« 皇居東御苑を訪れた2011。 | トップページ | 皇居外苑を歩く2011。 »

2011年12月 2日 (金曜日)

駅ハイ「森林セラピーと中山道・小田井宿を歩く」に行ってきた(2011.10.30)。

佐久平ハイウェイオアシス「パラダ」で森林浴を楽しんだ後、浅間山を見ながら「姫の宿」小田井宿を歩く。(コースマップより抜粋)xmas

20111118_nagano_shinkansen

新幹線に乗って、遠出の日帰りを楽しんできました。長野新幹線あさま号に乗ってやってきたところは、佐久平駅です。週末いつもの駅ハイに参加です。今回は信越・長野県までやってきたよ。旅行というか、歩きにきました。coldsweats01

20111202_youkoso

ようこそ佐久平へ。新幹線あさま号乗車記念という事でパチリ。camera

今回参加の駅からハイキングは、2011年10月30日(日)実施・「森林セラピーと中山道・小田井宿を歩く」です。昨年も同じコースに参加しました。penguin

20111202_kanbatch

改札口を出て、受付を済ませコースマップやパンフレット等を取得。恒例の缶バッチは、長野県観光PRキャラクター「アルクマ」でした。present

20111118_sakudaira_st1

佐久平駅は、小海線と接続しています。わくわくエコランドKOUMI LINE。ちょっとホームまで行ってみよう。door

20111118_koumi_line1

小海線ホームに来ました。小海線佐久平駅は、単式ホーム1面1線を有する高架ホームです。気動車車両、キハ110系が入線してきました。小海線の佐久平駅は無人駅扱いなので、車掌さんが改札・清算をします。ticket

20111118_sakudaira_st3

小海線のホームの下は、長野新幹線のホームが見えます。へぇ~、こんな感じなんだね。乗車はしていないけど、小海線を堪能しました。機会があれば、小海線のキハE200系ハイブリッド車乗車してみたいですね。delicious

ちなみに、ここでの詳細記事は、「佐久平駅で小海線をお見送り。」へどうぞ。paper

20111202_sakudaira_st

では、佐久平駅を出発します。今回は約11kmのコース。天気が微妙なのだが、頑張って歩きましょう。shoe

20111202_kusabue

駅からすぐ佐久平駅東交差点付近に、信州蕎麦の草笛(佐久の草笛)というそば屋さんがあります。以前ここで食べた事があります。noodle

国道141号線をこえて、ずんずん真っ直ぐ歩く。yacht

20111202_iwamurada_st

こちらは、JR小海線岩村田駅です。subway

20111202_iwamurada_st2

駅そばの踏み切りからパチリ。telephone

20111202_iwamurada_kousaten

こちらは、岩村田交差点。このあたりは、中山道岩村田宿付近である。江戸より22番目。岩村田宿は、内藤氏1万5千石の城下町につくられた宿場でした。現在は、岩村田商店街としてお店が並んでいるね。hotel

20111121_ryuunji1

コースポイントone箇所目は、「龍雲寺」です。曹洞宗の寺院で山号は大田山。(佐久平駅から22分)。drama

岩村田宿には本陣・脇本陣がなく、龍雲寺をはじめ、西念寺・円満寺・若宮神社などに大名家は休泊されたそうです。hotel

20111121_ryuunji2

高さのある立派な門をくぐります。snail

20111121_ryuunji4

両脇に参道と書かれた橋?があり。この先をくぐって行ってみよう。信玄公の遺骨が安置されている霊廟があります。bicycle

20111121_ryuunji5

ここは、武田信玄公の遺骨出土の地です。そのお墓でしょうか。shadow

ちなみに、ここでの詳細記事は、「龍雲寺に立ち寄る2011。」へどうぞ。paper

20111121_ryuunji6

宿場町だった面影がちょっと残っているのかな...。confident

20111122_hanazura15

コースポイントtwo箇所目は、「鼻顔稲荷神社」です。龍雲寺から13分。「鼻顔」は「はなづら」と読みます。それにしても、建物が崖上にある。大丈夫かなぁ。coldsweats02

20111122_hanazura13

湯川沿いの断崖に造られた社殿は立派な懸崖造りだ。しっかり支えられているとはいえ、なんか心配になってしまう。coldsweats01

20111122_hanazura12

神社へは、この鼻顔橋を渡って向かいます。ここから眺める鼻顔稲荷神社。やっぱり目を引くのは、朱塗りの社殿が崖上にある事だ。なんか、すっぽり入っているよな。coldsweats02

20111202_yukawa

鼻顔橋からの眺め。fish

20111122_mizudori

湯川に水鳥さんが気持ち良く泳いでいます。chick

20111122_torii2

この鼻顔稲荷神社は、養蚕と商業のほか学徳成就に御利益があるそうです。京都の伏見稲荷から勧請されて創建された神社です。しかも、日本五大稲荷の1つでもあります。cat

では、早速中へ行ってみよう。まずは、鳥居をくぐります。ski

20111122_hanazura2

急な石段を登っていきます。ここは、男坂と言われるようだ。えっこらしょっと階段を登っていく。sweat01

20111122_torii

階段を登りきると、おぉ、赤い鳥居がまっすぐに続く。apple

20111122_hanazura3

鳥居をくぐり抜けると旧本殿になります。拝殿本殿への入り口となる。house

20111122_oinari

入口前には、御姿殿。お稲荷様がお出迎え。cat

20111122_hanazura10

入口付近は赤い手摺りが続きます。拝殿は崖上にある為、一部柱で支えられている状態だ。building

20111122_hanazura11

入り口付近から見下ろすと、おぉ眺めがいいねぇ。住宅街が広がります。見晴らしの良い神社ですね。snowboard

20111122_hanazura4

本殿に入ってみました。足元は木の板なので、歩くとミシッミシッと音が鳴ります。ちょっと不安。この下は崖ですから~。coldsweats02

先へ進んでいくと、拝殿本殿・社務所・参籠殿となる。libra

20111122_hanazura5

ちょうど七五三まいりの式が始まる前だったので、ちょっと失礼してささっと参拝を済ませました。小さなお稲荷様がたくさんいらっしゃいます。昔ながらの歴史ある地元の神社だけど、県外からの訪問者も多いらしい。この日は子供を連れた家族連れが七五三まいりで多かったですね。cat

20111122_omamori

お守りを購入しました。開運招福御守。「喜常」(きつね)という事で、常に喜びをもたらしますとの事。かわいいお稲荷様です。cat

あと、おみくじも引いてみました。運勢は吉でした。shadow

20111122_hanazura8

こちらは、表参道となる階段です。女坂と言われるようです。下へ降りてみましょう。bell

20111122_aioinoki

下へ降りてみると、大きな木があります。これは、相生の樹です。ケヤキと赤松が双生した木で、縁結びに御利益があると言われています。heart04

しっかりとした幹の太さで高さもありますね。パワーありそう。key

20111122_suikinkutsu

地元造園業者が造ってくれたそうです。これは、水琴窟(すいきんくつ)です。日本庭園の特殊技法の1つ。水滴が落ちる音がティーンと響いて聞こえる。ear

20111122_hanazura9

左手は、かぐら殿。この辺りは、木の葉が黄色がかっているね。maple

20111122_daijingu

鼻顔稲荷神社の拝殿から上へ上がる道がある。途中、荻原井泉水句碑がありさらに進むと、大神宮があります。駐車場や鼻顔公園となっていて、聖徳太子像や山室静文学碑がある。さらには、市営テニスコートや市営球場がある。tennis

ちなみに、ここでの詳細記事は、「鼻顔稲荷神社を訪れる2011。」へどうぞ。paper

20111202_home

なんか、いい感じのお宅ですね。薪もあるぞ。畑もあるしね。このあたりから、しとしと雨になりました。う~ん。house

20111202_tanbo1

のんびり、のどか~。てくてく。riceball

20111202_road2

上の高架の道路は、上信越道です。ずっと先には、あの長いエスカレーターが見えるね。あそこが、次のチェックポイントです。登り坂だ...。sweat01

20111123_escaretor

上信越道佐久平PAに直結している佐久平ハイウェイオアシスに到着。ここから、長いエスカレーターで上へ向かいます。car

20111123_parada

コースポイントthree箇所目は、「佐久平ハイウェイオアシス「パラダ」」です。(鼻顔稲荷神社から45分)。冬は、高速道路のPAから直結したスキー場で知られているね。訪れたこの日は、平尾山もみじ祭りが開催されていました。早速、行ってみよう。snowboard

20111123_parada2

リフト乗り場前ゲレンデでは、いろいろとイベントがあるようですね。school

20111123_stage

特設ステージで演奏があったり、...。note

20111123_masutsuri

マス釣り大会が行われていたり、...。fish

20111123_cyokubai

地元野菜の直売や特産物の販売などがあり。24hours

20111123_suiton

まずは、温かいすいとんを頂きました。ホットくるねぇ。japanesetea

20111123_oyaki

こちらは、安養寺みそのおやき。安養寺みそ仕立ての肉味噌がたっぷり詰まった佐久平PA限定販売のおやきです。味噌の味わいがいいね。これは、美味しい。pig

20111125_hiraonomori2

楽しみにしていたポイントの1つが、先に見える森林です。ここで、森林セラピー体験だ。club

20111125_hiraonomori3

ここ平尾の森には、平尾セラピーロードがあります。森林の中の散歩道ですね。森林セラピー基地・森林セラピーロードとして認定されているようです。早速、ぶらりと歩いてみましょう。bicycle

平尾の森セラピーロードには、「ファーブルの小径」・「水辺の小径」・「癒しの森の小径」と3つのコースがあります。その中の1つ、「ファーブルの小径」を歩いてみましょう。taurus

20111125_road02

「ファーブルの小径」は、1周ぐるりとまわるコース。ここのセラピーロードは、ウッドチップが敷き詰められた道です。ふわふわな感じで歩けます。う~ん、いい感じ。cloud

20111125_road03

森林の中って気持ちがいいね。遊歩道として整備されているので安心して歩けます。aries

森林セラピーによる効果をあらわす説明があり。memo

「森林浴でストレスホルモンが減少」...森林浴座観前後において、森林は都市に比べストレスホルモンが減少した。impact

「森林浴で血圧や脈拍数が減少」...森林浴座観前後において、森林は都市に比べ血圧・脈拍が減少した。confident

20111125_info2

「森林浴で心理的にリラックス」...歩行後、森林は都市と比較して「緊張」「混乱」「疲労」の気分が緩和され、「活気」が高まる。rock

「森林の香り成分」...樹木の発散する化学成分であるフィトンチッドは、森林セラピーロードにおいてα-ピネン、カンフェン、β-ピネン、リモネン等が検出された。aquarius

森林セラピー、いいことづくしだ。よし、もっと歩くぞぅ。dollar

20111125_road04

葉が黄色になった道を歩く。こういう色合いもまた良し。chick

20111125_matsubokkuri

落ち葉やまつぼっくりなど~。秋ですなぁ。maple

ところどころには、キノコも生えているし...。banana

20111125_road05

いゃあ、森林浴気持ちがいいです。空気が違うしね。ふ~、深呼吸。happy02

20111125_road06

とても静かな空間です。夏だと、小鳥の鳴き声も聞けるだろうね。バードウォッチングにも良さそうだ。airplane

ただ、この森の中にいる時は傘はいりません。森林が屋根のように覆われているからね。rain

20111125_kyukei

ちょっと高台へ。休憩場所となる四阿です。house

ファーブルの小路、1周ぐるりとまわってみました。ゆっくりまわって約25分くらい。標高・830~851m(高低差21m)、距離・2005m。ちょうど良い散歩になりますね。eyeglass

20111125_lift

サマーリフトに乗っていくと、「水辺の小径」があります。だから、行ってみようと思っていたのだが、雨でリフトは運転中止。danger

20111125_road08

動かぬなら、登ってみせよう、ホトトギス。ひぃこら自力で登ったぞ。そこからの眺めもまた良し。ski

20111125_ryujinike

竜神池があります。ここから、「水辺の小径」がスタート。cancer

20111125_road09

こちらも、セラピーロード整備されています。foot

20111125_road10

この道は単純に往復のコース。ここが終点です。この先は、「忍耐の小路」となっている。忍耐って??。もちろん、そちらには行かず戻りました。coldsweats01

20111125_road11

クマさん注意!。ブルブル。早く戻ろうっと。sweat01

20111123_soft_cream

再び下に降りて、南パラダ「バーズ カフェ」にてソフトクリームを購入。駅ハイの特典で1割引でした。佐久平PAを眺めながら、ペロリ。taurus

20111123_momiji

もみじ祭りだけに、一応、赤みがかった葉もあるけどね...。天気が良ければ、この先八ヶ岳連邦が見えます。fuji

この平尾山公園には、アスレチックやドックランもあるので、自然をさらに満喫できるかもね。dog

ちなみに、ここでの詳細記事は、「平尾山もみじ祭り2011を訪れた。」・「平尾の森で森林セラピーを愉しむ2011。」へどうぞ。paper

再び歩き始めます。ここで、長い時間滞在していたからなぁ...。snowboard

20111202_kosumosu

コスモスです。きれいだな。tulip

20111202_road3

ここからは、延々と1本道てくてく歩く。雨で憂鬱...。rain

20111202_road4

峠道。少しずつ登っていく。その分、見晴らしが良くなってくる...。dash

20111202_road5

やっと登りつめたぁ~。ここからは、どんどん下り坂~...。snail

20111202_furusato_oohashi

長距離で足がプルプルなのに、その状態でスリル満点の橋を渡らなければなりません。weep

20111202_furusato_oohashi2

この、ふるさと大橋。覚悟を決めて渡ります。足がぶるぶるぷるぷる。下を流れる湯川を見ずに、真っ直ぐ前を直視しながらまっすぐ歩く。crying

20111202_azemichi

橋を渡り終えた後、下へ降りていき、田んぼのあぜ道を歩く。お米の収穫はおしまいですな。右手奥に見える高架は長野新幹線です。tennis

20111202_furusato_oohashi3

くるりと後ろを振り返ると、先程恐怖な思いで渡った、ふるさと大橋です。よくぞ、無事に渡り終えたものだ。coldsweats02

20111126_otaijyuku1

コースポイントfour箇所目は、「小田井宿」です。(パラダから75分)。中仙道六十九次のうち江戸から数えて21番目の宿場だ。snail

20111126_tonyaato

こちらは、問屋跡(尾台家住宅)。今では、一般の住宅という事でしょうか。house

20111126_otaijyuku2

なんとなくの雰囲気はあるような...。このあたりは、脇本陣跡付近である。左手は、問屋跡(安川家住宅)。bag

20111126_akamatsu

宝珠院を訪れてみました。御代田町の天然記念物に指定されているアカマツです。樹齢300年と言われている。高さ7.5m、幹胴回り1.7m。見事な木ですな。xmas

20111126_momiji

紅く染まったもみじですね。秋ですなぁ。今回のウォーキングでここが一番紅い紅葉でしたね。maple

20111126_otaijyuku3

小田井宿は姫君や側女たちの宿にあてられることが多く「姫の宿」とも呼ばれたようです。お休み処(休憩所)があるね。宿場町跡なので、なんとなくそんな雰囲気だなという感じです。とくに見学できるような施設はありません。virgo

ちなみに、ここでの詳細記事は、「中仙道小田井宿跡を散策2011。」へどうぞ。paper

20111202_asama_mt

先に見える山は、浅間山かな?。fuji

20111202_miyota_st

ゴールとなる、しなの鉄道御代田駅に到着しました。(小田井宿から24分)。スタートしてから5時間24分かかりました。まぁ、平尾山公園でゆっくりしていたからなぁ。ちなみに、ゴール受付はありません。森林セラピーで歩き回ったから、3万歩超えです。結構歩いたよ。motorsports

【今回のウォーキングデータ】 歩行歩数:31421歩 消費カロリー:1324.5kcal 消費脂肪量:189.2g 歩行距離:21.99km 歩行時間:4時間34分 平均時速:4.80km/h エクササイズ量:15.6Exinfo02

さて、ここに来たなら、エクストラステージ。ちょいと立ち寄りポイントへ。kissmark

20111202_sl1

まずは、御代田町交通記念館です。記念館と言っても、蒸気機関車が展示されているだけです。bottle

20111202_sl2

蒸気機関車「D51 787」が静態保存されている。シュッポー。かっこいいね。bullettrain

20111130_musium

そして、メルシャン軽井沢美術館です。ここでの、楽しみと言えばね...。smile

20111130_obje2

美術館だけに、アートなオブジェがあります。art

20111130_siin

メルシャンプラザに入りました。ここでは、ワインを販売するショップです。メルシャンだけにね。ここ、ワイン無料試飲コーナーで試飲するのが楽しみで訪れたんです。catface

ではでは、早速試飲しましょう。4種類のワイン試飲がありました。順番に頂こう。denim

20111130_siin2

ぷはぁ。いい味わいです~。いろいろと試飲させてもらえました。wine

もう1つの楽しみ、有料ではあるがシングルモルトウイスキーを頂こうと思ったら、売り切れで無いとの事...。えぇ、残念。weep

20111130_factory

工場見学も無かったのでちょっとガックシでした。ワイン樽がごろごろ。gawk

20111130_bijyutsukan

こちらは、美術館です。art

20111130_komichi

でも、景観はいいですね。ここからの浅間山の眺めも良し。fuji

20111130_obje1

う~ん、芸術の秋。よくわからないけど、すごいオブジェです。art

20111130_omurice

試飲があまりできなかったので、ちょっと腹の足しにレストランに入った。軽井沢高原ビールとオムライス。うん、美味しいね。delicious

後で知ったのだが、メルシャン軽井沢美術館は2011年11月6日(日)をもって閉館されたとの事。う~ん、残念です。ワインの試飲ができたのに...。wine

ちなみに、ここでの詳細記事は、「メルシャン軽井沢美術館でワインを試飲する2011。」へどうぞ。paper

20111202_kippu

御代田駅に戻ってきました。まずは、軽井沢駅へ向かいます。300円。ticket

20111202_shinano_railway

しなの鉄道に乗ります。train

20111202_outlet1

軽井沢駅に到着。乗り換えにちょっと時間があるので、ぶらりと訪れてみた。初めて来てみたよ。bag

20111202_outlet2

軽井沢アウトレットへ。結構広い敷地面積なのね。ぶらりとしてみても、何だかよくわからない...。sad

20111202_asama_go

軽井沢駅からは長野新幹線あさま号でさくっと帰ります。大宮まであっという間だね。bullettrain

20111130_wine

お土産は、メルシャン軽井沢美術館のワインショップで購入した、ワインとワインケーキです。ぷはぁと美味しく頂きました。present

天気はちょっと悪かったけど、趣のある神社や森林セラピーを体験できて楽しい駅ハイでした。ちょっとした日帰りプチ旅行でしたね。happy01

ちなみに、詳細記事は以下のリンク先へどうぞ。paper

20111202_map

上は、コースマップ。下はその表面。帰りの列車時刻が掲載されています。memo

20111202_panf

JR東日本・駅からハイキング No.12144 「森林セラピーと中山道・小田井宿を歩く」 2011年10月30日(日)実施 歩行時間:約4時間(見学時間等を除く) 歩行距離:約11kminfo02

スタート:JR・佐久平駅→①龍雲寺→②鼻顔稲荷神社→③佐久平ハイウェイオアシス「パラダ」→④小田井宿→ゴール:しなの鉄道・御代田駅info02

(各写真画像をClickすると4倍拡大表示します。)search

|

« 皇居東御苑を訪れた2011。 | トップページ | 皇居外苑を歩く2011。 »

コメント

さかきんぐさん、こんばんわchick
今回の駅ハイは、思い出深い駅ハイになりました。cuteありがとうcute
やっぱり鼻顔稲荷神社と森林セラピー、素敵ですねshine
毎年、同じようなコースがあるのかしら?一緒に行けたらいいね~楽しいと思うcat

投稿: もも | 2011年12月 2日 (金曜日) 22時25分

ももさん、こんばんわ。コメントありがとうございます。xmas

今回は雨だったから参加者が少なかったけど、結構いいコースだなと自分は思っています。fullmoon

投稿: さかきんぐ(管理人) | 2011年12月 2日 (金曜日) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102007/53379281

この記事へのトラックバック一覧です: 駅ハイ「森林セラピーと中山道・小田井宿を歩く」に行ってきた(2011.10.30)。:

« 皇居東御苑を訪れた2011。 | トップページ | 皇居外苑を歩く2011。 »