« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月31日 (火曜日)

旧鹿児島紡績所技師館(異人館)を訪れた2012。

なんか洋風な格好良い建物ですなぁ。hotel

20120731_ijinkan01

さて、やってきたところは、鹿児島市にある旧鹿児島紡績所技師館です。通称、異人館です。2011年10月25日(火)に有料化してリニューアルオープンしました。鹿児島の観光スポットの1つ。ちょいと立ち寄ってみたよ。入館料200円。snail

20120731_ijinkan02

異人館は、鹿児島紡績所の操業を指導するイギリス人技師7名の宿舎として1867年に建設された、現存する貴重な木造洋風建築です。国の史跡及び重要文化財に指定され、現在は、「九州・山口の近代化産業遺産群」構成資産候補として世界遺産登録を目指しています。karaoke

20120731_table

館内に入ってみました。おっ、ここでティータイムを過ごしていたのかな。紅茶を嗜む。cafe

20120731_ijinkan03

大きな広間ですね。こりゃ、ゆったりできるな。chair

20120731_ijinkan04

こういう廊下を歩くのもいいものだなぁ。なんだか緊張する?。snowboard

館内、ほぼ貸切状態。とても静かだ。coldsweats01

20120731_ijinkan05

館内は木造2階建て。ぐるりと展示物を見て回って、外に出てきました。door

20120731_flower

パンジー、お花きれいだな。tulip

20120731_sakurajima

異人館を出て、ちょっと歩くと錦江湾にでます。先に見えるのは、桜島ですね。訪れた日は、天候が微妙で山のてっぺんは雲がかぶさっています。眺めがっくし。fuji

20120731_sunahama

砂浜が続くね。夏になると海水浴場になるのかな?。カーブして海岸線が続きます。wave

20120731_kagoshima_city_view

異人館へは、路線バス(いわさきバスネットワーク)のまち巡りバスで、⑧異人館前バス停が最寄となります。もしくは、路線バス(鹿児島交通局)のカゴシマシティビューで仙厳園前バス停から徒歩約4分。鹿児島交通局の1日乗車券を提示すると入館料2割引。(160円)bus

20120731_ijinkan06

第29代島津家当主島津忠義が日本で最初の洋式紡績所を設立したときに招いた英国人技師たちの宿舎。当時の建物がそのまま残る貴重な建築物。館内を見学して雰囲気を味わったよ。happy01

「旧鹿児島紡績所技師館」(異人館) 鹿児島県鹿児島市吉野町9685-15 8時30分~17時30分 年中無休 入館料:200円info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月30日 (月曜日)

第35回柏まつり2012に行ってきた。

夏休みになれば、夏祭り~。bell

20120730_stage

さて、柏まつりに行ってきたよ。千葉県柏市の大きな祭りイベントだ。柏駅西口ロータリーでは、太鼓のステージが行われていた。rouge

20120730_demise

西口駅前通りは、いろんな露天がずらり。グルメいっぱい。restaurant

20120730_mikoshi

こちらは、東口駅前通り。神輿がワッショイ。それにしても、すごい人です。impact

20120730_kougyousai

個人的には、柏まつりの時は、スカイプラザ柏の屋上で開催されている柏市工業祭が好きなんです。何故かって?...。アレを飲みに。note

20120730_high_bowl

ニッカウヰスキー柏工場のブースがあって、ここで、柏ハイボールを頂きました。嬉しい事に1杯100円なんですよね。安い!。美味しく頂きました。その他、ハムステーキも頂いた。これも100円でした。(タイムサービス)beer

20120730_syoucyu

別のブースでは、焼酎を頂きました。こちらも、1杯100円なんです。素晴らしい。5つ銘柄がある中、薩摩焼酎「赤利右衛門」を選択。お酒をストップと言うまで注いでくれる大盤振る舞い。嬉しいね。冷やしきゅうりと共に、ごくっ。ぷはぁ。bottle

20120730_nebuta

柏ねぶたパレード観たかったけど時間の都合でここをあとにした。パレードに備え、万燈みこしがスタンバイだ。horse

ハイボールに焼酎と、1杯100円というリーズナブルに感動。猛暑並みの暑いお祭りですな。happy01

ちなみに、過去訪問記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

20120730_bord

「第35回柏まつり」 ~ みんなでつくる ふるさとまつり 今年も笑顔と感動を! ~ 2012年7月28日(土)・29日(日)実施 13時~20時 柏駅東西中心街info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月29日 (日曜日)

越谷花火大会2012に行ってきた。

今日も猛暑日、蒸し暑かったね。sweat01

20120729_hanabi1

さて、やってきたところは、埼玉県越谷市。中央市民会館前、葛西用水河川敷にて越谷花火大会が開催されました。昨年は、東日本大震災の影響で中止になったので、2年ぶりの開催だ。annoy

20120729_hanabi2

セレモニーのあと、カウントダウンして19時28分頃から花火打ち上げ開始された。観客たちは歓声をあげたよ。happy02

20120729_hanabi3

越谷の花火は約5000発。綺麗な花火が夜空を描く。うむ、いいね。蒸し暑いけど、少し風が通るので、ちょっとだけ心地よい。yacht

20120729_hanabi4

当日は、隅田川でも花火があったんだけどね。まったり近場の越谷で花火鑑賞。tulip

それでも、越谷の花火にも多くの人が訪れているな。打ち上げ場所付近の道路は観客で大混雑だ。ちなみに、2年前(2010年度)の越谷花火の人出は、約24万人だそうだ。gemini

20120729_hanabi5

河川敷沿いの道路が花火観覧となるのだが、少し高さのある木々がちょっと花火見づらくしているんだよな。でも、綺麗な花火、いつ見ても和むなぁ。confident

20120729_river

19時すぎでも、まだ日は落ちてないんだよね。こちらは、しらこばと橋から打ち上げ場所方向を見た眺め。少し夕陽がいい感じ。sun

20120729_half_moon

お月様は、やや半月(ちょっとふくらみ)ですな。moon2

花火を見ると、夏休みって感じだな。それにしても、暑いです...。coldsweats01

ちなみに、過去訪問記事は、以下のリンク先へどうぞ。paper

「越谷花火大会」 2012年7月28日(土) 19時~21時(花火打ち上げ開始は19時28分頃) 中央市民会館東側 葛西用水中土手 約5000発info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月28日 (土曜日)

おかもとでソースカツ丼を食べる。

お昼どき、お食事処に立ち寄った。door

20120728_katsudon

さて、やってきたところは、群馬県高崎市新町にある食事処「おかもと」です。お腹も減っていたし、ぶらりと立ち寄ってみました。run

新町周辺のグルメと言えば、ソースカツ丼なのかな?。(多分..)。という事で、ソースカツ丼を注文しました。750円。なめこ汁付きになっています。riceball

おっ、きましたきました。では、いただきま~す。ぱくっ。もぐもぐ...。delicious

ソースをくぐったヒレカツが2個。いいんじゃない、程よい肉の厚さだ。scissors

20120728_okamoto

結構、一緒に付いていたなめこ汁が良かったり...。snail

ソースカツ丼をB級グルメとしてPRしている自治体も多いからね。機会があれば、食べ歩きしたいものだな。happy01

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その時の記事は、「駅ハイ「高崎市新町の七夕まつりと歴史散策」に行ってきた。」へどうぞ。paper

「おかもと」 うなぎ・宴会・鍋料理・仕出し・弁当 〒370-1301 群馬県高崎市新町2820 TEL:0274-42-0041 県道131号児玉新町線沿い JR高崎線新町駅より徒歩約7分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月27日 (金曜日)

ガトーフェスタ・ハラダ本館工場にて、ラスクを頂く2012。

なんか、すごい立派な建物だなぁ。building

20120727_tatemono3

さて、やってきたところは、群馬県高崎市新町にあるガトーフェラダ・ハラダです。初めて訪れました。それにしても、すごい立派な建物だなぁ。キリシャ建築をデザインした列柱が立ち並ぶイメージのようだ。school

20120727_tatemono2

こちらの建物は、新本館シャトー・デュ・ボヌール(幸福の館)です。本館工場。airplane

では、入ってみましょう。中で、ラスク工場のビデオ放映やラスクのプレゼントがありますよ。wink

20120727_rask2

シアタールームに座りました。ガトーフェスタ・ハラダの主力商品であるグーテ・デ・ロワ(GOUTER de ROI)1袋プレゼントされました。ソフトドリンクのサービスも有り。

20120727_rask1

では、ラスクを食べながら、ラスクが出来上がるまでのビデオ上映をみましょう。movie

ラスクをポリッ。味わいいいね。美味しいです。happy02

20120727_tatemono1

ラスクを味わった後は、売店へ行きましょう。それにしても、すごい建物だな。coldsweats01

20120727_omiyage2

ガトーフェスタ・ハラダはラスクの他、サブレや焼き菓子、チョコレートなど美味しそうな洋菓子がいっぱい売っていた。どれにしようかなぁ~。cake

20120727_omiyage

じゃん、お土産はラスクとコーヒーゼリーを購入しました。家で速攻で頂いた。おいしゅうございましたよ。happy01good

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その時の記事は、「駅ハイ「高崎市新町の七夕まつりと歴史散策」に行ってきた。」へどうぞ。paper

「ガトーフェスタ・ハラダ 本館工場」 〒370-1301 群馬県高崎市新町1207 売店は10時~19時info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月26日 (木曜日)

新町屑糸紡績所を見学した2012。

世界遺産候補に挙げられている建物を見学してきたよ。school

20120726_enter

さて、やってきたところは、群馬県高崎市にあるクラシエフーズ(旧カネボウフーズ)新町工場です。この施設内には、世界遺産候補に挙がっている建物があります。楽しみ~。では、見学してみましょう。snail

20120726_kozou

おっ、小便小僧だぁ。gemini

20120726_koujyou01

世界遺産候補の建物とは、新町屑糸紡績所です。明治10年10月に開設した、日本人の手による日本で最初の洋式木造工場である。官営でスタートし、その後民間に譲渡され、明治44年から鐘淵紡績が昭和50年まで紡績を続け、新町地域の経済に大いに貢献した。event

20120726_koujyou02

現在ではクラシエフーズ(株)のアイスクリーム工場として稼動しており、工場の敷地内に当時の木造工場と「赤レンガ倉庫」「明治天皇行幸記念碑」などがあり、正門前の鐘紡公園には、初代工場長の「佐々木長淳顕彰碑」や「絹糸紡績発祥の地碑」がある。shadow

20120726_koujyou03

おっ、のこぎり屋根の工場だね。さっ、早速中に入ってみましょう。door

20120726_bousekijyo01

富岡製糸場が設置されてから、わずか5年で日本人によって造られた。広い工場施設だね。clip

20120726_bousekijyo03

のこぎり屋根にしたおかげで、北方の光線を取り入れられます。一日中光線の色が変わらないので、繊維関係の工場で使用された。この光線のもとで見ると本来の色が見える。flair

20120726_bousekijyo02

むむっ、アメリカ?のような雰囲気。dog

20120726_bousekijyo04

当時あったものなのかな?。ポップコーンやビールとか..。う~ん、実際に設置されていたものか、ロケのセットなのかは不明。24hours

20120726_bousekijyo05

おっ、なんか雰囲気でるねぇ。memo

20120726_renga01

こちらは、レンガ倉庫です。民間払い下げ後の三井時代の明治30年に、原料繭倉庫として建築された建物である。後に、製品倉庫として使われた。ここまで立派な倉庫は、県内でもなかなかない。moneybag

20120726_renga02

壁面に「新町絹糸工場」と白ペンキで書かれていて、鉄道(高崎線)からよく見えたようだ。今は消されているが、少し跡が残っている。pencil

20120726_koujyou04

裏手に出て見ると、煙突?みたいのがあるね。dash

20120726_entotsu

こちらは、大煙突の基礎です。基礎のみが残っていて、明治30年頃に造られた2代目の煙突です。この煙突は、「カネボウの大煙突」「カネボウの黒煙突」と呼ばれ、長い間工場のシンボルであった。rouge

20120726_koujyou05

施設内ぐるっとまわってきました。木造のこぎり屋根工場や赤煉瓦倉庫と歴史的な建物を見学できて良かったです。happy01

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その時の記事は、「駅ハイ「高崎市新町の七夕まつりと歴史散策」に行ってきた。」へどうぞ。paper

「新町屑糸紡績所」 群馬県高崎市新町2330 (現クラシエフーズ(株)新町工場)info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月25日 (水曜日)

第46回葛飾納涼花火大会に行ってきた。

た~まや~~。夏の夜は、やっぱり花火ですな。bomb

20120725_hanabi01

さて、やってきたところは、東京都葛飾区柴又。江戸川河川敷では、第46回葛飾納涼花火大会が開催されました。夏はやっぱり花火ですなぁ。annoy

20120725_hanabi02

河川敷で花火を打ち上げるので、土手での観覧はすごくいいんですよね。間近で見られるし。sprinkle

20120725_hanabi03

いろんな花火が夜空に打ち上げられます。綺麗だなぁ。pisces

20120725_hanabi04

葛飾の花火は、19時20分から20時20分まで1時間打ち上げられます。打ち上げ数は、10800発。すごいね。building

20120725_hanabi05

これ、面白~い。光の玉がぽんぽん飛び出すの。fullmoon

20120725_hanabi06

今年も多く人達が訪れています。昨年(2011年)は約55万人の人出だったそうだ。警備の方も誘導で大変だな。leo

20120725_hanabi07

間近で見る事ができるので、河川敷からの仕掛け花火もしっかり見れるよ。eye

20120725_hanabi08

夜空に描く光の芸術。拍手パチパチです。paper

20120725_hanabi09

葛飾の花火って、平日の火曜日開催なんだよね。なので、仕事帰りに訪れました。run

20120725_hanabi10

いゃあ~、すごいね。迫力すごし。good

20120725_hanabi11

この日の夜は、ちょっと蒸し暑いが涼しかった。さほど風がなかったので、綺麗な形の花火が多かったのでは。chick

20120725_kankyaku

北総線の新柴又駅から歩いて会場へ訪れた。柴又駅や金町駅からだとかなり混雑するからね。花火開始前、既に観客ぎっしりだよ。gemini

20120725_poster

今年度、最初の花火観覧。やっぱり、花火は夏の風物詩。綺麗で見事な花火だったな。happy01

ちなみに、過去訪問記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「第46回葛飾納涼花火大会」 ~区制施行80周年記念・東日本大震災被災地復興支援~ 2012年7月24日(火) 19時20分~20時20分 葛飾区柴又野球場(江戸川河川敷)info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月24日 (火曜日)

野木町煉瓦窯特別公開を訪れた2012。

花とレンガのまち野木町にやってきた。tulip

20120724_renga01

さて、やってきたところは、栃木県野木町にある野木町煉瓦窯です。1年ぶり2度目の訪問だ。訪れた日は、野木町煉瓦窯特別公開れんがまつりⅢが開催されました。sports

20120724_mon

「ROYAL HORSERIDING CLUB」(ロイヤル ホースライディング クラブ)・渡良瀬北斗乗馬倶楽部という施設の中にあります。event

20120724_road01

緑の木々がいい感じだね。xmas

20120724_rensyujyou

ここは、第二角馬場(インドア馬場)です。天候が悪い時は、ここで乗馬の練習をするのかな。horse

20120724_home

先は乗馬倶楽部のクラブハウスですな。house

20120724_renga03

日本で唯一のホフマン式レンガ窯の内部が見学出来る珍しい機会です。年に数回しか公開されないようなので、貴重な体験だね。coldsweats02

さぁ、特別公開されている煉瓦窯を見に行ってみよう。penguin

20120724_kabe

現在、煉瓦窯は改修工事中である。工事は約3年ほどかかるそうだ。danger

昨年訪れた時は、投炭孔内部に入って見学できたが、工事中の為、今年は外から見るだけ。movie

20120724_kouji

歴史的な施設なので、長く保存できるようしっかり改修して欲しいですね。spade

20120724_renga06

年配のポランティアスタッフの方が詳しく説明してくれるよ。karaoke

20120724_renga04

煙突が約35mある。写真に収めるのもギリギリだ。camera

煉瓦窯2階内部は見学が可能です。階段登っていってみよう。rock

20120724_renga05

内部ではヘルメットをかぶって見学です。drama

20120724_renga07

トロッコで燃料の粉炭を運び、投炭孔に粉炭を投入し、1階の窯で煉瓦を焼成した。spa

20120724_kama

3本のレールの上をトロッコが通る。各穴の部分が、投炭孔だ。bomb

20120724_roten

パンフレットを頂ける総合受付や露天もいくつか出店していた。ちょいと休憩しましょう。japanesetea

20120724_kakigouri

夏なのに涼しい日。だけど、カキ氷頂いたよ。penguin

20120724_renga02

ここで造られた赤煉瓦は、東京駅の駅舎建設等に使用されたようです。多い時には、ここで月に408000本もの赤レンガを焼き上げたそうだ。hairsalon

20120724_panfu

この野木町煉瓦窯は、国指定重要文化財に指定されている。指定名称は、旧下野煉化製造会社煉瓦窯。完成は、明治23年6月。gasstation

構造形式は、煉瓦及び木造、建築面積840.0平方メートル、16角造、鉄板葺、中央煙突付、階段2箇所附属、直径(地盤面外周部)33.00m、煙突高(地盤面より煙突頂上まで)34.67m。memo

貴重な施設を見学できて良かったです。良き社会科見学だな。happy01

ちなみに、関連記事は、以下のリンク先へどうぞ。paper

「野木町煉瓦窯」 〒329-0114 栃木県下都賀郡野木町野木3324 渡良瀬北斗乗馬倶楽部施設内 特別公開:2012年7月21日(土)・22日(日) 10時~15時30分 入場無料info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月23日 (月曜日)

第21回ひまわりフェスティバルを訪れた。

夏が訪れると向日葵だね。sun

20120723_gate

栃木県野木町はひまわりの町です。第21回ひまわりフェスティバルが開催という事で訪れたよ。昨年に引き続き2度目の訪問だ。梅雨明けしたのに、どんよりとした曇り空で涼しい。chick

20120723_himawari01

約4.3ヘクタールの敷地に、約20万本のひまわりを作付けされている。ものすごい広いひまわり畑だ。flair

20120723_himawari02

大きなひまわりですなぁ。leo

20120723_himawari03

見晴台から見たひまわり畑。ひまわりがど~んと広がっているよ。す、すごい...。coldsweats01

20120723_tsheets

ひまわりTシャツアート展が行われていました。t-shirt

20120723_meiro_enter

楽しみにしていたのがコレ。ひまわり大迷路です。今年もチャレンジするよ。受付で200円支払いスタートです。気合い入れてGo!。コース上にある3ヶ所のスタンプを押して戻ってきます。rock

20120723_meiro01

身長の高さ以上の背丈があるひまわり。ひまわりが壁になって通路になっているんだな。building

20120723_meiro02

ずんずんと進んでいったら、が~ん。行き止まりです。weep

20120723_meiro03

大迷路内にも見晴台があります。スタンプがある場所には、青色のパラソルが見えます。方向性は分かるのだが、そこへ行く為のルートは分からないんだなぁ。fish

20120723_himawari04

なかなか、この大迷路。制覇するには手強いよ。チェックポイントでサンちゃんのスタンプを押す。ok

20120723_goal

3つのスタンプを押して、ゴールに戻ってきました。時間かかったなぁ。40分かかったよ。ふぅ。(ちなみに昨年は47分かかりました)。motorsports

20120723_hanabi

ゴール受付では、くじ引きが引けます。気合いを入れて、やぁーと1枚くじを引いた。すると、カラ~ンカラ~ン。bell

当たりです。4等ですと...。何が貰えるのと思ったら、花火でした...。はは。present

20120723_syouhin

くじ引きの特等賞は現金1万円の太っ腹。1等賞でも、新米10kgと豪華だね。dollar

20120723_roten

イベント会場の楽しみと言えばは、屋台出店がずらりですね。お腹空いたので、ちょいと食べよう。restaurant

20120723_sake

屋台ならでは、焼きそばとフランクフルト。noodle

そして、このカップ、水ではないですよ。日本酒です。これは、福島県喜多方市の地酒「夢心」です。1杯200円とリーズナブル。ぷはぁ~と頂きましたよ。bottle

20120723_stage

特設ステージでは、子供たちの歓声がすごかったね。特命戦隊ゴーバスターズショーがありました。annoy

20120723_himawari05

会場内では、いろんな曲を流していました。Kiroroの「ひまわり」が流れていたな。いい曲だぁ。notes

20120723_panfu

変わり種のひまわり畑や、自由に採れるひまわり畑など、ひまわりの町らしいイベントです。22日の歌謡ショー、今年は、岩崎良美さんなんですね。karaoke

20120723_poster

いゃあ、今年もひまわり大迷路、苦戦したねぇ。恐るべし。広く広がるひまわりを見て元気もらったな。happy01

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「第21回ひまわりフェスティバル」 2012年7月20日(金)~22日(日) 9時~17時(※21日は20時まで) ※21日(土)は19時30分より打上花火あり 栃木県下都賀郡野木町大字野木地内(野木第二中学校南側) 駐車場有り 野木駅より無料シャトルバス運行info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月22日 (日曜日)

駅ハイ「下妻あじさい散歩道」に行ってきた(2012.06.24)。

四季折々に様々な花が咲く「花のまちしもつま」。初夏はあじさいが皆様をお迎えします。cherry

20120722_jyousou_line

関東鉄道常総線に乗ってやってきたところは、騰波ノ江駅です。この日も週末いつもの駅ハイに参加です。今回は、2012年6月24日(日)実施、駅からハイキング「下妻あじさい散歩道」だ。bag

20120722_youkoso_maku

下妻の駅ハイは、3年連続3度目の参加。馴染みのコースになっています。spade

20120722_kan_batch

コースマップが受付に届いていないというハプニングがあって、受付開始(コースマップ配布)が始まったのは、9時7分からでした。恒例の缶バッチは、常磐線新型特急E657系でした。present

20120722_mokei

騰波ノ江駅駅舎内では、とばのえギャラリーステーションとして鉄道模型や写真風景などがある。月1回の割合で開放されているようです。camera

20120722_tobanoe_st

騰波ノ江駅の旧駅舎は、関東駅百選に選ばれていた。drama

予定外のハプニングで出発時間が少し遅れたが、まずは楽しみにしている流鏑馬の時間に間に合うよう急ぎましょう。では、約12kmのコース頑張って歩くぞ。foot

20120722_nashien

コースポイントone箇所目は、「梨畑」です。この付近は、梨の産地でもあります。道路沿いに梨畑が広がるよ。apple

20120722_nashi

まだ小ぶりだけど、梨がいっぱい生っているね。cherry

20120722_michinoeki

コースポイントtwo箇所目は、「道の駅しもつま」です。立ち寄って休憩したかったが、先を急ぐ為、通り過ぎます。car

20120722_road01

まっすぐに進む幅広の歩道を歩いていきます。bicycle

20120722_suiro

おぉ、立体交差する水路だ。aquarius

20120722_seike

コースポイントthree箇所目は、「横瀬夜雨生家」です。横瀬夜雨は下妻生まれの詩人。その生家です。昨年訪れた時は、修理中だったが、今は綺麗になっちゃったね。house

20120722_ie

古めの家を通ると、...。あれっ、1階部の屋根を見てみると。eye

20120722_cat

にゃんと、屋根上に猫さんです。ジロリッ。flair

20120722_torii

コースポイントfour箇所目は、「大宝八幡宮」です。大宝元年(701年)創建の関東最古の八幡さまです。door

20120722_sumou

大宝八幡相撲場があります。leo

20120722_omokaruishi

重軽石があります。御神前にて祈願の後、手に取りて軽く感ずれば願いが叶い、重いと感ずる時は祈願を込め、重い軽いを感ずる事により八幡大神様の御感応を占います。baseball

20120722_hachimangu

まずは、拝殿にて参拝。大宝八幡宮は、平将門が参拝したという由緒ある神社です。libra

ここで、冷たい麦茶のおもてなしがありました。japanesetea

20120722_ichou

この木は、ご神木お乳銀杏です。この木のお乳の処に触れると母乳の出が良くなると伝えられているそうだ。へぇ。taurus

20120627_road

大宝八幡宮拝殿右手から、細い通路を少し降りていくと...。snowboard

20120627_dorui

コースポイントfive箇所目は、「大宝八幡宮あじさい神苑」です。国指定の史跡である、大宝城跡の土塁保全のためにあじさいを植えたのが始まりだ。shadow

20120627_ajisai1

毎年6月最終日曜日は、あじさい祭りが開催されていて、多くの人が訪れています。綺麗な色したアジサイだなぁ。run

20120627_ajisai3

あじさい神苑には、300種4000株を超えるあじさいが咲き誇ります。おっ、いい感じに多く咲いているな。club

20120627_ajisai2

薄紫色で、かわいい形の花びらだな。tulip

20120627_ajisai5

藍色の花びらだ。spade

20120627_ajisai6

花びらの形が違うものもある。bar

20120627_ajisai4

昨年は天候のせいなのか、咲き具合が微妙だったが、今年はいい感じで咲いているね。kissmark

20120627_ajisai8

青系の色の花びらは、梅雨時期に合うね。訪れた日は晴れていたけど、雨で雫が落ちる感じだと、また良さげだろうな。そういえば、かたつむりさんは見かけなかったな。snail

20120627_ajisai7

陽の光が当たり、ちょっと輝いた感じに見える?。綺麗ですなぁ。catface

20120627_kaijyou

あじさい祭りには、野点会場があります。ありがたい事に、無料なのです。ちょいと、入ってみましょう。door

20120627_wagashi

まずは、和菓子を頂く。cake

20120627_maccya

そして、抹茶を頂きました。紫陽花を眺めながら、1杯頂きます。ほぅ~、いい味わい。japanesetea

20120627_kusaki

草花の無料抽選会がありました。で、1つ頂きましたよ。bud

20120627_kaeru

じめじめ梅雨時期と言えば、蛙だね。親カエルの上に子カエルが。cancer

種類があって見事な紫陽花を鑑賞できて良かったです。お抹茶も頂けたし。happy01

ちなみに、ここでの詳細記事は、「大宝八幡宮のあじさい祭り2012。」へどうぞ。paper

20120626_sandou1

コースポイントsix箇所目は、「大宝八幡宮流鏑馬神事」です。流鏑馬神事は、10時から行われます。拝殿の前で、神事(御祈祷?)が行われる。shadow

ちょうど、神事が終わり、これから流鏑馬の会場となる馬場(三吉山)へ向かうところだ。snowboard

20120626_sandou2

随身門を通り過ぎます。右手には、ゑびすやがある。名物の厄除けだんごを販売している。door

20120626_sandou3

三ノ鳥居を通り過ぎます。左手には、なべや菊花園。昔ながらの名物開運だんごが販売されている。fullmoon

20120626_sandou4

少しの距離だが、普通の道を馬さんが歩いて移動される。ぞろぞろ。car

20120626_sandou5

10時19分、騎手を乗せた馬、3頭が会場となる林の中へやってきた。xmas

20120626_yabusame01

10時29分、まずは、馬場ならし。ゆっくり、確認しながら歩いていく。search

20120626_yabusame02

10時30分、流鏑馬が開始されました。パッカパッカ、馬さんが駆け上がってきた。的を目がけて矢を射る。スコーン!。的に命中だ。お見事~、パチパチ。scissors

20120626_yabusame08

ハイヤッ。パッカパッカパッカ...。矢を構える。horse

20120626_yabusame05

パッカパッカ。的に目がけて、矢を引いて...。capricornus

20120626_yabusame07

ヤー!。命中して、的が真っ二つ。馬に乗りながら、的に当てる。すごいなぁ。bell

20120626_yabusame06

おっ、またまた、矢が板に命中!。お見事だね。パチパチ。sagittarius

20120626_yabusame03

ちょっとした高台に移動し、ほぼ正面から写真を撮ってみた。camera

20120626_yabusame04

馬は走りながら、両手は弓矢を持ちながらなので、乗り心地は不安定なんだと思うんだよね。それでも、矢を射る集中力はすごいものです。snowboard

観客は前列ぎっしり。カメラやビデオ片手にする人も多かったね。cat

20120626_yabusame11

矢を射り終えたら、馬のスピードを落としていきます。どおどおぅ。horse

20120626_yabusame09

両腕を水平に広げて、馬にストップ(止まれ)の合図?。danger

20120626_yabusame10

馬さん、しっかりがっちりした大きな馬ですな。毛並みも良さそう。leo

流鏑馬は、11時に終了しました。流鏑馬、生で観る事が出来て大満足。happy01

ちなみに、ここでの詳細記事は、「大宝八幡宮の流鏑馬神事2012。」へどうぞ。paper

20120718_daihou_st_05

大宝八幡宮の最寄り駅に立ち寄ってみた。ここは、大宝駅です。無人駅だね。ticket

20120718_daihou_st_04

下り下館行きの列車が2番線ホームに入線してきました。train

20120718_daihou_st_01

2番線ホームへは、南側の踏み切りを渡って行きます。snail

20120718_daihou_st_02

下り線2番ホームの待合室。雰囲気あるねぇ。house

20120718_daihou_st_03

エンジン音響かせながら、下館行きが出発していきました。golf

20120718_ajisai

大宝駅前には、アジサイが咲いていました。tulip

20120718_ibaraki_hyakkei

大宝駅前には、茨城百景の碑があります。leo

ちなみに、ここでの詳細記事は、「大宝駅を訪れた2012。」へどうぞ。paper

20120718_jyousou_line

再び、次のコースポイントへ向かいます。常総線の踏み切りを渡ろうとしたら、カンカン鳴り出した。列車を待っていたら、キハ101が通過していった。subway

20120718_daihou_st_06

通り過ぎた列車が、先程訪れた大宝駅に到着しました。bullettrain

20120720_kanouen1

コースポイントseven箇所目は、「観桜苑」です。砂沼広域公園内にあります。tennis

20120720_kanouen2

自然の公園ですな。ほっとする空間が広がるよ。mist

20120720_kanouen3

観桜苑は、桜の名所であるそうだ。広場のまわりぐるりと、桜並木が続くようです。綺麗なんだろうな。cherryblossom

20120720_kanouen4

ベンチに座って、のんびり芝生広場を眺める。ゆっくりの時間を味わおう。confident

20110715_syoubuen

菖蒲田があります。訪れた時は、花の数が少なかったな。bud

20120720_kanouen5

公園のメインになるのが、この砂沼。結構大きな池というか沼なんですな。水と緑がある公園はいいね。景色眺めがいいので、気持ちが落ち着けるんだなぁ。wink

ちなみに、ここでの詳細記事は、「観桜苑を訪れた2012。」へどうぞ。paper

20120721_sanuma01

コースポイントeight箇所目は、「砂沼遊歩道(あじさい)」です。砂沼、1周ぐるりと遊歩道があります。梅雨時期は、砂沼の西岸、約3kmにかけてアジサイが咲き誇ります。shoe

20120721_sanuma02

少し淡い感じの藍色が、いいんだな。綺麗だね。花びらがまん丸に集まって見事だ。tulip

20120721_sanuma03

砂沼の先は、うっすらと筑波山が見えるね。fuji

20120721_sanuma04

こちらは、ガクアジサイ?、エゾアジサイ?。宝石っぽい感じに、花びらがちょこんと。可愛らしいね。ring

20120721_sanuma05

砂沼遊歩道には、いろんな種類の紫陽花が咲いているんだな。cherry

20120721_sanuma06

白色の花びらの紫陽花もまた良し。shine

20120721_sanuma07

砂沼は、周囲6km、 面積55haと結構広い農業用ため池です。しとしと雨の時に、あじさい道を歩いてみると、さらに雰囲気出そうだね。happy01

ちなみに、ここでの詳細記事は、「砂沼遊歩道あじさい散歩道2012。」へどうぞ。paper

20120722_hakubutsukan

ここは、下妻市ふるさと博物館です。この日は、駅ハイ参加者は入館料無料サービスでした。なので、訪れてみたよ。school

20120722_onsen

しもつま温泉~。spa

20120716_beerspark_shimotsuma

コースポイントnine箇所目は、「ビアスパークしもつま(温泉施設)」です。日帰り温泉があって、ゆっくりあったかできます。spa

20120722_onsen2

露天風呂をはじめ7つの風呂が楽しめる天然温泉です。駅ハイ参加特典で入浴料が700円から600円に割引となります。spa

20120722_hiroba

広場に出て...。gemini

20120722_cyokubaijyo

コースポイントonezero箇所目は、「ビアスパークしもつま(農産物直売所)」です。下妻産農産物を販売。24hours

20120722_goal

直売所の入り口付近、ゴールに到着。ふぅ~。騰波ノ江駅をスタートしてからここゴールに到着は、4時間1分かかりました。motorsports

20120722_negikatsu

ゴールでのおもてなし。まずは、下妻で売り出し中のねぎカツ。市のコンテストで入賞した作品だ。ネギやニンニクが入って食欲そそる1品です。pig

20120722_yogult

おもてなし2品目は、梨ジャム入りヨーグルト。美味しいねぇ。cake

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:18580歩 消費カロリー:780.5kcal 消費脂肪量:111.5g 歩行距離:13.00km 歩行時間:2時間45分 平均時速:4.70km/h エクササイズ量:9.2Exinfo02

20120716_zuccottorole

下妻の駅ハイで、もう1つの楽しみがあります。ビアスパークしもつまで、しもつま地ビールを飲む事。施設内の地ビールレストランでランチをしましょう。scissors

20120716_menu

しもつま地ビールが新しくなったようですね。リニューアルされた地ビールは、2012年4月11日から発売開始された。bank

20120716_tank

店内には、地ビールを貯蔵するタンクを見る事ができるよ。eye

しもつま地ビール「バストレイク」の出来るまでの説明ボード有り。memo

20120716_beer

では、早速地ビールです。1杯目は、レッドエールです。苦味、風味のバランスとれた大人のビールです。では、ぐびっ。ぷはぁ~。うむ、いい味わいだぁ。happy02beer

20120716_pan

ランチタイムという事で、シェフおすすめ、本日のミニコース(ドルチェ付き)を注文しました。bell

まずは、焼きたてパンがきました。あったか、美味しいです。bread

20120716_zensai

前菜は、彩どり野菜のテリーヌです。下妻産の野菜を使用しているのでしょうか。bud

20120716_rizotto

地ビール2杯目は、ゴールデンピルスナーです。レモンのような香りと爽やかな渋みが特徴的。ぷはぁ。これまたいい味わい。beerwink

メインは、桜エビとスモークサーモンのトマトリゾット。おぉ、久しぶりにリゾットを食べるよ。smile

20120716_doruch

食後のドルチェはこれだ。ソフトドリンク付き。コースのシメ。美味しく頂きました。cake

ちなみに、ここでの詳細記事は、「しもつま地ビールとランチ2012。」へどうぞ。paper

20120722_bus

ビアスパークしもつまからは、駅ハイ参加者専用の無料シャトルバスで下妻駅へ向かいます。bus

20120722_shimotsuma_st

10分くらいで下妻駅に到着しました。ship

20120722_jyousou_line2

帰りも常総線でカタコト帰りました。subway

20120722_free_kippu

常総線を利用する際は、常総線一日フリーきっぷを購入するとお得です。往復するだけで、元が取れます。ticket

馴染みの駅ハイでしたが、紫陽花を見て流鏑馬を見て地ビール飲めて、楽しめるウォーキングコースでした。happy01

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

20120722_map

JR東日本・駅からハイキング No.06211 「下妻あじさい散歩道」 2012年6月24日(日)実施 歩行時間:約4時間(見学時間等を除く) 歩行距離:約13kminfo02

スタート:騰波ノ江駅→①梨畑→②道の駅しもつま→③横瀬夜雨生家→④大宝八幡宮→⑤大宝八幡宮あじさい神苑→⑥大宝八幡宮流鏑馬神事→⑦観桜苑→⑧砂沼遊歩道(あじさい)→⑨ビアスパークしもつま(温泉施設)→⑩(ゴール)ビアスパークしもつま(農産物直売所)→下妻駅info02

(各写真画像をClickすると4倍拡大表示します)search

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月21日 (土曜日)

砂沼遊歩道あじさい散歩道2012。

少し前のお話。梅雨時期は紫陽花ですな。rain

20120721_sanuma01

さて、歩いているところは、茨城県下妻市にある砂沼広域公園です。砂沼、1周ぐるりと遊歩道があります。梅雨時期は、砂沼の西岸、約3kmにかけてアジサイが咲き誇ります。さぁ、歩いてみよう。shoe

20120721_sanuma02

少し淡い感じの藍色が、いいんだな。綺麗だね。花びらがまん丸に集まって見事だ。tulip

20120721_sanuma03

砂沼の先は、うっすらと筑波山が見えるね。fuji

20120721_sanuma04

こちらは、ガクアジサイ?、エゾアジサイ?。宝石っぽい感じに、花びらがちょこんと。可愛らしいね。ring

20120721_sanuma05

砂沼遊歩道には、いろんな種類の紫陽花が咲いているんだな。cherry

20120721_sanuma06

白色の花びらの紫陽花もまた良し。shine

20120721_sanuma07

砂沼は、周囲6km、 面積55haと結構広い農業用ため池です。しとしと雨の時に、あじさい道を歩いてみると、さらに雰囲気出そうだね。happy01

ちなみに、ここには、ウォーキングイベントのコースルート上にあった為訪れました。その時の記事は、「駅からハイキング「下妻あじさい散歩道」」へどうぞ。paper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月20日 (金曜日)

観桜苑を訪れた2012。

緑のある公園を訪れたよ。club

20120720_kanouen1

さて、やってきたところは、茨城県下妻市にある観桜苑です。砂沼広域公園内にあります。tennis

20120720_kanouen2

自然の公園ですな。ほっとする空間が広がるよ。mist

20120720_kanouen3

観桜苑は、桜の名所であるそうだ。広場のまわりぐるりと、桜並木が続くようです。綺麗なんだろうな。cherryblossom

20120720_kanouen4

ベンチに座って、のんびり芝生広場を眺める。ゆっくりの時間を味わおう。confident

20110715_syoubuen

菖蒲田があります。訪れた時は、花の数が少なかったな。bud

20120720_kanouen5

公園のメインになるのが、この砂沼。結構大きな池というか沼なんですな。水と緑がある公園はいいね。景色眺めがいいので、気持ちが落ち着けるんだなぁ。wink

ちなみに、ここには、ウォーキングイベントのコースルート上にあった為訪れました。その時の記事は、「駅からハイキング「下妻あじさい散歩道」」へどうぞ。paper

「観桜苑」(かんおうえん) 〒304-0061 茨城県下妻市下妻丙175info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月19日 (木曜日)

豚傳(TON-DEN)にて、黒豚ランチを食べる。

鹿児島を訪れたら、黒豚でしょう。pig

P1020363

さて、やってきたところは、南九州最大の繁華街「天文館」にあるお店、「豚傳」(とんでん)です。細い路地に入った、吾愛人本店向かいにあります。昼の部終わり頃だったけど、入店OKだったのでぶらり入ってみた。なんか良さげな店構え。pig

P1020360

まずは、焼酎で1杯♪。おっ、切子グラスいいねぇ。happy02

では、いただきます。ごくっ。ぷふぉ~、いい感じ。bottle

店内は個室みたいで雰囲気いいですよ。japanesetea

P1020362

今回、注文したメニューは、黒豚のしゃぶ鍋御膳(刺身付)です。黒豚のしゃぶ一人鍋・小鉢・ご飯・香の物が付く。ランチメニューで、これだけ食べる事ができるのはいいね。scissors

では、いただきま~す。しゃぶしゃぶ、パクッ。とろける~。さすが、かごしま六白黒豚。pig

P1020358

いろいろある鹿児島グルメの中の1つ、「黒豚」食べる事ができて満足です~。happy01

「WAKANA 豚傳」 鹿児島県鹿児島市東千石町11-4-1F TEL:099-219-1580 11時30分~14時・17時30分~23時(LO22時) 定休日:日曜 ランチメニュー黒豚のしゃぶ鍋御膳は1500円info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月18日 (水曜日)

大宝駅を訪れた2012。

関東最古の八幡様がある最寄り駅を立ち寄ってみた。shoe

20120718_daihou_st_05

さて、やってきたところは、茨城県下妻市にある大宝駅です。だいほうえき。関東鉄道常総線、下妻駅と騰波ノ江駅の間にある無人駅だ。簡易PASMO改札機が設置されている。ticket

20120718_daihou_st_04

下り下館行きの列車が2番線ホームに入線してきました。train

20120718_daihou_st_01

2番線ホームへは、南側の踏み切りを渡って行きます。snail

20120718_daihou_st_02

下り線2番ホームの待合室。雰囲気あるねぇ。house

20120718_daihou_st_03

エンジン音響かせながら、下館行きが出発していきました。golf

20120718_ajisai

大宝駅前には、アジサイが咲いていました。tulip

20120718_ibaraki_hyakkei

大宝駅は、関東最古の八幡様である大宝八幡宮が近くにあります。駅前には、茨城百景の碑があります。leo

20120718_jyousou_line

駅南側の踏み切りを渡ろうとしたら、カンカン鳴り出した。すると、キハ101が通過していった。subway

20120718_daihou_st_06

通り過ぎた列車が大宝駅に到着しました。bullettrain

という事で、大宝駅にちょいと立ち寄ったレポでした~。happy01

「大宝駅」 関東鉄道常総線(下妻駅-騰波ノ江駅間) 茨城県下妻市大宝info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月17日 (火曜日)

映画「BRAVE HEARTS 海猿」を観てきた。

いゃあ、昨日は暑かったね。最高気温33度まで上昇し、真夏日だったな。日本各地では、35度以上の猛暑日になったところも多かったようです。関東地方の梅雨明けも、あと数日っていったところだな。(と書いた今日17日、関東地方梅雨明け宣言しました。)sunsweat01

涼しむ為に、映画館に行ってきたよ。久しぶりの映画館での鑑賞です。楽しみにしていた映画が公開されたんですよね。今回観た映画は、2012年7月13日(金)に公開開始された、「BRAVE HEARTS 海猿」(ブレイブハーツ うみざる)です。前作から約2年ぶりのシリーズ第4弾。待ってました~。chick

伊藤英明さんが演じる仙崎大輔が帰ってきた~。今回は、特殊救難隊(特救隊)に異動しての舞台。佐藤隆太さん演じる吉岡哲也など、いつもの海猿面々も出演されていて懐かしいね。ジェット旅客飛行機が海上着水し、短時間で乗客乗員を全員救助をするというお話。movie

ストーリー的にはベタな内容だけど、あきらめない・信じぬくというところがやっぱりジーンと来ますな。海上への緊急着水や、20分という時間制限の中全員救出という緊迫感あるシーンはすごかったです。airplane

まぁ、毎度の事ながら涙止まらずでしたけれど...。(苦笑)。感情移入しちゃうんだよなぁ。crying

シーンの最後には、世の中捨てたものじゃないという話しになって..。仙崎が、信じあえる事はたくさんある(そのような言葉?で)って言っていたなぁ。それが、今回の映画の方向性だったという事ですね。とても、いい映画でした。happy01

ちなみに、シリーズ過去の鑑賞記事は、以下のリンク先へどうぞ。paper

20120717_umizaru

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月16日 (月曜日)

しもつま地ビールとランチ2012。

地ビール飲みに今年も下妻へ訪れたよ。bicycle

20120716_zuccottorole

さて、やってきたところは、茨城県下妻市にあるビアスパークしもつまです。この施設内に、地ビールレストランがあります。その店名は、農園レストラン 伊太利庵Zuccottoロール。1年ぶりに利用してみたよ。scissors

20120716_menu

しもつま地ビールが新しくなったようですね。リニューアルされた地ビールは、2012年4月11日から発売開始された。bank

20120716_tank

店内には、地ビールを貯蔵するタンクを見る事ができるよ。eye

しもつま地ビール「バストレイク」の出来るまでの説明ボード有り。memo

20120716_beer

では、早速地ビールです。1杯目は、レッドエールです。苦味、風味のバランスとれた大人のビールです。では、ぐびっ。ぷはぁ~。うむ、いい味わいだぁ。happy02beer

20120716_pan

ランチタイムという事で、シェフおすすめ、本日のミニコース(ドルチェ付き)を注文しました。bell

まずは、焼きたてパンがきました。あったか、美味しいです。bread

20120716_zensai

前菜は、彩どり野菜のテリーヌです。下妻産の野菜を使用しているのでしょうか。bud

20120716_rizotto

地ビール2杯目は、ゴールデンピルスナーです。レモンのような香りと爽やかな渋みが特徴的。ぷはぁ。これまたいい味わい。beerwink

メインは、桜エビとスモークサーモンのトマトリゾット。おぉ、久しぶりにリゾットを食べるよ。smile

20120716_doruch

食後のドルチェはこれだ。ソフトドリンク付き。コースのシメ。美味しく頂きました。cake

20120716_beerspark_shimotsuma

ここ、ビアスパークしもつまは、農産物直売所やバーベキュー、温泉施設、宿泊施設などがあり、いろいろ楽しめる施設ですよ。happy01

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「農園レストラン 伊太利庵Zuccottoロール」 茨城県下妻市長塚乙70-3 ビアスパークしもつま内 TEL:0296-44-8601 11:30~15:00 17:00~22:00 80席info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月15日 (日曜日)

駅ハイ「花と歴史のまち「小金宿」を散策」に行ってきた(2012.06.23)。

江戸時代には、「小金宿」として、水戸街道の江戸から4番目の宿場町として栄えた街並みを楽しみましょう。bicycle

20120715_kita_kogane_st1

JR常磐線に乗ってやってきたところは、北小金駅です。この日も週末いつもの駅ハイに参加です。今回は、2012年6月23日(土)実施、駅からハイキング「花と歴史のまち「小金宿」を散策」だ。近場のコースなので、遅い時間に起きても間に合うのがいいね。chick

20120715_hitachi

快速線では、E653系特急フレッシュひたち号が通過していった。bullettrain

20120715_maku_s

改札を出たところで受付を済ませました。コースマップ等を取得です。memo

20120715_kita_kogane_st2

近場の千葉県松戸市のコース。今回は、約9kmのウォーキング。頑張って歩きましょう。rock

20120715_kita_kogane_st3

駅北口を出て、高架橋で線路を越えます。drama

20120715_keirinji

こちらは、熊耳山慶林寺です。ゆうじさん けいりんじ。小金城主の子が母の霊を弔うために寺を建立したのが始まりです。movie

20120710_ooyaguchi_rekishi_park01

コースポイントone箇所目は、「大谷口歴史公園」です。中世の城郭跡で、東葛地域で最大の勢力を誇った高城氏の居城があったところ。天文6年(1537)に完成し「開花城」と呼ばれ栄えたが、豊臣秀吉の関東攻めにより天正18年(1590)に落城。平成9年に自然と歴史にふれあうことができる公園として整備されました。house

20120710_kaidan1

小高い丘になっている公園。階段を登っていこう。snowboard

20120710_syoujibori

こちらは、障子堀です。高さ2mの間仕切り(障子)が造られて、堀底を侵入してきた敵をその壁で遮る構造となっています。砂質で非常に水捌けは良くなっているそうです。capricornus

20120710_dorui

さらに階段を上っていくと、広場に出る。小金城跡地だ。別名、大谷口城。このあたり、土塁が確認されています。土塁とは、土を盛り上げて造った土手状の防御施設のことで、通常は堀を掘った土を盛り上げて造ります。fuji

20120710_ooyaguchi_rekishi_park03

広場には、休憩所となる小屋もあります。この奥へ進んでいくと...。spa

20120710_unebori

こちらは、畝掘(うねぼり)が復元されています。見た目なんだかよくわからないが...。堀底に断面が蒲鉾型の畝(高さ約90cm)が堀の方向と直行する向きに連続して造られた、全国的に珍しい構造をしています。hairsalon

20120710_unebori2

よくわからないので、説明版にあった写真です。発掘調査後の畝掘。この施設の利点は、侵入した敵が堀底の小溝に足をとられ、横への移動がしずらくなり、その敵を狙い討てることだと云われています。この畝掘は、粘土層を掘り込んでおり、非常に滑りやすく、効果的になっているようだ。coldsweats02

20120710_ooyaguchi_rekishi_park02

小高い丘になっている公園で、遊歩道は緑の木々の中に覆われています。xmas

20120710_kanasugigichiato

こちらは、虎口門。ここは、金杉口と呼ばれる小金城の虎口(出入口)の1つです。小金城には、大手口(東)、達磨口(北東)、金杉口(北)、太谷口(南)の4つの虎口があったとされています。door

散歩がてら歴史散策をしてみるのも良さそうな公園です。昔は小金城というお城があったんですなぁ。confident

ちなみに、ここでの詳細記事は、「大谷口歴史公園を訪れた2012。」へどうぞ。paper

20120715_road01

バス通り沿いを歩く。松戸新京成バスの幸田循環が通り過ぎていった。bus

20120715_road02

住宅街、上り坂を登っていくと、...。snowboard

20120715_skytree

東京スカイツリーを眺める事ができるスポットがあります。晴天時空気が澄んでいるとよく見えると思うが、まぁもやもやっと見える感じだな。高さは桁外れに違うな。building

20120715_sakagawatsutsumi1

コースポイントtwo箇所目は、「坂川堤」です。坂川は千葉県内を流れる江戸川水系の川で、周辺は江戸時代に新田開発されたものの、度々水害に遭った歴史を持つ。danger

20120715_touyou_gakuen_univ

対岸には、東洋学園大学がありますね。school

20120715_sakagawatsutsumi2

しばらく、坂川沿いの遊歩道を歩いていきます。foot

20120715_sakagawatsutsumi3

現在は、護岸整備とともに河岸に遊歩道が整備され、市民の散歩道として親しまれています。snail

20120715_anzu_dori

コースポイントthree箇所目は、「あんず通り」です。平成元年に整備された延長0.5kmの杏の並木道で、実のなる街路樹として親しまれている。ピンク色の花が3月から4月頃に咲き、6月から7月頃には実をつける。apple

20120715_toumorokoshi

とうもろこし畑??。cherry

20120628_mon

コースポイントfour箇所目は、「本土寺」です。こちらは、仁王門ですな。door

本土寺は、もと源氏の名門・平賀家の屋敷跡と伝えられる地に、建治3年(1277)、領主の曽谷教信が領内の地蔵堂を移して法華堂として開堂。日蓮上人により長谷山本土寺の寺号を授かったのが始まりととれる。池上の長栄山本門寺、鎌倉の長興山妙本寺と並び朗門の山容を誇った。shadow

20120628_ajisai01

本土寺と言えば、あじさい寺として有名なところですね。梅雨時期、ちょうど紫陽花の季節。多くの人が訪れているよ。拝観料は500円だが、駅ハイの特典で400円でした。先には五重塔が見えるね。gemini

20120628_ajisai02

水色、鮮やかで綺麗なアジサイですね。ring

本土寺は、アジサイの他、ハナショウブ、紅葉など、四季折々の草花が楽しめる「花の寺」として親しまれ、訪れる人が絶えないそうだ。アジサイ10000株、ハナショウブ5000株と数の多さは見事です。bicycle

20120628_ajisai03

おぉ、紫色の花びらをしたあじさいです。faxto

20120628_road2

順路に従って歩きます。あじさいロード?、いい感じだ。snail

20120628_ajisai04

ほぅ。この白い色の花びらをした紫陽花。綺麗だなぁ。中心に水色がちょこんと付いているんだ。happy02

20120628_ajisai05

おぉ、すごいところにやってきた。いゃあ、良い眺めだ。先に見える渡り廊下もいい感じ。eye

20120628_syoubu2

こちらは、花菖蒲が咲き誇っています。これまた綺麗だね。shine

20120628_syoubu

花菖蒲も薄紫色や藍色、白色などがあり、花びらも優雅でいい感じです。cherry

20120628_ajisai06

紫陽花の先には花菖蒲。コラボショット。camera

20120628_road1

木々の中の遊歩道。新緑の色合いがまた素晴らしい。気持ちがいいです。紅葉時期に来てみても良さそうだね。confident

20120628_taki

なんと、滝もありました。近くには、弁天様がいます。aquarius

20120628_momiji

新緑の庭園の中、紅葉がかった葉をした木もありましたよ。maple

20120628_tsukemono1

本土寺へ向かう道沿いには、漬け物屋さんがあります。yacht

20120628_tsukemono2

いろんな、お漬物を販売していたよ。試食もあって、ちょいちょいつまんでいきました。delicious

有料の庭園だけあって、綺麗に整備されています。季節の花を見に、散歩がてら訪れてみるのもいいかもね。happy01

ちなみに、ここでの詳細記事は、「本土寺(あじさい寺)の見事な紫陽花2012。」へどうぞ。paper

20120715_sandou

水戸光圀の寄進と伝えられる本土寺の松の参道を歩いていきます。xmas

20120715_jyouban_line_rapid

再び、常磐線の高架陸橋を越えます。E231系快速電車が走行していった。subway

20120715_root6_1

国道6号線根木内交差点を渡ります。ここのボーリング場「北小金ボウル」では、自分の歴代最高スコア220を出したところなんです。もうだいぶ昔の話ですけど...。その時は、1ゲーム内にストライク8回出してと絶好調~。soccer

20120711_negiuchi_rekishi_park01

コースポイントfive箇所目は、「根木内歴史公園」です。寛正3年(1462)、高城胤忠が現在の根木内地区に築いた根木内城の城跡を公園として整備。平成18年(2006)4月に開園した。clover

20120711_negiuchi_rekishi_park02

15世紀後半頃に築城された根木内城。このあたりは、お城を築くには適した場所だったんだろうな。そんな事を考えながら、緑の公園を散策してみましょう。happy01

20120711_negiuchi_rekishi_park03

木々で覆われた緑の中を進んでいくと、...。door

20120711_negiuchi_rekishi_park04

緑草が茂った広場にでてきました。一応、芝生広場なのだが、草が少し長く伸びてしまっている。club

20120711_negiuchi_rekishi_park05

国道6号線沿いにある公園なのだが、こんな緑広がる空間があるんだね。約10haの広さの公園だ。cancer

20120711_negiuchi_rekishi_park06

園内には、土塁や土橋、空堀など戦国時代の城郭を感じさせる遺構が残されている。shadow

20120711_negiuchi_rekishi_park07_2

さらに進んでいくと、...。公園内の低地部分には、上富士川氾濫原で、湿地があります。木の遊歩道は、いい感じ。note

20120711_negiuchi_rekishi_park08

イヌタデなどの植物を見る事ができるそうだ。tulip

20120711_negiuchi_rekishi_park09

水田?もあるなど、四季の植物が見られる自然の公園なんだね。ボランティアの方々によって、整備されているのかな?。japanesetea

ちなみに、ここでの詳細記事は、「根木内歴史公園を訪れた2012。」へどうぞ。paper

20120715_taisyouken

コースポイントsix箇所目は、「水戸街道(国道6号線)」です。江戸から水戸に通じる幕府直轄の街道。その先は岩城相馬街道などとつながり、両道を総称して浜街道、明治以降は陸前浜街道と呼ばれた。現在は、国道6号線として整備され、関東東部の大動脈となっている。car

途中、東池袋大勝軒桜ROZEOがあった。おぉ、北小金にも大勝軒があるんだぁ。つけ麺食べようかと思ったが、足が歩き疲れで立ち寄る気力無し...。noodle

20120715_hachimitsu_remon

気温が上がり蒸し暑い...。コンビニでサントリー夏のはちみつレモンを購入。水分・塩分補給で熱中対策だぁ。塩はじめました~。banana

20120715_hanaya

国道6号線北小金駅入口交差点角には花屋さんがあったな。tulip

20120715_kyu_mito_road

コースポイントseven箇所目は、「旧水戸街道」です。国道6号線「北小金駅入口」交差点から北に向かって1kmほどの区間は水戸街道の宿場「小金宿」の跡で、当時を想わせる建物や古寺が点在します。ship

20120715_koya

ここの古い建物は、旅籠「玉屋」です。hotel

20120715_touzenji1

コースポイントeight箇所目は、「東漸寺」です。とうぜんじ。文明13年(1481)の開基といわれ、江戸時代には徳川家康の定めた関東十八壇林(学問所)のひとつとされ隆盛を極めた。pencil

20120715_touzenji2

現在も、関東屈指の文化財を誇り、樹齢300年のしだれ桜をはじめソメイヨシノ、鶴亀の松などの古木、参道の梅や山吹、アジサイ、紅葉など、四季折々の樹木が境内を彩ります。cherryblossom

20120715_kita_kogane_st4

ゴールとなる北小金駅に戻ってきました。南口はペデストリアンデッキが整備されている。pocketbell

20120715_kita_kogane_st5

駅前ロータリーには、「小金宿」・「三跡の光」・「小金牧」の3つの碑があるな。shadow

20120715_goal

今回の駅ハイはゴール受付があります。ゴール受付時間は15時まで。スタートしてからゴールまで3時間29分かかりました。motorsports

20120715_kanbatch

ゴール受付では、恒例の缶バッチがもらえました。今回は、キハE130系水郡線愛称名「奥久慈清流ライン」でした。present

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:17689歩 消費カロリー:736.0kcal 消費脂肪量:105.1g 歩行距離:12.38km 歩行時間:2時間41分 平均時速:4.61km/h エクササイズ量:8.6Exinfo02

20120715_pan

お腹空いたので、昼食?午後のおやつ?。フレッシュベーカリー神戸屋北小金駅店にてイートインしました。蒜山ジャージーカスタードととろけるマンゴーを購入。アイスカフェラテと共に頂きました。ぱくっ。うむ、美味しいね。delicious

20120715_kita_kogane_st6

帰りも常磐緩行線にて。E233系2000番台ですな。subway

今回のメインはなんといっても、本土寺のアジサイ。いゃあ、見事でしたな。綺麗だったよ。あと、城跡が歴史公園となり当時の雰囲気を感じられて良かったですよ。近場で土地勘のあるウォーキングコースだったので、結構楽しめたよ。happy01

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

20120715_map

JR東日本・駅からハイキング No.01202 「花と歴史のまち「小金宿」を散策」 2012年6月23日(土)実施 歩行時間:約2時間20分(見学時間等を除く) 歩行距離:約9kminfo02

スタート:北小金駅→①大谷口歴史公園→②坂川堤→③あんず通り→④本土寺→⑤根木内歴史公園→⑥水戸街道(国道6号線)→⑦旧水戸街道→⑧東漸寺→ゴール:北小金駅info02

(各写真画像をClickすると4倍拡大表示します)search

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月14日 (土曜日)

桜島溶岩なぎさ遊歩道を少し歩く2012。

桜島を訪れたら、少しお散歩だ。shoe

P1010878

さて、今から歩くところは、桜島溶岩なぎさ遊歩道です。溶岩なぎさ公園から烏島展望所へ向かう約3kmの遊歩道だ。錦江湾を眺めながら海沿いを歩けるよ。日本の百か所「遊歩百選」に選ばれています。foot

P1010884

遊歩道は綺麗に整備されています。自転車の通行も許可されているので、少し幅広めなのかも。bicycle

P1010880

1914年の大正噴火で流出した溶岩は全てのものを焼き尽くし、海までも埋め立て、生命の一切存在しない世界を作り出しました。annoy

大正噴火から約100年たった今、当時は何もなかった溶岩原に徐々に植生が回復し、生命の息吹を感じられる豊かな景色が戻りつつあります。clover

P1010900

海岸沿いは砂浜でなく、桜島から噴火された溶岩の黒いゴツゴツとした岩だ。bomb

P1010875

その黒くゴツゴツした岩には、白鳥がたたずんでいる。chick

P1010902

この日の桜島は、てっぺんが雲で覆われている。cloud

P1010890

溶岩がごろごろとある、ちょっと異色な風景だな。溶岩なぎさ公園から少し歩いて戻りました。海沿いなので、心地良い海風が通り、気持ちが良いよ。dog

P1010905

遊歩道を歩きながら、海辺を眺める。夕陽で海面キラキラ。shine

P1010877

黒い溶岩がゴロゴロある風景だけど、海沿いを歩く遊歩道は気持ちが良いですな。happy01

ちなみに、桜島観光関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「桜島溶岩なぎさ遊歩道」 鹿児島県鹿児島市桜島横山町info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月13日 (金曜日)

桜島溶岩なぎさ公園の足湯で湯ったり~♪。

桜島フェリーに乗って桜島に上陸だぁ。ship

P1010833

桜島港フェリー乗り場から歩いて9分。やってきたところは、桜島溶岩なぎさ公園です。club

P1010865

芝生が広がるのんびりした空間だ。レインボー桜島や桜島ビジターセンターに隣接していて、バックには桜島がど~んとそびえたつ。この日は、てっぺんが雲の帽子をかぶってしまっているな。fuji

P1010835

桜島溶岩なぎさ公園の楽しみはコレ。note

足湯で~す。ここの足湯は、9時から日没まで、無料で利用できるんですよ。多くの観光客が利用しているね。cancer

P1010858

ではでは、足湯入ってみました。ちゃぽん。おぉ、あたたか~い。spa

P1010838

地下1000mのマグマ層から湧き出る天然温泉をかけ流し。赤褐色の足湯で、ポッカポカです。泉質は、ナトリウム-塩化物泉。温泉温度は約42度。pencil

P1010848

海沿いにある足湯は、眺めがすごくいいよ。いゃあ、ゆっくりしたよ~。cat

P1010872

錦江湾を眺めていると、桜島フェリーが通り過ぎていく。yacht

P1010907

ここの足湯は、約100mもの長さがある。屋外施設の足湯としては国内最大規模なのだ。だから、多くの人が同時に利用できるよ。airplane

P1010906

夕日を眺めながら、足湯で湯ったり~も、良くない?。日没までは利用できるから、最後までいても良さそう。wave

P1010834

桜島訪れたら、最初の観光スポット。桜島や錦江湾を眺めながら、足湯で湯ったりしましょう。ふぅ、まったり。happy01

ちなみに、桜島観光関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「桜島溶岩なぎさ公園」 鹿児島県鹿児島市桜島横山町1722-3 TEL:099-293-2323(レインボー桜島) 入園無料 駐車場無料 足湯無料(9時~日没)info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月12日 (木曜日)

桜島フェリーに乗船2012。

フェリーに乗って桜島へ~。fuji

P1010945

さて、やってきたところは、鹿児島港です。ここから、桜島フェリーに乗って鹿児島のシンボルである桜島へ向かいます。snail

P1010796

フェリー船内は空調が効いているので過ごしやすい。テレビ放映もあるしね。tv

P1010942

鹿児島港を出発~。note もう、目の先は桜島。eyeglass

P1010798

市街地にある港から錦江湾を横断し、まっすぐ桜島へ向かう。乗船時間は約15分。あっという間のクルージングだ。cancer

P1010804

短い時間だから、デッキに出て海風に当たりながら桜島を眺めよう。訪れた日は、山の上には雲がかぶさっていました。cloud

P1010803

多客期なので、フェリーはフル回転だ。すれ違うフェリーに手を振る。paper

P1010805

さぁ、桜島に近づいてきたぞ。雲でてっぺんがちゃんと見えないのが残念だが、立派な山だなぁ。雄大です。leo

P1010821

海づり公園や溶岩なぎさ公園が見えますね。fish

P1010825

桜島港に到着しました。改札出口にて、乗船料150円を支払います。ticket

P1010916

桜島港では、鹿児島港へ向かう車が乗船待ちの行列ができているよ。rvcar

このあとは、桜島溶岩なぎさ公園へ行って少しのんびりしてきました。その記事は、後日にでも。spa

P1010919

夕日が出てきた頃、桜島港から鹿児島港へ帰ります。観光客や車が多いので、臨時便を出してピストン輸送。yacht

P1010924

もうちょっと長く滞在していたかったけど、時間なので...。桜島バイバ~イ。paper

P1010932

夕日の反射で海面キラキラ。shine

P1010941

少しの時間の滞在だったけど、今度はレンタカー借りて桜島1周してみたいな。桜島フェリーは24時間運行で頻繁に出発する。桜島への便利な交通手段だなぁ。happy01

ちなみに、桜島観光関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「桜島フェリー」 鹿児島港~桜島港 24時間運行 大人:150円・小人:80円info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月11日 (水曜日)

根木内歴史公園を訪れた2012。

またまた、城跡を訪れたよ。aries

20120711_negiuchi_rekishi_park02

さて、やってきたところは、千葉県松戸市にある根木内歴史公園です。寛正3年(1462)、高城胤忠が現在の根木内地区に築いた根木内城の城跡を公園として整備。平成18年(2006)4月に開園した。clover

20120711_negiuchi_rekishi_park03

木々で覆われた緑の中を進んでいくと、...。door

20120711_negiuchi_rekishi_park04

緑草が茂った広場にでてきました。一応、芝生広場なのだが、草が少し長く伸びてしまっている。club

20120711_negiuchi_rekishi_park05

国道6号線沿いにある公園なのだが、こんな緑広がる空間があるんだね。約10haの広さの公園だ。cancer

20120711_negiuchi_rekishi_park06

園内には、土塁や土橋、空堀など戦国時代の城郭を感じさせる遺構が残されている。shadow

20120711_negiuchi_rekishi_park07_2

さらに進んでいくと、...。公園内の低地部分には、上富士川氾濫原で、湿地があります。木の遊歩道は、いい感じ。note

20120711_negiuchi_rekishi_park08

イヌタデなどの植物を見る事ができるそうだ。tulip

20120711_negiuchi_rekishi_park09

水田?もあるなど、四季の植物が見られる自然の公園なんだね。ボランティアの方々によって、整備されているのかな?。japanesetea

20120711_negiuchi_rekishi_park01

根木内城は、15世紀後半頃に築城されたそうだ。このあたりは、お城を築くには適した場所だったんだろうな。そんな事を考えながら、緑の公園を散策してきましたよ。happy01

「根木内歴史公園」(ねぎうちれきしこうえん) 千葉県松戸市根木内 JR常磐線北小金駅南口から徒歩約10分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月10日 (火曜日)

大谷口歴史公園を訪れた2012。

住宅街の中歩いていく。昔、お城があったところにやってきた。shoe

20120710_ooyaguchi_rekishi_park01

さて、やってきたところは、千葉県松戸市にある大谷口歴史公園です。初めて訪れてみたよ。snail

中世の城郭跡で、東葛地域で最大の勢力を誇った高城氏の居城があったところ。天文6年(1537)に完成し「開花城」と呼ばれ栄えたが、豊臣秀吉の関東攻めにより天正18年(1590)に落城。平成9年に自然と歴史にふれあうことができる公園として整備されました。house

20120710_kaidan1

小高い丘になっている公園。階段を登っていこう。snowboard

20120710_syoujibori

こちらは、障子堀です。高さ2mの間仕切り(障子)が造られて、堀底を侵入してきた敵をその壁で遮る構造となっています。砂質で非常に水捌けは良くなっているそうです。capricornus

20120710_dorui

さらに階段を上っていくと、広場に出る。小金城跡地だ。別名、大谷口城。このあたり、土塁が確認されています。土塁とは、土を盛り上げて造った土手状の防御施設のことで、通常は堀を掘った土を盛り上げて造ります。fuji

20120710_ooyaguchi_rekishi_park03

広場には、休憩所となる小屋もあります。この奥へ進んでいくと...。spa

20120710_unebori

こちらは、畝掘(うねぼり)が復元されています。見た目なんだかよくわからないが...。堀底に断面が蒲鉾型の畝(高さ約90cm)が堀の方向と直行する向きに連続して造られた、全国的に珍しい構造をしています。hairsalon

20120710_unebori2

よくわからないので、説明版にあった写真です。発掘調査後の畝掘。この施設の利点は、侵入した敵が堀底の小溝に足をとられ、横への移動がしずらくなり、その敵を狙い討てることだと云われています。この畝掘は、粘土層を掘り込んでおり、非常に滑りやすく、効果的になっているようだ。coldsweats02

20120710_ooyaguchi_rekishi_park02

小高い丘になっている公園で、遊歩道は緑の木々の中に覆われています。xmas

20120710_kanasugigichiato

こちらは、虎口門。ここは、金杉口と呼ばれる小金城の虎口(出入口)の1つです。小金城には、大手口(東)、達磨口(北東)、金杉口(北)、太谷口(南)の4つの虎口があったとされています。door

20120710_annaizu

散歩がてら歴史散策をしてみるのも良さそうな公園です。昔は小金城というお城があったんですなぁ。confident

「大谷口歴史公園」(おおやぐちれきしこうえん) 〒270-0005 千葉県松戸市大谷口176 入園無料 流鉄流山線小金城跡駅下車徒歩約6分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 9日 (月曜日)

新町七夕まつりを訪れた2012。

今週末は七夕まつりを開催したところが多かったでしょう。moon2

20120709_tanabata5

さて、訪れているところは、群馬県高崎市新町です。ここ新町でも、七夕のお祭りが行われていました。会場付近の道路には、七夕の飾りがあるよ。tennis

20120709_tanabata2

飾りの重さで傾いちゃったのかな?。道路をちょっとふさいでしまっています。danger

20120709_tanabata1

訪れた日は、昼から晴れ間が広がりいい天気。いろいろな飾りをつけています。sports

20120709_tanabata4

小さな子供たちによる絵付き短冊でしょうか。gemini

20120709_yataibayashi

会場では、屋台ばやしの披露があったね。note

20120709_fura_dance

特設ステージでは、フラダンス~。notes

20120709_yatai

数は少なかったけど、大通り沿いには、屋台が出ていたよ。24hours

20120709_karaage

から揚げを購入~。ぱくっ、美味しい。chick

20120709_kakigouri

日差しがあって気温が上がって蒸し暑くなった。そんな時はコレ。かき氷~。シャリシャリ冷たくて美味しい~。penguin

20120709_tanabata3

駅前通りを進んでいくと会場に着きますよ。chick

20120709_shinmachi_st

最寄り駅となるJR高崎線新町駅にも、七夕の飾りがしてあります。present

20120709_poster

工夫された七夕の飾りとかもあったな。ほのぼの、小さな地域のイベントでした。happy01

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルート上であった為。その時の記事は、「駅ハイ「高崎市新町の七夕まつりと歴史散策」に行ってきた。」へどうぞ。paper

「新町七夕まつり」 2012年7月6日(金)・7日(土)・8日(日) 群馬銀行新町支店駐車場他info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 8日 (日曜日)

駅ハイ「涼と癒しの那須烏山ウォーキング」に行ってきた(2012.06.16)。

戦車地下工場跡を活用したどうくつ酒蔵や悠久の歴史と民話がいきつく龍門の滝を散策してみませんか?。carouselpony

20120704_karasuyama_line2

JR烏山線に乗ってやってきたところは、烏山駅です。この日も週末いつもの駅ハイに参加です。今回は、2012年6月16日(土)実施、駅からハイキング「涼と癒しの那須烏山ウォーキング」だ。art

20120704_karasuyama_st

時折雨が降る、悪天候。ちょっとウォーキングには微妙だな。sprinkle

20120704_ensou

太鼓演奏が行われていて、歓迎のおもてなしを受けたよ。notes

ちなみに、ここでの詳細記事は、「烏山線烏山駅を訪れた2012。」へどうぞ。paper

20120708_kan_bachi

受付を済ませ、コースマップ等を取得。恒例の缶バッチは、SLばんえつ物語でした。present

20120708_karasuyama_maku

今回は約6kmのコース。酒蔵や滝を訪れる楽しみなコースだ。頑張って歩きましょう。shoe

20120708_ishizukuri_souko

こちらは、烏山通運(株)石造り倉庫群です。libra

20120708_yamaage_kaikan

コースポイントone箇所目は、「山あげ会館」です。白壁の武家蔵風の立派な建物だ。烏山のお祭りである山あげ祭りを体感できる施設だ。駅ハイ参加特典で割引で入館で来ました。gasstation

20120708_washi_kaikan

コースポイントtwo箇所目は、「和紙会館」です。烏山和紙の起源は、奈良時代まで遡ることができ、以来、絶えることなく和紙が漉きつがれてきました。和紙会館では和紙製品の展示即売や和紙に関する資料を展示しています。また、烏山和紙会館の建物は、市の近代化遺産として位置づけられています。旧烏山病院だったそうです。入館無料。memo

20120708_rpad01

市街地を歩く。golf

20120708_ramen

なんか昔ながらのラーメン屋さん?。みどりやという店名だ。noodle

20120708_yagumo_jinjya

市役所付近にある八雲神社です。event

20120705_shimazaki_syuzou1

コースポイントthree箇所目は、「島崎酒造」です。創業嘉永二年の酒蔵で、清酒東力士をつくっている。楽しみにしていた場所だ。24hours

20120705_room1

早速、店内に入ってみた。販売エリアがあって、その奥へ進んでいくと試飲エリアがあります。広々とスペースとってあるんだね。いろんな銘柄の日本酒がずらりと置かれてある。しかも、冷やされている。素晴らしい!。smile

20120705_glass

試飲用のグラスです。これは、ありがたいね。プラスチックのミニコップではないのがGood!。scissors

20120705_shin1

ではでは。地酒を注ぎ、では頂きます。ぐぴっ。ごくっ。ぷはぁ。おぉ~、いいねぇ。happy02

20120705_sake4

島崎酒造がつくっているお酒「東力士」。2代目当主が無類の相撲好きであったことから命名されたんだとか。riceball

20120705_hikobei

こちらは、本醸造 うろこや彦兵衛。島崎家初代当主の名が彦兵衛なんだそうだ。bottle

20120705_sake3

これは、どうくつ熟成酒。島崎酒造には、お酒を貯蔵する洞窟を保有していて、そこで熟成させて作られたお酒だ。bottle

20120705_nigori_sake

こちらは、にごり酒・夏にごり。夏にごりは夏にぴったり飲みやすい味わいだ。bottle

試飲コーナーには、結構多くの銘柄を試飲ができる。全て飲んでいったら、かなり酔っぱらいます。coldsweats01

20120705_shikomi_mizu

仕込み水も用意されていました。aquarius

20120705_sake1

梅酒・ゆず酒・ブルーベリー酒などのリキュールも試飲できたよ。これまた、美味しい。note

20120705_ice_cream

お口直し?に。売店にて、吟醸酒アイスクリームを購入。美味しい。penguin

20120705_shimazaki_syuzou2

予約をすれば、酒蔵見学ができるのかな?。snail

いゃあ、ここで試飲いっぱいして酔っちゃった。これから歩けるか?。coldsweats01

ちなみに、ここでの詳細記事は、「島崎酒造で試飲する2012。」へどうぞ。

20120708_kaidan

愛宕神社へ向かう階段。ここから、えいこらしょっと登っていきます。かなり階段数があります。足パンパンだよ。酔っ払っているのにぃ~。denim

20120708_atago_jinjya

階段を登り切ると、目の前に愛宕神社があります。key

20120708_road02

緑の木々の中を歩いていきます。club

20120708_atagodai_park

コースポイントfour箇所目は、「愛宕台公園」です。wheelchair

20120708_nagame

この、愛宕台緑地公園は高台にあり、ここから市街地を見下ろして眺めることができます。camera

20120708_road03

再び、緑の木々の中を歩いていきます。気持ちいいね。snail

20120706_enter

コースポイントfive箇所目は、「どうくつ酒蔵」です。先程訪れた島崎酒造が管理している洞窟だ。土日祝は一般開放されていて、洞窟内見学ができます。door

20120706_enter3

少し狭めの入口ですが、入ってみましょう。入場無料。chick

20120706_doukutsu1

ところどころに明かりが点灯しているので、そんなに暗くはないです。通路がずっと伸びているのですな。洞窟内は年を通じて平均10度くらいとなっている。(夏場は15度・冬場は5度)。今時期入ると、結構涼しいですよ。penguin

この洞窟は、第二次世界大戦末期に戦車を製造するため建造された地下工場跡です。昭和19年11月に東京動力機械製造(株)の疎開が決まり、山裾に半地下式の工場が建設それ、隣接してこの地下工場も造られました。半地下式工場では終戦までにおよそ20台の戦車が製造されたと言われています。また、この地下工場では戦車を製造することなく終戦を迎えました。shadow

20120706_doukutsu11

地下工場は、高さ幅とも約3.5mの3本の坑道とそれを結ぶ5本の横坑で構成され、総延長は600mあります。denim

20120706_kosyu

洞窟内は、低温貯蔵庫として熟成酒の貯蔵に使用されるとともに、地元の伝統工芸品・烏山和紙による創作灯りの展示とコンサートの開催などに活用されています。映画「魍魎の匣(もうりょうのはこ)」のロケ地にもなりました。movie

こちらには、昭和50年産大吟醸古酒がある。熟成中~。drama

20120706_shiin1

一通り、洞窟内の通路を歩きまわったあとは、一番のお楽しみへ。catface

20120706_shiin3

そう、試飲コーナーです。どうくつ熟成酒がずらりあります。この洞窟で熟成させたお酒です。1本1本種類が違うんですよ。3年ものや平成元年産、10年以上ものなど、山廃・純米・吟醸・大吟醸といろいろ。coldsweats02

20120706_shiin4

では、順番に試飲していきます。では、頂きます。ぐぴっ。ぷふぉ~。うむ、いい味わいだぁ。寝かせた分、まろやかな感じ。美味しい。delicious

20120706_shiin5

梅酒やゆず酒もありました。日本酒仕込みで、これまた美味しいよ。bottle

20120706_shiin2

こちらは、2013年に販売するお酒。ラベルには干支の「巳」と書かれている。これも、試飲できたよ。snail

またまた、ここで、ほんのり酔いましたよ。洞窟の中で呑むというのはいいね。bottle

ちなみに、ここでの詳細記事は、「どうくつ酒蔵を訪れた2012。」へどうぞ。paper

20120708_karasuyama_line

カタコト列車が走っていく。2両編成の烏山線、いい景色の中快走。subway

20120708_fumikiri

滝駅前の踏み切りを渡ります。bag

20120707_furusatokan

コースポイントsix箇所目は、「龍門の滝」です。滝に行く前に、龍門ふるさと民芸館に立ち寄りました。館内には、烏山に伝わる民話のコーナーがあって、お土産売店もあります。24hours

20120707_taki1

龍門ふるさと民芸館の館内には、滝を眺める事ができる展望台があります。ちょっと木の葉が邪魔になるが、滝を上から眺める事ができるよ。eye

20120708_omotenashi1

民芸館にて、おもてなしがありました。冷たい麦茶とおまんじゅうです。もぐもぐ。japanesetea

20120708_jyagaimo

さらに、蒸かしたジャガイモも頂けました。おかわりも頂けて、さらに持ち帰り分ももらえた。ジャガイモいっぱい食べたよ。apple

20120707_road

民芸館の横から下へ降りる道を進んでいくと、...。shoe

20120707_taki2

おっ、滝が見えたぞぅ。ザァーという音がいいねぇ。aquarius

20120707_taki3

おぉ、横長な滝だね。見事です。chick

20120707_taki4

下まで降りてきました。龍門の滝は、江川にかかる幅65m、高さ20mのケスタ地層に形成された大滝です。訪れた日は、時折雨が降る天気。その為、普段よりも水量は多いですね。少し濁流で水が濁っています。leo

20120707_taki6

水量が多くなければ、橋を渡り中洲へ行けます。(この日は水量が多く、ちょっとこわいから行くの止めました)。中洲へ行ければ、近くで滝のマイナスイオンをいっぱい浴びれるかも。shine

20120707_taki5

大蛇伝説がある龍門の滝。すぅ~はぁ~、深呼吸。冷んやりした気持ち良いスポットでした。happy01

ちなみに、ここでの詳細記事は、「龍門の滝を訪れた2012。」へどうぞ。paper

20120707_taki_st

ゴールとなる滝駅に到着しました。烏山駅をスタートしてからゴールまで4時間48分かかりました。train

20120708_goal_maku

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:13287歩 消費カロリー:568.3kcal 消費脂肪量:81.1g 歩行距離:9.30km 歩行時間:2時間5分 平均時速:4.43km/h エクササイズ量:6.7Exinfo02

20120708_karasuyama_line2

帰りの列車がやってきたぞ。bullettrain

20120708_karasuyama_line3

気動車である烏山線に乗って帰りました。烏山には初めて訪れたけど、酒蔵があって、試飲いっぱいして、見事な滝を見てリフレッシュできて、なかなか良い(酔い?)駅ハイのコースだなと思ったよ。happy01

20120706_omiyage

お土産には、どうくつ熟成酒(純米吟醸)を購入したよ。洞窟での熟成を味わいながら自宅で頂きました。happy01

ちなみに、関連記事は、以下のリンク先へどうぞ。paper

20120708_map

JR東日本・駅からハイキング No.04209 「涼と癒しの那須烏山ウォーキング」 2012年6月16日(土)実施 歩行時間:約2時間(見学時間等を除く) 歩行距離:約6kminfo02

スタート:烏山駅→①山あげ会館→②和紙会館→③島崎酒造→④愛宕台公園→⑤どうくつ酒蔵→⑥龍門の滝→ゴール:滝駅info02

(各写真画像をClickすると4倍拡大表示します)search

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月 7日 (土曜日)

龍門の滝を訪れた2012。

笹の葉さ~らさら~。note 今日は七夕ですね。moon3

20120707_taki3

さて、やってきたところは、栃木県那須烏山市にある龍門の滝です。初めて訪れたよ。chick

20120707_taki_st

最寄駅は、JR烏山線滝駅です。のんびり、無人駅ですなぁ。train

20120707_hashi

滝駅から南へ少し歩くこと約5分。入口に着きます。この橋を渡ると、...。ski

20120707_furusatokan

龍門ふるさと民芸館があります。館内には、烏山に伝わる民話のコーナーがある。お土産売店があります。24hours

20120707_taki1

龍門ふるさと民芸館の館内には、滝を眺める事ができる展望台があります。ちょっと木の葉が邪魔になるが、滝を上から眺める事ができるよ。eye

20120707_road

民芸館の横から下へ降りる道を進んでいくと、...。shoe

20120707_taki2

おっ、滝が見えたぞぅ。ザァーという音がいいねぇ。aquarius

20120707_taki4

下まで降りてきました。おぉ、見事な滝ですなぁ。龍門の滝は、江川にかかる幅65m、高さ20mのケスタ地層に形成された大滝です。訪れた日は、時折雨が降る天気。その為、普段よりも水量は多いですね。少し濁流で水が濁っています。leo

20120707_taki6

水量が多くなければ、橋を渡り中洲へ行けます。(この日は水量が多く、ちょっとこわいから行くの止めました)。中洲へ行ければ、近くで滝のマイナスイオンをいっぱい浴びれるかも。shine

20120707_taki5

大蛇伝説がある龍門の滝。すぅ~はぁ~、深呼吸。冷んやりした気持ち良いスポットでした。happy01

きんぎん砂子~。notes みなさんの願い事が叶いますように。confident

「龍門の滝」 栃木県那須烏山市滝414 JR烏山線滝駅徒歩約5分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 6日 (金曜日)

どうくつ酒蔵を訪れた2012。

洞窟の中でお酒を熟成させているんですよ。subway

20120706_enter2

さて、やってきたところは、栃木県那須烏山市にある「どうくつ酒蔵」です。初めて訪れたよ。清酒「東力士」をつくっている島崎酒造が管理している洞窟だ。土日祝は一般開放されていて、洞窟内見学ができます。door

20120706_enter

JR烏山線滝駅から徒歩約12分程の場所に位置し、ちょっと小高い山の中にある。木々の中を進んだ先に入口があるよ。xmas

20120706_setsumei

この洞窟は、第二次世界大戦末期に戦車を製造するため建造された地下工場跡です。昭和19年11月に東京動力機械製造(株)の疎開が決まり、山裾に半地下式の工場が建設それ、隣接してこの地下工場も造られました。半地下式工場では終戦までにおよそ20台の戦車が製造されたと言われています。また、この地下工場では戦車を製造することなく終戦を迎えました。shadow

20120706_enter3

少し狭めの入口ですが、入ってみましょう。入場無料。chick

20120706_doukutsu1

ところどころに明かりが点灯しているので、そんなに暗くはないです。通路がずっと伸びているのですな。洞窟内は年を通じて平均10度くらいとなっている。(夏場は15度・冬場は5度)。今時期入ると、結構涼しいですよ。penguin

20120706_doukutsu11

地下工場は、高さ幅とも約3.5mの3本の坑道とそれを結ぶ5本の横坑で構成され、総延長は600mあります。denim

20120706_kosyu

洞窟内は、低温貯蔵庫として熟成酒の貯蔵に使用されるとともに、地元の伝統工芸品・烏山和紙による創作灯りの展示とコンサートの開催などに活用されています。映画「魍魎の匣(もうりょうのはこ)」のロケ地にもなりました。movie

こちらには、昭和50年産大吟醸古酒がある。熟成中~。drama

20120706_shiin1

一通り、洞窟内の通路を歩きまわったあとは、一番のお楽しみへ。catface

20120706_shiin3

そう、試飲コーナーです。どうくつ熟成酒がずらりあります。この洞窟で熟成させたお酒です。1本1本種類が違うんですよ。3年ものや平成元年産、10年以上ものなど、山廃・純米・吟醸・大吟醸といろいろ。coldsweats02

20120706_shiin4

では、順番に試飲していきます。では、頂きます。ぐぴっ。ぷふぉ~。うむ、いい味わいだぁ。寝かせた分、まろやかな感じ。美味しい。delicious

20120706_shiin5

梅酒やゆず酒もありました。日本酒仕込みで、これまた美味しいよ。bottle

20120706_shiin2

こちらは、2013年に販売するお酒。ラベルには干支の「巳」と書かれている。これも、試飲できたよ。snail

20120706_hanbai

入口には商品の販売がありました。試飲したお酒が購入できます。その他、酒粕や吟醸アイス、あずTシャツが売っていた。24hours

20120706_inari_jinjya

入口前には、稲荷大明神や御手洗があります。cancer

20120706_keshiki

入口から見た景色。ちょっとした住宅地なんでしょうか。house

20120706_omiyage

お土産には、どうくつ熟成酒(純米吟醸)を購入したよ。洞窟での熟成を味わいながら自宅で頂きました。happy01

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「島崎酒造 どうくつ酒蔵」 栃木県那須烏山市神長 TEL:0287-83-1221(島崎酒造) 一般開放:4月~11月初旬の土日祝 10時~16時 ※平日は予約にて見学できる 入場無料 入口付近に駐車スペース有り JR烏山線滝駅から徒歩約12分info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 5日 (木曜日)

島崎酒造で試飲する2012。

清酒「東力士」を製造・販売する老舗酒蔵を訪れたよ。chick

20120705_shimazaki_syuzou1

さて、やってきたところは、栃木県那須烏山市にある島崎酒造です。初めて訪れたよ。創業嘉永二年の酒蔵で、清酒東力士をつくっている。JR烏山線烏山駅から徒歩約9分。国道294号線沿いにお店がある。24hours

20120705_room1

早速、店内に入ってみた。販売エリアがあって、その奥へ進んでいくと試飲エリアがあります。広々とスペースとってあるんだね。いろんな銘柄の日本酒がずらりと置かれてある。しかも、冷やされている。素晴らしい!。smile

20120705_glass

試飲用のグラスです。これは、ありがたいね。プラスチックのミニコップではないのがGood!。scissors

20120705_shin1

ではでは。地酒を注ぎ、では頂きます。ぐぴっ。ごくっ。ぷはぁ。おぉ~、いいねぇ。happy02

20120705_sake4

島崎酒造がつくっているお酒「東力士」。2代目当主が無類の相撲好きであったことから命名されたんだとか。riceball

20120705_dosukoi

これは、どすこい旨口。お相撲さんのラベルデザインだ。pig

20120705_hikobei

こちらは、本醸造 うろこや彦兵衛。島崎家初代当主の名が彦兵衛なんだそうだ。bottle

20120705_sake3

これは、どうくつ熟成酒。島崎酒造には、お酒を貯蔵する洞窟を保有していて、そこで熟成させて作られたお酒だ。bottle

20120705_nigori_sake

こちらは、にごり酒・夏にごり。夏にごりは夏にぴったり飲みやすい味わいだ。bottle

20120705_sake2

にごり酒も数種類あったな。bottle

試飲コーナーには、結構多くの銘柄を試飲ができる。全て飲んでいったら、かなり酔っぱらいます。coldsweats01

20120705_shikomi_mizu

仕込み水も用意されていました。aquarius

20120705_sake1

梅酒・ゆず酒・ブルーベリー酒などのリキュールも試飲できたよ。これまた、美味しい。note

20120705_ice_cream

お口直し?に。売店にて、吟醸酒アイスクリームを購入。美味しい。penguin

20120705_shimazaki_syuzou2

予約をすれば、酒蔵見学ができるのかな?。snail

どうくつ酒蔵開放中!とのぼりが有り。そう、島崎酒造には洞窟を保有していて、そこにお酒を熟成させています。その洞窟を見学できるんですよ。これから、行ってきま~す。wink

見学予約しておけば、どうくつ酒蔵へ車送迎(5分程)してもらえるようです。4月~11月初旬の土日祝は、一般開放(予約不要)されています。door

20120706_shiin1

ここが、どうくつ酒蔵の内部。ひんやりした洞窟の中で、年代別に試飲できます。こちらも是非訪れると良いですよ。bottlehappy02

ちなみに、どうくつ酒蔵訪問記事は、「どうくつ酒蔵を訪れた2012。」へどうぞ。paper

20120705_shimazaki_syuzou3

結構いろいろな銘柄のお酒を無料試飲できていいところです。ドライバーでなければ、立ち寄ってみるといいですよ。酒飲み(呑んべえ)であれば、尚更ね。happy01

20120706_omiyage

試飲でちょいと酔ったなぁ。お土産に、どうくつ熟成酒(純米吟醸)を購入し、帰宅して家飲みです。bottlewink

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「島崎酒造」 〒321-0621 栃木県那須烏山市中央1-11-18 TEL:0287-83-1221 9時~18時info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 4日 (水曜日)

烏山線烏山駅を訪れた2012。

ローカル線に乗って、終着駅にやってきました。train

20120704_karasuyama_st

さて、やってきたところは、JR烏山線の終着駅・烏山駅です。(からすやまえき)。初めて訪れる駅です。もちろん、烏山線も初乗車。subway

20120704_eki_kanban

所在地は栃木県那須烏山市で、栃木県東部に位置する。県庁所在地の宇都宮から列車で50分程。昔、ドライブでよく国道294号線を北上する際、通過する地点が烏山というイメージだ。rvcar

20120704_ensou

訪れた日は、太鼓演奏が行われていて、歓迎のおもてなしを受けたよ。notes

20120704_bus_terminal

駅前ロータリーには、JRバス関東のターミナル施設があったようだが、現在は廃止になってしまっている。今は、市営バスが運行されている。bus

20120704_tachigui_soba

バスターミナル施設には、立ち食いそば屋「山あげそば」があり、こちらは営業しているようだ。noodle

20120704_kounai

駅構内。待合室有り。みどりの窓口有り。但し、Suica簡易改札機は無し。house

20120704_shichifukujin

烏山線は七福神に関連付けされています。待合室には、記念撮影用のボードがあるよ。camera

20120704_bisyamonten

烏山駅は、毘沙門天となっている。毘沙門天は、悪魔、魔物、災害などを防ぐ神。忿怒の相の武神形で甲冑をつけ右手には戟(げき・矛の一種)、左手には宝塔を持っています。golf

20120704_buji_kaeru

ホームには、無事カエルの像がある。ゲロゲロ。snail

20120704_karasuyama_line2

烏山駅ホームは1線のみ。車両はキハ40系2両編成。クリーム色と朱色によるツートンカラー「開業88周年記念の国鉄気動車一般色」だね。art

20120704_yukisaki

烏山線の車両1両ごとにも、七福神が割り当てられている。この車両は、寿老人だ。leo

さらに、七福神をあしらったサボ(行先票)ですね。ticket

20120704_karasuyama_line1

こちらは、烏山線用色(白と緑色)。この車両の七福神は、大黒天。moon3

20120704_renketsu

2両編成、色違いで連結。wrench

20120704_kurumadome

烏山駅は終着駅なので、線路はここでおしまい。danger

20120704_ekimei

那須烏山市(旧烏山町)には、匠の技が生きる烏山和紙や毎年7月下旬に開催される450年の伝統を持ち、国の重要無形民俗文化財に指定されている豪壮な野外劇「山あげ祭」等があります。memo

この後は、烏山市街地をぐるり観光歩いてきます。shoe

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 3日 (火曜日)

駅ハイ「上尾花しょうぶ園鑑賞と雄大な荒川沿い草原から牧場へのウォーキング」に行ってきた(2012.06.03)。

荒川沿いの雄大な草原から牧場へ。そして初夏の花しょうぶを満喫できる自然散策コースです。bicycle

20120703_ageo_st

JR高崎線に乗ってやってきたところは、上尾駅です。この日も週末いつもの駅ハイに参加です。今回は、2012年6月3日(日)実施、駅からハイキング「上尾花しょうぶ園鑑賞と雄大な荒川沿い草原から牧場へのウォーキング」です。shoe

20120703_kan_batch

受付にてコースマップ等を取得。アッピーのデザインされた飴がもらえました。恒例の缶バッチは、E5系はやぶさ・はやてなどでした。present

20120703_fresh_ageo

フレッシュあげおの3名が受付されていました。後ろからパチリ。virgo

20120703_ageo_st2

3年連続で同じコースを歩く馴染みのあるルート。このコースは約15km、頑張って歩きましょう。foot

20120703_monshery_road

駅前のモンシェリー通りを歩く。sprinkle

20120703_kamo_river

鴨川を通り過ぎる。mist

20120703_asagao

歩道には、アサガオが咲いていたぞ。雨上がり、雫でいい感じ。tulip

20120703_road01

住宅街の中に、こんな木々の通りがあるんだね。xmas

20120703_cat

途中、猫さんがゴロゴロいたな。cat

20120701_yashimaen1

さて、上尾駅から歩いて53分。茶の矢島園埼玉工場に到着です。おもてなしポイントだ。24hours

20120701_mizudashi_sencya

冷た~いお茶の無料サービスがあったので頂きました。蒸し暑く喉も乾いているので、とてもありがたいおもてなしだ。good

では、ゴクリ。濃いめだけど飲みやすい味わいだ。この水出し煎茶美味しいです。テントの中で休憩しつつ、何杯かおかわりしました。japanesetea

20120701_green_soft1

ここに立ち寄ったら、お目当ての商品がコレ。グリーンソフトです。あと味さっぱり、ソフトクリームの形をした抹茶のアイスクリームだ。袋のパッケージには、小鳥のキャラクターが。グリンちゃんと言うそうだ。もちろん、購入したよ。200円。chick

20120701_green_soft3

ふたのコーンの部分をかじっていくと、緑色のアイスが見えてきた。ペロリッ。おぉ、抹茶の味わいだ。そんなに大きくないので、しっかりと食べきれます。cake

ちなみに、ここでの詳細記事は、「矢島園のグリーンソフトを食べ歩く2012。」へどうぞ。paper

20120703_road02

道端に咲く花がまた綺麗である。bud

20120703_ushi

道路沿いなんだけど、のんびり牛さんがいますモ~。taurus

20120703_hirakata_shisyo

上尾市役所平方支所です。図書館たちばな分館や消防署平方分署を併設している。トイレ休憩にはいいところだ。toilet

20120703_bateiji1

コースポイントone箇所目は、「馬蹄寺」です。矢島園から17分。山門を入って左側に高床式の鐘楼、境内中央にはモクコクの古木があります。music

20120703_mokukoku

モクコクは幹周り1.5m、17本の大枝が半径7~8mに枝ぶりよく広がる様は見事(券指定天然記念物)、樹齢200年以上と推定される。libra

20120703_tatibana_jinjya

こちらは、橘神社です。平方地区全体の鎮守様、平方河岸の隆盛をしのばせる小祠「平方河岸出入商人衆奉納の石祠」(県指定)が立っている。tv

20120703_tatibana_jinjya3

本殿裏の大けやきは市指定の天然記念物です。幹廻り5.75mで樹齢800年と推定されている。ribbon

20120703_hachieda_jinjya

コースポイントtwo箇所目は、「八枝神社」です。diamond

20120703_tatibana_jinjya2

天然記念物となるケヤキがあります。大きな木だ。xmas

20120703_doroinkyo

八枝神社の夏祭りに「どろいんきょ」という珍しい祭事が行われます。この祭りは水を撒いて泥んこにした家の庭で、更に水を浴びせながらいんきょさまと呼ばれる白木の神輿を転がし回す泥まつりです。leo

20120703_kaiheibashi

荒川に到着しました。スタートしてから1時間34分。先に見える橋は、県道51号川越上尾線の開平橋です。ship

20120703_road03

荒川沿いを歩いていると、こんな看板が。coldsweats02

20120703_road04

川沿いの歩道は草原のような緑が広がる。clover

20120629_ozuka1

コースポイントthree箇所目は、「小塚浅間塚」です。浅間塚は富士塚とも呼ばれ、江戸時代に流行った富士浅間信仰の流れの中で身近に富士山を模した塚を築き、祀ったものです。fuji

20120629_ozuka2

昨年訪れた時は、左右木々に覆われていたのに、今年は、右側は木々が無くなっていた。なんでだろう?。xmas

では、浅間塚を登ってみましょう。手摺りがついているんですよね。snowboard

20120629_ozuka4

登りつめました。高さは約4.6m、1辺が約26mの方形の塚である。carouselpony

毎年7月1日の初山には、新生児の多幸を祈願する行事が行われます。gemini

20120629_ozuka9

ここでも休憩ポイント、自治会によるおもてなしがありました。cafe

20120629_ozuka8

まずは、冷たい麦茶が無料サービス。ゴクリ、美味しい。beer

20120629_ozuka5

焼き鳥とつくねを購入。焼きたてを頂いたよ。なんか、ビールが欲しいね。beer

20120629_ozuka6

水で冷やしたきゅうりがあるぞ。aquarius

20120629_ozuka7

もちろん、購入。パキッ。河童さんが欲しがりそう?。coldsweats01

小塚浅間塚は、上尾市指定有形文化財に指定されている。霊峰富士を一望、平方のパワースポットなんだそうだ。御利益ありそうかな?。happy01

ちなみに、ここでの詳細記事は、「小塚浅間塚を訪れる2012。」へどうぞ。paper

20120701_road_01

荒川沿いのサイクリングロードを歩いています。緑~ですね。club

20120701_oyasumidokoro

コースポイントfour箇所目は、「アッピーお休み処」です。休憩所。空気が澄んだ時には富士山、秩父の山並み浅間連峰までが望める荒川堤。fuji

ちなみに、アッピーは上尾市のイメージマークだそうで、あげおの「ア」、上昇や向上を意味する「アップ」、さらに幸せの「ハッピー」を合わせた「アッピー」にという意味との事。fullmoon

20120702_road_02

アッピーお休み処の下に通る道を歩いていくと...。snail

20120702_road_03

緑が広がる風景が...。yacht

20120702_road_04

おぉ、雄大な草原が広がる眺めだな。荒川沿いの河川敷とは思えぬ風景だ。clover

20120702_road_05

おっと、あそこにのんびりしているのは、牛さんですか?。上尾市の風景とは思えない光景だ。taurus

20120702_road_06

鎖に繋がっているとはいえ、間近で牛さんを見る事ができます。taurus

ちなみに、ここでの詳細記事は、「荒川沿いの雄大な草原を歩く2012。」へどうぞ。paper

20120702_watashiba

コースポイントfive箇所目は、「畔吉河岸跡」です。ここは、舟運が始まった江戸時代から大正末期まで続いた河岸です。舟運が盛んな頃は、下流にあった平方河岸とともに重要な役割を果たしていましたが、鉄道の開通(明治16年)により衰退していきました。今でも武蔵野の面影を残しています。yacht

20120702_road_07

ほのぼののんびり風景を歩いていく。サイクリングロードなので、自転車でのんびり走るのも良さそうだ。bicycle

20120607_enomoto_farm2

カントリースメル...。この先は、牧場ですよ。aries

20120607_enomoto_farm1

コースポイントsix箇所目は、「榎本牧場」です。上尾市に牧場があるんですよね。taurus

20120607_enomoto_farm3

牛小屋に入ってみました。駅ハイの特典で、無料餌付け体験もあったよ。cute

20120607_enomoto_farm4

まだ、食べたい?。taurus

20120607_enomoto_farm5

榎本牧場を訪れたら、ここのジェラートアイスを頂こう。フォルトゥーナ(Fortuna)という名のお店です。24hours

20120607_enomoto_farm6

ジェラート1つ250円。かわいらしい、アイス引換券だ。ticket

20120607_ice

じゃん♪。今回は、バナナミルクを購入。では、ぱくっ。うむ、美味しいね。溶けるのが早いので、急いで食べます。chick

20120607_enomoto_farm7

ミニブタの赤ちゃんが生まれましたと張り紙があった。おぉ、見てみよう。run

20120607_buta

2012年6月3日朝に豚の赤ちゃん4匹産まれました。訪れた日が6月3日。おぉ、訪れた日が生まれた日!。生まれたてほやほやなんだね。親ブタも子ブタもぐっすり眠っています。pig

20120607_roba

ロバさんがのんびり~。club

ちなみに、ここでの詳細記事は、「榎本牧場でジェラートと生まれたての豚の赤ちゃん2012。」へどうぞ。paper

20120703_tokuseji

コースポイントseven箇所目は、「徳星寺」です。榎本牧場から4分。市指定文化財の徳川家康などの将軍の「ご朱印状」があります。secret

20120703_tokuseji_ookaya

徳星寺の境内には、弘法大師が植えたものといわれる大樹「大カヤ」があり県指定文化財となっています。xmas

20120703_suwa_jinjya

コースポイントeight箇所目は、「諏訪神社」です。徳星寺から8分。諏訪神社は畔吉地区の氏神であり、明治15年に再建されました。birthday

20120703_suwa_jinjya2

ここでも、おもてなしポイントです。restaurant

20120703_manjyu

お茶と1口まんじゅうが頂けました。パクッ。japanesetea

20120703_sasara_shishimai

毎年4月上旬には「畔吉の源太万作踊り」が、毎年10月中旬の日曜日には「畔吉のささら獅子舞」が、奉納されます。そのビデオ放映がされていました。tv

20120703_omocya

昔のおもちゃでしょうか?。どうやって遊ぶのかな?。筒を押すとポンと出る??。gawk

20120703_mugibatake

てくてく歩くと、麦畑が。久しぶりに見たよ。banana

20120703_tikurin

そして、竹林が...。drama

20120608_syoubu1

コースポイントnine箇所目は、「上尾丸山公園」です。諏訪神社から7分。ここで、あげお花しょうぶ祭りが開催されている。ちらほらと菖蒲の花が咲く程度で、ピークにはまだまだというところだ。bud

20120608_syoubu2

丸山公園の菖蒲田は、70種1万株の菖蒲の花が見られるそうだ。libra

20120608_syoubu4

ここが、菖蒲の花が一番密集しているところ?。まっ、それなりに、綺麗な菖蒲の花を見る事ができました。tulip

20120608_syoubu3

菖蒲田は、緑に囲まれたところにあるので、景観はGoodです。club

20120608_hasu

ハスの花も咲いていましたね。cherry

20120608_demise

このイベントの楽しみはコレ。いろんなグルメの販売がされています。bell

20120608_sarada_udon

ここに訪れると必ず食べるのがコレ。JAあだち野女性部による、サラダうどんです。350円。麺のコシがあって、なかなか美味い。外は暑いので、きゅうりや大根おろし等が入った冷やしうどんは美味しいよ。結構、うどんの量もある。noodle

20120608_syu

洋菓子屋さんのシュークリーム。購入してみました。100円。平たい形でなんか珍しいね。delicious

20120608_maruyama_park1

ちょいと、丸山公園内散歩してみましょう。木々の中、歩くのは気持ちが良い。川に沿ってがいいね。good

20120608_maruyama_park3

ベンチが多く設置されているので、のんびりするのもいいかも。chair

芝生広場があるので、シートをひいてピクニックにも良し。riceball

20120608_maruyama_park4

川?。池?。緑の中に、水がある景観は気持ちがいいな。penguin

20120608_maruyama_park5

滝があります。マイナスイオン~。shine

この日は、曇り空だったが、最高気温24度と暑いので、子供たちが水遊び場でバチャバチャ遊んでた。なんか、気持ち良さそう?!。sweat02

20120608_maruyama_park2

訪れた日は、太鼓生演奏や藤波の餅つき踊り(振る舞い餅があり)、勅使川原郁恵さんのウォーキング教室がありました。motorsports

20120703_houkou_annai

主に丸山公園内に設置されている駅ハイ用の方向案内版。upwardright

20120703_maruyama_annaizu

丸山公園内の駅ハイルート図です。園内半分をぐるりとまわります。recycle

ちなみに、ここでの詳細記事は、「あげお花しょうぶ祭り2012を訪れた。」へどうぞ。

20120703_syourinji

コースポイントonezero箇所目は、「小林寺」です。丸山公園から4分。浄土宗のお寺で山号を興旧山真松院といい、本尊は阿弥陀如来の坐像です。airplane

当寺には、室町時代初期に作られたと推定される銅製の善光寺式阿弥陀三尊があり、上尾市指定文化財になっている。r-mark

20120703_kodomonoshiro

児童館こどもの城付近の林の中を歩く。club

20120703_jyurenji

コースポイントoneone箇所目は、「十連寺」です。この寺の名前は、徳川家康が名付けたと伝えられています。その後、家来の柴田七九郎康長が三千石を賜ってこの地の領主になり、その墓が史跡として市の指定文化財となっています。また、「十連寺石塔婆」も市指定文化財となっています。ear

20120703_jyupuzou

八角十王堂の中です。十王像が円形にまつられています。cd

20120703_benzaiten

庭園には弁財天様がいます。というか、このお寺には七福神全て揃っている?。scissors

20120630_kawanooojime4

コースポイントonetwo箇所目は、「川の大じめ」です。この大じめは、村に悪霊や疫病が入ってこないように願って掛けられたもので、旧川村の入口にあたるところに掛けられています。snail

20120630_kawanooojime2

川の大じめは、川地区のフセギと呼ばれる祭りで行われる行事です。この行事は、毎年5月15日に、神明社で大注連1つと小注連6つを作り、川地区の旧道の出入り口に昨年取り付けたものを取り替える行事です。wrench

20120630_kawanooojime3

大注連は、長さ5~6mの太い縄状のもので、高さ4mほどの2本の柱の上に道をまたぐようにして掛けるものです。ship

20120630_busstop

このあたり、「川」という地名だけに、バス停名も「川」なのだ。bus

ちなみに、ここでの詳細記事は、「川の大じめ。」へどうぞ。paper

20120703_ageo_st_goal

ゴールとなる上尾駅に到着しました。ふぅ。いゃあ、15kmは結構距離あるね。丸山公園からの帰りはちょっとしんどい。sweat01

スタートしてからゴールまで、5時間16分かかった。う~ん、足痛い...。この日は、1日曇り空で最高気温24度と少し蒸し暑い程度。その点は少し幸いでした。foot

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:25413歩 消費カロリー:1059.7kcal 消費脂肪量:151.3g 歩行距離:17.78km 歩行時間:3時間48分 平均時速:4.67km/h エクササイズ量:12.5Exinfo02

20120703_utsunomiya_line_end

JR宇都宮線で帰りました。足ガクガクです。train

このコースは、3年連続で歩いている。上尾のコース自体は今年で5回目の開催のようだ。もう、馴染みのコースであるが、矢島園のグリーンソフト、小塚浅間塚での焼き鳥、榎本牧場のジェラート、あげおしょうぶ祭りのサラダうどんとグルメが楽しめるのが良し。川沿いの草原風景があって良いが距離がある。まぁ、西上尾団地から路線バスでゴールの上尾駅へ向かうのもアリかもしれないね。ふぅ、今回は疲れた。coldsweats01

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

20120703_map

JR東日本・駅からハイキング No.05212 「上尾花しょうぶ園鑑賞と雄大な荒川沿い草原から牧場へのウォーキング」 2012年6月3日(日)実施 歩行時間:約4時間(見学時間等を除く) 歩行距離:約15kminfo02

スタート:上尾駅→①馬蹄寺→②八枝神社→③小塚浅間塚→④アッピーお休み処→⑤畔吉河岸跡→⑥榎本牧場→⑦徳星寺→⑧諏訪神社→⑨上尾丸山公園→⑩小林寺→⑪十連寺→⑫川の大じめ→ゴール:上尾駅info02

(各写真画像をClickすると4倍拡大表示します)search

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 2日 (月曜日)

荒川沿いの雄大な草原を歩く2012。

今年も草原広がる荒川沿いを歩いてみたよ。aries

20120701_road_01

荒川沿いのサイクリングロードを歩いています。緑~ですね。club

20120701_oyasumidokoro

こちらは、アッピーお休み処。休憩所です。空気が澄んだ時には富士山、秩父の山並み浅間連峰までが望める荒川堤。fuji

ちなみに、アッピーは上尾市のイメージマークだそうで、あげおの「ア」、上昇や向上を意味する「アップ」、さらに幸せの「ハッピー」を合わせた「アッピー」にという意味との事。fullmoon

20120702_road_02

アッピーお休み処の下に通る道を歩いていくと...。snail

20120702_road_03

緑が広がる風景が...。yacht

20120702_road_04

おぉ、雄大な草原が広がる眺めだな。荒川沿いの河川敷とは思えぬ風景だ。clover

20120702_road_05

おっと、あそこにのんびりしているのは、牛さんですか?。taurus

20120702_road_06

鎖に繋がっているとはいえ、間近で牛さんを見る事ができます。taurus

20120702_watashiba

こちらは、畔吉河岸跡です。ここは、舟運が始まった江戸時代から大正末期まで続いた河岸です。舟運が盛んな頃は、下流にあった平方河岸とともに重要な役割を果たしていましたが、鉄道の開通(明治16年)により衰退していきました。今でも武蔵野の面影を残しています。yacht

20120702_road_07

ほのぼののんびり風景を歩いていく。サイクリングロードなので、自転車でのんびり走るのも良さそうだ。bicycle

20120607_enomoto_farm2

荒川沿いの雄大な草原を歩くレポでした。この先は、牧場ですよ。happy01

ちなみに、ここを歩いたのは、ウォーキングイベントのコースルートであった為。その時の記事は、「駅からハイキング「上尾花しょうぶ園鑑賞と雄大な荒川沿い草原から牧場へのウォーキング」に行ってきた。」へどうぞ。paper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 1日 (日曜日)

川の大じめ2012。

上尾駅西口から歩いて約1.3km。ここに、注連縄があるんですよ。cute

20120630_kawanooojime4

さて、これは、川の大じめです。この大じめは、村に悪霊や疫病が入ってこないように願って掛けられたもので、旧川村の入口にあたるところに掛けられています。snail

20120630_kawanooojime2

川の大じめは、川地区のフセギと呼ばれる祭りで行われる行事です。この行事は、毎年5月15日に、神明社で大注連1つと小注連6つを作り、川地区の旧道の出入り口に昨年取り付けたものを取り替える行事です。wrench

20120630_kawanooojime3

大注連は、長さ5~6mの太い縄状のもので、高さ4mほどの2本の柱の上に道をまたぐようにして掛けるものです。ship

20120630_busstop

このあたり、「川」という地名だけに、バス停名も「川」なのだ。bus

20120630_info

上尾市指定無形民俗文化財に指定されている川の大じめ訪問レポでした。smile

ちなみに、ここを訪れたのは、ウォーキングイベントのコースルートであった為。その時の記事は、「駅からハイキング「上尾花しょうぶ園鑑賞と雄大な荒川沿い草原から牧場へのウォーキング」に行ってきた。」へどうぞ。paper

「川の大じめ」 上尾市指定無形民俗文化財 平成3年12月1日指定info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »