« 道の駅はなぞのに立ち寄った。 | トップページ | 臨時快速おさんぽ川越号に乗車しました2013。 »

2013年1月26日 (土曜日)

観音茶屋で観音そばと鬼ころりを食べる。

秩父の山奥でお蕎麦を頂きます。noodle

20130126_kannon_cyaya1

車でドライブ、秩父の山奥へ。さて、やってきたところは、埼玉県小鹿野町にある「観音茶屋」です。約7年ぶりの訪問だ。久しぶりだぁ。また来てみたかったところです。rvcar

20130126_kannon_soba

いつものように、観音そば鬼ころりセットを注文しました。さっ、やってきました~。おぉ、食べるぞぅ。restaurant

素朴な手打ち蕎麦です。では、つるつる~~。うむ、いい味わい。澄んだ源流水と江戸時代から伝わる古式手打の技が醸し出す伝統の味じゃ。山菜天ぷらもついていますよ。club

20130126_onikorori

お蕎麦と共に、これを食べに来たのです。これが、名物「鬼ころり」です。山芋とそば粉を練って、ごま油でカラッと揚げたもので、小鹿野の郷土料理である。揚げたてあったかのうちに食べましょう。パクッ。うぉ~、これ美味しいのです。山芋なので、結構腹持ちしますよ。cancer

20130126_onikorori_yurai

鬼ころり由来が書かれていました。観音山に鬼がいて夜な夜な里に来て村人を困らせていたが、茶店のばあさんが山芋を使ったおいしい料理を鬼に食べさせたら、鬼はばあさんの言う事だけは聞くようになったんだとか。鬼がばあさんにコロリときたので「鬼ころり」なんだそうだ。pencil

20130126_kannonsama

観音様がおられました。leo

20130126_stobe

店入口には、薪を燃やしています。雰囲気でるねぇ。spa

20130126_bas

山奥なので車でないと来れないが、西武バス小鹿野車庫から地蔵寺まで無料シャトルバスが運行されています。地蔵寺バス停は、観音茶屋駐車場に位置するので便利だ。bus

西武秩父駅から小鹿野車庫までは、西武バスの路線バスを利用。地蔵寺マイクロバスと連絡接続されています。休日は約10本ほど運行。利用する際は、運転日や運行時刻を確認してくださいね。(写真のバスが地蔵寺マイクロバスです。)cat

20130126_kannon_cyaya2

ちょっと昔の雰囲気がある店構えです。薪を燃やした煙がもくもくと出ているね。cloud

20130126_sora

山々の間から、青い空を眺める。山奥の素朴な雰囲気が良い観音茶屋訪問レポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問記事は以下のリンク先へどうぞ。info02

「観音茶屋」 〒368-0111 埼玉県秩父郡小鹿野町飯田2357 TEL:0494-75-0907 営業時間:9時~16時 休業日:12月中旬~1月1日と1月16日~2月末の平日 駐車場:25台info02

|

« 道の駅はなぞのに立ち寄った。 | トップページ | 臨時快速おさんぽ川越号に乗車しました2013。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102007/56626843

この記事へのトラックバック一覧です: 観音茶屋で観音そばと鬼ころりを食べる。:

« 道の駅はなぞのに立ち寄った。 | トップページ | 臨時快速おさんぽ川越号に乗車しました2013。 »