« 雲り空のマチガ沢出合2013。 | トップページ | 谷川岳ロープウェイで天神平へ2013。 »

2013年8月 1日 (木曜日)

日本三大岩壁の1つ、一ノ倉沢からの岩壁鑑賞2013。

日本三大岩壁の1つ、見事な岩壁を眺めよう!。ski

20130801_icinokurasawa2

さて、やってきたところは、群馬県みなかみ町にある一ノ倉沢です。2年ぶり2度目の訪問だ。谷川岳の山々が連なる中、日本三大岩壁の1つと言われている場所だ。いゃあ、壮大すごい迫力だ。leo

雨が降っていた事もあって、山上は雲で隠れてしまっている。う~ん、残念。weep

前で横1列に座っているけど、そこにいると、沢からの冷たい風を浴びて気持ちいいよ♪。penguin

20130801_icinokurasawa3

一ノ倉沢には、まだ雪が残っている。snow

20130801_icinokurasawa5

雪解け水になるでしょうか。水がサーっと流れる音が、リラックスできるのだ。aquarius

20130801_icinokurasawa6

おぉ、水が透明だね。ちょっと、手を水に触れてみると...。ひゃ~っ、すごく冷た~い。pisces

20130801_icinokurasawa4

ここから、さらに下へ流れていき、湯檜曽川へ注ぐ事になる。yacht

20130801_icinokurasawa8

土合駅から国道291号線でここ一ノ倉沢に歩いてやってきた。土合駅~一ノ倉沢間は約5.1kmで徒歩約60分。shoe

夏期期間は、谷川岳登山指導センター~一ノ倉沢間は車両通行止めとなる。なので、安全楽々で歩いて訪れる事ができるよ。rvcar

20130801_icinokurasawa7

当地方の方言で岩や岩壁のことを「クラ」と呼んでいますが、この岩場は、世界でも最も登攀の困難な岩壁の一つに数えられ(グレード6級)、日本アルプスの剱岳、穂高岳とともに日本三大岩場として知られており、谷川連邦随一の岩場であることから「一ノ倉」と名づけられています。japanesetea

日本三大岩場として登山家には人気だそうだ。しかし、本当に登れるのか?。coldsweats01

20130801_road

車道は一ノ倉沢までなので、来た道を戻ります。緑の木々の中、車が通らないから、鳥の鳴き声を聞きながら、気持ち良く歩けるよ。chick

20130801_ajisai

道脇には、ガクアジサイが咲いていました。雨あがりなので、花びらに水の雫が溜り綺麗だね。tulip

20130801_icinokurasawa1

晴れていれば、この看板の写真のようにしっかり山の屋根が見えるんだけど...。でも、見事な岩壁を鑑賞でき、しかも、冷んやり涼しむスポットとしてとても楽しめました。という事で、一ノ倉沢訪問レポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、周辺関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「一ノ倉沢」 国道291号線沿い(夏期は車両通行規制) JR土合駅から約5.1kminfo02

|

« 雲り空のマチガ沢出合2013。 | トップページ | 谷川岳ロープウェイで天神平へ2013。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102007/57901905

この記事へのトラックバック一覧です: 日本三大岩壁の1つ、一ノ倉沢からの岩壁鑑賞2013。:

« 雲り空のマチガ沢出合2013。 | トップページ | 谷川岳ロープウェイで天神平へ2013。 »