« 土合橋から湯吹きの滝を眺める2013。 | トップページ | 第19回矢切ビールまつり2013に行ってきた。 »

2013年8月 7日 (水曜日)

駅からハイキング「一村一山上越線 深緑の一ノ倉沢岩壁鑑賞ハイキング」に参加してきた(2013.07.13)。

日本3大岩壁の一つ“一ノ倉沢”をトレッキングで探訪。fuji

20130715_issonitiyama4

さて、上野から臨時快速「一村一山」号に乗車してやってきたところは、その列車の終点であるJR上越線土合駅です。この列車に乗車してきたという事は、そう、週末いつもの駅ハイに参加だ。今回は、2013年7月13日(土)実施、JR駅からハイキング「一村一山上越線 深緑の一ノ倉沢岩壁鑑賞ハイキング」です。train

9時24分土合駅に到着。谷川岳登山客ハイカーや鉄道好きの人らが下車し、ホームは混雑しています。gemini

20130727_ekimeihyou

この土合駅は、新清水トンネル内にある地下駅だ。地下とはいえ、標高は583.4mである。signaler

20130727_home2

地下70mに位置するホーム。トンネル内という事もあって、かなり涼しい。冷んやりします。さらに、湿気がすごいというかもやっています。fuji

20130727_tuuro1

本当にシェルターって感じだよね。では、下りホームから地上へ脱出だぁ。(笑)rock

20130727_moguraeki

ようこそ日本一のモグラ駅へ。下りホームから地上改札口へは、長い階段を登って行きます。この階段は、338m462段あります。さらに連絡通路を143m歩き(その内階段24段)、改札口に到着するのだ。ここからトータル481m歩くのだな。所要時間は約10分要します。memo

20130727_kaidan1

階段のスタート位置、上を見上げると...。階段がずーっと続く...。これを自力で登らなければなりません。ちょいと足の柔軟体操を行い、いざ登るぞ。penguin

20130727_kaidan3

270段目付近まできた。ここには、休憩用のベンチがあります。chair

脇は現在、水路となっている。エレベーターの設置スペースが確保されているが、実際設置する予定は無さそうだ...。carouselpony

20130727_kaidan4

階段登りつめたぞぅ~。ふぅ~~。階段数は462段。時間にして約7分。足のふくらはぎがパンパンです。さすが、土合駅名物階段だ。pen

20130727_kaidan5

下を見下ろすとこんな感じ。下りホームへ向かう場合は、ここから地下約70mへ降りていくんだな。denim

20130727_tuuro2

連絡通路から外の眺め。下は湯檜曽川が流れる。バックに山々が。いい景色だ。地上に出たんだなぁ~。fuji

20130727_tuuro3

少し狭い通路をまっすぐ歩いていく。ski

20130727_kaidan7

最後の12段、階段を登り、合計486段制覇だ!。いゃあ~、階段登ったねぇ。dog

20130715_yurucyara

下り地下ホームから長い階段を登り詰め、地上改札口に到着。ちょうど10分かかった。改札口前では、群馬県マスコットキャラクター「ぐんまちゃん」と水上温泉イメージキャラクター「おいでちゃん」が出迎えてくれました。おいでちゃん、1日駅長に任命?されているみたい。horse

ここで、駅ハイ受付を行った。d-point

20130727_kinen_kippu

恒例の缶バッチは、D51+C61SL重連レトロみなかみでした。あと、ミネラルウォーター1本貰えました。present

ついでに、土合駅記念入場券を購入しました。140円。日付刻印付きです。この入場券は、発売時刻から2時間以内1回限り有効と記されている。時間制限があるのね。ticket

20130715_doai_st

土合駅駅舎です。「関東の駅百選」認定駅である。crown

ちなみに、ここでの詳細記事は、「快速一村一山号に乗車してきた2013。」・「日本一のモグラ駅・土合駅の長い階段を登る2013。」へどうぞ。paper

谷川連峰を吹き抜けるさわやかなそよ風を体験ください。今回のコースは2年ぶり2度目。新緑を楽しみながら約9km頑張って歩きましょう。rock

20130727_tuuro6

先に見えるのが、先程歩いてきた改札口と下り線ホームを結ぶ連絡通路です。コースは、この国道291号線を往復するだけです。basketball

20130805_doai_fumikiri

ここは、土合踏切。JR上越線上り線は地上を走ります。ちょっとした滝が見えるね。鉄橋の先のトンネルは、群馬県と新潟県を結ぶ清水トンネルだ。全長約9.7km。subway

20130805_yubukinotaki1

コースポイントone箇所目は、「国道291土合橋」です。土合駅から8分。土合橋から「湯吹きの滝」を眺める事ができます。おぉ、幅といい、高さといい大きめな滝では。ゴーっという音がいいね。実は、この湯吹きの滝は、人工の滝である。レンガ造りの砂防堰堤なのだ。pisces

湯檜曽川から流れる水で、谷川山麓からの水とあって透明で綺麗だね。マイナスイオン浴びます~。shine

20130805_sindou

土合橋から湯檜曽川沿いを歩く、蓬峠方面への登山道(新道)がある。いつかは、ここを通って散策してみたいな。昔は駅ハイのルートだったようだが...。shoe

ちなみに、ここでの詳細記事は、「土合橋から湯吹きの滝を眺める2013。」へどうぞ。paper

20130807_road291_1

ずんずんとカーブしながら上り坂を歩いていきます。snowboard

20130807_road291_2

見下ろすと、土合駅上り線ホームが見えます。subway

20130807_doai_reienti

こちらは、土合霊園地。shadow

20130807_doai_reienzou

「山の鎮の像」です。あとは、慰霊塔などがあったね。shadow

20130807_roupway

まもなく、谷川岳ベースプラザだ。土合駅から20分。ここから谷川岳天神平へ向かうロープウェイが出ている。帰りに寄りますよ~。この辺りから、小雨が降り始めてきた...。drama

20130807_siryoukan

こちらは、谷川岳山岳資料館です。谷川岳など山に関する資料館だ。ちょっと中へ入ってみた。fish

20130807_kuma_hakusei

うぉっ、熊の剥製があった。horse

20130807_road291_3

ここ、谷川岳登山指導センター下から一ノ倉沢間は、指定期間中車両通行止めになります。歩行者と車両との事故防止・安全確保、自然環境破壊防止の為との事。なので、安心して歩くことができるね。ここから、マチガ沢へは1.7km、一ノ倉沢へは3.3kmである。bicycle

20130807_sidou_center

コースポイントtwo箇所目は、「谷川岳登山指導センター」です。土合駅から23分。休憩所として利用されています。hotel

20130807_road291_4

いきなり、急な坂をえいこらしょっと登っていきます。坂はここだけで、この先一ノ倉沢まではなだらかな道が続きます。snowboard

20130807_road291_5

緑の木々に覆われた道。おかげで、傘ささずに歩けます。緑の自然の中、気持ちが良いね。舗装された車道なので、歩きやすい。xmas

20130731_machigasawa4

コースポイントthree箇所目は、「国道291マチガ沢」です。谷川岳登山指導センターから21分。土合駅から42分。谷川岳の山々をバックに自然な景観が気持ちいい~。標高は835mだ。chick

20130731_machigasawa5

わずかだけど、マチガ沢に残雪が見えるね。さすがに、山頂部はもやっています。snow

20130731_machigasawa3

少し先へ進み、水が流れる沢に来た。山々から降りてくる、沢から流れてくる冷たい空気を浴びて、冷んやりとても気持ちいい~~~。沢の水は、とても冷た~い。penguin

その昔、マチガ沢の出合には三軒程宿があったらしく、畑や墓跡が残っています。清水峠をこえて越後から山道を夕暮れ時に疲れて下ってきた人が、このあたりで灯火を目にして「ああ、町が見える」と喜んで発した言葉がマチガ沢の由来といわれています。flair

20130731_iwa

でっかい岩ですなぁ。マムシ岩というらしい...。クライミングの練習に良さげみたい。coldsweats01

ちなみに、ここでの詳細記事は、「雲り空のマチガ沢出合2013。」へどうぞ。paper

20130731_route291

さらに国道291号線を北上歩いていきます。緑の木々の中、気分がいい~んです♪。xmas

20130801_icinokurasawa1

コースポイントfour箇所目は、「国道291一ノ倉沢」です。マチガ沢から17分。土合駅から59分。今回のウォーキングのメイン地点、一ノ倉沢。岩壁壮大だね。晴れていれば、この看板の写真のようにしっかり山の屋根が見えるんだけど...。eye

20130801_icinokurasawa2

コースポイントfive箇所目は、「岩壁鑑賞ポイント(折り返し)」です。谷川岳の山々が連なる中、日本三大岩壁の1つと言われている一ノ倉沢の岸壁。いゃあ、壮大すごい迫力だ。雨が降っていた事もあって、山上は雲で隠れてしまっている。う~ん、残念。weep

前で横1列に座っているけど、そこにいると、沢からの冷たい風を浴びて気持ちいいよ~♪。penguin

20130801_icinokurasawa3

一ノ倉沢には、まだ雪が残っている。snow

20130801_icinokurasawa5

雪解け水になるでしょうか。水がサーっと流れる音が、リラックスできるのだ。aquarius

20130801_icinokurasawa6

おぉ、水が透明だね。ちょっと、手を水に触れてみると...。ひゃ~っ、すごく冷た~い。pisces

20130801_icinokurasawa4

ここから、さらに下へ流れていき、湯檜曽川へ注ぐ事になる。yacht

20130801_icinokurasawa8

ここで、しばし休憩だ。冷たい風を浴びながら、岩壁を鑑賞しました。riceball

20130801_icinokurasawa7

当地方の方言で岩や岩壁のことを「クラ」と呼んでいますが、この岩場は、世界でも最も登攀の困難な岩壁の一つに数えられ(グレード6級)、日本アルプスの剱岳、穂高岳とともに日本三大岩場として知られており、谷川連邦随一の岩場であることから「一ノ倉」と名づけられています。japanesetea

日本三大岩場として登山家には人気だそうだ。しかし、本当に登れるのか?。coldsweats01

ちなみに、ここでの詳細記事は、「日本三大岩壁の1つ、一ノ倉沢からの岩壁鑑賞2013。」へどうぞ。paper

20130801_road

今回の駅ハイのコースは、土合駅と一ノ倉沢の単純な往復である。なので、来た道を戻ります。予定では、コースを外れて、新道・湯檜曽川沿いを歩こうかとしていたが、天候的に微妙なので回避した。weep

緑の木々の中、車が通らないから、鳥の鳴き声を聞きながら、気持ち良く歩けるよ。chick

20130801_ajisai

道脇には、ガクアジサイが咲いていました。雨あがりなので、花びらに水の雫が溜り綺麗だね。tulip

20130731_route291b

マチガ沢から反対方向の眺め。こちらも、山々が見えるのだ。これを見て、「街が見えた」と思ったのかなぁ。fuji

20130802_base_plaza

谷川岳ベースプラザに戻ってきました。一ノ倉沢から49分。せっかく訪れたのだから、コースを外れ、ロープウェイに乗って上へ行ってみよう。scissors

駅ハイ参加特典で、ロープウェイ料金2000円が1700円へ割引となった。ticket

20130802_gondra

ロープウェイ乗り場は7階です。連絡通路を歩きます。谷川岳ロープウェイは、複式単線自動循環式ゴンドラで愛称は「フニテル」。地上の土合口駅から山頂の天神平駅へは約7分で結びます。ship

20130802_ropeway

距離にして約2400m。しばしの空中遊泳を楽しもう。でも、高さある...。ブルブル。carouselpony

20130802_nagame2

谷川岳ロープウェイに乗って天神平駅に到着。おぉ、山の上に来たよ~。う~ん、いい眺めだぁ。fuji

20130802_nagame4

夏は緑色が広がる山ですな。天神平の標高は1319m。訪れた日の気温は約21度。なんとも、涼しいです。ここ天神平は、冬になると天神平スキー場として営業されます。ski

20130802_lift

さらに、天神平から天神峠へ行く天神峠ペアリフトがあります。往復700円。もちろん、行くよ!。pencil

20130803_lift1

リフトでのんびり約7分の乗車。結構、登っていくんだね。upwardleft

20130803_tenmangu

リフトから降りると、隣接して天満宮があります。ちょっと登ってみると、...。leo

20130803_tenjintouge2

岩場の上に立つと、山々を見下ろした。おぉ、いい景観だぁ。天神峠の標高は1502m。なかなか、いい高さだ。cat

20130803_nikkoukisuge1

ニッコウキスゲが咲き始めな感じです。正式名は、「ゼンテイカ(禅庭花)」でユリ科の一連の多年草だ。一般には、「ニッコウキスゲ(日光黄菅)」の名で呼ばれているけどね。tulip

20130803_nikkoukisuge2

ラッパ状で黄色の花びらが6枚ついている。かわいらしい感じだな。ニッコウキスゲの花言葉は、「日々新たに・心安らぐ人」との事。confident

20130803_tenjintouge6

リフト乗り場上の展望台にやってきた。遠くに見える山々もいいね。しかし、自分は高さがこわくて真ん中のスペースで足プルプルしています。手摺りに近づけないので、望遠機能を使って写真撮ってます...。camera

20130803_tenjintouge5

展望台から谷川岳方向を眺める。屋根づたいに雲がかかっているな。cloud

20130803_tenjintouge1

いゃあ~、展望台からの眺めは素晴らしい~♪。初夏の緑色が美しく映えるね。ここ天神峠から屋根づたいに登って行くと、谷川岳の山頂に着くんだな。fuji

しばし、眺めと空気をゆっくり味わいました。す~は~。confident

20130803_lift2

天神平への帰りもリフトを利用しました。安全バーがないので、乗車したらすぐ下り坂になるのだが、最初ものすごく揺れるので、ビビって両手しっかり座席にしがみついていました。でも、いい眺めだね。music

20130803_lift3

右手は高倉山から降りて行く中級コースのゲレンデです。snowboard

20130803_lift4

まもなく天神平に到着。初夏のグリーンが広がり、気持ちいいなぁ。riceball

ちなみに、ここでの詳細記事は、「谷川岳・天神峠からの山々の眺めは圧巻2013。」へどうぞ。paper

20130802_restran

お腹が空いたので、ちょいと腹ごしらえ。ロープウェイ乗り場に隣接して、ビューテラスてんじんレストランがあります。行ってみよう。pig

20130802_curry_beer

スキー場の雰囲気があるからね。やっぱりカツカレーだ。もちろん、生ビールと共に...。まずは、ゴクッ。ぷはぁ~~。うまい!。そして、パクッもぐもぐ。delicious

20130802_nagame3

レストランからも、眺めはいいですよ。cancer

前回、2年前に訪れたときは、山頂は霧に包まれまわりが全く見えなかった。だから、今回、山々の眺めが見る事ができて良かったよ。happy02

ちなみに、ここでの詳細記事は、「谷川岳ロープウェイで天神平へ2013。」へどうぞ。paper

20130805_doaibasi

この後は、ゴールの土合駅へ再び歩き始めます。ここが、国道291号線土合橋なのだが、車の場合は、ここに滝があるなんて思わないでしょう。ある意味、登山客・ハイカーが見る事が出来る滝なのかもね。wink

20130807_road291_6

土合踏切を渡る。この線路の先に土合駅がある。bullettrain

20130715_doai_st

土合駅に戻ってきました。土合駅下り線ホームからスタートし、一ノ倉沢・谷川岳に行って、ゴールの土合駅に戻ってくるまで4時間44分かかりました。ゴール受付はありません。motorsports

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:19374歩 消費カロリー:818.8kcal 消費脂肪量:116.9g 歩行距離:13.56km 歩行時間:2時間50分 平均時速:4.76km/h エクササイズ量:9.6Exinfo02

20130727_moguraeki2

ようこそ日本一のモグラえき・土合へ。denim

20130715_doai_st2

土合駅の上りホームは地上にあります。golf

20130715_issonitiyama6

朝乗車した一村一山号が折り返してきました。昨年まで運行していた183系の時は、一村一山号専用ヘッドマーク付きだったが、今回の485系はヘッドマークが無く「快速」の表示でした。rouge

20130715_syanai2

清水トンネルから来たからなのか、窓は白く曇っていて外が見えない...。coldsweats01

自由席車両は、土合駅にて乗車待ちで並ばずとも、かなり座席余裕があります。chair

20130715_issonitiyama7

帰りもこの快速一村一山号に乗車。14時32分土合駅を発車しました。penguin

2年ぶり、土合駅・一ノ倉沢の駅ハイ参加。一ノ倉沢は山頂付近もやっていて眺めはちょっと...でしたが素晴らしい岩壁を見れて良かった。そして、前回は濃霧で全く景色が眺められなかった谷川岳天神平・天神峠の眺めは絶景でしたな。涼しいハイキングとなり、楽しかったです。happy01

ちなみに、関連詳細記事は、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、過去の土合駅・一ノ倉沢の駅ハイ参加レポは以下のリンク先へどうぞ。paper

20130806_map

JR東日本・駅からハイキング No.05319 「一村一山上越線 深緑の一ノ倉沢岩壁鑑賞ハイキング」 2013年7月13日(土)実施 歩行時間:約3時間30分(見学時間等を除く) 歩行距離:約9kminfo02

スタート:土合駅→①国道291土合橋→②谷川岳登山指導センター→③国道291マチガ沢→④国道291一ノ倉沢→⑤岩壁鑑賞ポイント(折り返し)→⑥国道291一ノ倉沢→⑦国道291マチガ沢→⑧谷川岳登山指導センター→⑨国道291土合橋→ゴール:土合駅info02

(各写真画像をClickすると4倍拡大表示します)search

|

« 土合橋から湯吹きの滝を眺める2013。 | トップページ | 第19回矢切ビールまつり2013に行ってきた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102007/57913133

この記事へのトラックバック一覧です: 駅からハイキング「一村一山上越線 深緑の一ノ倉沢岩壁鑑賞ハイキング」に参加してきた(2013.07.13)。:

« 土合橋から湯吹きの滝を眺める2013。 | トップページ | 第19回矢切ビールまつり2013に行ってきた。 »