« 川越のシンボル「時の鐘」とマスコットキャラクター「ときも」2013。 | トップページ | 洋風庭園があるモネの散歩みち2013。 »

2013年2月18日 (月曜日)

駅ハイ「"時 薫るまち 川越" 小江戸川越七福神めぐり」に行ってきた(2013.01.26)。

川越ぶらり記事がかなり続きましたが、これで総集編。長編レポまとめです。bank

20130128_osanpo_kawagoe4

さて、JR川越線に乗ってやってきたところは、川越駅です。週末お久しぶりの駅ハイ参加です。(久しぶりと言っても1ヶ月半ぶりですが...)。今回は、2013年1月26日(土)開催、駅からハイキング「時薫るまち川越 小江戸川越七福神めぐり」です。西武鉄道・東武鉄道・JRの3社合同開催だ。bicycle

川越線なんだけど、珍しい色した列車に乗ってきたよ。この列車は、快速おさんぽ川越号。青色とクリーム色のツートンカラー(通称スカ色)115系6両編成で、京葉線新習志野駅から武蔵野線と大宮を経由して川越へ向かう臨時列車。駅からハイキング開催に合わせて運行された列車だ。train

20130128_youkoso

9時29分、川越駅6番線ホームに到着。駅職員スタッフによって、「ようこそ小江戸川越へ」の歓迎幕でお出迎えだ。bell

ちなみに、おさんぽ川越号乗車レポは「臨時快速おさんぽ川越号に乗車しました。」へどうぞ。paper

20130217_tokimo2

川越駅改札口を出ると、川越市のマスコットキャラクター「ときも」がお出迎え。「ときも」の名は、時の鐘(とき)とサツマイモ(いも)を組み合わせたもの。さいたま市・川越市合同観光キャンペーンという事で、さいたま市のPRキャラクター「つなが竜 ヌゥ」もいました。pig

20130218_uketsuke

駅構内にて受付。ずらり行列です。並んで受付し、コースマップ等を取得した。memo

20130218_kan_batch

恒例の缶バッチは、E5系はやぶさでした。present

20130218_start

何回か参加しているコースなのでお馴染みルート。七福神めぐりに小江戸の街並みを楽しむぞ。今回は約9kmのウォーキングコースです。では、スタート。shoe

20130129_myouzenji

コースポイントone箇所目は、「妙善寺」です。毘沙門天を祀る。参拝に行列ですな。snail

20130129_satsumaimo_jizouson2

ここ妙善寺は、川越さつまいも地蔵尊を祀られています。寛政の頃(1789~1801)江戸の町に焼き芋屋が現れ、その焼き芋用のイモとして、「川越いも」は発展し、有名になりました。お地蔵さん、さつまいもを抱いているよ。japanesetea

10月13日はサツマイモの日なんだそうだ。ここ妙善寺でも、イモに感謝を表す「いも供養」(いもの日まつり)が催される。penguin

ちなみに、ここでの詳細記事は、「川越さつまいも地蔵尊を祀る妙善寺を訪れる2013。」へどうぞ。paper

20130218_pocket_park

ここは、千波小学校付近にある富士見町ポケットパーク。この付近のけやき並木は、かわごえ景観100選になっている。これは、そのモニュメントです。spade

20130130_tennenji2

コースポイントtwo箇所目は、「天然寺」です。天然寺の本尊である木造大日如来坐像(川越市指定文化財)は、平安時代末期(11~12世紀)頃の造立と考えられ、市内に現存する仏像としては最も古い作例の一つといわれます。taurus

20130130_koinoike

見事な日本庭園があって、池には立派な鯉が多く泳いでいるよ。池の先には、川越七福神・寿老人が祀っています。shadow

20130130_suikinkutsu

水琴窟「癒し」があります。竹筒に耳をあて滴の奏でる癒しの音色をお楽しみください。目を閉じて聴いてみると、ティーン、ティーンという音が心地よい時間を過ごせるよ。confident

20130130_omikuji

恒例?おみくじタイム。天然寺では、天然石おみくじ、健康おみくじ、運気上昇みくじの3種類のおみくじがある。いずれも100円。今回は、金色のおみくじである運気上昇みくじをひいてみた。えぃっ、やぁ。じゃじゃん、.....末吉でした....。(ぐすん)crying

ちなみに、ここでの詳細記事は、「立派な鯉の池がある天然寺を訪れた2013。」へどうぞ。paper

20130131_shidarezakura

中院を訪れた。天台宗の別格本山。春になると、しだれ桜が綺麗に咲き誇るそうです。cherryblossom

20130131_kinenhi

中院は、河越茶、狭山茶発祥の地としても知られています。円仁が京都より茶を伝え境内で茶の栽培したのが始まり。釈迦堂の右側に狭山茶発祥之地と書かれた碑がある。japanesetea

ちなみに、ここでの詳細記事は、「狭山茶発祥の地の碑がある、中院を訪れた2013。」へどうぞ。paper

20130201_honden

ここは、仙波東照宮。徳川家康公が亡きあと、静岡から日光へ遺骸を埋葬する途中、喜多院で法要が行われた事からここに建立されたそうです。moneybag

20130201_kamon

この葵の家紋があると、徳川家だってすぐわかるね。horse

20130201_aoiteien

隣接して、厳島弁財天があります。葵庭園として整備されて、ホタル鑑賞会を開催されるそうです。flair

ちなみに、ここでの詳細記事は、「家康公を祀る仙波東照宮を訪れた2013。」へどうぞ。paper

20130202_kitain

コースポイントthree箇所目は、「喜多院」です。多くの人が訪れているな。喜多院は川越七福神・大黒天を祀る。leo

20130202_haikan

拝観してきました。駅ハイ特典で400円→300円に。三代将軍家光公誕生の間や春日局の化粧の間、場所離れるが、五百羅漢も見学できる。館内写真不可です。libra

20130202_odango

お団子4兄弟。厄除けだんごを購入した。1本100円。では、パクッ。もぐもぐ。効果あるかな。dog

20130202_tahoutou

こちらは、多宝塔。本瓦葺の三間多宝塔で下層は方形、上層は円形でその上に宝形造の屋根を置き、屋根の上に相輪をのせている。building

ちなみに、ここでの詳細記事は、「川越大師喜多院を訪れた2013。」へどうぞ。paper

20130204_betsuin2

コースポイントfour箇所目は、「成田山川越別院」です。あの成田山新勝寺の最初の別院なのだ。参拝客も多いね。川越別院は、小江戸川越七福神の第4番恵比寿天を祀る。七福神めぐりでこちらも行列だ。scorpius

20130204_ema

成田山川越別院の開祖「石川照温上人」が祀られているお堂・開山堂では、その石川照温がお不動様を信仰することで失明から回復した。eye

その事から、この開山堂で眼病平癒・視力回復の祈願し、「め」絵馬が多く掛けられています。libra

20130204_enmusubi

本堂の右手に行くと、水掛不動尊や縁結七福弁財天を祀る。縁結びのスポットだそうです。癒しスポット「亀の池」には、200匹以上の亀がいるそうだ。snail

亀の池のほとりにこっそり隠れた「しあわせ不動」がある。見つけてそっとお願いをすれば、日常に隠れて普段は気が付かないような小さな幸せを見つけてくれるかも。shine

ちなみに、ここでの詳細記事は、「めめと書かれた絵馬がある成田山川越別院を訪れた2013。」へどうぞ。

20130205_miyoshino_jinjya2

ここは、三芳野神社です。童歌「とおりゃんせ」は、この神社の参道が舞台と言われています。現存する社殿は、3代将軍徳川家光の命を受けて造営した。埼玉県指定文化財。house

20130205_hassyounohi

わらべ唄発祥の地碑がある。川越城の七不思議の碑も。event

この神社は川越城内にあり、参拝後城を出るのに警備に厳重に調べられる事から帰りが大変だという事から伝えられて唄になっていったらしい。notes

ちなみに、ここでの詳細記事は、「童歌「とおりゃんせ」発祥の地、三芳野神社を訪れた2013。」へどうぞ。paper

20130206_honmaru_goten

コースポイントfive箇所目は、「川越城本丸御殿」です。2011年3月に保存修理工事が完了し、現在一般に公開再開されました。入館料は駅ハイ特典で100円→80円になった。door

20130206_rouka

本丸御殿は、嘉永元年(1848年)入母屋造りで建てられた。本丸御殿の一部が現存するのは川越城の他は高知城だけと貴重な遺構である。wrench

20130206_room

やっぱり和室はいいなぁ。気持ちが安らぎます。しばし、座ってのんびりくつろいだ。japanesetea

20130206_nakaniwa

中庭もいい雰囲気だね。ちょっと雪が残っているよ。snow

20130206_bus

小江戸巡回バスは、本丸御殿に乗り入れします。川越市内観光には便利ですよ。bus

ちなみに、ここでの詳細記事は、「川越城本丸御殿を訪れた2013。」へどうぞ。paper

20130218_hakubutsukan

コースポイントsix箇所目は、「川越市立博物館・美術館」です。駅ハイ特典で入館料が割引だったので、見学してきました。art

20130207_torii

コースポイントseven箇所目は、「氷川神社」です。平成の御代替わりを奉祝し同二年に建立された高さ15mの大鳥居は、木製のものとしては国内随一の規模を誇る(笠木の幅20m・柱周6m)中央扁額の社号文字は幕末の幕臣、勝海舟の直筆によるものである。大きな鳥居だな。door

20130207_hitogatanagashi

こちらは、人形流し。古来、水には心身の穢れを袚い去る力があるとされています。氷川神社の主祭神は水を司る神、素戔嗚尊です。leo

人形(ひとがた)に、①三度息を吹きかける、②体に撫でつける(厄・穢れが人形に移ります)、③「袚えたまえ 清めたまえ」と唱えながら水に浮かべる。yacht

人形が水に溶けながら、〆縄の下をくぐらせます。見ていると清らかな感じになるなぁ。confident

20130207_inuiwa

こちらは、戌岩。(いぬいわ)。その姿が鼻先を神前に向けた戌(いぬ)に似ていることから戌岩(いぬいわ)と呼ばれている(片耳が垂れた戌の顔です)。妊婦さんが撫でると、安産になるといわれています。gemini

20130207_antaimikuji

この神社にはいろんな御神籤があるのだが、赤い鯛を釣るおみくじがある。その名も、「一年安鯛みくじ」。釣竿でおみくじをひく(釣る)のが面白い。fish

縁結び・良縁恋愛・安産などおめでたい縁起のパワースポット川越氷川神社。あやかってみるのもいいかもね。wink

ちなみに、ここでの詳細記事は、「あい鯛みくじがある川越氷川神社を訪れた2013。」へどうぞ。paper

20130208_nakanomonboriato1

ここは、川越城中ノ門堀跡です。中ノ門堀跡は川越城で唯一残る堀跡。過去の記録を元に復元整備され、2010年4月から一般公開開始されました。cute

20130208_nakanomonboriato2

敵は右から30度の斜面を下り、左側60度の上りに塀を設置し、塀の小さな隙間から矢を放ち進入を防ぐようにした。danger

ちなみに、ここでの詳細記事は、「川越城中ノ門堀跡に立ち寄ってみた2013。」へどうぞ。paper

20130218_asahiyu

おっ、旭湯という名の銭湯があるね。spa

20130218_kuranomachi1

蔵のまち街並みに入りました。いつ見てもいい雰囲気だね。蔵造り資料館を見学してみたよ。ship

小江戸川越蔵のまち、シンボル的スポットと言えばココでしょうか..。cat

20130217_tokinokane2

コースポイントeight箇所目は、「時の鐘」です。時の鐘は、江戸時代の初期、酒井忠勝が川越城主(1627~1634)のころに建設されたと伝えられています。高さは約16mあります。bell

20130217_tokinokane1

次に東側からパチリ。現在は機械式ではあるが、1日4回鐘が鳴ります。鐘が鳴るのは6時・12時・15時・18時の1日4回。そう言えば、まだちゃんと鐘の音を聞いた事が無いなぁ。ちなみに、この鐘の音は「残したい日本の音風景100選(環境省)」に選定されています。clock

ちなみに、ここでの詳細記事は、「川越のシンボル「時の鐘」とマスコットキャラクター「ときも」2013。」へどうぞ。paper

20130209_nakaichi_honten

ここは、かつおぶし中市本店です。毎回気になっていたんだよね。chick

20130209_sumibiyaki

焼きおにぎりを店頭販売、炭でじっくり三角おむすびを両面焼いています。見てるだけでも美味しそう...。じゅるっ。delicious

ねこまんま焼おにぎりは1個200円。トッピングは、「かつお」か「いわし(煮干し)」のどちらかを選択。ここはやっぱり定番の鰹節で。fish

20130209_nekomanma2

少し厚みのあるおにぎりで食べ応えあり。焼いた部分の香ばしさが良し。旨いのにゃ~。restaurant

ちなみに、ここでの詳細記事は、「ねこまんま焼おにぎりは旨いにゃあ~@かつおぶし中市本店(川越市)。」へどうぞ。paper

20130210_kameya_imosyu2

あと、亀屋で川越いもシューを購入。さつまいもの味したシュークリームがまた美味しい。rouge

ちなみに、ここでの詳細記事は、「亀屋の川越いもシュー美味しい2013。」へどうぞ。paper

20130211_renkeiji

コースポイントnine箇所目は、「蓮馨寺」です。小江戸川越七福神めぐり・福禄寿を祀る。参拝客多いね。pocketbell

20130211_obinzurusama

祈願所(呑龍堂)の正面には釈迦の弟子「おびんずる様」が鎮座し、参拝者が直接その
身体に触ると病気が治り、頭に触ると頭が良くなるといわれています。school

いっぱいさわって、お願いしてきました。聞いてもらえるかなぁ..。coldsweats01

20130211_cat2

日向ぼっこしていた猫さん。近くにいた人になでられると、ふニャ~とした顔つきに。penguin

ちなみに、ここでの詳細記事は、「おびんずる様が鎮座する蓮馨寺を訪れた2013。」へどうぞ。paper

20130212_yakisoba1

蓮馨寺を訪れたなら、境内にある太麺やきそば「まことや」でB級グルメだ。今回は大盛440円。(1.5玉270g)。屋台の雰囲気をさらに味わう為、久しぶりにラムネも購入したよ。ビー玉が塞いで飲むの下手なのが発覚...。シンプルな味わいだけど、ほっとのんびりする1品です。noodle

ちなみに、ここでの詳細記事は、「まことや蓮馨寺で太麺やきそばを食べる2013。」へどうぞ。paper

20120213_matsumoto_syouyu1

ここは、松本醤油商店です。蔵のまちらしく雰囲気ある建物だな。こちらは、醸ん楽座(かもんらくざ)。ここで作られた醤油などの販売所です。駅ハイ参加者に湯茶のサービスがありました。snail

20120213_syouyukura2

松本醤油商店が造るはつかり醤油。1830年(文政13年)建造の醤油蔵を見学してみました。薄暗い蔵の中歴史感じる醤油樽が並びます。発酵した匂いがなんともいいね。bottle

スタッフの方が丁寧に解説してくれます。日本古来の天然醸造方式で杉桶を使い手間隙かけて約2年間熟成・発酵させます。riceball

20120213_moromi

夏の暑さや冬の寒さを通り、自然に熟成された諸味ができます。その貴重なもろみを試食できました。スプーンにとって、パクッ。おお、この深い味わいが素晴らしいね。good

20120213_zizake

松本醤油商店に併設して、小江戸鏡山酒造があります。川越の地酒「鏡山」を販売している。利き酒1杯頂きましたよ。有料。今回は吟醸酒を頂く。では、ぐぴっ。ぷはぁ~、美味しいねぇ。bottle

ちなみに、ここでの詳細記事は、「松本醤油商店で醤油蔵を見学してみた2013。」へどうぞ。paper

20130214_rakuraku

駅ハイで川越をぶらりすると必ず立ち寄るのがココ。川越ベーカリー楽楽(らくらく)です。国産小麦・天然酵母・無添加、手作りのお店。結構人気があって、店入口には行列が...。24hours

20130214_pan

このお店の人気商品の1つがお味噌のパン。これがまた美味しいのである。店前で食べる時は、コーヒーが無料サービスとなる。ちょいと休憩だ。bread

ちなみに、ここでの詳細記事は、「川越ベーカリー楽楽でお味噌のパンを食べる2013。」へどうぞ。paper

20130214_kashiya_yokocyou

コースポイントonezero箇所目は、「菓子屋横丁」です。レトロな感じの雰囲気で、駄菓子や漬物等を販売している。riceball

20130218_mitateji

コースポイントoneone箇所目は、「見立寺」です。川越七福神は布袋様を祀る。bag

20130218_shingashigawa

新河岸川、両岸は遊歩道など整備されている。mist

20130218_shingashigawa2

川の水が綺麗なので、水鳥さんも泳ぐのが気持ち良さそうだ。fish

20130218_myousyouji

コースポイントonetwo箇所目は、「妙昌寺」です。川越七福神は弁財天を祀る。dollar

20130215_kurari

コースポイントonethree箇所目は、「小江戸蔵里」です。この場所は、明治8年(1875年)に創業した旧鏡山酒造の建造物を、当時の面影を残しつつ改修した施設です。川越市の物産等を楽しむ新しい名所として、2010年10月1日にオープンしました。sun

施設は、明治・大正・昭和の時代に建てられた3つの酒蔵からなる。おみやげ処(明治蔵)・まかない処(大正蔵)・くら市場(昭和蔵)。これらの蔵は、国の登録有形文化財に指定されている。house

20130215_saimooo2

ここのお土産処で面白いのないかなぁと探してみたら...。サイモーを購入したよ。サツマイモ味のサイダーだ。ラベル見ると、かわいイモんだって...heart。では、頂きます。ゴクッ、シュワ~~。おぉ、結構もわっとしたサツマイモの味が強めなサイダーだ。珍しい味だな。coldsweats02

ちなみに、ここでの詳細記事は、「小江戸蔵里でのお土産、サイモーを飲んでみた2013。」へどうぞ。paper

20130216_hassyutei

小江戸蔵里、お土産処の隣には、まかない処大正蔵「八州亭」があります。大正時代に造られた蔵がレストランになっています。ちょいと地酒1杯しに、食事休憩しました。door

20130216_syokuji1

まずは、COEDOビール「伽羅」を頂く。ぷはぁ、うまい。beer

川越産大豆を使用したざる豆腐に、川越三元豚を使用した厚切り豚バラ肉のとろとろ角煮をオーダー。この角煮、本当にとろとろ。美味しいぞ。pig

20130216_syokuji2

小江戸鏡山酒造の鏡山吟醸酒を頂く。地酒、くぅ~とくるよ。そして、焼き鳥ならぬ「焼とん」。これも三元豚を使用したハラミとミルフィーユだ。東松山のようなピリ辛味噌を付けて食べます。これがまた旨いのだ。scissors

ちなみに、ここでの詳細記事は、「まかない処大正蔵「八州亭」で、川越の地酒と三元豚を味わう2013。」へどうぞ。paper

20130218_honkawagoe_st

ゴールとなる本川越駅に到着しました。ふぅ~。川越駅をスタートしてから本川越駅にゴールするまで4時間32分かかりました。まぁ、いろいろと立ち寄りしたからなぁ。motorsports

20130217_tokimo1

ゴールとなる本川越駅にて、またまたときもにお会いしました。birthday

20130218_amanattou

ゴール受付を済ませました。今回は、西武鉄道のウォーキング&ハイキングの対象コースなので、西武沿線ポイント・50ポイント取得しました。ちなみに、参加賞として甘なっとうがもらえました。present

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:18824歩 消費カロリー:817.1kcal 消費脂肪量:116.7g 歩行距離:13.17km 歩行時間:2時間51分 平均時速:4.60km/h エクササイズ量:9.6Exinfo02

20130128_yukisaki2

川越駅に戻ってきました。もちろん、帰りの電車も臨時快速おさんぽ川越号に乗車です。karaoke

20130128_osanpo_kawagoe3

115系スカ色が川越駅に参上、珍しい光景である。moon3

20130128_onrei

川越駅15時00分、快速おさんぽ川越号が新習志野へ向けて出発しました。帰りもホーム上では、駅職員の方々がお見送りしてくれました。御礼 またのお越しをお待ちしております。paper

20130128_osanpo_kawagoe6

帰りは行きよりも混雑していたような感じがする。ここ川越から武蔵野線・京葉線方面へ直通するのだから、便利な列車だ。ラクラクな気分で帰りました。dollar

今回は、小江戸川越を堪能できるウォーキングコース。蔵のまちの街並みやいろんなグルメを味わえて楽しかったです。川越は好きなところです~。happy01

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

さらに、過去川越のウォーキング参加した時の記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

20130218_kyousanten

駅ハイマップを提示すると各施設の割引や、協賛店の割引やサービスを受ける事ができます。appli02

20130218_map

JR東日本・駅からハイキング No.04229 【西武鉄道・東武鉄道共同開催】「"時 薫るまち 川越" 小江戸川越七福神めぐり」 2013年01月26日(土)実施 歩行時間:約2時間30分(見学時間等を除く) 歩行距離:約9kminfo02

スタート:JR・東武川越駅→①妙善寺→②天然寺→③喜多院→④成田山川越別院→⑤川越城本丸御殿→⑥川越市立博物館・美術館→⑦氷川神社→⑧時の鐘→⑨蓮馨寺→⑩菓子屋横丁→⑪見立寺→⑫妙昌寺→⑬小江戸蔵里→ゴール:西武本川越駅info02

(各写真画像をClickすると4倍拡大表示します)search

|

« 川越のシンボル「時の鐘」とマスコットキャラクター「ときも」2013。 | トップページ | 洋風庭園があるモネの散歩みち2013。 »

コメント

川越市民としてはここまで街を堪能して頂けて嬉しいです( ^ω^ )

今度は違う街のレポートもお待ちしてます*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

投稿: 泉 璃華 | 2013年2月18日 (月曜日) 07時44分

泉 璃華さん、こんばんわ。コメントありがとうございます。dog

1回のウォーキングでここまで記事を書く事がないので、やっぱり川越は別格です。いいところですなぁ。crown

だいぶ昔小さい頃は、川越から近い所に住んでいたので(川越の隣の隣の市・東上線沿線)、その時は川越の丸広百貨店などに遊びに行ってました。train

さっ、次の街は...。お楽しみに。happy01

投稿: さかきんぐ(管理人) | 2013年2月19日 (火曜日) 01時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102007/56783994

この記事へのトラックバック一覧です: 駅ハイ「"時 薫るまち 川越" 小江戸川越七福神めぐり」に行ってきた(2013.01.26)。:

« 川越のシンボル「時の鐘」とマスコットキャラクター「ときも」2013。 | トップページ | 洋風庭園があるモネの散歩みち2013。 »