« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月30日 (日曜日)

八枝神社の大きなケヤキ・エノキ2013。

奇祭、どろいんきょが行われる神社です。horse

20130629_yaeda_jinjya

さて、やってきたところは、埼玉県上尾市にある八枝神社です。拝殿の周りには巨木に囲まれています。八枝神社は「平方の御獅子様」として近隣でも知られ、それは同社の特大の御獅子が、悪疫退散に霊験あらたかであったためである。leo

20130629_keyaki_enoki

八枝神社境内にあるケヤキとエノキの大木に圧倒される。すごい、大きいね。樹齢は400年から500年といわれ、樹高は約30m程である。これらの巨木群は市指定文化財となっている。xmas

20130629_ageo_st

上尾駅の駅名標には、平方どろいんきょ祭の写真が掲示されている。八枝神社の夏祭りに「どろいんきょ」という珍しい祭事が行われます。県指定無形民俗文化財。この祭りは水を撒いて泥んこにした家の庭で、更に水を浴びせながらいんきょさまと呼ばれる白木の神輿を転がし回す泥まつりです。scorpius

20130629_doroinkyo_tirasi

悪疫退散を願う天王社の夏祭り・天下の奇祭「平方のどろいんきょ」は、毎年7月中旬の日曜に行われる。今年(2013年)は7月14日(日)に開催。お山出し午後1時からで、お山納めは午後7時30分。すごそうな、お祭りだなぁ。coldsweats01

という事で、八枝神社訪問レポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その記事は、「駅からハイキング「上尾市市制施行55周年・上尾駅開業130周年記念 花しょうぶ園鑑賞と雄大な荒川沿いウォーキング」に参加してきた。」へどうぞ。paper

「八枝神社」(やえだじんじゃ) 〒362-0059 埼玉県上尾市大字平方488 TEL:048-725-2069info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月29日 (土曜日)

モクコクの寺、馬蹄寺を訪れる2013。

天然記念物モクコクのあるお寺を訪れた。xmas

20130629_bateiji

さて、やってきたところは、埼玉県上尾市にある馬蹄寺です。山門を入って左側に高床式鐘楼があります。bell

20130629_bateiji2

開山は、川越の名刹連馨寺と同じ感誉上人といわれ、天文年中(1532-55)に再興されたと寺伝に記されている。bag

20130629_mokukoku

境内中央にはモクコクの古木があります。building

20130629_mokukoku2

モクコクは幹周り1.5m、17本の大枝が半径7~8mに枝ぶりよく広がる様は見事(県指定天然記念物)、樹齢200年以上(650年とも言われる)と推定される。xmas

という事で、モクコクがある寺、馬蹄寺訪問レポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その記事は、「駅からハイキング「上尾市市制施行55周年・上尾駅開業130周年記念 花しょうぶ園鑑賞と雄大な荒川沿いウォーキング」に参加してきた。」へどうぞ。paper

「馬蹄寺」(ばていじ) 埼玉県上尾市大字平方2088info02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年6月28日 (金曜日)

荒川沿いの草原風景を歩く2013。

荒川沿いに草原風景が出現します。clover

20130628_kaiheibashi

さて、やってきたところは、埼玉県上尾市の荒川沿いです。先に見える水色の道路橋は、県道51号川越上尾線の開平橋です。これから、荒川沿いに荒川サイクリングロードを上尾市平方から畔吉まで、北上歩いていきます。shoe

20130628_cart

対岸には、リバーサイドフェニックスゴルフクラブのコース場があり、カートに乗って専用橋を渡って行きます。golf

20130628_road2

一部、サイクリング用と歩行者用で道が分かれているので安全です。bicycle

20130628_road1

とは言え、基本的に細い1本道なので、自転車ライダーからすれば、歩行者がいるとあまりスピード飛ばせない..。dash

20130628_appi

休憩ポイントとなる、「アッピーお休み処」があります。ちなみに、アッピーは上尾市のイメージマークだそうで、あげおの「ア」、上昇や向上を意味する「アップ」、さらに幸せの「ハッピー」を合わせた「アッピー」にという意味との事。japanesetea

20130628_appi2

アッピーお休み処からの眺め。空気が澄んだ時には富士山、秩父の山並み浅間連峰までが望める荒川堤。fuji

20130628_sougen1

おぉ、雄大に草原が広がる風景だなぁ。荒川河川敷とは思えぬ景観だ。テレビや映画などの撮影シーンにも使用されているようだ。mist

20130628_ushi

鎖につながっているとはいえ、間近に牛さんがいます。taurus

20130628_azeyosinowatasiba

こちらは、畔吉河岸跡です。(畔吉の渡場跡)。ここは、舟運が始まった江戸時代から大正末期まで続いた河岸です。舟運が盛んな頃は、下流にあった平方河岸とともに重要な役割を果たしていましたが、鉄道の開通(明治16年)により衰退していきました。今でも武蔵野の面影を残しています。yacht

20130628_road3

のんび~りした風景です。建物が無い、緑の草々が広がる草原風景。リフレッシュできる空間ですな。dog

20130612_enomoto_bokujyou2

先に進むと、何と!牧場があるのです!!。上尾はベットタウンの街なんだけど、こういう自然があるんですな。house

という事で、荒川沿い草原風景の中、サイクリングロードを歩いたレポでした~。happy01

ちなみに、過去記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その記事は、「駅からハイキング「上尾市市制施行55周年・上尾駅開業130周年記念 花しょうぶ園鑑賞と雄大な荒川沿いウォーキング」に参加してきた。」へどうぞ。paper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月27日 (木曜日)

小塚浅間塚を訪れる2013。

平方のパワースポットを訪れた。flair

20130627_ozukasengenzuka1

さて、やってきたところは、埼玉県上尾市にある小塚浅間塚です。「おづかせんげんづか」と読む。ここ毎年、同じ時期に訪れています。bicycle

20130627_torii

家の奥をくるっと進むと、鳥居があります。階段を登って行きます。手摺りがあるよ。foot

20130627_ozukasengenzuka2

登りつめました~。では、参拝。高さは約4.6m、1辺が約26mの方形の塚である。japanesetea

浅間塚は富士塚とも呼ばれ、江戸時代に流行った富士浅間信仰の流れの中で身近に富士山を模した塚を築き、祀ったものです。fuji

毎年7月1日の初山には、新生児の多幸を祈願する行事が行われます。chick

20130627_omotenasi

おもてなしがありました。ちょっと休憩しましょう。spa

20130627_mugicya

冷たい麦茶の無料サービスがありました。蒸し暑い日なので、とてもウマイ。japanesetea

20130627_yakitori

荒川を眺めながら、焼き鳥と焼きだんごを頂きます。riceball

20130627_yakitori2

焼き鳥、おかわり~。1本50円とリーズナブル。うむ、美味しい。delicious

20110614_setsumei

小塚浅間塚は、上尾市指定有形文化財に指定されている。霊峰富士を一望、平方のパワースポットなんだそうだ。御利益ありそうかな?。happy01

という事で、小塚浅間塚訪問レポでした~。wink

ちなみに、過去訪問記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その記事は、「駅からハイキング「上尾市市制施行55周年・上尾駅開業130周年記念 花しょうぶ園鑑賞と雄大な荒川沿いウォーキング」に参加してきた。」へどうぞ。paper

「小塚浅間塚」(おづかせんげんづか) 埼玉県上尾市平方3070-3info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月26日 (水曜日)

矢島園の水出し煎茶とグリーンソフト2013。

暑い時は、渋~くお茶のソフトアイスはいかが?。japanesetea

20130626_yasimaen

さて、やってきたところは、埼玉県上尾市にある茶の矢島園埼玉工場です。埼玉県道51号川越上尾線沿いにあります。gasstation

20130626_kyukeijyo

30度近い暑さの中歩いてきたので、ちょいと休憩だ。ここ数年この時期に毎年訪れているんです。さっ、日陰のテントの中で休憩だ。spa

20130626_mizudasi_sencya

矢島園の水出し煎茶を氷で冷やして試飲提供しています。おぉ、ありがたく頂きます。present

20130626_sencya

ふぉ~、冷たくて美味しい。濃いめの緑茶で味わい良し。おかわりも頂きました~。japanesetea

20130626_green_soft

ここでの1番の目的はコレ。そう、グリーンソフトです。200円。あと味さっぱり、ソフトクリームの形をした抹茶のアイスクリームだ。袋のパッケージには、小鳥のキャラクターが。アヒルかな?。グリンちゃんと言うそうだ。chick

20130626_green_soft2

ふたの部分もコーンでふさがれたアイス。直接ガブリと食べていきます。pig

20130626_green_soft3

抹茶の渋さが大人の味わい?!。蒸し暑い中なので、こういう冷たいものは助かるね。なかなか美味しく、ペロッと頂きました。delicious

20130626_mizudasi_sencya2

試飲で頂いた、水出し煎茶。お土産で購入してきました。1000円。ティーバックタイプになっているので、簡単にすぐ頂けるよ。夏にぴったり、美味しい緑茶です。japanesetea

という事で、茶の矢島園埼玉工場で、水出し煎茶の試飲、そして、グリーンソフト食べ歩きレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時の記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その記事は、「駅からハイキング「上尾市市制施行55周年・上尾駅開業130周年記念 花しょうぶ園鑑賞と雄大な荒川沿いウォーキング」に参加してきた。」へどうぞ。paper

「茶の矢島園 埼玉工場」 埼玉県上尾市上野 グリーンソフトは1個200円info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月25日 (火曜日)

駅からハイキング「水と緑と歴史のまち 川崎市多摩エリアをハイキング」に行ってきた(2013.05.25)。

生田緑地ばら苑や二ヶ領用水など豊かな自然を肌で感じてください。clover

20130625_nambu_line

さて、JR南武線209系に乗ってやってきたところは、登戸駅です。週末いつもの駅ハイに参加だ。今回は、2013年5月25日(土)実施、JR駅からハイキング「水と緑と歴史のまち 川崎市多摩エリアをハイキング」です。train

20130625_nambu_line2

JR線登戸駅の利用は久しぶりだなぁ。2面3線の地上駅。左側、先程乗ってきた川崎行き209系が発車していきました。右側は、立川行き205系です。一応、2つの車両の2ショット。camera

20130625_maku

改札口を出たら、受付で行列だ...。まっ、1分待ちでしたが。コースマップやパンフレット、ポケットティッシュ等を取得。memo

20130625_kan_batch

恒例の缶バッチは、E3系こまちでした。present

多摩川沿いにある豊かな自然を持つ川崎市多摩区(登戸)。期間限定で一般公開中の「ばら苑」をはじめ、歴史ある用水路、生田緑地内の様々な施設を巡りながらの散策をゆっくりと楽しみましょう。japanesetea

20130625_noborito_st

今回は約9kmのウォーキングコース。では、頑張って歩きましょう。登戸駅を出発!。rock

20130625_seseragikan

多摩川にやってきた。この施設は、二ヶ領せせらぎ館。多摩川のことがわかる情報サテライトで、防災機能も備わる。cancer

20130618_odakyu_line

多摩川です。先の鉄橋は、小田急小田原線多摩川橋梁だ。(和泉多摩川~登戸間)。左側へ川の水が通るが、ここは二ヶ領用水宿河原取水口があり、ここから宿河原掘へ水が流れる。mist

20130625_tamagawazoi

コースポイントone箇所目は、「多摩川沿い」です。しばし、多摩川沿いを下流方向(南)へ歩いていきます。foot

20130618_kamigawarazeki

ここは、宿河原堰堤です。古くは蛇籠に砂利を詰めて堰としていたが、平成11年に周辺の景観との調和も考慮し、現在のような新しい可動堰が完成し、左右には魚道も設置された。building

20130625_tamagawazoi2

多摩川、川幅広いね。こちら(右側)は神奈川県川崎市で、対岸(左側)は東京都狛江市です。県境だぁ。mist

20130625_dote

河川敷は広いので、野球場やテニスコートがあります。baseball

20130618_nikaryouyousui1

コースポイントtwo箇所目は、「二ヶ領用水」です。ここ、二ヶ領用水宿河原掘は、用水路沿いに遊歩道が整備されていますね。緑の木々の中ってのが、いい気分だな。では、てくてく散策してみよう。shoe

20130618_nikaryouyousui3

二ヶ領用水は天正18年(1590)に多摩川が大洪水を起こして流路を変えた事から、新たに農業用水を引き、水田を開発する為に造られました。この用水を用いて栽培された米は3代将軍家光が鷹狩りに来た時に賞味し、以来将軍家の御飯料になりました。riceball

住宅街の中にある用水路。こういう緑のある空間があるといいよね。散歩が気持ちいいよ。bicycle

20130618_syokubutu

途中、川崎市緑化センターがありました。中に入れるようなので、ちょいと見学。ビニールハウスの中には、いろいろな植物がありました。bud

20130618_rittaisuiro

二ヶ領用水の上には、五ヶ村堀が立体交差して通る。pisces

20130618_nanbu_line

途中、線路近くを通ります。JR南武線宿河原駅付近だ。205系がカタコト快走。八幡踏切からの撮影。train

20130618_nikaryouyousui4

二ヶ領用水宿河原掘を愛する会というノボリが設置されているが、そのボランティアスタッフでしょうか。遊歩道の清掃等を行っていました。だから、綺麗なんだね。遊歩道にゴミがなかったよ。golf

20130618_nikaryouyousui5

沿道には約400本の桜並木が続く。春にはピンク色のトンネルで見事なんだろうな。綺麗な水と緑の葉で宴会は大盛り上がり?。cherryblossom

ちなみに、ここでの詳細記事は、「二ヶ領用水宿河原掘を散策2013。」へどうぞ。paper

20130618_musium

コースポイントthree箇所目は、「藤子・F・不二雄ミュージアム前」です。藤子・F・不二雄の「夢」と「ふしぎ」と「遊びココロ」に出会えるミュージアムだ。cat

入館は完全予約制となっているので、一応外観だけとの事だが、せっかく訪れるのだから、...。予め、予約しておきチケット購入していましたよ。では、入ってみよう。ticket

漫画家藤子・F・不二雄(藤本弘)の作品原画やその関連資料を中心に展示する博物館です。館内はもちろんながら、カメラ撮影は禁止です。なので、ゆっくり作品や展示物を見てまわりました。貴重な展示もあり、懐かしさも満載だったね。confident

20130618_doraemon

写真撮影が許可されている場所は、はらっぱ等の3階と2階のきこりの泉だけとなる。という事で、そのエリアはカメラ解禁!。まずは、ドラえもんだぁ。馴染みのある土管をバックにパチリ。catcamera

20130618_jyaian

館内で最もイケメンキャラ?!。2階・きこりの泉にいるジャイアンです。通常は泉の中に隠れている(沈んでいる?)が、レバーを動かすことで、ジャイアンが浮き上がってきます。それにしても、ジャイアンが凛々しい...。leo

20130618_dorami

3階(屋上?)は、藤子・F・不二雄作品の人気キャラクターが勢揃い。こちらは、ドラえもんの妹、ドラミちゃんだ。cat

20130618_harappa

3階はらっぱでは、緑の森の中って感じです。おっ、先にはピンクのドアが。どこでもドアだね。xmas

20130618_psuke

ピー助・のび太・ドラえもんがいる絶好の写真スポット。dog

20130618_f_siater

200インチスクリーンを備えた映像展示室「Fシアター」。ミュージアムだけでしか観る事のできないオリジナル短編映像を上映します。movie

約10分程のアニメ。「21エモン&ドラえもん ようこそ!ホテルつづれ屋へ」が上映されていた。良かったよ。tv

20130618_bus

ミュージアムへは、登戸駅から直通シャトルバスが運行されています。おっ、コロ助。バスのイラストはキテレツ大百科ナリ。taurus

藤子・F・不二雄流の「SF -すこしふしぎ-」を体験できるミュージアム。子供目線で、なんか懐かしい感じがした藤子・F・不二雄ミュージアム訪問でした~。happy01

ちなみに、ここでの詳細記事は、「川崎市藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってきた2013。」へどうぞ。paper

20130625_kaidan

300mある上り坂をえいこらしょっと登って行き、最後もみじ谷駐車場からは107段の階段を登ります。その先には、...。snowboard

20130605_baraen2

コースポイントfour箇所目は、「生田緑地ばら苑」です。綺麗な庭園ですね。ここには、約533種、4700株のバラが咲き誇ります。バラが咲く、春と秋に期間限定で開園する。かつて向ヶ丘遊園の1施設であったが、現在は市が施設維持をしボランティアの方々が手入れされているそうです。入苑無料。leo

20130605_bara2

真っ赤な薔薇、色鮮やかですね。tulip

20130605_bara1

このバラは、グランデ アモーレ。ドイツ・コルデスの花。tulip

20130605_bara4

こちらは、ショッキングブルーという名のバラの花。tulip

20130605_obje3

イングリッシュローヤルガーデンでは、いろいろなオブジェが設置されています。telephone

20130605_obje1

子供と一緒に飛び出しまーす。chick

20130605_obje4

薔薇に囲まれて、母親と娘が。virgo

20130605_ice

暑い日だからね。やっぱりアイスでしょう。という事で、売店にてバラのアイスを購入。250円。では、パクッ。おぉ、バラの香りがすごいね。ミルクアイスにバラの香りを足した感じ。自家農場無農薬バラの花びら入りです。売店では、バラのジュース(300円)も売っていた。ちょっと気になった。diamond

20130605_baraen1

そんなに広さがある訳ではないが、いろいろな品種・色のバラが咲き誇り、和やかな気分に浸りました。japanesetea

ちなみに、ここでの詳細記事は、「生田緑地ばら苑で見事な薔薇を鑑賞2013春。」へどうぞ。paper

20130625_kudari

今度は降りていきます。生田緑地方面へ尾根沿いを歩いていく。途中、急坂もあり。pig

20130625_ikuta_ryokuti

コースポイントfive箇所目は、「生田緑地」です。ビジターセンターにて、チェックポイント・スタンプを押してもらう。約100haある生田緑地。いろんな施設を備えた都市公園だ。では、いろいろ訪れてみよう。gemini

20130620_minkaen

まずは、日本民家園です。日本の古民家を集め、野外展示した博物館。貴重な文化財建造物を移築して展示しています。昔にタイムスリップしたような体感ができるよ。駅ハイ特典で20%引きの400円支払って中へ入ってみた。door

20130620_yamasitake

こちらは、旧山下家住宅。飛騨白川郷の合掌造り。元は川崎市小川町にあって、観光料亭として活用していたものを再移築した。建築は19世紀前半。実は、ここは、そば処 白川郷として蕎麦屋を開いています。さぁ、入ってみよう。scorpius

20130621_tororo_soba

おっ、やってきました。注文したのは、冷しとろろそば。630円。暑い日にぴったりだね。penguin

20130621_soba

国産の良質なそば粉を使用した自家製麺。白色細麺です。では、いただきます。おぉ、つるっといけるねぇ。restaurant

20130621_nagame

そば湯を頂きながら、庭の景色を眺める。いゃあ~、くつろげるねぇ。初夏の中、木々の緑の葉が涼しさを演出している。秋の紅葉時期も良さげだろうな。xmas

20130621_2kai

この建物、2階へ自由に見学ができます。なので、行ってみた。おぉ、上からの眺め。eye

ちなみに、ここでの詳細記事は、「合掌造りの建物、そば処白川郷で蕎麦を食べる2013。」へどうぞ。paper

20130620_dango

せっかくなので、合掌造りの建物を見ながら、みたらし団子を頂こう。delicious

20130620_sakutake

再び、日本民家園内を見学。こちらは、旧作田家住宅。千葉県の九十九里浜の地引き網漁の網元の家。棟を別にする分棟型民家。入口前では、民具製作技術保存会ワラ細工グループによる実演がされていた。capricornus

20130620_irori

古民家と言えば、囲炉裏でしょう。実際に火を付け、雰囲気出しています。しばし、ここでのんびり。ボランティアスタッフの方から、いろいろお話が聴けました。spa

20130620_itouke

こちらは、旧伊藤家住宅。民家園誕生のきっかけとなった川崎の民家。関東の古民家では一般的なもののようです。sports

20130620_iwasawake

こちらは、旧岩澤家住宅。建物内の雰囲気だ。屋根は典型的な入母屋造です。ship

20130620_funakosinobutai

こちらは、旧船越の舞台です。三重県志摩半島の漁村にあり、歌舞伎芝居などを演じていた舞台。cat

20130620_butaisita

船越の舞台の舞台下を見学できます。この少し先で、回り舞台を回転させる装置が配置されている。game

20130620_kominka

さらに、せっかくなので、ちょいと古民家に住んでみたいなぁ。のんびり過ごせそう...かな?。左が旧山田家住宅、右が江向家住宅です。どちらも、富山県南砺市で18世紀初頭のもの。event

なくしたものアリマス。昔の雰囲気、昔の時間が味わえる大人の休日という事で訪れてみるのもいいかもと思った。confident

ちなみに、ここでの詳細記事は、「日本民家園にて古民家散策2013。」へどうぞ。paper

20130625_syoubu

生田緑地内、ちょいとぐるり散策してみよう。ここ菖蒲田では、花菖蒲が少し咲いていたぞ。tulip

20130625_yacyounomori

野鳥探究路を歩き、野鳥の森をぶらり。chick

20130622_hiroba

中央広場では、のんびりピクニック。riceball

20130622_sl

蒸気機関車D51型408号機が静態保存されています。カッコいいねぇ。movie

20130622_kyakusya

こちらは、スハ42座席型客車です。国鉄常磐線経由東北線の上野~青森間を走り続けたブルートレインです。

20130622_syanai

客車内に入れるよ。おぉ、昔ながらの雰囲気。旅情を味わえるね。休憩所として利用可能なので、ここで弁当を食べるのもいいかも。客車内は、9時30分から16時30分まで利用できます。riceball

20130622_kinsyu

おつまみに缶ビールもいいねぇと思ったら....。beer

「禁煙・禁酒」....。!!。き・禁酒?!。ngcoldsweats02

20130622_kagakukan

気を取り直して、...。こちらは、かわさき宙と緑の科学館です。入館無料。自然に関する展示がありました。有料で、プラネタリウムの観覧ができるよ。moon3

20130622_metasekoia

大きな高さである緑のメタセコイアの林の中を歩いていきます。う~ん、いい気分。xmas

20130622_okunoike

こちらは、奥の池。緑の木々に覆われているので、池の色がエメラルドグリーンのような色に。ちょっと幻想的。shine

20130622_okamoto_taro

こちらは、岡本太郎美術館。有料施設。川崎生まれの芸術家・岡本太郎の芸術を展示。芸術は爆発だぁ~。駅ハイ特典で入館料が2割引。bomb

20130622_hahanotou

館外の奥には、母の塔があります。高さ30mあり、岡本太郎美術館のシンボルタワーです。「大地に深く根ざした巨木のたくましさ」と「ゆたかでふくよかな母のやさしさ」、「天空に向かって燃えさかる永遠の生命」をイメージして製作された原型をもとに、岡本太郎の意図を忠実に再現して、この塔は製作されました。shadow

ちなみに、ここでの詳細記事は、「生田緑地、SLと客車とメタセコイアと奥の池と母の塔2013。」へどうぞ。paper

20130624_kaidan

奥の池から登り階段を上っていくと...。sweat01

20130624_nagame

眺望が良い展望があります。これまたいい景観だなぁ~。fuji

20130625_zoukibayasi

再び、雑木林の中を歩いていきます。ちょっと涼しいね。aquarius

20130624_hayasi1

生田緑地って、こういう自然探究路もあるんだな。森が広がる自然空間だ。遊歩道も整備されていて、とても楽しく散策できます。shoe

20130624_hannoki

この辺りは、谷間の探勝路。ハンノキ湿生林が広がる。なんか、いい景観だね。penguin

20130624_hannoki2

谷間の探勝路には湧水が見られ、湿地特有のハンノキ林があります。多くの湿地が開発されて消失してしまったため、今ではハンノキ林は少なくなりました。また、ツリフネソウやミヤマシラスゲなど湿地特有の植物が生育しています。aquarius

20130624_hannoki3

近くには、ホタルが生息しているようで、自然に近いんだな。shine

ちなみに、ここでの詳細記事は、「生田緑地、ハンノキ湿生林の中を歩く2013。」へどうぞ。paper

この先を進み、登っていくと、...。snowboard

20130623_tenboudai

ここは、枡形山展望台です。標高84mの枡形山は生田緑地で一番高い場所です。鎌倉時代の源頼朝の侍大将であった稲毛三郎重成が城を構えたと伝えられています。fuji

展望台があるので、ちょいと登ってみよう。run

20130623_nagame2

まわり広がる生田緑地。緑の木々が広がるねぇ。おぉ、いい眺め。xmas

20130623_nagame1

展望台からは東京都心や多摩川など360度のパノラマが楽しめます。movie

20130623_hiroba

広場には遊具や自動販売機、トイレ(多目的トイレ)があります。春にはサクラが咲き誇り、お花見客で賑わいます。cherryblossom

20130623_mon

入り口には、枡形門があります。door

20130623_road

山を降りる遊歩道が整備されていて、木々に覆われた中を歩くから気分がいいよ。shoe

ちなみに、ここでの詳細記事は、「生田緑地・枡形山展望台からの眺め2013。」へどうぞ。paper

20130625_kawasaki_pudding

このキャラクターは、「かわさきぷりん」ちゃんです。生田緑地内のかわさき宙と緑の科学館のマスコットキャラクターだ。いわゆる、ゆるキャラですな。食べ物名ではない。身体部はプラネタリウム、頭部は枡形山の地層を表しているようだ。cake

20130625_mukougaokayuen

ゴールへ向かいます。途中、向ヶ丘遊園駅前の交差点を横切る。subway

20130625_syoutengai

コースポイントsix箇所目は、「登戸民家園通り商店街」です。結構、いろんな食事処が連なっているね。restaurant

20130625_odakyu_line

小田急線向ヶ丘遊園~登戸間、線路沿いを歩いていく。car

20130625_noborito_st2

ゴールとなる登戸駅に戻ってきました。スタートしてからゴールまで、3時間27分かかりました。motorsports

20130625_goal_uketuke

改札口前でゴール受付がありました。ただ、駅スタンプを押してもらえるだけ。free

20130625_stamp

生田緑地でのチェックポイントスタンプは、スーパービュー踊り子号251系のデザイン。神奈川・伊豆エリアという事で...。ゴールでは、JR登戸駅のスタンプが。日本民家園と生田緑地ばら苑のデザインだ。dog

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:16487歩 消費カロリー:704.6kcal 消費脂肪量:100.6g 歩行距離:11.54km 歩行時間:2時間24分 平均時速:4.78km/h エクササイズ量:8.3Exinfo02

20130625_metoro

登戸駅からの帰りは小田急線で。多摩急行我孫子行き東京メトロ16000系の車両でした。bullettrain

今回は、珍しく神奈川県での駅ハイ。緑の景観な宿河原掘や生田緑地・バラ苑、そして、藤子不二雄ミュージアムにも行けて、とても楽しめたコースでした。それにしても、5月末とはいえ、暑いねぇ。happy01sweat01

ちなみに、関連詳細記事は、以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、過去開催時の登戸の駅ハイ参加レポは以下のリンク先へどうぞ。paper

20130625_map

JR東日本・駅からハイキング No.02301 「水と緑と歴史のまち 川崎市多摩エリアをハイキング」 2013年5月25日(土)実施 歩行時間:約3時間(見学時間等を除く) 歩行距離:約9kminfo02

スタート:登戸駅→①多摩川沿い→②二ヶ領用水→③藤子・F・不二雄ミュージアム前→④生田緑地ばら苑→⑤生田緑地→⑥登戸民家園通り商店街→ゴール:登戸駅info02

(各写真画像をClickすると4倍拡大表示します。)search

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月24日 (月曜日)

生田緑地、ハンノキ湿生林の中を歩く2013。

生田緑地には雑木林が広がります。xmas

20130624_hayasi1

さて、やってきたところは、神奈川県川崎市多摩区にある生田緑地です。ここには、いろんな施設があるのだが、森が広がる自然空間もあります。遊歩道も整備されていて、とても楽しく散策できます。shoe

20130624_hannoki

この辺りは、谷間の探勝路。ハンノキ湿生林が広がる。なんか、いい景観だね。penguin

20130624_hannoki2

谷間の探勝路には湧水が見られ、湿地特有のハンノキ林があります。多くの湿地が開発されて消失してしまったため、今ではハンノキ林は少なくなりました。また、ツリフネソウやミヤマシラスゲなど湿地特有の植物が生育しています。aquarius

20130624_hannoki3

近くには、ホタルが生息しているようで、自然に近いんだな。shine

この先を進み、登っていくと、枡形山展望台に着きます。snowboard

20130624_kaidan

場所を変え、奥の池から登り階段を上っていくと...。sweat01

20130624_nagame

眺望が良い展望があります。これまたいい景観だなぁ~。自然の中、とても癒されました。fuji

ちなみに、生田緑地内での他の関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「生田緑地」 〒214-0032 神奈川県川崎市多摩区枡形6-26-1 TEL:044-933-2511info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月23日 (日曜日)

生田緑地・枡形山展望台からの眺め2013。

高さある展望台からの眺めはいいね。gemini

20130623_tenboudai

さて、やってきたところは、神奈川県川崎市多摩区にある生田緑地です。園内広いので、いろいろスポットがあるが、その中でここは、枡形山展望台です。標高84mの枡形山は生田緑地で一番高い場所です。鎌倉時代の源頼朝の侍大将であった稲毛三郎重成が城を構えたと伝えられています。fuji

展望台があるので、ちょいと登ってみよう。run

20130623_nagame2

まわり広がる生田緑地。緑の木々が広がるねぇ。おぉ、いい眺め。xmas

20130623_nagame1

展望台からは東京都心や多摩川など360度のパノラマが楽しめます。movie

20130623_hiroba

広場には遊具や自動販売機、トイレ(多目的トイレ)があります。春にはサクラが咲き誇り、お花見客で賑わいます。cherryblossom

20130623_mon

入り口には、枡形門があります。door

20130623_road

山を降りる遊歩道が整備されていて、木々に覆われた中を歩くから気分がいいよ。shoe

20130623_roumusou

枡形山は、いろいろな層が堆積されています。wrench

20130623_nagame3

青空が広がる晴れ間、のんびり遠くを眺めてみるのもいいかもね。という事で、枡形山展望台訪問レポでした~。happy01

ちなみに、生田緑地内での他の関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「生田緑地」 〒214-0032 神奈川県川崎市多摩区枡形6-26-1 TEL:044-933-2511info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月22日 (土曜日)

生田緑地、SLと客車とメタセコイアと奥の池と母の塔2013。

緑広がる、川崎市内最大の都市公園です。mist

20130622_hiroba

さて、やってきたところは、神奈川県川崎市多摩区にある生田緑地です。約100haと広大な広さを誇る都市総合公園だ。緑地というだけあって、緑豊かなところですね。中央広場では、のんびりピクニック。riceball

20130622_sl

蒸気機関車D51型408号機が静態保存されています。カッコいいねぇ。movie

20130622_kyakusya

こちらは、スハ42座席型客車です。国鉄常磐線経由東北線の上野~青森間を走り続けたブルートレインです。

20130622_syanai

客車内に入れるよ。おぉ、昔ながらの雰囲気。旅情を味わえるね。休憩所として利用可能なので、ここで弁当を食べるのもいいかも。客車内は、9時30分から16時30分まで利用できます。riceball

20130622_kinsyu

おつまみに缶ビールもいいねぇと思ったら....。beer

「禁煙・禁酒」....。!!。き・禁酒?!。ngcoldsweats02

20130622_kagakukan

気を取り直して、...。こちらは、かわさき宙と緑の科学館です。入館無料。自然に関する展示があります。有料で、プラネタリウムの観覧ができるよ。moon3

20130622_metasekoia

大きな高さである緑のメタセコイアの林の中を歩いていきます。う~ん、いい気分。xmas

20130622_okunoike

こちらは、奥の池。緑の木々に覆われているので、池の色がエメラルドグリーンのような色に。ちょっと幻想的。shine

20130622_okamoto_taro

こちらは、岡本太郎美術館。有料施設。川崎生まれの芸術家・岡本太郎の芸術を展示。芸術は爆発だぁ~。bomb

20130622_hahanotou

館外の奥には、母の塔があります。高さ30mあり、岡本太郎美術館のシンボルタワーです。「大地に深く根ざした巨木のたくましさ」と「ゆたかでふくよかな母のやさしさ」、「天空に向かって燃えさかる永遠の生命」をイメージして製作された原型をもとに、岡本太郎の意図を忠実に再現して、この塔は製作されました。shadow

いろんな施設、スポットがある生田緑地。1日楽しめる公園だなぁ~。生田緑地には、まだ見所あり。続きは後日にて。pig

ちなみに、生田緑地内での他の関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「生田緑地」 〒214-0032 神奈川県川崎市多摩区枡形6-26-1 TEL:044-933-2511info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月21日 (金曜日)

合掌造りの建物、そば処白川郷で蕎麦を食べる2013。

飛騨白川郷にいるような雰囲気で、蕎麦を堪能します。noodle

20130620_yamasitake

見事な合掌造りの建物ですね。さて、やってきたところは、神奈川県川崎市多摩区にあるそば処 白川郷です。場所は生田緑地の日本民家園内にあります。4年ぶり2度目の訪問だ。さっ、この趣のある建物の中でお蕎麦を頂こう♪。run

20130621_tororo_soba

おっ、やってきました。注文したのは、冷しとろろそば。630円。暑い日にぴったりだね。penguin

20130621_soba

国産の良質なそば粉を使用した自家製麺。白色細麺です。では、いただきます。おぉ、つるっといけるねぇ。restaurant

20130621_nagame

そば湯を頂きながら、庭の景色を眺める。いゃあ~、くつろげるねぇ。初夏の中、木々の緑の葉が涼しさを演出している。秋の紅葉時期も良さげだろうな。xmas

20130621_tennai

合掌造りの建物、古民家の雰囲気がある店内。開店の11時に訪れたので空いていたが、蕎麦を食べている間にお客がぞくぞく来てすぐに満席状態になった。週末は11時に訪れるのがおすすめですよ。gemini

20130621_kyukeijyo

入口を入ると、囲炉裏がある部屋がある。こちらは、無料休憩所となっている。ここでは飲食可となっている。impact

20130621_menu

メニューです。甘いものとして、あんみつやみつまめがありますよ。cake

入口を入り、右手の食券売場にて食券を購入。そして、靴を脱ぎ中へ入ります。shoe

ちなみに、この食事処は日本民家園の中にあるので入園料(500円)を払っているのだが、裏手から直接お店に入る事もできます。boutique

20130621_kyu_yamasitake

この建物は、旧山下家住宅で、元は川崎市の小川町にあって、観光料亭として活用していたものを再移築したものだ。でも、元々は、19世紀前半に岐阜県大野郡白川村に建設された。現在は、神奈川県指定重要文化財に指定されている。memo

20130621_2kai

この建物、2階へ自由に見学ができます。なので、行ってみた。おぉ、上からの眺め。eye

20130621_2kai2

内部は、展示エリアになっていました。school

20130621_kyu_yamasitake2

飛騨白川郷の合掌造りの建物の中でお蕎麦を食べたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、ここ生田緑地内関連の記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「そば処 白川郷」 〒214-0032 神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-1(生田緑地・日本民家園内) TEL:044-932-7747 11時~15時(おそばが無くなったら早じまいあり) 定休日:日本民家園の休園日 小田急線向ヶ丘遊園駅から徒歩約17分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月20日 (木曜日)

日本民家園にて古民家散策2013。

日本を代表する古民家の野外博物館を訪れたよ。house

20130620_minkaen

さて、やってきたところは、神奈川県川崎市多摩区にある川崎市立日本民家園です。4年ぶり2度目の訪問だ。日本の古民家を集め、野外展示した博物館。生田緑地内にあり、貴重な文化財建造物を移築して展示しています。昔にタイムスリップしたような体感ができるよ。では、入館料500円支払って中へ入ってみよう。door

20130620_harake

こちらは、旧原家住宅。川崎市中原区小杉陣町から移築した総ケヤキ造りの豪壮な2階建て民家。明治時代の建築物。gemini

20130620_yamasitake

こちらは、旧山下家住宅。飛騨白川郷の合掌造り。元は川崎市小川町にあって、観光料亭として活用していたものを再移築した。建築は19世紀前半。scorpius

現在は、そば屋として利用されている。noodle

20130620_sakutake

こちらは、旧作田家住宅。千葉県の九十九里浜の地引き網漁の網元の家。棟を別にする分棟型民家。入口前では、民具製作技術保存会ワラ細工グループによる実演がされていた。capricornus

20130620_irori

古民家と言えば、囲炉裏でしょう。実際に火を付け、雰囲気出しています。しばし、ここでのんびり。ボランティアスタッフの方から、いろいろお話が聴けました。spa

20130620_okinoirabu

こちらは、旧沖永良部の高倉です。元は鹿児島県の沖永良部島にあり、上部に穀物を収納する場所を設け、ネズミ等の侵入を防ぐようにしている。snail

20130620_nougu

使用されていた農具等が展示されている。restaurant

20130620_itouke

こちらは、旧伊藤家住宅。民家園誕生のきっかけとなった川崎の民家。関東の古民家では一般的なもののようです。sports

20130620_iwasawake

こちらは、旧岩澤家住宅。建物内の雰囲気だ。屋根は典型的な入母屋造です。ship

20130620_funakosinobutai

こちらは、旧船越の舞台です。三重県志摩半島の漁村にあり、歌舞伎芝居などを演じていた舞台。cat

20130620_butaisita

船越の舞台の舞台下を見学できます。この少し先で、回り舞台を回転させる装置が配置されている。game

20130620_dango

せっかくなので、合掌造りの建物を見ながら、みたらし団子を頂こう。delicious

20130620_kominka

さらに、せっかくなので、ちょいと古民家に住んでみたいなぁ。のんびり過ごせそう...かな?。左が旧山田家住宅、右が江向家住宅です。どちらも、富山県南砺市で18世紀初頭のもの。event

20130620_poster

なくしたものアリマス。こちらは、日本民家園のポスター。昔の雰囲気、昔の時間が味わえる大人の休日という事で訪れてみるのもいいかもと思った。confident

という事で、日本民家園を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、生田緑地内での他の関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「川崎市立日本民家園」 〒214-0032 神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-1(生田緑地内) TEL:044-922-0032 入園料:500円 3月~10月:9時30分~17時 11月~2月:9時30分~16時30分 休園日:月曜・祝日の翌日・年末年始 小田急線向ヶ丘遊園駅南口から徒歩約13分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月19日 (水曜日)

川崎市藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってきた2013。

藤子・F・不二雄の「夢」と「ふしぎ」と「遊びココロ」に出会えるミュージアムに行ってみた。cat

20130618_doraemon

さて、やってきたところは、神奈川県川崎市多摩区にある川崎市藤子・F・不二雄ミュージアムです。初めて訪れました。漫画家藤子・F・不二雄(藤本弘)の作品原画やその関連資料を中心に展示する博物館です。pencil

館内はもちろんながら、カメラ撮影は禁止です。なので、ゆっくり作品や展示物を見てまわりました。貴重な展示もあり、懐かしさも満載だったね。confident

写真撮影が許可されている場所は、はらっぱ等の3階と2階のきこりの泉だけとなる。という事で、そのエリアはカメラ解禁!。まずは、ドラえもんだぁ。馴染みのある土管をバックにパチリ。catcamera

20130618_jyaian

館内で最もイケメンキャラ?!。2階・きこりの泉にいるジャイアンです。通常は泉の中に隠れている(沈んでいる?)が、レバーを動かすことで、ジャイアンが浮き上がってきます。それにしても、ジャイアンが凛々しい...。leo

ちなみに、6月15日はジャイアンの誕生日なんだって。つい、先日だなぁ。birthday

20130618_dorami

3階(屋上?)は、藤子・F・不二雄作品の人気キャラクターが勢揃い。こちらは、ドラえもんの妹、ドラミちゃんだ。cat

20130618_parman

芝生に寝っ転がって昼寝しているパーマン1号。2号(ブービー)もいるのだ。日向ぼっこ気持ち良さそう。sun

20130618_obaq

おっ、オバケのQ太郎だ。O次郎もいるね。バケラッタ!。chick

20130618_harappa

3階はらっぱでは、緑の森の中って感じです。xmas

20130618_dokodemo_door

ドラえもんの人気アイテム「どこでもドア」。さっ、どこに行こうかな。door

20130618_psuke

ピー助・のび太・ドラえもんがいる絶好の写真スポット。dog

食事処であるミュージアムカフェがあるけど、もう満席で順番待ちもすごいものだ。開館と同時に向かうべきでしょうかね?。restaurant

20130618_f_siater

200インチスクリーンを備えた映像展示室「Fシアター」。ミュージアムだけでしか観る事のできないオリジナル短編映像を上映します。movie

約10分程のアニメ。今上映中は、「21エモン&ドラえもん ようこそ!ホテルつづれ屋へ」でした。良かったよ。tv

20130618_omiyage

入口外にあるショーウィンドウには、お土産グッズが。どら焼きやアンキパンが。アンキパン食べたら、九九覚えられる?。catface

20130618_bus

ミュージアムへは、登戸駅から直通シャトルバスが運行されています。おっ、コロ助。バスのイラストはキテレツ大百科ナリ。taurus

20130618_ticket

藤子・F・不二雄ミュージアムの入館券は、ローソンで販売しています。※ミュージアムでは販売していない。日時指定の事前予約制となっている為、Loppi等で購入します。週末は早く予約終了になってしまうので、早めに購入しておく事をお勧めします。ticket

20130618_floor_giude

ミュージアムフロアガイドです。1階をスタートし、2階、3階へと進んでいきます。memo

20130618_nezumi

注意事項はふつうかなと思っていたら、1つだけ目についたのが...。”ネズミ”の入館はご遠慮いただいております。なんと、まぁ。そういうチュー意があるなんて。coldsweats01

20130618_panfu

平成23年(2011年)9月3日に開館した藤子・F・不二雄ミュージアム。藤子・F・不二雄先生が使用していた愛用の机なども展示されていたよ。libra

20130618_musium

藤子・F・不二雄流の「SF -すこしふしぎ-」を体験できるミュージアム。子供目線で、なんか懐かしい感じがした藤子・F・不二雄ミュージアム訪問でした~。happy01

「川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム」 〒214-0023 神奈川県川崎市多摩区長尾2-8-1 TEL:0570-055-245(9:30-18:00) 入館料:大人1000円 入館時刻予約指定 10時~18時 休館日:火曜・年末年始 登戸駅からシャトルバス9分 向ヶ丘遊園駅から徒歩16分 宿河原駅から徒歩15分info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月18日 (火曜日)

二ヶ領用水宿河原掘を散策2013。

綺麗な憩いの用水路ですな。shine

20130618_nikaryouyousui1

さて、やってきたところは、神奈川県多摩区宿河原にある二ヶ領用水宿河原掘です。初めて訪れました。用水路沿いに遊歩道が整備されていますね。緑の木々の中ってのが、いい気分だな。では、てくてく散策してみよう。shoe

20130618_nikaryouyousui2

二ヶ領用水は天正18年(1590)に多摩川が大洪水を起こして流路を変えた事から、新たに農業用水を引き、水田を開発する為に造られました。この用水を用いて栽培された米は3代将軍家光が鷹狩りに来た時に賞味し、以来将軍家の御飯料になりました。riceball

20130618_nikaryouyousui3

住宅街の中にある用水路。こういう緑のある空間があるといいよね。散歩が気持ちいいよ。bicycle

20130618_ryokuka_center

途中、川崎市緑化センターがありました。club

20130618_syokubutu

中に入れるようなので、ちょいと見学。ビニールハウスの中には、いろいろな植物がありました。bud

20130618_rittaisuiro

二ヶ領用水の上には、五ヶ村堀が立体交差して通る。pisces

20130618_nanbu_line

途中、線路近くを通ります。JR南武線宿河原駅付近だ。205系がカタコト快走。train

20130618_nanbu_line2

反対方向も写真パチリ。八幡踏切からの撮影。camera

20130618_nikaryouyousui4

二ヶ領用水宿河原掘を愛する会というノボリが設置されているが、そのボランティアスタッフでしょうか。遊歩道の清掃等を行っていました。だから、綺麗なんだね。遊歩道にゴミがなかったよ。golf

20130618_nikaryouyousui5

沿道には約400本の桜並木が続く。春にはピンク色のトンネルで見事なんだろうな。綺麗な水と緑の葉で宴会は大盛り上がり?。cherryblossom

20130618_kamigawarazeki

ここは、多摩川にある宿河原堰堤です。古くは蛇籠に砂利を詰めて堰としていたが、平成11年に周辺の景観との調和も考慮し、現在のような新しい可動堰が完成し、左右には魚道も設置された。building

20130618_odakyu_line

宿河原堰堤の北側には、二ヶ領用水宿河原取水口があり、ここから宿河原掘へ水が流れる。さらにその先は、小田急小田原線多摩川橋梁が架かる。(和泉多摩川~登戸間)mist

という事で、二ヶ領用水宿河原掘散策レポでした~。happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月17日 (月曜日)

葛飾菖蒲まつり(水元公園会場)に行ってきた2013。

見事な花菖蒲が咲き誇ります。tulip

20130617_syoubub05

さて、やってきたところは、東京都葛飾区にある都立水元公園です。6月になると花菖蒲が咲き誇ります。今年も見事に咲いているね。cancer

20130617_syoubub03

水元公園の花菖蒲は100種14000株と圧倒の多さです。見応え十分ですよ。good

20130617_syoubua01

紫色の色合いが綺麗だよね。clover

20130617_syoubua02

白い色の花びらもまた綺麗です。cloud

20130617_syoubub04

色どりみどり。ただただ、見事です。shine

20130617_syoubub01

いずれがアヤメかカキツバタ。美女ばかり大勢いて見極めがつかない状態を表現したものですが、同時にアヤメ、カキツバタ、ハナショウブは互いによく似ています。以下にハナショウブの見分けかたを記述してみた。pencil

  アヤメ ハナショウブ カキツバタ
花の色 ムラサキ
シロ
アカムラサキ
ムラサキ
シロ
シボリ
キイロ
アカムラサキ
ムラサキ
シロ
シボリ
花の特徴 外花被のもとに、紫褐色のしま模様(綾の目)があり、そこからアヤメの名がついた。 花の形や色は変化に富む 内花被が鋭く立ち上がっている
葉の形
葉の色
幅は狭い
濃い緑色
幅は中くらい
主脈が太い
先が尖る
根元黄色
適地 乾燥地 湿地・乾地 湿地・水辺
花期 5~6月 6月 5月・10月

一応、違いがあるのだが、見分けつくかな?。hospital

20130617_syoubub02

ボランティアの方たちでしょうか。多分枯れた花びらを取ってしまっていると思う。sprinkle

20130617_very_dance

特設ステージでは、ベリーダンスショーが行われていた。virgo

20130617_toukiichi

菖蒲まつり開催時に、ポプラ並木で同時開催されるのが全国大陶器市。club

20130617_touki

陶器や漆器、木工家具、加工製品の展示販売されています。いい商品あるかな?。key

20130617_jizake03

この中でお気に入りのブースがココ。東京地酒ちょっと一杯コーナーです。水元公園の花菖蒲を鑑賞終えた後は、ここに必ず来てしまいます...。bottle

20130617_jizake_2

東京の日本酒・地酒が勢揃い。好きな銘柄頂けるよ。ちなみに、焼酎や泡盛もあります。bottle

20130617_jizake02

まずは、駆けつけ1杯。小山酒造の丸真正宗で。では、クイッ。ぷふぁ~。いい味わいだ。bottle

20130617_jizake04

もういっちょ。たっぷり入ったモツ煮と共に、野口酒造の久兵衛を。気軽に地酒が頂けて、嬉しいね。happy02

20130617_singer

特設ステージショーには、いろんな歌手が披露されます。karaoke

20130617_gate

今年も見事なハナショウブ鑑賞できたよ。まだもう少しの期間楽しめると思うので、まだの方はお早めに。bicycle

20130617_poster

ちなみに、過去訪問記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「第32回葛飾菖蒲まつり 水元公園会場」 2013年6月1日(土)~6月25日(火) 都立水元公園菖蒲田info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月16日 (日曜日)

駅からハイキング「八重ざくら咲く城下町「白井宿」をめぐる」に行ってきた(2013.04.28)。

白井城下町の情緒あふれる町並みと約1kmに咲き誇る105本の八重ざくらをお楽しみください。cherryblossom

20130616_jyouetsu_line

さて、JR上越線115系(湘南色)に乗ってやってきたところは、渋川駅です。週末いつもの駅ハイ。今回は、2013年4月25日(木)~5月6日(月祝)の期間設定で実施される、駅からハイキング「八重ざくら咲く城下町「白井宿」をめぐる」に参加です。八重ざくら祭り開催日にあわせて、4月28日(日)に訪れました。train

20130616_kankou_annaijyo

改札口を出て左手、待合所の先に渋川市観光案内所があります。ここで、駅ハイ参加受付をします。受付台帳に名前と会員番号等を記入し、コースマップ等を取得した。memo

20130616_kan_batch

恒例の缶バッチは、HB-E300系リゾートビューふるさとでした。present

20130616_sibukawa_st

渋川駅は、伊香保温泉や榛名湖への玄関口。観光客で訪れる人も多いでしょう。club

今回は、約7.5kmのコース。渋川の駅ハイは初めてなので、楽しみにしています。では、頑張って歩きましょう。shoe

20130606_hougaku

新町五差路にある方向案内板。なんと、へそ石・へそ地蔵への方向案内もあるんだぁ。wheelchair

20130605_cyusinhyou

おっ、これがへそ地蔵・へそ石だな。さらに、日本の臍(へそ)中心標があります。坂上田村麻呂が東征の帰途に「日本の臍石」と定めたといい伝えられる日本の中心標。その隣に立つ臍地蔵のへそを撫でると子宝に恵まれるといわれています。chick

20130605_cizu_2

確かに、日本地図を見てみると、日本列島の中心地って感じがする。位置情報としては、東経139度0分・北緯36度29分。airplane

20130605_manhole

渋川市では、「日本のまんなか緑の渋川」というキャッチフレーズを作っている。マンホールにそれをPRしているね。karaoke

ちなみに、ここでの詳細記事は、「日本のまんなか臍(へそ)中心標。」へどうぞ。paper

20130616_root17

国道17号線東町交差点を渡ります。その先、吾妻新橋南交差点で鯉沢バイパスは右カーブしていきます。car

20130614_azumasinbashi

吾妻新橋を歩き渡ります。車では何度か走行しているが、歩くのは初めて。shoe

20130614_azumasinbashi2

吾妻新橋は吾妻川を渡ります。群馬県嬬恋村と長野県との境界に位置する鳥居峠に源を発する吾妻川は、草津温泉や万座温泉などを起源とする強酸性の水が流れ込み水質はきわめて強い酸性なんだそうだ。spa

吾妻新橋は車ではすぐなんだろうが、歩くと約3分かかります。watch

ちなみに、ここでの詳細記事は、「吾妻新橋を歩き渡る2013。」へどうぞ。paper

20130616_road1

吾妻新橋を渡り終えたら、左へ曲がります。upwardleft

20130616_hokou_annai

駅からハイキング ご一行様 歓迎 ようこそ白井宿 と掲示あり。ほぉ~。japanesetea

20130616_road2

奥には山が見える、ほのぼのな風景の中歩くのは、とても新鮮な気分だ。fuji

20130616_manekin

おぉ、イケメンな案山子?が倉庫の中に放置?。それとも、防犯の為?。leo

20130616_road3

道路脇には、青い花が咲く。こういう色好きだなぁ。tulip

20130520_yaezakura3

コースポイントone箇所目は、「白井宿」です。渋川駅から36分。ここ白井宿通りでは、第12回白井宿八重ざくら祭りが開催されて、多くの人達が訪れています。gemini

20130520_yaezakura1

白井宿通りには、八重桜が咲き誇り見事な景観になっています。今年は開花が早く散り始めの状態であったが、見るには十分な満開となっています。綺麗な桜の花びらですな。cherryblossom

20130520_gyouretsu4

ここのお祭りの目玉の1つ、武者行列が行われます。皆で気合入れてエイエイオー!!。rock

20130520_gyouretsu3

ぞろぞろ行列をなして歩いていく。カッコいいなぁ。leo

20130520_gyouretsu2

城主?。馬に乗っていますな。horse

20130520_gyouretsu1

中世、子持村白井には白井長尾氏の居城白井城があり、近世初頭には本多・戸田・西尾などが入った白井藩が置かれていた。その後は、宿場町・市場町として栄えたそうだ。cancer

20130520_dasi

山車も登場。お祭り気分だね。cat

20130520_miyamotocyounoido

こちらは、宮本町の井戸。この白井宿通り中央に白井堰が流れ、8つのつるべ井戸が設置されています。aquarius

20130520_kotoensou

白井宿歴史資料館では、お琴の演奏がありました。notes

20130520_gakufu

ちょっと琴の楽譜を見てみた。曲は、「うれしい雛祭り」。へぇ、こういう楽譜なんだぁ。notes

20130520_yakimanjyuu

八重桜を眺めながら、群馬県地方の郷土食、焼きまんじゅうを食べる。riceball

20130520_tokoroten

ところてんも頂きました。暑い時には、さっぱりところてんはいいよね。食べながらも、ひらひら桜の花びらが入ってきました。diamond

20130520_yaezakura4

古い街並みも残されていて、雰囲気もいいんだな。slate

20130520_yaezakura5

なかなか八重桜も見事な咲きっぷりなんだな。オツなものです。kissmark

ちなみに、ここでの詳細記事は、「第12回白井宿八重ざくら祭りを訪れた2013。」へどうぞ。paper

20130607_micinoeki

コースポイントtwo箇所目は、「道の駅こもち」です。国道17号線鯉沢バイパス沿いにある休憩スポット。時計台の上にいるキャラクターは、こんにゃくの妖精「こん」ちゃん(左)と「きご」ちゃん(右)です。rvcar

20130607_micinoeki2

近くは白井宿があり、それをモチーフにした感じがある。house

20130607_yaezakura

少し散り始めだけど、ここの八重桜も見事です。cherryblossom

20130607_syokusouan

施設内には、お食事処があります。道の駅こもちを訪れたら、是非利用したいところです。店の名は「食創庵」(しょくそうあん)。相変わらずお昼時は行列待ちなんだよね。restaurant

20130607_katudon

注文はやっぱり自慢のかつ丼です。780円。みそ汁・漬け物付。やわらかい、もちもちの上州豚を使っています。ちなみに、丼もの・カレー・定食に限り、ごはん大盛りサービスがあります。pig

20130607_katu

ここのカツは厚めなのが、ワクワクします。では、頂きます。おぉ、やわらか~い。しかも、厚めで食べ応え十分。いゃあ、満足の1品です。delicious

個人的に思うのは、メニューにカツカレーがあるといいなぁと思う。余力がある人は、カレーライスと豚カツ単品を注文し、カツカレーにして食べると大満足ですよ。wink

20130607_soft_cream

売店でソフトクリームを購入。季節限定の「さくら」味です。じゃ、八重桜をバックに頂きます。cherry

20130607_asiyu

小さいけど、足湯があります。近くにある白井温泉・こもちの湯を使用。無料で利用できるので、入ってみよう。foot

20130607_asiyu2

ちゃぽん。おぉ、ぬくい~。spa

20130607_asiyu3

八重桜をバックに、しばし温まりました~。confident

20130607_gunma_poster

絵になるねぇ群馬。県内各所には、群馬県出身の有名人、中山秀征さんと井森美幸さんが群馬をPRするポスターが貼ってある。群馬に行くとこういうポスターあちこちと見かけます。karaoke

20130607_buji_kaeru

車利用者が多い道の駅。交通安全ぶじかえるが見守ってます。signaler

20130607_buji_kaeru2

親蛙の背中には、子蛙がちょこんとのっかっているね。cancer

20130607_micinoeki3

メインとなる白井宿ふるさと物産館には、地元で採れた野菜やオリジナルお惣菜を販売しています。店内、結構な混雑ぶりだ。24hours

今回の駅ハイは期間設定コースで、ここ道の駅こもちがチェックポイントとなる。なので、コースマップにスタンプを押しました。secret

ちなみに、ここでの詳細記事は、「道の駅「こもち」で八重桜とかつ丼と足湯2013。」へどうぞ。paper

20130609_komocinoyu

坂道を登ってくると、白井温泉こもちの湯があります。源泉100%かけ流し温泉だ。1時間250円。spa

20130609_komocian

隣接して、石うす挽き そば処「こもち庵」があります。結構人気があるようで、行列待ちでした。時間があったら、お蕎麦食べてみたかったんだけどね...。時間がかかりそうなので、泣く泣くパス。noodle

20130609_nihon_teien

ここは、子持ふれあい公園です。この公園には、日本庭園があるんですよね。風情ある景観の中散歩できますよ。clover

20130609_suisya

水車小屋もあり、緑と水の調和が味わえる。のんびりした雰囲気を漂うよ。aquarius

20130609_yaezakura

八重桜から眺める風景は、奥に山々が見える。八重ざくら祭り開催の為、車がいっぱい止められているが、芝生広場があります。club

20130609_sinrin

緑の木々の中、ベンチでのんびり過ごすのもいいなぁ。光を通す緑の葉が好きです。xmas

ちなみに、ここでの詳細記事は、「子持ふれあい公園を訪れた2013。」へどうぞ。paper

20130608_kitanotougamae

白井城・北遠講(きたのとおがまえ)の堀があって、城郭を囲む構造になっていた。typhoon

20130608_genkuuji

コースポイントthree箇所目は、「源空寺」です。浄土宗のお寺だ。源空寺の創建は天正18年(1590)である。leo

20130608_genkuuji2

周辺は住宅や公園等があり静かな場所だ。この辺りは、元は白井城があった。境内奥には、本多広孝、広孝夫人、本多紀貞の三基の墓石がある。japanesetea

20130608_genkuuji_bonsyou

これが、源空寺の梵鐘です。高さ140cmあり、安永7年(1778)に作られて、現存されています。市指定重要文化財。源空寺の鐘楼自体は、愛知県岡崎市にある徳川家康の菩提寺である大樹寺のものを模倣したものとして伝えられている。maple

ちなみに、ここでの詳細記事は、「源空寺の梵鐘2013。」へどうぞ。paper

20130616_nanohana

黄色い花を咲かせる菜の花。banana

20130616_sannomaru

「北郭」→「三の丸」→「二の丸」の順に石柱が設置されています。music

20130616_road4

のどかな風景の中先へ歩いていくと...。bicycle

20130613_siroijyousi

コースポイントfour箇所目は、「白井城址」です。白井城は利根川と吾妻川の合流点に突き出した台地の先端に自然の要害を利用して築かれた城である。(崖端城)。building

ここには、枡形門があり、太田道灌が指導したとの伝承が残る石垣が現存する。door

20130613_siroijyousi2

15世紀中頃、長尾景仲によって白井城を築かれたと考えられる。天正18年(1590)豊臣秀吉の小田原攻めの際、北条方に属していたので落城。後に、徳川家康の関東入りにしたがい本多広孝・康重が城主(二万石、のち五万石)となり、現在の姿に整備されたと考えられる。leo

20130613_siroijyousi6

周りを見渡せる高地にある白井城。お城から見たら、いい眺めだったんだろうな。building

20130613_siroijyousi3

ウッドチップが敷き詰められた遊歩道になっていた。ふかふか、ウキウキ。shoe

20130613_tacigi

ずんずん歩いていくと、ど真ん中に木で遮られている。木につかまりながら、先へ進むぞ。penguin

20130613_dorui

周りをぐるりと歩いてきたが、土塁だったみたいですね。土塁とは、周囲に築かれた連続した土盛りの事。game

20130613_nagame2

崖下に流れるのは吾妻川。pisces

20130613_mikatukibori

三日月堀を経由して、下へ降りていきます。snowboard

20130613_mikatukibori2

森の小路を歩いていきます。こういう遊歩道はテンション上がる~。up

20130613_taikaku

帯郭の標があり。城郭に沿って遊歩道は続いていきます。bag

ちなみに、ここでの詳細記事は、「白井城址を訪れた2013。」へどうぞ。paper

20130613_siroijyuku_tori2

コースポイントfour箇所目は、「白井宿」です。白井城址から三日月堀を経由して下へ降りていくと、白井宿通りに出ます。徒歩で約8分くらい。おっ、先に山車が。bicycle

20130520_yaezakura2

白井宿は初めて訪れたけど、見事な八重桜並木だ。昔の建物もまたいい雰囲気ですな。happy01

後は、行きに来た道を戻ってゴールへ向かいます。bar

20130614_azumasinbashi3

再び、吾妻新橋を歩き渡ります。ちょっと高さのある橋なので、へっぴり腰になりながら、もくもくと歩いていく。でも、川の眺めはいい感じだ。fish

奥には山々が見えて、のんびりした雰囲気だ。この吾妻川、少し下流に行くと利根川と合流することになる。carouselpony

20130616_sibukawa_st2

ゴールとなる渋川駅に戻ってきました。スタートしてから4時間38分かかりました。ゴール受付は、渋川市観光案内所にて。motorsports

20130616_present

ゴール受付で頂いたプレゼント。道の駅こもちのマグネットでした。present

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:18986歩 消費カロリー:821.1kcal 消費脂肪量:117.3g 歩行距離:13.29km 歩行時間:2時間51分 平均時速:4.65km/h エクササイズ量:9.6Exinfo02

20130616_bus

渋川に来たら、やっぱりアレを食べないと...。という事で、渋川駅から伊香保温泉行きの路線バス(関越交通)に乗って、水沢入口ビジターセンター前で下車。隣接する地蔵河原バス停から路線バス(群馬バス)高崎駅行きに乗り継いだ。bus

20130616_tenbou

バス車内の車窓から。総合公園展望台からの眺めだ。fuji

20130615_udongai

で、やってきたところは、水沢うどん街。道には、両側に水沢うどんのお店が連なります。そう、水沢うどんを食べに訪れたのだ。coldsweats01

20130615_tamaruya

数あるお店の中で選択したのは、...。元祖田丸屋です。創業は天正10年(1582)の老舗。では、入りましょう。bicycle

20130615_udon

七福御膳を注文しました。おっ、いっぱい来た~。水沢うどん「もりうどん」がメインではあるが、山菜の煮付け、季節の天ぷら、小鉢料理、お新香が付いてきます。restaurant

では、頂きます。つるっ~。つるっとした麺に程よいコシがあり、美味しいですなぁ。満足なメニューです。delicious

満足したところで、水沢から渋川駅行きの路線バスで帰りました。bus

ちなみに、ここでの詳細記事は、「元祖田丸屋で水沢うどんを堪能2013。」へどうぞ。paper

20130616_jyouetsu_line2

渋川駅からは上越線で帰ります。おっ、また115系(湘南色)ですな。今回、渋川の駅ハイは初めてだったが、白井宿の八重桜は見事でしたね。町並みの雰囲気も良く、なかなか良い駅ハイコースだなと思った。happy01

ちなみに、関連詳細記事は、以下のリンク先へどうぞ。paper

20130616_map

JR東日本・駅からハイキング 期間設定 「八重ざくら咲く城下町「白井宿」をめぐる」 2013年4月25日(木)~5月6日(月祝)実施 歩行時間:約2時間(見学時間等を除く) 歩行距離:約7.5kminfo02

渋川駅→スタート:渋川市観光案内所→①白井宿→②道の駅こもち→③源空寺→④白井城址→⑤白井宿→ゴール:渋川市観光案内所→渋川駅info02

(各写真画像をClickすると4倍拡大表示します。)search

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月15日 (土曜日)

元祖田丸屋で水沢うどんを堪能2013。

コシと弾力があるうどんを食べに行こう。bus

20130615_tamaruya

さて、やってきたところは、群馬県渋川市にある元祖田丸屋です。伊香保町水沢地区は、名物料理とされる水沢うどんが頂けます。水沢観音の参詣後や伊香保温泉の帰りに立ち寄る人が多いのでは。いくつかお店がある中で、ここ田丸屋を選択。創業は天正10年(1582)なんだそうだ。では、入りましょう。bicycle

20130615_udon

七福御膳を注文しました。おっ、いっぱい来た~。水沢うどん「もりうどん」がメインではあるが、山菜の煮付け、季節の天ぷら、小鉢料理、お新香が付いてきます。restaurant

では、頂きます。つるっ~。つるっとした麺に程よいコシがあり、美味しいですなぁ。満足なメニューです。delicious

20130615_desert

食後に、デザートが来て...。cherry

20130615_coffee

しめにコーヒーが来ました。ふぅ~、御馳走様です。

20130615_udongai

水沢うどん街道には、両側に水沢うどんのお店が連なります。どのお店に入ろうか迷っちゃうよね。coldsweats01

水沢うどん街へは、通常マイカーで訪れる場所である。もしくは、タクシーになるでしょうか?。あとは、本数が少ないながらも路線バスが運行されています。水沢へ行くバスは、渋川駅・高崎駅・伊香保温泉から出ています。bus

2012年秋からは渋川駅から水沢を経由するバス路線が新設され、ちょっとだけ便利になったかも?。という事で、水沢への路線バス時刻表を作成してみた。(2013.06.15現在)clock

高崎駅・渋川駅→水沢→伊香保
高崎駅 渋川駅 水沢 地蔵河原 伊香保案内所 運転日
  08:20 08:41 08:45 08:57 土日祝4-11月
08:25 ===== 09:27 09:31 09:44 土日祝
  09:55 10:16 10:20 10:32 毎日
09:55 ===== 10:57 11:01 11:14 毎日
水沢シャトル 11:49 11:53 12:05 土日祝
  11:55 12:16 12:20 12:32 毎日
11:20 ===== 12:22 12:26 12:39 毎日
水沢シャトル 13:29 13:33 13:45 土日祝
  13:20 13:41 13:45 13:57 毎日
13:15 ===== 14:17 14:21 14:34 毎日
  15:17 15:38 15:42 15:54 毎日
15:05 ===== 16:07 16:11 16:24 毎日
16:40 ===== 17:42 17:46 17:59 毎日

地蔵河原バス停下車し、隣接する水沢入口ビジターセンター前バス停から渋川駅行きバスに乗り換えができます。毎時2~3本運転。info01

伊香保→水沢→渋川駅・高崎駅
伊香保案内所 地蔵河原 水沢 渋川駅 高崎駅 運転日
09:00 09:09 09:13 09:37   毎日
09:30 09:35 09:39 ===== 10:49 毎日
10:20 10:25 10:29 ===== 11:39 毎日
10:58 11:07 11:11 11:35   毎日
11:20 11:29 11:32 水沢シャトル 土日祝
12:30 12:35 12:39 ===== 13:49 毎日
12:55 13:04 13:07 水沢シャトル 土日祝
13:30 13:35 13:39 ===== 14:49 毎日
14:20 14:29 14:33 14:57   毎日
15:10 15:15 15:19 ===== 16:29 毎日
16:15 16:24 16:28 16:52   毎日
17:10 17:19 17:23 17:23   土日祝4-11月

渋川駅から伊香保温泉行きバス(毎時2~3本運転)に乗車、水沢入口ビジターセンター前バス停で下車し、隣接する地蔵河原バス停に乗り換えができます。info01

水沢バス停は、水沢うどん街に停車するバス停と水沢観音に停車するバス停があるので注意。※どちらもバス停名は水沢である。danger

【運賃】 渋川駅~水沢:450円 高崎駅~水沢:910円 水沢~地蔵河原:220円 渋川駅~水沢入口ビジターセンター前:550円 水沢~伊香保案内所:300円dollar

自分でまとめたデータですので、間違え・変更等がある場合あり。責任は負いかねます。実際に利用する際は、予め確認する事をお勧めします。shadow

渋川・伊香保を訪れた際には、水沢うどんを食べに訪れたいものですね。という事で、元祖田丸屋で水沢うどんを食べたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「元祖田丸屋」 〒377-0103 群馬県渋川市伊香保町水沢206-1 TEL:0279-72-3019 9時~16時 年中無休 駐車場約100台info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月14日 (金曜日)

吾妻新橋を歩き渡る2013。

車ではなく、歩いてみると感じが違うのだ。run

20130614_azumasinbashi

さて、ここは、群馬県渋川市にある吾妻新橋です。国道17号線鯉沢バイバスにあり、何回か車でドライブ走行した事はある。片側2車線の大きな橋だ。で、今回は歩き渡るのです。shoe

20130614_azumasinbashi2

吾妻新橋は吾妻川を渡ります。群馬県嬬恋村と長野県との境界に位置する鳥居峠に源を発する吾妻川は、草津温泉や万座温泉などを起源とする強酸性の水が流れ込み水質はきわめて強い酸性なんだそうだ。spa

20130614_azumasinbashi3

ちょっと高さのある橋なので、へっぴり腰になりながら、もくもくと歩いていく。でも、川の眺めはいい感じだ。fish

20130614_azumasinbashi4

奥には山々が見えて、のんびりした雰囲気だ。この吾妻川、少し下流に行くと利根川と合流することになる。carouselpony

吾妻新橋は約3分で歩き渡れる。車ならすぐなんだろうけどね。chick

という事で、吾妻新橋を歩き渡ったレポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上だった為。その時の記事は、「駅からハイキング「八重ざくら咲く城下町「白井宿」をめぐる」に行ってきた。」へどうぞ。paper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月13日 (木曜日)

白井城址を訪れた2013。

群馬県旧子持村に城を構えた址地を訪れた。chick

20130613_siroijyousi

さて、やってきたところは、群馬県渋川市にある白井城址です。白井城は利根川と吾妻川の合流点に突き出した台地の先端に自然の要害を利用して築かれた城である。(崖端城)。building

ここには、枡形門があり、太田道灌が指導したとの伝承が残る石垣が現存する。door

20130613_siroijyousi2

15世紀中頃、長尾景仲によって白井城を築かれたと考えられる。天正18年(1590)豊臣秀吉の小田原攻めの際、北条方に属していたので落城。後に、徳川家康の関東入りにしたがい本多広孝・康重が城主(二万石、のち五万石)となり、現在の姿に整備されたと考えられる。leo

20130613_siroijyousi6

周りを見渡せる高地にある白井城。お城から見たら、いい眺めだったんだろうな。building

20130613_siroijyousi5

周囲に高さある木々沿いに人が歩いている。ちょっと行ってみよう。bicycle

20130613_siroijyousi3

ウッドチップが敷き詰められた遊歩道になっていた。ふかふか、ウキウキ。shoe

20130613_siroijyousi4

遠くに見えるは榛名の山々でしょうか。fuji

20130613_tacigi

ずんずん歩いていくと、ど真ん中に木で遮られている。木につかまりながら、先へ進むぞ。penguin

20130613_dorui

周りをぐるりと歩いてきたが、土塁だったみたいですね。土塁とは、周囲に築かれた連続した土盛りの事。game

20130613_dorui2

下に降りて、振り返って見た。土塁、高さあるのね。scorpius

20130613_nagame1

春なので新緑の葉です。xmas

20130613_nagame2

崖下に流れる吾妻川。pisces

20130613_mikatukibori

白井城址から三日月堀を経由して、下へ降りていこう。snowboard

20130613_mikatukibori2

森の小路を歩いていきます。こういう遊歩道はテンション上がる~。up

20130613_taikaku

帯郭の標があり。城郭に沿って遊歩道は続いていきます。bag

20130613_siroijyuku_tori2

白井城址から三日月堀を経由して下へ降りていくと、白井宿通りに出ます。徒歩で約8分くらい。おっ、先に山車が。bicycle

20130613_siroijyuku_tori

白井城下は白井宿として栄えました。dollar

20130613_annai

堀や土塁など城としての地形が良く残っている。本丸部分が旧子持村の史跡に指定され、保存と活用がはかられていく事になったようです。という事で、白井城址訪問レポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上だった為。その時の記事は、「駅からハイキング「八重ざくら咲く城下町「白井宿」をめぐる」に行ってきた。」へどうぞ。paper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月12日 (水曜日)

榎本牧場でジェラートと生まれたての豚の赤ちゃん2013。

今年も産まれたての豚の赤ちゃんを見る事ができました。pig

20130612_enomoto_bokujyou

さて、やってきたところは、埼玉県上尾市にある榎本牧場です。天気の良い週末、多くの人が訪れているね。荒川沿いになるけど、上尾に牧場があるんですよ。taurus

小さな子供たちがいる家族連れや、サイクリング・ロードバイクライダーさんたちが多いですね。bicycle

20130612_kobuta2

なんと、ミニブタの赤ちゃんが2013年5月29日(水)朝から午前中にかけて5頭生まれたとの事。産まれたてですね。とても小さな豚の赤ちゃんがおっぱい飲んでます~。chick

20130612_kobuta

生まれて12日目なのだが、5匹の小さなミニ豚の赤ちゃんたちはウロチョロ動き回ります。元気だなぁ。run

20130612_buta_annai

ブタは犬並みの賢さがあるので、しつけなどが出来て、ペットとして飼う事が可能なんだそうだ。子豚がいる時は販売も出来るらしい。club

ちなみに、昨年榎本牧場を訪れた時は、訪問日にミニブタが産まれたんです。ラッキーでしたよ。diamond

20130612_mini_buta

隣りにはミニブタが昼寝中?。このミニブタたちは、ゴールデンボンバーと共演しテレビ出演したんだって。tv

20130612_menu

榎本牧場を訪れたら、やっぱりジェラートアイスを頂きましょう。フォルトゥーナ(Fortuna)という名のお店で販売しています。penguin

訪れた日はウォーキングイベント開催中で、消費税サービスの250円で販売。シングルコーンのみでの提供だ。本日のメニューは、ミルク・抹茶・ラムレーズン・イチゴミルク・チョコチップ・黒ごま・バナナミルクです。pencil

20130612_hikikaeken

入口で代金と引き換えでアイス引換券をゲット。おっ、かわいい牛さんのデザイン。ticket

20130612_ice_case

今回は何味にし・よ・う・か・な。あべべのべの天の神様の言う通り...。bell

20130612_jelart

じゃん、牧場おすすめのミルク味をチョイス。さぁ、食べようパクッ。おぉ、いい味わい~。すぐ溶けるので急いで食べよう。riceball

訪れた日は最高気温29度ととても暑かった。そういう日は、特にアイスがうまい!。sweat01

20130612_usi

牛小屋2階からの眺め。暑いので、少しバテ気味?。sun

20130612_esayari

餌やりの無料体験もありました。golf

20130612_roba

外ではロバさんの放牧。horse

20130612_usi2

外はやっぱり暑いんだモー。いや、お昼寝眠いのかな?。taurus

20130612_akagenoan

榎本牧場は荒川沿いに位置します。去年TVCMミュージカル「赤毛のアン」で、この風景が放送されたんだって。じゃあ、後ろを振り返ってみると...。movie

20130612_arakawa

木々の下から見える荒川。この辺りでは、川幅が広いのだが、蛇行する荒川が見られるのは珍しい。pisces

20130612_enomoto_bokujyou2

上尾はベットタウンの街なんだけど、こういう自然豊かな牧場があるんですな。house

20130612_map

生まれたてのミニブタの赤ちゃんが見られて、ジェラートアイスを食べる事ができて良かったです。ここ毎年、今時期に訪れているんだけどね。という事で、榎本牧場訪問レポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その記事は、「駅からハイキング「上尾市市制施行55周年・上尾駅開業130周年記念 花しょうぶ園鑑賞と雄大な荒川沿いウォーキング」に参加してきた。」へどうぞ。paper

「榎本牧場」 〒362-0065 埼玉県上尾市畔吉736-1 TEL:048-726-1306 入場無料 駐車場ありinfo02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月11日 (火曜日)

あげお花しょうぶ祭り2013を訪れた。

6月に入ると、花菖蒲の季節ですね。tulip

20130611_syoubu1

さて、やってきたところは、埼玉県上尾市にある上尾丸山公園です。1年ぶり4度目の訪問だ。6月になるとここで、あげお花しょうぶ祭りが開催されます。菖蒲田には、色とりどりの花菖蒲が咲き誇ります。おぉ~、綺麗だなぁ。happy02

20130611_syoubu3

今までここを訪れた時は、花が咲くピークになる前で微妙な感じでしたが、今年はちょうどいい感じに咲き誇ってますね。見事です。訪れた9日(日)は8~9分咲きくらいでしょうか。あと数日で満開でしょう。good

天気の良い週末、多くの人が花菖蒲を鑑賞しに訪れています。gemini

20130611_syoubu4

藍色や紫色、白色など大きな花びらを広げて咲いています。ここ、上尾丸山公園の菖蒲田(2800平方メートル)は、約70種10000株のハナショウブが咲きます。bud

20130611_syoubu5

今年は暖かなので、少し開花が早めになったのかな。banana

20130611_syoubu2

白に近い紫色の菖蒲の花も綺麗だね。開花前の蕾がくるっと巻いた状態もまたいい感じだ。confident

20130611_ajisai

梅雨時期6月の植物と言えば、紫陽花でしょう。菖蒲田の周りにはアジサイが咲いていました。spade

20130611_hasu

隣接してハス池もあります。花びらが開いたのもあるが、まだ小さなつぼみ状態です。cute

20130611_roten

祭り期間中の土日は、農産物直売所前で市観光協会推奨土産品の販売が行われています。24hours

20130611_sarada_udon

ここを訪れたら、必ず食べたい1品。JAあだち野女性部による、サラダうどんです。350円。きゅうりや大根おろし等が入った冷やしうどん。これね、美味しいです。太麺でコシがあり、食べ応えGoodです。noodle

20130611_yaki_dango

和菓子屋さんの焼き団子。50円。花菖蒲を見ながら、モグモグ。delicious

20130611_pudding

やっぱり、デザート。パティスリーポンムのプリンです。250円。上尾産の卵を使用しています。これまた、美味しい。note

20130611_yuhodou

お腹満たしたところで、ちょいと公園内を散策してみよう。高さのある木々の中、歩くのは気持ち良いね。xmas

20130611_yuhodou2

自然公園という事もあって、川がある風景はリラックスできます。pisces

20130611_hiroba

イベント会場となる広場には、太鼓が置かれている。演奏が終わった後のようで、片付け中..?。ちなみに、ここでのスケジュールは以下の通り。paper

  • 10:00~ 太鼓生演奏
  • 11:00~ 藤波の餅つき踊り(振る舞い餅があります)
  • 12:00~ テッシー(勅使川原郁恵さん)のウォーキング教室
  • 12:30~ 太鼓生演奏

20130611_hiroba2

芝生広場では、多くの家族連れがキャッチボールや日陰やテントの中でゆっくりしています。baseball

20130611_taki

滝もあるんですよね。訪れた日は最高気温29度と暑かったです。ここから流れる水で、小さな子供たちが水遊びしていました。aquarius

20130611_lake

おっ、池の真ん中には噴水があります。mist

とりあえず、日陰のベンチでのんびり休息しま~す。少し風が通り、気持ちが良いのだ~。chair

今年は、見頃を迎えた花菖蒲を鑑賞できて良かったです。という事で、あげお花しょうぶ祭り・上尾丸山公園訪問レポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上であった為。その記事は、「駅からハイキング「上尾市市制施行55周年・上尾駅開業130周年記念 花しょうぶ園鑑賞と雄大な荒川沿いウォーキング」に参加してきた。」へどうぞ。paper

「あげお花しょうぶ祭り」 祭り期間:2013年6月8日(土)~23日(日) 会場:上尾丸山公園 菖蒲田(埼玉県上尾市平方3326)info02

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年6月 9日 (日曜日)

子持ふれあい公園を訪れた2013。

緑がふれあえる公園です。club

20130609_nihon_teien

さて、やってきたところは、群馬県渋川市にある子持ふれあい公園です。この公園には、日本庭園があるんですよね。公園を訪れたら、風情ある景観の中散歩できます。clover

20130609_suisya

水車小屋もあり、緑と水の調和が味わえる。のんびりした雰囲気を漂うよ。aquarius

20130609_yaezakura

八重桜から眺める風景は、奥に山々が見える。訪れた日はイベントがあり、車がいっぱい止められているが、芝生広場があります。club

20130609_komocinoyu

こちらは、白井温泉こもちの湯です。源泉100%かけ流し温泉だ。公園内にあります。spa

20130609_komocian

こちらは、石うす挽き そば処「こもち庵」です。結構人気があるようで、行列待ちでした。時間があったら、お蕎麦食べてみたかったんだけどね...。こちらも、公園内にあります。noodle

20130609_sinrin

緑の木々の中、ベンチでのんびり過ごすのもいいなぁ。光を通す緑の葉が好きです。xmas

20130609_nagame

天気の良い日にいかがですか?。sun

という事で、子持ふれあい公園訪問レポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上だった為。その時の記事は、「駅からハイキング「八重ざくら咲く城下町「白井宿」をめぐる」に行ってきた。」へどうぞ。paper

「子持ふれあい公園」 〒377-0203 群馬県渋川市吹屋658-1 駐車場ありinfo02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年6月 8日 (土曜日)

源空寺の梵鐘2013。

江戸時代に作られた梵鐘が現存するお寺です。bell

20130608_genkuuji

さて、やってきたところは、群馬県渋川市にある法然山源空寺です。浄土宗のお寺だ。源空寺の創建は天正18年(1590)である。leo

20130608_genkuuji2

周辺は住宅や公園等があり静かな場所だ。この辺りは、元は白井城があった。境内奥には、本多広孝、広孝夫人、本多紀貞の三基の墓石がある。japanesetea

20130608_genkuuji_bonsyou

これが、源空寺の梵鐘です。高さ140cmあり、安永7年(1778)に作られて、現存されています。市指定重要文化財。源空寺の鐘楼自体は、愛知県岡崎市にある徳川家康の菩提寺である大樹寺のものを模倣したものとして伝えられている。maple

20130608_kitanotougamae

源空寺の外側には、白井城・北遠講(きたのとおがまえ)の堀があって、城郭を囲む構造になっていた。typhoon

という事で、源空寺に立ち寄ったレポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上だった為。その時の記事は、「駅からハイキング「八重ざくら咲く城下町「白井宿」をめぐる」に行ってきた。」へどうぞ。paper

「浄土宗 法然山 源空寺」 〒377-0204 群馬県渋川市白井865 TEL:0279-22-1703info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月 7日 (金曜日)

道の駅「こもち」で八重桜とかつ丼と足湯2013。

ようこそ こんにゃくの里 こもちへ。gemini

20130607_micinoeki

さて、やってきたところは、群馬県渋川市にある道の駅こもちです。国道17号線鯉沢バイパス沿いにある休憩スポット。時計台の上にいるキャラクターは、こんにゃくの妖精「こん」ちゃん(左)と「きご」ちゃん(右)です。rvcar

20130607_micinoeki2

近くは白井宿があり、それをモチーフにした感じがある。house

20130607_yaezakura

少し散り始めだけど、八重桜が満開の時に訪れました。見事です。cherryblossom

20130607_yaezakura2

ソメイヨシノとは違って、八重桜は大きな花がポンポンと咲いて、これまた綺麗なのだなぁ~。carouselpony

20130607_syokusouan

施設内には、お食事処があります。道の駅こもちを訪れたら、是非利用したいところです。店の名は「食創庵」(しょくそうあん)。相変わらずお昼時は行列待ちなんだよね。restaurant

20130607_katudon

注文はやっぱり自慢のかつ丼です。780円。みそ汁・漬け物付。やわらかい、もちもちの上州豚を使っています。ちなみに、丼もの・カレー・定食に限り、ごはん大盛りサービスがあります。pig

20130607_katu

ここのカツは厚めなのが、ワクワクします。では、頂きます。おぉ、やわらか~い。しかも、厚めで食べ応え十分。いゃあ、満足の1品です。delicious

個人的に思うのは、メニューにカツカレーがあるといいなぁと思う。余力がある人は、カレーライスと豚カツ単品を注文し、カツカレーにして食べると大満足ですよ。wink

20130607_soft_cream

売店でソフトクリームを購入。季節限定の「さくら」味です。じゃ、八重桜をバックに頂きます。cherry

20130607_suisya

水車があります。pisces

20130607_asiyu

小さいけど、足湯があります。近くにある白井温泉・こもちの湯を使用。無料で利用できるので、入ってみよう。foot

20130607_asiyu2

ちゃぽん。おぉ、ぬくい~。spa

20130607_asiyu3

八重桜をバックに、しばし温まりました~。confident

20130607_gunma_poster

絵になるねぇ群馬。県内各所には、群馬県出身の有名人、中山秀征さんと井森美幸さんが群馬をPRするポスターが貼ってある。群馬に行くとこういうポスターあちこちと見かけます。karaoke

20130607_buji_kaeru

車利用者が多い道の駅。交通安全ぶじかえるが見守ってます。signaler

20130607_buji_kaeru2

親蛙の背中には、子蛙がちょこんとのっかっているね。cancer

20130607_micinoeki3

メインとなる白井宿ふるさと物産館には、地元で採れた野菜やオリジナルお惣菜を販売しています。店内、結構な混雑ぶりだ。24hours

という事で、道の駅こもちを訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上だった為。その時の記事は、「駅からハイキング「八重ざくら咲く城下町「白井宿」をめぐる」に行ってきた。」へどうぞ。paper

「道の駅こもち」 〒377-0202 群馬県渋川市白井2318-1 TEL:0279-60-6600 休館日:毎月第3火曜 1月1日 1月第3水曜 駐車場288台 国道17号鯉沢バイパス沿いinfo02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 6日 (木曜日)

日本のまんなか臍(へそ)中心標。

日本の真ん中を主張する地点の1つです。motorsports

20130605_cyusinhyou

さて、やってきたところは、群馬県渋川市にある臍(へそ)中心標です。ここが、日本の中心だよと主張している場所です。渋川駅から歩いて10分程の寄居町交差点付近に設置されている。中心標の他、臍地蔵に臍石まであります。spade

20130605_cizu_2

確かに、日本地図を見てみると、日本列島の中心地って感じがする。位置情報としては、東経139度0分・北緯36度29分。airplane

20130606_heso_jizou

坂上田村麻呂が東征の帰途に「日本の臍石」と定めたといい伝えられる日本の中心標。その隣に立つ臍地蔵のへそを撫でると子宝に恵まれるといわれています。chick

20130606_stamp

なんと、へそ地蔵記念スタンプが設置されているよ。secret

20130606_akiba_jinjya

隣接して、秋葉神社が社殿だけあります。御祭神は火防・火伏せの神として信仰されているようです。impact

20130605_manhole

渋川市では、「日本のまんなか緑の渋川」というキャッチフレーズを作っている。マンホールにそれをPRしているね。karaoke

20130606_hougaku

なんと、へそ石・へそ地蔵への方向案内もあるのだ。ちょっとした観光スポットなんでしょうかね。info01

という事で、臍中心標・臍地蔵・臍石訪問レポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上だった為。その時の記事は、「駅からハイキング「八重ざくら咲く城下町「白井宿」をめぐる」に行ってきた。」へどうぞ。paper

「日本臍(へそ)中心標 臍石 臍地蔵」 群馬県渋川市渋川2110-21地先 寄居町会館前 JR渋川駅から徒歩約10分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水曜日)

生田緑地ばら苑で見事な薔薇を鑑賞2013春。

多摩丘陵の雑木林を抜けると、ふいに姿をあらわす秘密の花園。eye

20130605_baraen2

さて、やってきたところは、神奈川県川崎市多摩区にある生田緑地ばら苑です。4年ぶり2度目の訪問。綺麗な庭園ですね。ここには、約533種、4700株のバラが咲き誇ります。バラが咲く、春と秋に期間限定で開園する。かつて向ヶ丘遊園の1施設であったが、現在は市が施設維持をしボランティアの方々が手入れされているそうです。入苑無料。leo

20130605_bara2

真っ赤な薔薇、色鮮やかですね。tulip

20130605_bara1

このバラは、グランデ アモーレ。ドイツ・コルデスの花。tulip

20130605_bara3

白い色のバラの花びらもまた良し。tulip

20130605_bara4

こちらは、ショッキングブルーという名のバラの花。tulip

20130605_obje3

イングリッシュローヤルガーデンでは、いろいろなオブジェが設置されています。telephone

20130605_obje1

子供と一緒に飛び出しまーす。chick

20130605_obje4

薔薇に囲まれて、母親と娘が。virgo

20130605_obje2

わぉ、女性が薔薇の前で日向ぼっこ?。sun

20130605_ice

暑い日だからね。やっぱりアイスでしょう。という事で、売店にてバラのアイスを購入。250円。では、パクッ。おぉ、バラの香りがすごいね。ミルクアイスにバラ香りを足した感じ。自家農場無農薬バラの花びら入りです。ちなみに、販売は鹿児島県鹿屋市にある大隅バラ農場です。penguin

売店では、バラのジュース(300円)も売っていた。ちょっと気になった。diamond

20130605_baraen1

そんなに広さがある訳ではないが、いろいろな品種・色のバラが咲き誇り、和やかな気分に浸りました。japanesetea

生田緑地バラ苑へ行くには、少し体力が必要です。正面ゲートからだと、300mの上り坂を歩き、もみじ谷駐車場から107段の階段を登って行きます。また、生田緑地東口からだと、結構パワーが入ります。急坂に雑木林の尾根を渡って裏門へ向かいます。run

20130605_map

ボランティアの手によって維持されている生田緑地ばら苑。年に2回、綺麗な薔薇が咲き誇りますよ。という事で、生田緑地ばら苑訪問レポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、生田緑地内での他の関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「生田緑地ばら苑」 神奈川県川崎市多摩区長尾2-8-1(旧向ヶ丘遊園内) 2013年度春:2013年5月16日(火)~6月2日(日) 平日:10時~16時30分 土日祝:9時~16時30分 休苑日:月曜 入苑無料info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 4日 (火曜日)

駅からハイキング「【勝沼ぶどう郷駅開業100周年記念】甚六桜とぶどうの郷を歩く」に行ってきた(2013.04.13)。

ぶどうとワインのふるさと勝沼で、春のひとときを過ごしませんか?。wine

20130513_hamakaiji3

さて、JR中央本線に乗ってやってきたところは、勝沼ぶどう郷駅です。ゆったり185系特急はまかいじ号を利用し、週末いつもの駅ハイだ。今回は、2013年4月13日(土)実施、駅からハイキング「【勝沼ぶどう郷駅開業100周年記念】甚六桜とぶどうの郷を歩く」に参加です。bullettrain

ちなみに、乗車記事は「特急はまかいじ号(八王子→勝沼ぶどう郷)に乗車した2013。」へどうぞ。paper

20130515_budoukyou_st

2013年度最初の駅ハイははるばる山梨県へ。勝沼ぶどう郷へは2年半ぶり3度目の訪問だ。鉄道遺産にワインがあるから楽しみにしてきたぞ。happy02

山々をバックに丘の上にある勝沼ぶどう郷駅です。ticket

20130604_kesiki

駅からの眺め。奥に見える山々、上には雪が。う~ん、いい景色だ。snow

20130515_park

駅南側にある駅前甚六公園へ。ここで、受付です。コースマップやお札せんべい、パンフレット等をゲット。memo

20130515_stage

駅前甚六公園では、勝沼ぶどう郷駅開業100周年記念イベントが開催されていました。当駅は、1913年(大正2年)4月8日に開業し、今年(2013)100周年を迎えたのだ。イベントは、ステージ披露や特産物・グルメ・鉄道グッズ販売などがあった。birthday

例年なら、線路沿いには甚六桜が咲き誇り見事な景観になる筈だったんだけど...。今年は暖かい日が続き、桜の開花が記録的な速さで開花してしまった為、既に散ってしまった状態になっていたのが残念である。cherryblossom

20130515_budokun

おっ、ゆるキャラです。甲州市の観光キャラクター「ブードくん」だ。もちろん、特産品ぶどうがモチーフです。甲州市フルーツ娘の方と一緒だね。cherry

20130515_kikansya

公園内に静態保存されている電気機関車EF64型18号機。運転台見学で車内に入れるという事で並んで入ってみたよ。snail

20130514_untenseki2

前面はこんな感じで見えるのね。運転台に座って、甲府運輸区の運転士の方から操作方法を教えてもらい、実際に動かしてみました。緊張する...。eye

20130514_kinen_jyousyasyou

車内見学したら、勝沼ぶどう郷駅開業100周年「記念乗車証」が貰えました。嬉しい~。日付スタンプ入りだよ。happy02

ちなみに、ここでの詳細記事は「勝沼ぶどう郷駅開業100周年記念イベントを訪れた。」・「EF64-18機関車内に潜入2013。」へどうぞ。paper

今回のウォーキングは約7km。短いコースだが、頑張って歩きましょう。foot

20130604_road01

線路沿いを歩き、階段を登ると最初のポイントへ。ちなみに、この先下には、大久保沢河川隧道がある。レンガ造りのトンネルが見えるよ。bomb

20130516_yuhodou01

コースポイントone箇所目は、「大日影トンネル遊歩道」です。おっ、E257系特急あずさ号がトンネルからでてきたぞ。bullettrain

大日影トンネルは、明治36年(1903)から平成9年(1997)まで、94年にわたって旅客や貨物の輸送を支えました。その後、平成19年(2007)に大日影トンネル遊歩道として整備され一般開放されました。このトンネルは、経済産業省の近代化産業遺産に認定されていて、明治時代の鉄道遺産として残される事になりました。crown

20130516_enter

大日影トンネルは全長1367.8m。では、明治時代の鉄道遺産を感じながら、トンネル内歩いてみましょう。rock

20130516_tunel1

おぉ、暗くて冷んやり~。壁面には煤煙がこびりついている。線路の両脇は歩道が整備されている。が、男の子はやっぱり線路の真ん中をゴツゴツと歩くのだぁ~。線路の上で歩いてみたけど、バランスがとりずらく難しいね。トンネルは延々とまっすぐ続きます。snowboard

やっぱり、トンネル内線路がそのまま残されているってのが、いいね。good

20130516_bench

トンネル内は、説明パネルや休憩ベンチが設置されています。レンガ造りでレトロな感じだな。chair

20130516_haisuikou

途中、線路中央部には水路があります。約330mにわたる開渠水路は、トンネル内の湧水対策の為に設けられました。笹子トンネルにも見られるが、内部に水路を持つトンネルは珍しいといわれるそうだ。dollar

20130516_tunel3

おっ、光が差してきた。まもなく、トンネルを抜けます。eye

20130516_exit

反対側、深沢口に出てきたぞ。約1.4kmのトンネルを23分かかりました。日差しが眩しいね。shine

20130604_omotenasi1

トンネル出たところで、おもてなしがありました。こういうのがあると、嬉しいね。delicious

20130516_enter2

先に進むとさらにトンネルがあるが扉で閉められています。でも、小さな出入口扉がある。ちょっと入ってみよう。door

20130516_tunel4

トンネル内、棚がずらり。ここは、勝沼トンネルワインカーヴ(旧深沢トンネル)です。四季を通して安定した環境でしかも多量のボトルが貯蔵できるトンネルは、ワインの熟成には最適。赤レンガのままユニークなワインカーヴとして蘇り、地元ワイナリーや個人オーナーの大切なワインを保管しています。このワインカーヴ内は、気温11度、湿度70%となっていました。wine

20130516_tunel5

左手の建物は、ワインカーヴ驛舎。観光案内を兼ねた事務所でしょうか。駐車場があるので、車の方はここで停めてトンネル散策が可能。parking

大日影トンネル遊歩道は、漏水が激しくなり、2012年1月18日から補修工事で一時閉鎖されていたが、2013年4月2日に通行が再開された。町の観光資源だからね。復活して良かったです。danger

ちなみに、ここでの詳細記事は、「大日影トンネル遊歩道を歩いた2013。」へどうぞ。

20130604_kondou_isaminozou

国道20号線まで下り坂を降りてきました。そこに柏尾橋があり、近藤勇之像があります。この辺りは、柏尾古戦場跡で、近藤勇率いる幕府軍と官軍が、柏尾の大善寺付近で戦火を交えました。bomb

20130521_katunuma_entei1

コースルートではないが、ちょっと寄り道。ここは、勝沼堰堤です。大正4年から大正6年にかけ、内務省直轄砂防事業として、ここに設置されたもの。自然な滝ではなく、河川氾濫を防ぐ為に作られた人工構造物である。coldsweats02

階段で下に降りてみると、グォーっと滝の音が。マイナスイオンがキラリっ。shine

20130521_niji

よ~く見てみると、真ん中より少し下辺りに、うっすら虹が見えるけど、分かるかな?。shine

ちなみに、ここでの詳細記事は、「勝沼堰堤を訪れた2013。」へどうぞ。paper

20130522_yakusidou

コースポイントtwo箇所目は、「大善寺」です。宗派は真言宗智山派で山号は柏尾山、本尊は薬師如来です。正確には不明だが、奈良時代の718年(養老2)、行基の創建と言われる古刹。shadow

拝観料は500円だが、駅ハイ参加特典で300円で入る事ができた。dollar

行基が日川渓谷で修業した時に、夢の中に葡萄を持った薬師如来が現われ、満願を果たし、ブドウを持った薬師如来像を建立したことが当寺の起源であるとされている。banana

20130522_yakusidou2

いゃあ、見事な薬師堂です。趣きあるね。この建物は鎌倉時代(1286年)の刻銘があり。山梨県の中では1番古い建物です。現在の形は江戸時代の修理によるものである。寄棟造、檜皮葺。本堂の中には、薬師三尊像を安置している。貴重な建造物の為、国宝に指定されています。crown

本尊である薬師如来像は、通常は拝む事ができません。しかし、5年に一度扉が開かれ、お姿を拝む事が出来、寺に伝わる宝物もご覧になれます。ちなみに、次回の秘仏薬師如来御開帳は、2013年10月1日~8日です。へぇ~、今年なんだね。confident

20130522_teien

宿泊所を兼ねた建物では、池泉鑑賞式庭園を眺める事ができます。ぶどう寺と言うだけあって、ワインも作られています。グラスワイン300円で頂く事ができるよ。wine

ちなみに、ここでの詳細記事は、「国宝のあるぶどう寺、大善寺を訪れた2013。」へどうぞ。paper

20130530_footpath2

生活道路?みたいな細い道。そこを、てくてくと歩いていく。上り坂、えいこらしょっと1歩ずつ。勝沼の遊歩道である勝沼フットパス、歩き甲斐あるぞ~。sweat01

20130523_nagame

駅ハイの残りのコースは、駅を経由してゴールへ向かうだけである。う~ん、それではつまらない。ふと下を見るとワイナリーがあるぞ。ちょいとコースを外れて行ってみよう。apple

20130523_chateau_katunuma

さて、立ち寄ったところはシャトー勝沼です。明治10年(1877)創業のワイナリーだ。wine

20130523_tank

まずは、工場見学してみよう。自由に見学が可能です。こちらは、仕込室。収穫されたブドウを搾汁し、果汁にします。cherry

20130523_taru

地下?かな。暗い部屋の中にあるワイン樽。しっかり熟成させていきます。night

20130523_siin

さっ、お待ちかねの試飲コーナー。ウキウキ。白・赤・甘口・辛口と、樽の蛇口をしぼりセルフで頂けます。もちろん、順番に頂くよ~。delicious

20130523_siin2

専用の試飲カップに注いで、では頂きます。ゴクッ。ふぉ~、飲みやすい。happy02

20130523_siin3

赤ジュースもあったよ。子供やドライバーには、嬉しいサービス。他にもスパークリングワインや桃のワインなどいくつか試飲ができました。good

ちなみに、ここでの詳細記事は、「シャトー勝沼で工場見学&試飲2013。」へどうぞ。

20130530_footpath6

コースルートへ戻り、再び歩き始めます。暖かな晴れ間の中、景色がいいですな。sun

ちなみに、ここでの詳細記事は、「眺め良い勝沼フットパスを歩く2013。」へどうぞ。paper

20130516_jinrokuzakura_park2

勝沼ぶどう郷駅へ戻ってきました。駅の北側には、甚六桜公園があります。例年ならば、訪れた日は約千本の甚六桜が見事に咲き誇っている筈だったが...。既に散った後でした...。残念。weep

おっ、貨物列車が通過中。現在の中央本線はそこを走っているが、100年前の開業時はここを通っていました。で、旧勝沼駅ホームが残されています。大正2年から昭和43年まで使用された。train

20130516_jinrokuzakura_park3

桜が咲いている期間は、夜間ライトアップされる。旧ホーム上で夜桜鑑賞も風情があっていいだろうな。moon3

20130516_jinrokuzakura_park4

開業当時は、勝沼駅でした。平成5年に勝沼ぶどう郷駅に改称されました。ticket

ちなみに、ここでの詳細記事は、「甚六桜公園にある旧勝沼駅ホームを訪れた2013。」へどうぞ。cherryblossom

20130604_turip

ゴールはぶどうの丘です。なので、勝沼ぶどう郷駅からぶどうの丘へ徒歩で向かいます。おっ、いろんな色のチューリップが1列に整列。tulip

20130604_koinobori

屋根より高い、鯉のぼり~。fish

20130531_kesiki3

ゴール地点となるぶどうの丘に到着。ここ、ぶどうの丘は、地下ワインカーヴの他、ワイン売店、レストラン、入浴温泉施設、宿泊所、美術館にバーベキューと楽しめる施設なのだ。温泉施設は駅ハイ参加特典で割引となる。spa

20130531_izumi

この噴水は、愛の泉・ヴィーナスです。ぶどうとワインをイメージしたようだ。virgo

20130604_kan_batch

ここで、ゴール受付を済ませました。恒例の缶バッチは、E2系はやて・やまびこなどでした。勝沼ぶどう郷駅をスタートしてからゴールのぶどうの丘まで、2時間43分かかりました。present

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:14609歩 消費カロリー:626.7kcal 消費脂肪量:89.5g 歩行距離:10.22km 歩行時間:2時間7分 平均時速:4.82km/h エクササイズ量:7.3Exinfo02

20130531_wine_curv_enter

ぶどうの丘に来たら、やっぱりココへ行くべし。そう、ワインカーヴ(地下貯蔵庫)です。受付にて、1100円(税込)を支払い、試飲用タートヴァンをゲットします。door

20130531_wine_curv1

階段を降りておぉ、ワインがずら~り。樽の上にワインが数本ずつ置かれている。これら、全て試飲ができます。すごいでしょ。甲州市推奨の約180銘柄・約2万本のワインを一堂に揃えたワインカーヴなのだ。もう、ウキウキ。pig

20130531_tartvan2

ワインをタートヴァンに注ぐ。ちょっと優雅な感じ?。では、頂きます。ふぉ~、いい味わい。美味しいね。wine

20130531_tartvan4

赤・白・ロゼ、甘口・辛口とエリアで分けられているので、好みの味を探しやすいかも..。とはいえ、銘柄によって味も違うので、その辺も楽しめる。dog

樽の両サイドにはワイン棚があって、お気に入りのワインが見つかったら、それを購入する事ができます。味を確かめてから購入できるのもありがたいかもね。cherry

ワインカーヴ内、ぐるぐるまわりながらワイン試飲三昧楽しみました。happy02

20130531_kesiki

酔い覚まし?に、屋上へ。360度ぐるりとぶどう畑に囲まれています。ぶどうの丘は、小高い丘のてっぺんにあるので、景色もいい眺めなのだ。時期がもう少し早ければ、桃の花の絨毯が広がっていたんだろうな。fuji

20130531_kesiki2

山々に囲まれた盆地なので、ワインを作るためのぶどうの栽培は適しているんだな。banana

ちなみに、ここでの詳細記事は、「ぶどうの丘のワインカーヴで県産ワインを試飲愉しむ2013。」へどうぞ。paper

今回の駅ハイはポイントが少なかったので、以前勝沼の駅ハイで訪れたところを行ってみよう!。せっかく勝沼に来たので、もうちょっとワインを頂きたいしね。coldsweats01

20130525_cyurip1

という事で、まず訪れたのが、ハーブ庭園旅日記です。前回の駅ハイで訪れたところだ。すご~い、チューリップがいっぱい!。いろんな色が鮮やかに咲き誇っているぞ。チューリップフェア開催中でした。ちなみに、このキャラクターは香りの妖精「ミンティー」です。tulip

20130525_cyurip3

チューリップ畑に近づいてみた。ちょうど見頃のようで、いい形しているなぁ。tulip

20130525_cyurip2

なんか珍しい色の花びらしたチューリップだね。先には風車があるぞ。event

冬12月にスタッフが5万球の球根を植えたそうです。寒い冬を越して、こんな見事で綺麗なチューリップが咲くんだね、周辺は山々が見え、のどかな風景です。tulip

20130525_teien

1万坪の広大な敷地に約200種類ものハーブたちが咲き誇る美しい大庭園です。お散歩にもいいですよ。clover

20130525_soft_cream

ハーブ庭園名物のソフトクリームを購入。350円。世界で2番目に美味しいソフトクリームって看板に書いてあったんだよね。バニラ・ラベンダー・ミックスの3種類。で、今回はミックスを購入。暖かい日だったので、とても美味しく頂いたよ。taurus

20130525_asiyu

こちらは、ハーブ庭園の足湯です。露天風呂みたいでしょ。無料で利用できます。では、ちゃぽん。おぉ、結構熱めの湯だね。泉質はPH9.6高アルカリ性単純硫黄温泉です。オーガニックハーブ「ローズゼラニウム」を乾燥させて足湯に...。香りはもちろん、スベスベお肌な感じを実感できるかも。綺麗な花々や遠くの山の景色を眺めながら、のんびり~。spa

ちなみに、ここでの詳細記事は、「色鮮やかなチューリップが咲き誇る「ハーブ庭園旅日記」を訪れた2013。」へどうぞ。paper

20130529_syanmori_wine1

次にやってきたところは、盛田甲州ワイナリーです。シャンモリワインの工場ですね。まずは、工場見学をさくっとします。denim

20130529_syanmori_wine_siin3_2

さぁ、お楽しみワイン試飲コーナー。15種類ほど、味わう事ができます。ワインはスタッフの方が注いでくれます。スタッフの方がいろいろと解説してくれますよ。dollar

20130529_syanmori_wine_siin2

では、試飲~。ふぉ~、いい味わい。wine

ちなみに、ここでの詳細記事は、「盛田甲州ワイナリーで工場見学とシャンモリワインを試飲2013。」へどうぞ。paper

20130526_wine_siryoukan

次にやってきたところは、シャトー・メルシャン ワイン資料館です。1904年に建てられた、現存する日本最古の木造ワイン醸造所である旧宮崎第二醸造所です。その後、シャトー・メルシャン ワイン資料館(葡萄資料館)として開館しています。入館無料。event

20130526_wine_tika

醸造所内見学ができるので入ってみました。こちらは、地下貯蔵庫。ワイン樽の中でしっかり熟成させるんだな。aquarius

20130526_wine_old

これは、1950年~1960年代のワインです。貴重な年代物の展示です。館内には、歴史紹介や、この場所で使われていた貴重な醸造器具の展示などがあります。wrench

資料館の隣には、ワインショップがあります。シャトーメルシャンのワイン販売があり。もちろん、ワインも頂けるよ。グラスなら300円から、テイスティングなら100円から頂けます。wine

20130526_nagame

お庭は、広々とした景観でいいね。山々を眺めながらワインを頂くと美味しそうだ。wine

ちなみに、ここでの詳細記事は、「シャトー・メルシャン ワイン資料館を訪れた2013。」へどうぞ。paper

20130524_ryuken_seller

次にやってきたところは、龍憲セラーです。明治10年(1877)、メルシャン(株)のルーツとなる、日本初の民間ワイン会社「大日本葡萄酒会社」が誕生し、土屋龍憲と高野正誠がワイン造りを学びにフランスに派遣されました。2人の帰国後、明治33年頃にアーチ式レンガ造り・半地下式ワイン貯蔵庫が造られました。house

20130524_ryuken_seller2

現在は扉が閉められていて、中に入る事はできない。なので、外から写真をパチリ。camera

ちなみに、ここでの詳細記事は、「龍憲セラーを訪れた2013。」へどうぞ。paper

20130528_yamanasi_wine1

次にやってきたところは、株式会社山梨ワインです。創業大正2年で、現在は従業員3名とオーナー家族のみで運営する小さなワイナリーです。ワイン資料室や樽熟成庫、ワインセラーの見学もできるそうです。勝沼には多くのワイナリーがあるが、ここの山梨ワインワイナリーは好きなところの1つです。good

20130528_yamanasi_wine2

なんか昔ながらの普通の家のようなのだが...。実は、お店はこの中である。door

20130528_yamanasi_wine_siin1

さぁ、ワイン試飲です。ミニワイングラスが用意されています。約30種類の程のワインが頂けるよ。penguin

20130528_yamanasi_wine_siin3

白ワイン・赤ワイン・甘口・辛口、いろいろ試しながら味わう。ぷふぉ~、いい味わいだ。wine

ちなみに、ここでの詳細記事は、「山梨ワインで試飲&お土産2013。」へどうぞ。paper

もう少し、ワイナリー巡りをしたかったが、タイムアップ。帰りの列車の時間が近づいたので、これで駅へ戻る事にした。まっ、いろいろワイン頂けたなぁ~。満足。happy02

20130604_kaiji

勝沼ぶどう郷駅からの帰りは、E257系特急かいじ号に乗車します。これまた、ゆったり帰れます。日帰りの旅だけど、勝沼満喫できたよ~。train

20130528_yamanasi_wine_omiyage

今回のお土産は、株式会社山梨ワインの、あじろんスパークリングワイン(赤)です。甘めだけど、食事前の1杯食前酒として美味しく頂きました。happy01

2013年度最初の駅ハイは、山梨県へ遠征しての勝沼ぶどう郷ハイキング。大日陰トンネル等の鉄道遺産を体感し、ぶどうの里勝沼のワインを堪能できて、なかなか良かったです。ちょっと甚六桜が終わっていたのが残念だが、まぁ次の機会にでも。wink

今年度もちょこちょこ駅ハイ徘徊?歩き回りますよ。happy01

ちなみに、関連詳細記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、勝沼ぶどう郷駅過去開催の駅ハイ参加レポートは以下のリンク先へどうぞ。paper

20130601_map

JR東日本・駅からハイキング No.03303 「【勝沼ぶどう郷駅開業100周年記念】甚六桜とぶどうの郷を歩く」 2013年4月13日(土)実施 歩行時間:約2時間15分(見学時間等を除く) 歩行距離:約7kminfo02

スタート:勝沼ぶどう郷駅→①大日影トンネル遊歩道→②大善寺→ゴール:甲州市勝沼ぶどうの丘→勝沼ぶどう郷駅info02

(各写真画像をClickすると4倍拡大表示します。)search

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 3日 (月曜日)

快速リゾート那須野満喫号に乗車してきた2013春。

リゾートやまどりの車両が武蔵野線東側も運転されたよ。aries

20130603_yamadoro1

JR武蔵野線南越谷駅ホームにいます。珍しいリゾート車両が停車しました。この列車は、快速リゾート那須野満喫号です。2013年6月1日(土)・2日(日)、新習志野~黒磯間を走る臨時列車。リゾートやまどりで使用されている485系6両編成だ。武蔵野線東側を運転するのは珍しいよね。bicycle

20130603_ikisaki

南越谷駅の行先案内板(発車標)には、「黒磯」と行き先があるのが不思議な感じ。gemini

もちろん、こういう珍しい列車なら乗りますよ~。全車指定席の列車なので、予め指定席券切符ゲット済みです♪。南越谷駅7時58分発車!。ticket

20130603_untenseki2

京葉線新習志野駅を出発し、西船橋~武蔵浦和間は武蔵野線、貨物線を経由し宇都宮線(東北本線)を通り黒磯へ向かう。運転席、窓が広いので、眺めがいいのだ。eye

ただ今、武蔵浦和駅を出て貨物線を走行。上の高架は埼京線・東北新幹線である。bullettrain

20130603_nagame

窓ガラスが大きいので、車窓を眺めも良し。田園風景を走行。carouselpony

20130603_yamadoro2

10時33分終点の黒磯駅に到着しました。いゃあ、快適だったね。sandclock

20130603_yamadoro3

黒磯駅にリゾートやまどりの車両が来るのも珍しい。drama

20130603_kangei

黒磯駅ホームでは、駅員などスタッフの方々が幕を掲げお出迎え歓迎のおもてなしがありました。ちょっと幕に書かれている文字が見づらかった...。snail

20130603_ikisaki2

もちろん、帰りもリゾート那須野満喫号で。黒磯駅の発車標。これまた珍しい「新習志野」行きなのだ。danger

20130603_yamadoro4

すでに、車両は入線済み。リゾートやまどり写真をパチリ。camera

20130603_sheet

発車まで、車内をブラリ。リゾートやまどりは、2+1の3列シート。ゆったり~なのだ。chair

20130603_sheet2

座席はシートピッチが1,200mm重厚感溢れる可動式のフットレストも備えています。rouge

20130603_sheet4

2号車だけは、シートピッチが1,550mmとさらに広い。search

20130603_sheet3

2号車の座席に座ってみた。足が短いから???。足を延ばしても、座席にぶつかりません。horse

20130603_table

2号車の座席は、前座席のテーブルに届かないので、ひじ掛けからテーブルを出す形となる。t-shirt

20130603_untenseki

1号車と6号車、列車と前方と後方には、展望室があります。ロングシート付きなので、座りながら展望できるよ。fish

20130603_kids_room

4号車には、キッズルームがあります。土足厳禁のカーペットが敷かれている。小さなお子さまと一緒にくつろげるスペースだ。chick

20130603_tatami

2号車には、ミーティング室「和」があります。ベンチ座面に畳を使用するなど“和”の雰囲気の安らぎスペースです。壁面には上毛三山(赤城・榛名・妙義)をイメージした絵が描かれています。japanesetea

帰り時、乗客の1つのグループが、ここで飲みが始まっちゃって、やたらに声が大きくもう不快でした。迷惑な乗客だなぁ...。angry

20120808_syaryou_setsubi_2

リゾートやまどり号の車両設備の紹介です。号車別座席番号がある座席表。(画像をClickすると約12.7倍拡大表示します)chair

1号車が新習志野方向、6号車が黒磯方向。黒磯行きの場合、左側が2列席(A・B)、右側が1列席(C)。foot

20130603_mataokosi

黒磯駅17時25分出発。また、ホーム上では駅員の方々が「またお越しください」と手を振ってくれてました。paper

20130603_beer

やっぱり、列車の中では缶ビールでしょう。那須森のビール園に立ち寄って、那須工場限定のプレミアムデゥンケルを買っておきました。では、ぷしゅ。グビグビ、ふぉ~、美味しい。beer

20130603_bokujyou

黒磯駅に到着してから、帰りの列車までの約7時間。列車名が那須野満喫という事なので、那須をぶらりとでかけてみました。南ヶ丘牧場で、牛乳を飲んで、ソフトクリームを食べて...。taurus

20130603_nasudake

那須岳の峰の1つである茶臼岳の山頂付近まで登ってみました。fuji

20130603_nasudake2

ゴツゴツとした岩がある急な登山道を1歩1歩ずつ...。snail

眺めは絶景ですなぁ...。天気が良い日で絶好な登山日和かも。他にもいろいろ那須で立ち寄りたいところがある為、時間の都合上、山頂までは行かず引き返しました。ちなみに、茶臼岳は標高1915m。fuji

ささやかながら、那須を満喫してきたよ。kissmark

20130603_ticket

リゾート那須野満喫号は快速列車である。全車指定席なので、乗車券の他には指定席券が必要。快速列車なので指定席料金は510円。シート設備の良いリゾートやまどりの車両でこの料金ならすごくお得だと思う。ticket

20130603_yamadoro5

いゃあ~、黒磯で乗車し乗り換え無しで武蔵野線の駅へ向かってくれるので、とても便利な列車だ。日帰り那須満喫の旅ができましたよ。という事で、快速リゾート那須野満喫号乗車レポでした~。happy01

≪追記≫ =======================================

2013年秋にも、快速那須野満喫号が運転されます。2013年10月27日に南越谷~黒磯間で、2013年11月3日に南越谷~新白河間で運転されます。車両は常磐線でお馴染みのE531系5両編成です。全車自由席です。train

20131028_kuroiso_in_1

写真は、2013年10月27日(日)に運転された快速那須野満喫号。E531系K459編成。黒磯駅3番線ホームにて。camera

ちなみに、E531系快速那須野満喫号乗車レポは、「快速那須野満喫号に乗車してきた2013秋。」へどうぞ。paper

=====================================================

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、帰りの発車時間までの空き時間は、那須を満喫してきました。その記事は、以下のリンク先へどうぞ。paper

「快速リゾート那須野満喫号」 運転日:2013年6月1日(土)・2日(日) 運転区間:新習志野~黒磯 全車指定席 485系リゾートやまどり 6両編成info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »