« みさと公園の花菖蒲2012。 | トップページ | 鹿児島ラーメン 豚とろ。 »

2012年6月19日 (火曜日)

駅ハイ「江戸時代の面影をしのばせる新緑の城下町「小幡」を歩く」に行ってきた(2012.05.12)。

日本名水100選「雄川堰」のせせらぎと江戸時代の面影をしのばせる織田宗家ゆかりの城下町散策。(コースマップより抜粋)crown

20120619_jyoushin_dentetsu1

上信電鉄に乗ってやってきたところは、上州福島駅です。福島という名だが、福島県ではなく群馬県です。この日も週末いつもの駅ハイに参加です。今回は、2012年5月12日(土)実施、駅からハイキング「江戸時代の面影をしのばせる新緑の城下町「小幡」を歩く」です。boutique

ちなみに、高崎駅から上州福島駅まで銀河鉄道999号に乗車してきたよ。その時の記事は、「上信電鉄銀河鉄道999号に乗車2012。」へどうぞ。paper

20120619_jyousyu_fukushima_st1

ほのぼのとした駅舎だなぁ。駅員1人がお出迎え?。ship

20120619_jyousyu_fukushima_st2

ようこそ城下町小幡へ。甘楽町は、織田宗家ゆかりの地なのだ。leo

20120619_jyousyu_fukushima_st3

古い家並みと桜並木に沿ってゆったりと流れる雄川堰。往時の面影を残す武家屋敷から大名藩邸跡へとつづく中小路の散策は、まるでタイムスリップしたかのように感じさせてくれます。tv

人もあまりいなく、のんびり歩けそうだ。今回は、約12kmのコース。頑張って歩きましょう。rock

20120619_road01

駅前の商店街通り??。24hours

20120619_tosyokan

上州福島駅から歩いて7分程。甘楽町図書館(ら・ら・かんら)に到着。ここが、駅ハイ受付ポイントとなります。key

20120619_kan_bachi

受付にてコースマップやパンフレット類を取得。恒例の缶バッチは、風っこ奥会津でした。present

20120619_road02

ずんずんと小幡地区へ歩いていきます。cd

20120619_road03

上信越道、高速道路高架下を通り過ぎ、緑の芝生?の風景が増えてきたぞ。club

20120619_road04

整備された並木通り沿いを歩いていく。maple

20120605_ogawazeki02

コースポイントone箇所目は、「雄川堰・桜並木散策」です。ここ雄川堰は、小幡の城下町内に造られた用水路で、古い家並みと桜並木に沿って流れる。古くから生活・農業用水として大切にされ、歴代の城主は水奉行をおいて保護したとの事。aquarius

20120605_ogawazeki03

結構水流がある。生活用水としてこのあたりの人達は利用していたんだね。cancer

20120605_ogawazeki04

雄川堰沿いには、ソメイヨシノ56本桜並木が続く。春の桜の花びらが舞う景色は見事だろうなぁ。cherryblossom

20120605_imoguruma

ここに、芋車を設置し、水の流れを利用して、里芋・じゃが芋・人参等の野菜を洗い、毎日の食生活に利用されていたんだそうだ。banana

20120605_imoguruma2

枠みたいのが設置されている。多分、ここに芋車を置いて利用する?のかな。それとも、芋車の代わり?。coldsweats01

20120605_kura

雄川堰沿いは、昔は城下町だった事もあり、このような蔵などがある街並みだったんだろうな。house

20120605_ryokan

風情ある旅館もあったみたい。夜、部屋から眺めて気持ち良さそう。confident

20120605_ogawazeki01

雄川堰の水は、日本名水百選の一つに数えられている。本当に綺麗な水だ。生活用水として建設された玉石積み用水路は、貴重な歴史的土木遺産として残される事になっています。水が流れる音を、静かに聞き入ったよ。pisces

ちなみに、ここでの詳細記事は、「雄川堰を訪れた2012。」へどうぞ。paper

20120619_shiryoukan1

コースポイントtwo箇所目は、「歴史民俗資料館」です。駅ハイの特典で割引で入館できます。大正15年、製糸工場甘楽社小幡組の繭倉庫として建設されました。その後、改装し、甘楽町歴史民俗資料館として開館しました。館内には、いろいろな展示物があったよ。school

20120619_shiryoukan2

この地の養蚕最盛期を象徴する建物として、昭和61年、町の重要文化財に指定されています。レンガ造り2階建・瓦葺き・延床面積289平方メートル。telephone

20120614_bukeyashiki1

コースポイントthree箇所目は、「中小路(武家屋敷)」です。小幡地区の武家屋敷通りです。緑色の山々をバックに、綺麗な風景だね。crown

ここ、甘楽町小幡は、江戸時代、織田信長の次男・信雄から8代に渡って城下町として栄えました。drama

20120614_takahashike

勘定奉行の役所跡で、小幡の武家屋敷の中でも、昔の様子を最も残しているのが高橋家の庭園と屋敷です。house

20120614_kuichigaikaku

こちらは、旧陣屋の中に面して造られた「喰い違い郭」です。戦の時の防衛上のために造られたものとみられます。また、下級武士が上級武士に出会うのを避けるために隠れたともいわれています。chick

20120614_bukeyashiki2

なんか武家がいそうな雰囲気があるよ。dog

ちなみに、ここでの詳細記事は、「甘楽町小幡武家屋敷地区を歩く2012。」へどうぞ。paper

20120611_enter

コースポイントfour箇所目は、「国指定名勝「楽山園」」です。元々、公園として暫定公開して自由に入れたようだが、工事が完了し、2012年3月24日に正式開園した。駅ハイの特典で観覧料割引です。番所みたいなところで受付をし、では入ってみよう。snail

20120611_teien4

おぉぉ~、いい眺めだぁ。園内の緑もいいけど、バックの山々の緑も素晴らしい。fuji

楽山園という名前の由来は、「知者ハ水ヲ楽シミ、仁者ハ山ヲ楽シム」という論語の故事から名付けられたと言われています。drama

楽山園は、池泉回遊式の借景庭園で、「戦国武将庭園」から「大名庭園」へと移行する過度期の庭園と位置づけられ、京都の桂離宮と同じ特色があります。pencil

20120611_teien1

「景石」の置かれた昆明池。庭園らしく、多くの鯉が泳いでいます。その先には、2つのいい感じの茶屋があります。bar

20120611_teien3

2つの茶屋のうち、奥上に見える梅の茶屋へ行ってみよう。run

20120611_cyaya1

梅の茶屋は、屋根が茅葺、庇がコケラ葺きの建物です。藩主が休憩したり庭園の景色を楽しみました。spade

座敷にあがり、殿様・姫君気分で庭園風景をお楽しみください。と書いてある。おっ、是非是非あがってみよう。bicycle

20120611_cyaya2

ここで、藩主がのひのび~したのかな。自分も足のびのび~して、見事な庭園をのんびり眺めてみました。う~ん、いい気分。happy02

江戸時代まで遡ると、ここで、「お殿様」、「姫君」って言っていたのかな?。お茶を頂きながらほのぼのとね。japanesetea

20120611_cyaya3

それにしても、茶屋からの眺めは緑が広々していいね。good

20120611_cyaya4

反対側方向の眺め。甘楽ふるさと館が見えるね。spa

20120611_cyaya5

こちらは、腰掛茶屋。全国でも珍しい五角形の形をしています。art

20120611_cyaya6

新緑の季節なので、光に当たる緑の葉が綺麗だ。秋になったら、紅葉でこれまた見事な景観になるんだろうな。maple

20120611_teien2

見事な庭園に小川が流れるのもいい感じ。久しぶりに、アメンボさんを見たよ。fish

20120611_ryouuntei

ここは、凌雲亭です。ここでは、菓子付きお抹茶が頂けるそうだ。庭園を見ながら、美味しそうだね。japanesetea

20120611_nagaya

こちらは、拾九間長屋。藩邸の使用人たちが暮らしていました。建物内には、展示スペースや映像放映などがありました。hotel

ちなみに、ここでの詳細記事は、「名勝楽山園を訪れた2012。」へどうぞ。paper

20120619_garally

コースポイントfive箇所目は、「長岡今朝吉記念ギャラリー」です。入館無料。但し、特別展示室は有料。(駅ハイ参加特典で割引)。絵画の展示がありました。art

20120614_matsuurake

こちらは、松浦家の庭園。書院造りの武家屋敷で前方の大自然を借景した庭園だ。見事だねぇ。bud

20120615_ogawazeki3

雄川堰も一部水路幅を広げ、親水公園のような感じに整備されています。こういう景観もいいものだ。confident

20120619_yakyujyou

てくてく歩く。緑山々をバックに、田舎の風景である。おぉ、野球場があるね。baseball

20120619_odake_haka1

コースポイントsix箇所目は、「織田家七代の墓」です。織田信長の二男信雄が、ここ小幡の領主となった。それから織田家七代、藩主としておさめられた。そのお墓です。shadow

20120619_odake_haka2

列になって1つ1つお墓があります。ski

20120619_kannonzazou

こちらは、崇福寺の石造聖観音坐像です。甘楽町指定重要文化財となっている。fullmoon

20120615_ogawazeki2

住宅の前も、雄川堰、綺麗な水を流します。aquarius

20120615_ogawazeki1

竹林の中を通り、...。club

20120615_fukiagenoishitoi1

コースポイントseven箇所目は、「吹上の石樋」です。(ふきあげのいしとい)。よく見てみると、水路が立体交差されているね。上を通す石樋は、慶応元年(1865年)、7ヶ月と約250人の手間を費やして造られました。wrench

20120615_fukiagenoishitoi2

雄川から引き入れた水は、長さ6mの巨大一枚岩を組み合わせたここを通り、雄川堰へと流れてゆきます。fish

20120615_fukiagenoishitoi3

吹上の石樋の石碑が建てられています。2010年3月26日に、甘楽町指定重要文化財となりました。shadow

ちなみに、ここでの詳細記事は、「立体交差する吹上の石樋2012。」へどうぞ。paper

20120619_ogawa1

雄川、ごつごつした石の間を水が流れていきます。pisces

20120619_cyouganji

コースポイントeight箇所目は、「長厳寺(天狗岩・三十三観音)」です。moneybag

20120616_park1

ここは、甘楽総合公園です。約18ヘクタールの広大な敷地には、野球場やテニス場、弓道場などのスポーツ施設、大型遊具やウォーキングコース等もある総合公園だ。tennis

大きな緑の木々の中を歩くのは気持ちが良い。かんら名木十選に選定されていて、大きな木であるすずかけの木は、東京都北区にある飛鳥山公園から寄贈されたんだそうだ。xmas

20120616_bridge1

雄川にかかる吊り橋を発見。この橋は、仙洞院橋です。libra

20120616_bridge2

吊り橋なので、揺れます。おそるおそる3割ほど頑張って進み、景色をパチリ。はい、速攻で戻ります。(ワタクシ、コワクテ、ワタレナイ..)。coldsweats01

20120616_furusatokan

コースポイントnine箇所目は、「甘楽ふるさと館」です。こちらは、宿泊施設や温泉施設等があります。駅ハイの参加特典で入浴料が割引です。hotel

20120616_kama

こちらは、達磨窯です。甘楽ふるさと館の敷地内にあり。この窯は、伝統的な土でできているようで、復元され火入れができる状態のようです。spa

20120616_cyaya

雄川の対岸には、名勝楽山園が見えます。あの小さな小屋は、梅の茶屋です。japanesetea

20120616_keshiki

甘楽総合公園は、雄川に沿って両岸に公園が整備されている。青い空と周辺の緑の山々をバックに、緑が広がる公園はいいですね。fuji

20120616_river

雄川、ザァーという川の流れの音が心地よいね。pisces

20120616_road1

川沿いに遊歩道があり。ここは、せせらぎの路です。shoe

20120616_flower

小さくてかわいらしい花が、おっとりいい感じです。しばしの時間、腰を下ろして眺めます。tulip

ちなみに、ここでの詳細記事は、「甘楽総合公園、園内を散歩する2012。」へどうぞ。paper

20120609_michinoeki_kanra1

コースポイントonezero箇所目は、「道の駅甘楽「甘楽町物産センター」」です。2011年3月29日開駅で、道の駅として約1年経った施設なんだな。特産品販売となっていて、食堂があります。ぶらり店内を物色してみました。多くの種類のワインも販売していたな。eye

20120609_stamp

道の駅スタンプ、もちろん、押してきたよ。pass

20120609_kippu1

さらに、道の駅記念きっぷも購入。160円。ticket

20120609_kippu2

甘楽町は、織田氏ゆかりの城下町。記念きっぷの裏には、4代信久の解説ですね。leo

20120609_juice

駅ハイ参加特典で、10%割引のサービスがありました。それで、にんじんジュースとこんにゃく飲むゼリー(オレンジ)を購入したよ。野菜の甘さがいい感じです。apple

20120612_omiyage

駅ハイ参加特典で、月のうさぎ 冷し中華こんにゃくがもらえました。ヘルシーな食材だな。cancer

20120609_keshiki

道の駅の前を流れる雄川からの眺め。山々が見える緑と川がある景色。気持ち良い風景ですね。happy01

ちなみに、ここでの詳細記事は、「道の駅甘楽を訪れた2012。」へどうぞ。paper

20120612_musiumu1

コースポイントoneone箇所目は、「こんにゃく博物館」です。ヨコオデイリーフーズのこんにゃく工場と同じ敷地に併設されています。building

20120612_enter

ここが、こんにゃく博物館の入口となる。中に入り、2階受付へ向かいます。door

20120612_map

2階受付にて、名前等を記入します。(代表者のみ)。pencil

2階フロアは、工場の見学となっています。では、行ってみよう。dash

20120612_seizoushitsu

こちらは、生芋こんにゃく製造室。皆さん、白づくめの服で作業されています。wrench

20120612_konpoushitsu

こちらは、検査・梱包室。自動化されているとはいえ、多くの人の作業が加わっているんだな。denim

20120612_kaidan

3階へ上がります。この先は、楽しみにしていたアレがあるぞ。smile

20120612_viking_free

じゃん、こんにゃく料理バイキングが利用できます。なんと、無料なのです。素晴らしい~。では、早速こんにゃく料理頂こう!。note

20120612_viking1

いろんなこんにゃく料理がずらり。玉こんにゃくもあるし、刺身こんにゃくもあるし...。結構種類があるぞ。coldsweats02

20120612_viking7

サラダ風こうにゃくもあるし、味噌田楽もあるぞ。すごい。rouge

20120612_viking2

フルーツこんにゃくデザートもあるよ。notes

個人的に1番の興奮メニューはコレ!。カレーこんにゃく。これなら、いくらでも食べれそう。snail

20120612_viking3

バイキングなので、少しずつ盛り付けしていきます。おぉ、ALLこんにゃく。では、頂きます。パクッ。おっ、こんにゃくの食感。もくもぐ、美味しいね。delicious

とはいえ、どれを食べても、こんにゃくの食感、こんにゃくの味。違うのは見た目だけ..。coldsweats01

20120612_viking4

こちらは、人気があるこんにゃくラーメン。もちろん、麺はこんにゃくです。noodle

20120612_viking5

無料バイキングなので、こんにゃくおかわり~。こんにゃくは、低カロリーでヘルシー。ダイエットにも良い?。pig

20120612_viking6

お口直しに、フルーツこんにゃくデザート。シロップで甘くしているとはいえ、こんにゃくである。cake

20120612_cake

こんにゃくだけの単調な味なので、有料メニューもありますよ。という事で、注文したのは、こんにゃく粉入り極上ロールです。200円。甘さひかえめ、あっさりといただける美味しいロールです。cake

その他、ごはんセット・うどんセット・焼きそばセット、豚汁、コーヒー、ビールなど有料サイドメニューもあるので、ある程度普通にお食事もできます。restaurant

20120612_present

こんにゃく三昧した後は、お土産屋さんへ。いろんな種類のこんにゃく販売しているよ。夕食の食材にもいいかも。24hours

来館者用のアンケートを記入し提出すると、生芋こんにゃく1個プレゼントされます。嬉しい。present

20120612_kinen_bord

ヨコオデイリーフーズは、ピンク色のうさぎさんがキャラクターなのかな。月のうさぎと記念撮影用ボードがあります。camera

20120612_viking8

それにしても、こんにゃく食べ放題バイキング。素晴らしいね。無料だし、結構お腹を満たしたぞ。dog

ここの、こんにゃく博物館は、2011年6月26日にオープンしました。結構、新しい施設なんだね。gemini

20120612_museum2

こんにゃく工場の製造ラインを見学できて、無料バイキングが味わえる。老若男女、いわゆる社会科見学気分で楽しめる、とても良い無料観光スポットですね。甘楽を訪れたら、ここに立ち寄るといいですよ。happy01

ちなみに、ここでの詳細記事は、「こんにゃく博物館にて、無料こんにゃくバイキングを楽しんだ2012。」へどうぞ。paper

20120619_jyousyu_fukushima_st4

ゴールとなる上州福島駅に戻ってきました。スタートしてからゴールまで、5時間27分かかりました。ふぅ。ゴール受付はありません。motorsports

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:22759歩 消費カロリー:974.4kcal 消費脂肪量:139.2g 歩行距離:15.93km 歩行時間:3時間24分 平均時速:4.66km/h エクササイズ量:11.5Exinfo02

20120619_kippu

上州福島駅は券売機が無いので、窓口にて切符を購入。すると、硬券ですよ~。ticket

20120619_jyousyu_fukushima_st5

踏切を渡って、ホームへ向かう。ローカルいい感じだぁ。snail

20120619_jyoushin_dentetsu2

高崎行きの上信電鉄で帰るのであった。train

見事な庭園・楽山園にてのんびり、なんといっても無料こんにゃくバイキングは一番のお楽しみポイントでしたな。happy01

ちなみに、関連記事は、以下のリンク先へどうぞ。paper

20120619_map

JR東日本・駅からハイキング No.05210 「江戸時代の面影をしのばせる新緑の城下町「小幡」を歩く」 2012年5月12日(土)実施 歩行時間:約3時間(見学時間等を除く) 歩行距離:約12kminfo02

スタート:上州福島駅→受付:甘楽町図書館(ら・ら・かんら)→①雄川堰・桜並木散策→②歴史民俗資料館→③中小路(武家屋敷)→④国指定名勝「楽山園」→⑤長岡今朝吉記念ギャラリー→⑥織田家七代の墓→⑦吹上の石樋→⑧長厳寺(天狗岩・三十三観音)→⑨甘楽ふるさと館→⑩道の駅甘楽「甘楽町物産センター」→⑪こんにゃく博物館→ゴール:上州福島駅info02

(各写真画像をClickすると4倍拡大表示します)search

|

« みさと公園の花菖蒲2012。 | トップページ | 鹿児島ラーメン 豚とろ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102007/54993989

この記事へのトラックバック一覧です: 駅ハイ「江戸時代の面影をしのばせる新緑の城下町「小幡」を歩く」に行ってきた(2012.05.12)。:

« みさと公園の花菖蒲2012。 | トップページ | 鹿児島ラーメン 豚とろ。 »