« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月の27件の記事

2013年5月31日 (金曜日)

ぶどうの丘のワインカーヴで県産ワインを試飲愉しむ2013。

地下室にはワインが貯蔵されています。約180の銘柄のワインが試飲できる夢の空間はいかが?。cat

20130531_wine_curv2

さて、やってきたところは、山梨県甲州市にある勝沼ぶどうの丘です。2年半ぶり3度目の訪問だ。ここは、ぶどうの里勝沼のワインが一堂に集まる甲州市営の施設。勝沼を訪れたら、是非とも立ち寄りたいところだ。bicycle

20130531_wine_curv_enter

ぶどうの丘に来たら、やっぱりココへ行くべし。そう、ワインカーヴ(地下貯蔵庫)です。受付にて、1100円(税込)を支払い、試飲用タートヴァンをゲットします。door

20130531_tartvan

これが、試飲用タートヴァン。これに、ワインを注いで頂きます。ひもは首にかけられるので、酔っぱらって落としそうになっても大丈夫だよ。good

では、受付横の入口を通り、階段を降りて地下へ向かいます。snowboard

20130531_wine_curv1

おぉ、ワインがずら~り。樽の上にワインが数本ずつ置かれている。これら、全て試飲ができます。すごいでしょ。甲州市推奨の約180銘柄・約2万本のワインを一堂に揃えたワインカーヴなのだ。もう、ウキウキ。pig

20130531_tartvan2

ワインをタートヴァンに注ぐ。ちょっと優雅な感じ?。では、頂きます。ふぉ~、いい味わい。美味しいね。wine

20130531_tartvan3

タートヴァン(きき酒杯)は、ワインのきき酒に用いる容器です。フランスで古くから使われ、内側の凹凸は、光の反射を利用してワインの色調をよくみるために工夫されたものです。eye

タートヴァンは当日のみ有効とあるので、再入場が可能なのかな?。飲み過ぎには気をつけてって私か?!。coldsweats02

ちなみに、使用したタートヴァンは持ち帰りできます。present

20130531_tartvan4

赤・白・ロゼ、甘口・辛口とエリアで分けられているので、好みの味を探しやすいかも..。とはいえ、銘柄によって味も違うので、その辺も楽しめる。dog

樽の両サイドにはワイン棚があって、お気に入りのワインが見つかったら、それを購入する事ができます。味を確かめてから購入できるのもありがたいかもね。cherry

ワインカーヴ内、ぐるぐるまわりながらワイン試飲三昧楽しみました。happy02

20130531_kesiki

酔い覚まし?に、屋上へ。360度ぐるりとぶどう畑に囲まれています。ぶどうの丘は、小高い丘のてっぺんにあるので、景色もいい眺めなのだ。時期がもう少し早ければ、桃の花の絨毯が広がっていたんだろうな。fuji

20130531_kesiki2

山々に囲まれた盆地なので、ワインを作るためのぶどうの栽培は適しているんだな。banana

ここ、ぶどうの丘は、地下ワインカーヴの他、ワイン売店、レストラン、入浴温泉施設、宿泊所、美術館にバーベキューと楽しめる施設がある。spa

20130531_izumi

この噴水は、愛の泉・ヴィーナスです。ぶどうとワインをイメージしたようだ。virgo

20130515_budoukyou_st

ぶどうの丘の最寄駅は、JR中央本線勝沼ぶどう郷駅です。train

20130515_nagame

駅からの眺め。この先の小高い丘のてっぺんに、ぶどうの丘があります。駅も丘の上にあるので、徒歩で向かう場合は、丘を降りて、隣の丘を登っていきます。アップダウンがある為、ちょっと覚悟がいるかも?。徒歩だと、勝沼ぶどう郷駅からぶどうの丘まで約1.3km、約15分です。交差点ごとに方向案内板があるので迷う事がないと思う。というか目標地点が丘の上だから、それを目指して歩きます。shoe

20130531_simin_bus

歩くのを躊躇する場合は、タクシーか路線バスになります。ちなみに、路線バスは勝沼ぶどう郷駅から甲州市民バスが運行されています。運賃は1回300円。ただ、本数がかなり少ないので、予め発車時刻を確認しておくと良いでしょう。以下に市民バス時刻表を記載してみました。(2013年4月現在)memo

勝沼ぶどう郷駅→ぶどうの丘 平日
コース名 便No. 勝沼ぶどう郷駅 ぶどうの丘
ぶどうコース1 第3便 10:21 10:30
ワインコース1 第3便 10:42 10:46
ぶどうコース1 第5便 16:41 16:50
ワインコース1 第5便 16:52 16:56
ぶどうの丘→勝沼ぶどう郷駅 平日
コース名 便No. ぶどうの丘 勝沼ぶどう郷駅
ワインコース2 第2便 08:50 08:54
ぶどうコース2 第2便 09:05 09:15
ワインコース2 第4便 15:00 15:04
ぶどうコース2 第4便 15:15 15:25
勝沼ぶどう郷駅→ぶどうの丘 土日祝
コース名 便No. 勝沼ぶどう郷駅 ぶどうの丘
ワインコース1 第1便 09:42 09:46
ぶどうコース1 第1便 09:56 10:05
ぶどうコース2 第2便 10:45 10:50
ワインコース2 第2便 11:04 11:09
ワインコース1 第3便 13:02 13:06
ぶどうコース1 第3便 13:16 13:25
ぶどうコース2 第4便 13:55 14:00
ワインコース2 第4便 14:14 14:19
ワインコース1 第5便 15:52 15:56
ぶどうコース1 第5便 15:56 16:05
ぶどうコース2 第6便 17:05 17:10
ワインコース2 第6便 17:14 17:19
ぶどうの丘→勝沼ぶどう郷駅 土日祝
コース名 便No. ぶどうの丘 勝沼ぶどう郷駅
ぶどうコース2 第2便 10:35 10:45
ぶどうコース2 第2便 10:50 10:55
ワインコース2 第2便 11:00 11:04
ワインコース2 第2便 11:09 11:14
ぶどうコース2 第4便 13:45 13:55
ぶどうコース2 第4便 14:00 14:05
ワインコース2 第4便 14:10 14:14
ワインコース2 第4便 14:19 14:24
ぶどうコース2 第6便 16:55 17:05
ワインコース2 第6便 17:10 17:14
ぶどうコース2 第6便 17:10 17:15
ワインコース2 第6便 17:19 17:24

平日は1日4本と少ない。休日は1日12本あるが時刻に偏りがある。clock

20130531_bus_time

ぶどうの丘発の市内循環バスの時刻表です。施設内にも時刻表が掲示されているので、ぶどうの丘を訪れたらまず確認しましょう。(2013年4月現在)。penguin

20130531_kesiki3

ぶどうの里勝沼。周辺はワイナリーが点在しているが、ここで好きな銘柄をチェックして、そのワイナリーへ足を運んでみるのもいいかもね。delicious

勝沼ワインをがっつり試飲したい人はおすすめの施設です。地下ワインカーヴで存分に楽しめた、勝沼ぶどうの丘訪問レポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、ここへはウォーキングイベントのコースルート上にあった為に訪れました。その記事は、「駅からハイキング「【勝沼ぶどう郷駅開業100周年記念】甚六桜とぶどうの郷を歩く」に行ってきた。」へどうぞ。paper

「甲州市勝沼ぶどうの丘」 〒409-1302 山梨県甲州市勝沼町菱山5093 TEL:0553-44-2111 売店:8時~20時 JR中央本線勝沼ぶどう郷駅から徒歩約15分 中央自動車道勝沼ICから車で約10分 無料駐車場ありinfo02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月30日 (木曜日)

眺め良い勝沼フットパスを歩く2013。

ぶどうの里勝沼の遊歩道を歩いていきます。shoe

20130530_footpath1

さて、高さある丘上を歩いています。ここは、山梨県甲州市勝沼町。勝沼ぶどう郷駅付近は丘高いところに位置します。なので、そこから見下ろす眺めはとても良いね。sun

20130530_footpath2

生活道路?みたいな細い道。そこを、てくてくと歩いていく。上り坂、えいこらしょっと1歩ずつ。勝沼の遊歩道である勝沼フットパス、歩き甲斐あるぞ~。sweat01

20130530_footpath3

急な斜面上には、ぶどう畑が広がります。秋になったら、ぶどうがいっぱいなっているんだろうな。banana

20130530_footpath4

畑作業している方に道を尋ねたら、ぶどう畑の間を通り抜けるショートカットの道を教えてもらったよ。感謝。confident

20130530_footpath5

先に見える山々も雄大だなぁ。てっぺんは少し雪が残っているね。fuji

20130530_footpath6

暖かな晴れ間の中、気持ち良く歩いていった勝沼さんぽ道レポでした~。happy01

ちなみに、ここへはウォーキングイベントのコースルート上にあった為に訪れました。その記事は、「駅からハイキング「【勝沼ぶどう郷駅開業100周年記念】甚六桜とぶどうの郷を歩く」に行ってきた。」へどうぞ。paper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月29日 (水曜日)

盛田甲州ワイナリーで工場見学とシャンモリワインを試飲2013。

勝沼ワインバレーに位置するワイナリーです。bud

20130529_syanmori_wine1

さて、やってきたところは、山梨県甲州市勝沼にある盛田甲州ワイナリーです。シャンモリワインの工場です。広い敷地ですな。レストランも併設されています。restaurant

20130529_syanmori_wine_enter

まずは、見学コースへ。自由に見学できます。では、行ってみよう。door

20130529_syanmori_wine_line_2

製造ラインです。訪れた日は、工場休みの日なので、ラインが動いていませんな。gasstation

20130529_syanmori_wine_tank

貯蔵タンクがずらり。簡単にだが、ワインの製造手順を見学できますよ。snail

20130529_syanmori_wine_siin

さぁ、お楽しみワイン試飲コーナー。15種類ほど、味わう事ができます。ワインはスタッフの方が注いでくれます。aquarius

20130529_syanmori_wine_siin2

では、試飲~。ふぉ~、いい味わい。wine

20130529_syanmori_wine_siin3_2

いろんな種類のワインがあるので、スタッフの方がいろいろと解説してくれますよ。気に入ったワインがあったら購入もできます。dollar

という事で、盛田甲州ワイナリー訪問レポでした~。happy01

「盛田甲州ワイナリー株式会社」(シャンモリワイン) 〒409-1316 山梨県甲州市勝沼町勝沼2842(勝沼ワインバーレー内) TEL:0553-44-2003 工場見学:11時~16時(夏期は10:30~16:30) 入場無料 駐車場無料info02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月28日 (火曜日)

山梨ワインで試飲&お土産2013。

勝沼にある老舗ワイナリーです。apple

20130528_yamanasi_wine2

さて、やってきたところは、山梨県甲州市勝沼にある株式会社山梨ワインです。創業大正2年で、現在は従業員3名とオーナー家族のみで運営する小さなワイナリーです。bar

なんか昔ながらの普通の家のようなのだが...。実は、お店はこの中である。door

20130528_yamanasi_wine3

では、ガラガラ~。中に入ると普通に居間が...。初めての人はびっくりするだろうが。(写真がボケてる...)coldsweats02

20130528_yamanasi_wine_siin1

さぁ、ワイン試飲です。ミニワイングラスが用意されています。約30種類の程のワインが頂けるよ。penguin

20130528_yamanasi_wine_siin2

白ワイン・赤ワイン・甘口・辛口、いろいろ試しながら味わう。ぷふぉ~、いい味わいだ。wine

20130528_yamanasi_wine_siin3

それぞれ味わいが違うので、好みの味を探してみよう。ドライバーや未成年にはぶどうジュースがあるよ。いろいろ試飲できるのは、ワイナリー巡りの醍醐味ですな~。happy02

20130528_yamanasi_wine1

ワイン資料室や樽熟成庫、ワインセラーの見学もできるそうです。勝沼には多くのワイナリーがあるが、ここの山梨ワインワイナリーは好きなところの1つです。good

20130528_yamanasi_wine_omiyage

勿論、お土産買いました。あじろんスパークリングワイン(赤)です。甘めだけど、食事前の1杯食前酒として美味しく頂きました。happy01

「株式会社山梨ワイン」 〒409-1313 山梨県甲州市勝沼町下岩崎835 TEL:0553-44-0111info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月27日 (月曜日)

シャトー・メルシャン ワイン資料館を訪れた2013。

日本で最も古い現存する木造ワイン醸造所を訪れました。chick

20130526_wine_siryoukan

さて、やってきたところは、山梨県甲州市勝沼にあるシャトー・メルシャン ワイン資料館です。2年半ぶり3度目の訪問だ。1904年に建てられた、現存する日本最古の木造ワイン醸造所である旧宮崎第二醸造所です。その後、シャトー・メルシャン ワイン資料館(葡萄資料館)として開館しています。入館無料。event

20130526_wine_tika

醸造所内見学ができるので入ってみました。こちらは、地下貯蔵庫。ワイン樽の中でしっかり熟成させるんだな。aquarius

20130526_wine_old

これは、1950年~1960年代のワインです。貴重な年代物の展示です。carouselpony

20130526_wine_kigu

館内には、歴史紹介や、この場所で使われていた貴重な醸造器具の展示などがあります。wrench

20130526_wine_menu

資料館の隣には、ワインショップがあります。シャトーメルシャンのワイン販売があり。もちろん、ワインも頂けるよ。グラスなら300円から、テイスティングなら100円から頂けます。wine

20130526_nagame

お庭は、広々とした景観でいいね。山々を眺めながらワインを頂くと美味しそうだ。wine

20130526_wine_siteihi

見学した葡萄資料館(旧宮崎第二醸造所)は山梨県指定建造物に指定されています。pencil

という事で、シャトー・メルシャン ワイン資料館訪問レポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「シャトー・メルシャン ワイン資料館」(葡萄酒資料館) 〒409-1313 山梨県甲州市勝沼町下岩崎1110 9時~16時 入館無料 駐車場有info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月26日 (日曜日)

さいたま市浦和うなぎまつり2013を訪れた。

たのしい・うれしい・おもしろい。うなぎの街浦和で、今年もうなぎ祭りが開催されました。penguin

20130526_gate

さて、やってきたところは、さいたま市役所です。ここで、第12回さいたま市浦和うなぎまつりが開催という事で、楽しみにして訪れました。おっ、多くの人が訪れているね。なんと、今回は、45000人程の人出だったそうです。すごいね。では、早速鰻を食しましょう。run

20130526_unagi_bentou1

その場で鰻を焼いている出来立てのうなぎ弁当。1個1500円です。浦和のうなぎを育てる会うなぎの店が出す美味の1品。おぉ、パッケージには、マスコットの浦和うなこちゃんがデザインされている。art

20130526_unagi_bentou2

では、オープン!。パカッ。おぉ、うなぎだぁうなきだぁ!!!。焼き香ばしさにタレの甘さが漂う。食欲そそりますなぁ。あっ、ちなみに、隣のコップは水ではないですよ。焼酎Barが出店されていて、赤兎馬(芋)を購入。300円。delicious

20130526_unagi_bentou3

山椒かけて、では頂きます。パクッ。うなぎ焼き立て温か~。美味しいね。お腹空いていたので、すぐ食べ切りました。happy02

うなぎ弁当の販売は、2000食限定。9時と10時から整理券配布し、整理券と引き換えで弁当を受け取る方式だ。行列必至です。gemini

自分は整理券持っていなかったが、14時頃売れ残りなのか数限定で販売されました。それを購入。ラッキーでした。good

20130526_song

マスコットの浦和うなこちゃんは、アンパンマンの作者であるやなせたかしさんがデザインを担当された。pencil

テーマソングもあるようで...。その曲はウナギヌラヌラソング。notes

20130526_roten

うなぎの他にもいろいろとグルメの販売がありますよ。おでんやフランク、杏仁豆腐を頂きました。restaurant

20130526_urawaunoko

会場内には、いろんなゆるキャラが写真撮影に応じていました。浦和うなこちゃんもいたね。fish

20130526_unakocyan

浦和駅西口には、浦和うなこちゃんの像があります。うなぎまつりのうちわ持っているね。virgo

20130526_poster

という事で、今年も浦和のうなぎ弁当が味わえた浦和うなぎまつり訪問レポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「第12回さいたま市浦和うなぎまつり」 2013年5月25日(土) 10:00~15:00 さいたま市役所東側広場・南側駐車場info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月25日 (土曜日)

色鮮やかなチューリップが咲き誇る「ハーブ庭園旅日記」を訪れた2013。

チューリップ5万本が色とりどり咲き誇ります。tulip

20130525_cyurip1

さて、やってきたところは、山梨県甲州市勝沼にあるハーブ庭園旅日記です。2年半ぶり2度目の訪問だ。すご~い、チューリップがいっぱい!。いろんな色が鮮やかに咲き誇っているぞ。訪れた日は、チューリップフェア開催中でした。ちなみに、このキャラクターは香りの妖精「ミンティー」です。tulip

20130525_cyurip3

チューリップ畑に近づいてみた。ちょうど見頃のようで、いい形しているなぁ。tulip

20130525_cyurip2

なんか珍しい色の花びらしたチューリップだね。先には風車があるぞ。event

20130525_cyurip4

冬12月にスタッフが5万球の球根を植えたそうです。寒い冬を越して、こんな見事で綺麗なチューリップが咲くんだね、周辺は山々が見え、のどかな風景です。tulip

20130525_enter2

施設の名前が、ハーブ庭園旅日記とちょっと珍しい?。駐車場無料・入園無料なので立ち寄りスポットにはいいところです。rvcar

20130525_teien

1万坪の広大な敷地に約200種類ものハーブたちが咲き誇る美しい大庭園です。お散歩にもいいですよ。clover

20130525_soft_cream

ハーブ庭園名物のソフトクリームを購入。350円。世界で2番目に美味しいソフトクリームって看板に書いてあったんだよね。バニラ・ラベンダー・ミックスの3種類。で、今回はミックスを購入。暖かい日だったので、とても美味しく頂いたよ。taurus

20130525_asiyu

こちらは、ハーブ庭園の足湯です。露天風呂みたいでしょ。無料で利用できます。では、ちゃぽん。おぉ、結構熱めの湯だね。泉質はPH9.6高アルカリ性単純硫黄温泉です。オーガニックハーブ「ローズゼラニウム」を乾燥させて足湯に...。香りはもちろん、スベスベお肌な感じを実感できるかも。綺麗な花々や遠くの山の景色を眺めながら、のんびり~。spa

20130525_bara

こちらは、バラ庭園。ちょうど今頃綺麗に咲いているのかな。tulip

20130525_kesyouhin

ハーブ庭園オリジナル自然派化粧品「ナチュラル化粧品」がお試しで置いてあります。つるつる感とサラサラ感が実感できるそうだ。virgo

20130525_flower_annai

春だけにいろいろな花がカラフルに彩ります。多種な花々がありとても楽しめました。cherry

20130525_enter

綺麗な花々が咲き誇るテーマパーク。ぶどう狩り・ワイン巡りのついでに立ち寄ってみてはいかがかな?。という事で、ハーブ庭園旅日記訪問レポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問時の記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「ハーブ庭園旅日記」 〒409-1315 山梨県甲州市勝沼町等々力1736 TEL:0553-44-3715 9時~17時30分 年中無休 入園無料 駐車場有り(無料)info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月24日 (金曜日)

龍憲セラーを訪れた2013。

ここは、勝沼町で最初に葡萄酒を作られた。葡萄酒醸造開始の地です。cherry

20130524_ryuken_seller

さて、やってきたところは、山梨県甲州市勝沼にある龍憲セラーです。明治10年(1877)、メルシャン(株)のルーツとなる、日本初の民間ワイン会社「大日本葡萄酒会社」が誕生し、土屋龍憲と高野正誠がワイン造りを学びにフランスに派遣されました。2人の帰国後、明治33年頃にアーチ式レンガ造り・半地下式ワイン貯蔵庫が造られました。house

20130524_ryuken_seller2

現在は扉が閉められていて、中に入る事はできない。イベント時は中を公開されるようだが...。なので、外から写真をパチリ。camera

20130524_ryuken_seller3

現在は使用されていないが、当時のワイン樽が残されているんだな。carouselpony

20130524_tatemono

龍憲セラーの外観です。甲州市のワイン醸造関連遺産として経済産業省の近代化遺産に認定されました。国の登録有形文化財にも指定されている。bell

20130524_hassyounoti

勝沼はワインの里。その原点となる醸造施設なんですね。という事で、龍憲セラー訪問レポでした~。happy01

「龍憲セラー」 〒409-1313 山梨県甲州市勝沼町下岩崎1856info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月23日 (木曜日)

シャトー勝沼で工場見学&試飲2013。

勝沼ぶどう郷には、多くのワイナリーが点在しています。apple

20130523_chateau_katunuma

さて、やってきたところは、山梨県甲州市勝沼にあるシャトー勝沼です。2年半ぶり2度目の訪問だ。明治10年(1877)創業のワイナリーです。wine

20130523_koujyou

まずは、工場見学してみよう。自由に見学が可能です。こちらは、仕上室。出来上がったワインを360ml及び720mlのびんへびん詰します。1時間に約3000本詰めることができます。golf

20130523_tank

こちらは、仕込室。収穫されたブドウを搾汁し、果汁にします。cherry

20130523_taru

地下?かな。暗い部屋の中にあるワイン樽。しっかり熟成させていきます。night

20130523_siin

さっ、お待ちかねの試飲コーナー。ウキウキ。白・赤・甘口・辛口と、樽の蛇口をしぼりセルフで頂けます。もちろん、順番に頂くよ~。delicious

20130523_siin2

専用の試飲カップに注いで、では頂きます。ゴクッ。ふぉ~、飲みやすい。happy02

20130523_siin3

赤ジュースもあったよ。子供やドライバーには、嬉しいサービス。banana

他にもスパークリングワインや桃のワインなどいくつか試飲ができました。good

20130523_nagame

下に見える建物がシャトー勝沼。周辺はぶどう畑で収穫時期にはぶどうがいっぱいなっているよ。それにしても、広々と眺めがいいところですなぁ。fuji

という事で、シャトー勝沼訪問(工場見学&試飲)レポでした~。happy01

「シャトー勝沼」 〒409-1032 山梨県甲州市勝沼町菱山4729 TEL:0553-44-0073 平日:8:30~17:00 休日:9:00~17:00 JR中央本線勝沼ぶどう郷駅から徒歩約19分info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月22日 (水曜日)

国宝のあるぶどう寺、大善寺を訪れた2013。

国宝である立派な薬師堂が見事です。leo

20130522_yakusidou

さて、やってきたところは、山梨県甲州市勝沼にある大善寺です。宗派は真言宗智山派で山号は柏尾山、本尊は薬師如来です。正確には不明だが、奈良時代の718年(養老2)、行基の創建と言われる古刹。shadow

行基が日川渓谷で修業した時に、夢の中に葡萄を持った薬師如来が現われ、満願を果たし、ブドウを持った薬師如来像を建立したことが当寺の起源であるとされている。banana

20130522_yakusidou2

いゃあ、見事な薬師堂です。趣きあるね。この建物は鎌倉時代(1286年)の刻銘があり。山梨県の中では1番古い建物です。現在の形は江戸時代の修理によるものである。寄棟造、檜皮葺。本堂の中には、薬師三尊像を安置している。貴重な建造物の為、国宝に指定されています。crown

本尊である薬師如来像は、通常は拝む事ができません。しかし、5年に一度扉が開かれ、お姿を拝む事が出来、寺に伝わる宝物もご覧になれます。ちなみに、次回の秘仏薬師如来御開帳は、2013年10月1日~8日です。へぇ~、今年なんだね。confident

20130522_mon

山門も立派な建物だ。ここから少し急な長い階段を登って本堂へ向かいます。登るのに約2分程かかる。sweat01

20130522_teien

宿泊所を兼ねた建物では、池泉鑑賞式庭園を眺める事ができます。ぶどう寺と言うだけあって、ワインも作られています。グラスワイン300円で頂く事ができるよ。wine

20130522_kesiki

ぶどう畑が広がる眺めもいい感じ。先にはアルプスの山々が見えます。山頂はまだ雪景色だね。eye

という事で、国宝のあるぶどう寺、大善寺訪問レポでした~。happy01

ちなみに、ここへはウォーキングイベントのコースルート上にあった為に訪れました。その記事は、「駅からハイキング「【勝沼ぶどう郷駅開業100周年記念】甚六桜とぶどうの郷を歩く」に行ってきた。」へどうぞ。paper

「柏尾山 大善寺」 〒409-1316 山梨県甲州市勝沼町勝沼3559 TEL:0553-44-0027 拝観料500円info02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月21日 (火曜日)

勝沼堰堤を訪れた2013。

見事な滝だなぁと思ったら、治水対策で作られた建造物なのです。wrench

20130521_katunuma_entei1

さて、やってきたところは、山梨県甲州市にある勝沼堰堤です。勝沼堰堤は、大正4年から大正6年にかけ、内務省直轄砂防事業として、ここに設置されたものである。つまり、人工構造物で自然な滝ではないのです。coldsweats02

祇園淵と呼ばれる日川の蛇行点を堰堤で閉鎖し、その脇の岩盤を切削することによって岩盤自体を堰堤としており、建設当初の状態が良く保存されている点と、人工物でありながら自然を巧みに利用し、あたかも自然の滝のような景観を作り出している点に特徴がある。日本で最初にコンクリートを使用して築造された芦安砂防堰堤の工事前年に、一部基礎にコンクリートを利用して築造された施工実績により、芦安堰堤にコンクリートが採用された経緯から、平成9年5月、登録文化財となっています。danger

20130521_katunuma_entei2

階段を降りてみた。近くで見ると、やはり見事な滝だよなぁ。グォーっといい音しているよ。bell

日川の増水による氾濫を食い止めるため、砂防工事が行われたという事だ。大正時代の建造物だからなぁ。日本の土木技術は大したものです。good

20130521_niji

よ~く見てみると、真ん中より少し下辺りに、うっすら虹が見えるけど、分かるかな?。shine

20130521_setumei

マイナスイオンをちょいと浴びて、ここをあとにしました。という事で、勝沼堰堤訪問レポでした~。happy01

「勝沼堰堤」(かつぬまえんてい) 山梨県甲州市勝沼町岩崎地先info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月20日 (月曜日)

第12回白井宿八重ざくら祭りを訪れた2013。

ちょっと風が強いが、天気の良い日和となりました。sun

20130520_yaezakura3

さて、やってきたところは、群馬県渋川市(旧子持村)にある白井宿通りです。訪れた日は、白井宿八重ざくら祭りが開催され、多くの人で賑わっていました。gemini

20130520_yaezakura1

白井宿通りには、八重桜が咲き誇り見事な景観になっています。今年は開花が早く散り始めの状態であったが、見るには十分な満開となっています。綺麗な桜の花びらですな。cherryblossom

20130520_gyouretsu4

ここのお祭りの目玉の1つ、武者行列が行われます。皆で気合入れてエイエイオー!!。rock

20130520_gyouretsu3

ぞろぞろ行列をなして歩いていく。カッコいいなぁ。leo

20130520_gyouretsu2

城主?。馬に乗っていますな。horse

20130520_gyouretsu1

中世、子持村白井には白井長尾氏の居城白井城があり、近世初頭には本多・戸田・西尾・本多などが入った白井藩が置かれていた。その後は、宿場町・市場町として栄えたそうだ。cancer

20130520_dasi

山車も登場。お祭り気分だね。cat

20130520_miyamotocyounoido

こちらは、宮本町の井戸。この白井宿通りにはいくつかの井戸が設置されています。aquarius

20130520_kotoensou

白井宿歴史資料館では、お琴の演奏がありました。notes

20130520_gakufu

ちょっと琴の楽譜を見てみた。曲は、「うれしい雛祭り」。へぇ、こういう楽譜なんだぁ。notes

20130520_yakimanjyuu

八重桜を眺めながら、群馬県地方の郷土食、焼きまんじゅうを食べる。

20130520_tokoroten

ところてんも頂きました。暑い時には、さっぱりところてんはいいよね。食べながらも、ひらひら桜の花びらが入ってきました。diamond

20130520_yaezakura4

古い街並みも残されていて、雰囲気もいいんだな。slate

20130520_yaezakura5

なかなか八重桜も見事な咲きっぷりなんだな。オツなものです。kissmark

20130520_yaezakura2

初めて訪れたけど、見事な八重桜並木に白井宿昔ながらの雰囲気にとても楽しめました。という事で、白井宿八重ざくら祭り訪問レポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上だった為。その時の記事は、「駅からハイキング「八重ざくら咲く城下町「白井宿」をめぐる」に行ってきた。」へどうぞ。paper

20130520_map

白井宿通り約900m、八重桜が咲き誇ります。maple

20130520_poster

「第12回白井宿八重ざくら祭り」 2013年4月28日(日) 9時~15時 白井宿通り900m(群馬県渋川市白井地内) 武者行列:10時30分~12時 六斎市:9時~15時 彌酔(やよい)の句会:9時~15時(子持老人福祉センター)info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月19日 (日曜日)

けやきひろば春のビール祭り2013に行ってきた。

春風が運ぶ、日本各地の麦酒の香り。beer

20130519_kaijyou1

暖かな日はやっぱりビール祭りだね。という事で、やってきたところは、さいたま新都心けやき広場です。ここで、けやきひろば春のビール祭りが開催なので訪れた。ここで、年2回春と秋に開催されるビールのお祭りは多くの人が訪れているね。毎回人数が増えてきているような感じだ。にぎやかだねぇ。dog

20130519_kaijyou2

個人的にここのビール祭りが一番好きです。あまり時間かからずビールが買える事。しかも、1杯500円程度と安い。ビールだけでも全国各地から54店舗約200種類?の地ビールが飲める。グルメもご当地ものが勢揃い。そして、けやきの木の下でビールが飲める。気持ちが良いシチュエーションだ。cancer

では、地ビール愉しみましょう。rock

20130519_suiyoubinoneko

こちらは、今回初出店のよなよな BEER KITCHEN(長野県)より、水曜日のネコです。ネーミングが面白いでしょ。ふわ~り香る小麦のビールです。では、ゴクッゴクッ。ぷは~っ。うまいねぇ。beer

20130519_frank

こちらは、デリカテッセン・アーチャン(埼玉県)より、フランクです。ビールに合うよね。なかなかジューシー。pig

20130519_oister_stout

こちらは、いわて蔵ビール(岩手県)より、オイスタースタウトです。ワールドビアカップ銀賞を受賞。最も濃厚な最高峰の黒ビールです。牡蠣のエキスが入っているのかな?。これまた、美味しい。beer

20130519_yakisoba

こちらは、箕面ビール(大阪府)より、箕面ビール直営店特製スタウト煮込みの牛筋焼きそば。スタウトに牛筋とくりゃあ、旨いさ。noodle

20130519_peach_ale

こちらは、みちのく福島路ビール(福島県)より、ピーチエールです。福島の特産品「桃」を使用している発泡酒。ほのかに桃の香りがします。少し甘めで女性にいいかもね。apple

人探し、会場に来ていないかなぁとぐるぐるまわってみた。まぁ、それにしても会場内人で大混雑だからなぁ、見つからなかったです..。cherryblossom

20130519_sazae

海鮮物のグルメもあって、海老焼きやさざえの壺焼きなどもあって、フードもとっても楽しめる。しかし、行列並ぶんだよねぇ...。restaurant

20130519_kaijyou3

今回もビール祭り楽しめました。ぷはぁ~。という事で、けやきひろば春のビール祭り訪問レポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

20130519_tirasi

号外!!!。次回のけやきひろば秋のビール祭り2013は、2013年10月2日~6日までの開催予定。記念すべき第10回目の開催という事で、会場がさいたまスーパーアリーナとなるんだって。盛大にパワフルなビール祭りになるんだろうな。event

20130519_poster

「けやきひろば春のビール祭り」 2013年5月16日(木)~19日(日) 16日:16時~21時 17日・18日:11時~21時 19日:11時~20時 さいたま新都心・けやき広場 (JRさいたま新都心駅下車すぐ・北与野駅下車徒歩2分) 入場無料info02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月17日 (金曜日)

大日影トンネル遊歩道を歩いた2013。

明治時代の鉄道遺産であるトンネルを歩いてきたよ。subway

20130516_yuhodou01

さて、やってきたところは、山梨県甲州市にある大日影トンネル遊歩道です。2年半ぶり3度目の訪問だ。おっ、E257系特急あずさ号がトンネルからでてきたぞ。bullettrain

大日影トンネルは、明治36年(1903)から平成9年(1997)まで、94年にわたって旅客や貨物の輸送を支えました。その後、平成19年(2007)に大日影トンネル遊歩道として整備され一般開放されました。このトンネルは、経済産業省の近代化産業遺産に認定されていて、明治時代の鉄道遺産として残される事になりました。crown

20130516_enter

JR中央本線勝沼ぶどう郷駅から線路沿いに歩いて5分程のところに、トンネル入口(菱山口)があります。大日影トンネルは全長1367.8m。では、歴史を感じながら、トンネル内歩いてみましょう。rock

20130516_tunel1

おぉ、暗くて冷んやり~。壁面には煤煙がこびりついている。線路の両脇は歩道が整備されている。が、男の子はやっぱり線路の真ん中をゴツゴツと歩くのだぁ~。線路の上で歩いてみたけど、バランスがとりずらく難しいね。トンネルは延々とまっすぐ続きます。snowboard

やっぱり、トンネル内線路がそのまま残されているってのが、いいね。good

20130516_bench

トンネル内は、説明パネルや休憩ベンチが設置されています。レンガ造りでレトロな感じだな。chair

20130516_tunel2

途中、線路中央部には水路があります。約330mにわたる開渠水路は、トンネル内の湧水対策の為に設けられました。aquarius

20130516_haisuikou

笹子トンネルにも見られるが、内部に水路を持つトンネルは珍しいといわれるそうだ。dollar

20130516_kyorihyou

おっ、距離標がありました。東京駅を起点とした距離を示し、500mおきに設置されている。この地点は、東京駅から109.5kmを表す。ticket

20130516_tunel3

おっ、光が差してきた。まもなく、トンネルを抜けます。eye

20130516_exit

反対側、深沢口に出てきたぞ。約1.4kmのトンネルを23分かかりました。日差しが眩しいね。shine

20130516_yuhodou02

大日影トンネルを出た後、すぐにまたトンネルがあります。先を行ってみよう。chick

20130516_enter2

先に進むとさらにトンネルがあるが扉で閉められています。でも、小さな出入口扉がある。ちょっと入ってみよう。door

20130516_tunel4

トンネル内、棚がずらり。ここは、勝沼トンネルワインカーヴ(旧深沢トンネル)です。四季を通して安定した環境でしかも多量のボトルが貯蔵できるトンネルは、ワインの熟成には最適。赤レンガのままユニークなワインカーヴとして蘇り、地元ワイナリーや個人オーナーの大切なワインを保管しています。wine

オーナーになって、ここでマイワインを熟成してみてはいかがかな。wink

20130516_ondokei

このワインカーヴ内は、気温11度、湿度70%となっている。spade

20130516_senro

並行して新しいトンネルが開通し、現在はこちらに列車や貨物が通ります。train

20130516_tunel5

左手の建物は、ワインカーヴ驛舎。観光案内を兼ねた事務所でしょうか。駐車場があるので、車の方はここで停めてトンネル散策が可能。parking

大日影トンネル遊歩道は、漏水が激しくなり、2012年1月18日から補修工事で一時閉鎖されていたが、2013年4月2日に通行が再開された。町の観光資源だからね。復活して良かったです。danger

20130516_setumei

トンネルの説明があります。レンガ造りのトンネルは、明治の鉄道土木技術の高さを体感できる事でしょう。horse

20130516_timeannai

大日影トンネル遊歩道の利用時間は、9時~16時です。片道約30分かかります。通行料無料です。ticket

20130516_riyouannai

明治の鉄道遺産・大日影トンネル。トンネル内楽しく散策できたよ。涼しいので夏は嬉しい施設だろうな。という事で、大日影トンネル遊歩道訪問レポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、ここへはウォーキングイベントのコースルート上にあった為に訪れました。その記事は、「駅からハイキング「【勝沼ぶどう郷駅開業100周年記念】甚六桜とぶどうの郷を歩く」に行ってきた。」へどうぞ。paper

「大日影トンネル遊歩道」 菱山口~深沢口間 1367.8m 利用時間:9時~16時 無料 片道約30分info02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月16日 (木曜日)

甚六桜公園にある旧勝沼駅ホームを訪れた2013。

線路沿いには約千本の甚六桜が植えられています。cherryblossom

20130516_jinrokuzakura_park

さて、やってきたところは、山梨県甲州市にある甚六桜公園です。JR中央本線勝沼ぶどう郷駅前にある公園だ。春になると線路沿いには甚六桜が咲き誇り桜の名所になります。cherryblossom

20130516_jinrokuzakura_park2

おっ、貨物列車が通過中。現在の中央本線はそこを走っているが、100年前の開業時はここを通っていました。で、旧勝沼駅ホームが残されています。大正2年から昭和43年まで使用された。train

20130516_jinrokuzakura_park3

桜が咲いている期間は、夜間ライトアップされる。旧ホーム上で夜桜鑑賞も風情があっていいだろうな。moon3

例年だったら、訪れた時見頃を迎えていたと思うが、今年は記録的な速さで桜が開花してしまった為、既に散ってしまった状態。う~ん、残念。weep

20130516_jinrokuzakura_park4

開業当時は、勝沼駅でした。平成5年に勝沼ぶどう郷駅に改称されました。ticket

20130516_setumei

という事で、歴史を感じる旧勝沼駅ホームを訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、駅周辺関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、ここへはウォーキングイベントのコースルート上にあった為に訪れました。その記事は、「駅からハイキング「【勝沼ぶどう郷駅開業100周年記念】甚六桜とぶどうの郷を歩く」に行ってきた。」へどうぞ。paper

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月15日 (水曜日)

勝沼ぶどう郷駅開業100周年記念イベントを訪れた。

今年で開業100周年。それを記念しイベントが開催されました。birthday

20130515_stage

さて、やってきたところは、山梨県甲州市にあるJR中央本線勝沼ぶどう郷駅に隣接する駅前甚六公園です。当駅は、1913年(大正2年)4月8日に開業し、今年(2013)100周年を迎えました。それを記念し催し物が開催。特設ステージ前では宴会?してる...。coldsweats01

本当は、線路沿いには甚六桜が咲き誇り見事な景観になる筈だったんだけど...。今年は暖かい日が続き、桜の開花が記録的な速さで開花してしまった為、既に散ってしまった状態になっていたのが残念である。cherryblossom

20130515_park

:結構多くの人が訪れているんだな。特産物やグルメ等の販売しています。bud

20130515_budokun

おっ、ゆるキャラです。甲州市の観光キャラクター「ブードくん」だ。もちろん、特産品ぶどうがモチーフです。甲州市フルーツ娘の方と一緒だね。cherry

20130515_kikansya

公園内に静態保存されている電気機関車EF64型18号機。運転台見学で車内に入れるという事で並んで入ってみたよ。snail

20130514_untenseki2

前面はこんな感じで見えるのね。運転台に座って、甲府運輸区の運転士の方から操作方法を教えてもらい、実際に動かしてみました。緊張する...。eye

20130514_kinen_jyousyasyou

車内見学したら、勝沼ぶどう郷駅開業100周年「記念乗車証」が貰えました。嬉しい~。日付スタンプ入りだよ。happy02

ちなみに、ここでの詳細記事は「EF64-18機関車内に潜入2013。」へどうぞ。paper

20130515_kazaribina

駅改札口前には、つるし雛が飾られていました。fish

20130515_budoukyou_st

白い建物が勝沼ぶどう郷駅の駅舎です。house

20130515_nagame

駅からの眺め。いい眺めだね。先に見えるのはぶどうの丘だ。bar

20130515_tirasi1

このイベント、いろいろと催しがありました。記念ワインの販売もあったよ。wine

20130515_tirasi2

会場内マップです。鉄道切手や記念切符等、鉄道グッズの販売もありました。ticket

20130515_poster

線路沿いに続く約600本の桜並木「甚六桜」やピンクの絨毯のような桃源郷の眺めを楽しめるかなぁと思っていたけどね。まっ、それは、またの機会だね。という事で、勝沼ぶどう郷駅開業100周年記念イベント訪問レポでした~。happy01

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、ここへはウォーキングイベントのコースルート上にあった為に訪れました。その記事は、「駅からハイキング「【勝沼ぶどう郷駅開業100周年記念】甚六桜とぶどうの郷を歩く」に行ってきた。」へどうぞ。paper

「勝沼ぶどう郷駅開業100周年記念イベント」 2013年4月13日(土) 9時~15時30分頃 勝沼ぶどう郷駅駅前公園info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月14日 (火曜日)

EF64-18機関車内に潜入2013。

往年活躍した電気機関車の内部に入ってみたよ。spade

20130514_ef64_18_1

おぉ、懐かしい青色ボディのかっこいい機関車だな。ここは、JR中央本線勝沼ぶどう郷駅前にある駅前甚六公園です。ここに、電気機関車EF64型18号機が静態保存されています。subway

EF64形式の機関車は、勾配線区用に開発した直流電気機関車。この18号機は、昭和41年(1966)に製作され、主に貨物車を牽引して中央本線などを走りました。その後、南武線、青梅線、篠ノ井線などで活躍した後、平成17年(2005)に現役引退しました。school

20130514_ef64_18_2

引退後、ここの駅前公園の整備にあわせてモニュメントとして平成18年(2006)に設置されました。eyeglass

山々の風景をバックにのんびりと展示されています。春には甚六桜が咲いてさらに綺麗だと思うよ。cherryblossom

20130514_noriba

実は、訪れた日は、EF64型電気機関車運転台見学が行われました。車内では、甲府運輸区の運転士がいて、いろいろ説明してくれます。早速、中へ入ってみよう。door

20130514_tuuro2

ぐおっ、狭い!。1人ぎりぎりの幅の通路。大きな機器が場所をとり、スペースはわずかだ。chick

20130514_unkou_jikokuhyou

おっ、運行時刻表だ。そそるねぇ。watch

20130514_untenseki

運転台に座る事ができました。そして、甲府運輸区の運転士の方から操作方法を教えてもらい、実際に動かしてみました。緊張する...。game

20130514_untenseki2

前面はこんな感じで見えるのね。eye

20130514_tuuro1

かなり長い距離を頑張って走行してきたんだなぁ。約39年約280万kmの走行。お疲れ様です。japanesetea

20130514_ef64_18_3

機関車前面から階段で降りました。denim

20130514_kinen_jyousyasyou

車内見学したら、勝沼ぶどう郷駅開業100周年「記念乗車証」が貰えました。嬉しい~。日付スタンプ入りだよ。happy02

20130514_jinroku_park

イベントが終了し、スタッフお片付け中。こういうのどかなところに、機関車は保存されています。sandclock

20130514_setumei

この機関車の車内に入ったのは今回2度目です。前回4年前(2009)にも見学した事がありますよ。wink

勝沼駅を駆け抜けた往年の名機関車。歴史を感じますなぁ。という事で、EF64-18機関車内見学をしたレポでした~。happy01

ちなみに、駅周辺での関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、ちなみに、ここへはウォーキングイベントのコースルート上にあった為に訪れました。その記事は、「駅からハイキング「【勝沼ぶどう郷駅開業100周年記念】甚六桜とぶどうの郷を歩く」に行ってきた。」へどうぞ。paper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月13日 (月曜日)

特急はまかいじ号(八王子→勝沼ぶどう郷)に乗車した2013。

横浜線を経由する特急電車です。bullettrain

20130513_hamakaiji1

さて、ここはJR中央本線八王子駅4番線ホームです。ここから甲州へ向かう為特急列車に乗車します。乗車する列車は、主に土曜・休日に運転される臨時特急「はまかいじ号」だ。185系7両編成です。横浜駅から横浜線を経由して八王子駅からは中央線で松本駅へ向かう経路。bicycle

20130513_hamakaiji2

シーズンなのか結構な乗車率だ。8時42分、八王子駅を発車。はまかいじ号は4年ぶり2度目の乗車です。chair

ちなみに、先頭(松本方面)が7号車で後方(横浜方面)が1号車。自由席は2・3号車、指定席は1号車と5~7号車、グリーン車は4号車です。chick

20130513_hamakaiji3

途中、大月駅を停車し、9時37分勝沼ぶどう郷駅に到着しました。ホームで、はまかいじ号を見送りました。バイバ~イ。paper

20130513_katsunuma_budoukyou_st

ホームからは散り際の桜が見えます。そして、遠くは山々が...。いい眺めだ。では、これから、ぶどうの里散策だ。レッツゴー!。という事で、特急はまかいじ号乗車レポでした~。happy01

ちなみに、過去の乗車レポは以下のリンク先へどうぞ。paper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月11日 (土曜日)

駅ハイ「浦和駅東西連絡通路開通(暫定)記念 浦和のまち ぶらり歩き」に行ってきた(2013.03.23)。

浦和は路地歩きが楽しいまち・・史跡・古社寺・風物などを脚と目で再発見!!。movie

20130511_keihin_touhoku_linejpeg

さて、JR京浜東北線に乗ってやってきたところは、浦和駅です。週末いつもの駅ハイですな。今回は、2013年3月23日(土)実施、駅からハイキング「浦和駅東西連絡通路開通(暫定)記念 浦和のまち ぶらり歩き」に参加です。shoe

20130324_spacia

浦和駅ホーム高架化工事が行われ、2013年3月16日(土)JRダイヤ改正日より浦和駅に湘南新宿ラインも停車するようになりました。日光・鬼怒川方面への直通特急も浦和駅に停車します。東武特急100系スペーシアが浦和駅に停車中だ~。bullettrain

20130511_kaisatuguci

浦和駅中央改札口です。新しく綺麗になりましたな。flair

20130511_urawa_st

浦和駅東口を出たところで受付を済ませ、コースマップ等を取得した。memo

20130511_kan_batch

恒例の缶バッチは、E5系はやぶさ・はやてなどでした。present

浦和は江戸時代、中山道を中心にして“宿場まち/二七の市場”として栄えました。明治期に入ると埼玉県庁が置かれ、以降“行政のまち/行政都市”として発展しました。今回のぶらり歩きで、浦和のまちの良さと歴史と変貌を再発見しましょう!。karaoke

今回は約9kmのウォーキングコース。頑張って歩きましょう。foot

20130511_renraku_tuuro

駅高架化により、暫定扱いだが、浦和駅東西連絡通路が開通しました。途中階段(エスカレーター)はあるが平面移動が可能となった。この連絡通路を通り、西口へ出ました。snail

20130511_urawa_st_west

西口は現在工事中です。danger

20130511_urawa_unakocyan

西口を出ると浦和うなこちゃんの像が設置されています。浦和の沼地でよく鰻が捕れた事から市内うなぎ屋さんが多いんですよね。そのマスコットキャラクターなのだ。アンパンマンでお馴染みのやなせたかしさんがキャラクター作成。art

ちなみに、まもなく浦和うなぎまつりが開催されますね。今年(2013年)は、5月25日開催予定です。flag

20130511_takasago_syougakkou

高砂小学校付近。おぉ、しだれ桜が咲き始めているね。cherryblossom

20130419_kottouiti2

桜咲くにぎやかな公園です。ここは調公園です。「つきこうえん」と読む。ここで、約180も出店される大規模な骨董市、浦和宿ふるさと市が開催されていました。毎月第4土曜日に開催されているとの事。24hours

20130419_kenjin

埼玉県人詢難之碑がありました。club

20130419_kottouiti3

こんなに綺麗に桜が咲いていたら、桜の木の下で宴会・お花見したいね。でも、この日は骨董市の出店で占められているんだな。bottle

ちなみに、ここでの詳細記事は、「桜咲く調公園で浦和宿ふるさと市(骨董市)を立ち寄った2013。」へどうぞ。paper

20130421_tuki_jinjya1

コースポイントone箇所目は、「調神社」です。「つきじんじゃ」と読む。浦和駅から16分。地元では「つきのみやさま」と呼ばれているそうだ。ここ調神社は鳥居が無いという事で知られています。door

20130421_komausagi

なんと、神社の入口には狛犬ならぬ狛兎が祀られている。親子うさぎみたいですね。snail

中世、調が月と同じ読みから、月待信仰に結びつき、江戸時代には月読社とも呼ばれ、月神の使いとされる兎の彫刻が旧本殿や現在の社殿に、狛犬の代わりに兎の石像が境内入口両側にあります。cat

20130421_temizuya_usagi2

参道を進むと手水舎があります。おぉ、ここもウサギさんだぁ。なんと、口から水がチヨロチョロ出ています。かわいいので撫でてみた。coldsweats01

20130421_temizuya_usagi1

正面からもパチリ。うさぎとは珍しいね。camera

20130421_haiden1

本殿・拝殿にて参拝。confident

20130421_ike

木々が生い茂る中、神池があります。池の中心を見てみると、...。mist

20130421_funsui_usagi

おぉ、うさぎさんの噴水が!。これだけ、兎を祀る神社なので、ウサギ愛好家も訪れるそうだ。cafe

20130421_kyu_honden

調神社旧本殿です。一間社流造り、屋根は銅板葺きである。検札により、享保18年(1733)の建立であることが知られている。basketball

20130421_butai

こちらは、雅楽殿です。2013年の干支はへび年という事もあってか、白蛇が飾られていました。fish

20130421_tukinomiyatenjin

調宮天神(つきのみやてんじん)です。学問の神様、菅原道真公を祀る。願掛け絵馬がいっぱいかけられている。学業成就や書道上達のご利益があるとの事。school

20130421_omikuji

神社を訪れたら恒例のおみくじタイム♪。100円入れて、えぃやぁーとクジを引いてみた。中吉でした...。bell

20130421_tuki_jinjya2

境内では桜が咲いています。兎を信仰する神社で、夜桜&お月見なんても良さそう。お月様にうさぎが餅ついている、なんてね。fullmoon

20130421_komausagi2

調神社は「つき」と読むので、開運「ツキ」に恵まれる神社としても信仰されているそうだ。各所にうさぎさんがいるので、細かく探してみるといいかもね。wink

ちなみに、ここでの詳細記事は、「うさぎを祀る調神社を訪れた2013。」へどうぞ。paper

20130511_kyu_nakasendou

コースポイントtwo箇所目は、「老舗のある風景」です。旧中山道沿い、このあたりは浦和宿、宿場町として栄えた。昔の雰囲気を持つ建物が残っています。aries

20130428_sakura

ここは老舗のお店、割烹千代田です。御殿飾りびながあり自由に立ち入って良いとあったので、入ってみた。spade

20130428_kazaribina

旅館いけだの玄関入口に飾っていました。見事だね、御殿飾りびな。京都博覧会に出品されたそうで、昭和30年代の作品の雛飾りとの事。virgo

20130428_niwa

手入れされたお庭をぶらり。庭を眺めながら、お料理頂くと美味しいんだろうな..。delicious

ちなみに、ここでの詳細記事は、「割烹千代田・旅館いけだの御殿飾りびな2013。」へどうぞ。paper

20130511_urawa_liblary

浦和図書館前を通り過ぎ...。book

20130511_urawa_anzaijyo

これは、明治天皇行在所碑です。明治天皇は、明治元年に大宮氷川神社を鎮守勅祭の社とする刺書を発し、氷川行幸を行った際、浦和宿本陣星野家に宿泊した。明治3年にも宿泊した。hotel

20130422_gyokuzouin

コースポイントthree箇所目は、「玉蔵院」です。「ぎょくぞういん」と読む。調神社から10分。玉蔵院は、真言宗豊山派の古刹で、平安時代の創建。開山は弘法大師と伝えられています。club

20130422_sidarezakura4

玉蔵院と言えば、しだれ桜で有名です。ちょうど満開でした。グッドタイミング♪。今年は暖かい日が続いたので、桜が記録的な速さで開花した。まさか、この日に見頃になるとはラッキーだ。cherryblossom

20130422_sidarezakura5

玉蔵院のしだれ桜は、樹齢100年以上だそうです。訪れていね人達は写真を撮って楽しんでいました。枯山水と桜の景観は趣きがあるな。camera

20130422_sidarezakura1

白に近い淡いピンク色の桜の花びらが綺麗だね。clover

20130422_jizoudou

こちらは、玉蔵院地蔵堂です。市の指定有形文化財(建造物)。安永9年(1780)の建立である事が知られている。house

ちなみに、ここでの詳細記事は、「しだれ桜が見事な玉蔵院を訪れた2013。」へどうぞ。paper

20130501_honjinato1

コースポイントfour箇所目は、「浦和宿本陣跡」です。玉蔵院から8分。仲町公園内に碑がある。江戸時代後期の浦和宿には本陣1、脇本陣3、旅籠15があり、このあたり一帯が本陣の跡になります。shadow

こちらも、桜が満開咲いているね。cherryblossom

浦和宿、当時の姿をしのぶものはほとんど取り壊され残っていないのが、ちょいと残念である。denim

ちなみに、ここでの詳細記事は、「浦和宿本陣跡を訪れた2013。」へどうぞ。paper

20130502_nishicinoichiba2

コースポイントfive箇所目は、「二七の市場跡」です。浦和宿本陣跡から4分。浦和の市場は戦国時代に開設されたものと考えられ、天正18年(1590)には豊臣秀吉の家臣である浅野長吉から喧嘩口論などを禁じた「禁制」(きんぜい)が「浦和市」(うらわいち)に対して出されています。karaoke

浦和市は月6回開かれる六斎市と呼ばれるもので、毎月二と七の日に開かれたため(2日・7日・12日・17日・22日・27日)、「二・七市場」といわれています。主な取引は、穀物と木綿布だったそうです。24hours

ちなみに、ここでの詳細記事は、「浦和宿二七市場跡を訪れた2013。」へどうぞ。paper

20130424_tokiwa_park

コースポイントsix箇所目は、「常盤公園」です。二七市場跡から1分。江戸時代初期は「御殿」と呼ばれ、徳川家康、秀忠が鷹狩りの際の休憩所として使用したが、慶長16年取り壊されたようです。廃止後も「御殿跡」「御林」の名で幕府に保護された。leo

20130424_jyoukaku

明治26年、ここに浦和地方裁判所が建設され、赤レンガ堀は当時の名残である。裁判所は昭和48年、県庁南の新庁舎に移転したことにともない、跡地は「常盤公園」として昭和51年開園した。面積1万㎡。女性の姿したブロンズ像があるね。clover

20130424_yasi

おぉっと、なんか南国の雰囲気だぁ。sun

20130424_tokiwa_park2

園内は遊具がある子供広場などがあり。高さのある木々が多いね。snowboard

裁判所設置時からの名木「キャラの木」が現存する。天然記念物に指定されている。幹周り2.2m 高さ4mあったが、樹勢が衰えている。この木は畠山重忠が父の墓前に植えたものといわれ、その後転々とし、ここに植えられたと伝えられる。しかし、写真を撮っていなすかった...。camera

20130424_flower1

園内の周りには花壇があって、色とりどりの鮮やかな花が咲いています。tulip

ちなみに、ここでの詳細記事は、「常盤公園(浦和区)を訪れた2013。」へどうぞ。paper

20130511_road01

さすが、サッカーの街・浦和。サッカーボールがモチーフになっている...。soccer

20130511_uracyu_ariki

合同庁舎付近に、「ここに浦中ありき」という碑がある。ここに埼玉県立中学校が誕生。浦和中学校の前身である。その後移転し、現在の浦和高校になった。school

20130510_hassyounoti2

コースポイントseven箇所目は、「埼玉サッカー発祥の地」です。明治41年(1908年)、埼玉師範学校に蹴球部を創設し、生徒にサッカーを教えたのが「埼玉サッカー」の起源とされています。school

ちなみに、ここでの詳細記事は、「埼玉サッカー発祥の地の碑を訪れる2013。」へどうぞ。paper

20130510_gakkouhi

コースポイントeight箇所目は、「さいたま市役所」です。奥に見える建物が市庁舎だ。入口には、埼玉県師範学校跡記念碑がある。元はここに学校があったのだ。後の埼玉大学である。building

20130511_fuzokusyou

埼玉大学附属小学校の前を通り過ぎる。桜並木が続きますな。cat

20130511_urawa_kita_park

浦和北公園にやってきた。入口が門になっている..。door

20130425_kyoukeikan

「浦和伝統文化館 恭慶館」です。純和風な公民館です。house

20130425_mizuhiroba

夏には、水遊び場になるのだろうか。急に自然な感じになったよ。aquarius

20130425_ike

池があって、和風庭園ってな感じだ。japanesetea

20130425_bankara

コースポイントnine箇所目は、「旧制浦高バンカラ像」です。おぉ、バンカラって感じ???。school

20130425_kainoki

市指定天然記念物「カイノキ」です。高さは約16mだ。xmas

20130425_kitaurawa_park2

公園内、ベンチが結構多く設置されているので、自然の景色を眺めながらのんびりするのもいいね。club

20130425_musium1

浦和北公園から隣接する北浦和公園にやってきた。名前がややこしい...。北浦和公園内には、県立近代美術館があります。多くの名作が展示されているそうだ。art

20130425_musium2

階段には人のオブジェが。denim

20130425_music_funsui

この北浦和公園で一番、目に付いたのはココ。音楽噴水です。10時から2時間おきに20時まで(冬は18時まで)、クラシック音楽を流しながら噴水が行われるとの事。へぇ~、面白そう。しかし、...。音楽噴水の時間までかなり時間がある...。なので、次回の機会のお楽しみとした。ちょっと残念。coldsweats02

右奥にはトランペットがあるぞ。notes

20130425_sakura1

彫刻広場では、桜がほぼ満開でした。シートを敷いてピクニックだ。riceball

20130425_sakura2

まだ蕾もあって、8分咲きってところでしょうか。綺麗ですな。cherryblossom

20130425_kadan

花壇には色鮮やかな花が植えられています。これまた綺麗だ。tulip

ちなみに、ここでの詳細記事は、「音楽噴水がある北浦和公園を訪れた2013。」へどうぞ。paper

20130511_kita_urawa_st1

北浦和駅西口バスロータリーです。橋上駅舎内を通り、東口へ向かいます。bus

20130511_touhoku_line

北浦和駅は京浜東北線は停車するが、宇都宮線・高崎線・湘南新宿ラインは通過する。subway

20130511_kita_urawa_st2

北浦和駅東口に出てきた。music

20130426_reds_square1

コースポイントonezero箇所目は、「レッズスクエア」です。北浦和公園から6分。駅東口からすぐ。Jリーグ・浦和レッズのサポーターの憩いの場?のようである。北浦和駅は、駒場スタジアムの最寄り駅だしね。建物上部にあるサーカッボール型の時計はからくり時計になっているようだ。soccer

1階はレッズ関連グッズや試合のチケットを扱うショップとなっている。ticket

20130426_reds_square2

2階のレッズスクエアギャラリーに来た。ここで、駅ハイ参加者へのおもてなしがあり。ポカリスェットだったかな?。スポーツドリンクコップ1杯頂けた。aquarius

この階は、「さいたま市サッカー館」と「さいたまふるさと館」がある。写真パネルがずらり掲示されているね。camera

20130426_reds_square3

サイン入りのユニフォームも展示されていた。t-shirt

ちなみに、ここでの詳細記事は、「レッズスクエアギャラリーをちょっと立ち寄った2013。」へどうぞ。paper

20130426_reds

北浦和駅周辺の街中では、浦和レッズのマスコット・レディアの像や選手の足型があるよ。foot

20130511_road02

住宅街少し細い道を歩いていきます。ピンクと黄色が春らしい。cherry

20130511_road03

コースポイントoneone箇所目は、「長屋門のある風景」です。それらしき家があるが、個人宅の為写真撮らず。house

20130427_motofuto_jinjya1

コースポイントonetwo箇所目は、「本太氷川神社」です。レッズスクエアから22分。時代を感じる赤い鳥居・室町鳥居をくぐります。chick

20130427_honden

まずは、本殿にて参拝。bud

20130427_kyuhonden

こちらは、本太氷川神社旧本殿です。埼玉県指定有形文化財(建造物)となっている。この旧本殿には、宮殿(くうでん)と呼ばれるものがあり、宝徳三年(1451)の墨書銘がある。pen

20130427_sitifukujin

こちらは、上向福徳神。上を向いている神様はここ本太氷川神社だけなんだそうだ。家内安栄・商売繁盛のご利益が!。ゑびすさまと大黒さまに感謝しましょう。bell

いろいろと向上しますようにと、お願いしました。confident

20130427_chikaraisi

力石があります。約170kgの重い石を持ち上げ競い合ったそうだ。leo

20130427_kodomo

その力石のあるところに、小さな子供が..。penguin

20130427_torii

弥栄(いやさか)三鳥居くぐり「人は祈る事により生かされています。」との事。一.昭和鳥居(東側の赤大鳥居)→二.室町鳥居(正面木造赤鳥居)→三.明治鳥居(南面石造鳥居)、この順番で参拝をするようだ。key

写真の鳥居は、昭和鳥居です。これが一番目にくぐる鳥居だ。boutique

ちなみに、ここでの詳細記事は、「上向福徳神を祀る、本太氷川神社を訪れた2013。」へどうぞ。paper

20130511_motofuto_syou

本太小学校前を通り過ぎる。こちらも、校門の前には桜が咲いているね。cherryblossom

20130430_sidaremomo4

ここは、大善院です。見事なしだれ桜かなぁと思ったら、しだれ桃なんですよ。cherryblossom

20130430_sidaremomo2

ここ、大善院の境内には、源平枝垂れ桃が植えられています。枝垂れ具合がいい感じですな。枝垂れ桃は、一本の木に白花・紅花・紅白の絞りの3色を咲かせるハナモモの種類。枝垂れ桜と違い、枝垂れ桃は実が成ります。apple

20130430_sidaremomo1

桃の花も今年は開花が早いようだ。この時点で5分咲き。あと数日で満開になるのでしょう。ピンク色の花びらは綺麗ですなぁ。happy02

20130430_sidaremomo6

白い色であったり、ピンク色が混ざっていたり..。見ていても楽しめます。数日後の満開の時を迎えたら、見事に咲き誇っている事でしょう。confident

ちなみに、ここでの詳細記事は、「浦和不動尊大善院の源平枝垂れ桃2013。」へどうぞ。paper

20130511_urawa_st_east

ゴールとなる浦和駅東口に戻ってきました。スタートしてからゴールまで3時間6分かかりました。motorsports

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:15496歩 消費カロリー:664.2kcal 消費脂肪量:94.8g 歩行距離:10.84km 歩行時間:2時間20分 平均時速:4.62km/h エクササイズ量:7.8Exinfo02

20130511_crear_file

ゴール受付を済ませたら、浦和駅のクリアファイルがもらえた。cute

20130511_present

さらに、クッキー1個。あと1つ選ぶもので、蛍光ペン2本が貰えました。pencil

20130324_stage

浦和駅・東口駅前広場では、「湘南新宿ライン浦和駅停車記念さいたまフェスタ 浦和おもてなし広場with駅からハイキング ~カレー文化彩(ぶんかさい)~」が行われていました。riceball

特設ステージでは、歌の披露がありました。じゃ、大好きなカレーのイベント。早速、食べましょう!。rock

20130324_kaijyou

結構カレーの出店が多いね。どにしようかな...。物色中です。eye

20130324_curry1

1品目は、屋台カレークマネコ印より牛すじカレー。では、頂きま~す。スパイシーな辛さあるけど、ビーフシチューのような深い味わい。やっぱりお肉がいいね。美味しかったです。wink

20130324_curry2

2品目は、シディーク神保町店の2色カレーセットです。ルーは、たまごキーマカレー&バターチキンでナンを選択。温かのナンが美味しい。カレーにつけて尚うまい!。happy02

20130324_siin

こちらは、わかさやのブース。日本酒試飲できたので、ちょびちょびグイっとして、いい気分です~。bottle

20130324_nu

さいたま市のPRキャラクター「つなが竜 ヌゥ」が記念撮影に出没。leo

20130324_urutoraman

ウルトラマンがいるので、記念撮影。ジュワッ。camera

いゃあ、歩いた後のカレーは旨いなぁ。もう1品食べてみたかったけど、次の場所へ行く為これで切り上げた。dash

ちなみに、ここでの詳細記事は、「さいたまフェスタ・浦和おもてなし広場with駅からハイキング~カレー文化彩~。」へどうぞ。paper

20130511_syounan_shinjyuku_line

帰りは、新宿湘南ラインが停車するようになった6番線ホームから乗車。今日はこれで終わりではなく、次のグルメイベントへ行くのだぁ~。coldsweats02

20130326_odori

おぉ、皆さん陽気に踊っているよ。やってきたところは、埼玉県蓮田市にある清龍酒造です。そう、この日は新酒まつりが開催なのだ。飲兵衛はやっぱり来ないと。happy02

20130326_taruzake

ウォーキングの後には、地酒だぁ。試飲グヒグビ頂きました。ウィ~。bottle

ちなみに、ここでの詳細記事は、「清龍酒造平成25年度新酒祭りに行ってきた2013。」へどうぞ。paper

20130401_sakura6

良い(酔い?)気分で地元に帰ってきました。やっぱり、シメはみさと公園へ。8分咲きぐらいでしょうか。桜が見事に咲いています。綺麗だね。cherryblossom

20130401_sakura8

陽が暮れてきました。気分浸りながら、自宅へ帰るのであった...。bicycle

ちなみに、ここでの詳細記事は、「みさと公園で桜散策2013。」へどうぞ。paper

今回の駅ハイで2012年度のウォーキングは終了。まぁ、ぼちぼち歩いたなぁ。貯めた参加ポイントで、びゅう商品券(1000円分)交換を申請中だが、まだ来ない...。対応に時間がかかっているんだろうな。今年度2013年度もちょこちょこ参加してみよう。xmas

20130522_view

「追記」 申請してから1か月半、5月18日に届きました。わ~いパチパチ。ささやかな金額だけど、頑張った甲斐がありました。present

今回の駅ハイは、桜の開花が早まった事で、桜散策ウォーキングになったな。天気も良かったし、景観の良い公園も多く、いいコースだなと思った。happy01

ちなみに、関連詳細記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

20130511_map

JR東日本・駅からハイキング No.04234 「浦和駅東西連絡通路開通(暫定)記念 浦和のまち ぶらり歩き」 2013年3月23日(土)実施 歩行時間:約2時間30分(見学時間等を除く) 歩行距離:約9kminfo02

スタート:浦和駅東口→①調神社→②老舗のある風景→③玉蔵院→④浦和宿本陣跡→⑤二七の市場跡→⑥常盤公園→⑦埼玉サッカー発祥の地→⑧さいたま市役所→⑨旧制浦高バンカラ像→⑩レッズスクエア→⑪長屋門のある風景→⑫本太氷川神社→ゴール:浦和駅東口info02

(各写真画像をClickすると4倍拡大表示します。)search

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月10日 (金曜日)

埼玉サッカー発祥の地の碑を訪れる2013。

埼玉サッカーはこの地で始まり各地へ普及・発展した。soccer

20130510_hassyounoti1

さて、やってきたところは、さいたま市役所です。その敷地内に、「埼玉サッカー発祥の地」の碑があります。明治41年(1908年)、埼玉師範学校に蹴球部を創設し、生徒にサッカーを教えたのが「埼玉サッカー」の起源とされている。school

20130510_hassyounoti2

時が流れて、今や、浦和レッズや大宮アルディージャのJリーグ、J1・2チームがある事になったからなぁ。ここで発祥したからなのかな。event

20130510_gakkouhi

近くには、埼玉県師範学校跡記念碑がある。元はここに学校があったのだ。後の埼玉大学である。現在は、さいたま市役所となっている。奥に見える建物が市庁舎だ。building

20130510_siyakusyo

ちょっと桜が咲いているね。という事で、さいたま市役所の敷地内にある埼玉サッカー発祥の地の碑を訪れたレポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上にあった為。その時の記事は、「駅からハイキング「浦和駅東西連絡通路開通(暫定)記念 浦和のまち ぶらり歩き」に行ってきた。」へどうぞ。paper

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月 9日 (木曜日)

ゴールデンウィークみなとみらい2013。

ゴールデンウィーク後半は、ビールを飲みにみなとみらいへ。gasstation

20130509_nihonmaru

さて、神奈川県横浜市みなとみらいにやってきた。天気いいですなぁ。ここは、日本丸メモリアルパーク。大きな帆船「日本丸」だね。ship

20130509_nihonmaru2

こいのぼりが気持ち良く泳いでいる。fish

日本丸の次回帆を広げるのは、2013年5月26日(日)です。cancer

20130509_haisenato2

廃線された山下臨港線(貨物線)の線路を残し整備された遊歩道を歩いていく。先の鉄橋もその名残なのか?。train

20130509_haisenato

つつじが綺麗だね。cherry

20130509_aka_lenga

赤レンガ倉庫へ続く歩道は、人が大混雑で続く。gemini

20130509_landmark_tower

高さ296.33mの横浜ランドマークタワーなど、高層ビルが建ち並ぶ。building

ゴールデンウィークだけに、横浜混んでいるなぁ。という事で、横浜みなとみらい写真パチリでした~。happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月 8日 (水曜日)

一鶴で骨付鳥をがぶりつき2013。

ひな鳥をガブリとしたくなったら、このお店へ。chick

20130508_hinadori2

さて、やってきたところは、神奈川県横浜市にある骨付鳥「一鶴」(いっかく)です。香川県丸亀が発祥の骨付鳥専門店。6年前初めて訪れた時に、ひな鳥食べにまた来たかったんだよね。機会が合って2度目の訪問だ。note

早速、ビールにひな鳥を注文。おっ、来ました~。鳥のもも肉まるごと1本なのだ。これを手に持って、ガブリと豪快に食べるのだ。ワイルドだろぅ~。leo

20130508_hinadori

特製スパイスをふりかけてじっくり焼き上げた一鶴の骨付鳥。では、頂きま~す。がぶりっ。ふぉ~、ジューシーなお肉が美味しい。味付けが濃い目なので、ビールが進むよ。beer

20130508_menu

骨付鳥は2種類。柔らかくてジューシーな「ひなどり」は870円、歯ごたえある通好み「おやどり」は980円です。karaoke

その他、とり飯やとり茶漬け等もあるよ。riceball

20130508_ikkaku

やみつきになる一鶴の骨付鳥。美味しいので、また訪れてみたいのだなぁ。happy01

ちなみに、過去訪問記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「骨付鳥 一鶴 (いっかく) 横浜西口店」 〒220-0005 神奈川県横浜市西区南幸2-15-1 TINOビル6F TEL:045-317-1708 平日:17時~23時・土日祝:11時~23時 横浜駅西口から徒歩約5分info02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月 7日 (火曜日)

ヨコハマフリューリングスフェスト2013にて、ドイツビールを堪能。

横浜赤レンガ倉庫にドイツの春祭りがやってきた!。tulip

20130507_stage

長いゴールデンウィークが終わってしまったなぁ。さて、やってきたところは、神奈川県横浜市にある赤レンガ倉庫です。GW中、ここでイベントが行われた「ヨコハマフリューリングスフェスト2013」を訪れました。ドイツビールのビアフェスタですな。天気が良く暖かい日、こういう日はビールが美味しいです。sun

ステージでは、本場ドイツより「バイエルン・ドライ」が登場。本場さながらの演奏、ビール飲みながら大盛り上がり。プロースト、乾杯♪。notes

20130507_beer

ドイツビールにソーセージ。ぷはぁ~、美味しいです。beer

20130507_akarenga3

明治時代終わりから大正時代初めにかけて建てられた赤レンガ倉庫(新港埠頭保税倉庫)。周辺には座席が用意されたが、既に満席大盛況。GWなので、特に観光客や家族連れ等すごい混雑振りだ。restaurant

20130507_uriba

大型テント内には、25mのビールカウンターがずらり。10店が出店され、いろんなドイツビールが味わえるよ。ビールはちょい待ちぐらいで購入できた。テント内外には、多くのグルメが出店されているが、購入に大行列。かなり時間待ちをするのが難点だ。gasstation

20130507_syumai

横浜だけに、崎陽軒のシュウマイ。ビールにも合う~。pig

20130507_akarenga1

赤レンガ倉庫内は、ものすごい人ごみで入るのに躊躇...。横浜みなとみらい、どの施設も大混雑だぁ...。coldsweats02

20130507_akarenga2

天気の良かったGW。ドイツビールをグビグビ飲んでまったり?した休日になりました。今日からお仕事再開だ。少し休みボケだが、頑張ろう!。happy01

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「ヨコハマフリューリングスフェスト2013」(YOKOHAMA FRÜHLINGSFEST2013) 開催日時:2013年4月26日(金)~5月6日(月) 11時~21時30分 会場:横浜赤レンガ倉庫(神奈川県横浜市中区新港1-1-1) 入場無料info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月 4日 (土曜日)

大衆中華 蘭蘭で、まぐろラーメンを食べる2012。

先日、TV番組で串木野のまぐろラーメンが紹介されていた。OA観てニンマリしたよ。という事で、記事にしたよ第2弾。tv

20130504_ranran1

さて、やってきたところは、鹿児島県いちき串木野市にある「大衆中華 蘭蘭」です。2012年GWに訪問。初めて訪れました。タクシーに乗って、運転手にまぐろラーメンを出すオススメのお店を訪ねたら、ここに連れてきてもらいました。car

普通の中華料理屋さんの建物だが、入口前行列ができているよ...。snail

20130504_maguro_ramen

もちろん、まぐろラーメンを注文。おぉ、やってきました。noodle

まぐろと数種類の野菜、だし昆布等最高の素材をじっくりと真心こめて作り上げたスープに、ちぢれ細麺とスープとのバランスを考えたしょう油にこだわり、自慢のしょう油をベースに、和と中をブレンドした味に仕上げている。key

トッピングにまぐろの“づけ”と和の風味の竜田揚大葉等で仕上げてあります。では、いただきま~す。あっさり澄んだスープがいい味わいだ。マグロ漬けと竜田揚げの2種類のトッピングがいいね。good

途中からは、トッピングのワサビをスープに混ぜていきます。これがまたいい味わいになるのだ。お茶漬けにしてもGoodだと思う。riceball

20130504_menu

まぐろラーメンは単品のほか、定食・セットメニューもありますよ。ribbon

20130504_menu2

中華料理屋さんなので、通常のメニューもあります。memo

20130504_ranran2

という事で、蘭蘭で串木野まぐろラーメンを食べたレポでした~。happy01

「大衆中華 蘭蘭」 鹿児島県いちき串木野市昭和通り285 TEL:0996-32-8768 定休日:月曜 11時30分~14時・17時30分~21時30分 JR串木野駅から徒歩約15分info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月 3日 (金曜日)

味工房みそので、まぐろラーメンを食べる2012。

昨日、日本テレビ系列のカミングアウトバラエティ「秘密のケンミンSHOW」を観ていたら、串木野ラーメンが紹介されていました。もう、観ててニンマリ。という事で、記事にしてみました。tv

20130503_misono2

さて、やってきたところは、鹿児島県いちき串木野市にある「味工房みその」です。6年半ぶり3度目の訪問です。2012年GWに訪問。久しぶりですなぁ~。それにしても、行列待ちである。人気あるんだなぁ。お目当ては、ご当地グルメのまぐろラーメン。串木野港はまぐろ水揚げ量が多い事から、地元のPRとしてまぐろラーメンが開発されました。fish

20130503_maguro_ramen

注文は、もちろん、まぐろラーメンです。750円。鹿児島ラーメンには必ず出てくるのが、お漬物。そして、まぐろラーメンには、なんと、「わさび」が付いてきます。これが、いいんだなぁ。せっかくなので、サイドメニュー、マグロの包み餃子(5個・350円)も注文。noodle

20130503_maguro_ramen2

特徴は透きとおったスープ。まぐろの頭とにんにく、しょうが、長葱などの野菜類を煮込んだまぐろスープと、鰹・昆布などからとった白だしをブレンドし、醤油ダレをあわせた醤油味である。半焼きしたマグロ漬けがトッピングされ、見た目からして美しい。shine

では、頂きます。おぉ、ウマ~。あっさりしたスープだけど、マグロの味が出て魚介好きな人にはGoodかも。途中から、トッピングのわさびを投入しスープと合わせると、まさしくお茶漬けスープ。中細ちぢれ麺がまた良く合います。いゃあ、美味しかったです。delicious

20130503_misono

串木野市内(串木野港付近)には、数店舗まぐろラーメンを提供されています。他の店にも、足を運んでみるのもいいですよ。ちなみに、味工房みそのは中華料理屋さんなので、ラーメンの他、点心等1品料理も充実しています。JR串木野駅からは徒歩約11分の場所に位置する。good

20130503_kushikino_st

串木野の町おこし、串木野まぐろラーメン。鹿児島のラーメンと言えば豚骨だが、魚介系あっさりラーメンを食べに、串木野に訪れてみるのもいいかもと思います。う~ん、また鹿児島へ旅行に行ってみたくなっちゃったなぁ。happy01

過去訪問記事は、以下のリンク先へどうぞ。paper

「中華料理 味工房 みその本店」 〒896-0041 鹿児島県いちき串木野市北浜町4番地 TEL:0996-32-1780 11時~14時30分・17時~22時 不定休 駐車場15台 JR鹿児島本線串木野駅から徒歩約11分info02

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年5月 2日 (木曜日)

浦和宿二七市場跡を訪れた2013。

この辺りで市場が開かれていたようです。banana

20130502_nishicinoichiba1

さて、やってきたところは、埼玉県さいたま市浦和区にある二七市場跡です。浦和の市場は戦国時代に開設されたものと考えられ、天正18年(1590)には豊臣秀吉の家臣である浅野長吉から喧嘩口論などを禁じた「禁制」(きんぜい)が「浦和市」(うらわいち)に対して出されています。karaoke

20130502_nishicinoichiba2

浦和市は月6回開かれる六斎市と呼ばれるもので、毎月二と七の日に開かれたため(2日・7日・12日・17日・22日・27日)、「二・七市場」といわれています。24hours

20130502_inarijinjya

奥には、慈恵稲荷神社があります。浦和宿上町の人々が祀った稲荷社で、二七の日には鳥居を中心に南北二町の範囲で市が立った。ship

20130502_setsumei

さいたま市指定史跡である浦和宿二・七市場跡。主な取引は、穀物と木綿布だったそうです。wave

という事で、二七市場跡訪問レポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上にあった為。その時の記事は、「駅からハイキング「浦和駅東西連絡通路開通(暫定)記念 浦和のまち ぶらり歩き」に行ってきた。」へどうぞ。paper

「二・七市場跡」 埼玉県さいたま市浦和区常盤 JR浦和駅西口から徒歩約11分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 1日 (水曜日)

浦和宿本陣跡を訪れた2013。

中仙道、江戸を出て3番目の宿場町です。hotel

20130501_honjinato1

さて、やってきたところは、埼玉県さいたま市浦和区にある浦和宿本陣跡です。仲町公園内となります。江戸時代後期の浦和宿には本陣1、脇本陣3、旅籠15があり、このあたり一帯が本陣の跡になります。shadow

訪れた時は、ちょうど桜が満開の時でした。綺麗に咲いているね。cherryblossom

20130501_honjinato2

明治元年、及び、3年の明治天皇による大宮氷川神社行幸に際して、ここが行在所となりました。現在、明治天皇行在所址の石碑が残されています。memo

20130501_setsumei

浦和宿、当時の姿をしのぶものはほとんど取り壊され残っていないのが、ちょいと残念である。denim

という事で、浦和宿本陣跡訪問したレポでした~。happy01

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上にあった為。その時の記事は、「駅からハイキング「浦和駅東西連絡通路開通(暫定)記念 浦和のまち ぶらり歩き」に行ってきた。」へどうぞ。paper


大きな地図で見る

「浦和宿本陣跡」 埼玉県さいたま市浦和区仲町2-6 (仲町公園内) JR浦和駅西口から徒歩約10分info02

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »