« 和風庭園広がる檜町公園を訪れた2013。 | トップページ | 冬の本多緑道・本多の森を散策する2013。 »

2013年12月24日 (火曜日)

駅からハイキング「家族で楽しもう 晩秋の明治神宮外苑周辺散策」に参加してきた(2013.11.30)。

消防博物館・聖徳記念絵画館とスポーツ施設群。展示品、所蔵品で見る歴史と文化、いちょう並木の美しさ。maple

20131224_chuou_line1

さて、JR中央・総武緩行線に乗ってやってきたところは、信濃町駅です。週末恒例の駅ハイに参加だ。今回は、2013年11月30日(土)開催、駅からハイキング「家族で楽しもう 晩秋の明治神宮外苑周辺散策」です。train

都区内で開催の駅ハイは、約1年ぶりの参加になる。久しぶりだなぁ~。fastfood

20131224_uketuke

改札口を出て、券売所付近にてまず受付を済ませた。pass

20131224_panfu

受付時に、国立競技場がメインスタジアムとなる「ラグビーワールドカップ2019」ステッカーやパンフレット等が貰えた。present

20131224_sinanomati_st1

重要文化財に指定された重厚な建造物「聖徳記念絵画館」と展示でたどる江戸・明治の歴史。明治神宮野球場の外野グラウンドで、東京ヤクルトスワローズマスコット「つば九郎」「つばみ」と記念撮影はいかが。memo

今回は、約10kmのウォーキングコース。頑張って歩きましょう。信濃町駅を出発です。run

20131224_road01

まずは、外苑東通りを四谷三丁目方面へ歩いていきます。diamond

20131218_hakubutukan

コースポイントone箇所目は、「民音音楽博物館」です。信濃町駅から5分。民音音楽博物館は、西洋の音楽芸術を中心とした音楽専門博物館との事。入館無料という事なので、ちょいと入ってみた。chick

20131218_panfu_ura

まずは、古典ピアノ室に入りました。ここには、1793年にイタリア・ローマで制作された古典ピアノをはじめ、数々の歴史的ピアノを展示されています。event

モーツァルトが愛用したものと同型の“アントン・ワルター”をはじめ、16世紀~20世紀に亘るチェンバロ、古典ピアノ等を展示。トルストイも鑑賞したことがあるという自動再演ピアノでは、1000本以上のロールの中からクラシックの名曲を聴けるようです。slate

古典ピアノ演奏会が行われました。演奏時間は約20分程。いろんな古典ピアノによる生演奏に聴き入りました~。それぞれ個性的な音色で、違いを楽しめたよ。confident

オルゴール展示室でも約10分程実演があって、楽器展示室では楽器を手に触れられるものもあり、なかなか楽しめる。ガイドの方がいて、いろいろと丁寧に説明してくれますよ。notes

20131218_panfu

館内は写真撮影等は不可だが、1階エントランス付近での記念撮影であればOKらしいです。地階には、音楽ライブラリーやミュージアム・ホールがあります。wheelchair

ちなみに、ここでの詳細記事は、「民音音楽博物館にて古典ピアノを聴き入る2013。」へどうぞ。paper

20131224_road02

左門町交差点から、細い路地に入っていきます。snail

20131219_oiwainari

コースポイントtwo箇所目は、「於岩稲荷 陽運寺」です。民音音楽博物館から5分。こちらは、於岩稲荷田宮神社です。貧しかったお岩夫婦が篤い信仰心のおかげで裕福になったため、近隣の人々も夫婦の屋敷でもある田宮家の邸内にあった社を「於岩稲荷」として信仰するようになった。cancer

東海道四谷怪談のお岩は、大患いして頗る醜女となったので、夫が不義をしたうえにお岩を毒殺した為、その亡霊に報復されるというお話。夏の夜こわ~い話として、今も語り継がれている。book

四谷怪談は信仰者として名高かった「お岩」の名前だけを用いたもの。物語・フィクションですから...。実在の人物から200年後の作品で、お岩夫婦も怪談話とは大きく異なり円満でした。お岩さんは、家庭をとても大事にした貞淑な妻だったとも伝えられています。heart04

稲荷社は明治12年(1879年)に火事で焼失し、中央区新川に移転しました。戦後、昭和27年(1952年)に再びこの地に再建し現在に至っています。leo

20131219_youunji_hondou

於岩稲荷田宮神社とは道路を挟んで向かいにあるのが、陽運寺です。ここにも、お岩さんが祀られています。こちらは、綺麗なお寺ですな。陽運寺は、縁切り・縁結びに御利益があるとの事。さらに、芸能上達もあるようで...。carouselpony

20131219_ido

境内には、お岩さま縁の井戸があります。お清めの井戸はお岩さまも使っていたと伝わる。ある意味パワースポット?。impact

20131219_road1

住宅街の中、細い通り沿いにあります。右手に陽運寺があり、少し先の左手に於岩稲荷田宮神社があります。bicycle

ちなみに、ここでの詳細記事は、「四谷怪談のお岩さんを祀る於岩稲荷田宮神社と陽運寺を訪れた2013。」へどうぞ。paper

20131224_kaigyoujinosaka

再び、細い道を歩いていきます。戒行寺坂を下りていきます。別名「油揚坂」ともいわれ、それは昔途中に豆腐屋があって、質のよい油揚げをつくっていたからこう呼ばれたという。通りには、源清麿の墓など史跡が多い。riceball

20131224_road03

大通り国道20号線に出てきました。半蔵門から新宿方面へ向かう新宿通り。car

20131220_syoubousyo

コースポイントthree箇所目は、「消防博物館」です。於岩稲荷・陽運寺から19分。四谷消防署と併設されていて、場所は四谷三丁目交差点角地で、地下鉄四谷三丁目駅2番出口にも直結している。subway

20131220_time

入口では、時報と共にからくり時計が動きます。notes

消防博物館は、消防の歴史と活動に関する資料を展示している博物館だ。入館無料。では、中へ入ってみよう。door

20131220_hericopter4

1階エントランスには、東京消防庁に初めて導入された消防ヘリコプター「ちどり」が展示されています。シュド・アピエーション社製アルウェットⅢ型。昭和42年から57年まで活躍した。airplane

20131220_ponpusya

地下1階は、「消防自動車の変遷」ゾーン。左がスタッツ消防ポンプ自動車、右がマキシム消防ポンプ自動車。大正6年、東京に初めて消防ポンプ自動車が導入され、それ以来、年々進歩を遂げています。

20131220_hericopter1

5階の屋上には、消防ヘリコプター「かもめ」が展示されています。このヘリコプターには、操縦席に乗る事ができるよ。penguin

20131220_hericopter3

ちょいと狭いが、よいこらしょっと中に入ってみた。操縦機器も残されているよ。ヘリコプターって、すぐ下も見れるのだな。う~ん、こわいな...。weep

20131220_tenbou1

10階展望休憩室に来ました。西方向、新宿通り新宿方面の眺め。高さあるので、写真撮りながら体ブルブル...。camera

20131220_panfu2

アンケートを記入し、受付に提出すると、もれなく、オリジナルクリアファイルが貰えます。memo

ちなみに、ここでの詳細記事は、「消防博物館にて見学してきた2013。」へどうぞ。paper

20131224_road04

四谷4丁目交差点を渡ります。斜め右前方向の道を歩いていく。spade

20131221_sinjyuku_gyoen

新宿御苑の入口(大木戸門)です。新宿御苑、まだ中に入った事は無いんだよなぁ。機会を作って訪れてみたいものである。club

20131221_sanpomiti1

コースポイントfour箇所目は、「玉川上水・四谷大木戸跡」です。消防博物館から9分。ここは、玉川上水・内藤新宿分水散歩道です。新宿御苑内に整備された遊歩道で延長540mである。「旧新宿門」・「大銀杏」・「大木戸」の3区間から成る。shoe

遊歩道沿いに流れる水源には、国道20号新宿御苑トンネル内の共同溝に湧出した地下水を利用している。水路底には、粘土を使用し、自然な流れを再現しているのだ。aquarius

20131221_sanpomiti2

玉川上水は、多摩川の羽村堰(東京都羽村市)で取水し四谷大木戸までは開渠で、四谷大木戸から江戸市中へは石樋・水樋といった水道管を地下に埋設して通水した。羽村から四谷大木戸までの約43km、全て掘って作られたとの事。すごいな。scissors

歩道沿いには、武蔵野の雑木林で生育する草本類を中心に植栽されています。club

20131221_isibuminoki

こちらは、玉川上水開削の由来を記した記念碑「水道碑記」(すいどうのいしぶみのき)です。高さ4.6m、幅2.3mある。四谷区民センター付近に建つ。この付近に玉川上水の水を管理した水番所が存在していました。building

「四谷大木戸」は甲州街道を通って江戸に出入りする通行人や荷物を取り締まるための関所で、現在はこの付近に石碑がたつ。cancer

ちなみに、ここでの詳細記事は、「玉川上水・内藤新宿分水散歩道を少しだけ歩く2013。」へどうぞ。paper

20131222_tounomine2

コースポイントfive箇所目は、「多武峯内藤神社」です。とうのみねないとうじんじゃと読む。四谷大木戸跡から6分。徳川家康の家臣である内藤清成が、屋敷内(現在の新宿御苑)に家祖である藤原鎌足公を祀り、神社を創建。その後、明治19年(1886年)に現在地へ移転した。gasstation

20131222_syunmezuka

境内には土地の由来である「駿馬塚」(しゅんめづか)の碑が立つ。内藤清成の駿馬の伝説にかかわる石碑である。徳川家康は江戸入府後、家臣の内藤清成を呼び、現在の新宿御苑一帯を示し、「馬でひと息に回れるだけの土地を与える」と語ったという。leo

清成の乗った駿馬は、南は千駄ヶ谷、北は大久保、西は代々木、東は四谷を走り、疲れ果て死んでしまったので、大樫の下に埋められたと伝えられる。horse

20131222_syunmeden

そうして、周囲一帯は内藤清成が徳川家康から拝領した土地となった。駿馬殿がありますね。crown

ちなみに、ここでの詳細記事は、「多武峯内藤神社を立ち寄った2013。」へどうぞ。paper

20131224_sports_musium

コースポイントsix箇所目は、「秩父宮記念スポーツ博物館」です。多武峯内藤神社から8分。国立競技場内にある施設。日本の古いスポーツから現在までのスポーツの歴史を見学できる。現在、国立競技場の55年間を振り返る特別展「SAYONARA国立競技場」を開催している。入館料は300円。run

20131204_kyujyou2

コースポイントseven箇所目は、「明治神宮野球場」です。甲子園球場竣工後、東京での六大学野球連盟結成の動きなどに応じ、大正15年に竣工。東京六大学・東都大学野球リーグ戦やプロ野球東京ヤクルトスワローズ戦などが行われている。baseball

20131204_uketuke

なんと、駅ハイ参加特典でグラウンドに立ち入る事ができるのだぁ。早速行ってみよう。train

20131204_tuuro

三塁側入口から入って、直接進んでいくと、もうグラウンドだ。door

20131204_ground1

参加者専用の開放の為、グラウンド内人がとても少なく...。なんか、贅沢なグラウンド開放だなぁ。ring

20131204_kyujyou3

ピッチャーマウンド付近からバックスクリーンを眺める♪。golf

20131204_tubami

おっ、リボンが付いているこの後ろ姿は...。ribbon

20131204_tubami2

スワローズのマスコットキャラクター「つばみ」で~す。決めポーズ、して頂けました。chick

20131204_tubami3

つばみちゃん、訪れた人たちと記念写真撮影にも対応していました。camera

時間指定で「つば九郎」や「つばみ」が登場して、いろいろとポーズしてくれました。cancer

20131204_ground2

人工芝グラウンドに来たならば、やっぱり座りましょう。足のびのび~~。芝生の触り心地もいい感じ。寝っ転がってもいいかも。shoe

20131204_benti2

選手や監督らがいるダグアウト。ちょっと入ってみよう。door

20131204_benti

ベンチに座って、選手気分♪。chair

20131204_ground3

ピッチャーマウンドやベース塁上は、シートが敷かれていました。マウンドからホームベースへイメージで投げてみた。えいっ。basketball

贅沢なグラウンド開放。駅ハイ参加者だけの企画という貴重な体験ができました。cat

20131204_kyujyou

神宮球場はオフシーズンの時期に、耐震補強工事が行われています。danger

ちなみに、ここでの詳細記事は、「明治神宮野球場でグラウンド開放、つばみ出没2013。」へどうぞ。paper

20131224_rugby

コースポイントeight箇所目は、「秩父宮ラグビー場」です。明治神宮野球場から2分。昭和22年に完成した、日本の中心的ラグビー場。東大阪市の近鉄花園ラグビー場とともに、「西の花園、東の秩父宮」と並び称される。basketball

この日は、試合が開催されたようです。tennis

20131224_aoyama_boti

都立青山霊園(青山墓地)を通り過ぎる。広い霊園だね。think

20131224_road05

車はトンネルに入るが、歩道は橋になっている。fish

20131224_road06

乃木坂経由で六本木へ。六本木は華やかだねぇ。snow

20131223_midtown1

コースポイントnine箇所目は、「東京ミッドタウン」です。秩父宮ラグビー場から25分。2007年に開業した東京ミッドタウン。ホテルや「サントリー美術館」などの文化施設、商業店舗、オフィス、住居、病院、公園などが集約された複合施設。周囲には檜町公園など、広い緑地が広がっている。building

建物の中のショップなども多くの人が訪れているね。外国人も多いなぁ。gemini

20131224_syasin

富士フィルムの写真歴史博物館がありました。なかなか興味深い博物館だったよ。入場無料。camera

20131223_ike3

区立檜町公園にやってきたです。東京ミッドタウン内東側に位置する公園だ。高層ビルが建て並ぶ六本木に癒しの空間があるんだな。clover

20131223_park2

水の流れもあって、見事な造りである。aquarius

その昔、檜が多いことから「檜屋敷」と異名をとった萩藩・毛利家の麻布下屋敷の庭園跡です。house

20131223_park3

ほとんど落ち葉となり枝だけになっていたが、ところどころ紅葉が残っていました。maple

20131223_park4

その広大な庭は「清水亭」と呼ばれ、江戸の町並みを一望できる名園として名を馳せました。奥にある建物に行ってみよう!。penguin

20131223_room

建物内は休憩所でしょうか。座って池を眺めることができるようになっている。japanesetea

20131223_ike1

そんな由緒正しい名園の緑は、公園となった今も、昔と変わらぬ「日本の美」を彩っていますな。xmas

20131223_ike2

池の水が透明なんだよね。池に映る大きなビルが...。event

20131223_tower1

そう、東京ミッドタウンのミッドタウン・タワー。高さは248.1mで都内では最高層だ。(国内第4位)。building

20131223_park1

大きなビルの前に、子供が遊べる遊具もあって、都心とは思える空間だな。event

檜町公園に隣接して、ミッドタウン・ガーデンがあります。現在は、ミッドタウン・クリスマスのイルミネーションが幻想的な夜を演出。芝生広場には約28万個のLEDが彩るようですね。すごいんだろうなぁ。shine

ちなみに、ここでの詳細記事は、「和風庭園広がる檜町公園を訪れた2013。」へどうぞ。paper

20131224_nogijinjya

途中、乃木神社に立ち寄った。乃木希典将軍と乃木静子夫人を祀る。 乃木夫妻が明治天皇大葬の日に、自刃した邸宅の隣地である。bud

20131203_icyou3

コースポイントonezero箇所目は、「明治神宮外苑いちょう並木」です。青山通りから聖徳記念絵画館に向かって続く約300mのいちょう並木は必見だ。cancer

20131203_icyou1

銀杏並木には、多くの人が訪れています。とても大混雑だ。黄色のいちょうのトンネルは、ちょっと幻想的。run

20131203_icyou5

通り沿いには、計146本のいちょうが植えられているそうだ。penguin

20131203_icyou4

黄色い葉が落ち葉となり、路面も黄色だ。maple

20131203_icyou6

少し落ち葉が多くなったかな。でも、あともう少し見頃が続くそうです。沿道にも写真撮影する人が多いですな。camera

20131203_icyou2

噴水に反射したいちょうもいい感じ。黄色い木々が、なんか暖かい感じがしていいね!。spa

20131203_roten1

噴水公園周辺では、第17回神宮外苑いちょう祭りが開催中でした。バラエティー豊かな模擬店や全国各地の特産品を揃え、これまた多くの人があふれています。gemini

20131203_korokke

どのブースも行列で混んでいたので、さくっとコロッケを。これは、チーズフォンデュコロッケ。美味しいね。pig

20131203_car1

コースポイントoneone箇所目は、「聖徳記念絵画館」です。岡山県万成産花崗岩、国産大理石などを使用し、大正15年竣工。明治維新を中心とした歴史的光景を描いた80枚の壁画が素晴らしい。art

聖徳記念絵画館前では、トヨタ博物館クラシックカーフェスタin神宮外苑が開催されていました。懐かしくもかっこいい車が勢揃いだ。car

20131203_car2

かっこいいねぇ。クラシックカーたちが周辺道路の走行パレードもあったようで...。bicycle

ちなみに、ここでの詳細記事は、「神宮外苑の銀杏並木を訪れた2013。」へどうぞ。paper

20131224_sinanomati_st2

ゴールの信濃町駅に戻ってきました。スタートしてからゴールまで5時間28分かかりました。いろいろと時間費やしたからなぁ。ちなみに、ゴール受付が15時までだったので、途中ルートを外れてゴール済ませておきました。motorsports

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:26381歩 消費カロリー:1189.9kcal 消費脂肪量:169.9g 歩行距離:19.00km 歩行時間:3時間56分 平均時速:4.62km/h エクササイズ量:13.5Exinfo02

20131224_kanbatch

恒例の缶バッチは、リゾートうみねこでした。present

20131224_tokuten

信濃町駅にあるアトレヴィ信濃町では、駅ハイ参加特典でサービスが受けられる。その中の1つ、千疋屋総本店で食事しようかと思ったけど、満席で待ち行列。う~ん断念...。weep

20131224_chuou_line2

帰りも中央・総武緩行線を利用。bullettrain

今回の駅ハイ参加で、今シーズン(2013年度)参加回数は15回目、駅ハイポイントは2ポイント加算して、合計38ポイントになりました。dollar

今回は四谷界隈の博物館やお岩さんを巡り、神宮球場のグラウンドに入れたし、クライマックス神宮外苑のいちょう並木を散策し、都心だけど自然も多いんだよね。maple

なかなか良いコースでした。立ち寄りスポットが多いので、時間長めに必要だな。happy01

ちなみに、関連詳細記事は、以下のリンク先へどうぞ。paper

20131224_map

JR東日本・駅からハイキング No.01303 「家族で楽しもう 晩秋の明治神宮外苑周辺散策」 2013年11月30日(土)実施 歩行時間:約2時間30分(見学時間等を除く) 歩行距離:約10kminfo02

スタート:信濃町駅→①民音音楽博物館→②於岩稲荷 陽運寺→③消防博物館→④玉川上水・四谷大木戸跡→⑤多武峯内藤神社→⑥秩父宮記念スポーツ博物館→⑦明治神宮野球場→⑧秩父宮ラグビー場→⑨東京ミッドタウン→⑩明治神宮外苑いちょう並木→⑪聖徳記念絵画館→ゴール:信濃町駅info02

(各写真画像をClickすると4倍拡大表示します)search

|

« 和風庭園広がる檜町公園を訪れた2013。 | トップページ | 冬の本多緑道・本多の森を散策する2013。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102007/58803507

この記事へのトラックバック一覧です: 駅からハイキング「家族で楽しもう 晩秋の明治神宮外苑周辺散策」に参加してきた(2013.11.30)。:

« 和風庭園広がる檜町公園を訪れた2013。 | トップページ | 冬の本多緑道・本多の森を散策する2013。 »