« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月31日 (火曜日)

よいお年を2013。

今年もあっという間だったなぁ。dog

20131231_yuuhi1

2013年もいろいろとブログ記事書いたなぁ。ほとんどが、ウォーキングで歩いたところか、グルメ等のイベントかってところなんだけどね。今年は339記事公開しました。ほぼ1日1記事で...。pencil

写真ペタッと貼り付けて、文章ダーっと書いているブログですが、閲覧された皆様ありがとうございます。confident

20131231_yuuhi2

自宅付近に流れる江戸川河川敷からの夕日の眺めです。冬だけに陽が暮れるのが早いなぁ。夕日にずれて見える山は、日本一の山、そして、今年、世界文化遺産に登録された富士山です。fuji

20131231_yuuhi3

2013年巳年(へび)から2014年午年(うま)へ。来年はどんな年になるかなぁ。pig

本年は大変お世話になりました。どうぞよいお年をお迎えください。happy01paper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月30日 (月曜日)

自分のブログ記事勝手にランキング2013。

今年もあと僅かですなぁ。あと2日という事で、今年公開した自分の記事で、個人的に勝手にランキングしてみたぞ。2013年度のまとめ・ダイジェストみたいなものだけどね。memo

今年2013年は、公開記事数が339。よくアップしたなぁ。では、ベスト25(欲張り過ぎ?)をどうぞ。good

第1位 『那須ロープウェイ山頂駅から少しだけ登ってみた 眺め良し2013。

20130906_kesiki1

栃木県那須町にある那須岳(茶臼岳)です。那須ロープウェイ・那須山頂駅から登山していくと、眼下に広がるパノラマは絶景です。

第2位 『伊勢神宮(内宮)へお伊勢参り2013。

20131102_isuzu_river1

三重県伊勢市にある伊勢神宮。今年は式年遷宮という事で、ものすごい人出混雑でした。五十鈴川御手洗場、清流で心身を清めました。

第3位 『谷川岳・天神峠からの山々の眺めは圧巻2013。

20130803_tenjintouge1

群馬県みなかみ町にある谷川岳・天神峠です。展望台からは屋根づたいが見えるよ。天神峠の標高は1502m。いゃ~眺め壮大だね。

第4位 『第12回白井宿八重ざくら祭りを訪れた2013。

20130520_gyouretsu1

群馬県渋川市の白井宿付近は八重桜が咲き誇ります。祭りの目玉の1つ「武者行列」が行われましたよ。

第5位 『神宮外苑の銀杏並木を訪れた2013。

20131203_icyou2

東京都新宿区の神宮外苑いちょう並木。黄金色の銀杏の葉が見事に立ち並ぶ。

第6位 『薩摩金山蔵、トロッコで行く抗洞内焼酎仕込蔵・貯蔵庫見学2012。

20130927_siin3

鹿児島県いちき串木野市にある薩摩金山蔵。トロッコに乗って地下洞窟へ。ここで醸造された焼酎の試飲ができるよ。

第7位 『山梨県笛吹川フルーツ公園内を散策2013。

20131120_fruits_park

山梨県山梨市にある笛吹川フルーツ公園。フルーツをテーマにした都市公園だ。山斜面上にあり、そこから眼下の甲府盆地の眺めは素晴らしい。

第8位 『特別史跡「三内丸山遺跡」を訪れた2012。

20130119_iseki1

青森県青森市にある三内丸山遺跡。縄文時代の集落跡地との事。大型堀立柱建物をはじめ復元展示されている。

第9位 『びゅうバス「八甲田号」で行く、十和田・奥入瀬・八甲田を満喫2012。

20120930_ishigadonose2

観光バスに乗車して、十和田湖・奥入瀬渓流・八甲田山などを巡りました。奥入瀬はとても癒されるね。

第10位 『色鮮やかなチューリップが咲き誇る「ハーブ庭園旅日記」を訪れた2013。

20130525_cyurip1

山梨県甲州市にあるハーブ庭園旅日記。チューリップフェアが開催されていて、5万本のカラフルなチューリップがお出迎えだ。ハーブの足湯にも入ったよ。

第11位 『西武ドームで選手気分、ビクトリーロードやロッカールーム等を見学した。

20130203_rocker_room

埼玉県所沢市にある西武ドームにて、施設見学をしました。選手が使用するロッカールーム(ビジターチーム用)の見学もできたよ。

第12位 『日本一のモグラ駅・土合駅の長い階段を登る2013。

20130727_kaidan2

JR上越線土合駅下り線ホームは地下70mの位置にある。地上のある改札口へは462段の階段を自力で登らなければならないモグラ駅だ。

第13位 『榛名湖を訪れた2013。

20130830_harunako1

群馬県高崎市にある榛名湖。榛名山のカルデラに生じた火口原湖だ。この後は、ロープウェイで榛名山山頂へ向かったよ。

第14位 『大日影トンネル遊歩道を歩いた2013。

20130516_tunel1

JR中央本線大日影トンネル(山梨県甲州市)は平成9年まで使用されていたトンネル。明治時代にレンガ造りで建設された鉄道遺産だ。線路も残されていて、廃線トンネルの遊歩道では、1番好きなトンネルです。トンネルは約1.4km徒歩24分かかります。wrench

第15位 『快速SLみなかみ号に乗車してきました(水上→高崎)2013。

20130829_sl_1

JR上越線を走るSLみなかみ号に乗車しました。蒸気機関車C61、いつ見てもカッコいい。

第16位 『けやきひろば春のビール祭り2013に行ってきた。

20130519_kaijyou1

埼玉県さいたま市のさいたま新都心けやきひろばで年2回開催されるビール祭り。数あるビールのイベントの中で1番好きです。けやきの中で飲むビールは気持ちが良いです。

第17位 『快速リゾート那須野満喫号に乗車してきた2013春。

20130603_yamadoro4

黒磯駅に停車中の快速リゾート那須野満喫号。リゾートやまどりの車両が使用されました。快適の座席でした。

第18位 『榎本牧場でジェラートと生まれたての豚の赤ちゃん2013。

20130612_kobuta

埼玉県上尾市にある榎本牧場に、生まれて12日目の豚の赤ちゃんがいました。既に元気いっぱいだ。ジェラートも美味しいよ。

第19位 『碓氷第三橋梁(めがね橋)を訪れた2013。

20131206_hasi4

群馬県安中市にある碓氷第三橋梁、通称めがね橋。碓氷峠の煉瓦造りアーチ橋だ。見事な鉄道遺産です。

第20位 『発酵の里こうざき酒蔵まつり2013を訪れた。

20130319_kaijyou2

千葉県神崎町で行われる日本酒のイベント。鍋店と寺田本家2か所の酒蔵が同時に祭り開催とにぎやかなイベントだ。試飲もあり蔵見学もあり1番好きな日本酒祭りです。

第21位 『急行「さかき」&坂城駅出発イベント!。

20130407_sakaki2

ニックネームと関連して気になったイベントに行ってきた。しなの鉄道169系が引退するという事で特別に運転された。長野県坂城町にある坂城駅にて出発イベントが行われました。この後は、その列車に乗車したよ。

第22位 『見沼田んぼの中のメタセコイア並木通り2013。

20131213_namiki03

埼玉県さいたま市緑区にある中央通り。メタセコイアが続く並木道が見事だ。こういう風景いいな。

第23位 『首都圏外郭放水路特別見学会2013に行ってきた。

20131117_suisou1

埼玉県春日部市にある首都圏外郭放水路の調圧水槽が年1回一般開放されます。パルテノン神殿を彷彿させる地下神殿は神秘的です。通水10周年で、他にも一般には開放されない施設も見学できたよ。

第24位 『観音茶屋で観音そばと鬼ころりを食べる。

20130126_kannon_cyaya1

埼玉県小鹿野町にある観音茶屋です。秩父の山の中にある蕎麦屋さんで、名物「鬼ころり」は美味しいですよ。

第25位 『山をバックに清流那珂川沿いを歩く2013。

20131028_nakagawa

栃木県那須塩原市を流れる那珂川。清流に青い空。眺めるだけでも気持ちが表れます。

まだまだ、ランキングに乗せたい記事が一杯あるが、まぁこのへんで...。来年はどんな感じになるか...。ぼちぼちと。chick

という事で、今年2013年に記事投稿した中からの勝手に決めたランキング25の発表でした~。happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月29日 (日曜日)

駅からハイキング「見て!食べて!ふれあう!野火止用水満喫ウォーク」に参加してきた(2013.12.15)。

武蔵野の面影を残す野火止用水沿いと雑木林を歩くコースです。今年はゴールでイベントも同時開催!。dog

20131223_seibu_ikebukuro_line

さて、西武池袋線に乗ってやってきたところは、清瀬駅です。週末恒例の駅ハイに参加だ。今回は、2013年12月15日(日)開催、駅からハイキング「【西武鉄道・多摩都市モノレール共同開催】見て!食べて!ふれあう!野火止用水満喫ウォーク」です。train

乗車した電車は、西武30000系、愛称スマイルトレインだ。外観は「たまご」をモチーフとしたデザインでカラフルな色あいだね。train

20131223_kiyose_st

江戸時代初期に開削された野火止用水と雑木林が残る新座市。武蔵野の懐かしい風景を堪能した後は、ゴールでのイベントをのぞいてみては?。イベントでは野火止用水流域各市の名物やキャラクターたちがみなさまのお越しをお待ちしています!。memo

新座市の駅ハイは3年ぶり3度目の参加だ。例年は、新座駅から清瀬駅へのコースだったが、今年は逆の清瀬駅から新座駅へのコースになった。ルートコースは同じなんだけど、スタートとゴールが逆。cancer

では、清瀬駅北口から出発します。今回は約8.5kmのウォーキングコース。頑張って歩こう!。run

20131223_road01

都道24号練馬所沢線を歩いていく。マンションなどが建ち並ぶ。house

20131223_road02

住宅街を通り、細い道を進んでいくと...。snail

20131223_syougakkou1

東京都清瀬市から埼玉県新座市に入りました。ここは、新座市立新堀小学校。清瀬駅から14分。今回の駅ハイのスタート地点・受付場所となります。secret

20131223_syougakkou2

校舎内トイレ開放されていたので利用しました。廊下も小学校って雰囲気だな。school

20131229_nobidomeyousui

野火止用水を散策してみよう!。用水沿い自治体の情報がプリントされたものも頂きました。この裏面には今回のウォーキングのスタンプラリー台紙になっている。present

20131223_ikoinomori

こちらは、新堀一丁目憩いの森です。一部を新堀小学校の学校教育林として、児童の野外教育の場にもなっています。xmas

20131223_road03

住宅街、生活道路を通り抜ける。冬なのに花が咲いているな。tulip

20131223_road04

憩いの森の外側を歩いていく。dog

20131224_community_center

コースポイントone箇所目は、「西堀・新堀コミュニティセンター」です。新堀小学校から10分。新座市観光ボランティア協会の方々が、野火止用水の歴史などを丁寧に説明してくれます。写真の展示もありました。karaoke

20131224_nobinobi_roll

おっ、のびのびロールって書いてあるぞ。パティスリーニューアマンドという店名で、ご当地グルメみたい。ちょいと中にはいってみた。子供10人が満足できるおおきさがキャッチフレーズのロールケーキが売りのようです。長さは38.5cm。カットサイズの販売はしていないとの事で購入は断念...。(ハーフはあるみたい)。cake

20131224_nobidomeyousui1

水道道路沿いを歩いていきます。道沿いには、野火止用水が流れるよ。紅葉の景観も。maple

野火止用水路は、東京都小平市から野火止台地を経て新河岸川に至るまでの全長25kmに及びます。run

20131224_nobidomeyousui2

交通量がある道路だが、歩行者用の遊歩道が整備されているのがいいね。good

20131224_nobidomeyousui3

落ち葉が歩道に敷き詰められている。maple

20131224_nobidomeyousui4

西堀の史跡公園にて野火止用水が分岐します。左手が野火止用水本流、右手が平林寺堀となる。fish

20131224_nobidomeyousui5

史跡公園内、平林寺掘沿いは林の中、散策路になっている。spade

20131224_nobidomeyousui6

野火止用水本流沿いを歩いていきます。music

20131224_honda_ryokudou1

コースポイントtwo箇所目は、「本多緑道」です。西堀・新堀コミュニティセンターから25分。野火止用水路沿いは遊歩道になっていて、春になると桜が咲き誇り花見の名所になるそうだ。cherryblossom

20131224_honda_ryokudou2

野火止用水は「素掘り」のまま残されている。自然な景観なので散歩も楽しい。dog

20131224_yaki_dango

本多緑道沿いには、焼きだんご屋さんがありました。行列だなぁ...。1本100円。桜花見と団子は合うよね。riceball

20131224_ninjinbatake

新座と言えば「にんじん」。多分、にんじん畑だと思うけど...。cherry

20131224_rikujyou

コースポイントthree箇所目は、「総合運動公園」です。本多緑道から1分。陸上競技場では、大会?が開催されていた。近隣の学校の選手らが競い合います。run

駅ハイ参加おもてなしで、甘酒のふるまいがあったようだが、既に終了していた。bottle

20131224_hatake

本多の森のお花畑が広がります。春になると、黄色い菜の花が咲き誇るそうだ。banana

20131224_hatake2

お花畑の周囲には本多の森が広がります。木々はほぼ枝だけである冬の景観だな。snow

20131224_hondanomori1

葉はほぼ落ち枝だけの木々。冬が過ぎ暖かい春が訪れたら、新しい葉が付き始めるのだなぁ。maple

20131224_golf

総合運動公園には、マレットゴルフがあります。木槌を使った日本発祥の競技との事。golf

20131224_hondanomori2

真冬の中の良い天気。太陽まぶしいぞ。冬の広がる青い空も気持ちがいいものだ。sun

20131229_maku

おぉ、駅ハイ用の幕があり。新座市、すごいなぁ。sun

20131224_siseki

野火止用水史跡の碑が建てられていました。eyeglass

ちなみに、ここでの詳細記事は、「冬の本多緑道・本多の森を散策する2013。」へどうぞ。paper

20131224_suiro

野火止用水は、水路橋を渡ってこの先へ流れて行きます。ちなみに、この下は高速道路(関越自動車道)が通っています。car

20131225_heirinjibori5

ここからはコースを外れて立ち寄りポイントへ。aries

関越自動車道を橋で横切りました。scorpius

20131225_heirinjibori6

こちらは、野火止用水から分岐された平林寺堀です。平林寺掘は、陣屋通りを交差して平林寺境内へと注いでいます。fish

20131225_heirinjibori7

平林寺堀は散策路にもなっていて、特に紅葉の時期は紅く映える景観を彩るそうだ。既に冬に入った為、落ち葉となってしまったが、わずかに枯れかけが残っている。maple

20131225_heirinjibori3

紅葉落ち葉が水路に浮かぶ。なかなか、趣きあるね。pisces

20131225_heirinjibori2

この辺りは、平林寺西側の飛び地で、静かなところです。散歩したくなるでしょ。dog

ちなみに、ここでの詳細記事は、「冬の史跡平林寺堀散策2013。」へどうぞ。paper

20131226_soumon

さて、ここは、平林寺です。臨済宗妙心寺派の寺院で、山号は金鳳山。平林寺掘がむかう場所。ルートコースを外れて訪れたかった場所です。shoe

こちらは入口である総門。切妻造茅葺の四脚門である。拝観料500円支払い、中へ入りました。door

20131226_heirinji1

真っ直ぐ続く参道。冬の静けさの中、雰囲気があります。carouselpony

20131226_sanmon

立派な門ですね。こちらは、山門。入母屋造茅葺の楼門だ。building

20131226_butuden

こちらは、仏殿。単層入母屋造の茅葺で禅宗様式を踏襲している。confident

20131226_hondou_ent

こちらは、中門。この中に入ると、本堂・林泉境内となるが、一般参拝者は中に入る事はできない。libra

20131226_houseiike1

林の中に光が差し込む。shine

20131226_boti

こちらは、川越城主松平信綱公一族の墓所です。(現在、大河内家墓所)。埼玉県史跡となっている。三代将軍家光の老中を務めた松平信綱は、川越藩政においても武蔵野新田開発や野火用水開削など見るべきものがある。crown

20131226_zoukibayasi1

国の天然記念物に指定されている13万坪の広さを有する境内林。境内は雑木林が広がり、このような散策路がぐるりとあります。shoe

20131226_zoukibayasi2

冬の枝だけの木々も趣きがあり。新緑の時期や紅葉の時期は、色鮮やかに映える事でしょう。道幅もゆったりしていて、散策にとても気持ちが良い。1周ぐるりのコースだと、約2.3km(徒歩約60分)あります。とても広いよ。xmas

20131226_nobidomezuka

こちらは、野火止塚。「伊勢物語」や「廻国雑記」などにもとりあげられた。この塚は、野火の見張り台であったとする説が有力だそうです。fuji

20131226_hansoubou

こちらは、半僧坊。春にはしだれ桜が咲くそうです。cherryblossom

ちなみに、ここでの詳細記事は、「冬の平林寺を訪れた2013。」へどうぞ。paper

20131226_ryokudou2

コースポイントfour箇所目は、「野火止緑道」です。野火止用水は、承応四年(1655年)に、川越城主であった松平伊豆守信綱により、武蔵野開発の一環として野火止台地開発のために開削された用水路で、開拓農民が必要とする生活用水の確保を主目的としたものです。chick

冬に入ったが、赤く紅葉した葉がお出迎え。maple

20131226_hakucyou

現在は、歴史ある用水路を保存・残して行く為に整備され、きれいな水が流れるようになっている。pisces

おっ、白鳥さんがいるよ。chick

20131226_hakucyou2

水が綺麗だから、居心地良い?。羽をバタバタしています。airplane

20131226_ryokudou3

竹やぶもあって、冬だけど、緑色の景観もあるよ。club

20131226_ryokudou4

用水路沿い、光が入っていい感じ。flair

20131226_yacyounomori

ここは、野鳥の森。平林寺の雑木林付近である為、木々が多く広がっています。バードウォッチングができるよ。eye

20131226_mikanbatake

コースポイントfive箇所目は、「新座みかん園」です。みかんの出来はどうだったかな?。apple

駅ハイ参加おもてなしで、みかんの試食があったようだが、既に終了していた。apple

20131226_ryokudou5

赤い実がまだ結構付いているぞ。cherry

ちなみに、ここでの詳細記事は、「冬の野火止用水緑道を散策する2013。」へどうぞ。paper

20131226_nobidome_park

野火止公園を通り過ぎる。アスレチック遊具があって、子供たちが楽しめる。event

20131226_ryokudou6

この先は、国道254号線。この先は、野火止用水緑道橋があるので、安全に渡れるよ。car

20131229_rout254

歩道橋を渡ります。国道254号線・川越街道だ。car

20131229_hodoukyou

歩道橋の先は、なんかにぎやかな雰囲気だなぁ。note

20131229_goal_gate

なんと、ゴールはゲートがあるぞ。気合入ってるなぁ。motorsports

20131229_kan_batch

ゴール受付では、缶バッチが数種類あり。1個どれでも良いという事なので...。cancer

20131229_kan_batch2

ゲットした缶バッチは、キハE200系小海線でした。present

今回のウォーキングは、多摩都市モノレールも共催なので、スタンプ取得。さらに、西武鉄道も共催なので、西武沿線ポイント・30ポイントゲット。前回参加から6か月以上空いてしまったので、獲得していた累積ポイントはクリアされてしまった...。weep

20131229_stamp_rally

ウォーキングと共に、野火止用水満喫スタンプラリーも開催されました。コース途中3か所でスタンプを押印し、ここで抽選だったのだが、景品がもう無くなったという事で、アメ玉2個もらえました...。う~ん..。crying

20131216_gate

コースポイントsix箇所目は、「ふるさと新座館(イベント会場)」です。ここ、野火止ふるさと広場にて、野火止用水ご当地グルメ・ゆるキャラフェスティバルが開催されました。結構多くの人が訪れているんですね。dog

20131216_stage

ゆるキャラたちがステージに大集合。新座市のイメージキャクター「ゾウキリン」や周辺地域のご当地キャラが勢ぞろい。gemini

20131216_kaijyou

会場内は、いろいろなご当地グルメの販売がありました。行列もあったな。restaurant

20131216_ninjin_udon

新座のご当地グルメと言えば、にんじんうどん。新座市は埼玉県内第4位の出荷量を誇るニンジンが特産品。その人参をうどんに練りこんであるのだ。noodle

20131216_ninjin_udon2

じゃん、村上朝日製麺所のにんじんうどんです。麺がオレンジ色だよ。noodle

20131216_nobidome

酒のおぎはらでは、地酒の試飲がありました。その名も、「原酒野火止」。純米吟醸無濾過だよ。bottle

20131216_sigetugatu

さらに、新座市芋焼酎「指月喝」。地酒も焼酎も試飲頂きました。ぷはぁ~、美味しい。delicious

20131216_ice1

だちょう牧場並木屋の「だちょうのたまごアイス」。珍しいので買ってみた。上尾市にある榎本牧場の牛乳とだちょう牧場のだちょう卵を使って作ったアイス。dollar

20131216_tamago

ちなみに、これが、だちょうの卵。大きいよ。chick

20131216_ice2

アイスは味の違いはよくわからないが、ミルキーで美味しい。penguin

20131216_jazz

Jazzステージでは、ゾウキリンも登場したぞ。ご当地ソングを披露。note

20131216_jazz2

Forest JAM Niiza(フォレスト・ジャム・ニイザ)というメンバーの演奏。新座市内商工業者の有志団体なんだそうだ。notes

ジャズやベンチャーズの演奏があり、ちょいと聴き入っていました。karaoke

のんびり感・まったり感がいいのだ。でも、最近は各地とも予想以上の集客があって驚いています。bicycle

20131216_niizakan

会場は、ふるさと新座館前の広場。ちなみに、ふるさと新座館は地元特産品の販売もしていますよ。24hours

ちなみに、ここでの詳細記事は、「野火止用水ご当地グルメ・ゆるキャラフェスティバルを訪れた2013。」へどうぞ。paper

20131229_road1

新座駅周辺は大きなマンションが建ち並ぶなぁ。building

20131229_niiza_st

ゴール最寄り駅となる新座駅に到着しました。ふぅ~。清瀬駅をスタートしてから新座駅にゴールするまで3時間41分かかりました。ルート外れて平林寺に行ったし、ゴールのグルメイベントでゆっくりしたからなぁ。motorsports

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:17913歩 消費カロリー:928.4kcal 消費脂肪量:132.6g 歩行距離:13.79km 歩行時間:2時間38分 平均時速:5.23km/h エクササイズ量:9.6Exinfo02

20131229_musasino_line

帰りはJR武蔵野線を利用します。車両は209系500番台M72編成でした。bullettrain

今回の駅ハイ参加で、今シーズン(2013年度)参加回数は16回目、駅ハイポイントは2ポイント加算して、合計40ポイントになりました。dollar

今回は、埼玉県新座市の駅ハイウォーキング。ほぼ野火止用水沿いに歩くコースで、水路沿いの景観は散歩にとても良いね。最後のグルメ・ゆるキャライベントは良かったな。happy01

ちなみに、関連詳細記事は、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、新座市の駅ハイ過去参加記事は、以下のリンク先へどうぞ。paper

20131223_map

JR東日本・駅からハイキング No.03309 「【西武鉄道・多摩モノレール共同開催】見て!食べて!ふれあう!野火止用水満喫ウォーク」 2013年12月15日(日)実施 歩行時間:約2時間30分(見学時間等を除く) 歩行距離:約8.5kminfo02

清瀬駅→スタート:新座市立新堀小学校→①西堀・新堀コミュニティセンター→②本多緑道→③総合運動公園→④野火止緑道→⑤新座みかん園→⑥ゴール:ふるさと新座館(イベント会場)→新座駅info02

(各写真画像をClickすると4倍拡大表示します)search

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月28日 (土曜日)

冬の野火止用水緑道を散策する2013。

江戸時代開削した用水路沿いを散策します。aquarius

20131226_ryokudou4

さて、やってきたところは、埼玉県新座市にある野火止用水緑道です。野火止用水は、承応四年(1655年)に、川越城主であった松平伊豆守信綱により、武蔵野開発の一環として野火止台地開発のために開削された用水路で、開拓農民が必要とする生活用水の確保を主目的としたものです。chick

用水路は、東京都小平市から野火止台地を経て新河岸川に至るまでの全長25kmに及びます。今回は、新座市伊豆殿橋から野火止公園まで約1.3kmを用水路沿いに散策してみよう。run

20131226_ryokudou2

冬に入ったが、赤く紅葉した葉がお出迎え。maple

20131226_hakucyou

現在は、歴史ある用水路を保存・残して行く為に整備され、きれいな水が流れるようになっている。pisces

おっ、白鳥さんがいるよ。chick

20131226_hakucyou2

水が綺麗だから、居心地良い?。羽をバタバタしています。airplane

20131226_ryokudou3

竹やぶもあって、冬だけど、緑色の景観もあるよ。club

20131226_yacyounomori

ここは、野鳥の森。平林寺の雑木林付近である為、木々が多く広がっています。バードウォッチングができるよ。eye

20131226_mikanbatake

こちらは、みかん畑。出来はどうだったかな?。apple

20131226_ryokudou5

赤い実がまだ結構付いているぞ。cherry

20131226_nobidome_park

野火止公園を通り過ぎる。アスレチック遊具があって、子供たちが楽しめる。event

20131226_ryokudou6

この先は、国道254号線。歩道橋があるので、安全に渡れるよ。car

20131226_ryokudou1

という事で、野火止用水緑道を散策したレポでした~。happy01

「野火止用水」 玉川上水(小平監視所・東京都立川市)~新座市~新河岸川(埼玉県志木市)間 延長25kminfo02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月27日 (金曜日)

冬の平林寺を訪れた2013。

武蔵野の面影を残す天然記念物雑木林を散策。xmas

20131226_soumon

さて、やってきたところは、埼玉県新座市にある平林寺です。臨済宗妙心寺派の寺院で、山号は金鳳山。3年ぶり2度目の訪問だ。shoe

こちらは入口である総門です。切妻造茅葺の四脚門である。拝観料500円支払い、中へ入りました。door

20131226_heirinji1

真っ直ぐ続く参道。冬の静けさの中、雰囲気があります。carouselpony

20131226_sanmon

立派な門ですね。こちらは、山門。入母屋造茅葺の楼門だ。building

20131226_niouzou

山門の左右には「電力王」と称された松永耳庵寄進の金剛力士像を配している。leo

20131226_sazareisi

こちらは、さざれ石。島根県出雲仏教山産。国歌「君が代」の歌詞にあるね。小さな石が沢山寄り集まって大きな岩になった石です。bomb

20131226_butuden

こちらは、仏殿。単層入母屋造の茅葺で禅宗様式を踏襲している。confident

20131226_hondou_ent

こちらは、中門。この中に入ると、本堂・林泉境内となるが、一般参拝者は中に入る事はできない。libra

20131226_houseiike1

林の中に光が差し込む。shine

20131226_houseiike2

こちらは、放生池。mist

20131226_boti

こちらは、川越城主松平信綱公一族の墓所です。(現在、大河内家墓所)。埼玉県史跡となっている。三代将軍家光の老中を務めた松平信綱は、川越藩政においても武蔵野新田開発や野火用水開削など見るべきものがある。crown

20131226_zoukibayasi1

国の天然記念物に指定されている13万坪の広さを有する境内林。境内は雑木林が広がり、このような散策路がぐるりとあります。shoe

20131226_zoukibayasi2

冬の枝だけの木々も趣きがあり。新緑の時期や紅葉の時期は、色鮮やかに映える事でしょう。道幅もゆったりしていて、散策にとても気持ちが良い。1周ぐるりのコースだと、約2.3km(徒歩約60分)あります。とても広いよ。xmas

20131226_nobidomezuka

こちらは、野火止塚。「伊勢物語」や「廻国雑記」などにもとりあげられた。この塚は、野火の見張り台であったとする説が有力だそうです。fuji

20131226_momiji1

黄色がかった紅葉があったのでパチリ。camera

20131226_koya

茅葺の小屋があるぞ。house

20131226_hansoubou

こちらは、半僧坊。春にはしだれ桜が咲くそうです。cherryblossom

20131226_map

境内地図です。境内のほとんどが雑木林が広がる。とても広いお寺だな。ship

20131226_panf

静かな景観の中、のんびり林散策はいかがですか?。bicycle

という事で、平林寺を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問記事は、以下のリンク先へどうぞ。paper

「平林寺」 〒352-0011 埼玉県新座市野火止3-1-1 TEL:048-477-1242 拝観時間:9時~16時30分(入場は16時まで) 拝観料:500円 新座駅から徒歩約30分 西武バス志木駅南口、朝霞台駅、新座駅南口、東久留米駅東口より平林寺バス停下車すぐinfo02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月26日 (木曜日)

冬の史跡平林寺堀散策2013。

水路沿いの散策路として整備されています。bicycle

20131225_heirinjibori6

さて、やってきたところは、埼玉県新座市にある史跡・平林寺堀です。平林寺掘は、西堀の史跡公園で野火止用水本流から分かれ、関越自動車道をまたぎ、陣屋通りを交差して平林寺境内へと注いでいます。fish

20131225_heirinjibori7

平林寺堀は散策路にもなっていて、特に紅葉の時期は紅く映える景観を彩るそうだ。既に冬に入った為、落ち葉となってしまったが、わずかに枯れかけが残っている。maple

20131225_heirinjibori4

紅葉トンネルの中散策すると良さげだね。maple

20131225_heirinjibori3

紅葉落ち葉が水路に浮かぶ。なかなか、趣きあるね。pisces

20131225_heirinjibori2

この辺りは、平林寺西側の飛び地で、静かなところです。散歩したくなるでしょ。dog

20131224_nobidomeyousui4

少し場所が離れて...。西堀の史跡公園にて野火止用水が分岐します。左手が野火止用水本流、右手が平林寺堀となる。fish

20131225_heirinjibori5

この平林寺掘、先は関越自動車道があるが、橋に沿って水路も流れるようになっている。scorpius

20131225_heirinjibori1

という事で、冬の平林寺堀を散策したレポでした~。happy01

「史跡 平林寺堀」 埼玉県新座市野火止2丁目付近 野火止用水西堀~平林寺間info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月25日 (水曜日)

冬の本多緑道・本多の森を散策する2013。

水路沿いの散歩道。fish

20131224_honda_ryokudou1

さて、やってきたところは、埼玉県新座市にある本多緑道です。野火止用水路沿いは遊歩道になっていて、春になると桜が咲き誇り花見の名所になるそうだ。cherryblossom

20131224_honda_ryokudou2

野火止用水は「素掘り」のまま残されている。自然な景観なので散歩も楽しい。dog

20131224_hatake

本多緑道に隣接する総合運動公園に立ち寄った。本多の森のお花畑が広がります。春になると、黄色い菜の花が咲き誇ります。banana

20131224_rikujyou

陸上競技場では、大会?が開催されていた。近隣の学校の選手らが競い合います。run

20131224_hatake2

お花畑の周囲には本多の森が広がります。木々はほぼ枝だけである冬の景観だな。snow

20131224_hondanomori1

葉はほぼ落ち枝だけの木々。冬が過ぎ暖かい春が訪れたら、新しい葉が付き始めるのだなぁ。maple

20131224_golf

総合運動公園には、マレットゴルフがあります。木槌を使った日本発祥の競技との事。golf

20131224_yaki_dango

本多緑道沿いには、焼きだんご屋さんがありました。行列だなぁ...。1本100円。桜花見と団子は合うよね。riceball

20131224_ninjinbatake

新座と言えば「にんじん」。多分、にんじん畑だと思うけど...。cherry

20131224_siseki

野火止用水史跡の碑が建てられていました。eyeglass

20131224_suiro

野火止用水は、水路橋を渡ってこの先へ流れて行きます。ちなみに、この下は高速道路(関越自動車道)が通っています。car

20131224_hondanomori2

真冬の中の良い天気。太陽まぶしいぞ。冬の広がる青い空も気持ちがいいものだ。sun

という事で、本多緑道・本多の森を散策したレポでした~。happy01

「本多緑道」(ほんだりょくどう) 埼玉県新座市本多付近 本多の森は総合運動公園内info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月24日 (火曜日)

駅からハイキング「家族で楽しもう 晩秋の明治神宮外苑周辺散策」に参加してきた(2013.11.30)。

消防博物館・聖徳記念絵画館とスポーツ施設群。展示品、所蔵品で見る歴史と文化、いちょう並木の美しさ。maple

20131224_chuou_line1

さて、JR中央・総武緩行線に乗ってやってきたところは、信濃町駅です。週末恒例の駅ハイに参加だ。今回は、2013年11月30日(土)開催、駅からハイキング「家族で楽しもう 晩秋の明治神宮外苑周辺散策」です。train

都区内で開催の駅ハイは、約1年ぶりの参加になる。久しぶりだなぁ~。fastfood

20131224_uketuke

改札口を出て、券売所付近にてまず受付を済ませた。pass

20131224_panfu

受付時に、国立競技場がメインスタジアムとなる「ラグビーワールドカップ2019」ステッカーやパンフレット等が貰えた。present

20131224_sinanomati_st1

重要文化財に指定された重厚な建造物「聖徳記念絵画館」と展示でたどる江戸・明治の歴史。明治神宮野球場の外野グラウンドで、東京ヤクルトスワローズマスコット「つば九郎」「つばみ」と記念撮影はいかが。memo

今回は、約10kmのウォーキングコース。頑張って歩きましょう。信濃町駅を出発です。run

20131224_road01

まずは、外苑東通りを四谷三丁目方面へ歩いていきます。diamond

20131218_hakubutukan

コースポイントone箇所目は、「民音音楽博物館」です。信濃町駅から5分。民音音楽博物館は、西洋の音楽芸術を中心とした音楽専門博物館との事。入館無料という事なので、ちょいと入ってみた。chick

20131218_panfu_ura

まずは、古典ピアノ室に入りました。ここには、1793年にイタリア・ローマで制作された古典ピアノをはじめ、数々の歴史的ピアノを展示されています。event

モーツァルトが愛用したものと同型の“アントン・ワルター”をはじめ、16世紀~20世紀に亘るチェンバロ、古典ピアノ等を展示。トルストイも鑑賞したことがあるという自動再演ピアノでは、1000本以上のロールの中からクラシックの名曲を聴けるようです。slate

古典ピアノ演奏会が行われました。演奏時間は約20分程。いろんな古典ピアノによる生演奏に聴き入りました~。それぞれ個性的な音色で、違いを楽しめたよ。confident

オルゴール展示室でも約10分程実演があって、楽器展示室では楽器を手に触れられるものもあり、なかなか楽しめる。ガイドの方がいて、いろいろと丁寧に説明してくれますよ。notes

20131218_panfu

館内は写真撮影等は不可だが、1階エントランス付近での記念撮影であればOKらしいです。地階には、音楽ライブラリーやミュージアム・ホールがあります。wheelchair

ちなみに、ここでの詳細記事は、「民音音楽博物館にて古典ピアノを聴き入る2013。」へどうぞ。paper

20131224_road02

左門町交差点から、細い路地に入っていきます。snail

20131219_oiwainari

コースポイントtwo箇所目は、「於岩稲荷 陽運寺」です。民音音楽博物館から5分。こちらは、於岩稲荷田宮神社です。貧しかったお岩夫婦が篤い信仰心のおかげで裕福になったため、近隣の人々も夫婦の屋敷でもある田宮家の邸内にあった社を「於岩稲荷」として信仰するようになった。cancer

東海道四谷怪談のお岩は、大患いして頗る醜女となったので、夫が不義をしたうえにお岩を毒殺した為、その亡霊に報復されるというお話。夏の夜こわ~い話として、今も語り継がれている。book

四谷怪談は信仰者として名高かった「お岩」の名前だけを用いたもの。物語・フィクションですから...。実在の人物から200年後の作品で、お岩夫婦も怪談話とは大きく異なり円満でした。お岩さんは、家庭をとても大事にした貞淑な妻だったとも伝えられています。heart04

稲荷社は明治12年(1879年)に火事で焼失し、中央区新川に移転しました。戦後、昭和27年(1952年)に再びこの地に再建し現在に至っています。leo

20131219_youunji_hondou

於岩稲荷田宮神社とは道路を挟んで向かいにあるのが、陽運寺です。ここにも、お岩さんが祀られています。こちらは、綺麗なお寺ですな。陽運寺は、縁切り・縁結びに御利益があるとの事。さらに、芸能上達もあるようで...。carouselpony

20131219_ido

境内には、お岩さま縁の井戸があります。お清めの井戸はお岩さまも使っていたと伝わる。ある意味パワースポット?。impact

20131219_road1

住宅街の中、細い通り沿いにあります。右手に陽運寺があり、少し先の左手に於岩稲荷田宮神社があります。bicycle

ちなみに、ここでの詳細記事は、「四谷怪談のお岩さんを祀る於岩稲荷田宮神社と陽運寺を訪れた2013。」へどうぞ。paper

20131224_kaigyoujinosaka

再び、細い道を歩いていきます。戒行寺坂を下りていきます。別名「油揚坂」ともいわれ、それは昔途中に豆腐屋があって、質のよい油揚げをつくっていたからこう呼ばれたという。通りには、源清麿の墓など史跡が多い。riceball

20131224_road03

大通り国道20号線に出てきました。半蔵門から新宿方面へ向かう新宿通り。car

20131220_syoubousyo

コースポイントthree箇所目は、「消防博物館」です。於岩稲荷・陽運寺から19分。四谷消防署と併設されていて、場所は四谷三丁目交差点角地で、地下鉄四谷三丁目駅2番出口にも直結している。subway

20131220_time

入口では、時報と共にからくり時計が動きます。notes

消防博物館は、消防の歴史と活動に関する資料を展示している博物館だ。入館無料。では、中へ入ってみよう。door

20131220_hericopter4

1階エントランスには、東京消防庁に初めて導入された消防ヘリコプター「ちどり」が展示されています。シュド・アピエーション社製アルウェットⅢ型。昭和42年から57年まで活躍した。airplane

20131220_ponpusya

地下1階は、「消防自動車の変遷」ゾーン。左がスタッツ消防ポンプ自動車、右がマキシム消防ポンプ自動車。大正6年、東京に初めて消防ポンプ自動車が導入され、それ以来、年々進歩を遂げています。

20131220_hericopter1

5階の屋上には、消防ヘリコプター「かもめ」が展示されています。このヘリコプターには、操縦席に乗る事ができるよ。penguin

20131220_hericopter3

ちょいと狭いが、よいこらしょっと中に入ってみた。操縦機器も残されているよ。ヘリコプターって、すぐ下も見れるのだな。う~ん、こわいな...。weep

20131220_tenbou1

10階展望休憩室に来ました。西方向、新宿通り新宿方面の眺め。高さあるので、写真撮りながら体ブルブル...。camera

20131220_panfu2

アンケートを記入し、受付に提出すると、もれなく、オリジナルクリアファイルが貰えます。memo

ちなみに、ここでの詳細記事は、「消防博物館にて見学してきた2013。」へどうぞ。paper

20131224_road04

四谷4丁目交差点を渡ります。斜め右前方向の道を歩いていく。spade

20131221_sinjyuku_gyoen

新宿御苑の入口(大木戸門)です。新宿御苑、まだ中に入った事は無いんだよなぁ。機会を作って訪れてみたいものである。club

20131221_sanpomiti1

コースポイントfour箇所目は、「玉川上水・四谷大木戸跡」です。消防博物館から9分。ここは、玉川上水・内藤新宿分水散歩道です。新宿御苑内に整備された遊歩道で延長540mである。「旧新宿門」・「大銀杏」・「大木戸」の3区間から成る。shoe

遊歩道沿いに流れる水源には、国道20号新宿御苑トンネル内の共同溝に湧出した地下水を利用している。水路底には、粘土を使用し、自然な流れを再現しているのだ。aquarius

20131221_sanpomiti2

玉川上水は、多摩川の羽村堰(東京都羽村市)で取水し四谷大木戸までは開渠で、四谷大木戸から江戸市中へは石樋・水樋といった水道管を地下に埋設して通水した。羽村から四谷大木戸までの約43km、全て掘って作られたとの事。すごいな。scissors

歩道沿いには、武蔵野の雑木林で生育する草本類を中心に植栽されています。club

20131221_isibuminoki

こちらは、玉川上水開削の由来を記した記念碑「水道碑記」(すいどうのいしぶみのき)です。高さ4.6m、幅2.3mある。四谷区民センター付近に建つ。この付近に玉川上水の水を管理した水番所が存在していました。building

「四谷大木戸」は甲州街道を通って江戸に出入りする通行人や荷物を取り締まるための関所で、現在はこの付近に石碑がたつ。cancer

ちなみに、ここでの詳細記事は、「玉川上水・内藤新宿分水散歩道を少しだけ歩く2013。」へどうぞ。paper

20131222_tounomine2

コースポイントfive箇所目は、「多武峯内藤神社」です。とうのみねないとうじんじゃと読む。四谷大木戸跡から6分。徳川家康の家臣である内藤清成が、屋敷内(現在の新宿御苑)に家祖である藤原鎌足公を祀り、神社を創建。その後、明治19年(1886年)に現在地へ移転した。gasstation

20131222_syunmezuka

境内には土地の由来である「駿馬塚」(しゅんめづか)の碑が立つ。内藤清成の駿馬の伝説にかかわる石碑である。徳川家康は江戸入府後、家臣の内藤清成を呼び、現在の新宿御苑一帯を示し、「馬でひと息に回れるだけの土地を与える」と語ったという。leo

清成の乗った駿馬は、南は千駄ヶ谷、北は大久保、西は代々木、東は四谷を走り、疲れ果て死んでしまったので、大樫の下に埋められたと伝えられる。horse

20131222_syunmeden

そうして、周囲一帯は内藤清成が徳川家康から拝領した土地となった。駿馬殿がありますね。crown

ちなみに、ここでの詳細記事は、「多武峯内藤神社を立ち寄った2013。」へどうぞ。paper

20131224_sports_musium

コースポイントsix箇所目は、「秩父宮記念スポーツ博物館」です。多武峯内藤神社から8分。国立競技場内にある施設。日本の古いスポーツから現在までのスポーツの歴史を見学できる。現在、国立競技場の55年間を振り返る特別展「SAYONARA国立競技場」を開催している。入館料は300円。run

20131204_kyujyou2

コースポイントseven箇所目は、「明治神宮野球場」です。甲子園球場竣工後、東京での六大学野球連盟結成の動きなどに応じ、大正15年に竣工。東京六大学・東都大学野球リーグ戦やプロ野球東京ヤクルトスワローズ戦などが行われている。baseball

20131204_uketuke

なんと、駅ハイ参加特典でグラウンドに立ち入る事ができるのだぁ。早速行ってみよう。train

20131204_tuuro

三塁側入口から入って、直接進んでいくと、もうグラウンドだ。door

20131204_ground1

参加者専用の開放の為、グラウンド内人がとても少なく...。なんか、贅沢なグラウンド開放だなぁ。ring

20131204_kyujyou3

ピッチャーマウンド付近からバックスクリーンを眺める♪。golf

20131204_tubami

おっ、リボンが付いているこの後ろ姿は...。ribbon

20131204_tubami2

スワローズのマスコットキャラクター「つばみ」で~す。決めポーズ、して頂けました。chick

20131204_tubami3

つばみちゃん、訪れた人たちと記念写真撮影にも対応していました。camera

時間指定で「つば九郎」や「つばみ」が登場して、いろいろとポーズしてくれました。cancer

20131204_ground2

人工芝グラウンドに来たならば、やっぱり座りましょう。足のびのび~~。芝生の触り心地もいい感じ。寝っ転がってもいいかも。shoe

20131204_benti2

選手や監督らがいるダグアウト。ちょっと入ってみよう。door

20131204_benti

ベンチに座って、選手気分♪。chair

20131204_ground3

ピッチャーマウンドやベース塁上は、シートが敷かれていました。マウンドからホームベースへイメージで投げてみた。えいっ。basketball

贅沢なグラウンド開放。駅ハイ参加者だけの企画という貴重な体験ができました。cat

20131204_kyujyou

神宮球場はオフシーズンの時期に、耐震補強工事が行われています。danger

ちなみに、ここでの詳細記事は、「明治神宮野球場でグラウンド開放、つばみ出没2013。」へどうぞ。paper

20131224_rugby

コースポイントeight箇所目は、「秩父宮ラグビー場」です。明治神宮野球場から2分。昭和22年に完成した、日本の中心的ラグビー場。東大阪市の近鉄花園ラグビー場とともに、「西の花園、東の秩父宮」と並び称される。basketball

この日は、試合が開催されたようです。tennis

20131224_aoyama_boti

都立青山霊園(青山墓地)を通り過ぎる。広い霊園だね。think

20131224_road05

車はトンネルに入るが、歩道は橋になっている。fish

20131224_road06

乃木坂経由で六本木へ。六本木は華やかだねぇ。snow

20131223_midtown1

コースポイントnine箇所目は、「東京ミッドタウン」です。秩父宮ラグビー場から25分。2007年に開業した東京ミッドタウン。ホテルや「サントリー美術館」などの文化施設、商業店舗、オフィス、住居、病院、公園などが集約された複合施設。周囲には檜町公園など、広い緑地が広がっている。building

建物の中のショップなども多くの人が訪れているね。外国人も多いなぁ。gemini

20131224_syasin

富士フィルムの写真歴史博物館がありました。なかなか興味深い博物館だったよ。入場無料。camera

20131223_ike3

区立檜町公園にやってきたです。東京ミッドタウン内東側に位置する公園だ。高層ビルが建て並ぶ六本木に癒しの空間があるんだな。clover

20131223_park2

水の流れもあって、見事な造りである。aquarius

その昔、檜が多いことから「檜屋敷」と異名をとった萩藩・毛利家の麻布下屋敷の庭園跡です。house

20131223_park3

ほとんど落ち葉となり枝だけになっていたが、ところどころ紅葉が残っていました。maple

20131223_park4

その広大な庭は「清水亭」と呼ばれ、江戸の町並みを一望できる名園として名を馳せました。奥にある建物に行ってみよう!。penguin

20131223_room

建物内は休憩所でしょうか。座って池を眺めることができるようになっている。japanesetea

20131223_ike1

そんな由緒正しい名園の緑は、公園となった今も、昔と変わらぬ「日本の美」を彩っていますな。xmas

20131223_ike2

池の水が透明なんだよね。池に映る大きなビルが...。event

20131223_tower1

そう、東京ミッドタウンのミッドタウン・タワー。高さは248.1mで都内では最高層だ。(国内第4位)。building

20131223_park1

大きなビルの前に、子供が遊べる遊具もあって、都心とは思える空間だな。event

檜町公園に隣接して、ミッドタウン・ガーデンがあります。現在は、ミッドタウン・クリスマスのイルミネーションが幻想的な夜を演出。芝生広場には約28万個のLEDが彩るようですね。すごいんだろうなぁ。shine

ちなみに、ここでの詳細記事は、「和風庭園広がる檜町公園を訪れた2013。」へどうぞ。paper

20131224_nogijinjya

途中、乃木神社に立ち寄った。乃木希典将軍と乃木静子夫人を祀る。 乃木夫妻が明治天皇大葬の日に、自刃した邸宅の隣地である。bud

20131203_icyou3

コースポイントonezero箇所目は、「明治神宮外苑いちょう並木」です。青山通りから聖徳記念絵画館に向かって続く約300mのいちょう並木は必見だ。cancer

20131203_icyou1

銀杏並木には、多くの人が訪れています。とても大混雑だ。黄色のいちょうのトンネルは、ちょっと幻想的。run

20131203_icyou5

通り沿いには、計146本のいちょうが植えられているそうだ。penguin

20131203_icyou4

黄色い葉が落ち葉となり、路面も黄色だ。maple

20131203_icyou6

少し落ち葉が多くなったかな。でも、あともう少し見頃が続くそうです。沿道にも写真撮影する人が多いですな。camera

20131203_icyou2

噴水に反射したいちょうもいい感じ。黄色い木々が、なんか暖かい感じがしていいね!。spa

20131203_roten1

噴水公園周辺では、第17回神宮外苑いちょう祭りが開催中でした。バラエティー豊かな模擬店や全国各地の特産品を揃え、これまた多くの人があふれています。gemini

20131203_korokke

どのブースも行列で混んでいたので、さくっとコロッケを。これは、チーズフォンデュコロッケ。美味しいね。pig

20131203_car1

コースポイントoneone箇所目は、「聖徳記念絵画館」です。岡山県万成産花崗岩、国産大理石などを使用し、大正15年竣工。明治維新を中心とした歴史的光景を描いた80枚の壁画が素晴らしい。art

聖徳記念絵画館前では、トヨタ博物館クラシックカーフェスタin神宮外苑が開催されていました。懐かしくもかっこいい車が勢揃いだ。car

20131203_car2

かっこいいねぇ。クラシックカーたちが周辺道路の走行パレードもあったようで...。bicycle

ちなみに、ここでの詳細記事は、「神宮外苑の銀杏並木を訪れた2013。」へどうぞ。paper

20131224_sinanomati_st2

ゴールの信濃町駅に戻ってきました。スタートしてからゴールまで5時間28分かかりました。いろいろと時間費やしたからなぁ。ちなみに、ゴール受付が15時までだったので、途中ルートを外れてゴール済ませておきました。motorsports

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:26381歩 消費カロリー:1189.9kcal 消費脂肪量:169.9g 歩行距離:19.00km 歩行時間:3時間56分 平均時速:4.62km/h エクササイズ量:13.5Exinfo02

20131224_kanbatch

恒例の缶バッチは、リゾートうみねこでした。present

20131224_tokuten

信濃町駅にあるアトレヴィ信濃町では、駅ハイ参加特典でサービスが受けられる。その中の1つ、千疋屋総本店で食事しようかと思ったけど、満席で待ち行列。う~ん断念...。weep

20131224_chuou_line2

帰りも中央・総武緩行線を利用。bullettrain

今回の駅ハイ参加で、今シーズン(2013年度)参加回数は15回目、駅ハイポイントは2ポイント加算して、合計38ポイントになりました。dollar

今回は四谷界隈の博物館やお岩さんを巡り、神宮球場のグラウンドに入れたし、クライマックス神宮外苑のいちょう並木を散策し、都心だけど自然も多いんだよね。maple

なかなか良いコースでした。立ち寄りスポットが多いので、時間長めに必要だな。happy01

ちなみに、関連詳細記事は、以下のリンク先へどうぞ。paper

20131224_map

JR東日本・駅からハイキング No.01303 「家族で楽しもう 晩秋の明治神宮外苑周辺散策」 2013年11月30日(土)実施 歩行時間:約2時間30分(見学時間等を除く) 歩行距離:約10kminfo02

スタート:信濃町駅→①民音音楽博物館→②於岩稲荷 陽運寺→③消防博物館→④玉川上水・四谷大木戸跡→⑤多武峯内藤神社→⑥秩父宮記念スポーツ博物館→⑦明治神宮野球場→⑧秩父宮ラグビー場→⑨東京ミッドタウン→⑩明治神宮外苑いちょう並木→⑪聖徳記念絵画館→ゴール:信濃町駅info02

(各写真画像をClickすると4倍拡大表示します)search

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月23日 (月曜日)

和風庭園広がる檜町公園を訪れた2013。

東京ミッドタウン内にあるグリーン&パーク。六本木に和風庭園が!。japanesetea

20131223_ike3

さて、やってきたところは、東京都港区にある区立檜町公園です。(ひのきちょうこうえん)。東京ミッドタウン内東側に位置する公園だ。高層ビルが建て並ぶ六本木に癒しの空間があるんだな。clover

20131223_park2

水の流れもあって、見事な造りである。aquarius

その昔、檜が多いことから「檜屋敷」と異名をとった萩藩・毛利家の麻布下屋敷の庭園跡です。house

20131223_park3

ほとんど落ち葉となり枝だけになっていたが、ところどころ紅葉が残っていました。maple

20131223_park4

その広大な庭は「清水亭」と呼ばれ、江戸の町並みを一望できる名園として名を馳せました。leo

奥にある建物に行ってみよう!。penguin

20131223_room

建物内は休憩所でしょうか。座って池を眺めることができるようになっている。japanesetea

20131223_ike1

そんな由緒正しい名園の緑は、公園となった今も、昔と変わらぬ「日本の美」を彩っていますな。xmas

20131223_ike2

池の水が透明なんだよね。池に映る大きなビルが...。event

20131223_tower1

そう、東京ミッドタウンのミッドタウン・タワー。高さは248.1mで都内では最高層だ。(国内第4位)。building

20131223_park1

大きなビルの前に、子供が遊べる遊具もあって、都心とは思える空間だな。event

檜町公園に隣接して、ミッドタウン・ガーデンがあります。現在は、ミッドタウン・クリスマスのイルミネーションが幻想的な夜を演出。芝生広場には約28万個のLEDが彩るようですね。すごいんだろうなぁ。shine

20131223_midtown1

2007年に開業した東京ミッドタウン。建物の中のショップなども多くの人が訪れているね。外国人も多いなぁ。gemini

という事で、檜町公園を散策したレポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その時の参加記事は、「駅からハイキング「家族で楽しもう 晩秋の明治神宮外苑周辺散策」に参加してきた(2013.11.30)。」へどうぞ。paper

「港区立檜町公園」(ひのきちょうこうえん) 〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-9 (東京ミッドタウン隣) 六本木駅より徒歩約3分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月22日 (日曜日)

多武峯内藤神社を立ち寄った2013。

駿馬伝説がある神社です。dash

20131222_tounomine2

さて、やってきたところは、東京都新宿区にある多武峯内藤神社です。とうのみねないとうじんじゃと読む。徳川家康の家臣である内藤清成が、屋敷内(現在の新宿御苑)に家祖である藤原鎌足公を祀り、神社を創建。その後、明治19年(1886年)に現在地へ移転した。gasstation

20131222_syunmezuka

境内には土地の由来である「駿馬塚」(しゅんめづか)の碑が立つ。内藤清成の駿馬の伝説にかかわる石碑である。徳川家康は江戸入府後、家臣の内藤清成を呼び、現在の新宿御苑一帯を示し、「馬でひと息に回れるだけの土地を与える」と語ったという。leo

清成の乗った駿馬は、南は千駄ヶ谷、北は大久保、西は代々木、東は四谷を走り、疲れ果て死んでしまったので、大樫の下に埋められたと伝えられる。horse

20131222_syunmeden

そうして、周囲一帯は内藤清成が徳川家康から拝領した土地となった。駿馬殿がありますね。crown

20131222_tounomine4

こちらは、多武峯内藤神社の拝殿。confident

20131222_tounomine3

八幡大菩薩、稲荷大明神も祀られています。clock

20131222_tounomine1

外苑西通りを1本外れた住宅街の中にある。神社はこの先を右に曲がると神社となるが、もしかしたら迷うかもね。pig

20131222_tounomine5

という事で、多武峯内藤神社を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その時の参加記事は、「駅からハイキング「家族で楽しもう 晩秋の明治神宮外苑周辺散策」に参加してきた(2013.11.30)。」へどうぞ。paper

「多武峯内藤神社」(とうのみねないとうじんじゃ) 東京都新宿区内藤町1info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月21日 (土曜日)

玉川上水・内藤新宿分水散歩道を少しだけ歩く2013。

玉川上水の下流・終着場所「四谷大木戸水屋番所」付近です。motorsports

20131221_sanpomiti1

さて、やってきたところは、東京都新宿区にある玉川上水・内藤新宿分水散歩道です。新宿御苑内に整備された遊歩道で延長540mである。「旧新宿門」・「大銀杏」・「大木戸」の3区間から成る。shoe

遊歩道沿いに流れる水源には、国道20号新宿御苑トンネル内の共同溝に湧出した地下水を利用している。水路底には、粘土を使用し、自然な流れを再現しているのだ。aquarius

20131221_sanpomiti2

玉川上水は、多摩川の羽村堰(東京都羽村市)で取水し四谷大木戸までは開渠で、四谷大木戸から江戸市中へは石樋・水樋といった水道管を地下に埋設して通水した。danger

羽村から四谷大木戸までの約43km、全て掘って作られたとの事。すごいな。scissors

20131221_sanpomiti3

そんな歴史がある玉川上水沿いに、この遊歩道が整備されたのだ。確かに、散歩にはいいね。run

歩道沿いには、武蔵野の雑木林で生育する草本類を中心に植栽されています。club

20131221_isibuminoki

こちらは、玉川上水開削の由来を記した記念碑「水道碑記」(すいどうのいしぶみのき)です。高さ4.6m、幅2.3mある。四谷区民センター付近に建つ。この付近に玉川上水の水を管理した水番所が存在していました。building

「四谷大木戸」は甲州街道を通って江戸に出入りする通行人や荷物を取り締まるための関所で、現在はこの付近に石碑がたつ。cancer

20131221_sinjyuku_gyoen

こちらは、新宿御苑の入口(大木戸門)です。新宿御苑、まだ中に入った事は無いんだよなぁ。機会を作って訪れてみたいものである。club

という事で、ほんの少しだけ玉川上水・内藤新宿分水散歩道を歩いたレポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その時の参加記事は、「駅からハイキング「家族で楽しもう 晩秋の明治神宮外苑周辺散策」に参加してきた(2013.11.30)。」へどうぞ。paper

「玉川上水・内藤新宿分水散歩道」(大木戸区間) 東京都新宿区内藤町付近 延長約540minfo02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月20日 (金曜日)

消防博物館にて見学してきた2013。

活躍された消防車両等の展示があるよ。sagittarius

20131220_syoubousyo

さて、やってきたところは、東京都新宿区にある消防博物館です。四谷消防署と併設されていて、場所は四谷三丁目交差点角地で、地下鉄四谷三丁目駅2番出口にも直結している。subway

消防博物館は、消防の歴史と活動に関する資料を展示している博物館だ。入館無料。では、中へ入ってみよう。door

20131220_hericopter4

1階エントランスには、東京消防庁に初めて導入された消防ヘリコプター「ちどり」が展示されています。シュド・アピエーション社製アルウェットⅢ型。昭和42年から57年まで活躍した。airplane

20131220_ponpusya

地下1階は、「消防自動車の変遷」ゾーン。左がスタッツ消防ポンプ自動車、右がマキシム消防ポンプ自動車。fastfood

大正6年、東京に初めて消防ポンプ自動車が導入され、それ以来、年々進歩を遂げています。

20131220_tenji

4階は、「消防の変遷」ゾーン。二輪消防車(通称「赤バイ」)が展示されています。aquarius

20131220_hericopter1

5階の屋上には、消防ヘリコプター「かもめ」が展示されています。このヘリコプターには、操縦席に乗る事ができるよ。penguin

20131220_hericopter2

ちょいと狭いが、よいこらしょっと中に入ってみた。操縦機器も残されているよ。game

20131220_hericopter3

ヘリコプターって、すぐ下も見れるのだな。う~ん、こわいな...。weep

20131220_tenbou2

10階展望休憩室に来ました。東方向、新宿通り四谷・半蔵門方面。car

20131220_tenbou1

西方向、新宿通り新宿方面。高さあるので、写真撮りながら体ブルブル...。camera

20131220_time

入口では、時報と共にからくり時計が動きます。notes

20131220_panfu1

基本は子供~小学生向けの社会科見学としてGoodと思うが、展示資料等は大人でも勉強になると思うよ。school

20131220_panfu2

アンケートを記入し、受付に提出すると、もれなく、オリジナルクリアファイルが貰えます。memo

という事で、消防博物館を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問記事は、「消防博物館に行ってみた2009。」へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その時の参加記事は、「駅からハイキング「家族で楽しもう 晩秋の明治神宮外苑周辺散策」に参加してきた(2013.11.30)。」へどうぞ。paper

「消防博物館」(東京消防庁 消防防災資料センター) 〒160-0004 東京都新宿区四谷3-10 (四谷消防署に併設) TEL:03-3353-9119 開館時間:9時30分~17時 休館日:月曜(祝日時はその翌日)・年末年始 入館料:無料 交通:東京メトロ四谷三丁目駅2番出口直結info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月19日 (木曜日)

四谷怪談のお岩さんを祀る於岩稲荷田宮神社と陽運寺を訪れた2013。

四谷怪談で名高いお岩さまを祀る神社を訪れた。shadow

20131219_oiwainari

さて、やってきたところは、東京都新宿区にある於岩稲荷田宮神社です。貧しかったお岩夫婦が篤い信仰心のおかげで裕福になったため、近隣の人々も夫婦の屋敷でもある田宮家の邸内にあった社を「於岩稲荷」として信仰するようになった。cancer

20131219_setumei

東海道四谷怪談のお岩は、大患いして頗る醜女となったので、夫が不義をしたうえにお岩を毒殺した為、その亡霊に報復されるというお話。夏の夜こわ~い話として、今も語り継がれている。book

四谷怪談は信仰者として名高かった「お岩」の名前だけを用いたもの。物語・フィクションですから...。実在の人物から200年後の作品で、お岩夫婦も怪談話とは大きく異なり円満でした。お岩さんは、家庭をとても大事にした貞淑な妻だったとも伝えられています。heart04

稲荷社は明治12年(1879年)に火事で焼失し、中央区新川に移転しました。戦後、昭和27年(1952年)に再びこの地に再建し現在に至っています。leo

20131219_youunji_hondou

於岩稲荷田宮神社とは道路を挟んで向かいにあるのが、陽運寺です。ここにも、お岩さんが祀られています。こちらは、綺麗なお寺ですな。crown

陽運寺は、縁切り・縁結びに御利益があるとの事。さらに、芸能上達もあるようで...。carouselpony

20131219_ido

境内には、お岩さま縁の井戸があります。お清めの井戸はお岩さまも使っていたと伝わる。ある意味パワースポット?。impact

20131219_momiji

ちょうど、紅葉の色合いがいい感じだ。maple

20131219_road1

住宅街の中、細い通り沿いにあります。右手に陽運寺があり、少し先の左手に於岩稲荷田宮神社があります。bicycle

という事で、於岩稲荷田宮神社と陽運寺を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その時の参加記事は、「駅からハイキング「家族で楽しもう 晩秋の明治神宮外苑周辺散策」に参加してきた(2013.11.30)。」へどうぞ。paper

「於岩稲荷田宮神社」 〒160-0017 東京都新宿区左門町17 東京メトロ丸ノ内線四谷三丁目駅から徒歩約4分 JR中央・総武線信濃町駅から徒歩約8分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月18日 (水曜日)

民音音楽博物館にて古典ピアノを聴き入る2013。

古典ピアノの生演奏を聴く事ができますよ。note

20131218_hakubutukan

さて、やってきたところは、東京都新宿区にある民音音楽博物館です。民音音楽博物館は、西洋の音楽芸術を中心とした音楽専門博物館との事。libra

入館無料という事なので、ちょいと入ってみた。chick

20131218_panfu_ura

まずは、古典ピアノ室に入りました。ここには、1793年にイタリア・ローマで制作された古典ピアノをはじめ、数々の歴史的ピアノを展示されています。event

モーツァルトが愛用したものと同型の“アントン・ワルター”をはじめ、16世紀~20世紀に亘るチェンバロ、古典ピアノ等を展示。トルストイも鑑賞したことがあるという自動再演ピアノでは、1000本以上のロールの中からクラシックの名曲を聴けるようです。slate

古典ピアノ演奏会が行われました。演奏時間は約20分程。いろんな古典ピアノによる生演奏に聴き入りました~。それぞれ個性的な音色で、違いを楽しめたよ。confident

20131218_tokubetuten

企画展示室では、「音楽で世界を結ぶ-民音50年の軌跡」を開催されていました。memo

オルゴール展示室でも約10分程実演があって、楽器展示室では楽器を手に触れられるものもあり、なかなか楽しめる。ガイドの方がいて、いろいろと丁寧に説明してくれますよ。notes

20131218_time_table

訪れたら、古典ピアノやオルゴール演奏を聴き入ると良いですよ。開始時刻が決まっているようです。clock

20131218_hakubutukan2

民音音楽博物館は、JR信濃町駅から都道319号外苑東通りを北方向(四谷三丁目方面)へ徒歩約3分程のところにあります。shoe

20131218_panfu

館内は写真撮影等は不可だが、1階エントランス付近での記念撮影であればOKらしいです。地階には、音楽ライブラリーやミュージアム・ホールがあります。wheelchair

という事で、貴重な楽器での音楽演奏を聴く事が出来る民音音楽博物館を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その時の参加記事は、「駅からハイキング「家族で楽しもう 晩秋の明治神宮外苑周辺散策」に参加してきた(2013.11.30)。」へどうぞ。paper

「民音音楽博物館」 〒160-8588 東京都新宿区信濃町8 TEL:03-5362-3555 展示ルーム 平日・土曜:11時~16時 日曜・祝日:10時~17時 休館日:毎週月曜日 入館無料 JR中央・総武線信濃町駅より徒歩約3分info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月17日 (火曜日)

駅からハイキング「秋の緑区見沼田んぼ散策」に参加してきた(2013.11.10)。

緑区に残された文化財などを巡ります。おいでよ さいたま 新発見!!leo

20131217_saitama_kousoku_line

さて、埼玉高速鉄道に乗ってやってきたところは、浦和美園駅です。週末恒例の駅ハイに参加だ。今回は、2013年11月10日(日)開催、駅からハイキング「【埼玉高速鉄道共同開催】秋の緑区見沼田んぼ散策」です。train

さいたま市緑区の駅ハイは、2年ぶり3度目の参加になります。今回のルートは、ここ例年と違うコースとなるよ。ear

20131217_saitama_kousoku_line2

浦和美園駅は埼玉高速鉄道の終着駅。この先は、車両基地へ向かう線路となる。まぁ、岩槻・蓮田方面への延伸の話しはあるものの、難しい状況かも。subway

20131217_kan_batch

改札口を出て、まずは受付。今回は共催という事で、JRとSR両方で受付をした。共に缶バッチが貰えたよ。駅からハイキングは、E2系(1000番台) はやて やまびこ なすの など。SR沿線ハイキングは、鉄道むすめの川口みその。コバトンと一緒だ。present

20131217_light

さらに、カラビナミニトーチライトが貰えました。flair

20131217_urawa_misono_st

浦和美園駅西口から出発だ。西口ロータリーが開設したんだね。開設は2013年9月らしい。golf

首都圏に残された貴重な緑地空間である「見沼田んぼ」を散策するコースです。Jリーグ浦和レッズの本拠地であり、サッカー日本代表の国際試合でもたびたび利用される「埼玉スタジアム2○○2」(外観)も見られます。soccer

では、今回は約10kmのウォーキングコース。頑張って歩きましょう。rock

20131217_road01

駅前の通りも綺麗に整備されています。pisces

20131217_road02

とはいえ、少し歩くとまだまだ未開発地域。先は埼玉スタジアムが見えるが、道路も整備されるのかな?。danger

20131217_meisyouji

コースポイントone箇所目は、「明照寺」です。浦和美園駅から14分。仁王像で出迎える中、ドラえもん、ピカチュウ、キティのオブジェがあるな。diamond

20131217_meisyouji_yuen

隣接して、明照寺児童遊園があります。chick

20131217_jyuudensya

さらに隣接して、重殿社があります。この本殿は、江戸時代、一間社流造、こけら葺。桁行0.980m、梁間0.785m、向拝の出0.745m。市指定有形文化財(建造物)。sagittarius

20131217_road03

この生活道路を抜けて行くと、...。club

20131217_syako

埼玉高速鉄道の車両が勢揃い。車両基地ですな。carouselpony

20131211_road1

駅東口から埼玉スタジアムへ向かう専用歩道にぶつかる。向かう先はもちろん...。shoe

20131211_studium

コースポイントtwo箇所目は、「埼玉スタジアム2○○2(外観)」です。明照寺から13分。約6万人収容できる国内最大級のサッカー場で、Jリーグの浦和レッズ本拠地でもあり、日本代表の試合等にも使われている。soccer

20131211_baraen1

周辺は都市公園として機能しているよ。こちらは、バラ園。洒落ているね。bud

20131211_baraen2

この赤いバラは、浦和レッドダイヤモンズ公認ローズ。鮮やかな赤い色がチームカラーに合っていいね。tulip

ちなみに、花言葉は、「誰からも愛される、強い、忍耐」です。t-shirt

20131211_mominokihiroba

こちらは、もみの木広場。大きなもみの木が立っているよ。xmas

20131211_mominokihiroba2

芝生の広場になっているので、レジャーとしても楽しめる。サッカークラブの練習でしょうか。soccer

20131211_metasekoia

球場へ向かうメタセコイアの並木もいい感じだね。clover

ちなみに、ここでの詳細記事は、「埼玉スタジアム2002公園、少しだけ立ち寄る2013。」へどうぞ。paper

20131217_road04

この後は、高速道路を横切ります。野田陸橋を渡るよ。snail

20131217_touhoku_roadway

東北自動車道です。浦和料金所・浦和ICから1kmの地点。sports

20131217_taihen

うぉっ、鳥居に目があるぞ。たいへんなことになりますよ!!って...。coldsweats02

20131217_road05

こういう細い道もコースになっている。moon3

20131217_road06

おぉ、芸術作品。すごいね。art

20131217_soujiin

コースポイントthree箇所目は、「総持院」です。埼玉スタジアムから19分。立派な鐘楼門をくぐります。door

20131212_soujiin

総持院は、真言宗智山派で山号は阿日山宝袋寺。境内には約650株の牡丹が植えられ見事のようだ。maple

20131212_cat

総持院にいた猫さんが近づいてきた。案の定、足まわりをすりすりしてきた~。かわいい、よしよし。catface

20131217_syukakusai

この周辺地域の土地を持つ方々の収穫祭のようです。美味しいのが食べられるのかなと期待してしまったが、駅ハイとは関係ない。riceball

20131212_helthy_road1

こちらは、緑のヘルシーロード。緑のヘルシーロードは、埼玉県にある見沼代用水に沿って設けられた自転車歩行者専用道路である。利根大堰(行田市)から川口グリーンセンター(川口市)まで、延長56.5kmある。bicycle

20131217_omotenasi

ここで、駅ハイ参加のおもてなしがありました。お茶のサービスです。ちょいと、休憩。もちろん、おかわりしました。japanesetea

20131212_helthy_road2

ウォーキング再開。ヘルシーロードは、整備された遊歩道で綺麗な景観だよね。散歩としても気持ちが良い。run

20131212_mizudori2

水鳥さんが1列に並んで泳いでいます。penguin

20131212_mizudori3

対岸が緑の木々なので、水面が透明なエメラルドグリーンに映る。水鳥さんも散歩ならぬのんびり遊泳中なんでしょうか。yacht

20131212_helthy_road3

この周辺は県立安行武南自然公園の普通地域に指定されている。なので、大きな建物は無く自然の景観を保護されているのだ。xmas

ちなみに、ここでの詳細記事は、「緑のヘルシーロードin浦和南部領辻を歩く2013。」へどうぞ。paper

20131212_kokusyouji

コースポイントfour箇所目は、「國昌寺」です。曹洞宗の寺院で、屋号は大崎山。寺宝として大雲文竜書の「大弁才尊天号」の軸物が伝わります。ring

20131212_kokusyouji_mon

有形文化財(建造物)に指定されている国昌寺門。間口3.03m・奥行1.98mで、屋根は切妻となっている。江戸時代中期の建立になると思われている。door

なお、この門には、「開かずの門」と「釘づけの竜」の伝説がある。leo

20131212_kosumosu

コスモス畑だ。ピークは過ぎたようだが、綺麗な花びら咲かせていました。tulip

20131213_namiki01

おぉ、メタセコイアの木々が並んでいるね。xmas

20131213_namiki03

メタセコイア並木になっているぞ。こういう風景いいなと思い写真をパチリ。camera

道路のカーブと同じように、メタセコイア並木もカーブしながらそびえ立つ。車でドライブしながら、この通りを走行するのも良さそうだな。rvcar

こう、綺麗にカーブしながら大きな木々が並んでいるのが、そそります。smile

20131213_inawara

見沼田んぼでは、稲刈りを終え脱穀した後の稲わらを三角錐の形にして並べているね。稲わら三角帽。drama

20131213_susuki

秋と言えばススキ。雲に覆われた隙間から少しだけ晴れ間が...。bud

20131213_sibagawa

見沼大橋を渡る。芝川沿いの土手も歩道として歩けるみたいだね。shoe

20131213_namiki05

橋を渡ってもまたメタセコイア並木が続きます。今時期12月は、紅葉から落葉への移り変わりになっているかもね。maple

ちなみに、ここでの詳細記事は、「見沼田んぼの中のメタセコイア並木通り2013。」へどうぞ。paper

20131217_sakura_namiki

見沼代用水西縁沿いの遊歩道を歩く。この歩道沿いは桜並木で、花見にいいだろうね。cherryblossom

20131214_nyotai_jinjya1

コースポイントfive箇所目は、「氷川女體神社」です。國昌寺から26分。武蔵国一宮を称する。主祭神は奇稲田姫命。(須佐之男命の妻)。大宮にある氷川神社を男体社とし、それに対し当社は「女体社」にあたるとの事。virgo

20131214_ryu_jinjya

こちらは、竜神社。さいたま市の竜伝説に因んだ竜神様が御座します。leo

20131214_miko_ningyou

全国で当社だけがおすすめの願いごとを叶えてくれる「巫女人形」があります。一体1200円。お願い事が叶ったら、着物をきせてお礼参りをしましょう。virgo

女体神社だけに、女性の願い事を叶えてくれるようだな。confident

20131214_omikuji

ここの神社のおみくじは、貴女をみがく「姫みくじ」。200円。かわいらしい、おみくじだね。まっ、私は普通のおみくじを引きました。100円。coldsweats01

えいやっ、...。う~ん、「末吉」でした...。男性には厳しめ?。pig

20131214_kaidan

階段を登って拝殿へ向かいます。ちょっとした高地の森の中に神社があるよ。denim

ちなみに、ここでの詳細記事は、「巫女人形を納める氷川女體神社を訪れた2013。」へどうぞ。info02

20131214_yousuiro

氷川女體神社から見沼代用水西縁を挟んだところには、見沼氷川公園があります。fish

20131214_park2

コースポイントsix箇所目は、「見沼氷川公園」です。広場では、イベントが行われていました。karaoke

20131214_dentou_geinou

特設ステージでは、伝統芸能の1つ、通船舟歌踊りの披露がありました。このステージでは、他に安来節、見沼太鼓の披露があったようです。note

20131214_yakisoba

踊りを見ながら少し腹ごしらえ。焼きそばの販売があったので、頂いた。少し桜エビが入っているよ。noodle

20131214_ike

見沼氷川公園は、見沼田んぼ地域にある公園で、見沼代用水西縁に沿ってあり、約2.3ha程の広さです。園内中央部には、池があります。mist

20131214_kakasi_hi

公園内には、唱歌「案山子」発祥の地のモニュメントが建てられてあります。唱歌を作詞した武笠三がさいたま市緑区出身だった事からのようです。shadow

見沼田んぼの景観が歌詞に表れたのかな。eye

20131214_kakasi1

園内では、趣向を凝らした手作りのかかしがお出迎え。cat

20131214_kakasi2

左のかかし。銅賞に輝いたこの作品は、あまちゃんブームにのっかかっているな。海女の格好したかかしの名前は、「さいたぁまちゃん」。ぷぷっ。happy02

ちなみに、ここでの詳細記事は、「唱歌「案山子」発祥の地、見沼氷川公園を訪れた2013。」へどうぞ。paper

20131217_road07

再び、見沼代用水西縁沿いを歩いていきます。落ち葉、秋だねぇ。maple

20131217_kosumosu

まだまだ、コスモスの花びら頑張って咲いていました。tulip

20131217_road08

市街地に入ってきました。住宅だらけです。国際興業バスが通り過ぎて行った。bus

20131216_hikawajinjya_haiden

コースポイントseven箇所目は、「大間木氷川神社」です。見沼氷川公園から34分。libra

20131216_hikawajinjya_honden

市指定文化財になっている一間流造りの当社本殿は「明細帳」によると、寛文7年(1667年)3月に武蔵国一宮氷川神社が再建された際、旧本殿を買い受けたものである。house

20131217_tikurin

竹林がいい感じ。clover

20131217_illumi

駅前ロータリーには、イルミネーションが設置されているね。shine

20131217_minuma_ryujin

見沼の竜神、オブジェもあるぞ。leo

20131217_higasi_urawa_st

ゴールとなる東浦和駅に到着しました。浦和美園駅をスタートしてから、東浦和駅にゴールするまで2時間49分かかりました。ふぅ~。motorsports

20131217_stamp

ゴール受付にて、スタンプをゲット。これで、全てのチェックポイントで、スタンプラリーのスタンプを押印してもらいました。まっ、全部押してもらったからと言って景品等はありません。secret

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:16531歩 消費カロリー:693.9kcal 消費脂肪量:99.1g 歩行距離:11.57km 歩行時間:2時間24分 平均時速:4.80km/h エクササイズ量:8.1Exinfo02

20131217_inumagata_park

ちょいと、東浦和駅の近くにある井沼方公園を訪れた。調整池を兼ね備えた都市公園だ。sandclock

20131217_mizudori

水鳥さんたちも立ち寄っているよ。penguin

20131217_musasino_line

この公園を訪れたのは、ここから、武蔵野線を見たかったから...。coldsweats01

ちょいとのんびりして、東浦和駅へ戻りました。snail

20131217_musasino_line2

帰りは、JR武蔵野線に乗って帰ります。ship

今回の駅ハイ参加で、今シーズン(2013年度)参加回数は14回目、駅ハイポイントは2ポイント加算して、合計36ポイントになりました。dollar

今回は、埼玉スタジアムや見沼田んぼを散策するコースで、このルートでは初めてでした。のんびりとした自然の風景が、癒される感じでした。happy01

ちなみに、関連詳細記事は、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、過去開催の緑区(浦和美園~東浦和)の駅ハイ参加レポは、以下のリンク先へどうぞ。paper

20131216_map

上がウォーキングコースコースマップ。下が告知ポスター。karaoke

20131216_poster

JR東日本・駅からハイキング No.04315 「【埼玉高速鉄道共同開催】秋の緑区見沼田んぼ散策」 2013年11月10日(日)実施 歩行時間:約3時間10分(見学時間等を除く) 歩行距離:約10kminfo02

スタート:浦和美園駅→①明照寺→②埼玉スタジアム2○○2(外観)→③総持院→④國昌寺→⑤氷川女體神社→⑥見沼氷川公園→⑦大間木氷川神社→ゴール:東浦和駅info02

(各写真画像をClickすると4倍拡大表示します)search

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年12月16日 (月曜日)

野火止用水ご当地グルメ・ゆるキャラフェスティバルを訪れた2013。

新座にゆるキャラ大集合!。pig

20131216_gate

さて、やってきたところは、埼玉県新座市にある野火止ふるさと広場です。ここで、野火止用水ご当地グルメ・ゆるキャラフェスティバルが開催されました。結構多くの人が訪れているんですね。dog

20131216_stage

ゆるキャラたちがステージに大集合。新座市のイメージキャクター「ゾウキリン」や周辺地域のご当地キャラが勢ぞろい。gemini

20131216_kaijyou

会場内は、いろいろなご当地グルメの販売がありました。行列もあったな。restaurant

20131216_ninjin_udon

新座のご当地グルメと言えば、にんじんうどん。新座市は埼玉県内第4位の出荷量を誇るニンジンが特産品。その人参をうどんに練りこんであるのだ。noodle

20131216_ninjin_udon2

じゃん、村上朝日製麺所のにんじんうどんです。麺がオレンジ色だよ。noodle

20131216_nobidome

酒のおぎはらでは、地酒の試飲がありました。その名も、「原酒野火止」。純米吟醸無濾過だよ。bottle

20131216_sigetugatu

さらに、新座市芋焼酎「指月喝」。地酒も焼酎も試飲頂きました。ぷはぁ~、美味しい。delicious

20131216_ice1

だちょう牧場並木屋の「だちょうのたまごアイス」。珍しいので買ってみた。上尾市にある榎本牧場の牛乳とだちょう牧場のだちょう卵を使って作ったアイス。dollar

20131216_tamago

ちなみに、これが、だちょうの卵。大きいよ。chick

20131216_ice2

アイスは味の違いはよくわからないが、ミルキーで美味しい。penguin

20131216_jazz

Jazzステージでは、ゾウキリンも登場したぞ。ご当地ソングを披露。note

20131216_jazz2

Forest JAM Niiza(フォレスト・ジャム・ニイザ)というメンバーの演奏。新座市内商工業者の有志団体なんだそうだ。notes

ジャズやベンチャーズの演奏があり、ちょいと聴き入っていました。karaoke

20131216_map2

こういう、ご当地のイベントって、私の好物です...。coldsweats01

のんびり感・まったり感がいいのだ。でも、最近は各地とも予想以上の集客があって驚いています。bicycle

20131216_niizakan

会場は、ふるさと新座館前の広場。ちなみに、ふるさと新座館は地元特産品の販売もしていますよ。24hours

という事で、野火止用水ご当地グルメ・ゆるキャラフェスティバルを訪れたレポでした~。happy01

20131223_poster

告知ポスターです。memo

「野火止用水ご当地グルメ・ゆるキャラフェスティバル」 日時:2013年12月15日(日) 10時~15時 会場:新座市野火止ふるさと広場(ふるさと新座館前)・(埼玉県新座市野火止6-1-48)info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月15日 (日曜日)

唱歌「案山子」発祥の地、見沼氷川公園を訪れた2013。

山田の中の一本足のかかし~♪。notes

20131214_ike

さて、やってきたところは、埼玉県さいたま市緑区にある見沼氷川公園です。見沼田んぼ地域にある公園で、見沼代用水西縁に沿ってあり、約2.3ha程の広さです。dog

園内中央部には、池があります。mist

20131214_kakasi_hi

公園内には、唱歌「案山子」発祥の地のモニュメントが建てられてあります。唱歌を作詞した武笠三がさいたま市緑区出身だった事からのようです。shadow

見沼田んぼの景観が歌詞に表れたのかな。eye

20131214_kakasi1

園内では、趣向を凝らした手作りのかかしがお出迎え。cat

20131214_kakasi2

左のかかし。銅賞に輝いたこの作品は、あまちゃんブームにのっかかっているな。海女の格好したかかしの名前は、「さいたぁまちゃん」。ぷぷっ。happy02

20131214_park2

広場では、イベントが行われていました。karaoke

20131214_dentou_geinou

特設ステージでは、伝統芸能の1つ、通船舟歌踊りの披露がありました。このステージでは、他に安来節、見沼太鼓の披露があったようです。note

20131214_yakisoba

踊りを見ながら少し腹ごしらえ。焼きそばの販売があったので、頂いた。少し桜エビが入っているよ。noodle

20131214_park1

という事で、見沼氷川公園を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その記事は、「駅からハイキング「秋の緑区見沼田んぼ散策」に参加してきた。」へどうぞ。paper

「見沼氷川公園」 〒336-0915 埼玉県さいたま市緑区大字見沼info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月14日 (土曜日)

巫女人形を納める氷川女體神社を訪れた2013。

静けさ森の中にある一宮です。巫女人形を納める神社だ。clover

20131214_nyotai_jinjya1

さて、やってきたところは、埼玉県さいたま市緑区にある氷川女體神社です。武蔵国一宮を称する。主祭神は奇稲田姫命。(須佐之男命の妻)。大宮にある氷川神社を男体社とし、それに対し当社は「女体社」にあたるとの事。virgo

20131214_kaidan

階段を登って拝殿へ向かう。ちょっとした高地の森の中に神社があります。denim

20131214_ryu_jinjya

こちらは、竜神社。さいたま市の竜伝説に因んだ竜神様が御座します。leo

20131214_miko_ningyou

全国で当社だけがおすすめの願いごとを叶えてくれる「巫女人形」があります。一体1200円。お願い事が叶ったら、着物をきせてお礼参りをしましょう。virgo

女体神社だけに、女性の願い事を叶えてくれるようだな。confident

20131214_omikuji

ここの神社のおみくじは、貴女をみがく「姫みくじ」。200円。かわいらしい、おみくじだね。まっ、私は普通のおみくじを引きました。100円。coldsweats01

えいやっ、...。う~ん、「末吉」でした...。男性には厳しめ?。pig

20131214_yousuiro

氷川女體神社は、見沼代用水西縁を挟んで見沼氷川公園の向かいにあります。fish

という事で、氷川女體神社訪問レポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その記事は、「駅からハイキング「秋の緑区見沼田んぼ散策」に参加してきた。」へどうぞ。paper

「氷川女體神社」(ひかわにょたいじんじゃ) 〒336-0916 埼玉県さいたま市緑区宮本2-17-1 TEL:048-874-6054info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月13日 (金曜日)

見沼田んぼの中のメタセコイア並木通り2013。

見沼田んぼを通り抜ける通りにメタセイアが並んでいる。xmas

20131213_namiki02

さて、やってきたところは、埼玉県さいたま市緑区にある中央通り。見沼~上野田間は、見沼田んぼの中を通り抜ける。その通りは、大きな木の高さのメタセコイア並木になっているのだ。なんか、こういう風景いいなと思い写真をパチリ。camera

20131213_namiki01

訪れたのは11月上旬。メタセコイアの木々はまだ緑色しているよ。

20131213_namiki03

道路のカーブと同じように、メタセコイア並木もカーブしながらそびえ立つ。車でドライブしながら、この通りを走行するのも良さそうだな。rvcar

こう、綺麗にカーブしながら大きな木々が並んでいるのが、そそります。smile

20131213_inawara

見沼田んぼでは、稲刈りを終え脱穀した後の稲わらを三角錐の形にして並べているね。稲わら三角帽。drama

20131213_namiki04

訪れた日は朝から雲に覆われたどよ~んとした天候。お昼どきなのにね。晴れた青空なら、もう少し鮮やかに映るかも。cloud

20131213_susuki

秋と言えばススキ。雲に覆われた隙間から少しだけ晴れ間が...。bud

20131213_bus

この通りは路線バスも通ります。国際興業バスのカラーである黄緑色とメタセコイアの並木の色とマッチするかも。bus

20131213_minuma_oohasi

芝川を渡ります。この橋は、見沼大橋。snail

20131213_sibagawa

芝川沿いの土手も歩道として歩けるみたいだね。shoe

20131213_namiki05

橋を渡ってもまたメタセコイア並木が続きます。この登り坂を上がると、住宅街になります。club

今時期12月は、紅葉から落葉への移り変わりかな?。という事で、気分良くメタセコイア並木通りを歩いたレポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その記事は、「駅からハイキング「秋の緑区見沼田んぼ散策」に参加してきた。」へどうぞ。paper

「メタセコイア並木」 埼玉県さいたま市緑区南部領辻付近 市道中央通り沿い(見沼~上野田間)info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月12日 (木曜日)

緑のヘルシーロードin浦和南部領辻を歩く2013。

見沼田んぼ、用水路沿いの遊歩道をぶらり歩く。shoe

20131212_helthy_road1

さて、やってきたところは、緑のヘルシーロードです。緑のヘルシーロードは、埼玉県にある見沼代用水に沿って設けられた自転車歩行者専用道路である。利根大堰(行田市)から川口グリーンセンター(川口市)まで、延長56.5kmある。bicycle

20131212_helthy_road2

今回は、埼玉県さいたま市緑区南部領辻を歩いてみた。総持院から国昌寺まで。まっ、ちょっとの距離ですが...。chick

整備された遊歩道で綺麗な景観だよね。散歩としても気持ちが良い。run

20131212_mizudori2

水鳥さんが1列に並んで泳いでいます。penguin

20131212_mizudori3

対岸が緑の木々なので、水面が透明なエメラルドグリーンに映る。水鳥さんも散歩ならぬのんびり遊泳中なんでしょうか。yacht

20131212_helthy_road3

この周辺は県立安行武南自然公園の普通地域に指定されている。なので、大きな建物は無く自然の景観を保護されているのだな。xmas

では、歩いた付近の立ち寄りスポットをちょいと紹介。karaoke

20131212_soujiin

こちらは、総持院。真言宗智山派で山号は阿日山宝袋寺。境内には約650株の牡丹が植えられ見事のようだ。maple

20131212_cat

総持院にいた猫さんが近づいてきた。案の定、足まわりをすりすりしてきた~。かわいい、よしよし。catface

20131212_kokusyouji

こちらは、国昌寺。曹洞宗の寺院で、屋号は大崎山。寺宝として大雲文竜書の「大弁才尊天号」の軸物が伝わります。ring

20131212_kokusyouji_mon

有形文化財(建造物)に指定されている国昌寺門。間口3.03m・奥行1.98mで、屋根は切妻となっている。江戸時代中期の建立になると思われている。door

なお、この門には、「開かずの門」と「釘づけの竜」の伝説がある。leo

20131212_kosumosu

コスモス畑だ。ピークは過ぎたようだが、綺麗な花びら咲かせていました。tulip

20131212_helthy_road4

という事で、緑のヘルシーロード(浦和・総持院~国昌寺間)を散策したレポでした~。happy01

ちなみに、緑のヘルシーロード、他の区間歩行レポは以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その記事は、「駅からハイキング「秋の緑区見沼田んぼ散策」に参加してきた。」へどうぞ。paper

「緑のヘルシーロード」 埼玉県さいたま市緑区南部領辻付近 (総持院~国昌寺間)info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月11日 (水曜日)

埼玉スタジアム2002公園、少しだけ立ち寄る2013。

国内最大級のサッカー専用競技場がある公園を立ち寄った。snail

20131211_studium

さて、やってきたところは、埼玉県さいたま市緑区にある埼玉スタジアム2002公園です。約6万人収容できる国内最大級のサッカー場があり、Jリーグの浦和レッズ本拠地でもあり、日本代表の試合等にも使われている。周辺は都市公園として機能しているよ。soccer

20131211_baraen1

こちらは、バラ園。洒落ているね。bud

20131211_baraen2

この赤いバラは、浦和レッドダイヤモンズ公認ローズ。鮮やかな赤い色がチームカラーに合っていいね。tulip

ちなみに、花言葉は、「誰からも愛される、強い、忍耐」です。t-shirt

20131211_mominokihiroba

こちらは、もみの木広場。大きなもみの木が立っているよ。xmas

20131211_mominokihiroba2

芝生の広場になっているので、レジャーとしても楽しめる。サッカークラブの練習でしょうか。soccer

20131211_metasekoia

球場へ向かうメタセコイアの並木もいい感じだね。clover

20131211_road1

埼玉スタジアム2002へは、埼玉高速鉄道浦和美園駅から歩行者専用道路で徒歩約15分で到着します。shoe

20131211_suiro

歩道沿いには水路が流れていて、水が透明ですごく綺麗だよ。shine

20131211_gate

埼玉スタジアムがオープンして、約12年たったでしょうか。まだ、1度もここで試合観戦した事ないんだよなぁ...。think

20131210_a_stadium4

ただ、スタジアムには1度だけ中に入った事があります。2009年の埼玉県民の日に、スタジアム無料開放というイベントがありました。もちろん、行ってみたよ。大きなスタジアムに圧倒しました。(写真は2009年撮影)movie

20131211_a_koishitsu

その時の一般開放では、選手ラウンジや更衣室、ウォーミングアップルーム、フラッシュインタビューゾーンも見学ができました。貴重な体験でしたよ。(写真は2009年撮影)sports

ちなみに、その時の記事は、「埼玉スタジアム無料開放に行ってきた2009。」へどうぞ。paper

20131211_map

という事で、埼玉スタジアム2002公園をちょっと立ち寄ったレポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その記事は、「駅からハイキング「秋の緑区見沼田んぼ散策」に参加してきた。」へどうぞ。paper

「埼玉スタジアム2002公園」 埼玉県さいたま市緑区大字中野田 TEL:048-812-2002 浦和美園駅から歩行者専用道路約1.2km・徒歩約15分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月10日 (火曜日)

駅からハイキング「中山道坂本宿と「アプトの道」ハイキング」に参加してきた(2013.11.09)。

峠の鉄道遺産と中山道坂本宿を訪ねる。subway

20131110_usui2

さて、JR信越本線に乗ってやってきたところは、横川駅です。週末恒例の駅ハイに参加だ。今回は、2013年11月9日(土)開催、駅からハイキング「中山道坂本宿と「アプトの道」ハイキング」です。run

横川へ直通する臨時列車・快速碓氷号に乗ってきたよ。185系特急型車両で快適だ。ちょっと古さはあるけどね...。coldsweats01

ちなみに、乗車レポは、「臨時快速碓氷号に乗車してきた2013。」へどうぞ。paper

20131210_yokokawa_st_2

横川駅駅舎です。4年ぶりに訪れたぞぅ。ski

20131210_uketuke

ようこそよこかわへ。ぐんまちゃんはいないかなぁ?。まずは、受付を済ませコースマップ(クリアファイル)やパンフレット類を取得した。memo

20131210_kan_batch

恒例の缶バッチは、DD51 DL&EL碓氷でした。present

20131210_kamamesi

横川と言えば、峠の釜めしでしょう。駅前でお弁当用に購入した。riceball

鉄道廃線跡を利用した遊歩道でアプトの道を散策。国指定重要文化財の「めがね橋」をはじめとする鉄道遺産と中山道坂本宿を訪ねるウォーキングとなっているよ。subway

では、今回は約14kmのウォーキング。4年ぶり2度目の横川の駅ハイ。頑張って歩きましょう。rock

20131210_bus

駅前バス停には、JRバス関東・軽井沢駅行きが停車中。bus

20131130_aputonomiti1

かつては、JR信越本線横川駅から碓氷峠を越え軽井沢へ結ぶ鉄道が通っていた。その廃線跡、上り線横川駅~熊ノ平駅の間の約6kmを遊歩道として整備されました。碓氷峠路探訪ウォーキング・トレイル「アプトの道」を歩きます。ここが起点だ。run

20131130_ef63

スタートしてからは、並行して碓氷峠鉄道文化むらがあります。体験型鉄道テーマパークだ。碓氷峠の歴史や資料、碓氷峠で活躍した鉄道車両の展示等があります。ship

この施設では、EF63運転体験ができます。日本で唯一の体験。予め、学科実技講習を受け、修了試験に合格すると、重量180tの本物の電気機関車を自身の手で運転できるのだ。airplane

20131130_aputonomiti2

横川運転区跡地に広がる鉄道車両の展示。奥に見える山々をバックに、屋外に堂々と展示だ。いろいろな車両を見ながら歩いていく。leo

20131130_aputonomiti5

アプトの道を進んでいきます。勾配がきつい路線であった為、線路の間に歯がついたラックレールを敷き、その歯のかみ合わせを利用して運行した。昭和38年(1963)に新線ができるまでこのアプト式が使用された。wrench

20131110_aputosiki_mokei

ちなみに、アプト式の模型が横川駅1番線ホームに展示してあります。key

20131130_aputonomiti6

道はほぼ真っ直ぐだが、とにかく登り坂。えっこらしょっと登って行く。路面はちゃんと舗装されています。snowboard

20131130_maruyama_hendensyo1

コースポイントone箇所目は、「丸山変電所」です。明治45年横川~軽井沢間の電化に伴い建設された施設です。横川側の建物は蓄電室、軽井沢側が機械室の2棟の建物になっている。flair

20131130_maruyama_hendensyo2

昭和38年新線開通とともに役目を終えたが、国の重要文化財に指定され、復元工事が実施されました。中の公開はしておらず、外見のみの見学となっている。sagittarius

20131130_torokko1

ぶんかむら駅ととうげのゆ駅間を結ぶトロッコ列車がやってきた。上り線は遊歩道となっているが、下り線はトロッコ列車の運行で利用されている為、線路等運転設備は残されている。緊急停車駅「まるやま駅」を発車。karaoke

20131130_torokko2

通り過ぎたトロッコ列車。週末は多くの観光客で車内混雑していたな。scissors

20131130_aputonomiti7

再び、アプトの道を歩き始めた。少しずつ秋らしい雰囲気になってきた?。maple

20131130_tekkyou

下は川が流れる。ちょぃと高さあるので、ビクビクしながら先へ歩き進む。fish

20131130_aputonomiti9

峠の湯手前付近で、一旦アプト道はなくなる。少し迂回して先へ進む。danger

20131130_tougenoyu

温泉施設「峠の湯」は、火災出火があった為、現在休館状態となっている。impact

20131130_tougenoyu_st

とうげのゆ駅に到着。アプトの道のやや中間地点だ。ここから先は10ヶ所のトンネルを越えていく。お手洗いはここで済ませると良いかも。toilet

ちなみに、ここまでの詳細記事は、「碓氷峠鉄道文化むらの展示車両を眺めながらアプトの道(前半・横川駅~峠の湯)を歩く2013。」へどうぞ。paper

20131205_kitahara_hakusyu

こちらは、北原白秋が詠んだ「碓氷の春」の記念碑。白秋が信濃を訪れた帰り、ここ碓氷峠で「碓氷の春」と題して詠んだと言われています。pen

20131205_tunnel1

さぁ、最初のトンネル「1号トンネル」です。長さは183m。ドキドキ。one

20131205_tunnel1b

トンネルに入ったぁ。レンガ造りそのままでしょうか。flair

20131205_road1

1号トンネルを抜けました。峠越えの雰囲気が出てきたぞ。bicycle

20131205_kyouryou2

碓氷第二橋梁を渡ります。もう山の中って感じだ。bar

20131205_tunnel2b

2号トンネルを抜けると、右手に見えるのは、...。ear

20131205_usui_lake

コースポイントtwo箇所目は、「碓氷湖」です。碓氷湖には復路戻ってきた時に散策しよう。なので、先へ進もう。dash

20131205_tunnel3

3号トンネルを入ります。長さは78m。three

20131205_tunnel5b

5号トンネルに入りました。ちょっとした洞窟探検?。左カーブしながら進んでいくと...。moon3

20131205_tunnel5c

5号トンネルを抜けると、吉永小百合さんがいる?。JR東日本:大人の休日倶楽部のCMでお馴染みのシーン。アプトの道での、メイン観光スポットだ。tv

20131205_meganebasi

コースポイントthree箇所目は、「めがね橋」です。正式名は、碓氷第三橋梁。遊歩道として整備されていて、渡る事ができるよ。観光客多いね。eye

とはいえ、皆さんよく手摺り付近にいられるよなぁ...。自分は真っ直ぐ見たまま、へっぴり腰でのそのそと前へ歩いていきます。膝プルプル腰ガクガク、変な汗が出ます。sweat01

20131206_usui_sinsen

橋から先にも橋梁が見えるが、あれは碓氷新線(信越本線)だ。北陸新幹線(長野新幹線)が開通する平成9年(1997年)まで使用されていた。当時はL特急あさま号が走っていたんだな。bullettrain

20131205_tunnel6

必死な思いで橋を渡ると、またトンネルが。元々、アプトの道はここまでだったのだが、2012年4月から、この先熊ノ平まで延長開通した。ここから先は、自分初めて。では、6号トンネルに入ります。長さは546m。10のトンネルの中では最長だ。six

20131205_tunnel6b

トンネルの途中、外が見える空間があり。外からの光が入って、ここだけ明るいぞ。eye

20131205_kyouryou8

碓氷第六橋梁を渡る。そして、9号トンネルを入る。key

20131205_tunnel10

そして、最後のトンネル、10号トンネルに入ります。長さは103m。onezero

20131205_tunnel10b

アプトの道最後のトンネルを抜けると、...。bar

20131205_kumanodaira1

コースポイントfour箇所目は、「熊ノ平」です。アプトの道の終点だ。motorsports

ちなみに、アプトの道後半レポ詳細は、「アプトの道(後半・峠の湯~熊ノ平)トンネル10ヶ所くぐり抜ける2013。」へどうぞ。paper

20131206_bosizou

熊ノ平殉難碑「母子像」が設置されています。昭和25年6月9日朝に起きた山崩れでは、職員宿舎を押し流し、鉄道員家族、復旧にあたっていた人々を一瞬にのみ込み、50名もの尊い命が奪われました。乳飲み子をしっかり抱えた若い母親が、押しつぶされた官舎の中から発見された時は、居合わせた若い救助隊員の涙を誘ったといわれています。shadow

20131206_senro

熊ノ平駅は、碓氷線が単線であったため、上り列車と下り列車のすれ違いと、蒸気機関車への給水・給炭の目的で設置されました。spa

その後、明治45年、我が国の幹線鉄道として初めて電気機関車が導入されました。bullettrain

20131205_hendensyo

こちらは変電所。廃墟感が雰囲気を醸し出す?。flair

20131206_kaitunohi

構内中央部、上り線ホーム?に、アプト式開通の碑が設置されている。airplane

20131205_kumanodaira2

その後、昭和38年アプト式の旧碓氷線の廃止と、同41年の碓氷新線の複線化により、熊ノ平駅は信号場に降格となり、平成9年の碓氷線の廃線とともにその使命を終えました。japanesetea

20131206_senro2

この先は軽井沢方面。ここより先へは進めないが、アプトの道を整備して開通できたらいいのにね。catface

熊ノ平駅周辺は、紅葉の名所としても知られ、文部省唱歌「紅葉」は作者の高野辰之がこの周辺の紅葉を詠ったと云われています。maple

20131206_photo1

昔、熊ノ平駅が開業していた頃の写真が掲示されていました。camera

20131206_photo2

機関車に引っ張られる特急電車も、今では貴重な光景だ。movie

20131206_onigiri

おにぎりを頂きながら、ちょいとベンチにて休憩だ。riceball

ちなみに、ここでの詳細記事は、「旧熊ノ平駅を訪れた2013。」へどうぞ。paper

20131210_road1

アプトの道復路、来た道を戻ります。碓氷第六橋梁を渡る。下は並行して走る国道18号線旧道だ。紅葉ドライブも良さそうだな。car

20131210_tunnel6

6号トンネルを歩く。面白そうな空間だ。night

20131206_hasi1

コースポイントfive箇所目は、「めがね橋」です。戻ってきたぞ。手摺りがかなり低い位置だし、こわいこわい。crying

20131206_kaidan

旧国道18号線に向かう階段。下へ降りてみよう。snowboard

20131206_hasi2

下から見上げるめがね橋。こうやって見ると、大きな橋だな。fastfood

20131206_hasi3

碓氷峠の代表的な建造物、立派なレンガ造りアーチ橋だ。明治26年(1893年)竣工、碓氷旧線が廃線になる昭和38年(1963年)まで使用された鉄道橋。碓氷川に架かる煉瓦造りの4連アーチ橋は、見事な美しさだな。virgo

20131206_hasi4

青い空と少し紅葉とめがね橋。天気が良く、青空だぁ。sun

20131206_hasi6

下は碓氷川が流れる。川底から橋上は高さ31m。結構高さあるぞ。building

20131206_kaidan2

急な階段を登り、橋上へ戻ります。sweat01

20131206_hasi7

秋深まり、紅葉してきためがね橋。これからも、残していって欲しい建造物ですな。key

ちなみに、ここでの詳細記事は、「碓氷第三橋梁(めがね橋)を訪れた2013。」へどうぞ。paper

20131210_road2

アプトの道・落ち葉の道散策もオツなものである。中尾小屋に近づくと...。house

20131210_lake

湖が見えてきたぞぅ。アプトの道の途中にある美景観スポットだ。eye

20131208_usuiko

碓氷湖に戻ってきました。碓氷湖は、中尾川と碓氷川の合流を堰き止めて、坂本ダムによって形成された人造湖(ダム湖)である。key

20131110_kouyou

秋と言えば紅葉ですな。紅色に映えるもみじは見事です♪。maple

20131208_momiji

紅葉の木の下でのんびりしたいが、既にハイカーらで場所取られている。う~ん。full

20131208_sibafu

碓氷湖湖畔沿いの一部は、芝生になっているので、そこに座ってのんびりができるよ。club

20131128_kamamesi2

では、ここでお弁当タ~イム!。横川駅で予め購入しておいた、おぎのやの峠の釜めしですよ。riceball

20131128_kamamesi4

碓氷湖を眺めながら、頂きま~す。パクッ、うむこの味わいだね。delicious

湖畔沿い、瓦礫などが浮いていて、景観的にはちょっと残念...。weep

20131208_usuiko2

11月上旬は、紅葉に入りかけというところかな。ちょいと、碓氷湖湖畔沿いを散策してみよう。carouselpony

20131208_momiji2

紅色と黄色のコラボもまた、美しい。maple

20131208_dam

こちらは、坂本ダム。ダム上は歩道になっています。building

20131208_dam2

反対側は、ダム放流崖になっている。おぉ、こわ~。eye

20131208_sansakuro

碓氷湖湖畔は1周散策路となっています。1周約1.2kmで20分でまわれます。carouselpony

20131208_hasi

平成6年に完成したほほえみ橋だ。現在、この先通行禁止箇所があり、湖畔1周ぐるりはできないのだ。残念...。なので、引き返しました。event

20131110_usui_lake

山に囲まれた碓氷湖。秋の景観を楽しめるスポットですな。shine

ちなみに、ここでの詳細記事は、「秋の碓氷湖を訪れた2013。」へどうぞ。paper

20131210_road3

再び、アプトの道を下っていきます。下りは楽ですな。foot

20131210_tunnel1

アプトの道、下り最後のトンネル、1号トンネルに入ります。chair

20131210_road4

峠の湯に戻ってきました。ここからは、国道18号線旧道を経由して横川へ向かいます。なので、ここでアプトの道はお別れだ。wheelchair

20131210_tougenoyu

温泉施設を備える峠の湯。平成25年(2013年)7月31日午前2時40分頃、この施設で火災が発生してしまった。その為、当面の間営業休止となっている。danger

20131210_park

隣接して、碓氷峠の森公園があります。この公園には、碓氷峠に生育する多くの種類の木が植えられています。clover

20131210_park2

池もあって、いい景観だよね。ベンチもあって、のんびりできます。地域に親しまれる憩いの公園となっています。spa

20131210_stone

こちらは、坂本北裏遺跡環状列石(ストーン・サークル)です。時期は、縄文時代中期終末~後期初頭(約4000年前)との事。この土地に暮らしていた人々によって作られたものだそうだ。「墓地」や「祈りの場所」、「祀りの場所」との考え方が有力であり、円の内部は非常に神聖な場所と考えられていたのだと思われるようだ。moneybag

20131210_park3

碓氷峠の森公園は、こんな感じで整備されています。hairsalon

20131210_road5

紅葉の木々沿いに水路が流れる。いい感じだ。maple

20131210_home

家が多くなったな。集落ができているのかな?。先へ進むと、それが納得。dog

20131210_root18

コースポイントsix箇所目は、「坂本宿」です。国道18号線旧道を歩きます。中山道六十九次のうち江戸から数えて17番目の宿場である。碓氷峠を越える前の宿泊所として栄えていました。だからなのか、この道沿い家が続きます。house

20131209_cafe

なんか良さげな喫茶店でしょうか。店名は「マロンカフェ」。昭和初期の古民家カフェとして、平成24年(2012年)8月にオープンされたようだ。立ち寄って、オーガニックコーヒーはいかがかな。cafe

20131209_kagiya

こちらは、「かぎや」。坂本宿時代の面影を残す代表的籠建物である。旅籠を営むにあたり役職にちなんで屋号を「かぎや」とつけたといわれています。key

小林一茶は坂本宿での宿泊に「たかさごや」を定宿にしていたそうだ。japanesetea

20131209_sakamotosyou

こちらは、坂本小学校発祥の地であり、佐藤本陣跡である。坂本に2つある本陣のうちの1つで「上の本陣」とも呼ばれていた。東に碓氷関所、西に碓氷峠がひかえていているため、坂本泊りが必然となり、本陣が二軒必要だった。gasstation

20131209_suiro

こういう水路を整備するだけでも、いい景観になるんだなぁ。aquarius

20131209_komeya

こちらは、米屋です。この国道沿い(旧道)には、こういった復元?された建物が連なります。当時の雰囲気を漂わせる...。riceball

20131209_genpyou

こちらは、坂本町道路元票です。spade

20131209_sakamotosyuku_mon

ちなみに、ここでの詳細記事は、「中山道坂本宿を散策2013。」へどうぞ。paper

20131210_yakusinowakimizu

生活道路を歩いていると、薬師の湧水がありました。aquarius

20131210_kawakubobashi

川久保橋を渡る。碓氷関所時代は、碓氷峠関所橋と呼んで中山道を結んでいたが、橋桁の低い土橋であった為、増水期になると度々流失した。川止めとなっても増水の危険を冒して渡河する人もいたそうだ。typhoon

20131210_road6

県道92号線横川駅方面左分岐進んでいく。upwardleft

20131129_sekisyoato5

コースポイントseven箇所目は、「碓氷の関所」です。碓氷関所は、中山道の松井田宿と坂本宿の間にある関所で、江戸時代、東海道の箱根関所とともに最も重要な関所とされていた。door

20131129_sekisyoato4

醍醐天皇の昌秦二年(899年)に群盗を取締るために、関所が碓氷坂に設けられた。この地に関所が移ったのは、元和年間(1615~1623)といわれ、幕藩体制を中心とした、徳川幕府の確立・安定という政治的意味をもつものとなり、いわゆる「入鉄砲に出女」の取締りをねらいとしたものになった。明治二年(1869)廃関されるまで中山道の要所となった。sprinkle

20131129_sekisyoato3

門柱および門扉は当時使用されていたもので、総ケヤキ材の要所に金具を用いた堅固なものである。ほかに屋根材六点と台石も当時のもので、昭和34年1月、東京大学教授工学博士・藤島亥治郎氏の設計により復元された。shine

20131129_ojikiishi

こちらは、おじき石です。通行人は、この石に手をついて手形を差し出し通行の許可を受けました。pass

20131129_siryoukan_enter

隣接してある建物は、碓氷関史料館。オープンしていたので、中に入ってみた。結構古い展示物等もあり、なかなか興味深いよ。school

ちなみに、ここでの詳細記事は、「碓氷関所跡を訪れた2013。」へどうぞ。paper

20131210_road7

小根山森林公園・野鳥の森方面へ向かう道。水が落ちる音もまた良し。sweat02

20131128_oginoya2

横川駅前にある荻野屋本店。峠の釜めし発祥の地だ。riceball

20131128_siryoukan1

おぎのや本店の真向かいには、おぎのや資料館がある。信越線横川~軽井沢間が廃線になった後、おぎのやが地域の活性化を願い開館したものです。school

館内には横川駅にまつわるもの、おぎのやの歴史等を展示しています。入館料は無料。ちょいと入ってみよう。door

20131128_siryoukan2

こじんまりとした展示室だが、当時の雰囲気を感じる内容になっている。book

ちなみに、ここでの詳細記事は、「おぎのやの峠の釜めしを食べる2013。」へどうぞ。paper

20131210_dourin

全国JR路線のなかで最大の難所と言われた信越本線横川~軽井沢間のシェルパとして平成9年9月30日まで活躍した「EF63-3号」機関車の動輪です。subway

20131210_yokokawa_st

ゴールとなる横川駅に戻ってきました。ふぅ~。スタートしてからゴールまで、4時間16分かかりました。ゴール受付はありません。motorsports

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:24613歩 消費カロリー:1053.4kcal 消費脂肪量:150.4g 歩行距離:17.22km 歩行時間:3時間28分 平均時速:4.96km/h エクササイズ量:12.4Exinfo02

20131210_road8

列車の発車まで、少しだけ時間があるので、駅周辺をぶらり。cat

横川から先は廃止になったんだよな。道路になっている...。music

20131210_bunkamura

駅前にある、碓氷峠鉄道文化むら。入園したかったが、時間がなく今回は断念。weep

20131210_waribiki

駅ハイ参加特典で、入園料10%割引券が貰えたんだけどね..。ticket

20131210_kisya

園内を汽車ポッポが走るよ。dash

20131130_aputonomiti3

碓氷峠鉄道文化むら、いろいろと車両見て回りたかったが、帰りの列車発車の時間になったので横川駅へ戻りました。watch

20131110_usui5

帰りの列車も臨時快速碓氷号に乗車します。楽チンだぁ~。bullettrain

20131210_syasou

帰りの車窓から。うむ、群馬の山々バイバ~イ。confident

今回の駅ハイ参加で、今シーズン(2013年度)参加回数は13回目、駅ハイポイントは2倍の4ポイント加算して、合計34ポイントになりました。dollar

今回は、熊ノ平まで延長されたアプトの道を完歩。4連アーチのめがね橋は見事でしたな。紅葉散策、いい気分でウォーキング&ハイキングできました。happy01

ちなみに、過去の横川駅ハイ参加レポは以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、関連詳細記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

20131210_map

JR東日本・駅からハイキング No.053337 「中山道坂本宿と「アプトの道」ハイキング」 2013年11月09日(土)実施 歩行時間:約3時間30分(見学時間等を除く) 歩行距離:約14kminfo02

スタート:横川駅→①丸山変電所→②碓氷湖→③めがね橋→④熊ノ平→⑤めがね橋→⑥坂本宿→⑦碓氷の関所→ゴール:横川駅info02

(各写真画像をClickすると4倍拡大表示します)search

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 9日 (月曜日)

中山道坂本宿を散策2013。

碓氷峠を越える前の宿泊所として栄えていました。hotel

20131209_sakamotosyuku_mon

さて、やってきたところは、群馬県安中市にある坂本宿です。中山道六十九次のうち江戸から数えて17番目の宿場である。snail

JR横川駅から国道18号線(旧道)を約2km程進んだところに位置します。道路沿い少し観光として整備されているようだ。clip

20131209_genpyou

こちらは、坂本町道路元票です。spade

20131209_komeya

こちらは、米屋ですな。この国道沿い(旧道)には、こういった復元?された建物が連なります。当時の雰囲気を漂わせる...。riceball

20131209_suiro

こういう水路を整備するだけでも、いい景観になるんだなぁ。aquarius

20131209_sakamotosyou

こちらは、坂本小学校発祥の地であり、佐藤本陣跡である。坂本に2つある本陣のうちの1つで「上の本陣」とも呼ばれていた。東に碓氷関所、西に碓氷峠がひかえていているため、坂本泊りが必然となり、本陣が二軒必要だった。gasstation

20131209_kagiya

こちらは、「かぎや」。坂本宿時代の面影を残す代表的籠建物である。旅籠を営むにあたり役職にちなんで屋号を「かぎや」とつけたといわれています。key

20131209_cafe

なんか良さげな喫茶店でしょうか。店名は「マロンカフェ」。昭和初期の古民家カフェとして、平成24年(2012年)8月にオープンされたようだ。坂本宿やアプトの道散策ついでに、立ち寄りはいかがかな。cafe

20131209_yagou

小林一茶は坂本宿での宿泊に「たかさごや」を定宿にしていたそうだ。japanesetea

横川からのアプトの道往復もいいですが、峠の湯から横川駅への復路は、国道18号線旧道を歩いて、坂本宿の雰囲気を味わうのもいいですよ。という事で、中山道坂本宿を散策したレポでした~。happy01

ちなみに、ここへはウォーキングイベントに参加しにやってきたのです。その時の記事は、「駅からハイキング「中山道坂本宿と「アプトの道」ハイキング」に参加してきた(2013.11.09)。」へどうぞ。paper

「坂本宿」(さかもとしゅく) 中山道六十九次、江戸から17番目の宿場 群馬県安中市松井田町坂本付近(国道18号線旧道沿い)info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 8日 (日曜日)

秋の碓氷湖を訪れた2013。

アプトの道の途中にある美景観スポットです。eye

20131110_usui_lake

さて、やってきたところは、群馬県安中市にある碓氷湖です。4年ぶり2度目の訪問だ。JR横川駅からアプトの道を歩いて45分程で到着する。shoe

20131208_usuiko

碓氷湖は、中尾川と碓氷川の合流を堰き止めて、坂本ダムによって形成された人造湖(ダム湖)である。key

20131110_kouyou

秋と言えば紅葉ですな。紅色に映えるもみじは見事ですなぁ。maple

20131208_kinenhi

文部省唱歌「紅葉」の歌詞碑があり。作者の高野辰之は、碓氷峠・熊ノ平駅近辺の紅葉を詩の舞台にしたと云われています。pencil

20131208_momiji

紅葉の木の下でのんびりしたいが、既にハイカーらで場所取られている。full

20131208_sibafu

碓氷湖湖畔沿いの一部は、芝生になっているので、そこに座ってのんびりができる。club

20131128_kamamesi2

では、ここでお弁当タ~イム!。横川・碓氷峠の弁当と言えば、おぎのやの峠の釜めしでしょう。あらかじめ、横川駅で購入しておいたよ。riceball

20131128_kamamesi4

碓氷湖を眺めながら、頂きま~す。パクッ、うむこの味わいだね。delicious

湖畔沿い、瓦礫などが浮いていて、景観的にはちょっと残念...。weep

20131208_usuiko2

訪れたのは11月上旬である。紅葉に入りかけというところか。carouselpony

20131208_momiji2

紅色と黄色のコラボもまた、美しい。maple

20131208_dam

こちらは、坂本ダム。ダム上は歩道になっています。building

20131208_dam2

反対側は、ダム放流崖になっている。おぉ、こわ~。eye

20131208_sansakuro

碓氷湖湖畔は1周散策路となっています。1周約1.2kmで20分でまわれます。carouselpony

20131208_hasi

平成6年に完成したほほえみ橋だ。event

20131208_yama

ほほえみ橋、真ん中からの眺め。fuji

20131208_tuukoudome

現在、通行禁止箇所があり、湖畔1周ぐるりはできません。なので、引き返しました。danger

20131205_usui_lake

山に囲まれた碓氷湖。秋の景観を楽しめるスポットですな。という事で、碓氷湖訪問レポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、ここへはウォーキングイベントに参加しにやってきたのです。その時の記事は、「駅からハイキング「中山道坂本宿と「アプトの道」ハイキング」に参加してきた(2013.11.09)。」へどうぞ。paper

「碓氷湖」 群馬県安中市松井田町坂本 旧国道18号線沿い 駐車場ありinfo02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 7日 (土曜日)

碓氷第三橋梁(めがね橋)を訪れた2013。

碓氷峠の代表的な建造物。立派なレンガ造りアーチ橋だ。sagittarius

20131205_meganebasi2

さて、やってきたところは、群馬県安中市にある碓氷第三橋梁です。通称、めがね橋。4年ぶり2度目の訪問だ。明治26年(1893年)竣工、碓氷旧線が廃線になる昭和38年(1963年)まで使用された鉄道橋。碓氷川に架かる煉瓦造りの4連アーチ橋は、見事な美しさだな。virgo

20131205_tunnel5c

横川駅から碓氷旧線を遊歩道として整備されたアプトの道をてくてく歩いてきて、碓氷5号トンネルをくぐり抜けると、めがね橋だ。eye

JR東日本・大人の休日倶楽部のテレビCMでお馴染みのシーン。吉永小百合さんいる?。tv

20131205_meganebasi

横川駅から約4km、アプトの道を歩いて約60分でめがね橋に到着。橋上には、多くの観光客・ハイカーが多く訪れているね。cancer

めがね橋は、アプトの道平成13年(2001年)開通にあわせて、遊歩道化渡り歩く事ができるようになりました。snail

20131206_usui_sinsen

橋から先にも橋梁が見えるが、あれは碓氷新線(信越本線)だ。北陸新幹線(長野新幹線)が開通する平成9年(1997年)まで使用されていた。当時はL特急あさま号が走っていたんだな。bullettrain

20131206_hasi1

めがね橋をおそるおそる渡りきった。全長91m。高い所が苦手な人にとっては、恐怖な橋渡りである。手摺りがかなり低い位置だし、こわいこわい。crying

20131206_kaidan

旧国道18号線に向かう階段。下へ降りてみよう。snowboard

20131206_hasi2

下から見上げるめがね橋。こうやって見ると、大きな橋だな。fastfood

20131206_hasi3

見事なアーチ橋だな。明治時代の鉄道遺産。国指定重要文化財となっている。carouselpony

20131206_hasi4

少し紅葉となっているめがね橋。天気が良く、青空だぁ。sun

20131206_hasi5

それにしても、橋上手摺りに寄りかかっていてこわくないのかなぁ。weep

20131206_hasi6

下は碓氷川が流れる。川底から橋上は高さ31m。結構高さあるぞ。building

20131206_yamahiru

山中だけに、山ヒル注意である。danger

20131206_kaidan2

急な階段を登り、橋上へ戻ります。sweat01

20131206_time_table

時刻表が掲示されていました。旧国道18号線を経由する路線バスが季節限定で運行されます。めがね橋バス停は、軽井沢駅行きが11時10分発、横川駅行きが13時17分発である。運転日はGW・夏期・秋期のみ。bus

20131205_tunnel6

アプトの道は平成13年(2001年に)に横川駅~めがね橋間で開通した。6号トンネルからこの先熊ノ平までは、平成24年(2012年)4月に延長開通した。fish

20131206_hasi7

秋深まり、紅葉してきためがね橋。これからも、残していって欲しい建造物ですな。key

という事で、碓氷第三橋梁・めがね橋訪問レポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問記事は、「碓氷第三橋梁「めがね橋」を訪れた2009。」へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、ここへはウォーキングイベントに参加しにやってきたのです。その時の記事は、「駅からハイキング「中山道坂本宿と「アプトの道」ハイキング」に参加してきた(2013.11.09)。」へどうぞ。paper

「碓氷第三橋梁(めがね橋)」 群馬県安中市松井田町 全長91m 川底からの高さ31m 国重要文化財info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 6日 (金曜日)

旧熊ノ平駅を訪れた2013。

急勾配が続く碓氷峠。昔、ここに駅が開設されていました。subway

20131206_kumanotaira_st

さて、やってきたところは、群馬県安中市にある熊ノ平駅です。碓氷峠を越える信越本線の横川駅~軽井沢駅の中間に位置する。勾配が続く中、唯一の平坦地なのだ。碓氷線が開通した1893年に開業し、北陸新幹線(長野新幹線)の開業によって1997年に廃止された。現在、駅構内は人の立ち入り・見学が可能となっている。cancer

20131206_senro

熊ノ平駅は、碓氷線が単線であったため、上り列車と下り列車のすれ違いと、蒸気機関車への給水・給炭の目的で設置されました。spa

その後、明治45年、我が国の幹線鉄道として初めて電気機関車が導入されました。bullettrain

20131205_hendensyo

こちらは変電所。flair

20131206_hendensyo2

廃墟感が雰囲気を醸し出す?。key

20131206_kaitunohi

構内中央部、上り線ホーム?に、アプト式開通の碑が設置されている。airplane

20131205_kumanodaira2

その後、昭和38年アプト式の旧碓氷線の廃止と、同41年の碓氷新線の複線化により、熊ノ平駅は信号場に降格となり、平成9年の碓氷線の廃線とともにその使命を終えました。japanesetea

20131206_senro2

この先は軽井沢方面。ここより先へは進めないが、アプトの道を整備して開通できたらいいのにね。catface

熊ノ平駅周辺は、紅葉の名所としても知られ、文部省唱歌「紅葉」は作者の高野辰之がこの周辺の紅葉を詠ったと云われています。maple

20131206_kaidan

熊ノ平駅から下へ降りる階段が設置されています。snowboard

20131206_parking

階段を降りると、国道18号線(旧道)が通っています。ここに、熊ノ平駐車場(無料)があるので、ドライブの休憩に熊ノ平駅を見学してみるのもいいかもね。rvcar

20131206_bus_stop

ここには、熊ノ平駐車場バス停があります。JRバス関東の運行で、季節運行・1日1便です。熊ノ平駐車場バス停の発車時刻は、軽井沢駅行きが11時30分、横川駅が13時09分です。運行日は、GW・夏期・秋期。2013年度の運行日は、4月27日~5月6日・7月20日~8月18日・10月19日~11月10日となっている。bus

20131205_kumanodaira1

熊ノ平駅に戻ってきました。こちらは、横川駅方面のトンネル入口。sagittarius

20131206_bosizou

熊ノ平殉難碑「母子像」が設置されています。昭和25年6月9日朝に起きた山崩れでは、職員宿舎を押し流し、鉄道員家族、復旧にあたっていた人々を一瞬にのみ込み、50名もの尊い命が奪われました。乳飲み子をしっかり抱えた若い母親が、押しつぶされた官舎の中から発見された時は、居合わせた若い救助隊員の涙を誘ったといわれています。shadow

20131206_inari_jinjya

隣接して、稲荷大明神が祀られています。shadow

20131206_onigiri

おにぎりを頂きながら、ちょいとベンチにて休憩だ。riceball

20131206_photo1

昔、熊ノ平駅が開業していた頃の写真が掲示されていました。camera

20131206_photo2

機関車に引っ張られる特急電車も、今では貴重な光景だ。movie

20131206_tunnel

ここ熊ノ平駅から横川駅まで、旧碓氷線上り線を遊歩道として整備したアプトの道約6kmがあります。shoe

という事で、熊ノ平駅(熊ノ平信号場)を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、ここへはウォーキングイベントに参加しにやってきたのです。その時の記事は、「駅からハイキング「中山道坂本宿と「アプトの道」ハイキング」に参加してきた(2013.11.09)。」へどうぞ。paper

「熊ノ平駅(熊ノ平信号場)」(くまのたいら) 群馬県安中市松井田町坂本 1893年開業・1997年廃止info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 5日 (木曜日)

アプトの道(後半・峠の湯~熊ノ平)トンネル10ヶ所くぐり抜ける2013。

鉄道廃線跡を利用した遊歩道でアプトの道を散策、後半戦!。boutique

20131205_tougenoyu

さて、ここは、アプトの道中間地点「峠の湯」です。前半(横川駅~峠の湯間)はトロッコ線沿いに歩いてきたが、後半(峠の湯~熊ノ平)は10ヶ所のトンネルをくぐり抜けて行きます。後半約3.3km、登り坂頑張って歩いていきましょう。shoe

20131205_kitahara_hakusyu

こちらは、北原白秋が詠んだ「碓氷の春」の記念碑です。白秋が信濃を訪れた帰り、ここ碓氷峠で「碓氷の春」と題して詠んだと言われています。pen

20131205_tunnel1

さぁ、最初のトンネル「1号トンネル」です。長さは183m。ドキドキ。one

20131205_tunnel1b

トンネルに入ったぁ。レンガ造りそのままでしょうか。flair

20131205_road1

1号トンネルを抜けました。峠越えの雰囲気が出てきたぞ。bicycle

20131205_kyouryou2

碓氷第二橋梁を渡ります。bar

20131205_tunnel2

2号トンネルを入ります。長さは113m。two

20131205_tunnel2b

2号トンネルを抜けると、右手に見えるのは、...。ear

20131205_usui_lake

ここは、碓氷湖です。帰り戻ってきたら、お弁当タイムにする予定。先へ進もう。dash

ちなみに、ここでのレポは、「秋の碓氷湖を訪れた2013。」へどうぞ。paper

20131205_road2

木々のトンネルもいい感じ。秋に入り落ち葉も出てきている。maple

20131205_nakao_koya

こちらは、中尾小屋。休憩所です。spa

20131205_tunnel3

3号トンネルを入ります。長さは78m。three

20131205_tunnel4

トンネルを抜けると、すぐトンネルが..。次は4号トンネルに入ります。長さは100m。four

20131205_tunnel5

5号トンネルを入ります。長さは244m。five

20131205_tunnel5b

ちょっとした洞窟探検?。左カーブしながら進んでいくと...。moon3

20131205_tunnel5c

5号トンネルを抜けると、吉永小百合さんがいる?。JR東日本:大人の休日倶楽部のCMでお馴染みのシーン。アプトの道での、メイン観光スポットだ。tv

20131205_meganebasi

ここは、碓氷第三橋梁です。通称「めがね橋」だ。遊歩道として整備されていて、渡る事ができるよ。観光客多いね。eye

とはいえ、皆さんよく手摺り付近にいられるよなぁ...。自分は真っ直ぐ見たまま、へっぴり腰でのそのそと前へ歩いていきます。膝プルプル腰ガクガク、変な汗が出ます。sweat01

20131205_meganebasi2

ちなみに、今渡っためがね橋がこれだぁ~。碓氷川に架かる煉瓦造りの4連アーチ橋で、碓氷峠の代表的な建造物である。いゃあ~、かっこいいね。building

川底からの高さが31mの地点を、必死な思いで渡り歩いた橋です。crying

ちなみに、ここでのレポは、「碓氷第三橋梁(めがね橋)を訪れた2013。」へどうぞ。paper

20131205_tunnel6

アプトの道はここまでだったが、2012年4月から、この先熊ノ平まで延長開通した。では、6号トンネルに入ります。長さは546m。10のトンネルの中では最長だ。six

20131205_tunnel6b

トンネルの途中、外が見える空間があり。外からの光が入って、ここだけ明るいぞ。eye

20131205_kyouryou4

碓氷第四橋梁を渡る。続いて、碓氷第五橋梁も渡る。fish

20131205_tunnel7

7号トンネルに入ります。長さは75m。10のトンネルの中では最短である。seven

20131205_tunnel8

続いて、8号トンネルに入ります。長さは92m。eight

20131205_kyouryou8

碓氷第六橋梁を渡る。key

20131205_tunnel9

9号トンネルに入ります。長さは120m。nine

20131205_tunnel10

そして、最後のトンネル、10号トンネルに入ります。長さは103m。onezero

20131205_tunnel10b

アプトの道最後のトンネルを抜けると、...。bar

20131205_kumanodaira1

アプトの道の終点、熊ノ平に到着です。峠の湯から45分かかりました。(横川駅からは75分)。motorsports

20131205_hendensyo

横川~軽井沢間で唯一の平坦地。旧碓氷線が通っている時は、熊ノ平駅として開業していた。新線が完成し旧線が廃止になると、駅が廃止され信号所となった。signaler

この建物は、旧変電所です。thunder

20131205_kumanodaira2

アプトの道はここ熊ノ平まで。この先の軽井沢まで開通するといいのにね。そうしたら、トロッコが走りそうかな?。subway

ちなみに、ここでの詳細記事は、「旧熊ノ平駅を訪れた2013。」へどうぞ。paper

昔の鉄道遺産の雰囲気を味わいつつ休憩。この後は、折り返し戻ります。snail

20131205_map

という事で、アプトの道後半レポでした~。happy01

ちなみに、アプトの道前半レポは、「碓氷峠鉄道文化むらの展示車両を眺めながらアプトの道を歩く2013。」へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、関連詳細記事は、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、横川・碓氷峠へはウォーキングイベントに参加しにやってきたのです。その時の記事は、「駅からハイキング「中山道坂本宿と「アプトの道」ハイキング」に参加してきた(2013.11.09)。」へどうぞ。paper

上地図位置(中央部)は、碓氷第3橋梁(めがね橋)です。search

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 4日 (水曜日)

明治神宮野球場でグラウンド開放、つばみ出没2013。

野球場のグラウンドに降り立ったぞ。baseball

20131204_kyujyou3

さて、やってきたところは、東京都新宿区にある明治神宮野球場です。アマチュア野球の聖地であるし、プロ野球東京ヤクルトスワローズの本拠地でもある。まぁ、神宮球場ですな。今、グラウンドにいます~♪。golf

20131204_tubami

おっ、リボンが付いているこの後ろ姿は...。ribbon

20131204_tubami2

スワローズのマスコットキャラクター「つばみ」で~す。決めポーズ、して頂けました。chick

20131204_tubami3

つばみちゃん、訪れた人たちと記念写真撮影にも対応していました。camera

20131204_ground2

人工芝グラウンドに来たならば、やっぱり座りましょう。足のびのび~~。芝生の触り心地もいい感じ。寝っ転がってもいいかも。shoe

20131204_benti2

選手や監督らがいるダグアウト。ちょっと入ってみよう。door

20131204_benti

ベンチに座って、選手気分♪。chair

20131204_ground3

ピッチャーマウンドやベース塁上は、シートが敷かれていました。マウンドからホームベースへイメージで投げてみた。えいっ。basketball

20131204_kyujyou2

こちらは、外の外野中央付近。event

20131204_uketuke

今回、グラウンドに立ち入る事ができたのは、JR東日本が主催のウォーキングイベント「駅からハイキング」に参加して、そのコースポイントに神宮球場があったから。その参加者だけに、外野グラウンドが開放されたのだ。train

20131204_tuuro

三塁側入口から入って、直接進んでいくと、もうグラウンドだ。door

20131204_ground1

参加者専用の開放の為、グラウンド内人がとても少なく...。なんか、贅沢なグラウンド開放になったなぁ。まっ、貴重な体験でした。ring

20131204_kyujyou

神宮球場はオフシーズンの時期に、耐震補強工事が行われています。danger

という事で、神宮球場のグラウンドに立ち入ったレポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その時の参加記事は、「駅からハイキング「家族で楽しもう 晩秋の明治神宮外苑周辺散策」に参加してきた(2013.11.30)。」へどうぞ。paper

「明治神宮野球場 外野グラウンド開放」 2013年11月30日(土) 10時~14時 東京ヤクルトスワローズのマスコット「つば九郎」または「つばみ」との記念撮影会を予定(10:30~11:30・13:00~14:00)info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月 3日 (火曜日)

神宮外苑の銀杏並木を訪れた2013。

初冬にいちょうの木々が黄金色に彩るよ。xmas

20131203_icyou3

さて、やってきたところは、東京都港区にある神宮外苑のいちょう並木です。青山通りから聖徳記念絵画館に向かって続く約300mのいちょう並木は必見だ。cancer

20131203_icyou1

銀杏並木には、多くの人が訪れています。とても大混雑だ。黄色のいちょうのトンネルは、ちょっと幻想的。run

20131203_icyou5

通り沿いには、計146本のいちょうが植えられているそうだ。penguin

20131203_icyou4

黄色い葉が落ち葉となり、路面も黄色だ。maple

20131203_icyou6

少し落ち葉が多くなったかな。でも、あともう少し見頃が続くそうです。沿道にも写真撮影する人が多いですな。camera

20131203_roten1

噴水公園周辺では、第17回神宮外苑いちょう祭りが開催中でした。バラエティー豊かな模擬店や全国各地の特産品を揃え、これまた多くの人があふれています。gemini

20131203_korokke

どのブースも行列で混んでいたので、さくっとコロッケを。これは、チーズフォンデュコロッケ。美味しいね。pig

20131203_roten2

地ビールやご当地グルメもあり、何を食べようか迷ってしまうよ。delicious

20131203_car1

聖徳記念絵画館前では、トヨタ博物館クラシックカーフェスタin神宮外苑が開催されていました。懐かしくもかっこいい車が勢揃いだ。car

20131203_car2

かっこいいねぇ。クラシックカーたちが周辺道路の走行パレードもあったようで...。bicycle

20131203_icyou2

噴水に反射したいちょうもいい感じ。黄色い木々が、なんか暖かい感じがしていいね!。spa

20131203_tirasi

という事で、神宮外苑のいちょう並木を散策したレポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その時の参加記事は、「駅からハイキング「家族で楽しもう 晩秋の明治神宮外苑周辺散策」に参加してきた(2013.11.30)。」へどうぞ。paper

「第17回神宮外苑いちょう祭り」 2013年11月16日(土)~12月9日(月) 10時~16時30分 外苑いちょう並木噴水公園周辺  <同時開催>トヨタ博物館クラシックカーフェスタin神宮外苑 2013年11月30日(土)10時~15時30分 聖徳記念絵画館前info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月 2日 (月曜日)

第43回東京モーターショーに行ってきた2013。

世界にまだない未来を競え。car

20131202_big_sight

さて、やってきたところは、東京ビックサイトです。ここで、第43回東京モーターショー2013が開催されました。車の祭典、訪れてみたよ。chick

予めセブンイレブンで前売券購入していたので、すんなりと入場できました。では、早速いろいろ展示見て回ってみよう。ticket

20131202_nsx

ホンダのNSXコンセプト。rvcar

20131202_levorg

スバルのレヴォーグ。rvcar

20131202_kopen

ダイハツのコペン。rvcar

20131202_atenza

マツダのアテンザ。rvcar

20131202_kaijyou

それにしても、会場内はすごい混雑ぶりである。cancer

20131202_taiken1

結構体験できるブースが多かったですね。airplane

20131202_gurumet

屋外では、フジテレビのサポートによるフードコート「ワールドフードカップ」を開催。めざましテレビのアナウンサーたちが推すグルメが勢揃い。restaurant

20131202_sijyou

屋上では試乗体験が。game

20131202_eyesight

スバルの運転支援システム「アイサイト」体験もあったね。eye

20131202_tomica

子供には嬉しいコーナーでしょうか。トミカのおもちゃが勢揃い。gemini

20131202_dry

アサヒのドライゼロのサンプリングが実施されていました。もちろん、頂きましたよ。present

20131202_dry_zero

アサヒ・ドライゼロは、ノンアルコールビール。アルコール0・カロリー0・糖質0なんですな。では、ゴクッ。ほぅ、ビール!。でも酔わな~い。beer

いろいろ会場内歩き回ったので、結構疲れるね。この辺で、会場を出る事にした。door

20131202_yurikamome

行きは、ゆりかもめに乗って来た。会場の最寄駅は、国際展示場正門駅。train

20131202_bus_noriba

会場からの帰りは、無料シャトルバスを利用しました。乗り場は東ゲート1階。会場の東京ビックサイトと東京駅丸の内北口を直通で結びます。bus

立ちでも構わない客はそんなに時間かからず乗車できます。着席の為の行列待ちは27分かかりました。watch

20131202_tokyo_marunouci

乗車した時間は24分。東京駅丸の内北口に到着しました。motorsports

20131202_tokyo_st

東京駅丸の内と言えば、このレンガ駅舎。見事ですなぁ。house

20131202_panf

各ブースで頂いたパンフレット類。いっぱいもらったので、家に帰ってゆっくりじっくりと見たいと思う。memo

という事で、東京モーターショー訪問レポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「第43回東京モーターショー」 2013年11月23日(土)~12月1日(日) 月~土:10時~20時 日:10時~18時 会場:東京ビックサイト 大人1500円info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月 1日 (日曜日)

みさとイルミネーション2013。

イルミネーションが点灯するようになると、冬が始まるって感じだな。snow

20131201_illumin4

今年も恒例のイルミネーション点灯の時期になりました。JR武蔵野線三郷駅前のイルミネーションも点灯開始されました。夜は寒いけど、帰宅時にイルミを見ると、ほっとするんだなぁ。shine

20131201_illumin2

北口時計塔には、ベルに雪の結晶、ツリーなどが...。今年は新しいオブジェが登場だな。xmas

20131201_jazz

点灯開始初日の、2013年11月30日(土)は点灯式が行われました。点灯後のお待ちかねは、ミサトミュージックメイツによる野外JAZZライブだ。イルミネーション点灯式よりも、地元三郷のビッグバンドによるジャズ演奏を聴くために訪れているといっても過言ではない。good

男性ボーカルを交えてのJAZZ演奏もまた良しだったね。karaoke

20131201_jazz2

点灯式終了後から、MISATO MUSIC MATESによるジャズ演奏がスタート。18時頃まで、数々の演奏に聴き入ってしまいました。時計台付近には、シャボン玉(泡?)が出ていて、雪みたいな演出もあった。最後の演奏曲は、「シング・シング・シング」でカッコよく決め、気分盛り上がりましたな。notes

昨年(2012年)は点灯式の日(点灯初日)が雨でジャズ演奏が中止になってしまったので、今年は天気が良く無事演奏できて良かったです。sun

ちなみに、12月21日(土)、三郷中央駅前のにおどり公園でXmas Concert in Misatoが開催されるようで、そこでも演奏しますと案内がありました。クリスマスのジャズコンサートがあるようで...。う~ん、その日は予定があって行けないなぁ。xmas

20131201_illumin1

反対側からのイルミネーション。先は三郷駅。train

20131201_gozen

点灯する前の北口時計塔。白色のイルミネーション用オブジェはこんな感じ。building

20131201_aisatu

点灯式は17時開始。市長をはじめ関係者の挨拶が行われました。三郷市のマスコットキャラクター「かいちゃん」も来ていたよ。chick

20131201_illumis1

南口に移動。イルミネーション、上からの眺めだ。eye

20131201_illumis2

イルミネーションには、かいちゃん&つぶちゃんのオブジェも登場!。flair

20131201_minami_hanbai

南口商店街による露店があり。riceball

20131201_illumis3

北口と南口、どちらも同じオブジェを使用しているみたいだ。club

20131201_illumis4

反対側からも見てみた。slate

20131201_kita_hanbai

北口も露店が出ていた。24hours

20131201_madranu

なので、マリエーヌのマドレーヌを購入した。1個50円と安いよね。cake

20131201_illumin3

三郷市のゆるきゃらであるかいちゃん&つぶちゃん。ついに、イルミで登場だな。今年は、北口と南口の時計塔にのみ、イルミネーション点灯である。点灯エリア的には、昨年までに比べ狭まる事になったが、まぁこれぐらいで良いのかも。pig

1月末まで点灯されるので、駅到着時にちょいと癒されて自宅へ帰れるかも。happy01

ちなみに、過去開催時のイベント記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

20131201_poster

「みさとイルミネーション2013」 JR武蔵野線三郷駅前(南口広場・北口広場) 点灯期間:2013年11月30日(土)~2014年1月31日(金) 点灯時間:17時~24時(12月まで)・17時~23時(1月から) 点灯式:2013年11月30日(土)17時~ 三郷駅前北口広場時計塔 野外JAZZライブ MISATO MUSIC MATESinfo02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »