« 四郎介稲荷神社を訪れた2014。 | トップページ | 那珂湊おさかな市場を訪れて、牡蛎・蟹身旨し2014。 »

2014年12月 2日 (火曜日)

神宮外苑のいちょう並木を散策2014。

晩秋から初冬へ。黄金色に彩られた銀杏並木は見事です。maple

20141202_icyou_12

さて、やってきたところは、東京都港区に位置する神宮外苑いちょう並木です。青山通りから円周道路まで300mの並木は146本、9m間隔で植えられています。見事な黄金色だなぁ。cat

20141202_ichou_03

イチョウ並木は大正12年(1923年)にできました。造園を手掛けたのは、日本の近代造園の師と言われた折下吉延博士で、外苑造営当時は主任技師でした。pencil

20141202_icyou_15

いちょう通りに駐車している車。手前の黄色の車、いちょうと合うね。car

20141202_icyou_16

遊歩道は、黄色のトンネルだ。冬に近づいているけど、なんだか温かな景観だなぁ。ほのぼの。japanesetea

20141202_icyou_17

代々木の宮内省南豊島御料地内(現在の明治神宮内)の苗園で、樹高6m内外に成長していた木々を、樹高順に青山口より下り勾配にしたがって植栽、聖徳記念絵画館をより雄大に見せる工夫がなされています。building

20141202_icyou_18

歩道がいちょうの落ち葉で敷き詰められて、黄色の絨毯のようだ。chick

20141202_ichou_02

外苑のいちょう並木で、個人的にここから眺める景観が好きだなぁ。eye

20141202_ichou_01

いちょうの木も樹高があるね。xmas

ちなみに、外苑のいちょう並木。一番背の低い木は樹高17m、一番背の高い木は28mです。airplane

20141202_icyou_19

いちょうの落ち葉がどっさり。banana

20141202_creap

クリープを多く使用したカフェオレの無料試飲がありました。ホット温か美味しいね。cafe

20141202_gurummet_1

噴水池より北側の広場では、第18回神宮外苑いちょう祭りが開催されていました。ここでは、過去最大級!60店舗が大集結!。いろいろなグルメが販売しているよ。いゃあ~、大混雑。gemini

20141202_icyou_14

いちょうの木々をバックに、グルメが味わえるのもいいね。delicious

20141202_icyou_20

いちょう並木が噴水池に反射する。wave

20141202_icyou_13

道路は人で埋め尽くされているが、自転車でのんびり走行するのも悪くない。bicycle

20141202_icyou_11

外苑のいちょうは総本数146本だが、そのうち雌木は102本もあるんだって。圧倒的..。toilet

20141202_gaienmae_st

外苑銀杏並木への最寄駅は、東京メトロ銀座線外苑前駅です。最寄出口は4a出口。cat

20141202_kokudou246

外苑前駅から国道246号線沿いの歩道を東方向(日本橋・三宅坂方面)へ歩くと約2分で着きます。(青山2丁目交差点)。snail

20141202_aoyama1choume

東京メトロ銀座線・半蔵門線、都営地下鉄大江戸線が乗り入れる青山一丁目駅の1番出口からも徒歩約2分です。watch

20141202_icyou_21

それにしても、多くの人が外苑のいちょう並木を見に訪れるんだなぁ。cancer

という事で、神宮外苑のいちょう並木を散策したレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20141202_panf_1

パンフレット(表紙)です。memo

「第18回神宮外苑いちょう祭り」 開催日:2014年11月15日(土)~12月8日(月) 開催時間:10時~16時30分(※最終日12月8日は14時まで) 会場:外苑いちょう並木 噴水池周辺info02

|

« 四郎介稲荷神社を訪れた2014。 | トップページ | 那珂湊おさかな市場を訪れて、牡蛎・蟹身旨し2014。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102007/60745115

この記事へのトラックバック一覧です: 神宮外苑のいちょう並木を散策2014。:

« 四郎介稲荷神社を訪れた2014。 | トップページ | 那珂湊おさかな市場を訪れて、牡蛎・蟹身旨し2014。 »