« とちぎわんぱく公園を訪れた2014前編。 | トップページ | とちぎわんぱく公園を訪れた2014後編。 »

2014年7月 3日 (木曜日)

壬生町おもちゃ博物館を訪れた2014。

大きな公園の中の遊べる博物館です。tennis

20140703_museum1

さて、やってきたところは、栃木県壬生町にある壬生町おもちゃ博物館です。とちぎわんぱく公園内にあります。工業団地おもちゃのまちがあり、玩具とゆかりが深いことで、町立の玩具の博物館として建設された。house

入館料は大人600円・小人300円だが、訪れた日は栃木県民の日(6月15日)なので、小人も大人も無料開放されました。ラッキー。では、入ってみましょう。ticket

20140703_yatterone

受付前のホールには、ヤッターマンの犬型メカ「ヤッターワン」でしょうか。お出迎えされる。dog

20140703_mori_tunnel1

もりのとんねるを通ります。ぬいぐるみがいっぱいだ。aries

20140703_mori_tunnel2

隣の中庭には水遊びができる。その隣は、おもちゃと遊びの部屋があり、たくさんのおもちゃで自由に遊べるようになっている。wave

20140703_king_queen

こちらは、きんぐとくぃーん。1階はからだあそびぞーんとなっていて、すべり台やみのむしハウス、ネットトンネルなどの大型遊具で、体を使って楽しく遊べるコーナーとなっている。子供たちにとっては、1番の人気エリアでしょうか。bicycle

2階は、てんじ・たいけんぞーんで、懐かしいブリキのおもちゃが大集合!。3階は、あそびてんぼうぞーんで、そこからの日光連山の眺めは素晴らしいようだ。fuji

自分はそちらへは行かず、楽しみにしている別館へ向かいます。dash

20140703_tetudou_mokei2

別館2階は、鉄道模型の部屋です。この、おもちゃ博物館には北関東最大級のジオラマがあるよ。おぉ~、すごいね。わくわく。lovely

20140703_tetudou_mokei1

貨車にドラえもんとピカチュウが乗っていて、「6月15日とちぎけんみんの日」の幕を掲げています。cat

20140703_ho_gage

HOゲージの車両もあるよ。JR日光線の車両かな。subway

20140703_455kei

鉄道車両の写真の掲示があった。おぉ、懐かしい。交直流電車455系だね。camera

20140703_yatterone2

基本的には、ちいさな子供向けの博物館です。帰り際、改めてヤッターワンの写真を撮って博物館を出ました。cancer

壬生町おもちゃ博物館は、とちぎわんぱく公園内にあります。緑のある広い公園、週末はのんびり楽しめるよ。penguin

20140703_museum2

という事で、壬生町おもちゃ博物館を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、おもちゃ博物館があるとちぎわんぱく公園レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その参加レポは、「駅からハイキング「グリムとおもちゃの街散策」に参加してきた(2014.06.15)。」へどうぞ。paper

「壬生町おもちゃ博物館」 〒321-0211 栃木県下都賀郡壬生町国谷2300 TEL:0282-86-7111 9時30分~16時30分(入館は16時まで) 休館日:毎週月曜(祝日は翌日に振替)・年末年始 入館料:おとな600円・こども300円 無料駐車場あり 北関東自動車道壬生ICから車で約3分info02

|

« とちぎわんぱく公園を訪れた2014前編。 | トップページ | とちぎわんぱく公園を訪れた2014後編。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102007/59916633

この記事へのトラックバック一覧です: 壬生町おもちゃ博物館を訪れた2014。:

« とちぎわんぱく公園を訪れた2014前編。 | トップページ | とちぎわんぱく公園を訪れた2014後編。 »