« 招き猫と縁結び、今戸神社を訪れた2014。 | トップページ | 浅草を訪れたら、やっぱり浅草寺へ2014。 »

2014年12月14日 (日曜日)

駅からハイキング「市誕生20周年!『ひたちなか市』満喫ハイキング」に参加してきた(2014.11.09)。

今回の駅ハイは、茨城県ひたちなか市。古墳彩色壁画に那珂湊の海の幸グルメを楽しむウォーキングだ。pisces

20141126_nakane_st_1

さて、ひたちなか海浜鉄道湊線に乗ってやってきたところは、中根駅です。週末恒例の駅ハイに参加だ。今回は、2014年11月9日(日)開催、駅からハイキング「市誕生20周年!『ひたちなか市』満喫ハイキング」です。train

中根駅は、始発駅の勝田駅から3つ目、約9分程で到着する。pisces

20141126_nakane_st_2

阿字ヶ浦行きの列車が出発していきました。バイバイ~。paper

1両編成のディーゼルカー(キハ3710形)が軽やかなエンジン音を響かせていき、ローカル線だなぁと実感。confident

途中、金上駅近くの勝田駐屯地・施設学校において、開設63周年記念行事が開催されていました。ちょっと気になった..。airplane

20141126_nakane_st_3

後ろを振り返るとジャーン!!。一面緑が広がるのみ。周辺何もないところに駅があります。すごいところだなぁ。周辺は目立った建物がないため、中根駅はいわゆる秘境駅の1つに挙げられている。もちろん、無人駅。moneybag

この日は、JR常磐線石岡~羽鳥間での異音の確認の影響で遅延が発生していた。勝田駅までは特急スーパーひたち号で来たのだが、20分遅れの到着となり、中根駅には予定していた列車の1本後になってしまった。まぁ、受付予定時間には間に合ったので良しとしましょう。bullettrain

20141126_nakane_st_13

中根駅の駅名標です。金上駅と高田の鉄橋駅の間にある駅。近くには、7世紀前半頃に築造された虎塚古墳がある。それをデザイン化されている。矛と前方後円墳がモチーフだ。art

20141126_nakane_st_10

のんびりした駅だけど、木のイスなどちょっとお洒落に演出。chair

20141126_nakane_st_12

虎塚古墳へはレンタサイクルがあります。無料で貸し出しされます。(勝田駅で受付が必要)。bicycle

20141126_nakane_st_14

ホームの花壇は見事だね。手入れされているようだ。tulip

20141211_uketuke

駅ハイの受付は中根駅ホーム上にて。コースマップやパンフレット等を取得した。pass

20141211_kan_batch

恒例の缶バッチは、E2系(1000番代) はやて やまびこ なすの などでした。present

20141211_panflet

ひたちなか市の観光パンフレットがどっさりもらえました。memo

20141126_nakane_st_4

中根駅は屋根付きベンチが設置されていて、飲料自動販売機もあり。簡易なホームだ。yacht

ちなみに、ここでの詳細レポは、「田園風景広がる秘境駅、中根駅を下車した2014。」へどうぞ。paper

20141211_cource_route

今回の駅ハイコースルートです。baseball

今年で誕生20周年の『ひたちなか市』。【勝田地区】虎塚古墳では、全国でも珍しい彩色壁画が期間限定で一般公開中!~【那珂湊地区】歴史を感じながら湊公園でひと休み♪心地よい潮風の中、新鮮な魚介類の宝庫を巡ります。shoe

那珂湊の駅ハイは初めての参加だ。今回は、約10kmのコース。天候は生憎の雨模様だが、頑張って歩きましょう。rock

20141126_nakane_st_6

駅を出ると、まっすぐの1本道のみ。本当に一面田んぼのみ。すごいところに駅があるんだなぁ。ship

20141211_tanbo_1

周りを見ても、田んぼが広がるのみ。先に見える高架は、東水戸自動車道。club

20141212_onsen

コースルートからは外れるが、中根の湯やはこや旅館がある。温泉が出るようだ。spa

20141212_road_01

小高い丘を登った後は、今度は一面畑の中を歩いていく。bud

20141212_road_02

舗装道路から土の道へ。先の林の中へ進んで行くと、...。drama

20141127_park_1

コースポイントone箇所目は、「虎塚古墳」です。中根駅から21分。全長56.5mで7世紀前半に築造された前方後円墳です。後円部の石室内に保存状態が良好な彩色壁画が発見され、国指定史跡となった。その室内に公開保存施設が完成し、年に2回春と秋に一般公開が行われています。aries

20141127_kanranryou

平成26年度秋季一般公開は、2014年10月31日(金)~11月3日(祝月)・11月6日(木)~9日(日)に開催されました。この開催期間に合わせて、駅ハイが行われた。t-shirt

一般公開室内壁画の見学は、観覧料150円がかかります。虎塚古墳史跡公園内の事務所にて観覧券を発行しています。ticket

20141127_kofun_1

古墳奥の方(円墳側)へ向かいます。denim

20141127_enter

観覧券に表示の番号順に観察室に入室していきます。1回に入室できるのは、4~5人です。shoe

番号が呼ばれました。では、装飾壁画を見に観察室へ入ります。靴を脱いで内部へ。boutique

20141127_hekiga

室温管理された部屋に入り、窓ガラス越しから装飾壁画を眺めました。中には、スタッフの方がいて説明をしてくれます。karaoke

尚、観察室内は写真撮影禁止です。なので、パンフレットの写真です。壁画はこんな感じだ。art

壁画は凝灰岩の表面に白色粘土を塗り,ベンガラ(酸化第二鉄)で連続三角文や環状文などの幾何学文と,靭・槍・楯・大刀など当時の武器や武具等の豊富な文様が描かれています。石室の内部からは成人男子の遺骸の一部と,副葬品の小大刀,刀子,鉄鏃などが出土しました。school

20141127_kofun_2

観察室から見ると、こんな感じに内部を見る事ができますよ。pen

20141127_kofun_3

古墳のまわりをぐるりと回って、虎塚古墳史跡公園をあとにしました。carouselpony

ちなみに、ここでの詳細レポは、「虎塚古墳装飾壁画一般公開に行ってきた2014秋。」へどうぞ。paper

20141127_center

コースポイントtwo箇所目は、「埋蔵文化財調査センター」です。虎塚古墳から2分。ここには、発掘調査などで発見された生活の後や土器等の遺物等を展示しています。もちろん、虎塚古墳の資料もありますよ。入館無料。school

20141214_inisienoato

通りに、いにしえの里がありました。house

20141214_road_01

下り坂をくだっていきます。すると、...。snowboard

20141214_road_02

はい、また田んぼ道...。水路沿いのあぜ道を歩いていく。aquarius

20141214_road_03

右手に見える丘高い林の中に、先程訪れた虎塚古墳がある。libra

20141128_yokoana_01

ブルーシートが覆われているね。崖崩れかなと思ったら...。fuji

20141128_yokoana_03

コースポイントthree箇所目は、「十五郎穴」です。埋蔵文化財調査センターから15分。虎塚古墳の西側に位置する、十五郎穴横穴群は、東中根の台地緑辺部に露出した擬灰岩の崖面を掘り込んで築かれた古代の墓群です。sprinkle

いくつかのまとまりを形成しており、指渋支群・館出支群・笠谷支群と呼んでいます。その広がりなどから判断して、総数では300基を超すと考えられています。aquarius

20141128_yokoana_04_2

大きな穴だね。今でも、残されているんだな。eye

20141128_yokoana_05

近くにスズメバチの巣があるという事で、十五郎穴の近くは立ち入り禁止となっていた。なので、ちょっと離れた位置から写真撮影しています。camera

駅ハイのコースルートでは、予定では、虎塚古墳の次に十五郎穴へ向かうルートだったが、スズメバチが発生という事でルートを変更し、本郷川からの田んぼあぜ道から眺める事となった。danger

20141128_yokoana_06

横穴墓は遺体を埋葬する「玄室」、玄室へ通じる「羨道」、入り口前の「前庭部」に大きく分けられます。door

この十五郎穴には、銅製方頭大刀やメノウ製勾玉、水晶製切小玉、須恵機などを揃え、須恵器の製作年代から、横穴墓群は奈良時代を中とした時期に築かれたと判断します。game

ちなみに、ここでの詳細レポは、「十五郎穴横穴群を訪れた2014。」へどうぞ。paper

20141214_road_04

上の高架は、東水戸道路です。car

20141214_higasi_mito_road

高速道路(有料道路)高架下から眺めてみた。eye

20141214_road_05

ただ、ひたすら真っ直ぐの道を歩いていきます。田んぼだけ~。sweat01

20141214_rout_245

国道245号線沿いを歩いていきます。rvcar

20141214_road_06

ここから上り坂。みなと陸橋を通って行きます。upwardright

20141214_takadanotekkyou

陸橋は、湊線を越えるため。ちょうど、列車が出発していきました。そう、この陸橋の真下には、高田の鉄橋駅があります。2014年10月1日に開業した新しい駅だ。train

列車の先に見える緑色の橋が、駅名の由来となった高田の鉄橋だ。bar

開業してまだ1ヶ月半くらいとなるが、駅ハイのコース、この駅を立ち寄るコースにして欲しかったなぁ...。weep

20141214_sekido_kita

関戸北交差点を渡り、那珂湊市街地方面へ向かう。game

20141129_yamagamimon

コースポイントfour箇所目は、「那珂湊反射炉跡/山上門」です。十五郎穴から50分。まずは、山上門をくぐります。この門は、水戸藩江戸小石川邸正門右側の門で、江戸時代後期に勅使奉迎のために特に設けられた門である。その後、ここに移築された。形態的には薬医門である。door

幕末動乱期には佐久間象山、横井小楠、西郷隆盛、江川英龍、橋本佐内ら幕末・維新史上重要な役割を担った諸藩の志士たちもこの門をくぐり、小石川邸に出入りしたといわれる。leo

20141129_hansyaro_1

階段を登ると、那珂湊反射炉跡があります。大砲鋳造を目的として当吾妻台に建設したのが反射炉(大型の金属溶解炉)である。golf

20141129_hansyaro_2

幕末、那珂湊沖にも異国船が出没するようになり、水戸藩第9藩主徳川斉昭が、海防の要を唱えて領内各地に砲台を築くために建てられた反射炉。building

安政2年(1855年)に1号炉(西炉)、同4年に2号炉(東炉)が完成した。高さ約15m、使用された耐火煉瓦は約4万枚といわれている。sports

20141129_rengayaki

反射炉建設には、高熱に耐えるレンガの製造が必要で、この窯は、ここの反射炉に使用した白色耐火レンガを焼成するために築かれた窯の復元模型です。building

製造されたレンガは約40000枚と言われていて、約1200度~1600ml程度の高熱にも耐えられて、現代の耐火リンガに近いものです。impact

20141129_hansyaro_3

元治元年(1864年)の元治甲子の乱で破壊され、昭和12年に現在の模型が、ほぼ原型どおりに復元された。茨城県指定史跡。wrench

それにしても、大きな煙突だなぁ。dash

20141129_kouyou

高台に位置する為、周りの景色を眺める事ができるよ。紅葉で黄色の葉が趣きありますな。maple

ちなみに、ここでの詳細レポは、「那珂湊反射炉跡と山上門を訪れた2014。」へどうぞ。paper

20141213_akasiya

昔ながらの建物が続きますね。那珂湊のこういう建物を活用して「まちかど博物館」とPRされています。この建物は、明石屋 安源七商店。noodle

20141213_tenmangu

こちらは、天満宮。bell

20141213_tenmangu2

参道を直角に曲がった先に拝殿があります。spade

20141130_minato_park_03

コースポイントfive箇所目は、「湊公園」です。山上門から9分。水戸藩2代藩主徳川光圀の命により元禄11年(1698年)に建てられた水戸藩別邸だった場所だ。leo

庭園の様な広場になっていて、さすが徳川ですな。ribbon

20141130_minato_park_01

緑色の芝生が広がります。club

水戸藩別邸は、建坪300坪以上、28部屋、高低層の構造であったといわれる。元治元年(1864年)の騒乱で焼失。湊御殿とも呼ぶ。現在は、湊公園として親しまれている。fullmoon

20141130_minato_park_04

おっ、先の広場で何かイベントやっているぞ。eye

20141130_minato_park_02

歌の披露がありました。このあとバンド演奏もあったよ。karaoke

20141130_hosiimo

駅ハイ参加おもてなしで、干しいものサービスがありました。これは、結構お腹膨れるね。温かいお茶が欲しいなぁ。pig

20141130_minato_park_05

湊御殿の松は、樹齢300年以上の枝振りの見事な黒松が12株生息しています。この松は、光圀公が須磨明石(兵庫県明石市)から取り寄せたものといわれています。bud

20141130_minato_park_06

夤賓閣跡(いひんかくあと)として、市指定史跡となっている。光圀公をはじめ、斉昭公など歴代の藩主も訪れ、宴席や詩歌の会が催されました。hotel

20141130_nagame_1

高台から周辺を眺めてみよう。先には、大洗方面へ向かう海門橋です。rvcar

20141130_nagame_2

アクアワールド大洗水族館や鹿島灘の海が見えるね。wave

20141130_minato_park_07

海岸近くにある高台の地。水戸藩別荘地としてベストな場所だったんですね。camera

ちなみに、ここでの詳細レポは、「湊御殿の松がある、湊公園を訪れた2014。」へどうぞ。paper

20141213_syoutengai

高台にある湊公園を下りてくると、商店街通りに出てきます。24hours

20141201_siroukai_2

コースポイントsix箇所目は、「四郎介稲荷神社」です。湊公園から2分。昔、静神社の森に正理を尊う、源太郎・甚二郎、紋三郎、四郎介という四匹の兄弟狐がいました。人間に協力するため、各自それぞれの地で守る事になり、四郎介は海を守る事に。eyeglass

20141201_siroukai_3

参道には、鳥居が続きますね。door

四郎介狐は大海の中魚類の居場所を知らせ、河上まで魚を呼び寄せたり塩を作る方法も暗示した。こうして、人々から尊敬を受ける事になり、この土地の守り神となりました。leo

20141201_siroukai_1

拝殿にて参拝。祭神は、宇賀魂命。両側にはキツネたちがたくさんいますね。cat

現在の社殿は明治9年(1876年)11月8日造営のもの。御神木の前に足尾神社を配祠している。shadow

ちなみに、ここでの詳細レポは、「四郎介稲荷神社を訪れた2014。」へどうぞ。paper

20141213_road_11

海へ向かって歩いて行きます。次のポイントは、一番楽しみにしていた場所だ。早く行こう!。delicious

20141213_road_12

コースポイントseven箇所目は、「那珂湊おさかな市場」です。四郎介稲荷神社から7分。市場の雰囲気を味わおう!。さぁ、海の幸だぁ。fish

20141203_osakana_itiba_01

那珂湊おさかな市場は、那珂湊漁港に隣接する市場で、獲れたてで新鮮な魚が販売されています。もちろん、食事処もあり観光市場として、多くの人で賑わっています。ship

20141203_osakana_itiba_02

新鮮な魚介類をリーズナブルな価格で販売しています。種類の多さに、さすが市場だね。event

20141203_kaki_2

個人向け食べ歩き用にも、販売されているよ。おぉ、宮城県産生カキ。その場で食べられるとならば、是非頂こう♪。scissors

20141203_kaki

さぁ、生カキです。1個200円。大きいね。では、つるっと。おぉ、ミルキ~。delicious

20141203_kaki_3

こちら、牡蠣の殻入れ。皆さん、いっぱい食べているのね。spade

20141203_kani_1

こんなにたくさんの蟹さんがお出迎えしてくれたら、食べたくなっちゃうよ。cancer

20141203_kaninomi

じゃん、蟹の身甲羅蒸しです。500円。こんなたっぷり入って贅沢~。では、パクッ。美味しいね。lovely

20141203_gyosen_1

漁港には漁船がたくさん停泊しています。yacht

20141203_umi_1

港町だね。鹿島灘を出て、いろんな魚を獲ってきますよ。ski

20141203_osakana_itiba_03

地元の人や観光客など、どのお店も多くの人が買い出しに吟味している。いゃあ~、お魚見るだけでも楽しい。fish

20141203_osakana_itiba_04

私にとっては1番のメインイベント、市場内のお食事処で新鮮なお魚グルメを楽しもう。rock

ちなみに、ここでの詳細レポは、「那珂湊おさかな市場を訪れて、牡蛎・蟹身旨し2014。」へどうぞ。paper

20141204_itibazusi_1

でかネタ寿司で人気の市場寿しに入ってみましょう。那珂湊おさかな市場内にあるヤマサ水産の回転寿司屋さんです。店内満席で、相変わらず人気のお店だな。dog

20141204_susi_1

那珂湊漁港に集まった新鮮なお魚を、ど~んと豪快のでかネタで提供。シャリが小さく見えるよ。では、頂きます。パクッ。おぉ、厚みもあって食べ応え木GOOD!。leo

20141204_susi_2

いゃあ~、食べ盛り?にはたまらない大きさだ。どのネタもBigで、あれもこれも食べたくなるよ。restaurant

20141204_susi_3

大きいし、何と言っても新鮮。港町に来た甲斐があるってもんだ。good

20141204_kaikatei_1

余力を残した上で、落ち着いて寿司を味わおう。はしごします。このお店は、海花亭です。では、入ってみよう。penguin

20141204_jizake_siru

まずは、大洗の地酒「月の井」で1杯。氷で蓋がしてあるんだよね。bottle

そして、しじみ汁。いい味わい出ているねぇ。cancer

20141204_nigirizusi

那珂湊地魚にぎりを頂きました。那珂湊で水揚げされる地魚を中心に、旬の味が楽しめる人気の逸品だ。いゃあ~、美味しいね。fish

20141204_nigirizusi2

ネタもいいね。那珂湊に来て、美味しいお寿司を食べれて満足でした。lovely

ちなみに、ここでの詳細レポは、「那珂湊の市場寿しでかネタ寿司を喰らう2014。」へどうぞ。paper

20141203_umi_2

釣りを楽しむ人もいます。大物釣れるかな?。pisces

20141203_umi_3

市場前には、多くの漁船が停船している。すぐに魚介類を市場へ運べるぞ。wave

20141213_jyouyoumaru

この船は常陽丸という名で、那珂湊水産高校の漁業実習船として使用された。ship

20141213_gykou

コースポイントeight箇所目は、「那珂湊漁港」です。防波堤で釣りをしている人たちがいますね。fish

20141213_koukou

茨城県立海洋高等学校の前を通り過ぎる。school

20141213_pool

ここの高校には、水深10mである日本一の潜水プールがあるそうだ。subway

20141213_hinan

港町という事で、地震・津波発生時の避難が掲示されている。緊急時、速やかに高台への非難が大事です。danger

20141213_yabari

駅ハイの歩きには欠かせない矢張り。この手書き感がたまらない。art

20141213_nakaminato_st_1

ゴールとなる那珂湊駅に着きました。ふぅ~。motorsports

那珂湊駅構内のミニ鉄道博物館見学ができるという事で、その場合は那珂湊駅にて申込みとなります。無料だが、14時までとある。14時は確実に間に合わないので、途中ルートを外れ、先に見学してきました。sandclock

20141205_nakaminato_st_kounai_1

ミニ鉄道博物館へは、踏切を渡り反対側へ回ります。ここは、踏切から見た那珂湊駅構内。くねくねしたレールがたまらない?!。music

20141205_keha_601

この、ケハ601の車両がミニ鉄道博物館です。この銀色の車体は、日本初のステンレス気動車だ。train

20141205_keha_601_syanai_1

車内に入ってみました。現在は、ギャラリーとして利用されています。art

おらが湊鐵道応援団のスタッフの方でしょうか。いろいろと丁寧に説明してくれました。karaoke

20141205_keha_601_syanai_2

座席もそうだし、つり革もそうだし、これは凄いですよ。chair

昔の新聞の切り抜きをまとめた資料は、貴重なお話が盛りだくさん。昔の湊線の興味深い記事が多く、1日見ていても楽しめるよ。camera

20141205_kiha_2005

構内には、いろいろな車両がいるよ。こちらは、キハ2005。留萠鉄道から移籍。国鉄キハ22形の類似車だ。ヒゲが特徴だね。cancer

20141205_kiha20_429

こちらは、キハ20形。「キハ20 429」。タラコ色の車両だ。apple

20141205_keha_601_a

再び、ケハ601を。真四角な顔に、目とまゆげがあるような前面だな。leo

20141205_keha_601_b

毎週日曜日?にオープンしているミニ鉄道博物館。機会があったら、是非車内見学をしてみたらいかがですか?。事前に那珂湊駅にてオープンしているか確認してみると良いでしょう。school

ちなみに、ここでの詳細レポは、「那珂湊駅構内にあるケハ601・ミニ鉄道博物館(ギャラリー)車内見学2014。」へどうぞ。paper

20141213_nakaminato_st_2

那珂湊駅に戻ってきました。bicycle

中根駅をスタートしてから那珂湊駅にゴールするまで、5時間35分かかりました。motorsports

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:24781歩 消費カロリー:1287.1kcal 消費脂肪量:183.8g 歩行距離:19.08km 歩行時間:3時間32分 平均時速:5.39km/h エクササイズ量:13.4Exinfo02

20141213_kouken_1

帰りの乗車券を購入しようと、自動券売機に向かったが、窓口を見てみると気になる文言が..。「硬券あります」。窓口の駅員に頼むと、硬券も発行してくれるのだ。ならば、もちろん硬券で!。aries

20141213_kouken_2

いゃあ~、乗車券が硬券だと嬉しいね。ticket

20141213_kouken_3

硬券の裏面です。ski

20141213_new_st

ホーム内には、オープニングに使用されたものでしょうか...。t-shirt

20141213_nakaminato_st_3

那珂湊駅の駅名標。線路、車庫側(北側)に置かれた日本初のステンレス製気動車「ケハ601」と車両の台車3つが描かれています。ring

20141213_nakaminato_st_4

那珂湊駅の構内は、車両基地も併設されている。hotel

20141213_nakaminato_st_5

阿字ヶ浦方面のホームへは、構内踏切を渡ります。signaler

20141213_nakaminato_st_6

ホームから、阿字ヶ浦方面を眺める。この先は、カーブしています。まもなく、列車がやってくるよ。golf

20141213_minato_line

帰りも、ひたちなか海浜鉄道湊線で帰ります。帰りもキハ3710形だ。これで、ひたちなか市をあとにしました。勝田駅からは、もちろん、特急フレッシュひたち号に乗って、楽々の帰宅だ~。train

今回の駅ハイ参加で、今シーズン(2014年度)参加回数は13回目、駅ハイポイントは2ポイント加算して、合計30ポイントになりました。dollar

今回は、茨城県ひたちなか市のウォーキング。駅ハイとしては、初めての場所だ。期間限定の虎塚遺跡の壁画を見学でき、那珂湊おさかな市場で海の幸を味わえて、なかなか楽しいウォーキングでした。また、訪れてみたいね。bleah

次回の駅ハイ参加レポは、戸塚駅(神奈川県横浜市戸塚区)です。※その前に、つくばエクスプレス開催の「Go!Go!TX下町ウォーキング」(北千住駅~浅草駅)をレポートします。pc

という事で、中根駅~那珂湊駅の駅ハイ参加レポでした~。happy01

ちなみに、関連詳細レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20141211_cource_map

JR東日本・駅からハイキング No.06422 「市誕生20周年!『ひたちなか市』満喫ハイキング」 2014年11月09日(日)実施 所要時間:約4時間(施設での見学時間含む) 歩行距離:約10kminfo02

スタート:ひたちなか海浜鉄道中根駅→①埋蔵文化財調査センター→②虎塚古墳→③十五郎穴→④那珂湊反射炉跡/山上門→⑤湊公園→⑥四郎介稲荷神社→⑦那珂湊おさかな市場→⑧那珂湊漁港→ゴール:ひたちなか海浜鉄道那珂湊駅info02

(各写真画像をClickすると4倍拡大表示します。)search

|

« 招き猫と縁結び、今戸神社を訪れた2014。 | トップページ | 浅草を訪れたら、やっぱり浅草寺へ2014。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102007/60788333

この記事へのトラックバック一覧です: 駅からハイキング「市誕生20周年!『ひたちなか市』満喫ハイキング」に参加してきた(2014.11.09)。:

« 招き猫と縁結び、今戸神社を訪れた2014。 | トップページ | 浅草を訪れたら、やっぱり浅草寺へ2014。 »