« ぶどうの丘のワインカーヴで県産ワインを試飲愉しむ2013。 | トップページ | 駅からハイキング「【勝沼ぶどう郷駅開業100周年記念】甚六桜とぶどうの郷を歩く」に行ってきた(2013.04.13)。 »

2013年6月 3日 (月曜日)

快速リゾート那須野満喫号に乗車してきた2013春。

リゾートやまどりの車両が武蔵野線東側も運転されたよ。aries

20130603_yamadoro1

JR武蔵野線南越谷駅ホームにいます。珍しいリゾート車両が停車しました。この列車は、快速リゾート那須野満喫号です。2013年6月1日(土)・2日(日)、新習志野~黒磯間を走る臨時列車。リゾートやまどりで使用されている485系6両編成だ。武蔵野線東側を運転するのは珍しいよね。bicycle

20130603_ikisaki

南越谷駅の行先案内板(発車標)には、「黒磯」と行き先があるのが不思議な感じ。gemini

もちろん、こういう珍しい列車なら乗りますよ~。全車指定席の列車なので、予め指定席券切符ゲット済みです♪。南越谷駅7時58分発車!。ticket

20130603_untenseki2

京葉線新習志野駅を出発し、西船橋~武蔵浦和間は武蔵野線、貨物線を経由し宇都宮線(東北本線)を通り黒磯へ向かう。運転席、窓が広いので、眺めがいいのだ。eye

ただ今、武蔵浦和駅を出て貨物線を走行。上の高架は埼京線・東北新幹線である。bullettrain

20130603_nagame

窓ガラスが大きいので、車窓を眺めも良し。田園風景を走行。carouselpony

20130603_yamadoro2

10時33分終点の黒磯駅に到着しました。いゃあ、快適だったね。sandclock

20130603_yamadoro3

黒磯駅にリゾートやまどりの車両が来るのも珍しい。drama

20130603_kangei

黒磯駅ホームでは、駅員などスタッフの方々が幕を掲げお出迎え歓迎のおもてなしがありました。ちょっと幕に書かれている文字が見づらかった...。snail

20130603_ikisaki2

もちろん、帰りもリゾート那須野満喫号で。黒磯駅の発車標。これまた珍しい「新習志野」行きなのだ。danger

20130603_yamadoro4

すでに、車両は入線済み。リゾートやまどり写真をパチリ。camera

20130603_sheet

発車まで、車内をブラリ。リゾートやまどりは、2+1の3列シート。ゆったり~なのだ。chair

20130603_sheet2

座席はシートピッチが1,200mm重厚感溢れる可動式のフットレストも備えています。rouge

20130603_sheet4

2号車だけは、シートピッチが1,550mmとさらに広い。search

20130603_sheet3

2号車の座席に座ってみた。足が短いから???。足を延ばしても、座席にぶつかりません。horse

20130603_table

2号車の座席は、前座席のテーブルに届かないので、ひじ掛けからテーブルを出す形となる。t-shirt

20130603_untenseki

1号車と6号車、列車と前方と後方には、展望室があります。ロングシート付きなので、座りながら展望できるよ。fish

20130603_kids_room

4号車には、キッズルームがあります。土足厳禁のカーペットが敷かれている。小さなお子さまと一緒にくつろげるスペースだ。chick

20130603_tatami

2号車には、ミーティング室「和」があります。ベンチ座面に畳を使用するなど“和”の雰囲気の安らぎスペースです。壁面には上毛三山(赤城・榛名・妙義)をイメージした絵が描かれています。japanesetea

帰り時、乗客の1つのグループが、ここで飲みが始まっちゃって、やたらに声が大きくもう不快でした。迷惑な乗客だなぁ...。angry

20120808_syaryou_setsubi_2

リゾートやまどり号の車両設備の紹介です。号車別座席番号がある座席表。(画像をClickすると約12.7倍拡大表示します)chair

1号車が新習志野方向、6号車が黒磯方向。黒磯行きの場合、左側が2列席(A・B)、右側が1列席(C)。foot

20130603_mataokosi

黒磯駅17時25分出発。また、ホーム上では駅員の方々が「またお越しください」と手を振ってくれてました。paper

20130603_beer

やっぱり、列車の中では缶ビールでしょう。那須森のビール園に立ち寄って、那須工場限定のプレミアムデゥンケルを買っておきました。では、ぷしゅ。グビグビ、ふぉ~、美味しい。beer

20130603_bokujyou

黒磯駅に到着してから、帰りの列車までの約7時間。列車名が那須野満喫という事なので、那須をぶらりとでかけてみました。南ヶ丘牧場で、牛乳を飲んで、ソフトクリームを食べて...。taurus

20130603_nasudake

那須岳の峰の1つである茶臼岳の山頂付近まで登ってみました。fuji

20130603_nasudake2

ゴツゴツとした岩がある急な登山道を1歩1歩ずつ...。snail

眺めは絶景ですなぁ...。天気が良い日で絶好な登山日和かも。他にもいろいろ那須で立ち寄りたいところがある為、時間の都合上、山頂までは行かず引き返しました。ちなみに、茶臼岳は標高1915m。fuji

ささやかながら、那須を満喫してきたよ。kissmark

20130603_ticket

リゾート那須野満喫号は快速列車である。全車指定席なので、乗車券の他には指定席券が必要。快速列車なので指定席料金は510円。シート設備の良いリゾートやまどりの車両でこの料金ならすごくお得だと思う。ticket

20130603_yamadoro5

いゃあ~、黒磯で乗車し乗り換え無しで武蔵野線の駅へ向かってくれるので、とても便利な列車だ。日帰り那須満喫の旅ができましたよ。という事で、快速リゾート那須野満喫号乗車レポでした~。happy01

≪追記≫ =======================================

2013年秋にも、快速那須野満喫号が運転されます。2013年10月27日に南越谷~黒磯間で、2013年11月3日に南越谷~新白河間で運転されます。車両は常磐線でお馴染みのE531系5両編成です。全車自由席です。train

20131028_kuroiso_in_1

写真は、2013年10月27日(日)に運転された快速那須野満喫号。E531系K459編成。黒磯駅3番線ホームにて。camera

ちなみに、E531系快速那須野満喫号乗車レポは、「快速那須野満喫号に乗車してきた2013秋。」へどうぞ。paper

=====================================================

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、帰りの発車時間までの空き時間は、那須を満喫してきました。その記事は、以下のリンク先へどうぞ。paper

「快速リゾート那須野満喫号」 運転日:2013年6月1日(土)・2日(日) 運転区間:新習志野~黒磯 全車指定席 485系リゾートやまどり 6両編成info02

|

« ぶどうの丘のワインカーヴで県産ワインを試飲愉しむ2013。 | トップページ | 駅からハイキング「【勝沼ぶどう郷駅開業100周年記念】甚六桜とぶどうの郷を歩く」に行ってきた(2013.04.13)。 »

コメント

欧風モダンな感じのするデザインでいいね~♪happy01 
車内にもいろいろな工夫が凝らされていてgoodgood
さかたんが苦情をもらすとは、余程マナーに欠けている人たちだったんだね(*`Д´*) 
 
やっぱり列車ではビールが一番だよね(o^^o)♪ドウカン♪ 
登山もしたんだ! 
景色が最高~~~♪ヾ(≧∇≦) 
急いで下山とは、続きが楽しみだhappy01

投稿: | 2013年6月 3日 (月曜日) 17時39分

こんばんわ~。paper

群馬県のキャンペーンで造られた車両で、群馬の山々の豊かな自然をイメージさせる車体色なんだそうです。fuji

通常は群馬県内で運転されるんだけど、今回は栃木県へ出張運転なのだ。ゆったり、いい列車だよ。bullettrain

いゃあ、静かな車内だったからね。すごくうるさい訳ではなかったけど、高い声で声が通る人がいてね...。ear

でも、ビールで満喫したよ。beer

時間が無かったのが表向きな理由だけど、いゃあ、ふくらはぎパンパンで、山登りこわくてねぇ...。高いところ苦手で、へっぴり腰でした。でも、雄大な景色はちらっちらっと頑張って見たぞ~。coldsweats01

投稿: さかきんぐ(管理人) | 2013年6月 3日 (月曜日) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102007/57510643

この記事へのトラックバック一覧です: 快速リゾート那須野満喫号に乗車してきた2013春。:

« ぶどうの丘のワインカーヴで県産ワインを試飲愉しむ2013。 | トップページ | 駅からハイキング「【勝沼ぶどう郷駅開業100周年記念】甚六桜とぶどうの郷を歩く」に行ってきた(2013.04.13)。 »