« 旧熊ノ平駅を訪れた2013。 | トップページ | 秋の碓氷湖を訪れた2013。 »

2013年12月 7日 (土曜日)

碓氷第三橋梁(めがね橋)を訪れた2013。

碓氷峠の代表的な建造物。立派なレンガ造りアーチ橋だ。sagittarius

20131205_meganebasi2

さて、やってきたところは、群馬県安中市にある碓氷第三橋梁です。通称、めがね橋。4年ぶり2度目の訪問だ。明治26年(1893年)竣工、碓氷旧線が廃線になる昭和38年(1963年)まで使用された鉄道橋。碓氷川に架かる煉瓦造りの4連アーチ橋は、見事な美しさだな。virgo

20131205_tunnel5c

横川駅から碓氷旧線を遊歩道として整備されたアプトの道をてくてく歩いてきて、碓氷5号トンネルをくぐり抜けると、めがね橋だ。eye

JR東日本・大人の休日倶楽部のテレビCMでお馴染みのシーン。吉永小百合さんいる?。tv

20131205_meganebasi

横川駅から約4km、アプトの道を歩いて約60分でめがね橋に到着。橋上には、多くの観光客・ハイカーが多く訪れているね。cancer

めがね橋は、アプトの道平成13年(2001年)開通にあわせて、遊歩道化渡り歩く事ができるようになりました。snail

20131206_usui_sinsen

橋から先にも橋梁が見えるが、あれは碓氷新線(信越本線)だ。北陸新幹線(長野新幹線)が開通する平成9年(1997年)まで使用されていた。当時はL特急あさま号が走っていたんだな。bullettrain

20131206_hasi1

めがね橋をおそるおそる渡りきった。全長91m。高い所が苦手な人にとっては、恐怖な橋渡りである。手摺りがかなり低い位置だし、こわいこわい。crying

20131206_kaidan

旧国道18号線に向かう階段。下へ降りてみよう。snowboard

20131206_hasi2

下から見上げるめがね橋。こうやって見ると、大きな橋だな。fastfood

20131206_hasi3

見事なアーチ橋だな。明治時代の鉄道遺産。国指定重要文化財となっている。carouselpony

20131206_hasi4

少し紅葉となっているめがね橋。天気が良く、青空だぁ。sun

20131206_hasi5

それにしても、橋上手摺りに寄りかかっていてこわくないのかなぁ。weep

20131206_hasi6

下は碓氷川が流れる。川底から橋上は高さ31m。結構高さあるぞ。building

20131206_yamahiru

山中だけに、山ヒル注意である。danger

20131206_kaidan2

急な階段を登り、橋上へ戻ります。sweat01

20131206_time_table

時刻表が掲示されていました。旧国道18号線を経由する路線バスが季節限定で運行されます。めがね橋バス停は、軽井沢駅行きが11時10分発、横川駅行きが13時17分発である。運転日はGW・夏期・秋期のみ。bus

20131205_tunnel6

アプトの道は平成13年(2001年に)に横川駅~めがね橋間で開通した。6号トンネルからこの先熊ノ平までは、平成24年(2012年)4月に延長開通した。fish

20131206_hasi7

秋深まり、紅葉してきためがね橋。これからも、残していって欲しい建造物ですな。key

という事で、碓氷第三橋梁・めがね橋訪問レポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問記事は、「碓氷第三橋梁「めがね橋」を訪れた2009。」へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、ここへはウォーキングイベントに参加しにやってきたのです。その時の記事は、「駅からハイキング「中山道坂本宿と「アプトの道」ハイキング」に参加してきた(2013.11.09)。」へどうぞ。paper

「碓氷第三橋梁(めがね橋)」 群馬県安中市松井田町 全長91m 川底からの高さ31m 国重要文化財info02

|

« 旧熊ノ平駅を訪れた2013。 | トップページ | 秋の碓氷湖を訪れた2013。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102007/58706622

この記事へのトラックバック一覧です: 碓氷第三橋梁(めがね橋)を訪れた2013。:

« 旧熊ノ平駅を訪れた2013。 | トップページ | 秋の碓氷湖を訪れた2013。 »