« 高麗神社を訪れた2014。 | トップページ | 聖天院を訪れた2014。 »

2014年4月24日 (木曜日)

高麗家住宅を訪れた2014。

江戸時代初期を代表する民家として、国の重要文化財に指定されています。crown

20140424_komake_jyutaku5

さて、やってきたところは、埼玉県日高市にある高麗家住宅です。高麗家住宅は高麗神社の神職を代々勤めてきた高麗氏の住宅です。建物の規模は桁行14.8m、梁間9.5mをはかります。屋根は入母屋造りで、茅で葺いています。house

20140424_komake_jyutaku2

高麗家住宅の隣りには、見事なシダレザクラがあります。3月末ころが見頃との事。4月に入り、既に散ってしまいましたね。cherryblossom

20140424_komake_jyutaku3

間取りは五室と土間からなっています。表側にある「おもてざしき」は21畳の板敷きで、押し板を備え、前面には格子窓を付けています。eyeglass

20140424_komake_jyutaku4

「四帖」は「おく」の間の控えの間としての役割を持ち、「おく」には「とこ」が設けられています。「かって」の板の間にはいろりがきられ、土間の奥にかまどがあります。cafe

20140424_mon

高麗家住宅の裏には、幽栖門があります。door

20140424_ike

日本庭園になっていて、池があります。鯉がいっぱい泳いでいるな。fish

20140424_koi

近づくとコイがバチャバチャ集まってきます。エサが欲しい?。riceball

20140424_setumei

建築年代は高麗家に伝わる文久3年(1863年)の絵図面に、慶長年間(1596~1615)に建てられたとの伝えがあると記されています。建築形式や構造手法からおよそ17世紀後半頃と考えられています。wrench

昭和51年(1976年)~52年にかけて、建物の全解体による根本的大修理が行われました。現在の姿は、その修理工事の際に建築当時の姿を復元してものです。house

20140424_sakura1

高麗神社と高麗家住宅の間の通路沿いには、桜が咲いていました。cherryblossom

20140424_sakura2

綺麗な桜の花びらですね。tulip

20140424_komake_jyutaku1

という事で、高麗家住宅を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、関連記事は、以下のリンク先へどうぞ。paper

「高麗家住宅」 〒350-1243 埼玉県日高市新堀850 入場無料(外観のみ)info02

|

« 高麗神社を訪れた2014。 | トップページ | 聖天院を訪れた2014。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102007/59518668

この記事へのトラックバック一覧です: 高麗家住宅を訪れた2014。:

« 高麗神社を訪れた2014。 | トップページ | 聖天院を訪れた2014。 »