« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月の25件の記事

2013年1月31日 (木曜日)

狭山茶発祥の地の碑がある、中院を訪れた2013。

狭山茶発祥の地の碑がある寺院を訪れた。chick

20130131_mon

さて、やってきたところは、埼玉県川越市にある中院です。天台宗の別格本山。こちらは、正面入口・山門です。では、中に入ってみよう。door

20130131_shidarezakura

春になると、しだれ桜が綺麗に咲き誇るそうです。cherryblossom

20130131_yakushidou

こちらは、釈迦堂。club

20130131_kinenhi

中院は、河越茶、狭山茶発祥の地としても知られています。円仁が京都より茶を伝え境内で茶の栽培したのが始まり。釈迦堂の右側に狭山茶発祥之地と書かれた碑がある。japanesetea

20130131_shimazaki_touson

文豪・島崎藤村はこの地を頻繁に訪れたそうです。藤村書の「不染の碑」がある。pencil

20130131_mon2

こちらは、中院の鐘楼。趣きあるね。postoffice

という事で、中院訪問レポでした~。happy01

ちなみに、ここへはウォーキングイベントのコースルート上にあった為訪れました。その記事は、「駅ハイ「"時 薫るまち 川越" 小江戸川越七福神めぐり」に行ってきた(2013.01.26)。」へどうぞ。paper

「天台宗別格本山 中院」 埼玉県川越市小仙波町5-15-1 TEL:049-222-2170info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月30日 (水曜日)

立派な鯉の池がある天然寺を訪れた2013。

川越七福神2番目のお寺を訪れた。chick

20130130_tennenji1_2

さて、やってきたところは、埼玉県川越市にある天然寺です。自然山大日院と号す。ここ天然寺は、「小江戸川越七福神 第二番 寿老人」、「武蔵国十三仏霊場 第一番 不動明王」の札所である。国道16号線沿いに位置するよ。leo

20130130_tennenji2

天然寺の本尊である木造大日如来坐像(川越市指定文化財)は、平安時代末期(11~12世紀)頃の造立と考えられ、市内に現存する仏像としては最も古い作例の一つといわれます。taurus

20130130_koinoike

見事な日本庭園があって、池には立派な鯉が多く泳いでいるよ。fish

20130130_jyuroujin

池の先には、川越七福神・寿老人が祀っています。七福神めぐりで多くの人が訪れている。shadow

20130130_suikinkutsu

水琴窟「癒し」があります。竹筒に耳をあて滴の奏でる癒しの音色をお楽しみください。目を閉じて聴いてみると、ティーン、ティーンという音が心地よい時間を過ごせるよ。confident

20130130_gankake_kannon

こちらは、願掛観音。願いが叶いますように。cancer

20130130_jibo_kannon

こちらは、慈母観音。bag

20130130_omikuji

恒例?おみくじタイム。天然寺では、天然石おみくじ、健康おみくじ、運気上昇みくじの3種類のおみくじがある。いずれも100円。今回は、金色のおみくじである運気上昇みくじをひいてみた。えぃっ、やぁ。じゃじゃん、.....末吉でした....。(ぐすん)crying

さっ、気を取り直して、次の七福神へ向かうのであった。gawk

ちなみに、ここへはウォーキングイベントのコースルート上にあった為訪れました。その記事は、「駅ハイ「"時 薫るまち 川越" 小江戸川越七福神めぐり」に行ってきた(2013.01.26)。」へどうぞ。paper

「自然山大日院天然寺」 埼玉県川越市仙波町4-10-10 TEL:049-222-6151info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月29日 (火曜日)

川越さつまいも地蔵尊を祀る妙善寺を訪れる2013。

川越七福神、川越駅から1番近いお寺です。scorpius

20130129_myouzenji

さて、やってきたところは、埼玉県川越市にある妙善寺です。川越駅東口から徒歩5分の位置にある。妙善寺は天台宗のお寺で、川越七福神の中の1つ、毘沙門天を祀る。訪れた日は、ウォーキングイベントの開催の為、多くの人が訪れています。行列だよ...。snail

20110206_bisyamonten

こちらが、毘沙門天です。aries

20130129_satsumaimo_jizouson1

ここ妙善寺は、川越さつまいも地蔵尊を祀られています。川越と言えば、サツマイモと言われるほどイモの町として有名です。その歴史は約250年以上あります。寛政の頃(1789~1801)江戸の町に焼き芋屋が現れ、その焼き芋用のイモとして、「川越いも」は発展し、有名になりました。banana

20130129_satsumaimo_jizouson2

お地蔵さん、さつまいもを抱いているよ。japanesetea

この、川越さつまいも地蔵尊は2005年に「サツマイモを食べて健康になろう」の祈りを込め、現代版の芋地蔵の建立をしたとの事。地蔵尊の右側庭には、綺麗に蝋梅が咲いていました。leo

10月13日はサツマイモの日なんだそうだ。ここ妙善寺でも、イモに感謝を表す「いも供養」(いもの日まつり)が催される。penguin

川越の町を歩いていると、お芋の商品が多いですよ。ホクホク。delicious

ちなみに、ここへはウォーキングイベントのコースルート上にあった為訪れました。その記事は、「駅ハイ「"時 薫るまち 川越" 小江戸川越七福神めぐり」に行ってきた(2013.01.26)。」へどうぞ。paper

「天台宗道人山三心院妙善寺」 〒350-0046 埼玉県川越市菅原町9-6 TEL:049-222-7559 川越駅東口より徒歩5分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月28日 (月曜日)

臨時快速おさんぽ川越号に乗車しました2013。

朝早起きして臨時列車乗りに出かけました。sun

20130128_osanpo_kawagoe1

この日乗車する列車は、臨時快速おさんぽ川越号です。この列車は、京葉線新習志野駅から川越線川越駅を結ぶ快速列車。車両は、115系6両編成です。青色とクリーム色のツートンカラー、横須賀線のラインカラーですな。通称スカ色。せっかくなので始発駅から終着駅まで乗車してみたよ。chick

20130128_osanpo_kawagoe2

おさんぽ川越号は2013年1月26日(土)と2月9日(土)に運転される臨時列車。新習志野駅からは武蔵野線を経由。しもうさ号と同様に武蔵浦和から貨物線経由で大宮へ。で、大宮駅からは川越線に乗り入れし川越駅へ向かう経路だ。snail

この車両は豊田車両基地から直接来る。7時47分頃、新習志野駅2番線ホームに入線してきたぞ。pisces

20130128_shin_narashino_st

それにしても、新習志野駅に115系が停車しているのも貴重な光景だ。music

20130128_noriba

ちなみに、ホーム乗り場付近には、「おさんぽ川越号乗車口」とかかれたラベルが配置済み。短い6両編成でしかも3ドアだから、乗車待ち行列には助かります。kissmark

自分は7時26分に新習志野駅に到着したが、既に各乗車口には行列ができていました。gemini

20130128_yukisaki

新習志野駅2番線の行き先表示には、臨時で「川越」と表示。これまた珍しい。sports

20130128_rinji

さすがに「臨時」表示ですな。季節運行されるようになったら、特別に作成してくれるかな?。faxto

20130128_syanai

115系車内はこんな感じ。ボックス席もあるよ。この列車が出発する3分前に海浜幕張発府中本町行きが走るので、座席確保には余裕がありました。baseball

20130128_sheat

ボックス席はこんな感じ。ちょっと狭い4人掛け。chair

7時53分、新習志野駅を発車しました。この後、南船橋、西船橋の順に停車。ここから武蔵野線内、東松戸・新八柱・新松戸・南流山・吉川・南越谷・東川口・南浦和・武蔵浦和の順に停車する。ski

新松戸から車内立ち客が増え混雑してきました。cancer

20130128_edogawa

115系が江戸川を渡ります。埼玉県に突入。ship

20130128_misato_st

三郷駅は華麗に通過。吉川駅には停車するのだから、三郷駅も停車してくれれば...。まぁ、しょうがない。weep

20130128_tetsudou_hakubutsukan

武蔵浦和駅からは貨物線に入り大宮駅へ。大宮駅は11番線に到着。大宮からは少し高崎線を走行し、鉄道博物館手前付近で地下駅からの川越線が地上に出てくる。そして、...。faxto

20130128_point1

昨年閉店した大成鉄道村(現スーパー銭湯)付近から、高崎線から川越線へ。このシーンがこの列車の最大のイベントですな。notes

川越線が埼京線と相互乗り入れして大宮駅地下化されたので、今回地上での乗り入れはとても珍しい。ワクワクでした。dog

115系スカ色が川越線に乗り入れるのも珍しいので、荒川橋梁付近など撮り鉄も多かったな。camera

20130128_youkoso

9時29分、終点の川越駅に到着しました。6番線ホームに到着。ホームでは、歓迎の幕でお出迎え。ようこそ小江戸川越へ。cherry

20130128_osanpo_kawagoe5

お約束、記念撮影。パチリ。fastfood

20130128_osanpo_kawagoe3

115系スカ色が川越駅に参上。これまた珍しい光景である。moon3

20130128_osanpo_kawagoe4

このあとは、列車名の通り、川越をおさんぽしに行ってきました。(駅からハイキングに参加♪)。shoe

20130128_yukisaki2

さてさて、もちろん、帰りの電車も...!。帰りも6番線ホームから、快速おさんぽ川越号が出発。行き先案内では、なぜか2段同じ表示。karaoke

20130128_yukisaki3

川越駅にて、新習志野行きが表示されるのもまた珍しい。foot

20130128_osanpo_kawagoe6

帰りは行きよりも混雑していたような感じがする。ここ川越から武蔵野線・京葉線方面へ直通するのだから、便利な列車だ。dollar

20130128_onrei

川越駅15時00分、快速おさんぽ川越号が新習志野へ向けて出発しました。帰りもホーム上では、駅職員の方々がお見送りしてくれました。御礼 またのお越しをお待ちしております。paper

ちなみに、途中、大宮駅は地上7番線ホームに到着。川越線から大宮駅地上ホームに到着するのも便利だと思う。乗換が楽だしね。yacht

20130128_aanai

今回は日にち限定の臨時列車だったが、今後は季節運行として年に何回かは走らせて欲しいな。spade

20130128_poster2

武蔵野線沿線から、小江戸「川越」へ乗り換えなし1直線!。また、この臨時列車で川越に遊びに行きたいなぁ。happy01

川越市内ぶらりおさんぽしてきたよ。その記事は、「駅ハイ「"時 薫るまち 川越" 小江戸川越七福神めぐり」に行ってきた(2013.01.26)。」へどうぞ。paper

ちなみに、快速おさんぽ川越号は、2週間後、2月9日(土)にも運転されます。leo

「快速おさんぽ川越号」 運転日:2013年1月26日(土)・2月9日(土) 運転区間:新習志野~川越 車両:115系6両横須賀色(スカ色)・全車自由席info02

往路新習志野07:53→南船橋07:56→西船橋08:05→東松戸08:13→新八柱08:17→新松戸08:13→南流山08:25→吉川08:31→南越谷08:37→東川口08:41→南浦和08:48→武蔵浦和08:51→大宮09:01→南古谷09:25→09:29川越info02

復路川越15:00→南古谷15:05→15:22大宮15:24→武蔵浦和15:36→南浦和15:39→東川口15:45→南越谷15:50→吉川15:55→南流山16:04→新松戸16:07→新八柱16:11→東松戸16:15→16:23西船橋16:27→南船橋16:34→16:38新習志野info02

spade diamond club heart spade diamond club heart spade diamond club heart

【追記】 2014年度も「快速おさんぽ川越号」運転決定!

  2014年1月25・26日 新習志野~川越 E231系5両 全車自由

  2014年2月1・2日 土浦~川越 E531系5両 全車自由

  使用車両はE231系とE531系。これらの車両は今までに川越に乗り入れた事があるのかな?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月26日 (土曜日)

観音茶屋で観音そばと鬼ころりを食べる。

秩父の山奥でお蕎麦を頂きます。noodle

20130126_kannon_cyaya1

車でドライブ、秩父の山奥へ。さて、やってきたところは、埼玉県小鹿野町にある「観音茶屋」です。約7年ぶりの訪問だ。久しぶりだぁ。また来てみたかったところです。rvcar

20130126_kannon_soba

いつものように、観音そば鬼ころりセットを注文しました。さっ、やってきました~。おぉ、食べるぞぅ。restaurant

素朴な手打ち蕎麦です。では、つるつる~~。うむ、いい味わい。澄んだ源流水と江戸時代から伝わる古式手打の技が醸し出す伝統の味じゃ。山菜天ぷらもついていますよ。club

20130126_onikorori

お蕎麦と共に、これを食べに来たのです。これが、名物「鬼ころり」です。山芋とそば粉を練って、ごま油でカラッと揚げたもので、小鹿野の郷土料理である。揚げたてあったかのうちに食べましょう。パクッ。うぉ~、これ美味しいのです。山芋なので、結構腹持ちしますよ。cancer

20130126_onikorori_yurai

鬼ころり由来が書かれていました。観音山に鬼がいて夜な夜な里に来て村人を困らせていたが、茶店のばあさんが山芋を使ったおいしい料理を鬼に食べさせたら、鬼はばあさんの言う事だけは聞くようになったんだとか。鬼がばあさんにコロリときたので「鬼ころり」なんだそうだ。pencil

20130126_kannonsama

観音様がおられました。leo

20130126_stobe

店入口には、薪を燃やしています。雰囲気でるねぇ。spa

20130126_bas

山奥なので車でないと来れないが、西武バス小鹿野車庫から地蔵寺まで無料シャトルバスが運行されています。地蔵寺バス停は、観音茶屋駐車場に位置するので便利だ。bus

西武秩父駅から小鹿野車庫までは、西武バスの路線バスを利用。地蔵寺マイクロバスと連絡接続されています。休日は約10本ほど運行。利用する際は、運転日や運行時刻を確認してくださいね。(写真のバスが地蔵寺マイクロバスです。)cat

20130126_kannon_cyaya2

ちょっと昔の雰囲気がある店構えです。薪を燃やした煙がもくもくと出ているね。cloud

20130126_sora

山々の間から、青い空を眺める。山奥の素朴な雰囲気が良い観音茶屋訪問レポでした~。happy01

ちなみに、過去訪問記事は以下のリンク先へどうぞ。info02

「観音茶屋」 〒368-0111 埼玉県秩父郡小鹿野町飯田2357 TEL:0494-75-0907 営業時間:9時~16時 休業日:12月中旬~1月1日と1月16日~2月末の平日 駐車場:25台info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月25日 (金曜日)

道の駅はなぞのに立ち寄った。

関越道花園ICを降りて、国道140号(彩甲斐街道)秩父方面へ向かうと休憩ポイントがあります。parking

20130125_hanazono1

さて、立ち寄ったところは、埼玉県深谷市にある道の駅はなぞのです。久しぶりに立ち寄ったよ。car

20130125_hanadokei

ここには、花時計があるんですよね。訪れた日は、お花の入れ替え作業をしていました。綺麗なお花が見れなくて残念。tulip

20130125_aruetto

こちらがメイン施設となる地域振興施設アルエットです。館内には祭屋台の展示がある。chick

20130125_cyokubaijyo

隣接してJA農産物特売所がある。こちらには、お客さんが多くいたな。banana

20130125_hidamarino_park

のびのび~とするなら、ひだまりの公園だ。公園の広さは約8800平方メートル、花や緑に触れ合うことが出来る憩いの場所です。dog

なんか先に見える建物が気になるなぁ...。pig

休憩とって、再びドライブ再開。秩父方面へ向かうのであった。happy01

「道の駅はなぞの」 〒369-1246 埼玉県深谷市小前田458-1 駐車場604台info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月24日 (木曜日)

東北新幹線E5系はやて36号で帰る。

旅のシメは、新型新幹線E5系で帰ります。(新型とはいえE5系は2011年3月に運転開始したので、まもなく2年になるんだね)。bullettrain

20130124_shinkansen_e5

さっ、ここは東北新幹線の最北端・新青森駅の新幹線ホームです。輝くグリーン(常盤グリーン)が特徴のE5系新幹線に乗って帰ります。ロングノーズ、長い鼻だなぁ。horse

20130124_shin_aomori_st_home

はやて36号東京行きに乗ります。全車指定席。新青森駅17時12分発14番線から発車します。clock

20130124_hokkaidou

新青森駅ホームからその先を眺める。この先は、2016年3月に先行開業予定の北海道新幹線となる予定である。fuji

20130124_gran_class

E5系の10号車はグランクラス。いつかは利用してみたいな。crown

20130124_green_sheat

でも、隣の9号車の座席を確保。こちらはグリーン車です。奮発してリッチに帰ろう。dollar

20130124_green_sheat2

一般座席よりもやっぱりいいね。リラックスできるよ。spa

20130124_renketsu

盛岡駅に停車したら、これを見ないとね。秋田からのこまち号と連結シーンを見よう!。E5系先頭が口開けて待ってるぞ。kissmark

20130122_ketsugou

E5系はやて号とE3系こまちが連結!合体。おぉ~パチパチ。gemini

20130124_coffee

缶ビールシュポっと開けグビっ、ホットコーヒーでホッと。おにぎり・弁当を食べて...。おぉ、カップはグリーンのマークが付いているね。cafe

その後、仙台を停車し、その次の大宮で降車した。20時10分着。いゃあ、疲れなく楽チンですな。cat

E5系の乗車は2度目でした。初めてのE5系は、大宮→仙台間で「はやぶさ号」に乗ってま~す。penguin

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

東北新幹線はやて36号 新青森発東京行き 新青森(17:12)→(18:01)盛岡(18:07)→(18:53)仙台(18:54)→(20:10)大宮(20:11)→(20:30)上野(20:31)→(20:36)東京 E5系10両・盛岡でこまち36号を連結bullettrain

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月23日 (水曜日)

びゅうバス「八甲田号」で行く、十和田・奥入瀬・八甲田を満喫2012。

大型観光バスに乗って、青森県の自然を満喫。train

20130123_towadako_st

夏休み、青森旅行。この日は、観光バスで移動しながら青森県の自然を味わう事に。で、今回利用したツアーバスは、JR東日本のびゅうバス八甲田号です。十和田湖をスタートし、十和田湖遊覧船・奥入瀬渓流・八甲田ロープウェイ・三内丸山遺跡と青森の観光スポットをまわり、新青森駅へ向かうコースだ。carouselpony

この記事は、既存の記事をつなぎ合わせた総集編タイプとなっています。(相変わらず記事が長いです)。danger

20130123_view_bus1

集合場所となるJR東北十和田湖駅(休屋)にてバスを待つ事に。すると、集合時刻の9時に赤い色の大きな観光バスがやってきたぞ。おぉ、これがびゅうバスかぁ~。apple

むむっ、他にお客は???。なんと、お客は我々1組のみ。わぉ。ちょっと苦笑い。coldsweats01

受付を済ませたら、荷物はバス車内に置いて、歩いて最初のポイントへ。penguin

20130105_yuransen1

この日は雨がしとしと。休屋から十和田湖遊覧船に乗船します。今回乗船する船は、第三八甲田。50分かけて子の口へ向かいます。yacht

20130105_otomenozou

船から湖畔を眺める。先は乙女の像ですね。virgo

20130105_yuransen3

船でのんびり、湖畔を眺めるのもいいものだ。carouselpony

20130105_green

湖の色、エメラルドグリーンだ。緑の木々の葉と共に、色鮮やかな色だなぁ。clover

20130105_nenokuchi

さぁ、まもなく子の口港に到着するぞぅ。eye

20130105_yuransen2

子の口港に到着。50分という時間、ゆっくり過ごせました。yacht

ちなみに、遊覧船乗船詳細レポは、「十和田湖遊覧船で湖上を満喫。雨だけど..。」へどうぞ。paper

子の口にて待っていたびゅうバスに乗り込みます。10時10分発。spade

20130123_oirase_keiryu1

国道102号線十和田道を北上していきます。奥入瀬川沿い、車窓から眺めます。緑の木々がいいね。bread

20130123_cyoushi_ootaki

おっ、下に見えるのは銚子大滝だね。snowboard

高さのある観光バスなので、眺めが良い。スポットでは徐行してくれるのでありがたい。moon3

10時32分、奥入瀬渓流・石ヶ戸に到着。ここで約20分見学自由時間となる。golf

20120930_oirasegawa01

緑の木々の中、奥入瀬川、綺麗な水だね。水は透明です。aquarius

20120930_ishigado

「ケ戸」とは、この地方の方言で小屋を意味する。つまり「石ヶ戸」とは石でできた小屋、いわゆる岩屋を意味している。bud

実際、大きな岩の一方がカツラの巨木によって支えられて岩小屋のように見える。house

昔、鬼神のお松という美女の盗賊がここをすみかとし、旅人から金品を奪っていたという伝説がある。dollar

20120930_oirasegawa02

光を通した緑の葉は、なんとも美しい。xmas

20120930_oirasegawa03

穏やかな風景です。目をつぶって、川の流れる水の音を聞き入ります。music

20120930_ishigadonose2

石ヶ戸から少し上流方向へ歩いていくと、石ヶ戸の瀬に到着。ここでは、川の水しぶきが。wave

一転して、グウォーっという音が。水しぶきの白色が幻想的だ。mist

20120930_ishigadonose4

奥入瀬渓流は、緑の美しい時も良いが、やっぱり紅葉の時期は見事なんだろうな。rvcar

20120930_yogult

じゃん、奥入瀬のむヨーグルト。では、ごくっ。ふぉ~。森林の中、ぐびっと頂きました。taurus

ちなみに、ここでの詳細記事は、「奥入瀬渓流・石ヶ戸を訪れた2012夏。」へどうぞ。paper

20130123_syanai

10時52分石ヶ戸を出発。さて、びゅうバスの車内はこんな感じ...。我々一行貸切状態である。ガラガラだ。運転手1人にバスガイドが1人つき。贅沢な観光バスだぁ。座席はどこ座ってもいいよという事だが、やっぱり先頭座席に陣とる。chair

20130109_oirase_river

雨でちょっと濁流になっている奥入瀬川。ここから国道103号線で北上していきます。bus

20130109_tsuta_onsen

バスは蔦温泉を経由します。大正時代に建造された本館と、源泉が足元から湧出するヒバの浴槽「久安の湯」が自慢だそうだ。一軒宿の「蔦温泉旅館」が唯一営業している。ほぅ。建物の雰囲気がいいね。spa

びゅうバス八甲田号は、ここ蔦温泉からの乗車も可能。pisces

20130109_road1

十和田樹海と呼ばれるブナの原生林の中、バスはのんびり走ります。散策したい雰囲気だぁ。xmas

20130109_road2

傘松峠を越えました。八甲田の山々が見えてきたぞ。ちなみに、八甲田山という名の山は無く、いくつかの山々をまとめた火山群の事を指すんだそうだ。fuji

20130109_jigokunuma

こちらは、地獄沼。かつて爆裂火口跡に、近くから湧き出る温泉水がたまったものです。泉温98度。付近には火山活動のなごりの噴気口がいくつかあり、硫黄を多く含んだガスや温泉が噴出しています。このため、草や木が生えない荒涼とした景色が創りだされている。annoy

20130109_sugayu_onsen

こちらは、酸ヶ湯温泉。多くの車や大型観光バスも停まっているな。総ヒバ造りの体育館のような巨大な建物で、名物は千人風呂だね。gemini

ちなみに、ここまでの詳細記事は、「国道103号線を北上、バス車窓から。」へどうぞ。paper

20130117_sanroku

次の立ち寄り場所は、八甲田ロープウェーです。11時49分着。ここで約90分間の自由行動。天候悪いが、せっかく訪れたので山頂へ向かいます。ticket

20130117_wakimizu

施設内には、八甲田湧水があり。田茂萢岳山麓に滾々と湧き出ているつめたくやさしいお水です。aquarius

映画「八甲田山」のロケ写真が多く掲示されていた。八甲田雪中行軍遭難事件を題材にし、真冬の八甲田山のロケはとても過酷だったのこと。game

20130117_ropeway

では、ゴンドラに乗って山頂へGo!。約10分程で到着します。train

20130117_kiri2

登っている途中、だんだんもやってきて、霧が濃くなってきたぞ。cloud

20130117_sancyou

山頂に到着。ここの標高は1314m。(待合室フロア)。強い雨に強い風。施設から外にでれませ~ん。初めて訪れたのに、残念である。weep

20130117_hakkouda

山頂の眺めはこんな感じだ。ど~ん!...と言いたいのだが。typhoon

八甲田ロープウェイに乗って、山頂公園駅に到着。しとしと雨であったが、案の定山頂は霧の中。山頂からの眺め、霧で全く見えず...。う~ん。coldsweats02

20130117_info

気温は18度。涼しいです。お昼現在、風速18m/sとなっているが、発達した低気圧が通過中で、どんとん風が強くなってきた。ビュービュー音がすさまじい。台風並だ。typhoon

20130117_kiri

こわくなったので、下へ降りる事にしたのだが、強風の為ロープウェイ運転見合わせ。え~~。風が弱まるタイミングを見計らって運転させるとの事。しかし、一向に風が弱まるどころか台風接近中のようなどんどん風雨が猛威を振るう...。bomb

ちょっと風が弱まったのでゴンドラに乗り込み運転再開したが、途中の鉄柱に揺れでぶつかる可能性があるとの事で、一旦山頂駅へ引き返し再び待合所で待機。しくしく。crying

再び2度目のTryでなんとか無事山麓駅に到着しました。ゴンドラかなり揺れたよ。集合時間より1時間遅れになってしまった。でも、お客は我々だけなので...。バスはずっと待っててくれました。ここを14時14分発。snowboard

ここでの詳細記事は、「ロープウェイで八甲田山を登ったが霧と暴風雨の中。」へどうぞ。paper

20130119_iseki1

市街地に入ると晴れてきました。最後の立ち寄りポイント三内丸山遺跡に14時57分到着。新しい県営野球場を建設する為に事前調査をしたら、歴史的な遺跡を発見したとの事。三内丸山遺跡は、今から約5500年前~4000年前の縄文時代の集落跡のようです。gemini

20130119_oogata_jyukyo

こちらは、大型竪穴式住居。縄文時代中期後半の竪穴住居。長さ約32m、幅約9.8mでその床面積は252.4平方メートルで竪穴式住居としては日本では最大規模のものです。building

20130119_iseki2

三内丸山遺跡では、この建物が印象に残るでしょう。これは、大型堀立柱建物。(六本柱建物)。昔の人たちが、こんな立派なモノを作れるとは。coldsweats02

20130119_iseki4

こちらは、堀立柱建物。倉庫、または住居として利用。house

20130119_iseki5

こちらは、一般竪穴住居。中に入れるようだ。ならば、入ってみよう。トントン、失礼します。door

20130119_naka2

ちょっと低めの建物。真ん中に炉があるのだ。chair

20130119_chisou

屋内施設として、縄文の丘 三内まほろばパーク「縄文時遊館」がある。さんまるミュージアムでは、いろんな石器や土器などの展示物が多くあるよ。bank

20130119_rabit

あっ、うさぎさんがいるのだぁ~。cat

20130119_sky

上を見上げると、青空が。う~ん、いい天気だ。sun

ちなみに、ここでの詳細記事は、「特別史跡「三内丸山遺跡」を訪れた。」へどうぞ。paper

20130120_shin_aomori_st

15時50分三内丸山遺跡を出発しました。おぉ見えてきた大きな駅舎だね。ここは、JR新青森駅です。2010年12月4日に東北新幹線が新青森へ延伸開業して青森の交通の新ターミナルとして担う事になったのだ。train

20130120_shin_aomori_st2

16時03分新青森駅に到着。ここでびゅうバスの旅は終了。青森の観光スポットをまわれて、とても楽しめました。scissors

いゃあ、それにしても、完全貸切状態の観光バスで、ロープウェーが運転ストップし山頂で足止めされる貴重な経験ができました。青森もいいところですな。happy01

20130123_view_bus2

今回お世話になった、びゅうバス八甲田号。赤い色が印象的だね。1人でも乗客が入れば運行されるそうです。bus

ちなみに、関連詳細記事は、以下のリンク先へどうぞ。paper

「びゅうバス 八甲田号」 十和田湖駅(休屋)09:00→十和田湖遊覧船(75分)→子ノ口10:15→奥入瀬渓流(約20分)→八甲田ロープウェイ(約90分)→14:40三内丸山遺跡(約50分)→15:50新青森駅→16:10青森駅→17:00浅虫温泉info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月22日 (火曜日)

E5系とE3系が連結、盛岡駅にて。

東北新幹線新青森駅から乗車。E5系はやて36号に乗って次の停車駅は...。sagittarius

20130122_hayate1

18時01分、盛岡駅に到着しました。盛岡駅に着いたら、コレを見ないと。約6分間の停車の間、皆さんぞろぞろとおなじみスポットへ。そう、秋田からやってくるこまち号との連結シーンを見る為だ。gemini

20130122_annaiban

はやて36号とこまち36号が連結する盛岡駅。18時07分の発車だが、接続するこまち号の列車の遅れで少し出発が遅れるとのアナウンスがあり。karaoke

20130122_komachi1_2

結合部真ん中は、駅員さんが立つので、その前後で写真を撮る事になるよ。camera

20130122_ketsugou

うぉ~、まもなくはやて号ととこまち号が合体はします。annoy

20130122_heiketsu

E5系とE3系が結合されました。パチパチ。連結シーンはいつ見てもいいね。t-shirt

20130122_yukisaki

はやて36号、新青森駅を出発すると、盛岡・仙台・大宮・上野と停車し、東京駅に到着する。盛岡の次は仙台。仙台の次は大宮だ。

20130122_hayate2

盛岡駅定刻は18時09分。しかし、約10分遅れの18時19分、盛岡駅を出発しました。このあと仙台に停車した次は大宮である。さすが速達タイプだな。train

という事で、E5系とE3系が結合する盛岡駅新幹線ホームでの記事でした~。wink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月21日 (月曜日)

野菜生活いろいろ、今回はとちおとめミックス。

スーパーの中をぶらり。何かをひらめいたのか、またまたやってしまった野菜生活いろいろ。gasstation

20130121_yasai_seikatsu

カゴメの野菜生活100は飲みやすくて美味しいですなぁ。仕事の合間に1本、また1本とぐびぐび飲んでます。レギュラー商品もまた良いのだが、季節限定ものは気になります。で、今回チョイスしたのは「とちおとめミックス」。栃木産とちおとめを使用した苺の野菜ジュースだ。apple

では、ゴクリ。おぉ、思っていたより野菜感がある事。なんか新たな苺の味わい?だ。あま~いイチゴミルクを予測していたから..。coldsweats01

今回は、牛乳を一切使わず、トマトを隠し味にしているんだとか。ほほぅ。なので、かなり野菜の味に近くなっている。好みが分かれそうだな。pig

私的今シーズン季節限定のイチオシは、秋から発売している「信州ナイアガラミックス」。長野県塩尻産の香り豊かなぶどう味はとても美味しゅうございます。(この商品は12月までの発売らしく、もう店頭には無い?)。ならば、くまモンが描かれたデコポンミックスを次のターゲットにしよう。24hours

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月20日 (日曜日)

JR新青森駅にやってきた2012。

青森の旅行もこれで終着。motorsports

20130120_shin_aomori_st

観光バスに乗り込んで終着場所へ到着だ。おぉ見えてきた大きな駅舎だね。ここは、JR新青森駅です。2010年12月4日に東北新幹線が新青森へ延伸開業して青森の交通の新ターミナルとして担う事になったのだ。train

20130120_shin_aomori_st2

一部ガラス張りの建物となり近代的な駅舎ですな。新青森駅へは初めて訪れました。帰りの新幹線の列車発車まで、少し時間があるので駅構内のお土産めぐりをしよう。run

20130120_hekiga

正面玄関ホールには、「青い森から放つ」という壁画が飾られている。棟方志功生誕100年記念事業として市民が参加して制作された大版画です。art

20130120_syunmikan

駅周辺は何もないんだけども駅構内1階には、「あおもり旬味館」という観光お土産屋さんがあります。観光客いっぱいいるね。早速入ってみよう。24hours

20130120_syunmikan2

青森ねぶたの雰囲気を漂う館内。いろんなお土産や食事処があるよ。carouselpony

20130120_korokke

海の海産物やりんごのデザートなど、青森ならではの食材がたっぷり。試食などもたくさんあって、ぶらりとしても楽しめるよ。せっかくなので、いろいろお土産たっぷり購入しました。present

余った時間は、つまみ食い。ウニが入ったコロッケ。ほくほく美味いよぉ~。happy02

20130120_e5

旅行は帰宅するまでさ。新青森駅からは東北新幹線で帰ります。もちろん、新型車両、エメラルドグリーンが眩しいE5系に乗車します。未来を感じさせる色ですな。ちなみに、色の正式の名前は、上部「常盤グリーン」、下部「飛雲ホワイト」、境目の線「はやてピンク」となっている。bullettrain

楽しかった青森旅行良かったよ。という事で、鉄分が含まれるE5系乗車記事は後日にでも。happy01

「新青森駅」 青森県青森市大字石江字高間140-2info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月19日 (土曜日)

特別史跡「三内丸山遺跡」を訪れた2012。

日本最大級の縄文集落跡にやってきたぞ。leo

20130119_iseki1

さて、やってきたところは、青森県青森市にある三内丸山遺跡です。「さんないまるやまいせき」と言う。初めて訪れたよ。taurus

新しい県営野球場を建設する為に事前調査をしたら、歴史的な遺跡を発見したとの事。三内丸山遺跡は、今から約5500年前~4000年前の縄文時代の集落跡のようです。gemini

では、早速施設内見学してみましょう。penguin

20130119_oogata_jyukyo

こちらは、大型竪穴式住居。縄文時代中期後半の竪穴住居。長さ約32m、幅約9.8mでその床面積は252.4平方メートルで竪穴式住居としては日本では最大規模のものです。building

20130119_naka

中に入れるよ。火を焚いて暖をとるのかな。鍋でもつくる?。annoy

20130119_iseki2

三内丸山遺跡では、この建物が印象に残るでしょう。これは、大型堀立柱建物。(六本柱建物)。昔の人たちが、こんな立派なモノを作れるとは。coldsweats02

20130119_iseki3

上に上がれたら面白そうなんだけど。眺めいい?。eye

20130119_ana

大型堀立柱建物跡。直径2mの柱が埋まっていた?。xmas

20130119_iseki4

こちらは、堀立柱建物。倉庫、または住居として利用。house

20130119_iseki5

こちらは、一般竪穴住居。中に入れるようだ。ならば、入ってみよう。トントン、失礼します。door

20130119_naka2

ちょっと低めの建物。真ん中に炉があるのだ。chair

20130119_chisou

屋内施設として、縄文の丘 三内まほろばパーク「縄文時遊館」がある。さんまるミュージアムでは、いろんな石器や土器などの展示物が多くあるよ。bank

20130119_rabit

あっ、うさぎさんがいるのだぁ~。cat

20130119_sky

上を見上げると、青空が。う~ん、いい天気だ。sun

20130119_info

車では青森ICの近くで、鉄道では新青森駅に近い場所に位置する。青森の立ち寄り観光スポットとしていいかもね。この施設、入館無料なのがいいんだな。good

という事で、国指定の特別遺跡、三内丸山遺跡訪問レポでした~。happy01

「三内丸山遺跡」(さんないまるやまいせき) 〒038-0031 青森県青森市大字三内字丸山305 開館時間:9時~17時(夏季は18時) 休館日:年末年始 入館料:無料info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月18日 (金曜日)

夕食は、郷土料理・炉端焼きを堪能。

囲炉裏を囲んであったか料理。restaurant

20130118_robata

パチッパチッ。炭火で焼く音は食欲をそそるね。delicious

夕食は炉端焼きです~♪。郷土料理の味わいもいいけど、囲炉裏で焼いて食べる雰囲気もまたいいんだな。spa

秋田のきりたんぽも頂いて、お肉も口の中でとろけるやわらかさ、たまらんです。happy02

20130118_hotate

川の幸、海の幸も楽しみます。ちなみに、炉端焼きの発祥は宮城県仙台らしい。fish

夏の時期での炉端焼き。ものすごく熱いです。でも、美味しいからいいのだ♪。sweat01

20130118_senbeijiru

青森だけに、あったかせんべい汁。南部煎餅を割って鍋に投入。せんべいがテロ~んとして、不思議な食感。鍋は美味しい。leo

20130118_jizake

地酒をぷはぁ~と頂きながら、まったりとお食事いただきました。お腹いっぱい。ご馳走様です。cancer

さっ、明日の記事は縄文時代へタイムスリップ!(かも...)。coldsweats01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年1月17日 (木曜日)

ロープウェイで八甲田山を登ったが霧と暴風雨の中2012。

この悪天候だから、まぁ予測はしていたのだが...。think

20130117_hakkouda

山頂の眺めはこんな感じだ。ど~ん!...と言いたいのだが。typhoon

八甲田ロープウェイに乗って、山頂公園駅に到着。しとしと雨であったが、案の定山頂は霧の中。山頂からの眺め、霧で全く見えず...。う~ん。coldsweats02

20130117_sanroku

とりあえず、訪問レポートを紹介。karaoke

八甲田ロープウェイの乗り場、山麓駅です。まずは、ここでロープウェイの料金を支払う。往復、大人1800円である。ticket

20130117_wakimizu

施設内には、八甲田湧水があり。田茂萢岳山麓に滾々と湧き出ているつめたくやさしいお水です。aquarius

映画「八甲田山」のロケ写真が多く掲示されていた。八甲田雪中行軍遭難事件を題材にし、真冬の八甲田山のロケはとても過酷だったのこと。game

20130117_ropeway

では、ゴンドラに乗って山頂へGo!。約10分程で到着します。train

20130117_kiri2

登っている途中、だんだんもやってきて、霧が濃くなってきたぞ。cloud

20130117_sancyou

山頂に到着。ここの標高は1314m。(待合室フロア)。強い雨に強い風。施設から外にでれませ~ん。初めて訪れたのに、残念である。weep

20130117_yuhodou_map

八甲田山遊歩道マップ。ロープウェイ山頂公園駅から1周ぐるりの約1km・30分コースや約1.8kmの60分コースがある。山登りの人達は、毛無パラダイスや大岳登山コースがある。こちらは、もちろんトレッキングシューズ等装備が必要だ。shoe

20130117_kiri3

山頂駅の施設内はお土産売り場や食事できる山頂レストランがある。restaurant

この暴風雨の中、外に出れないから、何もする事できず。う~ん。sad

20130117_info

真夏の時期に訪れたのだが、気温は18度。涼しいです。お昼現在、風速18m/sとなっているが、発達した低気圧が通過中で、どんとん風が強くなってきた。ビュービュー音がすさまじい。台風並だ。typhoon

20130117_kiri

こわくなったので、下へ降りる事にしたのだが、強風の為ロープウェイ運転見合わせ。え~~。風が弱まるタイミングを見計らって運転させるとの事。しかし、一向に風が弱まるどころか台風接近中のようなどんどん風雨が猛威を振るう...。bomb

スタッフの話しでは、最悪の場合自力で下山もあり得るとか...。え~~~。coldsweats02

ちょっと風が弱まったのでゴンドラに乗り込み運転再開したが、途中の鉄柱に揺れでぶつかる可能性があるとの事で、一旦山頂駅へ引き返し再び待合所で待機。しくしく。crying

再び2度目のTryでなんとか無事山麓駅に到着しました。ゴンドラかなり揺れたよ。snowboard

20130117_kippu

こちらは、ロープウェイの切符。天候がよければ見晴らし良い眺めが堪能できたんだろうな。まっ、逆に足止めを食らうという貴重?な体験ができた八甲田ロープウェイ乗車レポでした~。snow

「八甲田ロープウェイ」 〒030-0111  青森県青森市大字荒川寒水沢1-12 TEL:017-738-0343info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月16日 (水曜日)

大雪の翌日、朝の通勤は通常通りでした。

いゃあ、昨日は雪が積もったね。snow

20130116_snow_tekkyou

昨日夜には雪が止んで、翌日の朝は晴れました。太陽の光が眩しいね。この光が雪に反射してキラキラがいいんだなぁ。shine

20130116_snow_bus

雪が止んで晴れると注意しなければいけないのは凍結による転倒だ。足場はスケート場のようにツルンツルン。いつもは駅までは自転車で向かうのだが、さすがに今日は運転こわいので、少し早めに自宅を出て、徒歩で向かう事に。たまにはいい運動だ。しかし、滑るなぁ~。snowboard

路線バス、車内を見てみると満員でしたな。bus

20130116_snow_kitaguchi

最寄り駅の三郷駅に着いた~。もう少し雪を楽しみたいが、朝の通勤、とにかく職場へ急ぎます。scorpius

20130116_snow_dote2

江戸川の土手には、雪一面真っ白だ。cat

20130116_snow_dote

雪が降っての朝の通勤、一番の心配はJR武蔵野線が運転しているかどうかだったけど、通常通りの運行でした。良かった~。confident

車両故障やポイント故障などは発生しなかったみたいです。wrench

20130116_snow_musashino_line

では、雪景色の中、朝の通勤職場へ向かいま~す。run

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年1月15日 (火曜日)

7年ぶりの大雪だぁ♪。

急に雪が降り出したな。snow

20130115_snow1

朝は曇りだったんだけど、時間が経つにつれ寒くなってきて、いきなりどかどか雪が降ってきた。いきなり真っ白銀世界。びっくり~。coldsweats02

東京都心では約7年ぶりの8cmの積雪になった。いゃあ、久しぶりだ~。外に出て、雪だるま作りたいところだけどね。snowsnow

20130115_snow2

案の定、武蔵野線も雪で一時運転見合わせになった。他の首都圏交通機関もかなり乱れたね。夜には雪が止んだのでちよっとつまんない...。pig

さすがにこの天候、車内はガラガラ空いていた。chair

20130115_snow3

「遅れ1時間以上」と表示。まぁ、帰宅時は約7割程度の本数での運転でした。flair

20130115_snow4

駅南口駅前ロータリー。雪にイルミネーションはGoodなのだ。shine

20130115_snow5

う~~寒っ。若干凍っていてすべるよ。タクシーはものすごい行列待ちだったから、地道に歩いて帰ったよ。明日朝の凍結で滑りそうだな。とりあえず、通勤時間帯、武蔵野線動いていてね。happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月14日 (月曜日)

富士山の雪化粧。

それにしても、大きな山ですな。fuji

20130114_mt_fuji

週末、出張でお仕事中です。せっかくの連休中なのに...。ちょっと忙しく時間がないので、簡単に。chick

間近に見えるのは、日本一の高さを誇る富士山です。冬の雪化粧、今年の積雪はいかがな感じなのかな。いつ見ても美しい形だな。fuji

20130114_mt_fuji2

宿泊先の部屋からは、富士山が見える絶景の場所。朝の富士山、写真をパチリ。場所は静岡県御殿場市からです。camera

さっ、これからお仕事です~。run

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月11日 (金曜日)

登っていく程、もやってきた...。

天候が悪いのにチャレンジャーである。rain

20130111_moyamoya

本当はいい景色だと思うんだけど...。雨がしとしと降る中、予想がついていたとはいえ、だんだん霧が濃くもやってきました。視界悪し...、う~ん、何も見えない。次の記事は、そのレポなのだが、ちょっと今週末あたりまで時間的に忙しいので、ちょいと予告編です。乞うご期待。(期待できるか?)。typhoon

今夜は冷えたのぉ。朝は氷点下、寒いらしいです。ぶるぶる。penguin

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月 9日 (水曜日)

国道103号線を北上、バス車窓から。

奥入瀬渓谷を満喫したあとは、北上して次の目的地へ。fuji

20130109_oirase_river

緑の木々と清流を愉しんだあと、観光大型バスに乗り込み次のポイントへ向かいます。この日はしとしと雨。ちょっと残念な天候である。もやっているなぁ。ちょっと濁流になっている奥入瀬川を別れ、ここから国道103号線で北上していきます。bus

20130109_tsuta_onsen

バスは蔦温泉を経由します。大正時代に建造された本館と、源泉が足元から湧出するヒバの浴槽「久安の湯」が自慢だそうだ。一軒宿の「蔦温泉旅館」が唯一営業している。ほぅ。建物の雰囲気がいいね。spa

20130109_road1

十和田樹海と呼ばれるブナの原生林の中、バスはのんびり走ります。散策したい雰囲気だぁ。xmas

20130109_road2

傘松峠を越えました。八甲田の山々が見えてきたぞ。ちなみに、八甲田山という名の山は無く、いくつかの山々をまとめた火山群の事を指すんだそうだ。fuji

20130109_jigokunuma

こちらは、地獄沼。かつて爆裂火口跡に、近くから湧き出る温泉水がたまったものです。泉温98度。付近には火山活動のなごりの噴気口がいくつかあり、硫黄を多く含んだガスや温泉が噴出しています。このため、草や木が生えない荒涼とした景色が創りだされている。annoy

20130109_sugayu_onsen

こちらは、酸ヶ湯温泉。多くの車や大型観光バスも停まっているな。総ヒバ造りの体育館のような巨大な建物で、名物は千人風呂だね。gemini

20130109_road3

そんな中、まもなく次の目的地に到着します。その訪れた場所とは...。次につづく。coldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月 7日 (月曜日)

奥入瀬渓流遊歩道を歩く2012夏その③おまけ。

十和田湖ねたの次は、やっぱり奥入瀬渓谷ねただよね。shine

20130107_oirase_keikoku_1

昨年(2012年)の夏に十和田湖や奥入瀬渓谷へ旅行に行ってきました。その時の記事ねたがまだ残っているので、そろそろUpしようかなと思っています。次の場所を公開する前に、十和田湖に近い奥入瀬渓谷の記事を(恒例?の)総集編という形でまたまた記事投稿します。pencil

20130107_kumoinotaki

こちらは、雲井の滝。2段に屈折して流れ落ちる落差約25mの瀑布だ。ちょっと上へ登って滝壺がみれるよ。pisces

20130107_oirase_keikoku_3

水面レベルで腰を下ろす。水の流れる音、小鳥の鳴き声が聞こえます。chick

20130107_oirase_keikoku_2

川の水、きれ~い。少し冷んやり。とっても透明なのだ。fish

20130107_oirase_keikoku_4

いゃあ、いつ見ても素晴らしい。見事な流れです♪。cat

20130107_asyuranonagare

奥入瀬川の流れの中で1番人気スポットは、阿修羅の流れでしょうか。立ち寄ってみたかったけど、この辺りは駐車するスペースあまり無く、バスの車窓からちょこっと見た。leo

昨年記事にした奥入瀬渓谷ねたを再びダイジェスト。では、どうぞ。paper

20120930_ishigadonose4

奥入瀬渓流・石ヶ戸を訪れた2012夏。

奥入瀬渓流のいいところは、清らかな川の水が石の段差で白い水しぶきをあげるところだ。絹のような感じがもう芸術です。shine

20121007_cyousi_ootaki2

奥入瀬渓流・銚子大滝を訪れた2012夏。

奥入瀬渓流沿いには多くの滝があります。その中でも、最大の滝が銚子大滝だ。森の中、木々の隙間から光を射す。キラキラです。xmas

20121005_keiryu2

奥入瀬渓流遊歩道を歩く2012夏その①。

森の中、光を通す黄緑色の葉と透明な奥入瀬川の水が、癒しの空間を演出します。aquarius

20121006_keiryu6

奥入瀬渓流遊歩道を歩く2012夏その②。

白く水しぶきをあげる渓流。そこを木の橋で対岸に渡るのもまた素晴らしい。snowboard

今冬時期は、木の枝だけで寂しい風景かとは思うが、また夏には綺麗な緑の葉で生い茂るでしょう。でも、やっぱり秋の紅葉の景色も見てみたいなぁ。さっ、この後は北上していきますよ。八甲田~。happy01

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年1月 5日 (土曜日)

十和田湖遊覧船で湖上を満喫。雨だけど...2012。

神秘の湖「十和田湖」 その美は 湖岸の景にあり。scorpius

20130105_yuransen1

さて、やってきたところは、青森県十和田市にある十和田湖です。雨がしとしとだが、ここ休屋乗り場より十和田湖遊覧船に乗車します。今回乗船する船は、第三八甲田。50分かけて子の口へ向かいます。yacht

20130105_otomenozou

船から湖畔を眺める。先は乙女の像ですね。virgo

20130105_yuransen3

船でのんびり、湖畔を眺めるのもいいものだ。carouselpony

20130105_sennai

休みの日ではあるが、お客は少ないです。think

東日本大震災等で観光客は減っているのかなぁ。今年の冬期期間は運行とりやめとなった。4月中旬頃から運行再開の予定である。danger

20130105_yuransen4

湖岸はずっとこんな感じ。xmas

20130105_yuransen5

雨でもやっていて、視界は少し悪い。それでも、十和田湖は広いなぁと実感できる。wave

20130105_green

湖の色、エメラルドグリーンだ。緑の木々の葉と共に、色鮮やかな色だなぁ。clover

20130105_nenokuchi

さぁ、まもなく子の口港に到着するぞぅ。eye

20130105_oirase

ここから、奥入瀬川・奥入瀬渓谷へ川の水が流れていきます。fish

20130105_yuransen2

十和田湖、湖上遊覧を終えました。子の口港に到着。50分という時間、ゆっくり過ごせました。さぁ、これからは、奥入瀬渓谷へ向かうのだぁ~。rock

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

20130105_root

十和田湖遊覧船Aコース(休屋→子の口)の航路は、ピンク色のルート。約50分。memo

「十和田湖遊覧船」 〒018-5501 青森県十和田市奥瀬字十和田湖畔休屋486(十和田観光電鉄株式会社) TEL:0176-75-2201 一般運賃1400円(大人)info02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年1月 4日 (金曜日)

十和田湖を訪れた2012。

火山噴火でできた湖を訪れたよ。mist

20130104_towadako1

さて、やってきたところは、十和田湖です。初めて訪れてみたよ。十和田湖は、青森県と秋田県の県境に位置します。十和田八幡平国立公園にも指定されている。人気スポット「乙女の像」付近は観光客がいますね。gemini

十和田湖畔温泉がある宿に到着して、まずは湯ったりしたあと、夕方、十和田湖を散歩してみました。spa

20130104_towadako2

十和田湖の面積は61.1平方kmで、日本の湖沼の中では第12位の広さ。最大深度327mは日本第3位だ。moon1

のんびりした静かなところですね。それにしても、予想以上に大きな湖だなぁ。leo

20130104_road1

湖のまわり一部はこのように、砂浜のような感じになっている。サックサックしながら歩けるよ。shoe

20130104_otomenozou

こちらは、乙女の像。詩人で彫刻家である高村光太郎作の一対のブロンズ裸婦像である。昭和28年に青森県が建立した。この像への想いを詠った「十和田湖畔の裸像に与う」という詩を刻んだ石碑があります。virgo

20130104_boat

湖といえば、アヒルボートですね。ガァ。chick

20130104_karudera

「ここはお鍋(カルデラ)の中」wave

十和田湖の原形は今からおよそ13000年前、十和田火山の噴火に伴う大陥没によってできたカルデラ(鍋状の凹地形)に水がたまってできたものです。その後カルデラ内に新しい火山ができるなど火山活動が続き現在のような姿になったのです。drama

先に見えるのは十和田湖遊覧船。休屋乗り場です。yacht

20130104_kenzakai

青森県と秋田県の県境です。間を流れる川の名は「神田川」と言い、先に見える橋の名は「両国橋」です。ここの神田川は県境の役目をする川なんだねぇ。signaler

20130104_kenzakai2

神田川、両国橋の先を行くとまもなく河口(?!)だ。fish

20130104_kenzakai3

神田川の終着が、十和田湖となる。ビーチサンダルで簡単に隣の県へ渡れるよ。(ジャンプで飛び越えるのは微妙に難しいかな)。carouselpony

20130104_kojima

小島が浮かぶ。祠があるよ。event

20130104_bus_stop

JRバスの乗り場です。1日の本数は少ないが、ここから青森駅・八戸駅・花輪駅へ行きます。bus

20130104_shibafu_hiroba

こちらは、芝生広場。こういう景観は好きだなぁ。club

20130104_towadako3

という事で、いい景観でした十和田湖訪問レポでした~。happy01

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「十和田湖」 青森県十和田市奥瀬十和田湖畔休屋486info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月 3日 (木曜日)

十和田神社を訪れた2012。

日本武尊(やまとたけるのみこと)と湖の主・南祖坊をまつった神社を訪れた。shadow

20130103_towada_jinjya_01

さて、やってきたところは、青森県十和田市にある十和田神社です。初めて訪れてみたよ。緑の木々が生い茂る中、鳥居があります。では、先へ行ってみよう。xmas

20130103_towada_jinjya_02

木々で薄暗い中。森の中に迷い込んだ雰囲気だな。こういう感じいいね。間から差し込む光が眩しいぞ。clover

20130103_towada_jinjya_03

坂上田村麻呂が蝦夷討伐の必勝を祈願し日本武尊(ヤマトタケルノミコト)を祀って大同2年(807)に祠を建てたのを起源とているようだ。歴史を感じる古い社殿ですなぁ。まずは、参拝。house

20130103_towada_jinjya_04

社殿の彫刻は、これまた見事である。art

前面に厄を払う獅子・夢を叶えるバク・拝殿の両脇には翁と嫗、壁には鯉・朱雀・鳳凰等のすばらしい彫刻に囲まれています。chick

20130103_towada_jinjya_05

神社から十和田湖へ向かう道、岩肌にはいくつかの割れ目があり、火の神など名前がつけられている。cat

20130103_towada_jinjya_06

十和田湖に浮かぶ小さな島にも祠があります。cancer

パワースポットとして占い場があります。場所調べておくんだったなぁ。coldsweats02

20130103_towada_jinjya_07

十和田市のパワースポット、十和田神社。神秘的な雰囲気を持つ神社ですな。confident

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「十和田神社」 青森県十和田市奥瀬十和田16info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月 2日 (水曜日)

2013年、土手から初日です♪。

へび年、2013年がスタートだ。scorpius

20130102_hatsuhi

ちょっとだけなんだけど、土手に行ってみた。障害物がないところで撮りたかったけど...。2013年元旦、初日がお目見えで~す。日の出の時刻からは少し経ってしまったが、今年最初の太陽、陽が昇りました。おぉ~、パチパチ。sun

20130102_moon

反対側、西方向の空を見上げた。小さくだけど、お月様が見えます。2012年夜に上がった月は2013年の朝に下りる。年またがりだね。fullmoon

土手上には、初日の出を見る人たちが結構いたね。ではでは、お正月タイムだ。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火曜日)

あけましておめでとうございます2013。

2013年あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。confident

今年もふらふらと歩き回っているのかなぁと思っています。相変わらず...。いろんな場所、いろんな食事、いろんな飲み、いろんな発見、いろんな出会いがあるといいな。wink

20130101_hatsumoude

新年早々、初詣行ってきました。地元近くの神社です。参拝の行列並びつつ、途中甘酒が頂けたよ。bottle

今年もいい年でありますように。頑張るぞ♪。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »