« 笹目川遊歩道を歩く2012。 | トップページ | 帝松酒蔵まつり2012に行ってきた。 »

2012年3月 9日 (金曜日)

駅ハイ「城山公園梅香るハイキング」に行ってきた(2012.02.11)。

城山公園内にある梅園の紅梅や白梅など、様々な梅をお楽しみください。(コースマップより抜粋)search

20120227_tateyama_st

183系特急型の車両である快速花摘み南房総号に乗って終点館山駅に到着しました。隣のホームには、485系ニューなのはなの車両を使用したリゾートあわトレインが停車中で、中間の車両から小太鼓の演舞が聞こえお祭り気分。note

ちなみに、この快速列車乗車レポは、「快速花摘み南房総号に乗車しました2012。」へどうぞ。paper

20120309_tateyama_st1

いつもの駅ハイ参加で訪れたよ。今回は、2012年2月11日(土)実施、JR駅からハイキング「城山公園梅香るハイキング」です。南房総館山をぐるりまわるコースだ。館山には初めて訪れました。cancer

20120309_kanbatch

改札口を出て受付を済ませてコースマップを取得。恒例の缶バッチは、185系踊り子などでした。present

20120302_tateyama_st

駅構内からの眺め。もう目の前が海だね。eye

20120309_tateyama_st2

では、館山駅西口からスタートです。今回は、約10kmのウォーキング。頑張って歩きましょう。rock

20120309_road01

駅前から海岸へ向かう直線道路。やしの木南国の雰囲気だね。館山駅の駅舎や家の屋根、なんか統一された建物になっているんだな。house

20120302_tateyama_nishiguchi_kousa

駅から真っ直ぐ歩くと、海岸に到着。ここに来たら、やっぱり海を見たいよね。eye

20120302_houjyou_kaigan4

じゃん、砂浜にやってきた。う~ん、波の音がいいねぇ。眺めていると落ち着くね。館山湾(錦ヶ浦)に面した海岸です。confident

20120302_houjyou_kaigan5

このあたりは、北条海岸海水浴場として、夏は多くの人で賑わうんだろうな。さすがに、冬は寒いので人はいなくて静かです。penguin

20120302_houjyou_kaigan3

海辺を歩いてみよう。波が来るぎりぎりのところに沿って歩きます。run

20120302_houryousai_kinenhi

これは、豊漁祭記念碑です。皇太子殿下御臨席のもと、当地において我が国初の豊漁祭式典が行われたんだそうだ。chair

ちなみに、ここでの詳細記事は、「北条海岸、海辺を歩く2012。」へどうぞ。paper

20120303_umibe

海辺をてくてく歩くと、海岸から海の方向へ延びる道?があるぞ。この桟橋は...。bell

20120303_sanbashi2

コースポイントone箇所目は、「館山港多目的観光桟橋」です。平成22年(2010年)4月に完成した桟橋で、海岸から海へまっすぐ伸びる大桟橋。全長約500mあります。すごいね。door

では、まっすぐ歩いてみよう。ウッドデッキの歩道が整備されているね。なんか、海の上を歩いている感じだ。shoe

20120303_sanbashi4

桟橋先端に到着。おぉ、館山湾、海の真ん中だ。360度ぐるりと海です。水平線が見える海は壮大だね。eye

大きめの遊覧船も停泊できるよう設備が整っている。さすがに、強風まともに受けるね。typhoon

20120303_sanbashi3

太陽の光が海面に反射してキラキラ。綺麗だな。shine

20120303_tateyamajyou

桟橋から小高い山の上に建つ館山城が見えます。house

20120303_sanbashi5

桟橋先端地点から、海岸方向を見る。ここまで桟橋が伸びている。ちなみに、この桟橋は平成23年12月公募により愛称が「館山夕日桟橋」に決定しました。sun

20120303_sanbashi1

桟橋から戻ってきました。海岸から見た桟橋です。ここを歩いて、先の先端へ歩いたんだな。cat

20120303_fune

桟橋の入口付近には、館山市立博物館分館があります。旧県立安房博物館です。入館無料。民俗文化財など数多くの房総の漁業に関わる展示があります。ぐるりと見学してきたよ。yacht

20120303_nagisanoeki

駐車場も完備されています。「渚の駅たてやま」として平成24年(2012年)3月25日にオープンするそうだ。rvcar

ちなみに、ここでの詳細記事は、「館山夕日桟橋(館山港多目的観光桟橋)を訪れた2012。」へどうぞ。paper

20120309_senpaku

漁港に船舶中。う~ん、港町だねぇ。fish

20120309_annai

花海街道・観光地案内方向板が各所に配置されていて、とても助かりますね。しかも、QRコードがあったので、携帯でアクセスしてみた。すると、e-旅研究会による観光スポット案内が表示されるのだ。予備情報を知るという意味でも良い試みかも。mobilephone

20120305_hall

コースポイントtwo箇所目は、「赤山地下壕跡」です。アメリカ軍の空襲が激しくなった太平洋戦争の終りの頃、ここを館山海軍航空隊の防空壕として使われていたようです。2004年4月1日より一般公開されるようになりました。館山市を代表する戦争遺跡です。shadow

受付を行う為、この建物(豊津ホール)に入ります。中の券売機にて入場券(200円)を購入。building

20120305_herumet

ヘルメットをかぶって、地下壕に入りますよ。snowboard

20120305_info2

この赤山地下壕は、全長約1.6kmと全国的にも大きな地下壕だ。(上の写真画像、黄色で表示された部分が見学可能)。snail

20120305_enter

では、早速入ってみましょう。ここが、入口です。snail

20120305_tikagou

薄暗い中、小さな通路を進んでいきます。drama

20120305_tikagou2

思っていたより、高さもあり少し広めの防空壕だな。sports

20120305_kamaburo

五右衛門風呂?。お風呂のようです。spa

20120305_tikagou3

本当に迷路みたいで、すぐ迷いそう。前後左右、通路が延びていますな。bicycle

ちなみに、ここでの詳細記事は、「館山海軍航空隊赤山地下壕跡を見学2012。」へどうぞ。paper

20120309_raichuji

再び、歩き始めます。こちらは、頼忠寺。曹洞宗寺院で、慶長期里見家の家老を務めた堀江能登守頼忠を、開基とするお寺です。moon3

20120309_road02

だんだんと小高い山が見える景色になってきたな。てくてく歩いていく。foot

ちょっとコース外れたところに、「掩体壕」がある。戦時中アメリカ軍に爆弾を落とされても飛行機が守れるよう、分厚いコンクリートで作られた格納庫があるという事で立ち寄ろうと思っていたが、すっかり忘れてスルーしてしまった...。weep

20120309_road03

こういう道もコースルート上です。なんだか、嬉しい。club

20120306_hayashi

コースポイントthree箇所目は、「ヒカリモ・沼サンゴ層」です。多くの木々が立つ土台部分を見てみると、いくつか穴が開いています。ちょいと、そこをのぞいてみよう。eye

20120306_doukutsu

中をのぞくと洞窟のような感じ?。なんか黄色に見えるのが、お目当てにしていたあの光る藻?!。flair

20120306_hikarimo

そう、これがヒカリモです。この山系一帯に見られる洞穴にはヒカリモが繁殖し観察できます。ヒカリモは、「黄色植物門黄金色藻網」に属する単細胞性の藻類で、それぞれの個体はミクロ単位の微細な大きさで水中に浮かんでいます。個体だけなら、顕微鏡でないと見れない大きさだ。snail

ヒカリモ自体には発光能力はなく、気候の条件により水面に膜を張ったように多量に浮かび上がります。その様の所に外の光が当たると、細胞の奥で反射された光が細胞の色素により、美しい黄金色の輝きを見せます。その姿からヒカリモという名がつけられています。pencil

20120306_info

ヒカリモは、日本各地の水のきれいな洞窟や、山陰などの池に生息する藻類です。ここ沼地区周辺には16か所の洞穴にヒカリモが生息されていることが確認されています。pc

20120306_izumi

ちょっと先へ歩くと、小さな小屋があります。古代珊瑚の泉です。珊瑚の地層を通して水が湧き出るようで、サンゴミネラルをたっぷりと含んだ天然水で長寿の源である。珊瑚にはカルシウムをはじめマグネシウム、カリウムなど人体に必要な微量ミネラル約40種が豊富に含まれているようだ。aquarius

20120306_road

さらに、奥へ歩いていきます。周りは濃い緑色の木々で覆われていて、なんか気分が良い。smile

20120306_numa

こちらは、大谷津池です。う~ん、自然の中だ。fish

20120306_kinenhi

先へ進むと、千葉県の天然記念物に指定された沼サンゴ層の記念碑があります。book

20120306_sangosou

さすがに天然記念物なので、格子で覆って立ち入りできないようにしてあるね。danger

20120306_sangosou2

これが、サンゴ礁の化石群である沼サンゴです。約6000年前の縄文海進の時期に形成された。現在は標高20~30mくらいなのだが、当時はこのあたり海だったようですね。wave

20120306_keshiki

海岸のイメージがある館山市だけど、こういうのどかな風景があるんだね。農村ほのぼのって感じ。右奥の小高いところには、館山城が見えるぞ。camera

ちなみに、ここでの詳細記事は、「ヒカリモ群生域・沼サンゴ層を見に行ってみた2012。」へどうぞ。paper

20120309_info_map

城山公園駐車場に到着しました。コースルートは公園南側から入るのだが、曲がるポイントを見落として、北側の駐車場に来てしまった。しょうがない、公園内寄り道して、コースルートへ戻ろう。coldsweats02

20120309_migoro

城山公園、花の見ごろが掲示されていた。水仙は満開だけど、梅や椿は2分咲きとの事。う~ん。sweat02

20120309_ume1

急な上り坂を上がっていきます。蕾が多いけど、少しだけ梅の花びらが咲いているね。spade

20120309_ume2

それでも、梅の花きれいだね。早春って感じ?。cherry

20120222_kujyaku2

孔雀園があったので、ちょっと立ち寄ってみた。おぉっと、鮮やかなの羽の色を持つくじゃくさんですな。cat

20120222_kujyaku

結構、孔雀がいっぱいいます。羽を広げるところ見たかったけど、日差しがあってちょっとぽかぽかなので、少しのんびりしていたな。それでも、ちょぼちょぼとよく移動、動くんだね。happy02

20120222_monky

何故か、おさるさんもいますよ。pig

ちなみに、ここでの詳細記事は、「城山公園の孔雀園2012。」へどうぞ。paper

20120222_keshiki

ちょっと小高い山を登って行きます。結構、上り坂は大変かも?。でも、眺めはGoodですよ。fuji

20120309_haka 

コースポイントfour箇所目は、「八遣臣の供養塔」です。里見氏10代忠義の死を受け、後を追った8人の家臣の供養塔が並びます。この家臣達は「南総里見八犬伝」に登場する八犬士のモデルといわれています。eyeglass

20120221_bairin

コースポイントfive箇所目は、「城山公園・梅園」です。ここには白梅・赤梅など約150本の梅が咲き競います。cherryblossom

20120221_bairin3

小高い山の上に梅林がある。寒い日が続いていたせいか、開花がかなり遅れているみたいだ。fuji

20120221_bairin2

白い花びらや赤い花びらの梅が咲く。まだ、ほとんどが蕾だな。clover

20120221_suisen

その代わり、水仙は満開でした。tulip

ちなみに、ここでの詳細記事は、「館山市城山公園の梅林(2分咲き)2012。」へどうぞ。paper

20120309_teien

日本庭園もあるんですね。わびさび。sprinkle

20120309_cyashitsu

茶室もある。庭園を見ながら、のんびりしてみたい。japanesetea

20120223_tateyamajyou

コースポイントsix箇所目は、「館山城(八犬伝博物館)」です。市街地からでも、お城がよく見えるよね。再建された模擬天守です。現在は、八犬伝博物館となっている。天守閣様式の博物館には、「南総里見八犬伝」を題材とした資料が展示されています。school

では、入ってみよう。入館料は300円です。お勉強お勉強。school

20120223_nagame

ではでは、一番上へ。おぉ、360度ぐるりと展望ができます。市街地を見下ろせるね。館山と言えば、海でしょう。ここは、「ちば展望100景」に選ばれています。wave

20120223_tateyamajyou2

あと1ヶ月したら、桜で賑わいそうだね。やっぱり、お城はかっこいい。cherryblossom

ちなみに、ここでの詳細記事は、「館山城・八犬伝博物館を訪れた2012。」へどうぞ。paper

20120223_hakubutsukan

コースポイントseven箇所目は、「館山市立博物館」です。館山城の入館券と共通となっている。10代170年にわたってこの地を支配した里見氏をメインに、房総半島の先端で展開した安房の歴史・民俗・文化を紹介する博物館です。甲冑の体験着用がありましたな。art

20120223_satomi_cyaya

駐車場付近には、里見茶屋があります。お休み食事処ですね。restaurant

20120307_aikawa_syouten

再び、歩き始めます。途中、肉の相川商店という名のお店があります。ここで、駅ハイの特典で館山メンチを割引で購入できます。早速、入ってみよう。door

20120307_mench1

これが、館山名物の館山メンチです。少し厚めのサイズですね。1個150円のところ、駅ハイの特典で140円で購入。pig

20120307_mench2

では、パクっ。おぉ、肉汁がぁ~。いいんじゃない。leo

大正9年創業の精肉店では、日本橋の老舗すき焼き店で修業を積んだ4代目考案の「館山メンチ」が大人気なんだそうだ。国産牛と千葉県産豚肉の合い挽きで、サクッとした衣にジュワッと溢れる肉汁がたまらない逸品です。pig

食べ歩きしながら、ゴールへ向かいます。happy01

ちなみに、ここでの詳細記事は、「相川商店の館山メンチを食べてみた。」へどうぞ。paper

20120307_tateyama_st

ゴールとなる館山駅東口に到着しました。スタートしてからゴールまで、4時間4分かかりました。ゴール受付は特になかったが、パワフル×スマイルちば駅からハイキングスタンプラリーで「館山」を押してもらいました。motorsports

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:21441歩 消費カロリー:907.2kcal 消費脂肪量:129.6g 歩行距離:15.00km 歩行時間:3時間18分 平均時速:4.54km/h エクササイズ量:10.7Exinfo02

20120309_cyari

で、結構歩いて疲れたのですが、ここからエクストラステージ。music

駅からハイキングのあとは、自主的駅からサイクリングをしま~す。駅前の観光案内所でレンタサイクルしました。電動自転車なんですね。足がパンパンだけど、レッツゴー♪。note

20120224_okinoshima2

ガイドブック見て、来てみたかったんですよね。館山駅から自転車で約18分。やってきたところは、沖ノ島です。館山湾の南端にある、周囲約1kmの小さな無人島です。ここは、沖ノ島公園となっていて南房総国定公園の1つに指定されています。run

20120224_okinoshima1

沖ノ島へは、砂浜が続いていて、歩いて訪れる事ができます。なので、船に乗ってではなく上陸できるよ。yacht

20120224_okinoshima6

夏は海水浴場としてにぎわうそうだ。カーブしている海岸線がいいね。波もいい感じ。snowboard

20120224_okinoshima4

1周ぐるりとまわれるのかな?。でも、ちょっと時間がなかったので、これで帰ることに。もし、また訪れる機会があったら、ぐるっとしてみたいね。snail

20120224_okinoshima5

10分くらいの短い滞在時間だったが、海さんにバイバイして、ここをあとにしました。shine

20120224_okinoshima3

ちなみに、電動自転車って初めて乗ってみたんだよね。最初のこぎ始め、スピードを出す最初の段階では妙な加速しやすさがあって、なんか面白かった。まっ、ここに来るためのレンタサイクルでした。bicycle

ちなみに、ここでの詳細記事は、「沖ノ島を訪れた2012。」へどうぞ。paper

20120309_gozen

市街地へ戻った。館山と言えば海の幸。という事で、地魚刺身御膳を頂きました。指定されたお店で食事すると、駅ハイの特典で小鉢1品サービスを受けましたよ。fish

地酒を頂きながら、美味しく頂きました。delicious

20120302_houjyou_kaigan1

帰りの電車発車まで少し時間があったので、北条海岸を再び立ち寄ってみた。夕日がいい感じだね。綺麗だなぁ。おぉ、波が~。sun

20120302_houjyou_kaigan2

オレンジ色に染まった光景は美しいな。さすが、日本の夕日百選にも選ばれているところで、絶景だな。空気が澄んでいると、富士山のシルエットを眺めることができるらしいんだって。うっとり景色を眺めた後、館山駅へ戻りました。fuji

20120227_hanatsumi_minamibousoug_2

帰りの列車も臨時快速花摘み南房総号を利用しました。武蔵野線へ直通するので乗り換えなし楽チンだ。bullettrain

20120227_free_ticket

乗車券は、期間限定のパワフル×スマイルちばフリーパスを使用しました。1800円で千葉県内のJR線乗り降り自由。往復するだけで4420円もかかるので、2620円もお得になるありがたい切符だ。ticket

20120309_dappei

そういえば、今回館山市内をぐるりと歩いたが、館山市のイメージキャラクターである「ダッペエ」を見かけなかったなぁ...。coldsweats02

今回の駅ハイは、海岸海辺を歩いて、防空壕を体験し、珍しい光る藻を見て、かっこいい館山城を眺め、なかなか楽しかったです。次回もまた訪れてみたいですね。happy01

20120309_map2

ちなみに、関連詳細記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

20120309_map

JR東日本・駅からハイキング No.07123 「城山公園梅香るハイキング」 2012年2月11日(土)実施 歩行時間:約3時間(見学時間等を除く) 歩行距離:約10kminfo02

スタート:館山駅→①館山港多目的観光桟橋→②赤山地下壕跡→③ヒカリモ・沼サンゴ層→④八遣臣の供養塔→⑤城山公園・梅園→⑥館山城(八犬伝博物館)→⑦館山市立博物館→ゴール:館山駅info02

(各写真画像をClickすると4倍拡大表示します。)search

|

« 笹目川遊歩道を歩く2012。 | トップページ | 帝松酒蔵まつり2012に行ってきた。 »

コメント

さかきんぐさん、こんばんわcherryblossom
今回の駅ハイも、素敵なところいっぱいでしたね。やっぱり海はいいですね。桟橋もnote
それに、無人島shine夕日shineお刺身shinehappy01全部素敵。行ってみた~いhappy02春色の汽車に乗って~海に連れて行ってよ~notes

投稿: もも | 2012年3月 9日 (金曜日) 20時26分

ももさん、こんばんわ。cherryblossom

初めて館山を訪れたけど、南房総・南国の雰囲気があって、なかなか良かったです。うん、無人島・夕日・刺身と満喫できたよ。catface

春になったら、色鮮やかな黄色の菜の花がお出迎えしてくれると思う。列車に乗って春風を感じ取ってみたいね。tulip

投稿: さかきんぐ | 2012年3月10日 (土曜日) 00時01分

さかきんぐさん、こんばんわtulip
そうですね、良かったです。南房総は、やっぱり暖かいのかしら。いいな~note
菜の花、きれいでしょうね。ポテチ食べて~春風を感じてガタンゴトンtrainheart04
ももちゃん、夕日がきれいだねshineみたいなかんじですhappy02

投稿: もも | 2012年3月11日 (日曜日) 22時32分

ももさん、こんばんわ。tulip

南房総は海・海水浴というイメージがあるから夏は暑いだろうね。ヤシの木があるから、南国の雰囲気を出しているよ。sun

房総の春もいいと思うよ。ガタンゴトンと訪れて、砂浜に座って綺麗な夕日を眺めたら、もう最高だね...ってな感じです。scissors

投稿: さかきんぐ | 2012年3月12日 (月曜日) 01時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102007/54163480

この記事へのトラックバック一覧です: 駅ハイ「城山公園梅香るハイキング」に行ってきた(2012.02.11)。:

« 笹目川遊歩道を歩く2012。 | トップページ | 帝松酒蔵まつり2012に行ってきた。 »