« Yoshikawa Jazz Night 2014 (吉川ジャズナイト)にて、ジャズ演奏とグルメと世界のビールを楽しむ。 | トップページ | 佐世保港を眺め、帰宅の途へ2014。 »

2014年9月16日 (火曜日)

恵比寿麦酒祭り2014に行ってきた。

秋風が心地よく吹く中、恵比寿の街は黄金色に染まるよ。moon3

20140916_garden_place_1

さて、やってきたところは、東京都渋谷区にある恵比寿ガーデンプレイスです。今週末はここで、第6回恵比寿麦酒祭りが開催されました。毎年20万人訪れるこのビアフェスティバルは、2009年にスタートし今年で6回目となった。birthday

ガーデンプレイスは緑があっていい景観だね。待ち時間少しだけで、センター広場(恵比寿ビアホール)に入る事ができた。結構空いているんだな。door

20140916_beer_1

いろんな種類のヱビスビールが飲めるよ。で、まずは、ヱビススタウトクリーミートップを頂こう。ブランドごとに専用グラスを使用しているよ。では、ぐぴっ。プフォ~。うまい。beer

20140916_kaijyou

会場内はビル風が通り抜けるので、心地よくビールが飲めるよ。屋外ってのが、いいね。penguin

20140916_menu

ビールは、ヱビスビール・ヱビスプレミアムブラック・ヱビス&ヱビス・琥珀ヱビス・ヱビススタウトクリーミートップの5種類。会場での生ビールの売上金は東北支援として全額寄付されます。dollar

20140916_list_band

20歳以上で車の運転がない人に、このリストバンド(アルコール類購入証)が配布されます。これを付けていないとアルコール類の販売されません。danger

20140916_syato_hiroba

こちらは、シャトー広場。先の洋館いい感じだな。event

20140916_kinenkan

隣接するヱビスビール記念館を訪れた。入館無料。motorsports

20140916_raikansya

2014年9月11日に来館100万人を突破されました。birthday

20140916_kinenkan2

建物内、結構洒落た感じですよね。cat

20140916_kinenkan3

こちらは、ヱビスギャラリー。ヱビスビール誕生から今まで、貴重な資料や映像で紹介されています。movie

20140916_salon

見学後は、テイスティングサロンで1杯頂こう。spade

20140916_beer_2

ここでは、ヱビスプレミアムミックスを頂いた。旨い!。ヱビスビール三昧ですな。cancer

20140916_maku

という事で、恵比寿麦酒祭りでヱビスビールを頂いたレポでした~。happy01

ちなみに、過去の恵比寿麦酒祭り訪問レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

「恵比寿麦酒祭り」 2014年9月12日(金)~15日(祝月) 前夜祭:9月10日(水)~11日(木) 11時30分~21時(平日は17時から) 恵比寿ガーデンプレイス 入場無料info02

|

« Yoshikawa Jazz Night 2014 (吉川ジャズナイト)にて、ジャズ演奏とグルメと世界のビールを楽しむ。 | トップページ | 佐世保港を眺め、帰宅の途へ2014。 »

コメント

今回は、恵比須ですね!
この場所はヱビスの工場跡ですよね。
子供の頃 目黒に住んでいましたので電車内から
工場をながめていました。
ガーデンプレイスになってからは行っていません。
都内に出る事はめったにありません。
麦酒ですか!
ビールはやはりヱビスが一番ですかね?

投稿: marcy | 2014年9月16日 (火曜日) 14時34分

marcyさん、こんばんわ。libra

ヱビスビールというブランド名がそのまま地名になったところなんですよね。ヱビスビール記念館では、当時の工場の写真などが掲示されていました。ship

麦酒って言うとなんかお洒落だよね。ちょっとリッチな感じでヱビス好きですな。一番いいかなぁ。happy01

投稿: さかきんぐ(管理人) | 2014年9月16日 (火曜日) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102007/60322358

この記事へのトラックバック一覧です: 恵比寿麦酒祭り2014に行ってきた。:

« Yoshikawa Jazz Night 2014 (吉川ジャズナイト)にて、ジャズ演奏とグルメと世界のビールを楽しむ。 | トップページ | 佐世保港を眺め、帰宅の途へ2014。 »