« マチガ沢の眺め2014。 | トップページ | 南流山屋台フェアに行ってきた2014。 »

2014年9月20日 (土曜日)

日本三大岩壁の1つ、一ノ倉沢からの岩壁鑑賞2014。

日本三大岩壁の1つ、見事な岩壁を眺めよう!。rock

20140920_itinokurasawa_01

さて、やってきたところは、群馬県みなかみ町にある一ノ倉沢出合(旧道)です。国道291号線をてくてく歩いてきました。いゃあ~、すごい眺めだ。fuji

訪れたのは今回で3回目。3度目の正直で、今回初めて晴れました。山の尾根までくっきり見えるぞ。eye

20140920_itinokurasawa_03

谷川連峰をバックにそびえ立つ谷川岳の岩場は、剣岳、穂高岳とともに日本三大岩場の1つに数えられている。building

20140920_itinokurasawa_04

ズームして見てみると、ゴツゴツした岩壁がよく見える。少し雪?氷?が残っているね。penguin

20140920_itinokurasawa_05

一ノ倉沢という事で、水が少し流れています。この日はあまり風が吹いていなかったが、山からの冷たい風が吹き下ろしてきて、気持ちが良いよ。cancer

20140920_itinokurasawa_06

透明、綺麗な水だね。ちと、冷たい。scorpius

20140920_itinokurasawa_07

沢の石場に腰を下ろして、休憩タイム♪。おにぎり食べながら、ゆっくりしよう。riceball

20140920_kurumadome

国道291号線、車道としてはここ一ノ倉沢で終点となる。この先は、舗装されていない遊歩道となる。尚、谷川岳登山指導センター下~一ノ倉沢出合の約3kmは車両通行止めとなっている。なので、車の通行が無い舗装道路で、のんびり一ノ倉沢まで行けるよ。shoe

20140920_setumei

当地方の方言で岩や岩壁のことを「クラ」と呼んでいますが、この岩場は、世界でも最も登攀の困難な岩壁の一つに数えられ(グレード6級)、日本アルプスの剱岳、穂高岳とともに日本三大岩場として知られており、谷川連邦随一の岩場であることから「一ノ倉」と名づけられています。karaoke

20140920_konosaki

一ノ倉沢からの先は、幽ノ沢、芝倉沢へ行けるが、舗装道路ではなくなる。boutique

ちなみに、土合駅から一ノ倉沢までは5.1km、徒歩約63分です。watch

20140920_itinokurasawa_02

という事で、日本三大岩壁の1つ、一ノ倉沢から岩壁鑑賞したレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、ここにはウォーキングイベント参加の為に訪れました。その参加レポは、「駅からハイキング「一村一山上越線 初秋の一ノ倉沢岩壁鑑賞ハイキング」に参加してきた(2014.09.13)。」へどうぞ。paper

「一ノ倉沢出合(旧道)」 群馬県利根郡みなかみ町湯檜曽 国道291号線沿いinfo02

|

« マチガ沢の眺め2014。 | トップページ | 南流山屋台フェアに行ってきた2014。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102007/60342191

この記事へのトラックバック一覧です: 日本三大岩壁の1つ、一ノ倉沢からの岩壁鑑賞2014。:

« マチガ沢の眺め2014。 | トップページ | 南流山屋台フェアに行ってきた2014。 »