« 田んぼ広がる新方川沿いを歩く2014。 | トップページ | 久伊豆神社を訪れた2014夏。 »

2014年8月 1日 (金曜日)

「花田苑」・「こしがや能楽堂」を訪れた2014。

いゃあ~、見事な日本庭園ですな。japanesetea

20140801_teien_1

さて、やってきたところは、埼玉県越谷市にある花田苑です。それにしても見事な庭園ですなぁ~。廻遊式池泉庭園という日本庭園が造園されています。cute

花田苑を訪れたなら、個人的な3つのビューポイントがある。1つ目がここ日本庭園。cat

20140801_tikurin

2つ目が竹林。この静寂な感じがいいんだよね。club

20140801_nougakudou_1

3つ目が隣接するこしがや能楽堂の能舞台だ。立派な舞台だよ。cancer

20140801_enter2

では、少し時を戻して、入口を入るところから始めよう。door

訪れた日の夜19時30分からは、ホタル観賞の夕べが行われたようです。越谷をホタルの里にと取り組んでいるそうだ。flair

20140801_kenbaiki

券売機にて入園券を購入します。入園料は100円です。dollar

20140801_ike_1

まずは小さな池がお出迎え。mist

園内自由に回れるが、自分は左回りで散策しよう。snail

20140801_tikurin_2

すると、好きなポイントの1つ、竹林の通りです。気持ちが落ち着くんだよね。砂利が敷かれた道をシャクシャクと音を立てながら歩きます。shoe

20140801_teien_2

花田苑の中央部には大きな池があります。mist

20140801_gate

このあと、花田苑に隣接するこしがや能楽堂に行ってみよう。こちらは、能楽堂正面門です。door

20140801_nougakudou_enter

まっすぐ進むと建物入口があります。この、こしがや能楽堂の建物内は入館無料で入れます。では、行ってみよう。house

20140801_nougakudou_2

館内は下足禁止なので、靴を脱いでスリッパで移動します。能舞台の横側が見えますね。foot

20140801_tuuro

通路を通って、和室の部屋へ。bicycle

20140801_nougakudou_3

ちょっと斜めからになってしまったけど、能舞台正面を眺める。機会があったら、実際の演舞見てみたいなぁ。eye

20140801_nougakudou_4

展示室に来ました。いろんな資料が展示されています。能を演じている時の写真も掲示されていました。夜に見ると良さそうだな。camera

20140801_nougakudou_5

移動する廊下からも、花田苑の庭園を眺める事ができます。taurus

20140801_teien_3

こしがや能楽堂を出て、花田苑に戻ってきました。散策再開です。手前は、花菖蒲かな。何本か花を咲かせていました。tulip

20140801_teien_4

先ほどまで曇り空だったけど、晴れ間が出てきたな。sun

20140801_teien_5

こんな立派なお庭があると、殿様気分だな。leo

20140801_hasi

こういった渡り橋があるのもいいね。snowboard

20140801_azumaya

東屋で、ちょいと休憩しましょう。spa

花田苑には茶室がある。庭園を眺めながら、お茶を嗜むといいんだろうな。japanesetea

20140801_fune

おっ、舟があるぞ。乗れるのかなぁ。yacht

20140801_hasi2

こういう橋なら、何度でも渡りたい。chair

20140801_teien_6

晴れ間の中、雲がまだ多いので、池の水面の映りが微妙だ。晴れていたら、いい反射になると思うよ。cloud

20140801_nougakudou_6

先に見えるこの建物が、こしがや能楽堂だ。渡り廊下の部分。この先に能舞台がある。telephone

20140801_teien_7

池の水面は、透明だ。鯉が泳いでいるよ。fish

20140801_teien_8

池と緑の空間が日本庭園の良さなんだな。ぼーっとするだけでも、癒しの時間を過ごせる。confident

20140801_taki

ちょっとした高台に来ると、小さな滝があるよ。水流れる音が、また良し。aquarius

20140801_teien_9

木々の中から眺める青空は、とても清々しいのだ。wink

20140801_ajisai

枯れかけだったけど、紫陽花が咲いていました。bud

20140801_post

入口を入って左手に、1号丸型ポストが設置されています。昭和24年から使用されていたものだが、昭和59年11月、差出箱1号角型への製造切替に伴い越谷郵便局から寄贈されたものです。本体高さ約135cm、直径約40cm。loveletter

20140801_enter

という事で、花田苑・こしがや能楽堂を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「東武健康ハイキング 第324回「“日光街道歴史旅”越谷宿を巡るハイキング」に参加してきた(2014.07.05)。」へどうぞ。paper

「花田苑」「こしがや能楽堂」 〒343-0015 埼玉県越谷市花田6-6-2 TEL:048-962-6999 平日9時~17時(10-3月は16時まで)・土日祝9時~19時(10-3月は18時まで) 入園受付は閉園1時間前まで 入園料100円 無料駐車場あり 越谷駅東口・南越谷駅北口から朝日バスで花田苑入口バス停下車info02

|

« 田んぼ広がる新方川沿いを歩く2014。 | トップページ | 久伊豆神社を訪れた2014夏。 »

コメント

さかた~ん(^^)/こんばんは。

花田苑 落ち着きますね~confident
若い子なら見向きもしないでしょうが
この年頃になると、こーいう所が落着きますcoldsweats01
竹林は、涼しげで…
竹の葉が風に揺れてサラサラ音を立てている感じで…
玉砂利を踏み締める足の感覚がいいですconfident
もう、行った気になってま~すcoldsweats01

ポストも懐かしいですね~
子供の頃、投函口に手が届かなくて
土台の石の上に乗って入れていました。


投稿: marcy | 2014年8月 1日 (金曜日) 18時35分

marcyさん、花田苑へようこそ。いらっしゃい。shine

花田苑、いいところでしょ。住宅街に囲まれた中にある日本庭園で、市が公園として造園した施設なのです。有料(とは言っても100円)なので、とても空いています。約2haと、ちょうど良い広さの空間なので、静かに落ち着く時間を過ごせるよ。wink

木々の緑も好きなんだけど、竹林の緑も好きなんです。竹林に砂利で、まさしく和の景観。静けさがなんともです。confident

丸型ポスト、今では懐かしいですよね。土台の石がちょうど良い高さだからね、お利口さんですなぁ。virgo

ジャンプして入れようとしたけど、なかなか入らず、手紙が折れ折れに...。親の自転車に乗った状態で、手紙をポストに入れてました~。bicycle

投稿: さかきんぐ(管理人) | 2014年8月 2日 (土曜日) 02時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102007/60073894

この記事へのトラックバック一覧です: 「花田苑」・「こしがや能楽堂」を訪れた2014。:

« 田んぼ広がる新方川沿いを歩く2014。 | トップページ | 久伊豆神社を訪れた2014夏。 »