« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月31日 (土曜日)

第6回 おんじゅく まちかどつるし雛めぐり@おんじゅく屋。

御宿の町並み、雛めぐり。taurus

20120331_tsurushi_hina2

さて、やってきたところは、千葉県御宿町にあるおんじゅく屋にやってきました。ここでは、第6回おんじゅくまちかどつるし雛めぐりが開催されています。町の各所で、つるし雛が展示されていますね。libra

20120331_tsurushi_hina3

まちかどつるし雛めぐりのメイン会場が、ここ、おんじゅく屋である。カラフルでいろんな形が吊るされているよ。yacht

20120331_sakura

ピンク色、桜の花びらもあったよ。そういえば、今日(3月31日)東京の桜開花発表されたね。cherryblossom

20120331_hinadan

雛壇も飾られていました。ribbon

20120331_tsurushi_hina1

御宿だけに、伊勢えびも飾られていたぞ。fish

20120331_onjyukuya

この建物がおんじゅく屋。相変わらず、看板の字体がちょっとこわい...。wobbly

という事で、つるし雛めぐりレポでした。dog

20120331_poster

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「第6回 おんじゅく まちかどつるし雛めぐり」 2011年2月17日(金)~3月4日(日) 9時~16時30分 メイン会場:おんじゅく屋info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月30日 (金曜日)

春一番!!おんじゅく海の花祭り2012に行ってきた。

春の訪れを感じ始めるイベントに行って来たよ。bud

20120330_stage

さて、訪れたところは、千葉県御宿町の月の砂漠記念館前広場です。ここで、「春一番!!おんじゅく海の花祭り」が行われているという事でやってきた。1年ぶり2度目の訪問だ。特設ステージには、千葉県のマスコットキャラクター「チーバくん」と御宿町のシンボルキャラクター「エビアミーゴ」がいるね。cat

20120330_hashi

御宿海岸をてくてく歩き、月の砂漠記念碑を経由して、会場へ向かいました。shoe

20120330_maguro1

大きなカジキマグロが吊るされているぞ。fish

20120330_arame

あらめの佃煮・なますの無料試食がありました。試食のアンケートを記入したら、天然あらめがもらえたよ。present

お米の無料配布があったな。ただ、長い行列待ちだったのでお米ゲットはあきらめた。think

20120330_surumonjiru2

10時すぎから、するもん汁の無料配布が始まりました。もちろん、並ぶよ。taurus

20120330_surumonjiru

じゃん、これがするもん汁。千葉県の郷土料理のようだ。つみれ、大根・にんじんなど具たっぷりだ。では、頂きます。う~ん、落ち着くねぇ。riceball

20120330_soba

打ちたてのおそばを頂きました。これは有料。美味しいね。noodle

20120330_hikikaeken

蕎麦を購入したら、スプレーストック引換券がもらえました。present

20120330_flower

スプレーストック・お花、引き換えてきたよ。海をバックにパチリ。tulip

20120330_kaitai

11時から、カジキマグロの解体が始まりました。おぉ、豪快。restaurant

20120330_kaitai2

たくさんの赤身を取り出しました。ちょっと、カジキさんかわいそう...。despair

20120330_sashimi

解体されたカジキマグロは、刺身にして無料配布されました。もちろん、並んだよ。では、頂きます。おぉ、脂ののったトロっとしたマグロだ。とても、美味しい。delicious

20120330_kaijyou

会場は賑わっているね。結構多くの人が訪れているよ。砂浜や海をバックにロケーションも良いところだ。農産物の直売やグルメの出店があって、いろいろ楽しめます。無料足湯もありましたよ。wave

20120330_stage2

色鮮やかな花を見ると、春が始まってきたなという感じになるね。カジキマグロやするもん汁を無料配布されるという大盤振る舞いのイベント。楽しかったです。happy01

20120330_kouteihyou

こちらは、タイムスケジュール・行程表です。memo

20120330_annaizu

こちらは、会場案内図。周辺道路は、車両通行止めされます。rvcar

20120330_poster

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「春一番!!おんじゅく海の花祭り」 2012年2月19日(日)実施 開催時間:10時~14時 開催場所:月の砂漠記念館前広場 (千葉県夷隅郡御宿町六軒町505-1)info02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月29日 (木曜日)

岩瀬酒造にて岩の井を試飲する2012。

天気のいい空。御宿町内をぶらり歩き。お楽しみのポイントに立ち寄ってみたよ。run

20120328_iwase_syuzou

さて、やってきたところは、千葉県御宿町にある「岩瀬酒造」です。清酒「岩の井」の蔵元である。御宿町で唯一の酒蔵だ。ここには、1年ぶり2度目の訪問だ。cancer

20120328_siin3

酒蔵では、やっぱり日本酒・地酒の試飲でしょう。円形のテーブルに、いろんな銘柄のお酒がずらり。セルフですから、1つずつ順番に頂きましょう。coldsweats01

20120328_siin4

のんべえですから、なみなみに注いで、ではくいっ。ふぉ~、いいねぇ。味わいがそれぞれ違うので、試飲楽しめますよ。good

20120328_siin1

何かおつまみがあれば、ぐびぐびっといけるんだけどね。まっ、あくまでも試飲ですから。coldsweats01

他には、甘酒やお茶がセルフサービス。japanesetea

20120328_siin2

試飲は、初しぼりや限定酒などもあったよ。ただ、自分が訪れた時は、既に空っぽ...。う~ん、残念。weep

20120328_tree

太い幹ですね。ここの御神木でしょうか。「名水酒水 岩の井」。xmas

20120328_gyarally

隣接してギャラリーがあります。ここは、海女の群像写真記念館です。入館無料。昭和初め頃から御宿の海女さんを撮り続けた写真が展示されています。なんか洋風な洒落た建物ですが、元は病院(医院?)だったようだ。そんなような室内レイアウトしていた。hospital

20120328_omiyage

今回、お土産で買ってきたのは、コレ。岩の井・純米吟醸原酒です。試飲でいろいろ飲んだ中で、これが1番良かったな。では、くいっ。ぷはぁ。happy02

20120328_iwase_syuzou2

酒蔵見学は無かったけど、いろんな銘柄を試飲できて、ほんのりいい気分になりました。美味しかった~。happy01

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「岩瀬酒造」 〒299-5102 千葉県夷隅郡御宿町久保1916 TEL:0470-68-2034info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月28日 (水曜日)

メキシコ記念塔を訪れた2012。

高台の上に高さのある塔がありますね。building

20120328_kinentou2

さて、訪れたところは、千葉県御宿町にある「メキシコ記念塔」です。座礁したサンフランシスコ号の乗組員たちを地元の村人たちが救助した事を受け、昭和3年(1928年)に記念塔が建てられました。正式名称は「日・西・墨三国交通発祥記念之碑」といい、美しい海岸が一望できる公園内にあります。building

20120328_zou

村の人々や海女さんたちが、抱き抱えて1人1人救助にあたりました。hospital

20120328_keshiki1

記念塔は高台の上にあります。ここから、見下ろす眺めが良し。eye

20120328_gyokou

見下ろすと岩和田漁港。そして、網代湾が広がる。う~ん、絶景だね。fish

20120328_kinentou1

そういった歴史背景があって、御宿とメキシコとの友好が結ばれているのですね。clover

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「メキシコ記念塔」 千葉県夷隅郡御宿町岩和田702 駐車場ありinfo02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月27日 (火曜日)

海洋生物環境研究所にてちょこっと見学2012。

海岸沿いにある海洋生物を扱う研究所に立ち寄ってみたよ。school

20120326_kenkyujyo

さて、やってきたところは、千葉県御宿町にある海洋生物環境研究所です。発電所などの温排水による海や海洋生物に及ぼす影響を調査する研究所です。ちょいと立ち寄り、見学してきました。penguin

館内では、説明パネル掲示やビデオ上映がありました。研究員の方からいろいろ説明してくれました。karaoke

20120326_kenkyujyo3

こちらは、飼育研究室内?。水槽がいくつも並べ置かれていて、いろんな種類の生物がいます。fish

20120326_suisou

生物さんたち、居心地よいのかな?。wink

クラゲやミヤコタナゴの水槽展示などがありました。gasstation

20120326_suisou2

外には、さらに大きな水槽がたくさん配置されている。boutique

20120326_suisou3

ヒラメやマダイとか、お魚さんもいろんな種類いましたよ。pisces

20120326_spot

この施設付近は、いわゆる観光スポットとなっているところがあります。この崖部は、ドン・ロドリコ上陸地(田尻海岸)となっています。flair

20120326_tajiri_kaigan

ドン・ロドリコ一行の乗るサン・フランシスコ号がメキシコへの帰港中に岩和田の田尻沖で座礁し、この地の村民たちに一行317名が救助された場所となっています。hospital

20120326_kenkyujyo2

ちょっとした社会科見学。研究所施設にてちょいとお勉強してここをあとにしました。happy01

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「海洋生物環境研究所 中央研究所」 MARINE ECOLOGY RESEARCH INSTITUTE 〒299-5105 千葉県夷隅郡御宿町岩和田300 TEL:0470-68-5111info02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月26日 (月曜日)

御宿海岸砂浜を歩く2012。

キラキラ朝日が眩しいね。ヤシの木南国気分。sun

20120326_onjyku_kaigan1

さて、訪れたところは、千葉県御宿町の御宿海岸です。早速、海岸砂浜を歩いてみよう。wave

20120326_onjyku_kaigan2

砂浜に来ました。2月なのですが、サーファー波乗り楽しんでいるね。夏は海水浴場として賑わいます。snowboard

20120326_onjyku_kaigan3

御宿海岸の砂浜は、三日月のようなカーブを描きながら約2km程続きます。moon3

20120326_tsukinosabakuzou2

月の砂漠記念像です。童謡「月の砂漠」は御宿の砂丘が舞台となっており、昭和44年7月6日にこの歌を記念して像が建ちました。それ以来、月の砂漠発祥の地として全国的に名が知られるようになりました。note

20120326_tsukinosabakuzou3

逆光なので海岸側から見た月の砂漠記念像。cancer

20120326_onjyku_kaigan4

網代湾、海を眺めながらサックサックと砂浜を歩いていきましたよ。海はいいねぇ。happy02

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月25日 (日曜日)

最明寺・岩井山展望台からの眺め2012。

20120325_koumyouji

御宿駅から歩いて12分程。ここは、天台宗最明寺です。弘仁13年(822年)創建といわれ、鎌倉時代中期の執権を務め終えた北条時頼が旅の途中に宿泊したと伝わります。旧本堂の獅子頭・象鼻の彫刻は、武志伊八郎信由の作品です。shadow

20120325_kaidan

参拝を済ませたあとは、本堂の裏手にある山の上の展望台へ行ってみよう。階段を登ってえっこらしょ。急な階段でちょっと息が上がる。展望台まで4分程かかります。snowboard

20120325_tenbou1

おぉ、町並みを見下ろせるね。岩井山の展望台からの眺めです。先は御宿駅ですね。aries

20120325_tenbou2

展望台からは御宿の町を一望できる。いい眺めだぁ。eye

20120325_tenbou3

御宿海岸ですね。綺麗なカーブを描く海岸線がGoodです。moon3

20120325_tenbou4

網代湾、海の水平線がキラキラいい感じだ。wave

20120325_wood

階段で上へ登ったあと、このボードウォークを歩いて、この先が展望台となっている。foot

20120325_tree_2

下へ降りてきました。この大きな木は、御宿町指定文化財・天然記念物の夫婦銀杏です。幹周3.6m、樹高23mあります。xmas

20120325_dainichidou

大日洞と書かれているぞ。ちょっと中へ入ってみよう。door

20120325_dainichidou2

洞窟っぽい通路を進んでいくんですね。scorpius

20120325_omikuji

血液型おみくじと微笑みだるまがありました。微笑みだるまは、ニコニコと微笑んで願いが叶いますように見守ってくれます。住職がひとつひとつ目を書き入れて祈願してあるとの事。leo

北条時頼がここ最明寺にて宿泊した時に歌に御宿と詠まれた事から、それが御宿という名の由来ともいわれているそうだ。(御宿の名の由来は別の諸説もあります)。pencil

という事で、御宿の海岸を高台から眺めるいいスポットの記事でした。happy01

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「最明寺」(さいみょうじ) 〒299-5106 千葉県夷隅郡御宿町須賀668 TEL:0470-68-2881info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月24日 (土曜日)

発酵の里こうざき酒蔵まつり2012を訪れた。

人口6500人程の小さな町に、年に1度の酒蔵祭りに各地からぞくぞく訪れます。train

20120324_simousa_kouzaki_st

どんよりとした曇り空。前日の雨は止んで、なんとか天気がもってくれました。そんな中、JR成田線に乗ってやってきたところは下総神崎駅です。subway

20120324_simousa_kouzaki_st2

この駅でぞくぞくと乗客が降りて改札口へ向かう。皆様向かうはお酒のイベント。なので、車は使えないから、電車やツアーバスを利用する事になります。snail

20120324_simousa_kouzaki_st6

下総神崎駅から会場へは、無料シャトルバスが運行されています。ちょっと行列待ちになっているので、歩いて向かいます。距離は1kmちょっと、約15分程です。shoe

20120324_kaijyou1

到着しました。会場周辺の道路は車両通行止め、歩行者天国扱いになり、いろいろな出店がでているね。clover

今回、訪れたイベントは、発酵の里こうざき酒蔵まつりです。2年ぶり2度目の訪問だ。千葉県神崎町最大級のイベントで、創業300年超の老舗酒蔵「鍋店」と「寺田本家」2つの酒蔵まつりを合体し、発酵の文化を知ってもらおうと企画されたものだ。前回(2010年)開催時は、約35000人の人出で、その日だけで町の人口の約5倍強の人がいたという計算になる。すごい賑わいだよ。movie

20120322_kaijyou

まずは、鍋店の仁勇蔵祭りへ訪れた。会場内は既に人でいっぱい。受付で特製ぐい呑みのプレゼントがあり。早速、試飲コーナーへ向かい約30種類の仁勇・不動を頂いたよ。ぷはぁ、美味しい。いろいろなグルメ出店があって、食べるのも楽しめるよ。restaurant

20120322_nigorizake

では、ぐびっ。ぷはぁ~。これは、にごり酒。おいしいね。riceball

試飲コーナーは大混雑なので、じっくり味わいたい時は不動Barという立ち飲みで飲むと良いでしょう。1杯100円とお手頃価格で頂けます。8種類ありました。bud

20120322_moromi1

蔵見学に行ってみよう。白衣を着て帽子をかぶり、完全白づくめで見学します。aquarius

20120322_koubo2

酵母です。泡がぼこぼこ。真っ白だね。酒母を仕上げていきます。cloud

各ポイントでは、スタッフの方々が丁寧に説明してくれます。ふむふむ、なるほど。school

20120322_shiin3

蔵見学の最後は出来たてお酒の試飲だ。またまた飲みます。ぷはぁ~いいねぇ。bottle

20120322_chibakun

千葉県マスコットキャラクター「チーバくん」もいたね。記念撮影に応じていたな。camera

結構酔いがまわっているが、次の酒蔵へ行こう!。dash

ちなみに、ここでの詳細記事は、「第14回仁勇蔵祭りに行ってきた2012。」はどうぞ。paper

20120323_terada_honke1

2つ目の酒蔵は、寺田本家です。ここでは、お蔵フェスタが開催されています。それにしても、人で大混雑。賑わってますなぁ。gemini

20120323_siin

まずは、試飲コーナーだ。大行列並びます...。スタッフの方がお酒を注いでくれます。では、くぃっ。ぷは~。美味しい。試飲はいいねぇ。happy02

20120323_kengaku2

こちらも行列待ちだったが、蔵見学ツアーにも行ってみたよ。グループ単位で、蔵人自ら酒つくりの工程手順を説明してくれます。leo

旧蔵前では、1杯100円でどぶろくの販売があった。これがまた結構くるんだよね。ちょっとクラクラ。bottle

20120323_kousoburo

会場内、納豆のような臭いが漂っています。その原因はコレ。酵素風呂です。自然の発酵熱だけを利用したお風呂です。spa

20120323_mygurt

一度飲んでみたかったんですよね。これは、「米グルト」(マイグルト)です。280円。寺田本家蔵内の乳酸菌で全量自然発酵させて仕込みました。お米だけで作られた乳酸発酵飲料です。ノンアルコールなのでお子様にもOK。riceball

では、ごくり。ほぅ、甘酒のアルコール無しの味わいってところか。少しヨーグルトのような乳酸菌ぽい風味があるね。意外と飲みやすくて美味しかったです。wine

ちなみに、ここでの詳細記事は、「寺田本家第6回お蔵フェスタに行ってきた2012。」へどうぞ。paper

20120321_kouzaki_jinjya

寺田本家の奥に見える神崎の森の中に、神崎神社があります。shadow

20120321_ookusu1

神崎神社の拝殿の右手に大きなクスノキが立ちます。この木は国指定天然記念物「神崎の大クス」です。通称、「なんじゃもんじゃの木」。延宝2年(1674年)4月、水戸光圀公がここを訪れた際、「この木は何というもんじゃろうか」と自問し、感嘆されたという。それで、この木をナンジャモンジャの木と言われているようです。xmas

ちなみに、ここでの詳細記事は、「神崎神社のなんじゃもんじゃの木。」へどうぞ。paper

20120324_fujihan_syouyu

神崎町は発酵の里というだけあって、酒蔵や醤油蔵、味噌蔵などがあるそうだ。で、フジハン醤油の蔵の中を見学してみた。cat

お漬物の試食があったので、ちょいと頂いた。wine

20120324_oohashi

ちょっと酔い覚まし?に、利根川土手に行ってみた。先に見える橋は神崎大橋。1年前の震災で被害を受けたようだ。川沿いでは大規模な液状化現象が発生したようです。impact

20120324_fune

土手下駐車場では、ダンス演技があったな。こうざき船着場では、舟運体験乗船(サッパ舟)が行われていました。yacht

20120324_kaijyou2

周辺道路には出店がずらり。いろんな発酵食品などが販売されていて、何を食べようか迷うかも。restaurant

20120324_yakitori

これは、塩麹やきとり。平甚酒店の塩麹を使用しているんだって。chick

20120324_pudding

酒粕プリン。おいしい。note

20120324_band

演奏隊が町中を進む。ブラスバンドかっこいいね。notes

20120324_simousa_kouzaki_st5

町中全体でのお祭りイベント。観光客を集めての地域イベントはなかなかの成功ではないかなと思います。confident

十分楽しんで、駅へ戻ってきました。駅前で、朝採りいちごの販売があったので、即購入。パクッ。おいしい。delicious

20120324_simousa_kouzaki_st4

昨年は大地震の影響で酒蔵まつりは中止になってしまった。酒蔵の商品もかなり破損被害を受けたようだが、今年盛大にお祭り復活良かったです。いっぱいお酒飲めたし~。happy02

20120324_free_ticket

期間限定で販売しているパワフル×スマイルちばフリーパスのおかげで、交通費節約できて助かります。往復だけでも元がとれるよ。ticket

20120324_simousa_kouzaki_st3

せっかく乗り放題フリーパスがあるので、このあと銚子へ立ち寄ってきたよ。fish

20120324_poster

2つの酒蔵が同時に開催される酒蔵まつり。町中全体でのお祭りに、とても楽しめました。happy01

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「発酵の里こうざき酒蔵まつり」 2012年3月18日(日)実施 9時~15時30分 会場:㈱神崎酒造蔵、㈱寺田本家及びその周辺道路 JR成田線下総神崎駅から徒歩約15分 駅から無料シャトルバス有りinfo02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月23日 (金曜日)

寺田本家第6回お蔵フェスタに行ってきた2012。

キャッチフレーズは、嬉しき・楽しき・有難き。合言葉は“うふふで発酵”。小さな町に、日本酒ファンがどっと押し寄せます。train

20120323_terada_honke1

さて、やってきたところは、千葉県神崎町にある寺田本家です。ここで年1回行われるお蔵フェスタが開催されました。日本酒地酒のイベントですな。それにしても、人で大混雑。賑わってますなぁ。ここには、2年ぶり2度目の訪問だ。gemini

ちなみに、この施設の奥は神崎の森になっています。xmas

20120323_siin

まずは、試飲コーナーだ。大行列並びます...。スタッフの方がお酒を注いでくれます。では、くぃっ。ぷは~。美味しい。試飲はいいねぇ。happy02

20120323_stage

青空ステージでは、いろいろと出し物がありました。notes

20120323_kengaku

蔵見学ツアーにも大行列。並びましたよ...。待ち時間は40分。グループ単位で、蔵人自ら酒つくりの工程手順を説明してくれます。karaoke

20120323_kengaku2

前回開催時は、上に登ってタンクの中を見る事ができたけど、今年は無しでした。weep

それにしても、寺田本家の蔵人さんたちって、若い男性が多い事。しかも、爽やかイケメンだし...。蔵案内も丁寧に説明してくれました。leo

旧蔵前では、1杯100円でどぶろくの販売があった。これがまた結構くるんだよね。ちょっとクラクラ。bottle

20120323_kousoburo

会場内、納豆のような臭いが漂っています。その原因はコレ。酵素風呂です。自然の発酵熱だけを利用したお風呂です。spa

20120323_mygurt

一度飲んでみたかったんですよね。これは、「米グルト」(マイグルト)です。280円。寺田本家蔵内の乳酸菌で全量自然発酵させて仕込みました。お米だけで作られた乳酸発酵飲料です。ノンアルコールなのでお子様にもOK。riceball

では、ごくり。ほぅ、甘酒のアルコール無しの味わいってところか。少しヨーグルトのような乳酸菌ぽい風味があるね。意外と飲みやすくて美味しかったです。wine

それにしても、施設内は人で大混雑。小さな町にこんなに多くの人が訪れるとは、お酒イベントすごいね。happy01

当日は、「寺田本家」と「鍋店」2つの酒蔵が同時にお祭りが開催される神崎町の一大イベントになりました。もう1つの酒蔵「鍋店」でのレポは、「第14回仁勇蔵祭りに行ってきた2012。」へどうぞ。taurus

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「寺田本家 第6回お蔵フェスタ」 2012年3月18日(日)実施 9時~15時30分 入場無料 JR下総神崎駅から徒歩約20分(当日は駅から無料シャトルバス運行) 〒289-0221 千葉県香取郡神崎町神崎本宿1964 TEL:0478-72-2221info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木曜日)

第14回仁勇蔵祭りに行ってきた2012。

それにしても、すごい人出だな。小さな町に年に1回のビッグイベント酒祭り。bottle

20120322_enter

さて、やってきたところは、千葉県神崎町にある鍋店株式会社神崎酒造蔵です。鍋店は「なべだな」と読みます。ここで、第14回仁勇蔵祭りが行われています。日本酒地酒のお祭りですな。ここには、2年ぶり2度目の訪問だ。train

受付を済ませると、特製のぐい呑み1個プレゼントされます。(先着10000名分)。これは、嬉しいね。present

20120322_kaijyou

会場内は人でぎっしり。各地からどっと来ているんだな。いろいろなグルメ出店があって、食べるのも楽しめるよ。restaurant

20120322_shiin

早速、試飲・販売会場へ。約30種類の仁勇・不動の銘柄がスタンバイ。さぁ、試飲味比べだぁ。ぷはぁ、もう酔ってしまいます。bottle

20120322_bar

試飲コーナーは大混雑なので、じっくり味わいたい時はココが良いでしょう。不動Barです。1杯100円とお手頃価格で頂けます。種類は8つ。大吟醸やにごり酒、梅酒、そして、にごりミルクというカクテルもあったな。bar

20120322_nigorizake

では、ぐびっ。ぷはぁ~。これは、にごり酒。おいしいね。riceball

20120322_tsumire

ちょいとグルメを。銚子プラザホテルより、いわしのつみれ汁と銚子いわし肉まんを購入。美味しいね。fish

20120322_hayashi

佐原囃子「神崎藝座連」による披露がありました。国指定重要無形民俗文化財に指定されているようだ。note

20120322_chibakun

千葉県マスコットキャラクター「チーバくん」もいたね。記念撮影に応じていたな。camera

20120322_kengaku1

酒蔵と言えば蔵見学だね。という事で入ってみたよ。ski

20120322_koubo1

蔵内入ったらまず、手をアルコール消毒。そして、スリッパを履いて、白衣を着て帽子をかぶる。完全白づくめで見学します。tennis

20120322_koubo2

酵母です。泡がぼこぼこ。真っ白だね。酒母を仕上げていきます。cloud

20120322_moromi1

大きなタンクの中で醪(もろみ)を作ります。aquarius

20120322_moromi2

タンクの中ではプクプク二酸化炭素を発生させています。中は無酸素状態なので、万が一人が中に落ちてしまったら即死は免れないんだって。wobbly

各ポイントでは、スタッフの方々が丁寧に説明してくれます。ふむふむ、なるほど。school

20120322_natsukonosake

タンクには、尾瀬あきらさんの漫画「夏子の酒」の主人公・佐伯夏子が描かれていたね。art

20120322_shiin2

蔵見学の最後は出来たてお酒の試飲だ。3種類あって、もちろん全て頂きます。music

20120322_shiin3

受付でのプレゼントで頂いたぐい飲みに注いでもらって試飲だ。ぷはぁ~いいねぇ。bottle

20120322_sinsai

昨年(2011年)は、東日本大震災の影響で仁勇蔵祭りは中止になりました。ここも、かなり被害を受けたようです。その時の写真を展示していたね。camera

20120322_poster2

蔵祭り限定のお酒販売や甘酒無料サービス、酒粕詰め放題などもあり。yacht

20120322_poster1

こちらは、告知ポスター。いろんな銘柄種類があるんだね。試飲の種類が多いのがこの祭りのいいところ。ship

20120322_poster3

曇り空の微妙な天気だったけど、ものすごく多くの人が訪れる酒蔵まつりでしたね。近くにもう1つ酒蔵があってお祭りしています。この後はそちらへ向かいました。その記事は後日。happy01

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「第14回仁勇蔵祭り」 2012年3月18日(日) 9時~16時(15時30分入場終了) 会場:鍋店株式会社神崎酒造蔵 入場無料 千葉県香取郡神崎町神崎本宿1916 TEL:0478-72-2255 JR下総神崎駅から徒歩約15分(当日は駅から無料シャトルバス運行)info02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水曜日)

神崎神社のなんじゃもんじゃの木2012。

見てみたら、ナンジャモンジャって言いそう?。taurus

20120321_kaidan

さて、ここは千葉県香取郡神崎町です。国道356号線、利根水郷ライン沿いに登り階段があるぞ。小高い木々が茂る高台へ続く階段をちょいと登ってみよう。snowboard

20120321_kouzaki_jinjya

訪れた場所は、神崎神社です。「こうざきじんじゃ」と読む。白鳳時代に大浦沼二つ塚より現在の地に遷座し、明治6年に郷社、大正10年県社に昇格しました。chair

御祭神は天鳥船命、少彦名命、面足命、惶根命であり、交通・産業守護の神として深く信仰されています。shadow

20120321_ookusu1

拝殿の右手に大きなクスノキが立ちます。この木は国指定天然記念物「神崎の大クス」です。通称、「なんじゃもんじゃの木」。主幹は明治40年に火災で焼け、高さ7mほどで切断されているが、そのひこばえがよく育ち、樹高20m以上に達している。xmas

20120321_info

延宝2年(1674年)4月、水戸光圀公がここを訪れた際、「この木は何というもんじゃろうか」と自問し、感嘆されたという。leo

それ以来、この御神木は、「ナンジャモンジャ」の名をもって広く知れ渡っている。pencil

20120321_ookusu2

それにしても、立派な木だね。水戸黄門様がびっくりされるのもうなずけるなぁ。catface

「神崎神社」 千葉県香取郡神崎町神崎本宿1994info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月20日 (火曜日)

JR武蔵野線・吉川美南駅に行ってみた2012。

JR武蔵野線、26番目の新駅が開業しました。birthday

20120320_yoshikawa_minami_st1

さて、やってきたところは、JR武蔵野線・吉川美南駅です。「よしかわみなみ」と読む。名前のような駅名ですね。吉川-新三郷間に位置し、2012年3月17日(土)開業となった。新しい駅って感じです。折り返し設備を持つ2面3線の地上駅だ。train

20120320_kaisatsu

駅の改札口です。立派な綺麗なレイアウトしているな。(地元の駅もこんな風にならないかなぁ)。flair

20120320_kinen_satsuei

記念撮影用のボードがあります。吉川市イメージキャラクター「なまりん」と一緒にパチリ。子供駅長制服撮影会も行われていたな。camera

20120320_e

漆画「木精」-風の香り-が展示されている。重要無形文化財(蒔絵)保持者の作品。市の木である「木犀」の木々に遊ぶ子供達(鳥)をイメージしているようだ。art

20120320_kippu

吉川美南駅開業記念入場券は既に販売終了(完売)していた。残念...。まっ、普通の切符で記念という事で購入した。ticket

武蔵野線スタンプラリーという事で、スタンプ押す人達で行列ができていた。う~ん、並ぶの断念。coldsweats02

20120320_strap

で、吉川美南駅のストラップをゲット。note

20120320_east1

開業した日は雨。しかも冷える日でした。rain

こちらは、東口。道路を渡る連絡通路が伸びています。ski

20120320_east2

東口駅前には、ロータリーがあり。送迎用のスペースやタクシー乗り場があって、時間貸駐車場もある。parking

バス乗り場は1つ。グローバル交通バスで、メディカルマイ行きと鹿見塚・なまずの里公園経由吉川駅北口行きがある。bus

20120320_yoshikawa_minami_st2

駅西口ロータリーです。こちらは、広めだ。しかし、周辺は何も無し。開発中だな。唯一、ケーズデンキがあるのみ。24hours

バス乗り場は屋根付きですね。東武バスはサブセンター経由新三郷駅行き。メートー観光バスは吉川駅南口経由おあしす行きと道庭公園行き。bus

20120320_west1

西口駅前は、線路沿いに散歩道として整備されている。広々だぁ。shoe

20120320_kinenhi

ここに、記念碑が設置されていました。この辺りは、広大で近代的な武蔵野操車場があったんですよね。chair

20120320_yoshikawa_minami_st3

吉川美南駅のコンセプトは、「自然と人とともに生きる駅」。駅の外観は、里山や森、葉をイメージしたデザインとなっています。xmas

20120320_yoshikawa_minami_st4

駅周辺の開発はこれからでしょう。まぁ、住宅地がいっぱいできるんだろうな。開業5年後の乗降客数は1日約23000人を見込んでいるようです。house

これで、また1分乗車時間が伸びたなぁ。折り返し設備があるんだから、終電1本設定してくれないかなぁ...。という事で、吉川美南駅訪問レポでした。happy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月19日 (月曜日)

本銚子駅を下車してみた2012。

銚子電鉄に乗ってゆらり旅。train

20120319_cyoushi_dentetsu

銚子電鉄銚子駅から乗車して3つ目の駅、「本銚子駅」(もとちょうし)を下車してみました。無人駅なんだね。ちょっと林に囲まれたっぽいような駅だ。carouselpony

20120319_motocyoushi_st1

待合室はあるものの、ホームだけの寂しい駅です。紫陽花の駅と言われるそうで、ホーム反対側にあじさいが綺麗に彩られるそうだ。tulip

20120319_motocyoushi_st2

いゃあ、改札口がびっくり。なんか昔の趣がある感じ。2008年に完全無人化になったみたいです。chair

という事で、本銚子駅に初めて下車した時のレポでした。smile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月17日 (土曜日)

駅ハイ「史跡を訪ね、ボートのまち戸田を歩く」に行ってきた(2012.02.18)。

水と緑が調和した戸田を歩きます。荒川の豊かな自然と歴史を感じてみませんか?。(コースマップより抜粋)search

20120317_saikyou_line

さて、JR埼京線に乗ってやってきたところは、北戸田駅です。週末いつもの駅ハイに参加です。今回は、2012年2月18日(土)実施、JR駅からハイキング「史跡を訪ね、ボートのまち戸田を歩く」です。sagittarius

20120317_kanbach

改札を出て受付を済ませます。コースマップを取得。恒例の缶バッチは、E2系 あさまでした。present

20120317_kitatoda_st

荒川を挟んで東京に隣接する戸田市は、水と緑を身近に感じられるまちです。歴史と文化に触れて、ボートの聖地戸田漕艇場周辺を歩く平坦なコースです。snowboard

では、北戸田駅西口からスタート。約9kmのコースだ。頑張って歩きましょう。shoe

20120317_sasamegawa1

笹目川にかかる橋上から。高架の北戸田駅が見えますね。bullettrain

20120317_sasamegawa2

反対方向を見ると、うぉっ。catface

20120308_sasamegawa_yuhodou

コースポイントone箇所目は、「笹目川遊歩道」です。この遊歩道は、「自然」と「彫刻」のプロムナードというサブタイトルがついている。道幅が少し広めで歩くにはいいね。wink

20120308_yaguchi_kamihashi

笹目川にかかる橋の上からの眺め。まっすぐに伸びる川と両岸がいい感じ。camera

20120308_obje2

この遊歩道の特徴は、彫刻家の中岡慎太郎作の7体のモニュメントが設置されている事。アートだねぇ。art

20120308_obje1

何だか不思議な感じのオブジェだな。coldsweats01

20120308_tsubomi

まだ、小さな蕾ですね。bud

20120308_kadan

色鮮やかな花壇もありますよ。tulip

20120308_sasamegawa_yuhodou3

日差しがあって、気持ちの良い散歩道ですね。happy01

ちなみに、ここでの詳細記事は、「笹目川遊歩道を歩く2012。」へどうぞ。paper

20120317_tosyokan1

コースポイントtwo箇所目は、「図書館・郷土博物館」です。戸田市の図書館と郷土博物館が併設されています。school

20120317_tosyokan2

建物に入り、3階の郷土資料館へ行ってみよう。入館無料です。door

常設展示室では、メインテーマを「荒川の流れと収穫の日々-低湿地のくらし-」として、低湿地である戸田の自然と歴史を展示していました。aries

特別展示室では、「はっけん 昔のくらし」の展示がありました。restaurant

20120317_kannonji

コースポイントthree箇所目は、「観音寺」です。真言宗智山派の寺院で龍寶山愛染院と号す。moon1

20120317_kannonji2

落ち着いた庭園池がありますね。mist

20120317_myouganji1

コースポイントfour箇所目は、「妙顕寺」です。妙顕寺は、長誓山安立院と号し、日蓮宗身延山久遠寺の末で、江戸時代には寺領十八石の御朱印を下付されていました。key

20120317_myouganji2

日蓮上人の高弟日向上人を招請して弘安四年(1281年)に開山したのが始まりと伝えられています。埼玉県指定文化財の「日蓮上人墨跡」や日向上人の筆録「日向記」、市指定文化財の「妙顕寺絵馬群」や「慶長の板碑」がある。karaoke

20120317_myouganji3

境内では、梅の花が綺麗に咲いていたね。8分咲きくらい?。tulip

20120317_kojyou1

途中、おもてなしポイントがあります。ここは、ファンシーフーズ工場です。洋菓子の製造工場ですね。postoffice

20120317_yucya

湯茶のおもてなしがありました。ちょいとここで休憩です。spa

20120312_shop

この工場には、直売所があります。土日は工場はお休みだけど、直売所はオープンしています。ちょっと入ってみよう。24hours

20120312_cake

ちょいとスイーツを購入。美味しそうなティラミスとフロマージュを購入。メープルシフォンケーキは土日限定で半額になっているぞ。これら全て購入してもワンコインで済む。安いです。いわゆるアウトレットのお店なのだ。(一部の商品が?)。cat

スイーツは別腹。ウォーキング終了後、帰宅してペロリと頂きました。delicious

ちなみに、ここでの詳細記事は、「ファンシーフーズ工場直売のケーキを食べる。」へどうぞ。paper

20120316_jinjya1

コースポイントfive箇所目は、「新曽氷川神社」です。新曽氷川神社の創立は永享元年(1429年)と伝え、古くから旧新曽村の鎮守として祀られてきました。祭神は素盞嗚命、奇稲田姫命ほか四柱です。leo

20120316_meotogaki1

鳥居の右隣にある高さ10mを超える大きな柿の木は、俗に「夫婦柿」(めおとがき)と言われます。戸田市の指定文化財(天然記念物)に指定されています。apple

20120316_meotogaki2

夫婦柿は、1本の木に雌型(丸形)と雄型(細形)の柿が実る珍しいものです。柿は雌雄異花といって1本の木に雌花と雄花とができて受粉し、雌花に結実するようになっていますが、この夫婦柿は雄花にも実が成るものです。雄花の結実は、退化したはずのめしべが突然変異によって不完全ながらその役を取り戻したためと考えられています。memo

この夫婦柿は、市内ではここにしか見られないそうだ。coldsweats02

夫婦柿にちなんで、夫婦守というお守りの販売されています。末永い幸せと健康・長寿・無病息災がもたされるよう祈願しているそうだ。ご家族どなたでも御利益があるとの事。cute

20120316_omikuji1

おぉ、おみくじがありますね。1回50円と珍しくリーズナブル。せっかくなので、ひいてみたよ。えぃっ。drama

さっ、開いて運勢を見てみると...。「小吉」でした...。う~ん。pig

ちなみに、ここでの詳細記事は、「新曽氷川神社を訪れた2012。」へどうぞ。paper

20120313_hashi1

コースポイントsix箇所目は、「戸田公園大橋」です。戸田オートレース場のバス乗り場付近から、大きな白い歩行者用吊り橋を渡ります。wheelchair

20120313_hashi2

大きなつり橋です。つり橋だけど、ほとんど揺れはないです。でも、風が強いな。typhoon

20120313_race1

爆音が鳴り響くね。橋の上からは、オートレースを見る事ができます。eye

20120313_hashi3

ちなみに、反対側を見ると、ボートコース(戸田漕艇場)になっています。yacht

20120313_enter

せっかくなので、戸田競艇にて1レース遊んで行きましょう。door

20120313_race2

この日は、第2回太田胃酸カッフが開催されていました。早速、舟券を購入。さっ、レーススタート!。さて、結果は...。gasstation

20120313_funaken

1着3番、2着2番でした。2連複で購入したので、「2-3」が当たり。ほっほっほ。当たりです~。1番人気のパターンだったので、オッズは2.1倍でした。という事で、100円×2.1で当選金210円ゲットしました。dollar

20120313_hashi4

先程渡ってきた、戸田公園大橋ですね。1レース楽しんで、ここをあとにしました。happy01

ちなみに、ここでの詳細記事は、「戸田競艇を訪れた2012。」へどうぞ。paper

20120317_dote_kaidan

土手上にあがる階段を登ります。rouge

20120313_dote1

コースポイントseven箇所目は、「荒川の土手」です。広々とした土手だな。天気は良いのだが、風が強い。sun

20120313_dote2

左の建物は先程立ち寄っていた、戸田オートレース(戸田競艇)です。先に見える白く大きな吊り橋は、戸田公園大橋だ。ship

20120313_dote3

この辺り、土手の道路側沿いは、荒川堤の桜並木が続きます。あと、もう少しで綺麗なサクラの花が咲き乱れるんだろうな。cherryblossom

20120313_sky_tree

荒川対岸方向見てみると、まもなく開業予定の東京スカイツリーが見えるね。building

20120313_dote4

河川敷が広いという事もあるけど、まわり広々とした景観が良いね。遠くを眺める事ができて、目の運動にもいいな。eye

20120313_sakura_tree

道路側に降りてみた。中段部分には、桜の木が2列でまっすぐ続く。あと、もう少ししたらピンク色の桜の木の下で賑やかな宴会?になりそうだね。桜のトンネル、ほんのり歩いてみたいな。cherryblossom

ちなみに、ここでの詳細記事は、「荒川の土手を少し歩く。」へどうぞ。paper

20120315_course2

コースポイントeight箇所目は、「戸田ボートコース・東京オリンピック聖火台」です。ここは、戸田漕艇場です。別名、戸田ボートコース。東京オリンピックのボート競技の会場になったところだ。約2km直線のコースですよ。snowboard

20120315_seikadai

これは、戸田ボートコース聖火台です。昭和39年10月に開催された第18回オリンピック東京大会のボート競技場の聖火台として使用されたもの。鋳物製で大きさは直径1.4m、高さ1.4m。戸田市のお隣り、川口市内の鋳物工場で製作された。bell

20120315_course3

現在は、ボートの練習や大会で利用されています。ここを歩くのも楽しいな。shoe

20120315_course1

長さは約2kmあるボートコースだが、幅も結構広いんだよね。ここから、1.5km先にある白い大きな吊り橋は、戸田公園大橋だ。ship

20120315_rensyu

ボートの練習していますね。run

ちなみに、ここでの詳細記事は、「戸田ボートコース(戸田漕艇場)を歩く2012。」へどうぞ。paper

20120317_shinsui_park1

コースポイントnine箇所目は、「戸田橋親水公園」です。現在の戸田橋は4代目なのだが、その1つ前3代目の親柱をここに移設されています。cute

20120317_shinsui_park2

各代の戸田橋をイラストにて描かれています。art

20120317_shinsui_park3

夏場は、ここで子供たちが水遊びしていそうですね。ちょうど新幹線が通過していった...。bullettrain

20120317_yuhodou

環境空間・戸田公園駅西口(戸田~華かいどう21~)を歩きながら、駅へ向かいます。駅前の散歩道いい感じ。dog

20120317_todakouen_st

ゴールとなる戸田公園駅西口に到着しました。北戸田駅をスタートしてから、戸田公園駅にゴールするまで3時間14分かかりました。motorsports

20120317_goal

ゴール受付はありませんでした。今回はアンケートやプレゼントものも無く、なんか寂しい。(前回の戸田の駅ハイではあったのにね...)。どら焼きの販売は完売終了でした。weep

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:14825歩 消費カロリー:619.2kcal 消費脂肪量:88.4g 歩行距離:10.37km 歩行時間:2時間16分 平均時速:4.56km/h エクササイズ量:7.3Exinfo02

20120317_saikyou_line2

今回はずっと平坦な道で、歩くには楽だった。気軽なコースでしたな。ちょっと風が強い日だったけどね。帰りもJR埼京線で帰りました。subway

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

20120317_map_3

JR東日本・駅からハイキング No.04131 「史跡を訪ね、ボートのまち戸田を歩く」 2012年2月18日(土)実施 歩行時間:約2時間30分(見学時間等を除く) 歩行距離:約9kminfo02

スタート:北戸田駅→①笹目川遊歩道→②図書館・郷土博物館→③観音寺→④妙顕寺→⑤新曽氷川神社→⑥戸田公園大橋→⑦荒川の土手→⑧戸田ボートコース・東京オリンピック聖火台→⑨戸田橋親水公園→ゴール:戸田公園駅info02

(各写真画像をClickすると4倍拡大表示します。)search

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月16日 (金曜日)

新曽氷川神社を訪れた2012。

ボートのまち戸田を歩いています。珍しい柿の木があるという神社に立ち寄った。shoe

20120316_jinjya1

さて、訪れたところは、埼玉県戸田市にある新曽氷川神社です。鳥居の右側にある1本の木が、その柿の木です。xmas

20120316_jinjya2

まずは、拝殿にて参拝。shadow

新曽氷川神社の創立は永享元年(1429年)と伝え、古くから旧新曽村の鎮守として祀られてきました。祭神は素盞嗚命、奇稲田姫命ほか四柱です。leo

20120316_meotogaki1

鳥居の右隣にある高さ10mを超える大きな柿の木は、俗に「夫婦柿」(めおとがき)と言われます。戸田市の指定文化財(天然記念物)に指定されています。apple

20120316_meotogaki2

夫婦柿は、1本の木に雌型(丸形)と雄型(細形)の柿が実る珍しいものです。柿は雌雄異花といって1本の木に雌花と雄花とができて受粉し、雌花に結実するようになっていますが、この夫婦柿は雄花にも実が成るものです。雄花の結実は、退化したはずのめしべが突然変異によって不完全ながらその役を取り戻したためと考えられています。memo

この夫婦柿は、市内ではここにしか見られないそうだ。coldsweats02

夫婦柿にちなんで、夫婦守というお守りの販売されています。末永い幸せと健康・長寿・無病息災がもたされるよう祈願しているそうだ。ご家族どなたでも御利益があるとの事。cute

20120316_omikuji1

おぉ、おみくじがありますね。1回50円と珍しくリーズナブル。coldsweats01

せっかくなので、ひいてみたよ。えぃっ。drama

20120316_omikuji2

じゃん、おみくじです。さっ、開いて運勢を見てみると...。「小吉」でした...。う~ん。pig

訪れたのは2月なので柿の実は成っていなかったが、珍しい柿の木を見てここをあとにしました。snail

ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上にあった為。その時の記事は「駅ハイ「史跡を訪ね、ボートのまち戸田を歩く」に行ってきた。」へどうぞ。paper

「新曽氷川神社」 〒335-0027 埼玉県戸田市氷川町2-12-9 TEL:048-443-9448info02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月15日 (木曜日)

戸田ボートコース(戸田漕艇場)を歩く2012。

ここは、東京オリンピックの会場になったところです。yacht

20120315_course2

やってきたところは、戸田漕艇場です。別名、戸田ボートコース。東京オリンピックのボート競技の会場になったところだ。約2km直線のコースですよ。snowboard

20120315_course3

現在は、ボートの練習や大会で利用されています。ここを真っ直ぐ歩いていくのも、気持ちがいいものです。shoe

20120315_course1

長さは約2kmあるボートコースだが、幅も結構広いんだよね。ここから、1.5km先にある白い大きな吊り橋は、戸田公園大橋だ。ship

20120315_seikadai

これは、戸田ボートコース聖火台です。昭和39年10月に開催された第18回オリンピック東京大会のボート競技場の聖火台として使用されたもの。鋳物製で大きさは直径1.4m、高さ1.4m。戸田市のお隣り、川口市内の鋳物工場で製作された。bell

20120315_rensyu

ボートの練習していますね。run

20120315_map

まっすぐ伸びる直線約2kmのボートコース。荒川土手や桜並木とあわせ、散歩やジョギングにもいいところだなと思った。happy01

ちなみに、関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「戸田漕艇場(戸田ボートコース)」 埼玉県戸田市戸田公園5-27 戸田公園内info02

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水曜日)

荒川の土手を少し歩く。

まだちょっと寒いけど、天気がいい日のお散歩。shoe

20120313_dote1

ただ今、荒川の土手を歩いています。埼玉県戸田市付近。広々とした土手だな。風が強いのだが、天気が良いね。sun

20120313_dote2

左の建物は先程立ち寄っていた、戸田オートレース(戸田競艇)です。先に見える白く大きな吊り橋は、戸田公園大橋だ。ship

20120313_dote3

この辺り、土手の道路側沿いは、荒川堤の桜並木が続きます。あと、もう少しで綺麗なサクラの花が咲き乱れるんだろうな。cherryblossom

20120313_sky_tree

荒川対岸方向見てみると、まもなく開業予定の東京スカイツリーが見えるね。building

20120313_dote4

ちょいと15分程、土手を歩いてみた。河川敷が広いという事もあるけど、まわり広々とした景観が良いね。遠くを眺める事ができて、目の運動にもいいな。eye

20120313_sakura_tree

道路側に降りてみた。中段部分には、桜の木が2列でまっすぐ続く。あと、もう少ししたらピンク色の桜の木の下で賑やかな宴会?になりそうだね。happy01

ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上にあった為。その時の記事は「駅ハイ「史跡を訪ね、ボートのまち戸田を歩く」に行ってきた。」へどうぞ。paper

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年3月13日 (火曜日)

戸田競艇を訪れた2012。

ここを訪れたら、ちょいと運試しだな。libra

20120313_hashi1

戸田公園にやってきた。この先は、戸田公園大橋という歩行者用のつり橋を渡ります。wheelchair

20120313_hashi2

大きなつり橋です。つり橋だけど、ほとんど揺れはないです。でも、風が強いな。typhoon

20120313_race1

爆音が鳴り響くね。橋の上からは、オートレースを見る事ができます。eye

20120313_hashi3

ちなみに、反対側を見ると、ボートコース(戸田漕艇場)になっています。yacht

20120313_enter

せっかくなので、戸田競艇にて1レース遊んで行きましょう。1年3ヶ月ぶり、2度目の訪問だ。door

20120313_race2

この日は、第2回太田胃酸カッフが開催されていました。早速、舟券を購入。さっ、レーススタート!。さて、結果は...。gasstation

20120313_funaken

1着3番、2着2番でした。2連複で購入したので、「2-3」が当たり。ほっほっほ。当たりです~。1番人気のパターンだったので、オッズは2.1倍でした。という事で、100円×2.1で当選金210円ゲットしました。dollar

20120313_hashi4

先程渡ってきた、戸田公園大橋ですね。1レース楽しんで、ここをあとにしました。happy01

ちなみに、ここでの関連記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「戸田競艇」 埼玉県戸田市戸田公園8-22info02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月12日 (月曜日)

ファンシーフーズ工場直売のケーキを食べる2012。

ケーキ工場直売のお店に立ち寄ってみたよ。cake

20120312_shop

やってきたところは、埼玉県戸田市にあるファンシーフーズ工場です。この工場には、直売所があります。土日は工場はお休みだけど、直売所はオープンしています。24hours

20120312_cake

ちょいとスイーツを購入。美味しそうなティラミスとフロマージュを購入。メープルシフォンケーキは土日限定で半額になっているぞ。これら全て購入してもワンコインで済む。安いです。いわゆるアウトレットのお店なのだ。cat

スイーツは別腹。ペロリと頂きました。delicious

20120312_koujyou

ケーキ工場という事もあって、いろんな商品を販売している。tennis

20120312_info

スイーツ通販も行っているようです。焼き菓子・ロールケーキなどなど。午後のおやつにいかがかな?。happy01

ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上にあった為。その時の記事は「駅ハイ「史跡を訪ね、ボートのまち戸田を歩く」に行ってきた。」へどうぞ。paper

「ファンシーフーズ株式会社 戸田工場売店」 〒335-0027 埼玉県戸田市氷川町2-13-2 TEL:048-442-3051 直売所は土日祝も営業 9時30分~17時 通信販売ありinfo02

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年3月10日 (土曜日)

帝松酒蔵まつり2012に行ってきた。

地酒を味わえる楽しいイベントです。bottle

20120310_toujyou_line

東武東上線快速急行電車に乗って終点の小川町駅に到着。train

20120310_bus

駅前ロータリーからは、無料シャトルバスに乗り込みます。ここから、帝松という名のお酒を造っている松岡醸造へ向かいます。そう、この日は、毎年2月最終日曜日に開催される帝松酒蔵まつりに行くのです。昨年は行かなかったので、2年ぶり5度目の訪問だ。bus

20120310_kaijyou

会場に到着しました。既に混雑しているよ..。多くの人達が訪れているのね。gemini

20120310_free_ticket

受付にて、名前や住所を記入します。すると、ポテトチップと甘酒の無料券がもらえます。と言っても、それらを取得する為にすごく長い行列。う~ん、これはあきらめ...。banana

20120310_taruzake

たる酒を1杯100円で振る舞いました。う~んお得。何杯も飲めるよ♪。bottle

20120310_osake

焼き鳥(太田ホルモン)やいなりの王様と共に、地酒を頂いたよ。ぷはぁ~、おいしい。happy02

20120310_taiko

ステージでは、武蔵越生高校和太鼓部の演舞があり。かっこいいね。leo

20120310_kikizake_taikai

今回も、きき酒大会に参加してみたよ。music

20120310_kikizake_taikai2

まずは、5種類の銘柄のお酒を試飲して味わいを確認します。そのあと、5種類のお酒がそれぞれどのお酒か当てるというもの。search

20120310_kaitou_youshi

今回も、大吟醸・生原酒純米吟醸・社長の酒・純米酒・辛口の5種類。当たって~と願いもむなしくハズレでした...。難しいな。ちなみに、5つ全て当てると大吟醸1本がプレゼントされるそうだ。present

20120310_kengaku

酒蔵見学もできますよ。しかし、既に整理券チケット配布は終了との事。ガーン。weep

20120310_ice

しょうがない?、大吟醸ソフトアイスを頂きました。酒粕入りなのかな?。少しお酒の香りもします。penguin

20120310_siin

こちらは、試飲コーナーです。地酒の他、梅酒やゆず酒などのリキュールもあります。びっくりしたのが、チョコ・リキュール。甘いけど美味しい。今回のお土産どれにしようかな。bar

20120310_shikomimizu

こちらは、仕込み水です。地下130mから汲み上げたミネラルを多く含んだ良質な地下水です。aquarius

20120310_tanuki

はは、たぬきさん夫婦もいい感じ。cancer

20120310_poster

会場内では、地酒の試飲・販売があって、グルメものも結構ある。豚汁やうどん、そばなど。ステージショーもあって、賑やかだ。まぁ、皆さんお酒まわっているからね。coldsweats01

20120310_kanban

全国新酒鑑評会金賞受賞している埼玉県の地酒。今回も美味しく楽しく地酒を味わえたよ。happy01

20120310_omiyage

お土産は、ゆず酒とチョコ・リキュール。チョコ・リキュールは珍しいから買ってみた。これ、ミルク割りにしたら、美味しかったよ。cafe

ちなみに、過去の訪問記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

「帝松酒蔵まつり」 2012年2月26日(日) 10時~15時 松岡醸造株式会社 埼玉県比企郡小川町下古寺7-2 TEL:0493-72-1234 入場無料 小川町駅より随時無料シャトルバス運行info02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月 9日 (金曜日)

駅ハイ「城山公園梅香るハイキング」に行ってきた(2012.02.11)。

城山公園内にある梅園の紅梅や白梅など、様々な梅をお楽しみください。(コースマップより抜粋)search

20120227_tateyama_st

183系特急型の車両である快速花摘み南房総号に乗って終点館山駅に到着しました。隣のホームには、485系ニューなのはなの車両を使用したリゾートあわトレインが停車中で、中間の車両から小太鼓の演舞が聞こえお祭り気分。note

ちなみに、この快速列車乗車レポは、「快速花摘み南房総号に乗車しました2012。」へどうぞ。paper

20120309_tateyama_st1

いつもの駅ハイ参加で訪れたよ。今回は、2012年2月11日(土)実施、JR駅からハイキング「城山公園梅香るハイキング」です。南房総館山をぐるりまわるコースだ。館山には初めて訪れました。cancer

20120309_kanbatch

改札口を出て受付を済ませてコースマップを取得。恒例の缶バッチは、185系踊り子などでした。present

20120302_tateyama_st

駅構内からの眺め。もう目の前が海だね。eye

20120309_tateyama_st2

では、館山駅西口からスタートです。今回は、約10kmのウォーキング。頑張って歩きましょう。rock

20120309_road01

駅前から海岸へ向かう直線道路。やしの木南国の雰囲気だね。館山駅の駅舎や家の屋根、なんか統一された建物になっているんだな。house

20120302_tateyama_nishiguchi_kousa

駅から真っ直ぐ歩くと、海岸に到着。ここに来たら、やっぱり海を見たいよね。eye

20120302_houjyou_kaigan4

じゃん、砂浜にやってきた。う~ん、波の音がいいねぇ。眺めていると落ち着くね。館山湾(錦ヶ浦)に面した海岸です。confident

20120302_houjyou_kaigan5

このあたりは、北条海岸海水浴場として、夏は多くの人で賑わうんだろうな。さすがに、冬は寒いので人はいなくて静かです。penguin

20120302_houjyou_kaigan3

海辺を歩いてみよう。波が来るぎりぎりのところに沿って歩きます。run

20120302_houryousai_kinenhi

これは、豊漁祭記念碑です。皇太子殿下御臨席のもと、当地において我が国初の豊漁祭式典が行われたんだそうだ。chair

ちなみに、ここでの詳細記事は、「北条海岸、海辺を歩く2012。」へどうぞ。paper

20120303_umibe

海辺をてくてく歩くと、海岸から海の方向へ延びる道?があるぞ。この桟橋は...。bell

20120303_sanbashi2

コースポイントone箇所目は、「館山港多目的観光桟橋」です。平成22年(2010年)4月に完成した桟橋で、海岸から海へまっすぐ伸びる大桟橋。全長約500mあります。すごいね。door

では、まっすぐ歩いてみよう。ウッドデッキの歩道が整備されているね。なんか、海の上を歩いている感じだ。shoe

20120303_sanbashi4

桟橋先端に到着。おぉ、館山湾、海の真ん中だ。360度ぐるりと海です。水平線が見える海は壮大だね。eye

大きめの遊覧船も停泊できるよう設備が整っている。さすがに、強風まともに受けるね。typhoon

20120303_sanbashi3

太陽の光が海面に反射してキラキラ。綺麗だな。shine

20120303_tateyamajyou

桟橋から小高い山の上に建つ館山城が見えます。house

20120303_sanbashi5

桟橋先端地点から、海岸方向を見る。ここまで桟橋が伸びている。ちなみに、この桟橋は平成23年12月公募により愛称が「館山夕日桟橋」に決定しました。sun

20120303_sanbashi1

桟橋から戻ってきました。海岸から見た桟橋です。ここを歩いて、先の先端へ歩いたんだな。cat

20120303_fune

桟橋の入口付近には、館山市立博物館分館があります。旧県立安房博物館です。入館無料。民俗文化財など数多くの房総の漁業に関わる展示があります。ぐるりと見学してきたよ。yacht

20120303_nagisanoeki

駐車場も完備されています。「渚の駅たてやま」として平成24年(2012年)3月25日にオープンするそうだ。rvcar

ちなみに、ここでの詳細記事は、「館山夕日桟橋(館山港多目的観光桟橋)を訪れた2012。」へどうぞ。paper

20120309_senpaku

漁港に船舶中。う~ん、港町だねぇ。fish

20120309_annai

花海街道・観光地案内方向板が各所に配置されていて、とても助かりますね。しかも、QRコードがあったので、携帯でアクセスしてみた。すると、e-旅研究会による観光スポット案内が表示されるのだ。予備情報を知るという意味でも良い試みかも。mobilephone

20120305_hall

コースポイントtwo箇所目は、「赤山地下壕跡」です。アメリカ軍の空襲が激しくなった太平洋戦争の終りの頃、ここを館山海軍航空隊の防空壕として使われていたようです。2004年4月1日より一般公開されるようになりました。館山市を代表する戦争遺跡です。shadow

受付を行う為、この建物(豊津ホール)に入ります。中の券売機にて入場券(200円)を購入。building

20120305_herumet

ヘルメットをかぶって、地下壕に入りますよ。snowboard

20120305_info2

この赤山地下壕は、全長約1.6kmと全国的にも大きな地下壕だ。(上の写真画像、黄色で表示された部分が見学可能)。snail

20120305_enter

では、早速入ってみましょう。ここが、入口です。snail

20120305_tikagou

薄暗い中、小さな通路を進んでいきます。drama

20120305_tikagou2

思っていたより、高さもあり少し広めの防空壕だな。sports

20120305_kamaburo

五右衛門風呂?。お風呂のようです。spa

20120305_tikagou3

本当に迷路みたいで、すぐ迷いそう。前後左右、通路が延びていますな。bicycle

ちなみに、ここでの詳細記事は、「館山海軍航空隊赤山地下壕跡を見学2012。」へどうぞ。paper

20120309_raichuji

再び、歩き始めます。こちらは、頼忠寺。曹洞宗寺院で、慶長期里見家の家老を務めた堀江能登守頼忠を、開基とするお寺です。moon3

20120309_road02

だんだんと小高い山が見える景色になってきたな。てくてく歩いていく。foot

ちょっとコース外れたところに、「掩体壕」がある。戦時中アメリカ軍に爆弾を落とされても飛行機が守れるよう、分厚いコンクリートで作られた格納庫があるという事で立ち寄ろうと思っていたが、すっかり忘れてスルーしてしまった...。weep

20120309_road03

こういう道もコースルート上です。なんだか、嬉しい。club

20120306_hayashi

コースポイントthree箇所目は、「ヒカリモ・沼サンゴ層」です。多くの木々が立つ土台部分を見てみると、いくつか穴が開いています。ちょいと、そこをのぞいてみよう。eye

20120306_doukutsu

中をのぞくと洞窟のような感じ?。なんか黄色に見えるのが、お目当てにしていたあの光る藻?!。flair

20120306_hikarimo

そう、これがヒカリモです。この山系一帯に見られる洞穴にはヒカリモが繁殖し観察できます。ヒカリモは、「黄色植物門黄金色藻網」に属する単細胞性の藻類で、それぞれの個体はミクロ単位の微細な大きさで水中に浮かんでいます。個体だけなら、顕微鏡でないと見れない大きさだ。snail

ヒカリモ自体には発光能力はなく、気候の条件により水面に膜を張ったように多量に浮かび上がります。その様の所に外の光が当たると、細胞の奥で反射された光が細胞の色素により、美しい黄金色の輝きを見せます。その姿からヒカリモという名がつけられています。pencil

20120306_info

ヒカリモは、日本各地の水のきれいな洞窟や、山陰などの池に生息する藻類です。ここ沼地区周辺には16か所の洞穴にヒカリモが生息されていることが確認されています。pc

20120306_izumi

ちょっと先へ歩くと、小さな小屋があります。古代珊瑚の泉です。珊瑚の地層を通して水が湧き出るようで、サンゴミネラルをたっぷりと含んだ天然水で長寿の源である。珊瑚にはカルシウムをはじめマグネシウム、カリウムなど人体に必要な微量ミネラル約40種が豊富に含まれているようだ。aquarius

20120306_road

さらに、奥へ歩いていきます。周りは濃い緑色の木々で覆われていて、なんか気分が良い。smile

20120306_numa

こちらは、大谷津池です。う~ん、自然の中だ。fish

20120306_kinenhi

先へ進むと、千葉県の天然記念物に指定された沼サンゴ層の記念碑があります。book

20120306_sangosou

さすがに天然記念物なので、格子で覆って立ち入りできないようにしてあるね。danger

20120306_sangosou2

これが、サンゴ礁の化石群である沼サンゴです。約6000年前の縄文海進の時期に形成された。現在は標高20~30mくらいなのだが、当時はこのあたり海だったようですね。wave

20120306_keshiki

海岸のイメージがある館山市だけど、こういうのどかな風景があるんだね。農村ほのぼのって感じ。右奥の小高いところには、館山城が見えるぞ。camera

ちなみに、ここでの詳細記事は、「ヒカリモ群生域・沼サンゴ層を見に行ってみた2012。」へどうぞ。paper

20120309_info_map

城山公園駐車場に到着しました。コースルートは公園南側から入るのだが、曲がるポイントを見落として、北側の駐車場に来てしまった。しょうがない、公園内寄り道して、コースルートへ戻ろう。coldsweats02

20120309_migoro

城山公園、花の見ごろが掲示されていた。水仙は満開だけど、梅や椿は2分咲きとの事。う~ん。sweat02

20120309_ume1

急な上り坂を上がっていきます。蕾が多いけど、少しだけ梅の花びらが咲いているね。spade

20120309_ume2

それでも、梅の花きれいだね。早春って感じ?。cherry

20120222_kujyaku2

孔雀園があったので、ちょっと立ち寄ってみた。おぉっと、鮮やかなの羽の色を持つくじゃくさんですな。cat

20120222_kujyaku

結構、孔雀がいっぱいいます。羽を広げるところ見たかったけど、日差しがあってちょっとぽかぽかなので、少しのんびりしていたな。それでも、ちょぼちょぼとよく移動、動くんだね。happy02

20120222_monky

何故か、おさるさんもいますよ。pig

ちなみに、ここでの詳細記事は、「城山公園の孔雀園2012。」へどうぞ。paper

20120222_keshiki

ちょっと小高い山を登って行きます。結構、上り坂は大変かも?。でも、眺めはGoodですよ。fuji

20120309_haka 

コースポイントfour箇所目は、「八遣臣の供養塔」です。里見氏10代忠義の死を受け、後を追った8人の家臣の供養塔が並びます。この家臣達は「南総里見八犬伝」に登場する八犬士のモデルといわれています。eyeglass

20120221_bairin

コースポイントfive箇所目は、「城山公園・梅園」です。ここには白梅・赤梅など約150本の梅が咲き競います。cherryblossom

20120221_bairin3

小高い山の上に梅林がある。寒い日が続いていたせいか、開花がかなり遅れているみたいだ。fuji

20120221_bairin2

白い花びらや赤い花びらの梅が咲く。まだ、ほとんどが蕾だな。clover

20120221_suisen

その代わり、水仙は満開でした。tulip

ちなみに、ここでの詳細記事は、「館山市城山公園の梅林(2分咲き)2012。」へどうぞ。paper

20120309_teien

日本庭園もあるんですね。わびさび。sprinkle

20120309_cyashitsu

茶室もある。庭園を見ながら、のんびりしてみたい。japanesetea

20120223_tateyamajyou

コースポイントsix箇所目は、「館山城(八犬伝博物館)」です。市街地からでも、お城がよく見えるよね。再建された模擬天守です。現在は、八犬伝博物館となっている。天守閣様式の博物館には、「南総里見八犬伝」を題材とした資料が展示されています。school

では、入ってみよう。入館料は300円です。お勉強お勉強。school

20120223_nagame

ではでは、一番上へ。おぉ、360度ぐるりと展望ができます。市街地を見下ろせるね。館山と言えば、海でしょう。ここは、「ちば展望100景」に選ばれています。wave

20120223_tateyamajyou2

あと1ヶ月したら、桜で賑わいそうだね。やっぱり、お城はかっこいい。cherryblossom

ちなみに、ここでの詳細記事は、「館山城・八犬伝博物館を訪れた2012。」へどうぞ。paper

20120223_hakubutsukan

コースポイントseven箇所目は、「館山市立博物館」です。館山城の入館券と共通となっている。10代170年にわたってこの地を支配した里見氏をメインに、房総半島の先端で展開した安房の歴史・民俗・文化を紹介する博物館です。甲冑の体験着用がありましたな。art

20120223_satomi_cyaya

駐車場付近には、里見茶屋があります。お休み食事処ですね。restaurant

20120307_aikawa_syouten

再び、歩き始めます。途中、肉の相川商店という名のお店があります。ここで、駅ハイの特典で館山メンチを割引で購入できます。早速、入ってみよう。door

20120307_mench1

これが、館山名物の館山メンチです。少し厚めのサイズですね。1個150円のところ、駅ハイの特典で140円で購入。pig

20120307_mench2

では、パクっ。おぉ、肉汁がぁ~。いいんじゃない。leo

大正9年創業の精肉店では、日本橋の老舗すき焼き店で修業を積んだ4代目考案の「館山メンチ」が大人気なんだそうだ。国産牛と千葉県産豚肉の合い挽きで、サクッとした衣にジュワッと溢れる肉汁がたまらない逸品です。pig

食べ歩きしながら、ゴールへ向かいます。happy01

ちなみに、ここでの詳細記事は、「相川商店の館山メンチを食べてみた。」へどうぞ。paper

20120307_tateyama_st

ゴールとなる館山駅東口に到着しました。スタートしてからゴールまで、4時間4分かかりました。ゴール受付は特になかったが、パワフル×スマイルちば駅からハイキングスタンプラリーで「館山」を押してもらいました。motorsports

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:21441歩 消費カロリー:907.2kcal 消費脂肪量:129.6g 歩行距離:15.00km 歩行時間:3時間18分 平均時速:4.54km/h エクササイズ量:10.7Exinfo02

20120309_cyari

で、結構歩いて疲れたのですが、ここからエクストラステージ。music

駅からハイキングのあとは、自主的駅からサイクリングをしま~す。駅前の観光案内所でレンタサイクルしました。電動自転車なんですね。足がパンパンだけど、レッツゴー♪。note

20120224_okinoshima2

ガイドブック見て、来てみたかったんですよね。館山駅から自転車で約18分。やってきたところは、沖ノ島です。館山湾の南端にある、周囲約1kmの小さな無人島です。ここは、沖ノ島公園となっていて南房総国定公園の1つに指定されています。run

20120224_okinoshima1

沖ノ島へは、砂浜が続いていて、歩いて訪れる事ができます。なので、船に乗ってではなく上陸できるよ。yacht

20120224_okinoshima6

夏は海水浴場としてにぎわうそうだ。カーブしている海岸線がいいね。波もいい感じ。snowboard

20120224_okinoshima4

1周ぐるりとまわれるのかな?。でも、ちょっと時間がなかったので、これで帰ることに。もし、また訪れる機会があったら、ぐるっとしてみたいね。snail

20120224_okinoshima5

10分くらいの短い滞在時間だったが、海さんにバイバイして、ここをあとにしました。shine

20120224_okinoshima3

ちなみに、電動自転車って初めて乗ってみたんだよね。最初のこぎ始め、スピードを出す最初の段階では妙な加速しやすさがあって、なんか面白かった。まっ、ここに来るためのレンタサイクルでした。bicycle

ちなみに、ここでの詳細記事は、「沖ノ島を訪れた2012。」へどうぞ。paper

20120309_gozen

市街地へ戻った。館山と言えば海の幸。という事で、地魚刺身御膳を頂きました。指定されたお店で食事すると、駅ハイの特典で小鉢1品サービスを受けましたよ。fish

地酒を頂きながら、美味しく頂きました。delicious

20120302_houjyou_kaigan1

帰りの電車発車まで少し時間があったので、北条海岸を再び立ち寄ってみた。夕日がいい感じだね。綺麗だなぁ。おぉ、波が~。sun

20120302_houjyou_kaigan2

オレンジ色に染まった光景は美しいな。さすが、日本の夕日百選にも選ばれているところで、絶景だな。空気が澄んでいると、富士山のシルエットを眺めることができるらしいんだって。うっとり景色を眺めた後、館山駅へ戻りました。fuji

20120227_hanatsumi_minamibousoug_2

帰りの列車も臨時快速花摘み南房総号を利用しました。武蔵野線へ直通するので乗り換えなし楽チンだ。bullettrain

20120227_free_ticket

乗車券は、期間限定のパワフル×スマイルちばフリーパスを使用しました。1800円で千葉県内のJR線乗り降り自由。往復するだけで4420円もかかるので、2620円もお得になるありがたい切符だ。ticket

20120309_dappei

そういえば、今回館山市内をぐるりと歩いたが、館山市のイメージキャラクターである「ダッペエ」を見かけなかったなぁ...。coldsweats02

今回の駅ハイは、海岸海辺を歩いて、防空壕を体験し、珍しい光る藻を見て、かっこいい館山城を眺め、なかなか楽しかったです。次回もまた訪れてみたいですね。happy01

20120309_map2

ちなみに、関連詳細記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

20120309_map

JR東日本・駅からハイキング No.07123 「城山公園梅香るハイキング」 2012年2月11日(土)実施 歩行時間:約3時間(見学時間等を除く) 歩行距離:約10kminfo02

スタート:館山駅→①館山港多目的観光桟橋→②赤山地下壕跡→③ヒカリモ・沼サンゴ層→④八遣臣の供養塔→⑤城山公園・梅園→⑥館山城(八犬伝博物館)→⑦館山市立博物館→ゴール:館山駅info02

(各写真画像をClickすると4倍拡大表示します。)search

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月 8日 (木曜日)

笹目川遊歩道を歩く2012。

ぽっかぽか陽気で気軽に散歩道。shoe

20120308_sasamegawa_yuhodou

JR埼京線北戸田駅から西へ少し歩くと、笹目川が流れています。この川沿いには、遊歩道が整備されています。scorpius

20120308_sasamegawa_yuhodou2

この川沿いの道は、笹目川遊歩道です。「自然」と「彫刻」のプロムナードという事だ。道幅が少し広めで歩くにはいいね。wink

20120308_yaguchi_kamihashi

笹目川にかかる橋の上からの眺め。まっすぐに伸びる川と両岸がいい感じ。camera

20120308_obje2

この遊歩道の特徴は、彫刻家の中岡慎太郎作の7体のモニュメントが設置されている事。アートだねぇ。art

20120308_obje1

何だか不思議な感じのオブジェだな。coldsweats01

20120308_tsubomi

訪れたのは2月中旬。もちろん、小さな蕾ですね。bud

20120308_kadan

色鮮やかな花壇もありますよ。tulip

20120308_sasamegawa_yuhodou3

日差しがあって、気持ちの良い散歩道を歩きましたよ。happy01

ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上にあった為。その時の記事は「駅ハイ「史跡を訪ね、ボートのまち戸田を歩く」に行ってきた。」へどうぞ。paper

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 7日 (水曜日)

相川商店の館山メンチを食べてみた。

旅先に行ったら、やっぱりご当地グルメもの食べてみたいよね。delicious

20120307_aikawa_syouten

さて、JR内房線館山駅東口から歩いて4分程にあるお店を訪れました。お肉屋さんですね。肉の相川商店という名のお店です。ここに、館山名物のB級グルメがあるとの事。では、入って購入してみよう。door

20120307_mench1

お目当ての商品はコレ。館山名物の館山メンチです。少し厚めのサイズですね。1個150円です。pig

20120307_mench2

では、パクっ。おぉ、肉汁がぁ~。いいんじゃない。leo

20120307_mench3

別の角度からのメンチです。食べ歩きしながら、美味しく頂きました。happy01

20120307_tateyama_st

館山駅から近いところにお店があるので、電車やバスの待ち合わせに時間があるなら、ちょういと車内で食べる用に館山メンチを購入しても良いかもね。delicious

ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上にあった為。その時の記事は「駅ハイ「城山公園梅香るハイキング」に行ってきた。」へどうぞ。paper

「相川商店」 〒294-0045 千葉県館山市北条1632-9 TEL:0470-23-4129 10時~18時30分 定休日日曜info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火曜日)

ヒカリモ群生域・沼サンゴ層を見に行ってみた2012。

光る藻があるんだって。どんなのだろう。では、行ってみよう。run

20120306_hayashi

さて、千葉県館山市にいます。多くの木々が立つ土台部分を見てみると、いくつか穴が開いています。ちょいと、そこをのぞいてみよう。eye

20120306_doukutsu

中をのぞくと洞窟のような感じ?。なんか黄色に見えるのが、お目当てにしていたあの光る藻?!。flair

20120306_hikarimo

そう、これがヒカリモです。この山系一帯に見られる洞穴にはヒカリモが繁殖し観察できます。ヒカリモは、「黄色植物門黄金色藻網」に属する単細胞性の藻類で、それぞれの個体はミクロ単位の微細な大きさで水中に浮かんでいます。個体だけなら、顕微鏡でないと見れない大きさだ。snail

ヒカリモ自体には発光能力はなく、気候の条件により水面に膜を張ったように多量に浮かび上がります。その様の所に外の光が当たると、細胞の奥で反射された光が細胞の色素により、美しい黄金色の輝きを見せます。その姿からヒカリモという名がつけられています。pencil

20120306_info

ヒカリモは、日本各地の水のきれいな洞窟や、山陰などの池に生息する藻類です。ここ沼地区周辺には16か所の洞穴にヒカリモが生息されていることが確認されています。pc

20120306_izumi

ちょっと先へ歩くと、小さな小屋があります。古代珊瑚の泉です。珊瑚の地層を通して水が湧き出るようで、サンゴミネラルをたっぷりと含んだ天然水で長寿の源である。珊瑚にはカルシウムをはじめマグネシウム、カリウムなど人体に必要な微量ミネラル約40種が豊富に含まれているようだ。aquarius

20120306_road

さらに、奥へ歩いていきます。周りは濃い緑色の木々で覆われていて、なんか気分が良い。smile

20120306_numa

こちらは、大谷津池です。う~ん、自然の中だ。fish

20120306_kinenhi

先へ進むと、千葉県の天然記念物に指定された沼サンゴ層の記念碑があります。book

20120306_sangosou

さすがに天然記念物なので、格子で覆って立ち入りできないようにしてあるね。danger

20120306_sangosou2

これが、サンゴ礁の化石群である沼サンゴです。約6000年前の縄文海進の時期に形成された。現在は標高20~30mくらいなのだが、当時はこのあたり海だったようですね。wave

20120306_road2

来た道を戻ります。道幅は狭いが、歩道が整備されています。shoe

20120306_keshiki

海岸のイメージがある館山市だけど、こういうのどかな風景があるんだね。農村ほのぼのって感じ。右奥の小高いところには、お城が見えるぞ。camera

20120306_tateyamajyou

そう、館山城です。畑が広がるところから、お城が見えるなんて、すごいね。delicious

20120306_yukisaki

ここまでの道は、花海街道「ヒカリモのみち」と名付けられているようだ。bag

光っているように見えるヒカリモを見る事ができて、なんか得した気分になったな。happy01

ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上にあった為。その時の記事は「駅ハイ「城山公園梅香るハイキング」に行ってきた。」へどうぞ。paper

「ヒカリモ群生域・沼サンゴ層」(Hikarimo (Golden Algae Caves) ・ Numa Coral Layers) 千葉県館山市沼付近info02

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年3月 5日 (月曜日)

館山海軍航空隊赤山地下壕跡を見学2012。

地下の洞窟??に潜入したよ。door

20120305_tikagou2

さて、この地下は、赤山地下壕です。アメリカ軍の空襲が激しくなった太平洋戦争の終りの頃、ここを館山海軍航空隊の防空壕として使われていたようです。2004年4月1日より一般公開されるようになりました。館山市を代表する戦争遺跡です。ring

20120305_hall

受付場所がここ、豊津ホールです。building

20120305_kenbaiki

券売機にて入場券を購入。200円です。ticket

20120305_herumet

ヘルメットをかぶって、地下壕に入りますよ。snowboard

20120305_info2

この赤山地下壕は、全長約1.6kmと全国的にも大きな地下壕だ。snail

20120305_enter

では、早速入ってみましょう。snail

20120305_tikagou

薄暗い中、小さな通路を進んでいきます。drama

20120305_tikagou3

本当に迷路みたいで、すぐ迷いそう。前後左右、通路が延びていますな。bicycle

20120305_kamaburo

五右衛門風呂?。お風呂のようです。spa

20120305_info

赤山地下壕には、初めて訪れました。歴史的貴重な施設なので、これからも保存・管理されていって欲しいものですね。confident

ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上にあった為。その時の記事は「駅ハイ「城山公園梅香るハイキング」に行ってきた。」へどうぞ。paper

「赤山地下壕跡」 〒294-0033 千葉県館山市宮城192-1 (豊津ホール) 入壕料:200円info02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土曜日)

館山夕日桟橋(館山港多目的観光桟橋)を訪れた2012。

海へ延びる桟橋~。bicycle

20120303_sanbashi2

さて、やってきたところは、館山港多目的観光桟橋です。平成22年(2010年)4月に完成した桟橋です。海岸から海へまっすぐ伸びる大桟橋。全長約500mあります。すごいね。door

では、まっすぐ歩いてみよう。ウッドデッキの歩道が整備されているね。なんか、海の上を歩いている感じだ。shoe

20120303_sanbashi4

桟橋先端に到着。おぉ、館山湾、海の真ん中だ。360度ぐるりと海です。水平線が見える海は壮大だね。eye

大きめの遊覧船も停泊できるよう設備が整っている。さすがに、強風まともに受けるね。typhoon

20120303_sanbashi3

太陽の光が海面に反射してキラキラ。綺麗だな。shine

20120303_tateyamajyou

桟橋から小高い山の上に建つ館山城が見えます。house

20120303_sanbashi5

桟橋先端地点から、海岸方向を見る。ここまで桟橋が伸びている。ちなみに、この桟橋は平成23年12月公募により愛称が「館山夕日桟橋」に決定しました。このあたりは、日本の夕日百選に選ばれた場所だ。sun

20120303_sanbashi1

桟橋から戻ってきました。海岸から見た桟橋です。ここを歩いて、先の先端へ歩いたんだな。cat

20120303_fune

桟橋の入口付近には、館山市立博物館分館があります。旧県立安房博物館です。入館無料。民俗文化財など数多くの房総の漁業に関わる展示があります。yacht

20120303_nagisanoeki

駐車場も完備されています。「渚の駅たてやま」として平成24年(2012年)3月25日にオープンするそうだ。rvcar

20120303_umibe

海岸の砂浜海辺から見た館山夕日桟橋。観光名所として、ちょいと立ち寄ってみるといいですよ。happy01

20120302_houjyou_kaigan1

館山夕日桟橋がある北条海岸から眺めた夕日です。さすが、夕日百選に選ばれるだけあるよ。夕日を見て、うっとりします~。ずっと眺めていたい風景だね。heart

ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上にあった為。その時の記事は「駅ハイ「城山公園梅香るハイキング」に行ってきた。」へどうぞ。paper

「館山夕日桟橋(館山港多目的観光桟橋)」 〒294-0036 千葉県館山市館山1564-1地先info02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金曜日)

北条海岸、海辺を歩く2012。

南房総・館山にやってきた。館山と言えば、うみ~。wave

20120302_tateyama_nishiguchi_kousa

館山駅西口から駅前の通りをてくてく歩くと4分程で海岸に到着。ここに来たら、やっぱり海を見たいよね。eye

20120302_houjyou_kaigan4

じゃん、砂浜にやってきた。う~ん、波の音がいいねぇ。眺めていると落ち着くね。館山湾(錦ヶ浦)に面した海岸です。confident

20120302_houjyou_kaigan5

このあたりは、北条海水浴場として、夏は多くの人で賑わうんだろうな。さすがに、冬は寒いので人はいなくて静かです。penguin

20120302_houjyou_kaigan3

海辺を歩いてみよう。波が来るぎりぎりのところに沿って歩きます。run

20120302_houryousai_kinenhi

これは、豊漁祭記念碑です。皇太子殿下御臨席のもと、当地において我が国初の豊漁祭式典が行われたんだそうだ。chair

20120302_tateyama_st

JR内房線館山駅構内から西方向へ見た風景。西口から駅前通り真っ直ぐ約350m程で、北条海岸に到着できる。もう目の前って感じだね。eye

20120302_houjyou_kaigan1

帰りの電車発車まで、少し時間があったので再び立ち寄ってみた。夕日がいい感じだね。綺麗だなぁ。おぉ、波が~。sun

20120302_houjyou_kaigan2

オレンジ色に染まった光景は美しいな。日本の夕日百選にも選ばれているところなんだそうだ。さすが、絶景だ。空気が澄んでいると、富士山のシルエットを眺めることができるらしい。fuji

うっとり景色を眺めた後、館山駅へ戻るのであった。happy01

ちなみに、ここを訪れたのはウォーキングイベントのコースルート上にあった為。その時の記事は「駅ハイ「城山公園梅香るハイキング」に行ってきた。」へどうぞ。paper

「北条海岸」 千葉県館山市北条 JR内房線館山駅西口から徒歩約4分 内房なぎさライン沿い(錦ヶ浦通り)info02 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木曜日)

昨日は雪が降ったね。

みぞれかな~と思っていたが、まともに雪が降ったね。snow

20120301_snow

4年に1度だけある2月29日。首都圏も雪が降りましたな。若干みぞれ雪なのだが、うっすら銀世界。雪による電車の遅延を心配して、少し早めに家を出たのだが、多少の遅れはあったものの、ほぼ通常通りだった。train

20120301_dote

江戸川の土手は、うっすら真っ白だね。視界はもやっている。気温は1~2度くらいと寒いというか冷たい。penguin

20120301_snow_train

とにかく、仕事場へ急いで通勤するのであった。run

3月になりましたなぁ。これからは、寒暖差がありながら春に近づいてくるのかな。雪が降った次の日は、最高気温15度くらいと今度は暖かくなるようで。sun

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »