident

御祭神は、誉田別命(応神天皇)と富属彦命(相模国造二世孫)。leo

20150107_honden

拝殿の裏手にまわってみた。本殿があります。house

20150107_inari_jinjya

境内には、玉守稲荷と富塚天神があります。玉守稲荷は豊作・商売繁盛の神様、富塚天神は学問成就・合格祈願の神様を祀ります。富塚天神(天神様)の御祭神は菅原道真公。school

富塚八幡宮のある丘の頂は古墳になっていて、これを富塚と呼んでいました。戸塚の地名はこの富塚にちなんだものだといわれています。(※諸説あり)。dog

20150107_mikosiko

階段をおり、鳥居付近に戻ってきました。こちらは、神輿庫。aries

20150107_matuo_bashou

松尾芭蕉の句碑があります。「鎌倉を 生きて出でけむ 初松魚(かつお)」 芭蕉翁 pencil

当時鎌倉で水揚げされた初鰹は戸塚を通り江戸に運ばれました。嘉永2年、当地の俳人達によって戸塚にちなんだこの句の碑が建てられました。karaoke

20150107_icyou

黄色く映える紅葉が見事ですなぁ。maple

20150107_tomizuka_hatimanguu_2

各時代に歴史がある神社なのですな。東海道沿い、多くの人々が立ち寄った事でしょう。japanesetea

20150107_tomizuka_hatimanguu_1

という事で、富塚八幡宮を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「歴史探訪 旅人気分で歩く東海道戸塚宿」に参加してきた。」へどうぞ。paper

「富塚八幡宮」(とみづかはちまんぐう) 〒244-0003 神奈川県横浜市戸塚区戸塚町3827 戸塚駅西口から徒歩約15分info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月 6日 (火曜日)

お天王さまとして親しまれている、八坂神社(戸塚区)を訪れた2014。

戸塚の夏祭りの1つである「お札まき」が行われる神社です。cat

20150106_torii

さて、やってきたところは、神奈川県横浜市戸塚区にある八坂神社です。東海道と鎌倉道の辻に鎮座する八坂神社は、「お天王さま」として親しまれている戸塚宿の鎮守です。leo

鳥居をくぐり、少し階段を登りましょう。snowboard

20150106_haiden

拝殿にて参拝。confident

八坂神社は、元亀3年(1572年)に牛頭天王社を勧請したのが始まりと言われています。祭神は、須佐之男命・奇稲田稲命。aquarius

20150106_kaguraden

拝殿の右手には、神楽殿があります。note

20150106_kousintou

庚申塔や碑が建てられている。music

20150106_meiji_tennou

明治天皇東幸史蹟の碑もあり。この神社に立ち寄られたのでしょうか。snail

20150106_ofudamaki

「お札まき」は毎年夏祭りに行う踊りで、元禄再興とともに始まったと伝えられています。japanesetea

毎年7月14日に行われる「お札まき」は、無病息災を祈願して市の指定無形文化財になっています。男子十数人が姉さんかぶりに襷がけの女装をして裾をからげ、渋うちわを持ち、うち音頭取り一人はボテカズラをかぶります。踊りながら神札をまき散らしていくそうだ。それを人々はこれを争って拾い、持ち帰って神棚などに貼るとの事。carouselpony

20150106_suijyunten

神社脇の東海道と鎌倉道が交差するあたりに高札場がありました。鳥居の隣りには、水準点があるよ。wrench

という事で、八坂神社を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「歴史探訪 旅人気分で歩く東海道戸塚宿」に参加してきた。」へどうぞ。paper

「八坂神社」 神奈川県横浜市戸塚区戸塚町4168 戸塚駅より徒歩約12分 日立入口バス停からすぐinfo02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 5日 (月曜日)

粘土のミニ地蔵様がお出迎え?、海藏院を訪れた2014。

戸塚にあるお寺で、粘土で作られた小さなお地蔵さん?が出迎えてくれるよ。cat

20150105_kaizouin_1

さて、やってきたところは、神奈川県横浜市戸塚区にある海藏院です。鎌倉円覚寺の末寺で、本尊は釈迦牟尼如来です。山門には左甚五郎作と言い伝えられている見事な竜の彫刻が施されています。event

海蔵院は、戸塚宿七福神めぐりで布袋尊を祀る。pig

20150105_kaizouin_2

拝殿にて参拝。3体が2列に並んだもちがあがり地蔵が安置されています。aries

20150105_nendo_2

境内には、何故か粘土で作られた小さなお地蔵さまが何体もいるのだ。でも、見ているとかわいらしいね。chick

20150105_bnsyou

梵鐘(昭和37年に再鋳)は、江戸時代から時の鐘として人々に親しまれ、宿場時代には「戸塚十勝」の1つに選ばれましたが、昭和40年代初め頃からは周囲への配慮でつかれることはなくなりました。bell

20150105_nendo_1

再び、小さなお地蔵さん??。う~ん、渋い顔立ちだこと...。drama

20150105_nendo_3

境内いろんなところに、粘土のミニ地蔵様があります。何故だろう...。でも、こんなかわいらしいお地蔵さん、しばし眺めてみるのもいいかも。何だか、微笑ましいお寺である。wink

という事で、海蔵院を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「歴史探訪 旅人気分で歩く東海道戸塚宿」に参加してきた。」へどうぞ。paper

「海藏院」 〒244-0003 神奈川県横浜市戸塚区戸塚町4213 TEL:045-861-4411 戸塚駅西口から徒歩約9分info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月 4日 (日曜日)

澤邊本陣跡(東海道戸塚宿)を立ち寄った2014。

江戸時代以降の宿場で大名や旗本、幕府役人などの宿泊所として指定された家の跡地。hotel

20150104_sawanabe_honjinato_2

さて、やってきたところは、神奈川県横浜市戸塚区にある澤邊本陣跡です。東海道五十三次戸塚宿に2つあった本陣のうちの1つです。国道1号線(旧東海道)沿いに位置する。本陣創設時の当主、澤邊宗三は戸塚宿の開設にあたって幕府に強く働きかけた功労者です。leo

20150104_sawanabe_honjinato_1

明治天皇の東下の際には行在所になりました。shadow

20150104_sawanabe_honjinato_3

澤邊本陣の建物見取り図でしょうか。このような間取りだったようです。house

敷地の一角に戸塚宿の鎮守の1つ羽黒神社があります。弘治2年(1556年)に澤邊河内守信友が羽黒大権現を勧請したのが始まりと言われています。crown

この澤邊本陣跡の裏には、澤邊家のお宅があるそうです。代々子孫が住んでおられるのでしょうか?。gemini

20150104_syoubousyo

澤邊本陣跡は、横浜市消防局戸塚消防署の隣り(戸塚駅方面側)にあります。cancer

という事で、東海道戸塚宿澤邊本陣跡を立ち寄ったレポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「歴史探訪 旅人気分で歩く東海道戸塚宿」に参加してきた。」へどうぞ。paper

「澤邊本陣跡」 〒244-0003 神奈川県横浜市戸塚区戸塚町 国道1号線沿い・戸塚消防署隣り 戸塚駅西口から徒歩約8分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 3日 (土曜日)

笹塚鳥屋花本店で鳥料理づくし2014。

寒い時は鍋ですね。笹塚で美味しい鳥料理はいかがかな?。chick

20150103_toriya_hana

さて、やってきたところは、東京都渋谷区にある「笹塚 鳥屋 花」です。京王線笹塚駅南口から徒歩約1分にある笹塚本店だ。約8年ぶりに訪れました。年末の忘年会という事で、今回はここが会場となりました。penguin

20150103_toriwasa

お店の名の通り、鳥屋さんです。自慢の鳥料理が頂けるお店だ。まずは、刺身より。もも炙りです。あっさりした味わいが、おつまみにいいんだな。2種類のタレでお召し上がれ。fish

20150103_yakitori

焼き鳥6本盛り合わせ。焼き鳥も単品でいろんな食材を揃えているので、気になったら試してみるのもいいかも。pig

20150103_teppan

宮崎地鶏ゆずこしょう焼は、スパイス効いて食欲がそそる~。sweat01

20150103_syoutyuu

お酒も充実しています。特に焼酎は多くの銘柄を揃えているよ。お好みの味に出会えるかな?。bottle

20150103_karaage

竜田揚げだったかな?。やっぱり、鳥唐も外せない。eyeglass

20150103_oyakodon

お店の看板メニュー「親子丼」だぁ。是非、味わうべき1品だ。riceball

20150103_torinabe

寒い冬には、やっぱり鍋でしょう。博多水炊きです。野菜たっぷり入れて炊きましょう。aquarius

20150103_torinabe2

あんなに山盛りだったのに、いい感じに仕上がりました。鶏肉はしゃぶしゃふのようにして食べます。おぉ、バリうま~~。美味しく頂きました。delicious

20150103_menu1

鳥屋さんだけに、鳥メニューは豊富です。ring

20150103_menu2

笹身さび焼や白レバなど、逸品な焼き鳥もメニュー豊富だ。drama

20150103_menu3

日替わり今夜のおすすめメニュー。掘り出し物はあるかな?。ship

20150103_cource

コースをお願いするのもいいかも。(※コースは前日までに予約が必要)。週末は満席になりやすいので、席を予め予約しておきましょう。17時からの予約だと、1人あたり500円引きになるそうだ。mobilephone

笹塚で満足の鳥料理を食しました。美味しゅうございました。また、利用したいですね。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

「笹塚 鳥屋 花 笹塚本店」 〒151-0073 東京都渋谷区笹塚1-28-7 第1レアヒビル101 TEL:03-3467-8714 17時~24時(金・土は26時まで) 定休日無し 京王線笹塚駅南口より徒歩約1分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 2日 (金曜日)

江戸川土手から眺める初日の出2015。

お~~パチパチ。2015年初日の出です♪。sun

20150102_hinode_06

2015年となる平成27年元旦、朝早起きして自宅近くの江戸川土手にやってきました。既に土手上には、初日の出を拝もうと多くの見物人がいました。この日は気温3度。寒いよりも冷える~。しかも、風速毎秒4mと風も少しある。それでも、初日の出はありがたみがあるね。happy02

20150102_hinode_01

予報では、三郷市の2015年元旦の日の出時刻は6時50分。肝心の陽が出る場所には、雲で覆い隠されている...。う~ん...。cloud

20150102_hinode_02

6時54分頃、光が出てきたぞ~。雲が無ければ完璧な日の出が見える筈だったが...。pig

20150102_hinode_03

6時59分頃、雲と雲の隙間から光が差し出して来たぞ!。golf

20150102_hinode_04

7時02分頃、ついに来た!。今年最初の日の光がお目見えしました。cat

雲に隠れてしまった為、予定より約10分遅れでの初日の出を拝みます。bicycle

20150102_hinode_05

ちょうど、雲の切れ間から太陽の光が覗かせてきました。ある意味ラッキーかも。scissors

20150102_hinode_07

7時03分頃、太陽の光のパワーを感じるね。leo

20150102_hinode_08

このあとは、また雲に隠れてしまいました。20~30分くらい待てば、また拝められるだろうが、寒いのでこれで退散する事にした。やっぱり、初日の出は清々しい気持ちになれるよ。happy02

20150102_tukubasan

土手からは、北方向を眺めると、小さくだが筑波山が見えます。eye

20150102_fujisan

土手から南西の方角に見ると、これまた小さくだけど、富士山が見えるよ。この方向は雲が無いから、近い地域では綺麗に見える事でしょう。fuji

2015年スタート!。今年も頑張りましょう!。happy01

ちなみに、過去の三郷・江戸川土手からの眺めレポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木曜日)

あけましておめでとうございます2015。

2015年羊年スタートですね。capricornus

20150101_hatumoude_4

新年おめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。今年も宜しくお願い致します。confident

紅白を見終えたら、早速、埼玉県三郷市にある丹後稲荷神社へ初詣に行ってきました。地元、近場の神社なので、まず1年の始まりはここからである。参拝客で行列が出来ているよ。gemini

20150101_hatumoude_1

行列に並んでいると、甘酒の振る舞いサービスがあります。日付が変わり、0時になると、少しずつ前へ進んで行きます。snail

いつもは、たき火があるのだが、今年はないのね。impact

20150101_hatumoude_3

行列待ちは約30分程だったかな。今年も良い年でありますように。leo

おっ、拝殿が新しくなっている??。danger

20150101_hatumoude_2

万葉遺跡葛飾早稲発祥地の碑がある丹後稲荷神社ですが、元和元年(1615年)に創建という事で、今年2015年は創建から400年となる。なので、丹後稲荷神社では鎮座四百周年記念事業が行われているようだ。拝殿が綺麗に塗装されているのもその一環なのでしょう。たき火が無かったのは、工事用地の確保の為でしょうか。wrench

さて、2015年はどんな年になるでしょうか?。相変わらず、ふらふらと歩きまわっている??。初めての地にも訪れてみたいね。train

今年も良い年でありますように。頑張るぞ♪。happy01 scissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »